TOP

美玲「ウチはアイドルになりたいッ!」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/14(水) 17:44:07.51 ID:4edqRnTdo

モバマスSS
※オリキャラ・オリ設定アリ注意



早坂美玲(14)
宮城出身

1_11_2



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/14(水) 17:46:53.15 ID:4edqRnTdo

平和。
といってさしつかえないいつもの事務所。

「へェ……」

美玲はソファに寝転がってファッション雑誌を眺めていた。

「ただいまー」

そこに帰ってきたのはプロデューサーである。

「おー、美玲。おはよう」

「んむ。おはよ、プロデューサー」

プロデューサーはてきぱきと荷服をほどくとすぐにPCを立ち上げたが、作業には移らずに書類を読み出した。

「サイキック☆お茶汲み!」

ひとりで騒ぎながら裕子が彼のデスクにマグカップを置く。
お茶汲みといいながら運んできたのはコーヒーである。

「おかえりなさいプロデューサー!」

「おうありがとな苦いッ!」

「あれ? 美味しくなるように念力を送ったんですけどね」

「次からはやめてくれ」
 



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/14(水) 17:48:15.82 ID:4edqRnTdo

「なー。ちょっと」

騒いでいたふたりに美玲がぽいと投げかけた。

「ん?」「どした」

「こいつとこいつ、どっちがいいと思う?」

美玲は雑誌に載っている服装を示した。

「おしゃれはわかりません!」

「いやアイドルなんだからもうちょっとがんばれよ。といっても裕子はこの路線じゃないか」

座り直した美玲のかざした雑誌をじっくり見て、プロデューサーはふむ、と頷いた。

「早く言えよッ」

「ああ。こっちのほうはまとまっててバランスがいいな」

「あっそう」
 



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/14(水) 17:50:41.05 ID:4edqRnTdo

「けど、美玲に似合うのはこっちだな」

「はッ!? そ、そんなの聞いてないしッ!」

慌てる美玲にかまわず見立てを述べるプロデューサー。

「まず色合いが美玲の好みに合ってるし、フードが大きいのもいい。耳もついてるしな。
 いま美玲が持ってる服ともだいたいマッチするだろ。うん、可愛いと思うぞ」

「うるさいッ!」

言い終わる前に美玲が雑誌で彼の頭をはたいた。

「おーすごいですねプロデューサー!」

ぱちぱちと拍手する裕子にプロデューサーは苦笑した。

「まったく……でもな、こんなふうに美玲が相談してくれるなんて、最初の頃からは想像もできないよなぁ」

「相談なんかしてないぞッ!」

「? どういうことですか?」

「あ、そうか。裕子が入ったのは最近だもんな。知らないのも当然だ」

「ウチをムシすんなッ」

「そうだな、最初に美玲と会ったのは――」
 



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/14(水) 17:52:20.03 ID:4edqRnTdo

――――
―――
――

都内某駅前通り。
若者の多い往来をプロデューサーは歩いていた。

徹夜明けでぼうっとしていた彼は、いつもなら道行く人々をようく観察するのだが、それもできずにいた。
しかし、それでも彼はある少女に目をひきつけられた。
はっとするようなショッキングピンクのパーカー。
ハートマークの入った眼帯。

プロデューサーはふらふらと少女に近付いた。
彼女も彼に気付いて、最初に訝し気な顔をし、それから露骨に嫌悪感を剥き出しにした。

「なんだオマエ…怪しいヤツだな…早く帰りたいからそこどいてよ!」

幸か不幸かプロデューサーはまともに回らない頭のおかげで少女の舌っ足らずな罵倒に委細かまわず、自分の思ったことを告げた。
そしてそれは彼にとって常であったが、

「君、アイドルにならないか?」

スカウトの言葉であった。

「はァ?」

あまりに突拍子のないせりふに素っ頓狂な声をあげる少女。




6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/14(水) 17:55:07.23 ID:4edqRnTdo

「うん、素材は充分。運動は得意? ここらへんに住んでるのか? なにかクラブに入ってる?」

「なんだか余計怪しいぞオマエ!」

「ああすまない、俺はシンデレラガールズプロダクションというアイドル事務所のプロデューサーだ」

名刺を差し出して彼は名乗った。
たどたどしくそれを受け取った少女は、目を通してからそのまま彼を睨みつけた。

「う、ウチを騙そうったってそうはいかないからな! こんな名刺、いくらでも作れるんだろッ!」

「おいおい、頼むから声を落としてくれよ。通報されてしまう」

その言葉とは裏腹に彼は至極落ち着いた態度である。
徹夜明けでそう見えただけかもしれないが。
 
「ウチをどうしようってんだッ」

「うちの事務所に入ってみないか? もちろんデビューを目指してだけど、あとで辞めてもかまわないし、ひとまず体験コースって感じで……」

「ま、待って! 待てってば!」

遮られてプロデューサーは立て板に流れていた水を止める。



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/14(水) 17:56:47.29 ID:4edqRnTdo

