TOP

五和「好きです」上条「なんか言ったか?」一方「…」

2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/18(木) 21:23:32.37 ID:ZHaoJuCt0

とある公園

一方「…」ゴクゴク

五和「…」ボー

五和「好きです…」ボソッ

一方「…?」ゴクゴク

五和「…」ボー

一方「…」ゴクゴク

五和「どうしたらいいんでしょうか…」ボソッ

五和「どうしたらうまくしゃべれるんでしょうか…」ボソボソ

五和「やっぱり…」ボソボソ

一方「…」ゴクゴク

五和「どうやって伝えれば…」ボソボソ

五和「でも…」ボソボソ

一方「うるせェぞ」

五和「あっ、すいません」

五和「…」

一方「…」ゴクゴク

五和「き、聞いてたんですか!?」

一方「聞いてたっつゥより聞こえてたな」

一方「安心しろ、そんなに聞いてねェ」

五和「…何処から聞いてたんですか?」

一方「好きですの所から」

五和「最初じゃないですか!!」

一方「だから聞こえちまったンだよ」



3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/18(木) 21:25:17.45 ID:ZHaoJuCt0

五和「そうかもしれませんけど…」

一方「別に誰かに話すつもりはねェ」

五和「そういう問題ではなくて…」

一方「どういう問題だ?」

五和「と…とにかく聞かなかった事にしてください!!」

一方「分かったら静かにしてろ」

五和「…」

一方「…」ゴクゴク

五和「あの…もし良かったら私の悩みを聞いてくれませんか?」

一方「何でだ?」

五和「私の話を聞いてたわけですし」

一方「忘れろって言ったのは何処のどいつだ?」

五和「お願いします」

一方「…」

五和「実は………」

一方「誰も聞くとは言ってねェぞ」

五和「え!無言は話してもいいって事なんじゃないんですか?」

一方「…分かったから話せ」

五和「実は私ある人の事が好きなんです」

一方「独り言を聞いてればだいたい分かってたがな」

五和「その人は強くてかっこよくて優しくて困ってる人がいると放っておけないような人で……」

一方「分かったから先に進め」

五和「私その人に告白したくって…」

五和「でも私その人の前だと緊張してしまってうまくしゃべれなくて…」

一方「それで公園で一人で悩んでた訳か」

五和「はい…」

一方「…」

五和「…」



4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/18(木) 21:27:44.23 ID:ZHaoJuCt0

五和「何かうまくいく方法とかありませんかね?」

一方「…なンでオレに聞くンだ?」

五和「悩みを聞いてもらいましたし…」

一方「そンなもン俺が知る訳ねェだろ」

五和「そうですよね」

一方「そうですよねってどういう事だ?」

五和「…それは…その…」

一方「もォいい」

五和「すいません…」

一方「つゥかなンで俺に相談するンだよ」

五和「優しそうだったし」

一方「皮肉か?」

五和「そんな意味じゃ…」

一方「俺はそんなにお人好しじゃねェンだ」

五和「…」ハァ

五和「目を見なければなんとか…」ボソボソ

五和「でも…」ボソボソ

五和「ならどうしたら…」ボソボソ

一方「…」イライラ

五和「いっそのこと電話で…」ボソボソ

一方「…俺は何の相談にのればいいンだ?」

五和「いいんですか!?」

一方「あァ…」

五和「本当なんですね!!」

一方「言っとくが俺だってまともな恋愛経験はねェからな」

五和「ありがとうございます!!」

五和「えーと…」

一方「アクセラレータだ」

五和「あ…私五和です」

一方「良く名前も知らねェ赤の他人にこんなこと話したな」

五和「なんとなくあの人みたいな雰囲気だったので…」

一方「…?」

五和「と、とりあえず上条さんを紹介します!!」ガシッ

一方「おい!今上条って…………引っ張るんじゃねェ!!」グイグイ

一方「つゥか紹介って何だ?」グイグイ



5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/18(木) 21:29:13.84 ID:ZHaoJuCt0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

五和「あれが上条さんです」コソコソ

一方「…」

五和「どうしたんですか?」

一方「いや…」

五和「もしかして知り合いですか?」

一方「あァ…たまにしゃべったりするからな…」

五和「そうだったんですか…」

五和「…さっきの事言わないで下さいよ!!」

一方「言う訳ねェだろ」

五和「見つかってませんよね」コソコソ

一方「…隠れる必要あンのか?」

五和「見つかったらどうするんですか!?」

一方「話しかければいいじゃねェか」

五和「それは……」

一方「…お前とあいつはどこまでいってンだ?」

五和「ななな、何を言ってるんですか!!」///

一方「お前こそ何を言ってンだ」

五和「え…それはその…」

一方「告白できるくらいの仲なのか?」

五和「えーと…特に何も」

一方「ン?」

五和「あの人はそんな事一切考えてないと思います」

一方「おい」

五和「…すいません」

一方「つまりいきなり告白なンて無理なンじゃねェか」

五和「まあ…はい」

一方「…長くなりそォだな」

五和「アクセラレータさん…」

一方「俺が手伝うって言ったんだしな…」

五和「あ…ありがとうございます!!」

一方「面倒臭ェ…」



6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/18(木) 21:32:53.87 ID:ZHaoJuCt0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ファミレス

一方「で…なンでファミレスなンだ?」

五和「作戦会議って案外こういう所でやったほうが情報が漏れないんですよ」

一方「漏れて困るような情報じゃねェだろ」

五和「そんな訳ないじゃないですか!!もしあの人にバレたら…」

一方「分かった分かった」

五和「本題ですけどどうやったらいいんですか?」

一方「とりあえず積極的に話しかけるしかねェだろ」

五和「積極的ですか…」

一方「分かるか?多少強引でもいいからたくさん話せ」

五和「難しいですね…」

一方「…どの辺が?」

五和「積極的に話すのが…」

一方「マジか?」

五和「はい…」

一方「先が長ェ…」

五和「すいません」

一方「もォいい…分かりきってた事だ…」

五和「彼と話そうとすると緊張してしまって…」

一方「じゃァ緊張しないようにすればいいだろ」

五和「どうやって」

一方「…深呼吸すればいいンじゃねェか?」

五和「それだけで大丈夫なんですか?」

一方「お前次第だな」

五和「…」

一方「とにかく焦るンじゃねェぞ」

五和「それは分かってます」

一方「…多少なら焦っても構わねェが、焦りすぎるなって事だからな」

五和「はい」



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/18(木) 21:34:31.07 ID:ZHaoJuCt0

一方「あと印象に残るようにしろ」

五和「印象ですか…」

一方「あァ、いい印象に残れよ」

五和「分かってます」

一方「…何か秘策でもあンのか?」

五和「まあ…はい」

五和「大精霊チラメイドがあります」

一方「…すまねェ、もォ1回言ってくれねェか?」

五和「大精霊チラメイドです、何回もいわせないでください!!」

一方「…何だそれ?」

五和「私の仲間が買ってくれたものです」

一方「お前が着るのか?」

五和「はい」

一方「それを着てあいつは喜ぶのか?」

五和「男の人はメイドとかチラが好きなんじゃないんですか?」

一方「…知るか」

五和「そうですか…」

一方「もォいい…とにかくそれは最終兵器だ、簡単に着るンじゃねェぞ」

五和「正直私は着たくは無いんで…簡単には着ないです…」

一方「じゃァ何故それの事を話した」

五和「どうしてもって言うなら着ますし…」

一方「…」

一方「とにかく頑張れ、三下の家に行くンだろ」

五和「三下?」

一方「上条の事だ」

五和「え…そんないきなりは…」

一方「行けるんだったら行っとくべきだろ」

五和「…じゃあ行ってみます」

一方「頑張れ」

五和「はい」



8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/18(木) 21:36:59.64 ID:ZHaoJuCt0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

夕方

上条の家

五和「こんにちは」ガチャ

上条「あれ、五和?今日はどうしたんだ?」

五和「あ…いえ、用事で学園都市に来たのでついでに寄っただけです」

上条「そうか、もしよかったら夕飯食ってくか?」

五和「あ、いいんですか?」

上条「かまわねーぞ」

五和「ありがとうございます」

上条「…ちょっと待ってくれ、夕飯の材料足りるかな?」

五和「あ、材料はちゃんと買って来たんで大丈夫です」

上条「え?」

五和「あ…自分の夕食のために買ってきてたんです」

上条「そうか、なんか悪いな」

五和「いえいえ」

五和(少し予想と違いましたがうまくいったんでしょうか?)

禁書「今日の夕飯が楽しみなんだよ」ゴロゴロ

上条「ゴロゴロしてないで部屋を掃除しろ」

禁書「ほとんどとうまの勉強道具なんだよ」

上条「じゃあ俺のは後で片付けるからその他の物を片づけろ」

禁書「むー」

五和(多少強引でもいいから会話をする…)

五和「夕飯は何がいいですか?」

上条「何でも作れるのか?」

五和「材料があれば…はい」

上条「じゃあカレーは?」

五和「えーと…カレーのルーがあれば作れますけど…」

上条「それなら棚の中にあるぞ」

五和「それなら作れますよ」

上条「じゃあ頼む」

五和「分かりました」



10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/18(木) 21:38:32.50 ID:ZHaoJuCt0

五和(積極的な会話ってこんな感じでしょうか?)トントン

上条「何か手伝おうか?」

五和「あ、じゃあそこのジャガイモを切ってもらえますか」

上条「わかった」トントン

五和「ありがとうございます」

上条「いや、夕飯作ってもらってる訳だしこれぐらい手伝わないとな」

五和「…」トントン

上条「…」トントン

五和(会話が…)

上条(困ったな…話した方がいいのかな?)

上条・五和「あの…」

上条「五和から先に話してくれ」

五和「いえ…上条さんからどうぞ」

上条「…今日は何の用事で学園都市に来たんだ?」

五和「え、えーと…」

上条「もしかして魔術絡み?」ヒソヒソ

五和「いえ、今回は建宮さんの知り合いの人に荷物を届けてくれと頼まれて」

上条「そうか、学園都市には何日かいるのか?」

五和「はい、だいたい一週間ぐらいいると思います」

上条「五和は何を話そうとしたんだ?」

五和「えーと、忘れちゃいました」

上条「そうか」

五和「後は煮るだけでできますんで」

上条「じゃあ皿の準備でもするか」スタスタ



13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/18(木) 21:40:34.57 ID:ZHaoJuCt0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

五和・上条・禁書「いただきます」

五和「どうですか?」

上条「うまい」モグモグ

禁書「おいしいんだよ」ガツガツ

五和「よかったです」

上条「五和は今日は何処に泊まるんだ?」

五和「学園都市の外のホテルにでも泊まろうと思ってます」

上条「そうか…よかったら泊まっていってもいいぞ」

五和「え…?」

上条「毎回外に出るのは大変だろ、だからここに泊まっていってもいいぞ」

五和「あ…ありがとうございます」

禁書「おかわりなんだよ」

上条「自分で行って来なさい」

禁書「とうまが近いんだからやってくれてもいいんじゃないの?」

上条「上条さん家はセルフサービスです」

禁書「むー」

五和「あ、私が行って来ます」

禁書「お願いなんだよ」スッ

五和「はい」

上条「悪いな」

五和「別にいいですよ」スタスタ

禁書「カレーは大盛りにしてほしいんだよ」

上条「だったら自分でやれェェェ!!」



14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/18(木) 21:45:24.10 ID:ZHaoJuCt0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

禁書「…」スヤスヤ

上条「悪いな、食器まで洗ってもらって」ジャブジャブ

五和「いえ、私が突然来たわけですし…」ジャブジャブ

上条「インデックスも寝ちまったし先に風呂入ってきたらどうだ?」

五和「え、あ…わ、わかりました」

上条「えーと、タオルは…」ガサゴソ

五和「いいです!自分で持ってきてるんで!!」

上条「そうか」

五和「じゃあ先に行って来ます」スタスタ

上条「なんであんなに焦ってたんだ?」ジャブジャブ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

五和「…」スタスタ

上条「布団そこに敷いといたからな」

五和「ありがとうございます」

上条「じゃあ俺はこれで」スタスタ

五和「何処行くんですか?」

上条「俺は風呂場で寝るから」

五和「え?」

上条「俺は風呂場で寝るんだ」

五和「なら私がそこで寝ますから」

上条「俺はいつもの事だから」スタスタ

上条「じゃあまた明日」バタン

五和「…」



15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/18(木) 21:46:32.56 ID:ZHaoJuCt0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次の日 朝

一方通行の家

一方「…」スヤスヤ

携帯電話『ピピピピピピピピ』

一方「…」ガサゴソ

一方「…誰だ?」ピッ

『一方通行さんへ
 今日、時間があったらお話したい事があるんですが…
       五和』

一方「…」ガリガリ

一方「…」ピピピピピッ

『別にかまわねェ、場所は何処だ?
     一方通行』

一方「眠ィ」ガサゴソ

携帯電話『ピピピピピピピ』

『じゃあ1時間後にあの場所で
    五和』

一方「ファミレスの事か?」

一方「なンでこンな面倒臭ェ事…」

一方「…」スタスタ



16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/18(木) 21:47:48.13 ID:ZHaoJuCt0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

街中

一方「…」スタスタ

麦野「あれ、アクセラレータじゃない?こんな朝っぱらから出掛けるなんて珍しいわね」スタスタ

一方「テメェには関係ねェだろ」スタスタ

麦野「もしかしてデート?あんたみたいなロリコンもやし君にも彼女が出来たの?」

一方「ロリコンじゃねェ!!」

麦野「じゃあ何?」

一方「いろいろあったンだ」

麦野「何何?面白そうだから教えてよ」

一方「遠慮する」

麦野「もしかして女の子に教えられない様な事なの?」ニヤニヤ

一方「何処に女の子がいるンだ?」

麦野「ここにいるじゃない」

一方「何処だ?俺の目の前にはおばさンしかいねェぞ」

麦野「誰の事言ってんだ?」

一方「俺の目の前にいる茶髪のおばさンだよ」

麦野「ふざけてんのか?」

一方「あァ…じゃァな」スタスタ

麦野「なに勝手に逃げてんだ!!」ガシッ

一方「忙しいンだよ、離せよ」

麦野「そんなに私に知られたくない用事なの?」

一方「ンな訳ねェだろ」

麦野「じゃあどんな用事か教えてくれない?」

一方「テメェに教える気はねェ」

麦野「怪しいわね」ニヤニヤ

一方「…」チッ

麦野「私を怒らせるつもりだったみたいだったけど失敗ね」

一方「うるせェ」

五和「アクセラレータさん、遅いじゃないですか」

一方「…」

麦野「誰?」

一方「なンでここにいるンだ…」

五和「来るのが遅かったので探しに来たんですよ」

麦野「どういう事?」



46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/20(土) 21:24:15.60 ID:aRktQYQo0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ファミレス

麦野「あははははは!!、あんたが恋愛の相談?あはははははは!!」

一方「予想通りの反応だな」

麦野「あんたみたいなツンデレロリコンに恋愛相談が出来るの?」

一方「ロリコンじゃねェ!!」

五和「この方は?」

麦野「私は麦野沈利、よろしく」

五和「よろしくお願いします」

一方「で、何の用だ?」

五和「昨日うまく話せたんです」

一方「良かったな」

五和「はい」

一方「それだけか?」

五和「後、泊まる事になりました」

一方「昨日も泊まったのか?」

五和「はい」

一方「なんかあったか?」

五和「何もないですよ」

一方「…」

麦野「その相手って誰なの?」

一方「上条当麻だ、知ってるのか?」

麦野「知ってるわよ」

麦野「それにしても大変ね」

五和「何がですか?」

麦野「ものすごくライバル多いから」

五和「どういう意味ですか?」

麦野「ゆっくりしてると誰かが先に告白するかもしれないって事」

五和「ほ、本当ですか!?」

麦野「本当よ」

麦野「それに上条って女の子と同棲してるんでしょ」

一方「なンでそンなに詳しいンだ」

麦野「いろいろあるのよ」

麦野「それでどうなの?」

五和「いますけど…」



47:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/20(土) 21:26:52.31 ID:aRktQYQo0

一方「何が言いてェンだ」

麦野「男と女が同棲してるのよ、普通わかるでしょ」

五和「………えェ!!」

麦野「他にもライバルは大量にいるはずよ」ニコニコ

五和「ど、どうしたらいいんですか!?」

麦野「面白くなって来たわね」ニコニコ

一方「余計なことしてンじゃねェよ!!」

麦野「恋はライバルがいた方が面白いじゃない」

五和「…」

麦野「いい方法があるわよ」

五和「なんですか」

麦野「……………」ヒソヒソ

五和「ななな…何言ってるんですか!!」///

一方「聞こえなかったがだいたい予想がつくな」

麦野「それが一番手っ取り早い方法じゃない」

五和「でも…」

麦野「もしかしてやり方知らないの?」

一方「場所と時間帯を考えろ!!」

麦野「お昼のファミレスで×××の話をしちゃいけないなんて法律あるの」

一方「モラルの問題だろォが!!」

麦野「じゃあそれ以外に誘惑する方法とかあるの?」

一方「なンで誘惑すンだよ」

五和「…大精霊チラメイドがありますけど…」

麦野「じゃあそれを着ればいいじゃない」

五和「どうしましょう…」

一方「出来れば着たくねェンじゃなかったのか?」

麦野「それ着ていろんなプレイをすればいいじゃない」

一方「だから場所と時間帯を考えろ!!」

麦野「…冗談はこれぐらいにして真剣な話をしない?」

一方「全部テメェがふざけてたンだろ」



48:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/20(土) 21:30:06.91 ID:aRktQYQo0

