TOP

鼠娘「ちゅー、しよっか?////」

1 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 00:38:11 ID:R0yjSTR2

ダムダム…

キュキュ

鼠娘「ほっ!」ダダムッ!

相手選手「ぐっ…、ドリブル低っ!」

鼠娘「ふんっ!小さいからって見くびるなっちゅーの!」

鼠娘「よっ!」ビュッ

同期1「ナイスパァス!」バシン

後輩1「シュート!いけますっ!」

同期1「ふっ!」シュッ、パスッ

鼠娘「ナイッシュー!」

同期1「ねずっちのパスのおかげだよ!」

ビーーー!

審判「第3クォーター終了!」ピピー



2 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 00:40:11 ID:R0yjSTR2

男「先輩!ナイスです!」カシャカシャ

後輩1「ふふ、男君からの声援、すごいですね」

同期1「あんた、うらやましいわ」

鼠娘「も~…」ゲンナーリ


鼠娘「大事な試合だから静かに撮影してって言ったのに…。気が散る…」

後輩2「でもでも先輩。男先輩が来てるときはいつもよりプレイが研ぎ澄まされてるっていうか…」

同期2「そうそう!調子がすごくいいよ!」

鼠娘「ええー…そうかな…」

鼠娘「…」チラ

男「…」カシャ

男「…!」

男「せんぱーい!頑張って!」サムズアップ



3 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 00:42:55 ID:R0yjSTR2

同期1「そうだよ。まさか前回大会の地区優勝校にここまで食らいつけるなんて」

同期2「ねずっちの好調以外、理由がないね」

後輩1「あと、男君にも感謝ですね!」ニヤニヤ

鼠娘「か、からかわないでよ!////」


監督「はいはい!そろそろ休憩が終わるわよ!」パンパン

監督「みんな、いつもよりいい動きよ!キツいだろうけど、このまま最後まで行きましょう!!」

部員一同「「「はいっ!」」」

監督「今のところ、鼠娘さんのスピードで翻弄できてるけど、相手は強豪よ。気を緩めないで!」

監督「泣いても笑っても、これが最後」

監督「相手は格上も格上だけど、気後れせずに全力でいってきなさいっ!!」

女子バス部員「「「オオーッ!」」」

審判「これより第4クォーター開始します」ピー


―――
――



4 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 00:44:17 ID:R0yjSTR2



――

鼠娘「あーあ…、負けちゃった」

同期1「流石は強豪だね」

同期2「最後にぶっちぎられちゃったね」

鼠娘「うん。でも悔いはないよ」

鼠娘「私、みんなと一緒にバスケットが出来て本当によかった」

後輩1&2「鼠先輩…」

同期1&2「ねずっち…」

鼠娘「私達3年は今日で引退だけど、1、2年のみんなはまだまだがんばってね!」

後輩部員「「「はいっ!」」」



男「皆さん、お疲れっした!」

同期1「あ、愛しの彼が来たわよ!うりうり~!」

鼠娘「だっ、誰が!彼氏じゃないっちゅーにっ!////」



5 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 00:45:51 ID:R0yjSTR2

男「試合は負けてしまいましたけど…、相手も必死だったし、すごくいい試合はだったと思います!」

鼠娘「男君…」

男「これよかったら、スポーツドリンクどうぞ」ガサガサ


女バス部員「「「わーっ!」」」

鼠娘「あ、ありがとうね」

男「いっすよ。別に」

男「カメラマンとして帯同させてもらえたお礼みたいなもんですから」

鼠娘「学校公認の写真部員ねぇ」

男「部員つっても、俺が個人でやってるだけなんすけどね」



6 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 00:47:15 ID:R0yjSTR2

鼠娘「それでも、学校から公認をもらえたのは才能があるからでしょう?」

男「才能なんかじゃないっすよ!俺はカメラで、レンズの向こうの一瞬を切り取るのが大好きなだけっすよ」


鼠娘「…キザな事言うのね、聞いてるこっちが恥ずかしいわ////」

男「ははは…」ポリポリ


同期1「ねぇ、ねずっち!監督がね、このあと軽い打ち上げに連れて行ってくれるらしいんだけど、ねずっちはどうする?」

鼠娘「はぁ!?行くよ行く行く!行くに決まってるっちゅーに!」

同期2「あれ?男君と一緒に帰らなくていいの?」

鼠娘「いいのよ!ただのカメラマンなんだし!」

男「はははっ、ただのって…ヒドイなぁ」



7 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 00:48:25 ID:R0yjSTR2

男「まあ、鼠先輩達も最後の試合が終わったワケだから、みんなでパーッとしてきてください」

男「んで、これ」スッ

鼠娘「なに?」

男「今日の試合の写真です。ポータブルプリンタで出しといたんで、打ち上げの時に話のネタにでもしてください」

鼠娘「あっ、じゃお金…」

男「要りませんよ。そんなつもりで撮ったんじゃないすから」

男「皆さんの思い出になれば、それで十分っす」


鼠娘「…ありがとうね」

男「いえいえ」



8 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 00:49:37 ID:R0yjSTR2



男「あの、鼠先輩」チョイチョイ

鼠娘「ん?」ソソソ…

男「明日、オフ…ですよね」

鼠娘「うん」

男「予定がなければ、ちょっと話したい事があるので…大丈夫すか?」

鼠娘「…うん。大丈夫よ」

男「じゃあ、学校の裏手の喫茶店で、お昼頃…待ち合わせできますか?」

鼠娘「うん。わかった」

男「ありがとうございます。詳しい時間はあとでメールしますんで」

鼠娘「うん」



9 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 00:50:39 ID:R0yjSTR2

男「じゃあ、皆さん!お疲れ様でした!」

女バス部員「「「ありがとう、男君」」」

男「はい、ではさようなら」






同期1「ねずっち、実際どうなの?」

鼠娘「何が?」

同期2「一回、男君にコクられて断ってるんでしょ?」

鼠娘「うん」

同期1「部活が理由で」

鼠娘「…うん」



10 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 00:51:17 ID:R0yjSTR2

同期1「でも今も二人でこそこそしてさぁ?あれだけ親密にしてるのって、ねずっちとしては脈ありなの?」


鼠娘「あー…脈も何も…、私は男君とは付き合わないよ」

同期2「えー、もったいないなぁ」

鼠娘「もったいないって、モノみたいに…」

同期1「男君、ウチの学校じゃ結構有名人だしさ。うかうかしてると他に取られちゃうかもよ?」

鼠娘「それの方がいっそのこと楽なんだけどな…」

同期1&2「?」

鼠娘(だって…私は…)


―――
――



11 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 00:53:18 ID:R0yjSTR2

―翌日―

カランコロンカラン

男「先輩っ、ここっす」

鼠娘「待った?」

男「俺も来たの、さっきですよ」

鼠娘「お昼は?私はまだなんだけど…」

男「まだっす。先輩と一緒に食べようと思って」

男「好きなもの選んで下さい、おごりますから」

鼠娘「悪いよ、おごりなんて」

男「いいんすよ。少し前に撮った風景写真が、広告の素材に使われることになって、ちょっとした収入があったんです」



12 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 00:55:01 ID:R0yjSTR2

鼠娘「へえっ!すごいじゃない!」

男「まあ、認めてもらえたって解釈すれば、素直に嬉しいっすね」

男「てか、おなか減ってるんで早く頼みましょうよ」

鼠娘「あ、でも…」

男「いいんすよ。『部活お疲れ様』ってことで、ね?」

鼠娘「…うん、じゃあ…ありがとう」



――



13 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 00:56:42 ID:R0yjSTR2


男&鼠娘「ごちそうさまでした」

男「いやぁ、ここのパスタはどれを食べてもうまいっすね」

鼠娘「喫茶店やめてパスタ屋にすればいいのに」

男「はははっ、言えてますね」

鼠娘「ふふふ」


男「じゃあ、行きますか」

鼠娘「ホントにおごってもらっていいの?」

男「はい」

男「俺の都合で呼び出したんすから、これぐらいはさせてください」

鼠娘「うん、じゃあお言葉に甘えます」ペコリ

男「これから近くの公園、行きましょうか」

男「そこで話します」

鼠娘「うん」



14 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 00:57:54 ID:R0yjSTR2

―公園―


男「ここのベンチで」

鼠娘「うん」

ストン


鼠娘「…」

男「…さて先輩」


男「昨日言ってた話の事なんすけど…」

鼠娘「うん」

男「部活も引退したワケですから」



男「俺、先輩のこと好きです」



15 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 00:59:09 ID:R0yjSTR2




男「付き合ってくだ 鼠娘「ごめんなさい」ペコ

男「わあっ!食い気味で断られた!」

鼠娘「前も断ったでしょうが」

男「リベンジのつもりだったんですけどね」

鼠娘「別に男君が嫌いとか、他に好きな人がいるとかじゃなくて…」

男「はい」

鼠娘「…わかるでしょう?私には秘密があるから…」




 



