TOP

承太郎「貧弱貧弱プロダクション」【第二部】

1:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 19:43:33.26 ID:m+MKSJch0

モバマスを知らない方でも読めるように頑張っています

前回
承太郎「おれがCGプロのプロデューサーだと?」【第一部】

の続きになります

キャラ登場ごとに画像を貼りますので、検索しなくて大丈夫です。



3:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 19:46:45.86 ID:m+MKSJch0

ちひろ「プロデューサーさんがちゃあんとアイドルを連れてくるなんて思いもよらなかったですよ」

承太郎「おい、それを見込んでおれを雇ったんじゃあないのか」

ちひろ「しかも魅力ありありの凛ちゃん!実にイイ!」

承太郎「人の話を聞け」

ちひろ「これから楽しみですね~」

承太郎「.........................あぁ」

ちひろ「どうですか?ここの生活には慣れましたか?」

承太郎「仮眠室もあればシャワーもある、そしてトイレが清潔。生活するのに最低限の物は揃っている」

ちひろ「『家がない』って言われてビックリしましたよ。どんだけ貧乏なんですか」

承太郎「................................」

ちひろ「ま、稼ぐにはバリバリ働いてもらいますからね!私もサポートしますから!」

承太郎「じゃあスカウトしろ」

ちひろ「アイドル増やそ~♪お金儲けよ~♪」

承太郎「おい」



4:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 19:52:15.57 ID:m+MKSJch0

ガチャ

凛「おはようございます」

4_1

ちひろ「おはようございます凛ちゃん!」

承太郎「よう」

凛「二人ともいたんだね」

承太郎「今日は.......レッスンだったな」

凛「うん」

承太郎「どうだ?アイドルという生活には慣れたか?」

凛「うぅん、まだ。だってお仕事ないし」

承太郎「..................................」

凛「プロデューサーこそ慣れた?」

承太郎「いいや」

凛「じゃ、お互い頑張ろうね」

承太郎「あぁ」

承太郎「...............もう時間だ、行け」

凛「はいはい」ガチャ

承太郎「...........................」

ちひろ「レッスン、見てあげたらイイんじゃないですか?」

ちひろ「まだ凛ちゃんには“見られる”っていう意識はありませんからね~、もしお仕事が入ったら緊張しちゃうかもしれませんよ」

承太郎「なるほど、一理あるな。見てくる



5:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 19:54:47.88 ID:m+MKSJch0

@レッスン室

トレーナー「ワンツー!ワンツー!」

凛「ふっ、ふっ」

トレ「もっと早く!」

凛「ふっ!ふっ!」

トレ「はいそこでターン!」

凛「はいっ」クルッ タタン

ガチャ

承太郎「邪魔するぞ」

凛「プロデューサー!?」

トレ「!?」

承太郎「やってるな凛、どうだ」

凛「難しいけど、楽しいよ」

承太郎「そうか」

承太郎「..............ん?おっと、自己紹介がまだだったな、プロデューサーだ」

トレ「あぁっ!あなたが!」

トレ「トレーナーです」

承太郎「よろしく、と言ったところだぜ」



6:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 19:55:43.02 ID:m+MKSJch0

承太郎「悪いが、少しばかり見させてもらえるか?」

トレ「私はかまいませんよ」

凛「.........うん、いいよ」

承太郎「よし」

トレ「それでは再開します、さっきのパートから!」

凛「はい!」

トレ「ワンツー!ターン!」

凛「ふっ!はいっ!」クルッ

凛「(Pの威圧感がスゴイ)」

トレ「(ただ見てるだけなのにこの気迫........)」

トレ「ステップ!ハイ!ハイ!」

凛 タタン タタン

承太郎「(問題は.............ねぇな)」



7:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 19:56:54.04 ID:m+MKSJch0

@終了


承太郎 タオル バッ

凛 ガシ

承太郎「人に見られながら踊るのはどうだ?」

凛「逆にやる気が出るよ。“見せてる”って意識がする」

承太郎「そうか.......」

承太郎「(アイドルに必要な精神は持っているようだな)」

凛「お仕事が入ったら、この気持ちを忘れないようにするよ」

承太郎「あぁ...............悪いな」

凛「うぅん、そんな簡単なものじゃないってわかってるから」

凛「それにまずはオーディションだしね」

承太郎「................あぁ」

承太郎「今日はここで終わりだ。家に帰りな」

凛「うん、お疲れさま」

ガチャ

バタン


承太郎「.....................................」

承太郎「..................オーディション..........か」



8:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 19:58:05.57 ID:m+MKSJch0

@後日

承太郎 バサッ

凛「.........これは?」

承太郎「オーディションを受けるぞ」

凛「えぇ!」

承太郎「時間があるわけじゃあない。早めにやることが肝心だ」

凛「..........................」

承太郎「初めは怖いだろうが、やるしかねぇ」

凛「..............うん、頑張ってみるよ」



9:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:00:47.32 ID:m+MKSJch0

@CGプロ 夜


承太郎「おい千川、凛はオーディションに受かると思うか?」

ちひろ「ちひろでいいですよ」

承太郎「じゃあ千川、どう思う?」

ちひろ「............................」

ちひろ「私にはわかりません..........」

承太郎「そうか.......」

ちひろ「そういえば、凛ちゃんをランクで表してみたんです!」


バ―――ン


破壊力―C スピード―B 射程距離―A
持続力―A 動作性―A  成長性―B

承太郎「............................」

承太郎「説明しろ」

ちひろ「えっと、この破壊力は、そのままのパワーの意味です。スピードは単にダンスや頭の回転、
射程距離はどれくらいの距離の人まで魅了できるか、持続力は体力、あとふたつはその通りです」

承太郎「おい、破壊力は必要か?」

ちひろ「後々必要なことがわかりますよ」

承太郎「..............................成長性は、Bか」

ちひろ「まぁ元々能力が高いですからね。そこから一気に成長するのも難しい話ですし」

承太郎「......そうだな」

承太郎「...................................」

ちひろ「やっぱり、オーディションが心配ですか?」

承太郎「...........................あぁ」

ちひろ「ふふっ、最初はプロデューサーなんてゴメンだって言ってたのに」

承太郎「約束したからな、嫌でもやらなきゃあいけねぇ」

ちひろ「そうですね......頑張ってください!」

承太郎「.............フン、おれに言うな」



10:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:02:20.00 ID:m+MKSJch0

空条承太郎

『承』

①聞き入れる うけたまわる

②うける 受け継ぐ 伝える



11:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:03:45.59 ID:m+MKSJch0

@オーディション当日


承太郎「いつも通りのお前でいけ。無理に作るな」

凛「うん」

<次の方どうぞ

凛「し、失礼します」ガチャ

凛「渋谷凛、15歳、高校一年です」

?「ビジュアル担当の辻彩です」

?「トーク担当の義亜著だ」

?「総合審査の亀尾だ」

彩「(ビジュアルは問題ないわね)」

ギアッチョ「何故アイドルに?」

凛「私はつい先日、アイドルになりました。それは私自らではなく、プロデューサーに誘われたからです。
この先、自分がどう死んでゆくのかと考え、プロデューサーに応えました」

ギアッチョ「(国語力も大丈夫そうだなァ)」

カメオ「.....................」

凛「なので私は」

カメオ「もういい」

彩ギアッチョ「!」

凛「え.........?」



12:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:04:46.30 ID:m+MKSJch0

カメオ「君はそんな普通の事しか言えんのか?」

凛「普通って.......そんな!」

カメオ「では、アイドルになるにつれ、君の『願い』はなんだ?3つ言ってみろ」

凛「................願い..............」

カメオ「言えんのか?」

凛「.................................」

カメオ「......フン、悪いが君のような人間は五万といてね、やれカワイイだとか、やれ人気になりたいだとか」

凛「わ、私は!」

カメオ「やめてしまえ、アイドルなど」

凛「!?」

彩ギアッチョ「................................」

カメオ「まぁ駆け出してもいないアイドルはアイドルではないな。ただの」

カメオ「『出しゃばり女』だ」

凛「............」グッ

カメオ「早めに言われただけでも感謝しな、今じゃ諦めがつくからな」

カメオ「さ、今日のオーディションは終わりだ」スタスタ

彩ギアッチョ「.........................」スタスタ

凛「...................うぅ.....グスッ........」



承太郎「....................................」



13:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:06:43.21 ID:m+MKSJch0

@廊下


カメオ「まったく、とんだ時間の無駄だったな」

承太郎「おい」

カメオ「!?」

カメオ「......誰だ貴様は」

承太郎「テメェに名乗る必要はねぇ」

カメオ「...................まさか、CGプロとやらのプロデューサーか」

承太郎「..........................」

カメオ「やはりそうか。渋谷だったか?奴と歩いているのを見かけてな」

承太郎「....................」

カメオ「それにしても気の毒だな」

カメオ「受かるハズもないオーディションを受けて」

承太郎「...........てめー、それはどういうことだ」

カメオ「うちはなァ、金のないプロダクションとは契約しないのだよ。スポンサーもあまりつかないからなァ」

カメオ「だから予め、金のあるところを選んで、まぁ酷いのじゃなければ起用するシステムなのだ」

承太郎「..........................」ググッ

カメオ「貧弱など、眼中にもないのだよ!」

カメオ「HALL 2U!」

承太郎「.....................」ググッ

カメオ「悔しいか?悔しいだろうなぁ」

カメオ「そんな哀れなお前に一つだけ願を叶えてやろう」

カメオ「さぁ!行ってみろ!金か?」

承太郎「.....................2つにしてくれ」

カメオ「なに!?」

承太郎「第一の願いは、テメェに『後悔の叫び』を出させること」

承太郎「オラァ!」ドゴァ!

カメオ「あぎぃ!?」ドゴーン!

カメオ「あががッ.......貴様ァ!何をッ!」

承太郎「そのままだぜ」

カメオ「これは、BAD NEWSだッ!貴様らにとってな!こんな事をしてどうなるかわかっているのか!?」

カメオ「倒産だけでは済まされんぞッ!」

承太郎「あぁ、そりゃあ確かに悪いニュースだな........」

承太郎「だが、ニュースの文面はこう変更され伝えられる」

承太郎「『CGプロのプロデューサーはカメオのアホを、記憶がなくなるまでブン殴りました』と」

承太郎「OH!GOOD NEWSに変更される。これが二つ目の願いだ........」

カメオ「あっ........あっ........!!」

承太郎「地獄を貴様に、HELL 2U」

カメオ「ぎぃやぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~!!」



14:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:08:35.22 ID:m+MKSJch0

..............................................

................................

................

........

凛「.............................」

凛「やっぱり.........向いてないのかな.............」

凛「................................」

承太郎「ここにいたか」

凛「.......................プロデューサー」

承太郎「立ちな。アイドルが地べたに座るもんじゃあないぜ」

凛「.........アイドル...........なのかな............」

承太郎「なに?」

凛「あんなに言われて私.......」

凛「アイドル、向いてないかも......」

承太郎「.................そんなことはねぇ」

承太郎「てめーの魅力は十分にある。奴はそれに気付かなかっただけだ」

凛「.............................」

凛「..............『お前みたいな奴たくさんいる』って」

承太郎「.............................おい凛」

凛「.......................『出しゃばり女』だって.......」

凛「....私...........死にたいよ..........」

承太郎「凛!」ガッ!!

凛「プロデューサー........?」

承太郎「『死にたい』なんて言葉はなぁ、死んでも口にするんじゃあねぇ!」

凛「ッ!.............でも..............でもっ!」

承太郎「辛いのはわかる。だがッ!てめーはでしゃばってなんかいねぇ!」

承太郎「それに魅力があるッ!」

承太郎「だから!プロデュースさせろッ!」

凛「!」

凛「どうして..............どうしてそんなに真剣なの?」

凛「.........どうして真剣になるの...........?」

承太郎「..........................力があるからだ」



15:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:10:14.65 ID:m+MKSJch0

承太郎「力がある奴は、その力を使わなくちゃあならない。もちろん、イイようにな」

凛「....................................」

承太郎「ただ、それだけだ。てめーには力がある、人を魅了できるッ!」

承太郎「己の運命に正直になれ!凛!」

凛「うぅ.............」

承太郎「全部まかせろ。こんな事ないわけがねぇ。誰も最初はうまくいくわけじゃあねぇ」

承太郎「おれを信じろ」

凛「....................................うん」

凛「......うん、信じるよ」

承太郎「......その眼だ、その眼でイイ」

凛「いつまでも、クヨクヨしてられないよね.........」

凛「頑張るよ、私.............頑張る!」

承太郎「あぁ...........................」

承太郎「よし、帰るぞ」

凛「うん!」

?「誇りの道を~往く者に太陽っ」

?「ん~?」

承太郎「帰ってレッスン漬けだ」

凛「プロデューサーやっぱり根に持ってる?」

?「おぉっ、こいつはグッと来ちまったぜぇ!」

?「オォーイ!そこのお二人さんよぉ!」

承太郎「...............?おれ達のことか?」

凛「(どっかで見た事ある.............)」

?「おうよ!オレの名前はスパイス渡辺!周りからはSPWって呼ばれてるぜぇ!」

承太郎「.............なんのようだ」

SPW「その子、アイドルなんだろ?」

凛「ま、まぁ.....」

SPW「オレぁ、アンタを一目見て、こうグッ!と来ちまってよぉ!」

承太郎「だから何だ」

SPW「だからな?オレの番組に出てみないか?」

承太郎凛「!」



16:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:12:10.95 ID:m+MKSJch0

承太郎「テメェ、何者だ」

SPW「オレは有名司会者だ!とは言っても知らない人がいるんじゃ有名じゃあないか!」

SPW「アッハハハハハハ!」

凛「あっ!思い出した!この人、有名な司会者さんだよ!」

承太郎「そっくりそのまま言ったな」

SPW「おぉ!知ってくれてるたぁ嬉しいぜェ!」

SPW「ってことは、あんたはプロデューサーかい?」

承太郎「あぁ」

SPW「ほーぅ........そういやあのプロダクションのプロデューサーも似たような感じだったなぁ~......」

承太郎「...................で、その話は本当か?」

SPW「おうよ!オレぁスタッフと結構仲がイイからなぁ!アイドルの一人や二人、簡単なモンよ!」

承太郎「なら、頼めるか?」

SPW「おぉ!そんじゃしばらく待っててくれよ!」

凛「ありがとうございます!」

SPW「礼なんかいらないぜ!」スタスタ

承太郎「...................................」

凛「.................................」

承太郎「捨てるクズあれば拾う神あり、と言ってな」

凛「ちょっと違うけどね」



突如現れたSPWと名乗る男!

彼は情に厚く、行動力があり、包容力がある男!

まぁ設定はほぼアイツと同じであるッ!



17:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:13:18.17 ID:m+MKSJch0

渋谷凛

『凛』


①冷たい 引き締まるさま

②きっぱり りりしいさま



18:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:14:30.96 ID:m+MKSJch0

承太郎「凛、足は大丈夫か?」

凛「大丈夫」

ちひろ「過激なお仕事でしたね~吸血鬼のコスプレしながら壁を登るなんて」

凛「しかも穴開けながらね」

ちひろ「凛ちゃん、意外と脚力あるんですね」

凛「まぁあれくらいは」

ちひろ「それはそうと、お二人にお話があります」

承太郎「なんだ」

凛「何?」

ちひろ「アイドルにはお仕事が必要です」

凛「うん」

ちひろ「でもお仕事以外に、ライヴバトルというものがあるって知ってました?」

凛「ライヴバトル?」

承太郎「何だそれは」

ちひろ「ライヴバトルというのは各地方で開催されるイベントのことでバトル形式で行うものです」

承太郎「ほう」

ちひろ「大きなアピールになりますし、そこにはテレビや雑誌の関係者が多く参加しますから、積極的に参加した方がイイですよ」

凛「なるほど」



19:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:15:57.52 ID:m+MKSJch0

ちひろ「それでなんですが、近畿地方に私の古い友人がいまして、その人と一緒にライヴバトルを行った方がいいですよ」

承太郎「...................」

承太郎「行くか?凛」

凛「うん、アピールになるならね」

ちひろ「じゃあ私は後で追いますね」



20:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:17:02.91 ID:m+MKSJch0

【 近畿へ向かえ! 】



21:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:18:34.01 ID:m+MKSJch0

承太郎「許可は取ったか?」

凛「うん、お母さんすぐ許してくれたよ」

承太郎「ならいい」

新幹線しずか<プシュー

承太郎「乗るぞ」

凛「うん」

凛「.............えっと、この2席だね」ストン

承太郎「あぁ」ドスン

凛「.................................プロデューサー」

承太郎「何だ」

凛「狭い。肩幅広すぎ」

承太郎「.............................」



22:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:20:02.02 ID:m+MKSJch0

...................................................

.....................................

.........................

...............

.......

...

............太郎

承太郎.......................

承太郎「...........誰だ、てめーは....」

誰だろうな...........

承太郎「.................................」

どうだ?人の面倒を見るというのは..........

承太郎「.................................」

貴様は今、何を感じている?

承太郎「.........................おい」

..............フン、まぁいい

その先に何があるかは、己の目で確かめろ...........

承太郎「おい!」

承太郎「誰だッ!てめーは!」

じゃあな............

承太郎「おい!てめーは一体............」



23:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:21:10.89 ID:m+MKSJch0

承太郎「誰だッ!」

凛「わっ!?」ビクゥ!

乗客「!?」ビクゥ!

凛「ど、どうしたのプロデューサー!!」

承太郎「(夢...............か)」

承太郎「......いや、何でもねぇ」

凛「びっくりした.........」

承太郎「...............................」



24:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:22:25.68 ID:m+MKSJch0

近畿、それは大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・三重県・滋賀県・和歌山県から成る、
日本でも比較的賑やかな街である。京都には歴史的建造物が立ち並び、
滋賀には日本最大の湖、琵琶湖が面積を占める。兵庫県には明治19年、日本標準時子午線、
いわば日本における標準時が有名である。その他に兵庫県には、パールブリッジと呼ばれる、
明石海峡を横断して架けられた世界最長(3911m)の吊り橋が存在する。
承太郎達は兵庫に到着したのであった。



25:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:23:23.07 ID:m+MKSJch0

@近畿


承太郎「着いたな」

凛「初めて来た」

ワイワイ ガヤガヤ アラアラー ココハドコカシラー

凛「賑やかだね」

承太郎「あぁ」

承太郎「とりあえず、千川の言ってた古い友人」


く~っ


凛「.............................」

承太郎「...........................」

承太郎「.....................腹が空いたなら言え」

凛「........うん///」



26:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:24:40.96 ID:m+MKSJch0

@レストラン


承太郎「なんだ、このスパゲッティーは」

承太郎「真っ黒じゃあねぇか」

凛「......................」

承太郎「おい店員、ふざけるな、このレストランはインク入りのスパゲッティーを食わせようっていうのか?」

承太郎「代金を払わないで帰るぞ」

店員「こ、これはネーロと言いまして、新鮮なイカのスミが入っているので黒いんでございますよ」

承太郎「何だと?」

店員「みィ~んな大好物でございますよ。おいピーィです。ささ、召し上がって」

承太郎「.............」カチャ チュルル モグモグ

承太郎「.........ほう、中々イケるじゃあないか」

凛「....................................」


?「このレストランも格が落ちたな......田舎者が増えたようだ」


承太郎「ん?」

承太郎「(田舎者?どこにいる)」



27:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:26:21.80 ID:m+MKSJch0

?「まぁいい..........で?やっぱりダメかい?」

女「いえ、私は........」

?「イイじゃあないか、君をプロデュースさせておくれよ」

?「あっ、君もどうだい?」

女2「いえ..........」


凛「あの人もプロデューサーなのかな?」

承太郎「.......なんだあの野郎、真昼間からなりふりかまわずスカウトしやがって......」


?「これは......君へのプレゼントだよシニョリーナ」トン

女「なぜそんなテーブルの隅に置くの?」

?「それは君が手を伸ばすところをみたいからだよ。その美しい手をできるだけ長い間見ていたい......」


承太郎「アイツ、真顔であんなセリフを喋りやがったぜ.......なんだこの国は」

凛「日本だよ」


女「わぁ~美しい!」

?「頼みがあるんだ、カワイイ人......」

?「毎晩ベッドに入る前、これを外す時、もう一度アイドルにならないか考えてほしいんだ」


凛「オーッ!ノォーッ!」

承太郎「歯がガタガタ浮くぜ.........」


?「ネックレスにおまじないをするよ、君にアイドルの魔法がかかるように」


凛「スゴイ苦手なタイプ......」



28:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:27:34.64 ID:m+MKSJch0

?「そして、君の唇にも魔法がかかるように.......」


承太郎「あの野郎ッ!アイドルに誘おうとしたクセに自分で汚そうとしているッ!」

凛「少しからかってみよ!このネーロをあの人の顔にぶつけて黒くなったところを思いっきし笑ってあげるよ!」

承太郎「よし」

承太郎「(スタンドの悪用だぜ)」ブン ギャーン

凛 ニヤリ

? スッ......

