TOP

モバP「藤原肇とかいう地上に舞い降りた天女」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:00:53.13 ID:mAIQrK4+o

P「――これがデビュー当時の写真ですね」

ちひろ「わあ、懐かしいですね。この作務衣姿」

P「これが桜祭りの写真で、こっちは一緒に釣りに行ったときのやつですね」

ちひろ「ほうほう……」

P「そして、こないだライブの写真です」

ちひろ「おおー」

P「こうして並べると、いろいろやってたんだなって思いますね」

ちひろ「いやあ、それにしても」


ちひろ「肇ちゃん、綺麗になりましたねえ」



2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:02:29.69 ID:mAIQrK4+o

P「そうですね。こうして比べてみると見違えるようだ」

P「肇、だいぶ変わりましたね」

ちひろ「最初は笑顔もぎこちない感じでしたけど」

ちひろ「今は優しい顔するようになって、これなんか本当に天女みたいですよ」

P「天女、ですか」

ちひろ「ええ、これもPさんのプロデュースの賜物じゃないですか?」

P「いや、俺は別にそんな……」

P「肇が自分で努力して、成長していっただけです」



3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:04:35.95 ID:mAIQrK4+o

ちひろ「あら、珍しく謙遜するんですね」

P「まあ、肇は最初から目指すアイドル像をしっかり持っていましたから」

P「俺はその後押しをしていただけですよ」

P「ほとんど何もしてないです」

ちひろ「ふうん?」

ちひろ「そうですかねえ……」



4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:05:51.80 ID:mAIQrK4+o

P「ところで、さっきの写真、天女みたいだって言いましたよね」

ちひろ「え、あ、はい。これですね」

P「カメラマンも俺も、何にも注文つけていないんですよ。それ」

ちひろ「え?」

P「どういうポーズで、どんな表情でとかって、なんにも言ってないんです」

P「肇の好きなようにやらせたんですよ、全部」

ちひろ「へええ、それでこの出来ですか?」

ちひろ「凄いですね、肇ちゃん」

P「肇の中で、確固としたイメージができてるんですよ。きっと」

P「だから、こっちで口出しするようなことは何一つありませんでした」



5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:07:41.40 ID:mAIQrK4+o

ちひろ「はー、そこまで……」

P「実際、肇は驚くほど成長していますから」

P「俺のほうがついていけてないくらいで」

ちひろ「ふふっ、文字通り雲の上の存在になってしまいそうですね。肇ちゃん」

P「雲の上の……」

ちひろ「天女だけに、ですよっ」

P「……」

ちひろ「あ、あれ?」

P「そうですね」

P「遠くに行ってしまいそうな感じがしますね」

ちひろ「……Pさん?」



6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:09:25.17 ID:mAIQrK4+o

P「いや、なんでもないです」

P「そろそろ仕事に戻りましょうか。写真整理も終わらせないと」

ちひろ「えっ、まだ仕事されるつもりなんですか?」

ちひろ「私はそろそろお暇しようかと思っていたんですが……」

P「あ、ちひろさんはいいですよ。俺はもうちょっとやっていきます」

ちひろ「相変わらず熱心ですねえ」

ちひろ「では、そんな熱心なPさんには差し入れを置いておきましょう」

P「おっ、ドリンクですか?」

ちひろ「いえ」

ちひろ「熱ーいお茶を、いれておいてあげますよ」

P「なんだ……」ガッカリ



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:11:28.96 ID:mAIQrK4+o

――
――――

カタカタ…

カタカタ…ッターン

P「ふー」

P「こんなところか」

P「資料、これで全部かな……あっ」

P「そうだ、ポスター。ポスターどこ置いたっけ」



8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:13:05.59 ID:mAIQrK4+o

P「確かあっちの机に……」ガサゴソ

P「お、あった」


ガツッ


P「ん?」


ガシャン!


