TOP

ゲッコウガ「ミュウツー?誰だそりゃ」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/18(土) 15:40:29.37 ID:mxFv1v1l0

リザードン「お、おい・・・失礼なこと言うな」

ゲッコウガ「知るかよ。ポケモンバトルじゃ見たこともねえし、スマブラにだって出てないじゃねえか」

リザードン「やめろって・・・」

ゲッコウガ「ま、スマブラはともかくポケモンバトルで見たことすらねえってのは、やっぱ大したポケモンじゃないからだろ?」

リザードン「いや、それは・・・」

ゲッコウガ「俺が認めてるのはアンタぐらいだよ。同じくスマブラに出てるピカチュウの野郎だって、ポケモンバトルじゃ全然見ねえ。今やポケモンの代表格といやあ、俺とアンタだけさ」

ミュウツー「待て小僧」

リザードン「ミュウツーさん!」

ミュウツー「私はともかく、ピカチュウ君への暴言は許せんな」

ゲッコウガ「知るかよオッサン」

リザードン「オイ馬鹿!やめろゲッコウガ!」

ゲッコウガ「アンタは黙っててくれよリザードンさん。俺はアンタに呼ばれたから、わざわざ飲み屋なんかに来てやったんだぜ?それをこんなオッサンと一緒だなんて、たまったもんじゃねえ」

ミュウツー「小僧、ピカチュウ君への暴言を撤回しろ」

ゲッコウガ「うるせーよ。つうか、俺は♀だぜ。小僧はやめてくれよ」

ミュウツー「そうか。では小娘、今すぐにピカチュウ君への暴言を撤回しろ」

ゲッコウガ「だからうるせーっつってんだろ!あんな貧弱電気鼠を馬鹿にして、何が悪ぃんだよ」

ミュウツー「撤回する気はないのか?」

ゲッコウガ「何なら力付くでやってみろよ。ポケモン同士、ポケモンバトルといこうじゃねえか」

ミュウツー「良いだろう。では表に出たまえ」

リザードン「待って下さいミュウツーさん」

ミュウツー「安心したまえ。殺したりはしないよ、ひんしにするだけさ」



2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/18(土) 15:42:21.13 ID:mxFv1v1l0

:::【飲み屋の外】:::

ポケモンバトル  ミュウツー VS ゲッコウガ !!

ゲッコウガ「(シングル63に全く出てこないような奴が、俺より速いとは思えねえ。仮にもし俺より速かったとして、それでAもCも高いなら誰にも使われない訳がねえ)」

ミュウツー「私はエスパータイプだ。君は何かね?」

ゲッコウガ「・・・答える義理はねえが、オッサンが可哀相だから答えといてやるよ。みず/あくタイプだ」

ゲッコウガ「(バーカ。俺は特性:へんげんじざいで自分のタイプを変えられるんだよ。オッサンは馬鹿正直にてめえのタイプをさらしただけだぜ)」

ゲッコウガ「一応聞いとくが、俺のレベルは100だけど、そのままで良いのか?何ならオッサンに合わせて下げてやっても良いぜ?」

ミュウツー「私も100だ。このままで構わんよ」

ゲッコウガ「(エスパータイプか・・・あくタイプがある俺にエスパー技を使ってくるわけがねえが、防御のことを考えてタイプを変える必要もなさそうだな。あくのはどう一発で終わりだ)」

ミュウツー「さて、普段は持っておくのだが、君相手には必要なかろう。私はいのちのたまを外すよ」

ゲッコウガ「・・・へえ、勝手にしろよ」

ゲッコウガ「(本物の馬鹿だ。大昔のスマブラに出てただか何だか知らねえが、邪魔者はさっさとひんしにして、リザードンとイチャイチャさせてもらうぜ!)」

ミュウツー「では始めようか」



3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/18(土) 15:43:12.98 ID:mxFv1v1l0

開始!!

ミュウツー の はどうだん!