麦野「とりあえずたくさん話す、それだけ頑張ればきっとうまくいくと思うわ」

五和「頑張ってみます」

一方「やけに親切だな」

麦野「第3位も上条の事好きらしいからね」ニヤリ

一方「…性格悪ィ」

麦野「別にその服を着るのもいいと思うけどけどね」

五和「か、考えときます…」

麦野「これからは私も相談に乗るわね」

一方「勝手にしろ」

麦野「断らないところがツンデレよね」

一方「うるせェ」

麦野「あと料理とかが出来るといいわよ」

五和「料理ですか?」

麦野「そう、家庭的な女はモテるわよ」

五和「わかりました」

一方「頑張れよ」

五和「はい、ありがとうございました」

~~~~~~~~~~~~~~~~

夕方

一方「…」スヤスヤ

携帯電話『ピピピピピピ』

一方「…」ガサゴソ

一方「…」ピッ

土御門『久しぶりだにゃー』

一方「何の用だ?」

土御門『今暇かにゃー?』

一方「…切るぞ」

土御門『待て待て!ちゃんと最後まで話は聞くべきだぜい!』

一方「いいからさっさと話せ」

土御門『あれ?もしかして怒ってるのかにゃー?』

一方「…」イラッ

土御門『なんで無言、もしかしてホントに怒ってる?』

一方「切るぞ」

土御門『待て!まだ本題にも入ってないんだにゃー!!』



49:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/20(土) 21:31:42.62 ID:aRktQYQo0

一方「いいからさっさと話せ」イライラ

土御門『長くなるから俺の家に来てくれないかにゃー?』

一方「…」

土御門『どうした?』

一方「テメェ…」

土御門『じゃあ待ってるぜい』ピッ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

土御門の家

土御門「遅かったにゃー」

一方「テメェ」ガシッ

土御門「え…?」

一方「テメェは俺が苛立ってるのを分かってただろ」メキメキ

土御門「すまん…ちゃんと謝るから…離すんだ…にゃー」

一方「チッ」パッ

土御門「いきなり首を絞めるのは反則だと思うぜい」

一方「うるせェ」

建宮「五和がお世話になってるのよ」

一方「誰だ」

土御門「五和の仲間の天草式の建宮だにゃー」

建宮「建宮斎字なのよな」

一方「アクセラレータだ」

建宮「あそこにいるのが対馬、あっちが香焼なのよな」

香焼「どうもです」

対馬「どうも」

一方「で、何の用だ?」

土御門「この部屋の隣が誰の部屋か覚えてるかにゃー?」

一方「上条だろ」



50:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/20(土) 21:32:56.97 ID:aRktQYQo0

土御門「その通りだにゃー」

一方「どれがどォした」

建宮「今あっちの部屋は五和と上条当麻が二人っきりで居るのよな」

香焼「つまり五和さんの絶好のアタックチャンスな訳です」

一方「そォか」

土御門「だが問題があるんだにゃー」

一方「?」

香焼「五和って奥手なんすよ」

一方「知ってる」

建宮「そこで俺達で五和をサポートする事になったのよな」

一方「全員協力する気か?」

土御門「俺は面白ければそれでいいんだにゃー」

対馬「私はくだらない事をし過ぎないように見張りとしてきただけだから」

香焼「対馬先輩はあんなこと言ってても五和の成功を願ってますから手伝ってくれると思います」

一方「ただのツンデレじゃねェか」

対馬「誰がツンデレよ!!」

土御門「ツンデレは悪い事じゃないぜい」

香焼「むしろ需要の方が多いっすよ」

対馬「うるさい!!」

建宮「ちなみに大精霊チラメイドは五和用のと一緒に対馬用もあるから………」

対馬「…」ドゴッ

建宮「う…」ドサッ

土御門「股間を蹴りあげるのは反則なんだにゃー」



51:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/20(土) 21:34:44.64 ID:aRktQYQo0

一方「ところで向こうの部屋の様子はどォやって知るンだ?」

土御門「これをつかうんだぜい」スッ

一方「コップ?」

土御門「なんとこれを壁につけて耳をあてると向こうの部屋の音が聞こえるんだにゃー」

香焼「これ思ってた以上に聞こえるんすよ」

一方「…」

土御門「早くするんだにゃー」

一方「仕方ねェ」コトッ

土御門「じゃあ俺達は監視カメラで見てるんだにゃー」

香焼「そうっすね」

一方「おい」ガシッ

土御門「冗談…冗談だからそんなに怒るな…」

香焼「なんで俺も…」

一方「能力使えば二人くらい簡単に首締められンだよ」

土御門「そう言う事じゃなくて…」

一方「どォいう事だ」

土御門「冗談だから離して…」

香焼「お願いっすよ…」

一方「…」パッ

建宮「もう仲良くなったのよな」

対馬「どう見ても仲のいい人間の雰囲気じゃ無かったけどね」

一方「とっとと見るぞ」

土御門「うまくいってるといいんだけどにゃー」



52:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/20(土) 21:36:13.54 ID:aRktQYQo0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

五和「いいんですか?」

上条「ああ、泊まってるからって毎日飯作るのは大変だろ」

五和「いえ、大変ではないんですけど…」

上条「今日は俺が作るから五和はゆっくりしててくれ」

五和「…はい」

上条「今日の夕飯は煮物だけど……って何やってんだ!?」

五和「部屋の掃除をしてますけど…」

上条「別にしなくていい、って言うかあんまり触らないでくれ!!」

五和「………っあ!!そうですよね、男の人の部屋にはいろいろありますもんね…」

上条「いや…別にそう言う訳じゃないけど…」

上条「それより夕飯は煮物でいいか」

五和「いいですね、煮物」

上条「今日はインデックスもいないから夕飯争奪戦もないからな」

五和「インデックスさんはどうしたんですか?」

上条「なんか子萌先生の所に行くって言ってたな」

五和「じゃあ今日は…」

上条「俺と五和だけだな」

上条「インデックスいないからベット使ってくれていいぞ」

五和「あ、はい」

上条「よし、こんな感じでどうだ?」スッ

五和「おいしいです」

上条「良かった」

上条「じゃあ食うか」

五和「そうですね」

五和「お皿準備しますね」スタスタ

上条「悪いな」



53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/20(土) 21:38:12.70 ID:aRktQYQo0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

建宮「これはチャンスなのよな」

香焼「でも五和はアタックするんすかね?」

一方「しねェと思うぞ」

土御門「焦りすぎてもダメなんだからちょうどいいんだにゃー」

一方「ただ奥手なだけだろォが」

対馬「五和はあれで精一杯頑張ってるんだからくだらない事しないようにね」

一方「そォだな」

建宮「でもそれじゃあつまらんのよな」

香焼「そうっすよ、そんな風じゃ全然進展しないっすよ」

一方「外野が何やっても無駄な時は無駄なンだよ」

対馬「そうよ」

土御門「ずいぶん熱心だにゃー」ニヤニヤ

一方「うるせェ、いいから黙って見てろ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

五和「あ、これおしぼりです」

上条「ありがとう」フキフキ

上条「じゃあ食べるか」

五和「そうですね」

上条・五和「いただきます」

五和「おいしいですね」モグモグ

上条「そうか、ありがとうな」モグモグ

五和「…」

上条「…」

五和「あの…インデックスさんとはどんな関係なんですか?」

上条「ただの同居人だよ」

五和「あ、そうなんですか…」

上条「五和にはどんな風に見えるんだ?」

五和「え、何がですか?」



54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/20(土) 21:38:56.93 ID:aRktQYQo0

上条「俺とインデックスがどんな風に見えるかってことだよ」

五和「え、えーと…友達…ですかね」

上条「へー、そんな風に見えてるのか」

五和「私の見た感じですけど…」

五和「…」

上条「…」

上条「ところで明日暇か?」

五和「え?」

上条「明日俺暇だからさ、五和も暇だったらどっか行くか?」

五和「えーと…特に用事は無いです」

上条「じゃあ行くか?」

五和「はい」

上条「どっか行きたい所とかあるか?」

五和「えーと…何処でもいいです」

上条「街中をブラブラするだけだけどいいか?」

五和「かまいませんよ」

上条「…」

五和「…」

五和「そろそろ片づけましょうか」

上条「そうだな」

五和「私がお皿を洗っとくので先にお風呂に入ってください」

上条「いいのか?」

五和「はい、夕飯も作ってもらったわけですし」

上条「じゃあ先に行ってくる、ありがとうな」スタスタ



68:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/22(月) 21:17:58.27 ID:0A2h2JmY0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

建宮「これはいい展開なのよな」

土御門「それにしてもカミやんの鈍感さはもはやうざい領域にゃー」

香焼「あれって気付いてないんですか?」

一方「あァ…あいつは鈍感なンだ」

対馬「なんかすごいわね」

土御門「でもカミやんはモテモテなんだにゃー」

香焼「じゃあ五和がのんびりしてたらヤバいじゃないっすか!!」

一方「そンな事わかってンだよ」

土御門「五和もカミやんがモテる事は知ってるんだにゃー」

香焼「あの人は何を思って五和を誘ったんすかね?」

土御門「多分一緒に買い物に行くぐらいしか考えてないと思うにゃー」

一方「デートとすら感じてねェな」

建宮「それじゃあどうするつもりなのよな?」

一方「多少なりともアピールするしかねェだろ」

対馬「例えば?」

一方「さァな」

香焼「ここは大精霊チラメイドの出番っすよ」

一方「明日の様子を見てからでいいだろ」

対馬「そうね」

一方「早まった真似したら素敵なオブジェにするからな」

香焼「はい」

土御門「じゃあアクセラレータ、明日は頼むぜい」

一方「?」

土御門「俺達は忙しいからカミやんの監視はお前に任せるんだにゃー」

一方「何言ってンだ?」

土御門「今言った通りなんだにゃー」

建宮「よろしく頼むのよな」

一方「…面倒臭ェ」



69:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/22(月) 21:19:15.69 ID:0A2h2JmY0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次の日

デパート

ガヤガヤ

上条「すごい人だな」

五和「そうですね…」

上条「なんで今日に限ってこんなに人が多いんだ?」

五和「イベントがあるみたいですよ」

上条「イベント?」

五和「はい、ここに書いてありますよ」

上条「ゲコ太イベント開催中?」

五和「このイベントのために来たんですかね?」

上条「小さい子も多いし、これ目当てに来た人も多いだろーな」

上条「五和は見たいもんとかあるか?」

五和「えーと…洋服とか見に行ってもいいですか?」

上条「ああ、じゃあ行くか」スタスタ

五和「はい」スタスタ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

五和「これなんかどうですかね?」

上条「いいと思うぞ」

上条「…」

五和「どうしました?」

上条「いや、俺女の子とこういう所に買い物来た事なくてさ、いろいろ新鮮なんだよ」

五和「そうなんですか」

上条「時間とか気にしなくていいからゆっくり見てくれ」

五和「あ、はい、ありがとうございます」



70:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/22(月) 21:21:48.10 ID:0A2h2JmY0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方「暇だな…」

麦野「ずいぶん熱心ね」

一方「俺が引き受けたンだ、熱心に決まってンだろ」

麦野「結局あの二人に進展はあったの?」

一方「特に大きな進展はねェよ」

麦野「デートしてるのに?」

一方「鈍感なンだよ、あいつは」

麦野「でもデートしてるじゃない」

一方「あいつにとってはただの買い物なンだ」

麦野「あれだけ鈍感だったら私ならキレてるわね」

一方「俺だってキレてる」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上条「やっぱり暇だな…」

上条「ジュースでも買いに行くか」スタスタ

上条「ん?あれって…」スタスタ

上条「アクセラレータ?」

一方「三下…」

上条「お前も買い物に来たのか?」

一方「あ…あァ、そんな感じだ」

上条「そっちの人は?」

麦野「麦野沈利よ」

上条「二人で買い物か」

麦野「そんな感じね」

麦野「なんで逃げないのよ」ヒソヒソ

一方「目が合っちまったンだ、仕方ねェだろ」ヒソヒソ



71:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/22(月) 21:24:48.10 ID:0A2h2JmY0

上条「アクセラレータにも友達いたんだな」

一方「ま…まァな」

五和「どうしたんですか?」スタスタ

上条「あ、アクセラレータと麦野さんだ」

五和「あ、え…」

一方「アクセラレータだ」

麦野「初めまして、麦野沈利よ」

五和「あ、初めまして」

一方「で、テメェ等は何しに来てンだ?」

上条「俺達は買い物に来たんだ」

麦野「デートじゃないの?」ニヤニヤ

上条「ただの買い物だよ」ニコニコ

五和「…」

麦野「即答…」

一方「逆に清々しいな…」

上条「それよりまた一段と人が増えてないか?」

五和「イベントが終わって買い物しに来たんだと思いますよ」

一方「イベント?」

上条「なんかゲコ太のイベントがやってるらしいんだ」

麦野「ゲコ太…嫌な予感がするわ」

一方「俺もだ…」

御坂「あ、あんた何やってんのよ!!」

麦野「あたったわね」

一方「あァ」



72:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/22(月) 21:27:43.78 ID:0A2h2JmY0

上条「何って買い物だけど」

麦野「何とかしなさいよ」ヒソヒソ

一方「無理に決まってンだろ」ヒソヒソ

御坂「へー、じゃああんたとそいつはどんな関係なの?」

五和「え、あ…」

上条「ただの友達だよ」

五和「…」

麦野「ホントに無自覚なのね」ヒソヒソ

一方「あァ…」ヒソヒソ

麦野「早くしないとまずいわよ」ヒソヒソ

一方「うまくいくかはわかンねェぞ」ヒソヒソ

一方「三下、昼飯食ったか?」

上条「まだだけど」

一方「昼になる前に行っとかねェと混むぞ」

上条「そうか?」

一方「あァ…早く行った方がいい」

上条「じゃあそうするか」スタスタ

五和「え、いいんですか?」

麦野「私達の事は気にしなくていいから」ニコニコ

御坂「ちょっと待ちなさ………」ビリビリ

麦野「ちょっとこっちに来てくれる?」トンッ

御坂「…」ドサッ

一方「乱暴すぎろだろォが」ガシッ

麦野「もし私が止めてなかったらあの二人の邪魔してたはずよ」

一方「まァ…そォだな」

麦野「で、どうするの?」

一方「放っといてなンかあっても困るだろ」

麦野「そうね」

一方「とりあえずそこのベンチでいいだろ」スタスタ

御坂「…」ズルズル

麦野「運び方が雑ね」スタスタ



73:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/22(月) 21:32:11.55 ID:0A2h2JmY0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

御坂「ん…」

御坂「あれ?私…」

一方「目が覚めたか」

御坂「な…なんであんた等が!?」

麦野「覚えてないの?」

御坂「しかもなんでこんなに汚れてるの?」

麦野「それはアクセラレータの運び方のせいよ」

一方「だったらテメェが運べば良かっただろォが」

御坂「えーと、あいつがどっか行こうとしたから…」

麦野「能力使いそうだったから私が止めたのよ」

御坂「…思い出した、あんたが私の首を殴って……………」

麦野「首の後ろを軽く叩いただけよ」ニッコリ

御坂「あんた…」ビリビリ

麦野「やる気?」キュィィィィン

一方「やるなら人のいねェところでやれ」

麦野「くだらないわね」

御坂「こっちの台詞よ」

御坂「それより何なの?」

一方「何がだ」

御坂「なんでこんな事したのよ!!」

一方「あんなところで電撃なんか撃ったら危ねェからに決まってンだろ」

御坂「じゃあなんであいつに飯食いに行けなんて言ったの?」

一方「それは………」

麦野「デートの邪魔するのは良くない事でしょ」ニッコリ

御坂「じゃああの二人って…」

麦野「付き合うように私達が頑張ってるのよ」

麦野「頑張らないとあの子にとられちゃうよ」ニッコリ

一方「性格悪ィ…」



74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/22(月) 21:33:58.44 ID:0A2h2JmY0

御坂「あんた等はさっきの女の味方な訳ね」

麦野「ええ、嫌いな人間の不幸って面白いじゃない」ニッコリ

一方「満面の笑顔で何言ってンだよ…」

御坂「ムカつくおばさんね」

麦野「何だって?」キュィィィィィン

御坂「ムカつくおばさんって言ったのよ」ビリビリ

一方「もォ一回言うが暴れたいなら別の場所でやれ」

御坂「やめるんなら今のうちよ」ビリビリ

麦野「それはこっちの台詞」キュィィィィィン

一方「いい加減にしろ」ガシッ

麦野「な、何すんのよ!!」

一方「ここで暴れるなって事だ」

御坂「逃げるつもり」ビリビリ

一方「そォかもな」スタスタ

麦野「離しなさいよ」ズルズル

一方「じゃァな」スタスタ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

飲食店

店員「ご注文は」

五和「この和風定食で」

上条「唐揚げ定食で」

店員「かしこまりました」スタスタ



75:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/22(月) 21:35:26.86 ID:0A2h2JmY0

上条「アクセラレータの言ってた通りだな」

五和「そうですね」

上条「あいつ外見はちょっと怖いけどいい奴なんだよ」

五和「知ってますよ」

上条「知ってる?」

五和「あ…いえ、なんか優しそうな感じがしてたので」

上条「あいつは実際に優しいからな」

五和「あの横にいた女の人はどんな方なんですか?」

上条「俺もよく知らないけど…あの二人付き合ってるのか?」

五和「さ、さあ、私にはわからないです」

上条「それにしてもなんであんな風だったんだ?」

五和「何の事ですか?」

上条「御坂だよ、さっき話しかけてきた」

五和「ああ、あの方ですか」

上条「なんかやけに口調が荒っぽかったんだよな」

五和「そ、そうなんですか」

上条「何であんなにイラついてたんだろうな?」

五和(あの人が麦野さんの言ってた人?)

五和(という事はあの人もライバルなんですね)

五和(アクセラレータさん、麦野さん、私頑張ります)

上条「次は何処に行く?」

五和「午前中は私が付き合ってもらったわけですし午後は上条さんの行きたい所でかまいませんよ」

上条「じゃあ夕飯のおかず買うの手伝ってくれないか?」

五和「いいですよ」ニッコリ



76:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/22(月) 21:40:00.68 ID:0A2h2JmY0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

食品売り場

上条「なんか食べたいものあるか?」

五和「和食がいいです」

上条「わかった」

五和「あ、今日は私が作りますね」

上条「いいのか?」

五和「はい、昨日は作ってもらったわけですし」

上条「じゃあ頼むよ」

五和「はい」

上条「何かいる物があったら言ってくれ」

五和「わかりました」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

麦野「結局大きな進展は無かったわね」

一方「よほど大きな事をしねェ限り進展はねェだろォな」

一方「じゃァな」スタスタ

麦野「何処行くの?」

一方「土御門の家だ」

麦野「何のために?」

一方「自分で考えろ」

麦野「あんたってそんなに他人のために働く人間だったかしら?」

一方「ただの気分だよ」

一方「テメェこそなンでこンな事手伝ってンだ」

麦野「ただの気分よ」



77:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/22(月) 21:41:28.20 ID:0A2h2JmY0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上条の家

禁書「遅いんだよ」

上条「あれ?帰ってきてたのか」

禁書「いいから早く夕飯を作ってほしいんだよ」

五和「あ、分かりました」

五和「あれ?」ガチャ

上条「どうしたんだ?」

五和「冷蔵庫に入ってた食材が無いんです」

禁書「二人が遅かったから食べちゃったんだよ」

五和「どうしましょう…」

上条「ちょっと待っててくれ、予備の食料が…」ガサゴソ

禁書「そこにあった食べ物も全部食べちゃったんだよ」

上条「嘘だろ…」

禁書「とうま達が遅いのが悪いんだよ」

上条「…」フラフラ

五和「大丈夫ですか?」

上条「ああ…」

五和「ど、どうするんですか?」

上条「悪いけど今日買ってきた食材で何か作ってくれ…上条さん家にはもう食材を買うだけのお金も残ってないんだ…」

五和「…分かりました」

上条「あと1週間もあるのに…」

禁書「今日の夕飯は何?」

五和「そうですね、味噌汁と焼き魚でいいですか?」

禁書「早く作ってほしいんだよ」

上条「…」



78:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/22(月) 21:44:11.11 ID:0A2h2JmY0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

土御門の家

一方「…」

建宮「…」

香焼「…」

対馬「いや、なんかしゃべりなさいよ」

香焼「なんか、かわいそうっすね」

土御門「これがカミやんの日常なんだにゃー」

建宮「苛酷なのよな…」

一方「全くだ」

対馬「それよりあの二人に進展はあったの?」

一方「無かった」

香焼「今度こそ大精霊チラメイドの出番じゃないっすか!!」

一方「お前が見てェだけだろ」

建宮「何言ってるのよ、五和の成功のために大精霊チラメイドを着てもらうのよな」

一方「顔がニヤついてるぞ」

土御門「今のカミやんには大精霊チラメイドは無力だにゃー」

対馬「あそこまで落ち込んでるからね」

一方「目が虚ろだな」

建宮「チャンスなのよな」

香焼「落ちこんでる男の人は女の優しさに弱いんですよね」

土御門「今のカミやんには五和の優しさも無力なんだにゃー」

一方「だろォな」



79:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/22(月) 21:45:20.50 ID:0A2h2JmY0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

五和「で、出来ましたよ」スタスタ

禁書「ご飯、ご飯♪」

上条「…ああ」

五和「だ、大丈夫ですか?」

上条「多分…米はあるからな…」

五和「だ、大丈夫ですよ」

上条「何が?」

五和「5日間は私が何とかしますから」

上条「何とかって?」

五和「これだけあれば何とか出来るので…」

上条「これだけで!?」

五和「はい、工夫すればそこまで質をおとさずに作れますから」

上条「本当に!?」

五和「はい」

上条「五和!!」ダキッ

五和「はい!?」

上条「ありがとう、本当にありがとう!!」

五和「い、いえいえ」///

禁書「とうまー!!」ガブッ

上条「ギャァァァァァ!!」



90:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/24(水) 21:33:34.80 ID:9t7l+xbM0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

香焼「いい雰囲気だったのに」

建宮「惜しかったのよな」

対馬「二人っきりだったらうまくいってたんでしょうね」

一方「困ったな…」

土御門「インデックスの嫉妬は激しいからにゃー」

香焼「モテモテも考えものっすね」

土御門「あれが究極のリア充だにゃー」

香焼「大変っすね…」

対馬「心配しなくても大丈夫よ」

一方「あのシスターが寝てからが勝負だな」

香焼「五和うまくやれるんすか?」

一方「無理だろォな」

建宮「そんなんで大丈夫なのよな?」

一方「あくまであいつのペースでやっていけばいいだろ」

対馬「そうね」

土御門「さすがアクセラレータなんだにゃー」

対馬「チャンスが来るまでは待つべきよ」

一方「その通りだ」



91:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/24(水) 21:35:29.28 ID:9t7l+xbM0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次の日

ファミレス

一方「あの後どォなったンだ?」

五和「えーと、いろいろあったんで何処から話せばいいのか…」

麦野「大事なところだけでいいわよ」

五和「インデックスさんが冷蔵庫の物を食べちゃったり、あの人に抱きつかれたりしました」

麦野「良かったじゃない」

一方(俺は見てたけどな)

五和「まあ…はい」

麦野「…それだけ?」

五和「大事なことはそれくらいです」

麦野「インデックスって上条の同居人?」

五和「はい」

麦野「本当にライバルが多いわね」

一方「分かりきってた事だろォが」

麦野「とりあえず今まで通り頑張るしかないわね」

五和「ですよね…」

麦野「一回着てみたら?」

五和「ま、まだいいです!!」

一方「自分のタイミングで着るンだな」

五和「出来れば着たくないです」

一方「だったら着ずに成功するよう努力しろ」

五和「分かりました…」

一方「ところであいつは今何やってンだ」

五和「学校の補習授業だそうです」

麦野「いろいろ大変なのね」

一方「そォだな」

五和「2人は学校はいいんですか?」

麦野「エリートだから行かなくていいのよ」

一方「自分でエリートとか言うンじゃねェよ…」



92:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/24(水) 21:38:05.02 ID:9t7l+xbM0

