TOP

貴音「給湯室は悪魔です」

2 :1 2014/10/19(日) 23:52:18.87 ID:Bhk2yLEM0


ガチャッ

春香「おはよーございまーす」

P「おうおはよう」

貴音「お早う御座います」

小鳥「春香ちゃんおはようー」

春香「あれ、律子さんは?」

小鳥「営業に行ったわよ」

P「俺もそろそろ行かないとなぁ」

春香「あっ、その前に……、どうぞ!」



3 :1 2014/10/19(日) 23:53:08.40 ID:Bhk2yLEM0


P「おっ、今日はクッキーか。 この前はなんかカステラみたいな奴だったよな」

春香「フィナンシェですよっ! フィナンシェっっ!」

貴音「あれも、大変美味でした。 くっきぃ、と申しますと良く口にしますが……」

春香「あ、はい。 今日は種類を増やしてみたんです。 いっつも一種類ばかりだから……」

小鳥「あらほんと、チョコチップとかレーズンとか……、一枚貰うわね?」

春香「はいっ、今日は多めに作ったんでどうぞどうぞ!」

小鳥「あっ、その前にお茶淹れてこないと」

春香「良いですよ私淹れてきます!!」



4 :1 2014/10/19(日) 23:54:12.26 ID:Bhk2yLEM0


小鳥「春香ちゃん来たばっかりじゃない、私にやらせて?」

春香「でも…………」

貴音「私が行きましょう」

春香・小鳥「「へ?」」

貴音「春香には、いつも美味しい洋菓子を作ってもらっています。 せめてもの恩返しに、私にさせてください」

春香「えぇ、そんな恩返しとか別に……」

貴音「いえ、そういう訳にはいきません。 では」

小鳥「あっ…………、行っちゃった」

春香「そんな、良いのになぁ」



5 :1 2014/10/19(日) 23:55:00.22 ID:Bhk2yLEM0


P「諦めろ、あいつは頑固な所もあるし、お言葉に甘えとけ」

春香「プロデューサーさんが偉そうな事言えた義理ですか」

P「さっ、貴音がお茶を持ってきてくれるまで待つか」

春香「プロデューサーさーん?」

P「さぁ仕事仕事」

春香「もー」

小鳥「うふふっ、平和ねー」



6 :1 2014/10/19(日) 23:56:07.06 ID:Bhk2yLEM0


・ ・ ・ ・ ・

貴音「さて………………」

貴音「何から始めれば良いものか」ズドーン

貴音「啖呵を切ったものの、茶葉の場所さえ知らない私がどう茶を淹れられましょうか」

貴音「…………」ズゥーン

貴音「……兎に角、茶葉の場所も湯の沸かし方も、解れば出来るのですから」

貴音「茶葉は基本、湿気の多いような場所に置くことは推奨されていない……」



7 :1 2014/10/19(日) 23:57:06.88 ID:Bhk2yLEM0


貴音「となると戸棚の中!!」ガラッ

貴音「…………ありませんね」

貴音「ここも」ガラッ

貴音「ここも」ガラッ

貴音「ありませんね……」

貴音「茶葉……、雪歩……。 雪歩……?」

貴音「!!! 雪歩は誰よりもお茶を愛し、茶葉の厳選にも拘っている……」

貴音「さりとて、配慮の行き届いた彼女の性格からして、解りにくい場所には置かぬハズ……」



8 :1 2014/10/19(日) 23:58:11.97 ID:Bhk2yLEM0


貴音「一体、一体どこに…………。 ど、こ…………」

貴音「………………」ヒョイ

貴音「机の上にあるではありませんか」

貴音「…………雪歩には今度謝っておきましょう。 深慮すぎたと」

貴音「さて、では次は湯を作りましょうか」

貴音「湯は意図的に湧き出る物では無く、作らねばなりません」

貴音「その為には熱を持った、火が必要なのです、が……」

貴音「………………うぇあでぃでゅーごぅ?」



9 :1 2014/10/19(日) 23:59:08.91 ID:Bhk2yLEM0


貴音「はて、それらしい物は見当たりませんね……」

貴音「以前、やよいの家にお邪魔した時には、「がすこんろ」なる、火のつく機械があったのですが」

貴音「……む、鉄の板の上に鍋。 鍋がここに置いてあるということは、この鉄の板が……?」

貴音「何やら斑点のようなものが複数……。 「加熱」……、成る程!」

貴音「どうやらこれが、がすこんろのようですね!! 早速押してみましょう」

ピッ フォォォォォォン

貴音「さてその前に、鍋に水を入れて……」

貴音「…………おや、火が出ていないようですが……」

貴音「取りあえず鍋を置いて様子を見ましょう」コトッ



10 :1 2014/10/20(月) 00:00:33.24 ID:6LzjYAxe0


貴音「……………………」

貴音「……………………?」

貴音「………………やはり火は出ていないようですね、故障でしょうか」

貴音「この鉄の板自体のからくりに何か不備が……?」

ピトッ

貴音「……………………ッッ!!!!」バッ

貴音「この痛み……。 昔、熱々の白米が入った釜を誤って触ってしまった時と同じ……!!」

貴音「痛い……………………」メソ

貴音「…………落ち着きましょう。 ……確かにこれは「熱」!! しかし、火らしき物は何も……」



11 :1 2014/10/20(月) 00:01:16.14 ID:6LzjYAxe0


ゴポゴポ

貴音「!!! …………湯が、沸いている……!?」

貴音「今受けた痛みは完全に熱によるもの……、そして鍋の中身の水が湯に変わっているのを見るに、