「なんだ?」

「なんだじゃなくッて! ウチがアイドルとかありえないだろ…何言ってんだ…なんでもいいからどけよ!」

「ありえなくなんてない。君は可愛い。ひとを惹き付ける魅力がある」

大まじめな顔でそういう彼に少女は頬を紅潮させてわたわたした。

「なッ、なに言って……ひ、ひっかくぞッ!」

「君はアイドルをやるべきだ。俺に君の魅力をもっと見せてほしい。一度考えてみてくれ」

話し掛けたときと同じようにいきなり、それじゃ、とだけ言って彼は唐突に立ち去った。
少女はしばらく立ち尽くしていたが、時計を見て慌てて走り出した。



「美玲」

そうっと家の玄関にはいった少女は呼ばれてびくりとした。
広い玄関ホールに彼女の父親が厳めしい表情をして立っている。

「あ…ただいま帰りました。父様」

目も合わせずにへにゃりとした様子の少女はプロデューサーの前のときとは別人のようだ。
眼帯も外し、格好もビビッドなパーカーなどではなく、白いブラウスに青灰色のカーディガン。下は濃紺のロングスカートである。

「どこに行っていた?」

お行儀のいいローファーを脱ぐこともせずに少女はもじもじとした。

「ぴ、ピアノの楽譜を…買いに行っておりました」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/14(水) 17:58:14.45 ID:4edqRnTdo

父親は眉根を寄せたまま、

「最近、帰宅が遅い。楽譜など買いに行かせればよい。お前が家から出る必要はない」

少女はしゅんとした。
父親はさらになにか言おうとしたが、

「旦那様。お夕飯の支度ができました」

メイドにそう声をかけられ、「うむ。今行く」と返事をした。

「美玲。お前は早坂の娘だ。それを忘れるな」

それだけ言い捨てて、父親は踵を返した。
少女は黙ったまま自分のつまさきを見つめている。

「お嬢様。お荷物をお持ちいたします」

先ほどのメイドが少女が持っていた高価なバッグを持とうとするが、

「いい。母様は」

「奥様は部屋で休んでおられます。体調が優れないようで…」

「そう」

取り立てて興味もなさそうに少女は頷き、靴を脱いだ。

「晩ご飯はいつもどおり部屋に運んで」

「かしこまりました」

小さな小さな少女をメイドは見送った。



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/14(水) 17:59:48.59 ID:4edqRnTdo

晩。
少女は自室で名刺をもてあそんでいた。

ふざけた男だった。
挨拶も前置きもなく勧誘してくるなんて。
君は可愛い――そんなまっすぐな言葉をかけてくるなんて。

思い出して恥ずかしくなる。
そして、同時に嬉しくなる。
家では大人しい服ばかり着させられている。それから解き放たれて、あの若者の街で自分の好きな格好をするのが、少女の数少ない楽しみだった。
ちらりと、その服がはいったバッグを見遣る。
あの格好は少女の心のままであるがゆえに彼女自身である。

ありのままの自分を認められる――。

それがこんなに嬉しいことなのだと、少女は痛いほど思い知った。

「……アイドル、か……」

そんな喜びを、もっともっと得られるかもしれない。
親が決めた『早坂美玲』ではなく、少女自身として輝く。それはなんという幸せなのだろう。


しかし。

――お前は早坂の娘だ。それを忘れるな

少女に自由はなかった。
彼女は首輪を付けられケージに入れられた愛玩動物であり、野を自由に駆け回ることは許されていないのだ。

アイドルなんて、なれっこない。
少女の父親が、それを許すわけもなかった。




10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/14(水) 18:01:13.39 ID:4edqRnTdo

今日は以上 アニメ前からの書き溜めなのでアニメPではないことに注意



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/15(木) 12:37:29.83 ID:imYgzojqo

「君!」

数週間前と同じ駅前で、プロデューサーは少女を見つけた。
今日もやはり耳付きフードをかぶり眼帯をつけている。
少女は黙ったままぎろりと彼を睨みつけた。

「やあ、久しぶり。元気にしてた?」

「……ウチはアイドルになんかならないぞ」

「覚えていてくれて嬉しいよ。今日も決まってるな。こんな色合いが好きなのか?」

「派手なのがお気に入りだぞ!」

「へえ、いいね。眼帯は? 目を痛めているのか」

「眼帯付けてたっていいだろ! 好きなんだから!  文句あるか!」

「ああ、いいと思うぞ。君はトータルコーディネートできてるし、いいセンスしてる」

「そ、そうかよ」

「そうだ、後学のためにファッションの話を聞かせてくれないか」

「え? いや、ちょっと」

「ああ、あそこの喫茶店入ったことあるか? もちろんおごるよ」

「う、ウチは」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/15(木) 12:56:40.95 ID:imYgzojqo

「あっちのハンバーガー屋のほうが空いてそうだな。ハンバーガー好き?」

「あ…た、食べたことない」

「そうなのか? じゃあいい機会だからご馳走するよ。さあ行こう」

「ち、ちょっと待てッて!」

「なんだ? 数百円だ、気にしなくていい」

「そうじゃなくって!」

「俺、そんなに怪しく見えるか? 今日はこの前と違ってちゃんとヒゲも剃ってるし――」

「どんな話をされたって、ウチはアイドルにはならない。なれないんだッ」

彼は表情を変えずに、足掛かりを得たと思った。
振り返り、少女にきちんと向き直る。
少女は悔しそうな、歯痒そうな顔をしていた。

「じゃあ、君がアイドルになれない、その理由を話してくれないか」

そう言われて少女は自嘲するように牙を剥いた。

「わかった、聞かせてやるッ!」
 



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/15(木) 13:04:12.31 ID:imYgzojqo

二人はハンバーガー屋に移動して着席した。
2階の窓際で、駅前の若者たちがよく見える。
少女はハンバーガーにかぶりつき、プロデューサーはナゲットをつまむ。ナゲットを口にほうり込んで、彼は改めて名乗った。