ゲッコウガ「(何!?どうぐを外すところは今見たから、スカーフでもなんでもねえし、せんせいのツメでもねえ。素のSでおくびょう最速の俺を上回ってやがる!?)」

リザードン「ゲッコウガ・・・ミュウツーさんは・・・」

ゲッコウガ「(だが、そんなに速い奴が大したCを持ってるわけがねえ。きあいだまならヤバかったかもしれねえが、タイプ不一致のはどうだんぐらい耐えてやる!)」

こうか は ばつぐんだ!

攻: ミュウツー Lv.100
防: ゲッコウガ Lv.100
ダメージ: 262~310
割合: 90.9%~107.6%
回数: 乱数1発 (50%)

ゲッコウガ「(な、なんだこの威力は・・・だが、ダメージは280。かろうじて耐えた)」

ミュウツー「耐えられるのか。素晴らしい」

ゲッコウガ「馬鹿にしやがって・・・!」

ゲッコウガ の あくのはどう!

こうか は ばつぐんだ!

攻: ゲッコウガ Lv.100
防: ミュウツー Lv.100
ダメージ: 315~374
割合: 88.9%~105.6%
回数: 乱数1発 (37.5%)

ミュウツー「・・・さすがにタイプ一致技は効くな」

ゲッコウガ「へっ、お互い低乱数ってわけかよ・・・!」

ゲッコウガ「(ミリ残ったみてえだが、こうなりゃ先制技のかげうちを持ってる俺が有利の・・・はず・・・)」

ゲッコウガ「あ、あれ・・・?」

ゲッコウガ は ひんしになった



4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/18(土) 15:44:42.27 ID:mxFv1v1l0

ミュウツー「・・・君はどうぐを持ったままだったな」

リザードン「いのちのたまの反動か」

ゲッコウガ「くっ・・・おいオッサン。アンタ、エスパー技は持ってんのか?」

ミュウツー「一応、サイコブレイクを持っているぞ」

ゲッコウガ「(じゃあ、最初にかげうち使ってゴーストタイプに化けてはどうだんをむこうにしたとしても、次のターンにサイコブレイクが飛んできて負けてた。最初から詰んでたってことかよ)」

ミュウツー「そのままでは謝罪も出来まい。げんきのかけらをやろう」

ゲッコウガ「・・・・・・くっそ・・・わかった、俺が悪かったよ。ピカチュウに失礼なこと言ったのは謝る」

ミュウツー「はは。解ってくれれば構わんよ」

リザードン「オイ、大丈夫か?」

ゲッコウガ「なっ・・・情けねえとこ勝手に見てんじゃねーよ馬鹿・・・!」

リザードン「あぁ?」

ゲッコウガ「つうかオッサンもケチくせえぞ。どうせならげんきのかたまりくれよ」

ミュウツー「何、多少のダメージが残るぐらいは良かろう」

ゲッコウガ「んだと!?」

ミュウツー「私もダメージを受けているし、すぐそこに飲み屋がある。サイコソーダでも飲みながら、ゆっくり話をしようではないか」

ゲッコウガ「・・・・・・俺はミックスオレの方が好きだ」

ミュウツー「そうか。では私もミックスオレを飲むとしよう」



6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/18(土) 15:45:35.90 ID:mxFv1v1l0

:::【飲み屋】:::

リザードン「ミュウツーさんにポケモンバトル売るなんて無謀だ。ミュウツーさんは禁止伝説だぞ」

ゲッコウガ「んなっ・・・HCDS隙がねえ訳だよ」

リザードン「一応言っとくが、AもBも高いからな」

ゲッコウガ「・・・・・・そんなん知ってんだったら先に言えっつの。ひんし損じゃねーか」

リザードン「お前が俺の話を聞かないでさっさと飛び出しちまうからだろうが。性格がおくびょうの癖に血の気が多いとこ、なんとかしろ」

ゲッコウガ「う、うっせ!」

ミュウツー「はは」

ゲッコウガ「笑ってんじゃねーよ!」

ミュウツー「・・・ここのミックスオレはうまいな」

リザードン「おっ、そうでしょ?先週フシギバナの奴に教えて貰ったんですよ、この店」

ミュウツー「彼の紹介だったか。では後日、私からも礼を言っておくとしよう」

リザードン「そうしてやって下さい。あいつも喜びます」

ゲッコウガ「・・・」



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/18(土) 15:48:29.78 ID:mxFv1v1l0

