TOP

ナルト「俺が生まれた日ってどんな感じだったんだ?」

1: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 21:53:21.14 ID:LCMBgGeQ0

クシナ「あなたが生まれた日?」

ナルト「うん」
 
クシナ「そうね……」


――――


クシナ「晩ご飯何がいいってばね?」

ミナト「今お昼食べ終わったばっかりだよ」

クシナ「私はそんなこと言ってられないの。お昼終わったらすぐに晩のこと考えなきゃいけないんだから」

ミナト「そっか……大変だね」

クシナ「そ! で、何がいい?」



2: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 21:55:14.09 ID:LCMBgGeQ0

ミナト「お昼食べる前なら色々思いついたんだけどね……」

クシナ「しょうがないじゃない、もー」

ミナト「何でもいいよ」

クシナ「"何でもいい"が一番困るんだってばね!」

ミナト「そうだよね……」

クシナ「何か具体的な料理名を出しなさいっ」

ミナト「んー……そうだなぁ……」

クシナ「……」

ミナト「んー……」

クシナ「ゴクリ……」



ミナト「カレー……」



3: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 21:57:49.80 ID:LCMBgGeQ0

クシナ「カレー?」

ミナト「そう! カレーが食べたいかな!」

クシナ「ふーん……カレーね、わかった」

ミナト「よろしく、頼んどくよ!」

クシナ「任しときなさいっ!」



4: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 21:59:49.43 ID:LCMBgGeQ0

――――


グツグツ


クシナ「♪」


グツグツ


クシナ「よしっ」カチッ

クシナ「ミナトーッ! カレーできたってばねーっ!」

ミナト「はーい」


ダッダッ


ミナト「できた?」

クシナ「うん! さ、座って座って」

ミナト「はいはいっ」ガタッ



5: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:01:42.02 ID:LCMBgGeQ0

クシナ「ふふ、今日のカレーはとってもうまくできてるわ!」

ミナト「お、それは楽しみだ」

クシナ「ちょっと待っててね……今、入れるから」



クシナ「はいっ」ゴトッ

ミナト「ありがとう」

クシナ「よし、それじゃ……」


「「いただきます!」」



6: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:04:10.96 ID:LCMBgGeQ0

ミナト「……」モグモグ

クシナ「んー、おいしいっ!」モグモグ

ミナト「……うん」モグモグ

クシナ「あ、辛い! これ相当辛いってばね! 水水!」ゴクゴク

ミナト「えっ」

クシナ「え? どうしたの?」

ミナト「そんなに辛い?」

クシナ「? ええ。あなたが辛いの好きだから結構辛くしてみたんだけど」

ミナト「ふーん……」

クシナ「?」

ミナト「……確かにちょっと辛いけど、僕はもっと辛くてもいいと思うけどなぁ」

クシナ「えーー!? これでちょっと辛い?」

ミナト「そんなに驚くことかな」

クシナ「驚くってばね!」



7: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:06:51.51 ID:LCMBgGeQ0

ミナト「そうかな……。これ、ハバネロペッパーかけてもいいかい?」

クシナ「え、いいけど……。味はどうなの? おいしい?」

ミナト「おいしいけど……」

クシナ「けど?」

ミナト「うーん……」

クシナ「……何?」

ミナト「何かが足りない、かな」

クシナ「!!」

ミナト「なんかこう、もうちょっと辛くないとさ……」

クシナ「十分辛いって!」

ミナト「これじゃカレーとは呼べないっていうか……とにかくこれはカレーじゃないよ」



8: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:08:47.31 ID:LCMBgGeQ0

クシナ「な、何言い出すんだってばね! これはカレー!! カレーなの!!」

ミナト「じゃ、かけるね」スッ


パカッ


クシナ「あっ! かけちゃダメッ!!」パチッ

ミナト「あ、なにするんだ!」

クシナ「せっかく私が作ったのに、さらにそこに調味料かけちゃうの? それは"失礼"に値するんじゃなくって?」

ミナト「いやそういうつもりじゃないって! かけたほうがよりおいしいんだよ! それにハバネロは調味料じゃなくて香辛料だよ」

クシナ「どっちでも一緒! 私の味付けが気に入らないってことなのね!」

ミナト「さっきいいっていったじゃないか」

クシナ「ダメなの! 気が変わったの! そのまま食べなさい!」

ミナト「えー、頑固だなぁ」

クシナ「ああ?」

ミナト「わ、わかったよ……」ゴト


モグモグ


クシナ「十分……辛いってばね……絶対……」ブツブツ

ミナト「もうちょっと辛いほうが……絶対おいしいのになぁ……」ブツブツ



9: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:09:55.69 ID:LCMBgGeQ0

――――

クシナ(ちょっと、大人気なかったかな。ミナトが好きなように食べさせてあげればいいか)