「君の名前を教えてくれるか? なんだったら仮名でもいい。名前で呼びたいんだ」

目を輝かせてハンバーガーを詰め込んでいた少女はそれを嚥下しコーラを飲んで、それからぶっきらぼうに答えた。

「美玲だよ。早坂美玲」

「ありがとう美玲。ナゲットいるか?」

ちろりと彼をうかがってから、美玲はナゲットを奪って食べた。
手を拭いたプロデューサーはぽんとスマホをテーブルに置いて、口を開いた。

「さて、と。それじゃあ聞かせてくれるか? 美玲がアイドルになれない理由を」

―――
――




15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/15(木) 13:08:44.90 ID:imYgzojqo

「お疲れ様です、プロデューサーさん」

会議室に入ったプロデューサーをちひろが立ち上がって迎えた。

「わざわざすいません、ちひろさん」

「いえ、こちらこそ本社まで足を運んで頂いて」

挨拶してから着席するふたり。
ちひろの前にはノートPCが置かれている。

「さて、スカウトの話でしたね」

ちひろがにこやかに切り出す。
プロデューサーは水のペットボトルを取り出し一口飲んだ。

「ええ。先日お話しした子です。メールした通り、今日二回目のアプローチをしました。まずは、これを聞いてもらえますか」

プロデューサーはスマホを取り出した。
すいっと操作してちひろに手渡す。

「ああ、録ってたんですね」

「ええ」

『――それじゃあ聞かせてくれるか? 美玲がアイドルになれない理由を』

スマホが録音を再生しだす。
流れてくるのは今日聞いた美玲の"理由"だ。
ちひろはその声に耳を傾けている。
その間に、プロデューサーは静かにファイルから一枚の書類をテーブルに出した。
 



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/15(木) 13:10:11.72 ID:imYgzojqo

『――話してくれてありがとう、美玲』

再生が終わり、ちひろはスマホを返した。
プロデューサーは受け取りながら書類を滑らせる。

「そのあと、連絡先を教えてもらってから別れました」

「早坂美玲、ですか」

ちひろが目を通している書類に書いてあるのは、美玲の外見の特徴や推定年齢、プロフィールなどである。

「メールにあった聞きたいことっていうのは、彼女の家――のことですか」

「そうです」

美玲が語った"理由"は、ざっくり言えば「アイドルになることを父が許さないだろう」ということだった。
両親が両手をあげて賛成しない、ということはままある。
しかし美玲の場合は事情がよりハードだ。

「早坂という名前、どこかで見た覚えがあります。確認してみますね」

ちひろがキーボードをぱたぱた叩く。


プロデューサーが持っていた企画書の概要を読み終わるころ、ちひろがメモを取っていたペンを置いた。

「どうですか」

焦らないでください、と苦笑してから、ちひろは少し眉尻を下げた。

「毎度のことですが、プロデューサーさんはいつも大変な子をスカウトしますね」

「え? そうですか?」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/15(木) 13:37:07.29 ID:imYgzojqo

「いいですけどね。それでですね、」

ちひろは渋い表情になった。

「早坂家というのは、どうやらもともと宮崎県の名家だったようです。
 これが高度経済成長期に不動産で資財をたくわえ、現在では第三セクターに名を連ねるなどして政界にもパイプを持っている、と」

「いいとこのお嬢様だったんですね。ハンバーガーなんて食べたことないわけだ」

「19年前に現在の当主に代替わりし、その後結婚して娘が誕生。これが美玲ちゃんですね。
 それから、10年前に東京に引っ越してきたようです。現当主は厳格にして才知に溢れた人物と評判です」

「俺とは正反対ですね」

プロデューサーがまぜっ返した。

「ここから先はデータではなく噂話程度の話になりますが、当主の奥方つまり美玲ちゃんの母は体が弱く伏せっていることが多いため人前には出てこない。
 一人娘は厳しく躾られ、大人しく慎ましやかである。当主は利権を譲渡し引退することを考えている。などですね」

ちひろがメモから顔をあげると、プロデューサーが妙な顔をしていた。

「なんです? その表情は」

「ああいやすいません。突破口が見えてきそうだったので」

どうやらにんまりするのを我慢していたらしい。



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/15(木) 13:37:55.02 ID:imYgzojqo

「美玲はピアノや社交ダンスといった習い事をさせられているようで、ダンスやボーカルには問題ないはずです。本人は疎まし気でしたが」

「習い事のためクラブもしておらず、ビジュアルも、」

「俺が保証しますよ」

「ええ、任せます。それでは」

「はい! 美玲をアイドルにしてみせます!」

力強い宣言にちひろも表情を緩めて頷いた。

「がんばってくださいね」


建物から出る際、プロデューサーは見送りに来てくれたちひろにメモを渡し、

「このアイドルらのこともざっとでいいので調べてもらえますか?」

と頼んだ。ちひろはメモを見て意を汲んだ。

「勿論です。早坂家の資料とともにメールしますね。それではお疲れ様でした」

「お願いします。失礼します」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/17(土) 17:29:43.24 ID:5pOlI/8Go

少し浮かれていたのかも知れない。
あの男が再び声をかけてくれたことで。

「美玲」

アイドルになれるかもしれない。
自分らしい自分でみんなを笑顔にできるかもしれない。
そんな、

「と、う様」

そんなわけはないのに。

「これはなんだ」

美玲はぼとりとバッグを落として玄関に立ち尽くした。
父はその手に一枚の名刺を持っている。

「今日誰と会っていた?」

「ち、ちが……」

「知人が、娘らしい子が男に連れられて店に入っていったと教えてくれてな」

父の表情がさらに厳しさを増す。

「この名刺の男か? なんの話をされた?」

美玲はじり、と後退した。玄関扉に背があたる。

「美玲。嘘をつくな。隠し事をするな――私が常日頃から教えていることだな?」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/17(土) 17:32:50.54 ID:5pOlI/8Go

