TOP

モバP「アイドルたちと仲良くなれるなんてこと、ありえないと思っていたけれど」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/27(日) 22:31:39.09 ID:dHZ8zpt/O

※胸糞注意

前スレ(胸糞注意)
モバP「アイドルたちと仲良くなれるなんてこと、ありえない」

このスレは↑のスレの続きというか別ルートになっています



4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/27(日) 23:00:12.08 ID:dHZ8zpt/O

P『――ということで、電車が遅れてまして……』

ちひろ「わかりました。普段の到着時間より若干遅れるんですよね?」

P『はい。おそらく20分か30分くらい遅れてしまうと思うんですが……』

ちひろ「それくらいなら大丈夫ですよ。ですが、なるべく早く来てくださいね?」



5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/27(日) 23:03:17.61 ID:dHZ8zpt/O

P『はい。すみませんがよろしくお願いします。それじゃあ電車がきたみたいなのでまた後で』

ちひろ「はい。それでは」ガチャ

ちひろ「……」

ちひろ「電車が遅延、ですか……」

ちひろ「……ふふ」



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/27(日) 23:20:59.61 ID:dHZ8zpt/O

ちひろ「Pさんは今日楓さんと朝からレッスン……」チラ

ちひろ「……」

ちひろ「そろそろ警告しておきますかね」ガタ

ちひろ「中々喋る機会がなくて言えませんでしたけど、二人が深く関わりすぎても困りますし」



8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/27(日) 23:24:34.62 ID:dHZ8zpt/O

ちひろ「Pさん」

ちひろ「貴方のためなんですよ」

ちひろ「全部、ね」



11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/27(日) 23:30:24.57 ID:dHZ8zpt/O

――――

ちひろ「今日からよろしくお願いしますね、Pさん」ペコ

P「よろしくお願いします。千川さん」

ちひろ「あはは、私はPさんのアシスタントですから、名前で呼んでくださいよ」

P「……そうですか? じゃあ……ちひろさん」

ちひろ「はい♪ 私たちで頑張って、事務所を大きくしましょうね!あ……でも」



12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/27(日) 23:33:30.47 ID:dHZ8zpt/O

凛「……?」

ちひろ「まさか勤務初日から、スカウトしてくるとは思いませんでしたけど……」コソ

P「す、すみません……でも、この子を一目見たとき、ピン! ときたんです!」

P「この機会を逃したらいけない気がして……」

ちひろ「ま、まあ意欲があることは素晴らしいですしね。はい……」



13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/27(日) 23:42:05.11 ID:dHZ8zpt/O

凛「……早く活動の説明してくれないと、困るんだけど」

P「あぁ、ごめんな。今から説明するよ」

P「君がアイドルになったとして、まずやるのは――」

凛「……」コクコク



14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/27(日) 23:46:53.23 ID:dHZ8zpt/O

P「とまあこんなところなんだが」

凛「……ふーん」

P「……この事務所は小さいし、俺とちひろさんはまだまだ新人だ。社長は凄い人なんだけど……」

P「俺は君をトップアイドルにしてあげたいと思ってるし、君にはなることができる才能があると思う」

P「俺とトップアイドル、目指してみないかい?」スッ

凛「……」



15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/27(日) 23:50:16.54 ID:dHZ8zpt/O

凛「確かに、ここはちょっと狭いし、アイドル事務所とはなんだか思えない……」

P「……うむ」ガク

凛「けど、このほうがなんだか面白そうだね。やりがいがあるって感じかな」スッ

P「!」

凛「私は渋谷凛」

凛「いいよ。トップアイドル、一緒に目指してあげる」ガシ



16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/27(日) 23:54:00.42 ID:dHZ8zpt/O

P「そうか、ありがとう!」

P「えと……凛! これからよろしくな!」

ちひろ「!!」

凛「うん。よろしく」

ちひろ(私は言わないと名前で呼んでくれなかったのに……)ガク

ちひろ(……)

ちひろ(早く仲良くなるために、自分から距離をつめるのは大事ですもんね。なるほど)



17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/27(日) 23:55:00.51 ID:dHZ8zpt/O

ちひろ「凛ちゃん、私は千川ちひろです。これからよろしくね!」



18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/27(日) 23:58:47.34 ID:dHZ8zpt/O

――――

P「ちひろさんがアシスタントでよかったです」カタカタ

ちひろ「え? なんですかいきなり……」カタカタ

P「いや、凛と活動していく中でわからないこととか問題も、ちひろさんがアドバイスしてくれて解決することが多いですし」

P「事務もほとんどちひろさんに任せてしまってるし……本当に感謝してます。ちひろさんに」

ちひろ「……ありがとうございます」テレ



21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 00:13:31.53 ID:jMjWyI4jO

P「……俺も不慣れで、問題が起きないかいつも心配なんですけど、ちひろさんとなら起きても解決できる気がします」クス

ちひろ「ふふ……」

P「あ、でも問題が起きそうだと思ったら、すぐに止めてくださいね」

P「よろしくお願いします。自分じゃ気づかないこともあるかもしれないので」

ちひろ「……! はい。わかりました」



24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 00:19:33.71 ID:jMjWyI4jO

ピリリリ

P「あ、凛から電話だ」ピ

ちひろ(私って、割と頼りにされてるのかな……)

P「……うん、うん。わかった。それじゃあ」

P「ふぅ、今日はもう仕事終わりですよね?」

ちひろ「Pさんはそうですね」



25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 00:21:05.70 ID:jMjWyI4jO

P「よかった。ちょっと凛に会ってきます」

ちひろ「? 今日はもうレッスンは終わりじゃあ?」

P「そうなんですけど、親睦を深めるために食事にいくことになりまして」

P「あ、ちひろさんも次は行きましょうね。今回は急に決まったのであれですけど」

ちひろ「そうですね……今日は社長に報告書をださなきゃいけないし……また次、よろしくお願いします」

P「はい! それじゃあ、お疲れさまでした!」フリ



26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 00:24:52.55 ID:jMjWyI4jO

ちひろ(うん。着々と仲良くなっているみたいですね)

ちひろ(大事なことです)カタ

ちひろ(と、あとは印刷するだけだし、社長が来るまでテレビでも見てますか)ピ

「次のニュースです」



28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 00:33:56.62 ID:jMjWyI4jO

「アイドル事務所の○○プロダクションの所属アイドルが担当プロデューサーと熱愛中という報道がされ、問題となっています」

「このことについて事務所にファンから批判の声が事務所に寄せられ、中には殺害予告ととらえられるものもあったそうです」
「○○プロダクションはアイドルとしての自覚が足らず、ファンの方々に本当に申し訳ない。と、コメントしました」

