TOP

グドン「おらッ!しゃぶれよッ!」テイルレッド「や…やだぁ…!」

1 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/26(日) 11:57:03 ID:/Fpqtpco


グドン「テメーおらッ!俺のこのムチ型の腕がしゃぶれねーって言うのかよッ!」グイグイ

テイルレッド「や…やめろォ…口元に押し付けるなぁ…!」ジタバタ

グドン「ケッ!食材風情が無駄な抵抗してんじゃねーよッ!」ブンッ!

バシッ!バシッ!

テイルレッド「あぁッ!痛い!やめろー!ムチで叩くなー!」

グドン「うるせぇーッ!」ブンッ!ブンッ!

バシッ!バシッ!バシィーッ!

テイルレッド「あぁ…あぁーッ!」ビクンビクン



3 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/26(日) 12:09:17 ID:/Fpqtpco


グドン「フッ…まぁそれだけ粋の良い獲物って事だなッ!」

テイルレッド「う…うぅ…」

グドン「暴れようとしても無駄だぜッ!
    お前の身体には、既に俺のこの両腕の先端にある毒針によって、
    身体を麻痺させる猛毒が流し込まれているんだからなァーッ!」

テイルレッド「うぅ…ぐっ…!」ギリッ

テイルレッド(だ…駄目だ…。身体が痺れて、思うように動かない…)ビクビクッ

グドン「さぁ~て。次はどんな手を使っていたぶってやるかなぁ~」ニタァ…



4 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/26(日) 12:33:07 ID:/Fpqtpco


テイルレッド「……どうして…」
グドン「あっ?」

テイルレッド「……どうしてこんな酷い事するんだよォ…
       お前…ツインテールに一体何の恨みがあるんだ…」

グドン「──ッ!うるせぇッ!うるせぇーッ!!」ブンッ!ブンッ!

バシッ!バシッ!バシィーッ!

テイルレッド「あッ!あぁーッ!!」ビクンビクン

グドン「いいかッ!!お前達ツインテールはなァ…所詮俺達にとっては“餌”でしかないんだよォーッ!」バシッ!バシッ!

テイルレッド「あッ!や…やめッ!」

グドン「それなのに…お前達はいつも無駄な抵抗をして…俺達に牙を向くッ!」バシッ!バシッ!

テイルレッド「いッ!あぁッ!」ビクンビクン

グドン「ムカつくんだよッ!食物連鎖では、俺達の下位に位置する存在の癖にッ!食材の癖にッ!」

テイルレッド「あぁ…アァ…!」ビクンビクン

グドン「だからなぁ…!お前達ツインテールに対する溜まりに溜まった鬱憤は、
    こうして時折発散させないと、気がすまないんだよォーッ!」ブンッ

バシィーッ!!



6 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/26(日) 13:46:20 ID:/Fpqtpco


グドン「はぁー…!はぁー…!」
テイルレッド「……うぅ…」ボロボロ

グドン「……グフフッさぁ~て、そろそろさっきの続きを始めるか…」グイッ

テイルレッド「や…やぁ…」

グドン「おら、しゃぶれよ。俺のこのムッチムチな触手の形をした右腕をよぉ…」グイッ

テイルレッド「やめ…やめ…」

グドン「しゃぶれっつってんだろこの雌ツインテールッ!」バシッ!

テイルレッド「あうッ!」ビクッ



7 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/26(日) 13:57:18 ID:/Fpqtpco


テイルレッド(うぅ…どうして俺がこんな奴に…)

グドン「おら、早くしろよ…」

テイルレッド「うぅ…」ペロッ

グドン「クソッ!ナメとんのかテメーッ!もっとちゃんとしゃぶりやがれ!!」グイーッ!

ググッ!

テイルレッド「──ッ!!?ンンーッ!?」ジュポ

テイルレッド(うげッ!口いっぱいにコイツの触手が…!)

グドン「オラオラッ!もっとしっかりしゃぶれよ食材ッ!」グイグイグイ

テイルレッド「ンンッ!?ンンンッーッ!!」ジュポジュポジュポ!

