TOP

雪乃「身長190センチ、髪は茶、筋肉モリモリマッチョマンの変態が居るのだけれど。」

1:べネット:2013/12/13(金) 23:50:32.10 ID:AzhTQMJW0

静「こいつを奉仕部に入れてほしいんだ。こいつのリスクリターンに関する計算能力と圧倒的な筋肉!どうだ?奉仕部に必要な人材かと思ってな、連れてきたんだ。」

雪乃「そもそも高校生なの・・・?」

メイトリクス「ああそうだ」

静「それじゃ、あとは頼むな!」シュタタタ!

雪乃「あ・・・」

メイトリクス「行ってしまったな」

雪乃「え、ええ・・・そうね・・・」ガクゼン

メイトリクス「・・・座っても構わないか?」

雪乃「!ええ、構わないわ・・・」

メイトリクス「それでは失礼する」

ガタガタ!ストン!

メイトリクス「・・・」

雪乃「(こんな生き物をどうすれば・・・)」

メイトリクス「なあ」

雪乃「ひっ!な、なにかしら?」

メイトリクス「そんなに怯えなくてもいい、なにも取って喰おうってんじゃないんだ、安心しろ。」

雪乃「(安心できる要素が無いのだけれど・・・)」

メイトリクス「ところで、君には友達は居ないのか?」

雪乃「・・・そもそもどこからが友達か

メイトリクス「ああすまない、居ないようだな。」

雪乃「・・・(話は通じる、のだけれど・・・)」

腕 ムキムキ

胸板 ムキムキ

首 ごん太

存在感 \デエエエエエエエン!/

雪乃「(全くもって別な生き物にしか感じられない・・・)」

メイトリクス「ここに来た理由を教えてやろう」

雪乃「!・・・興味深いわね。」

メイトリクス「俺は平塚先生に今までの人生を振り返って、という作文を提出した。しかし、俺は一般的な人間とは少し違っていてな。」

雪乃「(少し?)」

メイトリクス「内容としては、バルベルデでドンパチ賑やかにやらかしたことや、上官と訓練に励んでいたことを書いたんだ。」

雪乃「(もはやなにがなにやら分からないわ・・・)」

メイトリクス「そしたら、ここへ連れてこられた。」

雪乃「・・・え?」



2:べネット:2013/12/13(金) 23:55:12.14 ID:AzhTQMJW0

メイトリクス「?ここはボランティアに励むところなのだろう?俺にぴったりだ。」

雪乃「ぴったりなのはあなたの着ているシャツなのだけれど・・・」

メイトリクス「はっはっはっ!なかなか面白いやつだ、気に入った、殺すのは最後にしてやる。」

雪乃「ひっ!」ガタガタガタガタガタ

メイトリクス「冗談だ」

雪乃「笑えないのだけれど・・・」ガタガタ



4:べネット:2013/12/14(土) 00:07:48.48 ID:jwCpj0xf0

ガラガラ!

結衣「あの・・・奉仕部ってここですか?・・・って!トリッキー!?なんでここに!?」

雪乃「あなたの知り合い?」

メイトリクス「クラスメイトだ」

雪乃「あなたの口からクラスメイトって聞くと屈強そうな人しか思い浮かばないのだけれど・・・」

メイトリクス「依頼内容を聞こう。」

結衣「あ、そうだった。・・・その、クッキーを作るの手伝って欲しいんだけど・・・」

雪乃「クッキー?」

メイトリクス「なんだ?新しい爆弾か?」

雪乃「やはり見た目通りの人間ねあなた」

結衣「違うし!ってかそんなんだから友達いないんでしょ!?」

メイトリクス「友達ならいるさ、今は基地で訓練している。」

雪乃「基地外の話なのだけれど」

結衣「そうだし!」

メイトリクス「む・・・そうか、すまんな。」



7:べネット:2013/12/14(土) 00:19:06.88 ID:jwCpj0xf0

雪乃「それよりも、作るなら家庭科室を借りてくるわ。待ってて。」

結衣「うん!わかった!」






家庭科室

メイトリクス「それで?どんなクッキーを作るんだ?」

結衣「うーん、普通のクッキー?」

雪乃「シンプルなものから始めるのは良いことよ。早速取り掛かりましょう。」

・・・・・・・・・・・・

メイトリクス「これは・・・マズイな。」

雪乃「レシピ通りのはずなのだけれど・・・」

結衣「あ、あたし他にも色々入れたよ!」

メイトリクス「何を入れた?」

結衣「えっと・・・胡椒とか!」

メイトリクス「ふざけやがってぇぇぇぇ!!」

結衣「なんだし!?」

メイトリクス「何も知らない人間が浅はかな考えで物事を掻き乱すな!!戦場なら全滅だって有り得るんだ!!お前は死にたいのか!?」

雪乃「落ち着きましょう、メイトリクス・・・ 君。ここは戦場じゃないわ。何より私達が教えれば済む話よ。」

メイトリクス「・・・たっぷりしごいてやる、覚悟するんだな。」

結衣「う・・・頑張る!」

雪乃「先行きが不安だわ・・・」



14:べネット:2013/12/14(土) 00:38:02.23 ID:jwCpj0xf0

調理後


メイトリクス「最初のに比べれば遥かにましだな。」

雪乃「由比ヶ浜さん、根性あるのね・・・。」

メイトリクス「もう少しおつむがよければうちの部隊に欲しいな。」

結衣「それは嫌だし!」

メイトリクス「(´・ω・`)」

雪乃「だけど、渡したい相手にはまだ出さない方がいい出来ね。」

メイトリクス「俺が受け取る側ならひっくり返してるな。・・・もちろん渡したやつを」

結衣「ひっ!」ガタガタガタガタガタ

メイトリクス「?なんだ、どうした?」

結衣「なんでもない!今日は帰るね!二人ともありがとうね!」ペコッ

メイトリクス「まあ待て」

結衣「なんだし?」

メイトリクス「うまくできるまでしごいてやる、渡す相手に失礼だからな。」

雪乃「(面倒見良すぎないかしら?)」

メイトリクス「奉仕部にマメに顔を出せ、そしたら腕も上がるだろう。」

結衣「ありがとう!また来るね!」

ダダダ!

メイトリクス「出来の悪い部下も可愛いものだ」

雪乃「徹頭徹尾軍人ね・・・」

メイトリクス「まあな」



15:べネット:2013/12/14(土) 00:48:59.04 ID:jwCpj0xf0

翌日

メイトリクス「(相変わらず貧弱なやつしかいない教室だ)」モサモサ

優美子「あんた、最近付き合い悪くない?」

結衣「えっと、その・・・」

メイトリクス「(由比ヶ浜が詰問されているな・・・)」

優美子「あーし、そういうのよくないと思うんだけど?」

結衣「・・・」プルプル

メイトリクス「(飯が不味くなるな・・・)」

ガタン!

優美子「!」

メイトリクス「・・・揉め事なら俺があいてしてやろうか?」

葉山「まあまあ、メイトリクス君・・・」

メイトリクス「お前が相手してくれるのか?」ギロッ

優美子「わかった!わかったから!結衣も、悪かったよ。」

メイトリクス「ふん・・・分かればいい」

ストン

雪乃「私の出番が無かったのだけれど・・・」

結衣「あ!雪ノ下さん!」

メイトリクス「ああ、雪ノ下か。すまんな、あいつのような悪平等なやつは気に食わんのでな、つい口を出した」

雪乃「別に構わないのだけれど」

メイトリクス「由比ヶ浜に用事があるんだろう?行くといい。

雪乃「そうするわ」

結衣「ありがとね、トリッキー。」



21:べネット:2013/12/14(土) 01:11:18.39 ID:jwCpj0xf0

放課後

雪ノ下と結衣がが部室前で怯えている

メイトリクス「どうした」

雪乃結衣「!!」

結衣「驚かさないでよ!」

雪乃「殺されるかと思ったわ・・・」

メイトリクス「殺すのは最後にすると言ったな?あれは嘘だ」

雪乃「ひっ!!」

メイトリクス「・・・冗談だ」

雪乃「相変わらず笑えないのだけれど・・・」

メイトリクス「それより、何で部室前にいるんだ?」

結衣「それが・・・」

部室内を指す由比ヶ浜

材木座「・・・」

腕を君でいるコート野郎がいた

メイトリクス「なんだ?あいつは」

材木座「待っていたぞメイトリクス!」

雪乃「知り合いなのかしら?」

メイトリクス「体育の授業でたまに一緒になる」

結衣「あの体じゃね・・・」

材木座「ケプコンケプコン!奉仕部とはここで相違無いな!?」

メイトリクス「ああそうだ」

材木座「我の書いたライトノベルに感想が欲しいのだ!」

メイトリクス「依頼はそれでいいのか?」

材木座「そうだ!」

雪乃「メイトリクス君に任せるわ・・・」

結衣「あたしも同じく・・・」

メイトリクス「ところで、ライトノベルってなんだ?」

材木座「はっぽーん!・・・まあよい、説明してやろう!ライトノベルというのは・・・」

説明中

メイトリクス「なるほど、つまり小説に感想を言えばいいのか」

材木座「まあそういうことになるな」

雪乃「・・・それなら私も読んだ方が良いのかしら?」

材木座「うむ!感想は多いに越したことはないからな!」

結衣「じゃああたしも」

メイトリクス「見せてみろ」



24:べネット:2013/12/14(土) 01:26:02.23 ID:jwCpj0xf0

材木座「それで、どうだった?」ドキドキ

メイトリクス「つまらんな」

雪乃「ルビも文法も酷いわね」

結衣「グーグー」zzzz

材木座「はっぽーん!」プルプル

メイトリクス「まあそう落ち込むな、改善点を一つずつ修正すればそれなりにはなるだろう。」

材木座「メイトリクス・・・」グスッ

雪乃「えらくまともな意見ね・・・」

結衣「グーグー」zzz

メイトリクス「最初からうまくいくなんざ有り得ない、綿密に計画を立て、下見をし、全力で取り組むから作戦もうまくいくんだ。」

雪乃「この場合は、プロットを練って、取材を怠らず、起承転結に全力を注ぐということになるわね。」

材木座「ありがとう・・・!」グスッグスッ

メイトリクス「改善点は雪ノ下に聞いた方が良いだろう。何せ俺は軍人で、雪ノ下は普段から本を読んでいるからな。」

材木座「また、持ってきます!!」

ダダダ!

メイトリクス「あれでいいのか?」

雪乃「奉仕部としては満点よ」

メイトリクス「ならいい」

雪乃「由比ヶ浜さん起きて、もう帰る時間よ。」

結衣「うーん・・・」



26:べネット:2013/12/14(土) 01:46:39.46 ID:jwCpj0xf0

メイトリクス家

メイトリクス「ただいま、小町。」

小町「お帰りなさい!お兄ちゃん!」

メイトリクス「良い子にしてたか?」

小町「うん!だけどお兄ちゃんのせいで男の子が寄ってこないなー」

メイトリクス「なぁに、いずれ素敵な王子様が迎えに来てくれるさ。」

小町「まだまだ先なんだろうなー」

メイトリクス「安心しろ、俺も独り身だ。」

小町「お兄ちゃんの場合威圧感が服着て歩いてるようなもんだからね・・・」

メイトリクス「(´・ω・`)」

夕食後

メイトリクス「この歌手が何でボーイジョージなんだ?ガールジョージにすればスッキリするのに」

小町「世代が違いすぎて分からないよ・・・十代の話題じゃないよ?」

メイトリクス「む・・・そうだろうな・・・」

小町「まあ、そんなお兄ちゃんも大好きだから!あ、今の小町的にポイント高い」

メイトリクス「いずれ大佐に上がるかもな」

小町「小町は軍人は目指しません!」

メイトリクス家の夜は更けていく



28:べネット:2013/12/14(土) 02:24:47.20 ID:Fryz1sCu0

翌日

メイトリクス「(静な場所で飯を食うのも悪くない、どいつもこいつも貧弱過ぎる。)」モサモサ

結衣「あれ?トリッキーじゃん、何してるの?」

メイトリクス「見ての通り、食事だ。腹が減っては戦はできんからな。」

結衣「戦って・・・」

メイトリクス「人生万事塞翁が馬だからな、いつ何が起こっても良いように常に万全にしておくのさ。」

結衣「さいおーがうま?」

メイトリクス「・・・人生とは何があっても不思議ではない、だったら備えは出来るだけしておけということだ。」

結衣「・・・そうだね」

メイトリクス「そんなことより、お前はこんなところまで何しに来たんだ?」

結衣「あ!そうだった!罰ゲームだった!」

メイトリクス「俺に話しかけることがか?」

結衣「違うし!ゆきのんとじゃんけんで負けた方がジュース買いにいくってだけ!」

メイトリクス「度胸のある奴かと思ったんだがな、違ったのか。」

結衣「え?そう?えへへ・・・ってかトリッキー自分が罰ゲーム扱いでもいいの!?」

メイトリクス「構わんよ、俺は腹が立てば噛みつくような狂犬ではないからな。」

結衣「へー・・・」

戸塚「あれ?由比ヶ浜さん?」

結衣「あ!さいちゃん!」

メイトリクス「なんだ友達か?」

結衣「同じクラスじゃん!トリッキー酷すぎ!」

メイトリクス「すまん、クラスの人間に避けられてるものでな。顔を覚えきらんのだ。ましてや、女子は男子よりもそれが顕著だ。」

戸塚「ぼく、男の子だけど・・・。」

メイトリクス「はっはっはっ!面白いやつだ、気に入った、殺すのは最後にしてやる。」

結衣「笑えない冗談はやめなよ・・・さいちゃんホントに男の子だし・・・」

メイトリクス「うそだろ・・・?」

結衣「あれだし、じんせーバンジーさいおーがうま?だし!」

メイトリクス「・・・この場合は事実は小説より奇なり、だな」

戸塚「それより、メイトリクス君。テニスうまいよね!フォームも綺麗だし!」

結衣「そうなの?」

戸塚「うん!たまに相手が飛んでいくんだけど、ポイントはキッチリ入ってるんだ!」

メイトリクス「なぁに、たまたまだ。」

戸塚「練習たまにでいいから付き合ってよ!」

結衣「あ!だったらうちの・・・」



32:べネット:2013/12/14(土) 02:39:50.03 ID:Fryz1sCu0

なんかID変わってるな

奉仕部

雪乃「遅いと思ったら依頼を受けていたのね」

メイトリクス「手柄だぞ由比ヶ浜」

結衣「えへへ・・・」

雪乃「内容を聞きたいのだけれど」

メイトリクス「簡単だ、戸塚を一端の兵士にすれば解決だ」

結衣「違うし!テニス!テニスの練習に付き合ってあげればいいの!」

戸塚「メイトリクス上手だから・・・それで、メイトリクス君に鍛えてもらおうと思って・・・」

雪乃「安全のために聞いておくわ、メイトリクス君、あなたのトレーニングメニューを教えてちょうだい。」

メイトリクス「まず朝に十キロほどランニングをして、そのあとはウエイトトレーニングだ、それが終われば

雪乃「ストップ!人間向けのメニューを私が作るわ・・・」

メイトリクス「これからなんだが・・・」

雪乃「戸塚君が死ぬわ、それでも良いのかしら?」

メイトリクス「さすがにそのつもりはないな」

雪乃「なら私に任せることね」

メイトリクス「分かった」

結衣「トリッキー凄すぎ・・・」

戸塚「えっと、よろしくお願いします。ペコッ

結衣「放課後テニス部に集合ね!」

雪乃「ええ、それじゃあ」

戸塚「うん!またね!」

メイトリクス「俺の訓練はハードだぞ、覚悟しろ。」

戸塚「うん、分かってる!」

メイトリクス「ならいい」



34:べネット:2013/12/14(土) 03:10:07.55 ID:pBf6Yq6F0

テニス部

雪乃「とりあえずこのメニューをこなしてもらうわ」

腹筋100回

背筋100回

ランニング1500メートル

百メートル走10セット

メイトリクス「ゼロが一つ足りんな」

雪乃「あくまでテニスの特訓よ、軍事演習などではないの。」

結衣「ほんとトリッキー凄すぎ・・・」

戸塚「これをこなせるようになれば強くなれるかなぁ?」

メイトリクス「なれるなれないではない、なるんだ。」

戸塚「!!!」

メイトリクス「漠然と鍛えるよりも目標を立てる、これはどんな分野にも通じることだ。忘れるな。」

戸塚「わかったよ!メイトリクス君!」

雪乃「時おり良いことを言うのよね・・・」

結衣「基本的にムキムキなだけでいい人だからね」

メイトリクス「早速始めよう」

戸塚育成中


戸塚「はあ・・・はあ・・・はあ・・・」

メイトリクス「よし、次は俺が手加減をしながらボールを打つから、打ち返せ、ラリー形式だ。」

戸塚「はい!」

パコーン!パコーン!ドカーン!


結衣「これ、あたし要らないんじゃ?」

雪乃「そんなことないわ、あなたが受けた依頼なのだから見届けるべきよ。」

結衣「ゆきのん・・・」

優美子「あれ?テニスやってんじゃん。あーしも混ぜてよ。」

メイトリクス「あ?だったら許可をとってこい」

優美子「いいじゃん!そんな面倒なことしなくても」

葉山「それにみんなでやったほうが楽しいしさ」

メイトリクス「皆?お前ら、何を勘違いしているんだ?」

葉山「え?」

メイトリクス「こいつは楽しむよりも強くなるために俺たちを頼ってきてるんだ、遊び感覚のお前らなんぞお呼びじゃない、さっさと帰れ。」

優美子「そんないいかたないっしよ!?」

メイトリクス「だったら死に物狂いでテニスに打ち込めるのか!?真面目にやってる人間の邪魔をして何を切れてやがるんだ!!喧嘩なら買ってやるぞ!!」

優美子葉山「・・・」

メイトリクス「仲間内でちゃらけるのは好きにしろ、だが、真剣な人間に水を差すのだけは許さん。」

優美子「いこっ!隼人!」

葉山「あ、ああ」



43:べネット:2013/12/14(土) 04:54:30.55 ID:pBf6Yq6F0

戸塚「メイトリクス君・・・ありがとう。」

メイトリクス「気にするな、お前が真剣だからそれに応えただけだ。」

雪乃「すっかり教官モードね・・・」

結衣「優美子にあそこまで言うなんて・・・」

メイトリクス「まだまだ続けるぞ」

戸塚「はい!」

ドカーン!ドカーン!ドカーン!