「このことについて評論家は――」



29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 00:36:36.45 ID:jMjWyI4jO

「――これは○○プロダクションの信用にも関わりますなぁ」

ちひろ「……」ジーッ

ちひろ「プロデューサーと、アイドルの問題……」

ちひろ「問題……事務所の信用……」

ちひろ「……アイドル、事件」カタカタ



30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 00:39:51.00 ID:jMjWyI4jO

ちひろ「……」カタ

ちひろ「仲良くなっては、いけない」

ちひろ「アイドルと仲良くなっては、いずれ事務所の信用に関わることになる……きっと」

ちひろ「そうなれば、私もPさんもこの事務所から……」

ちひろ「止めなきゃ、私が」

ちひろ「Pさんのためにも、私が頼まれたことだから」



31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 00:46:57.20 ID:jMjWyI4jO

ちひろ「なにをしても、問題は避けなきゃいけない……」

ちひろ「……」

ちひろ「……Pさんには悪いけど、こうしないと駄目ですね」

ちひろ「そう、これはPさんのためです。Pさんのために、私がかわりに言うんです」

ちひろ「……明日、凛ちゃんに言わなくちゃ。関係が深くなる前に」



33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 00:48:39.94 ID:jMjWyI4jO

――――

ちひろ「……」

凛「おはようございます」ガチャ

ちひろ「……おはよう。昨日Pさんと食事したの?」

凛「うん。今度アイドルの先輩が開催するliveにも連れていってくれるって。ちょっと楽しみかな」

ちひろ「そう」



34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 00:59:06.83 ID:jMjWyI4jO

ちひろ「そういえば凛ちゃん」

凛「?」

ちひろ「活動していくときに、プロデューサーと仲良くしちゃ駄目ですよ」

凛「え?」

ちひろ「いつどこでスキャンダルされるかわからないでしょ?」

ちひろ「特に、食事なんかしたらいい的ですよ」



35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 01:02:59.80 ID:jMjWyI4jO

凛「でも、今は――」

ちひろ「今は新人だからそんなことされない? もしも今撮られて将来なにも影響がないとは言い切れないでしょう?」

ちひろ「少し人気がでたときに掲載されるかもしれない」

ちひろ「そのときファンは悲しみますよね? 事務所にたくさん批判が集まるでしょう」

ちひろ「それは、凛ちゃんの人気が高いほどでかくなります。わかりますよね?」



36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 01:04:59.68 ID:jMjWyI4jO

ちひろ「貴方一人の行動が、事務所の存続の危機に関わる場合もあるんです」

ちひろ「勝手なことをされると困るんです」

ちひろ「私も、プロデューサーも」

ちひろ「わかりますよね?」

ちひろ「ねぇ、凛ちゃん」ズイ

凛「わ、わかるけどっ」



37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 01:09:38.89 ID:jMjWyI4jO

ちひろ(これはいけませんね。あまり従ってはくれなそうです)

ちひろ(……おそらくPさんともう仲良くなった気でいる)

ちひろ(名前で呼ばれて、食事に行ったくらいで勘違いしてしまったんでしょう)

ちひろ(このくらいの歳の子は、勘違いしやすいですから)

ちひろ(やはり、問題になりますね。このまま放っておくといつ起こるかもわからない)



38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 01:16:40.39 ID:jMjWyI4jO

凛「そんな、こと急に言われてもっ」

ちひろ「……ふぅ」

ちひろ「Pさんが凛ちゃんの名前、無理して呼んでるの知ってる?」

凛「は……?」

ちひろ「……」ニコ

ちひろ「本当は嫌なんだけどね、活動をしていく上で仲良くならなきゃ駄目だから、仕方なく呼んでるんですって」

ちひろ「最低限仲良くやるためにやってるみたいですけど、一応言っておこうかと思って」



39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 01:20:09.19 ID:jMjWyI4jO

ちひろ「Pさんも気を付けながらやってるんです。凛ちゃんも気を付けないと駄目ですよ?」

ちひろ「あ、もしあれなら名前で呼ぶの凛ちゃんの方からやめてもらえばいいんじゃないですか?」

ちひろ「Pさん的には相手から言ってもらったほうが楽だと思いますよ」

凛「……仕方なく、だったんだ」ボソ

ちひろ「……」ニコ



40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 01:23:43.23 ID:jMjWyI4jO

ちひろ「わかってくれました?」

凛「……わかった。もうプロデューサーとはそういうことはしない」

凛「そんな人と、するつもりもないけど」

凛「ただ、自分で決めたことだからトップアイドルは目指す。私一人でもね」

凛「そんな人の手、借りなくてもなってみせるから」

ちひろ「……ふふっ」

ちひろ「はい。期待してますよ。凛ちゃん」ニコ



42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 01:29:22.15 ID:jMjWyI4jO

――――

ちひろ「やっぱり、あのとき決心してこれまで続けてきてよかったなぁ」

ちひろ「問題もでてないし、スキャンダルとは無縁のプロダクションとしてこれまでやってきてるし」

ちひろ「……新しい問題は成人してる楓さんだけど」

ちひろ「ま、今まで通り説得すれば応じてくれるでしょう」



43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 01:31:19.87 ID:jMjWyI4jO

ちひろ「……それにしても、Pさんも遠慮しがちですねぇ」

ちひろ「飲みに行きたいなら私に言えばすぐ行くのに」

ちひろ「ショッピングだって、なんだって」

ちひろ「アイドルとできないことは、私が全部してあげるのになぁ」ニコ



44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 01:35:18.66 ID:jMjWyI4jO

ちひろ「ま、そのこともいずれゆっくりPさんと話せばいいかな」

ガチャ

ちひろ「……来ましたか」スタスタ

ちひろ「ふふ……ようやく話せますよ、楓さん」ボソ



45:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/28(月) 01:36:36.72 ID:jMjWyI4jO

楓「おはようございます」

ちひろ「おはようございます。楓さん♪」



66:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/04(月) 11:24:44.32 ID:VQQk8AxqO

楓「? プロデューサーは?」

ちひろ「電車が遅延してるみたいです」

楓「そうなんですか……じゃあ、待ってますね」スッ

ちひろ「あ、楓さんに少し話があってですね……」

楓「……? なんでしょう」

ちひろ「……」ズイ

楓「……!」ビク



67:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/04(月) 11:36:56.30 ID:VQQk8AxqO

ちひろ「最近Pさんと仲が良いみたいですね?」

楓「えぇ、まあ」

ちひろ「うーん……あまり良くないんですよねぇ」

楓「?」

ちひろ「昨日飲みに行ったらしいですね」

楓「はい!」



69:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/04(月) 12:13:12.46 ID:tJmN+WSlO

楓「Pさんあまり飲まなかったんですよ。明日のためにセーブしないとー、なんて言って」クス

ちひろ「は、はぁ……そうなんですか……」

ちひろ「そうじゃなくて!」

ちひろ「……あの人はプロデューサーなんですよ」

楓「そうですね?」



71:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/04(月) 16:14:03.10 ID:TsgxwZziO

ちひろ「楓さんは今アイドルです」

楓「そうですね?」

ちひろ「……」

ちひろ「プロデューサーとアイドルは、深く関わってはいけないんです」

ちひろ「飲みに行くなんて、もっての他じゃないですか」

ちひろ「わかりますよね」



74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/06(水) 09:33:45.28 ID:b+ebhqBjO