「わ、わたしは……」

がちゃりと、ドアノブがさがった。開いたドアの向こうにメイドが立っている。
よろけた美玲はそのまま外へ踏み出し、

「ッ……ごめんなさい!」

日が落ちて暗くなりだした住宅街へ飛び出した。

「美玲!」

顔色を変える父。

「旦那様、どうされたのですか?」

買物袋を提げたメイドが首を傾げる。
父はすぐさま靴を履いて娘を追おうとするが、

「あなた……どうしました……?」

うしろからの力無い声に振り返った。
妻が壁を支えにするように立っていた。

「美玲の声が、聞こえたよう、ですけど……ごほ。ごほ」

「奥様!」

メイドが駆け寄り、妻に寄り添う。

「くっ……!」

父は苦々し気に外を睨んだが、すぐに踵を返した。



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/17(土) 17:40:36.84 ID:5pOlI/8Go

―――
――


「ね、ね、遊びましょう?」

「お嬢様、申し訳ありませんが…」

早坂家が宮崎から東京に引っ越して数年が経った頃。
しかし美玲の生活に大きな変化はなかった。

「どうして? 退屈! 遊びたい!」

大きな屋敷から出ることは叶わず、習い事や勉強ばかりの毎日。
見知らぬ子ばかりの小学校でも馴染めず、家にも知らない大人がたくさん訪れ、むしろ前より息苦しくなっていた。

「ねえ遊んで! 遊んでったら!」

「――静かにしないか」

美玲はびくりと動きを止めた。

「ひとに迷惑をかけるな、美玲」

「あの、旦那様…」

「君は仕事に戻りなさい」

「……はい」

ぱたぱたと早足でメイドが立ち去る。
美玲は俯いている。
「わかったら部屋に戻れ。私も忙しいんだ」

「はい……」

震えながら涙が零れるのを抑えようとする美玲。




23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/17(土) 17:44:50.17 ID:5pOlI/8Go

そんな少女を、彼女はずっと見てきた。見ているしか、できなかったのだ。

「私は……、母親失格かも、しれません」

プロデューサーはスマホを耳にあてたまま、なにも言わなかった。

「それでも、あの子には…、美玲には、幸せになって、ほしいと、思うのです」

彼女は辛そうに、息をつきながら話した。
事務所から転送された電話で、美玲が家を飛び出したことを聞いた。

「わかりました。任せてください。娘さんは必ず見つけてみせます」

母親からの通話を切って、プロデューサーは辺りを見回した。
若者がひしめく街。
夜になっても未だ明るく人通りも絶えない。

「ここにいるはずだ…美玲は。きっと」

少女に行く先なんてない。
この街で唯一の気晴らしをするだけの、籠のなかの鳥なのだから。
今はその哀しい事実が、手がかりだった。
 



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/17(土) 17:51:00.10 ID:5pOlI/8Go

駅前の通りを下っていく。
バッグを置いていったというから美玲はきっともういつもの目立つ格好ではないだろう。
だからそれを探してはいけない。

「絶対、見つけてやるからな…!」

すれ違う若者たち全員をチェックしながら歩く。
下りきったら次は反対側の歩道で上っていく。
歩いている者だけでなく座り込んでいる者、コンビニの店内、路地までくまなく捜した。

『――ウチはアイドルどころか、ウチにすらなれないんだ』

美玲がハンバーガー屋でこぼした言葉はまるで涙のようだった。
『早坂美玲』という少女はその存在を許されずに押し込められて、泣くことさえできなかったのだ。

それでいいのか。
そんなことが許されるのか。

「……いいわけないだろ!」

あの少女を、まばゆいステージで煌めかせてみせる。
心のままの本当の姿で空を飛ばせてやる。
そう決めたのだ。



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/17(土) 17:57:37.45 ID:5pOlI/8Go

そうして数時間街をさまよった頃だった。
足が棒のようになったプロデューサーはくずおれるようにして駅前のベンチに座り込んだ。
すると視点が変わって、まるでさっきまでと違うようだった。

そして見つけた。
美玲を。

「みれ、い……!」

声を出すと喉がからからで咳き込む。
重くなった足をひきずるようにして近づいていく。

少女はいつものパーカーも眼帯もなく、この街に似つかわしくない上品な服装で花壇に座っていた。
つまさきをぼうっと見ており、こちらには気付いていない。
しかし革靴が視界に入ると力無く顔を上げた。
無気力な表情。

「……よう。今日はあっちの喫茶店、行ってみないか」

軽口のように声をかけると、美玲が丸く口を開けた。

「……オマエ……どうして――」

「言っただろ。君はアイドルになるべきだって」

疲れがひどかったが、なんとかにやりと笑えたかなとプロデューサーは思った。
美玲は泣き出しそうな笑っているような表情で小さく頷いた。



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/17(土) 18:04:23.79 ID:5pOlI/8Go

