TOP

魔女「ねぇ勇者さん、経験値ってどこに溜まってると思います?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/14(火) 15:59:08.56 ID:i6gsPnoS0

魔女「王国で鍛錬を積み、数多の魔物たちを倒した勇者さんなら───当然、知ってますよね?」

勇者「……………」

魔女「知らないんですか?」

勇者「……………っ……」

魔女「答えてくださいよ。それとも無理やりに答えさせられたいんですか?『さっき』みたいに」

勇者「ひッ……………こ、答える、答えるよ………………し、知らない」

魔女「はい、正直に言えましたね」

魔女「でも、まだ教えてあげません。答えはもう少し後のお楽しみです。まだまだ聞きたいことはありますから」

魔女「次の質問です」




3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/14(火) 16:12:35.27 ID:i6gsPnoS0

魔女「先日、見事90レベルを達成した勇者さんですが、今まで何匹もの敵を倒してきたか、覚えていますか?」

勇者「……………」

魔女「あ、言い忘れてました。別にパスしてもかまいませんけど、パス一回につき指一本頂きます」

勇者「ッあ……………き、きっと、5000匹くらいは…………」

魔女「5000匹『くらい』、ですか?」スッ

勇者「~~~~~ッッ!!ま、待ってくれッ!!ちゃ、ちゃんと答えただろう!?」

魔女「命の数を概数にしないでください。それとも100匹や200匹なんて四捨五入してしまってもいいとお考えですか?」

勇者「そ、そんなつもりじゃ…………」

魔女「気に入りませんねぇ。今のはわりと頭にきましたよ」

魔女「ということで、『さっき』と同じように」

勇者「や、やめッ………」




魔女「指に針のアクセサリー追加のお時間です」ニコリ



4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/14(火) 16:20:39.92 ID:i6gsPnoS0

勇者「い、いやだ、やめてくれ…………なあ、頼むよ………」

魔女「さっきは説明しませんでしたけど………この針、何で出来てると思います?」

勇者「なッ、何かの骨、だろう………?」

魔女「はい、それもドラゴンの牙です。絶対に折れないとまで称されるほど頑丈な」

勇者「そ、そんなもの、一体どこで…………」

魔女「アナタが殺したんですよ」

勇者「………俺が………?」

魔女「山に住んでいただけのドラゴンを、『危害を加えそうだから』───なんて理由で殺したの、アナタでしょう?」

勇者「………………」

魔女「じゃ、そろそろいきましょうか。『さっき』は人差し指に刺したのでー、次は中指でしょうか?」グッ

勇者「やめて………くれ………」

魔女「そんなセリフ、倒した魔物からいくらでも聞いたでしょう?」プツッ

勇者「っ────!!」



5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/14(火) 16:30:45.46 ID:i6gsPnoS0

魔女「さっきはすぐにブスッといっちゃいましたからね。多分骨の横辺りの肉を貫通しただけだと思いますよ。……でも」

魔女「今回はゆっくりいっちゃいます」ズッ

勇者「~~あッ……が……」

魔女「鈍~い痛み、辛いでしょう?」ズブッ ズッ

勇者「うあッ、ぎっ」

魔女「でも、ホントに痛くて辛いのはここからです」コツッ

魔女「お察しはついてると思いますけど、今、針でつっついてるのはあなたの指の骨です」

魔女「レベル90にもなった勇者さんの骨は、きっと並大抵の針では貫けないでしょう…………しかし、ドラゴンの牙製の針なら、どうでしょうねぇ?」ググッ

勇者「ひ………あッ!もっ、もうッ、やめてくれッ!!」

魔女「ダーメです」グッ ピキッ

勇者「あ、がッ、んぐ………いッッ!!?」

魔女「それっ」グッ ベキィッ!