16 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 01:00:18 ID:R0yjSTR2





男「本来は、鼠の妖怪」





鼠娘「…まあ、人間との混血だから、実際は妖怪半分人間半分の『半妖』なんだけどね」

鼠娘「今となっちゃ人間と同じ暮らしをしてるけど」

鼠娘「耳とか尻尾は出ちゃうから、うまく隠して人間社会に紛れこんで生活しないと…ね」

男「はい。わかってます」

鼠娘「ホント、バレちゃったのが男君でよかったよ」

鼠娘「一時はどうなるかと…」

男「…あの写真ですね」



17 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 01:06:01 ID:R0yjSTR2

鼠娘「うん」スッ

男「えっ!?持ってるんですか?」

鼠娘「うん」

男「落としたりしたらマズいんじゃないですか?」

鼠娘「気をつけてるから大丈夫よ」

鼠娘「デジカメで撮った写真だとなんともないのに」

男「この古いポラロイドカメラだと…」

ゴソゴソ



鼠娘「鼠の耳と尻尾…写っちゃうんだね…」

鼠娘「ずいぶん古いカメラね」

男「ええ。じいちゃんの形見に貰ったんすけど、まだ撮れるし使ってみようかな、と」



18 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 01:07:13 ID:R0yjSTR2

鼠娘「古いカメラか…。盲点だったかも」



男「すいません…」

鼠娘「ちょっと!謝んないでよ!」

鼠娘「男君が悪いワケじゃないんだから」

男「でも、撮ったのは俺ですから」

男「本当にすいません」ペコリ

鼠娘「だから、謝んないでって」

鼠娘「私この写真、好きなんだよ?」


男「俺も好きっす」

鼠娘「最初は脅されたらどうしようとか、姿を消さなきゃとか…すごく心配だったけど」

男「そんな卑怯な事はするつもりありませんよ!」



19 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 01:08:39 ID:R0yjSTR2

鼠娘「うん。この事がバレても変わらず接してくれた男君には、感謝してるよ」

男「なら…!」

鼠娘「それとこれはまた別の話なの!」

男「あー」ガックリ

鼠娘「ごめんね」

男「いいんすよ」



鼠娘「本当、大変な事のハズなのに」

鼠娘「男君が撮ってくれたこの写真、好きなの」

鼠娘「みんなと一生懸命バスケットしててさ、部員みんなの顔も、もちろん私の顔も」

鼠娘「すごく良く撮れてると思う」


男「どうもっす」



20 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 01:08:59 ID:R0yjSTR2



男「先輩、小っこいのに誰よりもパワフルで…」

鼠娘「ちっこい言うなっちゅーの!」チョップ

男「すいません」

男「小っこいのに存在感があって…」

鼠娘「ちっこい言うなっちゅーのぉ!」チョップ

男「すいません」

男「とにかく、みんなが先輩を慕ってついていくの、なんとなく解ります」

鼠娘「照れるってば…////」


男「俺もその内の1人なんすけどね」

鼠娘「ありがとうね」



25 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 12:57:38 ID:R0yjSTR2

男「どうしても…ダメっすか?」

鼠娘「どうしてもダメっすねぇ」

鼠娘「てか視えてるんでしょ?」

鼠娘「耳と尻尾」ピコピコチロチロ

男「…はい」

男「この写真を撮った日から、直に視えるようになってしまいました」

鼠娘「一度視認してしまうと、私の力じゃ隠しきれなくなっちゃうんだね…」

鼠娘「こんなもんついてたら気味悪いでしょう?」

鼠娘「なのになんで…」


男「私なんかを、ですか?」

鼠娘「うん…」

男「さっきも言ったでしょう?先輩を慕ってる内の一人だって」



26 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 12:59:06 ID:R0yjSTR2



男「先輩は先輩」



男「妖の血を引いてるとか、俺にとっちゃ関係無いんすよ」


男「それに俺は、先輩が人外って知る前から憧れてたんすよ?」

鼠娘「え!?」

男「え?」

鼠娘「それ初耳!」

男「そでしたっけ?」

鼠娘「そ、そうよ!てか、いつから?」

男「そうっすね…」



27 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 13:00:32 ID:R0yjSTR2

男「初めて先輩を撮ったのは、1年の時…去年の冬休み中の練習風景すね」

男「ちょうどそれくらいから撮影活動が学校公認になって、活動の幅が広がって」

男「いろんな校内行事や部活を廻ってるうちに先輩に辿り着きました」

鼠娘「ふんふん」


男「そしたら、『撮りたい!』って思っちゃって」

男「気づいたらシャッター切ってました」

男「それからです。先輩が気になり出したのは」

鼠娘「けっこう前なのね」


男「ついつい目で追ってしまう…」


男「それで先輩を見続けるうちに、いつのまにか…ってワケです」



28 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 13:01:51 ID:R0yjSTR2


鼠娘「…そう////」



男「それから、進級してしばらくしてから新聞部の依頼で女子バス部の練習風景、撮らせてもらったんすよ」

男「そのとき、最後の一枚って思ったら」

男「デジカメの電池が切れちゃって」

男「一枚だけ、ポラロイドで撮ったのがそれです」

鼠娘「ポラロイドカメラなんて珍しいな~ぐらいにしか思ってなかったんだよ、私も」

男「俺も使うつもりはなくて、まあ、御守りみたいなカタチで持ってるのが主でしたから…」

鼠娘「ホントに…大事にならなくてよかった…」



29 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 13:06:30 ID:R0yjSTR2


男「…すいません」

鼠娘「だーかーらー!謝んなっちゅーの!」

鼠娘「ホントに好きなんだよ?この写真」

男「そう言ってもらえると、ありがたいっす」




男「まあそれで、家に帰って整理ついでにじっくり見たら…ねぇ?」

鼠娘「…そりゃあ、ねぇ?」




男「んで、案の定、次の日から余計に先輩が目立つんすよ」



男「小っこいのに」


 



30 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 13:08:12 ID:R0yjSTR2


鼠娘「ワザと言ってるでしょ?」チョップ

男「はい」

鼠娘「仕舞いにはホントに怒るわよ」

男「すいません」

鼠娘「小さいのは血筋なんだから仕方ないっちゅーのに…」


男「それ以前に、耳と尻尾が見えちゃうと、どうしても目立っちゃいますよね」

鼠娘「男君だけは視えてるからね」

男「それが先輩に気持ちを伝えようってキッカケになったのも事実ですけど」

鼠娘「フツウ避けるでしょうに…」

男「まあ、それでちょうど…梅雨でしたね」

鼠娘「そうだったね」

鼠娘「ムシムシジメジメで、練習終わりで汗だくだった私に…」


 



31 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 13:08:59 ID:R0yjSTR2


……
………


…シトシト

…ジメジメ



男「あのっ…鼠先輩!」

鼠娘「あ、男君今日も撮影?」

男「そうなんすけど、今日は先輩に話があって!」

鼠娘「また撮影の許可を取るお手伝いかな?」

鼠娘「今回はどこの部?」

男「今日は…違うんす」

鼠娘「え?」



32 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 13:09:41 ID:R0yjSTR2




男「あの…先輩…今、付き合ってる人…いますか?」



鼠娘「はえ??」

男「それか好きな人とか…いますか?」

鼠娘「ちょっ、ちょっちょっちょっ!」

鼠娘「何?いきなり?」


男「あのっ…俺っ…」グッ



33 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 13:10:05 ID:R0yjSTR2



男「先輩の事好きです!俺と付き合って下さい!」


鼠娘「…」

鼠娘「ええぇっっ!!?」

男「部活のみんなに慕われてて、元気で、明るくて」

男「撮影を通して仲良くさせてもらってるうちに、いつの間にか好きになってました!」

鼠娘「ちょっ、ちょいっ…!////」

男「いきなりでスイマセン!」フカブカ

男「良かったらっ…、お願いします!」



34 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:08:06 ID:R0yjSTR2

鼠娘「…////」パクパク

鼠娘「あ、えっと…ん、あーと…////」

鼠娘「と、とにかくさ…もうちょいシチュエーション、考えてくれない?////」

鼠娘「私、練習終わりで梅雨のジメジメと重なって汗だくだっちゅーのに…////」

男「たまたま一人でいる先輩を見かけて…」


男「コクるなら、今だろ!って思っちゃって…すいません」


鼠娘「…ふっ」

鼠娘「ははっ、あははっ!」


鼠娘「ふふ、その勢いの良さが撮影活動にも活かされてるのね」

男「いや、お恥ずかしい…」ポリポリ



35 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:11:49 ID:R0yjSTR2



鼠娘「そうね、うん…」

鼠娘「男君の人柄の良さとか…良い評判しか聞かないし、行動力があって素敵だと思う」

男「じゃあっ!」パアッ

鼠娘「でも…ごめんなさい」ペコリ

男「あおちっ!」

鼠娘「私達3年は夏の大会が最後になるかもしれないし」

鼠娘「これから大事な時なの」

鼠娘「…ごめんね」



男「そっすか…」シュン



36 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:13:16 ID:R0yjSTR2

鼠娘「それに私は誰とも付き合わないわ」

男「他に好きな人がいるんですか?」

鼠娘「違うんだけど…」

男「だったら…」

鼠娘「でも、気持ちは嬉しいよ、ありがとう」

鼠娘「私は…誰とも付き合えないの…」ボソ

男「付き合えない…、それってどういう意味ですか?」

鼠娘「あ!?そのっ、と、とにかく私は誰とも付き合わないの!」




男「…」ゴク



37 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:15:32 ID:R0yjSTR2

男「あの…もしかして、これが関係してますか?」スッ

鼠娘「え?」

スッ

鼠娘「あ、前に撮った写し…」

鼠娘「!」ビク




男「鼠の耳と尻尾。これ…生えてますよね?」

鼠娘「な、ナニカ、写り込んだだけじゃナイカナー…?」シドロモドロ

男「すいません。実は今も、視えてます」

鼠娘「え…」ビク



38 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:17:27 ID:R0yjSTR2

男「ポラロイドカメラで撮った、その一枚だけ…写っていました…」

鼠娘「う…そ…」ブルブル

男「家で写真の整理してる時に見つけて…」

男「それまでは…普通の人間に見えていました。でも、今は…」


鼠娘「そんな…なんで…?…え?」ブルブル


男「見間違いと思いたかったんすけど…すいません」ペコ

鼠娘「嘘…、ど、どうしよう…」ブルブルガクガク

男「しっかり確認しましたが、デジカメの方は問題ありませんでした」

鼠娘「どうしよう…どうしようっ!」ガクガクブルブル



39 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:18:36 ID:R0yjSTR2

男「せ、先輩?」

鼠娘「どうしようどうしようどうしようどうしようっ!」ガクガク…ヘタリ

男「先輩っ!?」


鼠娘「…」ブルブル

男「すいません…俺のせいで…」

鼠娘「な、なんで…どうして…」


男「もちろん、誰にも言ってません」


鼠娘「…」



男「ですから、その写真…ここでちゃんと処分すれば、無かったことにできます」



40 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:20:50 ID:R0yjSTR2


鼠娘「え…」

男「本当は燃やしたりした方がいいんでしょうけど…」

男「学校じゃアレですしね」


男「先輩が少しでも安心できるように、先輩の見ている前でキッチリ処分します」

男「それから、俺も見なかった事にします。見えてない事にします」

男「慣れるまで少し時間はかかるかもしれませんけど…」

鼠娘「あ…うん」


男「信じてください。俺が黙っておけば絶対バレないようにしてあります」

男「本当、俺のせいで…すいませんでしたっ!」フカブカ

鼠娘「えっ!?」



41 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:22:39 ID:R0yjSTR2

男「信じて、下さい…」フカブカ

鼠娘「ちょっ、顔上げてよっ!」アセアセ

鼠娘「あの、ごめん…私もちょっと取り乱しちゃって…」

男「いえ…」

鼠娘「本当に誰にも言ってない?」

男「はい…っても信じてもらえる根拠は俺の言葉だけですけど」

鼠娘「疑ってるワケじゃないんだけど、変なウワサが広まると面倒な事になっちゃうし」

鼠娘「きっと、ここに居られなくなっちゃう…」

鼠娘「…今の生活、失いたくないの」

男「…ですよね。普段の先輩とか、その写真の先輩の顔とか…見ているとわかります」



男「毎日、充実してんだろなって」



42 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:23:41 ID:R0yjSTR2



鼠娘「うん…」


チラリ

鼠娘「…ねえ」

男「はい?」

鼠娘「耳と尻尾が写ってる写真って、これだけなんだよね?」

男「はい、そうっす」

鼠娘「…充実してるのがわかる、か」

男「はい?」

鼠娘「少し落ち着いて、改めて見てみると」

鼠娘「…この写真、素敵ね」

男「え?」

鼠娘「もらっていいかな?」



43 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:24:34 ID:R0yjSTR2

男「い、いやっ!?処分しないとマズいんじゃないんすか?」

鼠娘「私が気をつければ問題無いわ」

男「でも…」

鼠娘「…それに、女バスのみんなも写ってるのに、処分なんてなんだか悪いもの」

男「まあ…先輩がそれでいいなら、構わないんすけど」

鼠娘「うん。じゃあ…いいかな?」

男「俺が撮った写真を気に入ってもらえたのは正直、嬉しいっす」

男「どうぞ」

鼠娘「ありがとう!」

男「いえ」



44 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:25:22 ID:R0yjSTR2





男「…先輩の秘密、わかったうえでもう一度言います」

鼠娘「え?」




男「俺と付き合って下さい!」フカブカ


鼠娘「…」






 



45 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:26:59 ID:R0yjSTR2



鼠娘「はあっ!?」

鼠娘「ちょいちょいちょいちょーいっ!」

鼠娘「ちょい待てっちゅーの!!」

男「え?」

鼠娘「何またしれっと告白なんかしてんのよ!?」

男「はい?」

鼠娘「コレ!写真!見たでしょうよ!?」

男「はい」

鼠娘「『はい』じゃないっちゅーの!!」

鼠娘「いや!写真以前に!あなた、今も視えてるんでしょ!?耳と尻尾!!」

鼠娘「気になんないの!?」



46 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:27:53 ID:R0yjSTR2



男「はあ、まあ気にはなりますけど、先輩が先輩であることには変わりないでしょう?」


鼠娘「なっ…、そ、そうだけど…」


男「本当に、先輩に惹かれたんです!」フカブカ



鼠娘「う~…!!」






 



47 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:29:18 ID:R0yjSTR2


同期1「あれー、ねずっちー?」キョロキョロ

鼠娘「でもっ…」

同期1「あ!」

鼠娘「やっぱり…」

同期1「ねずっ… 鼠娘「付き合えないの!!ごめんなさいっ!」ペコリ



同期1「…え?」

男&鼠娘「え?」




 



48 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:30:21 ID:R0yjSTR2

鼠娘「ど、同1っちゃんっ!?」

同期1「あー…、監督呼びに行くっていって、なかなか戻ってこないから…」

同期1「えーと…、うん。こう、なんかいたたまれない雰囲気に巻き込まれたくないので…」ソソソ…

同期1「ではでは~…」ソソソー…

鼠娘「ちょっ!ちょっと待ってっ!!」ガッ!