雪乃「なぜ彼が打ったボールは爆発音のようなのかしら・・・」

結衣「さあ・・・?」

優美子「ちょっと!!」

メイトリクス「喧嘩だな?」

優美子「ちげーし!あーしも本気でやるし!」

葉山「俺もだよ」

雪乃「着替えてきたのね・・・」

結衣「優美子死んじゃうよ!?」

優美子「あーしも大会でいい線いってんし、何よりこんな筋肉ダルマに言われっぱなしはしゃくなんだよね。」

メイトリクス「ほぉ、良い顔だ・・・戸塚、休憩だ。俺のプレイを参考にすると良い。」

葉山「じゃあ、やろうか。」

メイトリクス「俺はシングルスで構わん、二人がかりで来い!」

優美子「なめてると痛い目見るよ!」

葉山「サーブは俺からでいいかな?」

メイトリクス「構わん」

葉山「じゃあ、行くよ!」

かなりの威力のサーブを

メイトリクス「ふん!」

ドゴォ!!

メイトリクスは腰も入れず、腕の力のみで返した。

戸塚「15-0!!」

葉山「ウソだろ・・・」



44:べネット:2013/12/14(土) 04:55:07.70 ID:gCQA0Iz70

メイトリクス「良いサーブだが、相手が悪いな。」

優美子「くっ!まだこれからだし!」

メイトリクス「サーブは毎回お前らがやればいい」

葉山「なめられてるね・・・優美子、やるぞ。」

優美子「わかってるし!」

優美子のサーブは

メイトリクス「ふん!」

あっさり打ち返され、葉山の足元を通り過ぎた。

優美子「ありえねえ、なんなの!?あの化け物!?」

葉山「まだだ!まだやれる!」

メイトリクス「お前ら、ひょっとして自分が死なないとでも思ってるんじゃないかね?」

優美子葉山「!?」

雪乃「・・・これってテニスよね?」

結衣「うん、多分・・・。」

メイトリクス「次に期待するようなことを真剣とは言わん、1打1打を死ぬ気で打ってこそ真剣と呼べるのだ。やはりお前らはお遊びだ。」

優美子「そんなことない!」

メイトリクス「あるんだよそれがな」

葉山「何を言っている?」

メイトリクス「少なくとも戸塚は次の相手の打球に甘さを求めることは無かった。であれば、お前らなんざやはりお遊びなんだよ。」

優美子「!」

メイトリクス「お前らに真剣さを求めた俺がバカだった、さっさと着替えて帰れ。」

優美子「待って!!」

メイトリクス「まだなにかあるのか?」

優美子「勝てなくても全力でやる!あと一回だけお願い!」

葉山「俺からも頼む!」

メイトリクス「いいだろう、全力で来い!」



45:べネット:2013/12/14(土) 05:07:04.82 ID:gCQA0Iz70

優美子の死ぬ気のサーブは

メイトリクス「ふん!」

本腰を入れたメイトリクスにいとも簡単に返された

戸塚「ゲームセット!」

メイトリクス「やれば出来るじゃないか、最後の一球は大したものだった。」

優美子「負けたけど、あんたの言葉の意味はわかったよ。」

葉山「こっちの乾杯だ、本当に人間なのかい?」

メイトリクス「当然だ、車に跳ねられて負傷したこともある。」

優美子「どんくらいのケガなん?」

メイトリクス「打撲で全治二週間ってところだ」

葉山「間違ってたらすまない、メイトリクス、保険金が降りるから入院二週間ってだけじゃ・・・」

メイトリクス「よくわかったな」

葉山「いや、単に親が弁護士だから事故の案件もちょくちょく聞くんだ・・・」

メイトリクス「そうか、立派な親御さんだな。」

葉山「たしかに、親には勝てる気がしないよ。」

メイトリクス「勝てないさ、俺もお前もな。それだけ親というのは偉大なのだ。勝てるなんざ抜かしてたらブチのめしていたところだ。」

優美子「えー・・・」



46:べネット:2013/12/14(土) 05:20:06.82 ID:gCQA0Iz70

メイトリクス「戸塚は参考になったか?」

戸塚「すごすぎてなにがなにやら・・・」

葉山「正直、君のような人間離れしたやつからものを教わるのは戸塚君も大変なんじゃないかな?」

メイトリクス「む・・・そうなのか?」

優美子「当たり前じゃん!あんな爆弾みたいな打球、腕が壊れるっつーの!」

メイトリクス「すまん・・・」

葉山「レベルを落としてさ、戸塚君は俺たちから面倒を見るってのはどうかな?」

戸塚「メイトリクス君に教わりたいな」

優美子「だーかーらー!死なないように基礎だけあーしと隼人が面倒見るの!腕を上げたらさっさとこの怪物のとこにいきなよ。」

雪乃「私は名案だと思うわ」

結衣「あたしもかな」

メイトリクス「・・・いいだろう、戸塚、コイツらに面倒見てもらえ。」

戸塚「でも!」

メイトリクス「でもじゃない、もう少しまともな体ができたらまた付き合ってやる。」

戸塚「・・・うん、分かったよ。」

メイトリクス「いい子だ」ナデナデ

雪乃結衣「(頭を撫でた・・・!?)」

戸塚「えへへ・・・///」

メイトリクス「今日はお開きだ、各自帰宅すること。以上!解散!!」



58:べネット:2013/12/14(土) 22:59:11.66 ID:lfWoqMky0

メイトリクス家

メイトリクス「ただいま」

小町「お帰り、お兄ちゃん。」

メイトリクス「久しぶりにテニスというものをしてきたよ」

小町「・・・で?何人病院送りにしたの?」

メイトリクス「ゼロだ」

小町「!?とうとうお兄ちゃんが人間に手加減出来るようになったんだね!これはもう今夜は赤飯だよ!」

メイトリクス「大袈裟だろう?」

小町「お兄ちゃんの人生のなかで、人を壊さなかったことの方が少ないからね?」

メイトリクス「(´・ω・`)」



60:べネット:2013/12/15(日) 01:46:51.89 ID:c3Oy1ErH0

夕食後

メイトリクス「本当に赤飯を出すとは・・・」

小町「美味しかったでしょ?」

メイトリクス「まあな、小町の料理にはハズレがない。」

小町「えへへ・・・ポイント高いよ!」

メイトリクス「・・・部活始めてよかったよ」

小町「お兄ちゃんにはホント人が寄り付かないからねー」

メイトリクス「最近はマトモに話してくれるやつが増えてな、・・・元々平塚先生位しか相手にしてもらえなかったんだが六人も話せるやつがいたんだ」

小町「その人たちを軍隊に勧誘しないこと!わかった!?」

メイトリクス「(´・ω・`)」

メイトリクス家の夜は更けていく



61:べネット:2013/12/15(日) 02:05:17.12 ID:k/4x+7KY0

翌日 奉仕部

雪乃「由比ヶ浜さんは来ないのかしら?」

メイトリクス「たしか、三浦たちとカラオケに行くと言っていたな。」

雪乃「そう・・・」

メイトリクス「・・・」

雪乃「・・・」

メイトリクス「・・・」

雪乃「・・・」

ヤロウオブクラッシャァァァァ!!!!

雪乃「!?」ビクッ!!

メイトリクス「すまない、メールだ。」

雪乃「着信音が酷過ぎるのだけれど・・・」

メイトリクス「妹からだった、夕飯の材料を買ってこいだとさ。」

雪乃「え?あなた妹さんがいるの?」

メイトリクス「ああいるさ」

雪乃(兄である彼がこんなだから・・・)

※雪乃イメージ

腕 ムキムキ

バスト ムキムキ

腹筋 バキバキ

首 ごん太

存在感 \デエエエエエエエン!/

雪乃(なんか凄まじい人物像しか思い浮かばないわね・・・)

メイトリクス「ああ、妹の顔写真があるから見せてやろう。どうだ?可愛いだろう?」

雪乃「!?・・・本当にあなたの妹さんなのかしら?」

メイトリクス「ああそうだ」

雪乃「遺伝子って、凄いのね・・・」

メイトリクス「確かに、面白いよな。」

雪乃「そういえば」

メイトリクス「どうした?」

雪乃「由比ヶ浜さんの誕生日が近いようなのだけれど」

メイトリクス「そうなのか」

雪乃「ええ、メールアドレスに0618と入っていたから恐らくなのだけれど」

メイトリクス「お前にしては随分とヤマを張った推理だな。」

雪乃「友人なんて居なかったからよくわからないのよ」

メイトリクス「なるほどな」

雪乃「それで、メイトリクス君。由比ヶ浜さんへのプレゼントを買いたいのだけれど、少し今週末付き合ってもらえないかしら?」

メイトリクス「・・・いいだろう、妹を連れてきた方がこの作戦はうまくいくだろう。それでかまわないな?」

雪乃「ええ、その方が助かるわ。よろしくねメイトリクス君。」

メイトリクス「ああ、任せておけ。」



67:べネット:2013/12/15(日) 06:56:52.81 ID:k/4x+7KY0

休日

小町「お兄ちゃん・・・とうとう春が来たんだね・・・」

メイトリクス「何を言っている小町?今は梅雨時だ、春はとっくにすぎているだろう?」

小町「そうじゃなくて!・・・はあ・・・ホントこの筋肉バカは・・・」

メイトリクス「これでも成績は五本の指にはいるんだがな・・・」(´・ω・`)

雪乃「ごめんなさい、待たせたかしら?」

小町「おお!!こんな綺麗な人とデートなんてお兄ちゃんも隅に置けないなぁ!!」ニヤニヤ

メイトリクス「妹の小町だ」

雪乃「初めまして、小町さん。メイトリクス君の同級生の雪ノ下雪乃です。」

小町「こちらこそ初めまして!兄がお世話になってます!これからも・・・何だったら一生よろしくお願いします!!」ペコリ

メイトリクス「それでは作戦内容を

小町「ハイストップ!主食がタンパク質だからって考えまで淡白にならないようにねお兄ちゃん!!」

雪乃「やはり主食はタンパク質だったのね・・・」

メイトリクス「何を言う、キッチリバランスのとれた食事を心掛けている。」

小町「こーまーちーがー作ってるからでしょ!?」

メイトリクス「そうだった」

雪乃「そろそろ品定めをしたいのだけれど・・・」

メイトリクス「む、そうだな。」

小町「確かに!」

メイトリクス「じゃあ、雪ノ下、君はあっちを見てきてくれ俺は

小町「ストップー!雪乃さん!お願いですからこの脳筋に付き添ってやってください!でないとプレゼントにゴツいナイフとか買っちゃうような兄なんで!」

雪乃「・・・分かったわ、メイトリクス君、小町さん、行きましょう。」

メイトリクス「わかった」

小町「アイアイサー!」



69:べネット:2013/12/15(日) 07:19:19.00 ID:k/4x+7KY0

ショッピングモール内

雪乃「あら?小町さんが見当たらないのだけれど」

メイトリクス「いつの間に?」

ズドドドドドドドドドド!!

雪乃「!?」ビクッ!

メイトリクス「小町からだ、もしもし?」

雪乃(着信音は何とかならないのかしら・・・)

小町「あーお兄ちゃん?小町急用思い出しちゃってさー、悪いんだけど雪乃さんと二人でプレゼント決めてくれない?」

メイトリクス「俺に気付かれずに戦線を離脱するとはやるじゃないか、ぜひコマンドーに

ブチッ!ツーツーツー・・・

メイトリクス「入ってくれても良いだろうに・・・」

雪乃「何の電話だったのかしら?」

メイトリクス「どうも急用があるらしくてな、二人でプレゼントを決めろだとさ。」

雪乃「仕方ないわね、もともと私が頼んだのだし。」

メイトリクス「由比ヶ浜の好きそうなものに何か心当たりはないのか?」

雪乃「心当たり・・・」

メイトリクス「・・・あいつも女性だ、もしかしたら服なんか良いんじゃないのか?」

雪乃「・・・」

メイトリクス「雪ノ下?」

パンさんをひたすら見つめる雪ノ下

メイトリクス「なるほど、君はパンさんが好きなんだな。」

雪乃「そんなことないのだけれど」

メイトリクス「別に良いじゃないか、君の好みがなんであれ、君は君だ、何も恥じることはない。胸を張って好きだと言えばいいだろう?」

雪乃「!」

メイトリクス「君がパンさんを好きだからといって、誰が死ぬでもないんだ。気にすることはない。」

雪乃「・・・ありがとう・・・」///

メイトリクス「・・・買うなら今のうちだ。なにせ由比ヶ浜のための今日の買い物だろう?」

雪乃「分かったわ、買ってくるから少し待っててちょうだい。」

メイトリクス「ああ、待っておこう。」

タタタタ!



74:べネット:2013/12/15(日) 11:01:08.47 ID:k/4x+7KY0

雪ノ下待ち中

メイトリクス「・・・」\デエエエエエン!/

ビックス「頭のイカれた大男がいる、一人では手に負えん。至急応援を頼む。・・・カッコいいとこ見せましょう。」

ビックス「容疑者は、身長190センチ、髪は茶、筋肉モリモリマッチョマンのHENTAIだ
。」

警備2「あの男か?」

ビックス「そうだ」

警備3「・・・普通に買い物してるんじゃないのか?」

雪乃「待たせたわね、メイトリクス君。」

ビックス警備123「!!」

メイトリクス「ああ、そろそろ行こう。」

ビックス「・・・すまない、どうやら誤報のようだ。警戒を解除してくれ。」

警備123「しっかりしてくれよ、そんじゃな。」ノシ

ビックス「カッコ悪いなおい」



75:べネット:2013/12/15(日) 11:12:19.26 ID:k/4x+7KY0

服屋

雪乃「・・・由比ヶ浜さんはどんな服が似合うのかしら?」

メイトリクス「・・・恐らく、君も俺も価値観があいつとは大いに外れているだろう。だから家だけで着られるような服なら由比ヶ浜も恥を掻かずに君への義理を通せるんじゃないのか?」

雪乃「・・・本当にあなた高校生なの?」

メイトリクス「ああそうだ」

雪乃「なら、こんなエプロンなら・・・」

つ シックで機能性抜群なエプロン

メイトリクス「俺も君の選んだエプロンなら文句はないが、どうもあいつはおつむが足りない。もう少し機能性を捨てたエプロンの方が良くないか?」

雪乃「ひどい言い草なのだけれど、納得してしまうから反応に困るわね・・・分かったわ、これにするわ。」

つ フリフリエプロン

メイトリクス(俺も、犬の首輪を買っておいてやるか。)



76:べネット:2013/12/15(日) 12:02:51.69 ID:goLsL9rY0

モール内

雪乃「めぼしいものは買えたのだけれど、少し休憩しましょう。」

メイトリクス「わかった」

陽乃「あれー?雪乃ちゃんじゃなーい!」

メイトリクス「・・・」

雪乃「姉さん・・・」

陽乃「そちらの素敵なマッチョな人はもしかして彼氏ー?」

雪乃「違うわよ、ただのクラスメイトよ。」

メイトリクス「どうも、雪ノ下にはお世話になっています。ジョン・メイトリクスと申します。」

陽乃「へー・・・」ジロジロ

雪乃「それで?何か用なのかしら?」

陽乃「もう!つれないなー!」ウリウリ

メイトリクス「・・・」

陽乃「メイトリクス君!こんな妹だけど、よろしくね!」

メイトリクス「いえ、彼女には私の方が世話になっていますので。」

陽乃「社交辞令とかいいからさー」ウリウリ

メイトリクス「・・・私よりも、あなたのほうが余程社交辞令の塊に見えるのですが。」

陽乃「・・・」

雪乃「!」

メイトリクス「お互い、無益な腹の探り合いをする趣味は無いと思うのですが。」

陽乃「・・・やるなー!メイトリクス君はー!いいよ、今日のところは帰ってあげる。またねー!」



78:べネット:2013/12/15(日) 12:10:22.26 ID:goLsL9rY0

雪乃「あの姉さんをよく追い返したわね・・・」

メイトリクス「君に忠告しておこう、・・・君の姉さんのような人間は、何か偉業を成し遂げるだろう。だが、その偉業のためには何でもする。君は巻き込まれないように気を配っておくといい。」

雪乃「随分と姉さんには高評価ね?」

メイトリクス「軍隊にいれば、国の指導者、要人、大統領、いわゆるVIPと呼ばれる人間の下で働くこともある。彼女はあの若さでその器の人間だ。」

雪乃「いずれ姉さんが天下でも取りそうな話ね?」

メイトリクス「取ってもおかしくはないな」

雪乃「そう・・・」



80:べネット:2013/12/15(日) 12:31:01.72 ID:HEi+xRhU0

ワン!ワン!

