TOP

【冴えない彼女の育てかた】 冴えない嫁の育てかた 【英梨々編】

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/28(土) 23:08:09.48 ID:WLBDn9mj0

前作:【冴えない彼女の育てかた】 冴えない嫁の育てかた 【加藤恵編】



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/28(土) 23:09:00.85 ID:WLBDn9mj0

-------------
 ~放課後「視聴覚室」~
-------------

英梨々「それで...///話ってなによ...倫也?」

倫也「そ、それは...///」

英梨々「うん...///」

倫也「そ、その...何と言うか...///」

英梨々「放課後、誰も居ない視聴覚室にわざわざ呼び出したって事は言うことがあるんでしょう///?」

倫也「う、うん!えっと...その...俺は英梨々のことがずっと...」

英梨々 (つ、ついにこの時が!)ドキドキ

倫也「ご、ごめ~ん!!!やっぱりなんでも無い!!!」 ダッダッダッダダ

英梨々「え、ちょっ!ともや~!!!」

英梨々「...はぁ」

英梨々「ヘタレ倫也...バカ倫也...」

英梨々「私はずっと待ってるのに...」

英梨々「倫也が「好き」って言ってくれれば、私は直ぐにOKするよ...」

英梨々「だからさ...頑張ってよ倫也...」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/28(土) 23:09:45.99 ID:WLBDn9mj0

-------------
 ~廊下~
-------------

倫也「はぁはぁはぁ、また言えなかった...」

倫也「どうして「好きだ」って言えないんだ...俺はこんなにも英梨々のことg(

詩羽「あらあら、そんなに息を切らしてどうしたのかしら倫理くん」

倫也「う、詩羽先輩?!なんでここに!帰ったはずじゃ!」

詩羽「あら、酷いこと言うのね倫理くんったら」

詩羽「ちょっと忘れ物を取りに来ただけよ」

倫也「そうだったんですか...」

詩羽「それよりもさっきの「好きだ」は私に対する告白かしら?」ふふふっ

先輩は含みのある顔で笑った

倫也「え!?聞いてたんですか」アタフタ

詩羽「えぇ、倫理くんが私のことが好きだって言ってるのをね...」

倫也「ちょっ!そんなこと言ってませんよ!!」

詩羽「そんなに否定されると傷つくわね...」

倫也「あ...すいません...」

詩羽「いいのよ倫理くん...澤村さんのことでしょう?」

倫理「...はい」

詩羽「っ...」

先輩のこの時の表情は今でも忘れられない
悲しみ・諦め・そして少しの希望を感じる表情だった

詩羽「そう...告白したの?...澤村さんに」

倫也「いいえ...しようとして失敗しました...言えなかったんです「好きだ」って」

詩羽「...ねぇ倫理くん」

詩羽「私とデートしましょう」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/28(土) 23:18:40.47 ID:WLBDn9mj0

倫也「え?えぇええええええ!!!!」

倫也「ちょっ!何言ってるのさ詩羽先輩///!!!」

詩羽「はぁ...少し落ち着きなさい倫理くん」

詩羽「これだから"童貞"は世話が焼けるのよ」

倫也「ど、どどど童貞ちゃうわ~!」

詩羽 ギロッ

倫也「う、嘘です!童貞です...」

詩羽「それでいいのよ童貞くん」

倫也「ど、童貞君はさすがに酷いよ~!」

詩羽「練習よ、練習」

倫也「スルーしないで~!」

詩羽「学校で告白できないなら、いっそ澤村さんをデートに誘ってその場の雰囲気で告白しなさい!」

倫也「待って!待ってよ!詩羽先輩!それって学校で告白するより難易度高いような...」

詩羽「そのための練習でしょ!気付かないの?私が練習相手になってあげるのよ!」

倫也「え...」

詩羽「だから私とデートしましょう!いや...しなさい!倫也くん!」

倫也「先輩...(先輩が俺のことを「倫也」と呼んだ...からかうときの「倫理くん」じゃなくて...)

倫也「...」

倫也「はい!宜しくお願いします!」

詩羽「それで、それでいいのよ...倫也くん」(これで私も諦めが付く...いや、付けるのよ霞ヶ丘詩羽!)

