TOP

愛海「あたしは闘う、すべてのお○ぱいのために」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 20:52:17.79 ID:8GSvuMBio

悠貴「ひゃっ、やっやめてくださっ・・・はふん」

愛海「ふひひ、いいねいいね。この膨らみかけのおっぱい。まだ硬いけど、あたしがほぐして柔らかくしてあげるよ」

悠貴「あっ・・・棟方さ・・・ん・・・あっ」

愛海「ふふふっ、心配しなくていいんだよ。大丈夫大丈夫、お姉さんにすべてを任せて」

モバP「おいっ! 愛海!」

愛海「もうっ! 今いいとこなんだからっ! お仕事の話は後にしてよねプロデューサー」

モバP「いいから胸を揉むのを止めろ! いますぐ!」

愛海「そんな言葉であたしはとまらない! とめられないよ!」

モバP「いいからその手を離さんかい! この淫獣棟方!」

愛海「あっ、ちょっ・・・・・・ちぇ~、もうっ! 邪魔しないでよ!」



2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 20:53:07.14 ID:8GSvuMBio

モバP「おい乙倉、大丈夫か?」

悠貴「ひゃ、ひゃい・・・らいりょうぶれす・・・」

モバP「愛海お前、自分の後輩になんて事してるんだよっ!」

モバP「乙倉もようやくうちの事務所に慣れてきてくれていたのに、これでアイドルの活動に支障が出たらどうしてくれるんだっ!」

愛海「そうしたら師匠であるあたしが出るよ、代わりに!」

モバP「何の師匠だよっ! そもそも、お前には乙倉の代役は出来ねぇよ、方向性が違いすぎる」

愛海「あれ? 知らないのプロデューサー、あたしなんかファンの間で師匠って呼ばれているらしいんだよね。だからプロデューサーもあたしのこと師匠って呼んでもいいよ」

モバP「誰が呼ぶか!」

愛海「本当にいいの? なんならあたし直伝の指使いを伝授してあげても」

モバP「何が悲しくてJCに愛撫の仕方を教わらにゃならん」

愛海「いやー、プロデューサーそういうの下手そうだし」

モバP「下手じゃねえ!」

愛海「またまた~。ところで悠貴ちゃんそのままでいいの?」

モバP「はっそうだった。乙倉を仮眠室に運んでくるから、お前は逃げんじゃねえぞ、愛海!」

愛海「この宗方愛海は逃げも隠れもしないよ」

モバP「その言葉忘れんじゃねえぞコラ!」



3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 20:54:06.82 ID:8GSvuMBio

  ・
  ・
  ・

モバP「さて、それじゃあ弁明を聞こうか」

愛海「ふっ、プロデューサーの言いたいことは分かるよ」

モバP「ほう?」

愛海「でもね、あたしはあえて言いたい! おっぱいに貴賤はないのだと!」

モバP「何の話だっ! 何の!」

愛海「何のって、何で悠貴ちゃんの胸を揉んだかでしょ?」

モバP「そうだよ!? それが何でおっぱいに貴賤はないとかそういう話に飛んじゃってるの、ねえ!?」

愛海「あれ? 巨乳原理主義のプロデューサーは、あたしが悠貴ちゃんの胸に浮気した事が気に入らなかったんじゃないの?」

モバP「そういう問題じゃねぇ。俺は胸を揉むなって言ってるのっ! 大きいのも小さいのも関係なし! 分かる!?」

愛海「えっ!? 待ってよ! この前のは、巨乳はすべてプロデューサーの物だから、手を出すのを控えろって意味じゃなかったの!?」

モバP「そ・・・そんな訳あるかぁぁぁ!!」



5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 20:55:30.11 ID:8GSvuMBio

愛海「ああもうっ! 怒鳴らないでよ!」

愛海「・・・えっと、それってつまり・・・大きいおっぱいも小さいおっぱいも、一切合切、全部、あたしに揉むなって・・・そう言いたいの?」

モバP「・・・そうだ」

愛海「いや、それ無理だから」

モバP「はぁああぁぁぁ!? 無理? お前何言ってくれちゃってんの?」

愛海「プロデューサーは鳥に飛ぶなって言う? 魚に泳ぐなって言えるの? あたしがおっぱいを揉むのはそういう事なんだよ」

モバP「お前は鳥でも魚でもないだろうが!」

愛海「もう、うるさいなぁ。近所迷惑だよ。だいたいさ、あたしは女の子のおっぱいを揉んで良いっていうからアイドルになったんだよ? それを忘れてもらっちゃ困るなぁ」