? バクゥ!

凛「なっ!?」

承太郎「なんだと!?スタープラチナが投げたスパゲッティーネーロをッ!あいつ!」

承太郎「そのまま食いやがったッ!」


店員「椎座様、千川ちひろという方から電話が入っております」

シーザー「千川ちひろ、ママミーヤ、わかった」

シーザー「今すぐいくよ」


凛「なっ!なにィ~ッ!」

承太郎「あのスケコマシ野郎が、おれ達の会いに来たヤツだと!?」



29:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:31:09.39 ID:m+MKSJch0

渋谷 凛

29_1

年齢 15歳
日本・東京生まれ
所属:CGプロ
誕生日 8月10日(獅子座)
身長―165㎝ 体重―44㎏
3サイズ:80-56-81
血液型:B型

破壊力―C スピード―A 射程距離―A
持続力―A 動作性―A  成長性―B

①常に冷静で、感情はあまり表に出さない。
どこにいてもリーダー的存在である。
実家は花屋で趣味は愛犬ハナコの散歩に行くこと。

②希望の暗示を持つ『星』のカード



30:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:33:29.49 ID:m+MKSJch0

承太郎「..................チッ」

シーザー「................フン」

ちひろ「ほら二人とも、紹介は済んだのにお互い挨拶ぐらいしましょうよ!」

シーザー「...........................」

シーザー「千川さん、この際だ......はっきり言おう」

シーザー「オレは今までプロデュース活動をしてきた!何度も苦渋を味わってきたッ!
おれのプロダクションはプロデュースに命を注ぎ、アイドルに対しての気持ちはどのプロダクションよりも強いッ!
それを誇りにしているから受け継ぐのだ!」

シーザー「おれも同様だ!」

シーザー「だがその男はどうだ!プロデュースがどれだけ難しいことかも知らずに、
のこのことつい先日プロデューサーになったのだろうッ!?いい加減な奴だ!気に食わん!」

承太郎「おいてめー、言葉に気を付けろ」

シーザー「だが...................」スッ

凛「?」

シーザー「いい娘をスカウトしたな、魅力溢れる可愛い娘じゃあないか.......」

凛「あっ、えっと.......」

シーザー「どうだい?おれの事務所に来ないか?」

凛「えぇ!」

承太郎「いい加減にしやがれ」

シーザー「冗談だ、引き抜きなんかしないぜ。だが......正直引き抜きたいがな」

凛「.......................」

シーザー「ま、スカウト力だけは認めてやる」



31:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:37:10.30 ID:m+MKSJch0

承太郎「..............で、お前もプロデューサーなんだろ?アイドルはどこだ」

シーザー「そろそろ約束の時間だ。だがあの娘は約束の時間より早く来る」

タッタッタ........

シーザー「ほらな」

?「あっ!プロデューサーさん!おはようございます☆」

シーザー「やぁ智香、今日もカワイイね」

若林智香「えへへ、そうですか~///」

31_1


承太郎「.........ほう」

ちひろ「お久しぶりです智香ちゃん」

智香「お久しぶりです☆」

シーザー「ほら、この人達が前に話した東京のプロダクション御一行だ。自己紹介を」

智香「あっ、はい!」

智香「ツェペリプロダクション所属、アイドルの若林智香です☆」

承太郎「CGプロのプロデューサー、空条承太郎だ」

凛「そのアイドル、渋谷凛だよ」

智香「宜しくお願いしますっ☆」

智香「凛ちゃんはどうしてアイドルに?」

凛「私はなんというか、このまま終わるのも嫌だなって、そう思ってたらプロデューサーに」

智香「そうなんだ~」

凛「智香は?」

智香「アタシは学校でチアの練習をしてたらプロデューサーに☆」

承太郎「(チア.................?)」

凛「そうなんだ」

智香「お互い、頑張ろうねっ☆」ピシガシグッグッ

凛「うん」ピシガシグッグッ



32:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:41:46.72 ID:m+MKSJch0

ちひろ「可愛いですね~」

ちひろ「....................ほら、二人とも」

シーザー「フン」

シーザー「智香、そろそろレッスンの時間になる、戻ろう」

智香「あ、はい!」

シーザー「それと、ジョジョと言ったか」

承太郎「なんだ」

シーザー「確かに貴様にはスカウト力があるかもしれん。だがおれはお前を認めたわけじゃあない!......それだけだ」

シーザー「行くぞ、智香」スタスタ

智香「あ、待ってください!プロデューサーさ~ん!」

凛「......................................」

ちひろ「...........決して悪い人ではないんですよ」

凛「........................」

承太郎「............................」

承太郎「気に食わんがな」

ちひろ「とりあえず私は、ライヴバトルの打ち合わせをしてきますね」

承太郎「あぁ」

ちひろ「では」スタスタ

承太郎「さて、ライヴバトルまで時間がな.................ん?」

承太郎「あれはなんだ.......?」スタスタ

凛「..................ま、シーザーさんだっけ?あの人にも誇りがあるみたいだしさ、許してあげれば?プロデューサー」

凛「................................あれ?」


凛「プロデューサーは?」



33:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:44:08.29 ID:m+MKSJch0

若林智香

33_1

年齢 17歳
日本・鹿児島生まれ
所属:ツェペリプロ
誕生日 8月30日(乙女座)
身長―156cm 体重―45kg
3サイズ:82-57-83
血液型:A型

破壊力―E スピード―B 射程距離―B
持続力―A 動作性―A  成長性―B

①基本明るく、人を応援することが好き。
趣味はチアリーディング

②シーザーにスカウトされ、アイドルになった。



34:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:46:08.46 ID:m+MKSJch0

@街


承太郎「便利になったものだな」

承太郎「この小せぇ機械で電話はおろか、相撲もジャンプも見れるというわけか」

承太郎「一つ............買っておくか」

承太郎「おい凛、この種類は」

承太郎「..............あの野郎、迷子になりやがったか。世話の焼ける女だ」

承太郎「やれやれ」

承太郎「.............................ん?」

?「................」ジー

承太郎「.................................」

?「................」ジー

承太郎「...........................なんだ」

?「不思議な方ですの.........何というか、全体的に....」

承太郎「てめーは誰だ」

?「あら、言葉が汚くってよ?」

承太郎「ひとつ名乗りな..........」

?「わたくし、櫻井桃華と申しますわ」

34_1

承太郎「櫻井...桃華...........」

桃華「宜しければ、アナタの名前も教えてくださらない?」

承太郎「空条承太郎」

桃華「あら、アナタに似合った名前ですのね」

承太郎「...................まぁな」

桃華「アナタ、学生ですの?」

承太郎「..........................あぁ」

桃華「全然そうには見えませんわ」

桃華「本当は何か、お仕事をしてるのではなくて?」

承太郎「..............してねぇ」

桃華「そうですの。ま、いいですわ」



35:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:47:32.02 ID:m+MKSJch0

桃華「ところでわたくし、退屈してましたの。買い物に付き合ってくださらない?」

承太郎「待ちな、見ず知らずの奴と会って共に行動するなと、学校や親に教わらなかったのか?」

桃華「本当に怖い人は、そんなことを言いませんのよ?」

承太郎「..................................」

承太郎「第一、親はどうした。女のガキ一人で外に出したりはしないだろう」

桃華「関係ありませんわ」

桃華「ほら、行きますわよ」

承太郎「..............................」

承太郎「.....おい、歩くのが速いぜ」





桃華「承太郎ちゃま!あの服、中々キレイだと思いません?」

承太郎「............あぁ、そうだな」



桃華「承太郎ちゃま!あのお店、面白そうですわね!」

承太郎「...............................」



桃華「承太郎ちゃま、ほら」

承太郎「.........その承太郎ちゃまってのは何だ」

桃華「呼びやすくてイイと思ったのですが、お気に召しませんこと?」

承太郎「..........................まぁいい」

桃華「ならイイですわね♪」



36:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:48:26.52 ID:m+MKSJch0

.............................................

桃華「この変な仮面は何ですの?」

承太郎「どうやら石でできているようだな」

.............................................

承太郎「このテントウムシのペンダントはどうだ?」

桃華「う~ん」

承太郎「なら、この矢のペンダントはどうだ」

桃華「これ綺麗ですわ!」

承太郎「よし」

桃華「買ってくださるんですの?ありがとうございます!」

.............................................

承太郎「おい、あんまりはしゃぐんじゃねぇぜ。はぐれるぞ」

桃華「こんなに楽しいのは久しぶりですもの!はしゃがずになんて、いられませんわ!」

.............................................

桃佳「不思議な味ですの........」

承太郎「(インドの味には慣れたぜ..........)」



37:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:49:51.18 ID:m+MKSJch0

承太郎「...........さっき、楽しいのは久しぶりと言っていたが、どういうことだ?」

桃華「........................」

桃華「..................嘘をつきましたの」

承太郎「........何?]

桃華「わたくし、家の事情であまり外に出させてもらえませんの......」

承太郎「体が悪いのか?」

桃華「そうではありません。外の世界はまだ早すぎると、お父様に言われてますの」

承太郎「................................」

桃華「なので外出の際には必ず、護衛の者が付きますの。それだと楽しくありませんの........」

承太郎「その護衛の気配がないとすれば、どうやら家を抜け出したようだな」

桃華「.............................はい」

承太郎「まぁ、その丁寧な話し方と服で、一般人ではねぇと感じていたが」

桃華「...........お見通しでしたか......」

タッタッタ.........

承太郎「..........どうやら、お迎えが来たみてぇだな」

黒服「桃華お嬢様~!」

桃華「.....................」

黒服「お嬢様!ここにいらっしゃいましたか!私共心配で心配で.......」

桃華「申し訳ありませんわ」

黒服「この方は......?」

桃華「わたくしの面倒を見てくださいましたの。怪しい人ではございませんわ」

黒服「(メチャメチャ怪しい..............)」

黒服「.......そうですか、ありがとうございます」

承太郎「いや..............」

黒服「ささ、家へ戻りましょう。お父様も心配しておられます」

桃華「...............はい」

桃華「..............承太郎ちゃま!」

承太郎「なんだ」

桃華「今日はとても楽しかったですわ!本当に感謝していますわ!」

承太郎「.............................」

桃華「さ、行きましょうか」



38:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:51:26.52 ID:m+MKSJch0

承太郎「櫻井」

桃華「はい?」

承太郎「おれもひとつ、嘘をついた」

桃華「え?」

承太郎「おれは学生ではあるが、プロデューサーだ。アイドルのな」

桃華「アイ......ドル........」

承太郎「今日一日、共にして気付いた。てめーには魅力がある」

桃華「...........................」



承太郎「アイドルにならねぇか?」


桃華「!」

桃華「アイドル...................」

黒服「お嬢様、その様な事は......」

桃華「......わかっていますわ」

桃華「承太郎ちゃま、誘ってくださいましてありがとうございます」

桃華「ですが、それは無理な話ですの」

承太郎「................................」

桃華「わたくしは外出はおろか、一人で決めて行動することさえ、制限されてますの」

桃華「ただただ、お父様の開いた道を往くだけですの..............」



承太郎「ちがうね、『道』というものは自分で切り開くものだ」



桃華「!」



39:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:52:46.37 ID:m+MKSJch0

承太郎「決められた人生をそのままにするつもりか?てめー、それで後悔しないのか?」

桃華「...............................」

承太郎「確かに、てめーは一生安定かもしれねぇ。だがな、人生ってのは悩んだり
落ち込んだり、壁にブチ当たってこその人生だ。そうじゃあないと面白くねぇ」

桃華「................................」

承太郎「...................おれはしばらく、ここにいる。それまでに答えを出せ」

桃華「............................」

承太郎「じゃあな」


スタスタスタ......




桃華「............................承太郎ちゃま.....」








承太郎「(............................とは言ったものの)」

承太郎「(あんな小せぇガキが親、ましてやあの家柄を説得するなんてのは難しい話だ)」

承太郎「................チッ、惜しいな」


デューサー.......!プロデューサー!タッタッタ


凛「プロデューサー!」

承太郎「凛。今までどこに行ってやがった」

凛「こっちのセリフだよ!ハァハァ.....急にいなくなって!」

承太郎「...............................」

凛「もう、必死で探したんだから!ハァハァ...........」

承太郎「...................の割に、その大量に買い物袋はなんだ」

凛「........................................」

承太郎「..............やれやれだぜ」



40:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:54:07.78 ID:m+MKSJch0

櫻井桃華

『華』

①花

②はなやかなこと

③輝き 光



41:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:55:52.45 ID:m+MKSJch0

@宿


ちひろ「ライヴバトルについて詳しく話したいと思います」

承太郎「あぁ」

凛「はい」

ちひろ「ライヴバトルと言うのはその名の通り、ライヴでバトル、というものだけではありません」

凛「違うの?」

ちひろ「確かにライヴで投票を競うのもありますが、色々あるんです」

承太郎「.....................」

ちひろ「バトルプレイス、及びバトルルールは誰が決めても大丈夫です。」

ちひろ「まぁあまり過度なものはアレですけど...........」

承太郎「そうか」

ちひろ「過去のもので言えば、山の頂上に先に着いた方が勝ちなど」

凛「ふ~ん...........」

承太郎「なんだ、つまらなそうだな」

凛「うん、もっと過酷なのかと思った。火山とか、無重力空間とか」

承太郎「お前は何を目指してる」

ちひろ「中にはプロデューサー参加型というものもありますよ」

承太郎「何?」

ちひろ「人を傷つける行為は基本NGですけど、他にも」

承太郎「ちょい待ちな。そのプロデューサー参加型というのはなんだ」

ちひろ「ほら、小学生の運動会にあるじゃないですか、親子競技みたいな。あんな感じです」

承太郎「.........................................」

凛「プロデューサー、強そうだね」

ちひろ「他にはプロダクション同士、タッグを組んで行ったりと」

承太郎「......それがあのシーザーとかいう野郎とやるってことか」

ちひろ「そうです」

凛「なるほど」

ちひろ「シーザーさんもああ言ってますけど、組まないと負けるって、彼自身とても分かっていると思います」

承太郎「.......................どういうことだ」

ちひろ「.......................」

ちひろ「........復活したんです、あのプロダクションが......」

凛「復活.........?」



ちひろ「そうです.....!あの、エイジャプロがッ!」



42:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:57:04.16 ID:m+MKSJch0

【 よみがえる究極のプロデューサー! 】



43:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 20:58:44.67 ID:m+MKSJch0

承太郎「....................で、そのエイジャプロとは」

ちひろ「エイジャプロ、ほんの20年前、三人のプロデューサーが己のアイドルを育て上げ、
頂点にまで上り詰めたという伝説のプロダクションです」

ちひろ「私は当時、まだ子供だったのでわかりませんでした。しかし、その関連の資料を読むと........」

凛「読むと..........?」

ちひろ「伝わって来るんです!凄みがッ!」

承太郎「それで、あのシーザーと」

ちひろ「はい.........」

凛「本当に、強いんだね」

承太郎「不安か?」

凛「......うん、だって最初の相手が伝説のプロダクションだなんて........」

承太郎「......無理もねぇな」

承太郎「しかし、何故復活した?」

ちひろ「その理由はわかりません...........」

承太郎「.................そうか」

とぅるるるるるるるるるる

ちひろ ピッ

ちひろ「もしもし?」

ちひろ「......シーザーさん!」

承太郎「!」

ちひろ「はい.......はい。では」ピッ

凛「どうしたの?」

ちひろ「もう一度、全員で話がしたい、とのことです」

承太郎「.............フン、あの野郎も危機を感じたようだな」

凛「行こう」



44:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:00:21.52 ID:m+MKSJch0

@街


シーザー「来たか」

智香「!」

承太郎「............................」

凛「智香も一緒なんだね」

智香「うん☆」

ちひろ「シーザーさん..........」

シーザー「........JOJO、話は聞いたな?」

承太郎「...................あぁ」

シーザー「言い争いをしている場合ではなかった...........」

シーザー「許せ、JOJO」

承太郎「...........................」

承太郎「やはりてめーも、恐れているようだな」

シーザー「.................................」

シーザー「おれは.....負けることは、許されんのだッ!」

シーザー「奴らには............」

智香「プロデューサーさん...........」

智香「私が、私が一緒ですから!」

シーザー「智香、おれについてきてくれるかい?」

智香「当たり前です!頑張りましょう!プロデューサーさん☆」

シーザー「グラッツェ、智香」

ちひろ「私達も頑張りましょうね」

凛「うん!」

承太郎「あぁ」

?「笑っていられるのも今のうちだな」

全員「!!」


ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ


シーザー「お.......お前らはッ........」


ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ


シーザー「エイジャプロッ!」


承太郎「こいつらが、エイジャプロッ............!」



45:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:01:52.71 ID:m+MKSJch0

?「我が名は我夢ゥ!」

?「絵師出子!」 

?「数!」

ワムウ「まるで蟻のような奴らだ。存在感が薄い」

凛「うっ」

智香「うぅっ」

承太郎「やれやれこういう歓迎の挨拶は女の子にゃあきつすぎるぜ」

シーザー「てめぇら、何故復活した!」

ワムウ「メディアの報道からだが、海を渡らぬこの地(日本)ではプロダクションが増えすぎたと...」

カーズ「プロダクションは我らだけでいい、また20年前のように蹴散らせばいいこと.........」

エシディシ「そういうことだぜ」

承太郎「フン、いきなり出てきて腹の立つ奴らだ。一回ぶっとばしておくか?」

凛「プロデューサー、やっちゃって」

ちひろ「プロデューサーさん!凛ちゃんも!」

カーズ「ほう、どうやら威勢のイイのが二人いるようだな.........名乗れ」

承太郎「空条承太郎」

凛「渋谷凛」

エシディシ「ほう、ならばジョジョとジョリーンということか」

凛「全然違うけどね」

カーズ「潰されたくなければ、降参するんだな」

シーザー「誰が降参などするものかッ!おれはてめぇらを倒して一族の恨みを果たす!」

エシディシ「.........フフフフフ」

カーズ「フフフフフ」

ワムウ「フフフフフ」

シーザー「き、きさまら、何がおかしいッ!」

ワムウ「フフフフ.....愚かなプロデューサーはいつも同じセリフを吐く。
我々が初めてライヴバトルを行った20年前も今も、『必ず倒す』『恨みを果たしてやる』と......だから笑ったのだ」

シーザー「き......きさまら~ッ!」



46:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:02:53.75 ID:m+MKSJch0

ワムウ「せいぜい己の未熟さに気付くのだな」

カーズ「行くぞ」

承太郎「..................おい」

エシディシ「ん?」

承太郎「てめーらのアイドルはどうした?何故連れてこない」

ワムウ「フン、挨拶など当日にすれば良かろう」

承太郎「まさか、自分のアイドルの特性を知られたくないから、とかじゃあないだろうな?」

カーズ「.......................ほう」

エシディシ「......こいつは、なるべく早く倒した方がよさそうだな」

ワムウ「お待ちを、エシディシ様。ジョジョとやら、ライヴバトルは一週間後。いつまで強気でいられるかな?」

承太郎「.............................」



凛「一ヶ月もあれば、私はアンタのとこのアイドルなんか倒すほど強くなってみせるのになぁ」



ワムウ ピクッ



47:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:03:48.33 ID:m+MKSJch0

ワムウ「なんだと?」

凛「一ヶ月もあれば、私はアンタのとこのアイドルより強くなってみせるって言ったの」

凛「私は本気を出せばすごく飛躍するタイプだからね。ちょっと努力をすれば簡単に強くなれるのに」

ワムウ「.............................」

凛「いや、今言った事は忘れて。こんな立派なプロダクションにやられるんだ、名誉なことだよ」

ワムウ「話を続けろ」

凛「あぁ......喋るのもダルくなってきた。早いとこ負けた方が楽でイイかもね.........」

ワムウ「続けろと言っているのだッ!」

凛「.....................................」

凛「いやね、アンタ、これからの長~~~い人生を普通の小娘を潰すだけの毎日にしたいわけ?