楓「……うーん」

ちひろ「わかりますよね、楓さん」

楓「そうでしょうか?」

ちひろ「え?」

楓「深く関わってはいけないって、一緒に飲みに行くのも駄目なんでしょうか」



75:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/06(水) 09:40:06.74 ID:b+ebhqBjO

ちひろ「は……? 私の話聞いてましたか?」

楓「聞いてましたけど……プロデューサーは一緒に活動する仲間であり、パートナーです。親睦を深めることって、一番大事なことだと思うんです」

楓「プロデューサーも私も大人ですし、そういう場所でコミュニケーションを取るのは、普通じゃないですか?」

ちひろ「……」

ちひろ(今までの子たちはすぐ納得してくれたのに、面倒くさいなぁ)



76:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/06(水) 09:45:17.69 ID:b+ebhqBjO

ちひろ「私が言ってるのは、万が一ってことが」

楓「交流をしないで活動するなんてできないです。お互いにモチベーションも上がらないと思いますし……」

ちひろ「……」

楓「ですから、ちひろさんの言ってることはちょっとズレてると思います」



77:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/06(水) 09:49:59.99 ID:b+ebhqBjO

楓「勿論そういうスキャンダルも気を付けなきゃいけないと思いますけど……担当プロデューサーと食事することなんかを取り上げる記者の方なんて…」

ちひろ「……」

ちひろ「……はぁ」

ちひろ「スキャンダル面もあるんですけどね、本当はPさんが困ってまして」



78:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/06(水) 09:50:40.11 ID:b+ebhqBjO

ちひろ「楓さんとはなるべく距離を置きたいって」



79:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/06(水) 09:53:03.26 ID:b+ebhqBjO

楓「っ!!」

ちひろ「Pさん楓さんのこと苦手みたいで」

ちひろ「昨日も無理に誘われて仕方なく行ったってことなんですよ」

楓「そんな……」

ちひろ「楓さんほらね、丁度いいじゃないですか」



80:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/06(水) 09:54:59.70 ID:b+ebhqBjO

ちひろ「Pさんは楓さんとあまり関わりたくない。関わらなければ万が一のスキャンダルの心配もない」

ちひろ「ね? これでわかったでしょう」

ちひろ「Pさんに負担かけちゃ、ダメですよ?」

楓「……っ」プルプル

楓「そんなこと……」



90:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/07(木) 09:56:01.47 ID:PeUnEMxxo

ちひろ(そうそう。これでいいんですよ、これで)ニヤ

楓「……一つ、聞いてもいいですか」

ちひろ「なんでしょう?」

楓「Pさんが凛ちゃんのことを名字で呼ぶのは……同じような理由なんですか」

ちひろ「あぁ~……そうみたいですよ。凛ちゃんのこともあまり好きじゃないみたいで」



91:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/07(木) 10:05:07.83 ID:Z8lcRJnRO

楓「……」

ちひろ「いや、まったく困ったプロデューサーさんですよね。この事務所で接するの苦手じゃないのは私くらいみたいで」

楓「……っ」

スタスタ

ちひろ「? どうしたんです楓さん。急に目の前に立たれて――」

バチン!



92:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/07(木) 10:14:00.78 ID:Z8lcRJnRO

ちひろ「っ!?」ヒリ

ちひろ「な、なにするんですか!!」

楓「っていです……」

ちひろ「……?」

楓「あなた最低です!!」



93:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/07(木) 10:17:34.70 ID:Z8lcRJnRO

ちひろ「はぁ? 何を言ってるんですか! 私は事実を――」

楓「プロデューサーは昨日の夜、凛ちゃんについて話してました!」

ちひろ「!」

楓「ある時期からよそよそしくなって、距離を置かれるようになったって……」

楓「プロデューサーは――」



94:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/07(木) 10:22:05.98 ID:Z8lcRJnRO

ガチャ

楓「もっと凛ちゃんと仲良くなりたい、また名前で呼びたいって! そう言ってました!」

ちひろ「っ……」

楓「だから、あなたの言ってることは嘘じゃないですか! なにが楽しくてそんなことできるんですか!!」

ちひろ「っそんなの、どこにも確証なんて!」

「ねぇ」



95:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/07(木) 10:26:50.58 ID:Z8lcRJnRO

楓「あ……」

ちひろ「っ!」

凛「その話、どういうこと?」

楓「凛ちゃん!」

凛「おはようございます。ねぇ、それって……」

ちひろ(凛ちゃんは午後からのはずなのになんでこの時間にっ)



106:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/07(木) 14:45:46.74 ID:TKZ3kry8O

ちひろ「凛ちゃんは午後からでしょ? なんでこんな早く……」

凛「忘れ物、先に取りに来たんだ」スッ

ちひろ「そ、そう……」

ちひろ(楓さんが話に食い付いてくるから面倒なことに……早めに話を終わらせておけばよかった……!)

凛「楓さん、さっき言ってたことってどういうこと?」



107:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/07(木) 14:53:15.29 ID:TKZ3kry8O

楓「昨日飲みに言ったときに、プロデューサーが言ってたんです」

楓「凛には渋谷って呼ぶように言われてますけど、昔みたいに凛って名前で呼びたい。そしてまた凛のプロデューサーとして二人で頑張って行きたいんです」

楓「って。少し酔っててね、熱く語ってました」

凛「……っ」

楓「凛ちゃんはプロデューサー名前で呼ぶなって、そう言ったの?」

凛「……うん……でもそれはプロデューサーが私のことを嫌ってるからって言われたから」



108:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/07(木) 15:01:02.66 ID:TKZ3kry8O

楓「それは誰に?」

凛「……ちひろさん」

ちひろ「……」

楓「きっと、それはちひろさんの嘘。プロデューサーは凛ちゃんのことが大好きですよ」

楓「そうじゃなきゃ、凛ちゃん個人のプロデュースや、凛ちゃんのユニット、ニュージェネレーションのプロデュースを、自分がどういう風にしたいかずっと語りませんよ」



109:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/07(木) 15:10:00.30 ID:TKZ3kry8O

楓「大変だったんですからね。凛ちゃんたちのこと、すごく考えてるなって思いましたよ」クス

凛「うん……うん。私勘違いしてたみたい……」

凛「なんだか、ずっと胸の奥に引っ掛かってたもやもやがとれたみたい。ありがと、楓さん……」

楓「はい。プロデューサーのこと、また信じてあげてください」

凛「うん。ちゃんと謝らないと、プロデューサーに……」



110:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/07(木) 15:14:48.31 ID:TKZ3kry8O

楓「さて……」

凛「……」スタスタ

ちひろ「?」

凛「ねぇ、なんであんな嘘ついたの」

ちひろ「……」

凛「っねぇ!!」ガシ

ちひろ「っ!! 放してくださいよ!」



111:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/07(木) 15:22:13.77 ID:TKZ3kry8O

