TOP

凛「アーカード?知らない英霊ね…」

1:初SSです よろしく:2015/02/12(木) 21:02:15.53 ID:5DniEe4x0

凛「あなたが私のサーヴァントね?」

アーカード「お前こそ、私の主か?」

凛「なんでそんなに上から目線なのよ…まあいいわ、ほら、令呪あるでしょ」ヒョイ

アーカード「ほう、確かに我が主に違いない」

アーカード「なんなりと御命令を、マイマスター」

凛「急に殊勝になるのも怖いわね…」

凛「で?あなたクラスは?どこの英霊よ?」

アーカード「アーチャーのクラスを得て現界した。名は…アーカード、と先代は呼んでいたな」

凛「アーカード?知らない英霊ね…」

アーカード「ドラキュラと呼ばれたり、串刺公と呼ばれたこともあった」

凛「は?」



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 21:05:57.18 ID:5DniEe4x0

凛「それって、あなた、ヴラドって人じゃないの? ヴラド・ツェペシュ」

アーカード「そうだが?」

凛「そうだが?じゃないわよ!!なんで串刺公がアーチャーなのよ!!ランサーでしょ普通!!」

アーカード「どうやらヴラドと私は別の英霊として存在しているらしい。そいつについては詳しく知らん」

凛「え…なにそれ、一人の人物が二人分の英霊に分けられたってこと?」

アーカード「そうなのだろう。私は一度死んでからのほうが長かったのでな
      一度死に、化け物と成り果て、ロンドンで殺戮の限りを尽くした」ククク

凛「なんでそんなのが英霊になってんのよ…」

アーカード「反英霊など、その類だろう。一度ロンドンを救ったこともある」

凛「あれ?ドラキュラの伝説にそんなのあったっけ?」

アーカード「そうか、ないのか。それなりに派手な一件だったのだが」

凛「それ、いつの話よ」

アーカード「20世紀の末頃だ」

凛「最近じゃないのよ…私の知らないところで何かあったのかしら…
  ねえ、どんなことをしたのよあなた」

アーカード「千人の吸血鬼化したナチの武装親衛隊と3000人のヴァチカン第9次十字軍を皆殺しにし、300万人分の血を吸った挙句一度消滅した」

凛「」

凛「え、いや、さすがにそんなことあったら私でも知ってると思うんだけど」

アーカード「そうだろうな」

凛「うーん…平行世界の出来事ってことならわからなくはない、か」
  じゃあ、あなたはヴラドが死んでから分岐した、真祖の英霊ってことでいいのね?」

アーカード「そんなところだ」

凛「自分でまとめといてなんだけど、メチャクチャね…真祖が英霊になるなんて…
  まあいいわ、私は遠坂凛。よろしくね、アーチャー」

アーカード「ああ」



4:専ブラにしてみた:2015/02/12(木) 21:10:07.65 ID:5DniEe4xo

凛「夜の学校の屋上でランサーに襲われたわ」

アーカード「そうだな」

ランサー「よう、かわいい嬢ちゃんじゃねえか」ウヘヘ

凛「取り敢えず弓兵のあなたにはここは不利ね、一旦校庭に降りるわよ」

アーカード「いいだろう」

~校庭~

ランサー「さあ、やるか?」ヒュンヒュン

凛「お願い、アーチャー」

ランサー「ふん、弓兵か。さっさと弓を出せよ。それくらいは待ってやる」

アーカード「生憎だが、そこまで時代遅れではない」バァン

凛「え、銃使うの?」

ランサー「ハッ、えらく現代的なアーチャーだな!」カキーン

アーカード「ほう、弾くか」

ランサー「悪いが俺に飛び道具は効かねえよ。運が悪かったな」

アーカード「そうか、そうだな、そうでなくてはならない」

ランサー「あ?」

アーカード「ただ使役されるだけの狗であろうとも英霊だ、銃に撃たれるようでは名が廃るというものだ」

ランサー「狗?オレを犬と言ったか弓兵…
     いいだろう、その心臓、貰い受ける!」ゴオオ

凛「うわ、宝具使う気ね。展開が早いわ」

アーカード「まだ一発撃っただけなのだがな」



5:専ブラにしてみた:2015/02/12(木) 21:13:42.70 ID:5DniEe4xo

~弓道部~

士郎「ふう、掃除はこんなところかな」

バァン

士郎「銃声?…いや、気のせいか、そんなもん、するわけないしな」ハハハ

士郎「まあ、掃除終わったし、見に行ってみるか。たぶん校庭の方だよな?」

~校庭~

士郎「あれ、なんか赤い人と青い人がいる…演劇部か?」

ゲイ・ボルク!

士郎「うわ、あれ演劇じゃない!血が、血がめっちゃ出てる!」

アーチャー!

士郎「こ、これは逃げたほうが良さそう…」タタタ



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 21:16:41.44 ID:5DniEe4xo

凛「ちょ、ちょっと、アーチャー!」

ランサー「フン、所詮弓兵か」

アーカード「・・・フッ、ハハハ、なるほど、因果律を歪めて心臓に刺さる魔槍か」ドバドバ

ランサー「何?!」

アーカード「しかも治癒を妨害する呪い付き…なかなかの宝具だ」

ランサー「てめえ…どういうことだ」

アーカード「いやなに、少しばかり死ににくい体なだけだ。
      あと300万回ほど頑張れば、殺せるのではないかな?」

ランサー「ふざけやがって…ん?誰だ!!」

ダダダ…

凛「しまった!まだ人が残ってたなんて!アーチャー、追って!」


~校内~

士郎「ここまで逃げれば大丈夫だろう」ハアハア

ランサー「よう、なかなか走ったじゃねえか」グサッ

士郎「ぐはあ」バタリ

ランサー「自分の不運を呪いな」シュン



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 21:23:00.99 ID:5DniEe4xo

凛「ちょっと死なれると困るヤツだったから宝石使って助けたわ」

アーカード「そうか」ククク

凛「な、なんで笑うのよ」

アーカード「いやなに、私も似たような経験があるだけだ。私も、気まぐれだったな」

凛「ふうん…
  アーチャー、ランサーを追って。せめてマスターくらいは確認しないと」

アーカード「分かった」シュン


~遠坂邸~

アーカード「すまない、見失った。さすがはランサーといったところだな、素早い」

凛「仕方ないわね」

アーカード「だが、いいのか?」

凛「なによ」

アーカード「あの槍兵、殺した人間が生きていると知ればどうするだろうな」

凛「しまった…!」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 21:29:43.42 ID:5DniEe4xo

