TOP

アスナ「結婚すればいいのよ」ユウキ「相手いないから、いいよ」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/17(月) 23:42:08.30 ID:7So77db/0

アスナとユウキのほのぼの日常if
ただの会話
書き溜めなし




森の家にて――

アスナ「だからね、まだ結婚って話しまでもいってないって」

ユウキ「うそー、だってさ、ボクとの決闘の時にあの人、さすが俺の嫁って顔してたよ」

アスナ「えええッ……そんな顔してたっけ」

ユウキ「うん、剣圧で爆風吹いてる中、一人だけニヤニヤしてたもん」

アスナ「も、もう……キリト君たら」

ユウキ「いいなー、でも、そうなるとアスナを独り占めできなくなっちゃうのか……」シュン

アスナ「そんなことしなくても、こうやっていつでも会えるじゃない」

ユウキ「うん……そうだねッ」

アスナ「ユウキは色々世界を旅してきたのよね? なら、その中にいなかったの? これだ! っていうピピってきた人」



2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/17(月) 23:50:13.27 ID:7So77db/0

ユウキ「ピピって……なんか今バカにされた気がする」

アスナ「そんなことないない」

ユウキ「うー、ピピって来たのは……いなかった、あ、いる!」

アスナ「え、誰々?」ワクワク

ユウキ「アスナ!」

アスナ「……えー」ガク

ユウキ「男の人って、実はよく分かんなくて」

アスナ「まあ、でもまだそういう年頃じゃないのかな?」

ユウキ「彼氏とか彼女とかはよく分かんないけど……」

アスナ「けど?」

ユウキ「ずっと、背中を預けられるパートナーは欲しいなあ……」

アスナ「それって、私のこと?」ニヤ

ユウキ「……うん! どうしてわかったの?」

アスナ「う……素直過ぎるのも心に悪い」

ユウキ「どうしたの?」

アスナ「いーえ……ユウキは可愛いなあって」

ナデナデ

ユウキ「へへへ」ニコ

アスナ「……」

ナデナデナデナデッ

ユウキ「あ、ちょっと、撫ですぎじゃないかな? ボクの頭ハゲちゃうよ」



3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/17(月) 23:58:48.12 ID:7So77db/0

アスナ「ハゲないから大丈夫」

ユウキ「でも、ユイに見られたら、ボクまた怖い目で見られるかも……」

アスナ「はッ……!」

キョロキョロ

ユウキ「変な顔……ユイ、今は、キリトの所でしょ?」

アスナ「ええ。まあ、心配無用よ、私たちの時間を大切にして欲しいって、きっと思ってくれてる。あの子はそういう子だから」

ユウキ「うん、知ってた!」ニコ

アスナ「そうだ、昨日NPCに珍しい茶葉をもらったの。飲む?」

ユウキ「それって、飲むっていうより、試すに近いんじゃないの?」

アスナ「安心して、もう試した人がいるから」

ユウキ「ああ」

ポンッ

ユウキ「感想は?」

アスナ「麦茶よりは美味しいって」



4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/18(火) 00:04:33.24 ID:El+l5l8+0

ユウキ「珍しい茶葉の価値、何だか下がっちゃってない?」

アスナ「あの朴念仁に感想を言わせた私が悪かったの」

ユウキ「……そっか、じゃあボクも早く飲んで感想を言いたいな」

アスナ「ええ、じゃあ準備するわ」

ピッ

アスナ「手抜きで失礼」

ピピッ

ユウキ「すごーい、料理スキルってこんなに上がるんだ。ボク、こういうの全然やってなかったや」

アスナ「ハマると結構リアルにも使えて……あ、ううん」

ユウキ「……アスナ?」

アスナ「ごめんごめん、ぱぱっと作るからね」

ユウキ「分かった、リアルでの手抜きスキルが上がるんでしょ? キリトかわいそう」クスクス

アスナ「そうそう、って、ち、違うのよ?」



5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/18(火) 00:13:05.23 ID:El+l5l8+0