勇者「あああああがあああああああぁぁぁぁぁぁ─────ッッッ!!!」

魔女「ふぅ、さすがに勇者さんともなると、ドラゴンの牙を使っているといっても少し骨が折れますね。まあ折れてるのは勇者さんの指の骨なんですけど」ズドッ

勇者「ああ……ッ、かあっはッ、う、ぎご………」



6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/14(火) 16:42:23.33 ID:i6gsPnoS0

魔女「う~ん、なかなかステキなアクセですね」

魔女「じゃ、次の質問です」

魔女「王国が、ある程度の種類の魔物の、倒した際に手に入る経験値の具体的な数値を公表しているのはもちろんご存知ですね?」

勇者「う、あ…………ああ…………」

魔女「もちろん経験値が高くて生息数が高いモンスターを狩りにいくのは、とても効率的なことですので、その情報はきっと役立っているのでしょう」

魔女「でも、どうやってそれ、調べてるんだと思います?」

勇者「………………わ、わから、ない」

魔女「お、だいぶすばやく答えられるようになってきましたね。そう、わからないんですか」

魔女「じゃあ教えてあげます───と言いたいところなんですが、さっきの答え不明のままの質問の回答と併せて、後ほどお答えしましょう」



10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/14(火) 19:41:27.75 ID:i6gsPnoS0

魔女「それでは次───っと、質問の前にひとつ見せたいものがありますから、少々お待ちを」スタスタ

勇者「う…………ぐ、………はっ………」

勇者(骨折した箇所の痛みは───まだ完全に引いちゃいないが大分マシになってきたな………)

勇者(それにしてもなんなんだあの女!?か、完全にイカれてんじゃねえか!)

勇者(タダで泊めてくれるっつーから泊まって………)

勇者(気付いたら椅子に縛り付けられてやがる。くそっ、どうなってんだッ)

魔女「お待たせしました~♪ご覧ください」ファサッ

勇者「………帽子………?」

勇者「……────!!ど、どうしてそれをッ!?」

魔女「やはり見覚えがあるみたいですね。ま、そりゃそうですか、なんたって記念すべき90レベルを達成した時に倒した魔物───いえ、魔女は」

魔女「この帽子の、持ち主ですからね」

勇者「ま、まさかお前…………あの魔女の娘か…………」



11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/14(火) 19:55:32.56 ID:i6gsPnoS0

魔女「いいえ?私と彼女には血縁関係は全くありませんでしたよ」

勇者「………なら、なぜこんなこ

魔女「だけど」

魔女「あのひとは────『師匠』は」

魔女「私にとって母親のような存在だったんです」

魔女「そして、彼女も私を娘のように愛してくれました」

勇者「……………いッ、忌々しい…………ッ!!」

魔女「忌々しい……?」

勇者「人外の分際で………なにが愛だ!ヒトでもない種族が愛を語るなッ!!」

魔女「私は、ヒトですよ。師匠だってそうでした。ただ、魔法が使えるだけの、ただのヒトです」

勇者「その魔法でどれだけの人間を傷つけてきた!?お前たちなどヒトじゃない!!」

魔女「………本当に、なぁーんにも知らないんですね。哀れなヒト」

勇者「………なんだと?」

魔女「質問です」



12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/14(火) 20:05:22.08 ID:i6gsPnoS0

魔女「現在の王国が設立されて、はや500年余りが過ぎましたが、その間に『魔女狩り』は何度行われたでしょう?」

勇者「……………52回。建国から、10年に1度行われてきた…………」

魔女「はい、ようやく答えが言えましたね。では続いて質問です」




魔女「私たち魔女が、あなたたちの王国に攻め入ったことは、建国後に一度でもありましたか?」




勇者「………………………」

勇者「………………な、無い。少なくとも、文献の中には──」

魔女「ですよね?」

魔女「私たち、どうして『狩られ』なければならないんですか?」

魔女「見慣れないチカラを──魔法を持っていただけで、[ピーーー]んですか?捕らえるんですか?」

魔女「ねぇ」

魔女「おかしいって、思いませんか?」



13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/14(火) 20:14:02.55 ID:i6gsPnoS0

勇者「……………なら、なぜ王国は魔女狩りをする?お前らが、実ははるかに危険な種族だという可能性があるんじゃないのか」

魔女「わかってないですねぇ」

魔女「『魔女狩り』の本当の目的は魔女の殲滅なんかじゃないんですよ」

勇者「……………では一体何が」

魔女「魔女の捕獲───いえ、『いらないヒトを集めること』です」

勇者「……何を言っているのか……わからない」

魔女「んんー、そうですね。そろそろお教えしておかないと話がこんがらがるかもしれないので」

魔女「そろそろお答えしましょう。最初の質問の答えを」



14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/14(火) 20:16:37.62 ID:i6gsPnoS0

