TOP

玲音「久しぶりだね、冬馬!」冬馬「げっ!?」

1: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 19:03:42.72 ID:T8tPUF320

冬馬宅前

玲音「また君に会えて嬉しいよ!」

冬馬「何で貴女がここにいるんだよ!?今は海外にいるはずだぞ!」

玲音「戻ってきたんだ、いろいろ事情があってね」

冬馬「事情って?」

玲音「それは………」

翔太「冬馬君遊びに来たよ~♪」

北斗「外は冷えるな…、早く温まりたいよ」

冬馬「あ、二人とも…」

玲音「やあ、初めまして! 伊集院、御手洗」

翔太・北斗「」



2: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 19:06:27.73 ID:T8tPUF320

玲音「どうしたんだい? 二人とも固まっちゃって?」

翔太「ハッ!? びっくりした!」

北斗「トップオブトップのオーバーランクアイドルの玲音!? なんでここに?」

冬馬「そうだそうだ! なんで貴女が俺の所に来たんだ!」

玲音「簡単な理由だ、アタシを君たちの仲間に入れて欲しいんだ」

三人「ハァ!?」

玲音「でもこんな寒いところで立ち話するのはあれだから中に入って話そうか」

玲音「というわけでお邪魔します」

冬馬「おいコラ勝手に入るな!」

北斗「俺も入らせてもらうよ」

翔太「凍え死んじゃうからね~」

冬馬「ああ…、まずい………」



3: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 19:11:31.08 ID:T8tPUF320

冬馬宅

翔太「それにしてもびっくりしたよ~、いきなり現れたもん」コタツヌクヌク

冬馬「話の続きを聞かせてもらおうか、仲間に入れて欲しいってなんだよ!?」コタツヌクヌク

玲音「なんだかあまり歓迎されてないようだね」コタツヌクヌク

玲音「仲間に入れて欲しい理由は…そうだね…」

玲音「恥ずかしながら実はアタシのダンスの動きや歌のキレが悪くなって、ギアが入らなくてね…」

玲音「そう、言うなればスランプに陥ってしまったんだ」

冬馬「はあ? スランプ?」

玲音「みんなは上手だと褒めてくれるけど、アタシはそうは思わない」

玲音「だから調子を取り戻すためにいろいろな方法を試してみたんだけどどうしても前のような調子が出ないんだ…」

玲音「限界まで踊り続けたりこのイライラを発散したり自分はできると自己暗示させたりしたんだけど」

玲音「全くうまくいかなかったんだ、むしろ前より悪化してね」

玲音「専門のカウンセラーにアドバイスを貰ったらしばらく休養を取ったら良いといわれて…」

玲音「そこでアタシはアイドルを辞めて気分転換とアイドルとは何なのかを考えるために君たちのところに来たんだ」

玲音「それに、アイドル以外のことにも打ち込めるいい経験にもなると思ってね」



4: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 19:15:38.93 ID:T8tPUF320

冬馬「だからって何で俺たちのところに来るんだよ…」

玲音「最初は765プロに行こうと考えたけど超えるべき目標であるアタシが来ると返ってプレッシャーを与えてしまうからね」

玲音「それに彼女たちにアタシのかっこ悪いところを見せたくない…」

玲音「だからそういう抵抗がない君たちのところに来たわけだけど…」

玲音「迷惑だったかい?」

冬馬「当たり前だろ! 今俺達はまさに絶体絶命の崖っぷちに追い込まれている状態から立ち上がって!」

冬馬「やっと前のような調子に戻りかけているんだ!」

冬馬「新メンバーなんか加える余裕はねえ!スランプ脱却のために俺たちを利用するな!」

冬馬「だいたい貴女がメンバーに入ったらユニット名がジュピターじゃなくて『玲音と愉快な仲間たち』になるだろ!」

冬馬「俺たちが取り巻きになるのは勘弁だ!存在感を貴女に取られてたまるか!」

北斗(人のことが言えるのか?)

