TOP

穂乃果「絵里ちゃん家の子になる!!」

1: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/15(水) 22:49:37.14 ID:1IALDzuHo

穂乃果「もう怒った!!お母さんなんて知らないっ!!」

ほのママ「あのねぇ…アンタももう高校生なんだから……」

穂乃果「歳なんて関係ないもん!お母さんのバカ!!」

ほのママ「…」イラッ

ほのママ「アンタ今母親に向かってバカって言った?ねぇ?」ゴゴゴゴゴ

穂乃果「だってそうでしょ!私は悪くないよ!!」

ほのママ「…いいかげんにしなさいっ!!」

ほのママ「ワガママばっかり言うんじゃないの!もう子供じゃないのよ!?」

穂乃果「子供だもん!べー!!」

ほのママ「…こっち来なさい」

穂乃果「嫌だ」

ほのママ「来なさいっ!!」バンッ

穂乃果「絶対嫌だ!謝ってくれるまで言うこと聞かない!!」

ほのママ「このっ…」

穂乃果「ふんっ!!お母さんなんて大っ嫌い!!」ダダダダダ

ほのママ「ちょっ!待ちなさい!!どこ行くの!?」

穂乃果「っ!!」バタンッ

ほのママ「穂乃果!?穂乃果―!!」



2: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/15(水) 22:56:21.54 ID:1IALDzuHo

雪穂「…お姉ちゃん飛び出してったけどなんかあったの?」

ほのママ「…」ブスー

雪穂「なんかあったんだね」ハァ

雪穂「それにしても家出する高校生とか聞いたことないよ…」

ほのママ「…どうせお腹が空いたら帰ってくるわよ」

雪穂「だといいけど…」

雪穂(まあお姉ちゃんの行動範囲なんてたかが知れてるし…大丈夫だよね?)


・・・


穂乃果(まったく…お母さんはまったく)プンプン

穂乃果(私にばっかり厳しいんだもん…雪穂には甘いくせに)

穂乃果(…)

穂乃果(はっ!もしかして私ってホントの子供じゃなかったり……?)

穂乃果(きっとそうだ!そうだよ!だから厳しいんだ!!)

穂乃果(…)

穂乃果(それなら……)



4: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/15(水) 23:03:52.67 ID:1IALDzuHo

――――――――――――――――――
―――――――――――――
――――――――
―――


穂乃果「今日から絵里ちゃん家の子になります!!お願いしますっ!!」

絵里「…」

亜里沙「??」

絵里(唐突すぎて何が何だか…)

絵里「と、とりあえずあがって?」

穂乃果「いいの!?やったー!!」ダキッ

絵里(まさか追い返すわけにもいかないでしょ…)ナデナデ

亜里沙「…」ウーン

亜里沙「…」ウーンウーン

亜里沙「…」ハッ!!

絵里「?」

亜里沙「ケッコン!?お姉ちゃんたちケッコンするの!?」

絵里「しません!!」/////



5: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/15(水) 23:14:02.84 ID:1IALDzuHo

・・・


絵里「つまり家出してきた…と」

穂乃果「そうなの!だからずうずうしくて申し訳ないんだけど…泊めてもらえないかなぁって」

絵里「…」

絵里「亜里沙ー」ボソッ

亜里沙「?」

絵里「雪穂ちゃんに、穂乃果はウチに居るから安心して…って連絡しておいてもらえる?」

亜里沙「安心?」キョトン

絵里「お願いね?」

亜里沙「…うん!わかった!」テクテク

穂乃果「でもね、お母さんってば酷いんだよ!?」

穂乃果「仕方ないとは思うけどー…すぐ雪穂を贔屓するしー私のお願いちっとも聞いてくれないしーうんたらかんたらー…」

絵里(愚痴の内容が幼稚園児レベルなのは気のせいよね…?)

絵里「…ところで」

穂乃果「それでその時ー…ん?」

絵里「穂乃果はどうしてウチに来たの?」



7: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/15(水) 23:23:59.76 ID:1IALDzuHo

穂乃果「…」

穂乃果「ごめん。迷惑だったよね」シュン

絵里「違う違う!そうじゃなくて…海未とか、ことりとか…いるじゃない?」

穂乃果「あー…うん」

絵里「?」

穂乃果「実は…家出するの初めてじゃないんだよね」

絵里「…」

穂乃果「で、小さい頃に海未ちゃん家にもことりちゃん家にもお世話になったことがあるんだけど…」


~~~~~~~
~~~~~~~


うみママ「穂乃果さん。本当にウチの子になる気はありませんか?」

ほのか「?」

うみ「おかあさま!めいあんです!!」

ほのか「え…でも……」オロオロ

うみママ「そうですよね…穂乃果さんは私の事なんて嫌いですものね…」オヨヨヨ

ほのか「そ、そんなことないよ!ほのか、うみちゃんママもだいすきだよ?」

うみママ「!!」



8: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/15(水) 23:28:55.67 ID:1IALDzuHo

うみママ「ふ、ふふっ…」ニヤニヤ

ほのか「?」

うみママ「…」ハッ

うみママ「えー…ごほん。そうと決まれば園田の子として恥じぬよううんぬんかんぬん…」

ほのか「???」


~~~~~~~
~~~~~~~


穂乃果「そして次の日は5時起床で朝稽古…」

穂乃果「普段の立ち振る舞いから言葉づかいまでみっちり矯正され…」ガタガタ

絵里「…」

穂乃果「いやホント、迎えに来てくれたお母さんが神様に見えたよ」エヘヘ

絵里(海未のお母様はどこまで本気だったのかしら…)

穂乃果「あのトラウマがあるので海未ちゃん家はちょっと…」

絵里「…なるほどね」

穂乃果「それからしばらくして今度はことりちゃん家にお世話になった時は…」



9: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/15(水) 23:33:46.20 ID:1IALDzuHo

~~~~~~~
~~~~~~~


ことり「やーん!かわいい~!!このお洋服も似合ってる~♪」ルンルン

穂乃果「え~…ちょっとはずかしいよぉ…」

理事長「じゃあ次は…これなんてどうかしら?」スッ

ことり「ぜっっっったい可愛いよ!!さあ着替えて?穂乃果ちゃん!!」

穂乃果「ちょ…ちょっと待って…」

ことり「さあ早く!ぬぎぬぎして!!」ハァハァ

穂乃果「こ…ことりちゃん?なんか怖いんだけど…」

ことり「気のせいだよ…さあ!」ハァハァ

穂乃果「う、ううぅ…」チラッ

理事長「?」

穂乃果「た、助けて…」ウルウル

理事長「…ごめんなさい」

理事長「私も見てみたいかなーって♪」エヘヘ

穂乃果「」


~~~~~~~
~~~~~~~



11: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/15(水) 23:39:43.77 ID:1IALDzuHo

穂乃果「とまあこのように着せ替え人形にされた過去があってですね…」

絵里「…大人気ね」

穂乃果「それ以来お泊りするのには勇気が…」ズーン

絵里「…」

絵里「まあ、1日2日泊まるくらいなら好きにしていいわよ?」

穂乃果「ホント!?絵里ちゃんありがとうー!!大好きー!!」ギュー

絵里「…」/////

絵里「そ、そのかわり…ちゃんとお母様と仲直りするのよ?いい?」

穂乃果「それは……お母さん次第と言うかなんと言うか……」

絵里「あんまり長引くようなら追い出すからね?」ゴゴゴゴゴゴ

穂乃果「うっ…」



14: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/15(水) 23:44:52.87 ID:1IALDzuHo

穂乃果「そ、そうだ!私に何かしてほしい事ない?」

絵里「お母様と仲直r」

穂乃果「それ以外で!炊事洗濯家事などなど!!」

絵里「…できるの?」ジー

穂乃果「…お皿洗い…とか」

絵里「…」

絵里「ま、お客様にそんなことさせる訳にはいかないけどね」

穂乃果「違うよ!お客じゃなくて絵里ちゃん家の子だよ!!今の私は絢瀬穂乃果だよ!!」

絵里「それは…ほら。いろいろと誤解を…」////

穂乃果「??」

絵里「と、とにかく!穂乃果は一刻も早くお母様と仲直りすること!いい?」

穂乃果「…」

絵里「返事!!」ウガー

穂乃果「はぁい…」



15: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/15(水) 23:56:06.86 ID:1IALDzuHo

穂乃果「あれ?そういえば亜里沙ちゃんは?」

絵里「多分そっちの部屋にいるけど…うん。じゃあ亜里沙とお買い物にでも行ってもらおうかしら」

穂乃果「了解であります!」


コンコン

穂乃果「亜里沙ちゃーん?」

シーン

穂乃果「?」

穂乃果「入るよー」ガチャッ

シーン

穂乃果「居ない…ん?なんだろうこの紙……何々?」


亜里沙『雪穂のお家にイエデしてきます♪ 亜里沙』


穂乃果「…」

穂乃果(亜里沙ちゃん…家出をお泊り会か何かと勘違いしてるよ……)