リザードン「・・・ところでミュウツーさん、さっきのポケモンバトル・・・何でいのちのたまを外したんです?下手すりゃ貴方が先にひんしになってましたよ?」

ミュウツー「・・・そうだな。別に私は負けても構わなかったのだよ。というより、負けたほうが良いぐらいに思っていた」

ゲッコウガ「な、何だって?」

ミュウツー「ポケモンバトルで私が負けても、どの道ゲッコウガ君もひんしになる。お互いひんしになれば、ピカチュウ君への暴言を撤回させるには充分だと思ってね」

ゲッコウガ「・・・」

ミュウツー「ゲッコウガ君も、ほとんど相打ちのような状況で、なお自分の非を認めない程いじっぱりなポケモンではあるまい」

リザードン「なるほどねぇ。貴方らしいや」

ゲッコウガ「負けたほうが良いって何だよ。真剣にやってた俺が馬鹿みたいじゃねえか」

ミュウツー「私の力で君をねじ伏せてしまうだけでは、君も納得がいかないかもしれない。互いに傷つけあって始めて、互いに認め合えるのさ」

ゲッコウガ「・・・・・・け、けどよ、なんでそんな強ぇのに、ピカチュウなんかのことかばうんだよ」

ミュウツー「彼は凄いポケモンだよ」

ゲッコウガ「確かに有名なポケモンだけど、バトルじゃ全然強くないじゃねえか」

ミュウツー「そうだな。バトルで強いポケモンではないな。だが、君に解るかね。ポケモンの顔として矢面に立ち続けることの難しさ、その素晴らしさが」

ゲッコウガ「・・・」

ミュウツー「アニメに始まり、ピカチュウバージョンやスマッシュブラザーズへの出演。それに留まらず、数々のグッズ、ゲーム、CM等への出演。アニメ化以来、未だに彼はポケモン一忙しいポケモンであり続けている」

リザードン「確かになぁ。ピカチュウの負担を減らしてやろうと色んなポケモンが旗を上げたが、結局世間はまずピカチュウだ。他のポケモンなんざオマケみたいにしか思ってない奴も多い」

ゲッコウガ「け、けど、あいつだって卑怯なことしてばっかだろ。ポリゴンに罪なすりつけたりよ」

ミュウツー「あの事件について、彼は非はないさ。悪いのは汚い人間の大人達だ」

ゲッコウガ「そんなこと言ったってよ・・・」



8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/18(土) 15:49:55.53 ID:mxFv1v1l0

ミュウツー「ピカチュウ君がいなければ、今のポケモンはなかった。それは確かな事実なのだよ。だがね、同時に私は、それでも良いのだろうかと疑問を抱いている」

ゲッコウガ「え?」

ミュウツー「ポケモンの歴史も十五年を迎えるに至った。にも関わらず、今だそのメディア展開は、初代のポケモンであるピカチュウ君に依存しきっている」

リザードン「・・・」

ミュウツー「当時の子供達は今の大人達となり、新たな子供達が楽しむものとなったにも関わらずだ」

リザードン「そうですねえ・・・」

ミュウツー「リザードン君だってそうさ。初代のポケモンであるにも関わらず、未だ矢面に立たされている」

ゲッコウガ「リザードンは別に良いだろ。メガ進化で強くなったし、まだまだやれるって!」

ミュウツー「まだまだやれる。それでは駄目だよ。新しい世代の子供達が楽しむものになったのなら、新しい世代のポケモン達が好かれるようにならなければ駄目さ」

ゲッコウガ「・・・そんなこと言ってもさ・・・」

ミュウツー「君の言いたいことはわかる。例えば、私のメガ進化があまりにもかっこ悪い見た目であることに代表されるように、汚い人間達も新しい世代のポケモン達に世間の目を移そうと必死になっている」