P「え」



9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:14:47.66 ID:mAIQrK4+o

P「あ、湯呑が落ちて……」

P「あー、やっちまった」

P「大丈夫かな。割れてたり――」



P「」



P「これ、肇からもらった……」



11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:16:37.65 ID:mAIQrK4+o

――翌日――
――


ちひろ「いやあ、やめておいたほうがいいんじゃないですかね」

P「そうでしょうかね。まだ使えますよ」

ちひろ「だってほら、ここのところなんて……」


肇「おはようございます。Pさん、ちひろさん」

P「うわっ」バッ

P「は、肇か。お、おはよう」

ちひろ「もう、Pさん。隠しても仕方がないじゃないですか」

ちひろ「肇ちゃんだって、こんな状態の使ってほしくないですよ。きっと」

肇「……? どうかなさったんですか?」



12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:18:05.22 ID:mAIQrK4+o

P「いや、その」

ちひろ「これですよ。これ」

肇「あ、この湯呑……」

肇「まだ使ってくださっていたんですね。ありがとうございます」

肇「ふふっ、なんだか懐かしいですね」

ちひろ「これ、肇ちゃんが作ったものなんですよね?」

肇「はい」

肇「デビューしてまだ間もないころ、Pさんにお贈りしたものです」



13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:19:39.21 ID:mAIQrK4+o

肇「都会に来たばかりで、右も左もわからなかった私に」

肇「Pさんすごく良くしてくれて……」

肇「だから、少しでも感謝の気持ちが伝われば、と思って」

P「……」

肇「でも、今見ると焼きが甘いですね。色もちょっと――」

肇「あっ」



肇「これ、欠けてる……?」



14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:21:02.24 ID:mAIQrK4+o

P「すまん、肇!」

P「実は昨日、俺の不注意で落としてしまって」

P「そのときに、多分……」

肇「……」

肇「ひびも、入っていますね」

肇「これは、補修は厳しいかもしれません」

P「う」

P「申し訳ない……」

肇「あ、いえ、そんな、謝らないでください」



15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:22:24.33 ID:mAIQrK4+o

肇「でも、そうですか、ひびが……」

肇「やっぱり、まだ未熟だったということでしょうね」

P「?」

ちひろ「どういうこと? 肇ちゃん」

肇「いえ、普通はそんなに割れたりしないものなんです」

肇「結構丈夫なんですよ。備前の焼き物は」

肇「投げても割れないなんて、言われるくらいなんです」



16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:23:27.66 ID:mAIQrK4+o

ちひろ「へー、そうなんですね」

肇「だから多分、これは私の腕の問題なんです」

肇「もっときちんとイメージを形にできるよう精進しないといけませんね」

肇「Pさん、すみませんでした。お怪我はありませんでしたか?」

P「いや、そんな……。どう見てもこれは俺の瑕疵だよ」

P「せっかくプレゼントしてくれたのに、すまない」

肇「いいんです」

肇「形あるもの…って言うじゃないですか」

肇「きっとこれが、この陶器の運命だったんですよ」



17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:24:35.82 ID:mAIQrK4+o

P「……」

肇「だから、そんな悲しそうな顔しないでください」

肇「私にとっては、そっちのほうが何倍も辛いですから」

P「……」

ちひろ「ほら、Pさんっ」

P「うん」

P「そうだな。ありがとう、肇」

肇「はいっ」



18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:26:10.94 ID:mAIQrK4+o

ちひろ「じゃあ、元気に仕事にもどりましょうか!」

P「ああ、肇はインタビューが入ってたよな。一人で行けるか?」

肇「はい、いつものところですよね? ちょっと準備してきますね」


タタタ…


ちひろ「よかったですね。Pさん」

P「ええ」

ちひろ「ところで、どうしますか? この湯呑」

P「うーん……」


P「ちょっと、捨てないで取っておいてもらえませんか」



19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:27:44.12 ID:mAIQrK4+o

――――
――



P「……」

ちひろ「Pさん、私はそろそろ帰りますが……」

ちひろ「何やってんです? 湯呑とにらめっこなんかして」

P「いえ」

P「流石に未練がましすぎますかね」

P「これじゃ肇に嫌われそうだ」



20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:28:41.82 ID:mAIQrK4+o

ちひろ「あらら、まだ引きずっていたとは……」

ちひろ「よほど思い入れがあるんですね」

P「まあ、そうかもしれません」

P「ちょっと色々、考えていたんです」

ちひろ「……私でよければ、お聞きしますよ」

P「え?」

ちひろ「この湯呑にまつわるエピソード、なにかあるんでしょう?」



21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:29:33.26 ID:mAIQrK4+o

P「別に、そんな面白い話じゃないですよ」

ちひろ「それでも構いませんよ。ここで吐き出しておいてください」

P「吐き出す?」

ちひろ「はい。それですっぱり忘れましょう」

ちひろ「このままうだうだ引き摺られたら、業務に支障をきたしちゃいますから」

ちひろ「そしたら私も迷惑しちゃいますもんね」

P「……ちひろさんは厳しいなあ」

ちひろ「ふふっ、よく言われます」



22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:30:23.24 ID:mAIQrK4+o

――

P「……前に、仕事の都合で肇の実家にお邪魔したことがあったんです」

ちひろ「肇ちゃんの実家って、岡山のですか?」

P「はい。そこで肇の祖父にお会いしまして」

P「そのときにこの湯呑について話したんです」

P「それを思い出してました」

ちひろ「噂のおじいちゃんですか」

ちひろ「頑固な方だとは聞いていますが……」



23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:31:30.55 ID:mAIQrK4+o

P「そうですね、寡黙な方でほとんど話はしませんでした」