ユウキ「ふーん」ニマニマ

アスナ「だから、まあ、仮に作ることになったとして、時間の節約とかって大事じゃない」

ユウキ「うんうん」

アスナ「ユウキッ」

ユウキ「どうどう。姉ちゃんは、怒るとホント怖いなあ」

アスナ「世のお姉ちゃんはだいたい怒らせると怖いと思うんだけど……あ、ユウキ」

ユウキ「あ……ボク、また」カア

アスナ「遠慮しないで……嬉しいって言ったよ」

ユウキ「う、うん……ね、ねえちゃん」ボソボソ

アスナ「ゼッケンサンにしては、覇気がないんじゃないかな?」

ユウキ「あ、その発音止めてって言ったのにッ」

アスナ「なんのこと?」

ユウキ「ボク、知ってるんだから。みんなが影でボクのことなんて呼んでるか!」



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/18(火) 00:20:13.60 ID:El+l5l8+0

アスナ「……う」ギクッ

ユウキ「背番号みたいに、『ゼッケン3』って言ってるんでしょッ」

アスナ「それは、可愛いからついね」

ユウキ「誰なの? 誰が最初に言いだしたの」

アスナ「……」ギクッ

ユウキ「ひどいや……ボク、けっこう『絶対最強の剣士、絶剣さん』気に入ってるんだよ」

アスナ「何だかさんを付けると一気に可愛い響きに……」

ユウキ「……あ、それよりお茶」

アスナ「そうだった」

ポンッ

ピッ

アスナ「はい、どうぞ」

コト――カチャッ

ユウキ「わあ、森の香りがする」



8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/18(火) 00:27:54.59 ID:El+l5l8+0

アスナ「召し上がれ」

ユウキ「わーい……」ゴクゴク

アスナ「……ふふ」

ユウキ「あ、麦茶より美味しい」

アスナ「……って」ガク

ユウキ「それに、なんだろう、縁側に座ってお日様を浴びている気分」

アスナ「おじいちゃんだね」

ユウキ「わさびの味だよ……あ、なにか抜けた」

アスナ「わびさびのこと?」

ユウキ「それ」

アスナ「わさびの味はないよッ」クスクス

ユウキ「へへッ……」ゴク



10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/18(火) 00:36:39.00 ID:El+l5l8+0

アスナ「……私さ、最初、絶剣のことおじさんだとばかり思ってた」

ユウキ「思ったより可愛かった?」

アスナ「うん、可愛かった」

ユウキ「ふっふーん」

アスナ「で、現れたのがこんな美少女だったから、じゃあ、現実世界がおじさんなのかなって」

ユウキ「それは、つまり美少女のアバターを被ったおじさんってこと?」

アスナ「そうそう」

ユウキ「それは、残念だったね」

アスナ「うん、リアルも可愛かった」

ユウキ「……り、リアルの方をほめるのは止めてよ」ドキ

アスナ「どうして? 妹にしたいなって思ったよ」

ユウキ「だって、あんな……」



12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/18(火) 00:47:29.18 ID:El+l5l8+0

アスナ「……ユウキ、その」

ユウキ「オジサンじゃなくていいの?」

アスナ「ぶッ……私、別にオジセンってわけじゃないのよ?」

ユウキ「あ、そうなんだ」

アスナ「どっちかというと、年下の方がごにょごにょ」

ユウキ「それは、遠まわしでキリトがいいって言ってるの?」

アスナ「……え、ええっとええっと」

ユウキ「アスナはキリトのことになると、ちょっと変になるよね」

アスナ「……キリト君が悪いの」

ユウキ「そうなんだ。そういうもんなの?」

アスナ「ええ」



13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/18(火) 00:57:42.67 ID:El+l5l8+0