詩羽「じゃあデートの日にちと場所は~....」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/28(土) 23:19:51.89 ID:WLBDn9mj0

-------------
デート当日「六天馬モール」
-------------

倫也「待ち合わせ場所は...っと」

倫也「確かこの辺りだったような」

詩羽「あらあら、女の子を待たせるなんて、いけない倫也くんね」

倫也「へっ?」

倫也「せ、先輩?!」

倫也「どうして!まだ集合時間30分前じゃないですか!」

詩羽「ふふふっ///今日が楽しみで眠れなかったのよ」

純粋な、含みのない笑顔だった

倫也「そ、そうだったんですか///」

詩羽「あら、もしかして照れてるのかしら?」

詩羽「それよりも今日の私の服装どうかしら?可愛いでしょう?」

倫也「ず、ずるいよ先輩...」

今日の詩羽先輩の服装が可愛ないわけなかった
だって、俺の思い描く最高のメインヒロイン「叶 巡璃」の服装そのまんまだったから...

詩羽「そうよ...私はね...ずるい女なのよ」

先輩は少し悲しそうだった



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/28(土) 23:20:35.60 ID:WLBDn9mj0

詩羽「そんな事より、今日は折角のデートなのよ!エスコートよろしくね倫也くん!」ダキッ

倫也「ちょっ///先輩!いきなり腕を組まないでくださいよ!」

詩羽「何言ってるのよ倫也くん、デートなのだから腕を組むぐらい当然でしょう?」

詩羽「それに、腕ごときで同様してたら「夜」はどうするつもりよ」

倫也「よ、夜!///」

詩羽「あらあら、ナニを想像したのかしらね~?」うふふっ

無邪気に笑う先輩はすごく魅力的だった、でもなんだろうこの違和感は...

詩羽「それで最初はどのお店に入るのかしら?」

倫也「そうですねまず最初は~...」

その後、詩羽先輩と色々なお店を回った
ランジェリーショップに連れ込まれた時は死ぬかと思ったけど
先輩とのデートはとても楽しかった

詩羽「倫也くんったら、どうして私の下着姿見てくれなかったのよ」

倫也「そ、そんなの!見れるわけないじゃないですか!///」

詩羽「本当に倫也くんってヘタレよね、これじゃ澤村さんがあまりにも可愛像だわ」

倫也「うっ」 グサッ(先輩の言葉が胸に刺さった)注:物理じゃないよ( ・`ω・´)

詩羽「ふふっ、どうやら心に刺さったようね」

詩羽「それじゃ~、次はあのお店にしましょう倫也くん」

倫也「はいはい」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/28(土) 23:35:04.80 ID:WLBDn9mj0

-------------------
六天馬モール内「British Garden」
-------------------

倫也「Gardening屋さんですか?」

詩羽「えぇそうよ」

倫也「先輩ってガーデニングに興味あったんですか?」

詩羽「そうね、最近始めたんだけれど、花を見てると結構落ち着くのよ」

倫也「へぇ~、知りませんでした」

詩羽「そうだわ!せっかくだから倫也くんも花を買いなさい」

倫也「え、えぇ!でも俺花とか全然...」

詩羽「私が教えてあげるわよ、そうね...今のあなたになら「これ」がいいんじゃないかしら?」

倫也「リナリア...ですか?」

詩羽「花言葉は~私の恋を知ってください~」

詩羽「ねぇ?今のあなたにピッタリでしょう」

倫也「詩羽先輩...」

詩羽「頑張りなさい倫也くん...」

倫也「はい!有難うございます!」

詩羽「...」

詩羽(本当に私って汚い女よね...愛を意味する花なら他にもたくさんあるのに...あえて「リナリア」なんて)

詩羽(~私の恋を知ってください~...ね、あのね倫也くん...私だってずっと倫也くんの事...)



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/28(土) 23:45:16.48 ID:WLBDn9mj0

英梨々「と、ともや...?」

英梨々「それに...か、霞ヶ丘詩羽...」

英梨々父「どうかしたのかい?英梨々」

英梨々父「おっ倫也くんじゃないか、久しいね」

倫也「え...スペンサーのおじさん?!」

英梨々「...ごめんねパパ、私先に帰るね!」ダッ

英梨々父「ん?お、おい、どうしたんだ英梨々!」

詩羽「...」

倫也「...」

英梨々父「い、いや~、うちの娘がすまなかったね、な、なにか急用でもあったのかなぁ?」ハハハ

倫也「...」

詩羽「安芸倫也!!!」

倫也「は、はい!!!」

詩羽「早く追いかけなさい!」

詩羽「このままじゃ、あなたの一番大切なものを失うわよ!!!」

倫也「う、詩羽先輩...」

詩羽「なにをしているの!早く行けぇええええ!!!」

倫也「うん!」

倫也「先輩...今日はありがとうございました!!!」ダッ



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/28(土) 23:46:14.05 ID:WLBDn9mj0