クシナ「ねぇ、ミナト」

ミナト「?」モグモグ

クシナ「それ、かけるの許してあげる」

ミナト「ほんとに!? じゃあ早速」パカッ 


パッパッパッパッパッパッパッパッパッパッパッパッパッパッパッパッ


クシナ「ちょ、ちょっと!! かけすぎ!!」

ミナト「そんなことないって! これもう気が抜けててあんまり辛くないんだよ」

クシナ「本当? ちょっと頂戴?」スッ

ミナト「はい」パッパッ

クシナ「ペロ……げほげほ!! 辛っ!! 水!」ゴクゴク

ミナト「大げさな……」



10: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:11:41.33 ID:LCMBgGeQ0

クシナ「ぷはー! 全然気なんか抜けてないってばね!」

ミナト「そう?」パッパッパッパッパッパッパッパッパッパッパッパッパッパッパッパッ

クシナ「ってミナト! ハバネロ山盛りになってるじゃない!」

ミナト「これくらいでちょうどいいんだよ」マゼマゼ

クシナ「ひ、ひえっ……」

ミナト「じゃ、食べようかな! "カレー"を!」

クシナ「イラッ」

ミナト「モグモグ…」

クシナ「ど、どうなの……?」

ミナト「うん! これぞ"カレー"だね! やっぱカレーは辛くないと!」

クシナ「! ふ、ふんっ、いいもん! 私はこれで十分おいしいから!」モグモグ



11: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:14:05.22 ID:LCMBgGeQ0

ミナト「おいしいおいしい! 君もかけてみなよ! これ!」モグモグ

クシナ「いらないっ!」

ミナト「絶対辛いほうがおいしいって!」

クシナ「もう十分辛いから……」

ミナト「僕がかけてあげるよ!」パカッ

クシナ「結構です!」

ミナト「え? もうかけちゃった」パッパッパッパッパッパッパッパッパッパッパッパッパッパッパッパッ

クシナ「バカァーーーーッ!!」

ミナト「食べてみなって! おいしいから本当に」

クシナ「モグ……おいしい……けど辛い!! ああああ!! 耳が痛い!!」

ミナト「おいしいでしょ!」

クシナ「おいしいのは私の味付けがいいからなの! これだと辛さが邪魔すぎるの!」

ミナト「いや、辛いほうがおいしいよね?」

クシナ「なわけあるか! じゃあハバネロ直接食べてなさいよ!!」

ミナト「また極端なこと言って……」



12: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:15:18.09 ID:LCMBgGeQ0

ミナト「あああ!! これじゃ食べられないってばね!」

ミナト「ちょっと落ち着こうよクシナ……」

クシナ「もおーー! このカレーあなたが食べて!」

ミナト「えー、食べなよー」

クシナ「私は新しいの食べるから!」ガタッ

ミナト「モグモグ……おいしいけどなぁ……」

クシナ「あんまりにも辛いと食べられないの!」パカ

ミナト「へぇー……」

クシナ「もう……」グルグル

ミナト「あ、そうだクシナ!」

クシナ「何?」ドロロ



ミナト「鍋のほうにもハバネロかけていいかい?」

クシナ「えっ!? ダメに決まってるでしょっ!! 絶対ダメ!!」



