TOP

キョン「ジバニャン散歩に行くぞ」ジバニャン「い、いきなりどうしたニャン?」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 17:29:08.68 ID:H42Us67f0

【涼宮ハルヒの憂鬱と妖怪ウォッチ】





自分が「猫」だった頃、大好きだった人がいる。

太陽のようにまぶしい笑顔。己の頭を撫でる柔らかな手のひら。己の名を呼ぶ凛としたその声。
注がれる全てが優しさに溢れていた。

『よーしアカマル、散歩に行くわよ!』

そんな彼女、涼宮ハルヒが毎日のように、自分に告げた言葉がそれだった。
自転車のかごに乗せられ、住宅街や公園を過ぎ、緩やかな坂を駆け上って
風と共に流れてゆく街の景色を眺めるのが好きだった。
彼女と共に見る世界の全てが、幸福そのものであるかのように光り輝いていたのだ。




4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 17:36:35.94 ID:H42Us67f0

キョン「ジバニャン散歩にいくぞ」

それはあまりにも唐突な提案だった。

時計がちょうど天辺を指す間際。
窓から差し込む光に誘われ、いざ眠りの世界へ旅立たんとしていたジバニャンは、突然耳に届いたそんな言葉にまん丸な目を一層丸くした。

この部屋の主である少年は、己を見下ろしながら、相も変わらず間の抜けた笑みをニヤニヤと浮かべている。傍らに漂う白い妖怪も一緒に。

そうして自分が固まったままでいるのに気がつき、揃って不思議そうに首を傾げるのだった。



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 18:10:47.06 ID:H42Us67f0

キョン「ジバニャン?聞いてるか?」

ジバニャン「ニャッ!?あ、当たり前ニャン!」

二股になった尻尾の先までがビクリと跳ねる。
散歩、そう散歩だ。キョンが口にした言葉には何らおかしいことなどない。ただ偶然、あの時の面影が重なって見えてしまったというだけで。



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 18:16:20.68 ID:H42Us67f0

ジバニャン「い……いきなりどうしたニャン?せっかくオレっちが気持ちよーく昼寝しようと思ってたのに」

ウィスパー「まぁそうカタいこと仰らずに!ねっキョンくん」

キョン「そうそう、今日の散歩はいつもとは違うんだぞ」

ジバニャン「にゃあ!?いきなり何するニャン!」

すると返事も待たぬまま半ば強引に己の身体を抱え上げ、キョンはずいぶんと上機嫌な様子で階段を駆け下りて行った。



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 18:23:47.24 ID:H42Us67f0

散歩も何も、キョン自身は先ほど妹と二人で出掛けてきたばかりではなかっただろうか。
帰宅して五分と待たずに部屋へ飛び込んできたと思えば、急に散歩に行こうだなどと。
高校生にもなってまだまだ遊び足りないのかと呆れ半分
されるがままでいたジバニャンだったが
玄関の扉が開いた先の光景に、思わず言葉を失った。

キョン「どうだ俺の新しい自転車は?小遣い貯めてようやく買えたんだぞ」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 18:27:14.49 ID:H42Us67f0

機嫌が良かった理由はこれだったのだろう。
声を弾ませるキョンの言葉のとおり、そこに置かれていたのは銀色に光る新品の自転車だった。
ついこの間まで乗り回していたそれよりも一回り大きくて、ぴかぴかで、それから。

キョン「ほら、ちゃんと前カゴも付いてるんだ。ここに乗って散歩に行ったら気持ちいいぞ」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 18:32:25.96 ID:H42Us67f0

言いながら、キョンは自転車に取り付けられたそのカゴに触れる。
彼がまだ中学生だった頃に買ってもらっていた自転車には付いていなかったものだ。
それなのに、こんなにも懐かしいと思えるのは、きっと。

ウィスパー「どうです?行く気になりました?」

ジバニャン「し、仕方ないニャン!そんなに乗ってほしいなら乗ってやらないことも無いニャ」

キョン「やれやれ、素直じゃないね」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 18:43:10.71 ID:H42Us67f0

キョンの手が、そっとカゴの中に己の身体を下ろした。
ブレーキを蹴り上げる軽い音に振り返ると、にっこりと細められた瞳と視線が交わる。
行こう、と投げかけられたその声はひどく優しい色をしていた。



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 18:47:54.58 ID:H42Us67f0

キョンという少年と出会ってから、もう4年になる。
交差点で独りきりだった自分に差し伸べられた小さな救いの手を忘れるには、まだ到底短すぎる時間だ。
それにあまりにも色々なことがあり過ぎて、ここまでがあっという間だったこともあるのだろう。

