TOP

やよい「はい、 ーッチ!」 P「!?」

1 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/09/24(水) 22:44:10.78 ID:DrpUH73AO

高木「う~む…」

P「あれ、社長。どうなさいました?事務所の前で…」

高木「ああ、君か。いや、実はアイドル諸君がタヌキになってしまったのだよ」

P「タヌキ?どういうことです?」

高木「見れば分かる。まあ入りたまえ」ガチャ



2 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/09/24(水) 22:52:29.70 ID:DrpUH73AO

P「なんだ、みんなちゃんとした人間じゃないですか」

高木「いや、そうじゃなくてだね…」

やよい「あ、プロデューサー!おはようございます!!」

P「ああ、おはよう」

やよい「うっうー!今日もお仕事いーっぱい頑張ります!」

P「そうか、やよいは頼もしいな」ナデナデ

やよい「えへへ…そうだプロデューサー。いつものアレ、やりましょう!」スッ

P「おし、きた」スッ

やよい「はい、 ーッチ!」

\パチン/

やよい&P「いぇい!!」

P(……ん?)



4 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/09/24(水) 22:58:35.91 ID:DrpUH73AO

P「なあ、やよい。はいタッチのところ、もう一度言ってみてくれ」

やよい「え?…はい、 ーッチ」

P「おかしい、タッチの“た”が抜けてる気がする」

やよい「でもでも、わ しは普通に“はい、 ーッチ”って言ってますよ?」

P「そうか、ありがとな」

やよい「うー?」



6 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/09/24(水) 23:08:14.30 ID:DrpUH73AO

高木「分かってくれたかね」

P「はい。どうも本人に自覚はないようですね」

高木「だから悩んでいるのだよ」

律子「困りましたね…これだと歌はおろかトーク番組すら出られませんよ」

P「律子、いたのか」

律子「はい」

高木「律子君はタヌキにはなっとらんようだね」

律子「私は半分プロデューサーみたいなものですから。あくまでアイドル限定の症状なんでしょうね」

P「そういや音無さんは?」

高木「病院だよ。過去にこういった事例がなかったか調べてもらっているのさ」



9 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/09/24(水) 23:15:16.82 ID:DrpUH73AO

伊織「ちょっと、アン !」ゲシ

P「いてっ!なんだよ伊織~」

伊織「アン 、昨日のこと忘れ わけじゃないでしょうね?」

P「へ?」

伊織「アン が昨日レッスンに遅刻してき 罰として、今日朝来 ら一番に飲み物をおごるって約束だっ じゃない!」

P「あ、すまん。忘れてた」

伊織「何やってるのよアンポン ン!さっさと買ってきなさーい!」



10 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/09/24(水) 23:29:29.35 ID:DrpUH73AO


‐‐
‐‐‐


P「さて、今日のスケジュールは…げっ!千早に歌の収録はいってんじゃん」

律子「あっちゃー、困りましたね」

千早「何が困っ の?」

P「千早!」

千早「叫ばなくても聞こえています」

P「千早、今日のコンディションはどうだ?」

千早「万全の い勢ですが…」

律子「声が枯れたりとかしてない?大丈夫?」

千早「……どうし の?今日の律子は何か変よ?」

律子「ええ、まあ…。ちょっと気になっただけよ」

千早「そう…ならいいのだけど。 だ律子、わ しはう う気満々でいるのだから水を差すようなことはしないでね。プロデューサーもですよ?」

P「お、おう…」



20 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/09/25(木) 12:50:38.21 ID:ekjiquOAO


‐移動中‐

P「千早、お前だけじゃなくアイドル全員がなぜか“た”と言えなくなっているようなんだ」

千早「変ですね。きちんと発音しているはずですが…」

P「だが、たかだかそれだけのことで仕事を先送りするわけにはいかん。いいか千早、例え“た”が言えなくなっても手抜きはするなよ?先方には俺が事情を話しておくからな」

千早「もちろんですプロデューサー。どんなことがあろうとも、わ しは決し  抜きはしません。それに妥協もし くありませんから」

P「……千早、また一つ“て”が消えたぞ」

千早「えっ!?」



21 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/09/25(木) 13:00:12.54 ID:ekjiquOAO

P「おかしい…さっきまで言えたはずなのに」

\ピリリリリ/

P「電話…音無さんか。 (ピッ) はい」

小鳥『プロデューサーさんですか?大変なことになりました!』

P「どうしました?」

小鳥『実は事務所にいた皆で演技力向上のためにテレビで時代劇を見ていたんですが、“この腑抜けがぁ~!”という台詞が流れたとたん、みんな“ふ”という発音ができなくなったみたいなんです!』