グドン「ハハッ!いいぞ!その調子だッ!その調子で俺のこの右腕をしゃぶり尽くせェーッ!」


ジュポジュポジュポ…



8 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/26(日) 14:09:37 ID:/Fpqtpco


テイルレッド「ンンッ!」ジュポジュポジュポ!

テイルレッド(き…気持ち悪い…。何だよこれ……土の味がする…)

グドン「グフッ……じゃあ、俺もそろそろ…」スッ

グイッ

テイルレッド「ふぇ…?」

グドン「ハムッ…ンンッ…ンホッ」ジュポジュポジュポ!

テイルレッド「なッ!何やってんだよテメェ!?」

グドン「見れば分かるだろ?お前のその長くてサラサラした髪の毛を…しゃぶってんだよ」ジュポジュポジュポ!

テイルレッド「や…やめろーッ!キモいーッ!」

グドン「うるせーッ!しゃべる暇があるんなら口を動かせッ!」バシッ!バシッ!

テイルレッド「あッ!アウッ!!」ビクン!


───



9 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/26(日) 14:28:51 ID:/Fpqtpco


グドングドン「アムッ…ンンッ…。あー、うめー…。このツインテールマジしゃぶり甲斐あるわー…」ジュポジュポジュポ!

テイルレッド「クッ!うぅ…!」ジュポジュポジュポ!

テイルレッド(クソ…隙を見つけて何とかコイツに反撃しないと!)

グドン「グフフッ……じゃあそろそろ…出すぞ…!」

テイルレッド「ふぇッ!?」ビクッ!

テイルレッド(だ…出すって…何を出すんだよォーッ!?)

グドン「オラァー!俺の触手の先端にある毒針から、お前のその小さな口の中へ…特上の毒液をブチ込んでやるからなッ!!」

テイルレッド「うぷッ!やっ!!」ガバッ

グドン「逃げんじゃねェー!!」グルグルグル

ギュイッ!

テイルレッド「ンッ!?ンンーッ!!」

テイルレッド(や…ヤバいッ!左手の触手で、俺の顔がガッチリ押さえ込まれて!!)

テイルレッド(こ…このままじゃ…出される!!)



10 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/26(日) 14:51:40 ID:/Fpqtpco


グドン「はぁー…!はぁー…!うッ!で…出る…!」

テイルレッド「うグッ!?」ビクッ!


ドピュドピュドピュドピューッ!!


テイルレッド「ンンッ!!ンンーッ!!?」ドクドクドクドク

グドン「……へへっ…どうだァ?裏設定にしか存在しない劇中未使用の猛毒の味は…?」

シュポン…

テイルレッド「あっ…あぁ………あアアァァァァアッ!!」ビクン!ビクン!ビクン!ビクン!

グドン「ハァーハッハッ!どうやら、ちょっとキツめの味だったみたいだなァ!?」

テイルレッド「うっ…!…うぁ…!」ビクン… ビクン…

グドン「安心しな!その毒はあくまでも相手の動きを封じるためだけのものだ…死にはしない。
    もっとも…死なないってだけで、毒に蝕まれる苦しみは並大抵のものではないがなァー!」

テイルレッド「うっ…うぅ…」ビクッ ビクッ



11 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/26(日) 15:19:48 ID:/Fpqtpco


グドン「グフフッ……さぁーて、そろそろ本番に入ろうかなァー?」ジュル…

テイルレッド「……ふぉ…本番…?」

グドン「……あぁ、ところで俺は別名“地底怪獣”って呼ばれていてな…
    その名の通り、俺は地中での活動を最も得意としてるんだが…」

テイルレッド「………」

グドン「さぁてここで問題!俺は一体どうやって地面を掘り進んでいるでしょーか!?」

テイルレッド「……えっ?」

グドン「考えもみろよ…この細長いムチ状の両腕じゃあ、どう見ても地面を掘り返すことなんで出来そうにないだろ?
    そこで俺は、ある方法を使って穴を掘っている訳だが……さて、分かるかな?」

テイルレッド「……知るかよ、そんな事…」プイッ



12 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/26(日) 15:21:05 ID:/Fpqtpco


グドン「グフッ…!正解はなぁ!!」ブィーン…

ピタッ

テイルレッド「ひやっ!?」ビクゥ!