13: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:17:13.07 ID:LCMBgGeQ0

ミナト「えー、どうして」

クシナ「自分のところだけかけなさい! 私が食べれなくなるじゃない!」

ミナト「香辛料を加えた上で、さらに煮込んだほうがおいしくなるんだって!」

クシナ「料理できないくせに適当なこと言うな! いっとくけど、しばらくカレーなんだから、入れたら承知しないからね!」

ミナト「わ、わかったよ……」


――――


クシナ「ミナトはカレーに関してはなにかこだわりを持っているようだった……」

ナルト「へ、へぇ」

ナルト(なんでカレーの話になってんだ……?)


――――



14: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:25:46.79 ID:LCMBgGeQ0

ミナト「モグモグ」

クシナ「モグモグ」

ミナト「……」チラッ

クシナ「モグモグ」

ミナト「……やっぱりハバネロ入れた上で煮込まないと……」ボソ

クシナ「……」

ミナト「……」チラッ

クシナ「……」

ミナト「……」


ガタッ


ミナト「!」



15: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:27:54.92 ID:LCMBgGeQ0

クシナ「ちょっと、失礼……」

ミナト「ああ(トイレかな)」ニコッ

クシナ「ミナト」

ミナト「!?」

クシナ「入れちゃダメだからね」

ミナト「……」

クシナ「返事は?」

ミナト「ん、まぁまぁかな」

クシナ「あ?」

ミナト「はい」


バタン


ミナト「……」

ミナト「知ってるだろ、クシナ……。僕は気になったら実行しないと気がすまないんだ」スッ



16: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:29:54.25 ID:LCMBgGeQ0

ミナト「よーし! やるぞ!」


ガチャ


クシナ「何をやるって?」

ミナト「あ、いや、その」

クシナ「絶対ダメだからね」

ミナト「はい」

クシナ「もう……」


バタン


ミナト(よーし! やるぞ!)

ミナト「……」

ミナト「いや、待て……。本当にいいのか?」



17: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:31:03.71 ID:LCMBgGeQ0

モワモワ……


(入れちまえよ……きっとうまいカレーになるぜ? 辛くないカレーなんてカレーじゃねぇよ! ケッケッケッケ!)

(ダメだよ! 入れたらクシナが食べられなくなっちゃうよ? そうなったら家庭崩壊だよ?)

ミナト(天使僕と悪魔僕!)

(入れちまえ!)

(ダメだよ!!)

ミナト(ど、どうすればいいんだ……)

(入れろ!!)

(入れるな!!)

ミナト(ああああ)

(入れろーーー!!)

(入れろーーー!! あっ)



19: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:32:02.53 ID:LCMBgGeQ0

――――


ミナト(うわ、辛っ! ちょっと入れすぎたかな……)モグモグ

ミナト(でもやっぱり辛いとおいしいな。これこそ"カレー"って感じ!)