ちひろに電話し、早坂家への連絡を依頼して、

「待たせた。コーヒーでいいか?」

「あ…紅茶がいい」

プロデューサーはそのように、自分はアイスコーヒーを注文した。

今の美玲の服装はこの喫茶店によく似合っていた。
本人にとっては――囚人服かもしれないが。

「さて、」

冷たい飲み物で喉を潤して、プロデューサーはようやく一息ついた気分だった。

「美玲。だいたい事情と状況は把握してる」

「そう、なのか?」

「ああ。お母さんから電話があったんだ。
 それでな、美玲。今、このときがチャンスなんだ。自由になってアイドルを目指すか、また籠のなかに戻るか。
 今なら選べる。今なら踏み出せる。今なら自由になれるんだ」

「……だ」

「美玲?」

「ムリだよッ!」

ばんっとテーブルを叩いた美玲は、ぽろぽろと涙をこぼした。
泣き出した。



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/17(土) 18:40:51.28 ID:5pOlI/8Go

「アイドルなんかなれるわけない。父様が許すわけない。自由なんて、ウチがなれるわけないんだッ」

堰を切ったようにほとばしる美玲の悲痛な嘆き。
それは何度も期待し、何度も裏切られ、幾重にも積み重なった失望である。

「もういやだッ! 期待して裏切られるのは!
 自由になれるかもなんて、好きなことができるかもなんて、自分自身が認められるかもなんて、そんな夢を見させないでよッ!」

期待しなければ失望することもない。
だからもう期待したくない。

手負いの獣のように、近づくすべてを疑い、威嚇し、拒絶する。
少女はこうして空を飛ぶのを諦めたのだ。
仕様がなかった。
そうしなければ少女は壊れてしまいそうだったから。



「――だからこそ、今なんだ。美玲」

しかし彼はそれでも少女の手を取る。
彼は諦めない。
彼は少女の夢を諦めない。



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/17(土) 18:55:09.45 ID:5pOlI/8Go

「今回、美玲ははっきりと意志表示した。これは不可欠だ。
 まずなにを措いても美玲本人の自発性がなければならない。誰からも強制されない、美玲自身の気持ちがもっとも大切だ」

「そんなの――」

自分の気持ちに意味なんてない、と言おうとする美玲。

「聞いてくれ。美玲。今までは美玲の気持ちは束縛から逃れるネガティブな方向しかなかった。
 でも今回は違う。今回はアイドルという目標がある。ポジティブなんだ。そしてその目標へ向かうためのサポートを俺がする」

美玲はなにも言わない。
彼も言葉を止めない。
彼のその言葉が少女を縛っていたものをほどいていくと信じて。

「アイドルになりたいという美玲の意志。それをサポートする事務所の存在。このふたつが揃う今がチャンスなんだ」

「………」

「さあ美玲。もう一度聞くよ。――アイドルにならないか?」

出会ったときと同じ質問。
あのとき、一笑に付したそれが、今では特別な輝きをもって美玲の前に呈示されていた。

「う、ウチは、……」

――ひとに迷惑をかけるな

美玲はぎゅっと目をつむった。
その戒めはどうあっても解けないのか。

――はしたない。どうしてもっと慎ましくできないんだ?

自分らしく生きるということがどうして許されないのか。
自由に振る舞うことは罪なのか。

「わ、わかった…アイドルになる」

「ホントか!」




29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/17(土) 19:06:49.73 ID:5pOlI/8Go

「いいか、別にウチがアイドルになりたいわけじゃないぞッ!
 でも、なってやらないとオマエが可哀想だから仕方なくなってやるんだぞッ!」

プロデューサーは苦笑した。

「さて、」

プロデューサーがスマホを一瞥。

「それじゃあ作戦会議といこうか」

「なんか策があんのかよッ」

「オトナを舐めるなよ~? 準備万端だ」

彼はスマホを示した。

「すでに美玲のお父さんには、事務所から美玲を保護したことが伝わっている。
 そしてさっき、美玲がアイドルになりたいという意志があり、我が事務所からデビューさせたいということも伝えてくれたはず。
 あとは話し合いの場を設けるだけだ」

「だけだ、って……そこからが問題だろッ」

「ああ、ちょっと待ってくれ」

プロデューサーの目がスマホに表示された文面を追う。
手持ち無沙汰な美玲は落ちつかなさげに髪を撫でた。

「よし。じゃあ移動するか」

「どこに連れてく気だよッ」

「アイドル美玲の初舞台さ」

得意げな顔のプロデューサーに、美玲は悪態をついたのだった。
 



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/20(火) 01:21:09.16 ID:UN1v5CHjo

「準備はいいな? 美玲」

本社ビルの廊下を歩きながらプロデューサーが言う。
ついて歩く美玲は獰猛に笑った。

「ウチを誰だと思ってんだッ、ひっかくぞッ!」

「ようし、その意気だ」

にっと笑った彼が、応接室のドアの前で立ち止まり、ノック。
開く。

「お待たせしました。早坂さん」

「美玲!」

室内にはソファから立ち上がる早坂氏と、座ったままの夫人がいた。
千川ちひろも奥に控えている。

「美玲! お前はどれだけ――っ!」

「はじめまして、早坂さん。私はこのプロダクションのプロデューサーです」

厳しい顔で美玲に詰め寄ろうとする早坂氏の前に割って入るプロデューサー。



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/20(火) 01:23:51.72 ID:UN1v5CHjo

「………。どきたまえ。美玲を返してもらおう」

鋭く睨みつけてくる氏に彼は営業スマイルを浮かべた。

「まあまあひとまずお座りください。積もる話もございますし」

「君のようなものの話など聞くことはない」

「では娘さんのお話ならば聞きますか?」

「……どういう意味だ」

まずは相手を交渉の席に着かせねばならない。
そのために相手の興味をひく。これには成功。

「どうぞ、おかけ下さい。立ち話もなんですから、というのはこういう時に使うのでしょうね」

「……ふん。手短に済ませたまえ」

氏は再び夫人の隣に腰を下ろした。
テーブルを挟んでプロデューサーと美玲もソファに座る。



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/20(火) 01:44:23.92 ID:UN1v5CHjo