詩羽「ふぅ...」

英梨々父「...」

英梨々父「なぜ...彼を送り出したんだい?」

詩羽「分かりません...勝手に私の口がそう喋ったんですから...」

英梨々父「そうか...君は弱いね...」

英梨々父「...強い女性はたとえ"汚い"と分かっていても...愛しい人を手放したりしない」

詩羽「...はい、私は弱い女です」

英梨々父「でも、その優しさは君をきっと強くする」

英梨々父「それは、忘れないで欲しい...」

詩羽「...ありがとうございます」

視線を落とすとひとつの花が目に入った...「キキョウ」花言葉は...~変わらぬ愛~

詩羽(っ!どうして...どうしてキキョウなのよ...!私は...私は...)詩羽の目から涙が零れた



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 00:00:49.01 ID:hQRCjASl0

倫也「はぁはぁはぁ、くそっ!何処行ったんだ英梨々の奴」

倫也(こうなったら...!)スゥッ!!!

倫也「澤村・スペンサー・英梨々!!!」

倫也「聞こえているかぁ!!!」

倫也「俺、安芸倫也はお前の事を愛している!!!」

倫也「俺と結婚してくれ!!!」

「...」シーン

ザワザワ ナンカ ヘンナヤツイルゾ!

警備員「おい、そこの君やめなさい!」

倫也「ちょっ!やめてください!俺には今やらなくちゃいけないことなんです!」

警備員「分かった、分かった、話は事務所で来てやる」

倫也「だ、だから離してって!」

英梨々「あの~、そのひと私の連れです...離してあげてください...」

警備員「...」

倫也「...」

警備員「...」チラッ

倫也 「...」ウンウン

警備員「...はぁ、もうやめてくれよ」

倫也&英梨々「すいません(でした)」

英梨々「...倫也、こっちきて」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 00:01:29.67 ID:hQRCjASl0

-------------------
六天馬モール内「Cafe 6 Pegasus」
-------------------

英梨々「色々聞きたいことはあるけど...まずはさっきの言葉から」

英梨々「率直に聞くわ!倫也は誰が好きなの?!」

倫也「英梨々だ!」

英梨々「じゃあ、霞ヶ丘詩羽と一緒にいた理由は?」

倫也「詩羽先輩と一緒にいたのは練習だよ!デートの練習...」

英梨々「練習...ねぇ...」

倫也「本当だ!信じてくれ英梨々!」

英梨々「...」

英梨々「そんなの!信じられるわけ無いでしょ!!!」

英梨々「大好きな男の人が他の女の子とデートしてたのよ!!!」

英梨々「それが...たとえ練習であっても...!!!」グスッ

英梨々「だから私は、今の倫也を信じることはできない!」

英梨々「...もし、もし!私のことを本気で好きなんだったらいつか...迎えに来なさい」

英梨々「その時に...私が倫也の手の届くところにいたらね...」

倫也「え?」

英梨々「...さようなら、ともや...」

倫也「おいおい、「さようなら」って」

英梨々「...」ガタッ

倫也「ちょっ!ま、待ってくれよ!えりり~っ!!!」

英梨々の言った「さようなら」の意味なら直ぐに分かった...



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 00:16:43.09 ID:hQRCjASl0

倫也「え?!英梨々が転校!!!」

詩羽「えぇ、昨日ね...」

倫也「そ、そんな...なんでいきなり...」

詩羽「別にいきなりって事じゃないわよ...」

倫也「え?」

詩羽「ねぇ、倫理くん?大阪の「マルズ」って会社知ってるでしょう?」

倫也「知ってるもなにも!マルズって言ったら「フィールズ・クロニクル」の!」

詩羽「...えぇ、そうよ」

詩羽「今更だけど、倫理くん...私とね澤村さんは~...」

詩羽「...~と言うことなのよ」

倫也「そ、そんな...英梨々がマルズに引きぬかれたなんて...」ガタッ

加藤「っ!大丈夫?倫也くん?」

倫也「あ、あぁ...ありがとう加藤」

加藤「...うん」

倫也「しかも企画があの紅坂朱音だなんて...英梨々が潰されかけないじゃないか!」

倫也「あいつは...あいつはいつも強がってるけど!弱い女の子なんだ!俺が守ってやらないと...」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 00:17:34.69 ID:hQRCjASl0