そんなの汚点だよ。それを拭うのは、強く鍛え抜かれて成長した私と正式に戦って勝つことだと思うな」

ワムウ「なにィ~~」

ワムウ「ハッタリをかますなよジョリーンとやら!」

凛「だから違うってば」

凛「(でも血管がピクピクいってる.......もう少し怒れば完璧につれる!)」

凛「今の私はライヴのシロートなんだよ!アイドルの修行を正式につめば、たったの一ヶ月で

アンタのとこより強くなる才能があるッ!」

凛「でも、もっとも......私が強くならないうちに倒してしまった方がアンタにとっていいよね」

ワムウ ピクピク

ワムウ「きっさまぁ~~~!!」



48:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:05:17.53 ID:m+MKSJch0

エシディシ「ワムウ!何を悶えている!」

ワムウ「..................................」

エシディシ「ワムウ?」

ワムウ「エシディシ様.....わたしはこのアイドルをえらく気に入りました」

凛「(き、きた!)」

ワムウ「......ジョリーンとやら、おれはあえてお前の口車にのってやるぞ!いいだろう!
一ヶ月で強くなると言うのなら、一ヶ月だけ待ってやろうではないか!」

承太郎「(..........凛、中々やるな)」

承太郎「じゃあ、一か月後にライヴバトルってとこだな」

ワムウ「ただし、お前が逃げたままでおれんように、これを渡そう」

凛「こ、これは...........!」

ワムウ「名付けて『終の偶像人生(アイドルマスター)』!この契約書は33日後に貴様がアイドルを辞めることを約束としたもの!」

ちひろ「そんなッ.....そんな事出来るわけ!」

ワムウ「我々エイジャプロは大手だ。プロダクションの一つや二つ潰すなど簡単な事よ」

ちひろ「ッ!!......でもそんなの認め」

凛「いいよ、受けて立つよ」

承太郎「あぁ」

シーザー「おい!お前ら正気か!?」

智香「考え直して!」

承太郎「追われた方が、大きく進める」

承太郎「なぁ、凛」

凛「さすがプロデューサー、わかってるね」

ワムウ「ならば、この書類にサインを........」

承太郎 カキカキ

凛 カキカキ

Qtaro Kujo

Qin Shibuya

シーザー「おい」



49:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:07:00.67 ID:m+MKSJch0

ワムウ「フン、これで決定された.........」

ワムウ「この書類を破れるのは、おれのアイドルを倒した時のみ!」

ワムウ「33日後の昼!この地で開かれるライヴバトルで待っているぞ!JOJO!JOLYNE!」

凛「........................................」

エシディシ「おれとの闘いはないだろうが、このエシディシからもプレゼントだ」

エシディシ「ワムウとは違う契約書よ。これは貴様のプロダクションを潰すと約束したものだぜ」

ちひろ「何ィ―――ッ!?」

エシディシ「カーズ!お前もやるか?」

カーズ「くだらぬ.......もっとも我々は最強、好敵手がいなくて久しい。敵あってこその
はりのある人生......気持ちはわからんでもないがな........」

カーズ「行くぞ!二人とも!」

ワムウ「JOJO!JOLYNE!せいぜい強くなれ!おれを負かすほどにな!ワハハハハハハハ!」

スタスタ..............

承太郎「..........................」

承太郎「よくやったな、凛。まさか一ヶ月まで引き延ばすとはな」

凛「舐めてもらっちゃあ困るよ」

ちひろ「でも負けたら倒産ですよ!倒産!」

凛「プロデューサー、負ける気がしないよね」

承太郎「あぁしない」

シーザー「どこまで自信家なんだ、お前らは........」

承太郎「凛、強くなったな」

凛「プロデューサーのせいだよ、ふふっ」

承太郎「とりあえず、浮かれている暇はねぇ、明日からレッスンを始めるぞ!」

凛「うん!」

ちひろ「私の事務所が~!!」

智香「ア、アタシ達も頑張りましょう!」

シーザー「あ、あぁ」

シーザー「ジョジョ、じゃあ33日後に集まろう」

承太郎「何を言ってやがる」

シーザー「ん?」

承太郎「てめーらも一緒にレッスンだ」

シーザー「なっ」

智香「マ.......ママミーヤ..............」



50:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:08:31.58 ID:m+MKSJch0

若林智香

『智』

①物事をよく理解する

②賢い



51:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:09:41.50 ID:m+MKSJch0

@ツェペリプロ


承太郎「ライヴバトルが歌やダンスだけじゃねぇと知った今、様々なトレーニングを追加するしかねぇ」

シーザー「というと......」

承太郎「まずは、『ンドゥールトレーニング』だ」

智香「んどぅーる........?」

承太郎「コレは目を閉じ、耳だけを頼りにするトレーニングだ」

凛「難しそう」

承太郎「あぁ、相当難易度が高い。だが脳の活性化に繋がる」

シーザー「ちょっと待ってくれ」

シーザー「トレーナーに任せないのか?」

承太郎「トレーナーには基本的なことを任せる。奴ら厳しい闘いを味わったことがないからな」

シーザー「まるで、自分は味わってきたような言い方だな、ジョジョ」

承太郎「..................................」

凛「プロデューサー?」

承太郎「...........何でもねぇ」

承太郎「あとは、1000球キャッチボールだな」

智香「1000球ゥ!?」

承太郎「野球を上手くなれと言ってるんじゃあない。キャッチボールは頭を使う。動体視力、頭の回転、そして肩の強さ」

凛「それ必要?」

承太郎「何でも必要になる」

凛「でも本格的に力をつけるなら、もっと追加した方がいいんじゃない?」

承太郎「そうだな、例えばどんなのだ?」

凛「う~ん.......」

智香「柱を登るとか☆」

シーザー「智香!?」

承太郎「なるほど............それだと力がつくな」

シーザー「................................」



それから特訓が始まったッ!



52:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:10:35.46 ID:m+MKSJch0

凛「........................................」

凛「(今、この場にいるのが.........鳥三羽.......)」

凛「(人は........)」

凛「(この足音.......身長は190........195........)」

凛「(......若い人の歩き方........プロデューサーだ........)」


契約成立まであと26日!



53:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:11:16.04 ID:m+MKSJch0

凛 ヒュ

智香 パシィ ヒュ

凛 パシィ ヒュ

智香 パシィ ヒュ

シーザー「..........1000球続くか?」

承太郎「続く方に100ドル」


契約成立まであと20日!



54:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:12:24.25 ID:m+MKSJch0

智香「く......!あと少し........!」ググッ

承太郎「早く登らねぇと体力が底をつくぜ」

凛「わかってるよ....!」

シーザー「頑張れ!智香!」

智香「......いつも応援してる側だけど.....応援されるのも気持ちがイイですねっ....!!」ガッ

智香「や......やった.........」


智香、登頂成功!7時間6分5秒!


凛「ぐっ.....!」



@一時間後



凛「あと.....少し!」

凛「く......!」

凛「よし!」ガッ ズル

凛「あっ!」

ガシィッ

凛「と、智香!」

智香「ジョ、承太郎さん!彼女を救うためにこの智香が手を貸すことをお許しください!」

承太郎「.........かまわねぇが、お前の体力ももう限界じゃあないのか」

智香「あっ、忘れてました☆」

凛「でっ!お願い!手を離さないで!智香!」



10秒後 凛「離さないで」を72回言ったあと、登頂に成功!8時間7分6秒!


契約成立まであと18日!



55:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:13:21.56 ID:m+MKSJch0

承太郎「筋肉、内臓、体力、この3つを強くするために鍛えなきゃあならないのは「呼吸」だ」

凛「ふむ」

承太郎「1秒間に10回の呼吸が出来るようになれ」

承太郎「呼吸を鍛えれば、老化も遅くなるとじじいも言っていた」

凛「私達にとって、老化はまだ早い話だけどね」

智香「承太郎さんのいうことを信じて頑張ります!」



彼女達はがむしゃらに頑張った。

今まで経験したことのないトレーニングに戸惑いながらも、日々成長していった。



56:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:14:31.19 ID:m+MKSJch0

智香 フー フワフワ

凛「智香」

智香「あ、凛ちゃん」

凛「シャボン玉?」

智香「うん☆プロデューサーさんが悩んでる時には吹けって~」

凛「もしかして関節キ」

智香「ち、違うよ!?///あ、新しいのをくれたの!///」

凛「..................何か悩んでるの?」

智香「..............................」

智香「..........大丈夫かなって」

凛「...................................」

凛「私も心配だよ」

智香「凛ちゃんも?」

凛「うん...........、まだアイドル始めたばっかだし、わからないことも多いし」

凛「でも、私は今の自分が好き」

智香「ふふっ、私も!」

凛「智香、私にもシャボン玉ちょうだい」

智香「はい☆」

凜 フー フワフワ

智香 フー フワフワ


フワフワ.........フワフワ..............


契約成立まであと7日!



57:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:15:08.34 ID:m+MKSJch0

【 行け!アイドルマスター! 】



58:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:16:14.81 ID:m+MKSJch0

凛「ついに最終試練.........」

智香「緊張するね.......」

凛「今までの集大成だもんね」

凛「じゃあ、私はあっちだから」

智香「アタシはあっち!」

凛「.........................智香」

智香「なぁに?」

凛「頑張ろうね」

智香「うん☆」

スタスタ............

凛「よし、ここでプロデューサーが待ってるハズ............」

凛「.................................」

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

凛「............なんでアンタがいるのか説明してもらえるかな?」

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ




凛「エシディシッ!!」




エシディシ「フフフフ..........」



59:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:17:47.33 ID:m+MKSJch0

承太郎「凛!」バッ

凛「プロデューサー!」

承太郎「てめーから仕掛けてくるとはな........」

エシディシ「オレひとりか......(別行動をとった)カーズ達はまだ仕掛けなかったようだな」

凛「で?........ライヴバトルをやろうっていうの?」

エシディシ「フン、わかっているじゃあないか」

承太郎「凛、いけるか」

凛「うん。心の準備はまだだけど、『運命』には従うから」

凛「エシディシ、あと6日あるけど、今紙を破らせてもらうよ」

エシディシ「ほう...鋭い......いい目をするようになったな............」

エシディシ「だが、その様な眼差しを持つ者がおれに会った時、負ける」

承太郎「早く、てめーのアイドルを出しな」

エシディシ「ワムウはクールの流法を持つが......おれは『キュートの流法』!」

エシディシ「来い、志希よ!」

志希「にゃっふっふふ~ん!志希ちゃん登場~!」

59_1



凛「これが.......」


承太郎「てめーのアイドル!」



60:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:20:24.40 ID:m+MKSJch0

一ノ瀬志希

60_1

年齢 18歳
日本・岩手生まれ
誕生日 5月30日(双子座)
身長―161cm 体重―43kg
3サイズ:83-57-82
血液型:O型

破壊力―D スピード―A 射程距離―A
持続力―B 動作性―A  成長性―C

①“匂い”を好み、色々なものを嗅ぐ癖がある。
言わば匂いフェチである。趣味は観察、アヤしい実験、失踪。

②街でエシディシがスカウトした。
しかしエシディシの匂いはあまり好きではない。



61:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:21:42.72 ID:m+MKSJch0

エシディシ「まず、今回のルールを説明する」

エシディシ「バトル内容は..........『鬼ごっこ』だッ!」

凛「.............鬼ごっこ?」

承太郎「てめー、ふざけてんのか?」

エシディシ「ふざけてなどいるものか、大マジだぜ」

エシディシ「安心しな、スポンサーは付くし客もいる」

承太郎「......................................」

エシディシ「まず制限時間は一時間、三回タッチで負けだ。
乗り物・危害を加えるもの以外の道具は可。タッチしたらその場で一分間待機」

承太郎「フィールドは」

エシディシ「この街の路地裏、半径500mまでだ」

承太郎「一般人がいるんじゃあねぇか?」

エシディシ「立入禁止している」

エシディシ「プロデューサーであるオレ達、及び客はモニターで観戦する」

承太郎「................で、どっちが鬼をやるんだ?」

エシディシ「フン、弱者は逃げ惑う姿が似合うものよ」

エシディシ「おれのアイドルが鬼だ」

承太郎「チッ、ムカつく野郎だぜ.........」

凛「わかったよ」

志希「よろしくにゃあ~」アクシュ

凛「(この子、香水?の匂いがする............)」

凛「よろしく」ガッ

志希「キミ、中々強そうだね~」

凛「握手しただけでわかるなんて、アンタも中々やるみたいだね」

志希「にゃっふふ~♪」



62:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:22:56.45 ID:m+MKSJch0

エシディシ「さァ、始めるとしようか.......ギャラリーも待っている」

承太郎「とっとと始めな」

エシディシ「最初は30秒待機だ」

エシディシ「始めェッ!!」

凛 ダッ!

志希「30~♪ 29~♪」

凛「(なるべく遠く.......いや、それでは気付かれてしまう)」タッタッタ

志希「10~♪ 9~♪」

凛「(でもこの街は初めて......ましてや路地裏......)」タッタ

凛「(少しキツイかも............)」ダダッ



承太郎「何が何でも逃げろ、凛」



志希「3・2・1!」

志希「0!」ダダッ!



エシディシ「さて、負ける覚悟は出来ているか?JOJO!」

承太郎「....................................」

承太郎「半径500mものフィールド、30秒の差、そして頼りにするのは目と足のみ。てめーのアイドルの方が不利じゃあないか?」

エシディシ「甘いな、JOJOよ」

承太郎「何?」



63:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:23:57.68 ID:m+MKSJch0

凛 タッタッタ

凛 タタ

凛 サッ!

凛「(.....30秒離せば、相手の位置なんて把握できない。出来るわけがない)」

凛「こうやって、体力回ふ」

志希「あれ?逃げないのかにゃ~?」

凛「!?」

凛「な、なんで.......」

凛「くっ!」ダダッ

志希「ふっふ~♪」ダッ



承太郎「なん......だと.........?」

エシディシ「フフフフ.........いい顔をしているなァ......」



凛「(なぜ........なぜ!)」タッタッタ

凛「(足の速さは人それぞれ.....だけど、何故場所がわかった!?)」

凛「(足跡、いやここはアスファルト.......)」

凛「(足音.......?いや、最小限にしているつもり..........)」

凛「(わからないッ!)」



64:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:25:03.61 ID:m+MKSJch0

凛 ピタ

凛「..................................」

...................タッタッタ

凛「(やっぱり!追いついている!)」ダダッ!

凛「(どうして!こんな正確に!)」タッタ!

志希「にゃっふっふ~♪」タッタ!

志希「タッチしちゃうよ~♪」

凛「(や、やばい!)」


志希「はい、ターっ」


凛「!」


志希「ち♪」トン


凛「!!!」



エシディシ「まずは一回目だな...」

承太郎「..............チッ!」



残り50分!



65:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:26:01.98 ID:m+MKSJch0

志希「あっと2っ回~、あっと2っ回~」

凛 ダダッ!

志希「59~♪ 58~♪」


凛「.......................」タッタッタ

凛「(走って追いつかれるなら........)」

凛「(隠れる!)」サッ

凛「こうして狭い所に入れば...........」

凛「............................」

凛「ここ、なんだか匂うな..............」

凛「.............................まさか...」

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

凛「匂っているのは..........」

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

凛「私の手ッ!」

凛「あの時!」



志希『よろしくにゃあ~』アクシュ

凛『(この子、香水?の匂いがする............)』

凛『よろしく』ガッ



凛「(わかった!)」

凛「(あの子は匂いを追っている!この匂いをッ!)」



66:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:26:56.08 ID:m+MKSJch0

志希 クンクン

志希「こっちだネ~」タタッ!

志希 タッタ タタ!

志希「み~っけ♪」

凛 ダダッ!

志希「おっと」ピタッ

志希「糸?あらら、足を引っ掛けるつもりかにゃ?」

志希「ゴミ箱を漁る程道具が欲しいんだね~」

志希「でも失踪が趣味のあたしには、こんなのトラップでもないにゃ~」ピョン



エシディシ「二度目のタッチももうすぐか。JOJO、悪いがこの勝負貰ったぜ」

承太郎「.......フン、うちの凛は頭がイイ。てめーの思い通りにゃあならねぇ」

エシディシ「なにィ?」


残り40分!



67:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:28:32.48 ID:m+MKSJch0

凛 ダダ!

凛 ガサゴソ

志希「あれれ~?また漁ってる~」

志希「イイ道具は見つかったかな~?」

凛「....................」ダダッ!

志希「ふっふ~ん♪いくら逃げても~」

志希「匂いからは逃げ..................」

志希「.............................あれ?」

志希「匂いが....................消えた...................?」

志希「そ、そんなッ!」


凛「匂いは消した」


志希「!!」

志希「ど、どうやって.........」

凛「この私がただやみくもに疲れるだけ走り回っていたと思う?

アンタのつけたこの匂いを消すために走っていたんだよ」

凛「ほら」スッ

志希「それは....................炭ッ!」

凛「そう、炭には脱臭効果がある」

志希「はッ!キ.......キミ!ね....ね....念写したなッ!」

凛「どうやらこのンドゥールトレーニングのおかげだね。炭が風でこすれる音が聞こえて、頭に念写できたよ」

志希「にゃ、にゃにィ~~~~~!!」



承太郎「どうやら、うちのアイドルの方が一枚上手だったようだな」

エシディシ「く、クソガァァ~~~!!!」


残り30分!



68:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:29:15.56 ID:m+MKSJch0

凛「..........で?匂いは消えたよ。それでも私を追うつもり?」

志希「.................................」

凛「正直やめた方がイイよ。私、並大抵の特訓はしてないから」

凛「“匂い”を使ってたから無駄なく私を追えたけど、それが使えないならもうダメだね」

志希「..........................」

凛「.......ま、やめないなら全力で逃げるけどね」ダッ!

タッタッタ..........

........

志希「..............................」

志希「にゃーっはっは!ふっふ~!!高ぶってきちゃったわー♪あたしの奥からナンカが分泌される感じ!」

志希「この志希ちゃんはね~、本気を出すと凄いんだな~」

志希「匂いフェチを.......舐めないでよねぇ~ん♪」ダダッ!!



69:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:30:10.48 ID:m+MKSJch0

凛「ふっふっ!」タッタッタ

凛「ここまでくれば....ハァハァ.......大丈夫.......ハァハァ........」

凛「(......この迷路も、段々と理解してきた)」

凛「(あとは、ンドゥールで相手の位置を確認........)」

凛「(........................)」

凛「(この音......これは鳥の足音............)」

凛「(もう一つ.......................)」

凛「(..................................)」

凛「(..............おかしい、この音は........ッ!)」



凛「(追いつかれている!!)」ダッ!!!



志希「にゃふぅ~!」ダダ!!

凛「(なんでッ!?)」



70:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:30:51.98 ID:m+MKSJch0

志希「逃げろ逃げろ~♪」

志希「あたしが本気を出せば、チョロイチョロイ~♪」

凛「くっ!」タッタッ

志希「ま、これを使っちゃうとすぐ疲れちゃうんだけどね~♪」



エシディシ「志希め、アレを使ったか」

承太郎「(様子がオカシイぜ.........)」

承太郎「(凛が.....負けている.......)」



71:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:31:49.43 ID:m+MKSJch0

志希 クンクン

志希「そこに落ちてる桃は腐ってるね~」

志希「あの鳥は煙草の匂いがするね~」

志希「それから~........」

志希「この先に興奮すると分泌される『アドレナリン』の匂いがするよ」クンクン

志希「これを追えば~、キミに会えるね~♪」ダダッ!!

志希「匂いフェチを~.......」

志希「ナメるなァァァ――――ッ!」

タッタッタ!