絵里「亜里沙ー?」

穂乃果「…これ」スッ

絵里「ん?」

絵里「…」

絵里「」



16: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/16(木) 00:05:05.28 ID:G5lk0SPfo

絵里「亜里沙…どうして」ガクガク

穂乃果「わー!!落ち着いて絵里ちゃん!!多分勘違いだから!!」

絵里「勘違い?」ウルウル

穂乃果「そう!絵里ちゃんが嫌いになったとか生活に不満があるとかそういう事じゃないから!」

絵里「そんなのわかんないじゃない…亜里沙は不満をため込んじゃうタイプなのかもしれないし…」

穂乃果「大丈夫だって!2人より仲良しな姉妹なんて見たことないもん!!」

絵里「…ホント?」

穂乃果「うん!だから安心してよ」ダキッ

絵里「……ごめん」ギュッ





亜里沙「ただいまー!ハブラシ忘れちゃ…あっ」

亜里沙「お、おじゃましましたー……」

ほのえり「」



17: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/16(木) 00:11:02.76 ID:G5lk0SPfo

・・・


亜里沙「ええっ!?イエデってそういう意味なの!?」

絵里「そうよ。てっきり亜里沙が私のこと嫌いになっちゃったのかと…」

亜里沙「無い無い絶対無いよ!私がお姉ちゃんを嫌いになるなんて!!」

絵里「亜里沙…」キュン

穂乃果「…はぁ。雪穂も亜里沙ちゃんくらい素直ならもっと可愛いのに」

亜里沙「雪穂?とってもスナオだと思うけど…」

穂乃果「?」

亜里沙「…それにとってもカワイイです!」フンス

穂乃果「もちろん世界で一番かわいい妹ではあるんだけどね」エヘヘ

絵里(本人に聞かせてあげたいわ…)

亜里沙「……よしっ!じゃあ穂乃果さん、お世話になります!」

穂乃果「うん!…ってここで聞くのも変な感じだよね」アハハ

穂乃果「いってらっしゃーい!」

絵里「あんまり迷惑かけちゃダメよー!」

亜里沙「はーい!いってきまーす!!」ガチャッ



29: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/17(金) 07:56:54.22 ID:mKDAkqH7o

絵里「…さて、これからどうするかだけど」

穂乃果「何でもばっち来いだよ!」

絵里「そう?なら…お夕飯の買い物をしたいから一緒に来てくれる?」

穂乃果「もちろん!喜んで!!」

絵里「ありがと。じゃあ早いうちに行っちゃいましょうか」

穂乃果「うん!」


・・・


穂乃果「久しぶりだなぁ~…スーパーでお買いものなんて」ウキウキ

絵里「…ご実家に帰ったら少しはお手伝いするのよ?」ジー

穂乃果「!!」

穂乃果「…そ、そんな事よりほら!カゴは私が持つよ!!」

絵里「…」

絵里「じゃあお願い。重いものいーっぱい買う予定だけど…ね?」クスクス

穂乃果「お手柔らかに…」



30: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/17(金) 08:02:54.63 ID:mKDAkqH7o

絵里「ところで…何か食べたいものとかある?」

穂乃果「絵里ちゃんが作ってくれるものなら何でも!!」フンス

絵里「…うれしいけど一番困る答えなのよね。それ」

穂乃果「ホントに何でもいいよ?無理矢理押しかけちゃったわけだし…」

絵里「じゃあカップ麺でいいのね?」

穂乃果「うっ…それは……でも……」

絵里「冗談よ」クスクス

絵里「ならせっかくだし…特製、必殺ボルシチでも作ってあげようかしら」

穂乃果「必殺!?」

絵里「そう。アレを食べたら穂乃果は私にメロメロよ?」ニヤリ

穂乃果(…)

穂乃果「…それは楽しみですなぁ」フッフッフ



31: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/17(金) 08:07:19.23 ID:mKDAkqH7o

・・・


絵里「よし!野菜はこれくらいかしら。あとはお肉ね…」

絵里「大丈夫?重くない?」

穂乃果「全然重くないよ!この5倍くらいまで余裕です!」

絵里「……そう?じゃあ水も買っちゃおうかな。箱で」

穂乃果「」

絵里「嘘よ。ごめんごめん」クスクス

絵里「じゃあお肉を買いに…ん?」

穂乃果「…」ジー

絵里「どうしたの?」チラッ


『とっても美味しいチョコパン!新発売!!』


穂乃果「…」ジー

絵里「…」



32: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/17(金) 08:13:17.40 ID:mKDAkqH7o

絵里「…食べたいの?」

穂乃果「!!」ハッ

穂乃果「そ、そそそそんなことなくなくなくなくなくないよ!」バッ

絵里(もうどっちなんだか…)

絵里「別にいいわよ?お買い物に付き合ってくれたお礼…ってことで」

穂乃果「えっ!?いいの!?ホントに!?」

絵里「いいって。その代わり荷物持ちお願いね?」

穂乃果「まかせて!パンの為なら米俵だって運んじゃうよ!!」フンス

絵里(パン1つでそこまで…)

穂乃果「わーい!パン♪パン♪」

絵里「ホントに好きなのね…」クスクス

穂乃果「…あっ」

絵里「?」



33: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/17(金) 08:18:41.39 ID:mKDAkqH7o

絵里「どうしたの?」

穂乃果「あー…うん。そういえば、昔よく雪穂とお母さんとこんな感じでお買い物してたなぁって」エヘヘ

絵里「…」

穂乃果「雪穂と気づかれないようにお菓子とかパンとかカゴの中に入れて…」

穂乃果「で、お母さんがレジで気づいても時すでに遅し!みたいな」クスクス

絵里「…穂乃果は昔っからそんな感じなのね…雪穂ちゃんは以外だけど」

穂乃果「えっ!?私って今も変わってないの!?」

絵里「うん」

穂乃果「そんな事ないと思うんだけどなぁ…我ながら大人への階段を一歩一歩…」

絵里「下ってるわね」

穂乃果「そんなわけないでしょ!?」ウガー



34: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/17(金) 08:24:11.49 ID:mKDAkqH7o

穂乃果「…そういえばお母さんとスーパー行ったのっていつが最後なんだろう」ウーン

絵里「寂しくなってきた?」

穂乃果「まさか!しばらくは帰りません!!」プンプン

絵里「…仲直りしろって言ったわよねぇ?」ゴゴゴゴゴ

穂乃果「あ…えっと……それはそれ、これはこれ…」

絵里「…」ジトー

穂乃果「…」

穂乃果「と、ところで絵里ちゃんはお母さんと一緒にお買いものとかはしないの?」

絵里「…」

絵里「しない…というかしたことが無いわね。多分」

穂乃果「えっ!?」

絵里「私のマ…両親って外国で仕事をすることが多いから…あんまり一緒にいたことが無いのよ」

穂乃果「そ、そうなんだ…ごめん…」

絵里「ううん。気にしないで」

絵里「もちろん寂しい時もあったけど…おばあさまと亜里沙がいてくれたし…」

絵里「それに今は…穂乃果が…みんながいるから」エヘヘ

穂乃果「絵里ちゃん…」



35: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/17(金) 08:30:18.89 ID:mKDAkqH7o

絵里「…な、なんか自分で言ってて恥ずかしくなってきたわ」////

穂乃果「えー…」

絵里「と、とにかく!」

絵里「…」

穂乃果「?」

絵里「ありがと。穂乃果」ナデナデ

穂乃果「……どういたしまして」ニヘラ



穂乃果「ん!?」ビクッ

絵里「わっ…どうしたの急に…」

穂乃果「じゃあ絵里ちゃんって今は3人暮らしなの?」

絵里「ううん。おばあさまはロシアにいるから亜里沙と2人暮らしよ?」

穂乃果「え、そ、それって…」

絵里「?」



36: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/17(金) 08:37:05.76 ID:mKDAkqH7o

穂乃果「つまり2人っきりの時にメロメロになる料理を食べさせて私を…」ガタガタ

絵里「ちょっ!?違う違う!!」

穂乃果「怪しい…」ジトー

絵里「怪しくないって!見なさいこの澄んだ私の瞳を!!」

穂乃果「瞳がきれいでも心の中は…」ムフフ

絵里「…」

絵里「……そんなにカップ麺が食べたいなら好きにすれば?」プイッ

穂乃果「!!」

穂乃果「あっ…ちょっ…ごめんって!!」

絵里「…」ツーン

穂乃果「絵里ちゃーん!!許してー!!」


――――――――――――――――――
―――――――――――――
――――――――
―――



37: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/17(金) 08:42:23.30 ID:mKDAkqH7o