   この鉄の板自体が熱を発している事に他ならない……!!」

貴音「しかし何故、この薄い鉄の板が熱を有しているのか…………」

貴音「はっ…………!?」

貴音「もしや…………、妖術!?」

貴音「あわわわわわわわわ」

貴音「こ、これはまさに面妖……!!! 近代的な見た目を利用するとは……!!」

貴音「と、兎に角皆にこの危険を知らせなくては!!!」



12 :1 2014/10/20(月) 00:02:01.34 ID:6LzjYAxe0


・ ・ ・ ・ ・

小鳥「…………貴音ちゃん、遅いですね」

春香「どうかしたのかなぁ……」

P「まー、慣れない事だしなぁ」

小鳥「ですよね、急須からお茶を淹れるくらいならやってもらいますけど……」

春香「あれ、そうだったんですかっ?」

小鳥「えぇ、貴音ちゃんが給湯室に行くっていったら、もっぱら冷蔵庫から何か取り出すくらいだし……」

春香「はぁ~……、余計悪いことしちゃったなぁ……」

P「何言うか。 貴音から言い出したんだから、お前が悪気を感じる事は無いだろ」



13 :1 2014/10/20(月) 00:02:34.87 ID:6LzjYAxe0


春香「でも…………」

貴音「皆、早く逃げるのです!!!」

小鳥「貴音ちゃん!」

春香「に、逃げるって」

貴音「今の給湯室は危険です、早くここから離れなくては!!!」

小鳥「ちょ、ちょっと貴音ちゃん落ち着いて!!!」

貴音「これが落ち着いていられましょうか!! あれは妖術です、あそこには妖怪が潜んでいるやもしれません!!」

春香「よ、妖怪ぃ!?」



14 :1 2014/10/20(月) 00:03:19.59 ID:6LzjYAxe0


貴音「私も実際に妖術を受けました、これが証拠です!!」

小鳥「あら、赤くなってる……。 もしかして火傷?」

貴音「大変痛う御座います!!!」

小鳥「そんな涙目で言われても……」

春香「火傷って……、大丈夫なんですか!?」

貴音「大丈夫ではありません、幸い軽傷で済みましたが、もう一度襲われれば……!!
   そうなる前に早く、ここから脱出するのです!!!」

P「おい貴音」



15 :1 2014/10/20(月) 00:04:02.38 ID:6LzjYAxe0


貴音「プロデューサー!! 貴方も早く逃げなくては、皆の命が!!!」

P「………………」スタスタ

春香「……? プロデューサーさん?」

貴音「なりません!! 給湯室に今近付いては!!」

P「お前ー、給湯室で火傷するなんて原因一つしか無いんだよー!」

貴音「…………は?」

P「お前IHヒーター見たことなかったんだろー!! 切るからちょっと待ってろー」

貴音「あいえいち……?」



16 :1 2014/10/20(月) 00:04:45.76 ID:6LzjYAxe0




P「…………ったく、つけっぱで離れたら危ないだろ」

貴音「も、もしやあれを鎮めたので……?」

P「スイッチ一つでな」

小鳥「…………あぁ!! もしかして貴音ちゃん、IHヒーター知らなかったのね?」

貴音「あいえ……?」

P「みたいですね、まぁ貴音には縁が無いでしょうし」

春香「あぁ……、付いていけば良かったかなぁ」

貴音「あ、あの、あいえいちひぃたぁと言うのは……?」

P「あー、えっとな……」



17 :1 2014/10/20(月) 00:05:34.39 ID:6LzjYAxe0


・ ・ ・ ・ ・

貴音「」

P「つまり、火なんて出ないってわけだ」

小鳥「火が出ない、熱を保有してる、ってだけで終われば良かったんだけどね」

P「そこから妖術になるあたり、貴音の才能だよな」

春香「もう、プロデューサーさんあんまりいじめちゃダメですよぅ」

P「別に苛めちゃいないさ、ただ他にはない個性だよ。 な、貴音?」

貴音「」

P「…………貴音? おーい」

小鳥「大丈夫? 火傷、まだ痛む?」

春香「もうっ、プロデューサーさんがからかうからですよっ!」

P「俺じゃねーだろ!!!」

貴音「もう…………」

貴音「もう給湯室には近寄りません!!!!!」



おしまい



18 :1 2014/10/20(月) 00:08:02.59 ID:6LzjYAxe0

ここまで読んでくださってどうも有難う御座いました。

アニマスやゲーマスで、貴音がお湯沸かしてる場面って無かったよなぁと思いつつビクビクしながら書きました。



転載元
貴音「給湯室は悪魔です」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413730285/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 02:26
      • ああ良かった
        てっきり、給湯室はアイドル達によるグチや陰口の溜り場になってるという内容を想像してたわ
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 02:36
      • 壁と同化してる72はいなかった
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 02:45
      • 4
        短いが良かった
        フィナンシェ美味しいよね