~衛宮邸~

士郎「青タイツから逃げて土蔵まで来たけどそろそろヤバい」

ランサー「これで詰めだ。…ん?」

ガァァン

士郎「うおっまぶしっ」

セイバー「サーヴァントセイバー、召喚に応じ参上した。
     問おう、あなたが私のマスターか」

士郎「?」ポカーン




凛「無事だといいけど…
  …!ランサーの気配?まずい!」

アーカード「いや、逃げていくぞ」

凛「もう一人サーヴァントがいるわね…召喚されたのかしら」

セイバー「はあああ!」ダダダ

アーカード「こちらに来たぞ」

凛「来たぞじゃないわよ!あっ」

ズバァ

凛「アーチャーが縦に両断された!」

セイバー「他愛無し」フンス

アーカード「見えない剣とはまた変わった武器を使うな」ドロドロ

凛「うわあ…真ん中で割れたまま喋ってる…」

セイバー「」



19:アーカード以外は5次鯖まんまの予定:2015/02/12(木) 21:36:00.92 ID:5DniEe4xo

士郎「セイバー!やめ…うわっなんだあれグロい」

凛「こんにちは、衛宮くん」

士郎「あれ、遠坂?」

アーチャー「ほう、知り合いだったか」ベチャベチャ

士郎「うわあ…ちょっとずつくっついてる…」

セイバー「シ、シロウ、止めないでくださいね」プルプル

士郎「遠坂を殺そうとしてるのかもしれないけど、手が震えてるぞセイバー…」

セイバー「こ、この程度、戦場では見慣れたものです!」

士郎「いいからやめろ、女の子が人を殺したりしないでくれ」

アーカード「なかなか男らしいな」ニチュニチュ

凛「うっ…見てられないわね…衛宮くん、家の中で話さない?状況、わかってないでしょ」

士郎「あ、ああ、わかった」

アーカード「いいのか?」グチュグチュ

凛「さすがに連戦は避けたいし、なによりアンタを見てられないし…
  治ったら、他のサーヴァントが来ないか屋根の上で見張りをお願い」

アーカード「わかった」グチュグチュ

セイバー「」プルプル



21:アーカード以外は5次鯖まんまの予定:2015/02/12(木) 21:40:39.23 ID:5DniEe4xo

~教会前~

凛「教会まで来て綺礼を使って衛宮くんに聖杯戦争のことを教えたわ」

アーカード「そうだな」

凛「さっき話しながら気づいたけど、あなたって綺礼と声似てるわね」

アーカード「それは面白い偶然だ」

セイバー「シロウ、決心はつきましたか?」

士郎「ああ、俺はあんなことが二度とないように戦う…よろしく頼む、セイバー」

セイバー「はい」アクシュ

凛「じゃ、衛宮くん、もうこれからは敵同士だから…ん?」

イリヤ「こんばんわ、お兄ちゃん」

士郎「あ、いつかのロリっ子」

イリヤ「ろりっこ?なにそれ?私の名前はイリヤスフィールよ。イリヤスフィール・フォン・アインツベルン。
    あなたならわかるわよね、リン?」

凛「アインツベルン…」

イリヤ「わたしのこと、ろりっこなんて変な名前で呼んで、ゆるさないんだから!
    やっちゃえ、バーサーカー」

バーサーカー「■■■■■■!!」

セイバー「シロウ、さがって!」

凛「アーチャー、ここはあなた本来の戦い方に徹するべきよ」

アーカード「分かった」ズバァ

凛「なんで斬られてんのよ!」

アーカード「これが私のやりかただ」ドロドロ

士郎「こんどは横に真っ二つ…オエッ」



23:これでいいのかな? ◆qdBCNTwwRg:2015/02/12(木) 21:44:09.72 ID:5DniEe4xo

イリヤ「自分からやられにくるなんて、バカなサーヴァントね。
    粉々にしちゃいなさい、バーサーカー!」

バーサーカー「■■■■■■ーーー!!」ガンガン

凛「なんであんなになすがままなのよ…どんどん細切れになるじゃない…」

セイバー「」プルプル

イリヤ「なんでよ!なんで消えないのよ!もはや原型とどめてないくせに!」

アーカード「この巨体でこの素早い攻撃、さすがだが…狗では私は倒せない。化け物を倒すのは、いつだって人間だ」ベチャァァ

凛「うわ、血だまりから手だけ生えてる…あれ、黒い銃持ってる?ランサーのときは白い銃だったのに」

アーカード「純銀マケドニウム加工水銀弾頭弾殻 マーベルス化学薬筒NNA9 全長39cm重量16kg13mm爆裂徹甲弾…」

アーカード「『ジャッカル』」バゴォォォン

バーサーカー「■■■…」ドサァ

凛「宝具の説明が詠唱になってるのね」

アーカード「パーフェクトだウォルター」

凛「誰よ」



28: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/12(木) 21:55:59.31 ID:5DniEe4xo

イリヤ「ふ、ふふふ…そこのアーチャー?には驚いたけど、そんなんじゃ私のバーサーカーは殺せないんだから!」

バーサーカー「■■■■■■■!!!」グチャリ

凛「あ、治ってる」

士郎「お前のアーチャーに比べるとしょぼいな」

セイバー「アレなら大丈夫です」

イリヤ「な、なによなによ!私のバーサーカーはつよいんだから!真名はヘラクレスで、Aランク以上の攻撃で12回殺さないといけないのよ!!」

凛「アーチャー、あなたランサーのとき300万回殺せとか言ってなかった?」

アーカード「ああ、だいたいその程度の命が私の中にはある」ドロドロ

イリヤ「えっ…」

バーサーカー「■■…」ショボーン

イリヤ「か、関係ないわ!バーサーカーにおんなじ攻撃は効かないのよ!さっきの銃なんて撃ったってどうにもならないんだから!」

バーサーカー「■■■!」キリッ

アーカード「そうか、それはいい」ククク

凛「アーチャーがほぼ液体の状態で笑ってるわ」

セイバー「言わないでください、リン…」プルプル

アーカード「なるほどヘラクレスか。幾度の試練を乗り越えた、神の息子。それほどの英霊が、狂わされた挙句あのような少女の狗に成り果てるとは」

バーサーカー「■■■■■■■■ーーー!!」

アーカード「度し難いな。まったくもってい度し難い。…いいだろう。貴様をAランクの英霊と認識する。拘束制御術式第3号第2号…」

イリヤ「なんかやばい! か、帰るわよバーサーカー!!」

バーサーカー「■、■■■■■!」シュン

凛「あ、逃げた」

アーカード「ふん、つまらん」バシャバシャ

士郎「た、助かった…」

セイバー「まだ助かってない気もしますが…」チラリ

凛「今日のところは見逃してあげるわ。でも、次にあったら容赦しないわよ」

士郎「わかった」

アーカード「甘い主を持ったものだ。前の主は、もう少し手厳しかったぞ」バチャバチャ

凛「いいからあなたは早く元に戻りなさいよ…」

士郎「血だまりに肉片が浮いてるだけなのに喋ってるんだもんな」

セイバー「シ、シロウ、説明は不要です…ウッ」プルプル



31:5次アチャと口調がかぶるよね ◆qdBCNTwwRg:2015/02/12(木) 22:03:26.93 ID:5DniEe4xo

~学校~

士郎「なんだこれ、空気が淀んでるというか…気持ち悪いな」

凛「おはよう衛宮くん。たぶんこれはサーヴァントが作ったすっごい結界だから手を組んで一緒に壊しましょう」

士郎「うん」

凛「いいわね、アーチャー?」

アーカード「ああ。なかなか、骨のある男のようでもある」

凛「そう?強化の魔術しか使えないって言ってたし、へっぽこだと思うけど?」

アーカード「そうではない。…私を殺すのは、きっとあのような男だ」

凛「アンタが死ぬところ、想像できないんだけど」

アーカード「狗や化け物では私は倒せない。化け物を倒すのは、いつだって人間だ。」

凛「へえ、変わった考え方ね。英霊も化け物ってこと?」

アーカード「狗だ。サーヴァントとして飼われている以上はな」

凛「それで狗狗言ってたのね…。でも、あなたの強さはよくわかったわ。あなたの言う狗、全部狩って頂戴」

アーカード「仰せのままに、マイマスター」

士郎「怖い…」



34:旦那は吸われたわけじゃないからいいかなーって… ◆qdBCNTwwRg:2015/02/12(木) 22:15:41.47 ID:5DniEe4xo

~遠坂邸~

凛「さて、衛宮くんとは協定を結んだからしばらくあっちの家に行こうと思うんだけど…」

アーカード「何か?」

凛「あなた、まだ全力は出してないわよね?」

アーカード「ほう、目ざといな」

凛「バーサーカー戦で詠唱してた術、あれはなに?」

アーカード「普段拘束している私の力を使うものだ。発動というよりは解除だな」

凛「うわ、そんなのあるんだ…」

アーカード「完全解除には主の命令が必要だ」

凛「命令…?まさか、令呪ってこと?」

アーカード「そうだ。独力ではできない」

凛「令呪を使う宝具か、なかなかハイリスクね…。使いどころには気をつけるわ。それで宝具は全部?」

アーカード「そうだ。ジャッカル、拘束制御術式(クロムウェル)、大別するとこの2つが私の宝具だ」

凛「その不死性も十分宝具な気もするけど、戦闘続行EXスキルがあるみたいだし違うみたいね
  自分で呼んでおきながら、恐ろしくなるわ…」

アーカード「いや、クロムウェルを完全解除したとき、私はただ一人の吸血鬼となる」

凛「え?じゃあ、一回で死んじゃうの?」

アーカード「そうだ」

凛「ますますハイリスクね…そこまでして使う必要、あるのかしら?」

アーカード「どうかな。そもそも、それほどの相手が居るとも思えない。」

凛「ふうん。それ、使うとどうなるの?」

アーカード「私の内包している命をすべて具現化し操る」

凛「うわあ、それ300万人以上ってことよね。冬木に入りきるのかしら…。でも、あなたがひとりになるって、そういうことなのね」

アーカード「そうだ。私が死ぬとすればそのときだ」

凛「そんな宝具、いつ使うんだか…。」



37:書き溜めが尽きたので今日はここまでということで ◆qdBCNTwwRg:2015/02/12(木) 22:28:25.63 ID:5DniEe4xo

~衛宮邸~

凛「というわけで、厄介になるから」

士郎「わかったよ、仕方ないな」

凛「奥の客間使うわね~」トコトコ

士郎「まったく…」

セイバー「シロウ」

士郎「何だ、セイバー?」

セイバー「あのアーチャーには気をつけてください」

士郎「え、なんで?協定も結んだろ?」

セイバー「いえ…私の直感が告げているのです。あの男は、危険だと」

アーカード「また随分と警戒されたものだ」ズルゥ

士郎「うわ!壁から出てきた!」

セイバー「ほら!ほら危険です!ほら!」ガタガタ

アーカード「セイバーの主よ。お前は聖杯戦争を止めるため、戦うといったな」

士郎「そ、そうだ。二度とあんな悲劇は繰り返させない。俺は皆を救う、正義の味方になるんだ」

アーカード「面白い。限りなく馬鹿で酔狂で儚い願いだ」ククク

士郎「何だと…?」

アーカード「しかしそれでいい。それがいい。人間とは、そうでなくてはならない。やはりお前は、見込んだとおりだ」スゥゥ

セイバー「消えましたね」ホッ

士郎「なんだっていうんだ…」



52: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 18:41:13.71 ID:rXvVn33Vo

