TOP

響「え?好きな人から好きって言ってもらえないと苦しくなる病気?」

1: ◆p3yuNM37DY:2014/10/02(木) 16:44:21.06 ID:OzjNz7tZO

「XX公園を発祥地に、珍しい病気が流行しており……」


「人から人へと伝染していき、非常に危険性の高い………」


響「へー、そんな病気が流行ってるんだ」


響「こんなにニュースで大騒ぎしてるんだから、気を付けなくちゃね」


響「でも自分、今は健康だし大丈夫だよね!」



2: ◆p3yuNM37DY:2014/10/02(木) 16:48:05.36 ID:OzjNz7tZO

響「それに、この病気って好きな人がいる前提じゃないか!」


響「好きな人なんて、自分……」


ハム蔵「ジュッ」


響「な、何でプロデューサーの名前が出てくるんだ!ハム蔵!」///


響「もう……あ!もうこんな時間!」スクッ


響「じゃあみんな、行ってくるね!」ガチャッ


響「あっ、暇だったらテレビ観てていいからね!いぬ美!」


いぬ美「バウッ」



バタンッ


いぬ美「……………」ピッ


「なお、この病気は動物が多い環境にいる人ほどかかりやすく……」


「ペットをお持ちの方は、注意して………」



いぬ美「………………」



3: ◆p3yuNM37DY:2014/10/02(木) 16:50:09.63 ID:OzjNz7tZO

事務所



ガチャッ


響「はいさーい!」


P「おっ、響か。おはよう」


響「あ、プロデューサー!はいさーい!」


P「いやぁ〜、今日は寒いなぁ……」


響「プロデューサー、だらしがないぞ!」


響「寒さなんて、吹っ飛ばす勢いでいかなくっちゃ!」


P「ははは……響は喜んで庭を駆け回るタイプだな」



4: ◆p3yuNM37DY:2014/10/02(木) 16:52:26.73 ID:OzjNz7tZO

響「寒いんだったら、自分があったかい『さんぴん茶』を買って来てあげる!」


響「待っててね!」タタタ


P「あぁ、響!そんな、俺は大丈……」


バタンッ



P「……行っちゃったか」


P「全く……行動が早いやつめ」



5: ◆p3yuNM37DY:2014/10/02(木) 16:56:00.17 ID:OzjNz7tZO

響「えっと……たしか、ここにあるはず……」


響「あった!自動販売機!」


響「えーと、あったかいさんぴん茶は……」


響「あったかいのは……」


響「……………///」


響「………あったかい……ぞ///」


響「………………///」


響「あ、あれ?何か、体が熱くなってる……?///」


響「……な、何か、胸が……チクチクする……///」


響「何だろう……何か……苦しい……ぞ……///」


響「ハァ……ハァ……///」


響「プロ……デュー……サー……///」



6: ◆p3yuNM37DY:2014/10/02(木) 16:59:54.86 ID:OzjNz7tZO

ガチャッ


P「ん?響か?さんぴん茶は……」


響「プロデュー……サー……///」


響「ハァ……ハァ……///」


P「ひっ、響!!?」


P「どうしたんだ!?顔、真っ赤だぞ!?」


響「ハァ……ハァ……苦しい、ぞ……///」


P「苦しいのか!?熱か!?」