楓「……」

ちひろ「っ胸ぐらなんて掴んでっなにがしたいんですかっ!」バシ

凛「私にあんなこと言ってプロデューサーと仲悪くさせて、アンタなにがしたいの!?」

ちひろ「はぁ、はぁ……だから言ってるでしょ!」

ちひろ「仲良くしてもらっちゃ困るんですって! アイドルとプロデューサーなんだから!」



129:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 21:30:16.67 ID:3Wwx00p2O

凛「そんなこと何回も言わなくてもわかってるよ!」

ちひろ「だったら!」

凛「でももう少し信用してよ! 私だってアイドルだしなにをしちゃ駄目かわかってるつもりだよ!」

凛「だけど……プロデューサーと一緒に衣装を考えたり、ライブが成功して喜んだり……」

凛「そんな当たり前のこともしちゃ駄目って言うの!?」



130:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 21:36:50.08 ID:3Wwx00p2O

ちひろ「……」

凛「プロデューサーと当たり前にコミュニケーションするのがなにが駄目なの!」グイ

凛「ほかのプロダクションでもそのくらいはやってるよ。なんでもやっちゃ駄目なんて、おかしいよ!」

ちひろ「わ、私はそこまでは……」

凛「嘘! いい加減なこと言って嫌いにさせようとしたくせに!」



133:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 21:42:22.54 ID:3Wwx00p2O

楓「凛ちゃん。落ち着いて」

凛「でもっこの人は!」

ちひろ「……離してください」グイ

凛「……っ」

楓「私たちがなにを言ってもきっと無駄です」

ちひろ「……」

楓「後戻りできないところまで来てますから。この人は」



134:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 21:45:58.34 ID:3Wwx00p2O

ちひろ「……どういう意味ですかそれ」

楓「言葉どおりです」

ちひろ「意味がわからないです。私はまだ意見をかえてませんし――」

ガチャ



P「遅れてすみません! おはようございます!」

ちひろ「――!!」



136:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 21:50:41.79 ID:3Wwx00p2O

凛「! プロデューサー!」ダッ

P「え! な、なんだ!」

ちひろ「な、え……電車が遅延で……」

楓「私たち、わりと長くお喋りしてたみたいですね」

楓「もう30分くらい、経ってますよ」スッ

ちひろ「30分……もうPさんが言ってた時間……!」



138:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/06(土) 21:56:40.13 ID:3Wwx00p2O

凛「プロデューサー、今まで本当にごめんなさい……」ペコ

P「え……」

凛「色々気を悪くすることして、ごめんなさい!」

P「え? ちょ、どういうことなんだ……?」

凛「それは……」



143:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 10:23:06.39 ID:k6IsCDe5O

楓「プロデューサー」

P「楓さん! これはどういう……?」

楓「凛ちゃんは今まで誤解していたんですよ」

凛「……」

P「誤解、ですか……?」



144:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 10:32:39.90 ID:k6IsCDe5O

楓「はい♪ それが解けたみたいなので、プロデューサーに今までしたことを謝っているんですよ」

P「そ、そうなんですか」

凛「今まで本当にごめんなさい……」

P「いや……まぁ色々合ったけど……」

P「……また俺とこれから一緒にトップアイドル、目指してくれるのか……?」

凛「ううん。こっちがお願いするほうだよ……私と一緒にトップアイドル、目指してください。お願いします」ペコ



145:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 10:36:22.56 ID:k6IsCDe5O

P「うん……わかった。俺ともう一度やってくれるんだな、渋谷」

凛「凛だよ。名前で呼んで」

P「! おう。凛、またよろしくな」

凛「うん!」

P「……」ポロ



146:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 10:44:27.60 ID:k6IsCDe5O

凛「え! ごめん、私なにか……」

P「あ、いや違うんだ……もう一度凛とやれるなんて思ってなかったからさ、嬉しくて……」ポロポロ

凛「プロデューサー……」ウル

凛「……本当にごめんね。私もうプロデューサーを疑ったりなんてしないから……」ポロ

P「っ……」ゴシゴシ



147:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 10:52:25.98 ID:k6IsCDe5O

P「……改めて凛、これからまたよろしくな」

凛「うん……あ、そうだ。私卯月や未央に電話してくるね。プロデューサーのこと二人にも伝えないと」

P「あ、おう……今日は午後レッスンだよな?」

凛「うん」

P「じゃあ久々に楓さんのと一緒に凛のレッスン見るよ。またレッスン場で、な」

凛「うん……!」タタッ



148:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 11:02:36.16 ID:k6IsCDe5O

凛「あ、一つだけ」ピタ

P「ん?」

凛「あの人、許しちゃ駄目だよ」

P「え……」

凛「じゃあまた後でね、プロデューサー」タタッ

P「おう……」



149:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 11:06:41.51 ID:k6IsCDe5O

バタン


P「……」

楓「よかったですね。プロデューサー」

P「ええ。なんだかよくわかりませんが、また凛と一緒に活動できるなんて凄く嬉しいです」

楓「そうですよね♪ あんなに熱弁してましたから」

P「あはは……」

P「でも誤解っていったい……」



150:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 12:01:48.07 ID:k6IsCDe5O

ちひろ「……」スッ

P「あ、ちひろさん! 見てくれてましたか? 俺凛とまた活動できるみたいです」

P「凛が言ってくれるって言ってたけど……卯月も未央も、またプロデュースできるかも知れない」

P「こんな嬉しいことないですよ、ちひろさん!」

P「今まで沢山ちひろさんにも相談しましたよね……ちひろさんがいなかったらここまでやってこれなかったかもしれないです」



151:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 12:13:23.54 ID:k6IsCDe5O

P「ちひろさん、いろいろ一緒に考えてくれて、本当にありがとうございました」

ちひろ「っ……」

楓「……」

P「……ちひろさん? さっきからなにも言いませんけど……どこか調子でも悪いんですか?」



152:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 12:35:49.55 ID:k6IsCDe5O

楓「プロデューサー」

P「はい?」

楓「凛ちゃんはさっき誤解していたって言いましたよね」

P「ええ……いったいなんのことで誤解を?」

楓「ちひろさんがすべて悪いんです」

P「え?」



153:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 12:43:17.08 ID:k6IsCDe5O

楓「ちひろさんがプロデューサーが私たちのことを嫌っているって言ってきたんです」

楓「プロデューサーのことを事務所のみんなが嫌いになって」

楓「プロデューサーが苦しむことになった原因を作ったのはちひろさんなんですよ」



155:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 21:19:55.66 ID:k6IsCDe5O

P「は……」

P「そ、そんな嘘駄目ですよ楓さん! ちひろさんがそんなこと」

楓「……」

P「な……え……?」

ちひろ「……」

楓「プロデューサー、本当のことなんです」



156:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 21:22:33.34 ID:k6IsCDe5O