同期1「嫌ぁっ!離してぇっ!失恋の雰囲気なんかに私、耐えられない!!」

鼠娘「違うのっ!」グイグイ

鼠娘「あの、その…聞いてた?」

同期1「…思いっきり、『ごめんなさい』って言ってたね」

鼠娘「そこだけ?」

同期1「そこだけも何も、だいたいわかるわよ…」



49 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:31:29 ID:R0yjSTR2

同期1「…ご愁傷さま、男君」

男「あー、はい…」


同期1「まあ、この子、ホントに部活に一生懸命だから」

同期1「バスケが~って理由で、断られたんでしょう?」

男「はい…そうっす」

鼠娘「!」

男「ははは…俺よりバスケ。鼠先輩らしい理由で見事に玉砕されました」

鼠娘「あ…」

同期1「でも、もうすぐ夏の大会だし、わかってあげてね」

男「はい」



50 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:33:08 ID:R0yjSTR2

同期1「それに、チャンスはまだあるじゃない!」

男「ええ、頑張ります」

同期1「ねずっちも!」

鼠娘「ひゃい!?」

同期1「監督は私が呼びに行くから、あんたもちゃんとフォローしときなよ?」

鼠娘「あ、うん…」

同期1「さっさと話、終わらせんのよ?」タタタ…


鼠娘「…」

鼠娘「よ、良かった…バレなくて…」ヘニャ…



51 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:35:02 ID:R0yjSTR2



鼠娘「あの…ありがとう。うまく誤魔化してくれて」

鼠娘「恥ずかしい思いさせてごめん」

男「大丈夫っすよ」

男「俺こそ、すいません。危うくバレるとこでした」

鼠娘「うん、まあ、気をつけて、ね?」

男「はい」

男「チャンスはある、か」


鼠娘「…え?」

男「色々ありましたけど、これからも仲良くしてもらえますか?」

鼠娘「えっ!?」



52 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:35:47 ID:R0yjSTR2

男「コクってフラれたり、秘密知っちゃったり…」

鼠娘「それ、同列にするのどうかと思うんだけど」

男「先輩が問題無いなら、また仲良くしてほしいっす」

鼠娘「…それはこっちのセリフよ」

鼠娘「こんなのでも、今までみたいに接してくれる?」

男「もちろんです」



鼠娘「…ありがとう」



………
……



53 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:36:53 ID:R0yjSTR2






男「で、現在に至る」

鼠娘「うん」

男「今も憧れてるんすけどね…」

男「先輩も変わらないのが、ツラいところですね」

鼠娘「…男君」ジッ…

男「はい?」

男(あれ?先輩、顔赤い)


鼠娘「あ、あのっ…」ジッ

男「…はい」ドキン



54 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:37:55 ID:R0yjSTR2








鼠娘「暑くない?」

ジリジリ…

男「は?」

鼠娘「いくら木陰のベンチとはいえ、真夏の炎天下はちょっと…」ポー

男「…す、すいません」

鼠娘「暑い…」



55 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:39:20 ID:R0yjSTR2

男「先輩、小っこいから、地面の熱で余計に暑いんじゃ…」


鼠娘「…」ギロロロー

男「あぅ…」

鼠娘「やっぱり男君キライっ!」プイッ

男「ああっ!すいませんってば!」

鼠娘「すぐに私の低身長いじってくるし」ツーン

男「すいません」

鼠娘「もう帰る!」ツーン


男「ああっ!?先輩!?」

鼠娘「ふん!」プイッ



56 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:40:02 ID:R0yjSTR2




男「ま、ま。そう言わずに」

男「ここから3駅電車に乗りますけど、チーズスイーツの専門店が出来たんですよ」

鼠娘「…」

男「昨日、開店したらしいんすけど、開店前からそこそこ話題だったみたいっすよ?」

鼠娘「…」ピコ

男「良かったらこれから行きませんか?もちろん、俺のおごりで」

鼠娘「…」ピコピコ!

男「ね、ね?…先輩?」



57 : ◆loxSgAubwY 2014/10/22(水) 17:41:28 ID:R0yjSTR2





鼠娘「行くぅーっ!」ピコピコピコピコピコピコピコ!!

男(わあ!鼠耳がすっげーピコピコしてる!)

男「じゃ、行きましょう!」

鼠娘「うん!」



 



60 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 00:55:46 ID:Q4BeVnzs

――

鼠娘「なんだかんだで買い物も付き合わせてごめんね」

男「いや、俺もついでに買い物できたんで」

鼠娘「それにしても、あのチーズスイーツのお店は良かったなぁ」

男「並んで待った甲斐がありましたね」

鼠娘「うん!うん!至福至福~♪」ニッコニコ

男「気に入ってもらえたみたいで何よりです」

鼠娘「うん♪」


男「さて…少し早いですけど、そろそろ帰りましょうか」

鼠娘「うん、そうね」



61 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 00:59:19 ID:Q4BeVnzs

男「今日はわざわざありがとうございました」

鼠娘「ううん。こっちこそありがとう。色々ごちそうになっちゃって」

鼠娘「チーズスイーツのお店もお気に入りになっちゃったよ」

男「良かったです」



男「あの」

鼠娘「うん?なぁに?」

男「どうしても、お付き合い…できませんか?」

鼠娘「ええっ!?まだ言うっ!?」

男「すいません…。あんまり言うと迷惑っすよね」

鼠娘「め、迷惑ってことはないけど…」



62 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 01:00:51 ID:Q4BeVnzs

男「先輩がどうしてもダメだって言うなら…先輩の事、諦めようと思うんです」

鼠娘「え」

男「先輩の事情もわかってますから」

鼠娘「…うん」…ズキン

男「だから、最後に1つだけお願いがあるんす」

鼠娘「?」


男「来週の夏祭り、俺と一緒に行ってくれませんか?」

鼠娘「え?」

男「みみっちぃと思うかもしれませんが、思い出…ってワケじゃないっすけど」



63 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 01:03:06 ID:Q4BeVnzs


鼠娘「思わないわよ、そんなこと」

鼠娘「だから行きましょう、夏祭り」

男「ホントっすか!」パァッ

鼠娘「…でも」

男「はい?」

鼠娘「諦めるってさ、もう私に近づかないってこと?」

鼠娘「今までみたいに仲良くしないってこと?」

男「ち、違いますよ!」

男「さっきも言いましたけど、先輩の事情もわかりますから」

男「恋人同士になりたいって言うのは止めます」



64 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 01:05:19 ID:Q4BeVnzs


男「先輩後輩として仲良くできたら」

男「先輩がそれを許してくれるなら、ですけど」

鼠娘「許すに決まってるっちゅーに!」

男「ははっ」

男「ですよね。先輩ならそう言ってくれると思ってました」

鼠娘「…私こそ、こんなのでも普通に接してくれる『友達』は失いたくないもの」

男「先輩…」

鼠娘「ごめんね、勝手で、ワガママで」

男「いいんす。先輩といると楽しいですから」

鼠娘「ホントにありがとう」

鼠娘「夏祭り、楽しみにしてるから」

男「はい!」


 




65 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 01:06:25 ID:Q4BeVnzs

―夏祭り当日―


男「おお…!」

鼠娘「あの…////」モジモジ

男「かっ、可愛い!浴衣姿っ!」

男「早速、一枚!」カシャ!

鼠娘「やだっ…!////」



男「あ」

鼠娘「え!?」

鼠娘「な、何?ま、まさかデジカメにも写り込んじゃったとか…!?」

男「あ、いえ…違うんすけど…」

鼠娘「じゃあ、何よ」

男「チラシに載ってた、子供用の浴衣のモデルみたいだなーと」



66 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 01:08:11 ID:Q4BeVnzs




鼠娘「帰る!」プーン!

男「わあっ!?すいませんすいません!」

鼠娘「どーせ、これも女児用の浴衣ですよ!」プンプーン!

鼠娘「どーせ、超幼児体型ですよ!」プンスカプーン!

男「でも、とても良く似合ってますよ」

鼠娘「ホントにそう思う?」ジトー

男「ええ」ニコ

男「カワイイっすよ」

鼠娘「そ、そか!ふふふ」

鼠娘「お母さんにわざわざウチに来てもらって、着付けてもらった甲斐があったわ」

男「来てもらった?」



67 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 01:28:37 ID:Q4BeVnzs

鼠娘「うん。私、一人暮らしなの」

男「そうなんすか?」

鼠娘「実家はスンゴイ田舎だから、高校通うのに一人暮らしさせてもらってるの」

男「大変なんすね。色々と」

鼠娘「ううん。そんなことない」

鼠娘「友達もたくさんできたし、バスケは楽しかったし」




鼠娘「私の事を知っても、普通に接してくれる『理解者』にも出会えたし」

男「それってやっぱり…?」

鼠娘「そ、男君よ」ウイーンク



68 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 01:29:03 ID:Q4BeVnzs


鼠娘「こうやってここに居られるのも、あの時、男君が私を私として見てくれたから」


男「俺は何もしてませんよ」

鼠娘「ううん…ありがとう」

鼠娘「それと…」

男「はい?」

鼠娘「ううん、なんでもない。ホントにありがとう」

鼠娘「さ!夏祭り、行きましょ!」

男「はいっ!」



70 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 12:47:24 ID:Q4BeVnzs

…タタンタタン…タタン…タタン…

…タタン

鼠娘「電車、思ったより空いてるね」

男「ターミナル駅の前だからっすよ」

男「だから、この駅で…」

プシュー

鼠娘「わ!」

ドドドド!

男「ね?」

鼠娘「ホント」

ガヤガヤ

鼠娘「一気に満員に!」



71 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 12:48:22 ID:Q4BeVnzs

男「そっすね、ふぅっ」グッ

鼠娘「…」

鼠娘「ねぇ」

男「ふぅ、は、はい?」

鼠娘「そんなに腕突っ張って、無理に私のスペース作らなくていいわよ」

男「あ、いや…」

鼠娘「これだけ混雑したら大変でしょうに」

男「だからっすよ」

鼠娘「?」

男「先輩、小さいから潰れ… ギュウゥゥッッ!

男「あだだだ!」



72 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 12:49:33 ID:Q4BeVnzs

鼠娘「男君はっ!」ギュウゥゥ!