グドン「こうしてムチ状の腕を高速振動させて、硬い岩盤を砕きながら地面を掘り進めているんだよォーッ!!」ブィーンッ!

テイルレッド「ひゃうぅんッ!?」


ビクンビクンビクン!



13 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/26(日) 15:42:58 ID:/Fpqtpco


グドン「ハァーッハッハッ!!どうだ!?超強力なバイブと化したこの俺の触手はッ!?」ブィーンッ!!

テイルレッド「あぁッ!あアァーッ!!」ビクンビクン!

テイルレッド(な…何だよコレ……何だよコレぇー!?)

グドン「グフフッ…先ずはお前の身体の隅々まで愛撫して…反応を伺ってやるッ!」ブィーンッ!!

テイルレッド「あっ…あっ…!」ピクッ ピクッ

グドン「さぁ…気持ちいツボは何処かなぁ…?」ジュペロ

テイルレッド「や…やめ…」

グドン「うなじかな?」ブィーン…

スリスリ…

テイルレッド「うっ…!」ピクッ

グドン「お尻かな?」ブィーン…

スリスリ…

テイルレッド「うっ…!!」ピクッ

グドン「……それともやっぱり…」スリッ…

テイルレッド「……えっ?」



14 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/26(日) 15:44:59 ID:/Fpqtpco




グドン「コ・コ・か・なァーッ!?」ブィーンッ!!



テイルレッド「ひッ!?やあァァァァアアッ!!?」ビクンビクンビクンッ!

テイルレッド(ち…ちく…ッ!)



15 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/26(日) 16:00:13 ID:/Fpqtpco


グドン「ハァーッハッハァーッ!!ちょっと触っただけでこの乱れ様とは!淫乱だなぁテイルレッドォーッ!」ブィーンッ!!

テイルレッド「ち…ちが……うッ!」ビクンビクンッ!

グドン「グフフッ…素直じゃないなぁ~食材ィーッ!
    お楽しみの後は…この俺様がお前の事を直々に料理してやるッ!覚悟しておけッ!!」

テイルレッド「や…やあ…!」ブンブン

グドン「グフッ!活け造りにしようか…丼物にしようか…。悩むなぁ…」

テイルレッド「あ…あぁ…」ピクッ ピクッ

グドン「おぉっとォーッ!」ブィーンッ!!

テイルレッド「やッ!?アアァァァァアアッ!!!」ビクンビクンビクンッ!

グドン「コッチの方のお楽しみは、まだまだこれからだぜェーッ!食材ィーッ!!」


ブィーンッ!!



16 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/26(日) 16:24:13 ID:/Fpqtpco


テイルレッド「やッ!?あアアァァァァアアッ!!!」ビクンビクンビクンッ!

グドン「ハハッ!やっぱり淫乱じゃねーかコイツ!」

テイルレッド「あッ!アァッ!」ビクンビクン…

グドン「さーて、そろそろこっちの方も…出来上がっている頃合いかな?」スッ

ネチャ…

テイルレッド「ひうッ!」ビクンッ!

グドン「おーバッチリじゃねーか!」ネバー

テイルレッド「ど…何処触ってんだよッ!この変態怪獣ッ!」

グドン「へっ…今更何言ってんだか…
    それに、変態なのはお前も同じだろーが…テイルレッド…」

グドン「いや…観束総ニって言った方が良かったかな?」

テイルレッド「えッ!?」ビクッ



21 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/26(日) 23:07:41 ID:/Fpqtpco


グドン「全部知ってるんだぜぇ~
    お前の正体が、ツインテールの事が好きで好きでたまらないツインテール馬鹿な男である事も…
    その姿が…テイルギアってアイテムを使って変身して女体化した姿である事もなぁ…!」

テイルレッド「ぐっ…!」

グドン「全く…お前も道を違えていれば、俺と同じ“ツインテールを捕食する者”になれたものを…!」

テイルレッド「お…俺はそんな事…望んじゃいないッ!」

グドン「……フン。まぁ今更そんな仮定の話なんかどうでもいっか…」

テイルレッド「………」

グドン「さぁ~て。これから男の身体のままでは決して味わう事の出来ない、極上の快楽って奴に溺れさせてやるぜ…」ジュペロ…

テイルレッド「な…何を…」

グドン「グフッ…」シュルル…



22 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/26(日) 23:21:12 ID:/Fpqtpco


