TOP

クロウ「大変だ遊星!モンスターが実体化して暴れてるぜ!」 遊星「何!?」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/07(火) 14:56:55.68 ID:+qrFGJtY0

遊星「どういう事だ説明してくれクロウ」

クロウ「解らねえ・・・ほら見ろよ!」

シャドウ・グール「オオオ」

遊星「これは・・・!」

クロウ「言っただろ実体化したって」

遊星「ブルーノ!ジャックを呼んできてくれ!」

クロウ「どうするんだ遊星」

遊星「戦うしかない・・・クロウ、下がっていてくれ」



2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 15:01:20.86 ID:+qrFGJtY0

シャドウ・グール「オオオ」スーッ

クロウ「消えた!?」

遊星「いや奴は壁の中に隠れただけだ!壁から離れるんだ!」

クロウ「どこだ!どこから」

遊星「・・・後ろだ!」

クロウ「おっと」

シャドウ・グール「オオオ・・・」スッ

クロウ「野郎!また壁に逃げ込む気だぜ!」

遊星「逃がさん!」ガッ

シャドウ・グール「オ?オオ!?」パタパタ

クロウ「どうするんだ遊星」

遊星「殺してしまうわけにはいかない。すまないが眠っていてもらうぞ」ドスッ

シャドウ・グール「オ・・・」

遊星「あとは縄で縛っておこう」



3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 15:07:42.42 ID:+qrFGJtY0

ジャック「何!モンスターが実体化!?」

ブルーノ「うん、ほら見てよジャック」

速攻の黒い忍者「シュッ」

ジャック「フン、くだらん事をソリッドヴィジョンの類いではないか」

速攻の黒い忍者「シュッ!シュッ!シュッ!」

ブルーノ「ジャック!手裏剣が!」

ジャック「狼狽えるな!所詮はソリッドヴィジョン!」グサッ

ブルーノ「ジャック!」

ジャック「血・・・痛み・・・これは・・・」

速攻の黒い忍者「シュッ」

ジャック「許さん!待て忍者!!」

ブルーノ「待ってよジャック!」



5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 15:13:25.28 ID:+qrFGJtY0

速攻の黒い忍者「・・・」チャキッ

ジャック「刀を取り出したか」

ブルーノ「待ってジャック、僕も武器を渡すから」

ジャック「いらん。俺にはデュエルディスクがある」

速攻の黒い忍者「・・・」シュッ

ブルーノ「早い!」

ジャック「ブルーノ、お前に教えてやろうデュエルディスクのもう一つの使い方を」

ブルーノ「もう一つの使い方?」

ジャック「そうだデュエルディスクは時として・・・武器となる!」

バキッ

速攻の黒い忍者「!?」

ブルーノ「刀を折った・・・?」

ジャック「俺の頭に手裏剣を突き刺した罪は重いぞ!」

速攻の黒い忍者「シュッ・・・」ガクガク



6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 15:18:37.91 ID:+qrFGJtY0

遊星「何が起こったと思う」

クロウ「解らねえって言っただろ?」

ジャック「遊星」

遊星「ジャックお前もモンスターに襲撃されたのか」

ジャック「ほら」

遊星「速攻の黒い忍者か・・・一先ず縛り付けてどこかへ閉じ込めておこう。それに」

ブルーノ「モンスターはこの二体だけじゃないはずだよね」

遊星「ああ、恐らくは彼らを指導するリーダーが居るはずだ」

クロウ「探すのかあてもねえのに」

遊星「探さなければこの街は破壊の限りを尽くされてしまう」



14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 15:55:24.50 ID:+qrFGJtY0

クロウ「こいつは酷いぜ・・・モンスターだらけじゃねえか」

ジャック「・・・」

キーメイス「ヒエッ」

遊星「安心してくれ俺たちは君に危害は加えない」

ブルーノ「言葉は解るかい?」

キーメイス「・・・」

遊星「仕方がないこれを使おう」ゴソゴソ

クロウ「何だそれは」

遊星「これは昨晩の夕食に出た余り物のコンニャクを俺が改良したものだ」

ジャック「コンニャクだと?そんなものに何の意味が」

遊星「さあこれを食べるんだ」

キーメイス「・・・」モグモグ

遊星「名前は?」

キーメイス「僕、キーメイス」

クロウ「喋った!?」



18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 16:04:52.86 ID:+qrFGJtY0

遊星「何が起こったのか説明してくれ」

キーメイス「はい、このモンスター騒動は二人のモンスターが巻き起こしました夫婦喧嘩なのです」

ジャック「夫婦喧嘩だと?ふざけるな!」

遊星「誰なんだその夫婦モンスターは?軍神シルバと武神ゴルドか?」

キーメイス「えーっとロード・オブ・ドラゴンさんとドラゴン・ウィッチさんです」

クロウ「ドラゴン夫婦か・・・」

遊星「シグナーの俺達とドラゴン夫婦・・・何か因縁深い」

ジャック「それで奴らはどこだ」

キーメイス「ロード・オブ・ドラゴンさんはこの人間界に眠るドラゴンを蘇らせる屈強な生贄を探しています」

遊星「屈強な生贄・・・一体何なのだろうか」

マックス「ジャック!助けて!!」

ジャック「あれはボマーの弟と妹」

アニー「お兄ちゃんがロード・オブ・ドラゴンに誘拐された!!」

クロウ「ボマーが!?」

遊星「屈強な生贄の正体はボマーだったのか!」



21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 16:13:58.99 ID:+qrFGJtY0

クロウ「チクショー!よくもボマーを!」

遊星「待つんだクロウ!落ち着け!!」

クロウ「でもボマーが・・・ボマーが!」

遊星「ボマーほどの男なら大丈夫だ。それに妻が居ると言う事はホモではない」

ブルーノ「奥さんを捕まえて人質交換はどうだろうか」

ジャック「そんな悪党みたいな事ができるか!」

遊星「キーメイス、ドラゴン・ウィッチがどこに居るか解るか」

キーメイス「はあ・・・僕はそこまでは」

遊星「そうか・・・だがあんな格好でウロウロしてたのならきっと周りに男が集るはず」

遊星「人妻・・・そうか!」

ジャック「何か解ったのか?」

遊星「人妻の行く場所は検討がつく急ごう」

ジャック「それはどこだ!」

遊星「スーパーだ。スーパーなら人妻が沢山いる」

ブルーノ「モンスターでも?」

遊星「モンスターでもだ!」



22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 16:20:47.61 ID:+qrFGJtY0

遊星「居たぞ」

ブルーノ「さすが遊星!」

クロウ「おい!てめえらが夫婦喧嘩するせいでボマーがさらわれちまったんだぞ!」

ドラゴン・ウィッチ「ちょ、やめてください!」

遊星「離すんだ」

遊星「俺は不動遊星。この騒ぎは君達が起こしたと聞いた」

ドラゴン・ウィッチ「半分以上は旦那です。あの人が・・・」

遊星「浮気か、でもこの世界とモンスター世界を巻き込む喧嘩は宜しくないな」

ドラゴン・ウィッチ「・・・はい」

遊星「それに人妻ならそんな格好はダメだ、それがロード・オブ・ドラゴンが浮気をする原因だと」

ドラゴン・ウィッチ「いいえ浮気ではありませんよ・・・あの人は私に隠していたのです!ホモである事を!」

遊星「!?」

ジャック「ま、まさか・・・ボマーが誘拐されたのは」

遊星「ボマーの貞操が危ない」



23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 16:25:10.61 ID:+qrFGJtY0

ロード・オブ・ドラゴン「よし服を脱がせて・・・これでよし」

ボマー「ううん・・・」

ロード・オブ・ドラゴン「この男をリリースする事により古の龍タイラント・ドラゴンが蘇る」

ロード・オブ・ドラゴン「あのドラゴンは私の魂を擽る肉体美だ!一度でいいから舐めまわしてみたいのだ」

ロード・オブ・ドラゴン「たとえこの世界が滅んでも妻に私の性癖がバレても・・・私は」

ボマー「おぉん・・・」

ロード・オブ・ドラゴン「後はこいつの肛門からデュエルエナジーを抜き取る事で蘇る」

ボマー「あぁん・・・」



25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 16:30:37.46 ID:+qrFGJtY0

遊星「旦那の居場所は解るか?」

ジャック「それとモンスターを早く撤退させろ!」

ドラゴン・ウィッチ「安心してください。今この世界に居るモンスターはレベル4以下ばかり、それ以上のモンスターはわざわざ来ませんから」

遊星「だがモンスターが実体化したままじゃ・・・ブルーノあれを使うか」

ブルーノ「あ、あれを!?あれはまだ完成してないよ!」

遊星「すぐに完成させてくれ!それとドラゴン・ウィッチ、ロード・オブ・ドラゴンの居場所を」

ドラゴン・ウィッチ「・・・解らないです」

遊星「いや解るはずだ!たとえ離れていても喧嘩をしていても夫婦同士の絆はそう簡単に途切れはしない!」



27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 16:37:21.28 ID:+qrFGJtY0

ドラゴン・ウィッチ「ピューッ」

真紅眼「グロロロロ」

ドラゴン・ウィッチ「乗ってください、案内します」

遊星「ありがとう」

ジャック「口笛一つで呼び出すとは」

クロウ「行こうぜ!ボマーが危ねえ!」

遊星「ドラゴン・ウィッチ、もしロード・オブ・ドラゴンに会ったらどうする」

ドラゴン・ウィッチ「話し合ってみます。もう一度」

遊星「いい心がけだ」

ドラゴン・ウィッチ「行きましょう!飛んでください真紅眼の黒竜!」

真紅眼「グロロロロ」パタパタ



28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 16:49:45.31 ID:+qrFGJtY0

ジャック「遅かったようだ・・・あれを見ろ」

遊星「大きすぎる・・・何なんだあの巨体は」

ドラゴン・ウィッチ「タイラント・ドラゴンはその圧倒的な力で全てのドラゴン族を掌握し全面戦争を巻き起こしたと言われています。故にその戦士で将軍フリード率いる戦士族と魔法使い族がこの人間界に封印したとか」