穂乃果「これが例のブツ…」ゴクリ

絵里「人の料理を変な物扱いしないでくれる?」

穂乃果「ごめんごめん。でもすっごくいい匂いだね!」

絵里「もちろん!私の必殺料理だもの」ドヤァ

穂乃果「ふふふ…舌の肥えた私を満足させることができるかな?」


イタダキマース

穂乃果「おかわり!!」

絵里「早っ!えっ…本当に食べたの?」

穂乃果「食べたからなくなってるんでしょ?早く早くー!!」

絵里「…はいはい」クスクス



38: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/17(金) 08:48:05.99 ID:mKDAkqH7o

穂乃果「どうしよう…ホントに美味しい」モグモグ

絵里「そう言ってもらえると作ったかいがあるわ」フフッ

穂乃果「確かに、これならメロメロになっちゃうかも!」

絵里「…あら。やっぱり惚れちゃった?」クスクス

穂乃果「惚れ直した…だね!」

絵里「っ…」ドキッ

絵里「まったく…口だけは達者なんだから」

穂乃果「えへへー」


・・・


ゴチソウサマー

穂乃果「ではお片付けは私が!」

絵里「いいの?」

穂乃果「うん!今のところ何の役にも立ってないし…」

絵里「別に気にしなくてもいいのに」クスクス

絵里「でもせっかくだからお願いしちゃおうかな。その間に私はお風呂の準備を…」

穂乃果「……あ!ちょっと待って!!」

絵里「?」



39: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/17(金) 08:55:01.56 ID:mKDAkqH7o

穂乃果「デザートを忘れていますぜぃ…」フッフッフ

絵里「…あんなに食べたのにまだ食べるの?太るわよ?」

穂乃果「大丈夫!甘いものは別腹だから!!」

絵里(全然大丈夫じゃない…)

穂乃果「という訳で…はい!チョコパン!!」ババーン

絵里「…」

絵里「デザートって言うか…主食レベルの物だと思うんだけど」

穂乃果「甘いからデザートです!!」

絵里「そう…なのかしら」

穂乃果「せっかく買ってもらえたんだもん!今日のうちに食べなきゃもったいないよ!!」

絵里「別に明日でもいいんじゃ…」

穂乃果「いいから!絵里ちゃんには私とこれを半分こして一緒に食べるという使命が残されているんだよ!!」ウガー

絵里「あ…もう何言っても聞く気は無いのね」



40: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/17(金) 09:01:10.04 ID:mKDAkqH7o

穂乃果「夜もパン♪パンパパン♪」

絵里(随分都合のいい替え歌を…)

穂乃果「よいしょ…よいしょ……はい!半分!!」スッ

絵里「…」

穂乃果「あれ?どうしたの?」

絵里「実は…お腹がいっぱいで」

穂乃果「」

穂乃果「わ、私の好きな物に絵里ちゃんの好きな物が包まれているこの素敵な物を食べられないと!?」

絵里「どういう理屈よそれ!!」

絵里「…」

絵里「で、でもせっかくだから一口だけもらおうかしら……後は穂乃果が食べて?」

穂乃果「えっ!?いいの?」ウキウキ

絵里「…」

絵里「ホントは1個丸々食べたかったけど私への後ろめたさから半分こした…ってところね」

穂乃果「エスパー!?」



49: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/18(土) 18:47:19.59 ID:u1y022sQo

穂乃果「でも絵里ちゃんと一緒に食べたいってのはホントなんだからね!?」ブー

絵里「へ、へぇ……」////

穂乃果「あー!照れてる!!」ウシシ

絵里「うううううるさい!そんなこと言うと穂乃果の分も食べちゃうわよ!?」

穂乃果「そ、それはダメー!!」


・・・


絵里「洗い物終わった?お風呂はもう入れるけど…」

穂乃果「…」ズーン

絵里「うぇっ!?ど…どうしたの?食べ過ぎてお腹痛いとか?」

穂乃果「ううん…確かにご飯の後にパンはちょっと食べすぎた感あるけど違うよ…」

絵里(だから言ったのに…)

穂乃果「それよりもっと大変なことが起こったの…」

絵里「え…そんなに重大なことが?」

穂乃果「…」

絵里「…」ゴクリ





穂乃果「携帯の充電が無くなった…」



50: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/18(土) 18:54:57.76 ID:u1y022sQo

絵里「…」シラー

穂乃果「あー!!たかが携帯で…って顔してる!!」

絵里「だってそう思ってるもの」

穂乃果「わかってない…絵里ちゃんは何にもわかってないよ!!」

穂乃果「いい?現代っ子の私にとって携帯は非常に重要なアイテムなのです!!」

絵里(私も現代っ子なんだけど…)

穂乃果「それが使用不可能なんだよ?…もう生きていけないと言っても過言じゃないよ!!」

絵里「過言よ」

絵里「なら私の充電器を使えばいいじゃない。それくらい貸してあげるって」

穂乃果「うん…実は私もそうさせてもらおうと思ったんだけど」

絵里「?」



51: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/18(土) 19:00:53.97 ID:u1y022sQo

穂乃果「絵里ちゃんの充電器ってアレだよね?」ユビサシ

絵里「そうよ。あのコンセントに刺さってるやつ」

穂乃果「…」

穂乃果「さっき確認させてもらったら……どうも私のやつとは形が違うみたいで」ズーン

絵里「なるほど…」

絵里「じゃあどうしようもないんだし…1日くらい我慢したら?」

穂乃果「で、でも戦いがそんな早く終わるとも限らないというかなんというか…」オロオロ

絵里(さては長居する気ね…)

穂乃果「だ、だからね…敵地に乗り込んで奪還してこようと思うの!」

絵里「えー…せっかくお風呂溜めたのに…」

穂乃果「ごめん!でも人助けだと思って…お願い!一緒についてきて!!」

絵里「…」ハァ


――――――――――――――――――
―――――――――――――
――――――――
―――



52: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/18(土) 19:06:58.73 ID:u1y022sQo

穂乃果「到着!」

絵里「このまま仲直りしてきてもいいのよ?」

穂乃果「それは無いよ…私はまだ怒ってるんだから!!」プンプン

絵里(本当はもうそんなでもないくせに…)

穂乃果「ではさっさと回収してくるであります!」ビシッ

絵里「早めにお願いね…」

穂乃果「うん!じゃあ行ってくる」


・・・


コソコソ

穂乃果(充電器とパジャマと洗面用具…それだけ持っていけばいいよね…)

穂乃果(とりあえず私の部屋に…って、ん?)クンクン

穂乃果(なんか…お酒臭い!?)



53: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/18(土) 19:12:40.06 ID:u1y022sQo

穂乃果「…」チラッ

穂乃果「!?」

穂乃果(え…何この缶ビールと瓶の山!?もしかして全部空なの!?)

穂乃果(…)

穂乃果(…ってそんなこと気にしてる場合じゃなかった!絵里ちゃんも待ってるし早いとこ戻らなきゃ)

コソコソコソコソ
テクテク

穂乃果(…)キョロキョロ

ガチャッ
バタン!!

穂乃果「…ふぅ」

穂乃果「よし!何とか誰にも見つからずに…」




ほのママ「…」

穂乃果「」



54: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/18(土) 19:19:35.45 ID:u1y022sQo

穂乃果「うぇぇぇぇっ!?なんでお母さんが私の部屋n…ん?」

ほのママ「…」Zzz

穂乃果(寝てる…)

ほのママ「…んっ」

ほのママ「……ほのかぁ」ムニャムニャ

穂乃果「っ!?」ビクッ

ほのママ「……」Zzz

穂乃果「…」

穂乃果「と、とりあえず早いとこ回収して絵里ちゃんの所に戻ろう…」ゴソゴソ

穂乃果「…」チラッ

ほのママ「…すぅすぅ」Zzz

穂乃果「…」

テクテク
バタンッ

穂乃果「…はぁ」



55: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/18(土) 19:25:50.70 ID:u1y022sQo

雪穂「あれ?もう帰ってきたの?」

穂乃果「っ!?」ビクッ

穂乃果「びっくりしたぁ…ううん。ちょっと忘れ物を取りに来ただけ」

雪穂「そう…」シュン

雪穂「…って!連絡しても全シカトってどういう事!?さすがに心配したよ」

雪穂「亜里沙が来てくれなかったら警察沙汰だったんだからね?まったく!!」プンプン

穂乃果「ご、ごめんなさい…」シュン

穂乃果「…そういえばなんでお母さんが私の部屋で寝てるの!?危うく見つかるところだったよ!」

雪穂「あー…」

穂乃果「?」

雪穂「見た?あのお酒の山」

穂乃果「見たけど…」

雪穂「あれね、お母さんが『ほのかーほのかー』って泣きながら飲んでたんだよ?全部」

穂乃果「…うれし泣き?」プイッ

雪穂「わかってるくせに…素直になりなって」クスクス

穂乃果「…」



57: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/18(土) 19:33:13.64 ID:u1y022sQo

雪穂「意地張ってないで帰ってきたら?みんな心配してるんだからさ」

穂乃果「…」

穂乃果「……お母さんも?」

雪穂「むしろお母さんが1番」

穂乃果「…」

穂乃果「…」

穂乃果「…わかった」

雪穂「ホント!?」パァァァ

穂乃果「で、でも…今晩は絵里ちゃん家にお世話になるよ」

穂乃果「晩御飯のお礼もしたいし、こんな機会めったにないし…」

雪穂「…」

雪穂「お礼ねぇ…」ジトー



58: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/18(土) 19:41:05.05 ID:u1y022sQo

穂乃果「な、なに?」

雪穂「べっつにー!お姉ちゃんのくせにやたら気を使ってるなーって思っただけ」トゲトゲ

穂乃果「なんか言い方が…」

雪穂「とにかく!お母さんもお父さんも…世界で1番かわいい妹も待ってるんだからね!」ビシッ

穂乃果「…はいはい」クスクス


<ウッ!?