~学校~

凛「結界が起動したわ、出てきてアーチャー」

士郎「セイバー呼ぼうか?」

凛「アーチャーが居れば大丈夫よ」

士郎「なんで俺と協力したんだお前…」

凛「だ、だってほら、呪刻を壊すのははかどったじゃない!」

士郎「そうか…。で、なんで顔が赤いんだ?」

凛「赤くないわよ!日焼けよ!」

慎二「よう衛宮ァ…」

ライダー「……」

士郎「慎二!!結界を張ったのはお前か!」

慎二「そうだよ!僕がやったんだ!どうだよ遠坂、すごいだろう?」

凛「フン、悪趣味ね」プイ

慎二「な、なんだと…!くそ、馬鹿にしやがって!もういい、やれライダー!!!」

凛「はあ、さっさと片付けましょうアーチャー」

アーカード「認識した。我が主よ」バキュンバキュン

ライダー「!」ササッ

士郎「避けた!?」

凛「ジャッカルを避けるなんて、素早いわね…」

慎二「どうだ!僕のサーヴァントは!」

士郎「ここはやっぱりセイバーを呼ぼう」セイバァァァァァァ

セイバー「サーヴァントセイバー、召喚に応じ…ん?」

アーカード「よく動く…であれば、銃など不要だ」ダダダダダ

士郎「なっ、接近戦?!」

ライダー「くっ!」ガシイ

セイバー「私、なんで呼ばれたんです?」

凛「士郎とセイバーは、慎二をお願い。私達がライダーをやるわ」

士郎「わかった。慎二ィィィィ!!」

慎二「ヒェッ」

ライダー「マスター!…ぐうっ」ギリギリ

凛「あのアーチャーに捕まって、離れられるもんですか。…士郎、頼んだわよ」



53: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 18:47:20.93 ID:rXvVn33Vo

慎二「いやだぁぁぁぁぁぁこわいいいいい」ダダダダダ

士郎「慎二のやつ、逃げ足だけは速いな…セイバー、捕まえてくれ」タッタッタッ

セイバー「はい」ダッ



グググ…

アーカード「ほう…お前からは同種のにおいがするな。…血のにおいが」

ライダー「っ!」バキッ

アーカード「見かけによらず、力もある…」ズサァァァ

ライダー「マスター!!」ダッ

凛「ちょっと!なに逃しちゃってんのよ!」

アーカード「すまない」


セイバー「終わりです、ライダーのマスター。結界を解きなさい」

慎二「へ?あ、ああ!解くよ!解く!だからさ、殺さないでくれよ!」

士郎「わかった。お前は殺さない。早く解くんだ」

ライダー「マスター!」ブン

セイバー「!」カキィン

慎二「!!遅いぞライダー!」ダダダダ

凛「ああ、遅かった…」

ライダー「さすがに劣勢です。…一度退きます、マスター。私のそばに」

セイバー「させるものか。どんな手を使おうと、私とあのアーチャーからは逃れられない」

ライダー「それはどうでしょうか?」

ズバッ ブシャァァァ

士郎「首を自分で斬った!?」

セイバー「まずい!なにか宝具を使う気です!シロウ、こちらへ!!」ヒョイ

凛「アーチャー!」

アーカード「わかった」ダダダダ

凛「なんで立ち向かってんのよ!逃げなさいよ!」

       クロムウェル
アーカード「拘束制御術式3号2号1号 …開放」ゴバァ



54: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 18:53:24.01 ID:rXvVn33Vo

ぞるぞるぞる

ライダー「なっ…」

士郎「えっ…うわあ…」

凛「体が目玉だらけに…下半身はなんかムカデがいっぱい…うわっ、首が落ちた…」

セイバー「あ、あ、あああああああ」ガクガク

慎二「え?なに?ちょっとライダー、お前の血で見えないんだけど?」コソコソ

アーカード「さあ、来るがいい」グチャグチャ

ライダー「…っ、そんなものでは、この仔の疾走は阻めない…!」カッ

ドヒュウウウウウン    ガシッ

ライダー「なっ…!?」

凛「アーチャーから生えた無数の手が天馬を押しとどめてる…!?」

セイバー「な…なんという…ウッ…力なのでしょう…」ガタガタ
                    エサ
アーカード「馬か…いいだろう、お前は犬の肉だ」メキメキ ガバァァ

凛「今度は胸からでっかい犬が…」

ライダー「ひっ…や、やめ…」

グシャッ ガブッ モグモグ ゴクン

凛「犬が馬を食べるってどういうことよ…」

士郎「セイバー?おーい、セイバー?」

セイバー「」ピクッピクッ



55: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 19:01:09.56 ID:rXvVn33Vo

アーカード「さあ…どうする、天馬の騎手。まだ手はあるのだろう?」ズルッズルッ

ライダー「ひ…く…あ…」

アーカード「ふん…手詰まりか。ならば…」ズルズル

ガブリッ

ライダー「!!」

士郎「なっ…噛み付いた?!」

凛「あのたくさんの腕を絡み付けて動きを封じてるのね」フムフム

士郎「慣れたのか、遠坂…?」

アーカード「」ゴクゴク

ライダー「ん…く……ぁ…あぐっ…ぅ…はぁ…」ピクピク

士郎「な…なんかエロいな…」

凛「なんででしょうね…///」

慎二「え、なに、どうなってんの?」ポカーン



57: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 19:08:47.47 ID:rXvVn33Vo

アーカード「」プハァ

ライダー「サクラ…」スウウッ

凛「血と一緒に魔力を絞りとって消滅させたのね」

アーカード「クハハハハ、アハハハハハハ」ぞぶぞぶ

凛「体が戻ってく…」

士郎「セイバー?終わったぞセイバー?」

セイバー「ハッ!?む、むかでは!?どろどろは!?もうないですか!!?」

士郎「もう大丈夫だ、セイバー」ナデナデ

セイバー「ううっ…しろぉ…こわかったです…えぐっ…」ポロポロ

士郎「セイバー…」キュン

凛「」イラッ



58: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 19:17:51.16 ID:rXvVn33Vo

慎二「あれ?ライダー?なんで消え…ああ!令呪が!ああああああ」ガタガタ

凛「さて…このワカメ、どうしてやりましょうかね」ギリギリ

アーカード「そう拳を構えていると、悩んでいるようには見えないぞ主よ」

凛「うるっさい!学校をメチャクチャにされたんだし、当然でしょ!」

アーカード「それだけではないような…おっと?」

慎二「ヒイイイイ、た、助けてくれええええ」タタタ

凛「あっ、待ちなさい!」

アーカード「フィッシュ」ヒュン ガシッ

凛「アーチャーの腕が伸びた…フィッシュってなに?」

アーカード「さて、なにかな。突然口をついて出たとしか」

慎二「なんで腕が伸びるんだよ!おかしいだろ!」

凛「クロムウェルとか言うの、まだ続いてたのね」

士郎「どうするんだ?遠坂」

凛「アーチャーに血を吸い取ってもらって、ふえるワカメがふえる前みたいにしてもらいたいところだけど、どうしましょうか」

慎二「ぼ、僕、そこまで恨み買ったかなあ……」ガクガク

アーカード「フン、このような血はいらん。臭くてたまったものではない」

士郎「なら、教会に預けよう。安全なんだろ?」

凛「そうね…そうしましょう。どうせ学校の件も、教会に頼らないといけないし」

士郎「わかった」

凛「慎二は私に任せて、あなたたちは先に帰ってていいわよ。疲れたでしょ」

士郎「えっ…いや、まあ、うん…」

セイバー「なんだかアーチャー以外はなにもしていない気がしますね」



59: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 19:32:36.95 ID:rXvVn33Vo