クロウ「ボマー!」

ロード・オブ・ドラゴン「あれは我が妻それに人間か」

ドラゴン・ウィッチ「こんなドラゴンを蘇らせるなんて!お辞めください!」

ロード・オブ・ドラゴン「喧しい!これは私の性癖だ!見ろ逞しい肉体を持つタイラント・ドラゴンの姿を!」

ドラゴン・ウィッチ「貴方はそうやってドラゴン族の雄ばかりに手を出すから私も肩身の狭い思いをしたのですよ!?ドラゴン族の雌から陰で色々と言われて!」

ロード・オブ・ドラゴン「そんな意見は無視しろ!俺達はドラゴン族を支配できるのだぞ!」

ドラゴン・ウィッチ「支配ではありません!私達の力は共存するための!」

遊星「あれはボマーじゃないか」

クロウ「ボマー・・・こんな干からびて・・・」

ジャック「恐らくこの肛門からデュエルエナジーを抜き取られたんだろ」

遊星「何て惨い事を・・・行くぞタイラント・ドラゴンを倒すんだ!」

ジャック「言われるまでもない!」

クロウ「ボマーの仇だ!」



29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 16:57:34.84 ID:+qrFGJtY0

遊星「間近で見ると・・・凄いな」

ジャック「大きすぎる」

クロウ「先手必勝だ!」

遊星「よせ!」

タイラント・ドラゴン「・・・」バシッ

クロウ「うわあああああああああああああああああ」

遊星「クロウ!」

ジャック「あのバカ!考えも無しに飛び込むから」

遊星「だがこの巨体では考えも何もない・・・どうするジャック」

ジャック「どうするもこうするもやるしかないだろ!まずは奴の翼を攻撃するぞ!」

遊星「ああ!」



30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 17:05:00.37 ID:+qrFGJtY0

遊星「くっ・・・」

ジャック「ダメージすらも与えられん・・・俺は・・・俺達は・・・」

ドラゴン・ウィッチ「遊星さん!ジャックさん!」

遊星「デュエルでなら勝てたかもしれない・・・だが」

鬼柳「おいおい諦めるのかよ遊星」

遊星「き、鬼柳!」

プラシド「こんな所で死ぬことは許さん!お前は俺の獲物だ!」

遊星「プラシド・・・」

鬼柳「俺とこいつだけじゃねえぜ、見ろよ!」

牛尾「遊星!立ち上がれ!!」

カーリー「ジャック!」

アキ「頑張って遊星!」

龍亞「遊星!」

龍可「遊星!」

「頑張れ遊星!」

「遊星!」

「遊星!」

遊星「・・・まだ負けるわけにはいかん!プラシド、剣を貸してくれ!」

鬼柳「何をするんだ遊星」

遊星「内部から奴を斬る」



31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 17:15:20.14 ID:+qrFGJtY0

遊星「行くぞタイラント・ドラゴン!これが俺達デュエリストの絆だ!」

タイラント・ドラゴン「シャーッ!」

遊星「口を開いた・・・今だ!」

ロード・オブ・ドラゴン「バカめ!わざわざ死にに行ったか!!」

ドラゴン・ウィッチ「いいえ死にません。何故なら彼はデュエリストだから」

ロード・オブ・ドラゴン「己・・・!さっきから私の邪魔ばかり」

鬼柳「どんだけ自分勝手なんだよてめえ!」シュッ

ロード・オブ・ドラゴン「くっ・・・カードで私を刺しただと」

鬼柳「知らねえのか?機械族モンスターのカードは普通のよか堅いんだよ」

ロード・オブ・ドラゴン「サイバー・ドラゴン・・・!?」

プラシド「不動遊星に邪魔されるお前が悪い。悪事を働くのなら人知れず密かにだ、これが悪の鉄則よ」

ロード・オブ・ドラゴン「・・・」

ジャック「聞こえるか遊星!」

鬼柳「そのまま叩き斬っちまえ!!」

タイラント・ドラゴン「キシャアアアアアアアアアアア」

ドラゴン・ウィッチ「苦しんでる・・・遊星さん」

鬼柳「行けるぜ遊星!あと少しだ!!」

タイラント・ドラゴン「オオオオオオオオオ」



34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 17:33:09.01 ID:+qrFGJtY0

タイラント・ドラゴン「ぐおっ・・・」

遊星「ハァ・・・終わった」

ジャック「遊星!やりおったな!」

遊星「これは返すぞプラシド!」

プラシド「フン」

鬼柳「最後まで見たかないのかお前」

プラシド「知らん、不動遊星があんな奴に負けるわけがない。俺の手出しは無用」

鬼柳「お前も遊星と出会って満足した口か」

プラシド「勘違いするな!不動遊星を倒すのはこの俺だけだ!あんなドラゴンに倒されてたまるか」

遊星「すまなかったタイラント・ドラゴン、ロード・オブ・ドラゴン!お前はどうする!!」

ロード・オブ・ドラゴン「・・・負けを認めよう。私が悪かった・・・」

ドラゴン・ウィッチ「あなた」

ロード・オブ・ドラゴン「これからは子作りに励みたいと思う。もうドラゴンには手を出さない」

遊星「それがいい。こんないい身体をした女性をほっとく何てダメな行為だ」

クロウ「ボマーはどうなっちまうんだ」

ロード・オブ・ドラゴン「大丈夫、少ししたら体力を回復するはずだ」

クロウ「やったぜ」

遊星「後は野に放たれたモンスターだけか」



35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 17:38:15.37 ID:+qrFGJtY0

ブルーノ「遊星!完成したよ!」

遊星「来たか」

ジャック「それは何だ」

遊星「童話の桃太郎からヒントを得たきびだんごだ」

クロウ「それをどうするんだ」

遊星「これを食べればモンスター達は暴れず食べさせた人間のいう事を聞くようになる」

クロウ「さすが遊星だぜ!」

遊星「もう喧嘩するんじゃないぞ」

ドラゴン・ウィッチ「はい!」

遊星「アキ、龍亞、龍可そしてみんな!最後に俺の仕事を手伝ってくれ!」

「おー!」



36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 17:43:58.46 ID:+qrFGJtY0

数日後

遊星「モンスターが実体化するとは不思議な事もあるんだな」

ブルーノ「もうあんな事はごめんだよ」

遊星「ボマーも容体はどうなんだ」

ブルーノ「何でもかなり回復したみたいでクロウと出かけたらしいよ」

遊星「仲がいいんだな相変わらず」

ブルーノ「うん」

遊星「さて俺も仕事に」

ジャック「大変だぞ遊星!モンスターが!」

遊星「モンスター?彼らは帰ったはずだぞジャック、きっと何か夢でも」

ジャック「いや違う!モンスターの大軍団がこの街を制圧した!!」

遊星「何!?」


第一部完



41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 19:14:53.58 ID:+qrFGJtY0

遊星「まさか」

ジャック「嘘ではない」

クロウ「ゆ、遊星」

遊星「クロウ!何があったんだ!?」

クロウ「いきなり襲撃されてボマーが誘拐されちまった・・・」

ジャック「ボマーが?」

クロウ「ボマーだけじゃねえ・・・俺が見た限りじゃアキもカーリーも捕まってたぜ・・・」

遊星「アキ達まで」

クロウ「気をつけろよ遊星・・・あいつらは只者じゃねえ」ガクッ

ジャック「クロウ!」

遊星「ブルーノ、クロウを頼む」

ブルーノ「遊星は」

遊星「俺はジャックと探ってくる」



42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 19:21:29.02 ID:+qrFGJtY0

遊星「まるで軍隊だな・・・よし」

ジャック「何をする気だ遊星」

遊星「俺が気を引く、その間にジャックはみんなを解放してくれ」

ジャック「解った」

遊星「おい、こっちだ!ついて来い!」

メカ・ハンター「まだ人間が居たか!待てー!」

遊星「ついて来たな。後は頼むぞジャック」

キャノン・ソルジャー「待て!」ガチャガチャガチャ

ジャック「行ったか、無事でいろよ遊星」



43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 19:31:21.07 ID:+qrFGJtY0

遊星「ここまで来れば」

メカ・ハンター「追い詰めたぞ」

キャノン・ソルジャー「大人しくしろ」

遊星「見た感じ60はくだらないな。全てが機械族か」

機械王「この奇妙な髪型は武藤遊戯・・・いや違うか」

遊星「お前は機械王、お前がこいつらの親玉のようだな」

機械王「そうだ、大人しく軍門に下れデュエリスト!」

遊星「やめるんだ!こんな事をしても意味はないはず!」

機械王「ある!私はかつて人間だった、だがデュエリストに敗れ電脳世界へ閉じ込められたのだ!」

遊星「何が言いたい」

機械王「長い長い年月を経て私はいや私達はデュエルモンスターの肉体を得たこの機械王の姿をな。教えてやろう私は海馬コーポレーションのビッグ5の一員!正真正銘の人間だ!」

遊星「たとえ人間だとしてもこんな事は罷り通らない」

機械王「ならどうする」

遊星「お前を倒す」



46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 19:37:36.21 ID:+qrFGJtY0

メカ・ハンター「凄い・・・機械王様と互角に渡り合ってる!?」

キャノン・ソルジャー「あの機械王様のボディーを凹ませるなんて!」

遊星「くっ・・・何て硬さだ」

機械王「やりおるな此奴・・・しかし私は倒せんぞ!人間の脆弱な身体で私の機械の身体を破壊はできん!」

遊星「それはどうかな」

機械王「何?」

遊星「俺は最初の一撃をお前の身体に加えたときお前の身体に必要な部品を抜き取っておいた!」

機械王「バカな!?」

遊星「俺は機械弄りが好きだ、だから機械を見ればどこが弱点なのか理解できる」

機械王「デュエリストめ!!」

遊星「この一撃で決まる!終わりだ機械王!!」

機械王「畜生・・・ッッ!!!」



49:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 19:46:31.46 ID:+qrFGJtY0

遊星「終わった」

深海の戦士「不甲斐ない奴め!」

ペンギン・ナイトメア「意気揚々に己の肉体を改造したと宣っていたら」

ジャッジ・マン「所詮は機械軍曹時代と変わらんじゃないか!」

遊星「奴はビッグ5と言っていたまさか」

深海の戦士「そう我々はビッグ5、不動遊星か」

ペンギン・ナイトメア「ジャック・アトラスはすでに捕獲した」

ジャッジ・マン「今や人間はお前しか残っていない。さあどうする」

遊星「まさかジャックまで」

「シティの人間は捕まえてもそれ以外はできてねえみたいだな!」

深海の戦士「誰だ!?」

「虫ケラを何人捕まえようと所詮はその程度しかできん虫ケラ以下のクズ共め!」

ジャッジ・マン「どこだ・・・どこから!?」

「後ろだ」グサッ

ペンギン・ナイトメア「う、嘘・・・グヘッ」

「逃げるぜ遊星!しっかり掴まれよ!」

遊星「あ、ああ」



50:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 19:51:14.65 ID:+qrFGJtY0

深海の戦士「バカが油断するから」

ペンギン・ナイトメア「」

ジャッジ・マン「我々も彼のように改造を」

深海の戦士「・・・うむ」

ジャッジ・マン「それと人員を増やさねばいきなりビッグ5が3になってしまうなんて」

深海の戦士「不動遊星・・・ジャック・アトラス・・・まるで武藤遊戯や海馬瀬人そっくりだ」

深海の戦士「それに何だこの世界はデュエリストだらけじゃないか」

ジャッジ・マン「ありえない・・・頭がおかしい」



52:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 19:56:52.26 ID:+qrFGJtY0

