TOP

エルフ「え?淫魔にチョコあげるの?」犬娘「そう」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 22:35:53.78 ID:jlcOoq70o

此処は何処かの世界の小さな村
少し変わった住人達が平和に暮らしておりました

そんな村にも St. Valentine Day が近付いてきました
男たちはソワソワと落ち着きなく
女たちはヒソヒソと相談しながら
迎え来るその日を心待ちにしていたのです

── これは、そんな何処かの村の物語


エルフ「え?淫魔にチョコあげるの?」

犬娘「そう」



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 22:37:44.32 ID:jlcOoq70o

エルフ「いやいやいや。淫魔ってアレだよ?」


二人が視線を向けた先では噂の主が女の子達に囲まれていました


人魚「ねぇ淫魔ぁ。バレンタイン楽しみにしててねぇ」

ハーピー「ふふっ、人魚より先に私の食べて?」

竜娘「それより私ごと食・べ・て♪」

人魚「竜娘、アナタねぇ……」

ハーピー「あぁん!私もそっちがいい!」

淫魔「こらこら。君達、喧嘩しないの」

人魚「淫魔ぁ、私も……貴方との夜が忘れられないの」

淫魔「わかってるよ、人魚」チュッ

竜娘「あっ!人魚ずるーい!」

ハーピー「ねぇねぇ、お返しは体でいいよぅ?」


淫魔「あはは。それは大歓迎な話だね」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 22:38:52.49 ID:jlcOoq70o

そんな騒ぎの様子にエルフは心底嫌そうに溜息をつきました


犬娘「うん。いつも通りの光景だね」

エルフ「アイツ、あんな事言ってるだけどっ!?」

犬娘「平常運転」

エルフ「アレのどこがいいの……?」ハァ...


犬娘「ボクは、よく普通に話すよ」

エルフ「アイツの普通はベッドへの誘いでしょ!?」

犬娘「そんなのされたことないよー!」

エルフ「とても想像つかないわ……」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 22:39:37.73 ID:jlcOoq70o

犬娘「エルフはあんまり淫魔と話さないもんね」

エルフ「だって、苦手なのよ。ああいうタイプ」

犬娘「淫魔もいいとこ、いっぱいあるよ?」

エルフ「男は!やっぱり、マッチョよ!筋肉よ!」


犬娘「あー……エルフはリザード一筋だもんね……」

エルフ「リザードさんの筋肉素敵よねぇ……」

犬娘「ボク、そこまで筋肉に愛着ないよ」

エルフ「犬娘は子供ねぇ。あの大胸筋に魅力を感じないなんて」ホゥ…


犬娘「エルフー?帰ってきてー?」

エルフ「ハッ!」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 22:40:22.95 ID:jlcOoq70o

犬娘「それでエルフに頼みがあるんだ」

エルフ「頼み?」

犬娘「そう」


エルフ「私に出来る事なら、そりゃあ協力するわよ?」

犬娘「うん。贈るチョコが上手く出来るか味見して欲しいんだ」

エルフ「味見?犬娘、料理得意だったわよね?」

犬娘「まぁ得意というか、普通程度なら作れるんだけどね……」

エルフ「なら、自分で味見すれば……あ……」

犬娘「うん」


エルフ「チョコ、食べられないん……だっけ?」

犬娘「大量に食べると命に関わるからね」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 22:41:14.43 ID:jlcOoq70o

そうなのです、犬娘はチョコレートを食べると具合が悪くなってしまうのです


エルフ「そっか。それくらいなら協力す…る……」

犬娘「ん?」クルッ

淫魔「女の子二人で秘密の相談?いいね」クスクス

犬娘「淫魔!」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 22:41:53.99 ID:jlcOoq70o

いつの間に近くへ来ていたのか、淫魔は犬娘の頭を撫でながら笑いました
犬娘はくすぐったそうに耳をピクピクと動かします


犬娘「淫魔、いつから聞いてた?」

淫魔「命に関わる、辺りからかな?」


エルフ「犬娘!いつ頃がいいの?」

犬娘「そうだね……前日の夜はどうかな?」

エルフ「そうね、わかったわ。じゃあ、その日に直接家へ行くわね」

犬娘「ありがとう、エルフ」

エルフ「いいえ、どういたしまして」


淫魔「何が命に関わるのか聞きたいところだけどね?」

犬娘「女の子の秘密なんだよ」ニコッ

淫魔「それは残念」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 22:42:31.90 ID:jlcOoq70o