「――美玲」

そこで、夫人が初めて口を開いた。
銀細工のような声である。

「はい。母様」

「無事で、よかったです」

「! ……はい」

そのやりとりを微笑ましそうに眺めていたプロデューサーは胸中で気合いを入れた。

「さて。どこから話しましょうか。あるいはどこまで聞かれました?」

「御託も前口上もいらん。本題を言いたまえ」

苛々と促す早坂氏。

「それでは単刀直入に。早坂美玲さんはアイドルになりたいという意志があり、我々はそれをサポートします」

「却下だ。許可しない。話は終わりだ」

取り付く島もない。



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/21(水) 00:49:48.45 ID:ehm5caiUo

しかしプロデューサーからすれば予定通りだ。

「お待ち下さい。なぜですか。理由をお聞かせ下さい。美玲さんのことを思うのならば、そうすべきでは?」

彼の言葉に早坂氏は忌ま忌ましそうな顔をした。

「……アイドルなど、くだらん水商売に過ぎん」

吐き捨てた言葉に美玲はびくりと震え、ちひろは眉をひそめた。
ちひろが何か言おうとするのをプロデューサーが目で止める。

「なるほど。では具体的にはどのような点でしょうか? 御教示頂けると幸いなのですが」

「君が少しは自分で考えてはどうかね」

嘲りを含んだ氏の台詞に、プロデューサーはにこりとするだけ。
商談で軽い挑発に乗るほど彼も青くない。
小さく舌打ちして氏は深く座り直した。

「アイドルというのは、要は下品な格好で大衆に媚びを売り、下心につけこむ商売だろう。
 アイドル本人は自らの承認欲求と肥大した自意識を満足させているだけで何も生み出してはいない。
 見るほうも見られるほうも下劣で愚かな輩ばかりだ!」

早坂氏の侮蔑の眼差しをプロデューサーは正面から受け止める。
逃げない。



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/21(水) 00:55:46.85 ID:ehm5caiUo

「そうして儲けているのが君たちのような人間なのだろう? さぞ愉しいだろうな、多くのひとを惑わし食い物にするのは!」

父の怒りに美玲は怯えた。
その手を机のしたでプロデューサーが優しく握る。

負けてたまるか。

「そういうひとがいることを否定はしません。
 ですが一方で、みんなに笑顔をもたらし、楽しませ、幸せにしているひとがいることも事実です。
 そんなアイドルは、夢を持ち、輝いており、実に素敵です。私どもはその手伝いをしているに過ぎません」

「詭弁だよ。まやかしだ。そんなことを信じているだけむしろ質が悪い。
 アイドルは自らを浪費されていることに気付いていない。アイドルは消耗品だ。そうだろう?
 ファンに、君たちに、アイドルは消費されている。アイドルは奴隷に過ぎない。君たちは唾棄すべき奴隷商人というわけだ」

「そんな、言い方……」

思わず、といった様子で美玲が口を挟む。

「なんだ。美玲。文句があるのか」

怖くない。
美玲は自分にそう言い聞かせる。
だって、こんなに優しく、手を握ってくれているから。

「こいつは、このひとは、私を捜してくれました! 私を見つけてくれました!」

娘の主張に、早坂氏は苛立ちを隠そうともしない。



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/21(水) 01:02:12.92 ID:ehm5caiUo

「うまく手なずけたものだ。その人心掌握術だけは見事なものだと言えよう。
 しかしな美玲。それこそが詐欺師の手口なのだ! 恩を売ってその人生で債務を支払わせようとしているに違いない。
 アイドルのプロデューサーなど、信用できたものか!」

嫌悪感を剥き出しにした氏に、一瞬にやりと、プロデューサーは笑った。
すぐに営業スマイルに戻す。

「櫻井。小早川。西園寺。――なんの名前か、ご存知ですよね」

「なに? ……それは、」

「ええ。どれも一角の名士です、早坂家の当主が知らないはずありませんね? けれども、共通点はもうひとつあるんです」

すかさず、ちひろが卓上に紙を並べる。
ポスターである。

「櫻井桃華。小早川紗枝。西園寺琴歌。3人ともデビューして活躍しているアイドルです。
 また、榊原里美、涼宮星花、相原雪乃、水本ゆかり、といったアイドルもおります。
 我々は確かに卑しいプロデューサー業。ですが、彼女らと、そのご家族も同様でしょうか」

早坂氏がぎり、と奥歯を鳴らす。

「君は……。しかし、」

「しかし、アイドルというのはどうしても不安定なものです。人気が出るか、成功するか、誰にも保証はできません」

氏を遮ってプロデューサー。
握った主導権を渡さない。
相手をこちらのペースに乗せるのだ。



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/21(水) 01:09:06.62 ID:ehm5caiUo

「不動産を主軸に栄えてきた早坂家の堅実さからは程遠い。その通りです。我々は確かにすべてのアイドルを成功させてきたわけではない。
 そんなプロダクションは今まで存在しません。そんな方法があれば教えてほしいくらいです」

「やはりそうではないか」

「――しかし、だからこそアイドルは努力する。むろん我々も。アイドルと我々はともに努力し、その結果として人気の出るアイドルとそうでない者が出る。
 理由を様々に解釈することは可能ですが、事実としては単純で、ある意味、残酷です」

