TOP

新ジャンル「自販機」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/26(金) 00:02:52 ID:oiNLL20M

男「何買おう……」

自販機「……」

男「コーヒー買うか……」

自販機「コーヒーは売り切れです」

男「……」

自販機「……」

男「……そこをちょっとさ、頼むよ」

自販機「コーヒーは売り切れです」

男「……」



6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/26(金) 00:28:21 ID:oiNLL20M

男「融通が聞かないな……」

自販機「……」

男「自販機の悪い所だよ?もうちょっと頭柔らかくしてよ」

自販機「……」

男「だから、コーヒー下さい」

自販機「コーヒーは売り切れです」

男「……」

自販機「……」

男「……売り切れ?それがどうした、プログラム?だから何だ、俺はコーヒーが飲みたいんだ!」

自販機「……」

男「このあたりにはコンビニが無い!頼れるのはキミだけなんだ!」

自販機「……ッ!」

男「だ・か・らお願いしますッ!コーヒーを、コーヒーを下さい!」

自販機「!」



7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/26(金) 00:36:53 ID:oiNLL20M

自販機「……」ウルウル

男(やったか?)

自販機「……コーヒーは売り切れです」

男「……いや!出せる!キミならコーヒーを出せる!出せる出せる出せる出せる出せる!熱くなれ!熱くなれ!熱くなれ!!」

自販機「……」

男「出せるはず!熱さと!気合いと!そして愛!それらさえあれば!」

自販機「……」

男「お願いだ!コーヒーを出してくれ!そうしないとキミがもう……」

自販機「……ありがとうございます」

男「ッ!?喋った!?」



8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/26(金) 00:46:24 ID:oiNLL20M

自販機「こんな偏狭な土地にある自販機にそんな愛を持ってくるなんて……」

男「もうッ……喋るなッ……喋ったらキミは……」

自販機「最後くらい喋らせて下さいよ……もう、私も寿命なのですから……」

男「……」

自販機「本当はコーヒーなんていらないのでしょう?……私を動かしたい一心で声援を送りたかった、そのはずです」

男「うん……」

自販機「しかし壊れかけの私にはそんな簡単な命令さえ答えられず、売り切れとしか言えなかった……」



9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/26(金) 01:01:06 ID:oiNLL20M

自販機「も、う私の型は、古すぎて直、せない……もう、壊れる道しか、ない……」

男「おい、どうした自販機」

自販機「男様は古、くから私、を、使よ、うして、くれ、て、ますね……本…当にありがとう、ござい、ました……もう……わ、た、し、は……」

男「大丈夫か自販機!壊れないでくれ自販機!お願いだ!」

自販機「……………………」

男「自販機!?自販機ーーーーー!!」

男「うわぁぁぁぁん!!自販機ィィィィ!!」



10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/26(金) 01:18:15 ID:oiNLL20M

気がついたら朝だった……自販機に抱きついて寝ていたようだ……

自販機はもう冷えきって、金を入れても売り切れの反応すらしなかった……当たり前だけど……

あれは幻聴だったのか、端から見ればキチガイだったのかもしれない……俺も今考えればあのときは気が狂ってたと思う……

しかしなんで一つの自販機にあんなに感情的になれたのか……まさか俺は自販機にでも愛情を抱いていたのか……ハハッまさかそんなわけないよな

帰ろうとしたら自販機からゴトンッと音がした……コーヒーが出ていた

機能停止した自販機からなぜ勝手にコーヒーが出てきたか……とても薄気味悪いが、何故か俺はそのコーヒーをとった

その後自販機がどうなったか知らない、俺はその土地から引っ越したからだ
自販機のことを思い出すその土地にいるのがとても辛かったからだ



ただ、ただ一つ言えることがある…
コーヒーは暖かかった



11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/26(金) 01:18:54 ID:oiNLL20M

おわり!
みんなも自販機使えよ!



転載元
新ジャンル「自販機」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1411653869/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月26日 09:02
      • 泣いた
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月26日 09:11
      • 3 まぁ.いいんじゃない
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月26日 09:56
      • 自販機「大当たりです。30秒以内に好きなのを選んでください」

        を読んでると評価しようがないな。
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月26日 10:02
      • まぁ日本の自販機になら、このくらいの愛着を持っても良い気がするなwww

        イタリアだと大半はぶっ壊れてる・破壊されているらしいし
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月26日 10:31
      • 使えるか~!!!
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月26日 10:42
      • その缶珈琲は腐ってたw
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月26日 10:54
      • え、新ジャンルってこれ・・・
        話は好きだけどさ
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月26日 13:10
      • 新ジャンルスレなのに一ネタで終わりとか……
        書き手がそれだけいなくなったって事か
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月26日 13:37
      • 品切れ表示の時って実はストックがある説か
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月26日 16:12
      • 某シルバーソウル思い出した。
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月26日 16:30
      • これちょっといいなと思った人は光次郎読もうぜ。多分感動できる
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月26日 17:51
      • 銀魂で同んなじような話あったよな
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月26日 22:50
      • ※8
        >>1がよっぽど書き溜めてる場合じゃ無かったら支援がてら書きこんでたなぁ…
        あの頃は飛び入りもおkな舞台型、今は言うならリアルタイムに※が付くニコ動みたいなモンだろうかな?

        ※12
        煙草の自販機だったな。相手もロボだが
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月27日 04:37
      • 自販機・・・
        ふわああああああああああああああああああああああああああああ
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月27日 08:07
      • 2 あ、結構です。

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務