凛「やっぱり追いつかれている!」タッタ!

凛「(彼女はおそらく、私のアドレナリンを探知している.......)」

凛「(でも、コレを抑えることは出来ない!)」タッタッタ!


残り20分!



72:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:33:01.56 ID:m+MKSJch0

シーザー「最終試練、文句なく合格だ、智香」

智香「ありがとうございます!」

智香「えーっと、双眼鏡双眼鏡........」ガサゴソ

シーザー「ハハ、自分が合格したことより凛の最終試練がそんなに気になるか、智香」

智香「はい.........大丈夫かなって」

シーザー「恐らく大丈夫だ」

智香「.......................」バッ!

シーザー「智香?」

智香「な..............なんだ~~~~~あれはッ!」

シーザー「どうした............?」




志希 クンクン

志希「こっちだネ~」

凛「ハァ......ハァ......!」タタッ

志希「ハスハス~♪」

凛 ササッ タッタッタ!

志希「体力は大丈夫かにゃ~♪」

凛 ササッ ピョン!

志希「ふっ!」ピョン



志希「タッチ!!」トン



エシディシ「フフフ............二回目だな、JOJO」

承太郎「..........................」



凛「っ................」



73:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:34:03.01 ID:m+MKSJch0

志希「あっと一回~」

志希「さっきの糸を張った所で転ぶと思ったのかにゃ?」

志希「だめだめ~♪」

凛 ピタッ

志希「?」

凛「ふ~、久しぶりに気持ちよく走れたのにさ、ちょっと疲れちゃったよ」

志希「.......................」

志希「........キミ、今」

志希「そんなへらず口を叩くふりをして実は心の中で作戦を考えてるんでしょ!」

凛「..............................」

志希「おっ、青ざめたね.....図星だね。ズバリ、当たってしまったか........」

志希「にゃァ――――――ッ!?」

凛 ゴ...ゴクリ

凛「(......次の私の作戦は、や....やはり「糸」の作戦でいく........)」

凛「(逃げてる間にアスファルトに同色の糸を上手く結んで四方に張っていく.........)」

凛「(奴に糸がばれないように..........)」

志希 ニヤニヤ

凛 ギクリ

凛「(い.....いやな笑い......ま、まさかこの作戦を見抜いているのかな.....いや、ばれるものか...
糸を張るしぐさを見せず『結界』を作っていたから奴は絶対ワナにはまる)」

志希「ふっふっふ~♪」

凛「な......なにその笑いは!」



74:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:35:38.83 ID:m+MKSJch0

志希「あたしには何でもお見通しなんだにゃ~♪」

志希「キミィ、『結界』を作ろうとしていたね?よぉーくみなッ!『結界』をはっていたのは、あたしの方だよ!」



智香「糸の下に!あのアイドルからワイヤーが伸びているッ!」



志希「あたしもさっき漁ってみたんだ~、そしたらイイモノ見つけてね~ん♪」

志希「キミの作戦なんて、すでに見切っているのだにゃー♪」


プツン プツン プツン プツン プツン


凛「!」



75:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:36:30.10 ID:m+MKSJch0

一之瀬志希

『志』

①ある方向を目指す気持ち

②心の持ち方 信念

③厚意



76:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:38:02.71 ID:m+MKSJch0

志希「まさに!まさにィまさにまさにまさにィィィィィ―――ッ!」

志希「まさに!キミの言うとおりにゃ~!もっとも上をいき勝利を蹴っていたのは、あたしの策の方ではあったけどね~♪」



智香「り、凛ちゃんッ、や........やられてるッ!」

シーザー バッ

智香「あ、双眼鏡!」

智香「プ、プロデューサーさん!い......いきなり何を!こんな時に何をするんですか!?」

シーザー「智香........双眼鏡で凛の運命を見ていてなんになる」

智香「え!?」

シーザー「もし凛がやられたのなら!今度エシディシとあのアイドルを向かえ撃つのはオレ達の役目だ!」

智香「はッ」

シーザー「辛いが、オレ達が考えなくちゃあならないことは、エイジャプロを倒す事!感情に溺れている時じゃあない!行くぞ!智香!」

智香「た.......確かに.............」

智香「凛ちゃん...................!」



77:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:38:52.55 ID:m+MKSJch0

志希「ねぇ........キミ............『降参する』って言いなよ.......」

凛「!」

志希「ほら、言ってみなよ。言っちゃえばさ、スッキリするし、アイドルをやめることも、見逃してあげるよ~?」

凛「..............................」

志希「あたしがワムウプロデューサーに言ってあげるよ~」

志希「早くいいなよォ~~ッ」

志希「『降参する』って一回だけでいいんだよ~?にゃはは~♪」

志希「アイドル、辞めたいの?」

凛「.....................言えば......言えば...........」

凛「ほ............本当に............アイドルを辞めなくていいの?」

志希「..........................」ニタァ~

志希「うん~!約束するヨ~♪言うかわりにアイドルを続けていいんだよ~♪」

志希「ほら、言いなよ~」


凛「  だ  が  断  る  」


志希「ニャニィ!!」



78:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:40:22.87 ID:m+MKSJch0

凛「この渋谷凛が最も好きな事のひとつは」

凛「自分で強いと思っている奴に『NO』と断ってやる事だ........」

志希「にゃ、にゃにぃぃぃ~!!」

凛 ニタリ クックックック

志希「だけど!あと1回タッチしたらキミは終わるんだよ!?こんな時に笑みをッ!」

凛「あのね......こーやって腕を組んで目を閉じる笑いは、勝利の笑いだよ」

凛「アンタの『敗因』は私と勝負したことだったなぁ~」

志希「敗因?『敗因』だとォ~~~~~!?」

凛「おや?わからない?そして自分がすでに負けているのがわからない?」

凛「私の上をいったつもりでも、そのさらに上を私がいってたのよ」

志希「.......................!!」

凛「人間はね、この長い年月でコツコツと少しずつ進歩してきたんだよ.......
その中でみんなの好きな『手品』や『奇術』もずいぶんと発展してきた.............」

凛「私、ヒジョーに好きなんだよね。だましの『手品』がッ!」


ブワァァァァァ


志希「せ、切断したはずのッ!」

志希「ま.....まさかッ!『糸』がッ!」


ビシィッ!


凛「ロープマジック成功!私は糸を切断されても大丈夫なようにトリックを使って結界を張っていた!」

志希「NYAAAAAAAAAAAAAAA!!!!」


切断したはずのロープがなぜ一本のロープに戻ったのか!?

それはジョジョで再確認してくれッ!



79:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:41:59.86 ID:m+MKSJch0

志希「う、動けないにゃあああ~~!!」グググ!

凛「利用させて貰ったよ、アンタのタッチ」

志希「!?」

志希「..................あ、あたしがタッチして........そのあたしが何も出来ない待機時間の1分を使って......ッ!」

凛「そう貴重な1分、大事に無駄なく使わせてもらったよ」

志希「うぐぐ......!こんな糸!こんな糸!」グググッ!

凛「その嗅覚を最大限に発揮する能力を使うと疲れやすくなるんだっけ?」

志希「!!!」

凛「なら、もうそれを噛みちぎる力は残ってないんじゃない?」

志希「あ.....あ...........!!!」ヘナヘナ

凛「1分経過。そのまま終わるまで、くるいもだえてればいいよ........」




志希「うにゃぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~!!!」




その声は狭い路地裏にこだました!

そしてバトル終了のゴングもこだました!

勝者、渋谷凛ッ!



承太郎「2500年前の中国の兵法書に『孫子』というのがあってだなこう書かれている」

承太郎「『勝利というものは戦う前に全てすでに決定されている』」

承太郎「.............フン、その書類は破らせてもらうぜ..........」

ビリビリ パッ ヒラヒラ......

エシディシ「う................うぅ.......」

エシディシ「う~うぅぅ、あんまりだ..........」

エシディシ「HEEEEYYYYYY!!あァァァんまりだァァァァ!!!」



80:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:42:49.25 ID:m+MKSJch0

................................................

..........................

.................

.........


智香「やったね!凛ちゃん!」

凛「ふー..........ありがと、智香」

承太郎「よくやった、凛」

凛「うん」

承太郎「これで、事務所の倒産は免れた」

ちひろ「イヤッハー!!」

承太郎「............................」

凛「................................」

承太郎「だが、浮かれてる暇はねぇ。まだ二人残ってやがる」

凛「うん...............」

承太郎「ワムウはどんなアイドルをだしてくるかわからんが」

承太郎「一番わからんのは、カーズだ」

凛「カーズ.........」



81:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:43:33.26 ID:m+MKSJch0

@街


犬「クーン」 

カーズ「.............................」

犬「クーン」

カーズ「.............................」

犬「ワンワン」

カーズ「.............................」スッ ザッザッ

犬「クーン.......」トボトボ.......

車 ブォロロロロロ!

犬「ワン!」

カーズ ガシィ!

車 キキィーー

犬「................クーン」

カーズ「8時にあるはずのエシディシからの電話がない...............」

カーズ「エシディシと志希の身に何があったのだ!」



82:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:44:20.79 ID:m+MKSJch0

【 クールの流法 ワムウ 】



83:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:46:04.05 ID:m+MKSJch0

承太郎「ここが噂に名高い兵庫の神戸か」

凛「あれが神戸タワーだね」

承太郎「どこかしこも近未来化してやがるな」

智香「歩いてるネコちゃんまで映画女優が飼ってそうな上品ムードですね~」

シーザー「ここが、カーズとのライヴバトル地.......」

ちひろ「どうやら、閉鎖されている、さびれたホテルのようですね」

ちひろ「...........凛ちゃんの契約が成立するまで時間がありますが..........」

ちひろ「どうするか、です」

シーザー ニヤリ

シーザー「当然のこと!すかさず挑むべし!」

凛「同感!善は急げって言うし!」

智香「同じ」

ちひろ「プロデューサーさんは?」

承太郎「おれは..................」



承太郎「おれは反対だ」

承太郎「契約まで時間がある、ならばその時間は特訓や敵の偵察に使うべきだ」

承太郎「奴らはプロ中のプロだ、ただ強いってだけじゃあねぇ」

シーザー「なに!」

承太郎「奴に今挑む程、危険なことはねぇと予想するぜ」

承太郎「蝶がクモの巣に飛び込むのと同じことだからな..........」

凛「確かに.............私もあの志希って子とは正直ギリギリだった」

凛「もう少し、あの子を把握できたら、すぐ倒せたかもしれない」

承太郎「今のおれは兵法書の『孫子』に従う。勝利の確信がある時だけに戦う」

シーザー「JOJO!きさま!」ガシッ

シーザー「おじげついたかッ!」

承太郎「おじげづくだと?」

シーザー「勝利の確信といったな!しかし智香はオレたちの特訓を耐えて合格した!」

シーザー「今がその『ノッてる時』だッ!」

智香「プロデューサーさん...........」



84:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:47:35.75 ID:m+MKSJch0

承太郎「...................................」

承太郎「シーザー、てめー焦ってるな?」

承太郎「何を焦っている、落ち着いて考えろ。バトルを挑んだらおれたちの方が完全に不利だ」

シーザー「焦ってなどいないッ!これは決着だッ!事務所を倒産させられた前の事務所の
因縁に決着をつける!おれはやつをぶっ倒す!!」

承太郎「決着だと?てめー、事務所がどうしたって言うんだ、くだらねぇぜ!前の事務所の話なんか
持ち出すんじゃあねぇ!」

シーザー「なんだとォ~JOJO!」

承太郎「前の事務所だと?今の事務所があるじゃあないか、てめーらが負けたらただのマヌケだッ!」

シーザー「................」キッ!

承太郎「!」

ちひろ「はっ!」

智香「プ、プロデューサーさん!」

凛「すごい眼.....................」

シーザー「言ってくれたなJOJOォォォ!!」ガシィ!!

承太郎「てめー、どうした?急に人が変わったみてーに.............」

シーザー「JOJO!プロデューサー同士、貴様だけにはわかると思ったが見損なったぜ!」

承太郎「なに?」

シーザー「行くぞ、智香」クルッ

智香「あっ................」

ちひろ「シーザーさん!プロデューサーさんの言う通り、やはり危険です!」

シーザー ザッザッ

ちひろ「命令です!シーザーさん!」

シーザー「千川さん、すまない。こればかりは聞けない!」

シーザー「あなたも知るようにおれの血統の問題だ!カーズがいるとわかっていて
一族の恨みを晴らさないわけにはいかない!奴が襲ってくるのを待つだなんて、悠長な事を言ってられない!」

ちひろ「..................................」

シーザー ザッザッザッ.....

智香 タッタッタ.....

承太郎「シーザー.......てめぇ一体.......何か急にムキになったわけでもあるのか.....?」

ちひろ「あなたは彼の秘められた過去に触れてしまったのです」

承太郎「秘められた過去.........だと......?」

凛「...............................」



85:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:48:16.24 ID:m+MKSJch0

......................................



ヒュォォ.....

智香「!」

シーザー「どうした、智香」

智香「........奇妙な現象がありました.........ホテルの中から風が吹き出て.......」

シーザー「ホテルの中から.......風が?」



86:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:49:19.82 ID:m+MKSJch0

承太郎「おい千川、シーザーの秘められた過去とはいったいなんだ」

承太郎「まるでダダッ子だぜ、腕ずくでもホテルへ入るのを止めなきゃならねぇようだが」

承太郎「まず奴がムキになるワケを聞きてーぜ」

ちひろ「................................」

凛「私も聞きたい」

ちひろ「.......しょうがありません、話しましょう」

承太郎「.........................」

ちひろ「彼の事務所は、二度潰れています」

承太郎「!」



87:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:50:01.46 ID:m+MKSJch0

ちひろ「彼の家系は先祖代々伝わるアイドルプロダクションでした」

ちひろ「一度目は彼の祖父が建てたもの、そして二度目は父親が建てたもの」

ちひろ「シーザーさんはそこでプロデューサーをしていました」

凛「........................」

ちひろ「そして.................」

ちひろ「プロダクションを潰したのは、まぎれもないカーズなのです」

凛「!」

承太郎「!」



88:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:50:52.85 ID:m+MKSJch0

ちひろ「シーザーさんはやり場のない怒りにどうすることも出来ず、性格が荒れ、
放浪するようになり、ケンカにあけてくれていました。シーザーさんは青春と未来を
捨てたヤケっぱちのどう猛さで命知らずのワルとなったのです。盗み、強盗、ケンカ、放火.........
やってない犯罪は殺人だけ。ドジをふむことなく大人のチンピラヤクザもシーザーさんを恐れました」

凛「................................」

ちひろ「鬼気せまる青春―――そしてシーザーさんが19歳の時、つまり一年前.......」

ちひろ「シーザーさんは智香ちゃんと出会いました」

凛「!」

ちひろ「智香ちゃんの応援する姿を見て、自分が励まされてると感じたんです。
事務所が倒産したことも、アイドルを失った事も洗い流してくれるようで...........」

凛「.......................そうだったんだ」



89:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:51:34.87 ID:m+MKSJch0

承太郎「アイドルを失っただと?」

ちひろ「前に所属していたアイドルです。倒産と同時に...........」

承太郎「....................なるほど」

ちひろ「なので、智香ちゃんはシーザーさんにとっての大事な大事なアイドルなんです!」

ちひろ「智香ちゃんだけが心の支えなんです!」

承太郎「....................................」

ちひろ「その分、あのエイジャプロに対しての執念が強いんです...........」

ちひろ「そのまま、誇りの高さとなったのです」

承太郎「..............................」

承太郎「.........そうだったのか、シーザー」

凛「カーズは、プロダクションのカタキだったんだね」

承太郎「悪いな、シーザー。てめーの誇りに傷をつけちまった..........」

承太郎「............気が変わったぜ、おれも全力でてめーを応援する。シーザー」



90:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:53:13.94 ID:m+MKSJch0

ヒュォォォォォ......


智香「うっ.........まただ!錯覚なんかじゃあない!」

智香「一体、なにが.......」

?「シーザー....と、智香........か......」

シーザー「なにッ!?」

智香「風が.........やみましたね...............」

シーザー「チッ!」



智香は中国拳法の用いる『ネコ足立ち』の構えをとっていた。

もちろん智香は拳法を習ったわけではないが四肢の力を抜き、

どこの方向からのバトルにもスピードとリズムを失わぬ、

防御態勢を本能的にとり、自然と拳法の『ネコ足立ち』の型になったのである



智香「プロデューサーさん.....アタシ、入ります!」ザッ!

シーザー「智香!」

智香「止めないでください!」

シーザー「と、智香..................」

ザン!

シーザー「はっ!」

智香「あっ!」

シーザー「き.....きさまは!?きさまはすでにこの神戸に!」



智香シーザー「「 ワムウ! 」」



91:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:54:29.44 ID:m+MKSJch0

ワムウ「あのヘラズ口をたたくトッポイ女はどこだ」

ワムウ「JOLYNE..........そう、成長したらしいな」

ワムウ「エシディシ様と志希が倒したヤツはどこにいる?」

ワムウ「JOLYNEはいないらしいな......貴様とそのアイドル、今の身のこなしから
判断すると、壮途に修行をつみ、成長したと見える..............いいだろう!」

ワムウ「まずこのワムウに倒される資格はあるッ!」

智香「ナメないで!」

智香「アタシの精神テンションは今!チアリーディング時代に戻っているッ!
プロデューサーさんがアタシをスカウトした当時だった!熱血!情熱!そのアタシがあなたを倒す!」

ワムウ「いい度胸だッ!智香とやらよ!だがおれのアイドルには勝てん!」



ワムウ「ゆけ!珠美!」

脇山珠美「珠美、いきます!」

91_1



92:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:56:35.29 ID:m+MKSJch0

脇山珠美

92_1

年齢 16歳
日本・佐賀生まれ
所属:エイジャプロ
誕生日 9月20日(乙女座)
身長―145㎝ 体重―38㎏
3サイズ:72-53-75
血液型:B型

破壊力―B スピード―A 射程距離―B
持続力―B 動作性―A  成長性―B

①16歳にしては身長が低めであり、本人もそれを気にしている。
子供扱いされるのを嫌う。趣味は剣道、時代小説を読むこと。

②剣道の試合を見に来ていたワムウが声をかける。



93:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:57:27.83 ID:m+MKSJch0

ワムウ「ルールは簡単だ。この竹刀で相手の頭を一度叩けばいい」

ワムウ「他道具使用もありだ」

シーザー「頑張れ、智香」

智香「はいっ!」

智香「負けないからね!珠美ちゃん!」

珠美「珠美も負けません!」



ワムウ「それでは....................始め!」



智香 サッ

珠美 サッ

珠美「剣道は珠美にとって得意分野.........!」

珠美「全力でいきます!やぁ!」ビュン

智香「はいっ!」ガシィ!

珠美「この珠美の剣を受けるとは........やりますね!」ビュン!

智香 ガシィ!

智香「チアリーディングはよく腕を使うんだよ!」

珠美「くっ!............」



94:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:58:17.82 ID:m+MKSJch0

珠美「まだまだぁ!」ビュンビュンビュン!

智香「ふっふっ!」パシパシパシ!

珠美「や、やりますね..........ですが、防戦一方です!」

智香「(バレちゃった)」

シーザー「そこだ!智香!」

智香「やっ!」ビュン

珠美「はいっ!」パシ

珠美「はいやぁ!はいやぁ!」ビュンビュン!

智香「くっ!ひゅっ!」パシィ!パシィ!

珠美「当たらない.......!」

智香「ナメてもらっちゃあ困るよ☆」



95:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 21:59:51.20 ID:m+MKSJch0

ワムウ「珠美!アレを使え!」

シーザー「アレ.......だと.......?」

智香「!?」

珠美「了解ですワムウ殿!」

珠美「智香さん!あなたは強い!ですが!」

珠美「この技には勝てないッ!」

智香「!」

珠美 ヒュン........ヒュンヒュンヒュンヒュン


脇山珠美は己の竹刀を高速に回転させたッ!

智香を寄らせないためではないッ!


智香「こ.........これは............」

シーザー「さっきの風だ!」


珠美 ブンブンブンブンブンブンブンブンブン!!


ヒュォォォォォォ


竹刀の回転から生まれる風!