雪穂「あれっ?お母さん起きたかな」

穂乃果「じゃあ気まずいし…今日はもう行くy」


<オエェェェ


穂乃果「」

雪穂「……ドンマイ」



59: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/18(土) 19:46:20.43 ID:u1y022sQo

・・・


穂乃果「ごめん!遅くなっちゃった!!」

絵里「そうね…あったかいコーヒーが飲みたいわ」

穂乃果「……承知しました」



テクテク

絵里「…よかったの?そのまま帰らなくて」

穂乃果「うん。帰っても私の居場所なさそうだったし…」エヘヘ

穂乃果「あ!変な意味じゃないよ!?ただちょっと安眠できそうになかった…ってだけ」

絵里(どんな状況だったのかしら…)

穂乃果「それに…」

絵里「?」

穂乃果「絵里ちゃんにまだ何のお礼もできてないもん。だから…」ギュッ

絵里「!?」////

穂乃果「お部屋に戻ったら…ね?」

絵里「」



64: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/21(火) 12:10:42.75 ID:CNLI1NzSo

絵里(そ、それって…)チラッ

穂乃果「~♪」

絵里「…」


・・・


穂乃果「ただいまー!」

絵里「…」ドキドキ

穂乃果「?」

穂乃果「どうしたの?さっきから何か変だよ?」

絵里「えっ!?そ、そうかしら…」オロオロ

穂乃果「うん。もしかして風邪気味だったのに無理させちゃった…とか?」

絵里「違う違う!なんでもないって!」

穂乃果「…」ジー

絵里「…」

穂乃果「えいっ!」ガシッ



65: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/21(火) 12:16:18.23 ID:CNLI1NzSo

絵里「!?」ビクッ

絵里(なんで頭を掴んで……)

穂乃果「…ちょっとしゃがんで?」

絵里「う、うん…これでいい?」スッ

穂乃果「ありがと!そうしてくれないと私の身長じゃギリギリ届かないんだよね…」エヘヘ

絵里「…」

穂乃果「では」コツン

絵里「っ!?」

絵里(おでこ!?って言うか顔が近……/////)アワアワ

穂乃果「…」ウーン

穂乃果「……熱はなさそうだね!よかったよかった!!」

絵里「ふぇっ???」



66: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/21(火) 12:23:44.21 ID:CNLI1NzSo

穂乃果「絵里ちゃんの事だから我慢しちゃってるのかと思ったけど…」

穂乃果「大丈夫!いつもと変わらず健康です!!」フンス

絵里「…」

絵里「……穂乃果のバカ」プイッ

穂乃果「あ、あれっ!?」


・・・


穂乃果「というわけで、絵里ちゃんにお礼をですね…」

絵里「…また唐突に思い出したわね」

穂乃果「違うよ!タイミングを計ってたの!」

絵里「…」ハァ

絵里「で、何をしてくれるのかしら?」

穂乃果「…」






穂乃果「なんでも!!」



67: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/21(火) 12:30:19.75 ID:CNLI1NzSo

絵里「……は?」

穂乃果「だーかーらー!ここにお世話になっている間、私は絵里ちゃんになんでもご奉仕するよ!!」

絵里「」

絵里「え!?…な、なんでも!?ご奉仕!?」

穂乃果「うん!」

穂乃果「……お礼って言ってもさ、お金も物も無いし…私にはこれくらいしかできないかなぁって」エヘヘ

絵里「…」

穂乃果「あ!でも命に関わるのはやめてね!?信じてるからね!?」

絵里「…」

穂乃果「…?絵里ちゃん?」

絵里「なんでも…なんでも……」ブツブツ

穂乃果「え、絵里ちゃーん?」

絵里「…」ハッ

絵里「ま、まさかいろんな人にそんな事言ってるんじゃないでしょうね?」ジー

穂乃果「??」

絵里「私だからいいけど…変に誤解されても文句言えないわよ?」

穂乃果(…)



68: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/21(火) 12:38:01.90 ID:CNLI1NzSo

穂乃果「そんなことより…ほら!なにか私にしてほしい事、ない?」グイッ

絵里「そんな事って…」ムッ

穂乃果「遠慮なんてしなくていいんだよ?さあさあ!!」

絵里「…」

絵里「わかった。じゃあ……」


・・・


カポーン

穂乃果「誰かとお風呂入るなんて久しぶりだよ~」エヘヘ

絵里「わ、私は亜里沙といっつも一緒に入ってるけど…」ドキドキ

穂乃果「いいなぁ…雪穂は絶対入ってくれないもん」

絵里(そうでもないわよね…)



70: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/21(火) 12:45:04.85 ID:CNLI1NzSo

絵里「でもご両親とちゃんと仲直りしたみたいじゃない。偉い偉い」ナデナデ

穂乃果「…してないよ?お母さん寝てたし」

絵里「えっ!?だ、だって…」

穂乃果「私は大人だからね!意地を張るのはやめたんだよ!」フフン

絵里「…」シラー

穂乃果「…」

絵里「まぁ…そう思えるようになっただけマシか」

穂乃果「で、でしょ!?なんたって大人ですから!」ウッフン

絵里「そうねー」

穂乃果「返事が適当すぎる!!」ガビーン



72: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/21(火) 12:51:08.09 ID:CNLI1NzSo

絵里「言っておくけど、大人なら親と喧嘩して家出なんてしないからね?」

穂乃果「うっ…」

絵里「それにまだまだ成長途中でしょ?…色々」ジー

穂乃果「セクハラ!?」


・・・


ガー

穂乃果「絵里ちゃんの髪って綺麗だよね~」サワサワ

絵里「ほ、穂乃果?ここまでしてくれなくてもいいのよ?一緒にお風呂に入りましょうとは言ったけど…」

穂乃果「いいの!髪が傷んじゃったら大変でしょ?」

絵里「そうだけど…自分でもできるし……」

穂乃果「だーめ!今日は目いっぱい私に甘えてもらうんだから!」

絵里「…そうなの?」

穂乃果「そうなの!!」



73: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/21(火) 12:58:36.93 ID:CNLI1NzSo

カチッ

穂乃果「…よし!終わり!!」

絵里「ありがと。とっても上手かったわ」ナデナデ

穂乃果「♪」

穂乃果「じゃあ次!いってみよー!!」

絵里「もう!?少しくらい休憩してもいいんじゃ…」

穂乃果「嫌だ!!時間がもったいないもん!!」

絵里(あれ…?私へのお礼なのよね??)

絵里「…それなら」


・・・


<アイシテル…
<ワタシモ…

絵里「…」ウルウル

絵里(何回見ても泣けるわ…って!そういえばこの前は穂乃果…)チラッ

穂乃果「…」ジー

絵里「…あ、あら?今回は寝てないのね」グスッ

穂乃果「うん…しっかり見ておかなきゃと思って」

絵里「!!」

絵里「それって……」

穂乃果「?」

絵里「…ごめん。なんでもない」ナデナデ

絵里(まさか…ね)



74: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/21(火) 13:03:16.81 ID:CNLI1NzSo

穂乃果「…」

穂乃果「絵里ちゃんはさ…この映画みたいな恋愛がしたい?」

絵里「!?」

絵里「な、なに?いきなりどうしたの?」

穂乃果「いやぁ…やっぱりこういうのが憧れなのかなぁって」エヘヘ

絵里「…そうね。もちろん憧れてはいるけど」

穂乃果「けど?」

絵里「私は…もっと普通の恋愛でいいわ。普通で」

絵里「好きな人とずっと一緒に居られればそれでいいの」

穂乃果「…ふぅん」

絵里「……穂乃果は?」

穂乃果「えっ!?私!?」

絵里「私にだけ言わせて自分はだんまりなんてズルいじゃない。どうなの?」

穂乃果「私…私は……」



75: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/21(火) 13:11:04.14 ID:CNLI1NzSo