男「いだだだ!」

鼠娘「すぐにっ!」ギュウゥゥ!

男「わわきっ、脇腹っ!」

鼠娘「そうやってっ!」ギュウゥゥ!

男「すいません!すいません!ちょっとした冗談っす!」

鼠娘「小さい小さい言うっ!」ギュウゥゥ

男「だからっ、いだだっ、脇腹つねるの、止めてくだっ、さいっ!」

鼠娘「ふん!だったらこっちに詰めなさいっちゅーの////」

グイグイ

男「わっとと…」

男「で、でも、あんまりくっつくと浴衣が着崩れますよ!」



73 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 12:50:51 ID:Q4BeVnzs


鼠娘「こんなに混んだら少しでも詰めないと、周りに迷惑かかるじゃない?ね?////」

鼠娘「それに、お母さんの着付けは完璧だから」

鼠娘「そう簡単には崩れないわよ」

鼠娘「だから、ほら////」グイ

男「は、はい」

鼠娘「いちいち、カッコいい事するんだから…参るっちゅーに…////」

男「すいません…」


…タタンタタン…タタンタタン…


 



74 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 12:51:48 ID:Q4BeVnzs

―夏祭り会場―


ドンッドンッ、ドドンピョロ~ピョ~♪

ガヤガヤ

鼠娘「おおー!」

鼠娘「何年ぶりかなぁ、お祭りなんて」

男「そうなんすか?」

鼠娘「中学からずっとバスケ漬けだったから」

鼠娘「他に目を向けるって無かったなぁ」

男「そーすか。じゃ、色々楽しみにましょう」

鼠娘「うん!」



75 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 12:53:02 ID:Q4BeVnzs

鼠娘「ハッ!」クンクン

鼠娘「この匂いは!」クンカクンカ


男「先輩?」

鼠娘「男君!あっちあっち!」テッテケテー


男「あっ、先輩っ」タタタ…







鼠娘「チーズボール!」

男「チーズボール」

鼠娘「うーん!いい香り!」フンガフンガ



76 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 12:54:06 ID:Q4BeVnzs

男「チーズ、好きっすね」

鼠娘「カロリー高いから油断ならないけどね~」

男「先輩はもっとカロリー摂取しないと…」

鼠娘「なに?」ギロ

男「いえ、なんでも」

鼠娘「ふふふ、よろしい」

鼠娘「おじさん!チーズボール、4皿下さい!」

男「4…!?」

屋台のオヤジ「はいよ」

屋台のオヤジ「嬢ちゃん、お兄ちゃんと二人でお祭りか?」

鼠娘「…え?」



77 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 12:55:17 ID:Q4BeVnzs

屋台のオヤジ「仲が良い兄妹だなぁ。微笑ましいよ」

鼠娘「いや、この人は後輩で、私が先輩で!」

屋台のオヤジ「はっはっはっ!そうかそうか!背伸びしたい年頃なんだな!」ハッハッハッ

鼠娘「ちがっ…」プルプル

男「先輩…」




―別の屋台―

かき氷のオヤジ「そっちの妹さんには、ちょっとばかりサービスだ!」

男「いもう…」

鼠娘「…」プルプル



78 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 12:56:09 ID:Q4BeVnzs


―また別の屋台―

りんご飴のお姉さん「お嬢ちゃんカワイイから、大きいの選んであげるわ」

鼠娘「あ、ありがとうございます」

りんご飴のお姉さん「はい、お兄さんも」

男「どうも」

りんご飴のお姉さん「ふふふ、カワイイ妹さんね」

男「え」

鼠娘「え」ピキ

男「せ…」

男(か、かける言葉が見つからない…!)



79 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 12:56:47 ID:Q4BeVnzs



――

男「いやぁ、色々食べ歩いたら、けっこうお腹膨れましたね~」

鼠娘「…」ズーン

男「さ、最初に食べたチーズボールが一番うまかったかな~」

鼠娘「…」ズーン

男「えーっと…なんか、すいません」

鼠娘「言わないでっ!」

鼠娘「まさか、男君の妹に見られるなんて…」ズーン

鼠娘「そんなに小さいかな…」ズーン

男「…小っこいっす」

鼠娘「ですよねぇ…」ズーン

男「…ホントすいません」ポリポリ



80 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 12:58:11 ID:Q4BeVnzs

鼠娘「はあ。ま、小さい子に見られるのはいつもの事だから…」

鼠娘「せっかく、男君が誘ってくれたのに、落ち込んでられないしね」

男「さすが先輩」


ドヤドヤ

鼠娘「?」

ドヤドヤドヤドヤ

鼠娘「急に人の流れが多くなったね」

男「ああ、もう少ししたら奉納花火が打ち上がるんすよ」

男「その見物場所の確保じゃないすかね?」

鼠娘「花火かぁ!私達も行こうよ!」

男「そうしますか」

男「じゃあ…」



81 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 12:59:14 ID:Q4BeVnzs

鼠娘「どしたの?」


男「あー…」

スッ

鼠娘「え?」

男「手っす」

男「はぐれちゃ大変ですから」



鼠娘「あ…////」



男「あ、いや、これだけ人が多いと、小さいとか冗談抜きにはぐれるかもしれませんし!」

鼠娘「うん////」



82 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 13:00:36 ID:Q4BeVnzs


キュ

鼠娘「手、大っきいね////」

男「先輩は案の定、小さいですね」

鼠娘「うん…////」

男「これは怒んないんすか?」

鼠娘「えっ!?う、うん…今日はもう、散々言われて、怒る気も失せちゃったよ」

鼠娘「そんなことより!早く花火見たいよ!行こう?」グイ

男「早くっつっても、まだ始まるまで時間ありますよ!」

鼠娘「なら、早く行かないと、いい見物場所取られちゃうっちゅーの!」

男「大丈夫っす。まかせて下さい」


 



83 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 13:01:45 ID:Q4BeVnzs

――

鼠娘「んん~」ギュウギュウ

男「わかってたけど…」ギュウギュウ

鼠娘「ん~」ギュウギュウ

男「すごい人だな」ギュウギュウ

鼠娘「…!…!」ギュウギュウ

男「先輩!手、離さないでくださいね」ギュ
鼠娘「…。…!」
鼠娘(うん。わかった!と、言いたいけど、ぎゅうぎゅうで言えない!)


スポン

鼠娘「ふふぁ!やっと人混み抜けたぁ…って、まだみんな移動してるじゃないの!」

男「そうすね。まだ少し先の方ですから」



84 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 13:02:37 ID:Q4BeVnzs

鼠娘「そうすね、じゃないっちゅーの!」

鼠娘「私のために休憩なんていいから、早く行こうよ!」

男「ふっふっふっ…」

鼠娘「な、何よ…?」

男「たぶん、誰も知らないんじゃないすかね~」

鼠娘「?」

男「階段、そこそこ上がりますけど、下駄大丈夫ですか?」

鼠娘「あ、うん。大丈夫だと思う」

男「じゃ、こっちっす」グイ

鼠娘「え?どこいくの?」

男「任せて任せて!」

男「あ」



85 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 13:04:46 ID:Q4BeVnzs

鼠娘「どしたの?」

男「あー、人混み抜けましたけど、このまま繋いでていいすか?手?」

鼠娘「繋いどきたいの?」

男「その…、はい…」

鼠娘「んっふふー!」

鼠娘「じゃっ、先輩として後輩の望みを聞いてあげましょ」ギュ

男「散々、妹妹って言われたの根に持ってますか?」

鼠娘「う…まあ多少は…」

鼠娘「その名誉挽回ってワケじゃないけど、少しでも先輩らしいとこ見せたいの」

鼠娘「だから、繋いでてあげるわ」



86 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 13:05:48 ID:Q4BeVnzs


男「ありがとうございます」

鼠娘「お礼なんて言うなっちゅーの!」

鼠娘「わ、私だって…ごにょごにょ////」

男「私だって、何です?」

鼠娘「な、なんでもない!」

鼠娘「ほ、ほら!早く行かないと花火、上がっちゃうんじゃないの?」

男「ですね」

鼠娘「ですね、じゃないっちゅーの!早く案内してよ」ギュ

男「じゃ行きましょう!」ギュ




 



87 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 13:06:53 ID:Q4BeVnzs


――


鼠娘「ホント、誰もいないね」

男「前に撮影に来たときに、この古いお社見つけて」

男「メインの参道から外れてるから、夜なら気付く人も少ないんじゃないかなって」

鼠娘「へぇ」


ドンッ

鼠娘「あ!」

パアン!

鼠娘「始まった!」

男「少し離れてますけど、ここなら全体がまんべんなく見れますね」



88 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 13:08:23 ID:Q4BeVnzs

ドンッ!ドンッ!

パアン!パアン!

パラパラ…

鼠娘「キレイ…」

男「そっすね」


男「先輩」

鼠娘「ん?」

男「俺、先輩と見たこの花火…忘れません」

鼠娘「え」



89 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 13:09:12 ID:Q4BeVnzs

男「先輩と見れて、本当に良かったです」

男「今日、一緒に来てくれて、ありがとうございました」ニコッ

男「好きな人…好きだった人と見た花火、いい思い出になりました」

男「これからは、良き先輩後輩として改めて宜しくお願いします」

鼠娘「あ…ぅ」ズキン…ズキン…




鼠娘(ああああぁぁ…)


鼠娘「うう…////」



92 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 23:26:45 ID:Q4BeVnzs



鼠娘「うう…////」


男「?」

鼠娘「う、うぅう…////」

男「先輩?」


鼠娘「んぬあああああっ!ダーメーだあぁあぁぁぁっ!」


男「なっ!?」ビックゥ!


鼠娘「そんなにいちいちカッコつけんなっちゅーの!」

男「い、いや!そんなつもりは!」



93 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 23:30:04 ID:Q4BeVnzs

鼠娘「あのね!?私だってねぇ!?本性がバレても、それでも私の事を好きだって言ってくれて」

鼠娘「一人の女の子として見てくれたあなたの事っ!」

鼠娘「気にならないワケないっちゅーの!」

男「え?そ、それって…え?」

鼠娘「変わらず好きでいてくれて、今日も所々でカッコいい事しちゃうし…!」

鼠娘「バスケの試合だって!応援に来てくれたら『良いとこ見せなきゃ』って、調子は上がるし…!」

鼠娘「でも…、私は…、普通じゃないからっ…だからっ…」

鼠娘「私も、諦めなきゃって…思ってたのに…ダメじゃん、まったく…はあ…」

男「先輩…」



94 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 23:32:52 ID:Q4BeVnzs


鼠娘「ねぇ」

男「は、はいっ!」

鼠娘「男君がしてくれた告白、まだ有効?」

男「いや、そのっ、有効も何も、今も気持ちは変わっていませんよ」

鼠娘「…ありがとう」



鼠娘「でも、私は…半妖だから」

鼠娘「私と一緒にいるって事は、やっぱり…色々と枷になることもあると思うの」


鼠娘「それでも…」
男「…それでも、先輩は先輩で」



95 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 23:33:48 ID:Q4BeVnzs


男「人を惹き付ける何かを持ってるんです」

男「みんなをまとめるリーダーシップがあって」

男「存在感のある先輩」

男「そんな鼠先輩が好きでした」



鼠娘「『好きでした』だぁ?」

男「あ、違…」


男「おほん」

男「そんな先輩が、好きです」


 