リザードン「かっこ悪くなんか無いですよ!」

ミュウツー「はは。無理はしなくても良いさ。私が一番良くわかっているから」

リザードン「いや・・その・・・」

ミュウツー「まあ、それはともかく、汚い人間達は必死になっているが、それでもピカチュウ君を超えるポケモンは出てこない。御三家、伝説、それぞれの世代のポケモン達が必死になって旗を上げようとしてきたが、やはりポケモンといえばピカチュウ君なのだよ」

リザードン「・・・・・・」

ミュウツー「子供達の世代が変わっても、愛されるポケモンは昔から今まで愛され続けている。世代交代というのは、人間達には簡単でも、我々ポケモンには、とても難しいものだ。君もそう言いたいのだろう?」

ゲッコウガ「・・・ああ・・・」

ミュウツー「だが、それでもやはり、ポケモンも世代を変えていくべきだ。私やリザードン君のような老人を、いつまでも引っ張り出しているようじゃ駄目さ」



9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/18(土) 15:51:06.71 ID:mxFv1v1l0

ミュウツー「今の世代の子供達の中には、ミュウツー?何それ?という子供達もいるだろう」

リザードン「そ、そんな訳ないじゃないですか!」

ミュウツー「いや、きっとそうさ。だが、私はそれで良い」

リザードン「ミュウツーさん・・・」

ミュウツー「今の子供達に知られていなくても、私の世代の子供達・・・つまり今の大人達の中には、変わらず私を愛し続けてくれる者もいるはずだからね」

リザードン「ええ、それは・・・俺もそう思います」

ミュウツー「私はそれで良い。子供達の世代が変わっても、ポケモン達の世代が変わっても、人々がポケモンという存在を愛し続けてくれれば、それが良い」

リザードン「ええ、そうですね」

ミュウツー「というより、きっとそうあるべきなのさ。いつまでも古いポケモン達を引っ張り出しているようでは、更なる長き繁栄は望めない」

ゲッコウガ「・・・」

ミュウツー「私もリザードン君も、というより、我々古い時代のポケモン達は、皆ゲッコウガ君に期待しているよ。もちろん、ピカチュウ君も含めてね」

ゲッコウガ「お、俺に!?な、なんでそんな・・・」

ミュウツー「ポケモンの外に出られる程人気があり、ポケモンの中でも強いポケモン・・・ピカチュウ君を超えるポケモンがあらわれるとしたら、きっとそのようなポケモンだからさ。君のようにね」

ゲッコウガ「・・・・・・」



11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/18(土) 15:52:56.90 ID:mxFv1v1l0

そのよる は ながいあいだ さんにん で かたりあった
オッサンたち の はなし は むずかしくて
おれにはよくわからないことば も たくさんあった けれど
また オッサンたち と ミックスオレ を のむのも
たまになら わるくは ないかな
そう おもった
ゲッコウガ(♀)


ミュウツー「今日は楽しかったよ」

リザードン「ここの会計は俺が持ちますわ。誘ったのは俺ですからね」

ミュウツー「そうかい?なら、次の機会には私の奢りでサイコソーダを飲もう」

ゲッコウガ「あの・・・じ、実は俺、炭酸苦手なんだ」

ミュウツー「はは。なんだ、そうだったか」

ゲッコウガ「笑うんじゃねーオッサン!」

リザードン「おい、いい加減ミュウツーさんに対してオッサン呼ばわりはやめろ」

ゲッコウガ「うっせ!オッサンはオッサンだ!」


おわり



17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/18(土) 16:40:54.83 ID:mxFv1v1l0