詩羽「っ!」

詩羽「しっかりしなさい!安芸倫也!」

詩羽「澤村さんの最後の言葉忘れたの?」

倫也「忘れてないさ!「迎えに来て」そう言ったんだ」

詩羽「なら答えは簡単じゃない!」

詩羽「迎えに行けば良いのよ!」

倫也「で、でも相手はあのマルズだよ!」

倫也「どうやって英梨々を取り戻すって言うのさ!」

詩羽「私達のサークルBlessing softwareがあるじゃない...倫理くん」

詩羽「あなたの作ったこのBlessing softwareがね」

詩羽「私はマルズからの誘いは断ったから、このサークルに居続けるつもりよ」

詩羽「もちろん、大学に進学した後も毎日顔をだすわ」

詩羽「...私のせいで、こうなってしまった以上、最後まで付き合うわよ」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 00:18:06.02 ID:hQRCjASl0

詩羽「ねぇ?加藤さん?」

加藤「...うん!」フリフリ

倫也「加藤...お前は...」

加藤「私だってさぁ、このサークルのメンバーだし、一応メインヒロインだしねぇ~」

加藤「もちろん協力するよぉ」

倫也「で、でも...この先、英梨々を迎えにいけるなんて、いつになるか...」

加藤「だからぁ!協力するって!」

加藤「...だって私、Blessing softwareが大好きだから!」

加藤「皆で作ったこのBlessing softwareが...!」

倫也「加藤...お前が、そこまでこのサークルこと...」グッ

自然と涙が溢れてきた

倫也「よし!じゃあ、このサークルを!Blessing softwareをマルズに負けないものにしよう!」

詩羽「ふふっ、その意気よ倫理くん」

加藤「...」ウンウン

倫也「よし!じゃあ早速次のゲームの企画を立てるぞ!冬コミの失敗を活かして~...」

それから月日は流れ、俺と加藤が大学を卒業したと同時に、詩羽先輩を入れた三人で「株式会社 Blessing software」を立ち上げた
株式会社 Blessing softwareが大阪のマルズを売上本数で抜いたのは、ここから更に10年後のことである



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 00:41:16.02 ID:hQRCjASl0

----------------
 10年後 大阪 ~マルズ本社~
----------------

倫也「ここがマルズ本社か...相変わらずでかいなぁ」

加藤「ほんとだよねぇ~ほんとっ大きい~」

詩羽「えぇ、倫理くんのアレぐらい大きいかしら」

倫也「ちょっ詩羽さん!もう高校生じゃないんですから下ネタはやめてくださいよ!」

詩羽「なによ!35歳になったら下ネタは駄目だって言うの?!」

倫也「駄目ですよ!なんか先輩が言うと生々しいんです...」

34歳になった加藤は一言で言えば「綺麗」になった...(和服とかきたら似合うだろうなぁ)
一方35歳になっても、詩羽さんは相変わらずで「美人」ではあるのだが...何と言うか残念な美人だ
そして醸し出す色気がものすごく...某声優のち○キングさんみたいだった



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 00:42:25.41 ID:hQRCjASl0

倫也「てか、なんで二人ともついてきてるの?!」

詩羽「それは、もちろん彼女に謝るためよ...」

加藤「15年ぶりに親友の顔見るためかなぁ~」

詩羽&加藤「そう言う(安芸・倫理くん)はどうしてマルズに来たの?(かしら?)」

倫也「そ、それは...(そんなの決まっている!英梨々にもう一度...もう一度告白するためだ!)」

倫也「15年分の愛を伝えるためさ!」

詩羽「臭い、臭すぎるわ倫理くん...あなたが言うと鳥肌が立つセリフね」

倫也「え!ちょっ!ひどくない!今のは「頑張りなさい...倫理くん!」って言うとこでしょ?!」

加藤「...」フリフリ

倫也「ちょ!加藤!俺自体が臭いみたいに手を振るのはやめてくれ!」

倫也「まじで泣けてくるから~!」

加藤「...」ふふふっ

なんだか最近、加藤がどんどん詩羽さんに毒されているような気がする...