翔太(そっちのほうを気にするんだ…)



5: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 19:21:56.05 ID:T8tPUF320

玲音「…はぁ、かわいくてツンとしてた男の子がこんな口と側の悪い少年になるなんて…」

北斗「かわいくてツンと…? 玲音さん、以前冬馬とあったことが…?」

玲音「ああ、実は彼とは10年前葬…冬馬「待て」」

玲音「うん?」

冬馬「その話はやめてくれ…、あんまり思い出したくもない」

玲音「確かにあの時はあたし達にとって出会いでもあれば別れでもあったからね…」

玲音「でも辛いけどこの話をしないとあたし達の出会いについてわかってもらえないよ」

翔太「僕も聞いてみたいな~、冬馬君の昔話♪」

北斗「そういえば冬馬について知らないことがまだあるな、隠し事は仲間である俺たちにして良いことじゃないぞ」

冬馬「ううっ………」

冬馬(なんてこった…、マジやべぇぞ…)



6: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 19:33:01.93 ID:T8tPUF320

悪魔冬馬「イッちまいなよ、全て出して楽になっちまえよ! ゲヘヘ…」

天使冬馬「仲間に隠し事をするのはいけません、潔く暴露しなさい」


冬馬(なんだよこの四面楚歌は…! はぁ…もうどうでもいいや)

冬馬「ああわかったよ、正直に言う」

冬馬「彼女は俺の義姉だ」

北斗「ぎ…!?」

翔太「つまらない冗談はよしてよね…」

玲音「冬馬の言ってることは本当だ、アタシは冬馬の母の隠し子にあたる」

北斗「か…!?」

翔太「…そ、そんなどこかの漫画の設定が現実にあるとでも…!?」

玲音「言っていいかい?」

冬馬「もう好きにしてくれ…、俺はちょっと向こうで座ってる…」



7: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 19:36:44.51 ID:T8tPUF320

冬馬「はぁ……」ズウウウウウウン

北斗「あんな冬馬はじめてみた」

翔太「それで、二人はどういう関係だったの?」

玲音「あれは確か10年前、アタシ達の母さんの葬儀が終わってしばらくたった話だったね…」

玲音「葬儀の時にも会ったけどその時は話す機会がなかった」

玲音「だから実質あの時がアタシ達の初めての出会いというわけになる」



8: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 19:37:20.53 ID:T8tPUF320

冬馬(小学1年生)「ううっ…、おかあさん…」グスン

玲音(小学X年生)「君が、天ヶ瀬だね…」

冬馬「ふぇ…?」

玲音「悲しいのはわかる、アタシも母を失ったから」

冬馬「お姉さんも?」

玲音「うん…」

冬馬「そうなんだ…」

玲音「…」

冬馬「…」グスン

玲音「天ヶ瀬、ちょっと着いて来てくれ」

冬馬「うん?」



9: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 19:38:45.52 ID:T8tPUF320

玲音「ここなら誰もいないから邪魔されないね」

冬馬「何をするの?」

玲音「君に泣き顔は似合わない、あたしが元気付けてあげるよ」

冬馬「え?」



10: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 19:39:53.75 ID:T8tPUF320

玲音「~~~~~♪」

冬馬「………」グスン

玲音「どうかな?」

冬馬「すごい…姉ちゃんとっても歌がうまいんだね…」

玲音「………」

冬馬「ありがとう…オレ、げんきでてきたよ…、へへっ…」ニコッ

冬馬「姉ちゃん、こんなに歌がうまかったらアイドルや歌手とか目指してみてよ」

玲音「アイドル?」

冬馬「姉ちゃんの歌なら、オレのきっとみんなを笑顔にできるよ…」

冬馬「…それじゃあな」

玲音「…」



11: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 19:43:20.11 ID:T8tPUF320

―――――――――
――――――
――――
――


玲音「小学生だったあたしでもすぐにわかった、あれはただの作り笑顔だってね」

玲音「彼の泣き顔を見るのはとても苦しかった、少しでも気を楽にさせようと思って得意の歌で慰めようとしたけど失敗してしまった」

玲音「だからアタシは決めたんだ、暗い顔をしている人たちみんなを笑顔にさせる…」

玲音「そんな歌やダンスができるアイドルを目指すことにしたんだ」

翔太「つまり玲音さんがアイドルを目指すきっかけとなったのが冬馬君ということ?」

玲音「そうだよ御手洗」



12: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 19:44:21.86 ID:T8tPUF320

玲音「しかし前に冬馬がアイドルをはじめたことを知ったときは心底驚いたよ」

翔太「何で?」

玲音「前に話した時あんなチャラチャラした…冬馬「はい昔話はそこまでだ!」」

翔太「何で? これから面白そうなことを聞けそうだったのに」

冬馬「大事な時間を昔話で終わらせるわけにはいけねぇだろ!」

冬馬「せっかくジュピターの新メンバーが来たんだからな、お祝いとかしようぜ!」

北斗「ジュピターの新メンバー…ってことは?」

冬馬「ああ! 貴女は不本意だが今日から俺たちの仲間だ!」

冬馬(こうでも言わないとまたキリが無い昔話を話されてしまう…)