魔女「経験値というものは─────」スッ



勇者「……………!!」



魔女「頭の中(ここ)に」トンッ



魔女「溜まってるんですよ」



15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/14(火) 20:26:04.31 ID:i6gsPnoS0

勇者「の、脳………だとでも言いたいのか」

魔女「ええ、まあ厳密には脳ではないのですが」

魔女「私たち人類は───太古の時代、それはそれはもう気が遠くなるほど昔に、神様がかけた加護、あるいは呪いともいえるものを、ずーっと引き継いできてるんです」

魔女「それは、人類の遺伝子にひとつの追加プログラムを刻みました」

魔女「その遺伝子は、大脳の中のわずかな隙間にとある器官を生み出し」

魔女「その器官は、戦いをする人間にさらなるチカラを与えました」

魔女「すなわち、経験値によって強くなる人間の完成です」

魔女「尤も、王国のかたがたはとっくに知っていたみたいですけどね」

勇者「…………それが、どうしたというんだ。確かにそのことは知らなかった。しかし、まだわからないことが多すぎる」

魔女「まあ焦らないでくださいよ。順を追って説明しますから」

魔女「ええと、次の質問は確か────ああ、どのように王国が、経験値の量を調べているのか、でしたっけ?」




16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/14(火) 20:31:48.44 ID:i6gsPnoS0

魔女「カンタンな話です。例えば、倒した際の経験値量がわからない魔物Aがいたとしましょう」

魔女「王国は魔物Aを捕獲、拘束等によって無力化したのち、実験体の人間Aさんにその魔物を殺させます」

魔女「ちなみにAさんは、魔法によって経験値をすべて奪い取られたあとに実験に使われています」

魔女「するとこの時点で、Aさんの経験値を溜める器官───まあ、経験器とでも仮称しておきましょう。それに、魔物Aの経験値だけが入っている状態ができました」

魔女「そのあとどうすると思います?」

勇者「……………まさか」

魔女「さすがに察しますよね。そうです、Aさんを殺します。そして頭を開いて、経験器を取り出し───そこからの分析の過程はさすがによく知りませんが、そこまでくれば簡単なものなようです」

魔女「ここまでの流れで、1匹の魔物の経験値量が判明します」

勇者「………それは、本当の話なのか?………」

魔女「ええ」



17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/14(火) 20:35:40.68 ID:i6gsPnoS0

魔女「そして、王国が『魔女狩り』をする本当の理由。『いらないヒトを集めること』とは、つまり実験体を集めることなのです」

魔女「多くの、とても多くの仲間たちが、あなたたち王国の研究者によって殺され、脳を弄ばれ、ゴミのように捨てられてきました」

勇者「……………す……………すまない……………」

魔女「謝るんですか?今までさんざん私たちの仲間を殺しておいて?」

勇者「知らなかったんだ…………王国には、事情を話して、即刻魔女狩りをやめさせるように言う。だから、頼む………許してくれ、助けてくれ」

魔女「ふーむ、なかなかのビップ待遇っぷりですねぇ」

魔女「まあ、でも」

魔女「許しませんけど」



18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/14(火) 20:40:44.15 ID:i6gsPnoS0

勇者「す、すまなかった…………本当に謝る、なんだったら国王にだって謝らせる、だから………っ!」

魔女「そうそう、王国の方がつかっている、経験値を吸い取る魔法───って言っても、そういえばその事は国民に公表していないんでしたね」

魔女「ま。魔法を使う魔女を[ピーーー]と言っても、自分たちだって魔法使ってるんですよ。便利だから」

魔女「で、その経験値を吸い取る魔法なんですけど、元々は魔女の魔法なんですよ」

魔女「まあ、今王国で使われているのは劣化の劣化の劣化バージョンみたいなもんですがね」

魔女「魔女は、そんなことはしなくてもいいんです」

魔女「そもそも、経験値を奪うのに魔法を使う必要もないんです」

魔女「………最後の質問になりそうですね。ではどうやって経験値を奪い取るか、わかりますか?」

勇者「………………いや………わからない」

魔女「じゃあ実践しながら説明していきましょうか」



20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/14(火) 20:48:17.10 ID:i6gsPnoS0