モバP「おい勝手に捏造すんな。だれもそんな約束してねぇよ」



6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 20:56:26.33 ID:8GSvuMBio

愛海「じゃあ今約束して」

モバP「断る。断固として断る。逆に愛海、お前はもう乳揉み禁止な。事務所の内外関わらず禁止」

愛海「ちょっと、いったい何の権限があってそんな事いうの!」

モバP「俺はプロデューサー、お前はそのアイドル。OK?」

愛海「そんな不当な命令は無効だよ無効! だいたい、あたしがおっぱいを揉む自由は保障されているんだから」

モバP「そんな自由は、ない!」

愛海「ちっちっち、それがあるんだな~。これでもあたしは、十二乳将の一人だから」

モバP「・・・よし、病院行こうか愛海。いい医者を知ってるから」

愛海「あっ、信じてないでしょ」

モバP「はいはい、俺は愛海を信じてるぞー。だからな、ちょっと診てもらうだけだから、な。怖くないぞ」



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 20:57:29.84 ID:8GSvuMBio

愛海「もう、人の話はちゃんと聞いてよ。ほら、これ。十二乳将の証」

モバP「はいはい分かった分かった。て、随分シャレたメダルだな。えっ、何この手触り・・・・・・まさか本物の金じゃないよな?」

愛海「本物だよ。純金。一流の乳戦士の証だから、やっぱり柔らかい金にしたんだって。本物のおっぱいの柔らかさには劣るけどね」

モバP「・・・・・・い、いやちょっと待て、純金って。どうしてお前がそんな物持ってるんだ?」

愛海「さっき言ったでしょ、十二乳将の証だって」

モバP「い、いやだからな、何だよ、その十二乳将って」

愛海「乳戦士達の頂点を決めるおっぱいち武道会で選ばれた12人のことだよ。あたしはこの前の武道会で、準々決勝までいったんだよ」

モバP「ああ、なるほど。そういう事か」

愛海「あ、ようやく分かってくれた?」

モバP「つまり、そういうイタズラなんだな。ちひろさんがカメラとか仕掛けてるのか? 乳戦士とかおっぱいち武道会とかおかしいだろどう考えても」

愛海「いや、あるよ。おっぱいち武道会」



8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 20:58:25.72 ID:8GSvuMBio

モバP「ねーよ、さすがに。だいたいそんな物があったら、真っ先に俺がエントリーしてる」

愛海「うーん・・・プロデューサーがか~。正直、厳しいと思うよ?」

モバP「厳しいって、だいたいどうやって勝敗決めるんだよその大会。乳揉みに技術点とかあるのかよ」

愛海「そういう戦いじゃなくて、はっきり言えば拳と拳の肉弾戦なんだけど。・・・どう説明したらいいかな?」

モバP「肉弾戦って、それじゃますます愛海に勝ち目なんかないだろ、お前ちっちゃいんだから」

愛海「あのね、大きさじゃないんだよ。それにあたしは技巧派だから」

モバP「ちょっ、お前それ女の台詞じゃねぇ。分かった分かった、そこまで言うなら愛海の実力を見せてもらおうじゃないか、ほら」

愛海「むっ、プロデューサーってばあたしのことバカにしてるでしょ」

モバP「十二乳将(笑)」



9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 20:59:09.53 ID:8GSvuMBio

愛海「はぁ、あたしだって怒るときは怒るんだよ、プロデューサー。おっぱいを侮辱されて黙っているほどあたしは・・・避けてプロデューサー!!」

モバP「は? えっ・・・」

??「ちっ、外したか。ついでにおっぱい道を解せぬ愚昧な輩をしとめようと思ったが・・・まあいい」

愛海「誰!?」

??「くくく、ぬるま湯に浸かって勘が鈍ったんじゃないのか棟方愛海。儂が誰だか気づかないとはなぁ」

愛海「お、お前は・・・おっぱい仙人!」

モバP「お、おっぱい仙人!?」



10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 20:59:51.40 ID:8GSvuMBio

仙人「ふふ、いかにも。十二乳将の一人、おっぱい仙人とは儂のことよ」

愛海「くっ・・・乳戦士でもないプロデューサーを狙うなんて・・・十二乳将の誇りはないの!?」