「ち、ちょっと…」

不利になるようなことを言うプロデューサーに心配になった美玲。
彼は少女に向き直る。

「このことは美玲もわかってなくちゃいけない。誰しもシンデレラになれる訳じゃない。
 シンデレラ姫の背後には、何百という灰かぶりがいるんだ。
 でも、それでも、夢のために、自由のために、自分のために、アイドルになりたいか?」

「わ、私は……」

美玲が戸惑う。
目がさ迷い、一瞬、父を見た。
早坂氏は、変わらず厳しい顔つきである。
娘はうつむいて口をつぐんでしまう。



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/21(水) 01:13:33.94 ID:ehm5caiUo

「美玲――」

沈黙を破ったのは、

「母、様」

「聞かせて…美玲の、気持ち、を」

「お前…!」

氏も驚き、妻を抑えようとする。

「ごほっ、教えて、美玲……、貴女は、どうしたい、のか……」

「やめろ、無理をするな」

「いいえ、いいえ、聞かなければ、美玲の、気持ちを、私たちは、ごほ、知らなければ……」

「母様……」

今まで静かに話を聞いていただけだった母が、夫の制止を振り切り、身を乗り出している。
美玲は、ぎゅうっと両手を握った。



42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/21(水) 01:19:03.82 ID:ehm5caiUo

言う。


「決められた服を着て、決められた話し方で、決められた生き方しかできないのが、私はずっと――いやでした。

 ウチは、好きな格好をして、好きな話し方をして、好きなことをしたい。

 自由になりたい。

 自分に素直に生きたい。





 ウチは――アイドルになりたいッ!」




吼えるような宣言。

それは、抑圧され続けてきた美玲の、初めての希望だった。
自由への渇望にして自己実現の熱望であった。



43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/21(水) 01:24:05.37 ID:ehm5caiUo

熱く輝く双眸に胸の奥を震わせて、プロデューサーは思った。
ああ、ここにいるのは小さな獣じゃない。トップアイドルの雛だ――

しかし。

「……いい加減にしろ」

赫怒のあまり押し殺された声。
早坂氏である。

「黙って聞いていれば、なにが自由だ、なにがアイドルだ。美玲! お前は早坂の娘だ! 私のあとを継ぐのはお前しかいないのだぞ。
 それが、『自分に素直に生きたい』だと? ふざけるのも大概にしろッ!」

ダンッ!
テーブルを叩いて早坂氏が立ち上がる。
娘を睨みつける。

「私はお前のためを思って言っているのだぞ! アイドルなどになって、30年後、50年後はどうする!
 成功する保障もなく、まだ子供のお前が! 何を以って私に反対するというのだ!」

「ウチは父様の人形じゃないッ!」

弾かれるように立ち上がって涙目で言い返す美玲。

「な――っ」

早坂氏が絶句する。

「早坂家のことなんて知るかッ、父様なんか――」

激情のままに罵ろうとする少女をプロデューサーが制止。

「早坂さん。美玲さんの気持ちもご理解頂けたでしょうし、別室で詳しい話を致しませんか?」

今まで反抗したことのない娘の乱暴な言葉になかば茫然としている氏。
誘導されるままにプロデューサーと退室した。



44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/21(水) 01:29:49.16 ID:ehm5caiUo

「………」

「美玲ちゃん。座っていいですよ」

ちひろが促すと、美玲は糸が切れたようにすとんと尻を落とした。

「美玲、」

「母様…」

するりとちひろが席を外す。

「どうしよう……父様、きっとひどく怒ってる……もう許してくれないかもしれない……!」

狼狽する美玲。
そんな娘を母親は静かに優しく諭した。

「大丈夫ですよ。私も、お父様も、美玲のことが、大事で大切ですから」

「そ……そんなこと、」

「信じられないかも、知れませんが、本当です。私たちは、ふたりとも、不器用で、貴女への愛し方が、下手なんです」

はにかむ母に、美玲はゆるゆると首を振る。

「そんな……ウチは今まで、父様にも母様にも、嫌われているんだと……」

「ごめんなさい、わかりにくくて……自分の気持ちを、素直に言った、貴女のように、私も言います。美玲、貴女のことが大好きですよ」

「私も大好きです母様ぁッ!」

少女は母を強く抱きしめ、母は娘の頭を慈しんで撫でるのだった。



45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/21(水) 01:34:23.30 ID:ehm5caiUo

「私に、どうしろというのだ」

力無く、早坂氏は尋ねた。
応接室近くの会議室で、崩れるように椅子に体を預けている。

「先程は差し出がましいことを致しました。ただ、早坂さんには娘さんの気持ちを知って頂きたかったのです」

プロデューサーは少しネクタイを緩める。

「私はただ……あれが心配で……何か悪いものに影響を受けたのだと……それが、あんな――私は嫌われていた、のだな…」

そこにいるのは大地主・早坂家の当主ではなく、子育てに悩むふつうの父親だった。
愛するが故に厳しくなり、大切であるが故に事業に打ち込んで家族との時間を失ったのだ。

「私は美玲さんと多くを話したと思っていますが、彼女は一度だって親を嫌いだとは言いませんでした。
 それから、彼女は確かに独特なセンスをしていますが、それは『悪いもの』ではなく、美玲さんの『らしさ』です」