遊星「助かったありがとう。君たちは」

「俺の声を忘れちまったのか遊星」バッ

遊星「鬼柳!」

「情けない奴め」バッ

遊星「プラシド!」

鬼柳「この前といい今回といい、どうなってんだ」

遊星「奴らはどうやら俺たちデュエリストに強烈な恨みを持っているらしい」

鬼柳「恨みか」

遊星「俺は行かねばならない、力を貸してくれ!」

鬼柳「そう言うと思ったぜ、俺の力ならいくらでも貸してやるよ遊星」

プラシド「・・・」

遊星「お前は」

プラシド「今回だけだぞ不動遊星」

遊星「すまないな」



53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 20:05:59.01 ID:+qrFGJtY0

深海の戦士「ほら四つん這いになるんだよ、早くしろ」

青き眼の乙女「で、できません」

深海の戦士「お前は青眼の化身、だから生かしてやってるんだぞ。一生飼い殺しにするために」

深海の戦士「早くしろよ犬のように四つん這いに」

遊星「後ろは取ったぞ深海の戦士」ガッ

深海の戦士「お、お前」

遊星「俺がいつ襲撃するかも解らないのに能天気な奴だな」

深海の戦士「は、離せ!」

プラシド「一思いに斬り殺せばいい」

遊星「そう簡単に命を奪ってはならない。みんながいる場所を吐けば命の保証はする」

深海の戦士「だ、誰が吐くか!卑怯者め、正々堂々と勝負しろ!」

遊星「解った」

深海の戦士「ガキが!言っておくがモンスターと人間の身体の作りは違う!」

遊星「奴の武器は銛か、それならデュエルディスクだけで十分だ」



55:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 20:17:06.06 ID:+qrFGJtY0

ジャッジ・マン「今日から君が新ビッグ5だ。いいね」

ハーピィ・レディ「はい」

ジャッジ・マン「よし、それでは私は改造しに」

深海の戦士「うおおおおおおおおおおおおおおお」

ジャッジ・マン「な、何だ!?」

遊星「身体の作りは違っても俺の心はお前達のように腐っていない」

ジャッジ・マン「まさかこの短期間で三人も」

鬼柳「一番怒らせちゃならねえ奴を怒らせたんだぜてめえらは!」

プラシド「後悔しても遅いぞ」

ジャッジ・マン「や、やれ!」

ハーピィ・レディ「キャーッ!」

遊星「フン!」バキッ

ハーピィ・レディ「キッ・・・」ドサッ

遊星「おい、解放しろよ」

ジャッジ・マン「あわわ・・・」

遊星「お前達の野望は今潰えた」

ジャッジ・マン「ク、クソォ!」



56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 20:28:09.34 ID:+qrFGJtY0

遊星「これで四人・・・だがビッグ5と言う事は五人いるはず」

ジャッジ・マン「」

青き眼の乙女「居ます。ビッグ5を纏めるリーダーが」

鬼柳「リーダー?」

プラシド「おい、そいつはどこだ」

サイコ・ロード「ここだ!」

遊星「奴が最後の男」

鬼柳「リーダーか・・・こいつは俺に任せとけ遊星!お前はみんなを」

遊星「しかし!」

鬼柳「任せろよ。な?」

サイコ・ロード「情けない奴らよ俺や機械王のように改造を受けないからこうなるのだ」

サイコ・ロード「ビッグ5を地に陥れた恥さらしめ」

遊星「鬼柳、お前に任せる!行こう!!」

鬼柳「・・・」

サイコ・ロード「お前は運がいい、奴は死んだぞ」

鬼柳「遊星は死なねえ」

サイコ・ロード「奴らの行く先にはビッグ5より強大なモンスターが存在している。死は間逃れない」

鬼柳「満足してる奴は生きるんだよ。だから満足してねえお前の仲間は死んだんだろうが」

サイコ・ロード「笑止!ならば改造した私の力を見せてくれる!!」



57:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 20:43:22.78 ID:+qrFGJtY0

遊星「この扉か!」ガチャ

プラシド「フッ、どいつもこいつも無様な姿だ」

遊星「おい、しっかりするんだ!ボマー!!」

青き眼の乙女「あ・・・あ・・・」

遊星「どうした?」

青き眼の乙女「あ、あれを・・・」

プラシド「な、何だこいつは!?」

天界王シナト「我はシナト」

遊星「こいつは」

天界王シナト「我はビッグ5を支配する天界王、ここに集められた住人は我が救済すべきデュエリスト」

遊星「どういう意味だ」

天界王シナト「外を見よ。今やこの世界は腐っている、故に私は2体のモンスターを放ちこの地球を救済する」

プラシド「あれはF・G・Dとエクゾディア・ネクロス」

遊星「何の目的で」

天界王シナト「それは人間があまりにも愚かな行為をするからだ。かつて人間は幻魔を解き放ち破滅の光に支配され宇宙の闇を呼び寄せた悪しき存在。人間はモンスターにとってウィルスにすぎん」

遊星「ならどうしてシティの人間は」

天界王シナト「いくらウィルスであってもデュエリストが居なければならない。今度は間違いを犯さぬよう私が指導してな」

遊星「そんな事はお前が決める事じゃない!」

天界王シナト「愚かな。なら誰が決めるのだ」

遊星「みんなでだ」



58:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 20:51:12.31 ID:+qrFGJtY0

遊星「この痣を見てくれシナト」

天界王シナト「それは」

遊星「人間はデュエリストは間違いをすればそれを正す力がある。だから信じてくれ俺達を」

天界王シナト「・・・」

遊星「シナト!」

天界王シナト「証拠はあるのか」

遊星「・・・」

プラシド「不動遊星は未来を切り開く男だ、安心しろ」

天界王シナト「その眼、信じよう若きデュエリストを・・・解放する。そしてあの2体のモンスターを退却させよう」

遊星「約束は守る絶対に」

天界王シナト「できぬ時は今度こそ滅亡だ」スーッ

遊星「消えた。起きるんだボマー、アキ」

ボマー「遊星・・・ここは」

遊星「さあ帰ろう」

プラシド「・・・」

アキ「あのモンスター達は」

遊星「全てが終わった」

プラシド「不動遊星、奴の存在を忘れてないか」

遊星「あ」



59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 20:58:43.70 ID:+qrFGJtY0

サイコ・ロード「終われ鬼柳!」

鬼柳「この・・・こんなもんじゃ俺は満足しねえぜ!!」

サイコ・ロード「しつこい奴め!」

遊星「鬼柳!」

青き眼の乙女「任せてください」ピーッ

ボマー「こ、この龍は」

青き眼の乙女「青眼の白龍!滅びのバーストストリーム!」

サイコ・ロード「何ィ!?」

鬼柳「あ、危ねえ」

遊星「長い一日だった」

鬼柳「みんな助けたんだな遊星」

遊星「ああ、みんな聞いてくれ」

遊星「俺たちには間違いを正す力がある、だから例え失敗しても諦めるな!」

アキ「ええ」

ボマー「そうだな。何故ならばデュエリストの力は無限大だから」



60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 21:10:02.78 ID:+qrFGJtY0

数日後

遊星「いや・・・大変だったな」

ブルーノ「お疲れ様」

遊星「街もモンスター騒ぎで復興した。これで一安心」

ジャック「しかし何とも馬鹿馬鹿しい話だ」

クロウ「デュエリストがモンスターに襲撃されるなんてよ」

遊星「そう言うな。彼らには彼らなりの考えがあって」

牛尾「遊星、居るか」

ジャック「何だ牛尾!今、俺達は重大な話をしてるんだ!空気を読め!」

遊星「何かあったのか?」

牛尾「ちょっと協力してほしい事があってよ」

クロウ「またかよ・・・それで何なんだ?」

牛尾「最近ブラックマジシャンガール似の痴女が街に出没してるんだとよ」

遊星「何!?」


第二部完



68:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 23:01:55.91 ID:+qrFGJtY0

遊星「痴女か・・・だが男にとっては嬉しい事じゃないのか?」

牛尾「馬鹿野郎!そりゃ嬉しいけど腑抜けになっちまうんだぞ!」

クロウ「マジかよ」

牛尾「ああ、風馬もその犠牲になっちまったよ」

ジャック「風馬が!?」

クロウ「しかし女に欲情する奴の気持ちってのが解らねえぜ俺は」

遊星「クロウは純情だからな・・・誰だ!」シュッ

「キャッ!」

遊星「避けたか・・・サイバー・ドラゴン手裏剣を避けるとは只者ではないな」

ジャック「立て!名を名乗れ!」

「わ、私がブラックマジシャンガール・・・です」

牛尾「ブラックマジシャンガール・・・って」

ブルーノ「噂の痴女だよみんな!!」



70:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 23:11:53.01 ID:+qrFGJtY0

遊星「だが俺の知ってるブラックマジシャンガールは金髪の色白でムチムチしているはず、だが」

ジャック「褐色肌で黒髪だ。しかしムチムチはしている」

牛尾「嘘ついじゃダメだぜお嬢ちゃん」

「いえ私はブラックマジシャンガール・・・でした」

遊星「でした?」

「私は先の騒動でこの世界へとやって来ました。でも変な人達に捕まり・・・私の力は素材にされたのです」

ブルーノ「素材?融合?シンクロ?」

「エクシーズとあの人達は呼んでいました」

クロウ「エクシーズ?嘘つくならもっとマシな」

「本当です!信じてください!!」

牛尾「とりあえず確保。じゃあな遊星、解決したみたいだぜ」

「は、離して!」

牛尾「こんな若いのに・・・ちゃんと反省したら俺のとこ来い、仕事を紹介してやるよ。全うな仕事をな」

「遊星さん!助けて!」

遊星「・・・」



71:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 23:18:02.86 ID:+qrFGJtY0

遊星「彼女は何だったのだろうか」

ジャック「またその話か、もういいだろ」

遊星「・・・」

「ほら早く来て」

ムクロ「え?いやマジでいいのかよ」

ジャック「奴は炎城ムクロ、それにあいつ」

遊星「ブラックマジシャンガール!」

ジャック「だがさっき牛尾に捕まったはず」

遊星「確かめるしかないな」シュッ

「ギャッ!」グサッ

ムクロ「お、おい!」

遊星「サイバー・ドラゴン手裏剣が突き刺さった。謎は解けたぞジャック」

ジャック「どういう事だ」

遊星「痴女の正体はこっち、先に捕まった方は痴女じゃない方だ」



72:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 23:35:39.59 ID:+qrFGJtY0

ムクロ「おいこれって」

遊星「久しぶりだな。だが今は挨拶している時じゃないんだ」

ムクロ「ったく忙しい奴らだぜ」

ジャック「こいつが本物のブラックマジシャンガールか」

遊星「いや違うな。衣装が黒い」

マジシャンギャル「へっあんな奴と一緒にしないでくれる?私はマジマジ☆マジシャンギャルよ」

遊星「確かにブラックマジシャンガールに比べれば化粧が濃い。何故、痴女騒動を起こした!答えてみろ!」

マジシャンギャル「そんなこと関係ないでしょ」

マジシャンギャル「えいっ!」

遊星「くっ煙幕か」



73:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 23:42:32.51 ID:+qrFGJtY0

クロウ「ほら買って来たぞボマー」

ボマー「うん、美味しい!」

「クロウ・ホーガンとボマーか」

クロウ「チッ、またモンスターかよ!邪魔すんなよいい加減」

「お前達は踏み込んでは行けない領域に踏み込んだのだ!」

クロウ「モンスターにはデュエルは通じねえ」

ボマー「やろうクロウ!」

「人間が俺に勝てると思うなよ!」

クロウ「それはどうかな?」

ボマー「私とクロウは最近の軟弱なカップルとは大違いだ!」

「かかって来いよ最強カップル!」



74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/07(火) 23:50:43.45 ID:+qrFGJtY0