P「多分、会話らしい会話はそのときだけだったと思います」

ちひろ「ほうほう」

ちひろ「それで、おじいちゃんは何と?」

P「まず、湯呑のお礼を言ったんです」

P「あんなちゃんとした湯呑を作れるなんて、肇はすごいですね。って伝えました」

P「そしたら、呟くような声で」


P「“焼き物を見る目は無いようだ”って」



24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:32:40.27 ID:mAIQrK4+o

ちひろ「そう言ったんですか? 肇ちゃんのおじいちゃんが?」

P「はい。こうも言ってました」

P「“お世辞にも、あれは良い出来じゃない。完璧にはほど遠い作品だ”、と」

ちひろ「へえー、そんなことを……」

ちひろ「おじいちゃん、肇ちゃんには甘いという印象があったんですけどね」

P「そこは職人ですから、こと陶芸に関しては妥協しないということなんでしょう」

P「それは理解できます、でも……」

P「そのときはなんだかむっとしてしまって――」


P『確かに技術的には未熟かもしれないですけど、俺は好きですよ』

P『肇の表現したいものが何なのか、俺にはちゃんと伝わってきますから』



25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:33:43.88 ID:mAIQrK4+o

P「――って言い返してしまって」

ちひろ「おー、言いますねえ」

P「今思うと恥ずかしいですけど……まあいいです、それは」

ちひろ「それで、どうなりました?」

P「それでお終いです」

ちひろ「は?」

P「会話はお終いです。しばらくじっと俺のほうを見つめて、それ以降は一言も」

ちひろ「え、それだけですか」

P「はい」



26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:35:31.65 ID:mAIQrK4+o

P「でも、帰りの電車で肇が熱っぽく話してきたんです」

P「おじいちゃん、とても機嫌がよかったって」

P「Pさんについていくよう、改めて言われたって……」


ちひろ「へええ、どういうことなんでしょう」

P「さあ、俺にもわかりません」

P「何故なんだろうって、今考えてました」


P「……」

ちひろ「……」



27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:36:38.94 ID:mAIQrK4+o

P「これで話はお終いです。帰りましょうか」

ちひろ「え、あ」

P「この湯呑は、まあ家で保管しておきますよ」

P「一応形は留めていますしね」

P「明日からは、あまり考えないようにしましょう」

ちひろ「そう、ですね」

P「じゃ、事務所の電気落としてきますね」



28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:37:34.32 ID:mAIQrK4+o

ちひろ「Pさん、私のほうで蒸し返すようでアレなんですけど」

P「はい?」

ちひろ「Pさんは今でも言えますか?」

P「何をですか」

ちひろ「肇ちゃんのおじいちゃんに言ったこと、今でも言えますか?」

P「言ったこと……」


P『肇の表現したいものが何なのか、俺にはちゃんと伝わってきますから』



29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:38:40.04 ID:mAIQrK4+o

P「それは――」

ちひろ「……あ、そんな深く悩まなくてもいいんです」

ちひろ「ちょっと頭に浮かんだだけですから」

ちひろ「それじゃあ、私は失礼しますね」

P「え」

ちひろ「Pさん」

ちひろ「肇ちゃんは、日々成長してますからね」

ちひろ「ちゃんと、ついていかなきゃ駄目ですよ」



30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:39:46.90 ID:mAIQrK4+o

P「はい?」

ちひろ「ではっ、戸締りよろしくお願いします」


ガチャ バタン


P「なんなんだ、まったく」

P「……」

P「俺も、帰るか……」



31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:40:40.65 ID:mAIQrK4+o

―――――
――

チュンチュン…


P「……なんか、寝不足だな」

P「あれ、事務所空いてる?」

P「ちひろさん、もう来ているのかな」



32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:41:37.15 ID:mAIQrK4+o

ガチャ

肇「あ、Pさん。おはようございます」

P「あれ? 肇? なんでこんな早く……」

P「ってか、か、鍵は?」

肇「早く来たいからって、昨日ちひろさんにお願いしたんです」

肇「そしたら、快く貸してくださって」

P「何やってんだ、あの人は……」



33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:42:29.16 ID:mAIQrK4+o

P「それで、どうしたんだ?」

P「予定じゃ今日の仕事は10時からだったような……」

肇「それは、その……」

肇「Pさんに、お渡ししたいものがあって」

P「俺に?」

肇「はい、あの」

肇「これを……」



34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:43:39.79 ID:mAIQrK4+o

P「これは、桐箱?」

P「……まさか」

肇「はい。あのままじゃ不便かなって思って」

肇「家から新しいものを持ってきたんです」

P「そっか」

P「新しい、湯呑か」

肇「はい」

肇「自分でいうのもなんですけど、今回のはうまくできたと思うんです」

肇「イメージ通りに、形作れた気がして」

P「……イメージ、通りに」



35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:44:31.05 ID:mAIQrK4+o

肇「Pさん?」

P「あ、ああ。そうだな、ありがとう……」

P「えっと、これ、昨日の今日で用意したのか?」

肇「えっ?」

P「いや、こんなすぐに新しいの持ってきてくれるとは思わなくてさ」

P「いつ作ったんだろうって、ちょっと不思議だったんだ」



36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:45:22.14 ID:mAIQrK4+o

肇「それは……」

P「実家から取り寄せたのか? にしても早いよな」

肇「……いえ」

肇「これは、夏休みに岡山に帰省した時に作ったものです」

P「夏休みに?」

肇「はい、それからずっとこっちで保管してました」

P「ふうん」



37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:46:09.09 ID:mAIQrK4+o

肇「……もっと早くお渡し出来たらよかったのですけど」

P「?」