冬馬(ここは気を紛らわさないとなちくしょう…)



13: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 19:45:23.07 ID:T8tPUF320

玲音「気持ちは嬉しいけど一つ誤解しているよ」

玲音「さっきも言ったようにアタシはしばらくアイドル活動をやらないことにしている」

玲音「あくまで一緒にすごして調子を取り戻すことが大切だからね」

冬馬「どう見ても調子悪いように見えないが…」

玲音「本当さ、だから一からやり直すためにSPや家とか身の回りのものを手放して」

玲音「象徴であるカラコンも外してただの一人の女の子として過ごすつもりなんだ」

冬馬(女の子、子…?)

玲音「あ、でもお金は持ち歩いてるよ お金は大切だからね、無かったらホテルにも泊まれない」

冬馬「ああ、そうなのか」



14: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 19:46:35.80 ID:T8tPUF320

北斗「それじゃあ改めてお祝いでもしようか…といいたいところだけど何も準備していないぞ」

冬馬「仕方ねえ、材料とか買ってくるか」

玲音「記念すべき新生ジュピターの第一の活動は買い物か」

冬馬「不満か?」

玲音「いや、アイドル活動以外の生活を見ることで意外な一面が見ることができるからね」

冬馬「北斗、翔太、お前たちは皿とか用意してくれ」

北斗「了解」

玲音「それじゃあ行こうか、冬馬 後はよろしく伊集院、御手洗」

翔太「苗字でよばれると違和感半端ないね」

北斗「確かに」



15: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 19:47:29.55 ID:T8tPUF320

スーパー

冬馬「さて…、何にするかな」

玲音「アタシとしてはカレーが食べたいな」ボトボト

冬馬「カレー?」サッサッ

玲音「そう、前にカレーについて熱く、そして深く歌にして語る男と出会ってね」ドバドバ

冬馬「それで?」サササッ

玲音「その歌を聴いてふとカレーが食べたくなったんだ、作ってくれないか?」ゴロゴロゴロ

冬馬「カレーなら俺の十八番だ! お安い御用だぜ!」シュシュシュパパパ

冬馬「後、さりげなくメロンソーダのペットボトル大量に入れるなよ、重いだろ!」

玲音「好きなのに…」

冬馬「俺も好きだけど大量に買うものじゃない! まだ数本、家にあるからそれ分けてやる、いいか?」

玲音「…まあそれならいいか、妥協するとしよう」



16: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 20:23:38.13 ID:T8tPUF320

カチカチカチカチ

翔太「玲音さんにアプローチとかしないの?」カチカチカチカチカチカチ

北斗「あれは下手に手を出さないほうがいい、逆に狩られる」カチカチカチカチカチカチ

北斗「腹が減っているライオンに飛び込むシマウマがいるかい?」カチカチカチカチカチカチ

翔太「いないね」カチカチカチカチカチカチ

北斗「だろ、ほらよっと!」カチッ!

翔太「うわああああ!!!」

GAME SET!

翔太「あーもう、なんだよ強すぎだよ!!」

北斗「マルスを極めたものが真のマルス使いになれるんだよ」キラーン



17: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 20:24:31.08 ID:T8tPUF320

スーパー

店員「お会計は3380円になります」

冬馬「カードで」

店員「ありがとうございました」



18: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 20:28:49.57 ID:T8tPUF320

冬馬「さて、買うもの買ったし帰るぞ」

玲音「…」

冬馬「どうかしたか?」

玲音「…これは!?」

冬馬「おい、どうしたんだ…!?」

玲音「冬馬、これを見てくれ こいつをどう思う?」ゴゴゴゴゴゴ

冬馬「凄く大きいな…」ゴゴゴゴゴゴ

玲音「だろ…?」ゴゴゴゴゴゴ

冬馬「まさか…あのライオンのぬいぐるみ欲しいのか?」ゴゴゴゴゴゴ

玲音「ああ」ゴゴゴゴゴゴ

冬馬「………」ゴゴゴゴゴゴ



19: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 20:30:35.67 ID:T8tPUF320