        ※1ギャグで済むレベルなら面白いと思うけど難しいだろうな…
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 03:35
      • 妖怪の〜
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 04:17
      • 貴音は家事全般叩き込まれてるから流石にここまで酷くは無いだろうけど、電気コンロに対する反応はこんな感じだろうなぁw
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 04:24
      • カップ麺のためにお湯の沸かし方は知ってそうだけどな
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 04:47
      • 給湯室に行くと際限なくカップ麺食べてしまうからかと思ったらそのまま魔窟でわろた
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 05:23
      • 事務所のガスコンロ、いつの間にIHヒーターになったんだ?
        まあ、それくらい余裕で稼いでるか
        貴音も普段カップ麺のお湯を沸かす時はガスコンロ使ってるんだろうな
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 05:48
      • きっと事務所でカップ麺を食べる時は電気ポットor電気ケトルを使ってるのだと思う。
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 06:30
      • お姫ちんはかわいいなぁ~
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 07:20
      • フィナンシェ食べたい
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 07:28
      • お姫ちんはポットでしかお湯沸かしたことないだよね→
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 07:53

      • 麺用でね
        なんつって
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 07:55
      • 料理するんやで貴音は
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 08:11
      • ただの池沼じゃねーか
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 08:55
      • この貴音は別の時間軸の人間のようだな
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 09:29
      • ビクビクしながらって射精しながら書いたのか
        変態だな
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 09:41
      • 米17
        ビクビクを射精の擬音と思うお前が一番の変態だわwwwww
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 09:48
      • OFAでおでん作ってたよな
        まぁこの貴音はOFAの貴音とは別の貴音なんだろう
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 10:42
      • おしりちん一番家事できなさそうだもんな
        次に千早
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 11:26
      • さすがにガスコンロ知らないのは無茶だがIHは理解の外にあるだろうなぁw
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 12:47
      • このおしりちんは俺の知ってるおしりちんとは別人のようだ
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 13:04
      • ※17
        それは「ビクンビクンしながら」や!
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 13:14
      • たぁかぁねぇ~↓
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 16:23
      • 大丈夫、おひめちんにはあいえっちの素晴らしさを俺が体で教えてあげるから(ボロン
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 17:38
      • ついお茶を入れてくるはずの貴音がらあめんをつくってきたという内容を想像した
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 18:08
      • むしろ次回からドヤ顔でIHコンロを使う貴音がみえる
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 19:12
      • ※8
        原作の事務所でガスコンロ使ってる描写があるなら筋違いな話だけど、危ないって理由でガスコンロをITに切り替えてるってのは最近よく聞く話。学生用の安アパートでも同じ理由でガスコンロが無いところもあるらしいな
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 20:06
      • アニメの4話かなんかのゲロゲロで響と一緒に料理作ってなかったっけ?
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 22:45
      • ※27
        響あたりにPからされた説明そのまま語って得意気な顔してるおひめちんかわいい
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 23:21
      • ※15
        俺も書こうと思った

        ラーメンデブは池沼
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月21日 01:22
      • ※30
        何それかわいい
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月21日 02:11
      • アニマスだと料理番組出てるがミリマスだと「電子レンジ~」なんていってるあたりおひめちんの常識は謎

        まあアイマスなんて作品ごとどころかエンディングごとに異時空だと考えればいいんでない?
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月21日 07:22
      • ちなみに2だと、伊織に「ビーフチシューは食べておいた方が良い」と言われ、スーパーで買い物して事務所で“初めて”作って、P曰くかなりの上出来だったそうな。

        突っ込みどころ満載だなこれ
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月21日 08:12
      • なんでもいいけどゲーマスって表記は初めてみたわ。時代の移り変わりを感じる。
      • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月22日 12:26
      • 1 妖術はいくらなんでも…
        貴音は抜けていて世間知らずなだけで、ここまで発想がアホじゃ無いんじゃないの?
      • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月05日 20:32
      • ※36
        ちょっとしたギャグっぽい改変すら許さないくらいに原作順守がいいのならSS読まないほうが精神衛生上いいんじゃないの?

        ちょっとおバカな貴音可愛いよ貴音
      • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年07月27日 23:44
      • 貴音は可愛いさぁ!

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