エルフ「そろそろ……約束があるから私は行くわね」

犬娘「あっ……うん、もうそんな時間?」

エルフ「じゃあ『気をつけて』犬娘。またね」

犬娘「うん?またね、エルフ」

淫魔「またねー」


犬娘「さてと。ボクもこの後用事があるんだ」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 22:43:13.28 ID:jlcOoq70o

淫魔「そうなの?なんだ、じっくり秘密について問いただそうと思ったのに」

犬娘「秘密は秘密だよ」

淫魔「わかった。聞き出すのは、またの機会にとっておくね」

犬娘「全然わかってないよね、それ」

淫魔「俺の聞こえる所で話してたのが間違いだったね!」

犬娘「」

淫魔「あんまり引き止めても悪いね。じゃあ、またね!」チュッ

犬娘「」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 22:43:56.87 ID:jlcOoq70o

────────
──────
────
──



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:10:04.76 ID:8z9Nj2sno

それから、時間はあっという間に過ぎていきました
気がつけば、 St. Valentine Day はもう明日に迫っています
この日ばかりは、果物屋に小麦屋、薬屋も一般客で大盛況です
犬娘も混雑の中、必要な食材を揃えるためお店をあちこち回りました


犬娘「わうー……重かったー……」ドサッ


テーブルの上に食材を広げます
小麦粉、重曹、ココアパウダー、ナッツ類
更に家にあったミルクに砂糖、卵と蜂蜜


犬娘「えっと、夜にはエルフが来るからもう作っておこうかな」


続いて棚から調理道具を取り出し、手慣れた様子で並べていきます
犬娘の機嫌の良い鼻歌に合わせて尻尾がゆらゆらと揺れています

いざ分量を計ろうと、秤に手をかけた時、ドアが控えめにノックされる音が聞こえました



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:11:44.40 ID:8z9Nj2sno

犬娘「誰だろ?はーい!」

エルフ「犬娘?ごめんっ!!」

犬娘「ふぇ?」


ドアを開けた其処では、エルフが両手を合わせて頭を下げていました


犬娘「えっと、どうしたの?」

エルフ「今日の約束、駄目になっちゃった」

犬娘「えぇっ!?」

エルフ「実は……リザードさんから急に誘われて……」

犬娘「あー……なるほどー……」

エルフ「本当にごめんっ!」



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:13:13.03 ID:8z9Nj2sno

犬娘「うーん……わかった、いいよ」

エルフ「本当にごめんね?」


犬娘「ううん、ボクなら大丈夫!エルフもがんばれ!」

エルフ「ありがとう!ごめんね!この埋め合わせは絶対するから!」

犬娘「気にしないで、がんばれってば!」アハハ

エルフ「うん。ありがとう!がんばるね!」


犬娘「じゃあ、今度美味しいもの奢ってね」

エルフ「わかった!じゃあ、急いでるから行くね!」

犬娘「応援してるよー!」

エルフ「ホントに埋め合わせするからねー!」パタパタ


エルフは慌てた様子で走り去っていきました


犬娘「どうしよっかな、味見……」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:13:49.65 ID:8z9Nj2sno

目の前のテーブルには、お菓子作りのための準備が万端に揃っています
流石の犬娘も耳と尻尾をぺたんと伏せて、溜息をつきました
ですが、いつまでも落ち込んでいる彼女ではありません
ぐっと拳に力を入れて、顔を上げました


犬娘「味見は後で考える!とりあえず、作っちゃおう!」


強気にそう宣言すると、大きく深呼吸して肩の力を抜きました
そして竈に火を入れ中を温めておいて、鼻歌を歌いながら材料を混ぜ始めました
砕いたナッツは生地の中に入れ、生地を型に流し込みます


犬娘「一つずつは小さめの方がいいかな?」


声に出して考えつつ、仕上げにスライスしたナッツを生地の上に飾ります
並べた生地を竈に入れると、すぐに甘い匂いが部屋中に広がり始めました

犬娘「うーん、いい匂いだなー」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:14:50.74 ID:8z9Nj2sno

道具の後片付けをして、しばらく待つと、お菓子は完成しました
見た目と匂いは本当に美味しそうに出来上がっています


犬娘「えっと、とりあえず包装してっと……」


小さめに作られたマフィンなので、幾つかをまとめて袋に入れ、
予め用意しておいた、綺麗なリボンで飾り付けます
淫魔に贈る準備は、あっという間に整ってしまいました


犬娘「はぁ……誰に頼もうかな……」


出来上がったお菓子を前に、椅子に座って犬娘は呟きました
脳裏には次々と友達の顔が浮かんでいきますが
明日への準備に忙しいだろう相手や、甘いものが苦手な相手、
今からでは頼めそうにもない相手ばかりです