7: ◆p3yuNM37DY:2014/10/02(木) 17:03:18.50 ID:OzjNz7tZO

P「とにかく、ソファに座っといてくれ!」


響「う、うん……///」ストンッ


P「何てこった……どうしよう……」


P「救急車を呼ぶべきか……?」


P「いや、直接連れて行った方が……うーん……」


響「……………///」ぼーっ



響「……プロデューサー……///」


P「あーでもない、こーでも…………え?」


P「ど、どうした?なんだ?何かして欲しいのか?」


響「……こっち、来て///」


P「え?」



8: ◆p3yuNM37DY:2014/10/02(木) 17:06:27.44 ID:OzjNz7tZO

P「あ。あぁ……いいけど」スタスタ


P「ほら、来たぞ」


響「……隣に、座って欲しいぞ///」


P「えぇ?隣に?」


P「……まぁ、いいけど」ストンッ


P「なんなんだ?何をして欲しいんだ、響?」


響「………んっ///」スッ



P「わっ!」


P「きゅ、急に肩によりかかって来るなよ……ビックリするじゃないか」


響「ん……ゴメン……///」スリスリ



9: ◆p3yuNM37DY:2014/10/02(木) 17:12:02.77 ID:OzjNz7tZO

P「……えっと、どうしたんだ?響?」


P「今度は頬を肩にすり寄せて来て……」


響「……なんか、わかんないけど……///」スリスリ


響「こうしてたら、凄く落ち着くんだ……///」スリスリ


P「えっ?そうなのか?」


響「うん……でも、まだちょっと苦しい……ハァ……ハァ……///」


P「え、えぇぇ……ど、どうすればいいんだ?」


P「俺に出来ることなら、何だってするぞ!」


響「…………ほ、本当?///」



13: ◆p3yuNM37DY:2014/10/02(木) 17:19:51.63 ID:OzjNz7tZO

P「あぁ!何でも言ってくれ!」


P「食べたい物だって用意するし、代えの服だって買って来るぞ!」


響「じゃ、じゃあ……///」


響「……好きって、言って、欲しい……///」


P「…………え?」


響「自分の事、好きって……///」


P「な、何でだ?そんな必要ないんじゃ……」


響「わかんないけど……言って欲しいんだぞ……///」


響「そしたら、苦しくなくなりそうだから……///」


P「そ、そうなのか?」



15: ◆p3yuNM37DY:2014/10/02(木) 17:31:52.80 ID:OzjNz7tZO

響「うん……だから……早くぅ……///」ハァハァ…


P「………わ、わかった」


P「………好き、だ」


響「もっと、ハッキリ言って欲しい……///」


P「………好きだ」


響「もっと!もっと言ってぇ!///」


P「ひ、響が好きだ!!」


響「ギュッて!ギュッって抱きながら言って欲しいぞ!///」


P「響!!好きだ!!愛してる!!」ギュッ


響「プロデューサー……///」ギュッ


P「響!!」ギュウゥゥゥ……


響「自分も……自分もプロデューサーの事……///」


響(……………)


響(ん?…………あれ?)


響(さっきまで、あんなに苦しかったのに……)


響(……もう、なんともないぞ!)