然し乍ら、己を乗せて走る自転車のペダルを漕ぐキョンは、その短い時の中でもずいぶんと変わったように思える。
己と言葉を交わすときの視線の距離とか、手のひらの大きさとか、低くなった声とか。
彼が少しずつ大人に近づいてゆく中で、屈託のない笑顔だけがあの頃のまま、今も変わらず傍にあった。

本当は……それだけではないのだけれど。



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 18:51:48.17 ID:H42Us67f0

キョン「どうだ?風が気持ちいいだろ」

ジバニャン「まぁまぁだニャン」

キョン「なぁにぃ!よぉーし、コレならどうだ!」

街中を滑るように走っていた自転車のスピードが急に上がった。
数年前に卒業した小学校の前や、今もよく通っている古ぼけた駄菓子屋を通り過ぎる。
待ってくださーい、と間延びしたウィスパーの声が聞こえるのを後目に
二人を乗せた自転車は緩やかなカーブを描く登り坂へと向かっていた。



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 18:55:10.79 ID:H42Us67f0

春の日差しに暖められた向かい風は何処からか拾ってきた花の香りを仄かに含んで、優しく撫でるように鼻をさする。
素直に心地好いと口にしてやれれば良かったのだけれど
生憎自分はへそ曲がりな性格であることを否めず
正直に伝えてやることなんて到底出来やしない。
けれどもキョンはきっと己の本音などとうに勘付いていて
その上でムキになったふりをするのだ。
それが何だかますます照れくさく思えた。



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 19:01:34.82 ID:H42Us67f0

キョンがふうふうと息を切らしながら必死にペダルを回しているおかげで
坂道でも自転車はペースを落とすことなくスムーズに進んでゆく。

ざわざわと風にさざめく木々の音の合間にあの少女、涼宮ハルヒの声が響いた気がして、無意識のうちに空を仰いでいた。
真っ白な綿雲がのん気に流れる空は青々と澄みわたり、まだ高いところに上っている太陽がほほ笑む。
彼女の明るい笑顔をふと思い出して、鼻の奥が少しつんとした。


ずっと一緒だと思っていた。いつまでも飽きることなく、ずっと寄り添っていられるのだと。



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 19:05:56.03 ID:H42Us67f0

出会いには別れがつきもので、恐らく己の方が先にこの世界を旅立つであろうことは知っていたつもりではあったけれど。
その別れはあまりにも突然で、あまりにも早すぎたのだ。

それがちょうどこんなふうに晴れた日の午後であったと思い起こし、はっと我に返る。
まさか今度はこの少年が、などという縁起でもない想像が頭を掠め、慌てて何度も首を横に振った。
大丈夫、自分がいるのだ。そんな事には絶対にならない。
それより今はせっかくの散歩日和を存分に楽しもうと再び前に向き直ると、不意に穏やかな声が己の名を呼んだ。



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 19:09:06.34 ID:H42Us67f0

キョン「ジバニャン、ほら」

背後の彼を一度振り返り、その視線に倣って同じように右の方へと目を遣れば、途端視界に飛び込んできたのは街一面を覆い尽くす淡いピンク色の波。
高い坂の上から見下ろす景色を彩っているのは、桜の花だった。

今がちょうど花がめいっぱい開ききる満開の季節。隅から隅に敷き詰められた桜色の絨毯は、己の瞳の中で、ふんわりと風に揺れている。



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 19:13:47.45 ID:H42Us67f0

そんな鮮やかな色彩の海から目を離さぬまま、「綺麗だな」とキョンが笑う。
今度こそ両目から溢れ出しそうになった涙を何とか堪えて、己もずっと同じ方角を見つめていた。

キョン「来年も見に来ような」

何気なく告げられたその言葉が心を大きく揺らした。

自分はあと何回、キョンとともにこの桜を見ることができるのだろう。そんな事ばかりを考えてまた泣きそうになる。
ハルヒと見た景色とはまた違う輝きを放っているように見えるこの世界を、手放したくない。
叶う筈もない願いはただ空しいだけだというのに、それでも願わずにはいられなかった。



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 19:21:21.04 ID:H42Us67f0

ジバニャン「……キョン」

キョン「ん?」

少年の、あの頃よりも大きくなった手のひらが己の頭を撫でていた。
その手を止めないままで彼は返事をし、視線は変わらず桜の街を眺めたまま。
これから自分はきっと途方もない時間を生きる。
キョンが居なくなった世界で、ずっとずっと先の未来を生きてゆくのだ。