クロウ「ぐっ・・・強い・・・」

カオス・ソーサラー「俺の名はカオス・ソーサラーだ。覚えときな」

カオス・ソーサラー「お前は役に立ちそうじゃないな。ボマーとか言ったかこいつは貰ってくぜ」

クロウ「ボマー・・・!」

ボマー「ク、クロウ・・・」

カオス・ソーサラー「戦争は始まってるんだよ!将軍フリード率いる戦士とやり合うにはこいつ見たいな屈強の男が必要なんだよ。戦士としても奴隷としてもな」

カオス・ソーサラー「生き残るためには何だってするぜ俺達はな」

クロウ「ボマー・・・」

カオス・ソーサラー「さあ次の戦えそうな人間を探すか」

クロウ「遊星・・・俺達は気がつかねえうちにモンスター同士の戦争に・・・巻き込まれちまったようだぜ」



76:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/08(水) 00:01:56.96 ID:6IId4Ser0

ジャック「追うか」

遊星「ああ」

熟練の黒魔導師「逃がさんぞ秘密を知られては」

熟練の白魔導師「エクシーズモンスターを製造する我らの計画を」

ジャック「どうやら今回もモンスターらしいな遊星」

遊星「やはりか」

熟練の黒魔導師「男デュエリストの精液からはエクシーズ素材が沢山取れる」

熟練の白魔導師「何故なら精子とは人間とモンスターの境目の存在」

ジャック「おい!秘密をペラペラ喋っているのは貴様の方だろうが!」

熟練の黒魔導師「そして女は性行為をする事によりシンクロができる」

熟練の白魔導師「人間とはモンスターを生み出すのに適している」

遊星「融合はどうなるんだ」

熟練の黒魔導師「融合モンスターは」

熟練の白魔導師「言えないな」

ジャック「この!」

熟練の黒魔導師「迂闊に近づくとは」

熟練の白魔導師「笑止」

ジャック「ぐわああああああああああああああああああああああああ」

遊星「ジャック!」



77:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/08(水) 00:09:34.98 ID:6IId4Ser0

熟練の黒魔導師「将軍フリードに勝つための力」

熟練の白魔導師「力を欲するのだ」

遊星「力だと!?」

熟練の黒魔導師「不動遊星、お前は有名だ」

熟練の白魔導師「あのタイラント・ドラゴンを叩き斬り天界王シナトすら退けたデュエリスト」

遊星「戦いは何も生まない!」

熟練の黒魔導師「そんな事はない」

熟練の白魔導師「戦いは勝利を生む」

遊星「・・・例えお前達がやって来ても俺は勝つ。負けはしない」

熟練の黒魔導師「ならば一人でかかって来い我々の居城に」スーッ

熟練の白魔導師「その言葉が本当ならお前一人でなやれるものなら」スーッ

遊星「・・・ジャック!」

ジャック「」

遊星「ジャック・・・」



79:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/08(水) 00:23:00.06 ID:6IId4Ser0

牛尾「んでも名前は」

「ブラックマジシャンガール・・・前世ではマナです」

牛尾「じゃあマナな。痴女行為はここじゃご法度なんだぞ、解るか?」

マナ「だから私は」

スカルビショップ「モンスター同士を素材にすりゃ死ぬから人間の精液にしようって言ったのに魔導師コンビめ」

牛尾「モンスター・・・最近モンスター騒ぎが多いからな、下がってな」

スカルビショップ「悪いがどいて貰うぜ俺はこの女を始末しに来た」

牛尾「そうはいかねえな、この娘はまだ一般市民・・・市民を守るのが俺の使命よ」ポキポキ

スカルビショップ「死ぬぞお前」

牛尾「舐めるなよモンスター、正義は悪に屈しねえんだよ!」スッ

バキッ

スカルビショップ「・・・いいパンチしてるな。人間、でもそれじゃ俺は倒せんぜ!」

牛尾「くっ・・・硬い・・・何て身体してるんだこいつは」

スカルビショップ「それが人間の拳の限界!これがモンスターの拳よ!!」ドゴッ

牛尾「うぐっ・・・」

スカルビショップ「さあ今度はお前の・・・あれ?いない・・・逃げたか」



80:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/08(水) 00:35:15.13 ID:6IId4Ser0

ガーディアン・バオウ「ハーハツハッハ!逃げろ人間!ほら逃げろ逃げろ!」

「モ、モンスター!デュエルだ!」

ガーディアン・バオウ「デュエル?バカか!?それは君達のルールで私には適用されんのだよ!」

ガーディアン・バオウ「不動遊星を出せ!強いんだろ?その強い不動遊星を出せよ!」

「不動遊星・・・あの人なら」

「誰か連絡先を」

ガーディアン・バオウ「デュエリストは腕っ節も強いって言うけど・・・ここに居る奴らは弱すぎる!」

氷室「ならば俺が!」

ガーディアン・バオウ「戦えるの?私の大剣は重くて早いよ」

氷室「遊星は俺に希望を与えてくれた!だから今度は」

ガーディアン・バオウ「死ぬよ君」

氷室「こ、来い」

ガーディアン・バオウ「・・・じゃあ」

カオス・ソーサラー「待て、王がお呼びだ」

ガーディアン・バオウ「チッ、まあいいや。命拾いしたねウニ頭」



81:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/08(水) 00:57:17.25 ID:6IId4Ser0

遊星「クロウは襲撃されジャックも・・・」

ブルーノ「牛尾さんもやられたらしいよ。彼女が」

マナ「・・・」

ブルーノ「さっきテレビでモンスターが人々を攻撃してる映像が写っていた・・・遊星」

遊星「一人で来い奴らはそう言った。俺は」

ブルーノ「ダメだよ!今度の敵は今までのとは一味違うよ!だから」

遊星「すまんブルーノ」ドスッ

ブルーノ「ゆ、遊星・・・」

遊星「大丈夫、俺は死なない」

マナ「私も連れてってください!お願いします!!」

遊星「気持ちは有難いが俺は」

鬼柳「そいつは水臭いんじゃねえか遊星!」

遊星「鬼柳」

プラシド「奴らのアジトならこの世界にある。先の騒ぎで人知れず密かに作っていたんだ」

遊星「どこからその情報を」

プラシド「人間の浅知恵では検討もつかんだろうな不動遊星。イリアステルの情報網を舐めるなよ」

鬼柳「お前はこの街の代表で奴らとやり合うんだろ?なら俺はサティスファクションタウン代表だ」

プラシド「俺はイリアステル代表・・・あまりモンスター共が暴れるんじゃ俺達の計画に支障を来たすからな。これはお前のためではない俺自身のためだ」

鬼柳「デカい花火を上げてやろうぜ遊星!」

遊星「・・・ああ!」



86:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/08(水) 19:19:17.76 ID:6IId4Ser0

遊星「デカい花火・・・いい事を思い浮かんだぞ!」

鬼柳「それは何だ遊星」

遊星「フッ」

プラシド「モタモタするな行くぞ」

鬼柳「ああ、遊星どうするんだ」

遊星「人は時として鬼にならねばならない時がある。解るな鬼柳」

鬼柳「・・・まあお前がそう言うのなら」

遊星「・・・」



87:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/08(水) 19:29:17.96 ID:6IId4Ser0

ハ・デス「人間もここに基地があるとは気づくまい」

カオス・ソーサラー「へい、人間は何も見えちゃいない、愚かで身勝手で」

熟練の黒魔導師「そう、かつて我ら五人の同族が人間の身勝手な振る舞いに付き合わされ」

熟練の白魔導師「死した事を」

スカルビショップ「覇王・・・我々の世界まで人間に支配された」

ガーディアン・バオウ「だから私達は復讐を誓った。ハ・デス様に忠誠し」

ハ・デス「働き次第ではこの世界はうぬらにやろう。わしの目的はあの連合軍を」

使い魔「大変です!城内が爆破されました!!」

ハ・デス「何ィ!?どういう事だ!」

使い魔「解りません!恐らく数分もすれば火の海に包まれます!」

ハ・デス「バカな!?一体何が起こったと言うのだ!!」

カオス・ソーサラー「ま、まさか奴らがここを嗅ぎつけ」

スカルビショップ「爆破したと言うのか!」

熟練の黒魔導師「な、なんて」

熟練の白魔導師「ひ、非道な」

ガーディアン・バオウ「おのれェ!」

ハ・デス「ま、まさか・・・!こんなところでわしの野望が潰えるとは・・・」



88:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/08(水) 19:35:59.76 ID:6IId4Ser0

遊星「終わったな・・・」

マナ「まさか爆破させるなんて」

遊星「時には非情にならねばならない。最近の俺は色々と甘すぎた」

鬼柳「でも中に捕まった人間が居るんだろ?」

プラシド「どうでもいい、俺は帰る」

遊星「その心配はないさ、見ろ」

ボマー「フゥ・・・一体何があったのだ」

マナ「む、無傷!?」

遊星「ただの爆破程度じゃデュエリストは死なない。頑丈だからな」

ボマー「また救われたな遊星」

遊星「帰ろう、みんなが待ってる!」

マナ「はい!」

鬼柳「おう!」



90:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/08(水) 19:45:48.43 ID:6IId4Ser0

数日後

遊星「・・・」

クロウ「じゃあ俺はボマーを送ってくるから」

ブルーノ「うん」

ジャック「そういえばあのブラックマジシャンガール似はどうなったんだ」

遊星「しまった・・・すっかり忘れていた。あの後、どうしたんだ彼女は」

クロウ「うわああああああああああああああああああ」

ジャック「今のはクロウの声!?」

ブルーノ「見てくるよ!」

ジャック「またモンスターか・・・奴らはデュエルをせん、俺はもう関わらんからな」

遊星「そう言うな、まだモンスターと決まったわけじゃないクロウが転んだだけかもしれないだろ」

ジャック「だといいがな」

ブルーノ「大変だよ遊星!ボマーがハーピィ・レディに誘拐された!」

遊星「何!?」


第三部完



93:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/08(水) 22:44:04.38 ID:6IId4Ser0

ジャック「やはりモンスターか!」

ブルーノ「遊星!」

遊星「度重なるモンスター騒動、俺はこんな物を作ってみた」ゴソゴソ

ジャック「何だそれは」

遊星「これはどこにでも行ける扉だ。これは目的地を指定する事によりその場所へ行ける」

ジャック「馬鹿げている!そんな事は不可能だ!」

遊星「それはどうかな?まあ、見てろ。ハーピィ・レディの居場所」ガチャ

ハーピィ・レディ「!?」

遊星「ほら」

ブルーノ「さすが遊星!」

ジャック「・・・行くか」

遊星「ボマーを返してもらうぞ!」



94:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/08(水) 23:19:15.55 ID:6IId4Ser0