犬娘は途方に暮れて、甘くて美味しそうな匂いのお菓子を指先でつつきました



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:16:07.10 ID:8z9Nj2sno

犬娘「これは、もう、自分で食べてみるしか、ないっ!」


これをひとつでも食べてしまっては具合が悪くなるのは確実です
小さいマフィンを更に半分に割りました
出来たての匂いが誘うように強くなった気がしました


犬娘「匂いは、美味しそう!多分、なんとかなる!」

淫魔「確かに美味しそうな匂いだね。チョコレートの」

犬娘「」



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:17:58.30 ID:8z9Nj2sno

驚いて振り向くと、窓枠に腰掛け、にっこりと笑った淫魔が其処にいました
手に持った飲みかけのワインの瓶に口をつけ、漆黒の羽を広げています


淫魔「それで、何が『なんとかなる』って?」

犬娘「あ、あの……」

淫魔「確かチョコレートを食べると具合が悪くなるって聞いた覚えがあるんだけど」

犬娘「う……」

淫魔「ソレ、まさか食べようとかしてないよね?」

犬娘「」

淫魔「自分で味見しなくても、人に頼むとかあるだろう?」

犬娘「な、なんでここに?」


淫魔「あぁ、うん。飲んだ帰りに、たまたま近くに来たから寄ったんだ」

犬娘「うん」

淫魔「まさか自分に害のあるものを食べようとしてる所に出くわすとはね」

犬娘「わうぅ……」



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:21:11.04 ID:8z9Nj2sno

ニコニコと笑顔を崩さない淫魔に反比例するように、犬娘の耳と尻尾は萎れていきます
その様子を見て、淫魔はひとつ溜息をつくと、窓から部屋へ入ってきました
近付いて来る彼に犬娘は、びくりと小さく震えます


淫魔「まったく……」

犬娘「……ごめんなさい」


淫魔は手を伸ばすと、犬娘の頭を優しく撫でました


淫魔「明日用のお菓子だね」

犬娘「あの……エルフに味見を頼んだら、用事が出来たからって……」

淫魔「なるほど」

犬娘「他の子にも今からじゃ頼めなくて……」


淫魔「あぁ、この間話していたのは今日の話だったのか」

犬娘「うん」

淫魔「そういう時は俺に頼みに来たらいいのに……まったく……」ハァ...



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:23:23.95 ID:8z9Nj2sno

溜息混じりに呟くと淫魔は更に一歩犬娘に近づくと、身を屈めて、
未だ犬娘の手にあったマフィンを一口噛りました


淫魔「ん、美味しいよ」

犬娘「よかった……」ホッ


淫魔「プレーンの物は作れるんだから、そうそう失敗もしないだろうに」

犬娘「でもやっぱり少し変わる」

淫魔「まあね」

犬娘「あの……ちゃんと出来てるかな?」

淫魔「大丈夫。ちゃんと美味しく出来てるよ。きっと喜んで貰える」

犬娘「うん」



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:25:15.36 ID:8z9Nj2sno

淫魔「俺が欲しいくらいだよ。うまく渡せるといいね」

犬娘「うん」

淫魔「あっさり『うん』とか言っちゃうんだよね、この子は……」ボソッ

犬娘「なに?淫魔」


淫魔「なんでもないよ。明日に備えて早めに休まなきゃね」

犬娘「うん?」キョトン

淫魔「そろそろ俺は帰ろうかな、邪魔しても悪いし」

犬娘「邪魔って?」



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:27:20.14 ID:8z9Nj2sno

淫魔「渡すまでの間、ドキドキしたり不安になったり……」

犬娘「うん」

淫魔「そういう、相手のことを想って過ごす時間」

犬娘「なるほど」

淫魔「その時間が女の子を可愛くさせるからね。大切にするべきだよ」

犬娘「わかる」

淫魔「いい子だ」ナデナデ

犬娘「くすぐったいよ、淫魔」


淫魔「しかし、まったく……誰なんだろうね?その幸運な相手は」



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:29:07.60 ID:8z9Nj2sno

犬娘「淫魔」


淫魔「ん?あぁ……流石に詮索する気はないよ」

犬娘「ううん、そうじゃない」

淫魔「どうした?」

犬娘「渡したい相手が、淫魔だよ?」

淫魔「え?」



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:31:39.60 ID:8z9Nj2sno

犬娘は首を捻る淫魔を横目に、テーブルの上に置かれたプレゼントを手にしました
たったひとつだけ、綺麗にリボンをかけた大事なプレゼントです
促されるままに淫魔はその包みを受け取りました