~衛宮邸~

士郎「ただいまーっと」

セイバー「お疲れ様でした、シロウ」

士郎「ああ、セイバーもな。セイバー、なにか食べるか?」

セイバー「いえ…さすがに、あれを見た後ですと、その…」

士郎「そうだよな、俺もそうだ。…少し部屋で休んでくるよ」

セイバー「はい、シロウ」


~教会~

凛「と、いうわけだから、コイツのことはよろしくね」

綺礼「いいだろう。教会の名において、彼の安全は保証しよう」

凛「…ほんっとに声似てるわね」

綺礼「何の話だ、凛?」

凛「なんでもないわ…じゃ、もう帰るから」テクテク

慎二「クソックソックソッ」



60: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 19:38:50.83 ID:rXvVn33Vo

~衛宮邸~

凛「ただいまー…あれ?なんか様子がおかしいわね」

アーカード「屋敷の奥が崩れているようだが」

凛「…しまった!衛宮くん、どこ!?」

セイバー「リン…です、か…?」ボロッ

凛「セイバー!?なにがあったのよ!」

セイバー「イリヤスフィールと、バーサーカーが…それを、止められず…シロウが…」

凛「連れ去られちゃったのね…迂闊だったわ、アーチャーと離れればこうなるってわかってたはずなのに」

アーカード「どうする」

凛「連れ戻すわ。セイバー、あなたは休んでて」

セイバー「だ、大丈夫です!シロウを目の前でさらわれておきながら、休んでなどいられません!」

アーカード「殊勝なことだ」フフフ

凛「嫌味言ってないで、さっさと行くわよ」



61: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 19:43:43.87 ID:rXvVn33Vo

~イリヤの部屋~

士郎「気がついたらやけにファンシーな部屋で縛られてた」

イリヤ「おはようお兄ちゃん」

士郎「いつかのロリっ子…名前なんだっけ?」

イリヤ「イリヤスフィールよ!!シロウは特別に、イリヤって呼んでもいいわ」

士郎「そうか。イリヤはかわいいな」

イリヤ「えへへ…じゃなくって!」

士郎「なにさ」

イリヤ「かくかくしかじかでシロウは私のものなのよ!」

士郎「なんだって!親父の娘!?」

イリヤ「そうよ!だから、私のサーヴァントになってちょうだい」

士郎「イリヤのもの…そうか…フフフ…それも悪くないかも…」デレデレ

イリヤ「でしょ?」

士郎「ハッ!だ、だめだ!俺はセイバーと聖杯戦争を止めるんだ!」キリッ

イリヤ「…ふーん。そっか。じゃ、そのセイバーがいなければいいのね」

士郎「え?」

イリヤ「シロウの家では見逃してあげたけど…いいわ、そういうことなら、セイバーなんてやっつけちゃうんだから」

士郎「ま、まて!やめろイリヤ!」

イリヤ「シロウはそこで待ってなさい」ガチャッ タッタッタッ

士郎「く、くそ…」



62: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 19:50:24.32 ID:rXvVn33Vo

セイバー「シロウ!」ドコォン

士郎「うわっ、なんだセイバーか…扉をふっとばすのはやめてくれ…」

アーカード「ほう、まだ生きていたか。とうに死んだものかと」

凛「あらほんと、元気そうじゃない。心配して損したわ」

士郎「心配してくれてたのか。いいやつなんだな、遠坂」

凛「う、うるさい!!さっさと逃げるわよ!」

セイバー「そうですね、行きましょうシロウ」


~エントランス~

士郎「誰も居ないんだな」トコトコ

凛「ええ、イリヤスフィールまでいないなんて」

士郎「イリヤなら、セイバーを殺すって言って出てったぞ」

セイバー「え?」

凛「入れ違いになったのかしら。ラッキーね」

イリヤ「そんなわけないじゃない、リン」ササッ

凛「!!」

士郎「まあ、そうだよなあ」



63: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 19:58:50.37 ID:rXvVn33Vo

イリヤ「セイバーだけが来たのかと思ったらアーチャーまでいてびっくりしちゃったけど、よく考えたら好都合ね」

凛「なに言ってんのよアンタ」

イリヤ「セイバーを殺しても、リンがまだいるもの。どうせなら、みーんなやっつけちゃわないと」

バーサーカー「■■■■■■ーーー!!」

アーカード「相も変わらずやかましいな」

凛「セイバーはまだ戦えない、か。…仕方ないわね」

士郎「遠坂?」

凛「アーチャー。一人でアイツの足止めをお願い」

セイバー「それしかありませんね」

士郎「そうだな」

イリヤ「へ?」

アーカード「了解した。だが、足止め、か」

凛「なによ」

アーカード「別に、アレを倒してしまっても構わんのだろう?」

凛「それもそうね。じゃあ私達、隅っこで待ってるから」

セイバー「そうしましょうシロウ」いそいそ

イリヤ「え?え?」

バーサーカー「■■…」ショボン

イリヤ「な、なによなによなによ!!なめきっちゃって!!私のバーサーカーはつよいのよ!!」

バーサーカー「■■■■■■■■■■■■ーーーーー!!!!」ハリキリ

イリヤ「前はびっくりして逃げちゃったけど、どうせバーサーカーは殺せないわ!やっちゃえバーサーカー!!」

バーサーカー「■■■■■■ーー!!!!!」ダダダダ

アーカード「拘束制御術式 第3号 第2号 第1号 開放 状況A「クロムウェル」発動による承認認識 目前敵の完全沈黙までの間 能力使用限定解除開始…」

アーカード「では教育してやろう。本当の吸血鬼の闘争というものを」ぞるッ



64: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 20:12:00.90 ID:rXvVn33Vo

バーサーカー「■、■■■…」ドシャァ

イリヤ「う、うそ、バーサーカー…?」

セイバー「はっ!?シロウ、どうなったのですか!」

士郎「セイバー、また気を失ってたのか…」

凛「今度はもっと凄かったものね」

凛「手刀で胸を貫いたかと思えば頭を蹴り飛ばして、でっかい犬で腰から上を食べ尽くして足を千切ってムカデを鼻に詰めて…」

凛「下手に再生するもんだからそのたび体のどこかを持って行かれてたわね」

セイバー「うっ…や、やめてくださいリン…」プルプル

アーカード「ギリシャの英雄といえど、狂ってしまえばこの程度か」ガブッ

イリヤ「え…いや…うそ…血を吸って…るの…?」ガタガタ

バーサーカー「■■■…」シュワァァァ

アーカード「つまらない。まったくもってつまらない。万夫不当の英雄がこのザマとは」ハァァ

凛「でもちゃんと血を吸うあたり、一応それなりには認めてるのかしら」フムフム

士郎「お前、適応力高いよな」



65: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 20:18:30.78 ID:rXvVn33Vo

イリヤ「バーサーカー…うそよ…バーサーカーが…いやぁ…」ポロポロ

凛「さて、イリヤスフィールも教会に突っ込んでおこうかしら」

士郎「いや、イリヤは俺の家で預りたい」

凛「は?」

セイバー「し、正気ですかシロウ!」

士郎「いや、だってかわいい…じゃなくてかわいそうだし、あいつ、親父の娘らしいんだ」

凛「ははあ、義理の妹ってところかしら。でもそれでも…」

アーカード「私も賛成だ」

凛「え?」

アーカード「あの娘、なにかおかしい。手元においておいたほうが良いだろう」

凛「な…」

士郎「イリヤ、どうだ?」

イリヤ「シロウと…いっしょ?」

士郎「そうだ」

イリヤ「わかった…そこのアーチャーが怖いけど、シロウといっしょなら平気!」

凛「まったくもう…ま、アーチャーが居ればイリヤスフィールも変なことはしないか」



66: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 20:26:19.48 ID:rXvVn33Vo

~衛宮邸~

イリヤ「わーい、しろー、しろー」キャッキャッ

士郎「ははは、イリヤはかわいいな、ははは」ナデナデ

セイバー「」イラッ

凛「なんというか、必死に現実から逃げてる感じがするわね、あの子」イライラ

アーカード「自分の頼りであったサーヴァントをいともたやすく失ったのだ、仕方あるまい」ククク

凛「自分でやっといてよく言うわ…」

アーカード「これで目下の敵、ライダーとバーサーカーは消えたわけだが」

凛「そうね」

アーカード「どうするのだ」

凛「どうするって、なにがよ」

アーカード「あの男との協定だ。もはや反故にしても問題はあるまい。お前がそうするというのなら私は従うが」

凛「あー、そうね、どうしましょうか」

士郎「? 俺、遠坂とは戦わないぞ?」イリヤナデナデ

凛「これだもんなあ、頭に来るけど…アーチャー、あなたはどうしたい?」

アーカード「この男は面白い。私の前に立ちはだかった幾多の人間共と似ているようで、似ていない。その酔狂な理想の果てを見てみたい」

凛「そう、最後までとっておくってこと。いいわ、まだサーヴァントは残ってるし、共闘を続けましょう、士郎」

士郎「ああ、よろしく頼む」イリヤギュッ

イリヤ「しろー…えへへ…」

セイバー「」イライラ



67: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 20:36:03.75 ID:rXvVn33Vo