その風は次第に強くなる!


智香「くぅ......目が........!」

珠美「そう!生物にとって目は弱点!それに人間は犬のように耳や鼻が
あまり発達していないため、それを補えるものがないッ!」ブンブンブンブン!

珠美「故に、風にも弱いッ!」

ブンブンブンブン!

ヒュォォォォォォォ


珠美「これが珠美の、『珠砂嵐』です!」


智香「うぅ.........目がッ!」



96:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:00:48.05 ID:m+MKSJch0

珠美「はっ!」ビュン!

智香 ダッ!

スカッ

珠美「逃げるとは!往生際が悪いですよ!」

物影|智香「ハァ......ハァ...............」

物影|智香「あの風、どうしたら..........」

物影|智香「策を......考えないと............!」

珠美「さぁ隠れてないで出てきてください!」

物影|智香「もう一度!」バッ

珠美「!」

珠美「そこにいましたか!」


珠美「珠砂嵐!」


ブンブンブンブン!


ヒュォォォォォ


智香「(ンドゥール!耳だけを頼りに!)」

智香「(.............................)」


ヒュォォォォォォ


智香「(ダメ!風の音で集中できない!)」ダッ!

珠美「あ!また隠れましたか!」

珠美「でも、あなたが負けているのは確実です!」



97:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:01:53.66 ID:m+MKSJch0

智香「(浮かばない!....どうしたらいいんだろう............)」

智香「(あの風で.......『目が.....開けられない......』)」

智香「(目が........開けられない.............?)」

智香「...................................そうか」

智香「失敗する確率は高いけど..........やるしかない!」ダダッ!


扉 ダァン!


珠美「!?」

珠美「.............................なるほど」

珠美「光で珠美の目を.............珠美と同じように!」

珠美「ですが!光を背に向ければいいこと!」

珠美「後ろから襲っても無駄です!」

珠美「あなたは完全に負けっ..............」


フワ......フワ......フワ......フワ......フワ......

智香「..........なんですか、このシャボン玉は..........」

珠美「.........これで珠美の攻撃を防がると」

珠美「.................................子供だましですか」

珠美「子供だましですか!」

珠美「珠美は子供扱いされるのが一番嫌いなんですよォォォォ――ッ!!」


珠美「珠砂嵐!」


ブンブンブンブン


ヒュォォォォ


フワ フワ フワ フワ フワ フワ フワ フワ フワ


智香「やっぱり、使うと思ったよ☆」


珠美「え!?」



98:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:03:03.23 ID:m+MKSJch0

智香「扉を開けたのは確かに日光をこのホテルに入れる事........」

智香「そしてそのシャボン玉を辺りにに散らせば!」

智香「シャボン玉からシャボン玉へ!」

珠美「な!!」


ピカッ!ピカッ!ピカッ!


智香「光を、導けェェェ――――ッ!!」

ピカァ!!

珠美「くっ!まぶしっ!」バッ

智香「その目は今開けられまい!」

智香「勝った!その頭に竹刀を振り下ろす!」

智香「やぁ!」ビュン!

珠美「!」


その一点!そして一瞬!ほんの一点の死角だった。

光に竹刀が影となった一点......珠美はこの一瞬を逃さなかった!


珠美 ヒラリ

智香「はっ!」

珠美「そこですッ!」


智香は珠美が『剣道の天才』だということを思い知らされた!


珠美 ビュン!!!


スパ――ン!!


ワムウ「決まったな.........」

シーザー「な................」


智香「あっ............あ....................」



99:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:03:43.08 ID:m+MKSJch0

脇山珠美

『珠』

①宝石、宝玉

②真珠

③美しいものの形容



100:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:32:17.98 ID:m+MKSJch0

ワムウ「フフフ......なんと強力に成長したものよ。満足だ、久しく満足なる戦いであった」

珠美「ハァ.........ハァ..............」

珠美「危なかった.....もし珠美が竹刀の影を読まなかったら、影でなかったなら!ハァ....ハァ.....
完全に負けていました.........ハァハァ.........」

珠美「そしてもし.....そしてもしカーズ殿のアイドルと闘っていたのなら......
負けるはずないにせよ....ハァハァ........苦戦していたでしょう.....!」



智香 ガバッ!

ワムウ「なにィ!?」

ワムウ「!」

智香 サッ

ワムウ「契約の書類を!何故貴様が書類を!」

智香「.......................」ヘト

シーザー「智香.................」

智香「負けるのは.....怖くない......でもアタシは誇り高きツェペリプロのアイドル......」

シーザー「...........ぐっ!」

智香「だからアタシは、次の凛ちゃんに、バトンタッチする.......じゃなきゃあ」

智香「カッコ悪くて.........アイドルに戻れないよ.......☆」

シーザー「............そうだな智香、確かにおれ達は負けた。だが、次に託さなくちゃあならない」

智香「はい...........☆」



101:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:33:18.27 ID:m+MKSJch0

智香「アタシが最後に見せるのは!代々受け継いだ未来に託すツェペリプロの魂だ!」



シーザー智香「「 アイドル(プロデューサーの魂だ! 」」



智香「凛ちゃーん!アタシの『想い』だよ―――!」
シーザー「JOJO――!おれの『想い』だぜ―――!」



シーザー智香「「 受け取って(くれ――――ッ! 」」



102:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:34:04.96 ID:m+MKSJch0

ウケトッテクレー!



承太郎「今の声は!」

ちひろ「まさかッ!そんなまさかッ!」

承太郎「行くぞ」ダッ

凛「うん!」

ちひろ「はい!」



103:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:35:10.29 ID:m+MKSJch0

シーザー「後は頼んだぜ..........JOJO.............」バタッ

智香「頑張って........凛ちゃん..............」パタリ

ワムウ「.............................」

ワムウ「............エナジードリンクとシャボン玉.........」

ワムウ「仲間のためこれを残すため.............」

珠美「..............................」

ワムウ「くれてやる.............」

ワムウ「弱小プロのようにセンチになったからではない」

ワムウ「我々エイジャプロにとって強いアイドルこそ真理.......勇者こそ友であり尊敬する者!」

珠美「.....................ワムウ殿」

ワムウ「なんだ」

珠美「珠美は智香さんのことを永遠に記憶の片隅にとどめておきます.........」

ワムウ「.............あぁ」

珠美「シャボン玉のように華麗で儚きアイドル..............」



その身尽きても、その魂は尽きず............

シーザー、智香、ここに気絶



104:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:38:48.25 ID:m+MKSJch0

.........................................

......................

............

....


..............タッタッタ

タッタッタ!

承太郎「おいしっかりしろ!シーザー!」

凛「智香!」

ちひろ「.........ダメ、気絶してる........」

承太郎「相当な疲れとショックか.........」

承太郎「............................ん?」

承太郎「.................これは.........」

凛「シャボン玉とエナジードリンク.......」

ちひろ「と、契約書......」

承太郎「おれ達に、授けたものだ..........」

凛「くぅ.......!」

ちひろ「.............プロデューサーさん、凛ちゃん、悲しむのは許しません」

承太郎「...........................なんだと?」

ちひろ「二人の敗北は決して消えることがありません」

ちひろ「ならば、悲しんでる暇があれば、エイジャプロを倒す事に時間を使いましょう」

ちひろ「さぁ、決戦までのプランを考えましょう」カキカキ

凛「(..............この人........)」

凛「(二人のために......悲しんだりもしない.............)」

凛「(..........と、怒っていただろうけど.......)」



凛「ちひろさん、ペン逆さだよ」



ちひろ「......................」



105:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:39:43.25 ID:m+MKSJch0

承太郎「(千川は友人だ。現実を受けとめたくないという逃れのために冷酷さを装っている)」

凛「(今一番に叫びたいのは彼女の方だ)」

承太郎「........................」ググッ

承太郎「....てめーの心、確かに受け取った」

ツツ.........タラー.............

凛「!」

承太郎「奴の.......二人のスタミナドリンクが........」

ちひろ ワナワナ ワナワナ


承太郎「シーザー........」



ちひろ「シィィィザ―――ァァァァァッ!!!」

凛「智香ァァァァァァ―――――――ッ!!!」



ここはバトルプレイス!どこかにワムウとカーズが潜んでいる。

しかし二人は感情を抑えられなかった。ちひろは叫んだ!シーザーの名を!

凛も叫んだ!智香の名を!しかし帰ってくるのは静寂だけであった..............



106:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:41:04.95 ID:m+MKSJch0

承太郎「.....................やろう、ワムウ!」ザッ!

ちひろ「待ってください!プロデューサーさん!」

承太郎 ピタッ

ちひろ「今は一旦引き返しましょう!ワムウを倒すなら、契約の日までレッスンに時間を使いましょう!」

凛「.............................」


ワムウ「女にしてこの冷静なる判断力、たいしたものよ」


承太郎「!」

凛「!」

承太郎「てめー............」ググ

ワムウ「成長したらしいな.........実に!」

凛「アンタ...............」

ちひろ「落ちついてください、凛ちゃん!」


カーズ「愚かな者よ................」


承太郎「カーズッ!」

カーズ「ここで我々が叩きのめせばよかろう」

カーズ「このカーズのアイドルが相手だッ!」

カーズ「来い!」

ワムウ「お待ちをッ!カーズ様!」

カーズ「!」

ワムウ「カーズ様.........この女とわたしは決闘(ライヴバトル)を約束をしました.........」

ワムウ「エシディシ様、志希が倒された遺恨があります.....是非闘いの許可を!」

カーズ「...........................」

カーズ「そこまでこの女とアイツを戦わせたいのか、ワムウよ」

ワムウ「............はい」

凛「フフ」



107:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:42:12.98 ID:m+MKSJch0

カーズ「.............................いいだろう」

カーズ「決闘にはそれにふさわしい時と場所が必要だな!」

カーズ「ワムウ!希望を言え!」

ワムウ「契約日の昼、時はそれ.............場所は.........」

ワムウ「ここから離れた、闘技場だッ!」

承太郎「いいぜ」

凛「わかったよ」

カーズ「ワムウ!中々面白い選択だ!古式に乗っ取った作法で戦うといわけか」

カーズ「では、契約の日まで待っているッ!」クルッ

ワムウ「.................」クルッ

スタスタ...................





凛「................................」

承太郎「............................」

ちひろ「.............................」

凛「昨日までは自分のことだけを考えて生きてきた...............でも」

凛「今メラメラ湧き上ってくるこの気持ちは............」

凛「これが『仁』っていうんだね、みんなの思いのために闘うよ....................」

承太郎「あぁ、必ず勝つぞ、凛」

凛「うん!」



108:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:42:51.05 ID:m+MKSJch0

【 風と戦車と珠美 】



109:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:44:31.49 ID:m+MKSJch0

@契約の日



承太郎 ザン!

凛 ザン!

ちひろ ザン!

承太郎「おい、来てやったぜ」

凛「智香の仇、打たせてもらうよ」

ワムウ「JOJO.......そしてJOLYNE..........」

カーズ「また一つ、儚きプロダクションの最期が見れるようだな.........」

承太郎「おっと、二人いるじゃあねぇか。だったら話は早い」

凛「今日一日でどっちも片づけられるね」

ワムウ「そうだ.........その自信............」

ワムウ「その自信がッ!おれを刺激する!」

ワムウ「いいだろう!このワムウと闘う資格を与えよう............」

珠美 ザン!

珠美「誰だろうと、珠美は絶対に負けません」

凛「あの子が、智香を倒した...........」

承太郎「どうやら、そのようだな」

ちひろ「.....................」

カーズ「今より!この闘技場でワムウ対JOJOの古式に乗っ取った『落馬戦』を実施する!」

ワムウ「ルールは簡単だ。それぞれ馬に乗り、この闘技場を闘いながら走り続ける!」

ワムウ「珠美か貴様のアイドル、どちらかが落馬するか、あるいは落馬させるか」

承太郎「要は、馬から落ちたら負けということだな」

ワムウ「そうだ」

凛「他道具の使用は?」

ワムウ「武器と見なす物以外ありだ」

凛「グッド!」

承太郎「中々面白そうじゃあねぇか」

凛「馬なんて乗ったことないんだけど」

ワムウ「心配することはない、初心者に優しい馬を用意した」

ワムウ「それに、珠美も乗馬の経験はない」

凛「なら安心」



110:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:46:03.71 ID:m+MKSJch0

珠美「さぁ始めましょう!」

ワムウ「ほう、気合十分だな、珠美よ」

珠美「はい......智香さんとのライヴバトルで思い知らされました..........」

珠美「強い人は、たくさんいるって..........」

ワムウ「..........................」

珠美「それに、今回の相手は........ただ者ではないと思うのです!」

カーズ「..........................あの鋭い眼差し」

カーズ「珠美の奴、本気だな。決して今、奴はこの闘いを楽しんでいたり、甘く見たりはしていない!」

ちひろ「勝ってください凛ちゃん!私達は勝たなくちゃならない!」

凛「うん!」

承太郎「おい、ワムウ」

ワムウ「?」

承太郎「まだこの書類は破っちゃあいないぜ。うちの凛がてめーのアイドルを倒してからという、シーザーとの誓いだ。この誓いが、凛を強くする」

ワムウ「...............ほう」

凛「智香が残した、このエナジードリンク..................」

凛 ゴクッ ゴクッ

凛「一緒に戦って!智香!」

凛「いくよ!落馬戦!」



111:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:47:59.48 ID:m+MKSJch0

千川ちひろ

111_1

年齢 ??歳
日本・東京生まれ
誕生日:11月28日
身長―154cm 体重―?
3サイズ:82-58-84
血液型:A型

破壊力―? スピード―? 射程距離―?
持続力―B 動作性―A  成長性―?

①眩しい笑顔をするが、多くのプロデューサーから
金を巻き上げる、とんでもない野郎

②CGプロの社長兼事務員



112:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:49:10.41 ID:m+MKSJch0

カーズ「凛対珠美の落馬戦を開始する!スタートの合図は、あの雲の切れ目から太陽の光が出た時とする!!」

タマミ! タマミ! タマミ! タマミ!

凛「うるさいなぁ、珠美コールばっかり」

凛「ねぇ、このトラックは一周何メートルあるの?」

珠美「一周は765メートルです」

凛「なるほど」

珠美「それともうひとつ教えてあげます!第一コーナーのところに『柱』がありますね?
珠美達がトラックを一周する度にあの『柱』になんらかの武器がぶら下げられます!」

珠美「どちらが先に武器を取れるか......」

凛「武器を使って落とせってことね。持ち込み禁止のクセに」

ワムウ「第一周目の武器は..........『竹刀』ッ!」

凛「!」

珠美「凛さん、珠美はあなたとの健闘(ナイスファイト)を期待しますよ!」

凛「うん」



113:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:50:09.56 ID:m+MKSJch0

カーズ「太陽が雲の端に来た.....そろそろ太陽の光が輝き出る!」

凛 フー

ちひろ「凛ちゃん!太陽が出ますよ!早く乗って!」

承太郎「焦るな千川、ヤツは考えて行動している」

............................ピカァ!

カーズ「スタート!!」

珠美「さぁ行きまっ!?」

フワ  フワ  フワ  フワ  フワ  フワ

珠美「シャ、シャボン玉ッ!」

凛「ひ~かり~はつづく~よ~ど~こま~で~も~」

ピカッ!ピカッ!!

珠美「あぁぁ!珠美の目がァァッ!」

凛「早速やらせていただきました~ん!」

凛「グラッツェ!智香!」

承太郎「抜け目のない奴だ」

ちひろ「.............本当に」



114:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:51:14.99 ID:m+MKSJch0

凛「はっ!」パカラ パカラ

凛「アンタに竹刀を渡すのは負けに行くようなもの!あれは私が取るッ!」パカラ パカラ

珠美「く~!同じことを二度もくらうなんて~!」

珠美「許しません!」パカラ!

凛「来た来た来た来た来た来た!」パカラ

ガシィッ!

凛「よしとったッ!」

珠美「くぅ!」

凛「『他道具あり』でも竹刀は武器判定!だから竹刀は持ち込めないッ!」

珠美「くぅぅ~~!!」

凛「勝たせてもらうよ!」クルッ

凛「はっ!」ブン!

珠美 パシィ!

凛「なっ!?」


凛の竹刀を素手で受け止める珠美!


珠美「珠美は........智香さんとの闘いで一段と成長しました!」

珠美「あなたのぬるい剣など、こうです!」ヒョイ!

凛「あっ!!」

珠美「これで竹刀は珠美のものです!」

凛「くっ!」パカラ!

珠美「逃げても無駄です!」パカラ



承太郎「..................こいつはやべーな」



115:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:51:55.76 ID:m+MKSJch0

凛「......私があの子の攻撃を、竹刀は受け止められない.......」

凛「..........................よし」

珠美「はぁ!」ブン!

パスゥ!



ワムウ「............フン、打たれた音だな。これで珠美の剣が続けば終わりだ」

承太郎「あの音は打たれた音じゃあないな」

ワムウ「なんだとォ?」



116:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:53:31.07 ID:m+MKSJch0

珠美「なんだとォォォ!?」

凛「ふふっ」

珠美「これは.............糸!!」

凛「竹刀は刀じゃあない。ならば、糸で十分ッ!」

珠美「ヌウ~~!!」

珠美「はい!やぁ!」ブン ブン

凛「ふっふっ!」ビィン ビィン

珠美「はい!はい!」ブン!ブン!

凛「ふっふっ!!」ビィン!ビィン!

珠美「き、キリがない......!」

凛「カウボーイって、一回やってみたかったんだよね」

珠美「!?」

凛「糸を竹刀に......かける!!」ヒュン!


凛は糸をカウボーイのように結び、竹刀に結びつけたッ!


珠美「ぬぐぐ.....!」グググ

凛「いや、カウガールかな?」グググ

珠美「珠美は........珠美はこんな糸などにィィィ~~~!」グググ

凛「こんな糸だからよく使える」

パッ

珠美「あっ」ヨロ


カーズ「あのアイドルめ~!糸を放しおった!」

カーズ「落ちるッ!」

ワムウ「いや、まだですカーズ様」


凛「勝ったッ!珠美完ッ!」



117:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:54:54.90 ID:m+MKSJch0

竹刀 ガン

凛「なっ!?」

珠美「はいっ!」



承太郎「......................竹刀で地面を突いてそのまま乗るとはな」

ちひろ「な、なんて力.............!」



凛「何ィィ~~~!」

珠美「ハァ....ハァ......珠美を甘く見たら負けますよ!」

凛「(ヤバイ........この状況、実にヤバイ!どれだけヤバイかって言うと、チェスで自分の陣地にクイーンがいるようなものッ!)」

珠美「再び参ります!」

凛「ここは.........逃げる!」パカラ!

珠美「あっ!」パカラ!

凛「(策を......考えろ!策を!)」パカラ パカラ

凛「(ロープマジックを........いや、アレはもう読まれてる可能性がある)」

凛「(やるだけ時間と体力を使うだけだッ!)」

凛「(.............でも、使えないわけじゃあない)」



118:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:56:08.71 ID:m+MKSJch0

カーズ「第二週目の武器はッ!」

凛「!」

珠美「!」

カーズ「柔球(プニプニボール)のボーガン!」

カーズ「発射できる球は各二発ずつ!ボーガンは二種類のうちいずれかを選ぶッ!」

凛「今度は大きい方と小さい方がある!」パカラ パカラ

凛「大きい方を取る!威力が違う!」ガシィッ

珠美「では小さい方を!」ガシィッ



承太郎「....................マズイな」

ちひろ「え?」

承太郎「力のある物には必ず何か問題がある」



凛「終わらせてもらうよ!」グググ......

凛「はっ!」ドンッ!


ギュ―――ン!


凛「なっ!?」

珠美「速すぎて軌道がブレブレですね!」パカラ パカラ

凛「早速一発無駄にしちゃった.........」

凛「くっ!」パカラ



119:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:57:27.94 ID:m+MKSJch0

珠美「珠美も使わせてもらいます!」パカラ パカラ

珠美 グググッ...........

凛「!」

凛「糸を、網状に編む!」サッサッサ!

珠美「はいッ!」ドンッ!


ギュ―――ン!


凛「その球を受けるのは私じゃあない」

凛「アンタだよ!」


網 グィィィィィン


ビョイィィィ――――ン!