穂乃果「…絵里ちゃんと一緒」エヘヘ

絵里「!」ドキッ

穂乃果「お父さんとお母さんみたいに、好きな人とずーっと一緒に居られたらなぁ…って!」

絵里「…」

絵里「そうね…穂乃果の家庭って私の理想かも。娘が家出さえしなければ」

穂乃果「うっ」

絵里「もちろん今の家族に不満があるわけじゃないのよ?ママもパパも大好きだし」

穂乃果「…絵里ちゃんてママパパ派だったんだね」ニヤニヤ

絵里「はっ!!」/////

絵里「と、とにかく!そういうことだから!!」プイッ

穂乃果「…」

穂乃果「えーりちゃん」ギュッ

絵里「!?」/////



77: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/21(火) 21:44:39.18 ID:CNLI1NzSo

穂乃果「えへへへ~」ギュッ

絵里「な、何!?どうしたの急に…////」アタフタ

穂乃果「今日は私、絵里ちゃん家の子供なんだよ?」

絵里(そういえばそうだったわね…)

穂乃果「だから抱きついてみただけ!」エヘヘ

絵里「どういうこと!?」ガビーン

穂乃果「絵里ちゃんは私に甘える」

穂乃果「私は絵里ちゃんに甘える」

穂乃果「これがいわゆる需要と供給ってやつです!」エッヘン

絵里「合ってるような合ってないような…」

穂乃果「細かいことは気にしない!!」モギュー

絵里「!!」////

絵里「で、でもやっぱり抱きつくのは…」////

穂乃果「…」ムッ



79: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/21(火) 22:38:03.65 ID:CNLI1NzSo

穂乃果「絵里ちゃんは…穂乃果と家族になるの、嫌?」ウルウル

絵里「」

絵里「ちょ、ちょっと待って…それだと意味が違ってくるというかなんというか……」

穂乃果「…」ウルウル

絵里「…」

絵里「嫌なわけ…無いじゃない////」プイッ

穂乃果「……」ニヤニヤ

絵里「あーもう!今日は寝ます!!爆睡します!!」////

穂乃果「えー!!早いよー!!」ブー

絵里「私の言うことなんでも聞いてくれるんでしょ?なら文句言わない!!」

穂乃果「ちぇー…それなら仕方ないけど…」

穂乃果「…」

穂乃果「でも………」

絵里「?」



83:SSもイラストもたくさんで最高でした ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/22(水) 20:46:18.86 ID:eZcp5W4Fo

・・・


穂乃果「えへへ…あったかいね」ギュッ

絵里「そ、そうね…」////

絵里(『一緒に寝るくらいはいいよね!』なんて言われたら断れるわけないじゃない…)ドキドキ

穂乃果「…」

穂乃果「絵里ちゃんは…亜里沙ちゃんといつも一緒に寝てるの?」

絵里「?」

絵里「どうしたの急に」

穂乃果「なんとなく気になっちゃって…」エヘヘ

絵里「…流石にいつもってわけじゃないわよ?でもほら、あの子って甘えん坊だから頻度は高いかな」エヘヘ

穂乃果「そうなんだ…いいなぁ…」

穂乃果「……」

絵里「?」



84: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/22(水) 20:53:35.01 ID:eZcp5W4Fo

穂乃果「あ、あの…さ」

穂乃果「これからも…たまにでいいから、こうやって一緒に寝てくれないかな?」エヘヘ

絵里「」

絵里(この子はまったく…)キュンキュン

絵里「……穂乃果さえよければ、いつでも」ナデナデ

穂乃果「絵里ちゃん…」

絵里「あー…でも先に謝っておくわね?ごめんなさい」

穂乃果「?」

穂乃果「どうして?」

絵里「だって…その……色々我慢できないもの。多分」テヘッ

穂乃果「…」

穂乃果「……おやすみ」ガバッ

絵里「」



85: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/22(水) 20:58:03.92 ID:eZcp5W4Fo

絵里「冗談よ!冗談に決まってるでしょ!?」

穂乃果「ホント?信じていいの?」ジトー

絵里「ももももちろん!我慢できなくなったらちゃんと言うから大丈夫!!」グワングワン

穂乃果「…」

穂乃果「まあ、いっか」エヘヘ


・・・


穂乃果「…」モゾモゾ

絵里「…眠れないの?」

穂乃果「うーん…眠れないというか眠りたくないというか……すっごく眠いんだけどね」

絵里「なにそれ。早く寝ないと明日が辛いわよ?」クスクス

穂乃果「それは絵里ちゃんも一緒でしょー?」ブー

絵里「私はいいの。大人だから」エッヘン

穂乃果「1つしか違わないのに…」

絵里「その1つが大きいのよー」

穂乃果「むぅ…」



86: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/22(水) 21:03:07.41 ID:eZcp5W4Fo

穂乃果「…」

穂乃果「……あの、さ」ウトウト

絵里「?」

穂乃果「今日は迷惑かけちゃってごめんね?」

絵里「…どうしたの?らしくないじゃない。眠くて本音が出ちゃったのかしら?」フフッ

穂乃果「私にだってそれくらいの自覚はあるんだよー」

絵里「…」

絵里「でも…それは間違いね」

穂乃果「?」

絵里「私は今日、穂乃果と一緒に居られて楽しかった。だから…謝られても困っちゃうわ」

穂乃果「絵里ちゃん…」

絵里「穂乃果は違った?」

穂乃果「そんなことないよ?すっごく楽しかったし…幸せだった」

穂乃果「こんな時間がずっと続けばいいのに…って、今も思ってる。だから眠らないで頑張ってるの」エヘヘ

絵里「…」



87: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/22(水) 21:11:07.15 ID:eZcp5W4Fo

絵里(ああ…もう……)

絵里「ね、ねえ、穂乃果」ドキドキ

穂乃果「…」

絵里「…」

絵里(ここで逃げちゃダメでしょ!この機会を逃したら……)

絵里(……よしっ!!)

絵里「そ、それなら…わ、わたっ…私と…ずっと一緒に居るっていうのは…その……どうかしら?」

絵里「私たちで素敵な家庭を作って…ずっと……一緒に……ね?」ギュッ

穂乃果「…」

絵里(言えた…言っちゃった……)/////

穂乃果「…」

絵里「…」ドキドキ

穂乃果「…」







穂乃果「くぅ…」Zzz

絵里「」



88: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/22(水) 21:16:35.58 ID:eZcp5W4Fo

――――――――――――――――――
―――――――――――――
――――――――
―――


絵里「…」ブスー

穂乃果「さすが絵里ちゃん!朝ごはんも美味しいよ!パンだし!!」エヘヘ

絵里「なら私じゃなくてフ○パンを褒めるべきね」ツーン

穂乃果「…」

穂乃果「あ、あの…なにか怒ってらっしゃる?」

絵里「全然怒ってないわよ!!」

穂乃果(すっごい怒ってる…)

穂乃果(あれだよね…私が話の途中で寝ちゃったからだよね……でもなんでこんなに)チラッ

絵里「…」モグモグ

穂乃果「…」



89: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/22(水) 21:20:48.85 ID:eZcp5W4Fo

絵里「それで…もう帰るの?」

穂乃果「…うん。ちょっと寂しいけど亜里沙ちゃんが帰ってきたら入れ替わりで…」

絵里「そう。私もちょっと寂しいわ。ちょっと」トゲトゲ

穂乃果「…」


ピンポーン

ほのえり「っ!!」ビクッ

絵里「…思ったより早いわね」

穂乃果「ウチは居心地が悪かったのかなぁ…」トホホ

ピンポーン

絵里「…あれ?もしかして亜里沙じゃなくてお客様かしら」

穂乃果「えっ!?私ここに居て大丈夫!?」オロオロ

絵里「大丈夫よ。ご飯、ゆっくり食べてなさい」

穂乃果「う、うん…」


タッタッタ

絵里「すみません!お待たせしましたー!」ガチャッ

絵里「!!」



90: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/22(水) 21:25:48.42 ID:eZcp5W4Fo

ほのママ「こんにちは…いきなりごめんなさいね?」

絵里「お、お久しぶりです!!穂乃果ー!!お母様がいらっしゃったわよー!!」

<オカアサン!?