P「何だって!?」



28 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/09/25(木) 17:01:18.91 ID:ekjiquOAO

P「どうなってんだ…ワケわからん!」

千早「プロデューサー、時間が…」

P「ああ、そうだった。すみません音無さん、また後で!」ピッ

千早「どうかし んですか?」

P「何でもない…何でもないんだ」

千早「はあ…」



29 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/09/25(木) 17:14:47.23 ID:ekjiquOAO

‐スタジオ‐


P「―――そういう訳ですので、仕事にならないかもしれませんが何とぞご勘弁下さい」

音響ディレクター(以下:音D)
「なるほど、事情は分かりました。しかし千早さんが今日収録する曲で“た”、“て”が歌詞に入っていない歌なんてありましたかな?どれもこれも入っているような…」

千早「お願いしますディレク ーさん!」

音D「千早さん…?」

千早「皆さんが聞こえないとおっしゃる言葉も、わ しの中ではきちんと発音でき いるんです!それに今日のわ しは特にう い いんです!どうか、どうかお願いします!!」



30 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/09/25(木) 17:24:15.34 ID:ekjiquOAO

音D「……分かりました。千早さんの熱意にお応えしましょう。ただし、今日はリハーサルという扱いになりますがよろしいですか?」

千早「ありがとうございます!」

音D「あと、リハーサル中欠落するであろう“た”、“て”の部分はプロデューサーさんが声あてをお願いします」

P「俺ですか!?……分かりました」

音D「それでは10分後に一回目の“蒼い鳥”始めますのでスタンバイのほうお願いします」

P&千早「はい」



31 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/09/25(木) 17:30:34.59 ID:ekjiquOAO


‐‐
‐‐‐


♪~

千早「泣くことなら」

P『た』

千早「やすいけれど~悲しみには流されない」


~~~


千早「蒼い鳥もし幸せ~近くにあっ」

P『て』

千早「も~あの空へわ」

P『た』

千早「しは飛ぶ~未来を信じ」

P『てぇ~』



33 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/09/25(木) 17:42:41.76 ID:ekjiquOAO


‐‐
‐‐‐


千早「あな」

P『た』

千早「を~愛して」

P『たぁ~』

千早「でも前だけを見つめ」

P『て』

千早「くうぅぅぅぅぅ…」


~~~


音D「ブラボー!千早さん素晴らしい!!」

千早「ありがとうございます」

音D「何事もなければ一発OKだしたところでしたよ!プロデューサーさんも音程がピッタリ!さすがでした」

P「そうでしたか、ありがとうございます」

音D「この調子なら本番も大丈夫でしょう。今日はもう上がっていただいて構いませんよ。たまにはゆっくりされるのもいいと思いますし」

P「そうですか。千早、どうする?」

千早「こんなに早く上がれるなん めっ にないことですし、 まには早く帰りましょう」

P「そうか。そしたら皆のことも気になるし、早めに戻るか。お疲れさまでした!」



41 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/09/25(木) 18:08:54.66 ID:ekjiquOAO

‐事務所‐


P「ただいま戻りました。音無さん、電話での“ふぬけ”ってどういうことですか?」

小鳥「どうも何も、時代劇で“この腑抜けが”という台詞が流れたとたん“ふ”という言葉が会話から消えた。それだけです」

P「そういえば、病院回りされてたんですよね。何か掴めましたか?」

小鳥「それがさっぱり…」

P「さいですか…」



42 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/09/25(木) 18:24:12.26 ID:ekjiquOAO

貴音「あ…いまてれびで讃岐うどんの特集番組があっているようですよ。」

やよい「 か音 ん、“ ぬき”ってなんですか?」

貴音「おや、やよいは“ ぬき”を知らないのですか?」

千早「 か槻 ん、“ ぬき”というのは昔の国名で今でいう香川県のことよ」

やよい「そうなんですかー!!うっうー!千早 んは物知りです!」

P&小鳥「……えっ!?」



43 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/09/25(木) 18:38:11.65 ID:ekjiquOAO

P「いま確かに…」

小鳥「讃岐の“さ”が消えた!?」

P「そういえば、さっき車の中で千早に“手抜きするな”と言ったら千早から“て”という言葉が消えました」

小鳥「待って下さい!……いま分かりました」

P「分かったんですか!?」
小鳥「ええ…」

小鳥(紙に“〇ぬき”、“〇ぬけ”と書く)キュッキュッ

小鳥「みんな“タヌキ”、“讃岐”、“腑抜け”などといった言葉の(“〇”の部分を差して)ここが抜けてるんです!」ドヤァ

P「……いや、そんなこと俺も分かってますから」

小鳥「ぴよっ!?」



44 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/09/25(木) 18:44:04.20 ID:ekjiquOAO