ユウキ「よく考えたら、ボクも年下だ」

ササッ

アスナ「どうして後ずさるの?」

ユウキ「身の危険を感じて」

アスナ「ありえません……」

ユウキ「なんだ、つまんないの……ボク、アスナだったら……」

アスナ「え、ええ……?」ドキ

ユウキ「一緒の布団で寝れるのに」

アスナ「……ちょ、と、それ意味分かって」

ユウキ「昔、よく姉ちゃんと寝てたからさ……」

アスナ「そっちか……」

ユウキ「……」じッ

アスナ「なに?」

ユウキ「ログアウトする時、一緒の布団で寝てほしいな……」

アスナ「いいよ……」

ナデナデ

ユウキ「わ、ホント? ありがとう、アスナ」

アスナ「いいえ」



14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/18(火) 01:03:17.46 ID:El+l5l8+0

ベッドの上―ー

アスナ「子守唄歌おっか?」

ユウキ「そこまで子どもじゃないよ」

アスナ「ユウキは大人だもんね」

ユウキ「……むう」

アスナ「ユウキ……明日もまたここで」

ユウキ「うん、またね!」

アスナ「お休み」

ユウキ「おやすみ……」

ピピッ――キュイン!

ユウキ「……」

モゾッ
ポフッ

ユウキ「……」

モゾッ
ポフポフッ

ユウキ「おやすみ……」

ピッ――キュイン!



22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/18(火) 21:39:07.44 ID:El+l5l8+0

結城家――

明日奈「……」パチ

ガタッ

明日奈「ユウキは、あそこで一人で眠ってるんだよね……」

明日奈「……ログアウトする瞬間、あの子は現実に戻る」

明日奈「夕食を食べるためでもなく、誰かと話すためでもなく……」

明日奈「ううん、機械越しだけど……話せるじゃない」

明日奈「私にできることって、何なんだろう……」

明日奈「そうだ、明日は……もっと普通の女の子がするようなことをしてみようかな」

明日奈「もっと、探してみよう……」

明日奈「……それから、もっと素直にならないとね……お互いに」



23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/18(火) 22:03:41.84 ID:El+l5l8+0

次の日――

森の家にて

アスナ「……もう来てるはずなんだけど」キョロキョロ

ユウキ「わあッ!」

アスナ「きゃッ」ビク

ユウキ「驚いた?」

アスナ「当たり前でしょ! 子どもみたいな事して」

ユウキ「アスナの驚いた顔って、どんなのかなーって」

アスナ「そう、それなら私もユウキが笑い転げる姿を見てみたいわね……」

ワキワキ

ユウキ「え、ええ……と、ほら、じかん」

アスナ「あら、私やられっぱなしって好きじゃないのよ」

ユウキ「……わー、大人げない」

タ、タタタ――

アスナ「こら、どこ行くのッ」

ユウキ「空!」

タタ――タタン!
ブワッ――フワ!

アスナ「ま、待ってッ」

タタン――フワ!



24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/18(火) 22:29:51.81 ID:El+l5l8+0

アインクラッドは昼下がり。眠気を誘う陽気に包まれている。
上空を無邪気な闇妖精族の剣士が旋回している。

アスナ「……はやッ」

ヒュ――

ユウキ「こっちー!」

アスナ「ホント、鳥みたいなんだから……」

ユウキ「もっと、上に来てよー! この高さから見ると、かくべつ!」

アスナ「はいはい……」

ヒュン――

ユウキ「……あ」

ヒュ――ピタッ
ドンッ

アスナ「あいたッ!? も、もう途中で止まらないでよー。大丈夫だった?」

ユウキ「あ、うんボクは」

アスナ「なに?」

ユウキ「鳥だ……白くて、綺麗だ」

アスナ「どこ?」

ユウキ「落っこちてる……助けないと」

アスナ「ユウキッ、待って、それたぶんキーアイテムか、レアアイテムだよ。上見て」

ユウキ「え? あ」

アスナ「ほら、スプリガンのプレイヤーが、こっちに向かって……網持ってるね」

ユウキ「あみだね」



25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/18(火) 22:46:45.70 ID:El+l5l8+0