ほのママ「昨日からうちのバカ娘がお世話になってるみたいで…」

絵里「そ、そんな!こちらこそ亜里沙が厚かましく……あれ?」キョロキョロ

ほのママ「あ…えっと……亜里沙ちゃんから連絡いってない?」

絵里「?」

ほのママ「ウチにもう一泊するって聞いてるけど…?」

絵里「!?」

絵里「す、すみません!これ以上ご迷惑をかけるわけには…」アワアワ

ほのママ「いいのよ気にしなくて!可愛いしいい子だし…ずっと居てくれても構わないくらいだから」アハハハ

絵里「そんな…申し訳ないです」

ほのママ「ううん。申し訳ないのはこっちよ…」

絵里「?」


テクテクテク

穂乃果「お、お母さん…」ビクビク

ほのママ「…」ゴゴゴゴゴゴ



91: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/22(水) 21:31:47.70 ID:eZcp5W4Fo

穂乃果「ひいっ!?」ガクガク

ほのママ「…」

ほのママ「……ほら。帰るわよ?」

穂乃果「…怒ってないの?」

ほのママ「怒って…ないわけないでしょ」ゴゴゴゴゴゴ

穂乃果「」チーン

穂乃果「絵里ちゃん…最後に素敵な思い出をありがとう」ウルウル

ほのママ「!?」

ほのママ「ま、まさか…」ワナワナ

絵里「誤解です」

穂乃果「!!」

穂乃果「ま、まって!亜里沙ちゃんは今日もウチに泊まるんだよね!?」

ほのママ「…そうだけど?」

穂乃果「じゃあ私も絵里ちゃん家にもう一泊したい!!する!!」



92: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/22(水) 21:35:56.49 ID:eZcp5W4Fo

ほのママ「ダメ」

穂乃果「なんで!?」

ほのママ「これ以上絢瀬さんに迷惑かけられないでしょ?」

穂乃果「そ、それは…そうだけど…」チラッ

絵里「…」

穂乃果「…」ウルウル

絵里「…」ハァ

絵里「迷惑だなんてそんな…むしろ私からお願いしたいくらいです」

穂乃果「絵里ちゃん!!」パァァ

絵里「でもその前に」

穂乃果「?」

絵里「穂乃果はお母様に言う事があるんじゃないの?」

穂乃果「…」

ほのママ「…」



93: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/22(水) 21:40:16.97 ID:eZcp5W4Fo

穂乃果「お、お母さん?」

ほのママ「…」

穂乃果「…っ!」

穂乃果「昨日はごめんなさい!!お母さんにバカとか言っちゃって…」

穂乃果「全部私が悪いの!!私がワガママだから…それで……」プルプル

ほのママ「…」

ほのママ「ホントは2、3発殴ってやりたいところなんだけど…」

穂乃果「」ガタガタ

ほのママ「ま、絢瀬さんに免じて許してあげましょうか」ナデナデ

穂乃果「!!」

穂乃果「ほ、ホント!?」

ほのママ「次は無いんだからね?」

穂乃果「うん!ありがとうお母さん!!大好きー!!」モギュー

ほのママ「…」////



94: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/22(水) 21:44:49.36 ID:eZcp5W4Fo

ほのママ「と、とにかく!あんまり迷惑かけちゃダメよ!?」

穂乃果「はーい!」

穂乃果「では安心したらお腹が減ったので朝食の続きを食べてきます!」ビシッ

ほのママ「ごめんなさい…食い意地が汚い子で」トホホ

絵里「いえ…」

穂乃果「じゃあお母さん!明日には帰るからねー!!」ブンブン


タッタッタ

ほのママ「…ありがとうね。あんな子の相手してくれて」

絵里「いえ!むしろ穂乃果が私の相手をしてくれている感じで…」

ほのママ「それは言い過ぎよ」クスクス



95: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/22(水) 21:52:00.37 ID:eZcp5W4Fo

ほのママ「…さて、そろそろ私は帰るわね。それでお詫びってわけじゃないんだけど…これ、受け取ってもらえる?」スッ

絵里「す…すみません。ありがとうございます!」

ほのママ「ただウチのお菓子だからお口に合うかどうか…」

絵里「そんな…むしろ大好きです!!」

ほのママ「…ありがと」フフッ

ほのママ「それじゃ申し訳ないけど…あの子をよろしくね?」

絵里「はいっ!!」


・・・


ほのママ「ただいまー」

亜里沙「おかえりなさい!」

雪穂「おかえりー…大丈夫だった?」

ほのママ「うん。心配いらないわよ」

雪穂「よかったぁ…」

亜里沙「?」



96: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/22(水) 22:00:07.58 ID:eZcp5W4Fo

亜里沙「どういうこと?」

雪穂「あー……うちのお姉ちゃんね、やたら他のお母さんにモテるんだよ」

亜里沙「私も穂乃果さん好きだよ!!」フンス

雪穂「…今度お姉ちゃんに直接言ってあげて」

雪穂「で、家出するたびにいざこざが起きちゃうんだよね」ハァ

亜里沙「イザコザ?」

雪穂「うん。揉め事…みたいな」

亜里沙「モメッ…!?」////

雪穂(絶対勘違いしてる…)

亜里沙「で、でもやっぱり穂乃果さんってニンキモノなんだね…お姉ちゃんも好きって言ってたもん」

雪穂「そうなの!?」

亜里沙「うん!最近は穂乃果さんの話ばっかりしてる」エヘヘ

雪穂「…」

ほのママ「大丈夫…よね?」

雪穂「絵里さんを信じよう…」

亜里沙「?」



102: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/24(金) 18:21:57.92 ID:eDho/JBCo

・・・


穂乃果「~♪」

絵里「…ご機嫌ね」

穂乃果「うん!お母さんとは仲直りできたしもう一泊させてもらえるし最高だよ!!」エヘヘ

絵里「最高って…」クスクス

穂乃果「だってそうなんだもん!」

絵里「でもウチに居たって退屈じゃない?何かすることがあるわけでもないんだし…」

穂乃果「そんなことないって!私は絵里ちゃんが一緒にいてくれるだけで大満足です!!」フンス

絵里「…」キュン

絵里「……じゃあ1日中ゴロゴロしてるだけでもいいの?」

穂乃果「もちろん!お母さんとかいつもそんな感じだし…」

絵里「…」



103: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/24(金) 18:32:37.57 ID:eDho/JBCo

絵里「……そうだ!せっかくだし一緒に料理でもする?」

穂乃果「料理?」

絵里「そう。パンでも焼いてみようかと…」ニヤリ

穂乃果「!!」

穂乃果「や、やるっ!!絶対やる!!」

絵里「お店みたいに美味しくはできないだろうけど…それでもいい?」

穂乃果「もちろん!…でもやるからには本気で、ね?」フンス

絵里「当たり前じゃない」フフフ

絵里「よし。じゃあ材料を買いに行きたいんだけど…着いてきてもらってもいい?」

穂乃果「もちろんです!」


・・・


穂乃果「ただいまー…よいしょっと!」ドサッ

絵里「重かったでしょ?ありがとうね」ナデナデ

穂乃果「ううん。絵里ちゃんの愛に比べたら全然大したことなかったよ」ドヤァ

絵里「…私の愛が重いと?」



104: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/24(金) 18:39:02.63 ID:eDho/JBCo

絵里「よーし。じゃあ毎日穂乃果の携帯チェックしちゃうぞー(棒)」

穂乃果「…えっ?毎日一緒に居てくれるの?」

絵里「むむっ…そう来たか…」

穂乃果「ふっふっふ…」



絵里「…よし。じゃあそんな事はさておきパン作りを開始します!」

穂乃果「おー!」

絵里「ちなみに失敗すると今日のおやつが無くなるからね?」

穂乃果「死活問題だよ…」ゴクリ

絵里「とりあえずパンは分量が命!って何かで見たからレシピ通りにしっかり作りましょう」

絵里「間違ってもオリジナル要素を…なんて考えちゃダメよ?」

穂乃果「押すなよ?絶対押すなよ…ってやつ?」ワクワク

絵里「…おやつが無くなってもいいなら好きにしなさい」

穂乃果「で、でもせっかくだし…ちょっとだけ。ね?」

絵里「…」



105: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/24(金) 18:50:01.90 ID:eDho/JBCo

・・・


絵里「…発酵も上手くいったみたいだし生地はこんなところかしら」

穂乃果「どうしよう…すでに美味しそう」ジュルリ

絵里「さすがに嘘でしょ…」

穂乃果「それにほら!私がちょっと改造した生地も問題なさそうだよ?」

絵里「本当…ゴミにならなくてよかったわ」フゥ

穂乃果「ヒドい!!これでも和菓子屋の娘なんだからね?」プンプン

絵里(そうだけどパンを作るのには関係ないんじゃ…)

絵里「…じゃあここからはある程度好きにしていいわよ?形とか味付けとか」

穂乃果「いいの!?」

絵里「うん。よっぽどのことが無ければ食べられなくなることは無いし」

穂乃果「よぉっし!腕の見せ所だよ!!」

絵里「期待してるからね?」クスクス



106: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/24(金) 18:57:24.49 ID:eDho/JBCo

穂乃果「動物の形に…なんてありきたりかな?ここはやっぱり…」ムム

絵里「形にこだわるのもいいけど、味もしっかりね?素材本来の味を楽しみたいとかならともかく」

穂乃果「もちろん!味までこだわってこそ一流のパン職人…いや、食人だよ」

絵里「食べる人なのね…」

穂乃果「絵里ちゃんもチョコばっかりにしちゃダメだよ?」

絵里「はいはい」クスクス

穂乃果「~♪」


・・・


絵里「後は焼き上がりを待つだけね」

穂乃果「お腹すいたー…って!お昼ご飯食べてないよ!!」

絵里「しまった…つい夢中に……」

穂乃果「ならパンはお昼ってことで食べちゃおうよ!焼きたての方が美味しいだろうし」

絵里「…それもそうね。おやつにこだわる必要はないわけだし」

穂乃果「だよね!じゃあ焼きあがるまでの間は…」チラッ

絵里「?」

穂乃果「絵里ちゃんとイチャイチャしまーす!!」ダキッ

絵里「!?」/////



107: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/24(金) 19:04:26.23 ID:eDho/JBCo