犬娘「淫魔が大好きです。だから、貰ってください」

淫魔「」

犬娘「い、いらなかった、かな?」

淫魔「いる」

犬娘「あの……無理しなくていいんだよ?嫌なら断っても……」

淫魔「絶対に貰う」

犬娘「あ、はい」

淫魔「犬娘……」

犬娘「うん。どうしtってぇぇえっ!!?」



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:33:55.86 ID:8z9Nj2sno

思わず俯いてしまっていた犬娘が顔をあげた瞬間、
淫魔はその小さな体を強く抱きしめました


犬娘「わ、わぅ……どうしたの?淫魔」

淫魔「嬉しいよ、ありがとう。絶対に貰う」

犬娘「うん……」


淫魔は片手を犬娘の頬に添え、真紅の瞳で深く犬娘の目を覗き込みました
そして、ゆっくりと顔を近づけ……


犬娘「い、淫魔?」


ピタリと止まりました



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:35:27.83 ID:8z9Nj2sno

淫魔「………………しまった」

犬娘「え?」

淫魔「チョコレートを食べた直後じゃキス出来ない」ポフッ

犬娘「あ、あの。えっと?」

淫魔「というわけで、ベッドへ移動しようか」チュッ


唇に触れるだけの啄むようなキスをして、
妖しい程に全開の笑顔を浮かべ、淫魔は言いました



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:36:06.23 ID:8z9Nj2sno

────────
──────
────
──



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:39:44.48 ID:8z9Nj2sno

犬娘が湯を浴びて戻って来ると、既に淫魔はベッドに腰掛けていました
僅かな明かりで薄暗い部屋に、赤い瞳とワインが浮かび
ゾクリとする程に淫魔の姿を妖しく艶めかしく引き立てていました


淫魔「おいで?犬娘」

犬娘「う、うん」

淫魔「大丈夫、怖くないよ」クス


おずおずと犬娘は淫魔の傍に近寄ると俯いて口ごもりました


淫魔「どうした?」

犬娘「あの……ボク、こういうの初めてで……」



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:40:41.14 ID:8z9Nj2sno

淫魔は小さく笑うと、犬娘をそっと抱き寄せました
そして、いつものように優しく犬娘の頭を撫でます


犬娘「……あの、えっと」


ゆっくりと一定のリズムで、ただ静かに淫魔は犬娘の頭を撫で続けます


犬娘「ん……」



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:42:23.29 ID:8z9Nj2sno

やがて犬娘が少し眠そうに体の力を抜くと、淫魔は啄むようなキスをしました
額に、瞼に、頬に、そして唇へ
触れるだけの優しいキスに、犬娘は酔ったようにふわふわとした気持ちになりました


淫魔「犬娘……口あけて?」

犬娘「……ふぇ?あむ……んふ…ちゅ……んんっ…」


犬娘が小さく開いた口に、淫魔の舌が忍び込んできました
僅かに抵抗するように犬娘は淫魔の腕を掴みましたが、
撫でることをやめた腕は今はしっかりと犬娘の顎を支えています

逃げられない犬娘に、淫魔の舌は執拗に口内を蹂躙していきます
舌を絡め、犬歯の在処を探るように歯列をなぞり、
唇の感触を確かめるように軽く噛みつき、また舌同士を絡め合う湿った音をたてます


犬娘「ふっ……んく……む…ふぁ……」



35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:43:32.79 ID:8z9Nj2sno

犬娘が新しい刺激に夢中になっているのを確認すると、
淫魔は首筋から体の線を辿るように手を腰へ回すと、彼女の体を強く抱きしめました


犬娘「……ぷはっ!…はぁっ……」


驚いて顔を離し、犬娘は荒い呼吸でぼんやりと淫魔を見つめました
そんな彼女に淫魔はにっこりと笑いかけると
もう一度顔を近づけ、余韻を味わうように彼女の唇をぺろりと舐めました

そして抱きしめたまま、彼女の体をゆっくりとベッドへ横たえます


犬娘「あ……」

淫魔「いい子だね、俺に任せて?」ナデナデ

犬娘「うん」

淫魔「服、脱ごうか」

犬娘「ん……」



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:45:01.11 ID:8z9Nj2sno

淫魔は犬娘の胸元を締める組紐に手をかけ、するりとほどきました
寛げられた服の下には、すぐに素肌があるようでした


淫魔「脱がしやすい服、選んでくれたんだ」クスクス

犬娘「え……うあ…えっと……」

淫魔「嬉しいよ、ありがとう」チュッ


そのまま淫魔は彼女の服を一気にはだけさせた


犬娘「あっ!」


羞恥のあまり頬を赤く染め、体を隠そうとした彼女の腕を抑え
再び淫魔の舌が犬娘の唇を割り
うっとりと抵抗する力を失うまで、深く味わいました

ぼんやりと力をなくした犬娘の服を脱がしきると
淫魔は自分も手早く服を脱ぎ、彼女の上に覆いかぶさりました


淫魔「綺麗だよ」


そう囁いて彼女の体にキスを落としていきます



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:45:33.63 ID:8z9Nj2sno

────────
──────
────
──



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:47:52.93 ID:8z9Nj2sno

ついに St. Valentine Day の朝がやってきました
明かり取りの高い窓から見える空は、よく晴れているようです
今日は村中のあちこちで、甘いチョコレートと甘い時間が交わされるのでしょう