仙人「ふん、誇りで乳が揉めるものか!」

モバP「ちょ、ちょ、ちょっと待て。ここは事務所で・・・俺は愛海と話していて・・・」

仙人「黙れ下郎がっ! 儂は棟方愛海と話しておる!」

モバP「ひぃっ」

愛海「あたしはお前と話すことなんかない!」

仙人「くっくっく、これを見ても同じ事が言えるかな?」



11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 21:00:17.10 ID:8GSvuMBio

モバP「ひっ、てっ手首!? 人の!?」

愛海「・・・そんなっ、なんてことを!」

仙人「愚かにも儂に逆らおうとしたものだから、二度と乳を揉めぬ体にしてやったまでだ。それらが誰の物か、分かるか愛海」

愛海「えっ嘘、そんな・・・でも間違いない。あのおっぱいのタトゥーは・・・ユースキー兄弟・・・し、信じられない・・・」

仙人「前回の武道会での屈辱が儂を変えたのだ。もはや十二乳将とて相手にならん」

愛海「嘘だ! 兄のヒンニ・ユースキーも弟のキヨニ・ユースキーも立派な乳戦士だった。いったいどんな卑怯な手を使ったの!?」

仙人「嘘ではない。惰弱なユースキー兄弟は二人掛かりで挑んで来たが儂に破れた。それが事実だ」

愛海「そんな・・・ありえない・・・」

仙人「現実を認められぬとは、愚かだな棟方愛海。だが儂は許そう。無知と愚かさは罪ではない」

愛海「くっ、ユースキー兄弟を殺して、いったい何を企んでいるの! おっぱい仙人!?」

仙人「ふっ、殺してはおらぬ。先ほど申した通り、二度と乳の触れぬ体にしてやったまでよ。その両手首を切り落としてな」

愛海「この、外道めっ……!」



12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 21:01:19.81 ID:8GSvuMBio

仙人「もう一つ良いことを教えてやろう、棟方愛海」

愛海「何をっ・・・」

仙人「おっぱい聖人が聖列に加わったぞ」

愛海「なっ!?」

仙人「これで再びおっぱいち武道会が開かれる。そこで儂は第139代おっぱい聖人として君臨する!」

愛海「そんなことっ・・・許されると思ってるの!?」

仙人「儂は儂の望むままに生きる。誰の許しも必要としない。すべては、ただ一つの究極の乳のためだ」

愛海「あ、あなたはまだそんな事をッ!」

仙人「『そんな事』だと? 貴様にはまだ分からんのかっ! 男子に生まれたからには、誰しもが一度は望むのが究極の乳だっ! そこの男とてかつて夢見たことがあるはずだ!」

愛海「プ、プロデューサー?」

モバP「究極の乳・・・そんな物が・・・・・・」



13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 21:01:48.47 ID:8GSvuMBio

仙人「そうだ、究極の乳だ。形、大きさ、肌のハリ、きめ細かさ、弾力・・・すべてを兼ね備えた究極の乳だッ!」

愛海「プロデューサー騙されないで!」

仙人「騙してなどおらん! 究極の乳、儂はおっぱい聖人になることで必ず手にしてみせるッ! どうだ、儂に協力するというのなら一度くらいは究極の乳に触れる名誉をあたえてやってもよいのだぞ?」

愛海「違う! 究極の乳なんて存在しない! あっちゃいけないんだっ!」

モバP「し、しかし・・・」

仙人「ええい、愛海よ! まだ分からんか! 無ければ作ればいいだけの事だと何故分からん! 儂ならばそれが可能なのだっ!」

モバP「きゅ、究極のおっぱいに・・・」

愛海「違う! 違うよプロデューサー! あたしたちにとってのおっぱいは、プロデューサーにとってのアイドルと同じなんだよっ! 分かるでしょ!? プロデューサーッ!!」

モバP「おっぱいと・・・アイドルが・・・・・・?」

仙人「何を分からんことを・・・」



14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 21:02:22.95 ID:8GSvuMBio

モバP「・・・そうか、そうだな愛海。おっぱい仙人! やっぱりあなたは間違っているッ!!」

仙人「なんだとっ!?」

モバP「アイドルに究極のアイドルなんていない! うちにはたくさんのアイドル達がいるが、みんなそれぞれに違った魅力を持っている。それは決して比べられるものなんかじゃないッ!」