肇「どうしてでしょうね。機会はいくらでもあったはずなのに」

肇「結局、今日までかかってしまいましたね」

P「えっと、これ……」

P「最初から俺に渡すために?」

肇「はい」

肇「Pさんにお贈りするために作ったものです」



38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:47:05.57 ID:mAIQrK4+o

P「そうか、それは……嬉しいな」

肇「ふふっ、また同じような湯呑で代わり映えしないんですけどね」

肇「でも、その方がかえってわかりやすいかと思って」

P「わかりやすい?」

肇「その……」

肇「以前のものと比較して、どう変わったか」

肇「この数年の私の成長が、伝わるんじゃないかと思って」



39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:47:55.89 ID:mAIQrK4+o

P「なるほどな」

P「肇の成長が、か」

肇「といっても、やっていたのはアイドル活動ですから」

肇「陶芸の腕は、以前と変わっていないんですけど……」

P「はは、まあそうだよな」

P「こっちきてから、レッスン漬けの毎日だったもんな」

肇「ふふっ、そうですね」



40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:49:36.60 ID:mAIQrK4+o

肇「そう考えると、今更かもしれませんね」

P「ん?」

肇「わざわざ湯呑を作って伝える必要なんて、無いのかもしれませんね」

肇「私を成長させてくれたのは、他ならぬPさんなんですから」

P「……そう、かな」

肇「だから、自分でも不思議なんです」

肇「なぜ、これを作ろうと思ったのか」

肇「どうして、Pさんにお渡ししなきゃと思ったのか」



41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:50:40.66 ID:mAIQrK4+o

P「……」

肇「変ですよね」

肇「一番近くで見ていてくれたのは、Pさんなのに」

P「それは……」

肇「あっ、でも前のよりも出来はいいと思います」

肇「今できる、精一杯を注げた気がするんです」

肇「あの、よろしければどうぞ、開けてみてください」

P「……」



42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:51:37.76 ID:mAIQrK4+o

肇「Pさん?」

P「……その前に、ちょっといいかな」

肇「?」

P「肇はさ」

P「最近、すごく綺麗になったよな」

肇「えっ」

肇「き、きれい?」

P「ああ、綺麗になったと思う」



43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:52:26.44 ID:mAIQrK4+o

肇「えっと、あ、ありがとうござます」

肇「ど、どうしてそんな突然……」

P「いや、こないだ過去の資料を整理してたらさ」

P「今までのライブやイベントの写真が、いっぱい出てきたんだ」

肇「写真が、ですか?」

P「そう、肇のデビュー当時の写真もあったぞ」

肇「な、なんだか少し恥ずかしいですね」



44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:53:23.47 ID:mAIQrK4+o

P「過去の写真と見比べてみて、改めて感じたよ」

P「肇、成長したなって」

肇「本当ですか?」

P「ああ、数年前とは見違えるようだ」

肇「ふふっ、そう思っていただけたならうれしいです」

肇「これもすべて、Pさんのおかげですね」

P「……」


P「天女みたい、だってさ」



45:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:54:11.40 ID:mAIQrK4+o

肇「えっ?」

P「ちょっと前に撮影しただろ。ビルの屋上で、摩天楼を背景に」

P「あの写真、ネットに出回って少し話題になったんだよ」

P「“地上に舞い降りた天女のようだ”ってさ」

肇「天女、ですか……」

P「誰が言ったか知らないけど、うまいこと言うもんだよ」

P「俺も、そういう風にしか見えなくなったからな」

P「天女みたいだな、って」

肇「……」



46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:55:13.57 ID:mAIQrK4+o

P「……肇は成長したと思うよ。それは本心だ」

P「でもな、それが俺のおかげかって言われると」

P「ちょっと違うんじゃないかって、思うんだよ」

肇「そんな……」

P「最近、よく考えるんだ」

P「俺は、肇にきっかけを与えただけなんじゃないかって」

P「それこそ、どっかの伝説じゃないけど」

P「俺はただ、羽衣を拾っただけの存在なんじゃないかってさ」

肇「そんなこと……」



47:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:56:00.33 ID:mAIQrK4+o

P「プロデューサーのくせに、何を無責任なって思うよな」

P「俺もそう思う。でも……」

P「少し、怖いんだ」

肇「怖い……?」

P「肇、さっき言ったよな」

P「この湯呑は、イメージ通りにできたって」

P「今できるすべてを注げたって」

P「俺はそれを見るのが、少し怖いんだ」



48:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:56:47.20 ID:mAIQrK4+o

肇「……」

P「ごめん。何言ってんのかわかんないよな」

P「実際、俺だって何が言いたいのかよくわからない」

P「ただ、今はさ」

P「これを開けて中を見る勇気がないんだ」

肇「……」

P「変な話だよな」



49:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:57:42.47 ID:mAIQrK4+o

肇「……おじいちゃんに言われたんです」

P「?」

肇「これを作ったとき、おじいちゃんに言われたことがあるんです」

P「おじいさんが……」

肇「はい」

肇「いつもは技術的なことがほとんどなんですけど」

肇「そのときだけは、作品の出来には何も触れないで」

肇「一言、こう言ってきたんです」


肇「“Pさんとは、ちゃんと心を通わせているか”と」



50:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:58:40.25 ID:mAIQrK4+o

P「心を……」

肇「私、何も答えられませんでした」

肇「唐突だったから、とっさに返答できなかったのもあるかもしれません」

肇「でも、それだけじゃなくて――」

P「……」

肇「思えば、それが気になって」

肇「今までこれを渡せずにいたのかもしれませんね」



51:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 20:59:38.85 ID:mAIQrK4+o