96 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 23:35:08 ID:Q4BeVnzs


男「この夏祭りを最後の思い出にって、言っちゃいましたけど」



男「これからも俺と一緒に」



男「思い出、作っていきませんか?」




 



97 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 23:42:34 ID:Q4BeVnzs


鼠娘「私の秘密知った覚悟、できてる?」

男「愚問ですね」

男「俺にとっちゃ先輩の秘密なんて、些細な事っすよ」

鼠娘「迷惑、かかるかもしれないよ?」

男「先輩となら、大丈夫っす」

男「俺と、二人で乗り越えましょう!」



鼠娘「…にひひ////」ニコニコ

鼠娘「ごめんね////」



男「は?」ドキン



 



98 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 23:45:47 ID:Q4BeVnzs

鼠娘「ふふっ、あなたの気持ち、もっと早くに受け入れるべきだったわ」

男「あ…そーゆー…」ホッ

鼠娘「正体のせいで二の足を踏んでたけど、私も覚悟を決めた!」

鼠娘「一歩、進みましょ!私達!」

鼠娘「よろしくね!男君♪」

男「はい!先輩!」



鼠娘「あ!ストーップ!」

男「え?」

鼠娘「私は先輩?」

男「え?はあ、そーすけど」



99 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 23:47:51 ID:Q4BeVnzs


鼠娘「違うっちゅーの!」ペチ

男「へぃ!?」


鼠娘「…良き先輩後輩から、一歩進んだんじゃないの?」

男「あー、なるほど…」

鼠娘「でしょ?」

鼠娘「わかるわよね?」ニヤリ

男「あー、鼠娘…さん?」

鼠娘「ノンノンノン!」チッチッチー

男「アクションが古い!」

鼠娘「違うでしょ?ね?////」


 



100 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 23:49:45 ID:Q4BeVnzs

男「鼠、娘…」

鼠娘「うん」

男「鼠娘!」

鼠娘「うん!」

ギュウ

鼠娘「えへへー////」グリグリ

男「あ、あのっ…////」

鼠娘「私が小さいもんだから、男君の胸にスッポリ収まっちゃうね////」

男「ああ、そーすね////」

ドン…パアン!

鼠娘「あはは、普段顔に出ないのに」

鼠娘「頬っぺたが赤く見えるのは、花火のせいかな?」

男「そう、だと思います////」



101 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 23:51:15 ID:Q4BeVnzs


鼠娘「敬語もいらないっちゅーの」ギュ

男「えっと…うん、わかった」


ドンドドン…パアンパアン…パラパラ…




男「これからよろしく。鼠娘」ギュウ

鼠娘「うん。よろしく」ギュウ



ドン…パアン…

パラパラ…






 



102 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 23:52:17 ID:Q4BeVnzs

―数日後―



監督「3年のみんな、お疲れ様!」

後輩部員「「「お疲れ様でした!」」」

鼠娘「監督、ありがとうございます」

鼠娘「みんなも、ありがとう」

鼠娘「それから、これからも頑張って」



後輩部員「「「はいっ!」」」



鼠娘「さて…」

鼠娘「男君、準備できてる?」

男「んー、できてるよー」



103 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 23:52:34 ID:Q4BeVnzs



同期1&2「!!!」

同期1「お、おお…!敬語じゃなくなってる…!」

同期2「ついに、前進!うりうり~」グリグリ


鼠娘「ちょ、やめてっちゅーの!////」

同期1「付き合わないとか言って結局、付き合っちゃってんの!」ツーン

同期2「うらやましーなー!」ツーン

鼠娘「えははー////」ニヘラー



104 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 23:54:11 ID:Q4BeVnzs

同期1「しかし、このちっちゃいのの、どこがいいんだか…」ポンポン

鼠娘「ああっ!ひどーっ!」

同期1「あんた、身長いくつよ?」

鼠娘「な、何よ、今更っ!」

同期2「いいじゃない、いくつなのよ?」

鼠娘「えっ…と、ひゃく…ほにょにょ~ほぇほぇ…」

同期1&2「ええ?キコエナーイ!」

鼠娘「う~…////」



105 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 23:54:59 ID:Q4BeVnzs



鼠娘「ひゃっ、133センチよ!文句ある!?」プンスカ




同期1&2「小っさ!」

鼠娘「あーっ!!バカにしたぁっ!!」プンスカ

同期2「凹凸少なし」

鼠娘「うっ…」ストン

同期1「どう見ても小学生」

鼠娘「ぐっ…」チンマリ



男「はーい!卒業アルバム用の写真、撮りますよー!」



106 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 23:56:30 ID:Q4BeVnzs




同期1「男君っ!ちょいちょい!」チョイチョイ

男「はい?」タタタッ


同期1「男君てさー」

同期2「もしかして」



同期1&2「ロリコン?」



 



107 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 23:57:26 ID:Q4BeVnzs



鼠娘&男「はあっ!?」



男「何言ってんすか!?」

同期2「でも見てよ、小さいよ?」チョンチョン

鼠娘「小さいって言うなっちゅーの!!」

同期1「まんま小学生じゃん」

鼠娘「小学生って言うなっちゅーの!!」

男「そーすね」

鼠娘「わああああん!男君まで!!」



男「そりゃ、本物の小学生とかは全くっすよ!?」

男「でも小柄な人がタイプなのは認めます」

男「かつ、年上だと尚いいっすね」



108 : ◆loxSgAubwY 2014/10/23(木) 23:59:45 ID:Q4BeVnzs


男「それに俺が鼠娘…、鼠先輩を好きになった理由、先輩達もわかるでしょ」


同期1「まあ、ね。なんとなく惹き付けられるよね」

同期2「小さいけど、存在感も頼り甲斐もあるし」


男「ですよね。同じ理由で慕ってても同性か異性か、その違いじゃないっすかね?」

鼠娘「男君…////」ポッ



同期1&2「はあぁぁぁ~…」ハァ…

同期1&2「あんた達、爆発しちゃえ!!」

鼠娘「わ!ひどい!」

男「はははっ…まあまあ。さ、そろそろ撮影しましょうか」


鼠娘&同期1&2「はーい」



 



109 : ◆loxSgAubwY 2014/10/24(金) 00:01:29 ID:o6S04fOM


――

鼠娘「おーいいね、いいね~」ニコニコ

鼠娘「やっぱりいいね。男君の写真は」

男「そりゃどうも」

鼠娘「でも、これでホントに部活も終わりか…寂しいなぁ、やっぱり」

男「そんなことないだろ?」

男「もう試合とかは出れないけど、後輩に教えたり、たまに顔を出すぐらいいいんじゃないか?」

鼠娘「そうかな?」

男「そうだよ。きっと」

鼠娘「うん!」



110 : ◆loxSgAubwY 2014/10/24(金) 00:02:33 ID:o6S04fOM


テッテレーテレレッテー♪

鼠娘「あ、メールだ」

カチカチ

鼠娘「…」

鼠娘「…なっ!?」

男「どした?」

鼠娘「お母さんから…メールが…」プルプル

男「何?どしたの?」

鼠娘「男君にも…関係あるから…」スッ

男「え?」ヒョコ



111 : ◆loxSgAubwY 2014/10/24(金) 00:03:30 ID:o6S04fOM

鼠母メール『部活お疲れ様でした

それから、夏祭りの『彼』とは、上手くいった事と思います

何せ、私が着付けてあげたんですもの

『彼』もイチコロだったことでしょう(笑)

おめでとう』



男「…これ、俺の事だよな?」

鼠娘「そ、そうなんだけど…まだ話してないのに!」

鼠娘「昔から勘が鋭すぎるの、うちのお母さん!」

男「続きは…なになに…?」



112 : ◆loxSgAubwY 2014/10/24(金) 00:05:27 ID:o6S04fOM

鼠母メール『きっと『彼』もこのメールを見てくれていると思います

娘がお世話になっています』


男「ちょっ…勘云々じゃないでしょ、コレ!見てるぐらい的確に…!」

鼠娘「なんかごめん…」

男「あ、まあ大丈夫大丈夫。んで、なになに…」

鼠母メール『さて、本題ですが

こちらの事情もある程度わかったうえでお付き合いしてくれているとは思いますが

私達一族の特異性により、確認する事、注意点、聞かねばならない事など多々あります。

就いては、丁度夏休みということもありますし、都合の良い日、しかし、可能な限り早く本家に『二人』で来てください。

今回は急なお願いで申し訳ありませんが

お互いの理解を深めるためにも、どうかよろしくお願いします。

お目にかかる日を楽しみにしていますね』



113 : ◆loxSgAubwY 2014/10/24(金) 00:06:11 ID:o6S04fOM


追伸

決して交際反対ということではないので

安心してください』


鼠娘「きゅ、急すぎるっちゅーに…」

男「…」

男「いきなり、実家にご挨拶に行くって事…?」


鼠娘「…そう、なっちゃうね…」



男「えええぇぇーーーーーー!!!??」




―つづく―



117 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:12:27 ID:BIPpibco


ガタンゴトン…ガタンゴトン…


男「俺、単線の電車って初めて乗ったよ」

男「しかも、1両編成」

鼠娘「田舎だからねー」

男「田舎だなー」



男「夏なのに、窓から入る風がすごい気持ちいいな」

鼠娘「田舎だからねー」

男「田舎だなー」



男「遮るモンが無いから、景色もいいな」

鼠娘「田舎だからねー」

男「田舎だなー」



118 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:14:14 ID:BIPpibco



男「こんな景色、滅多に見れないな…」

鼠娘「だったら撮ればいいじゃん」

男「うーん、そうだな…。乗ってるの俺達しかいないし、少しだけ…」スチャ

鼠娘「んー♪」ニッコニコ

男「…何?」

鼠娘「カメラ構えた時の顔、好きよ、私」

男「…お、おう////」

鼠娘「…う、うん////」

男「…」

鼠娘「…」

シーーーン

 



119 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:16:00 ID:BIPpibco


鼠娘「////」ペチペチ

男「わっ!?叩くなよっ!」

男「鼠娘が言ったんだろ!?」

鼠娘「////」ペチペチ

男「ちょっちょい!写真撮らせてくれよ!」

鼠娘「////」ペチペチペチペチ!