凛「敵の気配がしたと思ったら使い魔に居間を包囲されてたから対魔力の高いセイバーが元気に倒しに行ったわ」

士郎「怪我治ってたんだな、セイバー」

アーカード「私は出なくていいのか」

凛「うーん、そうねえ…敵はきっとキャスターでしょうけど…狙いは私達マスターのはず、アーチャーには私達を守ってもらうわ」

アーカード「ふん、そうかな」

凛「どういうこと?」

アーカード「こちらが狙いとするなら、配置する使い魔の数が少なすぎる。そしてまったく仕掛けてこない。足止めのように思えるが」

凛「…まさか、狙いは…」

士郎「セイバァァァァ!!」ダダダ

凛「あっ、待ちなさい士郎!もう、アーチャーは士郎を追って。私はここでイリヤを守ってるから」

アーカード「了解した」



68: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 20:48:13.46 ID:rXvVn33Vo

キャスター「セイバー、ウフフ…可愛いわ…ウフフフ…」

セイバー「くっ、そんな目で私を見るな!!」ブンブン

キャスター「ここであなたを捕らえたら、お寺でたーっくさんお洋服を…ウフフフフ…」ドンドン

セイバー「そんな魔術など!」シュンシュン

キャスター「なら、あの坊やを殺しちゃうけど、いいのかしら?」

セイバー「な…?」

セイバァァァァァァ

セイバー「シ、シロウ!?来てはだめだ!」

キャスター「隙あり!ルール・ブレ…」



アララララララララライ!!!

ドゴォォォォォォォン バリバリ



69: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 20:52:17.01 ID:rXvVn33Vo

セイバー「キャスターが死んだ!」

士郎「このひとでなし!」

セイバー「それよりも、この声は、まさか…」

イスカンダル「応とも!久しぶりだな騎士王!」

セイバー「征服王!?なぜここに!!」

イスカンダル「なに、先の戦争でな、とうとう受肉を果たしたのだ」

セイバー「馬鹿な!最後に残ったのは、私とアーチャーだった…それに、聖杯は私が壊したはずだ!」

イスカンダル「確かに余はあの英雄王にやられたはずだったのだがな、気がつけば裸で火の海に放り出されておったわい」

セイバー「そ、そんな…」



72: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 20:57:34.96 ID:rXvVn33Vo

凛「使い魔が消えたから出てきたら、なんか変な状況ね…なによ、あのサーヴァント?」

セイバー「……彼は、前回の聖杯戦争でライダーとして現界していたサーヴァントです。真名は征服王イスカンダル…」

凛「前回の…?なんでそんなやつがいるのよ!」

綺礼「それは私が説明しよう」ドン

凛「綺礼!?」

セイバー「征服王の後ろで腕を組んで仁王立ちしていますね」

士郎「コートがはためいてかっこいいな」

アーカード「確かに私と声が似ている」

イスカンダル「冷静だのうお主ら」



74: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 21:00:45.28 ID:rXvVn33Vo

凛「…どういうことよ、綺礼」

綺礼「前回の聖杯戦争で、たしかに聖杯は破壊された」

綺礼「そして、私とそのパートナーであった当時のアーチャー、ギルガメッシュは壊れた聖杯から溢れた泥を被った」

綺礼「私は衛宮切嗣によって一度殺されたが、その泥により蘇生し、ギルガメッシュも受肉を果たす…はずだった」

セイバー「どういうことだ」

綺礼「どうも、そこの征服王があまりにも受肉を果たしたがっていたようでな」

綺礼「聖杯がうっかり間違えてギルガメッシュではなく征服王を受肉させてしまったようだ」

士郎「聖杯戦争に遠坂家が関わってたんなら、うっかりしても仕方ないな」

凛「どういう意味かしら、衛宮くん?」ギリギリ



75: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 21:04:44.57 ID:rXvVn33Vo

綺礼「仕方がないので征服王を拾ったのだが…」

イスカンダル「応、話してみればなかなかに面白い男でな!気に入ったので我が臣下にしたのだ!」ガハハ

セイバー「征服王、なんとなくその男はあなたの趣味に合わないと思うのだが」

綺礼「受肉の拍子に趣味嗜好が変わったようだ」

凛「なんでもアリね」

綺礼「気にしてはいけない、凛」

イスカンダル「それにしても…」チラリ

アーカード「なんだ」

イスカンダル「貴様、何者だ?」

アーカード「ご覧のとおり、アーチャーのサーヴァントだが」

イスカンダル「見てもわからんわい」

凛「そうね」

イスカンダル「余が言いたいのはそういうことではない。貴様は危険だ。余が、余の軍勢が、貴様を危険だと感じておる」

セイバー「それには賛同します」

イスカンダル「騎士王を叩き直そうと思っていたが、気が変わった。貴様は倒さねばならん。なんとしてもな」

アーカード「ほう、その直感は正しい。ならばどうする、今から殺るか?」ククク

綺礼「待て征服王。今は退け。目的は果たした」

凛「目的?なに、私達に説明してくれるために出てきてくれたってわけ?」

綺礼「まさか。時間稼ぎにすぎない」

凛「時間稼ぎ…?」

セイバー「! この気配は…ランサー!?」



77: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 21:10:32.48 ID:rXvVn33Vo

セイバー「リン!イリヤスフィールはどうしました!」

凛「え、疲れてるみたいだったし、居間に…まさか」

アーカード「あの屋根に居るのがそうではないのかな」

士郎「イリヤ!」

凛「初めからランサーを使って、イリヤを連れ去るつもりだったのね…追ってアーチャー!」

イスカンダル「おっと、そうはさせんわい。我が臣下の頼みであるからな、聞かぬわけにはいかん」

凛「くっ…でも、イリヤをどうするつもりよ、綺礼」

綺礼「なに?知らずに匿っていたというのか?」

凛「なんのことよ」

綺礼「は、そうか、ならば教えよう。あの娘こそ、アインツベルンが作り上げた聖杯だ」

凛「なっ…」

士郎「イリヤが、聖杯…?」

アーカード「ほう、そういうことか」

綺礼「私には聖杯が必要なのでな。娘はもらった。行くぞ征服王」

イスカンダル「応!さらばだ騎士王!柳洞寺で待っておるぞ!」ゴォォォォ・・・

凛「ああ、もう!追うわよ!」

セイバー「待ってくださいリン」

凛「なによ!」

セイバー「征服王は強い。ランサーとも組んでいるとあれば、迂闊には仕掛けられません。対策を練らねば」

凛「セイバー…そんなに、強いの?あいつ」

セイバー「先の戦いでは私の宝具を使ってやり込める程度はしましたが、それでも征服王は全力ではなかった」

セイバー「彼の宝具はどれも危険です。ですが、幸いにも私はどんなものか知っている」

凛「そう。いいわ、私達もずっと連戦だし、作戦会議にしましょう」

士郎「いりやぁ…」シクシク

凛「……」



78: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 21:16:50.65 ID:rXvVn33Vo

~衛宮邸・居間~

凛「で、あのライダー…イスカンダルだったっけ、あいつの宝具ってなんなのよ」

セイバー「はい、まずひとつは先ほど乗っていたチャリオットです」

凛「あれだけでも凄かったわね。キャスターが一撃でやられちゃったし、帰るときもすごい速さだったし…」

セイバー「それだけならまだ良いのですが、もうひとつ、真打ちとも呼べる宝具があります」

凛「へえ」

セイバー「アイオニオン・ヘタイロイ…と言っていました。固有結界を展開し、数万人の軍勢を召喚するというものです」

アーカード「ほう」

凛「固有結界ですって…また厄介なシロモノね」

セイバー「しかもその軍勢のひとりひとりがれっきとしたサーヴァントでした。私の宝具でも、太刀打ちできるか…」

凛「うへえ、数万人のサーヴァントか。…でも」

アーカード「そうだな。倒しきれぬはずはない」

凛「こっちはその数百倍だもんねえ、ちょっと負ける気がしないわ」

セイバー「え?え?」

凛「そうね、リスクはあるから、セイバーにも援護してもらおうかしら」

セイバー「な、なんです?凛、もしかしてまだ奥の手があるのですか?」プルプル

凛「ええ、楽しみにしておいて。アーチャーの言うことが本当なら、面白いことになるわよ」フフフ

アーカード「たぎるな」ククク

士郎「なんか遠坂、そいつに似てきてないか…」



79: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 21:25:46.35 ID:rXvVn33Vo