P「そっか」

P「あのおじいさんがね……」

P「全部お見通しというわけだ」

肇「……」

肇「でも、Pさん。でもですよ」

肇「それでも私は今日、これを持ってきたんです」

肇「Pさんに、見てもらうために」

P「肇……?」



52:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:00:29.66 ID:mAIQrK4+o

肇「昨日、Pさんが欠けた湯呑を大事そうに持っているの見て」

肇「このままじゃいけないって、思ったんです」

肇「このままじゃ……」

肇「ごめんなさい。何がいけないのかは」

肇「うまく言葉にできないのですけど……」

P「……」



53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:01:36.47 ID:mAIQrK4+o

肇「そう、Pさんは私のこと天女みたいだっておっしゃいましたよね」

P「あ、ああ……」

肇「私はそんな風に、自分をイメージしたことはないんです」

肇「私は、誰の力も借りずに飛べるような強い存在じゃないんです」

P「お、おう……?」

肇「私は、そうです。私は……」


肇「私はきっと、ここにある湯呑そのものです」



54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:02:36.96 ID:mAIQrK4+o

P「え? ゆ、湯呑?」

肇「はい」

肇「この湯呑は、単体では立つこともままなりません」

肇「誰かに支えられて、きちんと立たせなければ」

肇「途端に落ちて、床に転がってしまうことでしょう」

P「う、うん……?」

肇「それだけじゃありません」

肇「陶器はその本質を理解する人がいなければ、価値を持ちません」

肇「真価を発揮してくれる人がいなくては、輝けないんです」

P「……」

肇「アイドルとしての藤原肇が皆さんの目にどう映っているのか、私にはわかりません」

肇「でも、私は、私自身は」

肇「自分のことを、この湯呑と同じようにとらえています」



55:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:03:36.38 ID:mAIQrK4+o

P「……」

肇「Pさん、私は一人じゃ駄目なんです」

肇「いままでだってそうでした。Pさんがいなければ……」

肇「私はアイドルとして、ステージに上がることはできなかったでしょう」

肇「そしてそれは、これからだって同じです」

肇「だから、だからPさんと……」


肇「Pさんと一緒でなくちゃ、駄目なんです」



56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:04:30.01 ID:mAIQrK4+o

P「肇……」

肇「……」ハッ

肇「す、すみません。私、何言ってるんでしょう」

肇「ごめんなさい。矢継ぎ早にこんな……」

P「……いや」

P「……」

P「この湯呑が、か」

P「ずいぶん近くにいたもんだ」



58:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:05:30.76 ID:mAIQrK4+o

肇「Pさん?」

P「俺は今まで、何を見てたんだろうな」

P「天女だなんて、勝手に祀り上げて」

P「担当アイドルを見失ってるんだから、世話ないよな」

肇「……」

P「おかしな話だ。肇はここにいるのに」

P「そう言われるまで気付けないなんて」



59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:06:44.00 ID:mAIQrK4+o

肇「……」

P「なんとなくだけどわかったよ。俺の馬鹿さ加減にさ」

P「すまないな。頼りないプロデューサーで」

肇「いいえ。そんなことありません」

肇「Pさんは私の大事な、大事な人です」

P「……」

P「ありがとう、肇」

P「俺さ。これ、開けてみるよ」



60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:08:02.47 ID:mAIQrK4+o

肇「えっ」

P「きちんと向き合うことにする。肇とも」

P「肇が何を表現したいのか、何をイメージしたいのか」

P「今の俺じゃわからないかもしれない」

P「でも、きっとまた隣に立つから」

P「必ず、追いつくからさ」

P「……それでもいいかな、肇」



61:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:09:00.59 ID:mAIQrK4+o

肇「……はいっ」

肇「私のほうこそ、よろしくお願いします、その――」



肇「これからも、ずっと――」



62:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:09:49.29 ID:mAIQrK4+o

―――
――


ガチャ

ちひろ「おはようございまーす」


P「……ちひろさん、今何時だと思ってるんですか」

ちひろ「あ、Pさん。おはようございますっ」

ちひろ「肇ちゃんはどうしましたか?」

P「とっくに仕事に行きましたよ、もう」



63:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:10:55.65 ID:mAIQrK4+o

ちひろ「そうですか。……少し遅かったですかね」

P「アイドルに事務所の鍵渡して、自分は社長出勤とは」

P「どういうことなんですかね。まったく」