ガチャッ


ミナト「!」


クシナ「? どうしたの?」

ミナト「いや別に」

クシナ「まさか……入れたんじゃないでしょうね?」

ミナト「そ、そんなまさか、ははは」

クシナ「……」ジト…

ミナト「入れてない、入れてないよ!」



20: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:36:02.17 ID:LCMBgGeQ0

クシナ「そう……。さ、続き食べよっと」ガタッ

ミナト「……」

クシナ「やっぱりおいしいってばね!」モグモグ

ミナト「うん、おいしいよ! 本当においしい!」




クシナ「あー、おいしかった。おかわりしよっと!」

ミナト「!!」

クシナ「よいしょ」ガタッ

ミナト「く、クシナ」

クシナ「何?」

ミナト「もうやめといたほうが……」

クシナ「どうして?」



21: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:37:19.94 ID:LCMBgGeQ0

ミナト「ほ、ほら! 君これで三杯目でしょ! 食べすぎだよ食べすぎ」

クシナ「一杯目はあなたのせいでほとんど食べられなかったんだから! 実質二杯目だってばね」

ミナト「あ、そうか……でもほら! ダイエットしてるんじゃなかった?」

クシナ「してない! 食べたいだけ食べるの!」

ミナト「そ、そう……」

クシナ「……」パカッ 

ミナト「太るよ」

クシナ「別にいいもん」ドロロ……

ミナト「僕はいつまでもクシナにスリムでいてほしいけどな……」

クシナ「これくらい大丈夫!」

ミナト(ダイエット系は効かないぞ! なんとかしないと! どうしよう!?)

クシナ「あなた、おかわりは?」

ミナト「!? いや、僕は今ある分でもういいよ……」

クシナ「そ」ガタッ

クシナ「じゃ、いただきまーす!」パクッ



22: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:38:40.69 ID:LCMBgGeQ0

ミナト(!! そうだ、自来也先生がやったことにしよう)


クシナ「うん、おいし……!?」

ミナト「……?」


クシナ「あああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!」


ミナト「!?」

クシナ「おふあああ!!! 耳が痛いぃ!! げほげほ!! ああういうえあええ!!!」コクゴク

ミナト「あわわ……」

クシナ「ぷはー、はぁはぁ……あ、あなたーーーーっ!!!」ガタッ

ミナト「は、はいーっ!!」
 
クシナ「なんてことするんだってばねェーーーッ!!!」



23: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:40:09.77 ID:LCMBgGeQ0

ズンズン


ミナト「違うって! 僕じゃないって!」

クシナ「あなた以外に誰がいるっていうのよぉーーーっ!!!」

ミナト「自来也先生がきてハバネロ入れてったんだよ」

クシナ「んなわけあるかっっ!!! 人のせいにすんな!!」

ミナト(あああ! よく考えたらこんな言い訳通るわけないじゃないか!)

クシナ「この口を見るってばね! 辛すぎてヒリヒリする!! どうしてくれるの!!」

ミナト「トマトみたいだね」

クシナ「ああああああああああ!!!」ガリガリ



24: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:42:12.52 ID:LCMBgGeQ0

ミナト「あわわ!!」

クシナ「もうあのカレー全部台無しじゃないのよぉーーーっっ!!」

ミナト「すみません!」

クシナ「私はあなたほど辛いのが得意じゃないのよ!?」

ミナト「はい!」

クシナ「人によって辛さの感じ方は違うの! どうしてそれをわかってくれないの!?」

ミナト(あ、これ長くなるパターンだ)

クシナ「好みを他人に押し付けないでよ! 自分だけ楽しんでればいいじゃない!!」



25: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:47:00.94 ID:LCMBgGeQ0

クシナ「最近あなたちょっと思いやりって物がなくなってきてるってばね!」

ミナト(唐突にムラムラしてきたぞ)

クシナ「もうちょっと優しさをもって」

ミナト「クシナァーーーッ!!!」バサッ

クシナ「きゃぁっ!!」

ミナト「あああああああああああ!! ヤクを盛ったなぁーーー! クシナァーー!」ビリビリ

クシナ「えええ!! 何も入れてないってばね!! やめて!!!」

ミナト「じゃあこの高まりはなんなんだ!!! 脱がしてやる!!」ビリビリ

クシナ「知らない!! ああっやさしくして!!!」



26: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:48:53.77 ID:LCMBgGeQ0

ミナト「!」

クシナ「ミナト?」

ミナト「今の台詞……もう一度言ってくれないか?」

クシナ「えっ……どれよ……」

ミナト「ほら、やさしくしてってやつだよ」

クシナ「え、ああ……」

クシナ「やさしくしてね……?」

ミナト「く……クシナァーーーーッ!!」ガバッ

クシナ「ああーーーーっ!」



27: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:49:41.88 ID:LCMBgGeQ0

――――

クシナ「そうしてできたのがあなただった」

ナルト「そ、そう」

ナルト(生まれた日ってそっちかよ! 親の性事情なんか聞きたくねェ! 話変えないと)