詩羽「さぁ行くわよ!澤村さんを迎えに!私達の仲間を迎えに!」

倫也&加藤「うん!」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 00:53:34.46 ID:hQRCjASl0

マルズの本社に入ると、受付嬢に「イラストレーター」の澤村・スペンサー・英梨々に会わせてほしいと言った
最初は困惑していた受付嬢だったが「株式会社 Blessing software 代表 安芸倫也」名刺を見せると直ぐに納得してくれた

1Fフロアのソファで待っていると、一人の女性がこちらに歩いてきた...ひと目で分かった「英梨々」だと
ツインテールでこそなかったが、変わらず綺麗な金髪だった

英梨々「ひ、ひさしぶりね...倫也」

15年ぶりに聞いた「倫也」...俺は泣きそうになったのをぐっと我慢した

倫也「迎えにきたよ...英梨々!」

英梨々「...」

倫也「遅くなっちゃったけど...聞いて欲しい言葉があるんだ...!」

英梨々「...うん」

加藤&詩羽「...」ドキドキ

倫也「ずっと好きだ!俺と結婚してくれ!」スッ

そう言って英梨々に指輪を向けた...指輪にはあの時英梨々に渡せなかった花「リナリア」の絵が彫られていた

倫也「リナリアの花言葉は~私の恋を知ってください~だ」

倫也「俺の15年分の愛を知ってほしい!」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 01:04:30.30 ID:hQRCjASl0

英梨々「...」

倫也「...」ドキドキ

英梨々「...ほんとっ!ほんとっ!あんたっていつまで待たせるのよ!」

英梨々「バカともやぁ~!!!」うわ~ん

そう言って英梨々は俺に抱きついてきた

倫也「じゃ、じゃあ!」

英梨々「えぇ!もちろんOKよ」

加藤&詩羽「...」ホッ

英梨々「それと、後ろでコソコソしている二人っ!出てきなさい」

加藤「やっほ~!久し振りだね英梨々~」

英梨々「恵!久しぶり!ほんとっすっごく綺麗になったわねぇ~」

加藤「んふふっありがとう英梨々、英梨々は今でもすっごく可愛いね」

英梨々「ちょっ///やめてよ恵//もう私34歳よ、可愛いなんて似合わないわよ」

詩羽「いいえ、澤村さん...あなたはすごく可愛いわよ」

英梨々「霞ヶ丘...詩羽...」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 01:05:06.53 ID:hQRCjASl0

詩羽「あの頃のまま...あなたはすごく可愛い...」

英梨々「...」

詩羽「だから...その...あのときh(」

英梨々「やめて!」

詩羽 ビクッ

英梨々「私は別に謝って欲しい訳じゃないの...」

詩羽「っ!」

英梨々「私はただ...」

加藤「う、う~...」

英梨々「?!どうしたの恵?」

加藤「う、う~お腹がいたいよ~(棒)」

加藤「英梨々、歩けないから、トイレまで連れてってぇ~」

英梨々「う、うん!わかったわ恵!」ダイジョウブ?ガンバリナサイ?



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 01:05:35.07 ID:hQRCjASl0

~30分後~

加藤と英梨々が帰ってきた
なぜか英梨々の目は赤く腫れていた

詩羽「で、さっきの話なんだけd(」

英梨々「もうそのことは良いわよ!詩羽...!」

詩羽「...」

英梨々「わかったわ...あなたにも色々思うところがあったこと...」

英梨々「あなたが本気で倫也のこと好きだったことも...あの日のデートの本当の意味も...」

英梨々「だから、そんな顔しないでよ詩羽...これから一緒に働くんだから!」

詩羽「え?」

英梨々「なに鳩・豆・顔してるのよ」

英梨々「私も株式会社 Blessing softwareの一員になるんだから!」

英梨々「よろしく頼むわよ!霞ヶ丘詩羽!」

詩羽「澤村さんっ!」ウッ 涙が零れた



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 01:06:06.90 ID:hQRCjASl0

英梨々「それに英梨々で良いわよ!私も詩羽って呼ぶから」(もう呼んでるけど...)