~~~~~~~~~~~~~~~~

数分前

御坂「全く、何なのよ」スタスタ

御坂「思い出してもイライラする」スタスタ

御坂「ムカつくわ…」スタスタ

御坂「あれって…」

御坂「あいつの隣にいた女とアクセラレータと第4位?」

御坂「…」スタスタ

~~~~~~~~~~~~~~~~

麦野「だって実際エリートじゃなかったらこんな事手伝えないでしょ」

五和「そうですか」

一方「お前も納得してンじゃねェよ」

御坂「あんた!!」

一方「…」

麦野「第3位…」

五和「この前の…」

御坂「正確には昨日よ!」

御坂「昨日はよくもやってくれたわね」

一方「電撃でデパートが黒焦げになるのを防いだだけだ」

麦野「私は嫌いな人間が不幸な目にあうのが見たかっただけよ」

一方「素直だな」

麦野「嘘ついたって仕方ないじゃない」

御坂「ここ座ってもいい?」

五和「あ、はい、どうぞ」

五和「…」

御坂「あんたはあいつの事どう思ってるの?」

五和「私は…」



93:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/24(水) 21:39:51.69 ID:9t7l+xbM0

御坂「私は…あいつの事好きなの」///

麦野・一方「知ってる」

御坂「うるさい!!」///

御坂「だからあんたには渡さない」

五和「わ、私だって好きです!!」///

一方「言えたじゃねェか」

麦野「よかったわね」

五和「はい」

御坂「あんたに負ける気は無いから」

五和「わ、私もです」

麦野「それだけ?」

御坂「ええ、この事が言いたかっただけだから」スタスタ

一方「正々堂々って訳か」

麦野「面白くなって来たわね」

五和「私負けません」

一方「じゃァ告白しろよ」

五和「え?」

一方「鈍感なんだからもォ告白しろよ」

五和「でも…」

麦野「早くしないとあいつにとられちゃうわよ」

五和「わ、分かりました、頑張ってみます」

一方「自然な感じで話しかければ大丈夫だ」

五和「はい」



94:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/24(水) 21:41:46.35 ID:9t7l+xbM0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

学校

上条「なんで休みに日まで学校なんだよ…」

土御門「テストに不合格だったんだ仕方ないんだにゃー」

上条「しかもお前と二人っきりかよ」

土御門「青ピは奇跡が起きて受かったらしいんだにゃー」

上条「不幸だ」

土御門「五和とはどうだい、カミやん」

上条「なんで知ってんだ」

土御門「隣に住んでれば嫌でも聞こえてくるんだにゃー」

上条「特に何もねーよ」

土御門「カミやんは五和の事どう思ってるんだにゃー?」

上条「どうって…ただの友達としか…」

土御門「…」ドゴッ

上条「ぐふっ!?」

土御門「ここまで来るとイライラしてくるぜい」

上条「…何がだよ」

土御門「分からないならそれでいいにゃー」

上条「よくわかんねーなー」

土御門「…」

上条「土御門、ちょっとでいいから金貸してくれない」

土御門「嫌だにゃー」

上条「もうちょっと考えろよ…」

土御門「金を借りるんならもっと金持ちに借りるんだにゃー」



95:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/24(水) 21:43:47.35 ID:9t7l+xbM0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

街中

上条「やっと帰れる…」スタスタ

五和「上条さん」スタスタ

上条「五和?」

上条「なんでいるんだ?」

五和「ちょうど通りかかったらいたので」

上条「そうか」

五和「帰るんですか?」

上条「ああ、五和もか?」

五和「はい」

上条「じゃあいっしょに帰るか」

五和「はい」

上条「インデックスが冷蔵庫の食材を食ってないといいけど…」スタスタ

五和「さすがに生の肉や魚は食べないと思いますよ」スタスタ

上条「だといいけどな…」スタスタ

上条「うおっ」ドンッ

上条「すいません」

不良B「何ぶつかってんだよ!!」ガシッ

上条「だからすいませんって…」

不良A「痛っ!!骨が折れたかもな」

上条(今時こんな当たり屋いるんだ…)



96:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/24(水) 21:44:57.73 ID:9t7l+xbM0

不良C「有り金全部出せや!!」

上条「どうぞ」スッ

不良B「何これ?」

上条「有り金全部だよ」

不良A「有り金全部が15円ってどういう事だ!!」

上条「もしよかったら金貸してくれない?」

不良B「嫌に決まってんだろ!!」

五和「だ、大丈夫ですか?」

上条「大丈夫だから」

五和「あ、はい…」

不良D「そんだけしか持ってないのかよ」

上条「後は漫画と……」

不良E「そんなもんいるか!!」

五和(…あれって)

上条「五和、逃げるぞ」ヒソヒソ

五和「あ、はい」ヒソヒソ

不良A「なに勝手に話してんだ」

上条「行くぞ!!」タタタッ

五和「はい!!」タタタッ



97:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/24(水) 21:46:39.00 ID:9t7l+xbM0

不良A「待て!!」

ドッシャァァァァァァ!!

不良B「なんだ?」

麦野「デートの邪魔する人間はモテないわよ」

一方「あいつに見られてたぞ」

麦野「上条にバレてないなら大丈夫よ」

不良C「何だお前等?」

麦野「通りすがりの暇人よ」

一方「俺も同じだ」

不良D「ふざけてんじゃねーぞ!!」

一方「面倒臭ェ…」

不良C「こっちの台詞だ!!」

麦野「あの二人大丈夫かしら?」

一方「吊り橋効果で今までより仲良くなってるかもな」

麦野「だといいわね」

一方「つゥかデート中に不良に会うって運悪ィな」

不良E「無視してんじゃねーよ!!」ブンッ!!

麦野「危ないわよ」ガシッ

不良E「え…」

麦野「いきなり殴りかかるなんて卑怯じゃない」メキメキ

不良E「う…あ…」メキメキ

麦野「お仕置きが必要ね」ボキッ

不良E「あ…がァァァァァ!!」

麦野「骨が折れただけじゃない」ニッコリ

不良C「テメェ!!調子のってんじゃ……」ブンッ

一方「邪魔だ」ドゴッ!!

不良C「う…」ドサッ



98:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/24(水) 21:50:06.43 ID:9t7l+xbM0

一方「誰が調子のってのってるンだ」メキメキ

不良C「あがっ!!…」メキメキ

一方「早く答えろよ」メキメキ

不良C「お…俺です…」

不良A「なんだこいつ等…」

麦野「よそ見してて大丈夫なの」ドゴッ

不良A「うぐっ…」ガクッ

麦野「倒れない方がいいわよ」グシャッ

不良「あうっ…」

不良B・D「う、うわァァァァ!!」タタタッ

麦野「逃げちゃダメよ」ドゴッシャァァァァァァァ!!

不良B「ギャァァァァァ!!」

不良D「ひぃ」タタタッ

一方「いいのか?」

麦野「一人ぐらい別にいいじゃない」

麦野「これくらいで許してあげる」

一方「次は…分かってるよな?」

不良A「はい…」タタタッ

不良B・C・E「ひぃ…」タタタッ

一方「終わったな…」

麦野「思ったより弱かったわね」

一方「暴れ過ぎだ」

麦野「お前がね」

一方「俺は骨は折ってねェぞ」

麦野「あれくらいしないと面白くないじゃない」

一方「お前は面白さのために骨を折るのかよ…」



99:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/24(水) 21:53:27.14 ID:9t7l+xbM0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上条「大丈夫か?」ハァハァ

五和「はい」ハァハァ

上条「思ったより簡単に撒けたな…」

五和「そうですね」

上条「じゃあいくか」グイッ

五和「あ…手…」///

上条「あ、悪いな」パッ

五和「いえ…」

上条「帰るか」スタスタ

五和「はい」スタスタ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上条の家

上条「何とか無事帰ってこれたな」

五和「そうですね」

禁書「遅いんだよ、もうお腹が減りすぎて死ぬかと思ってたんだよ」

上条「分かったから」

五和「あ、私が…」

上条「今日は俺が作るよ、作り方教えてくれ」

五和「あ、はい」

禁書「いいから早くしてほしいんだよ」

上条「わかったわかった」

五和(絶対、絶対告白してみせます)

五和(落ち着けば、落ち着けばきっと大丈夫)スーハースーハー



100:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/24(水) 21:55:16.05 ID:9t7l+xbM0

上条「五和、こんな感じか?」

五和「…あ、そんな感じです」

五和「あの…」

上条「なんだ?」

五和「えーと、その」モジモジ

上条「なんだ?」

五和「あの………もう少し砂糖を入れた方が…」

上条「わかった」パッパッパ

五和(やっぱり無理です!!)ガクッ

上条「大丈夫か?」

五和「はい…大丈夫です…」

上条「どうしたんだ?」

五和「いえ…別になんでもないです」

上条「もしかして具合が悪いのか?」

五和「ホントに大丈夫です…」

上条「つらいなら我慢せずに言ってくれ」

五和「はい…」



111:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/25(木) 21:38:48.06 ID:0Toj/KDy0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

五和「…」モグモグ

禁書「やっぱり五和のごはんの方がおいしいんだよ」モグモグ

上条「はいはい」モグモグ

上条「…」

禁書「…」

上条(さっきから五和が無口だ…)

上条(なんか怒らせるような事言ったかな?)

五和(さっきは言えなかったですけど、今度こそ)

上条(話しかけた方がいいのか?)

上条(いや…でも怒ってるならそっとしといたほうがいいのか?)

禁書(なんか静かなんだよ)モグモグ

五和(でもインデックスさんもいますし…)

上条(なんでインデックスもしゃべらないんだ…)

上条(やっぱり俺がしゃべったほうがいいのか?一応謝ったほうがいいのか?)

五和(でもあの人も告白する気だったみたいですし…)

禁書(なんかしゃべっちゃいけない雰囲気なんだよ)

上条(俺なのか、インデックスも五和もしゃべらないって事は俺がじゃべるべきなのか?)



112:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/25(木) 21:39:52.03 ID:0Toj/KDy0

禁書(私だって空気ぐらいよめるんだよ)

上条(誰か空気よんでしゃべってくれ!!)

五和(やっぱりもう少し後にした方がいいですね…)

上条「ど、どうだ、うまいか?」

五和「おいしいですよ」

上条「そうか」

五和「…」

上条「…」

五和(やっぱり後にした方がいいですね)

上条(また会話が…)

五和(もう少ししてからにした方がいいですね)

上条(ほぼ会話の無い夕飯だった…)

上条「ごちそうさま」

五和「ごちそうさまでした」

禁書「おいしかったんだよ」

五和「お皿洗っときますね」

上条「ああ、頼む」



113:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/25(木) 21:40:54.46 ID:0Toj/KDy0

~~~~~~~~~~~~~~~~~

香焼「なんでこんなに静かなんすかね?」

一方「いつ告白するか考えてンだろ」

土御門「ついにカミやんもリア充の仲間入りなんだにゃー」

建宮「最初っからリア充なのよな」

香焼「そうっすね」

一方「告白出来るのかが問題だな」

香焼「五和は奥手っすからね」

対馬「今の五和は一味違うから大丈夫よ」

一方「だといいけどな」

香焼「対馬先輩も早くリア充になれるといいですね」

対馬「うるさい!!」

香焼「結局大妖精チラメイドは使われませんでしたね」

建宮「残念なのよな…」

対馬「あんた達は結局それが見たいだけじゃない」

香焼「そのために来たんっすもんね」

建宮「そうなのよな」

対馬「あんた等…」



114:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/25(木) 21:42:07.62 ID:0Toj/KDy0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

禁書「…」スヤスヤ

上条「お茶飲むか?」スッ

五和「はい、ありがとうございます」ゴクゴク

上条「ありがとな…」

五和「え?」

上条「いろいろやってくれてさ…学園都市も満喫できたか?」

五和「はい、楽しかったです」

上条「そうか、よかったな」

五和「上条さんといても楽しかったです」

上条「うれしいな、ありがとう」

禁書(なんか起きづらい雰囲気なんだよ)

上条「後何日居られるんだったっけ?」

五和「今日入れずに3日です」

上条「あと3日か…短いな」

五和「そうですね…」

上条「ホントにいろいろありがとうな」

五和「いえいえ」



115:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/25(木) 21:44:27.94 ID:0Toj/KDy0

上条「あと3日どうするつもりなんだ?」

五和「まだ何にも決まってません…」

五和「…」

上条「…」

五和「上条さん!!」

上条「な、なんだ!?」

五和「明日、用事はありますか?」///

上条「別に無いけど…」

五和「あ、明日デートに行きませんか?」///

上条「で、デート!?」

五和「はい、遊園地にで、デートに行きたいです」///

上条「べ、別にいいけど…」

五和「あ、ありがとうございます」

禁書(とうまは鈍感すぎるんだよ)

禁書(とうまが誰かと付き合うのはあんまりうれしくないけど…)

禁書(でも五和ならごはんもおいしいし、優しいし…)

禁書(五和、頑張るんだよ!!)

上条「でもインデックスは…」

禁書「朝ご飯と夕飯さえ作ってくれれば別にいいんだよ」

上条「起きてたのか!?」

禁書「いいから、二人とも楽しんでくるんだよ」

上条「あ、ああ」

五和「はい」



116:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/25(木) 21:47:21.49 ID:0Toj/KDy0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

香焼「インデックスさん、いい人っすね」

土御門「まあ、あんなんでもシスターだからにゃー」

対馬「他人の幸福のために働くってわけね」

土御門「その通りだにゃー」

一方「嫉妬深いンじゃなかったのか?」

対馬「多分…五和の愛の力よ」

香焼「対馬先輩が言うとなんか変な感じですね」

対馬「うるさい!!」

建宮「なんだかんだでいい奴って事なのよな」

一方「まァ…食欲と嫉妬さえなければいい奴だからな」

対馬「わかってるじゃない」

一方「お前もよく分ってるじゃねェか」

建宮「明日はどうするのよな?」

一方「多分最後だし見に行く」

土御門「それでこそアクセラレータなんだにゃー」

香焼「頑張ってください」

一方「俺じゃなくて五和に言え」

土御門「インデックスのためにも成功させるべきだにゃー」

一方「だから俺に言うンじゃねェよ」

対馬「しっかり見てきてね」

一方「あァ」



124:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/27(土) 21:21:06.88 ID:Lr1JpGqP0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次の日

遊園地

五和「思ったより人が少ないですね」

上条「そうだな…」

上条「なんか乗りたい物とかあるか?」

五和「えーと…ジェットコースターに乗りたいです」

上条「じゃあ最初はジェットコースターだな」

五和「はい」

五和「………あの…」

上条「なんだ?」

五和「手…つなぎませんか?」///

上条「…え?」

五和「いえ、嫌なら別に…」

上条「別にいいよ」ギュッ

五和「あ…」///

上条「じゃあ行くか」スタスタ

五和「はい」スタスタ



125:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/27(土) 21:21:47.64 ID:Lr1JpGqP0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

麦野「いい雰囲気じゃない」

一方「そォだな…」

麦野「私達も行くわよ」

一方「何処に?」

麦野「私達もジェットコースターに乗るんでしょ?」

一方「乗らねェよ」

麦野「乗らないの?」

一方「当たり前だ」

麦野「もしかして怖いの?」

一方「ンな訳ねェだろ」

麦野「じゃあ乗りましょ」

一方「テメェ…」

麦野「そんな目で見てもダメよ」

一方「…」

麦野「行くわよ」グイッ

一方「おい、俺は乗るなンて一言も言ってねェぞ」ズルズル

麦野「いいからいいから」グイグイ

一方「何がいいからだ…おい、聞いてンのか!!」ズルズル



126:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/27(土) 21:22:52.65 ID:Lr1JpGqP0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガタゴトガタゴト

上条「結構高いな」

五和「そうですね」

上条「怖くないのか?」

五和「高い所は慣れてますから」

上条「へー」

五和「上条さんは大丈夫ですか?」

上条「俺は平気に決まってんだろ」

麦野「学園都市第一位がジェットコースターが苦手って…」

一方「能力さえ使えれば怖くねェよ」

麦野「能力使ったら面白くないでしょ」

一方「テメェ…」

麦野「何がそんなに怖いの?」

一方「落ちる時のなんか変な感覚だ…」

麦野「チキンね」

一方「うるせェ!!」

ゴーーー!!

五和「早いですね!!」

上条「うおっ!!」

麦野「アクセラレータ?」

一方「…」



127:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/27(土) 21:23:47.50 ID:Lr1JpGqP0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

五和「面白かったですね!!」

上条「久々に乗ったけど面白かったな」

五和「次は何にしますか?」

上条「テンション高いな」

五和「あ、すいません」

上条「いいんだよ、そっちの方が女の子っぽいから」

五和「女の子っぽい?」

上条「ああ、普通の女の子っぽくていいと思うぞ」

五和「そ、そうですかね?」///

上条「ああ」

上条「五和は何乗りたい?」

五和「次は上条さんの行きたい場所でいいですよ」

上条「じゃあ…お化け屋敷とかどうだ?」

五和「お化け…屋敷ですか?」

上条「嫌か?」

五和「…大丈夫です」

上条「行くか」

五和「はい」ギュッ



128:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/27(土) 21:25:10.44 ID:Lr1JpGqP0

五和「…」スタスタ

上条「大丈夫か?」スタスタ

五和「だ、大丈夫です」スタスタ

係員「2名様ですか?」

上条「はい」

係員「どうぞ」

上条「はい」

五和「…」ギュッ

上条「…」スタスタ

上条「足元気をつけろよ」

五和「はい」

上条(胸が当たってる…)ドキドキ

五和(やっぱり怖いです)ギュッ

上条(当たってるって!!言った方がいいのか?)

上条「五和…えーとさ…」

五和「何ですか?」

上条「当たってる…」

五和「……すいません!!」バッ

お化け「呪ってやるゥゥゥゥゥ!!」

五和「わっ!!」ギュゥゥゥ

上条「…」

五和「……あ、すいませ……」パッ

上条「行くぞ、五和」ギュッ

五和「あ…」///

上条「…」///



130:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/27(土) 21:27:48.27 ID:Lr1JpGqP0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方「…うっ」

麦野「水飲む?」スッ

一方「今は…いらねェ…」

麦野「こんな風になるなら先に言いなさいよ」

一方「お前が聞かなかっただけだろォが………うっ…」

麦野「ま、お互い悪い所があったわけだし仕方ないわね」

一方「全部テメェが悪いだろォが…」

麦野「五和達がお化け屋敷に入ったからよかったけど、遠くに行ってたら見失ってたわよ」サスサス

一方「さするな、余計に気持ち悪くなる…」

麦野「なら余計に気持ち悪くなったら」ニッコリ

一方「テメェ……ううっ…」

麦野「うまくいってるといいわね」サスサス

一方「だからさするンじゃねェ…」

麦野「あら?私の優しさよ」

一方「他人が苦しむ姿が見てェだけのドSにしか見えねェよ」

麦野「そう?」サスサスサスサス

一方「うぐっ……テメェェェ!!」



132:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/27(土) 21:30:05.56 ID:Lr1JpGqP0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ファーストフード店

上条「面白かったか?」モグモグ

五和「はい」モグモグ

上条「…」

五和「…」

上条(お化け屋敷からなんとなく話しづらいんだよな…)

五和(お化け屋敷から目を合わせられないです…)

上条(話しかけた方がいいよな…)

五和(どうしましょう…)

上条(なんて話しかけよう…やっぱりお化け屋敷の事は聞かない方がいいよな)

上条「…次はなんか乗りたいのとかあるか?」

五和「えーと…観覧車とかどうですかね?」

上条「観覧車か…俺は別にいいぞ」

五和(今度こそ、今度こそ告白してみせます)

上条(ちょっと待て、観覧車って二人っきりでかなり長い間乗ってなくちゃいけねーじゃねーか)

上条(ただでさえ気まずいのにさらに気まずくなっちまう…)

上条(どうしたらいいんだ…)



133:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/27(土) 21:31:19.66 ID:Lr1JpGqP0

五和「食べないんですか?」

上条「あ、食べるよ」モグモグ

五和「…」

上条「…」

上条「…あのさ…悪かったな」

五和「何がですか?」

上条「なんていうか…ほら、お化け屋敷だよ」

五和「あ、いえ、私は全然気にしてないので」

上条「でも、一応謝らせてくれ、悪かった」

五和「あ、頭をあげてください!!」

五和「そ、それに別に嫌ではなかったですし…」ボソボソ

上条「なんて言った?」

五和「独り言ですから気にしないでください」

上条「じゃあそろそろ行くか」ギュッ

五和「はい」スタスタ



134:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/27(土) 21:32:37.86 ID:Lr1JpGqP0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

麦野「ついに告白ね」モグモグ

一方「そォだな…」

麦野「五和が告白して成功したらどうするつもりなの?」

一方「俺が手伝うって言ったのはそこまでだ、その先は知らねェ」

麦野「ふーん」モグモグ

一方「それに変な勘違いがあっても困るだろ」

麦野「まあ、そうね」モグモグ

麦野「あんたからは連絡しない方がいいんじゃない?」

一方「そォだな」

麦野「そのかわり五和からの相談はしっかり乗ってあげなさいよ」

一方「あァ」

麦野「フライドポテト食べる?」

一方「あァ」モグモグ

一方「……!!」

麦野「どうしたの?」ニッコリ

一方「……何…しやがった…」

麦野「あれ、こんな所にタバスコが?」ニッコリ

一方「テメェ…」ゴクゴク



135:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/27(土) 21:33:57.19 ID:Lr1JpGqP0

麦野「告白するのは五和なのよ、あんたが緊張してどうするの」

一方「…」ゴクゴク

一方「うるせェ」

麦野「私なりの優しさよ」

一方「黙れ」ゴクゴク

麦野「落ち着いたらさっさと行くわよ」

一方「分かってる」

麦野「フライドポテト食べる?」

一方「食うわけねェだろ」

麦野「なんで?」

一方「数十秒前の自分の行動を思い出してみろ」

麦野「同じ手を何回も使う訳ないじゃない」

一方「…」

麦野「いらないの?」

一方「いる」モグモグ

一方「……!!」

麦野(こんな簡単に引っ掛かるのね)プルプル

一方「…」ゴクゴク



136:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/27(土) 21:35:28.97 ID:Lr1JpGqP0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

観覧車

上条「高いな」

五和「さっきより高いですね」

上条「ジェットコースターもいいけど、観覧車も面白いもんだな」

五和「そうですね」

上条「…」

五和「…」

五和「夕日が綺麗ですね…」

上条「そうだな」

五和「今日は楽しかったですか?」

上条「ああ、楽しかった」

上条「五和は?」

五和「楽しかったです」

上条「あと2日か…」

五和「そうですね…」



137:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/27(土) 21:39:11.77 ID:Lr1JpGqP0

五和「上条さん!!」

上条「なんだ!?」

五和「えーと、その…」///

上条「?」

五和「す……好きです!!付き合ってください!!」///

上条「…え?」

五和「上条さん、付き合ってください!!」///

上条「え…それって…告白!?」

五和「は、はい」///

五和「…」

上条「え…」

上条「…」

五和「…」

上条「お、俺も好きだ」///

五和「え?」///

上条「俺も五和の事好きだと思う」///

上条「こんな俺でよかったら」

五和「あ……ありがとうございます!!」



138:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/27(土) 21:40:50.49 ID:Lr1JpGqP0

上条「…」

五和「…」

上条「で…付き合う事になったんだけど…これからどうすればいいんだ?」

五和「さ、さあ?」

上条「恋人同士ってどんな事するんだ?」

五和「わ、私に聞かないでくださいよ」

五和「べ、別にこのままでいいんじゃないですか?」

上条「そう……だな」

上条「とりあえず上条さんって呼び方だけ何とかしようぜ」

五和「?」

上条「恋人同士なんだし…上条さんは変じゃねーか?」

五和「じゃあ…当麻さんで」

上条「………まあ、いいか」

五和「まあいいかってどういう意味ですか?」

上条「いやいや、別に悪い意味はねーよ」

五和「本当ですか?」

上条「本当だよ」

上条「そろそろ降りる準備しとけよ」

五和「はい」ギュッ



139:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/27(土) 21:43:52.24 ID:Lr1JpGqP0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次の日

五和「無事告白出来ました、ありがとうございました」

麦野「別にいいのよ」

一方「あァ…」

五和「もしこの先困ったことがあったらまた相談してもいいですか?」

麦野「私達がちゃんと相談にのってあげるわ」

五和「ありがとうございます」

一方「なンで俺も相談にのることになってンだ」

麦野「別にいいじゃない」

一方「何が別にいいンだ?」

麦野「この前手伝うって言ってたじゃない」

一方「…」

五和「…」

麦野「どうしたの?」

五和「え?」

麦野「告白したにしては元気がないじゃない」

五和「実は私明日の夜には日本にはいないんです」

麦野「?」

五和「仕事の関係で海外にいる事が多いので当麻さんにあんまり会えないんで…」

麦野「不安な訳ね」

五和「はい」



141:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/27(土) 21:47:21.60 ID:Lr1JpGqP0

麦野「私達に任せといて」

五和「いいんですか?」

麦野「アクセラレータ、あんた上条と仲いいんでしょ」

一方「結局俺がやるのか…」

麦野「当たり前じゃない」

一方「テメェがやれよ」

麦野「私じゃダメよ、上条と仲良くないし」

五和「ありがとうございます」

一方「まだ何も言ってねェぞ」

麦野「とりあえず上条の相談相手になってればいいと思うわ」

一方「無視してンじゃねェよ」

五和「手伝ってもらってばかりですいません…」

一方「勝手に話を進めてンじゃねェ!!」

麦野「じゃあ手伝わないの?」

一方「…」

麦野「じゃあ決定ね」

五和「ありがとうございます」



157:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/29(月) 21:41:40.60 ID:0/y3xCjS0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コンビニ

一方「面倒臭ェ…」ドサドサ

上条「アクセラレータ…」

一方「あァ?」ドサドサ

上条「それココアだぞ」

一方「…あ…あァ…」

上条「…戻すの手伝おうか?」

一方「…あァ」

上条「考え事でもしてたのか?」コトッ

一方「いや、仕事の事だ…」コトッ

上条「いろいろ大変なんだな…」

一方「…テメェはなンかあったのか?」

上条「え?」

一方「なンかあったンだろ?」

上条「なんでわかったんだ?」

一方「顔がニヤついてるからな」

上条「そうか?」

一方「鏡見てこい」

上条「後から見るよ」

一方「何があったンだ?」

上条「彼女が出来たんだ」

一方「へェ…」

上条「…あんまり驚かないんだな」

一方「驚く事じゃねェだろ(全部知ってるからな)」



158:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/29(月) 21:43:15.26 ID:0/y3xCjS0