クシナ「きっとカレーには人を興奮させる作用がある……その時は私も興奮していて、寝室に部屋を変え……」

ナルト「なぁなぁ」

クシナ「え、あ、何?」

ナルト「そのカレーってその後どうなったんだ?」

クシナ「ああ……あのカレーは……」

ナルト(しまった! 誕生日のほうに話題変えればよかった!)



29: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:53:32.72 ID:LCMBgGeQ0

――――


ミナト「……」

クシナ「ズルズル」

ミナト「ラーメンおいしそうだね……」

クシナ「……」

ミナト「あの……僕の昼ご飯は?」

クシナ「カレー食べれば?」

ミナト「ああ……そうだよね」

クシナ「ズルズル」

ミナト「……クシナぁ……悪かったよ」

クシナ「……」

ミナト「……」

ミナト「いや待て……なんで僕がこんなに謝らなくっちゃならないんだ?」



30: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:55:19.30 ID:LCMBgGeQ0

クシナ「!!」

ミナト「この程度の辛さに耐えられないクシナの舌がおかしいかもしれないじゃないか!」

クシナ「なんですって!?」

ミナト「きっとそうだよ! 僕はおかしくない! 君がおかしいんだ!」

クシナ「はあ!? どう考えてもあんな辛いの食べられないってばね! あなたの舌がおかしいの!」

ミナト「よーし、いいよ! そこまで言うなら試してみようじゃないか!」

クシナ「え?」

ミナト「誰かにこのカレーを食べてもらうんだよ! そうすればどっちの舌がおかしいかわかる!」

クシナ「なるほど……」

ミナト「君の舌がおかしかった場合は、今度からのカレーは全部この辛さにしてもらうよ!」

クシナ「なんでそうなるんだってばね! 自分のところにだけハバネロかければ済む話じゃない!」

ミナト「あれ、自信がないのかな?」

クシナ「く……! じゃ、じゃああなたがおかしかった場合はどうするんだってばね!?」

ミナト「僕がおかしかったら……? 君の言うこと何でも聞いてやるよ!」

クシナ「へぇ……」

ミナト「ま、そんなことはありえないけどね」

クシナ「どうかしらね……」



31: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 22:58:11.31 ID:LCMBgGeQ0

――――


自来也「カレー食わしてくれるんだって? おお! うまそうだのぉ!」ゴトッ

ミナト「はい! 我が家の特製カレーを召し上がってってください!」

クシナ「私が作ったの! 自分が作ったみたいに言わないでくれる?」

ミナト「どっちでもいいじゃないかそんなこと」

クシナ「よくない!」

自来也「……食べていいか?」

クシナ「どうぞどうぞ! 召し上がってください!」

自来也「おお、それじゃ、いただきます!」



32: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 23:01:51.82 ID:LCMBgGeQ0

クシナ「……」ジー

ミナト「……」ジー


自来也「……」カチャ……


クシナ「……」ジーー

ミナト「……」ジーー


自来也「……」スッ


クシナ「……」ジーー

ミナト「……」ジーー


自来也「あーん……」スーーッ


クシナ「……」ドキドキ

ミナト「……」ドキドキ


自来也「……」ピタッ


クシナ「!」

ミナト「!」


自来也「あの……」



33: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 23:02:48.42 ID:LCMBgGeQ0

クシナ「!!!」

ミナト「!!!」

自来也「あんまり見られると食いにくいのぉ……」

ミナト「お気になさらず……」

クシナ「そうですよ……」

自来也「そうか……?」

クシナ「……」

ミナト「……」

自来也「あーん……」

クシナ「……」ジーー

ミナト「……」ジーー

自来也「パクッ」

クシナ(食べた!)