P「そうじゃなくて原因ですよ。どうしてこんな事態になったのか」

小鳥「……私にも分かりましぇん」

P「仕方ない…とりあえず〇ぬき、〇ぬけがつく言葉をリストアップしましょうか」

小鳥「はい」



46 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/09/25(木) 18:55:26.65 ID:ekjiquOAO

(〇ぬき)
居抜き、毛抜き、讃岐、死ぬ気、狸(たぬき)、血抜き、手抜き、目抜き

(〇ぬけ)
歯抜け、腑抜け、間抜け、蛻(もぬけ)




P「こんなにあるとは…」

小鳥「単語だけでこれだけあるのに、“銃を抜け”とかの言葉もカウントに入れたら切りがないですよ」

P「ひとまず上記の単語を使わせないようにしましょう」

小鳥「そうですね」



60 :FDH ◇hmcwDSMNjI 2014/10/03(金) 21:24:07.62 ID:ij6YYI8AO

P「それにしても参りましたね。まさかこんな事態になるとは…」

小鳥「会話が成り立たなくなるのも時間の問題でしょうね」

P「それは困る!何とかしないとな…」

律子「ところでプロデューサー、いま消えている語句は何でしたっけ?」

P「今のところ“た”、“さ”、“ふ”、“て”だな」



62 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/10/03(金) 21:50:46.27 ID:ij6YYI8AO

P「まあ、そのうち何とかなるだろうよ。さあ~て、そろそろ仕事せんとな」

千早「あの、プロデューサー。わ し、昨日初めて自分で化粧品買っ  めし み のですが…どうでしょう?」


P「なかなか良いな。化粧をしたり肌の手入れをしたり、身なりを整えることは女性としても、アイドルとしてもプラスになることだからどんどんやったほうが良いぞ」



63 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/10/03(金) 22:05:26.49 ID:ij6YYI8AO

千早「本当ですか?この前までう しか興味がなかっ ので新しいことに挑戦するのが恐くて恐くて…」

P「大丈夫だ。今のお前はきちんと前を向いている。少しずつステップアップしていきゃいいんだよ」

千早「ふふっ、プロデューサーの言葉を聞いて安心しました。ありがとうございます」

P(おや?)



68 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/10/04(土) 12:38:19.37 ID:I8I5Eb8AO

P「(俺の聞き違いでなければ…)ところで千早、山伏の格好した妖怪でさ、鼻が高くて赤い顔したやつ…えーと、なんだっけ?」

千早「天狗ですか?」

P「そうだよそれそれ!」

千早「それが何か…」

P「いや、ふとそんな妖怪がいたなと思って。別に他意はないよ」

千早「はあ…」

P(“て”が戻ってる!しかしなぜ…?)

P(そうか、俺が“肌の手入れ”と言ったからか!)



69 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/10/04(土) 12:51:53.23 ID:I8I5Eb8AO

P「音無さん!分かりました!!」

小鳥「プロデューサーさん、どうされました?」

P「こ ばが抜け ちてしまった人には“〇〇いれ”、“〇〇たし”、〇〇つき”のような語句を混ぜて会話すれば良いんですよ!」

律子「なるほど!しかし悔しいですね」

P「何でだ?」

律子「こんな簡単なことなのに私や小鳥さんには もいつかず、普段“鈍感な”プロデューサーがいち早く発見したって とがですよ」

P「何だそれ!?」

 鳥「律 さん、そんな気にする  ではないと もうわよ?」

あずさ「あ、あの~…」



74 :FDH ◇hmcwDSMNjI 2014/10/04(土) 22:25:19.95 ID:I8I5Eb8AO

P「どうしました?あずささん」

あずさ「プロデュー ー ん ちの会話、何か変じゃないでしょうか?」

律 「え? くに変 は もいませんけど…」

あずさ「 っきから疑問に思ってい んです。どうして会話のなかから“お”、“と”、“こ”が消え いるのかしら~って」

P鳥律「はい?」



75 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/10/04(土) 22:49:02.57 ID:I8I5Eb8AO