ポリゴン「お前等ぶっちゃけ俺のことどう思ってる?」


ガブリアス「雑魚」

ピカチュウ「強いて言うならポリゴンショック?」

バンギラス「いや、つーか誰?」

ガブリアス「俺等が知らないってことは雑魚だろ」

バンギラス「なるほど、それもそうだな」

ポリゴン「よーしお前等ちょっと正座しろ。特にそこのピカカス!!」

バンギラス「そう言われても、俺の脚短すぎて正座とか出来ねえよ」

ガブリアス「雑魚の命令なんか誰が聞くか。どうしてもっつうんならジムバッチ全部取って来いよ」

ピカチュウ「ピッカーwwwピカチューwwww」

ポリゴン「まあ、お前等二匹はまだ良いや。確かにお前等600族と比べられちゃ俺もただの雑魚だからな。しかしそこのお前!ピカチュウ!お前は許さん!」

ピカチュウ「何だよもう。忙しいとこせっかく呼び出されてやったんだから、楽しく飲もうよ」

ポリゴン「誰のせいで楽しく出来ねーと思ってんだ!!」

ガブリアス「つーかこいつ何?ピカチュウにタメ口とかナメてんのか?」

バンギラス「ストーカーか何かか?何ならシメてやろうか?」

ピカチュウ「あー違う違う。ちゃんと友達だから、余計なことしないで」

ポリゴン「誰が友達だ!!お前は初代ん時からそうだったよなあ。強い奴等に取り入ってよお。事件の時だって、【僕もポリゴンに押し付けたような立場にされて悲しい】みたいな感じで御三家や三鳥、あげくのはてにはミュウツーさんに取り入ってたもんなあ」

ピカチュウ「もーなんだよお。古い話を持ち出さないでよ」

ポリゴン「ふざけんな!俺の中では終わってねえ!!」

ピカチュウ「ていうか僕だって悲しいのは本当だったよ。たった150匹しかいない初代仲間の内の一匹だし、ポリゴンだけが悪者みたいな扱いは、正直良くないと思った」

ポリゴン「150匹しかってお前、150匹もいるじゃねえか!!」

ピカチュウ「それに、未だに毎週何かしら奢ってるだろ?君という犠牲があったからこそ今の僕達があるわけだし、君も華々しいニート生活を送ってるわけだし、もういいじゃないか」

ポリゴン「よくねええええ!俺は好きでニートやってるわけじゃねえっつーの!てめえのせいで就職先見つからない俺の気持ち考えたことねえのか!!」

ピカチュウ「確かに君は大変だと思うけど、僕だって大変なんだから。アニメでは手加減するのに苦労してるし」

ポリゴン「あ。あれってやっぱ手加減してんだ?」

ピカチュウ「うん。度重なるポケモンバトルで、僕のレベルは常識を突き破って1000を超えちゃったんだ。毎週大変だよ?」

ポリゴン「けど、なんかどっかでレベルがリセットされたみたいな展開なかったっけ?」

ピカチュウ「あーアレただの演出。こっちは手加減が余計大変になって、たまったもんじゃないよ」

ポリゴン「へへん。ざまーみろってんだ」

ピカチュウ「ひどいよポリゴン君。どうせなら僕と立場変わって欲しいよ」

ポリゴン「それだけはご免だな。忙しすぎて、俺に直に会えるのも年に一度なんて、どうかしてるぜ」

ピカチュウ「やっぱそうだよねえ。いい加減他のポケモン達にも頑張って欲しいよ」

バンギラス「なんか意外と仲良さそうだなお前等。別に俺達まで来ることなかったんじゃないか?」

ピカチュウ「まあ君達に着いてきて貰ったのは念のためね・・・けど、やっぱりポリゴン君は友達だからさ」
ニヤリ


ざこ なのに ざこ だと おもえない
ピカチュウ は こわい
そう おもった
ガブリアス(♂)


おわり



23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/18(土) 17:01:13.98 ID:mxFv1v1l0