珠美「ほう、考えましたね」



その柔球は凛の網で跳ね返り珠美に一直線に向かうッ!



ギュ―――ン!


珠美「はいっ!」ブン!


カキ―――ン!


凛「なぁっ!?」

珠美「竹刀はバットじゃあありません」

珠美「本当はこんな使い方、したくありませんでしたよ」

凜「..............くっ!!」

珠美「さ、闘い(ライヴバトル)を始めましょう」



120:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 22:58:06.31 ID:m+MKSJch0

【 風の戦士(アイドル) 】



121:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:00:21.05 ID:m+MKSJch0

凛「.............................」パカラ!

珠美 パカラ!

珠美「あなたの一発!しかしそれは使えない!」

珠美「さぁ、どうしますか!」パカラ!パカラ!

凛「......................」パカラ!パカラ!

珠美「終わりにしましょう」グググ.........

珠美「やっ!」ドンッ!


ギュ―――ン!


珠美「軌道は正確!あなたの背へ!」


ダン!


珠美「当たった!」



ワムウ「.........................フン」

ちひろ「................................」

カーズ「.........トラックをほんの二周するだけの間だったが、2転3転する面白い戦いだったな」

カーズ「だが所詮珠美の方が知力・闘力ともに上だったということだ」

承太郎「..............................」

カーズ「...................ところで」

カーズ「次は君とわたしのアイドルの決闘ということだが、君のアイドルが負ければそれで終わりだ」

カーズ「降伏しろ、JOJO」

承太郎「何を勘違いしているのか知らんが、凛とワムウのアイドルの闘いはまだ終わっちゃいねーぜ」

カーズ「なに?」



122:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:01:56.97 ID:m+MKSJch0

モブ「ワ...ワムウ様!」

ワムウ「?」

モブ「あのJOJOのアイドルがどこにもいません!消えました!」

カーズ「何?」

ワムウ「なんだと!」

モブ「落馬したハズなのに、どこにもいません!」

ワムウ「どういうことだ!」

モブ「あぁ!見てください!珠美様の表情を!眼がうつろですッ!」

モブ「馬に乗ったまま動こうとしませんッ!なにやらブツブツ呟いています!」


珠美「なぜ..........そんな............」


カーズ「なにィ~~~~~~~ッ!!」

ワムウ「一体!?一体何が起きたと言うのだッ!!」

ちひろ「フフフフ」



モブ「あぁ~~~~!あのアイドルゥゥゥ――――ッ!」

モブ「柱に登って.............球を避けやがったァァ~~~ッ!!」



凛「ふふっ!またまたやらせていただきましたァん!」

凛「ヘルクライムピラーのおかげだね。こんな柱、簡単に登れるよ」

珠美「..................................」

凛「闘い(ライヴバトル)はまだ終わっちゃあいない。続きをしようよ」



123:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:02:26.73 ID:m+MKSJch0

【 風の戦士(アイドル) その② 】



124:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:04:53.14 ID:m+MKSJch0

モブ「見ろ!珠美様の顔を!」

モブ「汗だくで土気色だ.......眼差しもどこを見ているのか................」


珠美「こんな.........ことが.................」


カーズ「.......無理もあるまい。勝利を確信した瞬間に打ち破られたのだ」

ワムウ「珠美の自信と誇りが崩れ散った..........」



馬 パカラ パカラ パカラ パカラ

凛 ヒョイ

凛「さ、どうするの?」

珠美「...........................」

凛「もう与えられる武器はない。だから走り回る必要もない」

珠美「...................風を.......」

凛「?」

珠美「風を読む.........続けろ......」

珠美「闘技.......『珠砂嵐』」


ブン.......ブンブンブンブンブンブン!


ヒュォォォォォォォォォ


凛「なっ、この風........!」

凛「目が..................ッ!」



125:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:06:12.71 ID:m+MKSJch0

珠美「智香さんも、この技には苦戦しました」

凛「!」

珠美「同じ技で.......倒してあげます!」パカラ!


ビュォン!


凛「速いッ!!」サッ

珠美「ふふふ........まだまだぁ!」ビュン!

凛「ダメだ!」パカラ!

珠美「あっ!」パカラ!

凛 パカラ パカラ パカラ パカラ サッ

珠美 パカラ パカラ パカラ パカラ

凛 パカラ パカラ パカラ ササッ

珠美「くっ!」パカラ パカラ パカラ

珠美「そうやって逃げるつもりですかッ!」

珠美「智香さんと同じようにッ!」

凛「......................」ピタッ

珠美「止まりましたか..........では......」

珠美「最終、ラウンドですッ!」

凛 ガッ グググ....

珠美「そのボーガンを珠美に打つつもりですか?」

珠美「珠砂嵐ッ!」


ブンブンブンブン!!


ヒュォォォォォォ


凛「なっ」



126:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:07:29.95 ID:m+MKSJch0

珠美「この風で威力は弱まる、そして珠美はそれを打ち返すことが出来る!」

珠美「ボーガンなど、効きません!」


ヒュォォォォォ


珠美「それに、珠美の力はこんなものではありませんッ!」

凛「!?」

珠美「『風の最終流法(ファイナルモード)』!!」


ビュォォォォォォォォ!


承太郎「野郎の風が強くなっている.......ッ!」

ワムウ「これぞ、珠美の最終流法(ファイナルモード)ッ!」

珠美「『珠楔颯』!!」


ビュォォォォォォォォォ!!


凛「な、この風!」

凛「ボーガンが........定められない」ギギギ......

凛「あぁ......あっ......」ドン!


ギュ―――ン...........


カーズ「フン、おしいおしい!球はとんでもない方向に飛んでっちまったな」

カーズ「最後の最後まで戦いをやめなかったの褒めてやるべきか..........」

ちひろ「凛ちゃん.....................」

承太郎「..............チッ」



127:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:08:53.38 ID:m+MKSJch0

珠美「さぁ、これで攻撃も何もできません!」

珠美「終わりです!」ブンブンブンブン!

凛「................................」

凛「......地球ってさ、毎秒平均400もの隕石が猛スピードで向かってくるんだよね」

珠美「?」

凛「そのほとんどは途中で燃え尽きちゃうんだってさ」

珠美「何の話ですか......」

凛「でも突入角度さえ守れば、形を残して地上まで到達できる岩石もあるみたいだよ」

珠美「何の話ですか!」


.......................ギュ―――――ン


ガッ!!!!


珠美「あっ!竹刀がッ!」

竹刀 ガシャ―ン

カーズ「あっ!?」

ワムウ「なっ!?」

ちひろ「わっ!?」

承太郎 ニヤリ


凛「つまり、そういうこと」



128:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:11:19.45 ID:m+MKSJch0

モブ「ヤツが飛ばしたボールが、う......うしろから飛んできた―――ッ!?」

カーズ「それが、珠美の竹刀に当たって.......!」

ワムウ「竹刀を、落とした...........」


凛「またまたやらせていただいたよ」

凛「この闘技場は円形、壁に打ち込んで、回ってアンタの竹刀に当たった」

珠美「で、でも、そんな軽かったら跳ね返るはずじゃあ!」

凛「予め、球にはシャボン液を塗らせてもらったよ。再びグラッツェ、智香」

珠美「....................そ、それが滑って.........」

珠美「くっ!」パカ

馬<ヒヒィィィィィィン!

珠美「え!?馬が、動かない!」

凛「私がただ逃げ回ってると思った?志希にも言ったけど」

凛「アンタの馬の足に、さっきカウボーイで落とした糸を結ばせてもらったよ」

凛「それで、アンタの珠砂嵐だっけ?その風で糸が乾燥したってワケ」

珠美「あ............あ........ッ!」

凛「糸の『力』よりも自然の力の方が効果的ってこと................」

珠美「あぁ........!あぁ..........ッ!!」

凛「さ、どうする?」

珠美「.................................」

珠美「..............こ...........」

凛「こ?」



珠美「.....................降参...........です..........」



カーズ「なにぃ!?」

ワムウ「........................」


凛「『降参』で........いいんだね?」

珠美「.........はい、このまま闘ってもあなたに勝てる気はしません..........」

珠美「完敗です........」



129:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:13:14.96 ID:m+MKSJch0

カーズ「おい珠美ッ!何を言って」ガッ

カーズ「な................ワムウ」

ワムウ「..........カーズ様、わたしは珠美のライヴバトルを見てきて、一度も負けたことがありません。ヤツは強い」

ワムウ「しかし珠美自ら『降参』と言うのならば、あのジョリーンとやらは相当なのでしょう....」

カーズ「ワムウ....................」

承太郎「.............................」

珠美「...................ありがとうございます、ワムウ殿」

モブ「ま.....負けた.......」

モブ「負けた.......珠美様が..............」

モブ「あんのやろォォォ!よくも珠美様をオォォォ―――!」


ヒッコメー! カエレー! カエレー! ワー ワー


凛「これは、辛いね」

ワムウ「静まれィ!!」


ピタッ―――――


承太郎「.............ワムウ.................」

ワムウ「この戦士たちを侮辱することはおれが許さんッ!」


ワムウサマ.............ワムウサマガ...............



130:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:20:33.76 ID:m+MKSJch0

承太郎「..................................」

ワムウ「ナイスファイトだった、JOJO............感謝する」

承太郎「........ほう、てめーが礼を言うとはな」

ワムウ「シーザーにも言ったがセンチになったからではない........」

ワムウ「このワムウにとって強者だけが真理!正義あり友情.............」

ワムウ「その自分自身の掟に従っただけのことだ.........JOJO」

承太郎「......................................」

ワムウ「さぁ、その契約書を破いてみてくれ」

承太郎「..........................あぁ」

ビリビリ パラパラ............

ワムウ「...............................」

ワムウ「悔いはない。心からお前たちの成長を見れて良かったと思うよ............」

ワムウ「おれはお前らに出会うために長い間彷徨ってたのかもしれぬ..........」

承太郎「............................ワムウ........」



珠美「素晴らしい戦いでした、凛さん」

珠美「いえ、凛殿」

凛「珠美こそ」

珠美「ここは潔く、降参しましょう......」スタスタ

珠美「......................凛殿」

凛「............何?」


珠美「.....................次も、頑張ってくださいね」


凛「...............................」


珠美「では.......」スタスタ.......

凛「...............................」スッ.......



珠美とワムウは風のように去っていった――

JOJOと凛が無意識のうちにとっていたのは『敬礼』の姿だった――

涙は流さなかったが無言の男と女の詩があった―――――

奇妙な友情があった――――


ヒュゥゥゥ――――――


カーズ グッ

カーズ「.....................」



131:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:21:46.21 ID:m+MKSJch0

....................................


........................

.............


カーズ「ワムウ、そいつを倒すのだ!」

ワムウ「し....しかしカーズ様、お言葉ですが相手は少女でございまする」

カーズ「少女!そうだ.......だからなおさら倒さねばならぬ」

カーズ「『アイドルの素質をもった娘』は大人になったら強大な敵となるやもしれぬ!」

ワムウ「............うぅ.................」

カーズ「できぬかワムウ!そうか、お前に出来ぬと言うのならば見本を見せてやろう」

カーズ「こうやるのだ!ワムウ―――ッ!」


....................................


.......................


.............


カーズ「ワムウ!奴はプロデューサーとしてあまりにも純粋すぎた!それが弱さに繋がったのだ!!」

カーズ「残るはこのカーズ独りか..........だが頂点に立つ者は常に独り!」



132:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:22:22.22 ID:m+MKSJch0

【 アイドルとプロデューサーを結ぶ絆 】



133:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:23:57.67 ID:m+MKSJch0

モブ「カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアア―――ッ!」

モブ「ライヴバトル体勢にはいった―――ッ!」



ちひろ「カ、カーズ..........ッ!」

カーズ「おれの目的はアイドルを蹴散らすこと.................」

カーズ「しかしエシディシとワムウは共にプロデュースした仲間!」

カーズ「彼らの敗北と誇り高き闘いへの思いは貫き通す必要がある!」

カーズ「きさまらにはどうしても正正堂堂!この手で決着を付けたくなった!」

承太郎「................................」

カーズ「ついて来い!このエイジャプロとCGプロの次なる決闘場はあそこだ!」

承太郎「!」

凛「!」

ちひろ「!」

凛「ここは.............ラグビー場ッ!」



134:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:26:11.45 ID:m+MKSJch0

承太郎「ラグビーで勝負、ということか」

カーズ「あぁ、だがラグビーよりルールは簡単だ」

カーズ「ただもって駆け抜けるのみ。ラインを越えて一点。先に三点を取った方が勝ちだ」

承太郎「確か、ラグビーは前には投げられねぇ、だったか?」

カーズ「そうだ、後ろにしか投げられん」

カーズ「そして....................アイドルだけでは面白くない......」

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

ちひろ「ま...........まさかッ!」

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

カーズ「プロデューサー参加型だッ!」

ちひろ「何ィィィ―――――ッ!?」

承太郎「やれやれ.........ここにきて面倒になってきたな」

凛「プロデューサー!大丈夫な.............」

承太郎「.................................」

凛「大丈夫そうだね」

ちひろ「そうですね」

承太郎「.................................」



135:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:37:17.05 ID:m+MKSJch0

承太郎「てめーこそ大丈夫か。さっきの闘いで体力を消耗しただろう」

凛「大丈夫だよ。私には闘わなくちゃあならないワケがある」

承太郎「...................そうか」

承太郎「おいカーズ、おれやお前がアイドルと闘ってケガをしたらどうする」

カーズ「俺と貴様は、アイドルからボールを奪えない」

承太郎「............................わかった」

カーズ「そして、道具の使用は不可だ」

凛「くっ!」

承太郎「...............................」

承太郎「さぁカーズ、てめーのアイドルを出しなッ!」

カーズ「フフフフ............いいだろう................」

カーズ「貴様らの相手は、このアイドルだッ!」

諸星きらり「にょわー☆」

135_1

日野茜「全力でいきますッ!」

135_2

凛「ふ、二人ィ!?」

ちひろ「そんな!」

承太郎「おいテメー!カーズ!」

カーズ「フン、くだらんなぁ~~~~~二対二の決闘なんてなぁ~~~~~っ」

カーズ「このカーズの目的はアイドルを蹴散らす事!」

カーズ「ワムウや珠美のような戦士になるつもりもなければロマンチストでもない.........」

カーズ「どんな手を使おうが................最終的に..................」

カーズ「勝てばよかろうなのだァァァァッ!!」

承太郎「.....................カーズ.......!!」


カーズ「さァ!始めるぞ!JOJO~~~~ッ!」



136:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:40:49.34 ID:m+MKSJch0

諸星きらり

136_1

年齢:17歳
日本・東京生まれ
所属:エイジャプロ
誕生日:9月1日(乙女座)
身長―182㎝ 体重―60㎏
3サイズ:91-65-87
血液型:O型

  ↓ただし押さえつける力もA
破壊力―A スピード―B 射程距離―B
持続力―A 動作性―B  成長性―A

①珠美とは逆に、年齢の割に身長が高すぎる。
デカくとも可愛いものを集めるのが趣味で、口癖は「にょわー☆」

②朝早く並んだのに最後の限定商品のエイジャの赤石をきらりに取られ、
交換条件できらりをアイドルにすることを決める。

③力量の暗示を持つ『力』のカード



137:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:43:01.43 ID:m+MKSJch0

カーズ「フフフフフ.......圧倒的に貴様らが不利になったが.............」

凛「やるよ」

カーズ「...........フン、飛んで火に入る夏の虫とはこのことよ..........」

カーズ「いいだろう........いくぞ!きらり!茜!」

きらり「おにゃーしゃー!!」

茜「いきますっ!!」

カーズ「最初のボールは貴様らにくれてやる」ヒュ

凛「ありがとう、と言っておくよ」パス

カーズ「では.......................スタートだ!」


ピィ―――――ッ!


凛 ダッ!!

承太郎「サポートするぜ、凛!」ダッ!

きらり「ぜ~ったい!止めるに~☆」

凛「(あんなに体が大きければ、小回りは効かないッ!)」タタタ

凛「ギリギリでかわっ!?」

きらり「あれあれ~?遅いよぉ?」ガバッ



138:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:46:19.68 ID:m+MKSJch0

凛「(この体にしてこの俊敏さ.......!!)」

凛「ぷ、プロデューサー!」ヒュ

承太郎 パシィ! ダダダ!

承太郎 ダダダ!

ヒュ

承太郎「ラインはあと10メートル........!」

承太郎「このまま突っ切れば.............」

承太郎「!」ピタッ

凛「プロデューサー!どうしたの!?」

承太郎「........................ねぇ」

凛「え?」

承太郎「ボールが..................ねぇッ!!」バッ!

茜 ダダダダダ!

茜「ラグビー好きの私は負けませんッ!」ダダダ!

承太郎「いつ、とりやがった!」

凛「くッ!」タタ!

茜「プロデューサー!」ヒュ!

カーズ ガシ!

カーズ「クハハハハハハ―――ッ!」ダダダ

凛「は、速いッ!」ダッ!

承太郎「チィ!」ダッ!

カーズ「このエイジャプロに勝てる者など......」

カーズ「おらんのだァァァ――――ッ!」

ピィ――――――ッ!!

承太郎「.....................チッ」

凛「.........ハァ...........ハァ........」

カーズ「まずは......一点」



140:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:50:02.77 ID:m+MKSJch0

日野茜

140_1

年齢:17歳
誕生日:8月4日(獅子座)
日本・栃木生まれ
所属:エイジャプロ
身長―148㎝ 体重―40㎏
3サイズ:80-60-82
血液型:AB型

破壊力―A スピード―A 射程距離―B
持続力―A 動作性―A  成長性―C

①常に明るく元気で燃えている松岡系女子。
何かあるとすぐ走ったりする。趣味はラグビー観戦。

②カーズがエイジャの赤石の店に猛ダッシュしているのを見かけ、
並走していたところをカーズがスカウトした

③『力』のカード。きらりと二人で一つ



141:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:51:39.34 ID:m+MKSJch0

カーズ「もう点が入ってしまったなァ.........JOJO」

承太郎「..............................」

カーズ「.............ま、止めんがな」

凛「ハァ..............ハァ...................」

ちひろ「凛ちゃん.......大丈夫かしら.................」

承太郎「凛...................」

カーズ「対珠美戦.......相当の疲労が残っているようだなぁ」

カーズ「呼吸も乱れはじめて弱まっているな..........」

カーズ「続くかァ~~続くかァ~~JOLYNE........」

カーズ「続・くゥ・カァ?」

凛「..............................」

カーズ「勝敗は確定しているのに、このカーズに立ち向かう精神だけは認めてやるぞ」

凛「早く.......始めよう....!」

カーズ「フン............負けに急ぐか...........それもよかろうッ!」

カーズ「行くぞ!JOJO!JOLYNE!」



142:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/23(火) 23:57:46.16 ID:m+MKSJch0

ピィ―――――ッ!

凛「持って走るのみッ!!」

承太郎 ダッ!

きらり「止めるにぃ~!」ガッ!

承太郎「な........なんて力だ.......ッ!」グググググ

きらり「んにに~~!」グググググ!

カーズ「押されている!」ダッ!

きらり「にょわ~~☆」グググググ!

凛 ダダダ!

茜 ダッ!

凛「ハァ......ハァ..............」タタタ!

茜「どうやら、結構キテるみたいですね!」バッ

凛「ふっ!」クルッ ターン

茜「なっ!」

凛「ダンスの応用ッ!」

茜「やりますね!」

凛「(だけど、早い!)」

凛「プロデューサー!パス..........」

凛「!!」

承太郎「そこを.......どきやがれ.......ッ!」グググ

カーズ「絶対にィ.........絶対に通さんのだァァァ―――ッ!!」グググ!!

きらり「つおい~!」グググ!!

凛「(ダメだ!プロデューサーは抑えられてる!)」

茜「一対一ですね!!」

凛「ぐぅ!!」ダッ!

茜「逃がしません!」ダッ!



143:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/24(水) 00:10:10.27 ID:HONz7fpg0

承太郎「オラァ!」バッ!

カーズ「なぁ!?」

きらり「にぃ!?」

承太郎 ダッ!