遊星「お前達の狙いは何だ」

ハーピィ・クィーン「私達の種族は女しか居ないだから定期的に男を拉致し子孫繁栄が目的よ」

ブルーノ「どうやら彼女がボスみたいだね」

遊星「今までの敵に比べたら実にまとも、しかしモンスターと人間では」

ハーピィ・クィーン「そんなものは関係ない!喜ばしい事だろ?ハーピィ一族は見ての通り美人揃い。人間もさぞ嬉しかろう。そうだろ不動遊星!お前も私にその身を捧げよ!」

遊星「生憎、俺の童貞は売約済だ!」

ハーピィ・クィーン「くっ・・・ならば無理矢理にでも犯す!やれ!」

遊星「来たぞジャック!」

ジャック「よし!」

ブルーノ「僕も・・・あ!」

ジャック「ボサボサするな!死にたいのか!!」

ブルーノ「と、扉が消えた」

ジャック「何だと!?」



97:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/08(水) 23:26:35.19 ID:6IId4Ser0

コザッキー「思った通りハーピィの巣穴に行きおったわ」

魔導サイエンティスト「今までの奴らは愚かにも不動遊星へ正面から立ち向かった、だがわしら悪の科学者コンビはそうではないのだよ、知恵を使う」

コザッキー「暫くは帰ってこれまい。だが帰って来ても時すでに遅し!」

魔導サイエンティスト「何故ならばこの街は既に廃墟と化しているからだ!」

コザッキー「力ではない知恵こそが全て!」ポチッ

魔導サイエンティスト「そしてそのわしらの生み出した協力して生み出した超兵器!」

コザッキー「起動せよ人造木人18!」

魔導サイエンティスト「全てを駆逐せよ!」



98:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/08(水) 23:34:02.43 ID:6IId4Ser0

鬼柳「遊星!今行くからな!」

プラシド「何度も何度もめんどくせい奴らめ」

鬼柳「・・・」

プラシド「・・・」

鬼柳「よォ!また出くわしたな」

プラシド「不動遊星は」

鬼柳「俺が聞きてえ、知らねえのか」

プラシド「知るか」

鬼柳「そういや名前なんだっけ」

プラシド「お前のような男に名乗る名はない」

鬼柳「満足感が足りねえ奴だぜこいつは」

プラシド「おい、あれは何だ」

鬼柳「デカい・・・ロボットじゃねえか!」

プラシド「不動遊星は恐らくあの付近にいるはず」

鬼柳「よし!待ってろよ遊星!今助けに行くからな!」

プラシド「不動遊星お前を倒すのは俺だ、俺が行くまで死ぬんじゃないぞ」



100:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/08(水) 23:41:57.07 ID:6IId4Ser0

遊星「後はお前だけだな・・・立てるかジャック」

ハーピィ・クィーン「くっ、こいつら」

ハーピィ・ダンサー「これは一体、何の」

ボマー「フン!」トンッ

ハーピィ・ダンサー「がはっ・・・」

ボマー「すまんな少女、少し眠ってもらう」

遊星「ボマー!」

ボマー「案ずるな遊星、俺はまだレイプされていない」

ボマー「俺がこの身を許すのはただ一人!クロウ・ホーガンだけだ!!」

遊星「聞いたかハーピィ・クィーン!愛のない性交など何の意味も持たない!」

ハーピィ・クィーン「黙れ黙れ!子孫を増やすためなら何でもする!言っておくが私は名器だ」

遊星「ミミズ千本だろうと数の子天井だろうとタコツボだろうと関係ない!最後に物を言うのは愛!そして男女間の絆だけ!」

遊星「名器ぐらい俺がオナホールを作ればどうにでもなる!!」

ハーピィ・クィーン「・・・ッッ!」



102:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/08(水) 23:50:14.94 ID:6IId4Ser0

鬼柳「ロボットって事はあいつの腹ん中に入ればいいんだろ」

プラシド「愚か者があれは遠隔操作型のロボット。何処かにいるはずだ操作する奴が」

人造木人18「ピピピ」ピーッ

鬼柳「おっと!で?どこに居るんだよ!その操作してる野郎は!!」

プラシド「・・・居た!あそこだ」

鬼柳「あの爺さん達か、一発ぶん殴ってやる」

プラシド「その必要はない。こいつで仕留めよう」

鬼柳「カードか、外すんじゃねえぞ」

プラシド「イリアステルを舐めるなよ」

鬼柳「行くぜ!」シュッ

プラシド「フン」シュッ

コザッキー「ハハハ!壊せ壊せ!」

魔導サイエンティスト「何か飛んでくるぞコザッキー!」

コザッキー「ガハッ!」ザクッ

魔導サイエンティスト「な、何ィ・・・」

コザッキー「この距離からカードを飛ばす・・・バカな・・・」

魔導サイエンティスト「抜かったわ・・・不動遊星以外にも居たか・・・強者が・・・」

鬼柳「サイバー・ドラゴン手裏剣は凄えだろ!」

プラシド「如何なる物でも突き刺す!見たかモンスター!」



104:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/08(水) 23:56:23.13 ID:6IId4Ser0

鬼柳「さあて帰るか、遊星も居ない事だし」

プラシド「・・・プラシドだ」

鬼柳「何が」

プラシド「俺はプラシド、不動遊星を倒せる唯一の男」

鬼柳「俺は鬼柳京介、じゃあなプラシド」

プラシド「ああ」

鬼柳「あ、そうだ。おいプラシド!」

プラシド「何だ」

鬼柳「こいつをやるよ。お前も立派なチームサティスファクションの一員だぜ」

プラシド「いらん」スパッ

鬼柳「て、てめえ!よくもジャケットを切り裂きやがったな!」

プラシド「黙れ、また戦地で会おう鬼柳」

鬼柳「ったく少しは骨のある満足野郎と思ったのに・・・次会ったら殴ってやろうかあいつ」



105:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 00:03:39.50 ID:s5PLg0fA0

ハーピィ・クィーン「愛か・・・」

ボマー「君にも愛する者ができたら解るさ」

ジャック「愛など不要」

遊星「なら俺がカーリーをレイプしたらどうする」

ジャック「何ィ!?」

遊星「冗談だ」

ブルーノ「ハハハ」

ジャック「笑うな!」バキッ

ブルーノ「す、すぐ暴力を振るうんだから」

遊星「帰ろう。ここはどこなんだ」

ハーピィ・クィーン「私が送って行こう。お前達も拉致した人間を帰すんだ」

遊星「今日は実に平和だったな」

ジャック「どこがだ」

遊星「いつもなら凶悪なモンスターが多数出現するが今回は」

ジャック「人間を拉致する奴らが凶悪とは言えないのか」

遊星「おっぱいがある、尻もいい、足も長い」

ジャック「煩悩の塊め」

遊星「男とは煩悩の塊から生まれるんだ。ジャックもいつか解るさ」



107:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 00:24:37.48 ID:s5PLg0fA0

数日後

クロウ「それで巨大ロボットが暴れてたんだぜ、凄くねえか?」

遊星「そうか」

ジャック「それは誰が退治したんだ」

クロウ「さあな、いきなり動きが止まっちまって治安維持局が撤去してたぜ」

ブルーノ「これはモンスターの仕業じゃないね、きっと」

遊星「ああ、俺もロボットを作ってみたい」

ブルーノ「今度作ってみようか!」

遊星「そうだな・・・龍亞の足音が聞こえる」

クロウ「よく解るなお前」

遊星「度重なる死闘で耳も目も良くなった」

ジャック「まさかまた厄介な揉め事ではないだろうな」

クロウ「はあ・・・マジかよ」

龍亞「遊星!遊星に会いたいって言うモンスターを連れてきたよ」

遊星「何!?」


第四部完



108:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 01:10:35.20 ID:s5PLg0fA0

数週間前

「鬼柳さん!何か変なカードを拾いましたよ!」

鬼柳「サイバー・ドラゴン・・・何だこれ」

「さあ?解らないっす」

「穴掘ってたらこいつが出てくて」

鬼柳「まあ、よくある話だ大切に使わせてもらうぜ」

ウェスト「大変だよ鬼柳の兄ちゃん!」

鬼柳「どうしたウェスト」

ウェスト「モンスターが家を無茶苦茶にしてる!」

鬼柳「何!?」



109:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 01:20:44.30 ID:s5PLg0fA0

ツインバレル・ドラゴン「ウオオオオ!」

ニコ「キャーッ!」

鬼柳「よっと」ガッ

ニコ「鬼柳さん!」

鬼柳「てめえ!変な顔したデュエリストだな!」

「鬼柳さん!そいつモンスターですよ!」

「多分モンスターです!」

鬼柳「マジかよ・・・けど久しぶりに満足できそうな相手が現れたみてえだな!」ボコッ

ツインバレル・ドラゴン「ギエーッ!」

「出た!鬼柳さんのアッパー!」

「やっぱ鬼柳さんは一味違うぜ!」

ウェスト「さすがチームサティスファクションのリーダーだ!」

鬼柳「そいつは少し違うぜウェスト」

ウェスト「え?」

鬼柳「俺はサティスファクションタウンのリーダー・鬼柳京介だ!」



110:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 01:33:33.63 ID:s5PLg0fA0

リボルバー・ドラゴン「ボボボ」

ブローバック・ドラゴン「ロロロ」

ガトリング・ドラゴン「ガガガ」

「モンスター・・・何で実体化してるんだ!?」

「きっとマルコムやラモンの怨念だ!」

「逃げろ!」

鬼柳「待ちやがれ!」

「き、鬼柳さん!」

鬼柳「何でケツまくってるんだよお前ら」

「モンスターですよ!殺されますって」

鬼柳「それで逃げんのか?まだ満足魂がねえんだなお前らは」

「すいません」

鬼柳「ったく逃げてばっかじゃ前に進めねえぞ?あの日から変わったんじゃねえのかお前らは!」

「・・・」

鬼柳「モンスターとやり合うなんて普通じゃねえ、俺が手本を見せてやるよ。真に強いのは満足してる奴って事をな」ダッ

ニコ「鬼柳さん!」



111:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 01:39:41.65 ID:s5PLg0fA0

「やっぱ鬼柳さんは別格だな」

「ああ・・・モンスターをボコボコにしちまうなんて」

鬼柳「オラァ!!!」

ウェスト「出た!サティスファクション式バックドロップだ!!」

ガトリング・ドラゴン「ウゴッ・・・」

鬼柳「どうだ!」

「さすが鬼柳さん!やっぱあんたは最高だよ!!」

鬼柳「・・・!この感じは」

ウェスト「どうしたの?」

鬼柳「遊星がヤバい・・・俺の満足感が働いてるぜ、ちょっくら行ってくるぜみんな!」

ニコ「待って鬼柳さん!これを!」

鬼柳「これは」

ニコ「チームサティスファクションのジャケットです。頑張ってください!」

鬼柳「おう!」


番外編完



112:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 01:45:33.36 ID:s5PLg0fA0

数週間前

プラシド「何が大いなる神のみぞ知るだ・・・ジジイめ」

プラシド「さっさと大会を再開させて・・・何だあれは」

赤い忍者「シュッ」

青い忍者「シュッ」

白い忍者「シュッ」

プラシド「まさかデュエルモンスター・・・そんなはずは」

赤い忍者「シュッ!」

レイン恵「・・・」

青い忍者「シュッ!」

プラシド「フン、哀れなあれは死んだな」

白い忍者「シュッ!」

レイン恵「・・・」

プラシド「チッ」



113:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 01:52:14.73 ID:s5PLg0fA0