穂乃果「やっぱりせっかくの絵里ちゃんを堪能しないとね」エヘヘ

絵里「も、もう!何言ってるの!!」////

穂乃果「いいでしょー!?こんな機会めったにないんだから」ブー

絵里「それは…そうかもしれないけど」

穂乃果「だから遠慮なく」ギュー

絵里「…」

絵里(まったく…本当に……)ナデナデ

穂乃果「あ、でもこれからは私の携帯を毎日チェックするんだっけ?ならいつでもできるね」ウシシ

絵里「…」

絵里「見られちゃいけない写真とかは消しておきなさいよー」

穂乃果「無いよ!?」



113: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/27(月) 17:15:02.53 ID:OK45kx3so

絵里「本当に?他の子とのツーショット写真なんてあったら…わかってるわね?」ジー

穂乃果「重いっ!!」

穂乃果「けど離れないっ!!」ギュー

絵里「けどって何よけどって…」クスクス

穂乃果「とにかくパンが焼けるまでは意地でも離れないの!!」

絵里「…好きにしなさい」ナデナデ


・・・


穂乃果「…」ギュー

絵里(本当に全く動く気が無いわね…)

穂乃果「そういえば…さ」

絵里「え?」

穂乃果「なんで今日の朝、あんなに怒ってたの?」

絵里「あー…」

絵里(言えるわけがない…)



114: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/27(月) 17:19:03.81 ID:OK45kx3so

絵里「べ、別に気にしなくてもいいのよ?もう怒ってないから…」

穂乃果「そうかもしれないけど…でもやっぱり原因をちゃんと知りたいなって」

穂乃果「私が話の途中で寝ちゃったって事なんだろうけど、絵里ちゃんがそれだけで怒るとも思えないし…」

絵里(妙に鋭いわね…)

穂乃果「ね?だから私が悪いならしっかり謝らせてよ」

絵里「それは…うん。でも穂乃果が悪いってわけじゃないのよ」

絵里「今思うと八つ当たりね…だから謝るのは私。ごめんね」ナデナデ

穂乃果「…」

穂乃果「……どうしても教えてくれないの?」ウルウル

絵里「」

穂乃果「絵里ちゃんは…穂乃果の事、嫌いになっちゃった?」グスッ

絵里「そ、そそそそそんな事あるわけないじゃない!!」

穂乃果「じゃあ教えて?」ウワメ

絵里「」



115: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/27(月) 17:24:22.45 ID:OK45kx3so

絵里(これは困ったわ)

絵里(全く引いてくれそうにないし、いい言い訳が思いつかない…)

絵里(さり気なく話題を逸らして忘れてもらうか…)

絵里(それかもっと強く言って諦めてもらうか…どっちにしても難しいわね)

絵里(…)ウーン

穂乃果「絵里ちゃん…?」

絵里「ちょ、ちょっと待ってて!今考えてるから」

穂乃果「…」

絵里(…そうだ!こういうのはどうかしら)

絵里(絶対に無理なお願いをして、それをやってくれたら教える…みたいな)

絵里(これなら穂乃果も諦めてくれるだろうし私もいろいろ言い訳できる)

絵里(……はず)

絵里(よ、よし!他に案も思いつかないしこれでいきましょう)

絵里「…わかった。教えてあげる」

穂乃果「ホント!?」

絵里「ええ。ただし…」





絵里「私にキスをしてくれたらね!」バーン!!



116: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/27(月) 17:28:15.14 ID:OK45kx3so

穂乃果「」

絵里「」

絵里(よ、欲望が…欲望が漏れて……終わった)チーン

穂乃果「え…あ…え、ええっと……」////

穂乃果「ま、まあ?私は絵里ちゃんの言う事なんでも聞かなきゃいけないんだし…うん!」////

絵里「!?」

絵里(そういえばそんな事…)

穂乃果「絵里ちゃんが…悪いんだからね?」ガシッ

絵里「ぅえっ!?ちょ、ちょ…」/////

穂乃果「…」ドキドキ

絵里「…」ドキドキ

穂乃果「目…つぶって?」

絵里「は、はい…」ギュッ

絵里(まさか…こんな……)

穂乃果「…」ドキドキ

絵里「…」ドキドキ

穂乃果「…」スッ





チーン!!

ほのえり「!?」ビクッ



117: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/27(月) 17:33:46.84 ID:OK45kx3so

穂乃果「あ…ああっ!パンが焼けたみたい!!」ガバッ

絵里「そそそそそうね!お腹もすいてるし続きは食べてからってことで…」ドキドキ

穂乃果「う、うん…」


・・・


イタダキマース

絵里「…」モグモグ

絵里「お、美味しいわね!」

絵里(なんて。さっきのアレで味なんてほとんどわからないけど…)ドキドキ

穂乃果「うん!何個でも食べられるよ!!」モグモグ

絵里「…」

絵里「…程々にしておきなさいよ?」

穂乃果「はーい」

絵里「…」

絵里(穂乃果は気にしてないのかしら…)

絵里(勢い余って続きはー…なんて言っちゃったのに……)

穂乃果「おいひぃ」パクパク



118: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/27(月) 17:38:28.28 ID:OK45kx3so

穂乃果「もぐもぐ…」ゴクン

絵里「本当に大丈夫?そんなに食べて…」

穂乃果「パンは別腹だからね…」フッフッフ

絵里(主食が別腹って)

穂乃果「あとは…私オリジナルの生地で作ったえりパンとほのパンだね」

絵里「…そんなの作ってたのね……でもその名前は却下」

穂乃果「えー!結構うまくできたと思うんだけど…ほら!」スッ

絵里「形は…うん。でも問題は味でしょう?」

穂乃果「材料はほとんど同じなんだから大丈夫だって!はい。ほのパン」スッ

絵里「私がこっちを食べるのね…」

穂乃果「当たり前だよ!遠慮せずガブッといっちゃってください!」フンス

絵里「…いただきます」モグ

絵里「!!」



119: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/27(月) 17:43:48.11 ID:OK45kx3so

絵里「ほ、穂乃果!?これって何か特別な物でも入れたの!?」

穂乃果「愛…かな」フッフッフ

絵里「…」/////

穂乃果「何か言ってよー!!////」モー

絵里「と、とにかく食べてみて?」

穂乃果「勘で色々やっちゃったから…ホントは自信が無いんだけど」パクッ

穂乃果「もぐも…ぐっ!?」

絵里「ね?」

穂乃果「…」ゴクン




穂乃果「……ベーカリー穂むらの開店が決定したよ」

絵里「天職だろうけどご両親は泣くわね」



126: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/28(火) 22:10:03.92 ID:7ruMYOSto

穂乃果「どうしよう…私って天才なのかも」ワナワナ

絵里「…これに関しては否定できないわね」

穂乃果「穂むらの敷地を半分借りて…厨房も…あっでもオーブンが……」ブツブツ

絵里「同じ場所に開店するの!?」ガビーン

穂乃果「そりゃそうだよ!あくまで穂むらだもん!!」フンス

絵里(絶対反対されると思うけど……)


・・・


絵里「ごちそうさま。美味しかったわ」ナデナデ

穂乃果「どういたしまして~」エヘヘ

絵里「また一緒に作りましょうか。開店に向けて」フフッ

穂乃果「だね!看板商品はえりパンほのパンで!!」

絵里「だからその名前は却下!!」



127: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/28(火) 22:15:48.53 ID:7ruMYOSto

絵里「…じゃあ私はボルシチでも売ろうかしら」

穂乃果「!!」

絵里「やっぱりボルシチにはパンが合うし…穂乃果がそのパンを作ってくれたら最高じゃない?」

穂乃果「だ、ダメ!!絶対ダメ!!」ウガー

絵里「えー…なんでよ……」

穂乃果「そ、それは…その……」オロオロ

絵里「?」

穂乃果「…」

穂乃果「……しゃがんで?」

絵里「???」

穂乃果「わ、私の身長じゃギリギリ届かないんだってば!」

絵里「えっ…いきなりどうしたの?」スッ

穂乃果「…」





チュッ



128: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/28(火) 22:21:50.71 ID:7ruMYOSto

絵里「」

穂乃果「…」/////

絵里「あ…あぁ……」/////

穂乃果「だ、だから!他の人には絵里ちゃんのボルシチ食べさせたくないの!!」////

絵里「えっ!?えっ!?」

穂乃果「……ね?」ウルウル

絵里「」

絵里「…ほ、穂乃果っ!!」ギュー

穂乃果「わわっ!苦しいよ…」バタバタ

絵里「私…初めてだったんだけど」

穂乃果「ごめん…でも私もだよ?」

穂乃果「それにしても初めてはレモンの味が…ってマンガに書いてあったんだけどなぁ」

絵里「……パンね」クスクス

穂乃果「だよね」クスクス



129: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/28(火) 22:27:54.63 ID:7ruMYOSto