犬娘「……んぅ……ふにゅ、すぅ……すぅ……」コロッ


暖かいお布団の中で、犬娘は気持ち良さそうに眠っています



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:48:57.42 ID:8z9Nj2sno

犬娘「……うー……あう?」

淫魔「ほら、まだ寝てろ」ナデナデ

犬娘「うん……それ、きもちいー……」

淫魔「はいはい。あんまり無防備だと、イタズラするよ?」


犬娘「うん……んんっ!?ちゅ……あむ…ふぁっ……あっ……」

淫魔「大丈夫、たくさん気持よくしてあげる」

犬娘「それっ……ちがっうあ……やぁっ…………」


淫魔「もう一回戦、いっとこうか」ギシッ

犬娘「……まっ…あっ……だめぇっ……あぁぁぁんっ!」



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:49:46.33 ID:8z9Nj2sno

────────
──────
────
──



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:50:35.10 ID:8z9Nj2sno

本日のお話は、これにて閉幕です

これからも何処かの世界の何処かの村では
いろんな住人達が平和に暮らしております

何時か貴方が訪れる日があれば
きっと素敵な時間を過ごせるでしょう


貴方の世界の St. Valentine Day が訪れる
今日という日が、素敵な日になりますように

では、また何れ、何処かでお会いいたしましょう



42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/13(金) 20:51:05.62 ID:8z9Nj2sno

──────────────────────────

   エルフ「え?淫魔にチョコあげるの?」犬娘「そう」

               完

──────────────────────────



転載元
エルフ「え?淫魔にチョコあげるの?」犬娘「そう」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423748153/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (9)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月13日 23:46
          • よさそう作品
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 00:21
          • お楽しみの部分書けよちくしょう

            こんなこと書いてるから彼女できないのかな
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 00:22
          • 続きまだー?
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 00:51
          • は?意味わからんわ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 07:31
          • 寒いんだけど
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 10:17
          • 淫魔ssはどうしてもあのシリーズを思い出すな
            久しぶりに読みかえそうかな
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月14日 16:12
          • ポエミィな奴に彼女ができるほうが有り得んわ。妄想好きがリアルを好きになれないのと一緒。
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月09日 11:24
          • 結婚しても嫁に内緒で職場の人間と風イ谷行くくらいのメンタルじゃないと若いうちに彼女出来ないよ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年02月20日 05:53
          • 2 解説口調の部分に統一感が無くて、文章として気持ち悪い。
            ですます調にするならするで、ちゃんと統一しろ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • お嬢様「日曜日ですし>>4しますわ!」
        • お嬢様「日曜日ですし>>4しますわ!」
        • 【モバマス】速水奏「お父さんあっ」
        • 【モバマス】速水奏「お父さんあっ」
        • 【モバマスSS】千秋「魔女っ子雪美が刺さった」
        • 【モバマスSS】千秋「魔女っ子雪美が刺さった」
        • 【モバマスSS】千秋「魔女っ子雪美が刺さった」
        • 【モバマスSS】千秋「魔女っ子雪美が刺さった」
        • 彡(^)(^)「せや!異世界転移したろ!」
        • 彡(^)(^)「せや!異世界転移したろ!」
        • 彡(^)(^)「せや!異世界転移したろ!」
        • 彡(^)(^)「せや!異世界転移したろ!」
        • 妹「ねぇー、なんで兄ちゃんのゴミ箱ティッシュだらけなのー」 俺「ーは?何でもねーよ」
        • 白菊ほたる「運命の輪」 【ウルトラマンジード×シンデレラガールズ】
        • 彡(゚)(゚)「やきう応援もできるし、女子たくさんおるから吹奏楽部入ったろ!」
        • 【バンドリ】白鷺千聖「フィクション」
        • 女騎士「くっ、すぐに殺せ!」敵「え?くすぐり殺せ?」
        • 後輩(実は淫魔♀)「せんぱぁい……魔物の巣に入り込むなんて食べられに来てるような物ですよぉ……♥」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