ちひろ「ふふふ、まあそう怒らないでくださいよ」

ちひろ「でも、良かったじゃないですか」

P「何がですか」

ちひろ「その分、いつもより有意義な朝を過ごせたんじゃないですか?」



64:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:11:48.66 ID:mAIQrK4+o

P「なっ……」

ちひろ「顔にそう書いてありますよ」

P「まさか、全部知ってて……」

ちひろ「さて、どうでしょうかね……あっ」

P「?」

ちひろ「Pさん、ひょっとしてそれ」

ちひろ「肇ちゃんからのプレゼントですか?」



65:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:12:34.94 ID:mAIQrK4+o

P「ええ。朝持ってきてくれたんですよ」

P「新しい湯呑だそうです」

ちひろ「わー、私見たいですっ。見せてくださいっ」

P「どうぞ」

ちひろ「おおーすごい。これも肇ちゃんの手作りですか?」

P「はい。夏休み中に作っていたそうです」

ちひろ「ふうん……でも、これ」


ちひろ「前のとはだいぶ、趣が違いますね」



66:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:13:50.49 ID:mAIQrK4+o

P「そうですね」

ちひろ「あ、Pさんもそう思いました?」

P「はい」

ちひろ「こう、なんていうんでしょうね。こういうの」

ちひろ「前のよりもっと……」


ちひろ「……うーん。私じゃうまく表現できないな」

ちひろ「Pさんは、どんな印象を持ちました?」



67:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:14:52.08 ID:mAIQrK4+o

P「俺ですか? 俺もうまく言えないですけど……」

ちひろ「それでもいいですよ」

ちひろ「今のPさんの感想を、聞かせてください」

P「……」

P「そうですね」

P「以前のよりも、なんだか――」



68:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:16:01.20 ID:mAIQrK4+o

P「――かわいい感じが、しますよね」




―終わり―



69:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:17:03.14 ID:mAIQrK4+o

後はおまけ



70:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:18:13.44 ID:mAIQrK4+o

カランカラン…


店員「いらっしゃいませ。おひとりですか?」

P「あ、いや」

P「えっと、あそこの席いいですか?」

P「多分、知り合いだと思うんで……」

店員「あっはい。かしこまりました」



71:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:19:30.27 ID:mAIQrK4+o

肇「……」ジー…


P「……何か面白い飲み物でもあったか?」

肇「あっ。す、すみません、まだ決まってなくて……」

P「いや、注文を取りに来たわけじゃないんだが……」

肇「えっ?」

肇「」


肇「P、Pさんっ?」



72:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:20:33.89 ID:mAIQrK4+o

P「よかった。やっぱり肇だったか」

P「変わった格好してたから、少し不安だったけど」

肇「ど、どうしてここに……」

肇「あっ」

P「?」


肇「……いえ。違います」

P「え」

肇「わ、私は肇などでは……」

P「……ほおー」



73:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:21:39.65 ID:mAIQrK4+o

P「そうですか、それは失礼しました」

P「知り合いと良く似ていたので、勘違いしてしまいました。すみません」

肇「あ……」

P「よくよく考えてみれば、肇がこんなところにいるはずないよな」

P「かわいいカフェに、一人お忍びで来るなんて、なあ」

肇「え、え?」

P「眼鏡も帽子もオシャレにきめて、違和感なく溶け込んでるなんて」

P「とてもあるはずがないよな」



74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:22:32.35 ID:mAIQrK4+o

肇「えと……」

P「あんまりいつもと違うから、思わずドキッとしたのにな」

P「すごいかわいいなって、一瞬ときめいてしまったよ」

肇「か、かわ……」

P「まあ、別人だったわけだけど」

肇「……」



76:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:23:30.50 ID:mAIQrK4+o

肇「その、Pさん。す、すみません」

肇「あの、私……やっぱり肇です……」

P「……」

肇「……」

P「うん」


P「知ってた」



77:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:24:44.19 ID:mAIQrK4+o

―――
――――


肇「……」プク

P「肇さん。からかっていたことは謝罪しますので……」

P「どうかご機嫌を直していただけないでしょうか」

肇「……」プク

P(フグみたいになっとる)