P「そんな……」

P「! ちひろさん! どういうことですか! ねえ!」

ちひろ「はっ……あの、お、落ち着いてください、Pさん」

楓「……?」

P「それより真実を聞かせてください! もう俺にはなにがなんだか……」



157:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 21:27:45.34 ID:k6IsCDe5O

ちひろ「確かに私は根も葉もないことをアイドルの皆に言いました」

P「! 本当なんですね……なんで――」

ちひろ「でも聞いてください」


ちひろ「私はPさんの為にやってたんですよ?」



158:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 21:42:00.88 ID:k6IsCDe5O

楓「!」

P「……俺のため?」

ちひろ「そうです。一つはPさんにプロデューサーとアイドルのあり方をわかってもらうため」

ちひろ「二つ目はもし信頼関係のないアイドルがいた場合、プロデューサーはどうすべきかという合わせて二つの社内訓練」

ちひろ「いやぁ、前者のことは十分わかってもらえたと思いますし、二つ目に関してはとってもいい対応でしたよ」



159:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 21:45:17.07 ID:k6IsCDe5O

ちひろ「やってる私も結構ドキドキものだったんですよ。全てPさんにプロデューサーという立場をわかってもらえるために……」

楓(無茶苦茶ですね。言ってることが……)

P「……」

ちひろ「わかってもらえましたか? これで全部の訓練は終わりなので、この訓練を生かしてこれからもやっていきましょうねPさ――」ドン

P「いい加減にしてください……!」



160:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 22:05:22.75 ID:WMXR80E8O

ちひろ「っ……だ、だからこれは……」

P「凛や卯月や未央に嘘ついて、俺を嫌わせて……その理由が訓練だって……?」

P「ふざけないでください……! 貴女のせいで……」

ちひろ「そ、それは……」

P「どうしてこんなことしたかは知らない。貴女から見たら俺はアイドルに手を出す男に見えたから釘を指したのかもしれない……」

ちひろ「――そんなこと!」



161:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 22:11:55.98 ID:WMXR80E8O

P「だけど! そのためにアイドルの子たちを利用するなんて最低だろうが!!」

ちひろ「――っ!」

P「頑張る子たちの心を弄んで……嫌になって辞めたりする子がいたらどうするつもりだったんですか……その子のアイドルとしての未来を消すかも知れなかったんですよ!あなたが!」

ちひろ「……っ……」

ちひろ「っ……ぅ……」ポロ



162:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 22:18:51.56 ID:WMXR80E8O

P「……社長にこの事、相談させてもらいます」

ちひろ「ぅ……っ」

P「楓さん、俺社長に電話してきます。長くなるかも知れないので先にレッスン場に行っててください」

楓「わかりました」



163:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 22:22:08.14 ID:WMXR80E8O

ちひろ「……っ……Pさん!……訓練とかそんなの関係なくて、本当は私が――」

P「ちひろさん」

P「貴女だけは、本当に信頼していたのに……」

P「……貴女なんか、大嫌いだ」ガチャ

バタン

ちひろ「あ……」



166:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 22:30:20.15 ID:WMXR80E8O

ちひろ「っ……ぅううう……っ……」ポロポロ



167:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/09(火) 22:31:53.23 ID:WMXR80E8O

―――

――





172:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/10(水) 23:48:57.14 ID:oK/2mvRnO

P「ん? ここ変更しないと駄目だな……」カタカタ

ガチャ

未央「プロデューサー、そろそろ未央ちゃんたちのレッスン見てよ!」

P「おう、未央。いま終わるから……よし」

未央「終わった?」

P「うん。じゃあレッスン場に行こうか」

未央「うん! 早く早くー!」グイ



173:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/10(水) 23:52:37.72 ID:oK/2mvRnO

凛「ふぅ……未央、なにも走らなくてもいいじゃん」

卯月「そんなに急がなくても、プロデューサーさんは逃げたりしませんよ」クス

P「卯月、その言い方だと俺がペットみたいじゃないか」グリグリ

卯月「あ゙あ゙ー! す、すみません! 謝りますからやめてぇ」

凛「卯月が変なこと言うからだよ」クス



174:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/10(水) 23:57:18.40 ID:oK/2mvRnO

未央「でも確かにプロデューサーはペットみたいなとこあるよね♪」

卯月「あ、未央ちゃんもやっぱりわかりますか? えへへ、未央ちゃんわかってるー!」

P「なにがわかってるーっだ。こら、二人とも!」ダッ

未央「わー! しぶりん、しまむー、プロデューサーからレッスン場まで逃げろー!」

卯月「えへへ、わー!」タタッ



175:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/11(木) 00:04:05.21 ID:ZLfPkwlFO

P「こらー!」

ワー!

凛「ふふ……」クス

凛「……未央も卯月も、すぐにわかってくれて良かったね」

P「それは嬉しいんだが……俺の体力がもたないぞ……はぁ」

凛「でもいいんじゃない? きっと二人も信用してないとこんなことしないよ」

P「そうだな……半年前に比べればどんなことでも充実してるよ」



176:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/11(木) 00:09:42.32 ID:ZLfPkwlFO

凛「……あのときはごめんね」

P「いやもう気にしてない。今みんなとこうやって仲良く過ごせて、俺は幸せだよ」

凛「うん……ありがとう」

楓「プロデューサー、凛ちゃん」ヒョコ

P「あれ、楓さん今日はオフじゃ……?」

楓「そうなんですけど……なんだか体を動かしたくなってしまって……」

楓「午前中だけ、レッスン参加してもいいですか?」



177:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/11(木) 00:22:10.60 ID:ZLfPkwlFO

P「ああ、そういうことなら全然大丈夫ですよ。でも体を休めなくて大丈夫ですか?」

楓「大丈夫ですよ。午後はお家でゆっくりしますから♪」

P「そうですか。でも無理はしないでくださいね? 楓さん」

楓「はい♪」

凛「楓さんと一緒にレッスンするの、最近なかったから嬉しいな」

楓「ふふ……ありがとう」



178:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/11(木) 00:24:44.16 ID:ZLfPkwlFO

P「あ、書類を一旦チェックしておいてもらわないと……凛、楓さんちょっと先に行っててもらっていいですか?」

凛「すぐくる?」

P「うん。すぐいくから着替えて待っていてくれ」

凛「わかった。先にいってるね」

楓「じゃあ、レッスン場で」フリ

P「はい」



179:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/11(木) 00:28:29.40 ID:ZLfPkwlFO

P「……」

ガチャ

P「すみません、レッスンみている間書類チェックお願いできますか」

「……はい」

P「……じゃあ、昼には戻ってきますのでお願いしますね」

P「……千川さん」



180:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/11(木) 00:29:28.29 ID:ZLfPkwlFO

ちひろ「……はい、わかりました」

P「……それじゃあ」

ガチャ

バタン



181:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/11(木) 00:36:12.16 ID:ZLfPkwlFO

P(社長は千川さんをクビにはしなかった)

P(謹慎処分と厳重注意で一時期事務所には来なかったが、今では復帰している)

P(千川さんはやはり有能な人らしく、彼女に会社を抜けられると相当困るらしい)