赤い忍者「シュッ・・・」グサッ

プラシド「雑魚が」

青い忍者「シュッ!?」

プラシド「俺の縄張りで好き勝手な行いは許さんぞ虫けらが!」

白い忍者「シュッ!シュッ!」

プラシド「俺と戦う気か?言っておくが俺は加減はせん主義だ」

プラシド「あそこに転がってるモンスターのように刺されて死ぬかバラバラに切り刻まれるか選べ」

レイン恵「・・・」

プラシド「さっさと去れ、お前も巻き込むぞ」

レイン恵「ありがとう」

プラシド「・・・来い忍者モンスター共、イリアステルを舐めるなよ」



114:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 01:57:38.25 ID:s5PLg0fA0

プラシド「他愛もない。この程度か」

レイン恵「・・・」

プラシド「まだ居たか失せろ」

レイン恵「これ」

プラシド「カードか・・・これが何だ」

レイン恵「お礼」

プラシド「サイバー・ドラゴンだと?いらん!」

レイン恵「・・・」

プラシド「・・・見るな。仕方がないから貰っておいてやる、だが勘違いするなよ女!俺は別に」

レイン恵「あれ」

プラシド「俺の話を・・・何だあのドラゴンは!」

レイン恵「モンスター」

プラシド「知っている。何やら不動遊星が危険に晒されている気がしてならない」

プラシド「奴を倒すのはこのプラシド!誰にも渡さん!!」


番外編2完



119:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 17:56:03.06 ID:s5PLg0fA0

数週間前

ジャック「全く最近はロクな事がない」

ブルーノ「ほら母乳が出たり妊娠したりするよりかはマシじゃないかな」

ジャック「マシだと?これでもか!モンスターが俺の頭に手裏剣を突き刺したのだぞ!」

ブルーノ「それはそうだけど・・・ほら早く遊星の元に行かないと」

ヴァンパイア・ロード「フフフ」

ブルーノ「また出た!」

ジャック「忍者の次は吸血鬼か、いいだろう。たとえ相手がモンスターであろうと俺に力で勝てると思うたか!」

ジャック「俺のパワーを貴様に叩き込んでやろう!かかって来い!!」

ヴァンパイア・ロード「シャーッ!!!」

ブルーノ「ジャック!」

ジャック「フン!」ドボッ

ヴァンパイア・ロード「ぐげっ・・・」

ジャック「所詮はその程度、このジャック・アトラス!こんな所では死なん!!」

ブルーノ「さあ行こうジャック!」

ジャック「ああ」


番外編3完



120:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 18:03:57.02 ID:s5PLg0fA0

遊星「それで俺に会いたいというモンスターは一体」

龍亞「それがさ・・・ほら」

クロウ「げっ・・・何じゃこりゃ!」

ジャック「モンスターが長蛇の列を!?」

ブルーノ「て、敵襲だよ!」

遊星「敵襲か・・・」

鬼柳「そうじゃないみたいだぜ遊星」

遊星「鬼柳」

プラシド「奴らは愚かにもお前の噂を嗅ぎつけ相談しに来たようだ」

遊星「相談?」

ジャック「相談だと!?ふざけるな!ここは人生相談室ではない、我が家だ!」

クロウ「働かねえくせに何が我が家だよ。バカじゃねえのかこいつ」

遊星「相談か・・・よし一人ずつ俺に言ってみてくれ」



121:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 18:13:16.79 ID:s5PLg0fA0

遊星「じゃあ先ずは」

超熱血球児「超熱血球児です」

遊星「悩みを聞こうか」

超熱血球児「自分と野球をしてくれるモンスターがいません」

遊星「野球か・・・同族モンスターは」

超熱血球児「います。でもみんな守備をしてくれません。それに場所も無くて」

遊星「ならこれを渡そう」ゴソゴソ

超熱血球児「それは」

遊星「これは誰でも大リーガーになれる俺が作った発明品の一式だ、これをお前に託す」

超熱血球児「あ、ありがとうございます」

遊星「これを用いてモンスター界の星となるんだ」

超熱血球児「はい!」

遊星「さて次のモンスターは」



122:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 18:43:33.13 ID:s5PLg0fA0

ドラゴン・ウィッチ「お久しぶりです」

遊星「君か、どうだ調子は」

ドラゴン・ウィッチ「ええ順調です。実は妊娠しました」

遊星「いい事だ。だが一つ注意してほしい事がある」

ドラゴン・ウィッチ「注意ですか?」

遊星「ああ、母乳は時として兵器になる」

ドラゴン・ウィッチ「は、はあ」

遊星「気をつけてくれ、そんな君にはこれを」ゴソゴソ

ドラゴン・ウィッチ「それは」

遊星「俺が作った特製搾乳機だ。精進してくれ」

ドラゴン・ウィッチ「はい!」

遊星「丈夫な赤ん坊を産んでくれ」

ドラゴン・ウィッチ「お世話になりました遊星さん!」

遊星「次は」



123:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 18:49:06.31 ID:s5PLg0fA0

巨大戦艦クリスタル・コア「モテたいです」

遊星「モテたい?だがお前は見ての通りその体躯では」

巨大戦艦クリスタル・コア「やはり・・・」

遊星「いや待て、見た目は悪くない。全裸では・・・そうだ」

巨大戦艦クリスタル・コア「?」

遊星「これをやろう」ゴソゴソ

巨大戦艦クリスタル・コア「何ですかそれ」

遊星「このカメラはこの絵を差し込み写真を撮ることで自在に服を変えれる道具だ」

巨大戦艦クリスタル・コア「本当ですか?」

遊星「試してみよう」パシャッ

巨大戦艦クリスタル・コア「うわぁ!タキシードだ!」

遊星「満足したか」

巨大戦艦クリスタル・コア「はい!」

遊星「次」



124:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 18:59:33.57 ID:s5PLg0fA0

遊星「久しぶりだな」

青き眼の乙女「はい」

遊星「君はあれから何を」

青き眼の乙女「デュエルモンスター専用のアカデミアの教員です。ほら教員免許も」

遊星「・・・それで悩み事は」

青き眼の乙女「実は遅刻するモンスターの子供が多数いまして」

遊星「これを使ってみろ」ゴソゴソ

青き眼の乙女「な、何ですかこれは」

遊星「これはどんな場所にも繋がっている扉だ、君が朝これを発動させて子供達を連れ出すんだ」

青き眼の乙女「い、いいんですかそんな事して」

遊星「朝から美人の先生が現れたら目が覚める・・・二つの意味でな」

青き眼の乙女「わ、わかりました」

遊星「頑張ってくれ、俺は応援している」

青き眼の乙女「はい!」

遊星「次」



125:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 19:06:36.24 ID:s5PLg0fA0

一刀両断侍「実は忍者になりたくて」

遊星「侍なのにか?」

一刀両断侍「拙者が常日頃から居る仲間は全員忍でござって、忍者になれずとも技の一つぐらいは」

遊星「ならこれだな」ゴソゴソ

一刀両断侍「何でござるか?その帽子」

遊星「この帽子を被る事により身体が消え気配も消える」

一刀両断侍「何と不思議な」

遊星「侍のままじゃダメなのか」

一刀両断侍「うーん」

遊星「だがそれを決めるのはお前次第だ一刀両断侍」

一刀両断侍「!」

遊星「いい忍になる事を俺は期待している」

一刀両断侍「了解でござる!」

遊星「次」



127:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 19:21:54.78 ID:s5PLg0fA0

マナ「遊星さん!」

遊星「あ、君は・・・やはり力は戻ってなかったのか」

マナ「痴女の私は何処か姿を眩ましましたからね」

遊星「今は何をしてるんだ」

マナ「この世界でOLとして生計を立ててます」

遊星「悩み事は」

マナ「実は今住んでいるアパートにゴキブリが」

遊星「ゴキブリか?これを」ゴソゴソ

マナ「これは」

遊星「これは音波によりネズミ、ゴキブリ、南京虫、家ダニ、白アリなどの虫を始末する機械」

マナ「へえ便利ですね」

遊星「慣れない生活は不便だ、だが挫けず生きてくれ」

マナ「はい、また遊びに来てもいいですか?」

遊星「いつでも来い。ただしアキが居ないとき限定だがな」

マナ「それじゃ遊星さん(アキって誰だろ)」

遊星「次だ」



128:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 19:32:03.14 ID:s5PLg0fA0

ナノブレイカー「・・・」

遊星「悩み事は」

ナノブレイカー「もっと強くなりたい」

遊星「武器は剣・・・ならば」ゴソゴソ

ナノブレイカー「何だそれは!」

遊星「この剣はどんな素人でも達人と互角に渡り合える剣、コンピュータが内蔵してある」

ナノブレイカー「おおー!」

ブルーノ「これでやっと半分だね」

龍亞「そういえばジャック達見ないね」

クロウ「あの野郎めんどくせえからって逃げやがったな」

ナノブレイカー「感謝!」

遊星「次」



130:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 19:38:37.31 ID:s5PLg0fA0

遊星「・・・女王にも悩みがあるんだな」

ハーピィ・クィーン「当然だ」

遊星「それで君は」

ハーピィ・クィーン「実は遊星、つい最近いい竿を持つ男を捕まえたんだ。拉致じゃないぞ」

遊星「どうしたいんだ」

ハーピィ・クィーン「他のハーピィにも味合わせたい。だから増やす事はできないだろうかと」

遊星「・・・」ゴソゴソ

ハーピィ・クィーン「遊星それは」

遊星「この薬は一粒垂らせば分裂するんだ。これで増やして子孫も増やせ」

ハーピィ・クィーン「さすがは遊星。有難く頂戴するぞ」

遊星「もう悪い事をするんじゃない。解ったな?」

ハーピィ・クィーン「ハーピィに二言はない」

遊星「変態め」

ハーピィ・クィーン「くっ・・・」

遊星「次」



131:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 19:45:10.44 ID:s5PLg0fA0

遊星「敵が素早い?」

ヴァンパイア・キラー「ああ、昨今のヴァンパイアは異様なほど素早いのだ」

遊星「素早い敵にはこれだな」ゴソゴソ

ヴァンパイア・キラー「何だその人形は!?ふざけるな!!」

遊星「そう怒るな。これは相手を執拗に追い回し転ばせる機械人形だ」

ヴァンパイア・キラー「転ばせる?」

遊星「モンスターの世界にも通貨はあるだろ」

ヴァンパイア・キラー「うん」

遊星「60円入れると一回転ばせる優れもの」

ヴァンパイア・キラー「なるほど、信じよう」

遊星「そもそも相手がヴァンパイアなら聖水をかければ」

ヴァンパイア・キラー「素早いんだ」

遊星「次」



132:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 19:57:00.24 ID:s5PLg0fA0

ジャック「もう終わりに近いな」

鬼柳「今回は出番無しじゃねえか、なあプラシド?」

プラシド「・・・」

ジャック「たまにはこれでいい、俺は疲れた」

鬼柳「そうか?俺はまだ満足してねえ!だろプラシド?」

プラシド「・・・」

ジェノサイドキングデーモン「さあ歩け」

ボマー「くっ・・・」

鬼柳「おい見ろよプラシド、ジャック」

ジャック「あれはボマー!」

ジェノサイドキングデーモン「ふっ、誰も気がつくまい。私がこの列に混ざっている事を」

ジェノサイドキングデーモン「あのタイタント・ドラゴンを斬り倒し冥界の魔王ハ・デスさえも爆破させた不動遊星」

ボマー「遊星はお前程度では倒せんぞ!」

ジェノサイドキングデーモン「そのための人質よ!悩み事をするフリをしてこの剣で刺す・・・完璧だ」

ボマー「遊星・・・」



133:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 20:03:40.88 ID:s5PLg0fA0