~柳洞寺前~

凛「ところ変わって柳洞寺の前まで来たわ」

セイバー「いよいよですね…ん?」

士郎「山門のところ、誰か居るな」

セイバー「あれは…ランサー…と、もうひとり…?」

ランサー「よう、なかなか来ねえんで、ちっとばかし遊んでたぜ」

アサシン「無念…」シュワァァ

ランサー「どうもキャスターに召喚されたイレギュラーだったみてえだが、主が消えりゃ力も鈍るか。宝具を使うまでもなかったな」

凛「それはどうも、手間が省けたわ。意外と強いのね、あなた」

ランサー「ふん、今までが本調子じゃなかっただけだ。やっと本気でやれるぜ。
      いけすかねえマスターからは足止めを命じられてるが、てめえら相手だとひとりくらい止められなくてもおかしくねえよな?さあ、どっちが相手だ?」

凛「どっちって言われても…」

アーカード「いつかの槍兵か。面白い、全力を以って戦おう」ククク

セイバー「さっさと倒して進みましょう」ザリッ

士郎「2対1か。ちょっと卑怯だけど、急がないとな」

ランサー「え?あれ?タイマンの流れじゃねえのか、これ?ここは任せた!とかよ」

凛「なに言ってるんだか、頼むわアーチャー」

アーカード「了解した」ダダダダ

セイバー「行きます」ダダダダ
                           ゲイ・ボルグ!
ランサー「チイッ、仕方ねえな……喰らえ、突き穿つ死翔の槍!」ドヒュン

士郎「槍を投げた!?」

アーカード「ふん」ガシィッ

ランサー「は?」

凛「さすがねアーチャー、ジャンプして槍を受け止めるなんて」

アーカード「やはりなかなかの宝具だ。これが本来の使い方なのだろう?受け止めるのに50人ほど死んだぞ」ジュウウウ

ランサー「いや、え、は?」ポカーン

セイバー「そこだ!!」ズバァッ

ランサー「! しまっ…」



80: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 21:34:27.04 ID:rXvVn33Vo

ランサー「くそ…」シュウウ

士郎「あっけなかったな」

セイバー「なんだかやっと活躍できた気がします、シロウ」フンス

凛「アーチャーのインパクトに全部持ってかれたけどね。さあ、行きましょう」タタタ


~柳洞寺~

イスカンダル「よう来た、騎士王、アーチャー」

士郎「イリヤはどこだ!」

イスカンダル「ホレ、あそこだ」クイ

凛「寺の裏ね…」

イスカンダル「しかし、いかせんぞ。我が臣下の頼みでもあるが、なにより…」ジロリ

アーカード「…」
                                         アイオニオン・ヘタイロイ
イスカンダル「そこのバケモノは、ここで余が殺さねばならん。…行くぞ、王の軍勢!」シュパァァァァァ


~固有結界~


オオオオオオオオオオオオ

凛「これがセイバーの言ってたやつか…」

士郎「広い砂漠だな。それに、すごい人数だ」

アーカード「いよいよだ。…あるじよ。我が主よ!命令を!!」

凛「ええ…命令するわ。総滅して。彼らをすべて、殺し尽くして」

アーカード「了解 認識した マイマスター」


 拘束制御術式零号 開放



81: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 21:37:47.79 ID:rXvVn33Vo

私は ヘルメスの鳥


イスカンダル「!!!」ゾクゾクゾクッ

セイバー「なッ…」ブルッ


私は自らの 羽を喰らい


イスカンダル「我が軍勢よ!止めろ!あれは、あれは、あれはいかん!」ダカダカダカダカ

「然り!然り!然り!」ダダダ


飼い 慣らされる


ズズズズズズズズズ



82: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 21:42:28.36 ID:rXvVn33Vo

セイバー「こ…これは、一体…」

凛「これが、アーカードの、真の力…」

士郎「なんて量だ…」

イスカンダル「死者の群れ…やはり、やはり貴様は…!」

士郎「え、あれ、あそこにいるのは」

ライダー「」ズズズッ

バーサーカー「■■…」ズルリ

凛「そうか…これは、アイツが食べてきた命を全部開放するもの…」

セイバー「そ、そんな、あのような姿になってまで、戦わせるというのか…」

アーカード「どうした、征服王」

イスカンダル「っ…」

アーカード「殺すのだろう?この私を、この化け物を」

アーカード「やってみるがいい。今や私はただひとり。ただひとりの吸血鬼だ」

イスカンダル「ぐ…言われるまでもないわ!行くぞ、我が軍勢よ!敵は悪魔!遠慮はいらぬぞ!」

オオオオォォォオオオ



83: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 21:48:28.74 ID:rXvVn33Vo

凛「…戦況は、だいたい五分五分かしら?結構やるわね」

アーカード「彼の軍勢はひとりひとりが英霊だと言っていた。仕方ない」

凛「あなた、ヒゲだったのね、ヒゲ」

士郎「そこ、どうでもいいだろ…」

セイバー「ライダー…バーサーカー…」

ライダー「」ザシュザシュ

バーサーカー「」グオングオン

セイバー「…死してなお、その身を使役されるとは…アーチャー!これは、あまりにも非道だ!英霊を侮辱している!」

アーカード「お前がそれを言うか、セイバー。死してなお使役されているのは、さていつからかな?」

セイバー「…今この場は、あなたと共闘する。リンとの約束だ。しかし、それが終わったら…」

アーカード「好きにしろ」

凛「…ま、セイバーは真面目だし、怒るのも仕方ないか」

士郎「さすがになあ…」ボーゼン



84: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 21:54:28.48 ID:rXvVn33Vo

イスカンダル「アララララララララライ!」バゴォォン

バーサーカー「■…」バタリ

イスカンダル「ハァ…ハァ…」

凛「ほとんど、倒されちゃったわね」

アーカード「さすがは英霊というところか。だが」

セイバー「はああ!」ズバシュ


バシャァァァァァァァ


士郎「あ…結界が、解けた?」

凛「向こうも、もう限界みたいね」

アーカード「さあ、征服王。まだ殺せるか?その身で、ここまで辿り着けるか?」ぞぶっ

イスカンダル「まだ…おるのか…お主、まっことバケモノよのう…」ヨロッ

凛「…アーカード、とどめを」

アーカード「了解した」ジャキッ

イスカンダル「ぐ…ぬう…」

アーカード「結局、私までは足りなかったか。残念だ、征服王。お前ならよもや、と思ったのだがな」バァァン…

イスカンダル「が…」バタッ スウウッ

セイバー「終わったか。……アーチャー、いや、アーカード。覚悟はいいか」チキッ

士郎「待ってくれセイバー。イリヤを助けるのが先だ」

セイバー「ぐっ…ですが、シロウ…」

凛「そうね…聖杯が完成したら、綺礼のやつどう使うかわかんないし」

セイバー「……分かりました」ギリギリ

アーカード「はっ、怖い目だ」

凛「ほら、喧嘩してないで、行くわよ」



85: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 22:00:48.98 ID:rXvVn33Vo

~聖杯前~

士郎「イリヤ!!」

綺礼「よく来た。ほう、全員健在とはな…」

凛「あれが、聖杯、ですって?」

セイバー「すっごくどろどろしてます」

アーカード「まるで呪いの塊だ」

セイバー「あんなものを求めて、私は戦っていたのか…」

綺礼「前回の戦争で、私は聖杯を使い、望みを叶えた」

士郎「なに…?」

綺礼「衛宮士郎、お前が味わったあの火災こそ、それだ」

士郎「な…それじゃ、お前の望みってのは!」

綺礼「お前の想像通りだ。だが、この状況ではもはやそれも叶わんか」

凛「そうね。残念だけど、あなたとはここでお別れよ、綺礼。…アーカード、やって」

アーカード「ああ、わかった」バァン

綺礼「ぐ…また、銃で殺されるとは、な…」パタリ



86: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 22:03:55.16 ID:rXvVn33Vo

凛「さて、あとは聖杯ね」

士郎「ああ、早くイリヤをおろしてやらないと」

凛「でもどうしようかしら、生半可な攻撃じゃ壊せそうもないし…」

セイバー「…私の宝具ならば、壊せます」

凛「そういえば、壊したって言ってたわね」

士郎「いいのか、セイバー」

セイバー「ええ。あのような呪いでは、私の願いなど叶えられません」

セイバー「キリツグ…あなたはこれを知っていて、私に破壊を命じたのですね…」

凛「感傷に浸ってる場合じゃないわよ、セイバー。やるならはやくやっちゃって」

セイバー「わかりました。士郎、令呪を使ってください。それで、終わりです」

士郎「わかった。…セイバー、聖杯を破壊してくれ」キュイン

セイバー「エクス…カリバァァァァァ!!」



88: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 22:07:48.92 ID:rXvVn33Vo