魔女「これを見てください。例のドラゴンの牙から作った、ナイフです」シャッ

勇者「───!!」

魔女「これを────想像ついてるでしょう?あなたの頭に突き立てます」スッ

勇者「ま、待て…………待ってくれ、頼む、何でも言うことを聞く、だから、なあ、たのむ」

魔女「魔女の経験値吸収方法はですねぇ」ニコ

勇者「い、いやだ、いやだ、助けてくれ………たすけて………くだ、さい………あ、あッ!」



魔女「経験器を『食べる』ことなんですよぉ」ズブッ



勇者「いッッ、いやだあああああああああぁぁぁぁぁぁぁ───────っ!!!」


魔女「五月蝿い」ズンッ


勇者「ぁぁぁあ゛ッ…………」


勇者「…………………………」カクンッ


魔女「………さて、さっさと『吸収』するとしましょう」ズグッ ザクッ



21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/14(火) 20:59:23.28 ID:i6gsPnoS0

魔女「ああ、あったあった」ズッ ブヂッ

魔女「うーん、話には聞いてましたけど、さすがに初めて見ると少しえぐいですねぇ……」

魔女「まあいいや。いただきます」パクッ

魔女「ん~~……」モグ グチッ ブツッ プチッ グチャッ

魔女「ん」ゴクン

魔女「………あんまり美味しいものじゃないですね」

魔女「さて………」

魔女「………師匠、一度だけこの杖、お借りします」カランッ

魔女「………あなたの仇の血を以て、私たち一族の仇を討ってきます」



魔女「────『王国最強』とまで謳われた勇者の経験値、はてさて王国相手にどこまで通用するもんですかねぇ」



魔女「……師匠、魔女の歴史に『王国侵攻』の文字を残してしまうことをどうかお許しください」



22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/14(火) 21:13:35.08 ID:i6gsPnoS0

その日───王国の門前に現れた一人の魔女は、古びた杖を振るって王国へと侵攻していった。

彼女の力は圧倒的だった。

あまりにも強大すぎる魔法の前に、兵たちは成す術も無く、ただただ勇者の到着を待った。

目の前の魔女が、その勇者の力を全て奪ったとも知らずに。

いつか勇者という希望が現れると信じて、兵たちは戦い続けた。

しかし、その勇気をあざ笑うかのように、翌日の朝、朝日は燃え尽きた王国を照らした。

黒こげになった門から立ち去る魔女を遠目に見た、とある旅人は後に語る───


魔女「………………」ザッ ザッ ザッ


旅人「な、なんだ、この有様……は───!!?」


魔女「…………………………」ザッ ザッ ザッ ザッ ザッ


旅人「あ、あの、尋常じゃない殺気………溢れ出す魔力の流れ………ま、まるで………」



「悪魔のようだ」と。



23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/14(火) 21:14:43.25 ID:i6gsPnoS0

終わりです。特に長く続ける気もなかったのでこれくらいで終われて丁度よかったかなと思います。
sagaについては後で気付きました。申し訳ない。



転載元
魔女「ねぇ勇者さん、経験値ってどこに溜まってると思います?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413269938/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月14日 22:29
      • んー?
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月14日 22:30
      • 経験値をビュルビュル絞り取られるエロssだと思ってました
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月14日 22:30
      • イデンシ? ジッケン? ケイケンチ? この魔女は何を言っているんだ?

        第一、勇者がパンチをロケット噴射で飛ばして離れた敵を殴っていないので論外。やり直し。
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月14日 22:36
      • 馬鹿だろこの作者
        相手の持ってる経験値をそのまま吸い取れる訳無いだろ
        そんな事が可能なら非道な実験を繰り返す王国ならカンスト無敵軍団を作って
        速攻世界征服してるだろ
        それに馬鹿に付き合って万が一それが可能としても
        経験値を積んだからと言って、勇者の強さを得られる訳じゃない
        自分がその勇者と同じ経験を積んだ位の強さになるだけだ
        ショートSSでは設定と展開が大事なのにこんな糞設定とかありえんよ
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月14日 22:38
      • ※2
        おま俺
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月14日 22:42
      • 超強い勇者を弱っちい魔女如きをどうやって捕らえたんだ?
        薬やら魔法やら弱体が効く程度ならそんな力手に入れても王国滅ぼす程には強くないし
        何も効かない超強い勇者ならどう捕らえたかを是非描いて欲しい物だ
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月14日 22:54
      • ※2