冬馬「諦めろ、ああいうのは取れないようにできているんだ、クレーンなんてそんなものだ」キッパリ

玲音「君は全くわかってないな」ハァ…

冬馬「何?」

玲音「クレーンゲームは取れないようにできているから金の無駄…普通の人はそう考えている」

玲音「だけどそれは現実主義者の考えることだよ、ロマンがなさすぎる」

玲音「普通にやったら取れはしないに決まっている、クレーンゲームをやって何で失敗するのか」

玲音「それは分析力、判断力、覚悟、そして想像力が足りないからだよ」

玲音「なんでかというと…」

冬馬「話長い! 短くまとめろ!」



20: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 20:34:18.93 ID:T8tPUF320

玲音「つまり一言でまとめると、やらせてくれないかい?」

玲音「実はカードしか持ってなくて…、でもあのぬいぐるみ欲しいから…」

冬馬「100円かして欲しいのか?」

玲音「そうだよ、さあ!」

冬馬「なにがさあ!…だよ、普通に買ったほうが安いのに…」

冬馬「ほら、一回だけだぞ」つ100円

玲音「ありがとう冬馬、君は本当にすばらしいアイドルだよ!」

冬馬(アイドル関係ないだろ!)



21: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 20:42:52.28 ID:T8tPUF320

玲音「それじゃあいくよ」チャリン

ウィイイイイイイイイン

冬馬(どうせうまくいかないって…、俺がやったとき前に野口が何枚無駄になったことやら…)

玲音(ぬいぐるみの位置、方向、よし)

玲音(タイミングを合わせて、あの位置にアームを降ろせばいける!)

玲音「そこだ!」キラーン



22: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 20:46:05.71 ID:T8tPUF320

ポチッ

ウイイイイイイイイン

ガシッ

ウイイイイイイイイン

玲音「よし!」

冬馬「まじかよ!?」

玲音「いける…いける!」

ウイイイイイイイイン

冬馬「出口まであと少しだ!」

玲音「行けぇ!」



23: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 20:51:31.30 ID:T8tPUF320

ズルッ

玲音・冬馬「あっ…」

ウイイイイイイイン

冬馬「出口に引っかかった…、惜しかったな、あと少しなのに…」

玲音「そう、あと少しだったのに…もうちょっとだったのに……とれなかった…」

玲音「想像力も足りていた…、なのになんで…」

玲音「クソォ!」ドンッ!



24: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 20:52:49.02 ID:T8tPUF320

グラッ

ボトッ

冬馬「あっ…落ちた」

玲音「………」ヒョイ

冬馬(足りないものは腕力だった)

玲音「どうだい冬馬? 取れたよ」ドヤッ

冬馬「いやダメだろそんなことしちゃ…」

冬馬「台パンは故障の原因になるからよい子は真似しないでね」

玲音「それじゃあアタシはよい子じゃないのか?」

冬馬「よいでもなければ子でもないな」

玲音「後で腹パンの刑だからなバカヤロー」

冬馬「(´・ω・`)」



25: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 20:56:18.64 ID:T8tPUF320

冬馬宅

冬馬「ただいまー」

翔太「帰り~」カチカチカチカチカチカチカ

北斗「待ちくたびれたよ」カチカチカチカチカチカチカ

冬馬「お、準備はもう終わったみたいだな」

翔太「後は作るだけだよ」カチカチカチカチカチカチカチ

冬馬「勝手に俺のスマブラやるなよ、許可ぐらい取ってくれよな」

翔太「いいじゃん減るもんじゃないし~」カチカチカチカチカチカチカ

北斗「それよりお腹がすいたけど」カチカチカチカチカチカチカ

玲音「それじゃあ早速作ろうか」

冬馬「はぁ…、まあいいや、早速腕によりをかけて作るか!」

玲音「手伝えることがあったら何でも言って」

冬馬「よし、それじゃあ手を洗ってキッチンに来てくれ」

玲音「わかった」



26: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 21:01:39.11 ID:T8tPUF320

玲音「洗ったよ」

冬馬「それじゃあカレーを作るぜ、いいな?」

玲音「うん」

冬馬「まずはなべを温めて…そこから香辛料を入れるぜ」

冬馬「ターメリック」

玲音「はい」ササッ

冬馬「シナモン、カリダモン」パラパラ

玲音「はい」ササッ

冬馬「チリペッパー」パラパラ

玲音「はい」ササッ

冬馬「コリアンダー」ドバアアアアアアアア

玲音「はい」ササッ

冬馬「あっ…」パラパラ



27: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 21:18:48.34 ID:T8tPUF320

玲音「なんか分量間違えてないかい? カレーが真っ赤になってるよ」

冬馬「間違えたよ…、蓋外れて大量にこぼれたよ、しかもよりによってチリペッパーかよ…」

冬馬「ハハ…ァハハハハ……」

玲音「どうするの? アタシは甘口が好きだけど」

冬馬「もう自棄だ! このまま作ってやるぜ!」

タマネギ! ニンジン! ジャガイモ!