メイトリクス「ん?あの犬は?」

サブレ「ハッハッハッハッハッ!」シッポブンブン

雪乃「い、犬・・・」

結衣「すみませーん!うちのサブレが!って、ゆきのんとトリッキー!?何で・・・」

雪乃「由比ヶ浜さんの犬だったのね」

メイトリクス「由比ヶ浜か、偶然だな。俺たちは

結衣「わー!わー!聞きたくない・・・かな?へへへ・・・そっか、そういう・・・」

雪乃「明日、放課後に奉仕部に来てほしいのだけれど。」

結衣「行きたくないなー・・・」

メイトリクス「どうしてだ?」

結衣「・・・行くけどさ」

雪乃「そう、じゃあまた明日。」

メイトリクス「俺はもう帰る」

雪乃「私もよ」

結衣「あたしはサブレを連れていくところだから。またね!」

メイトリクス「じゃあな」

雪乃「またあした、由比ヶ浜さん。」



88:べネット:2013/12/16(月) 01:04:42.53 ID:CVcw0d/10

メイトリクス家

メイトリクス「ただいま、小町。」

小町「おかえりー、雪乃さんとどうだったの?」ニヤニヤ

メイトリクス「・・・彼女の姉と少しやりあってきた。」

小町「はあ!?何やってんの!?バカ!!」

メイトリクス「・・・あの女は危険だ、底が見えない。」

小町「え?なに?雪乃さんのお姉さんって魔王か何かなの?」

メイトリクス「これから先、そう転んでも全く驚かん程度には色々出来上がっていたな。」

小町「お兄ちゃんにそこまで言わせるなんて・・・」

メイトリクス「・・・世界は広いな、中々自分の小ささを痛感させられたよ。」

小町「でも、敵じゃないんでしょ?」

メイトリクス「今はな」

小町「とんでもないなぁ・・・」

メイトリクス「俺も正直敵に回したくない、勝てる勝てないの範疇の人間でないからな。」

小町「ホントどんな人間なの?」

メイトリクス「いつも笑顔の仮面を被り、人を思うように操る魔性の女だ。」

小町「怖いよ」

メイトリクス「苦手な人種だ、これっきりの縁であってほしい。」

小町「・・・それフラグじゃ・・・」

メイトリクス家の夜は更けていく



92:べネット:2013/12/16(月) 06:51:50.49 ID:t1qVDC/a0

翌日 奉仕部

結衣「・・・」

メイトリクス「・・・」

雪乃「・・・

メイトリクス「なぁ雪ノ下」

雪乃「そうね、私から言うわ。」

結衣「・・・」ウルッ

雪乃「誕生日、おめでとう。由比ヶ浜さん。」

メイトリクス「おめでとう、由比ヶ浜。」

結衣「・・・え?」

メイトリクス「なんだ、自分の誕生日を忘れたのか?」

雪乃「この間私たちが一緒だったのは、あなたへのプレゼントを選んでいたのよ。」

結衣「そ、そうだったんだー!ありがとね!ゆきのん!トリッキー!」

雪乃「開けてみてちょうだい」

つ フリフリエプロン

雪乃「好きそうだと思って買ってきたのだけれど、気に入らなければ捨てて構わないわ。」

結衣「全然そんなことないよ!ありがとう!ゆきのん!!」

雪乃「抱きつかないでほしいのだけれど・・・」

メイトリクス「俺からはこれだ」

つ 首輪

結衣「ありがとうトリッキー!」

おもむろに首輪を付け出す由比ヶ浜

メイトリクス「待て、お前は犬なのか?」

結衣「え?」

メイトリクス「お前の犬の首輪のつもりだったんだが。」

結衣「えええええええ!?そういうことなら早く言ってよ!!トリッキーの変態!脳筋!」

メイトリクス「(´・ω・`)」

結衣「でも、ありがとね、トリッキー!」

メイトリクス「・・・俺は見てくれの通りなかなか死なん程度には鍛えてある。俺が車に跳ねられたことを気に病むことを止めれば素直に感謝されてやる。」

結衣「そっか・・・」

メイトリクス「ああそうだ」

結衣「わかったよ」

メイトリクス「そうか」

結衣「うん!」

雪乃「・・・」



93:べネット:2013/12/16(月) 07:03:10.01 ID:t1qVDC/a0

メイトリクス家

メイトリクス「ただいま、小町。」

小町「お帰りなさい、お兄ちゃん。」

メイトリクス「受験勉強はどうだ?」

小町「んー、まあまあかな?」

メイトリクス「そうか、勉強が全てではないが、出来るに越したことはないからな。」

小町「まあね、お兄ちゃんも成績優秀だし。」

メイトリクス「軍人は頭も必要だからな。」

小町「ホント、ムキムキじゃなかったらモテモテなんだろうけどねぇ。」

メイトリクス「そういうな、女なんざ側に一人いてくれりゃあいいんだよ。」

小町「/////そんなこといって!ポイント高いよ!」

メイトリクス「チャラチャラしてる奴は好かん」

小町「だろうねー」

メイトリクス「まぁ、スカラシップもあることだし、休みの日は予備校にも顔出しに行くかな。」

小町「熱心だなー」


メイトリクス家の夜は更けていく



98:べネット:2013/12/16(月) 19:23:59.91 ID:t1qVDC/a0

翌日 予備校

イツヤルノカ?イマデショ!

メイトリクス(勉学に励む休日も悪くはないな)

エイゴナンテタダノコトバナンダ!

メイトリクス(少し、腹が減ったな。)

キソノキソガコワイデスカラネ

文武両道なメイトリクスは、日頃の鍛練を欠かさない。

近くのファミレス

メイトリクス「ドリアとハンバーグ、サラダとカルボナーラとパエリアとドリンクバーを頼む。」

店員「かしこまり!」

メイトリクス(軽くでも食べないと持たんからな)

雪乃「そうじゃないわ由比ヶ浜さん、どうすればマイナスの無い足し算でこんな数字になるのかしら?」

結衣「えっと・・・」

メイトリクス(仲のよろしいことだ、邪魔するのは野暮だろう、気づかんフリをしておくか。)

雪乃「あら?メイトリクス君じゃない。」

結衣「え!?トリッキー!?何で!?」

メイトリクス「予備校の帰りだ、腹が減ってな。」

雪乃「体に似合わず、殊勝な休日を過ごすのね。」

メイトリクス「殊勝だからこの体と成績なのさ」

雪乃「・・・それもそうね、失言だったわ。」

小町「あれ?お兄ちゃん、雪乃さん、あ!お菓子の人!」

メイトリクス「何だ由比ヶ浜と知り合いなのか?」

結衣「トリッキー事故ったときに、見舞品を小町ちゃんに渡してたんだよー。」

メイトリクス「なるほどな」

小町「奇遇ですね!」

メイトリクス「・・・それより小町、その連れている奴はだれだ?」

大志「どうもっすお兄さん!川崎大志っていいます!」

メイトリクス「お兄さんだと?」ガタッ!

小町「はーい、ストップお兄ちゃんー。」

大志「す、すみません!」

メイトリクス「お前なんぞにお兄さんと呼ばれたくはないな。気を付けておけ。」

大志「はい!」ガクガク



99:べネット:2013/12/16(月) 19:30:09.74 ID:t1qVDC/a0

小町「そうそう、奉仕部に依頼したいことがありまして。」

メイトリクス「言ってみろ」

小町「それがね、大志くんのお姉さんが最近朝に帰ってくるんだよね。で、何やってるか突き止めてほしいんだけど・・・」

雪乃「お姉さんの名前を教えてくれるかしら?」

大志「川崎沙希って言います」

結衣「あれ?クラスメイトじゃん。」

メイトリクス「そうなのか?」

結衣「もー!ホント人を・・・って、みんなにも責任はあるよね。」

雪乃「なら話は早いわ、メイトリクス君、由比ヶ浜さん、沙希さんの調査を二人に任せたいのだけれど。」

メイトリクス「分かった」

結衣「任せてゆきのん!」

大志「ありがとうございます!」



100:べネット:2013/12/16(月) 19:35:14.80 ID:t1qVDC/a0

調査開始

メイトリクス「さて、ひとまず川崎のことを聞き込んでいくぞ。由比ヶ浜、頼むぞ。」

結衣「わかった!」

由比ヶ浜聞き込み中


結衣「ダメだー!川崎さんも友達いないみたいだね。」

メイトリクス「そうか、仕方がないな。」



101:べネット:2013/12/16(月) 19:41:12.05 ID:t1qVDC/a0

職員室

メイトリクス「というわけなんですが、先生のお力を貸していただけませんか?」

静「なるほどな、私から聞いてみよう。」

平塚作戦

沙希「先生、自分の将来心配した方がいいよ、独身だし。」

静「はうっ!!う、うう・・・」グスッグスッ

メイトリクス「平塚先生も駄目か。」

結衣「先生マジ可哀想・・・」

メイトリクス(誰かもらってやらないものか?良い先生なんだが。)

猫作戦

雪乃「にゃーにゃー」

カマクラ「にゃーにゃー」

メイトリクス「残念ながら川崎は猫アレルギーだそうだ。」

雪乃「そう・・・」



102:べネット:2013/12/16(月) 19:47:01.65 ID:t1qVDC/a0

メイトリクス「中々芳しくないな」

結衣「だねー・・・」

雪乃「猫が通じないなんて・・・」

ズドドドドドドドドドド!!!

雪乃結衣「!!!」ビクッ!

メイトリクス「ああ小町、どうした?」

小町「今、大志くんの家にエンジェルなんとかって店から電話が来たらしいけど。何かヒントにならないかな?」

メイトリクス「手柄かも知らんな」

雪乃結衣「!」

メイトリクス「二人とも、エンジェルなんとかって店を調べてみてくれ。千葉市内でだ。」



103:べネット:2013/12/16(月) 19:53:27.52 ID:t1qVDC/a0

メイトリクス「さて、エンジェルなんとかで調べて出てきた店だが・・・メイド喫茶ってなんだ?」

材木座「はっ!メイド喫茶とは!その名の通りメイドさんが接客してくれる夢のような喫茶店であります!」

メイトリクス「お前の感想は聞いていない、報告の正確性が怪しくなる、気を付けろ。」

材木座「はっ!失礼いたしました大佐!!」

結衣「なんでちゅうに連れてきたの?」

雪乃「同感なのだけれど」

メイトリクス「何分こういう飲食店には疎くてな、材木座の体なら飲食店に詳しくてもおかしくはないだろう?」

雪乃結衣「なるほど」

材木座「とにかく、入ってみれば分かるであります!さあ!大佐どのも入ってみてください!」

メイトリクス「そうだな」



117:べネット:2013/12/17(火) 06:12:10.79 ID:mIGkCHgf0

メイド喫茶内

メイド「お帰りなさいませ!ご主人様!」

メイトリクス(ご主人様?)

材木座「けぷこん!あー、四人だ。」

メイド「それでは、こちらの席へどうぞ!」

雪乃「由比ヶ浜さん、あれ・・・」

結衣「あ!メイド服着れるんだね!」

雪乃「メイトリクス君」

メイトリクス「なんだ」

雪乃「試着ついでに川崎さんがいないか探ってくるわ、ちょっとまってて。」

メイトリクス「分かった」

材木座「えっとー、このエンジェルスペシャルオムライスを・・・」

メイド「呼び方はどのようにしましょう?」

メイトリクス「なんだ呼び方って?」

材木座「はっ!メイド喫茶ではその個人個人への呼び方を指定できるのであります!」

メイド「その通りなんです、どう呼んだ方がいいですか?」

メイトリクス「・・・だったら大佐だ」

メイド「大佐ですね!かしこまりました大佐!すぐにお持ちしますね!」



121:べネット:2013/12/17(火) 09:08:55.79 ID:mIGkCHgf0

メイド「お待たせいたしました大佐!エンジェルスペシャルオムライスです!」

メイトリクス「ああ、ご苦労だった。」

材木座「あ、文字とかは今日はいいんで。」

メイド「かしこまりました!それでは、ごゆっくりどうぞ!」

メイトリクス「いただきます」

材木座「いただきます!」

メイトリクス「普通のオムライスだな。」モサモサ

材木座「割高の料金はサービス料でありますから。味はごく普通なのがメイド喫茶というものであります。」モグモグ

メイトリクス「なるほどな」モサモサ

結衣「トリッキー、どう?似合う・・・かな?」

メイトリクス「・・・その手の服に造形は深くないが、可愛らしいとは思うぞ。」

結衣「//////」プシュー!

雪乃「どうやら川崎さんはこの店にはいないようね」

メイトリクス「そうなのか、ハズレだったな。・・・雪ノ下も似合っているぞ。」

雪乃「/////////」プシュー!

材木座「大佐は意外とプレイボーイであらせられますな。」

メイトリクス「なぁに、レディには優しくせねばな、小町にどやされるんだ。」

材木座「なるほど」

メイトリクス「さて、次へ向かおう」



122:べネット:2013/12/17(火) 09:33:37.11 ID:mIGkCHgf0

ホテルのバー

メイトリクス「ここが最後か」

雪乃「ええ、そうよ。あら?材木座君は?」

メイトリクス「ドレスコードを突破できなくてな。」

結衣「すんごいドレスだよねー!ゆきのんのうちこんな服一杯なんだよ!」

メイトリクス「俺も冠婚葬祭一式揃えてはいるが、そんなにあるのか、大したものだ。」

雪乃「私たちはともかく、スーツをあなたが着てるとまるでどこかの代表取締役ね。」

メイトリクス「大佐になると部下が四桁前半までいるからな。貫禄があるといわれるのは嬉しいよ。」

雪乃「貫禄どころではないのだけれど・・・」

結衣「あ、川崎さんだ」

メイトリクス「とうとう見つけたな」

雪乃「ええ、そうみたいね。」

沙希「・・・」フキフキ

メイトリクス「失礼、アードベッグを。」

沙希「・・・あんた、とてもそうは見えないけど未成年でしょ。」

メイトリクス「なんだ、俺を知っているのか。」

雪乃「間違いなくあなたは有名人よ・・・」

結衣「ですよねー」

メイトリクス「・・・アイスミルク、ダブルで。」

沙希「はいよ」

雪乃「こんなところでバイトしてたのね」

沙希「まあね、給料がいいのよ。」

メイトリクス「ところで、そろそろ君のシンデレラタイムは終わるんだが、その気配が無いのはどうしてかな?」

結衣「?どういうこと?」

雪乃「労働基準法で、18歳以下は夜十時以降はバイトができないのよ。なのにどうして帰る準備をしてないのか聞いてるのよ。」

結衣「そっか、そうだよね。」

メイトリクス「まあいい、明日の朝五時、そこのハンバーガー屋で話がある。」

沙希「・・・分かったよ、いけばいいんでしょ。」

メイトリクス「お代はここに置いておくからな」

沙希「ちょっと、多いよ?」

メイトリクス「チップだ」



123:べネット:2013/12/17(火) 09:47:02.43 ID:mIGkCHgf0

早朝五時 ハンバーガー屋

メイトリクス「朝のトレーニングサボっちまったな」

雪乃「本当にあなたは色々と凄まじいわね・・・」

結衣「相変わらず凄すぎ・・・」

小町「人間辞めてるとこありますからねー」

大志「すごいっす!尊敬します!」

メイトリクス「誉めても小町はやらん、忘れるな。」

雪乃「小町さんのことにだけは大人気ないのね」

結衣「シスコンだ・・・」

沙希「大志!なんでここに・・・」

メイトリクス「川崎が心配らしくてな、連れてきてやった。」

大志「姉ちゃん、バイトなんかどうして?」

沙希「学費のためだよ、あんたももう高校生だ、家に負担は掛けたくなくてね。」

大志「だからって、こんなことまでしなくても!」

沙希「こうするしかないだろ!?予備校の学費も負担してもらってるし、これ以上は親に迷惑かけられないよ!」

小町「あのー、小町の家の話なんですけどね、両親は共働きで、お兄ちゃんまで夜な夜な軍隊でドンパチやってて、それはそれは寂しかった時期があるんですよね。で、ある日『心配だ』ってお兄ちゃんに言ったら、お兄ちゃんが夜出掛けることがなくなったんですよね。」

大志「・・・俺もそういうことだから」

メイトリクス「それに、打つ手はまだある。川崎、君はスカラシップって知っているか?」



124:べネット:2013/12/17(火) 09:57:37.64 ID:mIGkCHgf0

メイトリクス「一件落着だな」

雪乃「そうみたいね」

結衣「いいなー家族って」

メイトリクス「いいもんだ、本当にな。」

小町「えへへー、お兄ちゃん。一緒に帰ろ!」

メイトリクス「ああ、いいぞ」

小町「雪乃さん、結衣さん!お疲れ様でした!」ペコリ

雪乃「ええ、また。」

結衣「またねー!」

メイトリクス「またな」



127:べネット:2013/12/17(火) 10:34:59.55 ID:mIGkCHgf0

メイトリクス家

メイトリクス「ただいま」

小町「ただいまー!」

メイトリクス「さて、仕事でもないのに朝帰りとはとんだ不良になっちまったもんだ。」

小町「まぁね。」

メイトリクス「朝飯は俺が作ろう、何が良い?和食なんかおすすめだが。低カロリー、繊細な味、胃に優しい!良いことずくめだ。」

小町「素直に和食が食べたいって言いなよー」

メイトリクス「和食が食べたいな。作るから。」

小町「ならいいよ!」

メイトリクス「イエスマム!」

メイトリクス家の朝は早い



129:べネット:2013/12/17(火) 10:54:20.01 ID:mIGkCHgf0

しばらく経ち、夏休み。

メイトリクス(そういえば、夏休み中の部活の話を聞いていなかったな。)

ヤロウオブクラッシャァァァァ!!

メイトリクス(メールか)

平塚先生

題 お元気ですか?

メイトリクス君、夏休みだからといって羽目を外しすぎていませんか?まあ、メイトリクス君に限ってはそんなことも無いのでしょうが(笑)
そうそう、(略)

メイトリクス(相変わらず、長文でメールを送る人だ。要するにキャンプを近所の小学校の行事でやってるから手を貸せと言うことだな。)

小町「お兄ちゃーん!小町は出掛けたいのです!」

メイトリクス「だったらお前もキャンプに来るか?」

小町「ええ!?そのことで誘いに来たのに!何で知ってるの!?」

メイトリクス「残念だったな、トリックだよ。」

小町「まあいいや、分かってるなら早く支度してきてねー!」

メイトリクス「わかった」



130:べネット:2013/12/17(火) 11:04:11.47 ID:mIGkCHgf0

千葉駅前

メイトリクス「集合場所はここだな」

静「来たなメイトリクス」

メイトリクス「お久しぶりです」

雪乃「こんにちは、メイトリクス君。」

結衣「やっはろー!トリッキー!」

メイトリクス「久しぶりだな」

メイトリクス(なんだ?やっはろー?変な挨拶だな。)

戸塚「やっはろー!メイトリクス!」

メイトリクス(どうやら流行っているようだ。まあ、俺には流行りなんぞ縁のない世界だが。)

小町「やっはろーです!」

メイトリクス「それで、キャンプってどこでやるんですか?」

静「千葉は千葉でも千葉村でした!まさに外道!」

メイトリクス「荷物はここに入れたらいいですね。」ドサッ

静「(´・ω・`)」

移動中

メイトリクス「キャンプは久しぶりだな、楽しいんだこれが。」

雪乃「軍人ならキャンプはなれたものでしょうね。」

メイトリクス「まぁな」

戸塚「さすがメイトリクス!頼りになるね!」

小町「お兄ちゃんは基本的に超人ですから、体力勝負なら何でもこいですよ!」

結衣「トリッキーだしね」

静「内申点が付くからな気を引き締めて臨んでくれ。」

メイトリクス「わかりました」



141:べネット:2013/12/17(火) 15:20:05.79 ID:vqllut6b0

千葉村

静「さて、ついたぞ。」

メイトリクス「自然の匂いっていいよな。・・・プレデターとかいなけりゃ。」

雪乃「いないのだけれど・・・」

結衣「トリッキー寝ぼけたの?」

小町「たまにこうなるんで、そっとしといてやってください。」

戸塚「あれ?葉山君たちじゃない?」

葉山「やあ、みんな。よろしくね。」

メイトリクス「ああ」

静「驚かないんだな?」

メイトリクス「さっき、内申点が絡むと聞きましたから、それ目当ての奴も来ると踏んでいました。」

静「さすがだ、だったら話は早い。君たちには引率係をしてもらう。なにか質問は?」

雪乃結衣「ないです」

葉山メイトリクス「ありません」

戸塚「ないかな」

小町「そもそも小町は着いてきただけですし」

メイトリクス「・・・」ギロッ!