テイルレッド「あッ!」ピクッ

グドン「フッ…こんなに濡らしやがって…」グチャ グチャ

テイルレッド「あッ!や…やめッ!」

グドン「今から…この超高速バイブレータと化した俺の右腕の触手が、お前のびしょ濡れになってるココに入るんだぜェ…」グリグリ

テイルレッド「やめ…!やめろよォ…!!」

グドン「いーや止めないさッ!貴様らツインテール共には、身体に直接教え込まなけりゃならないんでねッ!」グイッ!

テイルレッド「あッ!!」ビクンッ!

グドン「ツインテールとグドン……一体どちらの方が格上の存在であるのか…
    どっちの方が食物連鎖の上位に立っているのかって事をなぁッ!」グイグイッ!

テイルレッド「あッ!アァーッ!!」ビクンビクンッ!

グドン「クソ生意気なツインテール共めッ!その身をもって思いしれッ!思いしれェーッ!!」グイーッ!!

テイルレッド「あッ!アアァァァァアアッ!!!」


ビクンビクンビクンッ!



23 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/27(月) 00:11:52 ID:dIJB8BtM


プチュッ…

テイルレッド「あっ…」

グドン「……グフッ…」

グチャ…

テイルレッド「あ…あぁッ!!あアアァァァァアアンッ!!!」ビクンビクンビクンビクーンッ!!

グドン「ハァーッハッハァーッ!!
    今ッ!お前の処女膜という名の硬い岩盤を貫いてやったぜェーッ!!テイルレッドォーッ!!」ブィーンッ!!

テイルレッド(い…痛ッ!)

テイルレッド「や…やめぇ…!抜いて…抜いてェーッ!!」ビクンビクンッ!!

グドン「へッ!?“もっと奥に入れて”だってェー!?」グチャ

グイッ!

テイルレッド「───ッ!!?ああアアァァァァアアァーッ!!!」ビクンビクンビクンビクーンッ!!

グドン「ハハッ!良かったなぁテイルレッドォーッ!
    男のままだったら、こんな快楽味わえなかったぞォーッ!」ブィーンッ!

テイルレッド「いやあアアァァァァアアァーッ!!」ガクンガクンガクンッ!

,



24 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/27(月) 00:24:44 ID:dIJB8BtM


グドン「オラッ!ぼーっとしてないでお前も腰を動かすんだよッ!!」ブンッ!

バシッ!バシッ!

テイルレッド「いッ!やっ…やめろォー!左手のムチでお尻叩くなァーッ!!」

グドン「口を動かす暇があるんだったら腰を動かせェーッ!」ブンッ!

バシッ!バシッ!

テイルレッド「あッ!アァウッ!!」ビクンビクン

グドン「ほーらッ!言うこと聞かないとこっちの方の穴にもう一本の触手が入っちまうぞォーッ!」グイグイッ

テイルレッド「い…いやッ!わッ!わかったからぁー!そっちはやめてェーッ!!」

グドン「だったら大人しく言うこと聞きやがれッ!」ブンッ!

バシッ!バシッ!



25 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/27(月) 00:52:50 ID:dIJB8BtM


テイルレッド「うッ!あアアァァァーッ!!」ジュポ!ジュポ! ジュポ!ジュポ!

グドン「グフッ!やりゃー出来るじゃねーかァ!食材ィー!!」ブィーンッ!

テイルレッド「あぁッ!あアアァァァーッ!!」ビクンビクンビクンッ!

グドン「さぁ~てッ!余った左腕で…お前の一番敏感な所を責めてやるかァーッ!!」ブィーンッ!

テイルレッド「あぁ…やあ…!」

グドン「ほーら…気持ちーツボに満遍なく振動が行き渡るように…
    左腕の触手でお前の胸元を…雁字搦めにしてやるッ!」グルグルグルッ!

テイルレッド「ひやッ!?」

グドン「それッ!バイブするぜッ!」グイッ

ブィーンッ!