いつか別れがくるのなら、それならば、せめて。



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 19:25:23.63 ID:H42Us67f0

ジバニャン「ま、またこうやって散歩に連れてってくれてもいいニャン」

素直になれない自分の本当の気持ちを少し傲慢な態度の裏に隠して
それでも彼は笑ってくれるということを、己は知っている。
おそるおそる見上げれば、ほんの僅かな時間だけきょとんとしてこちらを見ていたキョン、一間置いてやはりいつものように笑った。

キョン「当たり前だろ。そのつもりでわざわざコレが付いた自転車買ったんだからな」



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 19:32:48.47 ID:H42Us67f0

寧ろいつもよりよほど悪戯っぽい笑顔で、キョンは己が乗っている前かごの縁をぽんと叩いてみせる。

喉が詰まりそうなほどの喜びがこみ上げ、息を震わせた。
この少年もまた自分と同じ気持ちでいてくれているのだと思い知らされた気がして、己の心を埋め尽くすのはもう花びらのように降り積もる、桜色の幸福だけだった。

ジバニャン「そっ、それもそうニャン!分かりきったことだったニャン。これからもせいぜいオレっちのために漕ぎ続けるがいいニャン」

キョン「へいへい。せいぜい漕ぎ続けられるようがんばりますよっと」

やれやれとポーズを取った後、キョンは今度は些か乱暴な手つきでわしゃわしゃと己の頭を撫で回した。



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 19:42:07.50 ID:H42Us67f0

自分はまた独りぼっちになるのかもしれないし、そうじゃないのかもしれない。
けれど先のことなんてまだ分からないのだから、今はただこの幸せを抱きしめていれば良い。
分かったのは、きっとそういうことだ。

ジバニャン「キョン、あのニャ」

キョン「なんだジバニャン」

ジバニャン「お、オレっち、キョンと、」

キョンと会えて本当に良かった。

ずっとずっと抱えていて、ずっとずっと言えなかった言葉。
今ならちゃんと、きみに言える気がしたから。



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 19:55:20.04 ID:H42Us67f0

再び自転車が走り出せば、移ろいゆく世界の中で、淡く色付いた桜の花がくるりくるりと回りながら春の風に遊ばれている。

頬の熱が引いてゆくのを待ちながら再び目を向けた先の景色は相変わらず綺麗だ。

今自分が大好きな人と見つめているこの桜を、大好きなあの子、ハルヒもどこかで見ていればいいと、心の中でそう思った。



~おしまい~



転載元
キョン「ジバニャン散歩に行くぞ」ジバニャン「い、いきなりどうしたニャン?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420273748/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月03日 21:29
      • 妖怪ウォッチはよく知らないが、個人的には好きな雰囲気の話だった
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月03日 21:33
      • キョンの本名はけーただったんだね!
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月03日 21:49
      • 初めて妖怪ウォッチに興味が湧いた
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月03日 22:01
      • これはいいクロスオーバー。ほど良い感じで泣ける
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月03日 22:32
      • 妖怪ウォッチに興味を持っってしまった
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月03日 23:40
      • 素晴らしいssだと思うが、なぜハルヒなのか
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月04日 03:28
      • ハルヒも妖怪ウォッチも好きだから両方再現率高くて嬉しかった
        ラノベ調なのも読みやすかった
        最後ちょっとだけ泣いた
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月04日 04:11
      • 唐突で、必然性も関連性もなく、しかし素晴らしいクロス
        ジバニャンはやっぱり可愛いな
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月04日 06:00
      • 素直に面白かった

        ※6
        ドラえもん×ハルヒの上山さんみたいな人もいるし、不思議日常系なハルヒはそう言うのとクロスさせやすいのかもね
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月04日 06:20
      • しかしこの後キョンと再び会うために未来でロボ化してグリグリ♂にドハマりするのは確定事項
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月04日 06:43
      • 自転車が新しいってことはキョンが中2くらいのころの話かね。

        すごくよかったよ
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月04日 08:58
      • 彼がまだ中学生だった頃に買ってもらっていた自転車には付いていなかったものだ。
        って有るから高校生だと思う
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月04日 10:36
      • まぁキョンもタイムトラベルするしな
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月04日 12:03
      • 面白かった
        でも普通にケータとエミちゃんでも良くないか
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月04日 18:59
      • まあ心配せんでもこの後1ヶ月を一万五千回ぐらいは繰り返すで(マジキチスマイル)
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月05日 00:15
      • それは言わんといて〜
      • 17. MCC
      • 2015年01月05日 06:59
      • 5 良いね

        妖怪ウォッチ自体は面白いよ
        ポケモンにいちいち噛み付いて来る信者が糞
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月05日 12:11
      • 露骨な対立煽りはNGで
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月07日 02:44
      • 5 いいね。
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月26日 04:38
      • いつ見ても涙が出る

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務