一方「良かったな」

上条「…」

一方「どォした?」

上条「この前紹介した五和って覚えてるか?」

一方「あァ、覚えてる」

上条「俺五和と付き合う事になったんだ」

一方「知ってる」

上条「え?」

一方「…そ、そォだと思ったンだ」

上条「まあいいか」

上条「でも明日には仕事で海外に行っちまうんだ」

一方「なんでだ?」

上条「仕事だよ」

一方「…遠距離恋愛ってことか」

上条「ああ…」

上条「俺いろいろ不安なんだ」

一方「大変だな…」

上条「ああ…」

一方「なンかあったら相談にのってやるよ」

上条「ありがとう」

上条「お前は麦野さんとどうなんだ?」

一方「どォって?」

上条「付き合ってんのか?」

一方「ンな訳ねェだろ」スタスタ

上条「ん?背中に何かついてるぞ」ペリッ

『ツンデレロリコン』

一方・上条「…」

上条「犯人に心当たりは?」

一方「すでに犯人は分かってる…」



159:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/29(月) 21:44:09.43 ID:0/y3xCjS0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



上条「明日か…」

五和「そうですね…」

上条「1日最低1回はメールするからな」

五和「はい」

上条「あと時間があったらいつでも電話してきていいからな」

五和「はい」

上条「あと…」

五和「当麻さんからも電話してきてくださいね」

上条「ああ」

五和「…」

上条「…」

上条「荷物はまとめたか?」

五和「はい、全部まとめ終わってます」

五和「…」

上条「そ、そんな落ち込むなよ、またすぐ会えるかもしれないんだし、メールと電話もあるんだし」

五和「そうですね…」

上条「…」

五和「…」

上条「そろそろ寝るわ」

五和「おやすみなさい」



160:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/29(月) 21:44:54.18 ID:0/y3xCjS0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次の日

上条の家

禁書「今日はいつ帰るの?」

五和「お昼くらいに帰る予定です」

上条「じゃあ昼飯は食ってくか?」

五和「あ、はい」

上条「じゃあ俺が作るよ」

五和「ありがとうございます」

上条「ちょっと買い出し行ってくる」

五和「私も手伝いましょうか?」

上条「俺一人でいいよ、五和、昼飯楽しみにしとけよ」

五和「はい」

上条「じゃあ行ってくる」スタスタ

禁書「五和、浮気したら噛みつくからね」

五和「え、な…なんで知ってるんですか!?」///

禁書「逆に気付かない方がおかしいんだよ」

五和「そうですかね…」

禁書「五和もとうまもちょっとおかしいんだよ」

五和「…」



161:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/29(月) 21:46:02.06 ID:0/y3xCjS0

禁書「私はシスターだからね、とうまが幸せならうれしいんだよ」

五和「素敵ですね」

禁書「だから浮気したら噛みつくからね」

五和「しませんよ」

禁書「ホントに?」

五和「しませんよ」

禁書「じゃあ安心なんだよ」

五和「インデックスさんも当麻さんのことが好きなんですね」

禁書「…そういうところが変なんだよ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スーパー

上条「キャベツがいるな」スッ

一方「…」スッ

パシッ

上条「あ、すいません」

一方「こちらこそ」

上条・一方「…」



163:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/29(月) 21:47:08.45 ID:0/y3xCjS0

一方「五和と一緒にいなくていいのか?」

上条「最後くらい頑張った料理を食べさせてやりたくてな」

一方「そォか…」

上条「そんな暗い顔すんなって」

一方「あァ」

上条「明るく見送ってやろうぜ」

一方「それがいいな」

浜面「あれ?上条とアクセラレータじゃん?」

一方「バカ面…」

上条「久しぶりだなバカ面」

浜面「誰がバカ面だ」

一方「お前だよ」

浜面「なんか暇そうだな」

上条「買い物してんだ暇な訳ねーだろ」

一方「空気ぐらいよめ」

浜面「まあそんな怒んなよ」

一方「テメェはなンでスーパーなンかに来てンだ?」

浜面「滝壺とデートなんだ」

上条「今回は滝壺か…」

浜面「誤解を招くようなこと言ってんじゃねーよ!!」

滝壺「はまづら、はやい」

浜面「ああ、ゴメン」



164:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/29(月) 21:48:24.69 ID:0/y3xCjS0

上条「お前等付き合ってたんだ」

浜面「だいぶ前から付き合ってたぞ」

一方「どォでもいい…」

浜面「そんなこと言うなよ」

上条「後はアクセラレータだけだな」

一方「うるせェ」

浜面「お前等は何しに来たんだ」

一方「買い出しだ」

上条「さっき言っただろ、バカか」

浜面「なんで毎回罵倒をされなきゃいけねーんだよ!!」

一方「さっさと買いだしするぞ」

上条「ああ」

滝壺「私達も」

浜面「そうだな」ギュッ

一方・上条「…」

浜面「うらやましいか?」

一方・上条「黙れ」



165:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/29(月) 21:49:17.12 ID:0/y3xCjS0

方「ただのバカップルじゃねェか…」

浜面「誰がバカップルだ」

一方「三下、買い出しはいいのか?」

上条「買い出ししないと」スタスタ

滝壺「はまづら、私達も」

浜面「ああ、そうだな」

一方「…」

浜面「二人で昼飯作るんだ」

一方「誰も聞いてねェ」

浜面「楽しみだな」

滝壺「はまづら…」

浜面「滝壺…」

一方「それ以上顔を近づけたらぶっ殺す」

浜面「なんでそんなピリピリしてんだ?」

一方「テメェ等に話す気はねェ」スタスタ

上条「後は豚肉か…」

一方「ほらよ」

上条「あ、悪いな」

一方「気にすンな」

一方「さっさと帰って昼飯を作ってやれ」

上条「ああ」



167:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/29(月) 21:51:39.22 ID:0/y3xCjS0

浜面「忙しいんだな」

上条「さっきからそう言ってんじゃん」

一方「聞いてなかったのか?」

浜面「なんで俺に対する態度がそんなに冷たいんだ?」

一方「テメェ等が空気のよめないバカップルだからにきまってンだろ」

浜面「俺の事はなんて言ってもいいけど滝壺の事を悪く言うのはゆるさねーぞ」

滝壺「はまづら…」

一方「…」イライラ

浜面「滝つ………ぐえっ!!」グチャァ

一方「うぜェ!!」

上条「その気持ちは分かるけどトマト投げるなよ…」

滝壺「大丈夫?」

浜面「トマトまみれだけど怪我はしてない」

上条「トマトで怪我する訳ないだろ…」

浜面「そういえば、忙しいんじゃなかったのか?」フキフキ

一方「テメェがひきとめたンだろォが!!」ビュンッ

浜面「ぐえっ!!」グチャァ

上条「ちゃんと弁償しろよ」

一方「分かってる」

浜面「…悪い」

一方「またな」スタスタ

浜面「じゃあな…」

上条「また今度な」スタスタ



168:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/29(月) 21:52:41.89 ID:0/y3xCjS0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上条の家

上条「あと少しで出来るからな」ジュージュー

禁書「お腹減ったんだよ」

上条「分かってる」

五和「何作ってるんですか?」

上条「野菜炒めだ」

禁書「野菜炒め?」

上条「…俺が作れる一番うまい料理なんだ、仕方ないだろ」

禁書「別に何も言ってないんだよ」

五和「お皿準備しときましょうか?」

上条「ああ、頼む」

上条「…出来たぞ」スッ

禁書「思ったよりおいしそうなんだよ!!」ニコニコ

上条「…まあ、褒め言葉だと思っとくよ」

五和「おいしそうですね」

上条「ありがとう」

上条・禁書・五和「いただきます」



169:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/29(月) 21:54:15.40 ID:0/y3xCjS0

上条「どうだ?」

五和「とてもおいしいです」

禁書「当麻の作ったご飯の中では最高においしいんだよ」

上条「そうか…」

五和「あ、当麻さんの作ったご飯は全部おいしいですよ」

上条「ありがとう」

五和(インデックスさん…悲しい気持ちにさせないためにあんなことを言ってるんですね…)

禁書「おかわり」

上条「はいはい」

上条「向こう着いたらメールか電話してくれ」

五和「じゃあ電話してもいいですか?」

上条「五和の好きな方でいいよ」

五和「はい」

禁書「これから五和のごはんが食べれないのはさみしいな」モグモグ

五和「また時間があったら作ります」

禁書「約束なんだよ」



182:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/31(水) 21:11:21.06 ID:JE1jEnWl0

五和「じゃあそろそろ行きますね」

上条「飯はもういいのか?」

五和「はい、おいしかったです」

上条「全部食べていかないのか?」

五和「ちょっと時間が無いので、すいません」

上条「そうか…忘れ物は無いか?」

五和「大丈夫だと思います、あったらまた今度とりに来ます」

上条「そうしてくれ」

上条「えーと、じゃあ連絡待ってるからな」

五和「むこうに着いたら連絡します」

上条「ああ」

五和「1日1回はメールか電話、守ってくださいね」

上条「ああ、分かってる」

五和「それじゃあまた今度」スタスタ

上条「また今度」

禁書「またね、五和」

上条「…」
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



183:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/31(水) 21:12:14.80 ID:JE1jEnWl0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次の日

カフェ

上条「寂しいよ…」

一方「まだ1日しか経ってねェぞ」

上条「遠距離恋愛ってこんなにつらいんだな…」

一方「電話とかしたのか?」

上条「時差とか通話料で長い間電話できないんだ」

一方「残念だったな」

上条「寂しいよ~」

一方「さっき聞いた」

上条「なんかいい方法ないか?」

一方「俺に聞くンじゃねェ」

上条「何かないかな…」

一方「パソコン使えばいいだろォが」

上条「上条さん家にそんなハイスペックなパソコンはありません」

上条「それに電話とかだと五和が無理して元気に振舞うから嫌なんだよ」

一方「じゃァどォしてェンだ?」

上条「ありのままの五和が知りたい」
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



184:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/31(水) 21:14:51.83 ID:JE1jEnWl0

上条「あ、今の彼氏っぽいな、もう一回言おうかな」

一方「言わなくていい」

上条「今の彼氏っぽかっただろ」

一方「現に彼氏だからな」

一方「テメェは五和の彼氏だって自覚が足りねェな」

上条「まだ実感できないうちに行っちまったからな…」

一方「…悪ィ」

上条「別にいいよ」

土御門「今のはアクセラレータが悪いんだにゃー」

上条「つ、土御門!!」

一方「テメェ…いつから居やがった」

土御門「ここに来たのは今さっきだけど、会話は最初から聞いてたんだにゃー」

一方「テメェはストーカーか」

土御門「人間は誰しもストーカーな部分を持ってるんだにゃー」

一方「知るか!!」

上条「何の用だ?」

土御門「カミやんは五和のありのままの状態が知りたいんだろ?」

上条「ああ」

土御門「実はそれが出来る奴を1人知ってるんだぜい」

上条「え?」

一方「どんな奴だ?」

土御門「フリーの武器商人だにゃー」

上条「武器商人?」

土御門「ああ、学園都市の最新の銃から魔術に使う霊装まで扱うエリート武器商人だぜい」

一方「へェ…」
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



185:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/31(水) 21:16:16.22 ID:JE1jEnWl0

上条「じゃあそいつに頼めば…………」

土御門「ああ、そいつなら五和達の所にも行ってると思うぜい」

一方「良かったじゃねェか」

上条「土御門…本当にありがとう」

土御門「当たり前だぜい、友達だろ、カミやん」

上条「じゃあ早速……」

一方「すぐは無理だと思うぞ」

土御門「とりあえず連絡してみるんだにゃー」

上条「ああ」

土御門「細かい事は後日連絡するんだにゃー」スタスタ

一方「良かったな」

上条「ああ」

一方「少しは元気でたか?」

上条「少しだけ…な」

上条「…でも後日か…出来れば今日聞きたかったな…」

一方「無茶言ってンじゃねェよ」

上条「寂しいな…」

一方「もォわかった」
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



186:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/31(水) 21:20:14.18 ID:JE1jEnWl0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イギリス

五和「…」

五和「…」

五和「はあ…」

建宮「さっきからケータイを見てはため息をするのを繰り返してるのよな」

香焼「いわゆる恋の病っすね」

建宮「そうなのよな…」

建宮「何か元気の出ること無いのよな?」

香焼「いつもみたいにふざけてみたら五和も元気出るんじゃないっすか?」

建宮「…やってみる価値はあるのよな」

対馬「もしやるつもりなら五和に酒飲ませるわよ」

建宮「…」

対馬「分かったら黙って見てなさい」

香焼「こんなんじゃいつまで経っても五和があのままっすよ」

対馬「別にいいのよ」

香焼「そうっすかね?」

対馬「まだ1日しか経ってないんだから」

建宮「上条はどうなってるのよ?」

香焼「大丈夫っすかね?」

対馬「アクセラレータが何かと相談にのってあげてるみたいよ」

建宮「…なんでそんな事知ってるのよな?」
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



187:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/31(水) 21:22:13.96 ID:JE1jEnWl0

対馬「メールで教えてもらったのよ」

香焼「対馬先輩ってケータイ持ってたんすか?」

対馬「持ってないと思ってたの?」

香焼「はい」

対馬「…」

建宮「いつの間にアドレスを聞いたのよな?」

対馬「少し前に私が聞いたの」

香焼・建宮「…」ニヤッ

対馬「何を考えたかは何となく予想がつくわね」

建宮「じゃあなんで聞いたのよな?」ニヤニヤ

対馬「真剣に五和達の事考えてたのって私とあの人だけでしょ、だからよ」

香焼「あの人っすか」ニヤニヤ

対馬「殴るわよ…」

建宮「これは対馬用に買っておいた大精霊チラメイドの……」

対馬「…」ドゴッ!!

建宮「う…」ドサッ

対馬「五和に余計なことはしない事、いいわね」

香焼・建宮「はい…」

香焼「対馬先輩とあの人は……」

対馬「…」ドゴッ!!

香焼「あぐ…」ドサッ
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



188:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/31(水) 21:23:26.56 ID:JE1jEnWl0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カフェ

上条「寂しいよ~」

一方「テメェはさっきからそれしか言わねェな」

上条「お前もこの状況になったらわかるぞ」

一方「だろォな」

上条「俺が思ってた倍ぐらいつらいんだよな…」

一方「連距離恋愛か」

上条「五和もつらくなったら何時やめてもいいですからねって言ったんだよな…」

一方「…」

麦野「あら、あなた達もここに来てたの」

一方「もう少し空気よんで登場しろよ…」

上条「麦野さん…」

麦野「五和って子と付き合ってるんだって?」

上条「アクセラレータ」

一方「俺じゃねェ」

上条「じゃあ誰だよ」
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



189:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/31(水) 21:25:10.59 ID:JE1jEnWl0

一方「知るか」

麦野「コイツから聞いたのよ」

一方「嘘ついてんじゃねェ!!」

上条「まあいいや」

一方「俺じゃねェからな」

上条「わかったわかった」

麦野「何の話?」

上条「遠距離恋愛がつらいって話です」

一方「励ましてやってくれ」

麦野「知ってる?遠距離恋愛のほとんどは別れちゃうんだって」ニッコリ

一方「おい」

上条「ホントか…?」

麦野「本当よ」

一方「お前は本当にドSだな」

麦野「最高の褒め言葉ね」

一方「褒めてねェ」

上条「でも全部じゃないんだろ」

一方「ポジティブだな…」

麦野「ほんの一握りだけどね」

一方「いい加減にしろよ」
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



190:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/31(水) 21:26:13.87 ID:JE1jEnWl0

麦野「まあ五和はあなたにベタ惚れだから大丈夫だと思うわよ」

上条「え?」

麦野「あ…」

一方「おい」

上条「なんで知ってるんだ?」

麦野「えーと…」

一方「五和にお前の事頼まれたんだよ」

上条「…どういう事だ?」

麦野「あなたの事が不安だからって頼んでいったのよ」

一方「だからあいつは絶対浮気なんかしねェと思うぞ…多分」

上条「アクセラレータ、麦野さん、ありがとう」

一方「…」

麦野「どういたしまして」

麦野「あなたは大丈夫なの?」

上条「何が?」

麦野「寂しいからって浮気なんかしちゃダメよ」

上条「そんなことしねーよ」

麦野「今はそんな風でもこれから先どうなるか分かんないものよ」

上条「………大丈夫だ」

一方「今の間はなンだ?」
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



191:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/31(水) 21:27:40.11 ID:JE1jEnWl0

上条「電話もメールもあるし大丈夫だ」

麦野「頑張ってね」

上条「ああ」

一方「どっかのバカップルみたいになるなよ」

上条「絶対ならない」

一方「即答か…」

麦野「ジュース買ってきてあげようか?」

一方「突然どォした?」

麦野「いらないの?」

一方「俺はコーヒーだ」

上条「俺はなんでもいい」

麦野「分かったわ」スタスタ

上条「…武器商人ってどんな人なんだろーな?」

一方「さァな…」

一方「案外普通の奴かもな」

麦野「持って来たわよ、あとサービスのようかんだって」

一方「…」

上条「どうした?」ズズッ
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



192:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/08/31(水) 21:28:42.70 ID:JE1jEnWl0

一方「これちょっと飲んでみろ」

上条「?」

一方「いいから」

上条「…」ズズッ

上条「ただのコーヒーじゃん」

一方「そォか…」ズズッ

上条「どうしたんだ?」

一方「なンでもねェ」ズズッ

一方「三下」

上条「ん?」

一方「そのようかんもらっていいか?」

上条「別にいいけど」

一方「…」パクッ

一方「……!!」ブルブル

上条「アクセラレータ!?」

麦野「甘かったわね、その爪楊枝に激辛粉末をふりかけといたのよ」

一方「テメェ」パクッ

一方「……!!」

麦野「ついでにようかんにもふりかけといたから」

上条「なんか…お前等見てると1日会えないだけで悩んでるのが馬鹿馬鹿しくなってくるよ」

一方「…」ゴクゴク

麦野「良かったわね」

一方「俺は良くねェ…」
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



202:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/02(金) 21:39:08.89 ID:Goh+qFTJ0

~~~~~~~~~~~~~~~~



プルルルルルルル ピッ

上条「五和、元気か?」

五和『上条さんこそ元気ですか?』

上条「俺は元気だよ」

五和『寂しくないですか?』

上条「アクセラレータ達が励ましてくれたから」

五和『…そうですか』

上条「ありがとうな、俺の事心配してくれて」

五和『え?』

上条「アクセラレータ達に俺の事頼んどいてくれたんだろ」

五和『あ、はい、め、迷惑でしたか?』

上条「いや、うれしかったよ」

五和『そうでしたか』

上条「五和も無理しないで頑張れよ」

五和『はい』

上条「じゃあそろそろ…」

五和『そうですね…』
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



203:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/02(金) 21:40:00.41 ID:Goh+qFTJ0

~~~~~~~~~~~~~~~~

イギリス

対馬「大丈夫、五和?」

五和「はい、なんとか…」

対馬「バカな男共は私が黙らせておくから安心して」

五和「あ、はい」

五和「…どうやったんですか?」

対馬「…………聞かない方がいいと思うわよ」

五和「……じゃあ聞かない事にします」

携帯電話『ピピピピピピ』

五和「対馬さんってケータイ持ってたんですね」

対馬「…」

『対馬へ
とりあえず三下は元気だ、そっちはどォだ?
       一方通行』

対馬「…」チラッ

対馬「五和、寂しくない?」

五和「え…ちょっとは寂しいですけど…別に大丈夫です」

対馬「そう」ピピピ

『一方通行へ
少し寂しいらしいけど元気よ
       対馬』

五和「誰とメールしてるんですか?」
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



204:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/02(金) 21:41:19.09 ID:Goh+qFTJ0

対馬「アクセ…………」

対馬(そういえば五和って私達がアクセラレータと会ってること知らなかったわよね)

対馬「えーと…」

五和「もしかして…」

対馬(バレた?)

五和「彼氏…ですか?」

対馬「…そ、そうなのよ、五和には言ってなかったっけ?」

五和「聞いてないですよ」

対馬「そう、言ってなくて悪かったわね」

五和「どんな人なんですか?」

対馬「えーと…」

対馬(アクセラレータってどんな人だったっけ?)

五和「あ、いいですいいです、また今度紹介してくださいね」スタスタ

対馬「わ、わかったわ」

対馬「ややこしい事になっちゃったわね…」
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



205:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/02(金) 21:43:44.17 ID:Goh+qFTJ0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

建宮「面白い事になってきたのよな」

香焼「そうっすね」

建宮「五和のついでに対馬も応援するのよな」

対馬「何の応援?」ドゴッ!!