テイルレッド「やあアアァァァーッ!!」ビクンビクンビクンッ!

グドン「ハーッハハッ!!とんだ淫乱野郎だなァーテイルレッドォーッ!!」


ブィーンッ!ブィーンッ!



26 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/27(月) 01:07:31 ID:dIJB8BtM


テイルレッド「あぁ…アァ…」ビクン… ビクン…


テイルレッド(……な…何だよ…コレ……
       さっきまで…さっきまであんなに痛かったのに……)

グドン「オラッ!休んでないで腰動かせ腰ィーッ!」ブィーンッ!

テイルレッド「は…ふぁ…!」ビクンッ!


テイルレッド(今……ちょっと気持ちいいって……)


テイルレッド「……あっ…あぁッ!アァーッ!!」ビクンビクンビクンッ!

グドン「グへヘッ……じゃあそろそろ…また、しゃぶらせてもらうかな…
    お前の…その真っ赤な色した艶っぽい頭髪を…」グイッ

テイルレッド「………」

グドン「ハムッ…ンンッ…ンホッ!ンンーッ!」ジュポジュポジュポジュポッ!



27 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/27(月) 01:22:34 ID:dIJB8BtM


ハァー!ハァー!イイッ!イイゾォショクザイィー!!


テイルレッド「………」

テイルレッド(……俺…何でこんな事してるんだっけ…?)


グドン「うッ!出るッ!出るゾォーッ!!」


テイルレッド(……もう…どうでもいいや……何も…考えたくない……)


グドン「俺の右腕の触手からッ!お前の膣の中にッ!!毒液がァ!!」


テイルレッド(……もう…何も……)


グドン「あぁ出るッ!!出るぞォーッ!!!」ビクゥーッ!


ドピュドピュドピュドピュピューッ!!



───



28 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/27(月) 01:53:10 ID:dIJB8BtM


───


グドン「ふぅ~スッキリした~
    これで心置き無くお前を食うことが出来るぜ!テイルレッドッ!」

テイルレッド「……あっ…あっ…」ビクン… ビクン…

グドン「フッ…気絶してやがる…
    どうやら…相当イッちまったみてェーだな。コイツ…」

テイルレッド「…うっ…」ビクンッ

グドン「さーてと、今日の晩飯はツインテールの海鮮丼にでもしようかな…」ガシッ

テイルレッド「………」キュイーン…

グドン「んっ?」

グドン(何だ?テイルレッドの身体が、だんだん大きく…)

パアー…

総ニ「………」ドサッ

グドン「………」



29 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/27(月) 02:12:09 ID:dIJB8BtM


グドン(……まさか…変身が解除されちまったのか?今になって…)

総二「……うぅ…」ビクンッ

グドン「………」

グドン(……あーあ、ツインテールじゃなくなっちまったよコイツ…
    これじゃあ…食えるモンも食えねーじゃねーか…)

グドン「……やれやれ…命拾いしたなァ…テイルレッド」

総二「………」

グドン「……いや、観束総ニ…」

グドン(……まぁ…いいや。ツインテールに対する鬱憤を晴らす事は出来たんだし…
    今日はこの辺で、逃がしてやるとしようか…)



30 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/27(月) 02:19:11 ID:dIJB8BtM


総二「………」

グドン「だがなァ…俺は諦めんぞ、テイルレッド…
    何時かまた…俺はお前の血肉を求めて、必ずお前の下に姿を表す…
    その時こそが…本当の意味で、お前の最後の時だ…」

総二「………」

グドン「いいか、よく覚えておけッ!
    貴様らツインテールは、所詮俺達グドンの“餌”にしか過ぎないという事を!
    いくら足掻いたって…それは覆しようのない“事実”だって事をなァーッ!!」

グドン「ハァーッハッハッ!!ハァーッハッハッハッァーッ!!」

────

───

──



31 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/27(月) 02:32:14 ID:dIJB8BtM


──

───

────


総二「──ッ!!わああアァァァァァアッ!!!」ガバッ!