ユウキ「でも、鳥、こっち来てるよ」

鳥「キュウー! キュー!」

ユウキ「ね、ねえ、アスナ、なんて言ってるのかな?」

アスナ「分からないけど、助けて欲しいのかも」

ユウキ「ボクも同意見……」

カチャッ

アスナ「なんで、剣を握ってるの……」

ユウキ「ここで助けなきゃ、剣士の名折れ!」

アスナ「人の獲物に手を出したら……どうなると思う?」

ユウキ「それは、もちろん……」

プレイヤー「ちょ、ちょ、あんたら、その鳥どうするつもりだ!」

鳥「きゅー!」

アスナ「……おー、よしよし。痛かったねえ」

ナデナデ

鳥「きゅーきゅー!」

ユウキ「可愛い……」キラキラ

プレイヤー「可愛い、じゃねえよ! そいつは貴重な食材アイテムなんだ、売れば大金になる。大人しくこっちに渡しな」

アスナ「もろ悪役の台詞よね……」



26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/18(火) 22:58:22.37 ID:El+l5l8+0

ユウキ「現実世界ならそうさ。でも、ここは剣と魔法が言語」

アスナ「そうだったっけ……」

ユウキ「戦う……しか分かりあえない!」

アスナ「う、うん、そうだね。頑張ってね」

ユウキ「よーし、アスナと鳥はちょっと下がっていて」

アスナ「はーい……」

鳥「きゅいッ」

パタパタ――

プレイヤー「馬鹿かてめえ……?」

ユウキ「……ふー」

プレイヤー「……お前の辞書に横取りは御法度ってのを付け加えておきな」

ユウキ「おじさん、横取りなんてしないよ」

プレイヤー「なにい?」

ユウキ「もう少し、この鳥が飛んでいる所を見たいんだ。だから、ボクと戦ってもらうよ!」

アスナ「……ユウキ?」

プレイヤー「しゃらくせえ! 一発KOしたるわ!」



27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/18(火) 23:05:32.53 ID:El+l5l8+0

デュエル開始――

瞬間、空気が戦慄いた。
刹那の内に、ユウキが切り込んだのだ。

プレイヤー「あッ――?」

ユウキ「あれ、もうおしまい」

プレイヤー「……な、何が、起こって……」

プレイヤーが落下していく。

アスナ「……南無三」

ユウキ「さあ、鳥。これで晴れてじゆうの身さ。高く、飛んでおいきよ」

アスナ「……あ」

鳥「キュウ……!」

バサッ――



28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/18(火) 23:15:17.68 ID:El+l5l8+0

ユウキ「……すごく、キレイだ」

アスナ「……ぼろぼろになっても、ちゃんと飛べるんだね」

ユウキ「そうだね」

ユウキ「ボクがいまここで、助けたとしても、また誰かが同じように狩りにくる」

アスナ「ええ、そうね……」

ユウキ「あ……急降下する」

アスナ「え?」

ユウキが言った通り、鳥は直下に滑空していく。

ユウキ「大きい鳥は逃げるのに向いてないね」

アスナ「え、ええ」

ユウキ「やっぱり、捕まるために作り出されたのかな」

アスナ「ユウキ、これは――」

ゲームだから。
アスナはその言葉を飲み込む。

ユウキ「飛ぶために生まれたわけじゃないんだろうね」



29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/18(火) 23:54:29.47 ID:El+l5l8+0