あず 「つい きほどから“お”、“と”、“こ”の ん文字が消え いるんです」

P「先ほどって、どの辺りからですか?」

あず 「ええと…“お”と“と”が消え のがプロデュー ー んが“音無さん” 言っ  き、“こ”が消え のが律子 んが“小鳥さん”と言っ  きだっ かしら。そ から会話が かしくなっ   もいます~」

 鳥「言ったそばから!」

あず 「あ 、 鳥 ん 律  んの表記も かしくなっ ますね。ついでにわ しも」

律 「いま気づきましたよ。 れじゃあまるで 葉狩りですね」



81 :以下、空白部分は〇で表します ◇hmcwDSMNjI 2014/10/21(火) 22:55:26.53 ID:KAQ2BLeAO

“言葉狩り”を受けている語句

・大人(律子含む)
→お、と、こ

・アイドル
→た、さ、ふ、て



‐‐
‐‐‐


P「それにしても参りましたね。〇れだ〇ま〇もに仕ご〇ができない」

律子「日常生活にも支障が出ますよ…あ、すでに出てるか」

小鳥「ぴよぉ……。私のせいで〇んな〇〇に…」

高木「いや、〇〇無君が悪いわけではないよ。気にしないでくれ〇まえ。しかしまあ…なんだ、被害が拡大する前に対処して〇く必要はありそうだねえ」

P「〇はいえ、いったいどうすれば…」

>>82(アイドル)「あの、お話し中すみません」



82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 23:04:35.34 ID:/jMuTpoq0

春香



85 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/10/21(火) 23:15:23.19 ID:KAQ2BLeAO

高木「〇〇、どうし〇んだね?天海君」

春香「その言葉狩り現象のことなんですけど、何とかなるかもしれません」

高木「なに、それは本〇うかね!?」

亜美真美「んっ〇っ〇→。亜美(真美)〇ちのコトを忘れちゃダメっしょ→」

伊織「ちょっと!わ〇しのことも思い出しな〇いよね!!」

小鳥「亜美ちゃん!真美ちゃん!」

律子「伊織まで!」



86 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/10/21(火) 23:29:55.69 ID:KAQ2BLeAO

P「どういうことだ?」

伊織「つまり、水瀬のグループ会社である水瀬製薬と、そこと業務提携し〇いる東京双海病院の力を借りれば何とかなるかもしれないっ〇ことよ」

亜美「どちらも〇い先端の技術を持っ〇いますからなあ」

伊織「これからパパを通し〇交渉し〇みるけど…かなり時間がかかると思うわ。まあ気長に待つことね」

真美「真美たちも今から掛け合っ〇みるYO!」



87 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/10/21(火) 23:39:51.99 ID:KAQ2BLeAO

高木「それは有難い!いやはや、藁にもすがるとは〇ういう〇〇を言うんだね」

春香「役に〇つか分からないけどわ〇しも協力します!何でも言っ〇くだ〇いね!!」

P「すまない、みんな!〇んに着るよ」

伊織「にひひっ♪…まあ、本当は親の力を〇より〇くないんだけど今はそうも言っ〇られないし、それに私たちも何かと〇便だもの。困っ〇ときはお〇がい〇まよ」



91 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/10/26(日) 00:07:30.22 ID:14e6XwcAO

‐3ヶ月後‐


P(あれからけっこう経つが、この間にも言葉狩り現象は続いている)

P(“た”、“さ”、“ふ”、“て”の他に“い”、“お”、“と”、“な”、“し”、“こ”、“り”、“み”、“ゆ”が消えた…。明日は何が消えるのだろう?)

P「〇れは〇〇〇き事〇〇だ…早く〇を打〇ねばな」

\ガチャッ/

伊織「待〇せ〇わね、アン〇!」



92 :以下、空白部分は(文字)表記 ◆hmcwDSMNjI 2014/10/26(日) 00:22:17.25 ID:14e6XwcAO

消えた語句
→たさいふておとなしことりみゆ


P「(お)う!どうだ?か(い)決法は(み)つかっ(た)か?」

伊織「ええ…」コトッ

伊織「(こ)れは(み)な瀬(と)(ふ)(た)(み)の力を結集し(て)作られ(た)錠ざ(い)よ。(こ)れを服用すればな(お)るらし(い)わ」

P「ほう…」



93 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/10/26(日) 00:32:09.54 ID:14e6XwcAO

伊織「それでわ(た)し含め、まだ誰も薬を(た)めし(て)な(い)んだけど…」

P「(お)れが実験だ(い)になれ(と)?」

伊織「(さ)っしが(いい)じゃな(い)…。そう(い)う(こと)よ」

P「…ああ、分かっ(た)。なん(た)っ(て)(お)れは、(お)前らのプロデュー(サ)ーだからな!」ジャラジャラ パクッ



薬の効用
>>94
(エログロ系は無しで)