        同志よ
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月14日 22:55
      • 即叩かれ過ぎワロタwww
        まあでも王国滅ぼせる程のLVの勇者が魔法・薬・弱体が効く程なのかとは思わんでもないけどね。
        だって効くのならそこらへんの魔物のラリホーやらメダパニで即死させられてるだろうしな
        それほどまでに元々魔女が持つ力が魔王級だったのか、はたまた神レベルなのかって話だわな
        直接経験値が吸える等に関しては「この物語内での魔女はそういう魔法を持ってる」で片がつくけど、勇者のレベルが90越えてる、と言っている以上並大抵の力ではないのは作者本人が書いてるからな
        その勇者をどう捕えたのかってのは若干気にかかる事ではある
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月14日 23:06
      • ※2
        我が友よ。一杯付き合う
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月14日 23:08
      • ※2
        ですよねー
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月14日 23:09
      • ※2
        俺もそういう話だと期待したのに・・・


        ディヴィッド・ファーランドの「ルーンロード 大地の王の再来」とかいう小説だと、他人の「経験値」ではなく「能力値」を吸収して奪いとる設定らしい。
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月14日 23:12
      • 設定がゴミだな
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月14日 23:16
      • 1 ないわ
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月14日 23:19
      • ※2
        だよなー
        コレ読みたかったわ
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月14日 23:23
      • ※2
        ほんとこれ
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月14日 23:41
      • 魔女特有の能力として能力吸い取る事が出来るなら迫害されないだろ
        強力な魔女軍団に蹂躙されて終わり
        設定が矛盾だらけで破綻してるわ
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月14日 23:49
      • ※2
        これが読みたかった
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月14日 23:53
      • エロじゃないのかと落胆しグロが始まったと思ったら終わっていた
        何の救いも無い胸糞SSだった
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月14日 23:54
      • (お前らエロに偏りすぎだよ!)
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 00:02
      • お前らww
        (もういっそそういうSS書いて良い?)
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 00:06
      • よかった、俺の心が特別汚れてるわけじゃなかったんだ
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 00:10
      • ポケモンスマブラくらいしかゲームしない俺からすれば面白かったぞ。
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 00:19
      • いい発想だとは思うけど、魔女が脳みそ食べて経験値吸収する生き物なら、狩られても仕方ない気もした
        本来は経験値吸収は大昔の魔法で、今は使われてない、くらいの補足はあってもよかったかも
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 00:22
      • ここには2種類の人間がいる。

        >>1に共感出来ない奴と
        ※2に共感した奴だ
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 00:25
      • ※3
        帰れ
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 00:26
      • 微妙
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 00:46
      • エロを期待した人と自分の脳内設定を語りたい奴で二極化した大変香ばしいコメント欄
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 00:51
      • ※2を期待して開いた
        違ったけどそれはそれでと読み進めたが微妙すぎた
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 01:08
      • ※2
        みんな同じこと考えるよな…(º﹃º )
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 01:13
      • 設定がどうとか言ってる奴は※2を見習え
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 01:31
      • こういう山もオチもないエセシリアス本当ひで
        似たような話100回見たってそれ一番言われてるから
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 01:37
      • ※2にジュースを奢ってやりたい気分だ
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 01:51
      • レベルドレインSSはよ
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 02:13
      • ※20
        ホントどうしようもねぇよなwww
        (後生ですお願いいたします)
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 02:22
      • 寝てたら拘束されたんだろうけど
        口がきける以上魔法は使えちゃうんだよなぁ…

        まぁ俺も※2を期待して開いた
      • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 02:42
      • 1 設定が見るからにゲームをプレイをしたことがない感じ
        もうちょっと真面目に考えて

        仲間いないとかありえないから
      • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 03:39
      • 何でち●こに溜まってねぇんだよ!!くそが!!
      • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 03:55
      • 1 この世の不条理と不合理、的な話を作ってシリアスっぽさを出したかった感。
        駄作。
        ネタとしても見るのはオススメ出来ない。
      • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 04:03
      • 1 時間の無駄。
      • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 04:48
      • モバマスSSくらいつまらなかった
      • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 06:15
      • つまらんよな
        エロを想定してる俺らをうならせる展開ならともかく、
        これなら安直なエロのほうがよっぽどいいわ
      • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 06:21
      • 経験値がどこに溜まってるかって?
        そりゃ勇者の精剣エクスカリバーだよ。
        たまに、はやぶさの剣になるけど…
        気にしない!気にしない!
      • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 08:14
      • ショタ勇者が魔女のお姉様に搾り取られるSSだと思ってたのに……
      • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 08:17
      • ※2
        俺も絞りとられるssだと思ってワクワクしながら開いたけどそんなことはなかったぜ