セイバー「アーカード、あなたを倒したいところですが、もうできないようですね」

アーカード「そうだな。これで終わりだ」

セイバー「あなたの非道は許せない。…ですが、主の命令に従い、守り切ったところには、敬意を評します」

アーカード「それは光栄だな」

士郎「セイバー…」

セイバー「シロウ、お世話になりました。あなたの剣として戦えてよかった」

士郎「…ああ、ありがとう、セイバー」アクシュ

凛「お疲れ様、アーカード」

アーカード「ああ」

凛「あら、素っ気ないわね。…でも、あなたらしいか」

凛「御機嫌よう。なんだかんだで、楽しかったわ」

アーカード「…お前のような主も、悪くはなかった」

凛「嬉しい事言ってくれるじゃない」

アーカード「衛宮士郎」

士郎「なっ、なんだ、アーチャー」

アーカード「せいぜい強くなることだ。お前の理想、遂げられるのなら遂げてみろ」

凛「気に入られたわね、衛宮くん?」

アーカード「ふん」

士郎「…言われなくても、やってやるさ」



89: ◆qdBCNTwwRg:2015/02/13(金) 22:09:57.23 ID:rXvVn33Vo

士郎「行っちゃったな」

凛「そうね」

士郎「…ありがとう、遠坂。一緒に戦ってくれて」

凛「全部アイツがやったようなもんだったけどね」

士郎「そうだな。強かったな」

凛「あれくらい強くなれば、衛宮くんも正義の味方になれるんじゃないかしら?」

士郎「ムチャ言うなよ…でも、頑張るよ、俺。アイツみたいなのを倒せるくらい、強くなってやる」

凛「その意気よ。私も、手伝ってあげるわ」

士郎「ああ、頼むよ、遠坂」

凛「…さ、イリヤも助けたし、帰りましょう」

士郎「イリヤ…可愛いな…」ホレボレ

凛「ぶち壊してんじゃないわよ!」バチン

士郎「なんでさッ」








~~ロンドン~~


-------おかえり 伯爵

ただいま 伯爵------




END



転載元
凛「アーカード?知らない英霊ね…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423742535/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 02:11
          • IGAAAAAAAA
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 02:25
          • ムッムッホァイ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 02:43
          • IGA、てんで関係ないSSでも許されません
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 02:44
          • イスカンダル登場からの巻き展開がなければもう少し……いや、旦那が主人公な時点でどうしようもないな。乙乙
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 02:46
          • テンポいいッスね(白目)
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 02:49
          • ヘルシング本編後ってことはシュレ吸ってんだから300万回どころかどうやっても死なないんだよなぁ…
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 03:00
          • いくら旦那とギルが相性悪いからってイスカ出すのはどうなのよ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 03:01
          • やっぱり旦那は強かったな
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 03:03
          • 旦那の最後の一機は糞硬いんだよな
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 03:11
          • >凛「…ほんっとに声似てるわね」

            どうせなら声が同じでさらに吸血鬼であるネロ卿と共演して欲しかったなぁ
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 03:15
          • 神父も召喚しようか
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 03:22
          • なんかえらい説明口調っすね
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 03:35
          • バーサーカーはいつだって萌えキャラ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 03:38
          • この組み合わせで、真っ当にストーリー追ってるのに厨二感皆無と言うのは何気に結構難しい事をやってのけているのではないだろうか
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 04:08
          • 確かにアーカードは士郎のこと気に入りそうだよな。
            まさに化け物を倒す人間ってタイプだし。
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 04:17
          • 面白いけどイスカンダルを出してきたのは正直萎えたな…
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 04:58
          • サクサク進むよ
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 05:24
          • 慢心しないAUOを正面から暴力で蹴散らすアーカードが見たかった
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 05:33
          • ロンドン後のアーカードなら准尉化してるから直死の魔眼でも持ってこないとどうにもならんぞ。
            仮に式と志貴いてもクロムウェルで詰むが。
            ロンドン前なら残機数百万でゼロ号解放使える代わりに、不死殺し系の宝具で心臓突けば多分死ぬ
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 05:59
          • めっちゃ端折ってるのに話がちゃんと理解できるあたりお見事w
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 06:31
          • たしかにイリヤは可愛いな
            真理だ
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 06:31
          • ざっくりしてんな

            テンポが良すぎてだんだん笑えて来るのはなぜだろう
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 06:46
          • セイバーほぼ何もしてねぇw
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 06:51
          • 全体的に荒っぽい?
            やりたい事だけはちゃんと遂げた感じ
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 07:25
          • 英雄王が旦那にフルボッコになる展開期待してたのに…
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 07:58
          • 5 確かに、チビる英雄王を見たかった
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 08:03
          • 旦那本来の戦い方くそわろ
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 08:06
          • セイバー「エェェエイメメメン」
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 08:14
          • ま~旦那程強えとギャグにしかなんねえよな
            でもテンポ良くて面白かった
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 09:06
          • ガチで倒せそうなのはジャンヌくらいなんじゃ?と思ったけど直死の魔眼なら可能か。
            …とどくならね。
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 09:10
          • AUO慢心しなきゃ旦那にも勝てる宝具ぐらいあるだろう
            不死殺しや吸血鬼殺しをエアと併用すればいけちゃうから
            征服王と侵略王の軍勢対決でこれはこれでよかったとおもうよ

            ※6
            こうやって自分の那珂の命を殺しきった果てに本編ラストに繋がるって言うのがこのssのいい所なんじゃないかな
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 09:13
          • どう見ても征服王VS旦那の数の勝負がやりたかっただけなんだよなぁ
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 09:14
          • 慢心していないAUOならいい勝負はしそう
            エアぶっぱなしても1回死亡扱いなのかね
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 09:34
          • 5 士郎にいらっとするWWWWWW
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 09:45
          • ゲイボルグで50人死んだっていうんだから1000人位死ぬんじゃね
            だから強力な防御用宝具に引きこもって王の財宝叩き込み続けた方が多分勝てる
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 10:19
          • いや、組み合わせは良いんだから真面目に書けよ。
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 10:25
          • ※31.33
            慢心せずして、何が王か!
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 10:40
          • zeroでやって欲しかった
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 10:59
          • キャスター&セイバーが成立した場合もいい勝負になりそうだな。
            火力火力馬火力に接近戦もカバー出来て良さそう。 いや、グロい姿見てダウンだな・・・(ってか神話時代の化け物見慣れてるんじゃ?)
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 11:37
          • 型月的には吸血鬼って時点で人外でもかなりの上位らしいし、それこそアルクェイドやら式やらを連れてこないと無理ゲーだろ
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 11:58
          • 本編後って自分の命とシュレンディガーの命の2つのみ持っていて、さらにシュレディンガーの能力でほぼ死なない状態だよね。
            300万の命設定は矛盾しちゃうよなぁ。さすがに。
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 12:28
          • そういやバサクレスもセイバーの攻撃で複数回死んでたな、忘れてた
            本編の旦那ならエアで万単位で死にそうだけど、本編終了時のシュレティンガー取り込んだ旦那だとどうなるんだろう
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 12:45
          • セイバー(神父)じゃなくて良かったな士郎
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 13:05
          • 本編後と言いつつ英霊として召喚されてるからシュレいなくても300万の命も問題なくね?
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 13:58
          • ※43
            シュレ旦那はタタリみたいな現象なんじゃないかな。自分を認識できる場所に具現化する固有結界って感じで
            思いつく限りで倒せそうなのは式の直死ぐらい
            ナーサリーライムの名無しの森も有効だろうけど、旦那そのものが結界内にいるわけじゃないから自分のことがうろ覚えになってきた段階で具現化解除されて効果がなくなりそう
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 14:11
          • シュレ旦那は生半可な能力じゃ死なない代わりに自分も火力低くて相手殺せないという
            塩試合製造機なので、物量で圧倒できる300万旦那の方が話面白くできる
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 14:35
          • シリアスにお笑い的なテンポの良さでトントン拍子の描写、技あり!
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 15:25
          • 元人間だし型月的には真祖ではなく死徒じゃなかろうか
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 16:51
          • 聖釘使わない英霊化したアンデルセンなら…ああサーヴァントになった時点で人間じゃないから勝てないや
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 17:07