16: ◆p3yuNM37DY:2014/10/02(木) 17:37:29.69 ID:OzjNz7tZO

響「やったぁ!治っ……」


P「響!!響ぃ!!」ギュウゥゥゥ……


響「………………」


響「………………」


響「……っ!!!??///」


響「わ、わあぁぁぁああ!?///」どんがら


P「!?」


P「きゅ、急に離れるなよ……ビックリしたじゃないか……」


響「い、今、自分、プロデューサーと……///」


響「…………………」


響「…………へ、変態プロデューサー!!!///」タタタ…


P「ええぇ!?お前がしろって……」


バタンッ









P「………出て行った…」


P「なんだったんだ……いったい」



17: ◆p3yuNM37DY:2014/10/02(木) 17:42:36.19 ID:OzjNz7tZO

次の日


ガチャッ


響「………お、おはよう……」


P「……あ、あぁ、響。おは……」


響「っ!!」


響「…………///」タタタッ…



バタンッ



P「………………」


P「出て行ったか……」


小鳥「……響ちゃん、今様子おかしかったですよね?」


小鳥「どうしたのかしら……?」


P「えぇ……ちょっと、色々ありまして……」


小鳥「…………?」



18: ◆p3yuNM37DY:2014/10/02(木) 17:47:29.68 ID:OzjNz7tZO

玄関前


響「………………」


響「うぅぅ……恥ずかしくて、プロデューサーの顔見れないぞ……///」


響「あの後、特に異常が無かったのはいいけど……」


響「治った時自分、プロデューサーと……」


響「……………」


響「うんぎゃー!!思い出しただけで、恥ずかしいぞ!!///」


響「ううぅ……///」


雪歩「あれ、響ちゃん?」


響「……あ、雪歩!」


雪歩「どうしたの?玄関前で体育座りして?」


響「ちょっと、ね……」


雪歩「……?」


雪歩「あっ、そういえば、響ちゃんが前に言ってたさんぴん茶ってどこに売ってるの?」


響「え?あぁ、それならXX公園にある自動販売機にあるぞ」


雪歩「XX公園だね?ちょっと買ってくるね」スタスタ


響「うん、いってらっしゃーい!」



19: ◆p3yuNM37DY:2014/10/02(木) 17:52:12.98 ID:OzjNz7tZO

XX公園


雪歩「えっと……さんぴん茶……さんぴん茶……」


雪歩「あ、あった!」


雪歩「じゃあ、お金を入れて……」


雪歩「入れ………」


雪歩「………」


雪歩「あ、あれ?///」


雪歩「な、なんか、体が熱く……///」


雪歩「ハァ……ハァ……///」


雪歩「プロデュー………サー………///」













転載元
響「え?好きな人から好きって言ってもらえないと苦しくなる病気?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1412235861/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 20:41
      • かわいい
        かわいい!!!!!!!!!!!
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 20:42
      • 感染事務所
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 20:43
      • そのまま全員分書けばいいと思います

        響は可愛いなぁ!!
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 20:51
      • おいこれからだよな?
        もっと頑張れよ
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 21:05
      • ガナハ病か…
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 21:10
      • さんぴん茶は呪われた飲み物だった…!?
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 21:18
      • 響はかわいいなぁ
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 21:20
      • さんぴん茶ってこえー
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 21:22
      • 自分から頼んでおいて突き飛ばして変態呼ばわりからの謝らないかー
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 21:23
      • そういう病気だからね。仕方ないね
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 21:31
      • 5 不満はひとつだけ
        短い!!!
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 21:33



      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 21:35
      • 動物くさい響、焼肉くさい雪歩と続いたから次の感染者はニンニクくさい貴音か男くさい真かな
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 21:37
      • さんぴん茶が風評被害受けてんじゃねぇかよ・・・
        これだから内地暮らしの似非うちなー人は・・・
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 22:02
      • ※13
        鈍臭い春香かも
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 22:24
      • お前ら感染は女限定じゃないんだぞ
        社長「ほう、さんぴん茶はここか……」
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 22:26
      • ※12
        いつまでいってるんですかねぇ
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 22:28
      • ※5
        ヤメロオオオオオオオオ(からくりサーカス思い出した)
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 22:43
      • さて次は雪歩編かなー
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 23:01
      • 選んだのは綾鷹でした
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月02日 23:40
      • ※18
        銀髪銀目の響もかわいいかも
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月03日 01:24
      • 公園に行かなさそうなメンツがいないな、765プロ…感染リスクはかなり高い(確信
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月03日 01:33
      • SSのせいでどんどん響が好きになる
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月03日 01:49
      • なんて恐ろしい病なんだ…
        俺たちがかかったら苦しみながら死ぬしかない…
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月03日 02:28
      • 自販の香片茶なんかクソマズイだろ
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月03日 04:40
      • 何がすきかって言われて真っ先に動物を答える人間は心理学的に甘えん坊だからこの病気にかかりやすいのも納得
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月03日 09:03
      • 普通にいいね
        駄作者の場合これで何人も繰り返すんだよな
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月03日 16:43
      • なんて恐ろしい病気なんだ...
        すぐに治療しなくては!
        響!診察するから服を脱ぐんだ!
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月05日 10:18
      • 響「身体が熱い……///」
        雪歩「身体が熱い……///」

        この違い
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月11日 21:57
      • 他のアイドルも書いてくれるんですよね?

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