小町「でも、仕事はきちんとしますのでご心配なく!」プルプル

静「とりあえず、荷物を下ろしてきなさい。」

ログハウス

メイトリクス「・・・」ドサッ

葉山「メイトリクス君なら雪山で遭難しても頼りになりそうだ。勉強させてもらうよ。」

メイトリクス「・・・複数人、雪山で遭難した際にすべきことはなにか分かるか?」

葉山「そりゃ、ビバークして出来るだけ体力の消耗を抑えることだろう?」

メイトリクス「そんなの大前提だ、・・・くたばりそうなやつから楽にしてやるんだ。」

葉山「・・・」ゴクリ

メイトリクス「食糧は限りあるのに、助かるとは限らない。その中で生き延びそうな奴を生かすために人を殺すこともあるんだ。・・・忘れるな、頼れるのは己自身だ・・・。非常事態に人を頼ることは自殺行為だと思え。」

葉山「すまない、どうやら甘かったようだ。」

メイトリクス「分かればいい、信じるものは足元を掬われる。教科書には載ってない真実だ。」

戸塚「・・・」ブルブル

葉山「だけど、俺は信じたいよ。」

メイトリクス「くたばるのはお前だ、信じるのも信じないのも自由だ。信じて助かることだってあるしな。結局のところどうなるかわからん。」



142:べネット:2013/12/17(火) 15:20:59.65 ID:g4JagZHG0

葉山「すまない、どうやら甘かったようだ。」

メイトリクス「分かればいい、信じるものは足元を掬われる。教科書には載ってない真実だ。」

戸塚「・・・」ブルブル

葉山「だけど、俺は信じたいよ。」

メイトリクス「くたばるのはお前だ、信じるのも信じないのも自由だ。信じて助かることだってあるしな。結局のところどうなるかわからん。」

葉山「なるほどな」

戸塚「メイトリクス!ぼくはいつでもメイトリクスを信じるからね!」

戸部「マジパねえわー、メイトリクス君モノホンだわー。」

メイトリクス「面白いやつだ、気に入った、殺すのは最後にしてやる。」ギロッ

葉山「勘弁してやってくれ、これでもいいやつなんだ。」

メイトリクス「そうだな、今すぐにでも死んでいいやつだ。俺が楽にしてやろうか?」

戸部「あ?」ガタッ

葉山「死にたいのか戸部!?」

戸塚「メイトリクス!」

メイトリクス「・・・そうだな、大人気なかった。勝手に野垂れ死ぬ人間に俺が手を出すのはナンセンスだな。すまんな戸塚。」

戸部「ナメてんの?やっちゃうよ?」

メイトリクス「ナメる価値すらない、クソ以下だ。さっさと肥溜めに入れ。」

戸部「・・・」

メイトリクス「・・・」

葉山「俺から詫びる、本当にすまなかった。」

メイトリクス「・・・命拾いしたなクソが。一人でチャラけとけ、俺にまでそのナメくさった態度をとるな。」

戸塚「どうしたの?メイトリクス?何か変だよ?」

メイトリクス「すまない、どうもあの手のチャラいだけの輩が気に食わんのだ。」

葉山「会わない人間くらいいるさ。さあ、気を取り直してみんなと合流しよう。」



152:べネット:2013/12/17(火) 19:11:57.04 ID:97MPNq9p0

集合

メイトリクス「荷物は置いてきました」

葉山「男子は全員です」

静「そうか、女子はもう行ったよ。」

メイトリクス「すまんな、俺のせいで。」

葉山「気にするな、君みたいな硬派な人間にはウケが悪いんだろう。」

戸塚「気にしないでよ」

メイトリクス「戸部も、突っかかるような真似をしてすまなかった。」

戸部「・・・いいよもう」

静「なにかあったのか?」

メイトリクス「少し熱くなりすぎました」

静「気を付けたまえ、君みたいなのが暴れると自然破壊でもしそうだからな。」

葉山(本当にその程度ならしそうだ。)

戸塚「・・・」コクコク

戸部「・・・」ブルッ

静「まあいい、こっちだ。夕飯を作るところでな。」



162:べネット:2013/12/18(水) 02:35:48.46 ID:QLSwEZZp0

炊飯場

静「みんな!注目してくれ!明日までお世話になるお兄さんたちだ。」

ザワザワ

ナンダ!?スゲエキンニクダ!マルデハガネダゼ!

メイトリクス「ジョン・メイトリクスだ」

スッゲー!ムキムキダー!スーパーマン!?

ターミネーターダロー?

葉山「葉山隼人です。よろしくね。」

キャー!カッコイイー!

ジャニーズダ!

戸塚「戸塚彩加です!よろしくお願いします!」

スゲエカワイイオネエチャンダ!

ウサギミタイ!

戸部「どうも、戸部っちだぜ!」

ナンカチャラーイ!

タノシソウジャン!

静「私はもう紹介したから省く。男女別で食事の支度をしてもらう。では、始め!」



164:べネット:2013/12/18(水) 02:55:31.22 ID:c8ub/Ppw0

結衣「あ!トリッキー!もう始めてるよー!」

雪乃「遅かったわね」

メイトリクス「すまんな、俺のせいなんだ。」

結衣「なんかあったの?」

メイトリクス「少しな」

雪乃「まあいいわ、遅れを取り戻しましょう。由比ヶ浜さん、あなたは具材を切ってちょうだい。」

結衣「わかった!」

メイトリクス「小町は米を洗っといてくれ」

小町「イエッサー!」

葉山「俺はあっちの班を担当するよ」

メイトリクス「頼む」

戸部「任せなっしょ!」

メイトリクス「お前も頼りにしてるぞ。」

戸部「!・・・へへっやる気出るっしょ!」

戸塚「僕は火を起こしたほうがいいかな?」

メイトリクス「俺がやる、戸塚は雪ノ下と調理をしてくれ。」

戸塚「うん!わかったよ!」

メイトリクス(かよわい乙女にしか見えん男に火の番はさせられん、どうも父性を目覚めさせる奴だ。)

留美「・・・」

メイトリクス(ん?サボりか?)

留美「あの・・・」

「でねー?」

「なにそれー」

メイトリクス(・・・仲間外れか、しかも無視とは。女は陰湿だな。)

留美「・・・」

メイトリクス「すまない、君に手伝ってほしいんだが。」

留美「おじさん誰?」

メイトリクス「・・・こう見えてまだ17だ」

留美「ごめんなさい、つい。」

メイトリクス「なかなかウィットなジョークだ。」

留美「・・・見ての通り仲間はずれ、だから声をかけた。違う?」

メイトリクス「素晴らしい、大正解だ。」

留美「誤魔化さないんだ?」

メイトリクス「まあな」

雪乃「どうしたのかしら?」

メイトリクス「ああ、俺や君の同類だ」

雪乃「私とあなたは違うわ」



165:べネット:2013/12/18(水) 02:56:03.77 ID:c8ub/Ppw0

メイトリクス「言い方を変えよう、お一人様だ。どんなときもな。」

雪乃「それなら納得がいくわね」

留美「友達を作れって言うんでしょ?」

メイトリクス「いいや」

雪乃「言わないのだけれど」

留美「・・・?どうして?」

メイトリクス「俺みたいな大男、友達が多いように見えるのか?ああ、ちなみにそこの彼女は出る杭は打たれるの代名詞だ。」



166:べネット:2013/12/18(水) 03:24:45.18 ID:c8ub/Ppw0

留美「なるほどね」

雪乃「ずいぶんと賢いのね」

メイトリクス「大したもんだ、俺は君ぐらいの頃は鼻水を垂らして外を走り回ってたもんなんだがな。

雪乃「日本国外でよね?」

メイトリクス「・・・そこは伏せておくつもりだった。」

留美「みんなガキなんだもん」

メイトリクス「君は友人が居ないことを気にしない人種かと思っていたんだが?」

留美「お母さんがね・・・」

雪乃「そう・・・」

留美「別にいいよ、中学に上がればきっと変わるだろうし。」

雪乃「それは

メイトリクス「それは違うな」

留美「嘘!」

メイトリクス「進学先が私立だったり、遠くへ引っ越すなら話は別だがそうではないのだろう?」

留美「・・・」

メイトリクス「今君がガキだと見下している連中と同じ進学先で同じ目に会う可能性のほうが高いだろうな。」

留美「・・・」

結衣「ゆきのーん!トリッキー!そろそろ出来るよ・・・ってその子どしたの?」

雪乃「私と同じ境遇と思ってもらえたらいいわ」

結衣「あ・・・」

メイトリクス「名前は?」

留美「鶴見留美」

メイトリクス「なあ鶴見、こいつは俺や雪ノ下と違って友人が多い人間だ。由比ヶ浜、ちょうどいいから聞くが、この鶴見ぐらいの年の頃に仲のよかった友人だが、交流はあるのか?」

結衣「あるけど、二、三人くらいかな?」

メイトリクス「算数の時間だ、鶴見の学年が二百人だとして、三で割るといくつになる?」

留美「66」

メイトリクス「正解だ、200分の3は66分の1」だからな。友人の多い由比ヶ浜ですらこの数字だ、君や俺たちみたいなタイプは余計少ない。だったらただの誤差と割りきればいい。」



167:べネット:2013/12/18(水) 03:32:13.58 ID:c8ub/Ppw0

留美「でも、仲間はずれはとうしたらいいの?」

メイトリクス「この合宿中に手を打ってやる、約束だ。おまけに俺は約束を一回しか破ったことがない。」

留美「信じていいの?」

メイトリクス「ああ」

雪乃「・・・」

結衣「ねえゆきのん」ヒソヒソ

雪乃「何かしら?」ヒソヒソ

結衣「その一回が気になるんだけど」ヒソヒソ

雪乃「私もなのだけれど、聞かないほうがいいと思うわ。」ヒソヒソ

メイトリクス「とにかく合流しろ、話はそれからだ。」

留美「うん!わかった!メイトリクス!」



170:べネット:2013/12/18(水) 05:57:25.02 ID:17bTBqwv0

鶴見会議開始

メイトリクス「・・・てな有り様でな、皆にもアイデアを分けてほしいんだ。」

葉山「それなら、俺がそのハブにしている子達に注意をするってのはどうだ?」

メイトリクス「仕事や勉強ならそれで万事解決だが、子供を侮ってはいけない、悪いことは独自の情報網で隠すからな。」

雪乃「私の時もそうだったわ、返り討ちにしたのだけれど。」

小町「んー、学校から距離を取らせるとか?」

メイトリクス「ただの引きこもりが誕生するな」

戸塚「一緒にスポーツするとか?」

メイトリクス「雪ノ下」

雪乃「私が小学六年生の頃・・・」

結衣「ストップ!ゆきのん!?トラウマを思い出そうとしてない!?」

優美子「あーしがガツンと言ってやる!」

メイトリクス「小学生の鶴見留美を、高校生の君がおはようからおやすみまで見守るってのか?ベビーシッターにでもなってから言ってくれ。」

戸部「・・・なあ、さっきメイトリクス君と俺が揉めたときにさ、雪山でどうちゃらって言ってたじゃんか。」

メイトリクス「言っていたな、その節はすまなかった。」

戸部「詫びはいいんだよ!・・・本当にどうしようもないときっていじめっ子もいじめられっ子も関係ないっしょ?」

メイトリクス「・・・当ててやろうか?」

メイトリクス戸部「俺達が子供たちの関係をメチャクチャにする。」

戸部「メイトリクス君ノれるわー!マジ兄弟たわー!」

メイトリクス「なら肝試しのタイミングが鍵だな」

葉山「おびきよせるのは俺に任せてくれ」

メイトリクス「脅すのは俺だな」

戸部「兄弟にだけハードな役目は渡さないっしょ!」

メイトリクス「俺一人で十分だ」

戸部「言い出しっぺが二人いたら二人とも責任とらなきゃ!」

メイトリクス「・・・勝手にしろ」

雪乃「あなたたち、事の重大さはわかっているの?」

メイトリクス「身長190センチ、髪は茶、筋肉モリモリマッチョマンの変態。」

雪乃「」

メイトリクス「悪役にはぴったりだろう?」



188:べネット:2013/12/18(水) 21:17:35.15 ID:KCGypV+/0

雪乃「わかったわよ、代案もないことだし、いいっこなしよね。」

メイトリクス「とりあえず、君は見張り役だ。」

結衣「あたしは?」

メイトリクス「見張り役だ」

葉山「この際、優美子と俺も脅す役をさせてくれ。子供ってすばしっこいからな、逃げられたら骨だろ?」

メイトリクス「わかった」

戸塚「僕はどうしたらいいかな?」

メイトリクス「君は鶴見の班以外をポイントから離してもらいたい。重大な役目だ、できそうか?」

戸塚「やる!」

メイトリクス「上出来だ」

戸部「じゃあ、兄弟と隼人くん、優美子と俺で脅す段取りしようぜ!」

メイトリクス「そうしよう」

小町「小町は?」

戸塚「僕一人だけだと不安だから、一緒にやってくれないかな?」プルプル

小町「と、戸塚さん・・・」ワナワナ

戸塚「なあに?」

小町「可愛すぎます!もうこの際男でも良いから兄の嫁になってください!」

戸塚「えー・・・」



189:べネット:2013/12/18(水) 21:25:58.06 ID:fD3WgzPv0

肝試し大会

小町「さあ始まりました肝試し大会!笑いあり涙ありのこの大会!あわよくば気になるあの子と手を繋げちゃうかも!?司会は私小町と!」

戸塚「彩加でお送りします!」

メイトリクス「さあ、覚悟はいいな?」

葉山「ああ」

優美子「ガキに教育するだけじゃん?」

戸部「バッチリよ!」

メイトリクス「作戦開始だ」



194:べネット:2013/12/18(水) 21:38:57.55 ID:KCGypV+/0

葉山「君たちは僕が付き添うことになったんだ」

「やったー!葉山さんと一緒じゃん!」

「ラッキーだよ!」

「彼女とかいないんですか!?」

留美「・・・」

一方メイトリクス

戸部「・・・」

メイトリクス「珍しく静かだな」

戸部「そりゃ下手に騒いじゃまずいじゃん?俺もさすがに黙るわ」

メイトリクス「そりゃそうか」

優美子「隼人、まだかな?」

メイトリクス「順番はくじで決まるからな、これだけは運次第だ。」

優美子「虫除けスプレー持ってきてよかった。」

エー!?カノジョイナインデスカ!?ソンナニカッコイイノニ!?

モッタイナーイ!

メイトリクス「どうやら運がいい日みたいだ、あくまで俺たちにはな。」

戸部「あの子達は脅されるから運が悪いってか」

優美子「普段からナメた真似してるバチが当たったんじゃないの?」

メイトリクス「いい解釈だ、そろそろ天罰の時間だ、気を引き締めろ。」

優美子「はいよ」

戸部「おう!」

葉山「さて、君たちにひとつお知らせがあるんだ。」

「何ですか!?」

「愛の告白とか!?」

「きゃー!年下が好きなんですね!」

留美「!」

葉山「違うよ」

ガサガサ!

メイトリクス優美子戸部「・・・」

葉山「お仕置きの時間だ」



196:べネット:2013/12/18(水) 21:52:48.99 ID:KCGypV+/0

「え?・・・どういうこと?」

「知らないよ・・・」

「お仕置きってそんな、冗談でしょ?」

留美「・・・」

メイトリクス「試してみるか?」

おもむろに近くの石を拾い握りつぶして見せるメイトリクス

「意味わかんない!なんであたしたちなの!?」

「そうだよ!なんも悪いことなんて

戸部「ああ!?」

優美子「悪いことしてないなんて、どの口がいうんだガキがぁ!」

「ひっ!」

「グスッ・・・許して・・・」

優美子「泣いて許してやるほど優しくないんだけど?」

「もうしません!」

戸部「これからしなくても今までの罪は償うもんだろうがぁ!!てめえらなめてんのか!?」

葉山「・・・分かった、お前ら四人のうち二人だけここに残れ。あとの二人は戻って構わない。二分で決めろ。」

「あんたがのこりなよ!」

「そういうあんたが!」

「ちょっと鶴見さんは残るよね!」ドン!

留美「ちょ・・・」

葉山「あと一人か、もう時間はないぞ。残り一分だ。決められないなら全員お仕置きだ。」

メイトリクス「さっき潰した石みたいにしてやる。覚悟しろ。」

「ひっ!」

「殺される・・・!」

「もう嫌だぁ・・・」

「アンタが残るの!」

「アンタこそ!」

「なによ!アンタが残ればいいじゃん!」



197:べネット:2013/12/18(水) 22:00:11.41 ID:4A9Oisp50

留美「あの!」

葉山「なん

パシャッ!

不意打ちのフラッシュに全員気をとられる、メイトリクスを除いて。

留美「みんな、逃げるよ!」

そこからはすばしっこい子供たちの領分、あっという間に見失った。

葉山「作戦成功かな?」

メイトリクス「後にならないとわからんな」

戸部「優美子も隼人くんも兄弟も名演技だぜ!」

メイトリクス「お前も大したものだった、いいチンピラになれるよ。」

戸部「誉めてねえじゃん!?ひでえよ兄弟!!」

優美子「これで、マシになるといいけどね。」

葉山「だな」



200:べネット:2013/12/19(木) 18:00:19.96 ID:LF6dpvNe0

肝試し終了

メイトリクス(キャンプファイアーか、昔を思い出す。)

留美「・・・」

「・・・」

「・・・」

「・・・」

メイトリクス(仲間はずれって感じではないか、後は鶴見次第だな。)

葉山「うまくいってるみたいだね」

メイトリクス「どうだろうな」

葉山「マイナスをゼロに戻せたんだ、部外者の茶々にしては上等さ。」

メイトリクス「・・・もっといい方法があったかもしれない。」

葉山「君らしくもない、大体あの作戦会議でひらめかなかったのは僕ら全員の責任さ。メイトリクスだけが気にやむことないよ。」

メイトリクス「・・・」

葉山「僕はもう行くよ」

メイトリクス「助かった、ありがとう。」

葉山「どういたしまして」

夜の静寂に消える葉山

メイトリクス「・・・」

静「とんでもないことをしたものだ、一歩間違えたら大問題だぞ?」

メイトリクス「申し訳ありません、私に責任があります。」

静「やり方はともかく結果は付いてきたんだ、口頭注意で済ませてやる。」

メイトリクス「ありがとうございます」

静「それじゃあな」

メイトリクス「ええ、また。」

立ち去る平塚

雪乃「あなたの所属部隊には連帯責任というものはないのかしら?」

メイトリクス「ある」

雪乃「だったら責任は私たち全員のものよ、独占しないで。」

メイトリクス「とかげでも尻尾を切るんだ、それで助かるやつがいるならそうしたほうがいい。」

雪乃「こんなに筋肉質な尻尾はそうそうないわよ、いい加減にしてちょうだい。」

メイトリクス「すまない、自惚れていたようだ。」

雪乃「分かればいいのよ」

結衣「トリッキー!ゆきのん!もっとキャンプファイアーの近くいこうよ!花火もあるよ!」

メイトリクス「俺はいい、派手な花火は見飽きている。・・・汚い花火もな。」

雪乃「すごく聞きたくないことを聞いてしまったのだけれど・・・」

結衣「ならさ、線香花火とかどう?」

メイトリクス「・・・それならやるよ」

結衣「ほんと!?トリッキー!ゆきのん!早く行こうよ!」

メイトリクス(友人と呼べる関係ではないが、居心地のいい関係ではあるな。鶴見よ、君もいつかこういう相手が出来るだろう。それまでは、孤独と向き合う時間だって必要だ。)

大男がひたすら線香花火を眺めながら、奉仕部の夜は更けていく。



203:べネット:2013/12/19(木) 18:24:20.92 ID:LF6dpvNe0

キャンプ終了後、学校前。

メイトリクス「コンクリートジャングルに帰ってきちまった。」

小町「お兄ちゃん野生に帰っちゃったの?」

メイトリクス「そんなことはないから安心しろ」

静「うちに帰るまでが遠足だからなー!」

結衣「はーい!トリッキー、またね!」

小町「結衣さんも雪乃さんも!一緒に

陽乃「雪乃ちゃーん、迎えに来たよ!」

メイトリクス(これが小町の言ってたフラグってやつか・・・)

小町(おお!すんごい美人!お兄ちゃんの嫁候補決定!)