穂乃果「…はい!じゃあ次は絵里ちゃんの番」

絵里「?」

穂乃果「もともとは食べ終わったら…って絵里ちゃんが言ったんだからね?」

絵里「あっ…覚えてた?」

穂乃果「もちろん!そのために頑張って食べたんだし…」

絵里「頑張ってたの!?」

穂乃果「……美味しかったのはホントだけどね」エヘヘ

穂乃果「というわけで!!」

絵里「!?」

穂乃果「私はちゃんと…ゴニョゴニョしたんだし、約束は守ってよ?」ジー

絵里「…」

絵里「口じゃなくてもよかったのに」ボソッ

穂乃果「今そういうこと言う!?」ガビーン

絵里「…冗談よ。ごめんごめん」

穂乃果「…」プクー



130: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/28(火) 22:32:33.66 ID:7ruMYOSto

絵里「えー…では」コホン

穂乃果「…」

絵里「…」

絵里「……なんかこう改まっちゃうと言い辛いわね」

穂乃果「えー…」シラー

絵里「…」

絵里「こ…高坂穂乃果さん!!」ガシッ

穂乃果「は、はいっ!!」ビクッ

絵里「もしよければ…なんだけど」

穂乃果「…」ドキドキ

絵里「わ、私と……私と―」


――――――――――――――――――
―――――――――――――
――――――――
―――



131: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/28(火) 22:39:51.81 ID:7ruMYOSto

-翌日-


亜里沙「…お邪魔しました」ウルウル

雪穂「なんで泣きそうになってるの!?別にいつでも来てくれていいんだからさ」

亜里沙「……」グスン

穂乃果「ご、ごめんね?私がもうちょっとゆっくりしてくれば…」オロオロ

穂乃果「でもあれ以上いたら色々大変なことになっちゃいそうで…」ジトー

絵里「…」

絵里「ほ、ほら!これ以上ご迷惑をかけるわけには…」

亜里沙「…そうだよね。ごめんなさい」シュン

ほのママ「…」

ほのママ「……なら、もういっそウチに住めばいいんじゃない?」

4人「!?」



132: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/28(火) 22:46:44.55 ID:7ruMYOSto

ほのママ「もちろん絢瀬さんのご両親からOKが出たらだけど…」

亜里沙「…」パァァァ

絵里「そ、そんな!ご迷惑じゃ…」

ほのママ「2人増えたくらいで何も変わらないわよ?ちょうど部屋も空いてるし…」

亜里沙「お姉ちゃん!センザイチグウのお誘いだよ!!」

絵里「そ、それはそうかもだけど…」

ほのママ「敷金礼金家賃も無しでいいわよ?」

絵里「そんな!せめて家賃くらいは…」

ほのママ「娘の友達からお金は受け取れないって」

ほのママ「でもその代わり…お手伝いとかはしてもらおうかな?」

亜里沙「喜んで!!」フンス

絵里「…」

穂乃果「…」

穂乃果「絵里ちゃんは……嫌なの?」ウルウル



133: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/28(火) 22:52:18.22 ID:7ruMYOSto

絵里「嫌なわけないじゃない!でも……」

亜里沙「…」ジー

穂乃果「…」ジー

絵里「…」

絵里「ほ、本当に…よろしいんですか?」

亜里沙「!!」

ほのママ「いいって!ただちゃんとご両親には相談してね?」

ほのママ「あとその堅すぎる話し方もやめてもらえたなぁ…と」クスクス

絵里「す、すみません!善処します…」

ほのママ「真面目ねぇ」フフッ

穂乃果「そ、それで…返事は?」ドキドキ

絵里「…」

絵里「……よろしくお願いします」ペコリ

亜里沙「や、やったー!雪穂ー!!」ダキッ

雪穂「うわっ!…もぅ」クスクス



134: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/28(火) 22:57:34.65 ID:7ruMYOSto

穂乃果「絵里ちゃん絵里ちゃん」ツンツン

絵里「…ん?」

穂乃果「思ったより早く家族になれたね」エヘヘ

絵里「……そうね」////

ほのママ「…」

亜里沙「雪穂ー!!」モギュー

雪穂「わかった!わかったからー!!」////

ほのママ「…」





ほのママ(…おや?)


――――――――――――――――――
―――――――――――――
――――――――
―――



135: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/28(火) 23:01:57.92 ID:7ruMYOSto

-数年後-


絵里「ただいまー」

穂乃果「おかえりー!ぎゅー!!」ダキッ

絵里「…」ナデナデ

穂乃果「えへへ~」

イチャイチャ

ほのママ「…」

ほのママ「…ごほんごほん!!」

ほのえり「!?」ビクッ

ほのママ「ウチにはあなたたち以外の人間もいる事を忘れないように」

穂乃果「は、はい…」////

絵里「…」////



136: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/28(火) 23:07:39.38 ID:7ruMYOSto

亜里沙「お姉ちゃんおかえりなさいー!」

絵里「ただいま。またすぐ出かけちゃうんだけどね」

亜里沙「…もう行くんだ。今日の晩御飯は私特製ボルシチだから楽しみにしててねー!」

絵里「はいはい」クスクス

穂乃果「よーし。じゃあさっさと行ってさっさと帰ってきます!」

雪穂「そんな適当な…大事なことなんだからしっかりやってもらいなよ?」

穂乃果「えー!でも亜里沙ちゃんのご飯がー…」

雪穂「何か?」ゴゴゴゴゴ

穂乃果「……いえ」

雪穂「…」

雪穂「とにかく!時間はかかってもいいから……いい結果、待ってる」

穂乃果「雪穂…」

雪穂「私だけじゃないよ?亜里沙も、お母さんも、お父さんも」

亜里沙「うん!」

ほのママ「…」ナデナデ

ほのパパ「…」コクン

穂乃果「みんな…」ウルウル



137: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/28(火) 23:12:51.26 ID:7ruMYOSto

穂乃果「…行ってきます!」

ほのママ「絵里ちゃん。穂乃果の事…お願いね?」

絵里「もちろんです。行ってきます」

亜里沙&雪穂「行ってらっしゃーい!」


ガラガラガラ
バタン


ほのママ「…」ソワソワ

雪穂「お母さんソワソワしすぎ!」

ほのママ「だ、だって…」ソワソワ

亜里沙「よーし!2人のためにとびっきり美味しく作りますっ!」フンス

亜里沙「だから雪穂手伝ってー!!」

雪穂「…はいはい。久しぶりに私も頑張っちゃおうかな!」



138: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/28(火) 23:18:20.43 ID:7ruMYOSto

ほのパパ「…」

ほのママ「あ…うん。お母さんもこんな気持ちだったのかなって」

ほのパパ「…」

ほのママ「私たちがお爺ちゃんとお婆ちゃんなるかも…なんて実感わかないわよ」クスクス

ほのパパ「…」

ほのママ「…そうよね。あの子も大きくなるわけだわ」

ほのパパ「…」

ほのママ「…」ウルウル


・・・


穂乃果「お腹すいたなー…」

絵里「あのねぇ…」

絵里「私は緊張で心像が飛び出そうなのに…」ドキドキ

穂乃果「大げさだよー」クスクス



139: ◆/eL/MQ/pWM:2014/10/28(火) 23:24:47.77 ID:7ruMYOSto

絵里「だ、だって…」

穂乃果「いいから、大人しく呼ばれるの待ってよ?ね?」

絵里「そ、そうね…」ドキドキ

穂乃果「…」

絵里「…」

穂乃果「……ねえ、絵里ちゃん」

絵里「?」

穂乃果「一緒に居てくれて…ありがとう。これからもよろしく!」ビシッ

絵里「ど、どうしたの?急に…」

穂乃果「ん?やっぱり言っておかなきゃなぁって」

絵里「…」

絵里「私の方こそ……ありがとう」ギュッ

穂乃果「♪」

絵里「これからも…ずっと一緒だからね?」

穂乃果「…もちろん!」ギュッ



<絢瀬さーん!







<絢瀬穂乃果さーん!お入りくださーい!!



穂乃果「…呼ばれたね」ニヤニヤ

絵里「よ、よしっ!覚悟は決めたわよ!!」ギュッ

穂乃果「覚悟って…」クスクス




絵里「じゃあ穂乃果…行きましょうか!」

穂乃果「……うんっ!!」








おしまい



転載元
穂乃果「絵里ちゃん家の子になる!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413380967/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月29日 13:53
      • 5 ips細胞というもので同姓の間に子供ができるようになったのですね
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月29日 15:35
      • 綾瀬さんにペリメニが生えてきたのですか

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務