建宮「はぐっ!!」ドサッ

香焼「対馬先輩…」

対馬「余計なこと言ったりやったりしたら殴るからね」

香焼「わかってます」

対馬「それにしてもあんた達も暇よね」

香焼「対馬先輩達に頑張ってもらいたいから応援してるんすよ」

対馬「本気で言ってる?」

香焼「はい」

香焼「あと大精霊チラメイドが見たいからです」

対馬「大方の理由は見たいだけでしょ」

香焼「でも成功してももらいたいんすよ」

対馬「じゃあ普通に、普通に五和を励ましなさい」

建宮「そうするのよな」フラフラ

対馬「普通によ」

建宮「分かってるのよな」

香焼「それより今日は武器商人の人が来る日じゃないっすか?」

建宮「そうだったのよな」
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



206:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/02(金) 21:46:00.31 ID:Goh+qFTJ0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2日後

カフェ

土御門「今日呼び出した理由はわかるかにゃー?」

一方「決まってンだろ」

上条「この前言ってた武器商人だろ?」

土御門「その通りだにゃー」

上条「で、その武器商人は?」

土御門「まだ来てないんだにゃー」

一方「じゃァなンでこンな朝早くに呼ンだンだ!!」

土御門「寝不足でイライラしてるからってキレるのは良くないんだにゃー」

上条「あとどれくらいで来るんだ?」

土御門「もうすぐで来ると思うぜい」

一方「さっさとしろ!!」

土御門「イライラしないで話を聞くべきだにゃー」

上条「とりあえず落ち着けよ」

一方「チッ…」
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



207:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/02(金) 21:47:55.28 ID:Goh+qFTJ0

上条「武器商人ってどんな奴なんだ?」

土御門「一言で言えばエリートでかっこいいつっこみだにゃー」

上条「…ゴメン、全然想像できない」

一方「どンな奴だよ」

土御門「もうそろそろ来ると思うんだにゃー」

上条「どんな人なんだろう…」

???「久しぶりだな、土御門」

一方「誰だ?」

土御門「武器商人の残党だにゃー」

一方「確かにかっこいいな…」

上条「どっかで会った事ある?」

残党「無い」

土御門「いろんな所で武器を売ってる武器商人だにゃー」

一方「若ェな」

土御門「残党は俺達と同い年だからにゃー」

上条「17ってことか」

上条「…それより五和とは会えたのか?」

一方「本題に入るの早ェな…」

上条「彼氏なら普通だろ」

土御門「リア充は爆発すればいいんだにゃー」
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



208:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/02(金) 21:50:13.88 ID:Goh+qFTJ0

残党「天草式の人達とは話しはしたぞ」

上条「五和とは?」

一方「落ち着け、三下」

土御門「アクセラレータも言う通りなんだにゃー」

残党「周りの奴から聞いたところによると今のところ元気らしい」

上条「良かった…」

残党「ただ………」

上条「何がタダなんだ?」

残党「お金の方のタダじゃねーよ」

残党「ただやっぱり会えなくなって寂しいらしい」

一方「まァ、だろォな」

上条「なんとかしてあげたいよな」

土御門「なんとかって言っても具体的にはどうするんだにゃー」

一方「お前が出来る事はメールと電話はしてやるぐらいじゃねェか」

上条「そうだけどさ…」

一方「テメェはどォすればいいと思う」

残党「俺に聞くなよ」

一方「少しは考えろ」

上条「どうせ暇だろ」

残党「なんだお前等!!」

土御門「まあまあ、残党も一緒に考えるんだにゃー」

残党「さりげなく手伝わせるんじゃねーよ!!」
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



209:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/02(金) 21:54:27.29 ID:Goh+qFTJ0

上条「俺会いに行こうかな」

一方「無駄だろ」

上条「なんでだよ!!」

土御門「良く考えてみるんだカミやん、今行っても、少し経てばまた寂しくなるんだぜい」

一方「そォだ、だから今は今の状態に慣れるしかねェだろ」

土御門「どう思う?」

残党「だからなんで何にも知らない俺に聞くんだ!!」

一方「いいじゃねェか」

上条「じゃあ俺はどうすればいいんだ?」

残党「あくまで今まで通りメールや電話すればいいんじゃねーか?」

一方「正解だ」

残党「どうもありがとう…」

上条「やっぱりそれぐらいしか出来ないのか…」

一方「仕方ねェだろ」

上条「これからも頼むよ」

一方「いろいろ聞いて来てくれ」

残党「初回は無料だがこれからは報酬をもらうからな」
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



210:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/02(金) 21:55:47.41 ID:Goh+qFTJ0

一方「今度からコーヒー奢ってやるよ」

残党「なめてる!?」

上条「じゃあ俺はケーキ奢ってやるよ」

残党「お前もふざけてるよな!?」

土御門「カミやん達は大真面目なんだにゃー」

残党「そんな訳ねーだろ!!」

一方「じゃァ決定な」

残党「勝手に決めてんじゃねぇェェェ!!」

上条「別にいいじゃん」

残党「…もう勝手にしてくれ」

一方「じゃァ決定だ」

土御門「これから頼むんだにゃー」
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



211:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/02(金) 22:03:04.25 ID:Goh+qFTJ0

~~~~~~~~~~~~~~~~~

夕方

上条の家

上条「五和にメールしなくちゃな」ピピピ

『五和へ
元気か?こっちは元気だ
   上条当麻』

上条「やっぱり短いかな…」

上条「…」ピピピ

『五和へ
こっちはいろいろ大変だけど元気だ、そっちはどうだ?
   上条当麻』

上条「…うーん」

上条「もっとロマンチックにした方がいいのか?」ピピピ

『五和へ
会えないのは寂しいけど心はずっとつながってるよ
 上条当麻』

上条「…」

上条「自分で書いたんだけどこれは無いな!!」

上条「どんなメールがいいんだろう…」ピピピ

『一方通行へ
五和へどんなメールを送るといいと思う?
   上条当麻』

上条「…寝てたかな?」
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



212:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/02(金) 22:03:58.02 ID:Goh+qFTJ0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方「…」スヤスヤ

携帯電話「ピピピピピピピ」

一方「…ン」ガサゴソ

一方「…」ピッ

『一方通行へ
五和へどんなメールを送るといいと思う?
   上条当麻』

一方「…」ブチッ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

携帯電話「ピピピピピピピ」

上条「アクセラレータからかな?」

『上条
ンなもン自分で考えやがれ!!
     一方通行』

上条「やっぱり寝てたな…」

上条「どんなメールがいいんだろう…」

上条「一番最初のに少し書き加えるか」

『五和へ
元気か?こっちは少し暑くなってきた、そっちはどうだ?
   上条当麻』

上条「…これでいいか」ピッ
自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314546216/



231:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/04(日) 21:23:05.38 ID:mApFeJGE0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イギリス

携帯電話「ピピピピピピピ」

五和「メール」ピッ

『五和へ
元気か?こっちは少し暑くなってきた、そっちはどうだ?
   上条当麻』

五和「元気そうですね…」

五和「はぁ…」ピピピ

『当麻さんへ
私は元気です、当麻さんはどうですか?』

五和「これでいいですね」ピッ

五和「…あれ?誰のケータイですかね?」

携帯電話「ピピピピピピピ」

五和「どうしましょう…メールですよね?」

五和「…」ピッ

『対馬へ
そっちはどォだ?
   一方通行』

五和「…」

五和「対馬さんの彼氏って…」

対馬「五和、私のケータイ知らない?」スタスタ



232:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/04(日) 21:23:44.59 ID:mApFeJGE0

五和「あ、そ、そこのやつですか?」ポイッ

対馬「こんな所にあったんだ」

五和「め、メールきてましたよ」

対馬「…」ピッ

対馬「ホントだ」

五和「もしかして彼氏からですか?」

対馬「ま、まあそうね」

五和「…」

対馬「どうしたの?」

五和「い、いえ、私は別に相手が誰であろうと気にしませんから!!」

対馬「?」

五和「お互い遠距離恋愛頑張りましょうね」

対馬「何言ってるの?」

五和「別に相手が誰とか気にしてませんから!!」タタタッ

対馬「…」ピッ

対馬「メールが開いてある…」

対馬「…」



233:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/04(日) 21:24:43.28 ID:mApFeJGE0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上条の家

上条「…」モグモグ

禁書「…」モグモグ

禁書「寝てないの?」

上条「ああ、ちょっといろいろあってな」

禁書「五和の事?」

上条「なんでインデックスが知ってるんだ?」

禁書「シスターだからなんだよ」

上条「答えになってないぞ」

禁書「とうま達を見てればすぐにわかるんだよ」

禁書「あんまり悩まない方がいいんだよ」

上条「分かってるけどさ…」

禁書「ゆっくり考えていけばいんだよ」

上条「インデックス…」

禁書「どうしたの?」

上条「お前の事ただの大食いで働かない奴だと思ってたけど…ちゃんとシスターっぽい事もするんだな…」

禁書「私はシスターだから当たり前の事をしたまでだよ」

上条「それよりなんで知ってるんだ?」

禁書「だからそれぐらい普通にわかるんだよ」

上条「インデックスって案外いろいろ見てるんだな」

禁書(いろいろ見てなくても簡単にわかるんだよ)



234:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/04(日) 21:27:41.54 ID:mApFeJGE0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イギリス

五和「私決めました!!」ガタッ

対馬「何を?」

五和「私学園都市に行きます!!」

対馬「…」

建宮「それは無理なのよな」

五和「なんでですか!?」

建宮「まだ仕事も残ってるのよな、ある程度仕事が片付いたら行ってもいいのよな」

五和「…」

対馬「もう少し我慢しなさい」

五和「…対馬さんは寂しくないんですか?」

対馬「え?」

五和「アクセラレータさんも学園都市にいるじゃないですか」

対馬(そういえばそんな風になってたわね…)

対馬「私は大丈夫よ」

五和「なんでですか?」



235:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/04(日) 21:29:09.65 ID:mApFeJGE0

対馬「相手を信頼してるもの」

五和「?」

対馬「五和は寂しいの?不安なの?」

対馬「不安なんでしょ」

五和「…」

対馬「不安って事は相手を信じてないって事よ」

五和「でも…」

対馬「彼を信頼しなさいよ」

建宮(付き合ってもないのに良くあんなに語れるのよな…)

五和「…」

対馬「きっと大丈夫」

五和「…わかりました」

建宮「電話かメールでもするのよな」

五和「はい」スタスタ

対馬「…」

建宮「今更嘘でしたなんて言えないのよな」

対馬「そうね…」



236:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/04(日) 21:35:03.32 ID:mApFeJGE0

対馬「メール送った?」ガチャ

五和「はい、ありがとうございました」

対馬「いいのよ」

対馬(これはもう嘘を貫き通すしかないわね)

五和「対馬さんも大変だったんですね…」

対馬「ま、まあ、そうね…」

五和「私対馬さんの気持ちも知らずに…」

対馬「い…いいのよ、そんな事」

建宮「対馬もアクセラレータもしっかりしてるから出来る事なのよな」

五和「そうですよね、アクセラレータさんもしっかりしてますもんね」

五和「…………なんで建宮さんがアクセラレータさんの事知ってるんですか?」

建宮「この前五和が学園都市に行った時に知り合ったのよな」

五和「みなさん私のために…」ウルウル

対馬「ほとんどふざけてたけどね」ボソボソ

建宮「それは今は言わない方がいいのよな」ボソボソ



237:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/04(日) 21:35:51.94 ID:mApFeJGE0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



カフェ

一方「いきなり何の用だ?」

上条「いきなり呼び出して悪かったな」

一方「暇だったから別にいいけどよ」

一方「それで何の用だ?」

上条「五和の事で…」

一方「それ以外で俺を呼んだことねェだろ」

上条「まあそうなんだけど…」

一方「で、どォしたンだ?」

上条「こんなメールが来たんだ」

『当麻さんへ
当麻さんを信じます、寂しいですけど大丈夫です
   五和』

上条「これって元気ですって事だよな?」

一方「あァ」

一方「不安だったンじゃねェか?」

上条「何が?」

一方「お前モテるし」

上条「そんな訳ねーだろ」



238:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/04(日) 21:36:27.14 ID:mApFeJGE0

一方「いや…お前が思ってる100倍ぐらいモテるぞ」

上条「そうか?」

一方「だからお前が他の女と浮気しないか不安なンだろ」

上条「それはありえないぞ!!」

一方「そンなもン五和にはわかんねェだろ」

上条「まあ、そうだけど…」

一方「何があったかは知らねェけど良かったじゃねェか」

上条「ああ」

一方「とにかく今までみたいに無理に頑張る事はねェだろ」

上条「それは嬉しいな」

一方「お前も浮気すンなよ」

上条「しないよ」

一方「男なンていつ浮気するかわかンねェからな」

上条「お前だって男じゃん」

上条「あ、女だったっけ」

一方「ぶっ殺すぞ」



239:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/04(日) 21:37:50.46 ID:mApFeJGE0

一方「まァ五和も頑張ってんだし、テメェも頑張れ」

上条「そうだな」

上条「イギリス行きてーな」

一方「行けばいいだろ」

上条「え?」

一方「バイトでもして金貯めればいいじゃねェか」

上条「この前ダメだって…」

一方「すぐにはダメだって事だ、ある程度時間が経てば行けばいいだろ」

上条「それって矛盾じゃ…」

一方「世の中は矛盾だらけだ」

上条「誰の言葉だよ?」

一方「忘れた」

上条「…バイトするかな」

一方「あァ」

上条「一緒に頑張ろうぜ」

一方「?」

上条「何処で働こうかな…」ピッ

一方「俺も一緒に働くのか?」

上条「ああ」

一方「嫌だって言ったらどォする?」

上条「説得する」

一方「…仕方ねェな」

上条「ありがとう」



240:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/04(日) 21:38:27.97 ID:mApFeJGE0

上条「土御門にバイト紹介してもらおうかな」

一方「勝手にしろ」

浜面「アクセラレータに上条じゃん、久しぶり」スタスタ

一方「バカ面か…」

上条「どうしたバカ面?」

浜面「だからバカ面じゃねーよ!!」

上条「じゃあなに面だよ」

浜面「浜面に決まってんだろ!!」

一方「どォしたンだよ?」

浜面「麦野の買い物の手伝いだ」

上条・一方「…」

浜面「何だよその目は?」

上条「滝壺がいるのに…」

浜面「滝壺にもちゃんと伝えてある!!」

麦野「まだ悩んでるの?」スタスタ

上条「今解決した所です」

麦野「良かったわね」



241:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/04(日) 21:39:05.35 ID:mApFeJGE0

一方「お前等暇そうだな」

浜面「俺は暇じゃねーぞ」

上条「なんで?」

浜面「毎日デートだか………ぐはっ!!」ゴシャッ

一方「間違ってスプーン投げちまった、悪ィ」

浜面「…何をどう間違ったらスプーンが顔面に当たるんだ!!」ポタポタ

上条「バカ面、鼻血出てるぞ」

浜面「分かってる」フキフキ

一方「麦野、いいバイトねェか?」

麦野「そういうのは浜面の方が詳しいわよ」

一方「バカ面、いいバイトあるか?」

浜面「それが人に何か頼む時の態度か!!」

上条「早く教えてくれよ」

浜面「お前も便乗してんじゃねーよ!!」

麦野「浜面、うるさい」

浜面「すいません…」



251:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/06(火) 21:23:29.74 ID:cnczNI+10

浜面「バイトね…」

上条「無いか?」

一方「出来ればその日にバイト代がでる仕事がいい」

浜面「うーん…確かコンビニで急きょ人手がほしいって言ってたような…」

上条「じゃあ連絡してくれ」

浜面「決定!?」

一方「何処のコンビニだ?」

浜面「決定なんだね…」

麦野「いいから電話してみたら?」

浜面「…」ピッ

浜面「はい………はい………分かりました」

上条「何だって?」

浜面「バイト経験はあるかって?」

上条「俺は無い」

一方「同じく」

浜面「じゃあ無理じゃん」

上条「やる気でカバーすればいいだろ」

浜面「カバーできる訳ねーだろ!!」



252:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/06(火) 21:24:45.57 ID:cnczNI+10

一方「どォしても無理か?」

浜面「聞けばいいんだろ?」

浜面「どうしても無理ですかね?……………はい…はい…………」

麦野「どうだって?」

浜面「裏方の荷物運びなら手伝ってほしいって」

一方「わかった」

上条「やったな」

浜面「ただ1日だけだって」

上条「別にいい」

一方「決定だ」

浜面「はい…………わかりました」

浜面「明日の午前10時からだってさ」

一方「了解」

上条「頑張るか」

麦野「頑張ってね」

一方「あァ」

浜面「見に行くからな」

上条・一方「来るな」



253:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/06(火) 21:25:54.56 ID:cnczNI+10

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次の日 

コンビニ裏の空き地

店長「君達かい?」

一方「あァ」

上条「バイトに来ました」

店長「浜面の知り合いだからもっとチャラチャラした奴かと思ってたよ」

一方「浜面たちと一緒にされたくねェな」

店長「そりゃそうだな」

上条「それで何を手伝えばいいんですか?」

店長「そこのダンボールをトラックの荷台に積んで欲しいんだ」

上条・一方「…」

上条「何個ぐらいありますかね?」

店長「ん~、ざっと500ぐらいかな」

一方「全部乗るのか?」

店長「ギリギリ乗りきると思うよ」

店長「じゃあ今日中に全部積んじゃってね」スタスタ

上条「…始めるか」スタスタ

一方「あァ…」スタスタ



254:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/06(火) 21:27:01.01 ID:cnczNI+10

上条「意外と重いな」ドサッ

一方「だりィ…」ドサッ

上条「能力使えよ」ドサッ

一方「使ったって60分しか出来ねェぞ」ドサッ

上条「それに乱暴に扱って壊れても困るか…」ドサッ

一方「分かったらさっさと働け」ドサッ

上条・一方「…」ドサッ

上条・一方「…」ドサッ

上条・一方「…」ドサッ

上条「いや…何か話そうぜ」

一方「何を?」

上条「そうだな…好きな人とかいるのか?」

一方「なンで修学旅行のノリなンだよ…」ドサッ

上条「教えてくれよ」

一方「いいから黙って働け!!」ドサッ

上条「仕方ないな…」ドサッ

上条・一方「…」ドサッ

上条「昨日テレビ見た?」

一方「黙れって意味がわかんねェのか…」



255:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/06(火) 21:27:50.67 ID:cnczNI+10

土御門「よう、カミやん」

一方「また騒がしい奴が…」

上条「どうしたんだ?」ドサッ

土御門「暇だったから見に来たんだにゃー」

一方「だったら手伝え」

土御門「それは嫌だにゃー」

上条「なんで?」

土御門「バイト代を三人で分けるなら考えてやってもいいぜい」

一方「…」ドサッ

上条「俺達だけでやるからいいよ」ドサッ

土御門「頑張るんだにゃー」

一方「なんもしねェなら帰れよ」ドサッ

土御門「嫌だにゃー」

上条「即答…」ドサッ

土御門「頑張るんだにゃー」

上条「さっき聞いた…」ドサッ

一方「面倒臭ェ…」ドサッ

一方「…」ピピピ

土御門「アクセラレータ、ちゃんと働くんだぜい」

一方「うるせェ」



256:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/06(火) 21:28:40.32 ID:cnczNI+10

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イギリス

対馬「…」ピッ

『対馬へ
もしかしたらイギリスに行くかもしれねェ
    一方通行』

対馬「…」ピピピ

『一方通行へ
上条くんが来るって事?
   対馬』

対馬「…」モグモグ

携帯電話『ピピピピピピピ』

『対馬へ
俺がイギリスに行ったって仕方ねェだろ
   一方通行』

対馬「…」ピピピ

『一方通行へ
あんたはイギリスに来ないの?
     対馬』

対馬「…」モグモグ

携帯電話『ピピピピピピピピ』

『対馬へ
俺も行けたら行く
   一方通行』

対馬「…」モグモグ

五和「…」モグモグ

五和「対馬さん…なにニヤニヤしてるんですか?」



257:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/06(火) 21:29:57.43 ID:cnczNI+10

対馬「え?」

五和「さっきからケータイ見ながら笑ってどうしたんですか?」

対馬「私笑ってた?」

五和「はい」

対馬「どんな風に?」

五和「なんか…嬉しそうに…」

対馬「…」

五和「どうしたんですか?」

対馬「メールしてたのよ」

五和「誰とで…………アクセラレータさんですね」

対馬「上条くんとイギリスに来るかもしれないって」

五和「え!?」

対馬「まだ来るかどうか分かんないけどね」

五和「でも…うれしいです!!」

対馬「良かったわね」モグモグ

五和「はい!!」

対馬「早く食べないと冷めちゃうわよ」

五和「あ、はい」モグモグ



258:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/06(火) 21:32:40.12 ID:cnczNI+10

対馬「…」モグモグ

携帯電話『ピピピピピピピピピ』

五和「メールですよ」

対馬「わかってるわよ」

『対馬へ
上条に聞いたら俺も行く事になってた
  一方通行』

対馬「…」モグモグ

五和「ど、どうしたんですか?」

対馬「何が?」

五和「なんか…すごくうれしそうでしたよ」

対馬「気のせいよ」

五和「そうですかね」

対馬「そうよ」

五和「メール見せてくださいよ」

対馬「絶対嫌」



259:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/06(火) 21:33:33.93 ID:cnczNI+10

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上条「やっと半分か…」

一方「先は長ェな…」

一方「……やるか」ドサッ

上条「やらないと終わらないしな」ドサッ

上条「しんどいな…」ドサッ

一方「分かりきった事言うンじゃねェ…」

浜面「頑張ってるか?」

一方「バカ面…俺達が遊ンでるみたいに見えるか?」ドサッ

上条「空気よめバカ面!!」

浜面「バカ面で確定なの?」

一方「1人か?」

浜面「いや、滝壺もあとから………ぐはっ!!」グシャッ!!

一方「昼飯のおにぎりが余ってたからやるよ」

浜面「食べ物を粗末にしちゃいけません…」

上条「うるせーよ」ドサッ

滝壺「はまづら?」

浜面「こっちこっち」



260:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/06(火) 21:35:16.42 ID:cnczNI+10

一方「呼ぶなよ」

上条「つーか手伝えよ」

浜面「なんでバイト代もでないのに手伝わなくちゃいけねーんだよ」

滝壺「手伝わないの?」

浜面「バイトだからな」

一方「そォいえば土御門はどォした?」ドサッ

上条「昼飯買いに行くって言ったきり帰ってきてないな…」ドサッ

浜面「無視!?」

上条「リア充はさっさとどっか行けよ」

浜面「お前にリア充とか言われたくねーし!!」

一方「黙れリア充」

浜面「…」

一方「うぜェ…」

上条「暇なら手伝えよ」ドサッ

浜面「嫌だね」

滝壺「大変なんだし手伝ってあげたら?」

浜面「しょうがねーなー」

一方「死ね…」

浜面「本気のトーンでそういう事言うんじゃねーよ!!」



261:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/06(火) 21:36:11.41 ID:cnczNI+10

一方「…」ドサッ

上条「…」ドサッ

浜面「面倒臭っ!!」ドサッ

上条「でかい声出すなよ」

浜面「何このだるい作業」

一方「俺達はこれをさっきからずっとやってンだ」

上条「カットするか…」

一方「カットとか言うンじゃねェ」

浜面「え…今までこんなにグダグダやってきたのに俺の時だけカット?」

一方「だからグダグダとかカットとか言うな」

浜面「ちょっと待て!!これから面白くなるか…………」

~~~~~~~~~~~~~~~

1時間後

一方「あと150くらいか…」

上条「疲れてきたせいかゆっくりだな」

浜面「マジでカットしやがった…」

一方「だから……」

浜面「もう言わねーよ」



262:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/06(火) 21:40:05.18 ID:cnczNI+10