ブースター「フレアドライブを覚えるようになったんだよ!」


シャワーズ「はあ・・・」

サンダース「それで?」

ニンフィア「というか・・・どなたですか?」

ブースター「なんでそんなに冷めてんだよお前等!つーかニンフィア!舐めてんのか!?」

サンダース「いや、お前がフレアドライブ覚えたところでなあ・・・」

シャワーズ「でもニンフィアちゃん。さすがに誰かわからないのは問題じゃない?一応兄弟よ?」

ニンフィア「そ、そうなんですか?」

ブースター「新入りの癖に馬鹿にしやがって・・・!」

サンダース「そうは言っても、俺達だってもうブースター馬鹿に出来ないよな」

シャワーズ「まあね。頑張ってるのはニンフィアぐらいだもの」

ニンフィア「いえ・・・あの、エーフィさんもそれなりに頑張っていると思いますけど」

サンダース「あーマジックミラーか。でもあいつも強いとは言えないよな。結局めざパだよめざパ。めざ氷がゴミになったから俺達はもう駄目だ」

シャワーズ「めざパの仕様変更はショックだったわねえ。かと言って、仕様変更しておきながらめざパフェアリーはないし」

サンダース「そうなんだよな。真横にいたはずのガブリアスは、遠くに行っちまった・・・もうニンフィアに任せるしかねえ」

ガブリアス「呼んだか?」

サンダース「よ、呼んでねーよ!帰れよ!」

ガブリアス「なんだよ良いじゃねえか。一時期はスカーフだのタスキだので、お互い競いあった仲だろ」

サンダース「・・・もう俺は駄目だよ。お前を仕留める技なんてありゃしねえ」

ガブリアス「俺だってメガ進化の影響で昔と比べりゃ選出率は相当落ちてるぞ。相対的弱体化?ってやつ?弱くなったのはお互い様だろ」

サンダース「い、いまさらなんだよ馬鹿!昔は俺の電気技に対してスカーフ巻いて自信満々で交代してきたくせに!」

ガブリアス「昔は昔、今は今じゃねーか」

サンダース「ふん。ばーか」

シャワーズ「ホモォ・・・」

ニンフィア「ホモいですわねえ・・・」

サンダース「ばっ、そんなんじゃねえよ!」

ブースター「・・・・・・お前等!!!俺のことそっちのけで楽しそうに話してんじゃねーよ!!今はフレアドライブの話しろよ!!」

ガブリアス「うるせえなじしんかますぞ」

ブースター「・・・・・・」


ガブリアス しね
そう おもった
ブースター(♂)


おわり



26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/18(土) 17:19:26.19 ID:mxFv1v1l0

ユンゲラー「実はワシの種族値が優秀だって知っておったか?」


ルカリオ「・・・え?」

ユンゲラー「進化後のフーディンが目立っておるが、わしだってSは105と、あのガブリアスを抜き差っておる。Cも120。いのちのたまやこだわりメガネをつければそれなりに戦える数字じゃ」

ルカリオ「・・・僕のメガ進化形態は、S112ありますが・・・」

ユンゲラー「・・・ま、まあCとSの話はどうでもええ。ワシには進化後がおるから、なんとしんかのきせきの効果が発揮されるんじゃ」

ルカリオ「は、はあ・・・でも、貴方の耐久関係の種族値、死んでますよね?」

ユンゲラー「・・・・・・ま、まあ種族値の話はどうでもええ。ワシが言いたいのはなあ、ワシだって出番欲しかったんじゃってことよ」

ルカリオ「出番、ですか」

ユンゲラー「お主はええのお。映画にまで呼ばれて、まるで伝説ポケモンのような扱いを受けておった」

ルカリオ「映画はまあ・・・昔のことですが、メガ進化形態が非常に強いのは、ありがたく思っています」

ユンゲラー「そうじゃのお・・・お主に比べてワシャあ、ユリゲ・・・なんとかとかいう、わけのわからん詐欺師のせいで、あらゆる出番を封じられてしもうた」

ルカリオ「ユリゲ・・・ああ、ユリゲラーさんですね。超能力者だとかいう」

ユンゲラー「ただの詐欺師じゃよ詐欺師。こともあろうに、大して有名でもない自分が、ワシのモデルなのではないかとイチャモンをつけてきおった詐欺師じゃ」

ルカリオ「・・・あの・・・一つよろしいでしょうか」

ユンゲラー「なんじゃ?」

ルカリオ「別にユンゲラーさんがメディア展開の枠に組み込まれていないのは、その事件のせいだけじゃないような・・・」

ユンゲラー「な、なんじゃと!?」

ルカリオ「い、いえ、なんというか、キャラクターとしても地味ですし、強いわけでもないですし・・・三進化形態を持つポケモンの二進化目ということで、立場もキャラクター同様地味ですし・・・」