P(けれど千川さんと俺は、同じ会社にいてももう二度と仲良くなることはない)

P(…………俺はあの人を、許すつもりはない)



182:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/11(木) 00:47:01.91 ID:ZLfPkwlFO

P「……でも」


P「いつか昔みたいに戻ったら……」


P「……」


P「あ! 楓さんレッスンのシューズ忘れてるじゃないか!」

P「早く行って届けないとな!」タタッ



183:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/11(木) 00:47:33.79 ID:ZLfPkwlFO

P「よし、みんなをトップアイドルにするために今日も頑張るぞー!」



184:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/11(木) 00:48:23.78 ID:ZLfPkwlFO

終わり



転載元
モバP「アイドルたちと仲良くなれるなんてこと、ありえないと思っていたけれど」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406467899/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 08:08
      • ちっひ
        ちっひ あなた疲れてるのよ
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 08:22
      • やっぱり事務員もアイドルも仲良くプロデューサーさんと仲よくハーレムを作るのが一番ピヨ
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 08:25
      • ハイライトさんが仕事しないのは仕方ないね。彼の分の報酬もちっひがピンハネしてるからね
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 08:38
      • ※8
        小鳥さん、勤務時間前だからってそんな有り得ない妄想を……(´;ω;`)ウッ…
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 08:44
      • なんというか叩かれたから作った感を覚えるというか、そのせいか知らんが話としてやりたい事がズレてるというか中途半端な印象
        こんな感じならちひろがこんな事をした理由(Pへの恋慕)がバレて許されはしたが恋愛対象からは外されてしまう的な感じにした方が良かったかも
        鬱路線とかちひろを罰する方向ならもっとちひろの事だけは後味悪くしたりいっそ電車に飛び込みエンドとか
        ホラー路線ならハッピーエンドと思ったら誰も居なくなった事務所で完全に病んだちひろが後ろに立って……みたいな
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 08:58
      • 別ルートか…
        この楓さんがあっさり陥落した最初のルートではチヒロ=サンがカギ・ジツの使い手だった可能性が…?
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 09:03
      • ちっひーサイテー
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 09:04
      • まあちょっと荒れるのが怖いのか知らんけどパンチ不足だよなコレw
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 09:17
      • こういう人の嫌なところを書くときって相当うまくないと物足りなくなるよね
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 09:18
      • 現実ではこの手のキチガイなんかうじゃうじゃ居るからなあ…
        理由があるだけこのチッヒはましな方よ
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 09:22
      • 前作も最後はちっひがきっちりPを持って行くとかまで行かず
        今回もちっひが思いの丈も発せられず悪者エンド。
        なんかこう…最後まで突き抜けて欲しい。
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 09:40
      • 消化不足感はあるけど途中のやり取りがわりと好みだったかな、消化不足感はあるけど
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 09:41
      • なんというか...ちひろがプロデューサーないしアイドルにこういう事しても違和感とか無いよな。
        お金のため、自分のために我が道を逝くちひろだからかえ?
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 09:54
      • このチッヒ、ある意味では正論なんだよなぁ。Pと二人きりで遊びに行ったりするアイドルが金曜されたら、普通はアットホームでは済まされないし。Pヘッドの偉大さよ。
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 10:06
      • この後Pとアイドルがフライデーされてその火消しを必至でちひろがしてくれて・・・までは余裕じゃない?
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 10:09
      • これはこれで胸糞悪いな
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 10:19
      • ちっひ可哀想。面と向かって大嫌いとまで言うことないじゃんか
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 10:20
      • アイドルが人気者として魅力的に描かれれば描かれるほど
        「P(俺ら)って邪魔なだけじゃね?」ってなるのはアイマスの弱点
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 10:32
      • この話の教訓は、「下手な言い訳は自分の立場を悪くするだけ」ってことなんかな
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 11:14
      • ちっひの扱いはさておき、凛の静→動の怒り方はそれっぽくてほんとすき
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 11:23
      • むしろこっちのルートの方が胸糞なんだが・・・
        ちひろさんはアイドル事務所として正しいことしただけだし。
        それに対してキレるPにメチャ腹が立った。
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 11:29
      • 別に胸糞でもないけどな
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 11:30
      • オチが弱い
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 11:38
      • ※27
        目的が正しくても嘘はいかんということだろう
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 11:44
      • ※27
        お前がモバマスやってないことはわかった
        Pとの親愛度上がらないとアイドルとしてのステータスに致命的な影響が出るんですよー
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 11:48
      • 事務所やアイドルはついでで目的はPだったからなこのちひろは
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 11:48
      • 前回の仕事場がギスギスしてプロデューサーが段々壊れていく様子は見るに堪えなかったからこれはナイス
        ……あのちひろ救済はまだですか?
        改心までお願いします
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 12:03
      • この凛だとグイグイPに攻めていって最終的にちひろの言ってた通りのスキャンダルが起こりそう
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 12:40
      • 歯ぁくいしばれ!こんな事務員、修正してやる!
      • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 12:51
      • やっぱりちひろさんは(本当の意味での)天使
        楓さんがPの本心をちひろにちゃんと主張する一方Pの前でちひろが悪いと言ったりでいい女なのか嫌な女なのかよくわからんのが残念っちゃ残念
        あと積極的に若い娘と仲良くしたいと考えてるPはキモい
      • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 12:52
      • Pみたいな全世界お手本の社畜ならこの程度許してやんなよ、うちのちひろさんなんて……あっやめてくださいちひろさん! もうそのお財布にはなにもはいってないんですってぇ!ケツ毛まで持っていく気ですかぁ!?
      • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 13:03
      • こっちの方が胸糞なんですけどそれは大丈夫なんですかね?
      • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 13:15
      • ※27
        同僚の社会的信用を失墜させる行為は例え社内限定であっても名誉毀損になる可能性がある
        仮にアイドル達から社長へ苦情が行ってPの社内評価が下がる事になれば確定
        それが社外に漏れれば個人に留まらず事務所全体のスキャンダルになる
      • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 13:18
      • 1 これは胸糞ですわ…
      • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 13:54
      • グダグダ
      • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 13:54
      • 終始にやにやが止まらない
      • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 14:00
      • 結局Pは何も教訓を得ず成長していない…
        これ終始Pが一番悪いよなぁ
      • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 14:07
      • 真面目な話例えプロデューサーだとしても二人きりで飲んでたら週刊誌にすっぱ抜かれるんだよなぁ
      • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 14:17
      • 前のより胸糞悪くなってないかこれ…
      • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 14:26
      • 本人に確認もせず勝手に思い込んで離れてまた戻るとか都合良過ぎ
        他人に何を言われてもPを信じるべきだった
        ままゆだったら間違い無くちひろ如きに何を言われても動じていない
        まぁ、凛如きとは愛の差が天と地だからしょうがないと言えばしょうがないけどな
      • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 14:26
      • つまり、所属アイドルをもおかずにする小鳥さんに隙はないってこと?
      • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 14:30
      • 芸能事務所なら入社時に脅し紛いにアイドルに手を出すなと社長や先輩に言われる
        実際にそうじゃなくても一回スッパ抜かれれば、それが事実となってしまう
        だからむしろ社長はちひろを褒めてPを叱責するのが普通なんだけどな
      • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 14:30
      • 俺前回さ、「別ルートはちっひが病むor楓さんから分岐の楓無双」っ的なコメつけたんだよな……
        ※11の言ってることがすげぇしっくりくるわ、叩かれて無理くり修正した結果みたいな作品
      • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 14:34
      • 悪魔的頭脳を持つちひろがこんな展開になるのが不自然すぎ
        簡単にボロが出るような仕掛けは打たないだろうし
        あらゆる事態を想定してそれに対応するプランを練り
        最悪の場合も秘密ドリンクで解決する
      • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 14:34
      • ※27
        ゲーム内がどうこういう人もいるけど、そもそもこの話の中のPの言ってる事だって中々筋が通ってるけどな
      • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 14:39
      • ※51
        馬鹿かお前
        全く通ってねぇよ
        ただの男女の恋愛じゃないんだ
        アイドルだぞ?
        遊びじゃないんだよ
      • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 14:44
      • つまりこの作者は書いてる途中に日和って無理矢理路線変更したってことなのか?
      • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 15:43
      • 前のが胸糞だったから救われた
      • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 15:44
      • ぶっ叩かれながら自分のスタイルを貫いたイズルPは偉大だった…?
      • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 16:01
      • それはない
      • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 16:15
      • なんで別ルートも書くよと言ってたのに俺達に叩かれたから書き直したっぽいと言ってるのが居るのか
        あれの別ルートと言ったらちひろが病む病まないどちらかの形になるかの自由はあるけど大体こんな形になるでしょうに