…ガタンゴトン…ガタンゴトン…




 



120 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:17:02 ID:BIPpibco

―数日前―


鼠娘「はぢめ、はじめましてっ!あのっ…男君とっ、おおおお付き合いさせさせせ…!」

男「ここまで慌てる鼠娘、初めて見た」

鼠娘「だ、だってお母様に挨拶よ!?」

鼠娘「緊張するでしょうよ!!」

男母「お母様って…。あははっ、緊張しなくていいのよ」

鼠娘「すすすいませんっ!」ペコペコ


男「んで、まあ…、こちらが今付き合ってる鼠娘さんです」

鼠娘「よよよろしくお願いします!」

男母「男の母です。よろしくお願いします。鼠ちゃん!」

鼠娘「はいっ!」



121 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:17:27 ID:BIPpibco

―数日前―


鼠娘「はぢめ、はじめましてっ!あのっ…男君とっ、おおおお付き合いさせさせせ…!」

男「ここまで慌てる鼠娘、初めて見た」

鼠娘「だ、だってお母様に挨拶よ!?」

鼠娘「緊張するでしょうよ!!」

男母「お母様って…。あははっ、緊張しなくていいのよ」

鼠娘「すすすいませんっ!」ペコペコ


男「んで、まあ…、こちらが今付き合ってる鼠娘さんです」

鼠娘「よよよろしくお願いします!」

男母「男の母です。よろしくお願いします。鼠ちゃん!」

鼠娘「はいっ!」



122 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:20:26 ID:BIPpibco

男「んでさ、挨拶ついでに来てもらったのは、次の週末に鼠娘の実家に行くことになって…」

男母「あら、もう?」

男「『もう?』とは?」

男母「あんたまだ高2よ?」

男母「早く孫の顔はみたいけど、結婚はまだまだ先じゃないとダメよ?」

鼠娘「けっ…!!?」ドッキーン

男「ちっ、違うわいっ!」

男母「え?違うの?」

鼠娘「うちの代々の風習というかっ、しきたりとか習わしみたいなものでっ!」

鼠娘「父や祖父が人と成りを見るって事で、顔を見せる決まりがありまして…」

男母「ええっ!?鼠ちゃんのおウチってそんなに由緒正しい家柄なの!?」

鼠娘「いややや、決してそういう大層な事ではなくっ!」

鼠娘「離れて暮らしているんで、ちょっと顔を出すぐらいのものでして」



123 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:21:28 ID:BIPpibco

男母「すごいじゃない、男!逆玉よ、逆玉っ!」

鼠娘「お母様!聞いてくださいっ!」

男「違うってば!話を聞けよ!」

?「ただいまー」

男母「あ、丁度良かった」

?「賑やかだけど、誰か来てるの?」ヒョコ

男母「紹介します。妹の男妹です」

鼠娘「あ、あの、はじめまして!」

男母「男とお付き合い頂いてる、鼠娘さんよ」

男妹「…」

鼠娘「ど、どうも」

男妹「…」



124 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:22:30 ID:BIPpibco





男妹「お、お兄(おにい)がっ、モテなくてついに犯罪の道に…!!」

男&鼠娘「え」

男妹「お兄っ!考え直してっ!」

男妹「いくらなんでも、小学生なんて…ダメ絶対っ!!」

鼠娘「あは…」

鼠娘「あはは…私…高3です」ジワ…

男妹「ダメだって…、考え…直して!高3なんて…」



125 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:23:36 ID:BIPpibco



男妹「…高3?」

鼠娘「…」コクン

男妹「小3じゃなくて?」

男「こうこうさんねんせい」


鼠娘「あはは…あはあははっ」ポロポロ…

男母「だって鼠ちゃん、小さくてかわいいもんね。ホントに小学生みたい!」

男「母さん!それ禁句!」

鼠娘「あははあははは…」ポロポロ

男妹「ああっごめんなさい!ごめんなさい!」


男「もう収拾つかねぇ…」ゲンナリ


………
……



126 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:24:31 ID:BIPpibco




――

テクテク

男「まあ、さすが女同士。あのあと、すぐ打ち解けたもんな」

鼠娘「妹ちゃんに年下扱いされたのは、さすがにかなりへこんだけどね…」ズーン

男「ま、ま。悪気があったワケじゃないんだしさ?な?」

鼠娘「私が小学生みたいだから、仕方ないよね」

男「そうそう」

ギュウ!

男「いだだだだ!!」



127 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:25:03 ID:BIPpibco

鼠娘「小学生みたいって言うなぁっ!」

男「鼠娘が自分で言ったんじゃないか!」

鼠娘「同意されると、頭に来るっちゅーの!」

男「ごめん!わかった!だからつねるのやめて!」

鼠娘「ふん!」

男「いたた…。あ、ここがそう?」

鼠娘「そうよ」

男「実際、逆玉かもな」





男「実家が神社なんて」



128 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:27:07 ID:BIPpibco

鼠娘「そうかなぁ」

鼠娘「まあ実際、継ぐのは兄ちゃんになるわけだし、逆玉って程でもないでしょう」

男「あ、お兄さんがいるのか」

鼠娘「うん。あとで紹介するわ」

男「神社ってことは、けっこう古くから続いてるんだろ?」

鼠娘「そうね。確か…1200年くらいとか言ったかなぁ?」

男「すご…」

鼠娘「まあ、こぢんまりした神社だけどね」



男「それでもスゴすぎて何も言えない…」キョロキョロ

男「?」

男「あれは?」



129 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:28:15 ID:BIPpibco


鼠娘「あれ?狛鼠よ」

男「こまねずみ?」

男「狛犬でなくて?」

鼠娘「だってご先祖様が鼠の妖よ?」

鼠娘「鼠が犬祀ってどうすんのよ」

男「いや、まあそうだけど神社って言ったら狛犬のイメージだからなぁ。珍しいなって」

鼠娘「確かにね。全国でもウチの神社だけらしいよ。狛鼠があるのは」

鼠娘「なんでも、起源は神話の時代にまで遡るんだって」

男「し、神話ぁっ!?」

鼠娘「神様を助けたのがご先祖様だったとか何とか」



130 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:31:12 ID:BIPpibco

鼠娘「その血を絶やさず、守るのもまたウチの役目であり使命だそうよ」

鼠娘「中々大変らしいわ」

男(俺の彼女は、けっこう…いや、かなりスゴいんじゃなかろうか…)ゴク


テクテク


鼠娘「あ、見えてきた!」

鼠娘「あれが本殿。で、こっちが社務所兼住居」



男「あ、さすがに緊張してきたかも…」ゴクリ

鼠娘「みんな気さくだから、安心してくださーい」

男「そか、ならちょっと安心した」

鼠娘「ただいま!」ガラガラッ



131 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:32:29 ID:BIPpibco



?「はーい、はいはーい」パタパタ


鼠娘「ただいま、お母さん」

鼠母「まあまあ、おかえり。そちらが男君ね」

鼠母「いつも娘がお世話になっております」ペコリ

男「…」

男「あ、はじめまして。男です」ペコリ

男「こちらこそ鼠娘さんには良くして頂いてまして…」

鼠娘「何、今の間?」

男「いや、ちょっと緊張して…」


鼠母「ふふふ」



132 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:34:01 ID:BIPpibco



鼠母「予想通り、お母さんも小さくてカワイイ」



鼠母「ってところかしらね」


男「えっ!?」ギクッ

鼠母「当たりね」

男「す、すいません…」

鼠娘「か、彼女の母親に対してカワイイって何考えてんだっちゅーの!」

男「ち、小さいとは思ったけど、カワイイとまでは考えてないよっ!」

鼠母「あら、カワイイはハズレだったのね。ざんねーん」



133 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:35:38 ID:BIPpibco

鼠娘「お、お母さん!?」

鼠母「ちょっと付け加えちゃった!てへ♪」

鼠娘「てへ♪じゃないっちゅーのぉっ!」

男「ははっ、はははははっ」

鼠娘「ああ…恥ずかしい…////」

男「はははっ、いや、うん。緊張ほぐれました」

鼠娘「そ、そう?////」

鼠母「ふふふ、立ち話もこれぐらいにして上がって頂戴」

男「はい。お邪魔します」

鼠娘「…言ったでしょ。お母さん勘が鋭いって」ボソ

男「勘どころじゃないってば、まるで読心術だ」ボソ



134 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:37:06 ID:BIPpibco


鼠母「顔合わせするから先に荷物、置いてらっしゃい」

鼠娘「あ、はーい」

男「すいません、いきなり来て泊めて頂くなんて…」

鼠母「いいのいいの。呼んだのはこっちなんだし」

鼠母「それに、日帰りじゃゆっくりお話もできないしね」

男「ありがとうございます」

鼠母「気にしなくていいのよ。ちょっとした旅行ぐらいに思ってね」

鼠母「親御さんにも話してあるんでしょ?」



135 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:38:50 ID:BIPpibco

男「ええ。ご実家に寄せてもらうって言ったら、母さんに結婚なんて早いって言われました」

鼠母「あらあら、そちらのお母さんも中々ね」クスクス

男「でも、今はまだ早いですけど、これから先、働いて一人前になったらいずれは…って、心積もりはしていますから」

鼠母「あらまあ!?プロポーズ?」

男「あっ、す、すいません。少し逸りすぎましたね」

鼠母「ううん」

鼠母「私達みたいな存在でも、そうやって考えてくれるのは嬉しい事よ」

鼠母「ただね…」

男「はい?」



136 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 01:40:38 ID:BIPpibco

鼠母「鼠ちゃん、茹で上がってるわよ?」

男「えっ?」

鼠娘「////////」プシュー

男「お、おい!?」ユサユサ

鼠母「あははっ。代弁するとね…」


鼠母「男君たら、お母さんの前で何言ってんだっちゅーの!」

鼠母「でも、そかそか。これから先か…」

鼠母「うふ、うふふふ、うへへへ~」

鼠母「って感じかしら、ね」


鼠娘「////////」プシュー

男「しっかりしてくれ!鼠娘っ!」ユッサユッサ

鼠娘「うへへへ~////////」プシュー

――



139 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 15:18:16 ID:BIPpibco


――

鼠母「自己紹介は以上よ。次は本題ね」

鼠娘「その前に、男君…」

男「うん?」ズキズキ



鼠娘「おでこ、大丈夫?」


男「ああ、うん。普段頭を下げて部屋を行き来するなんてないからな」ズキズキ

鼠父「この家は、鴨居が低いからな」

鼠祖父「普通の若者には、ちと低すぎるかもしれんな」

男「すいません、ご心配おかけして」

鼠祖母「いいんですよ。私達の体格が特殊なんですものね」

鼠兄「仕方ない事だけど、俺の方が小さいってのは、同じ男として複雑だなぁ」

男「…」



140 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 15:19:03 ID:BIPpibco

鼠母「やっぱりみんな小さいんだな」

鼠母「ってところかしら?」

男「あ、違っ、いや…その…、すいません」

鼠母「ふふふ、気にしないで」

鼠娘「お母さんっ!あんまり意地悪しないであげてよ!」

鼠母「意地悪なんかじゃないわよ」

鼠母「こうやって、半妖の一族に囲まれても」

鼠母「私達と普通に接してくれている」

鼠母「変に気を使ったりしない」

鼠母「そんな男君を選んだ貴女は正しいと思うわ」

鼠娘「お母さん…」

男「…////」ポリポリ



141 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 15:22:39 ID:BIPpibco



鼠祖父「それで、鼠娘の耳と尾を写したカメラというのは?」

男「あ、はい。と…」ゴソゴソ

男「これです」ゴト

鼠父「ずいぶん古いポラロイドだな」

男「じいちゃ…祖父の形見でして、俺がお守り代わりに持っています。ごくたまに使うこともありますが…」

鼠祖父「ふむ。君のおじいさんの念を感じるのぅ」マジマジ

男「念…」

鼠祖父「平たく言うと、気持ちや想い」

鼠祖父「きっと大事に使っておられたんじゃな」

男「そうですね。祖父に撮ってもらう写真はいつもそれでした」

鼠祖父「なるほどのぅ」



142 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 15:24:10 ID:BIPpibco

鼠祖父「そうやって込められた念の影響じゃろう。鼠娘の耳と尾が写ったのは」

男「すいません。そんな事とは露知らず…」

鼠祖母「謝らないでくださいな」

鼠祖母「それだけ、あなたのおじい様が大切に、そして気持ちを込めて撮られていたということですよ」

鼠祖父「それに僅かじゃが…、男君の念も感じられるのぅ」

鼠祖父「君も大切にしておるんじゃな」

男「はい」

鼠祖父「そうか」



143 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 15:25:18 ID:BIPpibco



ドタドタドタドター!!