        さぁ、一緒にやけ酒しよう
      • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 08:23
      • ※37
        まっすぐな怒りにクッソワロタ
      • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 08:36
      • てか王国の中枢と魔女はどっちもイリシッドで、そいつらの勢力争いに人間が巻き込まれただけなんじゃね?
      • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 09:22
      • ※2
        me too.
      • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 10:06
      • ※2の人気振りに嫉妬
      • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 11:16
      • 少なくとも人間は人間の脳味噌チュルチュル吸わねえよwww
        魔女狩りして正解だった
      • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 11:17
      • そりゃ誰だってこのタイトルなら魔女のお姉さまに搾り取られる内容を想像する

        ところで、そういった内容のSSやウス=異本のオススメないっすか
      • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 12:25
      • 魔女の行動パターンが、半端に武器を持ったガキそのもの
        駄目だこりゃ
      • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 12:35
      • 1 なんというか、回らないお寿司を食べようと言われてwktkしてたらミックスベジタブルと切ったエンドウマメしか入ってないちらし寿司出されたような気分だわ。
      • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 14:01
      • そりゃ男なら※2と同じこと考えるよな
      • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 16:09
      • 1 叩かれてるだろうな~と思ってコメント見たら案の定。厨二の方向でなく、本物の中学生みたいなストーリーだった…
      • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 16:12
      • おせち頼んだらグルーポンのおせちが届いた時のような気分
      • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 16:19
      • 逆に※2以外を想像して開いた人は存在するのだろうか
      • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 16:37
      • 純粋にストレートな駄作という衝撃

        この設定はツッコミ待ちなのか?
      • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 17:43
      • 騙された
        チクショオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!
      • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 18:01
      • ※2 俺もだ
      • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 18:17
      • エロ期待を裏切られて、その内容が一方的な事情通魔女→無知かつ惰弱勇者への非難をベースとした設定語り
        二度とSS界隈から出て行け
      • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 19:23
      • 俺はグロを楽しめたが、※2に同意する!
      • 62. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 20:12
      • エロに釣られて逆上したサルがたくさんいますねwww
        SSごときにナニを期待してるんだよwww(二重の意味で)
      • 63. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 20:46
      • ※2に共感するやつらおおすぎだろ…どんだけエロいことしか考えてねぇんだ…


        あ、マスター。※2にこの店で一番いい酒を
      • 64. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 20:50
      • こんなに人の神経逆撫で出来るSSを作れる作者はある意味天才
      • 65. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 21:42
      • 宵闇の麻倉美津里だな。
        天使の知恵はだだ甘い。
      • 66. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 23:31
      • SS名人様の有り難いお言葉ありがとうございました!
        引き続きオラウータンのコメントをお楽しみ下さい。
      • 67. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 23:55
      • ウッホウッホ
        ウーホッホッ
      • 68. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月16日 00:32
      • 作者様降臨と聞いて
      • 69. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月16日 00:32
      • ※67
        ゴリラさんは音ゲーでも極めてて下さい
      • 70. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月16日 01:15
      • LV90越えてて王国最強の兵士「勇者」だって作者も言ってるんだよなぁ…
        その勇者を捕縛出来てるのもおかしいし、魔法呪文唱えれる環境で唱えないとかありえない…王国最強を元々捕える力がありゃ王国ぐらい滅ぼせるだろとwww
        それに、勇者がやられた経験値の吸い方の所為で魔女狩りされんじゃねえのかよwwwどう考えても「無害な魔物」じゃねえwww現在してなかったとしてもその技術があるという事は昔はしてたんしょ?
        なら魔女を根絶やしにしようとするのも当たり前じゃねえの?先代以前の所為じゃん、王国の所為にすんなよwww
        王国<勇者<魔女なの?勇者捕える時点でそうなの?叩かれたくないならそういう矛盾を無くせよ。王国<勇者<魔女 の序盤の時点で王国滅ぼせるし、勇者倒す意味が無い
        しかもドラゴンの牙有能すぎだろwwwそのドラゴンって別に勇者が90になった時倒した訳じゃなくね?危害を加えそうだから、って理由だけでまだ90でも無かった時の勇者に倒せる様な雑魚の牙如きが勇者に通用するんすかねえwww
        いわば999のHPに1ずつダメージ食らわす程度しかねえんじゃねえの?それに、「ドラゴンの顎の力」があるからこその牙だろwwwひ弱な魔女如きがドラゴンの顎並のパワーでも持ってんの?扱ってんのは魔女だから勇者に刺そうと思ったら大分力が入りそうだけどwww
        そういう点でも矛盾が多い、勇者が喋れる環境の時点で魔法が使えるって所も矛盾。多数矛盾がありゃそりゃそこを叩かれるに決まってる
        どんだけ人気でもアンチが沸くだろ?そのアンチだって一利ない奴も居れば的確に矛盾を見つけて一利は有る様な批判をしてる奴だっているだろ。この作品には矛盾が多すぎるから賞賛のコメントなんてつかないんだよ、別に書くななんて偉そうな事は言わんが批判コメを「はいはい」程度で流すんなら一生成長がないからやめとけ、時間の無駄
      • 71. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月16日 02:53
      • >>70
        長文見辛ぇよ帰れ