ミナト(どうだ!?)



34: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 23:04:27.00 ID:LCMBgGeQ0

自来也「……うんうん……うまいのぉ……」モグモグ

ミナト(や、やったっ!!)

クシナ(うそ……!)


自来也「む!?!?」


ミナト「!?」

クシナ「!?」



自来也「あああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!」



ミナト「!?!?」

クシナ「!?!?」



35: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 23:06:19.96 ID:LCMBgGeQ0

自来也「げほげほ!! 辛っ!!! 水くれ水!! 早く!!」

クシナ「は、はい」コポコポ

自来也「は、はやくっ!! げほげほっ!!」

クシナ「ど、どうぞ!」ゴトッ

自来也「ゴクゴク……ぷはっ、はぁはぁ……」

クシナ「ふふん……見なさい……」チラッ

ミナト「そ、そんな……くっ……!」

自来也「お、お前達こんな辛いの食べてるのかのぉ!? ワシにはとても食えんのぉ!!」

ミナト「ダメですよ先生! 全部食べてください!!」

自来也「か、勘弁してくれ!!」

ミナト「この辛さが癖になってくるんですよ!」

自来也「ありえんのぉ!!」

ミナト「先生の食べ残しなんて僕食べられませんよ! 責任もって最後まで食べてください!」

自来也「ムリだってのぉ!! 帰る!!」ガタッ



36: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 23:07:34.36 ID:LCMBgGeQ0

ミナト「あっ、待ってくださいよぉ! 先生!!」


ダダッ


自来也「悪いのぉ!! お邪魔しました!」


バタン


ミナト「……」

クシナ「……」

ミナト「……」

クシナ「ふふん……」ニヤ……

ミナト「……くっ」



37: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 23:10:20.48 ID:LCMBgGeQ0

クシナ「じゃ、約束は守ってもらうからね」

ミナト「何をさせる気だい……?」

クシナ「そうねぇ……」

ミナト「……」

クシナ「ねぇ……」

ミナト「?」

クシナ「悔しがってるあなた……かわいい」

ミナト「!」ドキッ

クシナ「ふふ……」ジーー

ミナト「な、なんだよ」

クシナ「ミーナトっ!」ギュ

ミナト「わ……」



38: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 23:11:49.29 ID:LCMBgGeQ0

クシナ「ふふっ、私の勝ち! ねぇ、悔しい?」ジーー

ミナト「あ……く、悔しくなんか」

クシナ「悔しいでしょ? ねぇ!」ジーー

ミナト「うう……」

クシナ「かっわいいー! えいえい」チョンチョン

ミナト「く……」

クシナ「ねぇ……あなた」

ミナト「な、なんだい……」

クシナ「私の言うことなんでも聞くのよね?」

ミナト「だから何を……!」

クシナ「今日は……可愛がって? それが私の命令だってばね!」

ミナト「!」

クシナ「ふふ……」

ミナト「く、クシナァーーーーッ!!」ガバッ

クシナ「ああーーーーっ!!」



39: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 23:12:43.95 ID:LCMBgGeQ0

――――


ナルト「ストップストップ!!」

クシナ「え?」

ナルト「なんでそうなるんだってばよ!」

クシナ「いや、だってカレーがどうなったか聞くから……あれ? カレーの話じゃなかったっけ?」

ナルト「あのさ! 生まれた日っていうのは、その……そっちのほうじゃなくて!!」

クシナ「? そっちのほうってなに?」

ナルト「だから……その……そういうエッチなほうじゃなくて……」

クシナ「あーーー!! なるほど!! あっちね!!」

ナルト「そう!!」



41: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 23:17:57.95 ID:LCMBgGeQ0