モバP「おっぱいも同じだ! 究極だとか一番だとか、そんなものはないんだっ! すべての乳にはそれだけが持つ魅力がある!」

愛海「その通りだよプロデューサー! おっぱいに貴賤はない! あっちゃいけないんだっ!」

仙人「ぐっ、貴様も同じ事を言うのかコゾオオオォォォ!!!」

愛海「無駄だよ、おっぱい仙人! その歪んだ野望は・・・あたしが止める!」

仙人「止める? はははっ、止める? この儂を? お前が? 自惚れるでないッ!!」

愛海「くっ・・・」



15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 21:02:57.39 ID:8GSvuMBio

仙人「こうなっては仕方あるまい。こうなる事は避けたかったが、お前にもユースキー兄弟と同じ運命を辿ってもらうしかあるまい」

愛海「あれは、双乳虎爪蓮華の構え・・・じゃないッ!」

仙人「これは双乳虎爪蓮華に儂が独自の改良を加えたもの、言うならば双乳龍爪蓮華の構えよッ!」

愛海「新しい技だからって・・・・・・!」

仙人「ほう? 上縛底房単掌の構えか。もしや、そこから燕舞海包双拳を狙っておるのかのう?」

愛海「ッ・・・・・・」

モバP(な、何を言っているのかさっぱり分からん。ただ、俺でもこれだけは分かる・・・・・・)

モバP(この勝負、 先 に 動 い た 方 が 負 け る !)



16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 21:03:26.06 ID:8GSvuMBio

愛海「・・・・・・」

仙人「・・・・・・」

愛海「くっ・・・」

??「そこまでだ!」



17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 21:04:08.60 ID:8GSvuMBio

仙人「っ・・・何奴!?」

愛海「はぁ・・・はぁ・・・その声は」

仙人「三乳法師!」

法師「おっぱい仙人よ、拙者が来たからにはもうそなたの好きにはさせぬ!」

モバP「だ、誰だお前は!?」

愛海「三乳法師・・・おっぱい道から外れ、畜生道へ落ちた破戒僧にして乳戦士の異端者だよ。一応は十二乳将に名を連ねているけど、本当はそんな中にいれちゃいけない奴だよ」