上条「お前頑張ってたしな」

浜面「俺に頑張りは伝わらねーけどな!!」

滝壺「大丈夫、私はそんなはまづらを応援してる」

浜面「滝壺…」

滝壺「はまづら…」

一方「浜面…」

浜面「やりゃいいんだろ」

一方「その通りだ」

上条「じゃあまたカットだな」

浜面「冗談だろ、冗談だ………」

~~~~~~~~~~~~~~~~~

さらに2時間後

上条「終わったー!!」

一方「長かったな」

浜面「マジか!?お前等マジか!?」

店長「終わったかい?」

一方「あァ」

浜面「なんで誰もつっこまないの?」

店長「これ今回の給料ね」

上条「ありがとうございます」



274:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/07(水) 21:34:36.59 ID:9Kh8KPRi0

土御門「終わったか、カミやん?」

上条「今終わった所だよ」

一方「なにしてたンだ?」

浜面「もう俺の出番なしか?」

上条「多分な」

一方「何しに来たんだ?」

土御門「せっかく二人のために働いたのになんでそんな目で見られなくちゃいけないんだにゃー」

一方「何がだ?」

土御門「新しいバイト探してきてやったぜい」ポイッ

上条「…何これ?」

一方「封筒?」

土御門「時間と場所が書いてあるんだにゃー」

一方「あやしいな…」

土御門「ちゃんと安全な場所だぜい」

上条「まあ、これからバイト無くなるし」

一方「あァ」

浜面「完全に放置だな」

滝壺「そうだね」

一方「ちょっと待ってろ」

土御門「じゃあ俺は帰るだにゃー」スタスタ

一方「本当にバイトだけ紹介に来たのか…」

上条「いいとこあるな」



275:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/07(水) 21:36:04.56 ID:9Kh8KPRi0

浜面「おい!!」

一方「うるせェ」

浜面「うるせ―じゃねーよ!!俺も褒めろよ!!」

上条「自分から言っちゃダメだろ」

浜面「お前等言わないと絶対褒めないじゃん!!」

上条「そんな訳………」

浜面「今なら俺がギネスにのっても褒められない自信があるよ!!」

一方「知らねェよ!!」

上条「面倒臭いな」

浜面「うるせー!!」

一方「次のバイトはいつだ?」

上条「明日の11時からだ」

浜面「無視すんなよ」

上条「今度何か奢ってやるからそんな怒るなよ」

浜面「ホントか?」

一方「あァ…多分な」

上条「そろそろ帰ろうぜ、疲れた」

一方「そォだな」

浜面「今度ちゃんと奢れよ」

一方「わかったよ」スタスタ

浜面「約束だからな」

上条「しつこいぞ」スタスタ



276:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/07(水) 21:37:28.39 ID:9Kh8KPRi0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次の日

とあるビルの前

上条「あやしい…」

一方「嫌な感じだな…」

上条「行くぞ」

一方「あァ」

上条・一方「…」

一方「開けろよ」

上条「俺が!?」

一方「…俺が開ければいいンだろ」ガチャ

上条「何も無いじゃん…」スタスタ

一方「結局先に行くのかよ」

上条「また扉だ…」

一方「今度はお前が開けろよ」

上条「仕方ねーな」ガチャ

一方「誰かいるか?」



277:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/07(水) 21:38:15.26 ID:9Kh8KPRi0

残党「遅かったじゃねーか」

上条「残党…だったっけ?」

残党「残党だ」

一方「もしかしてバイトって…」

残党「俺の手伝いだ」

一方「お前の?」

残党「当たり前だ」

上条「で、何するんだ?」

残党「俺の仕事を忘れたのか?」

一方「武器商人だろ」

残党「だったら武器商人の手伝いに決まってるだろ」

上条「違法な事だったら手伝わねーぞ」

残党「グレーゾーンだから黒じゃない」

一方「ほぼ黒じゃねェか」

上条「そうだな」

残党「黒じゃない、限りなくクロに近いグレーだ」

上条「ほぼ黒じゃん」

残党「俺は完全に黒いルートは絶対に使わないんだ」

一方「いい心掛けだな」

上条「で、俺達は何をすればいいんだ?」

残党「そこの箱に入ってる武器を霊装と銃器に分けてほしい」

上条「わかった」

一方「昨日と比べれば楽だな」



278:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/07(水) 21:39:34.55 ID:9Kh8KPRi0

残党「じゃあ頼むぞ」

上条「お前は?」

残党「こっちにも仕事はあるんだ」カチャカチャ

一方「銃の改造かよ」

上条「いいからさっさとやろうぜ」ソゲフ

上条「あ…」

残党「え?」

一方「…」

残党「なんで粉々になってんの?」

上条「多分『幻想殺し』のせいだと思う…」

残党「まあ、いいや、次から注意してくれよ」

上条「ああ」

一方「これはこっちか」ゴトッ

上条「これはこっちだな」ゴトッ

一方「これ、その箱に入れてくれねェか?」

上条「ああ」ソゲフ

残党「おい」



279:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/07(水) 21:42:25.41 ID:9Kh8KPRi0

上条「あっ、左手で触ればいいんだな」

残党「解決法がわかったなら注意してくれよ」

上条「了解」

一方「手榴弾とか入ってねェだろォな」

上条「あったら危ないからな」

一方「危ないとかのレベルじゃねェぞ」

残党「その箱にはハンドガンと小さな霊装しか入ってない」

一方「そォか」

上条「だいたいなんで霊装と銃が一緒の箱に入ってんだよ」

残党「いろいろ事情があるんだ」

上条「面倒臭いんだな」ゴトッ

一方「終わったぞ」

残党「じゃあこっちのも頼む」

上条「箱は?」

残党「こっちに持ってきてくれ」

上条「ああ」

上条「あれ、落ちてるじゃん」スッ

ソゲフ

上条「あ…」

残党「三回目だぞ!!」

上条「すまん」

残党「謝り方適当すぎだろ!!売り物だぞ!!」

上条「すいません」

残党「高くないからいいけど…」

一方「ならいいじゃねェか」

残党「安くても売り物なんだよ!!」



280:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/07(水) 21:43:24.48 ID:9Kh8KPRi0

~~~~~~~~~~~~~~~

2時間後

残党「終わった…」

上条「何が?」

残党「改造だよ」

一方「人が仕事してる時に何してンだ」

残党「これだって仕事だよ、頼まれたからな」

上条「こっちも終わったぞ」

一方「霊装は5個しか壊してねェぞ」

残党「5個壊せば十分迷惑だ」

上条「すいません」

一方「で、今日はこれだけか?」

残党「ああ、これが今日の給料」

一方「ありがとな」

残党「明日も暇か?」

上条「それがどうしたんだ?」

残党「明日も仕事やってくれねーか?」

一方「無いようによる」

残党「今日と一緒だよ」

上条「なら引き受ける」

残党「じゃあ明日も頼むぞ」

一方「あァ」



288:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/09(金) 21:29:27.57 ID:UHSCNTp60

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イギリス

建宮「暇なのよな」

香焼「そうですね…」

香焼「…そういえば五和達は何処行ったんですか?」

建宮「対馬と買い物に行ったのよな」

建宮「…」

香焼「…」

香焼「暇っすね」

建宮「そうなのよな…」

香焼「暇つぶしに賭けしませんか?」

建宮「どんな賭けなのよな?」

香焼「今度アクセラレータさん達が来ますよね」

建宮「それがどうかしたのよな?」

香焼「対馬さんがどんな行動するか予想してみませんか?」

建宮「それで?」

香焼「当たった方が好きな物を奢ってもらえるってルールでどうっすか?」

建宮「面白そうなのよな」

香焼「多分対馬先輩の事だからデレデレしちゃうんじゃないっすかね」

建宮「意外と冷たいと思うのよな」

香焼「確かにツンデレですもんね」



289:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/09(金) 21:30:38.76 ID:UHSCNTp60

対馬「何の話?」ニッコリ

建宮・香焼「…」

ドガッ!! ドゴッ!!

対馬「今度そんな事言ってたら殴るからね」

香焼「もう殴ってるっすよ…」ヒリヒリ

建宮「あれ、五和はどうしたのよな?」ヒリヒリ

対馬「洋服を見たいんだって」

香焼「対馬先輩はいいんですか?」

対馬「なんで?」

香焼「対馬先輩もアクセラレータさんに………」

対馬「それ以上言ったら…分かってるわよね」

香焼「すいません…」

建宮「五和は気合が入ってるのよな」

対馬「彼氏が来るんだからそれくらい普通じゃない」

香焼「そういうもんなんですかね?」

対馬「あんた達には分かんないと思うわよ」

建宮「男だから仕方ないのよな」

香焼「そうっすね」



290:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/09(金) 21:33:19.13 ID:UHSCNTp60

対馬「ちょっとは分かろうとしなさいよ!!」

香焼「そんな事言ったって……」

建宮「無理なのよな」

対馬「…」

香焼「そういえばいつ頃に来るんですか?」

対馬「今の所決まってないわよ」

香焼「なのにもう服買ってるんですか!?」

対馬「だから彼氏が来るからはりきってるのよ」

香焼「よく分んないっすね」

建宮「でも五和が元気ならそれでいいのよな」

香焼「そうっすね」

対馬「いつもみたいにふざけないのね」

香焼「だって…対馬先輩がいますからね」

建宮「対馬の方が面白いのよな」

対馬「本気で言ってるなら怒るわよ」

香焼「冗談に決まってるじゃないっすか」

建宮「そうなのよな」

対馬「こっち見て言いなさいよ!!」

香焼「仕事してくるっすね」タタタッ

建宮「俺も手伝うのよな」タタタッ

対馬「ちょっと待ちなさいよ!!」



291:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/09(金) 21:35:03.52 ID:UHSCNTp60

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3日後

カフェ

一方「終わったな」

上条「ああ」

上条「案外お金貯まったよな」

一方「そォだな」

上条「これでイギリス行けるか?」

一方「…果てしなく貧乏な旅になるが行けるぞ」

上条「じゃあ行こうぜ」

一方「そンなに焦るなよ」

上条「だってさ…」

一方「そンなすぐ行けるもンじゃねェンだよ」

上条「じゃあいつから行く?」

一方「3日後くらいから行けばいいだろ」

一方「テメェは何日くらい滞在する気でいるンだ」

上条「ギリギリで何日くらいいられるんだ?」

一方「だいたい1週間が限界だろォな」

上条「じゃあ1週間だな」



292:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/09(金) 21:37:36.95 ID:UHSCNTp60

一方「ホントに何にも買えねェ旅になるぞ」

上条「うーん…何とかなるだろ」

一方「何ともならねェ気がするけどな…」

上条「まあ貧乏旅もいいじゃん」

一方「俺は別にいいけどよ…」

上条「じゃあ決定だな」

上条「3日後に空港集合で」

一方「しかも空港集合かよ…」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次の日

上条の家

上条「何持って行こうかな?」ガサゴソ

禁書「イギリス行くの?」

上条「ああ」

禁書「お土産楽しみにしてるからね」

上条「…あれ?」

禁書「どうしたの?」

上条「一緒に行きたいって言うと思ってた」

禁書「連れてってくれるの?」

上条「いや…」



293:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/09(金) 21:38:42.07 ID:UHSCNTp60

禁書「ちゃんと五和に優しくしてあげるんだよ」

上条「インデックス…」

禁書「だからちゃんとお土産買ってきてね」

上条「わかった」

上条(お金足りるかな?)

上条「何がいい?」

禁書「アイスとパスタとスパゲティーと………」

上条「1つにしろ、1つに」

禁書「えー」

上条「当たり前だろ、ただでさえ貧乏旅なのに…」

禁書「じゃあスパゲティーだけでいいんだよ」

上条「わかった」

禁書「約束なんだよ」

上条「わかったよ」

上条「小萌先生に連絡しとかないとな」

禁書「こもえにはもう言ってあるんだよ」

上条「早いな」

禁書「明日から焼肉なんだよ」フフフ

上条(小萌先生…すいません…)



294:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/09(金) 21:40:29.75 ID:UHSCNTp60

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

公園

麦野「いつから行くの?」

一方「何がだ?」

麦野「イギリスよ」

一方「明後日だ」

麦野「案外早いのね」

一方「それ聞いてどォするンだ?」

麦野「ちょっとね」ニヤリ

一方(悪ィ顔してンな…)

一方「何したンだ?」

麦野「五和に面白い物を送ったのよ」

一方「なンだ?」

麦野「ひ・み・つ」ニヤリ

一方「…」

麦野「行けば分かるわよ」

一方「楽しみにしとく…」

麦野「そうしといて」ニヤニヤ



295:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/09(金) 21:42:45.78 ID:UHSCNTp60

土御門「デートかにゃー?」

一方「何言ってンだ?」

麦野「誰がこんなロリコンツンデレ中二病もやしなんかと…」

一方「ロリコンじゃねェ!!」

土御門「じゃあツンデレ中二病もやしはいいのかにゃー?」

一方「テメェは黙ってろ」

麦野「別にいいんじゃない」

一方「テメェも一回黙れ」

土御門「そういえば五和に送っといたぜい」

麦野「ありがとね」

一方「だからあれってなンだ」

麦野「ヒントは言葉、そして真実よ」

一方「痛いヒントだな」

麦野「年中無休で痛いあんたに言われたくないわね」

土御門「名前からして中二病だからにゃー」

一方「うるせェ!!」



296:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/09(金) 21:43:50.67 ID:UHSCNTp60

土御門「楽しい旅行になる事を祈ってるぜい」ニヤリ

一方「鏡で自分の顔見てこい、顔がニヤついてンぞ」

麦野「楽しみね」ニヤニヤ

一方「テメェ等…」

麦野「五和には幸せになってほしいけど面白くないとつまんないじゃない」

土御門「その通りだにゃー」

一方「最低の性格だな」

麦野「あんただって最低じゃない」

土御門「いろんな意味で最低な3人が集まったんだにゃー」

麦野「いろんな意味で敵なしね」

一方「むしろ敵がいねェだろ…」

土御門「ここに残党がいると最高なんだけどにゃー」

一方「そォか?」

麦野「女嫌いの武器商人でしょ」

一方「テメェも知ってンのか?」

麦野「こっちじゃ有名な奴じゃない」

一方「女嫌い?」

土御門「あいつの姉が相当な変人だからにゃー」

一方「あいつも大変なンだな…」

麦野「あとどっかの能力者がいろいろやったのも原因ね」

一方「…」



297:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/09(金) 21:44:47.68 ID:UHSCNTp60

土御門「楽しい旅行になる事を祈ってるぜい」ニヤリ

一方「鏡で自分の顔見てこい、顔がニヤついてンぞ」

麦野「楽しみね」ニヤニヤ

一方「テメェ等…」

麦野「五和には幸せになってほしいけど面白くないとつまんないじゃない」

土御門「その通りだにゃー」

一方「最低の性格だな」

麦野「あんただって最低じゃない」

土御門「いろんな意味で最低な3人が集まったんだにゃー」

麦野「いろんな意味で敵なしね」

一方「むしろ敵がいねェだろ…」

土御門「ここに残党がいると最高なんだけどにゃー」

一方「そォか?」

麦野「女嫌いの武器商人でしょ」

一方「テメェも知ってンのか?」

麦野「こっちじゃ有名な奴じゃない」

一方「女嫌い?」

土御門「あいつの姉が相当な変人だからにゃー」

一方「あいつも大変なンだな…」

麦野「あとどっかの能力者がいろいろやったのも原因ね」

一方「…」



298:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/09(金) 21:45:24.40 ID:UHSCNTp60

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イギリス

五和「明日ですね」

対馬「そうね」

五和「楽しみですね」

対馬「そうね」

五和「対馬さん」

対馬「何?」

五和「楽しみですね」

対馬「さっきからそればっかりね」

五和「だって楽しみじゃないですか!!」ニコニコ

対馬「本当にうれしそうね」

五和「はい」

五和「対馬さんは楽しみじゃないんですか?」

対馬「何が?」

五和「アクセラレータさんと会う事ですよ」

対馬「そ、そうね…楽しみよ」



299:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/09(金) 21:46:26.49 ID:UHSCNTp60

対馬(どうしよう…今さら嘘なんて言えないし…)

五和「どうしたんですか?」

対馬「そういえば五和って彼とどうなの?」

五和「そ、それは…」///

対馬「どうなの?」

五和「えーと…その…」

対馬「ラブラブなんだ…」

五和「まあ…はい…」///

対馬「否定しないのね」

五和「はい」

五和「対馬さんはどうなんですか?」

対馬「私?私は…」

五和「ラブラブですか?」

対馬「ラブラブじゃないわ」

五和「じゃあどんな感じですか?」

対馬(なんて言えばいいんだろう…)

対馬「フワっとした感じ…かな」

五和「…はい?」



300:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/09(金) 21:47:03.14 ID:UHSCNTp60

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

出発当日

上条の家

上条「行ってくるな」

禁書「ちゃんと五和に優しくしてあげるんだよ」

上条「ああ」

禁書「お土産も買ってくるんだよ」

上条「分かってるよ」

禁書「じゃあ行ってらっしゃい」

上条「行ってきます」スタスタ

一方「さっさと行くぞ」

上条「来てたのか…」

一方「空港で会えないと困るからな」

上条「確かに…」

一方「それくらい考えとけよ」

上条「悪かった」

一方「じゃァ行くぞ」



306:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/11(日) 21:15:18.74 ID:Fy4BV3V80

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

飛行機 機内

上条「退屈だな…」

一方「飛行機なンてそンなもンだ」

上条「だよな~」

一方「だったら言うなよ…」

上条「機内食ってでるのかな?」

一方「でるからちょっと寝てろ」

上条「眠くない」

一方「俺は寝るぞ」

上条「話し相手がいなくなるだろ」

一方「ンな事知るか!!」

一方「静かにしてろよ」ゴロン

上条「…」

上条「寝たか?」

一方「…」

上条「もう寝たのか?」

一方「…」



307:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/11(日) 21:17:01.80 ID:Fy4BV3V80

上条「なんかしゃべれよ」

一方「…」

上条「なあ………」

一方「うるせェ!!」

一方「寝るっつってンだろ!!寝かせろよ!!」

上条「ちょっとぐらい話し相手になってくれよ」

一方「…ちょっとだけだからな」

上条「ありがとう」

一方「くだらねェ話なら寝るからな」

上条「わかってる」

上条「アクセラレータは向こうに行ったら何するんだ?」

一方「テメェと五和が再開したら街の観光でもする」

上条「1人で?」

一方「当たり前だ」

上条「最初になんて話しかければいいと思う?」

一方「いつもと一緒でいいだろ」



308:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/11(日) 21:18:56.70 ID:Fy4BV3V80

上条「そうか?なんかかっこいい事言いたいじゃん」

一方「やめとけ、絶対失敗する」

上条「そうかな?」

一方「そォだ」

上条「じゃあ普通にしとくか…」

一方「そォしろ」

一方「じゃァ俺は寝るからな」

上条「わかった」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イギリス

残金

上条5000円

一方通行6000円

※注意 ここからは2人の残金も表示します。普通ならイギリス通貨に両替しなければいけないのですが面倒臭いし分かりづらくなるので円のままで進行します。そのため買い物なども円で行います。ご了承ください

上条「着いたな」

一方「あァ」

上条「とりあえずどうする?」

一方「とにかく地図だな」

上条「じゃあ買ってくるよ」スタスタ

一方「頼んだぞ」



309:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/11(日) 21:20:18.83 ID:Fy4BV3V80

上条「すいません、地図ってありますか?」

店員「地図ならそこに置いてあるぞ、あんた等観光できたのかい?(英語)」

上条「えーと…その…」

一方「一番安いのはどれだ?(英語)」

上条「なんて言ったんだ?」

店員「えーと…これだな(英語)」スッ

一方「どうも(英語)」

上条「…」

店員「800円だ(英語)」

一方「800円だってよ」

上条「あ、はい」チャリン

残金 上条4200円

店員「どうもありがとうございました(英語)」

上条「ど、どうもありがとうございました(英語)」

一方「行くぞ」スタスタ

上条「あ、ああ」

上条「お前凄いな…」

一方「何がだ?」

上条「英語ペラペラじゃん」

一方「今時英語もじゃべれねェなんてヤベェぞ」

上条「インデックスにも言われた気がする…」

一方「だったら勉強しろ」

上条「なんだかんだ言ってもエリートなんだな」

一方「うるせェ」スタスタ

上条「照れるなって」スタスタ

一方「照れてねェ」スタスタ



310:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/11(日) 21:22:43.51 ID:Fy4BV3V80

~~~~~~~~~~~~~~~

公園

上条「どこ集合になってるんだ?」

一方「この辺のはずだが…」

上条「時間は合ってるのか?」

一方「多分大丈夫だ」

上条「多分って…」

一方「じゃァ2人で手分けして探すか?」

上条「ダメだ!!俺が1人になっちまう!!」

一方「当たり前だろォが!!」

上条「英語もできない上条さんを一人ぼっちにしたらどうなると思ってるんですか!!」

一方「スリやら悪徳商法やらの格好の餌食だな」

上条「分かってるんなら1人にしないでくれ!!」ダキッ

一方「知らねェよ!!」

上条「一緒にいてくれよ」

一方「周りから変な目で見られてるから離れろ」

上条「ここで一緒に待とうぜ」

一方「分かったから離せ」



311:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/11(日) 21:23:13.47 ID:Fy4BV3V80

五和「当麻さーん」タタタッ

上条「五和!!」

五和「思ったより早かったんですね」

上条「ああ」

上条「えーと、その…久しぶり」

五和「お久しぶりです」

対馬「なんで緊張してるの?」

一方「久しぶりだからなンて話せばいいか迷ってンだろ」

一方「なンでお前も来てンだ?」

対馬「五和に頼まれたのよ、一緒に来てくれって」

一方「元気そうだな」

対馬「そっちもね」

五和「対馬さんも良かったですね」

一方「?」

対馬「う、うれしくて変なこと言ってるみたいね」

一方「天然だからな」

対馬「そ、そうね」



312:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/11(日) 21:24:53.33 ID:Fy4BV3V80

一方「これからどォするンだ?」

対馬「そっちが考えてるんじゃないの?」

一方「考えてる訳ねェだろ」

一方「あいつ等が勝手に決めるだろ」

対馬「そうね」

上条「そういえばこれからどうするんだ?」

五和「どうしましょうね…」

上条「五和は何処か行きたい所無いのか?」

五和「特には…」

五和「当麻さんは無いんですか?」

上条「特には無いな…」

一方・対馬「…」

対馬「行くとこ無いんだったらただ街をブラブラする事でもいいんじゃない?」

五和「どうしますか?」

上条「俺は別にいいぞ?」

五和「対馬さん達はどうするんですか?」

対馬「私達も一緒に行く?」

一方「行く訳……」

対馬「…」ドゴッ

一方「…!!」ヒリヒリ

対馬「一緒に行くって」

五和「じゃあ行きましょうか」



313:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/11(日) 21:26:17.24 ID:Fy4BV3V80