総二「ハァー…!ハァー…!ハァー…!」

総二(こ…ここはッ!?)キョロキョロ

トゥアール「……んー…むにゃむにゃ…」Zzz…

総二(お…俺の部屋だ…)

総二「………」

総二(……ゆ…夢、だったのか?全部…)

総二「……ふぅー…」

総二(そう…だよな?……夢に決まってるよな…ハハッ…)



32 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/27(月) 02:42:49 ID:dIJB8BtM


総二(あー…全く最悪な夢だったぜ…
   よりにもよってツインテールを食べる怪獣に襲われる夢だなんて…)

総二「……はぁー…起きるか…」ガサッ…

ビリリッ!

総二「うッ!!」ビクッ!

総二(……何か、身体のあちこちが痺れて痛いんだけど…)

総二「………」

総二「……いや…きっと変な体勢で寝たのが原因だ!そうに違いないッ!」

総二(……ちょっと、お腹の調子が悪い気もするけど…)ピリピリ…

総二「……それもたまたまだッ!たまたまッ!」



33 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/27(月) 02:56:20 ID:dIJB8BtM


ネバー…

総二(……何か…俺の髪の毛に、ネバネバした液体が付いてるんだけど…)

総二「………」

総二(いやッ!寝汗だよ寝汗ッ!!
   ちょっと粘っこい寝汗が、頭皮から流れ出ただけだッ!)

総二「………」

総二(……そう…夢なんだよ……全部…俺の見た夢の中の話…)


グドン『だがなァ…俺は諦めんぞ、テイルレッド…
    何時かまた…俺はお前の血肉を求めて、必ずお前の下に姿を表す…
    その時こそが…本当の意味で、お前の最後の時だ…』

グドン『いいか、よく覚えておけッ!
    貴様らツインテールは、所詮俺達グドンの“餌”にしか過ぎないという事を!
    いくら足掻いたって…それは覆しようのない“事実”だって事をなァーッ!!』


総二「──ッ!!」ビクゥ!!



34 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/27(月) 03:03:55 ID:dIJB8BtM


トゥアール「……んー…あっ、おはようございます総二さまぁ…」

総二「………」

トゥアール「……どうしたんですか?浮かない顔して…」

総二「……トゥアール、俺な…」

トゥアール「……はい?」

総二「……暫く…変身出来そうにない…」

トゥアール「ええぇぇぇーッ!!?」



───END



35 : ◆z6xlohu3JE 2014/10/27(月) 03:09:07 ID:dIJB8BtM

※このSSはフィクションです。実際する人物、怪獣の性癖は一部架空の物です。

※グドンは捕食前のツインテールに、性的な暴力を振るう事は決してありません。

※あと色々とごめんなさい



転載元
グドン「おらッ!しゃぶれよッ!」テイルレッド「や…やだぁ…!」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1414292223/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 08:26
      • これは帰マンの仕事が増えますねぇ

      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 08:41
      • ホmッ…いや、男でもイイッ!
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 08:56
      • テイルレッド知らないな
      • 4. MCC
      • 2014年10月27日 09:05
      • 2 あのさぁ………^^;
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 09:05
      • 君にも見える
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 09:09
      • 帰マンじゃないのかよ
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 09:13
      • ツインテールと聞いた時に誰か書くと思ったよ。
        ありがとう。
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 09:15
      • 最終的にグドンがスペシウム光線で爆殺されるエンドじゃねーのかよ
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 09:27
      • 怪獣酒場のツインテールフライ食べないと
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 09:29
      • 年ばれるから、やめてよー
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 09:43
      • 地底怪獣グドンへの熱い風評被害
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 10:02
      • 犯されてる途中に変身解除展開がよかったなぁ
        コスチュームはそのままでア.ナルじゅぽじゅぽ犯される感じでお願いします
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 10:04
      • ごめん興奮した
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 10:21
      • ツインテールさんは海中ではグドンなんかより強い怪獣だから(メビウス世代)
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 10:53
      • だが男だ
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 10:54
      • ※4
        あのさあ
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 11:03
      • 新マン「全く問題ないと判断した」
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 11:10
      • だが男だ・・・男なんだ!
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 11:11
      • テイルレッドってなんだろうと検索したらなかなかかわいいのが出てきた
        えこれ男なの…?
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 11:52
      • ※19
        ツインテールの時は幼女。
        変身すると性別変わるのよね。
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 12:00
      • グドン知らなくて画像はググったけど、触手責め良いと思うよ
        受けは男だけどね
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 12:36
      • 俺ツイと帰マンしらないとわかんねぇぞこれw
        ただ、爆笑したwww
        ありがとうww
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 12:45
      • 4 体格差はどうなってんだ?それにしても誰かはやると思ったよ
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 14:23
      • 男の状態だといけないとは情けない
        俺は男の状態でもファック余裕だぜ
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 15:54
      • ツインテールは海老の味だからね
        仕方ないね
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 16:26
      • なんだぁ!このwktkさせてくれるSSはぁ!(大歓喜)
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 16:30
      • いいグドン紹介SSだった
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 16:37
      • ウルトラマンかと思ったらウルトラマンだった
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 16:51
      • いいssだった
        テイルレッドたんを深刻にならないレベルで虐めるの増えて欲しい
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 16:58
      • 正直に言おう