P(……どっちかというとリスかな)



78:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:25:53.81 ID:mAIQrK4+o

肇「……?」

P「あ、いえ。なんでもないです」

P「おっ、このパンケーキとかすごくうまそうじゃないか?」

P「どうだろう、肇。これとか頼んでもいいかな」

肇「……」チラッ

肇「……」ジー…

P(すごく興味ありそう)



79:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:27:22.93 ID:mAIQrK4+o

肇「……あの、Pさんがよければ、頼んでもいいですよ」

P「お、ありがとう。じゃあこれ頼もう」

P「あと、飲み物どうしようか。なんかたくさん種類あるけど」

肇「えっと、そうですね……」

P「メニュー見る?」

肇「あ、ありがとうございます」

肇「……」ジー…

P(めちゃくちゃ真剣だ……)



80:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:28:16.25 ID:mAIQrK4+o

肇「……Pさんは、ホットコーヒーですか?」

P「うーん、そうだな」

P「ここはあえて、こっちにしようと思う」

肇「こ、これですか?」

P「変かな」

肇「いえ、でも、すごく甘そうですよ。クリームも乗ってて……」

P「いいよいいよ。せっかくこういうとこ来たんだからさ」

P「ちょっと趣向を変えてみるのも、悪くないだろう」



81:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:29:12.90 ID:mAIQrK4+o

肇「趣向を……」

P「そう、いつもコーヒーじゃつまんないしな」

P「何事も挑戦してみるもんだ」

肇「挑戦、ですか」

P「ああ、肇もチャレンジしてみるといい」

P「なんたって今日は俺がいるからな。なんでもどんとこいだ」

肇「……はいっ。じゃあ、私もちょっと冒険してみますっ」



82:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:30:21.39 ID:mAIQrK4+o

P「よし、決まったか。じゃ店員さん呼ぶぞー」

肇「はい。あの、Pさん」

P「ん?」

肇「ありがとうございます。私を見つけてくれて」

P「なんだ、いきなり」

肇「いえ、なんとなく……」

肇「今日は私、イメージを変えてみたんです」

肇「普段着ないような服を着て、帽子かぶったりして」

肇「少しだけ不安だったんです。溶け込めているか」



83:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:31:02.83 ID:mAIQrK4+o

P「確かに、だいぶイメージが違うからな」

P「まあでも、問題なく溶け込めていると思うよ」

肇「ふふっ。そう言っていただけるとうれしいです」

肇「それでも、Pさんは私を見つけてくださいましたよね」

P「そうだな」

肇「どうして、私だってわかったんですか?」

P「……さあ、なんでかな」

P「俺が肇のプロデューサーだからかな」


P「もしくは……」



84:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:33:17.65 ID:mAIQrK4+o

肇「もしくは?」

P「……ま、まあいいじゃないか」

P「理由なんてどうだってさ」

肇「そうですか? ちょっと気になります」

P「と、とにかく」

P「無事見つかったんだから、それでいいんだよ」




P「――見つけられるように、なったんだからさ」



85:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/16(日) 21:34:23.32 ID:mAIQrK4+o