アスナ「……そうかもしれないわ」

ユウキ「うん、あ、ごめん変なこと言っちゃった……」ポリポリ

アスナ「でも、あの鳥が空を飛ぶ姿を見て、私たち何を感じてる?」

ユウキ「……綺麗だなあって、思ったよ」

アスナ「そうよ……、ねえ、作り物だったとしても、この世界であんなに輝いているじゃない。少なくとも私たちの目にはそう映っているでしょ?」

ユウキ「うん」

アスナ「ごめんね、ちょっと、私も上手くは伝えられないんだけど」

ユウキ「うん、いいよ、ありがとう――狩られないって分かっているなら、きっとこんなにも心を打たれなかったかもしれないから、きっと、あの美しさが、生きることを諦めない命のような何かへの畏怖なんだと思う」

アスナ「……畏怖、なんてよくそんな難しい言葉よく知ってたわね」

ユウキ「読書家なんだよ、ボク」




31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/19(水) 22:32:23.55 ID:LWEw/ttf0

ユウキ「……さーて、下、戻ろっか」

アスナ「うん……」

ユウキ「……よっと」

ヒュ――パタタ

アスナ「ユウキ……待って」

ユウキ「うん?」

アスナ「手……繋いで帰ろっか」

ユウキ「え……いいよ別に」

アスナ「遠慮しない遠慮しない」

ユウキ「……う、うん」

スっ――パシっ

アスナ「……なんだか」

ユウキ「……」

アスナ「そのまま飛んで行っちゃうような気がしちゃった……ごめんね、そんなわけないのに」

ユウキ「ボク……飛んで行ったりはしないよ……」

アスナ「そうだよね」



32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/19(水) 22:40:50.68 ID:LWEw/ttf0

アスナ「……ユウキの手、ちっちゃいね」

ユウキ「そう?」

ピト――

アスナ「私の指少しはみ出るもん」

ユウキ「ほんとだ」

アスナ「握りやすい」

ユウキ「……そんなこと言われたの初めてだよ」

アスナ「こっちで、誰かと手を握ったりはしなかった?」

ユウキ「うん、たぶんなかったかな」

アスナ「私、こうやって握るの好きなんだ。落ち着くから。ああ、隣にいるんだなって」

ユウキ「そっか、じゃあ、ボクも」

ぎゅう――

アスナ「両方?」

ユウキ「両方握るのはだめ?」

アスナ「いいけど、飛びにくいよ……くすくす」



33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/19(水) 22:50:08.54 ID:LWEw/ttf0

二人、両手を繋いだまま、
円を描くように、
くるくると、
降りていく。


アスナ「ダンスしてるみたい」

ユウキ「ボク、ダンスって全然分からないや」

アスナ「そっか……」

ぐいっ

ユウキ「わ……っ」

アスナ「ほら、ステップ踏んでみて」

ユウキ「空中で? ……と、っと」

ヒュ―

アスナ「上手上手」

くいっ――

ユウキ「けっこう、難しい……気を抜くと、階段を踏み外したみたいになっちゃうね」

アスナ「そうだね、よーしせっかくだから、湖の上の大樹までステップ踏んでみよっか」

ユウキ「あそこまでー!?」

アスナ「冗談だよ、遠すぎるもん」

ユウキ「そうだよー、びっくりするじゃんか」

アスナ「上手くなったら、私をリードしてね」

ユウキ「むむむ……」



34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/19(水) 23:00:25.96 ID:LWEw/ttf0

湖の上の大樹――

アスナ「……ホント、良い天気」

ユウキ「今日もー良い天気♫ 空が高いぞ♪ 眩しいぞ♪」

アスナ「……」

ピっ―

ユウキ「ふんふーん♪ ふふふーん♪ あれ、何かした?」

アスナ「……あ、気にせず歌っていいよ」

ユウキ「ふんふん♪ ふふふー♪」

アスナ「……」

ユウキ「……ふふ……ん、あ、録画してるでしょ!?」

アスナ「してないしてない」クスクス

ユウキ「うそ、この間もボクがだらしない姿で寝てる時に、スクリーンショットしたの知ってるんだから」

アスナ「なんのことかなー?」

ユウキ「シウネーが言ってたよっ……!」

アスナ「あら」

ユウキ「ちっ、じゃないよー……」

アスナ「いいじゃない別に」

ユウキ「なんに使うのさ……」



35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/19(水) 23:16:26.84 ID:LWEw/ttf0