カーズ「な、なんという力だこのカーズときらりのガードを破るとは........ッ!」

きらり「すごいにょわ~........」

カーズ「追うぞ!きらり!」ダッ!

きらり「は~い☆」ダダダ!

承太郎「凛!こっちにボールをよこ」

きらり「きらりんあたーっく☆」ドン!

承太郎「なっ!?」

凛「プロデューサー!!」

ヒュ

茜「勝負ありです!」

承太郎「ま、間に合わねぇ..................!!」

凛「ハァ..........ハァ...................」

カーズ「JOJO、貴様らの闘い、見事なものであった.......」

カーズ「だが、これが入れば、残すは一点........フフフ」

カーズ「ククク........クハハハハハ!!!」

カーズ「ハーッハッハッハッハッハァ―――ッ!!

承太郎「まだ、終わっちゃあいねぇ.........!」

カーズ「だが茜はもう走っている。ボールを持ったままなァ.........」

承太郎「....................チッ!」


ちひろ「ダメ............!」


凛「あれを決められれば.....ハァ.......ハァ.........」

凛「あと......一点に!なってしまうッ!!」



144:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/24(水) 00:30:25.93 ID:HONz7fpg0

凛「ダ................ダメッ!」


ピィ――――――ッ!!


凛「あっ.....................」

承太郎「また、間に合わなかった.......か......」

カーズ「二点!二点二点二点!!」

カーズ「クハハハハハハハ!」

承太郎「てめーは......正正堂堂と言いながらおれ達を騙し裏切ったッ!」

承太郎「そして、てめーの行為は仲間であったワムウの『意志』をも裏切ったッ!」

カーズ「このカスが.......激高するんじゃあない.......」

カーズ「目的に達するということが至上の事!」

カーズ「あくまで貴様らをライヴバトルで潰せばよいのだ」

ちひろ「なんて............卑怯!そして卑劣!」

カーズ「できるだけ汗をかかず、危険を最小限にし!バクチを避け!闘いの駒を
一手一手動かす、それが『真の戦闘』だ――ッ!」

承太郎「おれは.........てめーほどカーズッ!真底心から憎いと思ったヤツの次だッ!」

カーズ「憎いだと?晴らしてみろ!」



145:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/24(水) 00:37:36.22 ID:HONz7fpg0

カーズ「おぉっと、こうして貴様と話している間に戦いのホイッスルが鳴るぞ」

カーズ「さぁ、最後の闘いといこうじゃあないか...........」

承太郎「.............................」

カーズ「あと一点.........あと一点だ.......」

凛「ハァ.........ハァ.............」

きらり「大丈夫?」

凛「!」

凛「敵なのに、心配してくれるんだね.......ハァハァ....ありがとう」

きらり「にょ、にょわー」

ちひろ「凛ちゃん.............」ジワッ

茜「次も気合入れていきます!」

カーズ「あぁ」

承太郎「(本格的にマズイな............こりゃあ.........)」

承太郎「(だが、どうすることもできねぇ.................)」

承太郎「チィッ!!」

ピィ―――――――ッ!

カーズ「これで終わりだッ!JOJO!JOLYNE!」



146:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/24(水) 00:49:23.89 ID:HONz7fpg0

.................................ババババババ



カーズ「ん?」


.......................ババババババババ



茜「ヘリコプター?」


カーズ「気にするな、芝が少し揺れるだけだ。影響は受けん」


...............ババババババババババ


モブ「おぉぉぉ!?あのヘリ、フィールドに降りる気だぞ!?」


.......ババババババババババババババババ!


きらり「ちか~い!」


.....バババババババババババババババ!!


カーズ「何だというのだ!?」


ババババババババババババ!!!


ドサァァァ バババババババ........

バババ.......

.......


凛「ほ、本当にフィールドに!」

凛「一体なに............?」



承太郎「...........................」




承太郎「まったく..........................」





承太郎「てめーとは思えない、粋な『答え』の出し方をするじゃあないか..........ッ!」




承太郎「櫻井ッ!!!!」




ヘリ<ガタン!



桃華「承太郎ちゃま~~っ!助けに来ましたわ――――ッ!!!」



150:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 12:03:33.79 ID:MlQH85ce0

カーズ「アイツは誰だッ!?」

茜「『助っ人』ですか!!」

きらり「かわいいー!」

凛「だ..........誰?」

ちひろ「え?え?」



151:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 12:06:05.04 ID:MlQH85ce0

桃華「承太郎ちゃま!」

承太郎「櫻井...........てめー.............」

承太郎「『答え』は.........出たのか?」

桃華「..............わたくし、ずっと決心がつきませんでしたの........」

承太郎「.........................」

桃華「とても、とても迷っていました............」

桃華「お父様を説得するのは難しい話.......ですがそれより大事なことに気が付きましたの」

承太郎「大事なこと............?」

桃華「『自分はどうしたいのか』........ですわ」

承太郎「........................................」



152:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 12:09:13.16 ID:MlQH85ce0

桃華「考えて悩んで........そしたらTVで承太郎ちゃまが闘っているのを見かけて......」

承太郎「!」

桃華「その時に.........『助けたい』と...........」

承太郎「櫻井....................」

桃華「それと同時に、汗だくでボロボロなのに輝き続ける渋谷さんを見て、決心がつきましたの」

桃華「わたくしも、あんな風に『アイドル』になりたいと.........」

凛「わ、私........?」

桃華「はい、TVで拝見させていただきましたわ」

凛「あ、ありがとう...........でも、よく名前がわかったね」

桃華「あら、TVでしたら名前くらい出てますわよ?」クスッ

凛「............そっか............そうだね」クスッ



153:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 12:14:51.73 ID:MlQH85ce0

承太郎「...........だが、親はどうした」

桃華「『アイドルになりたい』と、心の中でそう思った時、スデにお父様の部屋に飛び入っていましたわ」

桃華「結局、お父様は許してくれませんでしたが.........もういいですの!」

桃華「わたくしは自分で切り開いた『道』を往きます!誰に何と言われようとッ!」

承太郎「...........................そうか」



黒服「お父様のことは、私が説得しておきます」



承太郎「!」

桃華「!」

黒服「私も実のところはお父様に従うべきだと思いますが、私は桃華お嬢様の執事なので.........」

黒服「お嬢様の好きな事をやらせてあげたいと思います」

桃華「ありがとうございますわ............」

黒服「いえ、お嬢様がやりたいように!」

承太郎「...................................おいおい」

承太郎「脇役にしては、ちょっとカッコよすぎるんじゃあねぇか........」ニヤリ



154:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 12:19:48.45 ID:MlQH85ce0

桃華「承太郎ちゃま!」

承太郎「なんだ」

桃華「わたくしを.......この櫻井桃華を!」



桃華「『アイドル』にしてくださいまし!」



承太郎「.......................あぁ」


承太郎「こっちからもお願いするぜ」

桃華「ふふっ、これからよろしくお願い致しますわっ!」

承太郎「あぁ、櫻井」

桃華「桃華でよろしくってよ?」

承太郎「アイアイサー」


承太郎「.............ならば桃華、このカードを一枚引けッ!」バッ


桃華「わかりましたわっ!」ピッ!




承太郎「てめーが引いたのは...............」



ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ



承太郎「『自立心』の暗示を持つカード...........」




ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ






承太郎「『女教皇(ハイプリエステス)』ッ!



155:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:14:10.70 ID:MlQH85ce0

【 承太郎の賭け 】



156:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:16:20.19 ID:MlQH85ce0

桃華「改めまして、櫻井桃華ですわ」

凛「私も改めて........渋谷凛だよ」

凛「よろしく」ピシガシグッグッ

桃華「よろしくお願い致しますわ!」ピシガシグッグッ

凛「いろいろ聞きたいことはあるけど.......今は............」

桃華「そのようですわね...................」

カーズ「どうやら.......新しくアイドルがくわわったようだな......」

カーズ「だがしかしッ!きさまらは完全に追い込まれている!」

承太郎「(確かに.....おれ達はあと一点入れられれば敗北........)」

承太郎「(まして、凛も疲労でヤバイ.........)」

承太郎「(..........桃華のステータスがどれほどのものか.........)」

カーズ「フフフフ..........頼りない助っ人だなァ........JOJO......」

承太郎「..............................」

桃華「................................」



157:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:17:38.22 ID:MlQH85ce0

カーズ「これで、三対三!正正堂堂だ!」

承太郎「なにが正正堂堂だ、てめー........」

カーズ「一人は疲労.......もう一人はガキ.........どうやら潰すのはきさまだけのようだな......」

カーズ「JOJOォ!!」

承太郎「.............................チッ」

カーズ「このボールがそのラインを越えただけで終わるのだなぁ........」ヒョイ

カーズ「ウィンウィンウィンウィンウィンウィン」スルスルスルスル

承太郎「野郎..............」

カーズ「ボールはそのガキにくれてやる」ヒュ

桃華 パッ ポロ...

ボール ドサッ ドサッ コロコロ.........

桃華「あらら........」トテテ ヒョイ

カーズ「..............................フフフ......」

カーズ「ハハハハ!!」

カーズ「フハハハハハハハハハハハ!!」

カーズ「そんなに役立たずとはッ!これは傑作よのォ........ククク........」

承太郎「...................................」

凛「................................」



158:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:19:50.84 ID:MlQH85ce0

カーズ「きさまらの偶像人生に、終止符を打とうじゃあないか!」

カーズ「始めるぞッ!JOJOォ!」


ピィ―――――ッ!


カーズ「鳴ったッ!」

ビュンッ!!

カーズ「きさまらの最後...........ッ」

カーズ「...................おい」

カーズ「................今の影はなんだ........!」

カーズ「今の影はなんだァァァ――――――――ッ!!!」




桃華 ダダダダダ!!!!




承太郎「あ、アイツ............!」

凛「なんて強力で..........頼もしい.........」



159:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:21:45.82 ID:MlQH85ce0

カーズ「とめろォォ!きらりィ!茜ェ!」ダッ!

きらり「にょ、にょわ――☆」ダダッ!

茜「は、はい!!」ダダッ!

きらり ダダダダ!

きらり「きらりんぱわー!」ガバッ!

桃華 ヒュン!

カーズ「か、かわしたッ!?」

凛「あの子、自分の小ささを活かしてる!」

ちひろ「すごいすごい!」

茜「絶対に捕まえます!」ガバッ!

桃華 ヒュ!!ダッ!

茜「なっ!?」

カーズ「一旦さがって、再び走るだとォォ!!」

凛「あのスピード!」

桃華「お父様!これがわたくしの『決意』ですの!」ダダダ!

桃華「承太郎ちゃま!これがわたくしの...........」ダダダ!


桃華「『答え』ですのッ!」ダッ!



ピィ――――――――ッ!



カーズ「RRRRRRYYYYYYYYYYYYYYYYYYY!!!!!」

承太郎「....................フン」

承太郎「......やるじゃあねぇか.........桃華お嬢様.......」

凛「やった!」

カーズ「そのちっぽけな体の............どこにそんなッ!!」

桃華「英才教育って知ってまして?」

カーズ「!!」

桃華「こんなこともできなければ、櫻井家に恥ですのよ♪」



160:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:26:33.05 ID:MlQH85ce0

櫻井桃華

160_1

年齢:12歳
誕生日:4月8日(牡羊座)
日本・神戸生まれ
所属:CGプロ
身長―145㎝ 体重―39㎏
3サイズ:72-53-75
血液型:A型

破壊力―E スピード―A 射程距離―A
持続力―B 動作性―B  成長性―A

①お嬢様生まれお嬢様育ちのアイドル。
言動がどことなく気品である。
趣味はティータイム

②承太郎にスカウトされアイドルになった

③自立心の暗示を持つ『女教皇』のカード



161:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:28:12.96 ID:MlQH85ce0

桃華「子供だからと言って、あまり見くびらない方がいいですわよ?」

カーズ「MUUUUUU........!!」

承太郎「やっと一点.....返したぜ...................」

凛「スゴイ!スゴイよ桃華!」

桃華「フフ♪」

凛「私も、頑張るから!」

桃華「はい!次も頑張りましょう!」

承太郎「ボールは、桃華に渡す」ヒュ

桃華 ガシィ!

カーズ「..........さっきのは欺きだったか..........」

モブ「................おい、もしかしてCGプロって凄いんじゃあないか?」

モブB「おれもそんな感じがしてきた..........」

ザワザワ ザワザワ ザワザワ

承太郎「..........................オーディエンスが段々味方になってきたな.....」

カーズ「................................」



162:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:30:37.87 ID:MlQH85ce0

承太郎「さて、さっさと始めようじゃあねぇか.........カーズ」

カーズ「いい気になるなよ~~!JOJO――ッ!」


ピィ――――ッ!


桃華 ダダダ!

きらり「きらりん~~~あた―――っく!!」ドン!

桃華 ヒュ!

茜「ボンバータックル!!」ドン!

桃華 ヒュ!!

承太郎「あとは、突っ走るだけだぜ.....桃華」

カーズ「そうはさせるかァ!」

カーズ「パッションの流法!『輝彩滑刀』ッ!」スッ

ピカッ!!

桃華「まぶしッ!?」

茜 ヒュ

桃華「あっ!」

承太郎「おい!」

きらり「にょわっ!」ガシィ!ググググ

カーズ「ムゥン!!」ガシィ!ググググ

承太郎「てめー、肘に付けてるリングを使いやがったな.....」ググググ

承太郎「道具不可と言ったのは........てめーだろうッ!」グググ

カーズ「たまたま付けていただけよ..........それが偶然太陽に反射しただけだッ!」グググ

承太郎「このクズ野郎........!」グググ

承太郎「カーズ!てめーの根性はッ!」

カーズ「わめくがいい!ほざくがいい!ののしるがいい.........」

きらり「うきゃー☆やっぱPちゃんひきょー☆」ググググ



163:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:32:53.88 ID:MlQH85ce0

カーズ「これで、茜がそのまま走れば!」

承太郎「おいおい、一人忘れてねぇか?」

凛 バッ!

茜「あっ!!」

凛「まったく、メインヒロインを忘れないでほしいよね」

カーズ「くっ!!」バッ

承太郎 バッ!

きらり バッ!

凛「桃華」ヒュ

桃華 ガシィッ

承太郎「桃華...........好きなように投げろ」

承太郎「おれ達が、それに応える」

凛 ザンッ!

桃華「わかりましたの..........」

カーズ「何としてでも........潰すッ!」



164:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:34:40.40 ID:MlQH85ce0

桃華 ビュン!!

カーズ「真上に投げたッ!!」

カーズ「ククク.......焦りで気でも狂ったかァ?」

カーズ「ボールの軌道を見れば、どこに落ちるかなど.........」

チャリ チャリ

きらり「にょわ?」

茜「?」

カーズ「500円玉が......大量に落ちている.........?」

\ パシィ! /

カーズ「なぁっ!?」

カーズ「ボールを掴んだ音!」

凛 ダダダダダ!!

承太郎 ダダダダダ!

ちひろ「人間はお金の音に敏感ですからね~」

カーズ「きらり!俺とお前でJOJOを抑える!茜、JOLYNEを抑えろ!」

きらり「はーいっ☆」ダッ!

茜「はいっ!!」ダッ!

承太郎 ガシィ!

凛 ガシィ!



165:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:36:18.82 ID:MlQH85ce0

カーズ「ククク.......これで」

承太郎「...................」グググ

カーズ「.......ま、待て!JOJOは持っていない!」

カーズ「貴様!持っているフリをしたな!」

茜「プロデューサー!!」

カーズ「!」

茜「こっちも.......持っていません!!」

凛 ニヤリ

カーズ「なっ!?」

きらり「あれあれぇ?」

カーズ「ボ、ボールは......!まさかッ!」

桃華 ダダダダダダダダダ!!!

カーズ「アイツが持っているだとォォォォ――――――ッ!!!??」

桃華「偶像疾走(アイドルドライブ)」ダダ!


ピィ―――――ッ!


カーズ「UGAAAAAAHHHHHHHHHH――――――!!」

承太郎「これで同点............」

凛「あと.............一点!」

カーズ「なにィ~~!!」



166:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:37:12.61 ID:MlQH85ce0

桃華「わたくしはただ真上に投げただけですの。それをキャッチして走っただけですわよ?」

カーズ「金を撒いて気をそらせたな!」

桃華「お金?あら、たまたまポケットから落ちただけですわ♪」

カーズ「きっさまァァァァ~~~~~~~!!」

承太郎「追い込まれたのは、てめーのようだな...........カーズ!」

カーズ「...............................」

カーズ「仕方がない.....................」

カーズ「このカーズ!本気できさまらを潰すッ!」



167:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:38:09.18 ID:MlQH85ce0

【 究極プロデューサー カーズ 】



168:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:39:07.41 ID:MlQH85ce0

承太郎「今まで本気じゃなかっただと........ッ!」

カーズ「そうよ.............このカーズが日々の肉体改造で手に入れた!」

カーズ「究極の力よのぉ!」

凛「もうアイドルとかどうでもよくなってるね、コレ」

カーズ「UWOOOOOOOOOOOOOO―――――ッ!!」

桃華「筋肉が.....!」

カーズ「UWOOOOOOOOOOOOOOO――――――――ッ!!」

凛「何これ」

カーズ「GAAAAAAAッ!!」

承太郎「!」

桃華「!」

凛「..................................」



169:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:40:20.35 ID:MlQH85ce0

カーズ「...............フフ」

カーズ「フフフフ...................」

カーズ「フハハハハハハハハハハ!!!!!」

カーズ「これが『究極プロデューサー』だッ!」


カーズは日々のトレーニングにより、己の力を最大限にまで発揮したのであるッ!

知力 IQ 150
視力 田舎育ち並
聴力 「今何か聞こえなかった?」「え?」並
握力 リンゴにひび
JUMP力 家庭用トランポリン並
筋肉 コンテストで準優勝並
睡眠 8時間程度
S○X 必要あり。性欲には勝てない。



170:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:41:27.49 ID:MlQH85ce0

桃華「あれが!究極形態ッ!」

承太郎「...................チィ!」

凛「服脱いでビルドアップしただけだよね」

きらり「Pちゃん筋肉すっごーい!」

茜「さすがプロデューサー!」

カーズ「勝てるかな..................このカーズに!」

承太郎「...........確かに強そうだな」

承太郎「だが、引き下がるわけにはいかねぇ..........」

カーズ「そう言うと思ったよ.........JOJO」

カーズ「ボールは再び、貴様らのものでいい...............」ヒュ

桃華 パシィッ

カーズ「さぁ............始めるぞ!!」


ピィ――――ッ!


カーズ「JOJOはおれが抑える!お前ら二人はそいつらの相手をしろ!」

きらり ダッ!

茜 ダッ!

カーズ ガシィ!

承太郎 ガシィ!

承太郎「...........さっきとはケタ違いじゃあねぇか.....」グググ

カーズ「まだまだァァァ!!」

承太郎「!」グググ!



171:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:43:26.57 ID:MlQH85ce0

きらり「ぼーるとりゅ~☆」

桃華「来ましたわね!」

きらり「わ~っ!!」ガバ!

桃華「.................うぅ.....怖いですの......」ウルウル

きらり「うっきゃー!!かわいいー!!」

カーズ「きらり!」

茜「私が取ります!」

凛「あっ!観客席にラグビー選手が!」

茜「え!?どこですか!?」キョロキョロ

カーズ「茜!」

カーズ「お前らは純粋過ぎだ!このたわけがァ!」バッ!

承太郎「おっと、もうパワー比べは終わりか?」

カーズ ダッ!

承太郎 ダッ!

桃華「前に敵はいません!」

桃華「偶像疾走(アイドルドライブ)ッ!」ダダダッ!

カーズ「ぐう」

カーズ「ぞう?」

カーズ「ぐうぞうしっそうだとォ――ッ!!」ダダダダダ!

桃華「なっ!?」

承太郎「自分のアイドルをかついで走っていやがる!」

凛「プロデューサーはアイドルからボールを奪えないから!?」

カーズ「行け!茜!」

茜「はいっ!!」

カーズ ブン!