雪乃「姉さん・・・」

陽乃「メイトリクス君♪久しぶりだねー♪」ウリウリ

結衣「あ、あの!トリッキーとお知り合いなんですか!?」

陽乃「んー?君は誰かな?・・・メイトリクス君のなに?」

結衣「え、そ、それは

メイトリクス「クラスメイトです、私と雪ノ下と部活が同じです。」

陽乃「ふーん・・・」ジロジロ

静「陽乃、いらんちょっかいを出すな。」

雪乃「何かようなの?」

陽乃「お母さんが呼んでるよ」

雪乃「そう」

メイトリクス「・・・」

小町「・・・」

結衣「そっか、じゃあ一緒に帰れないね・・・」

雪乃「ええ一緒には行けないわ、さよなら。」

陽乃「じゃあね♪メイトリクス君♪」

車に乗り込み消える雪ノ下姉妹

メイトリクス「平塚先生」

静「どうした」

メイトリクス「雪ノ下の姉の人ですが、面識があるんですね?」





204:べネット:2013/12/19(木) 18:46:05.83 ID:wEv6Shln0

静「昔の教え子だ」

メイトリクス「なるほど」

小町「やー、お兄ちゃんの言った通りの怖い人ですねー」

結衣「なんか、嫌われちゃったかな・・・」

メイトリクス(嫌味な女だ、俺にしか別れの挨拶をしなかった。)

静「まあ優等生ではなかったな」

メイトリクス「でしょうね」

結衣「トリッキー?どうしたの?」

メイトリクス「なぁに、女優だと思ってな。」

結衣「確かに、ゆきのんのお姉さんなだけあって綺麗な人だったねー!」

静「はっはっはっ!言い得て妙だな、陽乃の本性を見抜くとはやるじゃないか。」

メイトリクス「警戒の必要はありそうですね」

静「そう言うな、あいつも無闇やたらに牙は剥かんよ。」

メイトリクス「・・・銃は人を殺しません」

結衣静「?」

メイトリクス「殺すのは、殺意を持った相手です。」

静「・・・なるほどな、それで警戒してるわけか。」

メイトリクス「もっと言えば、すさまじく狡猾だと思いました。」

静「そりゃ正解だよ、だけどそんなに恐れることはないんじゃないのか?」

メイトリクス「例えばですが、あの人と私が何か勝負をしたとします。」

静「それで?」

メイトリクス「私が勝ったとしても、あの人が得をする結果になるでしょう。その逆でも、あの人は得をしてみせるでしょう。」

静「・・・その通りだったよ」

メイトリクス「味方に入れても敵に回しても、怖い相手です。なのであの人から距離を置くのが最も安全です。」

静「軍人根性だな」

メイトリクス「もちろんです、プロですから。」



205:べネット:2013/12/19(木) 18:54:46.70 ID:LF6dpvNe0

結衣「なんか難しい・・・」

小町「結衣さんと同じく、まぁ、雪乃さんのお姉さんをお兄ちゃんが怖がってるのだけはわかったかな。」

静「君の考えも分かるよ、だけどあいつは天の邪鬼だからな、価値がありながら離れようとした人間に執着するんだよ。気を付けたまえ、釈迦に説法だろうがな。」

メイトリクス「気を付けます。・・・小町、由比ヶ浜、帰ろう。」

結衣「うん!」

小町「イエッサー!」

妹と同級生を連れてメイトリクスは帰った



209:べネット:2013/12/19(木) 19:32:54.01 ID:wEv6Shln0

サブレを預かることになり、由比ヶ浜がサブレのを迎えにいく約束の日

サブレ「ワン!ワン!ワン!(遊んで!ねえ!遊んで!)」

メイトリクス「飼い主に似てずいぶんと間抜けだな」ナデナデ

小町「わー、真顔でひどーい 」

メイトリクス「棒読みだぞ、お前も由比ヶ浜を
間抜けだと思ってるな?」

小町「ノーコメントで」

カマクラ「にゃー(こんな間抜けな犬見たこたねえぜ、飼い主の顔が見てえなおい)」

ピンポーン!

メイトリクス「小町」

小町「イエッサー!」

ガチャ!

小町「お帰りなさい!結衣さん!」
結衣「ありがとうね、これお土産。」

小町「ありがとうございます!」

結衣「・・・トリッキーは?」ソワソワ

小町「すぐ連れてきます!」ダダダダダ!

オニイチャン!ゲンカンニキテ!ハヤク!

ナンデダ?イヌヲカエスダケナノニ

イイカラ!オニイチャンノプロテインココアアジカライチゴアジニスルヨ!?イイノ!?

イクカラソレダケハヤメロ

結衣(やっぱ飲んでるんだプロテイン・・・)

ドタドタドタ

メイトリクス「やあ由比ヶ浜、犬は特に問題なかったぞ。」

結衣「サブレ預かってくれてありがとうね」

メイトリクス「気にするな」

結衣「それでね?お礼に今日祭りあるんだけど・・・」

メイトリクス「人混みは好かん、他を当たれ。」

小町「イチゴ味」

メイトリクス「・・・俺に恨みでもあるのか?」

結衣「イチゴ味嫌いなんだ・・・」

小町「犬を預かったお礼がお土産一つなんて世知辛いですからねー、お祭りの焼きそばとかたこ焼きとか超食べたいなー!(チラッ)だけど受験生の小町にはお祭りにいく余裕がないなー!(チラッ)結衣さんが買ってきてくれそうだけどお祭りに女の子だけ送り込むのは申し訳ないなー!(ギロッ)」

メイトリクス「・・・葉山たちがいるだろう」

小町「結衣さん」ウィンク

結衣「え?あ、は、隼人君たちは他に予定あるみたいなんだよ!だからトリッキー誘おっかなって!」

メイトリクス「・・・仕方ない、付き合ってやる。」

結衣「ほんと?ありがとう!トリッキー!小町ちゃんも!」

小町「どういたしましてー」ニヤニヤ

メイトリクス「人使いの荒い妹だ」

結衣「じゃあ、夕方に駅前で。」

メイトリクス「わかった」



217:べネット:2013/12/20(金) 18:01:17.65 ID:PCrzcYT00

待ち合わせ場所

結衣「あ!トリッキー!」

メイトリクス「待たせたみたいだ、済まない。」

結衣「あたしも今来たとこだし!」

メイトリクス「そうか、だがなんで現地集合じゃないんだ?」

結衣「味気ないじゃん?」

メイトリクス「知ってるぞ、わびさびってやつだな?」

結衣「うーん?ま、まあそんなとこかな?」シドロモドロ

メイトリクス「まあいい、混むから早いうちに乗り込んじまうぞ。」

結衣「うん!」

電車内

メイトリクス「すさまじいな」

結衣「みんな祭り目当てなんだよ」

メイトリクス「だろうな」

結衣「・・・」///

メイトリクス「・・・」

グラッ!

結衣「あっ・・・ゴメン、トリッキー////」

メイトリクス「気にするな」

結衣(もう少し反応してよ・・・)



223:べネット:2013/12/20(金) 18:52:00.02 ID:4DfFm1DP0

祭会場

メイトリクス「祭りか、こういう雰囲気で飯がうまくなるイベントはそうそうないからな、楽しもう。」

結衣「だね!」

メイトリクス「さて、さっそくたこ焼きと焼きそば、おお!唐揚げとフランクフルトもあるのか!それならオムそば屋は・・・」

結衣(食べ過ぎじゃ・・・)

メイトリクス「む、由比ヶ浜、食べたいものを当ててやろうか?」

結衣「え?わかるの?」

メイトリクス「・・・」ジー

結衣「//////」

メイトリクス「・・・」ジー

結衣(近いよ!//////)

メイトリクス「そこのリンゴ飴だ、違うか?」

結衣「え?何で分かったの?」

メイトリクス「トリックだよ」

結衣「トリック?」

メイトリクス「好きなものを聞かれるだろう?その時に普通はその人間が好きなものを見ちまうんだ、だから俺も分かった。」

結衣「トリッキーがホントにトリッキーだったんだ!」

メイトリクス「そのあだ名は君だけにしか呼ばれない」

結衣「いいじゃん!」

メイトリクス「構わないさ」

相模「あれ?結衣ちゃん?」

結衣「あ!さがみん!」

メイトリクス「・・・」

相模「うちら、さびしく女だけでさー。結衣ちゃんは男連れかー、羨ましいなー!」

結衣「そ、そういうんじゃないから!」



224:べネット:2013/12/20(金) 18:53:02.39 ID:4DfFm1DP0

相模「ん?・・・あのマッチョボディは・・・うちのクラスの?」

結衣「うん、メイトリクス君だよ。」

相模「ふーん、あの・・・ね。」

メイトリクス「どうも、由比ヶ浜のボディーガードだ。」

相模「キャハハハハ!こんな面白い人だっけ?」

結衣「ムキムキなだけで普通にいい人だからね!?」

メイトリクス「主食はプロテインのココア味だ」

「「ハハハハハハ!」」

相模「ホントに面白いね!何で教室であんなに大人しいの?」

メイトリクス「この体だからな、ビビられるんだよ。」

結衣「うん、それは否定しない。」

ハハハハハハ!

相模「あー・・・もう笑い疲れたし、もう行くね?バイバーイ!」

結衣「またね!さがみん!」

メイトリクス「君も苦労しているな。」

結衣「?」

メイトリクス「女社会はなかなか陰湿みたいだからな。俺と君が一緒にいることを笑われたくはなかったろう?」

結衣「・・・気を使ってくれたんだね」

メイトリクス「これでもユーモアには自信があるもんでな」

結衣「確かに面白かったよ!」

メイトリクス「良かった、リンゴ飴を買ったら花火を見る場所の確保だ。小町の土産は買ってあるしな。」

結衣「そうだね!」



225:べネット:2013/12/20(金) 19:02:53.62 ID:4DfFm1DP0

花火会場

メイトリクス「ここらへんでいいか」

結衣「うん」

メイトリクス「まだ少し時間があるな」

結衣「待ってたらすぐだよ」

陽乃「あれー?メイトリクス君と・・・なにがはまちゃんだっけ?」

結衣「由比ヶ浜です!」

陽乃「そうだった、ゴメンねー?」

メイトリクス「こんばんは」

結衣「あ、こんばんは!「

陽乃「はい、こんばんは」

メイトリクス「何かご用ですか?」

陽乃「冷たいなー?お姉さん傷ついちゃう!」

メイトリクス(そんなタマじゃねえだろうが
)

結衣「でも、何でここに?」

陽乃「うちの会社も出資しててね、その挨拶回りってとこなのよ。」

メイトリクス「なるほど」

陽乃「あ、二人とももっといいとこで花火見せてあげる♪」

メイトリクス「・・・金は払いますよ」

陽乃「いいからいいから♪」



226:べネット:2013/12/20(金) 19:07:22.49 ID:4DfFm1DP0

貴賓席

メイトリクス「たしかに良いところですね」

結衣「座席まであるなんて・・・」

陽乃「あたしも一人で寂しかったからちょうど良かったよ」

メイトリクス「始まりますね」

ヒュー!ドーン!



227:べネット:2013/12/20(金) 19:25:27.35 ID:4DfFm1DP0

陽乃「雪乃ちゃん、学校ではどんな感じなの?」

メイトリクス「優等生の一言につきますね、あなたと違って。」

陽乃「もー!意地悪だなぁ」

メイトリクス「・・・進学希望先は国立医学部だそうです」

陽乃「そっか、あたしと一緒なんだね。」

メイトリクス「・・・」

陽乃「いっつもそう、お揃いでお下がりで・・・」

メイトリクス「・・・」

陽乃「でも、こうしてガハマちゃんといるってことは、雪乃ちゃんはまた選ばれないんだね・・・。」

メイトリクス「?」

結衣「・・・」

陽乃「・・・」



235:べネット:2013/12/20(金) 21:56:50.03 ID:7xoZ617A0

花火大会終了

陽乃「それじゃあねメイトリクス君、ガハマちゃん。」

メイトリクス「さようなら」

結衣「さよなら、またどこかで!」

メイトリクス(俺を跳ねた車だな)

陽乃「修理してるからキズなんかないよ?」

メイトリクス「そうでしょうね」

陽乃「・・・雪乃ちゃんからは聞いてないのね?」

メイトリクス「別に言うほどのこともないでしょう、それよりも運転手の方にお詫びをしたいのですが。」

陽乃「別にいいよ、都築も色々分かってるし。」

メイトリクス「・・・雪ノ下さんから伝えておいてください。『当たり屋みたいな真似をしてすみません』と」

陽乃「うん、伝えとくよ。それじゃあね。」

メイトリクス「ええ」

陽乃「おっと!忘れてた!」

メイトリクス「何をです?」

陽乃「雪乃ちゃんは気にするなと言われて気にしないほど図太くないんだよね、だからさ、メイトリクス君が雪乃ちゃんのケアをしてあげてよ。お姉さんからのお願い。」

メイトリクス「・・・出来ることなら」

陽乃「ありがとうね、今度こそバイバイ。」

雪ノ下陽乃を乗せた車は、静かに駐車場を出ていった。」

結衣「トリッキー・・・」

メイトリクス「俺から君に言えることは、事故は誰も得をしない、だから次犬の散歩をするときは、リードを離さないことだ。分かったな?」

結衣「ごめんね・・・」

メイトリクス「済んだことだ、これからを気を付けていけばいいさ。」

結衣「うん・・・」

メイトリクス「さあ帰ろう、遅くなると親御さんが心配する。」

結衣「うん・・・」



236:べネット:2013/12/20(金) 22:28:13.28 ID:FEKFUVkB0

帰りの電車内

メイトリクス「満員だな」

結衣「・・・そうだね・・・」

メイトリクス「・・・君は運がいい」

結衣「どうして?」

メイトリクス「車に跳ねられたのがこの俺だということ、犬を助けられたということ、運転手が金持ちのお抱えだったことだ。」

結衣「お金持ちが関係あるの?」

メイトリクス「当然だ、高額納税者・・・しかも県議会員ってのは行政や司法なんかに顔が利くんだ、そんな人間の関係者だったら人身事故の処分なんざ一般人と比べ物にならないほど軽いはずなんだ。」

結衣「えっと・・・どういうこと?」

メイトリクス「君が思っているほど不幸になった人間はいないということだ。」

結衣「・・・そっか、・・・だけどトリッキーはケガしたし。ゆきのんは引きずってるんだよね?」

メイトリクス「そりゃあ少ないとはいえ、ゼロではないからな。」

結衣「だよね・・・」

メイトリクス「俺は気にしていない、君は深く分かっていないから気にしている。雪ノ下が一番理解しながら責任を感じているがな。」

結衣「ゆきのん・・・」

メイトリクス「君は俺を気にするよりも雪ノ下を気にしてやってくれ、もちろんあいつのプライドを傷つけない範囲でな。」

結衣「あたしにできるのかな・・・」

メイトリクス「友達なんだろう?できなくても手は尽くしてやってくれ。」

結衣「わかった!」

メイトリクス「それでいい」

結衣「でもね

次はー○○ー○○ーお出口は左側です

メイトリクス「・・・」

由比ヶ浜と一緒に降りるメイトリクス

結衣「トリッキーまで降りなくても」

メイトリクス「何か言いかけていただろう?気になってな。それに、ボディーガードだからな」

結衣「ありがと////」

メイトリクス「それで、何を言おうとしてたんだ?」

結衣「あのね、トリッキーは事故のせいであたしやゆきのんが構ってくれてると思ってそうだからさ。そんなことないよって言いたくて・・・」

メイトリクス「・・・」

結衣「確かにさ、きっかけはあの事故かも知れないけど。あの事故がなくったって、きっとトリッキーは助けてくれたと思うよ?いつもみたいに力技で、強引で・・・だけど優しくて・・・それでね?事故がなくてもあたしとゆきのんとトリッキーで部活して・・・やっぱり力技で助けてくれて・・・あたしはそんなトリッキーをす

ピリリリリリリ!



237:べネット:2013/12/20(金) 22:28:58.42 ID:7xoZ617A0

メイトリクス「・・・電話だぞ」

結衣「うん・・・出るよ」

結衣「もしもし?お母さん?うん、今帰ってるとこ。」

メイトリクス(告白でもされるのかと思ったな・・・)

結衣「うん、もう着くからさ」

メイトリクス(こんな良い奴が俺を好きなんざ、少し自惚れが過ぎるようだ。)

結衣「うん、それじゃあね」

メイトリクス「・・・」

結衣「ママからだった」

メイトリクス「そうか」

結衣「・・・あたし、すぐそこだから、もう大丈夫だよ。ありがとうね。」

メイトリクス「そうか、じゃあな。」

結衣「トリッキー・・・」ボソッ

メイトリクス(もし好意を伝えられたとして、どう答えれば良いんだ?・・・少し、人生経験が偏りすぎてしまったようだ。だが、向き合わなければな。)



244:べネット:2013/12/20(金) 22:48:56.72 ID:FEKFUVkB0

メイトリクス家

メイトリクス「ただいま」

小町「あ、お帰りー!どうだった?」ニヤニヤ

メイトリクス「また雪ノ下さんと出くわしたよ」

小町(おお!嫁候補の正妻戦争!)「それで、どうなったの?」

メイトリクス「・・・あの事故の根が深いことが判明した」

小町(そっちか・・・)「でも、誰も悪くないよね?」

メイトリクス「だが感じる責任が各自あるんだろうな。」

小町「そりゃそうだよね・・・」

メイトリクス「俺も運転手だった人に責任を感じずにはいられないしな、そういうことなんだろう。」

小町「・・・小町はお兄ちゃんの味方だからね」

メイトリクス「すまない」

小町「家族だし、当然だよ。」

メイトリクス「ああ、ありがとう。おっと、土産を渡さねばな。」

小町「待ってました!」

メイトリクス家の夜は更けていく



258:べネット:2013/12/22(日) 14:16:41.84 ID:QmfVMfcB0

夏休みが明けて

メイトリクス(久しぶりの学校か、何事もなけりゃいいが。)

結衣「トリッキー、おはよ!」

メイトリクス「おはよう」

結衣「・・・先行くね」

メイトリクス「ああ」

タタタタタ!