ジュノン「私は魔導法士ジュノン。君が不動遊星ね」

遊星「君の悩みは」

ジュノン「このおっぱい」

遊星「おっぱい?立派なおっぱいじゃないか」

ジュノン「だから嫌!ジロジロと見られるし、ほら見てる遊星も」

遊星「すまない。これが男の性なんだ、そうだろクロウ」

クロウ「俺は興味ねえ」

ブルーノ「ハハ、クロウは硬派だから」

遊星「おっぱいを小さくするなんて俺にはできん」

ジュノン「どうして!」

遊星「それは俺がかつて約束した天界王シナトとの約束」

ジュノン「天界王シナト?まさかあの」

遊星「シナトは確かこう言った。おっぱいを根絶やしにする事は世界の崩壊へと繋がると」

ジュノン「でも邪魔」

遊星「耐えろ!それが強さへと繋がるんだ!ブルーノ、彼女達を呼んできてくれ!まだ居るはずだ」

ブルーノ「うん!」



134:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 20:11:42.68 ID:s5PLg0fA0

ジャック「待て、お前の野望もこれまでだ」

ジェノサイドキングデーモン「ジャック・アトラス!?」

ジャック「成る程、この騒ぎに便乗して遊星の首を打ち取るか。笑止千万!」

ジェノサイドキングデーモン「な、何ィ~!」

ジャック「言っておくが俺は遊星のように甘くはない」

ジェノサイドキングデーモン「所詮は二番手!キングに勝てるか!」

ジャック「キングだと?お前のような奴にキングを名乗る資格はない!」

プラシド「やはり始まったか」

鬼柳「待てよプラシド、ここはジャックに任せてやってくれねえか?」

プラシド「ジャック・アトラス如きがモンスターに勝てると思っているのか!?」

鬼柳「何も解っちゃいねえな、ジャックって男の事をよ」

プラシド「何?」

鬼柳「俺らサテライト生まれはデュエル中にリアルファイトになだれ込む事が多々あるんだ」

鬼柳「勝ち確定だったのに有耶無耶になっちまってよ」

プラシド「何が言いたい」

鬼柳「ジャックはそのリアルファイトになだれ込む前に終わらせちまう、何故か解るか?」

プラシド「知らん」

鬼柳「デュエル開始と共にデュエリストを一撃で仕留めちまうんだ。レッドデーモンズとジャックの蹴りでよ」

鬼柳「俺が見た中じゃジャックって男はリアルファイトにおいてもキングなんじゃねえかなって思うんだ」



136:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 20:25:41.66 ID:s5PLg0fA0

ブルーノ「この子達だね」

遊星「彼女達も実にいいおっぱいをしている」

ジュノン「でも私に比べたら!」

遊星「そうだな・・・だがドラゴン・ウィッチはいつか母乳が出るおっぱい」

ドラゴン・ウィッチ「何を言ってるんですか遊星さん!」

遊星「青き眼の乙女は子供モンスターにおっぱいを視姦されている」

青き眼の乙女「遊星さん・・・」

遊星「マナは最近、彼氏が出来てそのおっぱいを揉みくちゃにされている」

マナ「へへ、お師匠様似なんですよ・・・って何で知ってるんですか」

遊星「ハーピィ・クィーンは見ての通りスケベなおっぱいだ」

ハーピィ・クィーン「・・・」

遊星「ジュノンはデカいおっぱい・・・ほら十人十色のおっぱいだ」

ジュノン「・・・」

遊星「お前のおっぱい何てアキに比べれば小さい。そんなアキも俺の知った情報によれば結婚して揉まれるそうだ・・・」

遊星「アキが誰と結婚するのか・・・俺は日々悩んでいる。おっぱいの大きさも悩みもまだまだ何だぞジュノン」

ジュノン「だからこのおっぱいを大切にしろと」

遊星「そうだ、おっぱいはこの世界を救う。シナトもそう俺に伝えてた気がするんだ」



137:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 20:32:02.42 ID:s5PLg0fA0

ジュノン「うん、解った・・・おっぱいを大切にする」

遊星「その心意気だ。そんな君にいや君達にこれを渡そう」ゴソゴソ

ジュノン「それは」

遊星「俺は親しくなった人にこれを渡すんだ。絆テレカを」

クロウ「俺も持ってるぜ!」

ブルーノ「僕も!」

遊星「離れていても一度生まれた絆は決して・・・そう決して消えない」

ジェノサイドキングデーモン「ぐおおおおおおおおおおおおおおおおお」

ジャック「フン!所詮はこの程度か!!」

鬼柳「遊星!こいつはお前の首を狙ってた野郎だぜ!」

遊星「俺の?」

ジュノン「私に任せて!えいっ!」

ボンッ

ジェノサイドキングサーモン「ひえ~!」ピチピチ

プラシド「デーモンがサーモンか・・・バカバカしい」

遊星「強く生きろ。そして何かあったらいつでも俺を呼んでくれ」

遊星「俺は必ずデュエルモンスターの世界にも現れる」

ジュノン「うん!」



139:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 20:41:25.07 ID:s5PLg0fA0

封魔の伝承者「実は名前が」

遊星「俺はいい名前だと思う。次」

ゴブリン突撃部隊「誰がリーダーなのか解らなくて」

遊星「リーダーっぽい奴に赤い鉢巻をつけてみろ。次」

バーサーク・デッド・ドラゴン「ドラゴンなのにアンデットで」

遊星「大丈夫、気にするな。次」

闇より出でし絶望「たまには希望を持ちたい」

遊星「それは自分次第だ。次」

ガガギゴ「俺・・・恋をしてて」

遊星「ならば怯えず立ち向かえ!次!」

クロウ「これで最後みてえだな」

ブルーノ「今日も一日これで終わったね・・・遊星」

遊星「ああ・・・」

龍亞「じゃあ俺、帰るね!」

遊星「疲れた」



140:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 20:54:57.00 ID:s5PLg0fA0

数日後

遊星「後は任せたジャック、クロウ、ブルーノ」

ジャック「どこへ行くんだ遊星は」

クロウ「何か嫌な予感がするから裏口から出てくってよ」

ブルーノ「遊星もここ最近、命を削りっぱなしだったからね」

遊星「よっと」

カイザー「君が不動遊星か」

遊星「誰だ・・・どうやらモンスターではないらしいな」

カイザー「俺は丸藤亮。人は俺をカイザーまたはヘルカイザーと呼ぶ」

遊星「そのカイザーが俺に何を?すまないがしばらくは悩み事を受け付けない」

カイザー「返してもらう時が来た」

遊星「返す?」

カイザー「サイバー・ドラゴンだ」

遊星「何!?」


第五部完



142:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 22:35:00.56 ID:s5PLg0fA0

遊星「カイザー・・・まさかデュエルアカデミア伝説デュエリストの一人だったとは」

カイザー「そうでもないさ」

遊星「しかしカイザー亮と言えば死んだはずなのに」

カイザー「サイバー・ドラゴンだ」

遊星「確かにこれはあなたのカードだ。返しましょう」

カイザー「・・・いいのか?本当に」

遊星「他人のカードを盗む奴は泥棒です。俺は過去に大切な相棒を二人もあるデュエリストに奪われた」

カイザー「・・・」

遊星「どうぞ」

カイザー「まあいい、それよりも他の所有者を知らないか」

遊星「一人は知っています。もう一人は」

カイザー「行こう。三人目もきっと君の知っている者のはずだ」



143:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 22:40:04.03 ID:s5PLg0fA0

鬼柳「あー、よく寝た」

遊星「鬼柳!」

鬼柳「ゆ、遊星・・・ビックリさせるなよ」

遊星「まさかデュエルアカデミアも体育倉庫に寝泊まりしてたとは」

鬼柳「ここからのが危機から駆けつけられるからな。こいつは」

カイザー「俺はカイザー亮」

鬼柳「ふーん・・・じゃあ俺はサティスファクション鬼柳ってとこだな!ヨロシクな!」

遊星「実はこの人はサイバー・ドラゴンの所持者なんだ」

鬼柳「おいおいマジかよ」

遊星「これは三枚ある。最後の一人を知らないか?」

鬼柳「知ってるぜ。でもあいつは気まぐれな奴だからな」

遊星「知ってるのか!?」

鬼柳「おう、プラシドだよ」



144:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 22:51:08.82 ID:s5PLg0fA0

遊星「プラシドか・・・どこに居るんだ普段は」

アキ「遊星?何してるのこんなところで」

ツァン「げっ・・・何時ぞやのセクハラ男」

麗華「遊星さん」

遊星「プラシドの・・・イリアステルのケンタウルス男を覚えてるか」

アキ「ええ、あのDホイールと融合したって遊星が言ってた」

遊星「居場所を探しているんだ。君達も知らないか?こう変な髪型をしたいつも剣をぶら下げてる男なんだが」

鬼柳「白髪で片目なんかで覆ってて何考えてっか解らねえ奴なんだけどな」

ツァン「知らない知らない、部外者は帰りなよ」

遥「もしかしてあの人じゃありませんか?ほら麗華先輩の隣のクラスのレイン恵さんと一緒に歩いてた」

麗華「あ、あの銃刀法違反者ですね!さっき見かけましたよ」

カイザー「遊星」

遊星「ええ、どうやらこの付近らしいですね」

鬼柳「よっしゃ行こうぜ遊星!」

遊星「しかし引っかかる事がある・・・」

鬼柳「どうした?」

遊星「俺の推理ではプラシドはゲイのはず・・・なのに何故」

カイザー「簡単な話だ。きっとそのプラシドという男はバイなんだろう」

遊星「やはり伝説デュエリスト・・・俺の推理の一歩上を行く」



145:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 22:59:13.35 ID:s5PLg0fA0

ジャック「誰も来んな・・・」

クロウ「いつもなら誰かしら飛びこんで来るのにな」

カイバーマン「既に背後に居たらどうする」

ジャック「誰だ貴様!」

カイバーマン「俺はカイバーマン、噂通り太々しい男だジャック・アトラス」

クロウ「そのカイバーマンが何の用だ?て言うか一々、揉め事を」

カイバーマン「あと6分・・・この世界に今までとは比べものにならないモンスターがやって来る」

ブルーノ「ええーっ!?」

ジャック「その親玉が貴様だな!ならば今この場で息の根を」

カイバーマン「落ち着け、お前達の武勇は聞いている。俺はお前達の力を借りにきた」

ブルーノ「そ、それでそのモンスターって」

カイバーマン「名は三幻魔。モンスターでありながらモンスターを食らう凶悪な3体のモンスター」

クロウ「3体!?」

カイバーマン「かつてこの世界を滅ぼしかけた力を持つモンスターだ」

ジャック「何!?」



146:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 23:06:13.37 ID:s5PLg0fA0