        ※2と僕らにエロSSをください…今からでも遅くない
      • 72. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月16日 03:22
      • このSSと※2に触発されてかいてみたよ(º﹃º )
      • 73. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月16日 07:34
      • 1 ただグロを書きたかったんだろうけど、グロ描写も上手くないしなあ
      • 74. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月16日 16:33
      • 70
        黙ってTSUTAYA行ってこいよ、んで小説読みまくってブログで評論してろ
      • 75. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月16日 20:08
      • だから王国のは劣化の劣化の劣化言われてんやろ
      • 76. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月16日 21:16
      • ※2
        それな
      • 77. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月16日 23:35
      • 読んでエロじゃないのに気づいて1ガッカリ
        さらに内容がつまんなかったので2ガッカリ
        そして※2の人気に嫉妬
      • 78. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月17日 01:45
      • ※のびてるから読んでみれば糞じゃねーか。
        ※2に謝罪と賠償を要求する
      • 79. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月17日 08:18
      • ※66
        マジレスするとオランウータン


        てっきり※2の内容かと思ってたに…
      • 80. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月17日 19:49
      • どなたか※2の内容で早く書いてください俺のエクスカリバーが冷えきってしまいます
      • 81. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 01:40
      • ※74
        別にやぶさかではないんだが何故そこでTUTAYAなんだwww
      • 82. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 02:19
      • 1 勿体振った改行から、ここで伏線回収だぜドヤァァァって感じの締めが「悪魔のようだ」……。
        開幕肩透かしからのこの微妙すぎる読後感、★1じゃ表現しきれねえ。
        スレタイから※2は連想しやすいし、突き抜けたグロじゃないから閲覧注意も付けにくいし、本人は真面目に書いてるっぽいしで、下手な釣りスレよりタチ悪いんじゃないか…?
      • 83. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 09:01
      • 短かったおかげで時間はたいして無駄にならなかった
      • 84. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月18日 21:11
      • とりあえず僕の竜ごろしの剣が臨戦態勢なんだが
      • 85. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月19日 17:45
      • 面白かった、経験値を溜める臓器ってとこもいいな。
      • 86. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月25日 23:10
      • 「タダで泊めてくれるって…」って描写があるだろうが。
        許して助けてを連呼して王様にも謝らせるからとか頭悪い発言してるとこからもだまし討ちはたやすいとわかる
        所々指摘箇所はあるが、少なくともお前らが言ってもお前らの読解力のなさを露呈するだけだからヤメとけ
      • 87. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月09日 05:02
      • ※2
        これじゃない事がわかったのでさっさとスクロールして
        コメントだけしに来た
      • 88. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年02月06日 15:37
      • 魔女が騎上位でエナジードレインするSS だと思って開いたのに・・・
      • 89. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年06月02日 21:30
      • なんでこんなのまとめたんだ管理人
        たんに低次元グロやりたいだけの最低SSじゃないか
        今まで見た中でも3本の指に入りそうな底辺だぞ

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務