        ちひろの落ち度はプロデューサーにプロデューサーとしての責務を伝えず、その癖許可もとらずに自分が独り占めしたいから勝手に行動して人間関係と精神ズタズタしたところでしょ
        いくらプロデューサーという立場をわかってないとは言えど忠告もせずにそんなことされたらぶちギレるわ

        全員笑っていられるハッピーエンドにしてほしかったなあ……
      • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 16:33
      • これちひろがPに恋愛感情もっちゃったのが悪いよな
        たまにはこういうのも良いけど
      • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 16:49
      • おれが最期に見せるのは、代々受け継いだ未来に託す関連動画だ!廃人の、たま
      • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 16:51
      • プロデュースは遊びじゃねえんだよ!輝子、好きだ、結婚しよう(ボロン
      • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 17:00
      • クソッ!駄洒落BBAめっ!
      • 62. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 17:22
      • ※8
        小鳥さんが出勤早々妄想しててワロタ
      • 63. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 17:24
      • 最後ちっひに誰か刺されるかと思った。
      • 64. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 17:37
      • ※52
        Pやアイドルを騙している形でなければそうなんだけどな
        どうもちひろの方が正しいという人がいるようだが、間違っているかは置いておくとしてもやり方が中途半端すぎるだろうよ
      • 65. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 17:44
      • ※62プロデューサーなら梨沙の結婚式に行く途中に刺されてたよ。
      • 66. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 17:49
      • やめろP!そいつに心はない!また裏切るだけだ!
      • 67. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 18:17
      • 俺は好きだよ、この作品。最近のSSはいちゃこらばっかだから、こういう作品増えてほしいなあ。アイドルに嫌われる薬とか俺がアイドルをすきだという噂が流れている、みたいなさあ
      • 68. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 18:17
      • 正直Pのほうが粛清されて欲しい出来だったな
        やち天
      • 69. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 18:22
      • 4 ちひろ肯定してPを否定してる人いるけどさ、Pの方が正しいと思うよ。アイドルとの仲をたしなめるのは事務員の仕事ではないね。なにより本当にPのこと思うならP本人に言えばいいのにアイドルにいっちゃうのは三次元特有の泥臭さを感じる。
      • 70. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 18:29
      • 帰りに食事するくらいじゃ今時メディアからすれば飯の種にもならんがな
        もちろん休日デートやお泊りはアウトだが
      • 71. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 18:41
      • アイドルに厳重注意→正解
        Pに厳重注意→正解
        アイドルに「Pはあなた嫌いだから」→アウト
        信頼ぶち壊す人間は会社の癌
      • 72. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 18:45
      • なんとなくだけどPがアイドルとイチャコラしても問題が起きないのはちっひーがもみ消してるような気がしてきた
        その見返りに課金を強いてくる・・・やはりちひろは天使()

        そういう意味ではこのPに未来はないな
      • 73. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 19:01
      • ※8
        ピヨちゃん年で頭が…
        そういえば先日でおいくつになったんでしたっけ?(ゲス顔)
      • 74. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 20:44
      • いやこれはどうみてもPが糞だろちひろは当たり前こと言ってるだけだしちょっとやり過ぎた所もあるがそれにしたってラスト付近の仕打ちはひでぇよ
      • 75. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 21:27
      • お前がアイドルのプロデューサーだとして
        一部アイドルに好かれないどころが今まで仲良かったアイドルに嫌われて、勝手な幻想持って自分はなんてダメな奴なんだろうと落ち込んでるところに、依存までしてしまっている事務員が「アイドルのため」とかいう理由で自分の悪口言ってるところ見たらどう思うの?
        散々苦悩して傷ついた原因が信頼してる人の仕業だったんだぞ。その信頼も苦悩してるところに付け入るといった卑怯な手で得たもの
        しかも「今まではテストでした。これからも頑張りましょう」とか人を独断で騙して苦しめた謝罪の言葉すら出てこない
        こんな事務員なんて嫌だね
      • 76. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 21:28
      • 続き

        言ってることは正しくてもやってることがおかしいんだよ
        ※71が普通の対処だわ。Pの立場なら『信頼されてるならちひろは自分に自重するように頼む』と思う。
        でもしないから自分ははなから信用なんてされてない。ちひろは信用できない自分の事をコントロールしてやがったんだと思い込む。
        Pにとってはどこまでも冷徹な女に映るんだよ。恋心のせいでやったことなんて知らない。
        そんなんでPはクソと言えるだろうか。ちひろが自分でまいた種で自爆しただけ

        ちひろの仕打ちには反対派だったけど書いててこんなんどうやっても和解は出来ないと思ったね
      • 77. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 21:29
      • 注意だけならまだしも、ちっひに普通の人間関係まで壊す権利なんかないでしょ。あそこからさらにクズって罵られてもおかしくない事やってる
      • 78. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 21:42
      • 未成熟かもしれないけど、愛したらこんなふうに暴走してしまうのかもしれない。