~~~~~~~~~~~~~~~

街中

残金

上条4200円

一方通行6000円

一方「二人っきりにすればいいじゃねェか」スタスタ

対馬「いろいろ事情があるのよ」スタスタ

一方「どンな事情だよ」スタスタ

上条「日本に無い物がいろいろあるんだな」

五和「何か欲しい物は無いんですか?」

上条「えーと…ないな」

上条・五和「…」

一方「…とりあえず昼食食わねェか?」

対馬「そ、そろそろ昼食だしね」

五和「そうですね」

上条「お金大丈夫か?」ヒソヒソ

一方「昼食だけで金が無くならねェだろ」ヒソヒソ

五和「何が食べたいですか?」



314:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/11(日) 21:27:08.74 ID:Fy4BV3V80

上条「五和のお勧めの店でいいだろ」

一方「あァ」

五和「わ、私ですか!?」

五和「えーと…」

上条「あるか?」

五和「わ、和食ですけどいいですか?」

一方「俺は別にいいぞ」

上条「俺も」

対馬「じゃあ決定ね」

~~~~~~~~~~~~~~~~~

和食の店

一方・上条「…」

上条「高い…」

一方「単品がねェな…」

上条「一番安いので1300円かよ…」

五和「対馬さんは何にしますか?」

対馬「どうしようかな」

店員「お決まりですか?」

一方「俺はA定食で」

上条「俺も」



315:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/11(日) 21:27:51.02 ID:Fy4BV3V80

五和「じゃあ私もそれで」

対馬「私もそれでいいわ」

店員「かしこまりました」スタスタ

上条「あと一週間もあるんだぞ」ヒソヒソ

一方「俺に言っても仕方ねェだろ」ヒソヒソ

対馬「で、何日くらいいるつもりなの?」

上条「一週間いるつもりです」

対馬「結構長い間いるのね」

一方「五和と少しでも一緒にいたいンだとよ」

五和「当麻さん…」

上条「…なんて言うか…あんまり会えないからこんな時ぐらいは…」

五和「うれしいです!!とってもうれしいです!!」

上条「俺もうれしいよ」ギュッ

五和「本当にありがとうございます」

店員「Aセット4っつお待たせいたしました」スタスタ

一方「あァ、はい」スッ

対馬「ありがとう」スッ

店員「そっちのお2人は…?」

対馬「私達が渡しとくから」

上条・五和「…」イチャイチャ



316:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/11(日) 21:35:55.05 ID:Fy4BV3V80

上条「これからどうする?」

五和「私は当麻さんが行きたい所ならどこでも…」モジモジ

上条「俺も五和が行きたい所ならどこでもいいよ」

対馬「恋人っぽいわね」モグモグ

一方「絵に描いたようなバカップルだな」モグモグ

一方「あいつ等飯はいいのか?」

対馬「2人の世界に入ってて話しかけても聞こえてないみたい」

一方「まさしくバカップルだな」

対馬「それほど会いたかったって事なんじゃない」

一方「へェ…」モグモグ

対馬「1人だったら気まずくなってたわね」

一方「今でも十分気まずいだろ」

上条「あれ?いつの間にきてたんだ?」

一方「だいぶ前に店員が持って来たンだよ」

五和「気付きませんでしたね」

対馬「それほど上条くんに夢中だったんじゃない?」

五和「そ、そんな訳無いじゃないですか!!」///



317:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/11(日) 21:36:29.08 ID:Fy4BV3V80

対馬「今さら嘘つかなくってもいいじゃない」

五和「久しぶりですし、うれしかったんで…」

上条「俺もうれしかったからつい…」

一方「分かったからさっさと食え、冷めちまうぞ」

五和「あ、はい」

上条「うまいな」モグモグ

五和「そうですね」モグモグ

上条「五和の料理と同じくらいうまい」

五和「そ、そんなに私の料理っておいしいですか?」

上条「ああ、めちゃくちゃうまい」

五和「そ、そうですかね?」///

対馬「あれって何か考えがあって言ってるの?」

一方「何にも考えてねェだろ」

対馬「それはそれですごいわね…」

一方「世界一鈍感な男だからな」



326:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/13(火) 21:27:08.00 ID:ckG4XBeS0

~~~~~~~~~~~~~~~~~

街中

上条2900円

一方通行4700円

一方「ここから別行動でいいか?」

上条「いいけど…どうしたんだ?」

一方「2人っきりの方がいいだろ」

五和「…あ、そうですね、そんな事も気付きませんでした、すいません」

一方「ン?」

対馬「五和、上条くん、2人っきりを楽しんできてね」ガシッ

五和「対馬さん達も2人っきりを楽しんできてくださいね」

一方「どういう事だ?」ズルズル

対馬「うれしくって意味分かんない事言ってるだけよ」ズルズル

一方「お前なかなかひどい事言ってるぞ」ズルズル

対馬「そう?」ズルズル

一方「あと引っ張るな」ズルズル

対馬「はいはい」ズルズル

一方「聞いてンのか?」ズルズル



327:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/13(火) 21:28:13.19 ID:ckG4XBeS0

対馬「ここまでくれば安心ね」

一方「明らかに変な通りじゃねェか…」

対馬「大丈夫よ」

一方「何が!?」

対馬「いいから早く」スタスタ

一方「人の話を聞けよ」スタスタ

対馬「聞いてるわよ」

一方「どんどん怪しい所に向かってねェか?」

対馬「気のせいよ」

一方「いや…絶対気のせいじゃねェだろ…」

対馬「どこかいきた所とか無いの?」

一方「大英博物館に行こうと思ってたンだよ」

対馬「じゃあ行くわよ」スタスタ

一方「絶対道違うだろ」スタスタ

~~~~~~~~~~~~~~~

香焼「見失っちゃったっすね」

建宮「面白くなりそうだったのに…残念なのよな」

香焼「どこら辺言ったか分かんないっすか?」

建宮「簡単に諦める訳にはいかないのよな」ニヤリ

香焼「悪い顔してますね」

建宮「策はまだいろいろあるのよな」



328:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/13(火) 21:29:56.93 ID:ckG4XBeS0

香焼「何があるんすか!?」

建宮「こんな事もあろうかと対馬の鞄に発信器を取り付けといたのよな」ピッ

香焼「さすがっすね」

建宮「これで対馬達は簡単に追跡できるのよな」

香焼「やったっすね!!」

建宮「面白くなりそうなのよな」ニヤリ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

五和「行っちゃいましたね」

上条「観光したいって言ってたし見に行ったんじゃないか?」

五和「そうですか」

上条「迷子になったりしないかな」

五和「小学生じゃないんですから…」

上条「大丈夫かな」

五和「もし迷子になっても対馬さんがいるから大丈夫だと思いますよ」

上条「そういえばさっきのってどういう意味だ?」

五和「え?アクセラレータさんから聞いてないんですか?」

上条「何が?」



329:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/13(火) 21:31:09.72 ID:ckG4XBeS0

五和「対馬さんとアクセラレータさんって付き合ってるんですよ」

上条「えェ!?」

五和「聞いてないんですか?」

上条「聞いてないし…えェ!?マジで!?」

五和「対馬さんが言ってましたし」

上条「だから一緒にイギリスに来てくれたのか…」

五和「2人には悪い事しちゃいましたね」

上条「照れてたのか?」

五和「そうだと思います」

上条「そういえばあっちって何があるんだ?」パサッ

五和「あっちですよね…」

上条「あっちって…」

五和「ホテル…街みたいですね」

上条「ホテル街に2人っきりで行くって…」

五和「対馬さんの貞操危機!!」///

上条「どちらかといえばアクセラレータが連れていかれてなかったか?」

五和「じゃあアクセラレータさんの貞操の危機ですね」///

上条「付き合ってるんだし危機では無いけどな…」



330:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/13(火) 21:33:07.80 ID:ckG4XBeS0

五和「でもそういうのって書かないんじゃ……」

上条「きっと大丈夫だろ」

五和「そうですかね…」

上条(つっこみがいないからボケが放置されまくってる…)

上条「大丈夫かな…2人とも」

五和「不安ですね…」

上条「子供じゃないんだから心配はいらないと思うけど…」

五和「そうですね」

上条「俺達もそろそろ行くか」

五和「な、何言ってるんですか!?」///

上条「そういう意味じゃなくて!!」

五和「あ、はい、行きましょうか」

上条「何処行きたい?」

五和「じゃあカフェとかどうですか?」

上条「さっき食べたばっかじゃん」

五和「いいじゃないですか」

上条「仕方ないな」スタスタ

五和「早くいきましょう」タタタッ

上条「分かったから走るなよ」



331:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/13(火) 21:35:53.48 ID:ckG4XBeS0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大英博物館

対馬「嫌な予感がするわ」

一方「奇遇だな、俺もだ」

一方(いろいろあるンだな…)

対馬(すごい霊装ね…)

一方・対馬「…」

対馬「面白い?」

一方「まァまァだな」

一方「お前はどうだ?」

対馬「まあまあね」

一方「あいつ等どォなってンだろォな」

対馬「カフェかどっかでイチャイチャしてるんじゃない」

一方「お茶じゃなくてか?」

対馬「当たり前じゃない」

一方「五和ってそんなに積極的だったか?」

対馬「積極的な奥手なのよ」

一方「言ってる事メチャクチャだぞ」



332:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/13(火) 21:37:50.74 ID:ckG4XBeS0

対馬「別にいいじゃない」スタスタ

対馬「イギリスはどう?」

一方「案外面白ェな」

対馬「良かったわ」

一方「お前はドォなンだ?」

対馬「楽しいわよ」

一方「へェ」

対馬(時間が経ってもバレちゃうわけだから言っとこうかな)

対馬「頼みがあるんだけど」

一方「?」

対馬「私の彼氏になってほしいの?」

一方「はァ!?」

対馬「そういう意味じゃなくて?」

一方「どういう意味だよ!?」

対馬「その…話すと長くなるんだけど」

一方「いいから早くしろ」

~~~~説明中~~~~

一方「なンだそれ…」



333:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/13(火) 21:38:34.75 ID:ckG4XBeS0

対馬「今言った通りよ」

一方「…なンだそれ」

対馬「仕方なかったのよ」

一方「仕方なかったって…」

対馬「一週間彼氏のふりをするだけじゃない」

一方「なんで偉そうなンだよ…」

対馬「お願いだから」

一方「まァ…やるしかねェンだけど」

対馬「バレないでね」

一方「あァ」

携帯電話『ピピピピピピ』

対馬「鳴ってるわよ」

一方「分かってる」

『一方通行へ
2時間後に大英博物館集合な
   上条』

対馬「ふーん」チラッ

一方「人のケータイを見るンじゃねェよ」



334:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/13(火) 21:42:09.92 ID:ckG4XBeS0

対馬「あ、ごめんね」

一方「別にいいけどよ…」

対馬「ツンデレ?」

一方「違ェ!!」

一方「だいたいテメェだってツンデレだろ」

対馬「違うわよ!!」

一方「それよりこれからどォする」

対馬「2時間ね…どうする?」

一方「他に観光名所ってあるか?」

対馬「そうね…ロンドン塔とかどう?」

一方「じゃァそこ行くか」

一方「そォいえばここって写真撮ってもいいのか?」

対馬「特定の場所以外はダメよ」

一方「それってどこだ?」

対馬「こっちよ、撮るの?」スタスタ

一方「あァ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~

カフェ

上条がメールを送る少し前

五和「そういえばどこに集まればいいんですかね?」

上条「大英博物館が近いんだからそこでいいんじゃねーか?」

五和「そうですね」

上条「アクセラレータにメールしとかないと」ピピピ



335:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/13(火) 21:42:54.03 ID:ckG4XBeS0

五和「あの…時間はどうするんですか?」

上条「そうだな…………どれくらいがちょうどいいんだ?」

五和「わ、私に聞かないでくださいよ!!」///

上条「俺もわかんねーよ」

五和「そういうのって男の人の方が詳しいんじゃ……」///

上条「恥ずかしいなら言わなくていいよ」

五和「すいません…」///

上条「いいんだけどさ…」

上条・五和「…」

上条「…困ったな」

五和「め、メールで聞いてみたらどうですか?」

上条「絶対怒られる」

五和「ですよね」

上条「たっぷり時間とって2時間でいいだろ」

五和「そうですね」

上条「決まったらメールメール」ピピピピピ

五和「私達はどうします?」

上条「そうだな…もうちょっとここにいてもいいだろ」

五和「そうですね」



336:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/13(火) 21:43:58.88 ID:ckG4XBeS0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2時間後

大英博物館前

対馬「なんで時計見てないのよ!!」タタタッ

一方「テメェが見てると思ってたンだよ!!」タタタッ

上条・五和「…」

一方「悪ィ、遅くなった」ハァハァ

上条「なんか…ゴメンな…」

五和「すいませんでした…私達その…分かんなくて」///

対馬「なんで謝ってるの?」

一方「こっちが聞きてェよ」

五和・上条「…」

対馬「しかも全然目を見ないんだけど」

一方「俺だってわかんねェよ」

五和「あ、明日はちゃんと時間を考えて呼び出しますね」///

上条「明日もそうとは分かんねーだろ」

五和「あ…すいません!!」///

一方「だから何なンだ」

対馬「全く分からない…」



337:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/13(火) 21:55:03.52 ID:ckG4XBeS0

五和「…えーと…その…」///

上条「と、とにかく俺とアクセラレータはホテルに行くよ」

五和「ホテル…」///

上条「無駄に反応しない」

五和「はい…」

上条「アクセラレータ、行くぞ」スタスタ

一方「あ…あァ…」スタスタ

五和「じゃあ私達も一回帰りましょうか?」

対馬「五和は後からホテルに行くの?」

五和「い、行きませんよ!!」///

対馬「上条くん達のホテルよ?」

五和「あ、そっちなら明日また行きます」

対馬(どこと勘違いしたんだろう…)



344:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/15(木) 21:17:00.86 ID:zSp/m9SI0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

普通のホテル

上条「予約した上条と言うものですが?」

フロントマン「お連れ様はどちらに?」

一方「俺だ」

フロントマン「あ…はい…かしこまりました」

フロントマン「こちらにどうぞ」チラッ

一方(なんだこいつ…)

~~~~~~~~~~~~~~~~

部屋

フロントマン「ごゆっくりどうぞ」ガチャ

一方「なンだこれ…」

上条「ダブルベットじゃん」

一方「どォなってンだ…」パラパラ

上条「なんでだ?」パラパラ

一方「おい」

上条「ん?」

一方「ここにダブルベットしかねェから安くなってるって書いてあンじゃねェか」

上条「ホントだ」



345:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/15(木) 21:17:52.84 ID:zSp/m9SI0

一方「しかもカップルにオススメって書いてあるし…」

上条「ホントだ…」

一方「…絶対変なカップルだって思われたじゃねェか」

上条「どういう事?」

一方「日本人のホモカップルだと思われたって事だよ!!」

上条「マジで!?」

一方「気付くのが遅ェ!!」

上条「これから一週間ずっとそんな風に見られるのか…」

一方「あァ…」

一方「それよりどォするンだ?」

上条「何が?」

一方「ベットだよ」

上条「一緒に寝たくないな」

一方「あァ…」

上条・一方「…」

上条・一方「最初はグー!!じゃんけんポン!!」

上条「勝ったァァァァ!!」

一方「チッ…」

上条「じゃあ俺はベットで」

一方「…俺はソファーで寝る」



346:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/15(木) 21:19:30.57 ID:zSp/m9SI0

上条「…悪かったな」

一方「何がだ?」

上条「ほら…俺まだどれくらい時間がかかるのかわかんなくてさ…」

一方「だから何がだ?」

上条「お前等ホテル街に行った後、俺と五和で話し合って2時間あれば終わると思ってたんだけどさ…」

一方「…おい」

上条「怒ってるのは分かってる、けど許してくれ」

一方「誰がホテルに行くなンて言った?」

上条「え?」

一方「俺達は大英博物館とロンドン塔に行ったンだ、ホテルになンて行ってねェ!!」

上条「じゃあホテルであんなことやそんなことは…………」

一方「してる訳ねェだろ!!」

上条「そうなんだ…」

一方「当たり前だろォが」

上条「付き合ってるんだから行ったんだと」

一方「付き合ってる訳………」

上条「ん?」

一方「なンでもねェ」

一方(危ねェ…つゥかなンでこいつが知ってンだ)

上条「五和に聞いたんだ」

一方「なンで心を読ンでンだ」



347:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/15(木) 21:21:31.54 ID:zSp/m9SI0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

建宮「どうだったのよな?」

五和「面白かったです」

対馬「楽しかったわよ」

五和「楽しかったんですか」///

対馬「なんでそんな反応?」

五和「え、それは…」///

対馬「?」

五和「別にいいです」

対馬「そういえばあんた達私達の事つけてたわよね?」

香焼「そんな訳ないじゃないっすか」

建宮「香焼の言う通りなのよな」

対馬「だから目を見なさいよ」

五和「全部見てたんですか?」

香焼「はい」

建宮「言っちゃダメなのよな…」

五和「…」///

対馬「そしてなんで五和は赤くなってるの?」

五和「なんでもないです…」///

対馬「だからちゃんと目を見て言いなさいよ」



348:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/15(木) 21:22:11.53 ID:zSp/m9SI0

五和「対馬さん達…ホテル行ったじゃないですか」///

対馬「…え?」

五和「対馬さん達私達と別れてホテル街に行ったじゃないですか!!」///

香焼「ええ!?」

対馬「変な誤解をされる反応をするな!!」

対馬「行ってないわよ」///

五和「そうなんですか?」

対馬「だからあんな風だったの?」

五和「2時間じゃ短すぎるのかと思って…」

対馬「どういう意味よ!!」///

五和「それは…」///

対馬「…」///

香焼「対馬先輩達は大英博物館とロンドン塔に行ってたんですよ」

五和「そうだったんですか」

対馬「なんで撒いた後の事も知ってるの?」

建宮・香焼「…」

対馬「なんで?」

香焼「…頑張って探したんですよ」

対馬「…そこまでして見たいか!!」ドコッ!! バキッ!!



350:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/15(木) 21:23:27.59 ID:zSp/m9SI0

香焼「そういえば五和宛てに荷物が届いてますよ」ヒリヒリ

五和「麦野さんからみたいですね…」パカッ

五和「嘘…発見器?」

香焼「胡散臭いっすね」

建宮「いや、案外学園都市のテクノロジーで作られた凄い物かもしれないのよな」

対馬「こんな恐ろしく胡散臭い物が?」

建宮「そうなのよな」

香焼「あ、スイッチありますよ」ピッ

五和・香焼・対馬・建宮「…」

五和「動きませんね…」

香焼「やっぱりって感じっすね」

建宮「まだ分からないのよな」

嘘発見器『ピーーーーーーー』

対馬「本当は胡散臭いって思ってたわけね」

建宮「ちょっとだけなのよな」

嘘発見器『ピーーーーーーー』

香焼・対馬「…」ジー

建宮「そんな目で見ないでほしいのよな!!」



351:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/15(木) 21:41:35.68 ID:zSp/m9SI0

香焼「俺は本物だって信じてたっすけどね」

嘘発見器『ピーーーーーーー』

対馬「そんなすぐわかるような嘘は言わない」

香焼「すいません…」

対馬「さっきから無口ね?」

五和「え、だって嘘はバレちゃうんですよね?」

対馬「そうよ」

五和「…」

香焼「しゃべらないなんてずるいっすよ!!」

対馬「そうやって他人も巻き込まない」

五和「すいません」

香焼「…ところで五和はキスしたんですか?」

五和「し、してる訳ないじゃないですか!!」

香焼・建宮「…」

香焼「鳴らないっすね」

建宮「そうなのよな」

対馬「あんた等はいつもいつも!!」ドゴッ バキッ



352:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/15(木) 21:42:33.00 ID:zSp/m9SI0

~~~~~~~~~~~~~~~~~

その頃 学園都市

麦野「そろそろ届いた頃かしら?」

土御門「それにしても日本の様子なんて見たい人がいるのかが疑問なんだにゃー」

浜面「そういう事言うとアクセラレータに怒られるぞ」

土御門「いないから心配ないんだにゃー」

浜面「そういう問題じゃなくて…」

土御門「そういえばなんで俺達が集められたんだにゃー?」

麦野「特に用事は無いわよ」モグモグ

浜面「だったら呼ぶんじゃねーよ!!」

土御門「何か用でもあったのかあったのかにゃー?」

浜面「あったに決まってんだろ!!」

麦野「デート?」

浜面「当たり前……………熱ィィィィィィ!!」バシャッ

土御門「リア充は今すぐ爆発するべきだぜい」

麦野「そうね」

浜面「顔面に熱々の飲み物かけるってどんな神経してんだ!!」



353:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/15(木) 21:56:24.33 ID:zSp/m9SI0

土御門「結局あの箱には何が入っていたんだにゃー?」

浜面「無視してんじゃねーよ」

麦野「ただの嘘発見器よ」

浜面「胡散臭いな…」

麦野「見た事ないからそんな事が言えるのよ」ニッコリ

浜面「悪い顔…」

土御門「いつもの事だぜい」

麦野「そうよ」ニッコリ

浜面「…」

浜面「用が無いならそろそろ帰っていいですか?」

麦野「なんで?」

浜面「だからデートに…………熱ィィィィィィ!!」バシャッ

麦野「リア充ね」

浜面「だったらお前等も恋人作ればいいじゃん!!」

土御門「俺には義妹がいれば十分なんだにゃー」

麦野「私は作れないんじゃなくて作らないだけよ」

浜面「それって負け犬の………ゴハッ!!」ドゴッ!!