          • UBWみたいな鎧すら着ない超慢心状態のギルなら、旦那でも勝てるかな
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 17:20
          • そもそも旦那を維持できる気がしないんだが。英雄王でもガンガン消耗するのに
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 18:44
          • なんでイスカって思ったけど旦那の零号開放させたかったからか
            テンポよく読めて良かった
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 21:00
          • ランサーの使い方間違ってるな。
            イスカンダルで零号解放誘導、軍略スキルと王の軍勢で、旦那の軍勢と膠着状態を作り、
            一個の命になっている旦那に、ランサーのゲイボルグで一発だろ。
            まぁ、それか元のランサー&AUOコンビでも面白かったかも。
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 22:12
          • バレンタイン兄弟
          • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 22:19
          • ギルのエアって対界宝具だっけ?
            原作で神父に銃剣刺されたとき「彼の世界が燃え出す」ってあったから、旦那の零号をイスカンダルの宝具みたいに、固有結界扱いして対応出来ないかな
            過去の英雄を聖杯戦争ルールに当て嵌めて召喚してるわけだし、無理かな?
            無理だな…
          • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 22:38
          • ※30
            ガイアの怪物とかORT辺りなら勝てるかも
          • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 23:40
          • 次はアルクエイドで
          • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 23:40
          • 次はアルクェイドで
          • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月15日 02:58
          • ※32
            その部分が駆け足気味だったのはちょっと残念
          • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月15日 03:11
          • アーカードが出るssというだけで価値がある
            つまらんが価値はある
          • 62. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月15日 07:30
          • 両作品とも二次創作しか知らないにわかにもなっていあ擬きが書けばこんな感じ。
          • 63. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月15日 09:41
          • 2 オチ弱くない?
          • 64. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月15日 11:37
          • 征服王出さずに普通に進めてほしかったな
          • 65. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月15日 11:43
          • 0号使っても心臓を祝福儀礼済の何かで破壊しない限り首を飛ばそうが頭を潰そうが死なないとかね、ふざけてる。

            321号は生物やバスカヴィルの召喚や体が不定形になるだけでなくセラスの影を何倍にもして出せる
          • 66. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月15日 12:01
          • 3 ちょっと一方的すぎるゼ、旦那。
            フルスペックで呼んだら凛どころかイリヤでも干乾びちゃうだろ。
            300万の命ということで、貯蔵魔力がケタ違いだとしても、それなら別の欠点ぐらいあった方がいい。
            太陽で溶けるから昼の野外では使えないとか。これなら昼間守ってもらう意味でも共闘が成り立つ。

            最初から凛に忠実すぎる気も。言うことは聞くが、どこか主の覚悟を図るような言動をするのがアーカードだと思う。
          • 67. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月16日 10:37
          • 神父の方がまだ主人公できる性能だな
            旦那ほどのチートじゃないしラストは聖釘で綺礼に締めれそうだ

            化物を認めない神父が転生した自分を許せればだが
          • 68. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月16日 16:01
          • 別にアレを倒してしまっても構わんのだろう?に吹き出した

            本編と使い方が真逆や
          • 69. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月17日 17:14
          • 5 正直対界宝具ならたかだか300万の野良吸血鬼は全滅にしてやれると思うけどな
            ただシュレディンガー喰った後の旦那なら全宝具使っても勝てないと思うけど
          • 70. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月17日 21:56
          • ※66

            感想じゃなくてそう色々と指摘するならお前が書けよ
          • 71. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月17日 22:43
          • 1 作者途中途中飽きてるだろ
          • 72. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月17日 23:09
          • 存在がチートだし、しゃーない
          • 73. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月18日 18:50
          • 30
            えっジャンヌってそんなに強いの
          • 74. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月18日 18:51
          • 66
            お おう
          • 75. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月18日 19:45
          • むしろ今までこういったクロスが無かったのが不思議
          • 76. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月18日 19:46
          • 面白かった
          • 77. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月18日 19:46
          • 所でアルクエイドとアーカードってどっちが強いの
          • 78. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月18日 19:47
          • アーカードとアーチャーがごっちゃになる
          • 79. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月19日 01:57
          • ゲイボルグって心臓に刺さって死ぬまでが効果だからストック関係なしでアーカード死ぬんじゃね?ゲイボルグが一人だけ死ぬなん言ってないから複数死ぬかもっていう
          • 80. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月19日 23:22
          • 5 >凛「さっき話しながら気づいたけど、あなたって綺礼と声似てるわね」

            ワロタww

            セイバーは、後の世のイングランドを守ってくれたアーカードのことを知ったら、
            どんな印象を受けただろうな。
          • 81. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月19日 23:32
          • そう言えば旦那も赤いし黒いな
          • 82. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月20日 14:47
          • バーサーカーにアンデルセンとか似合いそうだ
          • 83. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月23日 00:55
          • 何番煎じなんですかね
          • 84. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月24日 03:48
          • 発動に令呪を使用する宝具ってアイデアはすごくいいと思う
          • 85. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月25日 17:51
          • ※79
            死棘で最大捕捉1
            死翔で最大捕捉50

            ・・・ゲイボルグが一人だけ死ぬって法具パラメータにはちゃんと書いてあるし
            一応それぞれ道理として通せなくはないぞ
          • 86. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月26日 12:53
          • 読みやすくまとまってるのがすごいグッドだわ。
          • 87. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月05日 21:53
          • 真面目に読んだらクソな気がするけどテンポが良いのでセーフ
          • 88. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月09日 11:12
          • ヘルシングの原作も割と深く考えちゃいけないところ沢山だしな
            でも最後は士郎と旦那の決闘とか見たかったな、エミヤいなくて経験積めれないから無理ゲーだろうけどw
          • 89. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月15日 04:57
          • 旦那は不死なんじゃなくて限りなく死ににくいってだけだから、不死殺しとか効くんかな
            しかもロンドン後は現在過去未来のすべてに置いて存在してるけど存在していないっていう概念のようなものになってるから、生きるとか死ぬとかの問題ですらない気がする

            殺そうが封印しようが「そこに居ない」し、「そこに居る」から攻撃はしてくるとかチートすぎてどうしようもない
          • 90. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月25日 14:56
          • 旦那がシュレの能力もったら誰にも勝てねえよ・・・
          • 91. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月02日 03:13
          • アーチャード
          • 92. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月04日 22:43
          • 旦那なんてカミジョーさんの自慢の拳で一発ですよ!
          • 93. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月09日 15:22
          • 某吸血鬼スレでもアルクより高評価だしなアーカード、倒すには全能系の能力持ちが必要みたいだし
          • 94. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月21日 12:23
          • フェイトの世界観にアーカードがこれ程ハマるとは
          • 95. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月26日 22:36
          • 悪魔城TAS見てるかの様な疾走感
          • 96. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月25日 23:18
          • 92>旦那の人命ストックは常時能力発動じゃなくて質量保存の法則無視ってるっていう状態だから上条の右手パンチは利かないと思う。殺して吸ったんなら自壊しかねなさそうだが
          • 97. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月03日 07:42
          • 設定を拗らせて標準旦那で対等位のパワーバランスにできんものかな、と思ってしまう
            ま、旦那だから仕方ないけど
            「キャスターが死んだっ?!」はFGOの杖兄貴先取り感
          • 98. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月23日 02:20
          • ロンドン後って事はシュレディンガー吸った状態だから矛盾するんじゃないか?とか思ったけどシュレディンガー前の状態で顕現すれば問題ないわけね。
          • 99. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年02月15日 19:23
          • キャスター(寺生まれのTさん)「破ぁ!」
          • 100. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年02月25日 04:20
          • セイバー枠でD呼べれば勝てる勝てる

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ネプテューヌ】四女神の会議
        • モバP「えーっと空気清浄機はーっと・・・ん?」
        • モバP「えーっと空気清浄機はーっと・・・ん?」
        • モバP「えーっと空気清浄機はーっと・・・ん?」
        • モバP「えーっと空気清浄機はーっと・・・ん?」
        • モバP「えーっと空気清浄機はーっと・・・ん?」
        • 【ミリマス】ファーストキスは突然に【みななお】
        • 【ミリマス】ファーストキスは突然に【みななお】
        • 【ミリマス】ファーストキスは突然に【みななお】
        • 【ミリマス】ファーストキスは突然に【みななお】
        • 【デレマス】美波「観葉植物って一体・・・」ありす「続くんですか……」
        • 【デレマス】美波「観葉植物って一体・・・」ありす「続くんですか……」
        • 【デレマス】美波「観葉植物って一体・・・」ありす「続くんですか……」
        • 【デレマス】美波「観葉植物って一体・・・」ありす「続くんですか……」
        • 【デレマス】美波「観葉植物って一体・・・」ありす「続くんですか……」
        • 【デレマス】美波「観葉植物って一体・・・」ありす「続くんですか……」
        • 【ミリマス】周防桃子「耳かき、して?」
        • 【ミリマス】周防桃子「耳かき、して?」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「サターニャ先生の、教えて! ストーキング講座~!!」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ

        ページトップへ

        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