昇降口

雪乃「あら、メイトリクス君、久しぶりね。」

メイトリクス「ああ、久しぶりだ。部活はあるのか?」

雪乃「ええ」

メイトリクス「なら顔を出す」

雪乃「わかったわ放課後にね」

メイトリクス「ああ」

ロングホームルーム

静「それでは、文化祭実行委員を決めてくれ。立候補者はいないのか?」

メイトリクス(文化祭か、俺が指揮を執るとゲリラ軍がなぜかできあがるからな、・・・歩く徴兵令と昔は呼ばれたものだ。立候補はしない方がいいだろう。)

「由比ヶ浜さんなんかいいんじゃないの?」

結衣「え!?あたし!?」

「メイトリクス君と一緒にさー!」

結衣「(ナイスパス!)トリッキーはどう?」

メイトリクス「・・・俺が仕切るとそれはそれは厳しいが良いのか?さながら歩く徴兵令だ」

結衣「」

シーン・・・

相模「ならさ、うちが仕切るよ!で、メイトリクス君はその補佐!それならみんな楽しめるでしょ?」

静「他はいないか?」

シーン・・・

静「決定だな」



259:べネット:2013/12/22(日) 14:28:51.53 ID:MtPwQVUL0

文化祭実行委員会場

めぐり「私が生徒会長の城廻めぐりです、皆さんよろしく。」

メイトリクス(・・・雪ノ下さんの後釜がただの優しげな女のわけはないが、あそこまでの怖さは感じないな。)

めぐり「それでは、さっそくこの文化祭の実行委員長を決めてもらいます!ねえ雪ノ下さん、委員長、やってみないかな?はるさんが委員長を勤めたときはそれはそれはすごかったんだよ!」

雪乃「実行委員として善処します」

メイトリクス(雪ノ下に姉の話はしない方がいいですよ先輩)

相模「なら、うちが・・・やってみよっかな」

めぐり「ほんと?えっと・・・?」

相模「2年F組の相模です。こういうの興味あったし、うちもこの文化祭を通して成長したいっていうか・・・」

メイトリクス(うさんくさいな、そもそも一人で勝手に成長しやがれ。人を巻き込むな。・・・言いたいが、言うと面倒なことになるな。)

めぐり「えっと、それじゃあ実行委員長は相模さんに決定でいいですか?」

シーン・・・

めぐり「決定ですね、それでは明日から本格的に業務開始なので今日のところは解散です。お疲れさまでした。」



260:べネット:2013/12/22(日) 14:53:26.05 ID:QmfVMfcB0

奉仕部
ガラガラ
メイトリクス「来たぞ」
雪乃「そう」
結衣「やっはろー・・・」

メイトリクス「・・・」

結衣「・・・」

ガラガラ!

相模「あの、奉仕部ってここかな?」

メイトリクス「そうだが」

雪乃「何か用かしら?」

相模「平塚先生に聞いてきたんだけどー、奉仕部って雪ノ下さん達の部活だったんだー。」

クスクス・・・

メイトリクス(何がおかしいんだ?自分の軽薄さか?)

相模「うち、実行委員長を、やることになったんけどさー、こう、自信がないっていうか、だから助けて欲しいんだ。」

メイトリクス(雪ノ下も俺もその場面を見ているんだがな、それを踏まえてよく顔を出せたな。ある意味大物だ。ヘドが出る。)

雪乃「自分自身の成長というあなたが掲げた目標から外れるように思うのだけれど。」

相模「でも、みんなに迷惑かけたくないじゃん?せっかくの年に一度のイベントだし!」

メイトリクス(これは、雪ノ下が本気で怒りそうな甘ちゃんだな)

雪乃「要するにあなたの補佐をすればいいのね?」

相模「うん、そうそう。」

雪乃「わかったわ」

メイトリクス「!?」

結衣「・・・」

相模「ほんと!?助かるよ雪ノ下さん!それじゃ、お願いね!バイバイ!」

バタン

結衣「ゆきのん、さすがにそれは・・・」

雪乃「いいのよ、もう決めたことなのだから。」

メイトリクス「・・・」

結衣「やっぱり、それはおかしいよ。」

バタン

雪乃「・・・」

メイトリクス「・・・」

由比ヶ浜の後を追うメイトリクス

メイトリクス「待て」

結衣「あたしは、さがみんのことあんまり好きじゃないんだよね、なのにあんな簡単に・・・」

メイトリクス「・・・」

結衣「あたし、思った以上にゆきのんのこと好きなのかも・・・」ボソッ

メイトリクス「・・・」

結衣「ねえ、約束して?ゆきのんが困ってたら助けること」

メイトリクス「可能な範囲でならな」

結衣「そっか、なら安心だ」



264:べネット:2013/12/22(日) 15:35:58.82 ID:widUqdP20

翌日

めぐり「雪ノ下さんが副委員長に決まりました」

雪ノ下「よろしくお願いします」

めぐり「それでは、地元の商工会への通達はどうしましょう?」

相模「うーん、去年はどんな感じだったんですか?」

めぐり「去年は、すごくスムーズだったよ。あっという間に業務が減ってくの。」

相模「それじゃあ、うちらもそれを目標にしましょう!」

雪乃「・・・それなら、なぜ動かないのですか?通達文は考えたの?仕事の割り振りは?」

相模「え、あ」

雪乃「・・・私が決めておきます」

めぐり「おー、さすが雪ノ下さん!」

相模「て



265:べネット:2013/12/22(日) 15:47:38.94 ID:Ohv4J5bK0

相模「・・・」

作業進行調整

相模「それでは、仕事の配分を

雪乃「まって」

相模「なに?」

雪乃「その前に、地元の商工会への通達はしてあるのかしら?」

相模「え?」

雪乃「・・・私がやっておきます、委員長は割り振りを決めてください。」

相模「じゃあ、平等に分けます」

雪乃「そうじゃなくて、誰がどの業務をこなすかです。」

相模「え?」

雪乃「・・・それも私がやります」

めぐり「さすが雪ノ下さん!頼りになるね!」

メイトリクス(・・・やはり出る杭は打たれるのかもな、この先が不安だ。)



267:べネット:2013/12/22(日) 15:54:43.44 ID:Ohv4J5bK0

雪乃「とりあえず、この振った分の作業はこなしてください。今日は解散です。」

ザワザワ

メイトリクス「雪ノ下」

雪乃「何かしら?作業量が多いことに不満でも?」

メイトリクス「それはない、記録雑務の担当もな。だが、少し君への負担が多くはないか?」

雪乃「・・・平気よ、このくらい。」

メイトリクス「住む世界は違うが、俺も有能な人材だということを教えてやる。覚えておけ。」

雪乃「少し、気が楽になったわ。」ニコ

メイトリクス「あまり頼られないようなら、催促にいってやる。」

雪乃「わかったわ」クスクス

メイトリクス「そうか、なら帰るよ。」

雪乃「ええ」



268:べネット:2013/12/22(日) 16:06:08.92 ID:Ohv4J5bK0

翌日 教室

海老名「クラスの出し物は!ミュージカル!☆の王子さまである!」

パチパチパチ!

メイトリクス「待て!何で俺が飛行士なんだ!?」

葉山「俺は王子なのか・・・」

海老名「メイ×はやは薄い本ならマストバイだよ!?いや、マストゲイだよ!」

メイトリクス「お前は何をいっているんだ」

葉山「メイトリクス君は無理だよ、文実あるし。」

海老名「えー!・・・なら、葉山くんが飛行士で、王子役は戸塚王子で!」

パチパチパチ!

沙希「・・・」

海老名「そ・れ・でー、衣装は川崎さん!」

沙希「はぁ?なんであたしなの?」

海老名「制服ちょくちょく改造してるしー?手ゲイ・・・間違えた、手芸が得意なんでしょ?」

沙希「できるけど」

海老名「なら決定!」

パチパチパチ

沙希「はぁ・・・」

戸塚「・・・これ、難しそうだけど僕でいいのかな?」

メイトリクス「適役だと思うぞ」

相模「でねー?」キャッキャッ

「えー?マジー?」

キャハハハハ!

メイトリクス(あのガキ・・・まあいい、文実に行くか。)



271:べネット:2013/12/22(日) 17:42:15.25 ID:Ohv4J5bK0

文実事務所

陽乃「・・・」

雪乃「・・・」

めぐり「あの、二人とも・・・」

メイトリクス「なんだ、ずいぶんキナ臭いな。」(って、ああ・・・そりゃプンプンするわけだ。)

メイトリクス「先輩、事情を聞いてもいいですか?」

めぐり「うん、あのね、有志団体に参加を頼んだらはるさんが来てくれたんだけど・・・」

陽乃「あたしが歓迎されてなくて」テヘッ

メイトリクス(なるほどな)

雪乃「・・・」ムスッ

相模「ごめんなさーい!クラスのほうに顔出してたら遅くなっちゃいましたー!」

めぐり「はるさん、この子が委員長ですよ。」

陽乃「ふぅん・・・文化祭実行委員がクラスに顔を出して遅刻・・・へぇ・・・。」

相模「あ、その・・・」

陽乃「やっぱる委員長はそうじゃなきゃねーれ文化祭を楽しめてこそ委員長に相応しい資格だよね」ニコニコ

メイトリクス(嫌な予感がするな)

相模「あ、ありがとうございます」



283:べネット:2013/12/23(月) 20:08:23.05 ID:W/56Ahr80

陽乃「でさ、委員長さんにお願いなんだけど、あたしも有志団体として参加したいんだけどね?雪乃ちゃんに渋られてて」ニコ

メイトリクス(実に背中の冷える微笑みだ、夏に一台欲しい冷却機能だ。・・・やっぱいらないな。)

陽乃「あれ?メイトリクス君もやるんだ?以外だなー。」

メイトリクス「雪ノ下がやることの方が意外だと思いますが。」

陽乃「そう?あたしはやると思ってたよ。だって部活には居づらいだろうし、『私』が昔、実行委員長だったもん。あの子がやるには十分な理由よ。」

メイトリクス(・・・後を着いてくる妹をおちょくっている・・・違うな、もっと何か・・・)

相模「みなさーん!ちょっといいですかー!」

ザワザワ!ナンダ?

相模「少し考えたんですけど、実行委員はちゃんと文化祭を楽しんでこそかなって。自分達が楽しまないと楽しませられないっていうか?予定も順調だし、クラスも大事だと思うので仕事のペースを少し落としませんか?」

メイトリクス「考えたんですけど?お前の言葉のどこに考えがある?考えるの言葉の意味を分かっているか?」

雪乃「同感よ、バッファを持たせるための前倒し進行で

陽乃「あたしの時もクラスの方、みんな頑張ってたなぁー」

相模「ね?お姉さんもこう言っていることですし、楽しまなきゃ!」ニヤニヤ

メイトリクス「バカかお前は?いや、バカだな。」

相模「はあ?いきなりなに?」

メイトリクス「お前程度の器の人間がそこの雪ノ下陽乃さんや雪ノ下雪乃の真似をしてみろ、すぐに回らなくなるぞ?」

相模「はぁ?真似なんて

メイトリクス「今すぐ委員長を降りるか、きっちり仕事をこなすか選べ。」

相模「きっちり出来てるから仕事減らそうってしてんじゃん!あんたこそバカじゃないの!?」

メイトリクス「はぁ・・・ただのカカシだな。」

相模「意味わかんないんですけど!」

メイトリクス「お前がきっちりこなした仕事はゼロだ、雪ノ下におんぶにだっこだろう。雪ノ下はお前のママじゃないんだぜ?」

相模「あんた、いい加減にしなよ!」

メイトリクス「いい加減にするのはお前だ、質問してやるが、地元の商工会への通達は誰がした?」

相模「それは、雪ノ下さんだけど。」

メイトリクス「タイムテーブルは?進捗管理は?お前がこの委員長になって何をいっぱしにやり遂げて見せたんだ?言ってみろ。」

相模「それは・・・」

メイトリクス「それで作業を減らす?ゼロって数字は減らせないんだ。分かるか?なのにお前は

陽乃「はーい!ストップー!」

メイトリクス「何ですか?」

陽乃「そうやって女の子をいじめないの!」

メイトリクス(この女・・・)

雪乃「とにかく、仕事は減らせないわ、分かったわね。」

陽乃「えー?別に良いじゃない♪」

メイトリクス「・・・『あなたにとっては』ね」

陽乃「・・・」ジロッ

メイトリクス「あなたが責任のある立場なら、恐らくこんなクソみたいな女の言うことなんざ委員会の連中に響かせなかったでしょうね。


雪乃「・・・」



286:べネット:2013/12/23(月) 20:30:16.10 ID:afPbDYK90

陽乃「どうしてそう思うのかな?」

メイトリクス「結果を聞けば、それはそれは綿密でなおかつ妥協のない委員会業務だったことは明らかです。ですが、こんなバカが出したバカな提案をあなたが飲むのはありえない、集団心理として、一人が怠ければあっという間に集団の機能の低下するのは分かっているでしょう。」

陽乃「・・・」

雪乃「沈黙は肯定と同意と取られるわよ、姉さん。」

相模「何が言いたいの?」

メイトリクス「お前がバカで、雪ノ下陽乃はお前のバカの歯止めを聞かないようにしているってこった」

相模「あたしをこんな優しい人がハメるってこと?そんなこというあんたがバカじゃん!」

メイトリクス(暗殺してやろうか・・・いや
、こんなバカにかける時間とリスクは無いか。これぞもったいないだな。)

陽乃「そんなことないよー?あたしは、君に文化祭を楽しんでもらいたくてアドバイスを出してるだけだよ!」

雪乃「楽しむことと、楽をすることは違うのだけれど。」

陽乃「へえ?どう違うのかな?」

雪乃「姉さんの方がよく分かっていると思うのだけれど?」

陽乃「やるね、雪乃ちゃん。」ニコニコ

メイトリクス「それで、お前は委員長を降りるのか?」

相模「降りるわけないじゃん?」

メイトリクス「だったらきっちりこなせ」

相模「はーい」

雪乃「・・・」

メイトリクス「雪ノ下」

雪乃「なにかしら?」

メイトリクス「君はあくまでも『補佐』という名目で委員会にいるんだ。領分を弁えろ、バカはバカなりに使えるようになれ。分かったな?」

雪乃「ぷっ・・・メ、メイトリクス君
・・・分かったわ」プルプル

陽乃「邪魔されちゃったなー」ボソッ



292:べネット:2013/12/23(月) 23:39:49.02 ID:JKsetDPD0

翌日

メイトリクス「相模が来てないな」

雪乃「あなた同じクラスでしょう?」

メイトリクス「いや、授業が終わったと思ったらさっさと教室から出たからな。」

雪乃「そうなのかしら?」

メイトリクス「ああそうだ、てっきりやる気かと思ったんだが・・・」

雪乃「残念ね」

メイトリクス「まあ、いない方が精神的に楽だから構わんさ。」

雪乃「同感よ」

メイトリクス「ただ、委員会の人数まで減っているのは納得いかんな。」

雪乃「そうね」

メイトリクス「少しハードだろう、仕事を俺に回せ、片付けてやる。」

雪乃「それは、あなたのあの山を片付けてからにして欲しいわ。」

書類の山 \デエエエエエエエエン!/

メイトリクス「・・・I'll Be Back」



296:べネット:2013/12/23(月) 23:56:18.43 ID:JKsetDPD0

「これお願いします」ドサドサ

メイトリクス「・・・」ギロッ

「ひっ!お、俺もまだ仕事一杯あるんです!」

メイトリクス「はぁ・・・」

葉山「やあ、有志団体として来たんだけど。」

雪乃「なら私が受け付けるわ」

葉山「ありがとう雪ノ下さん」

雪乃「・・・」

葉山「・・・少し、君への負担が多すぎないか?」

雪乃「・・・これでも、そこの大男にずいぶん助けられているのだけれど。家に仕事を持ち込めば何とかなるレベルまでにはね。」

葉山「さすがだメイトリクス、だけど、いずれ破綻する。手伝うよ。」

メイトリクス「助かる、ありがとう。」

葉山「気にするな」

メイトリクス(こいつの人気は利用できる、人手が欲しいからな。レギュラーとして迎えたいものだ。)



309:べネット:2013/12/25(水) 19:46:12.45 ID:eU64a4Cz0

仕事をこなし、メイトリクス家

メイトリクス「ふう・・・」(デスクワークは息がつまる)

小町(お兄ちゃんが珍しく疲れてる・・・!?)

メイトリクス(とりあえず、何とかなりそうだな。葉山がいなけりゃ、まだ缶詰立ったかも知らん。感謝しなければな。雪ノ下も、無理をしすぎなければいいが。)



310:べネット:2013/12/25(水) 19:55:02.95 ID:9AzJ3qbW0

翌日文実事務所

メイトリクス(雪ノ下のやつ、珍しく来ていないな。)

めぐり「雪ノ下さんはお休みです」

メイトリクス(あの雪ノ下がか!?)

葉山「珍しいな・・・」

メイトリクス「仕方ない、今いるメンバーだけで何とかしよう。」

葉山「任せてくれ」

メイトリクス「ありがとう」

葉山「とりあえず、メイトリクスの雑務は俺がこなすから。雪ノ下さんの代理をしててくれ。」

メイトリクス「わかった」



311:べネット:2013/12/25(水) 20:10:48.29 ID:9AzJ3qbW0

メイトリクス「決済の判子は委員長がつくものなんだがな」

葉山「いない人間になにも言えないよ。」

メイトリクス「・・・」

相模「みんなやってるー?」

メイトリクス「・・・なんのようだ」

相模「委員長だから来たに決まってんじゃん?」

メイトリクス「サボってた委員会に気が向いたから来たってか?」

相模「クラスの方で

メイトリクス「お友だちとピーチクパーチクくっちゃべってたんだろ?」

相模「そんなこと・・・」

メイトリクス「いや、もういいんだ。お前がいなくてもこの委員会は回るからな。というよりもいない方がいい、ずっとサボっててくれ。」

相模「じゃあ、決済はどうすんの?」

メイトリクス「どれが決済の必要な書類かわかるのか?」

相模「・・・」

メイトリクス「俺と、そこの葉山と、お前がなめ腐ってサボっている間に無理をして体調を崩した雪ノ下はすべて把握している。・・・雪ノ下の体の不調の半分は自己責任だ。だからお前を責めない。だが、お前が来ると不愉快だ。消えろ。」

相模「委員長に向かってなにいってんの!?」

メイトリクス「書類はわからない、まともに来ない、挙げ句の果てはこんな様にまで委員会をしてくれやがった。」

相模「っ!」

メイトリクス「何も勤まらないならカカシの方が有益だぞ」

相模「帰る」

メイトリクス「助かるよ」

バタン!