アスナ「後で、みんなに見せて笑うだけだよ?」

ユウキ「ひどいやっ」

アスナ「こんなに可愛い姿、独り占めするものでもないし……ね?」

ユウキ「ね? ってなんなのさ! もう!」

バンバン!

アスナ「あ、いたいいたいっ、叩かないでよユウキ」

ユウキ「も、もう、アスナがこんなに変な人だなんて知らなかったよ」

アスナ「私もこんなに人に構うほうじゃなかったんだよ?」

ユウキ「そうなの?」

アスナ「だから、ユウキが悪いかな」

ユウキ「ボクのせい?」

アスナ「うん」

ユウキ「……やっぱりこの間のVRクッキングのこと根に持ってるんじゃ……」

アスナ「持ってないよー。気のせい気のせい」

ユウキ「そう? それならいいんだけど」



36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/19(水) 23:29:25.34 ID:LWEw/ttf0

アスナ「んー……眩しい」

ユウキ「……よっと」

ゴロン―

アスナ「お昼寝?」

ユウキ「ボク、対戦者がいない時はこうやって木陰で寝転がって待ってたんだ……」

アスナ(……ちょっと、キリト君に似てるなあ)

ユウキ「なあに?」チラ

アスナ「ううん……私も」

コロン―

ユウキ「……アルブヘイムは、ボクが今まで旅してきた世界の中で、一番お昼寝が似合う世界かも」

アスナ「……なにそれ」クスクス

ユウキ「へへ……」

アスナ「寝る子は育つか……」

ユウキ「手、つないでくれる?」

アスナ「ええ……」

きゅ―

ユウキ「アスナ……」

アスナ「……なに?」

ユウキ「ボク、もう一つ行ってみたい所があるんだ……」



37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/19(水) 23:41:55.52 ID:LWEw/ttf0

アスナ「それは……?」

ユウキ「……それって、現実の世界にあるんだ……だから、無理には」

アスナ「行こっか」

ユウキ「え? ボク、まだ、どこって行ってないよ?」

アスナ「行きたい場所はまだまだあるし……行こう」

ユウキ「アスナ、嬉しい……!」

ガバっ――

アスナ「きゃあっ!?」

ギュウ――

ユウキ「へへへ……」

アスナ「こんなに甘えん坊だっけ?」

ユウキ「これは……アスナのせいだよ」

アスナ「……そっか」



ザザっ――

キリト「……えー、おほん」

アスナ・ユウキ「……あ」



38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/20(木) 00:04:15.15 ID:EU+Ct6s/0

現実世界――
横浜――とある丘陵地


明日奈は右肩を見た。

明日奈「こっちであってる?」

ういいいん―

ユウキ『うん……たぶんそのはず』

和人「合ってるよ」

ユウキ『ごめんね、キリト。付き合わせちゃって』

和人「いや、いいさ……それに、大事な彼女が他の奴に取られないか心配だし」

明日奈「ちょ、ちょっとキリト君!」

ユウキ『あはははは、そっか、ごめんごめん! でも、遅かったね、ボクもうアスナに結婚を申し込んじゃったや』

和人「な、なんだと……」

アスナ「ゆ、ユウキまで……はあ」

和人「これは、改めて決闘を申し込まないといけないみたいだな」

ユウキ「望む所だよ」

ういいいん―

アスナ「……」



39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/20(木) 00:11:14.25 ID:EU+Ct6s/0

明日奈「……あ、見えてきたよ」

ユウキ「え……」

ザアアア――

和人「風が……」

明日奈(……墓石が整然と並んでる……)