アトコノニク! サイゴニチョコダ

オイ、カッテニイレルナヨ!

北斗「くっ…、なかなかやるな…」カチカチカチカチカチ

翔太「慣れればたいしたことないよ」カチカチカチカチカチ



28: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 21:22:23.28 ID:T8tPUF320

冬馬「お待たせ、できたぜ」

北斗「がああああああああ!」カチカチカチカチカチカチカチ

翔太「うおおおおおおおおお!」カチカチカチカチカチカチ

冬馬「ゲームはもうやめろ、そろそろ飯だぞ」

北斗「ふん!」カチカチカチ

翔太「なんの!」カチカチカチ

冬馬「えい」ブチッ

翔太「あああ!? 何するのさ!?」

北斗「せっかく倒せそうだったのに…」

冬馬「お前らがゲームやりまくって俺の話聞かないからだろ!」

冬馬「早く食え! 全く…」

二人「はいはい」



29: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 21:26:20.01 ID:T8tPUF320

冬馬「できたぜ!俺特製スペシャルカレーだ!」

グツグツグツグツ… ゴポッ

翔太「真っ赤だね」

北斗「真っ赤だな」

冬馬「大丈夫だ、見た目はあれだが味は保障するぜ!」

翔太「なら冬馬君先に食べてよ」

冬馬「え? いや、ここはみんな一緒に…」

玲音「苦労して作った料理人こそがこの至極の料理の一口目を食すのにふさわしいと思うけど?」

冬馬「だけど…」

北斗「遠慮しないで、ほら、あ~~~ん♥」

冬馬「うっ……」

北斗「あ~~~ん♥」

冬馬「あ、あーん…」

パクッ



30: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 21:32:17.88 ID:T8tPUF320

冬馬「うん…、舌に全体的に伝わるこの味、そして口全体に広がる濃厚なルーの辛味が脳に伝わる」モグモグ

冬馬「さらに全身の血液が沸騰するようなこの感覚、全身から熱さがこみ上げてくる」モグモグ

冬馬「つまり何がいいたいかというとだな…」モグモグ

冬馬「ギィア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"!!!!!!」バンバンバン!

冬馬「ア"ア"ア"………アヒィィィイィィイイイイイイイ///////」ヒイイイイイイイイイイ!

冬馬「ハア…ア"ア"ア"ア"…………ア"ア"ア"ア"///////」ヒイイイイイイイイイイ!

北斗「大変だ、あまりの辛さで苦しんでいるぞ」

玲音「冬馬、熱いお茶だ これで辛さをなくすんだ」

冬馬「はひぃ………………!!!!!」ゴクゴクゴク



31: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 21:33:07.83 ID:T8tPUF320

冬馬「アギャア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"//////////」

冬馬「ヒェエエエエエエ/////ヒ…//ヒィィイイイイイ/////」

翔太「悪化しちゃったよ」

玲音「ごめん、悪気はないんだ…(嘘)」

北斗「お前のことは忘れないよ…」

冬馬「見て"な"い"で水も"っでこ"い"よ"お"お"お"お"お"お"/////」



33: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 21:37:13.50 ID:T8tPUF320

冬馬「死ぬかと思った…」ゴギュゴギュゴギュゴギュゴギュゴギュ

玲音「まさかこんなことになるなんて…、ごめん」

冬馬「いや、貴女は悪くないよ」

北斗「そうそう、誰も悪くない」

玲音「ところでこのカレー、どうしよう?」

北斗「水で薄めるとかで辛さを減らすしかないな」

玲音「スープカレーになるね」

冬馬「ああ…、せっかくのカレーが…こんなに辛いんじゃやっぱ薄めようかな…」

翔太「そうかな? 意外といけるよこれ」モグモグ

北斗「えっ…?」



34: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 21:38:06.86 ID:T8tPUF320

玲音「ちょっとピリ辛いけど問題ないよ」モグモク

北斗「…冬馬、大げさに驚いただけじゃないのか?」

冬馬「なわけねぇだろ!」

北斗「本当かな?」パクッ

ギィアアアアアアアアアアアアア!!!!!