詩羽「えぇ!よろしく頼むわよ英梨々!」

詩羽「私のシナリオについてきなさいよ!」

英梨々「それはこっちのセリフよ詩羽!」

詩羽&英梨々「うふふっ、あはは」

笑ってた、英梨々も詩羽さんも...
そして同時に涙が溢れる...
15年ぶりにBlessing softwareが揃った...あの頃に戻ったみたいで嬉しかった

加藤「...」加藤は上を見上げていた...しばらく...ずっと、ずっと...



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 01:41:27.80 ID:hQRCjASl0

-------------------------
ロンドン~セント・ジョン・ザ・バプティスト教会~
-------------------------

季節は6月、場所は...イギリスはロンドン

倫也「おいおい、英梨々...本当にここで結婚式をするのか?!」

英梨々「本番当日に何言ってるよ!」

倫也「でも、ここやっぱ凄すぎるよ...」

倫也「なんだか俺...怖くなってきた」

英梨々「はぁ...男がなに弱気になってるのよ!だらしないわね!」

詩羽「そうよ倫理くん、胸を張りなさい」

加藤(うわ~すごぉ~い!本物だぁ~!)

セント・ジョン・ザ・バプティスト教会
ビクトリアンゴシック建築の代表的建造物とも言われている荘厳な教会。築100年以上の歴史を持つ

倫也(加藤のあのはしゃぎっぷり...あいつ協会とかに興味あったのか?)

詩羽「それよりも今日は招待ありがとう英梨々」

加藤「ありがとね英梨々」

英梨々「いいの!いいの!結婚式は大勢のほうが楽しいし!」

英梨々「それにイギリスの結婚式はアットホームなのよ!」

英梨々「だから二人も楽しんでね!」

加藤&詩羽「えぇ!(うん!)」



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 01:42:01.79 ID:hQRCjASl0

-----------
  ~結婚式本番~
-----------

英梨々「...倫也」

英梨々「私ね...今すっごく幸せ!人生で一番!」

倫也「うん、俺もだ英梨々...」

英梨々「だから...これからも...私を幸せにしないと許さないから!」

倫也「あぁ!任せておけ!」

英梨々「うん!」

倫也「...」

英梨々「...」

英梨々「ねぇ倫也」

英梨々「...大好き!!!」ギュッ 握られた手はとても温かった

倫也「俺もだ!!!」

~~~♪~~~♪~~~♪

英梨々「あっ、パイプオルガンの音...」

倫也「そろそろ扉が開くな」

英梨々「さぁ行くわよ倫也!」 

ギギギッ バタン!

二人の未来とBlessing softwareに幸あれ 冴えない嫁の育て方 完



転載元
【冴えない彼女の育てかた】 冴えない嫁の育てかた 【英梨々編】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425132489/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (12)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月01日 14:16
          • ぜかましって楽屋ではタバコ吸ってそうだよね
            「私は同人誌の量が半端ないのよ?あなたたちなんなの?」
            みたいな
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月01日 14:38
          • 4 流れ的に次は詩羽先輩だな
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月01日 15:02
          • 「」の後は改行して欲しい、冴えかのSS自体は嬉しいだけに。
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月01日 15:29
          • 艦これwww
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月01日 15:33
          • タグでワロタ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月01日 15:37
          • さえ彼と艦これのコラボかな?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月01日 16:03
          • 本文読んでほっこりしてたらタグとコメントで吹いた
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月01日 20:38
          • 次は鈴谷で頼ますわ!
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月02日 00:50
          • 4 乙!
            冴え彼ssはもっと増えてしい
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月02日 05:22
          • はよ先輩編をアップするんや!
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月26日 11:16
          • 乙!
          • 12. 鏡川虚空
          • 2015年09月28日 02:21
          • なぁんだ、クソコメねぇのかよぉ。出番ねぇじゃんかよぉ……
            っていうかぁ、タグよwwなぁんで艦これなんだよぉwww

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 幼女幽霊「呪いが勝つのか、幽霊が勝つのか実験だよ実験!!」DQN幽霊「!?」
        • 荒木比奈のジュブナイル
        • 【艦これ】艦娘で学ぶ例のあの現象
        • 【バンドリ安価】戸山香澄「たられば」
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 肝臓「ワイちゃん!飲酒激しくしないで!」ワイ「うるさいですね」グビグビ
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