遊星「見つけた」

カイザー「君がサイバー・ドラゴンを」

プラシド「だったらどうした」

遊星「返す時が来た」

プラシド「何?これは俺が貰ったカード・・・誰が」

遊星「女の子と一緒に居たことを仲間に言う」

プラシド「俺を脅す気か」

遊星「いや違うな、これは取り引きだ」

プラシド「勘違いするなよ遊星、俺は奴とたまたま」

遊星「それは無い」

プラシド「・・・」

カイザー「!?この殺気は・・・!」

鬼柳「どうしたカイザー?」

カイザー「来るぞ!」

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

鬼柳「何だよこの地鳴りは!?」

カイザー「この感覚は・・・まさか再び奴らと出くわす日が来るとはな」

遊星「奴ら?それは一体」

カイザー「恐らくは三幻魔」



147:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 23:11:04.09 ID:s5PLg0fA0

ジャック「何だあれは!?」

カイバーマン「おい!死にたくないのならデッキを俺に渡せ!」

クロウ「何言ってんだてめえは!」

カイバーマン「奴はモンスターを食う。この世界でも例外ではない!早くしろ!!」

ブルーノ「・・・はい」

ジャック「遊星・・・行くぞクロウ!」

クロウ「おう!」

ブルーノ「あ、待ってよ!」

カイバーマン「無闇に突っ込むな!これだから最近のデュエリストは!」

ブルーノ「無闇じゃないよ。これが僕達のやり方なんだ」

カイバーマン「何?」

ブルーノ「これがチーム5Ds、僕達は負けない。たとえどんな困難があってもね」

カイバーマン「・・・」

ブルーノ「じゃあ僕も言ってくるよカイバーマン」



148:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 23:15:27.60 ID:s5PLg0fA0

カイザー「奴らは三幻魔」

鬼柳「反則級のデカさだぜ・・・」

プラシド「ならば斬ればいい」

遊星「行こう!」

カイザー「待て」

鬼柳「止めても無駄だぜ」

カイザー「誰も止めはしない。だが君達に教えようと思ってな」

プラシド「それは何だ」

カイザー「サイバー・ドラゴンの真の姿を・・・ただし幻魔を倒せるのは一度きり」

遊星「真の姿?」

カイザー「それを今教える!遊星!鬼柳!プラシド!各々のサイバー・ドラゴンを俺に飾せ!」



149:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 23:24:10.28 ID:s5PLg0fA0

ウリア「オオオオオオオ」

クロウ「くっ・・・生きてるかジャック」

ジャック「こ、こんな所で死んでたまるか・・・」

ラビエル「オロカナリニンゲンヨ、サキニイドンダコイツノヨウニナリタイノカ」

クロウ「何?」

ボマー「」

クロウ「ボマー!!」

カイバーマン「案ずるな気絶しているだけだ」

ブルーノ「やっぱり君も来てるじゃないか・・・」

ハモン「シャアアアアアアアアア」

ラビエル「ホコリタカキセイレイノオウガニンゲンノミカタヲスルカ」

カイバーマン「人間もまだまだ捨てたものではない。解らんだろうな幻魔風情では」

ラビエル「ショウシ、コノセカイヲイタメツケレバイズレワレワレヲニドモヤブッタユウキジュウダイガアラワレルハズダ」

カイザー「十代は現れん!!」

クロウ「だ、誰だあいつ・・・」

遊星「待たせたなみんな!」

カイザー「この不動遊星はお前達を倒した遊城十代の意思を受け継ぐ男だ!やれ遊星!」

カイバーマン「やはり不動遊星は十代の意思を受け継ぐ男だったか・・・俺の見込んだ通り」

遊星「三幻魔!お前達の攻撃も終わる・・・このサイバー・エンド・ドラゴン手裏剣によってな!」



150:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 23:32:12.22 ID:s5PLg0fA0

遊星「行くぞ幻魔!」

ラビエル「バカメ!ワレワレヲソノテイドノコウゲキデ!!」

遊星「破ァッ!!!」シュッ

ウリア「オオ!?」

ハモン「シャア!?」

ラビエル「ナ、ナンダトォ!?」

クロウ「す、すげえ・・・ただのサイバー・ドラゴン手裏剣じゃねえ・・・」

ブルーノ「まるで三つ首龍だ・・・」

ジャック「行け遊星!」

カイバーマン「やれる!あのデュエルオーラを纏ったカード手裏剣ならば!」

カイザー「切り裂けサイバー・エンド・ドラゴン!!!」

スパッ スパッ スパッ

ラビエル「ナ・・・ナントイウ・・・オトコ・・・ゲンマヲキリサクナンテ・・・」

遊星「お前達が3体の幻魔なら俺達は無限の可能性を持つデュエリスト。3は無限には勝てない!」

ラビエル「ガハッ・・・」

遊星「終わった・・・長い長い戦いが・・・」

鬼柳「やっぱあいつは最高だぜ」

プラシド「それでこそ不動遊星だ、俺はお前を必ず倒す。改めて誓おう」



151:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 23:41:52.75 ID:s5PLg0fA0

カイバーマン「遊星よ、まだ終わったわけではない」

遊星「どういう事だ」

カイバーマン「少しの間だけならこの世界とモンスター世界の境界を閉じる事はできる。だが何れまた開くであろう」

遊星「・・・」

クロウ「おい!何だよあれ!」

破滅の光「やってくれたな不動遊星、だが今までの戦いはほんの序章に過ぎない。野球で言えば二回裏というところだ」

カイバーマン「破滅の光・・・お前がこの世界を」

遊星「ただの夫婦喧嘩では無かったんだな。やっぱり」

破滅の光「私はきっと機会を狙い必ずこの世界を滅ぼすであろう・・・いつか必ず・・・」

遊星「そんな事はさせん!」ゴソゴソ

破滅の光「無駄だ、何をやっても私は」

遊星「これはブラックホール発生ミサイル。光すらも飲み込む」ポチッ

破滅の光「!?」

遊星「もう終わりだ!」

破滅の光「ヌォォォ!ふ、不動遊星・・・!いつかいつか必ず・・・必ず!」

遊星「何度蘇ろうとミサイルには勝てない!眠れ破滅の光!!」

破滅の光「チ、チクショー・・・!」

遊星「最大の敵も全ての元凶も死んだ・・・これでやっと安眠できる」



152:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 23:48:39.86 ID:s5PLg0fA0

カイバーマン「帰るか、さらばだ不動遊星とその仲間よ」

遊星「ああ」

カイバーマン「遊びに来たい時にはいつでも来い。お前のファンが沢山いる」

遊星「是非呼んでくれ」

カイバーマン「それとカイザー亮、三沢大地を覚えているか?」

カイザー「覚えている」

カイバーマン「奴は今も生きて働いている。人間にしては働き者だ奴は」

カイザー「フッ・・・あいつめ」

クロウ「遊びたい時ってどうすりゃいいんだよ」

遊星「モンスター世界に行ける機械を作ればいい」

ブルーノ「さすが遊星!」



153:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 23:53:22.77 ID:s5PLg0fA0

カイザー「では俺も成仏しよう」

遊星「カイザーこれを」

カイザー「それはもう君たちのものだ」

鬼柳「けどよそれじゃ」

カイザー「それにサイバー・ドラゴンならここにある」

遊星「ならこれは」

カイザー「それもサイバー・ドラゴンだ、デュエリストも死ねばデッキも死に共に天へと召される」

カイザー「そのサイバー・ドラゴンには新たな命が吹き込まれた。君たちのお陰でな」

プラシド「何が命だ、非科学的な」

カイザー「またいつか会おう、不動遊星」

鬼柳「じゃあな!」

プラシド「・・・」スッ

ジャック「また会おうだと?遠回しに死ねという事か」

遊星「いや天国に行ける機械を作れという事だろう」

ブルーノ「さすが遊星!」



154:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/10/09(木) 23:57:30.52 ID:s5PLg0fA0

数日後

クロウ「色々あったな・・・」

ジャック「もう二度と味わいたくない、俺達はデュエリストなんだぞ!」

クロウ「・・・だろ?俺も思ったんだよ!何やってんだ俺って」

ジャック「お前はどう思う遊星」

遊星「・・・」

ブルーノ「遊星?」

遊星「考えてみたんだ今回の件で」

クロウ「やっぱりお前もおかしいと思うよな」

ジャック「次からはなるべくデュエルをする!いいな遊星!」

ブルーノ「そういう事だよね遊星」

遊星「いやそうじゃないデュエルするとかしないとかそういう次元じゃない」

ジャック「それはどういう意味だ」

遊星「はっきり言って意味が解らない」






転載元
クロウ「大変だ遊星!モンスターが実体化して暴れてるぜ!」 遊星「何!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1412661405/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 06:02
      • 遊戯王DMの古代編か、アニオリのドーマ編かな?
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 07:10
      • ボマーの扱いwwwwwwwww
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 07:31
      • やったぜ。
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 07:39
      • さっすがチームサティスファクションだ!
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 07:39
      • またおまえか
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 07:49
      • カニえもん...
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 08:10
      • 変態おっさんチームビッグ5とチームサティスファクションとでは天と地ほど違う!
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 08:19
      • 俺も意味がわからないよ遊星
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 08:20
      • 22世紀の秘密道具を開発するなんて
        さすがチームサティスファクションの
        メンバーだ!
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 08:23
      • おい、デュエルしろよ
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 09:19
      • 作者はボマーに何の恨みがあるのか
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 09:30
      • どうしてリアルファイトしてるんだ…
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 10:18
      • サイバー・エンド 手裏剣にすんなwww
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 10:35
      • 何故だ!?何故デュエルをしない!
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 10:55
      • おっぱいとはどういう効果だ?いつ発動する?
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 12:24
      • BIG5の復活とか、異世界編のその後だとか、展開は熱い筈なのにな…
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 12:35
      • そりゃあ冒頭からいきなり頭部に手裏剣刺さってるのに無傷なんだから反応に困るわwww
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 13:10
      • 深海の戦士は気に食わんが、青き眼の乙女のとこ詳しく
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 14:39
      • これもうどこから突っ込んでいいのかわかんねぇな
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 14:47
      • おい、デュエルしろよ
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 16:08
      • どういうことなのかさっぱりわからねぇ
        答えてみろルドガー!
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 19:36
      • ま た ボ マ ー か よ !
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 20:04
      • 993!996!989!
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 21:43
      • 壁に隠れるのはウォールシャドウだろ
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月10日 21:59
      • ドラえもんの道具じゃないか!リアルファイトと言う名前のデュエルかよ
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月11日 01:19
      • ボマーがこんなに登場するssもそうはあるまい
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月11日 10:18
      • ???「壁の中に隠れるのよ!」
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月11日 18:54
      • ※28
        閉じ込められた!

        ホントに最後の遊星の台詞が全てを物語ってるな
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月11日 23:29
      • 意味が解らないネタが多過ぎてツッコミ切れないwww
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月12日 03:55
      • マジかよドン・サウザンド最低だな
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月23日 00:07
      • まるで意味が分からんぞ!
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月27日 08:44
      • おい、デュエルしろよ
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月10日 22:15
      • 何なんだこの正統派ライバルなプラシドは

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