94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/26(日) 00:33:51.63 ID:xAsgqGwKO

消えた言葉が復活



95 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/10/26(日) 00:48:51.31 ID:14e6XwcAO

P「あーあー、アメンボ赤いなあいうえおー」

伊織「何やっ(て)んの?」

P「いや、声帯に異常が無いかをだな……」ガチャッ

小鳥「(お)疲れ(さ)まです」

P「お疲れ様です音無さん……あっ、戻ってる!」

伊織「そう(い)えばそうね」

P「これも伊織たちのお陰だな。ありがとう」

伊織「にひひっ♪(お)安(い)ご用ですわ」

P「さあ、伊織と音無さんも飲んで!早く元に戻りましょう!!」

P「そうか、その前に皆に飲んでもらわないと…。おーい、みんなー!」




―――こうして765プロ全体を巻き込んだ言葉狩り現象は終息を迎えたのだった
(完)



96 :FDH ◆hmcwDSMNjI 2014/10/26(日) 00:53:13.13 ID:14e6XwcAO

以上で終わりです。最後が投げやりになってしまい申し訳ない…

テーマが簡単そうで案外難しかったので、次やる時はもっと簡単なものにしたいと思います


ζ*^ヮ^)ζ<ありがとうございました!



転載元
やよい「はい、 ーッチ!」 P「!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411566250/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 03:47
      • 一抜け
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 04:01
      • 3
        文字狩り系で一番すごかったのは筒井康隆の小説「残像に口紅を」
        実際に作中世界からその字(とその字がないと表現できないもの)が抜けていき、最後は ん だけになる……
        素人には真似が出来ない
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 04:15
      • やよいが舌打ちしたのかと思った…
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 04:15
      • 狸は淡路島
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 04:44
      • 今のうちにいっぱい言っておいた方がいいんでないかい? が浮かんだ
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 06:21
      • ん~…
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 06:41
      • こういうのは無くなった文字以外で話を成立させなきゃ
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 06:58
      • 小鳥さんが結婚できないのって…
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 07:42
      • >千早「を~愛して」

        あっ
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 07:53
      • 1 やよいが舌打ちしたのかと思ったが、そんなことなくてホッとした

        あ、内容はつまらなかったです
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 09:12
      • >>貴音「おや、やよいは“ ぬき”を知らないのです か?」

        抜きだの抜くだのと淫語が飛び交ういやらしいアイドル事務所だなと思いました(中並感)
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 09:50
      • はじめ×して
        俺のな×えはオグ×っていい×す
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 10:41
      • 全部消えた小鳥さんについてのエピソードが見たかった
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 12:08
      • 1 良かった

        皆つまらなかったんだね…
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 12:32
      • ※8
        あっ

        ああ…
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 13:59
      • ああ、ついでn
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 14:45
      • 伊織「アン!」
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 15:19
      • ランジーンコードっていうラノベを思い出した
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 15:28
      • この題材はムズすぎたろ。よく頑張った!
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 15:32
      • 伊織とアン
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 15:42
      • マジでつまらなかった
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 17:07
      • 遥か昔におかあさんといっしょで同じネタを見た
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 17:35
      • ※9
        しーっ!
        千早が「て」抜き状態なのに普通に歌えちゃってたという痛恨のミス触れてやるなよ!
        まだ消えた文字数少ない段階にも関わらずやらかしてしまった作者の汚点をわざわざ晒し上げるようなこと言うなって!
        黙ってたら気付かなかった人もいるんだからスルーするのが優しさってもんだろうが!
        酷いやつだよ全く
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 18:13
      • なかなか面白かった
        そして作者はこれ大変だったろうな

        それにしても細かいところで設定がぶれてんのが気になる
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 18:21
      • イッチって、やよいがなんJ民になったのかと
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 18:44
      • しょうがないにゃあ..
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 03:31
      • 1 何の脈絡もなく文字が消えて、復活するって…途中の「手入れで復活した!」とかなんだったんだ?
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 06:32
      • 読みにくいだけ
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 19:35
      • 中身スカスカ
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月28日 07:53
      • 最近見た喋っている人当てSS
        18なんちゃら
        とかいうのと同じような臭みがある
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月01日 23:23
      • おれは
        ○○○○かった
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年07月28日 00:50
      • 「ひ」が抜けてなかったことを俺は許さない

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