葉山「少し言い過ぎじゃないのか?」

メイトリクス「言い足りないくらいだ、お前も本当は思うところがあるんじゃないのか?」

葉山「・・・お前には敵わないな」

メイトリクス「まあいい、さっさと片付けよう。雪ノ下の具合も心配だ。」

葉山「結衣も連れていってやってくれ」

メイトリクス「?当たり前だろう」



312:べネット:2013/12/25(水) 20:15:04.02 ID:9AzJ3qbW0

雪乃マンション

メイトリクス「立派なマンションだな」

結衣「確かに・・・」

メイトリクス「教えてもらっといて何だが、個人情報がどうのとかうるさくないのか?」

結衣「平塚先生だしね」

ピンポーン

雪乃「はい?」

メイトリクス「俺と」

結衣「あたしだよ、大丈夫?」

雪乃「何か用かしら?」

メイトリクス「プリントを届けに来た」

雪乃「そう、ならオートロックを解除するわ」



313:べネット:2013/12/25(水) 20:24:24.35 ID:9AzJ3qbW0

雪乃ルーム

メイトリクス「さて、これがプリントだ。」

雪乃「ありがとう」

結衣「・・・」

メイトリクス「で、ここからが本題だ。」

結衣「あたしが言うよ」

メイトリクス「わかった」

結衣「ゆきのん、あたし怒ってるからね?どうして頼ってくれないの?」

メイトリクス「・・・」

雪乃「ごめんなさい、人に頼ることがどういうものなのか分からないの。」

結衣「仕方ないじゃ今回は済まないよ・・・」

雪乃「ごめんなさい・・・」

メイトリクス「俺にも責任がある、済まなかった。」

結衣「・・・」

雪乃「・・・」

メイトリクス「俺が言いたかったのはそれだけだ、帰るよ。」

玄関

雪乃「由比ヶ浜さん」

結衣「なあに?ゆきのん?」

雪乃「いつか、きっとあなたを頼るから、それまで待っていてくれないかしら?」

結衣「・・・・・・うん、待ってる。」

雪乃「ありがとう・・・」

メイトリクス(お邪魔しました)

雪乃「待って、メイトリクス君も、ありがとう。」

メイトリクス「ああ」

ガチャ

メイトリクス(あいつら二人は対極にあるが、なかなかどうしてうまくやっていっているな。俺にもそんな相手と出会えるのだろうか?)



331:べネット:2013/12/28(土) 16:07:54.50 ID:F2+0eCcK0

翌日 文実

雪乃「それでは、今日は文化祭のスローガンを決めましょう。」

相模「・・・」

葉山「ONE FOUR ALL ALL FOUR ONE ってのはどうだい?」

メイトリクス「・・・」

雪乃「候補に入れておきます」

メイトリクス「なら『敵前逃亡は死に値する』っとのはどうだ?」

めぐり「どういうこと?」

メイトリクス「真面目にやってきた人間と、委員が忙しいから、面倒だからで持ち場を離れた人間が同じ志を持つのは示しがつきません。なのでやった人間は胸を張れる、やらなかったやつは後ろめたい気持ちで文化祭を過ごしてもらうってコンセプトです。」

シーン・・・

陽乃「プッ・・・ククククク!」プルプル

雪乃「プッ・・・クスクスクス」プルプル

葉山「・・・」

メイトリクス「これ以上ない素晴らしいアイデアだろう?」

めぐり「すごい皮肉だね・・・」

雪乃「・・・・・・メイトリクス君、却下よ。」

陽乃「でも、すごく面白かったなー!」

メイトリクス「全員やっていたならこんなコンセプト思い付かなかったんだがな」ギロッ

シーン・・・



344:べネット:2014/01/01(水) 21:18:20.21 ID:iOFq21XV0

雪乃「それでは、総武高校文化祭のテーマは『 同じアホなら踊らにゃsing a song』に決定しました。」

メイトリクス「・・・」

葉山「・・・」

めぐり「それじゃあ、ラストスパートかけていきましょう!解散!」

メイトリクス(どうしてこうなった)

葉山(もっといいのあったよな?)

雪乃(相模さんは最後まで役に立たなかったわね)

陽乃(メイトリクス君に邪魔されたけど、何とかいけそうかな?ホント強敵なんだから♪)



349:べネット:2014/01/01(水) 23:57:17.71 ID:1sF6EC1f0

妹にお年玉をポン!とやったら五割ましで甘えられた。
ただでも喜んで甘えてほしいもんだぜ

文化祭

結衣「あたしとトリッキーは受け付けね!」

メイトリクス「俺みたいなのが受付ってなんの度胸試しだ?お化け屋敷ではないはずだが。」

結衣「最近自分のゴツさをネタにしてくるよね・・・」

メイトリクス「本音を言えば、他の奴らが貧弱で、俺はあくまでスタンダードだ」

結衣「それだけはないから」

メイトリクス「(´・ω・`)」

結衣「あ、そろそろお昼の時間だし、これ一緒に食べよ!」

つ ハニトー

メイトリクス「なんだこれは?」

結衣「パセラで買ったハニトーだよ!」

メイトリクス「・・・」

結衣「ほら、トリッキーも食べて!」

メイトリクス「・・・パンだな」モサモサ

結衣「美味しいじゃん?」モグモグ

メイトリクス(悪くはないが、良くもないな。)

結衣「あたしね、決めたことがあるんだ。」

メイトリクス「何をだ?」

結衣「待ってても仕方のない相手は諦めることにしたの。」

メイトリクス「雪ノ下のことだな」

結衣「違うよ、ゆきのんはいつかちゃんと来てくれるって分かるんだよ。」

メイトリクス「・・・?まあ、待ってても仕方のない相手なら諦めた方が賢明だろうな。俺も戦場ではそういう相手は自分から特攻していたしな。」

結衣「あたしが言いたいのもそのこと」

メイトリクス「???」

結衣「あたしから行くんだよ」

メイトリクス「そうか」

結衣「そう」

メイトリクス「・・・いくらだ?」

結衣「お金はいいよ!」

メイトリクス「そういうわけにもいかん」

結衣「じゃあ、またハニトー奢ってよ。」

メイトリクス「・・・?いいだろう」

結衣「約束ね!」

メイトリクス(こいつの意図が読めん・・・何のつもりだ?雪ノ下さんにでもなるつもりか?)



363:べネット:2014/01/02(木) 15:19:11.31 ID:xWJvKdh60

体育館

♪♪♪♪


メイトリクス「すごい演奏だな」

雪乃「ええ、そうね。」

メイトリクス「君は姉を好いていないきらいがあると思っていたが、素直なもんだな。」

雪乃「これでも私は姉さんを高く評価しているのよ?ああなりたいもの・・・」

メイトリクス「君は君のままでいい」

雪乃「・・・」

メイトリクス「雪ノ下さんについて分かったことがあるが、このことは君が自分の力で気付かないと一生勝てないから教えない。」

雪乃「そう」

メイトリクス「・・・そろそろ出番だ」

雪乃「ええそうね、行きましょう」



369:べネット:2014/01/06(月) 04:03:41.37 ID:1VtbMkmQ0

ワーワー!

雪乃「大成功ね」

結衣「ホントにね!」

メイトリクス「あとは閉会の挨拶だな」

雪乃「・・・相模さんが見当たらないのだけれど」

メイトリクス「・・・あの女は最後まで!」

結衣「探さないと!」

メイトリクス「アンコールを君たちに任せたい、その間に見つけてみせる。」

雪乃「ずいぶんと自信がありそうね」

メイトリクス「隠れる奴を見つけきれなかったことがないもんでな」

結衣「トリッキーってホントに人間なの?」

メイトリクス「ああそうだ、行ってくる。」

雪乃結衣「メイトリクス君(トリッキー!)」

メイトリクス「?」

雪乃結衣「頼んだわよ(お願いね!)」

メイトリクス「I'll Be Back」b



374:べネット:2014/01/06(月) 22:29:29.15 ID:Q6rDR5iI0

メイトリクス(精神的に追い詰められた人間は、逃げ場を絞る、それは一人になれる場所や知らない人間のいるところへ行くかだ。)

ガヤガヤ

メイトリクス(この場合、奴がよそへ行くことは考えられない、学校の敷地内部にいる、必ずな。)

ガヤガヤ

メイトリクス(・・・孤独な人間と言えば)

プルルルルル!

材木座「はっ!大佐どの、どのようなご用件でしょうか?」

メイトリクス「質問をしたい、お前が一人になるならどこがいい?」

材木座「それなら、自分は目立たずに、他の人間を観察できる場所になります!」

メイトリクス「ありがとう」

ピッ

メイトリクス(根拠は薄いがある、やはり屋上か。)



376:べネット:2014/01/06(月) 22:46:38.65 ID:U5evVhm20

屋上

相模「・・・」

メイトリクス「やはりいたな」

相模「あんた・・・」

メイトリクス「俺で残念だったな、戻るぞ。」

相模「でも

メイトリクス「あわせる顔がないのは今に始まったことじゃない、けじめをつけろといっているんだ。」

相模「・・・」

メイトリクス「立場上、お前が締め括らなければならない。」

相模「うちがいかなくてもあんたが締め括ればいいじゃん!」

メイトリクス「本当にそれでいいのか?」

相模「・・・」

メイトリクス「仕事はしない、しないから出来ない、更には仕事の邪魔すらもする、挙げ句の果ては逃げ出すのか?」

相模「みんなに・・・どう言えばいいの?」

葉山「見つけたよ」

相模「葉山くん!」

葉山「みんな心配してる、行こう。」

メイトリクス(お優しいことだ)

相模「でも、うちはこんなことまでして」

メイトリクス「さっき『みんなに』とお前は言ったがな」

葉山相模「?」

メイトリクス「お前は終始自分のことしか考えていない」

相模「な・・・」

葉山「!!」

メイトリクス「俺は軍人だ、人を探すのは得意だが、少し見付けやすすぎるよな?トーシロの葉山がお前を見付けちまったんだからな。つまり、お前は最初から誰かに優しく連れ戻してほしかったんだよ。」

葉山「・・・」

相模「うちは

メイトリクス「何もせずにいいとこ取りをしようとして見事に失敗する、中々ここまでの醜態は晒せないだろうな。」

相模「あ・・・」ブルブル

葉山「メイトリクス、そろそろ

メイトリクス「だが、最後くらい立派にやり遂げて見せろ。そこの葉山は本気で心配をしてくれていることだしな。」

相模「!」

葉山「・・・」ホッ

メイトリクス「それでもしないんなら仕方がない、俺が代わってやる、ウィットなジョークを交えて、お前よりも遥かに楽しく締め括ってやる。」

相模「分かったよ・・・戻るよ」

メイトリクス「それでいい、迷惑をかけた連中にはきっちり謝れ。それだけだ。」

葉山「ありがとう、メイトリクス。」

メイトリクス「俺は頼まれただけだ、雪ノ下と由比ヶ浜にな。」

相模「ごめんなさい・・・」

メイトリクス「さあ、さっさと戻るぞ。」



386:べネット:2014/01/09(木) 16:52:21.04 ID:BizW09aL0

閉会式

相模「わ わた したちは みんなで協 力しあ い 最高の 舞台を・・・」

メイトリクス「何とかなっただろう?」

雪乃「ありがとう、メイトリクス君」

結衣「ほんと、トリッキーには敵わないよ」

メイトリクス「俺に勝つなんざ十年早い」

葉山「本気でも冗談でも困ることを言わないでくれ」

メイトリクス「葉山」

葉山「俺はお前を利用した、済まない。」

メイトリクス「俺もお前を利用した、済まない」

葉山「?」

メイトリクス「お前と雪ノ下の頭が切れるのは知っている、実行委員の時はお前の人気を利用して人手を集めたし、先の一件はお前がすぐに相模の考えを看過するのも見越していた。相模を迎えに来ることもな。」

葉山「俺が来なかったらどうする気だったんだ?」

メイトリクス「文字通り縛って担いで持ってきてたさ」

雪乃「力にものを言わせるという言葉の化身ね・・・」

結衣「逆に見てみたい」

葉山「俺は結局客寄せパンダでしかないのか・・・」

メイトリクス「つまらんしがらみがあるままならな。分かっているだろう?」

葉山「・・・この恩は必ず返す、覚えててくれ」

メイトリクス「ああ」

雪乃「そろそろ片付けの時間よ」

結衣「頑張ろー!」

メイトリクス「そうだな」

葉山「俺は戸部達のところへ戻るよ、しがらみだとは思ってないからね」

メイトリクス「ありがとう」

葉山「こちらこそ、それじゃ」



397:べネット:2014/01/10(金) 18:50:21.05 ID:1Xr9Jel+0

陽乃「メイトリクス君やるねーー!」ウリウリ

メイトリクス「あなたが色々やらかさなければせずに済んだことばかりです」

陽乃「そんなこと言っちゃってー」

メイトリクス「あなたは結局雪ノ下のために

陽乃「勘のいい男は嫌いだよ?」

メイトリクス「・・・」

陽乃「ホント、とんでもない後輩がいたもんだよ、雪乃ちゃんにはもったいないなー」

メイトリクス「・・・」

陽乃「じゃあね!」



398:べネット:2014/01/10(金) 19:11:02.89 ID:DYyLHPep0

奉仕部

雪乃「あら、メイトリクス君」

メイトリクス「書くものがあってな」

雪乃「そう」

メイトリクス「・・・」

雪乃「・・・」

メイトリクス「そういえば、君の姉さんに会ってきたよ」

雪乃「そう・・・」ムスッ

メイトリクス「何を怒ってるんだ?」

雪乃「怒ってなどいないのだけれど」

メイトリクス「まあいい、あの人も中々面白いぞ、あの腹黒さに慣れちまえばな」

雪乃「なにか含みがあるわね」

メイトリクス「そうか、それは多分雪ノ下さんのが俺にも伝染したのかもな」

雪乃「あなたまで姉さんみたいになれば収拾がつかないわ、すぐに治してちょうだい」

メイトリクス「分かったよ」

ガラガラ

結衣「トリッキー!ゆきのん!打ち上げに行くよ!」

メイトリクス「嫌だ」

雪乃「行かないわ」

結衣「即答!?」

メイトリクス「アホみたいに働いて疲れてるんだ、帰って飯食ってトレーニングして風呂入って寝る」

雪乃「何か余分なものが入っていなかったかしら?」

結衣「トレーニングでしょ!?そんなの出来るなら打ち上げしてもいいじゃん!」

雪乃「それは嫌よ」

メイトリクス「同じく」

結衣「もーーーーーーーー!」

メイトリクス(アクシデントの多かった文化祭だが、何とか無事に終らせることができた。祭りのあとの静けさは好きだ、出来ればもう少し余韻に浸りたい。)

結衣「聞いてんの!?トリッキー!」

メイトリクス(俺は軍人だ、だけど今はただの高校生だ、今を今のうちに楽しもう。こいつらとこうしている貴重な時間を噛み締めて)



404:べネット:2014/01/10(金) 22:20:49.79 ID:1Xr9Jel+0

体育祭

メイトリクス「さて、奉仕部は全員赤組か」

雪乃「あなたをこれほど頼もしいと思ったことは・・・いくらでもあったわね」

結衣「お願いね!トリッキー!」

めぐり「メイトリクス君」クイクイ

メイトリクス「どうも先輩」

めぐり「こないだのこと覚えてる?」

回想 奉仕部

メイトリクス「このメール」

めぐ☆めぐ

雪乃「匿名にする意味が全くないわね」

結衣「先輩だよね」

体育祭に勝ちたい旨が書かれていた

ガラガラ

めぐり「メールみてくれた?」

メイトリクス「ええ、今みていたところです」

めぐり「ほんと!?」ズイッ

メイトリクス(近い)「本当です」

結衣「・・・」ムー!

雪乃「・・・」

めぐり「多分同じ赤組になるはずたからさ、がんばろー!」

回想終了

メイトリクス「私がいれば百人力です、任せてください」

雪乃「その通りだから反応に困るわね」

結衣「あたしも頑張る!」

メイトリクス「君は十人並みだな」

結衣「え?そう?えへへ・・・」

雪乃「十人並みとは普通という意味なのだけれど」

結衣「ひどい!」

めぐり「とにかくさ!今年最後の体育祭に勝ちたいから皆頑張ろー!おー!」

メイトリクス雪乃結衣「おー」

騎馬戦

雪乃「どうして西洋風なのかしら?」

結衣「さあ?」

海老名「私の趣味です!」

材木座「我の趣味でもある!」

海老名「あ、衣装製作はさきさきね」

沙希「さきさきいうな!」

メイトリクス(負ける気がしないな)



413:べネット:2014/01/13(月) 02:09:52.23 ID:SX/714Kj0

メイトリクス「赤組イイイイイイイイイ!!」

ザッ!シュバッ!(整列からの敬礼)

メイトリクス「いいかぁ!クソみてぇな脳ミソの詰まったお前らに教えてやる!憎き白組には葉山がいる!ヤツは優秀で切れ者だ!ヤツの率いる騎馬には最低でも三組はつけておけ!」

材木座「大佐どの!」

メイトリクス「何だ!材木座!」

材木座「そうすると他の攻撃が薄くなり、不安であります!」

メイトリクス「我らが赤組にも優秀なヤツがいる!雪ノ下だ!」

雪乃「!?」

メイトリクス「体力はないがおおよそのことならばやってのける逸材だ!薄くなった分は彼女が補う!作戦は以上だ!」

サー!イエッサー!

葉山「あっちにはメイトリクスと雪ノ下さんがいる、この時点で負け戦だが、刺し違えるアイデアがある」

戸部「兄弟とやりあうんかよー!かー!燃えるわー!」

優美子「雪ノ下さんにはあーしとしても負けたくないし」

海老名「アイデアってなに?」

葉山「俺と比較的手の早い戸部でメイトリクスを押さえるんだ、あいつのあの体だ、俺たちと同じ馬だから、意地の張り合いさ」

戸部「兄弟と力比べは勝てねんじゃね?」

葉山「三人で馬をするわけなんだけど、メイトリクス一人の性能が突き抜けている、思うようには動けないはずだよ。そこを突くんだ」



424:べネット:2014/01/14(火) 18:29:09.56 ID:gJSNU8+o0

騎馬戦開始

メイトリクス「作戦通りなら問題はない!葉山は俺を狙うはずだ!二組ほど俺についてこい!」

サー!イエッサー!

葉山「やっぱり簡単じゃないね」

メイトリクス「お前らも三組か」

葉山「お前の機動力は損なわれている、そこをつかせてもらうよ」

メイトリクス「やってみろ」

オーーーーーーーーーーー!!!