――――

クシナ「ミナトーーーッ!」

ミナト「どうしたんだい?」キュッキュッ

クシナ「私……赤ちゃんができた」

ミナト「え……」

クシナ「私……母親になるんだってばね!」

ミナト「!」

クシナ「お母さんに……お母さんになるんだってばね!」

ミナト「じゃ、じゃあ僕がお父さん……?」

クシナ「そう……! あなたがお父さん!」

ミナト「お父さん……お父さんか! お父さんかぁ!!」

クシナ「きゃはーーーっ! ミナトぉーーーっ!」ギュッ

ミナト「あっははは!」ギュ



42: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 23:19:35.15 ID:LCMBgGeQ0

クシナ「お母さんだってばね!!」

ミナト「お父さんかぁーー!!」

クシナ「ねえミナト!」

ミナト「なんだい?」

クシナ「今日の晩ご飯、豪華にしましょ!」

ミナト「お、いいね!」

クシナ「何食べたい?」

ミナト「ん、そうだね……」

クシナ「なんでも作るってばね!」

ミナト「そうか、そうだなぁ……じゃあ……」

クシナ「うん」

ミナト「……カレー、かな」



43: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 23:22:04.62 ID:LCMBgGeQ0

クシナ「え……」

ミナト「ダメかい?」

クシナ「ううん……カレーってことは……今日……」

ミナト「ふふ……いいかい?」

クシナ「いいえ……でも、今日は中はダメだから……あまり乱暴にしないでね……」

ミナト「!」

クシナ「?」

ミナト「クシナ、今の台詞もう一回いいかい?」

クシナ「えーっ、どれよ」

ミナト「乱暴に……ってとこ」

クシナ「ああ……」

クシナ「あまり乱暴にしないでね……やさしくして?」

ミナト「!!!」

クシナ「ふふ……」ギュ

ミナト「く、クシナァーーーーッ!!」ガバッ

クシナ「ああーーーーっ!!」



44: ◆TsVlOhJj8ZDh:2014/10/12(日) 23:24:57.31 ID:LCMBgGeQ0

――――

ナルト(かなりのバカップルだってばよ……)

クシナ「カレー……それを食べた日には私達は漏れなくあれをしている……。
そう……カレーは私達にとってはすなわち……あれを想像させるものだった……
ナルト、あなたが私のお腹に誕生したことがわかったあの日、私達はまたカレーを……」

ナルト「なぁ、母ちゃん」

クシナ「何?」

ナルト「その話はもう十分です」

クシナ「え、でもあなたが」

ナルト「生まれた日ってのは誕生日のことだってばよ」

クシナ「あ、そっちね」

ナルト「はい」

やっと本題に戻っていくナルトとクシナであった

(終)



転載元
ナルト「俺が生まれた日ってどんな感じだったんだ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413118391/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月13日 06:36
      • 辛いものが好きって奴は信用してはいけない
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月13日 09:02
      • 辛いものが好きっていうくせに激辛駄目な奴と、激激激激激辛じゃないと許さない奴だったら前者が大半だよね
        後者は猛者過ぎて一緒に飯食えなくなる
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月13日 09:13
      • 3 ミナト先生って昔はすごい人ってイメージあったけど
        終盤の活躍のせいで何処かズレてる人ってイメージになっちまったなぁ
        まぁ柱間の方がギャップ凄かったんだけどね
      • 4. MCC
      • 2014年10月13日 10:17
      • 5 良いね
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月13日 14:43
      • ※3
        初期は完璧なエリートにしか見えなかったけど今は天然からのやらかしが目立つんだよなあ‥
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月13日 19:37
      • 辛いもの好きってバカでしょ。
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月13日 21:09
      • 辛いものは食べられないけど辛めの味付けは好きです(錯乱)
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月15日 06:07
      • ホモスレじゃないとかツマンネ
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月24日 11:54
      • 5 こういうのいいね

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