「……娘は、アイドルになれば幸せになれるのだろうか」

「そうではないと思います。大事なのは、親が子の意志を認めること。アイドルになることは美玲さんの意志。ですから、それを認めてあげて下さい」

「認める……」

「そうです。それから、彼女の帰る場所であって下さい。アイドルは楽ではありません。失敗や苦労もするでしょう。
 ですから、彼女の心安らぐ家が必要なのです」



46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/21(水) 01:38:22.29 ID:ehm5caiUo

しばらく氏は黙考していた。

「……だが……、拡大した事業を今さら手放すことはできない。私も秘密裡に買い手を捜したのだが……信用に足る者が見つからず……」

「ご安心下さい。それに関しては、我が社が全面的に協力します。既にいくつか打診してありますし、早坂さんは選択をなさればいいのです」

「君は…、なにもかもお見通しなのだな」

プロデューサーは苦笑した。

「そんなことはありませんよ。私は卑しいプロデューサー、素晴らしいアイドルのために尽力しただけです」

早坂氏も少し顔を上げて小さく笑った。

「先程の失礼を詫びて訂正しよう。君はなんとも善良なる仕事人だ」

「由緒ある早坂家当主にお褒め頂き光栄です。そこまで早く訂正されることは予想外でしたね」

早坂氏は笑いながら立ち上がった。

「過失を早期に認めることが成功の秘訣だ」

「なるほど」

プロデューサーに向き直り、真剣な表情。

「美玲を君に託そう。娘を、頼む」

彼も同様に、氏と握手を交わした。



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/21(水) 01:42:19.60 ID:ehm5caiUo

その後、美玲は見事にアイドルデビューし、今では単独ライブも大盛況である。

早坂家はその多くの事業を手放し、家族を養うだけの手堅い生業で家族との時間をゆったり過ごせるようになったという。

早坂夫人は体調が回復しつつあり、メイドに手伝ってもらいながら家庭菜園に挑戦しているらしい。
早坂氏はというと、今では非常に熱心な美玲のファンの一員であり、美玲は常々やりにくいと嬉しそうにぼやいている。

「……と、いうわけだな」

「へえ~そんな経緯があったんですね! サイキック納得!」

裕子がぽんと手を叩く。
ソファから身を跳ね起こして、

「やめろやめろッ! ウチは一匹狼タイプなんだッ!」

美玲が叫ぶ。
しかしプロデューサーはにやにやしながら続けた。

「基本的に寮暮らしの美玲だけどな、週末にはご両親と過ごしてるんだよな?」

「たッ頼まれたから仕方なく、なんだからなッ!」

「いやーサイキック親孝行ですね!」

「サイキックは関係ないッ!」

「親孝行は認めるんだな」

「~~ッ! もういいッ」

雑誌をぽいと投げ捨ててソファから立ち上がる美玲。



48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/21(水) 01:47:06.49 ID:ehm5caiUo

「おいおい、どこ行くんだ」

「お菓子買うのッ! ほら、行くぞ! お前はウチのパートナーなんだろッ」

「わかったわかった。じゃ裕子、留守を頼む」

「任されました! わたしはシュークリームがいいですっ」

「はいはい。ほら美玲、上着」

「ん」

受け取った上着を羽織り、外へ飛び出す。
息が白い。
もうすぐ雪が降るかもしれない。

「雪降るかもなー」

思ったことと同じことを言われて、美玲は彼を見上げた。
自然と手を繋ぐ。

「雪が積もったら雪合戦したいな」

「いいな」

「雪だるまも作りたい。あとスノボやってみたいし」

「ああ、いいぞ」

楽しそうに語り、嬉しそうに笑う。
少女は自由で、幸せだった。

「それからライブがしたいッ!」

「よし、やろう」



49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/21(水) 01:54:23.39 ID:ehm5caiUo

ふたりは歩いていく。
心のおもむくままに、どこまでも。

「アイドルも悪くないなッ」

美玲はそう言って、にっと笑った。
なんだか口笛でも吹きたい気分なのであった。




おしまい




転載元
美玲「ウチはアイドルになりたいッ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421225037/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月21日 16:04
      • 美玲たん俺のこと噛んでー!!!
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月21日 16:12
      • 美玲ちゃんは引っかかれたい可愛い

        美玲ちゃんって、何気にキュートの声付きダービーのトップ圏内だよな。
        アニメで輝子と絡めて森久保と同時実装とか無いよな?
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月21日 16:35
      • 美玲ちゃんて意外とプライベートわかんないからなぁ
        なかなか新しかった

        森久保と一緒にアニメで声付き登場にみくにゃんの魂をかけます
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月21日 18:13
      • ※3
        Good!!
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月21日 18:29
      • モバマスの中ではインディビジュアルズが好きなユニットです
        フリスクの次くらいに
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月21日 19:12
      • 美玲たんになら噛まれてもいい(ポロン
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月21日 19:44
      • 5 おもしろかった
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月21日 20:53
      • ちょこちょこ宮城を宮崎に間違ってる箇所あるのが残念だけど面白かった

        ※2
        Cuだと桃華(PVやキービジュアルに出てるしほぼ確定だと思うが)の次の、
        響子や志希と同じグループで圏内だと思うわ美玲
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月23日 10:04
      • 5 まあ悪くないかな
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月24日 22:10
      • いい感じにまとめてはいるけど、ご都合主義な点がちらほらと。
        シリアス物は難しいから仕方ないかな。
        美玲ssの中では斬新でよかったけどね。
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月29日 18:59
      • 4 くだらん下ネタSSは妙にコメ伸びるのにこういう良SSのコメはなかなかのびないんだよなぁ

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務