スターン

鼠弟「ねぇ!話終わった?また男兄ちゃんと遊びたいんだけど!」

鼠妹「おねぇのおにいちゃん!かたぐるま!かたぐるま!たっかーいの!」

鼠娘「まだ終わってないの。もう少し待っててね」

鼠弟&妹「ぶー!ぶー!」

鼠娘「あはは、気に入られたね、男君」

鼠父「男君、迷惑じゃないか?」

男「いえ、全く。むしろ童心に帰れて、懐かしい感じになりますね」

鼠父「なら少しチビ達の相手、頼まれてくれないか?」



144 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 15:27:18 ID:BIPpibco

鼠弟&妹「いいの!?」パアッ

鼠娘「ちょっとお父さんっ!?」

男「いえ、俺は構いませんけど、お話は…?」

鼠母「パパがそうお願いしたってことはそういうことよ」

男「えっと、どういう…」

鼠父「男君は、わざわざこちらがお願いしなくても、我々を受け入れる許容力があるってこったな」

鼠父「直感だよ、直感」

鼠祖父「わしも異論はない」

鼠兄「オジイやオヤジがそう感じたってことは誰も反対なんかしねぇよ。無論俺もな」



145 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 15:28:26 ID:BIPpibco


男「皆さん…」

鼠娘「みんな…」


鼠弟&妹「お兄ちゃん!かたぐるま!」

男「じゃあ…お言葉に甘えて…」

鼠祖母「あら、甘えるのはこちらですよ」

鼠母「あなた達、男君にたくさん遊んでもらいなさい」

鼠娘「あーあー、もう。お母さんまで」

男「いいよいいよ!じゃ行こうか?」

鼠弟&妹「わーい!」

ドタドター!

鼠弟「僕が先に肩車だ!」

鼠妹「いもうとのあたしにゆずってよ!」

男「はい、ケンカしなーい。仲良くしないと遊ばないぞ?」

鼠弟&妹「ケンカしなーい!」



146 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 15:29:08 ID:BIPpibco



鼠祖母「まあまあ」クスクス

鼠祖父「いい子じゃな」

鼠娘「おじいちゃんおばあちゃんもそう思うでしょ?」ニシシ

鼠父「まあ、お前から人間の彼氏ができたと聞いたときは驚いたが」

鼠母「彼なら安心ね」

鼠娘「…うん。ホントに純粋に私を見てくれて」

鼠娘「ここに来ても普段と変わらず、私の家族も見てくれた」

鼠祖母「ええ、そうね」



鼠母「貴方も早くいい人、見つけなさいね」

鼠兄「うお!俺に飛び火したぁ!?」


―――
――



147 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 23:57:02 ID:BIPpibco


―夕食後―

鼠母「ごめんなさいね、雑用みたいなことまでさせて」

男「いえ。お世話になりっぱなしも申し訳ないんで」

鼠祖母「孫の相手をしてもらったうえに」

鼠祖母「あなたのおかげで、普段なかなか掃除できない高いところも綺麗になったし」

鼠祖母「切れたままの電球を替えてもらったり」

鼠祖母「本当にありがたい事ですよ」



男「大した事ないっすよ」


 



148 : ◆loxSgAubwY 2014/10/25(土) 23:58:26 ID:BIPpibco

鼠娘「男くーん!」ホカホカ

鼠弟&妹「にいちゃーん」ホカホカ


鼠娘「お風呂空いたから、先に入っちゃって」

男「お先に、いいんですか?」

鼠母「ええ。大事なお客様だから、どうぞ遠慮せずに」

男「じゃあ、そうさせてもらいます」


鼠妹「ひさしぶりのおねぇとのオフロ、たのしかったー!」

鼠弟「僕は一人でいいっつったのに」

鼠娘「あんた適当に洗うクセがあるから、お姉が入れてあげたのよ」

鼠弟「ぶー!」



149 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:00:12 ID:8bZDZfQ.


鼠妹「そうそう!おねぇのおにいちゃん」

男「ん?どした?」


鼠妹「さっきね、おねぇとオフロでおはなししたんだけど」





鼠妹「ちゅー、まだしてないの?」





一同「!!!!!!!」



 



150 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:01:01 ID:8bZDZfQ.

鼠娘「いいいいもも妹ぉっ!?」

男「えーと…////」シドロモドロ

鼠娘「ナイショって言ったっちゅーのにぃっ!!」ガバ


鼠妹「フムガガ…」ジタバタ

鼠娘「あははっ…あはははははっ…////」


鼠祖父&父&兄「…」ソワソワ

鼠祖母&母「…」ニヤニヤ



男「オフロ、サキニイタダキマスネー」ソソクサ


鼠娘「お、置いてかないでぇぇぇ!!」

鼠弟「妹に話したお姉が悪い!」ニヤニヤ



151 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:02:07 ID:8bZDZfQ.


――


男「お風呂ありがとうございました」

鼠母「どういたしまして」

男「弟君と妹ちゃんは?」

鼠娘「男君が上がるまで待ってるって言ってたんだけど」

鼠娘「二人とも眠そうにしてたから寝かせたわ」

鼠母「よく遊んでたものね」

鼠母「男君も二人の相手、疲れたでしょう?」

男「そうですね。あれだけ走り回ったりしたの、かなり久しぶりですから」

男「でも、子供特有のエネルギーって言うんすかね、元気はたくさんもらいました」



152 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:03:12 ID:8bZDZfQ.

鼠母「じゃあ、あながち無理言ったワケでもないのね」

鼠娘「お母さん、それは図々し過ぎない?」

鼠母「あら、ごめんなさい」

男「いや、いいんす」

男「俺も楽しんでましたから」



鼠母「あと、あの子達の写真も撮ってくれてありがとう。よく撮れてるわ」

男「そうすか。そう言ってもらえると嬉しいです」

鼠娘「まさか、プリンタまで持ってきてるなんて…」

男「普段来ない所だし、いいモノ撮れたらすぐに印刷しようと思ってたんだよ」



男「いいモデルがいたから持ってきて正解だったな」



鼠母「ふふ…鼠娘の正体が写された理由、わかる気がするわ」



153 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:04:41 ID:8bZDZfQ.

鼠娘「え?」

鼠母「私は、写真は詳しくないから偉そうなこと言えないけど」



鼠母「男君が撮った写真は、なんだか暖かいもの」

鼠母「今日会ったばかりのあの子達にも、ちゃーんと目を向けて、気持ちを込めて撮ってる感じがするの」

男「ありがとうございます////」



鼠母「それに加えて、男君のおじい様の想いが詰まったポラロイドだと」

鼠母「正体がバレても仕方なかったと思うわ」



154 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:06:19 ID:8bZDZfQ.


鼠娘「私…、正体が写り込んで良かったと思っちゃった」

鼠娘「だって、男君のおじいさんのカメラが無かったら、私達ここに一緒にいなかったと思うの」

男「そうだな。一度断られた時に『他に好きな人がいる』って言われて、そこで引き下がってたと思う」

男「鼠の妖の正体があったからこそ、鼠娘を説得する道があったようなもんだからな…」

鼠娘「それで、ものの見事に私は男君に惚れたワケですから////」

男「鼠娘…」ジッ

鼠娘「男君…」ジッ


鼠母「…」



155 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:07:06 ID:8bZDZfQ.


男&鼠娘「…」ジーッ


鼠母「私、お邪魔かしら?」


男&鼠娘「はうっ!?」ドッキーン!

鼠母「邪魔者は退散するわね」

鼠娘「あよよよっ!べ、別にいいのに!」

鼠母「冗談よ。少し片付けとか残ってるから終わらせにいくだけよ」


鼠娘「あ、私も手伝うわ」

鼠母「いいわよ。久しぶりの実家なんだからゆっくりしなさい」

鼠母「男君もね」


鼠娘「そう…、ありがとう」

男「ありがとうございます」



156 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:10:09 ID:8bZDZfQ.

鼠母「それから

鼠母「男君のお布団は、鼠ちゃんの隣部屋に敷いてあるから」

男「ありがとうございます」

鼠母「気にせず一緒の部屋で寝ればいいのにって言ったら、この子に怒られたのよ?」

男「ええっ!?」

鼠娘「おかっ、お母さんっ!////」


鼠母「親が構わないって言ってるのに、硬いんだから

鼠母「男君はそうしたいわよね?ねぇ?」ニンマリ

男「うぉええっ!?いや、うーっ、えーと」



157 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:11:52 ID:8bZDZfQ.

鼠娘「普通っ、親の方からっ、一緒の部屋で~なんて言わないっちゅーの!」

鼠娘「例え親が言い出したとしても!物事の分別はキチッとつけてます!」

鼠母「私だってあなた達を信用しての意見なのよ」

鼠娘「む、むぅ…」

鼠母「そこらへんはあなた達に任せるわ。好きなさい」ニコニコ

鼠母「じゃ、適当に休んでくれて構わないから」スクッ


男「あ、ありがとうございます」

鼠母「おやすみなさい」


鼠娘「おやすみ」

男「おやすみなさい」



158 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:12:46 ID:8bZDZfQ.





鼠娘「…」ソワソワ

男「…」ソワソワ




鼠娘「お、男君も疲れたんじゃない?」

男「そ、そうだな…。ずいぶん遊んだし、多少は気疲れもな、ははは…」

鼠娘「そりゃそうよね。いくら回りが気さくだと言っても…ね」


鼠娘「だから少し早いけど、もう寝ようか」

鼠娘「なんだか私も眠くなってきちゃったし」

男「うん。そうしようかな」


鼠娘「部屋、案内するわ」スクッ

男「うん」スクッ



159 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:14:11 ID:8bZDZfQ.

スタスタ…

鼠娘「あのっ…、お母さんはああ言ってたけど、私は、ちゃんとケジメというか節度を持ってというかっ…」

男「まあまあ。ホント、面白いお母さんだよ」クスクス

鼠娘「ああ、恥ずかしっ////」



スタスタ…スタスタ…



鼠娘「ここよ」

男「うん」

鼠娘「あ、何か用事があったら起こしてくれて構わないから」

男「うん」

鼠娘「それから…」



160 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:15:52 ID:8bZDZfQ.

鼠娘「今日は、色々ありがとう」

男「え?」

男「いや、世話になってるのはこっちだし…」

鼠娘「ううん。違うの」

鼠娘「とっ、とにかく、ありがとう!じゃあ、おやすみ!」

バタムッ

男「あ…。おやすみ」


――



161 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:16:31 ID:8bZDZfQ.


――
―――


男「…」

男「…」

男「んー…」ゴソゴソ

男(おやすみと言ったものの…)

男(横になって早1時間…)

男(やっぱ、早いと寝れないな…)ゴソゴソ

男(…今日はあっという間だったなぁ)

男(鼠娘の家族は、みんな明るくて優しくて)

男(いい人…?達ばっかりだ)




男(これから先も…関わりを持てたら…)



162 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:17:44 ID:8bZDZfQ.




コンコン

鼠娘「…男君起きてる?」

男「えっ、う、うん」

鼠娘「入るね」ガチャ

男「ええっ!?」

鼠娘「あ…もう寝ようとしてた?」

男「大丈夫だけど…」



鼠娘「寝ようとは思ったんだけど…、あはは」

男「ははは、俺も」ムク

鼠娘「隣、座っていい?」

男「ああ、おいで」ポフポフ



163 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:18:32 ID:8bZDZfQ.