        まあ俺はちっひの味方だからガチャガチャ
      • 79. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 21:43
      • 鬼・悪魔への風評被害をもたらすあのちひろがこんな対応で終わらす筈が無いだろう。計算ずくだよ、こんなの
      • 80. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 22:06
      • ちひろの陰謀説を出してる人はどこまでもちひろが好きなんだろうな
        どういう形であれちひろは不幸にならないから
        この作品以外のちひろなら好きなんだけどこれは受け付けませんわ
      • 81. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 22:45
      • 正しいって言ってる奴ヤバすぎだろ
        いくらアイドルと過度のコミュニケーションがダメといってもこんなことして許されるわけないじゃん
      • 82. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 22:49
      • Pが他人の言動に簡単に流されすぎ
        強い意志を持てばアイドルとも付き合えるしチッヒも倒せる
      • 83. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月11日 22:56
      • どこぞの八幡みたいにFRIDAYされる未来しか見えない
        このPは八幡みたいに辞職出来るかな?
        アイドルってのは建前だけでも男の影見せちゃあかんのやで
      • 84. テムジン747j
      • 2014年09月11日 23:34
      • やはりPは会社の犬にならなければ…
        アイドル活動に身も心も捧げるしかない
        決め台詞は
        「指導、終了!」だな
      • 85. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 00:14
      • オチが弱いのと前のと同じでもやもやするのがな
        ちっひの勝利ENDとアイドル勝利ENDって感じ、円満ENDはよ
      • 86. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 00:14
      • お前ら、ちひろが正しいとか言ってるやつが多いのは奴から握らされたからでうわなにをするやめ
      • 87. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 00:22
      • ※82
        これが彼の最後の言葉でした

        ちひろが中途半端すぎるな やり方があまりにも幼稚
        こんなの楓さんみたいに直接じゃなくて人づてにでもPに確認とってしまったらすぐばれる嘘じゃん
      • 88. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 02:10
      • いずれにしてもやっぱり「やち天」の「ち」は智絵里のち ってことで

        ※87
         多々無理があるけどちっひがそれだけ初心で、初心なりに本気って感じなんかなぁ。アイドルズが確認しなかったのはトドメさされんのが嫌だったからとかで。そもそも
         「ほら、Pさんはこう言ってる」→「そんなの円滑に仕事進めるために決まってるじゃないですか。そもそも・・・」
        で無限ループ
      • 89. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 02:44
      • ちひろがよかれと思ってやってた事が、楓さんにバレてよからぬ事になってしまった
      • 90. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 03:22
      • キモオタがたくさんいますね
      • 91. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 03:35
      • ※71が言ってる通り
        ちっひがPとアイドルにそれぞれ嘘を教えて疑心暗鬼にさせたのがそもそもの間違え
        Pが言ったようにお互い「この相手なら信頼できるし上手く(楽しく)活動できる」と思ってた所に
        ヒビ入れられたみたいだしな、そのショックでアイドルを辞めてしまう可能性は高いし
        仮に辞めなかったとしても本来の実力や魅力を出せないまま終わってしまう可能性も高かった訳だからな

        例えば凛達ニュージェネが普通に活動すればA以上のランクに到達できたのが
        ちっひのついた嘘の結果B以下のランク止まりってことも充分有り得た
        だからこそPはキレたんだろうな
      • 92. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 05:10
      • 問題は動機なんじゃない? 仮にちっひが純粋にアイドルとプロデューサーの在り方を理解してもらうためだけに言っただけならまだわかる。それこそ本当にDランク程度の時点で醜聞で潰されるかもしれないんだし、過度のコミュニケーションに対して牽制入れるのは当然とも言える。ま、事務員じゃなくて社長の仕事だと思うけど。

        翻ってちっひは「Pさんは渡しませんよ」っていう独占欲でもって、ニュージェネとPの関係を壊し、Pの信頼を手にしてたわけで。Pからしたら「(何らかの理由で)アイドルに嫌われている自分を受け入れてくれる人」で、このまま順調に洗脳(?)が進めばDV夫から逃げようとも思えない女みたいな、そんな依存-束縛の関係になるでしょ。最後抜けきってないし。

        >P「貴女だけは、本当に信頼していたのに……」
        >P「……貴女なんか、大嫌いだ」
        って言い方は子供っぽくも映るけど、『好き』に対してなんだから「最低です」とか「人間失格の畜生」とか「鬼!悪魔!ちひろ!」とかの罵倒より明確な拒絶っぽくてしっくりくる。

        まぁ某if√で桃華に埋められたPならどうなったかわからんが
      • 93. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 06:24
      • ちひろさんは単純にこのPに恋してたんだろう。
        ただ、自信がなかったからPのため、会社のためとすり替えて汚い策に走った。
        そんなことをしなくても、この二人ならいくらでも上手くいったのに…。ちひろさんが臆病すぎた。
        物語として綺麗に纏まってるけど、出来ればちひろさんを許してもう一度やり直すところまで書いて欲しい。
      • 94. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 08:05
      • 5 やち天(棒)
      • 95. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 08:14
      • ちひろが全部悪いみたいな言い方してる奴多いけどちひろがやりすぎるうんぬんの前にPが直接アイドルに聞かないのが悪いわ。それだけで回避できたろうしそれさえできないPがアホだっただけ。ちひろがやったこともなにもPが疑わないのが悪い。結局Pが無能なだけだろ
      • 96. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 09:07
      • あ、はい
        誰かを気遣っての※伸ばしはその程度にしておいたほうがいいんじゃないかな
        真面目にそう思ってるならちひろに洗脳されてるだけじゃない?
      • 97. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 12:37
      • ぶっちゃけこのちひろはちひろであって俺たちの知るちひろではないしな
        ただの創作よ
      • 98. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 19:13
      • やっぱみどりの悪魔だわ
        あなたって最低のくずだわ!
      • 99. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 20:35
      • ちひろさん建前とはいえ別に正論だった気もすっけどな

        ただアイドルまとめてはべらせてハーレムしか頭にねーお前らには良い結末だったんじゃね?ww
      • 100. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 22:37
      • さあ、ちっひが足を踏み外さないルートを書く作業に入るんだ!
      • 101. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月12日 23:05
      • ただの日常を描く作品じゃないですかそれー!
      • 102. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月13日 14:39
      • ※99
        つ『幸福追求権』
      • 103. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月13日 15:37
      • 異性に嫌われれ薬シリーズに比べたらこちらはかなりのライト
        あっちはマジで胸糞だったし
      • 104. 以下、VIPにかわりまして課金地獄からの使者がお送りします
      • 2014年09月16日 05:45
      • モバP「アイドルたちと仲良くなれるなんてこと、ありえないと思っていた男!モバプロデューサー!」

        センカワ「貴様の為に…私は宇宙ガチャを味噌鰤だぞ!赦せん!」

        モバP「センカワチヒロ!父の仇、凛の復讐を果たしに来た!タコス!」
      • 105. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月27日 16:38
      • 熱くなりすぎ
        なんだかんだでみんな天使なんだ
      • 106. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月30日 20:26
      • これって善い悪いじゃなくて、Pとちひろさんの複雑な関係と皮肉な結末を楽しむものだと思うんだけどな

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務