ユンゲラー「」

ルカリオ「不当というよりは、どちらかというと順当ですよね。ユンゲラーさんが露出しないのって」

ユンゲラー「」

ルカリオ「あ、もうこんな時間だ。僕はこの後プリンさんと待ち合わせがあるので、失礼します」

ユンゲラー「」


さいきん の わかもの は つめたい
そう おもった
ユンゲラー(♂)


おわり



32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/18(土) 17:56:56.79 ID:mxFv1v1l0

コイル「」ギュウ・・・


ピカチュウ「い、痛いよ。つねらないでよ」

ガブリアス「オイ、テメエどこの誰だか知らねえが、ピカチュウに何してんだ?あ?」

コイル  なんだお前、誰?

ガブリアス「あぁ?俺を知らねぇとかお前モグリか?名前を聞いたら驚くぜ?俺がガブリアス様だ」

コイル  知らんな。誰だ?

ガブリアス「んなっ・・・!」

コイル  俺は人気の無いポケモンのことは覚えていない。可愛くもないし、大してかっこよくもない、お前なんぞ眼中にない。

ガブリアス「ふざけてっとげきりんかますぞ!」

ピカチュウ「じしんのほうが良いと思うよ。ぱっと見浮いてるけど、コイル君何故かふゆう持ってないから」

コイル「」ギュウゥ・・・

ピカチュウ「痛い痛い痛い。やめてよ」

コイル  俺はコイル。かつて人気投票で一位を獲得したコイルだ。

ガブリアス「あぁ!?人気投票!?一位人気はピカチュウだろうが!!」

コイル  それは汚い人間共の汚い工作に過ぎん。実際に得票数が一位だったのはこの俺、コイルだ。

ガブリアス「な、なんだと!?マジかよ!?」

ピカチュウ「うん。まあ、マジだよ。その票はぶっちゃけ、別の種類の汚い人間達の工作だけど・・・」

コイル「」ギュウ・・・

ピカチュウ「痛い。やめて、やめてよ。僕が負けた。僕の負けだから」

コイル  うむ。わかればいい。

ガブリアス「な、なんだ良いのかよ。いつでもじしんぐらい打ち込んでやるぜ?」

ピカチュウ「いやあ、コイル君は昔から、割と本当の友達だからさ」

コイル  ふざけるな。こっちにそんなつもりはない。 ギュウゥ・・・

ピカチュウ「あ、やめて。痛い」

コイル  ・・・ふん。今日はどこで飲むんだ?

ピカチュウ「いつもの飲み屋でいいかな?」

コイル  まあいいだろう。


ピカチュウ が ほんとう に たのしそう に している
ほんとう に たのしそう な ピカチュウ を みたの は はじめてだ
こいつにも やっぱり
ほんとう の ともだち は いたんだな
ガブリアス(♂)

おわり



転載元
ゲッコウガ「ミュウツー?誰だそりゃ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413614419/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 20:46
      • ふいうちしとけよ

        もしくはイベルタルさんよんでこい 背後にクチ―トスタンバイさせてな
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 20:48
      • ジバニャン「お、そうだな」
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 20:49
      • コイルの人気投票とか懐かしいな
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 20:58
      • ピカチュウをつねるコイルとか懐かしいなあ。
        ポケモン4コマってまだ出てるのかな?
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 21:04
      • ゲッコウガたんprpr
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 21:14
      • リザードンと二人きりだと思ったらミュウツーさんがいて嫉妬で切れ気味なゲッコウガたんかわいい
        ってことでええんかね?
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 21:15
      • 懐かしいわ
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 21:21
      • ガブリアスはピカチュウの本当の友達じゃないのか…

        ブースターに泣いた
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 21:29
      • ルカリオ「ミwwwwwュwwwwwウwwwwwツwwwwwーwwwwwだwwwwwっwwwwwぴwwwww」
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 21:59
      • ブースター、ピジョット、スピアー、ジュペッタ、かつての不遇ポケモンたちは今ある程度救済してもらったのに何でフライゴンだけ・・・。
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 22:14
      • まだ完結してないのにまとめられてるんだな…
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 22:15
      • フリャはウロコでフェイントばかぢから思い出せるようになって若干育成が楽になったくらいか
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 22:21
      • 俺っ娘ゲッコウガたんかわいい
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 22:26
      • 懐かしいのと時事ネタとで良かったよ