法師「理解されないとは悲しいな。拙者はすべての乳房を平等に愛しているだけだ。拙者に言わせれば対象を人だけに絞っている貴殿らこそが浅薄なのだ!」

愛海「プロデューサーは下がって! あいつは真正の変態だけど、野生の雌ライオンと素手で戦って、そのおっぱいを揉んで吸った実力者だよ」

法師「ふっ・・・そんな事もあったな。あの母乳は素晴らしく美味であった」



18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 21:04:48.15 ID:8GSvuMBio

仙人「乳であればどんな動物だろうと貪り尽くす獣姦趣味の変態性癖め! 何故貴様がここにいるのだ!?」

法師「究極の乳という目的の為ならば肉体改造をも厭わない、人の道を外れた異常者のそなたに言われたくはない!」

愛海「待って! どういうこと、肉体改造って・・・」

法師「前回のおっぱいち武道会からまだ一年あまり、どうしておっぱい仙人がここまで力を増したのか、おかしいとは思わないか」

愛海「そ、それは・・・」

仙人「言うなっ!」



19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 21:05:20.94 ID:8GSvuMBio

法師「この外道は己の肉体を最新のバイオテクノロジーを用いて改造し、さらにはその技術を用いて人工的に究極の乳を完成させようとしておるのだっ!」

仙人「貴様っ・・・!」

法師「すでに何人もの罪なき婦女子が改造実験の犠牲になっておる。まさしく修羅道に墜ちた悪魔の所行! 断じて認めるわけにはいかぬ!」

愛海「そ、そんな事を・・・」

仙人「くっ・・・だが、それもすべては究極の乳のためだっ! そのための犠牲なのだっ!」

法師「そのような身勝手な理屈が許されると思っているのか! おっぱい仙人・・・・・・いや、棟方乳之助!!」

モバP「棟方、ってまさか・・・」

仙人「くっ、ぐぐぐ・・・。愛海、この勝負預けたぞ! 三ヶ月後のおっぱいち武道会、そこですべて決着をつけるッ!」

愛海「何を勝手なっ! くっ・・・逃げられた」



20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 21:05:47.72 ID:8GSvuMBio

法師「愛海殿、拙者は仙人を追う。おっぱいち武道会でまた逢いましょう」

愛海「待って!」

法師「・・・何か?」

愛海「さっきの話・・・・・・本当なの?」

法師「・・・事実である」

愛海「っ・・・・・・」

法師「しからば御免!」

愛海「・・・・・・」



21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 21:06:15.61 ID:8GSvuMBio

モバP「な、なぁ愛海・・・」

愛海「プロデューサー」

モバP「な、なんだ?」

愛海「ありがと、あたしをアイドルにしてくれて」

モバP「お、おい、待て愛海。どこにいくんだっ、待て! 待ってくれ!」

モバP「愛海・・・あつみぃぃぃぃ!!」



22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 21:06:44.08 ID:8GSvuMBio

<少女は旅立った>

愛海「っ・・・・・・プロ・・・デューサー・・・・・・ごめんね・・・・・・」



<闘うために>

愛海「あたしは負けないっ・・・負けられない!」



23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 21:07:11.16 ID:8GSvuMBio

<そして三ヶ月後>

仙人「ふん、ようやく来おったか。覚悟は出来たか?」



<戦いの火蓋が>

愛海「そっちこそ!」



<切って落とされた>



24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 21:07:40.92 ID:8GSvuMBio

<熾烈を極める戦い>

愛海「くっ・・・この程度の傷・・・」



<迎え撃つはかつての強敵たち>

ヒンニ「おっぱい仙人ッ! 貴様は地獄に墜ちろッ!」



<そして参戦する新たな猛者たち>

??「胸囲掌握鷹爪拳!」



25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 21:08:14.10 ID:8GSvuMBio

<少女は何を喪い、何をその手に掴むのか>

モバP「愛海・・・」

愛海「プロデューサー・・・」



『乳戦士アツミ ~激闘! おっぱいち武道会~』

○△系シアターにて絶賛上映中



愛海「あたしは闘う、すべてのおっぱいのために」



26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/19(日) 21:08:58.94 ID:8GSvuMBio

T H E E N D



転載元
愛海「あたしは闘う、すべてのおっぱいのために」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413719527/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 21:49
      • ちょっと意味わかんないかなーって(もやし
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 21:53
      • まるで意味が分からんぞ!
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 21:55
      • 投げるなよ!
        ちゃんと最後までやれよ!お前なら出来るよ!

        そんで、『うわっ、スマホで4ページもあるよ』って言われる位の大作にして酷い落ちで終わらせてくれよ!
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 21:58
      • 森久保ォ!揉ませろォォ!!
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 22:00
      • なんだ予告編か
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 22:02
      • わからないわ(白目)
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 22:04
      • ユースキー兄弟はスラヴ系だったんだな(錯乱)
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 22:05
      • 聖列ってBLEACHの千年血戦篇でありそう
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 22:06
      • ここで止まるなよォォォォォォ
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 22:16
      • これが宇宙世紀の乳タイプ…
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 22:18
      • よく解からんが危ないから松永涼くんの乳は俺が保護しておこう
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 22:19
      • なるほど、いい予告編だ

        で、本編はいつなんです?
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 22:23
      • 俺の予想だと準決勝でおっぱい仙人が謎の飛び入り戦士にやられるな
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 22:41
      • おっぱい星人の誇りも失くしてしまったのですかッ!!!
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 23:17
      • 3 仙人=東方不敗。法師=シロッコで合ってる?
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 23:31
      • なんだこれ
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 23:41
      • と、とりあえず清良さんを呼ばなくちゃ(錯乱)
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 00:08
      • どう収集つけるのか気になってきた矢先の打ち切りエンドで草はえる
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 00:25
      • 三乳法師…トータル・リコールかな?(白目
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 00:25
      • ???「なぜ初代乳聖である私がいなかったのか分かりますか?あなた方はいい道化でしたよ」
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 00:26
      • 投げんなwwwwww
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 01:36
      • 帰りたまえ。彼が、残された右腕で触れる乳房が、こんな陳腐でありふれた、そこいら辺の、誰にでも手に入る乳房でいいはずがない
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 03:16
      • 投げやがったwwwwwww
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 07:23
      • これが次のライブツアーの演目か…
        乳揉キラー・清良の出番はまだですか
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 09:45
      • 5 打ち切りかよぉ!
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 10:12
      • すべての男は乳の前に(前のめりに)ひざまずくんだったけか…
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月20日 13:51
      • 1 糞ですなぁ…
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月21日 00:53
      • キス我慢選手権に通じる何かを感じるw
        ので、続きはよ

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務