鼠娘「あ…今のもう一回!////」

男「な、なんだよっ////」

鼠娘「お願い!もう一回!」

男「と、隣おいで、鼠娘////」

鼠娘「にょほほ~…////」トッテテー

男「なんなんだよ…」

鼠娘「んふふー」チョン




鼠娘「…さっきも言ったけど、色々ありがとう」

男「あ、それそれ!なんだよ、それ」

鼠娘「あー、うん、みんなの前でも、普段の男君でいてくれてって事」

男「そんなことか」



164 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:20:06 ID:8bZDZfQ.

鼠娘「それと…あえて聞かなかったんだけど、他のみんなの耳とか尻尾は…」

男「鼠娘以外は視えなかった」

鼠娘「そう…。そかそか♪」ニコニコ

男「どした?」

鼠娘「やっぱり私だけは特別なんだなって」

男「ん、まあ、俺のせいだけどな」

鼠娘「ううん…いいのよ。あれが無ければ、こうなっていなかったよね」

男「だろうな」

鼠娘「急に実家に呼ばれて」

鼠娘「大掃除みたいな事もさせちゃって…それもありがとう」

男「うん」

鼠娘「それと、弟達の遊び相手もありがとう」

鼠娘「喜んでたわ。すごく」

男「俺も楽しんでたからお互い様だよ」



165 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:21:18 ID:8bZDZfQ.




鼠娘「…うん」

男「なんか、いつもよりしおらしいな」



鼠娘「…うん////」

鼠娘「あの…さ?」





鼠娘「ちゅー、しよっか?////」




 



166 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:21:59 ID:8bZDZfQ.

男「んが!?」

鼠娘「あははー、妹に聞かれてから頭ン中でちらついちゃって…////」

鼠娘「ダメ…かな?////」ジッ


男「はあ…」

鼠娘「な、なんでため息…!?」

男「そういうのはさ、彼氏の俺から言わせてほしかったなって」

鼠娘「あー…」



167 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:24:19 ID:8bZDZfQ.

鼠娘「ふふふ、ごめんね」

鼠娘「じゃあ、男君から言って?」

男「ふぅ」

男「鼠娘…、ちゅー、しよっか?////」


鼠娘「うん…」ン


男「…」スッ


チュッ


鼠娘「…初めてのちゅー、男君としちゃった////」



168 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:25:19 ID:8bZDZfQ.

鼠娘「…あはは////」

男「////」

鼠娘「あはははは////」

男「笑いすぎだっちゅーの////」ペチン

鼠娘「あははーごめんごめん」

男「恥ずかしいもんだな、結構////」

鼠娘「付き合ってから、よく顔に出るようになったね」

男「そうだな…////」

男「それまでは好きな先輩の前だからって、見栄を張ってたみたいな感じだったのかも」

鼠娘「…そう」

男「付き合ってからは、鼠娘といると気が抜けるというか安心するというか」

鼠娘「嬉しい」

男「うん」



169 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:26:18 ID:8bZDZfQ.


鼠娘「ね?」

男「ん?」

鼠娘「ケジメとか節度とか言ったけどさ」

鼠娘「一緒に寝よ?」

男「…いいのかな」

鼠娘「元はお母さんが一緒に寝かせようとしてたんだよ?」

鼠娘「ま、でもナイショ、ね?」

男「うん」



――

男「やっぱり小さいな」

鼠娘「んふふー」ゴロゴログリグリ



170 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:27:20 ID:8bZDZfQ.

男「…怒んないのな?」

鼠娘「私が小さいおかけで、こうやってひとつのお布団でくっついて寝ても」


鼠娘「狭くないでしょ?」

男「そだな」ギュ

鼠娘「あっ、ふあっ////」

男「ごめん。強かった?」

鼠娘「ううん。心地いいの」

鼠娘「安心するのは私も一緒」



171 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:28:20 ID:8bZDZfQ.


鼠娘「だからもう一回ぎゅってして?」

男「うん」

ギュ

鼠娘「あと…おやすみのちゅーも…////」

男「うん」



チュッ

鼠娘「んふー////」

鼠娘「…おやすみ、男君」

男「うん、おやすみ」




 



172 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:30:28 ID:8bZDZfQ.


――
―――


鼠娘「おはよう、お母さん」

男「おはようございます」

鼠母「おはよう」

鼠母「よく寝れた?」

男「はい。都会とは違って、夜が過ごしやすくて快適に眠れました」

鼠母「いい抱き枕もあったみたいだしね~♪」


男&鼠娘「!!!」ギクッギクッ


鼠娘「い、いやっ、ワタクシハちゃんと、せせせ節度を持って…!きゃっ、決して、そのような事は!!」

男「それだけ慌てたら、お母さんの勘が鋭い以前の問題だってば」

鼠娘「…ううー////」

男「あの…すいません…」



173 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:31:47 ID:8bZDZfQ.

鼠母「いいのよ。元々そうなってもいいなって思ってたから」

鼠母「男君なら大丈夫だとわかってたし」

鼠母「私の勘だけどね」

男「勘でも何でも、信用してもらえるのはありがたいです」ペコリ

鼠母「これからも娘をよろしくね」

男「はい!」



174 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:33:24 ID:8bZDZfQ.


――
―――


鼠兄「おお、うまく撮れてんじゃん」

鼠父「集合写真か。いいもんだな」

男「さっき、帰る前にと思ってみんなで撮ったヤツです。印刷しておきました」

鼠兄「家族でってのは中々撮らねぇもんな」

男「一人、余所者が入ってますけどね」

鼠父「ツレないこと言うなよ」

男「え?」

鼠父「大事な娘を、大事にしてくれる男だ」

鼠父「気は早いが、このまま関わり合っていけたら良いと思う」

男「!」

男「ありがとうございます!」



175 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:34:45 ID:8bZDZfQ.


鼠娘「男君、そろそろ行くよー!」


鼠父「じゃあな、男君」

男「はい。一晩でしたがお世話になりました」

鼠父「娘とこれからも仲良くしてやってくれ」

男「変わらず大切にします」

鼠兄「妹のこと頼むな」

男「お兄さんも神主の修業、頑張って下さい」

鼠兄「おうよ」



176 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:35:42 ID:8bZDZfQ.

鼠祖父「また、いつでもうちにおいで」

鼠祖母「貴方はいい子ですもの。私もまた会える日を楽しみにしています」

男「ありがとうございます」

鼠弟「また遊んでね」

鼠妹「…」

鼠弟「ほらお前も」

鼠妹「…おにいちゃんまたきてね。それでまたあそんでね」

男「うん。約束する」

鼠娘「今度、またゆっくり帰ってくるから」

鼠娘「もう少しゆっくりしたいけど、そろそろ2学期の準備もしないとね」



177 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:36:25 ID:8bZDZfQ.


鼠母「貴女は宿題でしょう?」

鼠娘「む、むぐっ…!」ギリ

鼠母「二人とも仲良くね」ウインク!





男&鼠娘「はいっ!」


鼠娘「じゃ行くね」

男「さようなら!」


鼠家一同「さようなら!」



 



178 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:36:51 ID:8bZDZfQ.


――

…ガタンゴトン…ガタンゴトン


男「また来たいな」

鼠娘「またおいでよ」

男「うん」

男「そのためにはこれからもずっと一緒にいないと、な?」

鼠娘「うん」

キュ





鼠娘「これから先も、一緒にいようね」



179 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:38:01 ID:8bZDZfQ.


―数年後・とある夏祭り―


ドンッドンッ、ドドンピョロ~ピョ~♪

ガヤガヤ



双子姉妹「「おじさん!チーズボール6皿くださーい!」」

屋台のおじさん「お嬢ちゃん達、そんなに食べれるかい?」

双子姉「ううん。みんなの分も一緒に買うの!」

双子妹「あ!こっちこっちー!」ピョンピョン



鼠娘「こらっ!先に行っちゃダメじゃない!」



180 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:39:00 ID:8bZDZfQ.


屋台のおじさん「そうだぞ。これだけ人が集まってるんだ。姉ちゃんから離れないようにしな」

双子妹「姉ちゃん?」

双子姉「一応私がお姉ちゃんだけど、私達双子よ?」

屋台のおじさん「見りゃわかるよ。今追いかけてきたのが、姉ちゃんだろ?」

鼠娘「ま!////」

双子姉「違うよー」

双子妹「お姉ちゃんじゃないよ?」

鼠娘「んふふー////」

双子姉妹「「ね?お母さんっ!」」



181 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:40:28 ID:8bZDZfQ.


屋台のおじさん「え、ええーーーっ!?」




鼠娘「小さいですが、この子達の母親でーす♪」


屋台のおじさん「これまた可愛らしいお母さんもいたもんだ」



男「おーいおいおい。先に行くなよ」

双子姉妹「「お父さん!」」

男「お前達は小さいから迷子になりやすいんだからな?」

双子姉「私達まだ子供だもん!」

双子妹「これから大きくなるもん!」

男「そうだな。母さんと違ってお前達は大きくなるかもな」



182 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:41:44 ID:8bZDZfQ.

鼠娘「んっふっふっー!」

男「なんじゃい?」

鼠娘「屋台のおじさんがね、私の事見て…」



鼠娘「この子達のお姉ちゃん、だって!」

鼠娘「きゃーーーー!!////」ジタバタ!


屋台のおじさん「やー、面目ない」


男「あーはいはい、そーですかー」

鼠娘「何よー!あなたは嬉しくないの!?」

鼠娘「若く見られたのよ!わ!か!く!」

男「昔は逆だったじゃないか」

男「子供扱いされる度にいじけててさ」

鼠娘「昔は昔、今は今!」



183 : ◆loxSgAubwY 2014/10/26(日) 00:42:41 ID:8bZDZfQ.

鼠娘「えへへー、子持ちでもお姉ちゃんか/////」

男「ロリ年増め…」

鼠娘「何とでも言うがいいわ!」キラーン!

男「ほら!アホな事言ってないで、花火の見物場所に行くぞ」


屋台のおじさん「はいよ。お待たせ。早く行かないといい場所無くなるぞ」


双子姉妹「「大丈夫!お父さんにおまかせあれ!」」

男「よし。行こうか」




鼠娘「変わらない、私達の思い出の場所へ!」




おわり



転載元
鼠娘「ちゅー、しよっか?////」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1413905891/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 03:08
      • 女体化萌えポイントが低い俺にはリボンつけただけのネズミ男しか想像出来なかった
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 03:10
      • 鼠先輩に草不可避
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 06:31
      • ※2
        お前のせいでそれしかイメージできなくなった
        許さない
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 06:37
      • 駄目だ・・・せっかくナズーリンで妄想してたのに鼠先輩に持ってかれた・・・
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 07:40
      • 5 そうか、ナズーリンだったのか!
        可愛いわそりゃ…

        こういうエロなしで幸せなのはなかなかいいね
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 07:52
      • リュウコやっちゅーに
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 09:43
      • なずぅ
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 11:03
      • 3通り思い浮かべた

        ナズーリン
        鼠先輩
        夢の国の使者
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 15:45
      • ちゅう
        寝ている人にハートを食べさせる妖怪
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 19:25
      • 5 ニヤニヤが止まらねぇーっちゅーの!w
        また書いてくれよな!おもろかったぞ!
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月26日 22:07
      • ※9それグルグルに出てくる妖怪だろ懐かしいなー。
        自分は何故か艦これの子日がイメージされた。
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月04日 00:24
      • と○ドラを思いだしました。
        イメージが合致しました(笑)

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