ショウタ、ミズ! ハイオチャ

ゴクゴクゴクゴクゴクゴク

ガアアアアアアアアアアアアアアア/////



35: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 21:39:55.71 ID:T8tPUF320

北斗「死ぬかと思った…」ドボボボボボボボ

冬馬「ほら見ろほら見ろ」

玲音「それにしても君たちは本当に仲がいいんだね!」

玲音「やっぱり君たちと出会えて本当によかった」

玲音「今日は本当にありがとう、これからもよろしくね」

翔太「こちらこそ♪」



36: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 21:41:10.30 ID:T8tPUF320

冬馬「貴女はこれからどうするんだ?」

玲音「君たちとはもっと一緒に居たいし、近くのホテルでしばらく過ごすことにするよ」

冬馬「流石トップオブトップ、金銭面では最強だな」

北斗「おっと、そろそろ帰らないとまずいな」

玲音「それじゃあアタシはこれで失礼するよ」

北斗「またな」

翔太「じゃあね~♪」

冬馬「おう、またな」

バタン

冬馬「ふぅ…、今日はとても疲れたな、学園ドラマのロケより大変だったぜ」

冬馬「…まあでも、けっこう楽しかったな」

冬馬「こんなほのぼのしい日常が続ければ良いのにな」

冬馬「さて、片付けて明日のために準備でもするか」



37: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 21:42:24.14 ID:T8tPUF320

翌日

冬馬「えーと、食パンどこいったかな?」

ニッコニッコニー

冬馬「あ、電話だ」ピッ

北斗『冬馬、大変だ! 昨日玲音さんと一緒にいたところをパパラッチに撮られていたんだ!』

冬馬「……えっ?」

翔太『だから昨日買い物帰りのところを目撃されて記事になったんだって!』

翔太『「ジュピターの天ヶ瀬冬馬、一般女性とデート!?」…ってね!』

冬馬「な…なんだってえええええええええええ!?」



その後、一緒にいたのは従姉弟という理由でなんとか誤解を解いてもらったのはまた別のお話

冬馬「フライデーなら死んでた」

おしまい



転載元
玲音「久しぶりだね、冬馬!」冬馬「げっ!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1418465012/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月13日 23:59
      • やっぱフライデーは糞だな
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 00:18
      • これ義姉では無くね?
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 00:20
      • >前にカレーについて熱く、そして深く歌にして語る男と出会ってね

        他に元ネタはあるのかもしれないがどうしてもみなみけの保坂先輩がちらつく
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 00:25
      • 確かに義姉じゃないな
        なんて言えばいいんだろ

        隠し子?
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 00:29
      • ちひろもぶちこもう!
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 00:31
      • ※3
        おい やめろ!消されるぞ!

      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 00:46
      • アホ毛のショボーン想像して和んだ
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 01:00
      • あずさと千早が姉妹という話もあったな
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 01:17
      • もっとください





        もっとください
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 02:14

      • ※4

        異父姉第だな
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 03:22
      • ※8 きっとそれは夢の話だ。72か勘違いしていると思うよ。
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 03:34
      • 4 この組み合わせアリだな
        涼と理不尽姉トークはよ
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 04:01
      • 作者が飽きたパティーン?
        続きあれば嬉しい

      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 08:39
      • 掘られないあまとうなんて、あまとうじゃない
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 10:12
      • ※14
        お前は今まで掘られたあまとうの数を覚えているか?
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 11:05
      • いまさら数えきれるかぁ‼
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 11:41
      • カレーの歌とかバカヤローとかみなみけみたいだなと思ったら中の人ネタだったか
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 11:56
      • つまんね
      • 19. 以下、VIPにかわりまして副隊長がお送りします
      • 2014年12月14日 12:33
      • ※16 こんなところで何してるの!?      克己ちゃん!!
           さあ!私よりおっぱいの小さい
           アイドルを狩りに行くわよ!!
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 12:38
      • (無言のマキシマムドライブ)
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 14:56
      • そういやこいつら961プロ所属か

        公式で絡まねえかな~
        ジュピター本家から干されかけてるし無理か…

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