メイトリクス率いる騎馬の個人の性能差、およそ20馬力、もちろん、メイトリクス対二人の合算の馬力差である。

メイトリクス(予想通りの動きにくさ、しかし、葉山達には負けていない、それどころか圧している)

しかし、ここでアクシデント、メイトリクス側の騎馬の一人が足をもつれさせる。

メイトリクス(マズイ!)

葉山「チャンスだ!取れ!」

メイトリクス「させん!」

何とかメイトリクス一人の力で騎馬を葉山の騎馬から遠ざける

葉山「普通そんな真似出来ないんだけどな!」

葉山は手を緩めない、体勢を整える前に決着を着けたいのだ

メイトリクス「ふざけやがってえええええええ!!!」

一進一退の攻防は

葉山「くそっ・・・」

葉山の敗北で幕を閉じた

メイトリクス「・・・素晴らしい勝負だった」

葉山「こっちの完敗だよ」

女子側の勝敗も、雪ノ下の活躍により赤組の勝利に終わった。



432:べネット:2014/01/16(木) 01:45:17.91 ID:giMNW8wA0

棒倒し

メイトリクス「赤組イイイイイイイイイ!!」

ザッ!シュバッ!(整列からの敬礼)

メイトリクス「最後は棒倒しだ!気を引き締めて臨めぃ!」

サー!イエッサー!

キャーハヤマクーン!

シログミガンバレー!

モブ「ちくしょう!葉山の野郎だけ良い思いしやがって!」ワナワナ

モブ2「ビールでも飲んでリラックスしなよwww」

モブ3「モテない俺たちには黄色い声援なんて・・・」

材木座「・・・貴様ら!それでもいいのかぁ!」

全員「!?」

材木座「確かに、我々非モテには黄色い声援は望めないかもしれない!だが!だからといってこの棒倒しにまで負けても良いのか!?我は嫌だ!」

ソウダヨナ、ヤッテヤル!

ヤルゾオオオオオオオ!

ウオオオオオオオオオオオオオ!

戸塚「みんな、がんばって!」

モブ達「/////」(可愛い・・・)

メイトリクス「馬子にも衣裳だな戸塚、よくにあっている」

戸塚「ほんと?えへへ・・・」

全員(白組を血祭りにしてやるぜ)ギラギラ

材木座「者共!敵は白組にあり!かかれええええええええええ!!!!」

オオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!

メイトリクス(材木座のやつ、なかなか集団を扇動するのがうまいようだ、ひょっとしたら良い指導者になれるかもしらんな)



440:べネット:2014/01/18(土) 04:16:48.66 ID:ZM51KLmI0

一方白組は

葉山「相手はあのメイトリクスだ、束になっても敵わない」

戸部「だろうなぁ、兄弟だもんな」

葉山「このままではね」

大和「・・・何かいい作戦があるのか?」

葉山「ねえよ!」

大岡「隼人君?急にキャラ変わってね?」

大和(・・・気付かなかった)

葉山「今までみたいなスタイルで、あいつと渡り合うなんか無理だぜ!」

戸部「いや、そのキャラのが無理っしょ」

葉山「こまけえこたぁいいんだよ!俺はとにかくあいつに勝ちたいんだ!」

大岡「ま、まあ隼人君がこう言ってることだし、付き合うよ」

大和「・・・・・・俺も」

戸部「兄弟には俺も勝ってみてえし、やってやるぜ!」

オーーーーーーーーーーー!!!

葉山(こんな爽やかなだけの奴が勝てるわけねえ!品を捨てて、勝利を掴む!やってやる、やってやる!あいつなんか怖くねえ!)



441:べネット:2014/01/18(土) 04:32:07.29 ID:TLHLJ0b40

棒倒しスタート

オオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!
オーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

リアジュウハブッコロス!

オマエラアンナブルドーザーミカタニシヤガッテ!

ワーワー!

メイトリクス「材木座!」

材木座「はっ!なんでありますか!?」

メイトリクス「ここの指揮はお前に任せる、俺はさっさと棒を倒してくる。任せたぞ」bグッ!

材木座「はっ!御武運を!」ビシッ!

メイトリクス(葉山がネックだな・・・)ザッザッ!

白組モブ「通さねえよ!」

白組モブ2「掛かれえ!」

白組モブ34567「応!」カバッ!

ガシッガシッガシッガシッ!

メイトリクス「・・・」ザッザッザッザッザッザッ!

ナゼトマラン!?

ナンダコノチカラハ!?

マルデムジンノノヲユクガゴトク!!

コノカンジ・・・!?センシャ!?センシャナンデ!?

メイトリクス「・・・」ザッザッザッザッザッザッ!

葉山「まぁ待ちなよ」

メイトリクス「やはり来たな」

葉山「お前をマークしなくて誰をマークするんだ!?」

メイトリクス「はっはっはっ!俺が怖いのか?当然だ、元コマンドーの俺に敵うもんか」

葉山「・・・」スーーーー・・・ハーーーーー・・・

メイトリクス「来いよ葉山!しがらみなんか捨てて、掛かってこい!!」

葉山「誰がお前なんか!お前なんか怖くねえ!作戦なんか必要ねえ!やってやる!お前に勝ってやる!野郎ブッ殺してやぁぁぁぁるぁぁぁ!」ダダダダダダ!



446:べネット:2014/01/19(日) 01:55:14.15 ID:iHOdKXiw0

葉山「おらぁ!」ドンッ!

メイトリクス「むっ!」ズズズズッ!

葉山「どうだメイトリクス!俺も体力には自信があるぜ!」グイグイ!

メイトリクス(いい体の使い方だ)「だが、まだまだ俺に匹敵するほどではないな」

戸部「ヒャッハーーー!」ドンッ!

大和「・・・俺のガタイもなかなかだろ?」グイグイ!

大岡(うん、俺は無理だわ、チビだし)

メイトリクス(なかなかどうして手こずるじゃないか!これはいい!すごくいい!)ググググ!

葉山チーム「おおおおおお!!」ググググ!

メイトリクス「・・・塩田剛三を知っているか?」

葉山「?知っているさ、合気道の達人だろ?」

メイトリクス「そうか、知っているか。なら柔を披露してやろう」スッ・・・

葉山チーム「え」グルンッ!ドサッ!

メイトリクス「・・・一本だな、柔よく剛を制す、軍人やってりゃ俺なんかよりも巨大な相手と殺し合うこともあるもんでな、身に付けているのさ」

葉山チーム「・・・かっ・・・はっ・・・」ブルブル

メイトリクス「すまんな、お前らが思っていたよりやるもんだからつい技に走った、許せ、勝負だからな」ザッザッザッザッ!

葉山(か、勝てなかった・・・とんでもないやつに挑んだもんだ・・・)

戸部(兄弟に勝てるとか、正直甘かった・・・)

大和(・・・痛い・・・)

大岡「三人とも大丈夫か!?(三人の手当てをしないと!)」

メイトリクス「ふん!」

バタッ!

白組「オオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

赤組「・・・」

メイトリクス(こんなに手こずるとは、やるな葉山のチーム、いいチームだ)



453:べネット:2014/01/21(火) 06:28:43.48 ID:9olFgnXn0

翌日

メイトリクス「まさかあれが反則とは・・・」

結衣「三人を一気に投げたことのほうがおかしいからね!?」

雪乃「棒倒しで人が飛べばこうなるでしょうね」

めぐり「いやー、残念だったね!」

メイトリクス「申し訳ありません、私の責任です」

めぐり「いやいや、気にしてないから大丈夫ー」

メイトリクス「それにしても、負けるとやはり悔しいな」

雪乃「そうね、来年は必ず勝ちましょう」

全員「おー!」

メイトリクス(雪ノ下の負けず嫌いの原因は姉の雪ノ下陽乃だろうな)

結衣「よーし!今度こそ打ち上げするよ!」

めぐり「おーいいね!」

メイトリクス「嫌だ」

雪乃「行かないのだけれど」

結衣「もーーーー!またそんなこといって!めぐり先輩からも言ってくださいよ!」

めぐり「わかった!」

ヤイノヤイノ

メイトリクス(バルベルデでドンパチやるよりも楽しいな、これが青春なのだろうか?)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている

以上で終わりです!

b



転載元
雪乃「身長190センチ、髪は茶、筋肉モリモリマッチョマンの変態が居るのだけれど。」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1386946231/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 12:52
      • 八幡が超人化してるんじゃなくて別キャラが主張してるのかあ
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 12:53
      • さすがだメイトリクス
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 12:57
      • だったら漕げばいいだろ!
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 12:57
      • クソ吹いた。病院で読むもんじゃなかったわw
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 12:58
      • メイトリクスの朝は早い(朝帰り)
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 13:00
      • 7時半から空手の恵子があるの
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 13:10
      • トリッキーは卑怯
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 13:13
      • とっても面白い
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 13:43
      • 戸部さんはあの筋肉ダルマによく喧嘩売る気になれましたね...
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 14:30
      • 葉山の唐突なベネット化にはたまげたな
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 14:41
      • 途中まで読んだけどこういうの好き。

        ただ戸塚きゅんまでムキムキになってたら許さない
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 14:43
      • お前のような高校生がいるかw
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 14:45
      • デエエエェェェエエエン
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 14:58
      • こんなの青春ラブコメじゃないわ!ただの第三次大戦よ!
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 15:05
      • アーノルド軍団の次は俺ガイルか
        シュワちゃんって結構SSで使えるキャラだなw
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 15:18
      • 終始ニヤけながら読んだわw
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 15:53
      • そうかボーイジョージはわからんかw
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 15:55
      • この手に限る
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 16:23
      • ※13
        こういう奴時々いるけど、名前が原作主人公なら良いって一体どういう思考からきてるんだろうか
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 16:50
      • メイトリクス、陽乃さんに意見できて守ってくれるし基本真面目だから雪乃とは八幡よりも相性いいかも。面白かった。
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 16:56
      • 原作はよくわからんかったがイチゴ味のプロテインのやばさは同意するわ
        あれはイチゴ味ではなく「自称イチゴ味のプロテイン味」だからな
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 17:07
      • 米30
        この手しか知りません。
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 17:34
      • いたぞぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!
      • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 17:49
      • 原作知らんがさすがムエタイX、ニヤニヤがおさまらんww
        次回作はプレデター、コラテラルダメージ、イレイザーマシマシで頼む
      • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 18:03
      • いちいち脳内再生余裕で吹いた
        最初ほとんど同じで不安だったけど、
        かなり別物でおもしろかったよ!!
      • 38. MCC
      • 2014年11月18日 18:13
      • 5 面白かった!
      • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 18:56
      • 最近ニコ動でコマンドー宣伝しまくるクラフターがいると思ったら、2ちゃんにも同じようなのがいたのかwww
      • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 19:04
      • ※39
        ここはガキのくるとこじゃねえ帰んな
      • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 19:21
      • ただのコマンドーじゃねえか!
      • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 20:22
      • どっかのSSより面白かった(コナミ感)
      • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 20:39
      • 小町もコマチ・メイトリクスなんだな
      • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 20:40
      • 書ききったのが偉いと思うw
      • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 20:42
      • 一番気に入っているのは…このSSだ
      • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 21:00
      • こんなの俺ガイルじゃないわ、只のコマンドーよ!
      • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 21:40
      • 由比ヶ浜をおこさないでやってく起こさないでやってくれ。死ぬほど疲れてる。
      • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 22:05
      • 発想が常人のそれじゃねえw
        でもなんかうまく納まってるし作者すごいわ、面白かった
      • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 23:29
      • 思わず2回目読んじゃったw
        このSSの戸部好きだわ
      • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 23:35
      • どこかのコピペSSのコメ欄とはぜんぜん違う、ご覧の有様である
      • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 23:38
      • コマンドか。
        ソープで再生されてたわw
        とにかく面白かったわw
      • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 23:52
      • コマンドーDVD借りてきちまったよ…
      • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月19日 00:31
      • >メイトリクス家の夜は更けていく


        これ好き
      • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月19日 00:58
      • コマンドーが好き?結構、ではますます好きになりますよ



        材木座が指導者か、ブルーコスモスとか伊達とかかな?
      • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月19日 06:05
      • たまにコブラのセリフがあったぞ
      • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月19日 07:11
      • ※46 だったら読めばいいだろ!
      • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月19日 12:26
      • おもしろかったwww
        久々にあたりのssだと思った
      • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月19日 13:07
      • 原作とは違う意味で痛快だな
      • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月19日 13:07
      • 5 メイトリクス「ただいま、小町。」
        これで吹いたわwwメイトリクス可愛い

        気に入った。評価は星5にしてやる
      • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月19日 13:14
      • これをベネットが書いてんのかと思うと
      • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月19日 14:39
      • 5 アニメでやった話はきっちり消化してるあたりポイント高い
      • 62. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月19日 16:04
      • 5 ※60 もちろんです、プロですから。
      • 63. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月19日 17:32
      • 妹に頭の上がらないメイトリクスくんかわいい
      • 64. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月19日 20:22
      • 続きを書けこのポンコツが!書けってんだよ!
      • 65. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月19日 22:06
      • 5 てっきり棒倒しで葉山に棒を投げるのか思って
        最後までガクブルでした…

        でも面白かったぞ、
        評価5をポンとくれてやる。
      • 66. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月19日 22:08
      • 読んでこいカルロ
      • 67. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月20日 01:13
      • 5 このSSもコマンドーも懐かしいな
        洋画のいいところがでてた
      • 68. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月20日 07:20
      • ベネット着信音かよw
      • 69. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月20日 09:01
      • 5 主人公を変えておきながら殆ど原作通りに事が進んでゆく。
        俺ガイルSSでトップレベルの良SSだと思う!
        すごく面白かったぞ!
        続きが出たら是非とも読みたい
      • 70. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月20日 09:44
      • 貧弱なカカシばかりよく集めたもんですなぁ
      • 71. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月20日 22:30
      • 5 良いSSだ、気に入った お気に入りには最後に入れてやる
      • 72. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月20日 22:32
      • 5 余裕の音だ、馬力が違いますよ
      • 73. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月20日 23:04
      • 俺ガイルという土台のおかげで得してる
        アイマスや魔王勇者もの、他のラノベだったら見る絶えなかったな
      • 74. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月20日 23:27
      • 画を想像するとどうやっても雑コラみたいになる
      • 75. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月21日 01:05
      • 面白かった
        相模の扱いが極端なのは去年末から書いたものだからか
      • 76. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月21日 10:10
      • 地獄に堕ちろ葉山!
      • 77. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月21日 21:41
      • 2期が終わったらまた会おうメイトリクス
      • 78. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月22日 00:21
      • 材木座が調教されてて草
      • 79. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月22日 03:57
      • 5 とんでもねぇ、待ってたんだ。

        評価5を☆PON☆とくれてやる。
      • 80. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月23日 13:37
      • メイトリクスはアメリカで生まれました。
        日本の発明品じゃありません。
        わが国のオリジナルです。
        しばし遅れをとりましたが、
        今や巻き返しの時です!
      • 81. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月23日 20:52
      • 5 17って言っといてアードベック注文したりガールジョージ知ってたり絶対17じゃねえw
      • 82. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月23日 23:41
      • >由比ヶ浜を起こさないでやってくれ死ぬほど疲れてる

        なぜこの台詞をいれなかったんだ?
      • 83. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月24日 05:28
      • また会おう、メイトリクス
      • 84. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月24日 08:30
      • 正直ワロタ
      • 85. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月25日 19:47
      • 材木座「使わなきゃ意味ないでしょ!」
      • 86. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月26日 16:53
      • よく考えたら中の人は187cmだった
      • 87. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月26日 17:09
      • 大佐ァ!
      • 88. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月30日 01:17
      • 5 おめでとう、このSSは評価された。
      • 89. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月30日 21:29
      • ※83
        もう会うことは無いでしょう
      • 90. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月03日 03:33
      • 5 faridyu「永遠に続いてほしかった」
      • 91. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月11日 00:11
      • 5 面白かった! 八幡さんの台詞が、人物が変わった分ちゃんと改変されてる所もgood
        軍人魂感
      • 92. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月14日 05:58
      • 5 最高に面白かった
        てかいずれ、アニメ2期分(7巻以降)もやって欲しいな

        1期分以上に違う展開になる未来しか見えないけどww
      • 93. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年02月01日 16:50
      • 小町/ジョン・メイトリクスとか親どうなってるんだ。。。
      • 94. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年02月25日 22:38
      • 続きだ! 続きを出せ!!
      • 95. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年02月27日 22:30
      • 八幡と違ってメイトリクスは戦場出だからな
        小町の為に戦場から帰って来て高校生活を送ってるだけだ
        だから本当の名前を隠しててもおかしくない、ただの偽名で通しているかもしれんな
        何故なら元は戦場に身を置いていたから命を狙われてもおかしくないしな
      • 96. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年05月07日 18:39
      • 地味に戸愚呂(弟)っぽい台詞が混じってたのが印象的だ・・・
      • 97. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年05月25日 16:38
      • 過去最高のできばえですな。
      • 98. 以下、逸材にかわりましてレインメーカーがお送りします
      • 2015年05月30日 15:32
      • 5 とてもあとらくてぃぶなss
      • 99. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年05月30日 17:04
      • 2 ほとんど八幡の行動をなぞっているだけでしか無い
        メイトリクスならではの反応や展開、締め方を期待したからこの出来は残念
        目新しさが無い、原作の一つの節目まで書ききったことだけしか評価できない。
      • 100. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年05月30日 17:23
      • フルメタみたいでワロタ
      • 101. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年05月31日 14:00
      • 5 面白けりゃ良いんだよ!
        こりゃ最高だな!
      • 102. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年06月01日 23:05
      • 5 こういうぶっ飛んだSSのほうが好みだわ
      • 103. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年06月16日 14:36
      • 凄まじいSSだった
      • 104. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年07月15日 19:14
      • 5 原作好きとしてもかなり楽しめた
      • 105. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年07月22日 11:47
      • 5 ぶっとんだ設定の癖して
        かなり読める構成になってるのはスゴイ
        締めといいすばらしかったよ、気が向いたらまた書いて欲しい
      • 106. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年08月10日 00:47
      • 5 こういうの…好き…!
      • 107. 緋ノ上卑火希
      • 2015年08月31日 04:10
      • 4 こまけぇこたぁいいんだよ!面白ければオッケー♪
      • 108. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年09月09日 12:27
      • 「読者のために続きを書け。OK?」

        「OK!!」ズドンッ
      • 109. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年10月13日 00:26
      • ターミネーターかな…?って思ったらだいたい合ってた笑
      • 110. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年11月19日 09:50
      • 昨日初めてコマンドー見たから大爆笑www
      • 111. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月13日 23:51
      • こんなの俺ガイルじゃないわ!ただのコマンドーよ!!
      • 112. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月30日 13:21
      • 定期的に読みたくなる

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務