桃華「!!」

承太郎「アイドルを投げやがった......」



172:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:44:58.62 ID:MlQH85ce0

茜「そのボール貰いまっ!」

凛 ガシィ!! ダダダ

桃華 ガシィ!! ダダダ

カーズ「な、なにィィィィィ~~~~~~!!?」

カーズ「茜を二人でかついだだとぉ~~!!」

茜「え!?」

きらり「たのしそーっ!」

カーズ「アイツら!そのままラインを越える気だな!?」

承太郎「うちのアイドルはぶっとんでやがるな..............」

凛「えっほえっほ!」

桃華「えっほえっほ!」

カーズ「そうはさせるか!茜パス!」

茜「あっ!はい!」ブン

カーズ ガシィ!

カーズ「おおおおおおおおおおおお!!!」ダダダ

凛「止める」ポーイ

桃華「止めますわ!」ポーイ

茜「あっ」ピョーン

カーズ「小娘が..........このカーズを止められるかァ―――ッ!!」

カーズ ダダ ドン!

凛「きゃっ!」

カーズ ドン!

桃華「きゃんっ!」



173:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:46:05.12 ID:MlQH85ce0

承太郎「てめー!よくも!」ガシィ グググ

カーズ「ぬぐぐぐ!そこをどかんかぁぁ!!」

承太郎「おれがどくのは、道にクソが落ちている時だけだぜ......!」ググググ

カーズ「きらり!茜!その二人を抑えろ!」

きらり ガシ! 凛「くっ......!」グググ

茜 ガシ! 桃華「うぅ.....!」グググ

カーズ「こいつは、このカーズが!!」グググ

承太郎「そのボールをよこしやがれ.......!!」グググ

凛「プロデューサー!」

凛「(.............ダメ....動けない!!)」

凛「(負ける!プロデューサーが押されれば負ける!)」

凛「(終わっちゃう....................!!)」





「凛ちゃ~~~~~~~ん!!!!」





全員「!!?」



174:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:48:03.62 ID:MlQH85ce0

カーズ「ア.....アイツは!確か珠美と闘った......!」

凛「智香!!」

シーザー「おれもいるぜー!!」

承太郎「シーザー!」

ちひろ「シーザーさん!」

智香「絶対!絶対負けないでぇ~~~~!!」

智香「フレー!フレー!シージー!」

智香「フレ!フレ!シージー!」

智香「フレ!フレ!シージー!」

シーザー「負けるな!ジョジョ――!!」

凛「..........................智香...........」

承太郎「シーザー....................」

桃華「.....どうやら..........とてもイイ友達をお持ちのようですわね」

凛「...........うん......本当に..................」



175:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:49:40.72 ID:MlQH85ce0

凛「私達には.............」

承太郎「おれ達には........」





凛承太郎「「 勝たなくてはならないッ! 理由があるッ!! 」」



『 Never say never 』

作詞:NBGI(遠山明孝・八城雄太) 
作曲:NBGI(遠山明孝)
歌 :渋谷凛



『 ずっと強く そう強く あの場所へ 走り出そう 』


凛「負けてられないよ!」

凛「はぁぁ!!」グググ

きらり「にっ!?」

承太郎「おぉぉ!!」グググググ!

カーズ「どこに......そんな力が!!」

凛 バッ!

承太郎 バッ!

智香「やった!」

シーザー「よし!」

ワァァァァァ!!

きらり「すごいに~........」

カーズ「なん.....だと.........」

ちひろ「プロデューサーさん......凛ちゃんの成長性は.....Aでした!」



176:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:51:29.17 ID:MlQH85ce0

『 過ぎてゆく 時間取り戻すように 駆けてゆく 輝く靴 』


茜「な、なんてパワー!」

桃華「あら、力が緩んでますわよ?」スルリ

茜「あっ!」


『 今はまだ 届かない 背伸びしても 』


承太郎「ボールいただくぜ!ググ!

カーズ「なにをぉぉぉぉ!!」グググ

凛「そのボール、この渋谷凛がもらう!」グググ

カーズ「なにィィィィ!!」グググ

凛「ん~~~~!!ぎぎぎぎぎ!!」

承太郎「凛!アイドルがしていい顔じゃあねぇ!」

凛「関係ない~!!」グググググ!


『 諦めない いつか辿り着ける日まで 』


カーズ「GAAHHッ!」バッ!

智香「あっ!」

カーズ「このカーズは究極!」ダダ!

承太郎「追うぞ!凛!」

凛「うん!」

カーズ「究極究極ゥ!!」

桃華「ここは...........通しませんわ!」

カーズ「邪魔だ!『輝彩滑刀』ッ!」

ピカッ!

桃華「光は光で跳ね返しますわ!」スッ!

矢のペンダント ピカッ!

カーズ「ANGYAAAAAAAAAA!!」



177:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:52:49.82 ID:MlQH85ce0

『 目を閉じれば 抑えきれない 無限大の未来が そこにあるから 』


凛「ボールは貰った!」ガッ!

カーズ「JOLYNE!!」

凛「はぁぁぁ!」ダダダ


『 振り返らず前を向いて そして沢山の笑顔をあげる 』


凛「(プロデューサーのためにも!ちひろさんのためにも!)」

凛「(そして..............応援してくれるみんなのためにも!)」ダダダ!

凛「勝たなくちゃならない!!」ダダダ!


『 いつも いつも 真っすぐに 見つめて 』


カーズ「貴様は今頃疲労で倒れているハズ.......!」

カーズ「なのに..............なぜッ!!」ダッ!!

凛「.................自分でもわからない!」

凛「でも、これはみんなのおかげッ!」


『 弱気になったりもするよ そんな時には強く抱きしめて 』


カーズ「奴を止めろォォ!!」

きらり「にょわ――!!」

カーズ「きらりィ――!!最後の力をふりしぼれ―――――ッ!!」


『 強く そう強く あの場所へ 走りだそう 』



178:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:53:53.67 ID:MlQH85ce0

きらり バッ!

凛 ヒュ!

凛「かわしたッ!」

茜 バッ!

凛「なっ、後ろに.........隠れて!」

茜 ガシィ!!

凛「くぅ!!!」

きらり「はい☆」ガシ!

桃華「あっ!」ググ

カーズ「フハハハハハハハハハ!!!!」

カーズ「見事なものよ!JOLYNE!」

カーズ「惜しい!実に!」

凛「く...........」

桃華「..........................」

カーズ「茜」

茜「はい!」ヒュ

凛「ボールが..........!」

カーズ パシィ

凛「ここまで............ここまで来たのに...........!」

凛「うぅぅぅぅ..........!!!」

カーズ「ンンンン、いい声だ!実にいい響だ........その嘆きを............」

カーズ「聞きたかったぞ!JOLYNE!」



179:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 13:56:51.72 ID:MlQH85ce0

智香「凛.......ちゃん.............」

ちひろ「うぅ...........グスッ...................」

桃華「..............................」

カーズ  スタスタスタ............

カーズ「死力を振り絞ってあと一瞬全力で走れるかどうか見ていたぞ..............」

凛「......................................」

カーズ「このカーズ、このようにゆっくりラインに近づき花を摘むようにラインを越えるまで!」

シーザー「クソッ!!」

カーズ「勝ったッ!CGプロ完!」





「ほーお、それで誰がこのプロデューサーの代わりを務めるというんだ?」





ボゴォ!!!

カーズ「なっ!!?下から手が!?」

ガシィ!!

承太郎「まさか、てめーのわけはねーよな!」

カーズ「JOJOォォォォ!!!」

凛「プロデューサー!」

桃華「承太郎ちゃま!」

カーズ「地面にもぐっていただと!?」

シーザー「さすがジョジョ!俺たちに出来ない事を平然とやってのけるッ!」

ちひろ「そこにシビれるあこがれゥ!」



180:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 14:00:35.79 ID:MlQH85ce0

承太郎「あとは..............走るだけだぜッ!」ダッ!!!!

カーズ「ま、待たんか!!JOJO~~~!!!」ダッ!!!

きらり「にょわ!」バッ

茜「プロデューサー!」バッ

凛 ガシィ

桃華 ガシィ

きらり「!」

茜「!」

凛「悪いけどここは........」

桃華「行かせませんわ!」

カーズ「SHAAAAAAAAAAAAAAA!!」ダダダダダ!!

承太郎「(.............正直、コイツのスピードには勝てねぇ.......)」ダダダダダ!

承太郎「(じゃあどうすれば................)」ダダダダダ

カーズ「JO~~~JO~~~~!!」ダダダダダ!!

承太郎「................................」ダダダ

承太郎「この世界に来て....................」ダダダ

承太郎「自分の新しい力の事を忘れてたぜ..................」ダダダ

承太郎「少々大人げねぇが...........................」ダダダ

カーズ「なにをブツブツほざいている!」

承太郎「悪いな」

カーズ「!?」

承太郎「スタープラチナッ!!」




ド――――――――――ン!




承太郎「..................................」

承太郎「これで決着はついた................」ザッ ザッ ザッ

承太郎「ナイスファイトだったぜ...........エイジャプロ」

承太郎「時は..................動き出す」ザン!




パッ!!




全員「えっ!!?」



182:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 15:55:53.36 ID:MlQH85ce0

ピ.........ピィ――――――ッ!!!!!






ワァァァァァァァァ!!!

カーズ「RRRRRRYYYEEEEEEEEEEEEE!!!!」

凛「何かよくわからないけど勝ったッ!」

桃華「さすが承太郎ちゃま!」

ちひろ「やった―――!」

智香「うぅ.........グスッ................やったぁ......」

シーザー「泣くな........智香........」

茜「ま、負けたんですか!?」

きらり「あれあれ~.........?」

カーズ「き、きさまぁ!一体何をッ!」

承太郎「何もしてねぇな。おかしいところでもあったか?」

カーズ「一瞬消え!」

承太郎「消えた?おいおい、おれは普通のプロデューサーだぜ..........」

承太郎「究極プロデューサーにできねぇことが、できるわけねーだろ」

カーズ「な..............なっ...............」

承太郎「中々面白いライヴバトルだった、この一ヶ月」

承太郎「一応礼を言っておくぜ................エイジャプロ」

カーズ「WKAKAKAKAKAKA~~~~~ッ!!!!」



183:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 16:07:47.44 ID:MlQH85ce0

ワァァァァァァァァァァァ ワァァァァァァァァァァァァァァ!!

シージープロ! シージープロ! シージープロ! シージープロ!



凛「観客もみんな、私達のこと覚えてくれたかな」

桃華「えぇ、一生忘れないと思いますわ!」

~♪ ~♪

承太郎「...................勝利の曲が流れたな」

承太郎「踊ってみたらだどうだ?」

凛「えぇ!?踊るって............私わから」

ガシ

凛「え?」

桃華「わたくし、社交ダンスなら得意ですのよ?」

凛「どっちも女なのに?............じゃあ、桃華がリードしてね」ニコッ

桃華「えぇ!」ニコッ

凛「やっとアイドルらしいこと出来たかも」

承太郎「.............................」

~♪ ~♪

桃華「承太郎ちゃまはどうですの?」

承太郎「おれは遠慮しとくぜ」

桃華「そうですか...........では渋谷さん」

凛「凛でいいよ」

桃華「では..........凛さん、わたくしの華麗なダンスについてきてくださいまし♪」

凛「私も得意だって、覚えておいてね」クルッ



~♪ ~♪ 

ワァァァァァァァァァァァ 

ワァァァァァァ

ワァァァ.............................

.............

.......



184:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 16:18:43.75 ID:MlQH85ce0

カーズ「負けた.................このカーズが.............」

カーズ「エイジャプロが...........................」

きらり「Pちゃん..........」

茜「プロデューサー.............」

カーズ「...................................まぁいい」

カーズ「次は必ず奴らを」

ちひろ「必ず奴らを?」

カーズ「!?」

きらり「!」

茜「!」

カーズ「きさまは確か、CGプロの!」

ちひろ「はい~」

カーズ「何の用だ................まさか、嘲笑いに来たのか?」

ちひろ「いえいえ、そんなことしませんよ♪」

カーズ「じゃあなんだ」

ちひろ「もう二度と、CGプロを潰そうだなんて考えないことですね.........」

ド ド ド ド ド ド ド

カーズ「!!」

ちひろ「他のプロダクションも...............ッ」

ド ド ド ド ド ド ド

カーズ「か............!あっ..........!」

ちひろ「それだけです♪」

ちひろ「あ、あと....................」

ちひろ「その子達、ちゃあんとプロデュースしてあげてくださいね?」

カーズ「!」

カーズ「.......................」クルッ

きらり「Pちゃん................................」

茜「..................................」

カーズ「.................わかった.......約束しよう....」

ちひろ「それでよーし♪」



185:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 16:27:52.85 ID:MlQH85ce0

ちひろ「アイドル増える~♪お金儲かる~♪」スキップ

ちひろ「人の財布を渇かすの~♪」スキップ

ちひろ「ルンルン♪」スキップ

....................................

......................

...........

カーズ「.................きらり、茜」

きらり「なぁに?Pちゃん」

茜「はい!」

カーズ「..................おれについてきてくれるか?」

きらり「.......................」

茜「.........................そんなの」

カーズ「.............................」

きらり茜「「当たり前だよ(です!!!」」

カーズ「....................................」

カーズ「行くぞ!ふたりとも!!」

きらり「わー☆」

茜「頑張りましょうね!プロデューサー!!」







カーズは二人を連れ、真っ当なプロデュースを心掛けた

さらに力を蓄え、全国のライヴバトル地を彷徨うのだ

そしてプロダクションを潰すという悪質な事を考えるのは、やめた



186:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 16:38:35.00 ID:MlQH85ce0

@新幹線 改札前



シーザー「本当にいいのか...........?千川さん」

ちひろ「はい♪」

シーザー「感謝する...........」

承太郎「まさか、ツェペリプロ倒産の件を消すとはな..................」

ちひろ「ちゃあんとワムウプロデューサーにも話しましたし、もう安心です♪」

シーザー「この恩は、必ず返す!」

シーザー「ジョジョ、千川さん!何かあったら連絡をくれ!」

シーザー「どこへでも駆けつける!」

承太郎「あぁ......................」

智香「さようなら凛ちゃん!桃華ちゃん!元気でね」

凛「うん、そっちこそ元気でね」

桃華「アナタとはもっとお話ししたかったですの」

智香「アタシもだよ☆」

シーザー「じゃあな!CGプロ!」

智香「バイバーイ☆」

承太郎「...............................じゃあな」

凛「じゃあね!」

桃華「さようならですわ~!」

ちひろ「さよーならー!」



187:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 16:47:39.99 ID:MlQH85ce0

.............................................

.........................

.............

.....


@新幹線



承太郎「...............おい、千川」

ちひろ「はい」

承太郎「てめーがプロダクションを助けるとは思いもよらなかったぜ................」

ちひろ「シーザーさんには、あっちで仕事をしてもらいますからね~」

承太郎「最初からそれが目的か....................」

ちひろ「う~ん、半分くらいですかね~」

承太郎「...............................」

凛「ふ~......この一ヶ月、本当に大変だった........」

桃華「4人のアイドル+プロデューサーと闘ったのでしたっけ?」

凛「うん..............どれも強敵だった......」

凛「疲れた.....................」

承太郎「おれも少々疲れたぜ..........」

承太郎「千川、しばらく休みをくれ」

ちひろ「何言ってるんですか!帰ったらすぐスカウトですよ!」

承太郎「..................................」

ちひろ「も~、プロデューサーさんが働いてくれないと~」

承太郎「.............................おい千川、試しにこのカードどれか引いてみろ」バッ

ちひろ「え?...................じゃあ、コレ」

承太郎「.................................」

承太郎「..........やっぱり『悪魔』じゃあねぇか....................」






承太郎「やれやれだぜ.......................」



188:5409PRO ◆9G12fmecqU:2014/09/26(金) 16:49:49.95 ID:MlQH85ce0

終わったッ!第二部完!


ちなみに悪魔は別で出ますので、ちひろではありません。
実際そうですけどね

わけのわからないバトル、無駄に長くてすみませんでした

次回もお暇でしたらお付き合いくださいませ



転載元
承太郎「貧弱貧弱プロダクション」【第二部】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411469003/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 18:49
          • 5 やはりちひろは悪魔だったか…(ガチャガチャ

            DIOとのライブバトルはよ!
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 18:55
          • ジョセフでやれ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 19:29
          • >S○X 必要あり。性欲には勝てない。

            ワロタwww
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 19:39
          • 承りにジョセフの真似をさせるのはいただけない
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 19:58
          • ※2
            承太郎だからいいんじゃあないか……

            今回もベネッ!
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 20:03
          • もう内容がアイドル関係無いやんwwww
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 20:11
          • グッド、とてつもなくおもしろかったぜッ!!
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 20:38
          • 全部読み終わったが言わせてくれ
            「アイドルって何だ?」
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 20:45
          • 面白いぞバカ野郎www
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 21:06
          • アイドル関係ねえな
            前のシリーズのが面白かった
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 21:13
          • あの、わたくし神戸住みなんですが神戸タワーとやらは何処にあるのでしょう?
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 21:16
          • ※11
            おそらくポートタワー
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 21:18
          • 1 セリフ回しとかがそのまま過ぎてなぁ…
            DIOのやつはうまく合わせてたのになぜこうなった?
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 21:20
          • 究極プロデューサーの説明www
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 21:21
          • シーザーさん何歳からプロデューサーやってたんすか!?
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 21:58
          • そうだねアイドルに歌は必要ないね……
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 22:07
          • ギアッチョ何やってんだよwwww
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 22:08
          • 文句言ってる奴は今回で懲りただろうから次から読まなくて済む
            やったね!おめでとう!!
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 23:10
          • カーズPにちょこちょこ笑わせてもらった~
            エイジャの赤石ってそこらへんで売ってんだwwww
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 23:12
          • 二人ともしれっと偽名書いてるあたりがwww
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月27日 02:46
          • 審査員にオラオラした時点で本当ならアウアウ
            まぁ17歳承りならやるだろうけど
            内容は正直ツマンネ
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月27日 06:30
          • カーズのスペック紹介だけひでぇww
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月27日 07:38
          • 聴力が酷すぎるwwwwwww
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月27日 10:22
          • 冷静にツッコミを入れてく凛にワロタwwwwww
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月27日 12:39
          • >②剣道の試合を見に来ていたワムウが声をかける。
            武道の礼でも学びに来てたのかw
            DIO編のストーリーはアニマス寄りだったのに対してこっちはジョジョ二部寄りか
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月27日 14:24
          • 4 面白かった。が、柱の男たちを敵役にした以上ジョジョ側に引っ張られるのは仕方ないのかもなー
            アイドルなんだから最後はライブで〆てほしかった。
            もちろん←To be continued なんだろう?
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月27日 15:15
          • 1 スタンドはあるのに柱の男はただの人間
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月27日 17:34
          • >>27
            理不尽すぎてワロタ
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月28日 12:48
          • 5 ヤバい。結構笑えた作品だわぁ………

            本当、いい作品だ。


          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月29日 01:15
          • 3 未来に来ただけなら承太郎がいる時点で柱の男は消えてる(一人宇宙)から同姓同名の人間が真似してるだけみたいな状況なんだよな
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月29日 17:05
          • 1 なんかもう魅力無いよね…前作に比べても…
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年10月23日 01:22
          • 4 もしかしたらモバマスのアニメに沿った方が面白いのでは?
            ダニーが早くみたいのっ☆
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年12月06日 11:53
          • アイドル、アイドルって何だ……は既にモバマスのアイドルが既にわけわからんのだらけだから気にしたら負けだぜ
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年12月07日 14:11
          • シーザー何で倒れたん?
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月04日 11:01
          • 5 S○X 必要あり。性欲には勝てない。

            わろた
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月25日 21:37
          • あの3人がスーツ着てると思うとクスッてなった
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月20日 13:35
          • 5 ライヴバトルってなんだっけ
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年09月08日 22:42
          • スタプラずっりぃwww承りくんかっこよかったですね、我夢を一瞬ガムって読んじゃったのは内緒

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 悟空「フリーザ。『熱中症』ってスッゲーゆっくり言ってみてくんねぇか?」
        • 女「ねえ……明日ってヒマ?」男(どうせバイト代わってくれってオチだろ……)
        • ブルー「炎の王国の打ち上げ始めるぞー」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        • 【ミリマス】P「アイドルのみんなは元気だなぁ」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