        よ く や っ た
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 17:05
      • なんでだろう…すみぺの声で脳内再生されない
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 17:30
      • ウルトラゾーンかな?
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 17:51
      • でもお前、メビウスの時ボガールに食われてなかったっけ?
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 18:03
      • ※33
        ボガールさんは誰でも喰っちまうヤリ●ンだからね。仕方ないね
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 18:25
      • MATは何をしていたぁ!!
      • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 18:48
      • ※35
        そらもうワンダバかけながら空中旋廻しつつ事の端末を傍観よ
      • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 18:53
      • 実際グドンがツインテールを仕留めれたのって帰マンでの一回だけじゃなかったっけ?他は邪魔が入ったりとかばっかりだった気がする。
      • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 20:52
      • そういえばボガールはツインテールとグドンの両方を食べてたな


        ひらめいた
      • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 21:25
      • >>16までテイルレッドをツインテールだと思ってたよ
        何処触ってるんだよ!って完全にこっちの台詞だよ
      • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 21:40
      • ※36
        そんなことしてるから国会でMAT不要論が出るんだよ
      • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 22:04
      • グドンかと思って開いたらグドンだった
      • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 22:14
      • >>3あたりで蛮族さんに瞬殺されてて
        それ以降はグドンが死の間際に見た夢って展開かと思ったのに・・・
      • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月28日 00:07
      • >裏設定にしか存在しない劇中未使用の猛毒の味は…
        なんかワロタ
      • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月28日 00:20
      • ウルトラマンタグで勘違いかと思ったけど俺ツイであってた
      • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月28日 00:25
      • 帰マンは別にツインテールの味方じゃないからな…
      • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月28日 01:14
      • 地底怪獣グドン改めバイブ触手プレイヤーグドン
      • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月28日 01:17
      • 5 ※38
        早く投稿するんだ俺のキングマイマイは羽化してズル剥けなんだぞ
      • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月28日 06:30
      • 怪獣のツインテールの主食って口のサイズ的に人間じゃねえ?
        つまりグドンは益獣。
      • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月28日 12:25
      • 5 グドンに対して無言のスペシウム光線
        良いSSだったデュワッ!
      • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月28日 12:30
      • メビウスと大怪獣バトル以降、一掃される雑魚ってイメージになったなあグドン。昔は帰マンを一回退けたから強キャラってイメージだったのに。
      • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月28日 21:58
      • ※38
        ほぅ、聞こうじゃないか
      • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月29日 17:09
      • まさか振動触腕エクスカベータが出てくるとは
        コイツ…できる!
      • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月31日 21:55
      • レッド〈 グドン〈 ボガール
        か・・・
        誰得だよ
      • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月01日 13:48
      • よし!レッドマンこと赤い通り魔を呼ぼう!
      • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月04日 08:48
      • ※53
        そういやボガールの王、アークボガールは惑星ごと食うんだっけ。地球は食卓、地球人はオードブル、ウルトラ戦士はデザートなんだとか。
      • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年09月18日 23:00
      • こんなss書けるとか頭おかしい

        いいぞもっとやれ

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