ユウキ「……ああ、ここだ、間違いない」

ういいいん――

明日奈(……きっと、駆け出して行きたいんだろうな)

和人「明日奈、これ」

ガサガサ――スッ

明日奈「うん……」

和人「俺はここで待ってるから」

明日奈「え……」

和人「二人で、行ってこいよ」

ユウキ「……ありがとう」

和人「ああ」

明日奈「……」

ザ、ザ、ザ――



40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/20(木) 00:24:55.00 ID:EU+Ct6s/0

ユウキ『……』

ういいいん――

明日奈「……」

ユウキ『あそこ、あの一番奥から3番目』

明日奈「うん……」

ザ、ザ、ザ――

ユウキ『……ッ』

明日奈「ここ?」

ユウキ『……そうだ、うん』

明日奈「菊の花、置くね……」

ソッ――

ユウキ『ありがと……』

明日奈「……」

ユウキ『……ッ』

明日奈「……ユウキ」

ユウキ『良ければ……両手を組んで……イエス様にお祈りしてもらって……いいかな』

明日奈(声が震えてる……)

明日奈「ええ……」



41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/20(木) 00:36:40.30 ID:EU+Ct6s/0

――ギュ


明日奈「……ッ」ジワ

ザアアア――

明日奈「……」ポタ

ういいいん――

ユウキ『……』

明日奈「……ッ」ポタポタ

ういいいん――

明日奈は両手を離し、深呼吸する。

ユウキ『みんな、きっと、今、神様の所で、最高にハッピーな生活を送ってると思う……』

明日奈「そうッ……だね」ポタポタ

ユウキ『ボクは、まだ旅を続けるから、もう少し……待っていてね』

明日奈「ッ……ッ……」



42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/20(木) 00:42:56.29 ID:EU+Ct6s/0

明日奈「次はどこへ……行こうか」

ユウキ『……そうだね』

明日奈「……まだ、行ってないところだらけだよ」

ユウキ『うん……ボク、結婚式に行ってみたいな』

明日奈「え?」

ユウキ『明日奈と和人の……』

明日奈「ゆ、ユウキ……」

ユウキ「あはは……なんてね」

ういいいん――






終わり



43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/11/20(木) 00:44:51.33 ID:EU+Ct6s/0

読んでくれてありがと
ほのぼのにしようと思ったのに
書いてて心が痛かったわ



転載元
アスナ「結婚すればいいのよ」ユウキ「相手いないから、いいよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416235318/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. MCC
      • 2014年11月20日 08:22
      • 4 ええんとちゃうか?

        一瞬ポケモンかと思ったわ
        明日はいよいよORASの発売日だし
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月20日 08:43
      • 5 ユウキ好きの僕としては泣くぐらいよかったです。ありがとうございました。
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月20日 10:56
      • ユウキのキャラ付け自体は凄まじい後付とテコ入れ臭がするから好きではないんだが
        境遇にはこう、くるものがある
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月20日 13:03
      • 泣いた
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月20日 15:29
      • さよなら…


        さよなら…
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月20日 15:54
      • 僕のだゾ!!
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月20日 19:25
      • 鳥の話の部分だけなんか釈然としない。

        死期が近ければ、あるいは強ければ、何でもしていいかというとそうじゃないだろって思う。
        ネトゲの中にもマナーがあって獲物横取りとかはノーマナー行為だし、決闘して妨害までしといて結局狩られるんだろうなとか言いながら逃がしてるし捕まえようとしてた人がかわいそうだ。
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月20日 20:31
      • トレッ!!!
        ビアーーーーーーンッ!!!!!!!
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月20日 21:11
      • 鳥のとこは、逆に、死期が近いからこその焦りや不安、
        混乱てのを感じたけどな
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月20日 22:41
      • >>7
        >>9

        そもそも鳥が助けを求めてるから助けただけだろ

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務