陶器市に行って、一緒に大皿を選びたいアイドルNO1です。

html依頼してきます。



転載元
モバP「藤原肇とかいう地上に舞い降りた天女」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416135643/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月16日 22:25
      • あ~、可愛いんじゃ~
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月16日 22:27
      • イイネ・
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月16日 22:28
      • タイトル見て褒め殺していくSSかと思ったら違った
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月16日 22:34
      • 苺が似合うあの子の方が天女ですよ
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月16日 22:44
      • イズルPかと思って速攻※欄飛んだけど大丈夫そうかな?
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月16日 22:45
      • この雰囲気好きなんじゃ〜
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月16日 22:52
      • プロデューサーの湯飲みとかしぶりんの唾液でベタベタしてそう
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月16日 23:03
      • 苺「このいちごパスタに私の想いが込められています。」
        紅「…ウンメイノー赤い糸…」
        蒼「私の思いを込めた花を贈らなきゃ…」
        未亡人っぽいアイドル「が、がおー(想いが伝わるかしら…)」
      • 9. 以下、VIPにかわりまして巫女がお送りします
      • 2014年11月16日 23:04
      • (芳乃と茄子から祈祷により力を授かる音)
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月16日 23:20
      • 湯飲みの代わりに眼鏡どうぞ。
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月16日 23:20
      • 地の文じゃなければ安全だから、安心して読めるよ
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月16日 23:25
      • 肇も周子もなぜ声がつかない!!総選挙上位常連なのに!!(血涙)
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月16日 23:25
      • 警戒しといてよかったぜ
      • 14. 以下、VIPにかわりましてふわふわうさぎがお送りします
      • 2014年11月16日 23:30
      • 湯呑みを叩き割る音
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月16日 23:35
      • このPは人体と健康に支障がない程度で爆ぜるべきですねぇ
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月16日 23:40
      • ※12
        逆に考えるんだ
        配役を吟味してるから時間かかってるんだと
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月16日 23:41
      • 5
        うおおおおお…素晴らしい!
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月16日 23:49
      • 5 や肇天
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月16日 23:51
      • そうだよこういうのでいいんだよ
        謎鬱展開はいらないんだよ
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月16日 23:54
      • 肇ちゃんは天女だが無課金には優しくない
        あとフェスS全一さんのせいで不憫なイメージに拍車がかかった
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月16日 23:59
      • 良いぞ~
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 00:26
      • 5 肇ちゃんは悪くない。おじいちゃんももちろん悪くない。
        だが「岡山」「親父」のイメージが並ぶと俺の中の何かが疼き出す…


        あ、SSは最高でした。やっぱり肇ですマジ可愛い
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 00:39
      • 5 グッド。
        Coで一番好きな娘だなぁ。
        無課金だがこの間の復刻で浴衣特訓前をお迎えできたのでうれC
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 01:08
      • 5 肇ちゃん、かわいい!
        肇ちゃん、美優さん、奏ちゃんはSRの数と選挙での順位的にそろそろ声付いてもいいと思う
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 01:10
      • 肇ちゃんは正統派アイドルなんだよなー。もうちょっと微課金でも手が届く相場なら、もっと近くて親近感も出るのに、もったいないよな
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 01:26
      • スマイル差分持ちでも声つきでもないにも関わらずSR艦隊が作れる稀有な存在
        なお、三度の上位報酬と二度の期間限定ガチャで登場という鬼仕様の模様
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 01:54
      • 例の人は地の文じゃないのもあったような
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 01:54
      • 掛け値なしに良いSSだった
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 02:21
      • 確かに肇ちゃんはレベルが高すぎて下手するとPや将来の中の人がついてこれなさそうな感じはあるな…
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 02:50
      • 地上に舞い降りた天女?
        まさしく僕の事ですね‼︎(フフーン顏)
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 03:32
      • ※30
        優しく撫でるように腹パン
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 04:14
      • ※30
        無言のスカイダイビング強要
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 05:16
      • 素晴らしいな
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 05:57
      • しかしアイドルにはじめちゃんとつくと
        はじめちゃんが一番!を思い出してしまう
        SSよかったです
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 06:41
      • (ぴにゃこら太を何度も串刺しにする音)
      • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 07:17
      • 早速、茜を思い出した俺は毒されているようだ…(アンソロ感)
      • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 08:30
      • 5 ええやん(ええやん)
      • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 08:31
      • タイトル名前確認即※欄余裕
      • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 08:40
      • かわいいのう。かわいいのう。
        玄人な趣だけど大和撫子のような少女やでぇ
      • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 09:03
      • 長い間、可愛いと言われ続けたけど、中々sレアどころかレアすらなかったという印象が強いせいか、遠くに行ってしまった感が凄いアイドル。

      • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 09:46
      • 5 いけるやん
      • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 10:01
      • ?「あれは饂飩職人!」
      • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 12:03
      • モバマスC(シンデレラ)って特定のキャラが嫌われるようなイメージは皆無だと思った事があったけど、実際はそうでもないのか?

        何で…というかそもそも肇って何だかんだで嫌われてたりするのだろうか?
      • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 12:55
      • ※43
        肇を使って変なSSを書くやつがいるんだ。
      • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 13:15
      • うどん職人だのロリコンだの不当なレッテルを跳ね除けて天女へとジョブチェンジを果たした肇ちゃん
      • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 16:49
      • 天女ね……
        人外組の仲間入りか?
      • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 22:42
      • 歌鈴とセットじゃなきゃ大丈夫だから(震え声)
      • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月17日 22:52
      • 5 失礼な話なんだが肇ちゃんの名前だけで身構えてしまう 
        SS自体は凄い良かった
      • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 06:45
      • ※22
        申し訳ないが岡山の県北で盛りあった親父の話はNG
      • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 10:19
      • 肇ちゃんは天女、いいね?
      • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月18日 12:43
      • はい
      • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月19日 03:52
      • どうやらこのSSは大丈夫っぽいな、よし
      • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月19日 15:07
      • 最近は良心的な肇P作者多くて良い
        これもとても良かった
      • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年08月30日 04:44
      • せーーーーふ

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務