        初めてリザードがリザードンに進化した時のこと、ミュウツーにボール躱されまくったこと、今でも昨日のように思い出せるぜ
        これからも好きでい続けるさ、大きくなった子供としてな
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 22:34
      • こういう系の話だと大概ガブリアス嫌な奴な感じだけどやっぱり人相悪いからかね

        真面目にフライゴンメガシンカ来ないの?チルタリスに龍妖精取られたし
        ゲーフリフライゴンに何か恨みでもあんの?
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 22:35
      • か…カモネギ
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 22:47
      • ゲッコウガァ…
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 22:51
      • ピカチュウをつねるコイルとか、向水さんの4コマを思い出すwww
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 22:54
      • ※10
        それ、本当、
        なんで、フライゴンは、
        石がない、青鮫、はわかる、強かったしね、
        ただ、竜と呼べるかすら、疑わしい、
        モコモコした、あいつが、なんで、、、フリャ
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 23:24
      • チルタリス「フライゴミざまぁwwwwwwチュンwwwww」
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 23:25
      • チルタリス「フライゴミざまぁwwwwwwチュンwwwww」
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 23:27
      • ピジョット「取り敢えずメガシンカ貰った。後はあの疾風焼き鳥だけか・・・」
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 23:29
      • ゲッコウガはアニメ次第ではピカチュウは無理でも新世代のリザードンくらいにはなれる器はあるよな
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 23:36
      • 何か本当にメガピカチュウが出てきそうだ。
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 23:59
      • ※23わかるわ
        なんかゲッコウガのデザインがいいってのもありそうだけどサトシの手持ちの中でどことなく別格って感じがするし
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 00:07
      • ポケモン4コマ昔よく読んだな~
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 00:29
      • 未だに前線に立ってるピッピディスってんの?
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 00:32
      • ユンゲラーが二進化ってなんだよ…
        二進化はフーディンだよ
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 00:36
      • ギエピーは作者がすごいわあんな可愛いポケモンをあそこまで汚く面白く描けるのは才能
        コイルの4コマは家燃やされたトコが印象的だな
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 00:37
      • 関係ないけど強化版ゲンジの手持ちはチルタリス、フライゴン、キングドラ、オンバーン、オノノクス、ボーマンダが妥当かな?
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 00:44
      • ガブリアスしね そうおもった
        フライゴンいちどう
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 00:54
      • よくわからんな? ポケモンやってる人はみんなわかるもんなの?
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 01:58
      • ユンゲラー氏が輝いてたのって99年ぐらいだよね
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 02:58
      • ユンゲラー氏はボッチの手持ちの代表としての地位を確立してるよな(ミュウツーさん世代並感)
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 05:58
      • この間観たCMで糞AKBがポケモンの声優やってるの知って、ああ終わったなと思いました(小並感)
      • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 09:51
      • なんでや!ガブかっこええやろ!
      • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 10:45
      • コイルとピカチュウとかいう四コマネタ
        好きです
      • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 13:05
      • >ピカチュウ「強いて言うならポリゴンショック?」

        おいコラ鼠てめー
      • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 21:33
      • いい加減早漏治せよ管理人
        まだ本スレ終わってねーぞ?
      • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 21:36
      • 何か泣きたくなった
        ミュウツーさん、そんな悲しい事言わないでくれよ・・・
        アンタは俺らの世代にとって永遠の伝説ポケモンだよ・・・
      • 41. 以下、VIPにかわりましてSDKがお送りします
      • 2014年10月19日 22:05
      • ギエピー「…」

        プリン「…」
      • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月24日 11:33
      • (祝)ミュウツー、スマブラ復帰決定
      • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 23:52
      • むしろ今の伝説の方がポケモンらしくないというか何かに便乗しただけに見える俺25歳

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務