麦野「食べ終わったから食器片付けといて」

浜面「割れたら大惨事だぞ」



354:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/15(木) 21:57:33.68 ID:zSp/m9SI0

麦野「彼氏なんて面倒臭いだけよ、私はなんでも手伝ってくれる浜面とイジリがいのあるアクセラレータと適度に面白い事があれば満足よ」

浜面「知らねーよ!!」

浜面「つーか俺はパシリか!!」

麦野「奴隷よ」

浜面「ふざけんな!!」

土御門「浜面だから仕方ないんだにゃー」

浜面「お前にいたってはほぼ初対面じゃねーか!!」

麦野「最近つっこみがワンパターンね」

土御門「日々勉強しておくべきなんだにゃー」

浜面「全くつっこまない奴等に言われたくない!!」

麦野「突っ込むのは男の特権じゃない」

浜面「普通に下ネタ!?」

土御門「俺はちゃんとつっこんでるぜい」

浜面「変な意味は無いんだろうけど下ネタに聞こえちゃう不思議…」

麦野「じゃあ今日はここまでね」

浜面「これからもやるのかよ…」

麦野「だって楽しいじゃない」

浜面「お前等はな…」



355:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/15(木) 21:58:13.30 ID:zSp/m9SI0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イギリス

普通のホテル

上条「記念写真って撮った?」

一方「あァ」

上条「見せてくれよ」

一方「断る」

上条「やっぱりホテルであんなことやこんな事を…」

一方「見ればいいだろ」ビュンッ

上条「サンキュー」パシッ

上条「…」ピピピ

上条「全部ツーショットじゃん」

一方「文句あンのか?」

上条「ないです」

上条「ここまでが大英博物館か」

一方「次はロンドン塔だ」

上条「こっからはスリーショットか」

一方「ン?」



356:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/15(木) 21:58:53.43 ID:zSp/m9SI0

上条「なあ、この豪華なドレスの女の人って誰だ?」

一方「ちょっと見せろ」ガシッ

上条「現地で友好を深めるってのも素敵だな」

一方「誰だ」

上条「え?」

一方「俺達2人だけだったはずだ」

上条「そういえばロンドン塔って心霊スポッ………」

一方「ン、ンな訳ねェだろ!!こンな鮮明な幽霊がいるか!!」

上条「だ、だよな、きっと観光してた人が偶然写っちゃっただけだよな」

一方「あ、当たり前じゃねェか」

上条「えーと次は……」ピッ

上条「…」

一方「…マジか」

上条「こんどは豪華な服の男の人も写ってるぞ」

一方「増えンなよ…」

上条「…きっと待ち合わせしてたんだな」

一方「そ、そォに決まってンだろ」



366:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/17(土) 21:19:05.35 ID:uZAnTKLb0

上条「次は…」ピッ

一方「もォやめとけよ…」

上条「なんかいっぱい写ってる」

上条「集合写真みたいだな…」

一方「…どこの学校の集合写真だよ」

上条「私立幽霊高等学校」

一方「…」

上条「仲良しみたいだな…」

一方「普段着の俺達がメチャクチャ浮いてンじゃねェか」

上条「みんなドレスやら高そうな服やらだからな…」

上条「…どうする?」

一方「何をどうどうするンだ…」

上条「一回ロンドン塔に行った方がいいだろ」

一方「本気か?」

上条「本気と書いてマジとよむ」

一方「冗談抜きでそういうのはやめろ」

上条「すまん」

一方「まァ別にいいぞ」

上条「じゃあ決定だな」

一方「行ってどォするンだ」

上条「会ってちゃんと話すべきだろ」

一方「幽霊と?」



367:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/17(土) 21:19:48.49 ID:uZAnTKLb0

上条「当たり前だろ」

一方「お前…怖ェ…」

上条「なんでだよ!!」

一方「テメェが分からなくなってきた…」

上条「…」

一方「とにかく俺は寝る」

上条「俺も寝るか…」

一方「…」

上条「寝たか?」

一方「言っとくが飛行機みたいなノリにはつきあわねェぞ」

上条「…おやすみ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



携帯電話(アラーム)『天使が割った 奇妙な 皿の 上で 燃えて  尽きる 尽きる…………♪♪』

上条「…」ピッ

一方「…」

上条「おはよう」

一方「いや…アラーム考えろよ」

上条「いい歌だろ」

一方「…朝からこれは…」



368:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/17(土) 21:20:35.86 ID:uZAnTKLb0

上条「嫌か?」

一方「別に…いいけどよ…」

一方「で、今日はどォすンだ?」

上条「五和達と幽霊をどうするか話し合おうぜ」

一方「お前は幽霊をどォしたいンだよ…」

上条「一回しっかり話し合った方がいいだろ」

一方「何のために?」

上条「だって勝手にツーショットに写りこんでくるのは迷惑だろ」

一方「まァ…そォだけどよ」

上条「だから話し合う」

一方「いや…話し合いがうまくいっても写真には写ったまンまだぞ」

上条「そろそろ来ると思うんだけどな」

一方「聞け!!」

上条「幽霊か…怖いな~」

一方「だったらわざわざ会いに行かなくてもいいだろ…」

上条「怖いからいいんだろ」

一方「意味がわからねェ…」



369:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/17(土) 21:21:22.96 ID:uZAnTKLb0

五和「遅くなりました」ガチャ

対馬「なんでダブルベッド?」スタスタ

一方「いろいろ事情があンだよ」

上条「それなんだ?」

五和「嘘発見器です」

一方「胡散臭ェ…」

五和「麦野さんからの贈り物です」

一方「…」

上条「突然だけどこれ見てくれ」ヒュンッ

五和「写真ですか…」ピピピ

五和「ホントに英国博物館に行ってたんですね」ピピピ

対馬「ホントにってどういう意味?」

上条「その辺はアクセラレータ達がイチャイチャしてるだけなんだけどさ…」

一方「してねェよ」

五和「あれ?ここから三人になりましたね」

対馬「え?」

上条・一方「…」

対馬「これってもしかして…」



370:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/17(土) 21:22:02.83 ID:uZAnTKLb0

上条「幽霊です」

一方「あァ」

五和「…やっぱり写るんですね」

対馬「さすが心霊スポットね」

上条「…思った反応と違った」

一方「知らねェよ」

対馬「有名な心霊スポットだから心霊写真くらいじゃ驚かないわよ」

上条「そうですか」

一方「なンで悲しそうなンだよ」

五和「これがどうかしたんですか?」

上条「もう一回言って俺も幽霊に会ってみたいんだ」

対馬「怖くないの?」

上条「怖いよ」

一方「意味がわからねェ!!」

上条「だって一回ぐらい会ってみたいじゃん」

五和「確かに、会ってみたいですね」

対馬「でた、五和の天然発言」

一方「…」



371:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/17(土) 21:22:47.65 ID:uZAnTKLb0

上条「じゃあ決定だな」

一方「まだ俺達は行くとはいってねェぞ」

対馬「無駄だと思うけどね」

五和「行きましょうよ」

対馬「ほらね、このまま強引に連れて行かれるのなんて分かってるじゃない」

一方「面倒臭ェ…」

上条「じゃあ午後に行ってみようぜ」

対馬「それまでは?」

上条「各自自由でいいだろ」

五和「そうですね」

対馬「どうする?」

一方「とりあえず寝る」ゴロン

対馬「…」

五和「私達は観光してきますね」スタスタ

上条「行ってくるな」ガチャ

一方「あァ…」



372:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/17(土) 21:23:14.78 ID:uZAnTKLb0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

街中

五和「あの2人はホントに仲がいいですね」

上条「世話好きなのがそっくりだから、気が合うんだろ」

五和「そうですね」

五和「2人ともあのベッドで寝たんですか?」

上条「そんな訳ないだろ、じゃんけんで勝った方がベッドで寝たんだ」

五和「当麻さんが勝ったんですか?」

上条「ああ、ソファーじゃあんまり寝られなかったから今から寝るんだろ」

五和「対馬さんはどうするんですかね?」

上条「アクセラレータが起きるのを待ってるか、一緒に寝るだろ」

上条「ところで何処行く?」

五和「昨日見れなかった英国博物館でも行きますか?」

上条「じゃあそうするか」

上条「えーと…」パラパラ

五和「こっちです」スタスタ

上条「あ、ありがとう」スタスタ



373:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/17(土) 21:24:18.47 ID:uZAnTKLb0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

英国博物館

上条「中ってこんな風になってたのか…」

五和「凄い霊装ですね」

上条「これも霊装なのか?」

五和「はい、それもカーテナセカンドと同じぐらいの力を持った物ばっかりです」

上条「そんなすごい物なんだ…」

五和「もちろん歴史的にもものすごい価値がありますから」

五和「迂闊に触っちゃいけませんよ」

上条「怖くて触る気にもならねーよ」

五和「そうですね、触っただけで粉々ですからね」

上条「だよな…」

五和「あ、これなら触っても大丈夫ですよ」

上条「…何これ?」

五和「そこにある像のレプリカです」

上条「別にそこまでして触りたい訳じゃないからいいよ」

五和「そうですか?」

上条「ああ」



374:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/17(土) 21:25:11.87 ID:uZAnTKLb0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本

浜面「こっちの事を見たい人なんているのかな…」

麦野「こっちはこっちで面白いしいいんじゃない」

浜面「そうか?」

麦野「それにこっちで何気なく発言したことでも今後の展開を大きく決めるのよ」

浜面「それって俺が冗談で発言したり、ふざけたつもりで言った事が今後の展開に影響するかもしれないって事?」

麦野「そうよ」

浜面「何だそれ」

麦野「面白そうでしょ」

浜面「全然…」

御坂「…」

浜面「つーか、誰?」

麦野「学園都市第3位のレールガン、御坂美琴よ」

浜面「そういう事じゃなくて、なんであんな風なの?」

麦野「失恋したからよ」

浜面「何で連れて来たんだよ!!」

麦野「弱ってる人間をいじめるのって楽しいじゃない」

浜面「どこのサディスト!?」



375:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/17(土) 21:25:45.35 ID:uZAnTKLb0

麦野「って言うのは冗談、本当は励ますために呼んだのよ」

浜面「いいとこあるんだな…」

麦野「って言う訳でこいつにも来てもらったわよ」

垣根「こんちわー」

浜面「絶対励ますタイプの人間じゃねーだろ!!」

御坂「はあ…」

麦野「落ち込んでる君に朗報よ」

御坂「何?」

麦野「略奪愛って知ってる?」

浜面「何を言ってんだァァァ!!」

垣根「NTRとも言う」

浜面「もっとダメだろ!!」

御坂「略奪愛?」

麦野「彼女から彼氏を奪うって事よ」

浜面「お前さっき言った事思い出せ!!俺達の言葉が今後の展開を左右するんだろ」

垣根「最高に面白くなるな」

浜面「話をややこしくするんじゃねーよ!!」



376:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/17(土) 21:26:30.62 ID:uZAnTKLb0

御坂「略奪愛…考えたこと無かったわね」

浜面「普通考えつかねーよ!!」

浜面「つーかなんで毎回俺が呼ばれてんの!?」

麦野「つっこみ要員よ」

浜面「それだけか!!」

垣根「逆にお前からつっこみを取ったらダメしか残らねーだろ」

浜面「黙れ!!」

御坂「略奪愛…ふふふ…」ニヤリ

浜面「何その笑顔…怖い…」ゾクリ

垣根「面白くなってきたな」

麦野「いいわね」

浜面「なんでこんな面倒臭い事するんだよ!!」

麦野「単純にネタ不足だからよ」

浜面「そんな理由のためにこんな事すんじゃねーよ!!」

麦野「じゃあ私は仕事があるから行くわね」

浜面「ホントにこれだけのために来たのかよ!!」

垣根「どんな仕事だ?」

麦野「バカな不良達が良からぬ事を考えてるのよ」

垣根「大変だな」

浜面「無視すんな!!」



382:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/18(日) 21:27:23.41 ID:r4Fzb4zI0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

数時間後

ロンドン塔前

一方「まだ来てねェのかよ…」

対馬「先に付いちゃったからね」

五和「先に来てたんですか?」スタスタ

上条「早いな」

一方「テメェ等が遅いだけだろ」

上条「いや…寝てたから」

一方「どっかの誰かのおかげで叩き起こされたんだよ」

対馬「私の事?」

一方「他に誰がいる」

上条「これがロンドン塔か?」

一方「あァ」

五和「昔王子や女王が幽閉されたり処刑された場所なんですよ」

一方「それであンなに写ってたのか」

上条「とにかく入ろうぜ」スタスタ

五和「そうですね」スタスタ

対馬「怖くないのかしら?」スタスタ

一方「俺には怖がってるようには見えねェ」

上条「ここってどこでも撮っていいのか?」

五和「はい」

上条「じゃあ一枚」パシャ

一方「そンな簡単に幽霊が撮れるかよ」

対馬「幽霊はあんまり見えないから怖いんじゃないの?」

上条「写ってるじゃん」

一方「簡単に写り過ぎだろ!!」



383:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/18(日) 21:28:30.15 ID:r4Fzb4zI0

五和「そこら辺ですかね」

一方「何もねェぞ」

対馬「そりゃ幽霊だし、肉眼でも見えたら幽霊じゃないでしょ」

上条「みんな笑って、はいチーズ」パシャ

上条「また1人増えてる」

一方「簡単に写る幽霊だな…」

対馬「どんなふうに写ってるの?」

上条「こんな感じ」

対馬「…」

五和「対馬さん?」

一方「どォした?」

五和「足つかまれてますね…」

上条「心霊写真だな…」

一方「今までのも心霊写真だぞ」

対馬「…」

一方「大丈夫か?」

対馬「大丈夫、ちょっと怖かったけど」

五和「じゃあ奥に行きましょうか」

一方「お前は鬼か!!」

上条「ああ」

一方「お前も承諾してンじゃねェ!!」



384:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/18(日) 21:30:08.27 ID:r4Fzb4zI0

対馬「まあ、ロンドンなんて心霊スポットの街みたいなものだからね」スタスタ

一方「ただの強がりじゃねェか」スタスタ

五和「どこ行ったんですかね?」

上条「向こうじゃねーかな?」

一方「テメェ等は本当に自由だな」

上条「一回ここで撮ってみるか」

上条「はいチーズ」パシャ

一方「写ったか?」

上条「ああ、ほら」

対馬「幽霊ってこんなに簡単に写る物なのかしら…」

五和「幽霊の種類にもよるんじゃないですか?」

一方「幽霊に種類なンてねェだろ」

上条「…」パシャ

一方「お前も普通に撮ってんじゃねェよ」

上条「オフショットだよ」

対馬「仲いいのね」

一方「良くねェ」

五和「恥ずかしがらなくてもいいですよ」

対馬「ただのツンデレよ」

一方「…」



385:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/18(日) 21:31:22.76 ID:r4Fzb4zI0

上条「だいたいその柱のあたりにいるのか」

対馬「…」ササッ

上条「なんで逃げるんだ?」

対馬「近くに幽霊がいるって言われてそのままの方が異常でしょ!!」

上条「まあ…確かに」

五和「とりあえず奥に行ってみませんか」スタスタ

対馬「怖いもの知らずね…」スタスタ

一方「全くだ…」スタスタ

~~~~~~~~~~~~~~~~

ロンドン塔、内部の奥の辺り

五和「え?」

幽霊A「こんにちは」

上条「も、もしかして…幽霊?」

幽霊A「そうですよ」

一方「肉眼にはっきり写ってる時点で幽霊じゃねェだろ」

対馬「…」

一方「おい、大丈夫か?」

上条「本当に幽霊?」

幽霊A「だって半透明でしょ」



388:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/18(日) 21:46:15.06 ID:r4Fzb4zI0

>>385との間が抜けてました。すいません

対馬「本物だ…」

一方「半透明だけで幽霊判定ってどォなンだ?」

幽霊A「じゃあついでに触っていますか」

一方「…」スカッ

幽霊A「触れないでしょ」

五和「幽霊って上条さんの手で触ったらどうなるんですかね?」

対馬「確かに…」

一方「まず触れるのか?」

上条「さあ?」

幽霊A「どうぞ」

上条「…」スッ

上条「触れないな…」

幽霊A「私達は思いの塊ですからね」

上条「へー」

対馬「思いの塊?」

幽霊A「この世に未練や悔いが強いと幽霊が生まれるんですよ」

一方「へェ…」

幽霊A「悪い感情の思いが強い者が悪霊になるんです」

五和「説明ありがとうございます」

対馬「なんで私達にその事を?」

幽霊A「ここには悪霊たちもたくさんいますからね、あなた達は危険なんです」



386:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/18(日) 21:40:58.41 ID:r4Fzb4zI0

一方「いきなりフリーのホラーゲーみたいな展開になったな」

上条「その幽霊ってカメラで封印とか出来ないの?」

幽霊A「無理ですね」

一方「まず封印って…」

上条「だいたいゲームだと幽霊は封印するだろ」

幽霊A「早くしないと取り返しのつかない事に…」

五和「って事はあなたはいい幽霊って事ですか?」

幽霊A「まあ…あなた達が私の若いころにそっくりだったから助けたくなっただけです」

対馬「ツンデレ?」

上条「5人中3人がツンデレって…確率高過ぎだろ」

一方「つゥかツンデレツンデレ言い過ぎてツンデレの定義が怪しくなってきてるぞ」

五和「ゲシュタルト崩壊ですね」

一方「ツンデレのゲシュタルト崩壊ってなンだよ」

幽霊A「ツンデレ?」

対馬「そういえばあなたのいた時代にツンデレなんて言葉は無いわね」

一方「会話がずれてるぞ」

上条「ホラーゲーだとどうなるっけ?」

一方「異次元の幽霊がいっぱい居る世界に幽閉される」



387:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/18(日) 21:44:29.29 ID:r4Fzb4zI0

対馬「そんなの絶対嫌」

五和「じゃあどうします?」

一方「異次元に連れて行かれる前に帰ればいいだろ」

幽霊A「私もそうしたほうがいいと思います」

上条「じゃあ最後のお願いなんだけど写真一枚撮っていい?」

幽霊A「なんのですか?」

上条「この2人の写真の全部に幽霊が写ってたから写ってない写真が撮りたい」

一方「そンな事のためにこんな所に来たのかよ…」

上条「だって思い出が無いのは嫌だろ」

対馬「幽霊が写っててもそれはそれで別にいい思い出じゃない」

五和「いいから撮りましょうよ」

一方「いつ悪霊に襲われるかわからない状態で写真を撮ろうって…」

幽霊A「ここは私以外にいませんから大丈夫ですよ」

対馬「別にいいわよ」

一方「俺もだ」

五和「いいからいいから」

上条「じゃあ、はいチーズ」パシャ



393:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/20(火) 21:35:52.04 ID:tPvSIz7m0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

普通のホテル

上条「良かったな」

一方「この一枚のためにあんなに頑張ったのかよ」

上条「当たり前だろ」

嘘発見器『ピーーーーーーー』

一方・上条「…」

上条「忘れていったみたいだな」

一方「本当の理由はなンだ?」

上条「お前が怖がるところが見たかったけど、あんまり怖がらなかったからさ…」

一方「…」

上条「なんか一日を無駄にした気がする」

一方「誰のせいだと思う?」

上条「俺かな…」

一方「当ったり前だろォが」

上条「そういえば夕飯どうする?」

一方「あいつ等は用事があるって言ってたしな…」

上条「残金的に贅沢は出来ないな…」

一方「ンな事分かりきってンだろ」

上条「だよな…」



394:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/20(火) 21:37:31.61 ID:tPvSIz7m0

上条「金返すから貸してくれない?」

嘘発見器『ピーーーーーーー』

一方「返す気ねェだろ」

上条「お金が無いんだ、特にこの旅行で…」

一方「それは分かるけどよ…」

上条「本気で夕飯どうしよう…」

一方「俺に聞くなよ」

上条「アクセラレータは何食うんだ?」

一方「俺の勝手だろ」

上条「うどんか」

一方「なンで知ってンだ」

上条「勘」

一方「お前が怖ェ…」

上条「どこの売店で買ったんだ?」

一方「それも…………」

上条「勘」

一方「怖ェ…」

一方「下の売店だ」

上条「じゃあ下の売店でバナナ買ってくる」

一方「勝手にしろ」

残金

上条2700円

一方通行4300円



395:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/20(火) 21:38:13.65 ID:tPvSIz7m0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次の日

上条「五和からメールがあって、午前中は来れないって」

一方「つまり…テメェと2人って事か」

上条「不満か?」

一方「不満しかねェ」

嘘発見器『ピーーーーーー』

上条「ツンデレだな」

一方「うるせェ」

上条「で、午前中どうする?」

一方「いきなりだな…」

上条「どうする?」

一方「俺に聞くな」

上条「インデックスのお土産探し手伝ってくれよ」

一方「自分でやれよ…」

上条「みんなで行った方が楽しいだろ」

一方「みんなって2人じゃねェか…」



396:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/20(火) 21:39:17.13 ID:tPvSIz7m0

上条「2人でもいいじゃん行こうぜ」

一方「面倒臭ェ…」

上条「早く行こうぜ」

一方「分かった…何買いに行くンだ?」

上条「えーと…何だったっけ?」

一方「は?」

上条「忘れちまった」ニコニコ

一方「なンで笑ってンだよ…」

上条「どうする?」

一方「どうするって…」

上条「とりあえず行こうぜ」

一方「お前…」

上条「行けば思い出すと思うけど…」

嘘発見器『ピーーーーーーー』

一方「もう思い出せねェじゃねェか…」



397:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/20(火) 21:40:23.83 ID:tPvSIz7m0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

街中

上条「食べ物だったような気がするんだよな…」スタスタ

一方「アバウトだな…」スタスタ

上条「何だったかな?」

一方「知らねェよ」

上条「とりあえずスーパーに行ってみるか」スタスタ

一方「スーパーでお土産って…」

上条「いいからいいから」

一方「一体何がいいンだよ」

上条「食べ物って言ったらスーパーだろ」

一方「なま物は腐るから買うなよ」

上条「なま物ではないから大丈夫」スタスタ

一方「あ、そう」スタスタ

上条「確か…何だったかな…」

一方「思い出せるのか?」

上条「ダメだな…」

一方「結局ダメじゃねェか」



398:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/20(火) 21:41:39.61 ID:tPvSIz7m0

上条「とりあえず行ってみようぜ」

一方「まァ…いいけどよ」

上条「多分行けば思い出せるかもしないし…」

一方「アバウトだな」

上条「とにかく行ってみよう」

一方「わかったよ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ス―パー

上条「何だったかな?」

一方「結局思い出せねェじゃねェか!!」

上条「あとちょっとなんだよな」

一方「何があとちょっとなンだよ…」

上条「のど辺りまで来てるんだ」

一方「じゃァ早くしろよ」

上条「もう少し待っててくれ」

一方「早くしろよ」

その後上条さんは結局何も思い出せず、このまま午前中が終わるのであった。



399:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/20(火) 21:42:38.41 ID:tPvSIz7m0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その頃

イギリス女子寮

五和・神裂「…」

対馬「…」

残党「…どうなってんだ?」ヒソヒソ

対馬「あんたが霊装を売りに来たんでしょ」ヒソヒソ

残党「いや…なんでこんな空気?」ヒソヒソ

対馬「あんたも上条くん達に関わってたなら知ってるでしょ」

残党「あれが上条の彼女の五和だろ」ヒソヒソ

対馬「そうよ」

残党「あっちが天草式のプリエステス、神裂だろ」ヒソヒソ

対馬「そうね」

残党「それが?」ヒソヒソ

対馬「プリエステスは上条くんの事が好きだったの」ヒソヒソ

残党「え…じゃあこの状態って…」

対馬「これぐらい分かるわよね?」

残党「…」



400:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/20(火) 21:44:21.58 ID:tPvSIz7m0

残党「霊装売ったら帰るからな」ヒソヒソ

対馬「最後まで付き合いなさいよ」ヒソヒソ

残党「関係ねーし!!」

対馬「最後まで手伝いなさいよ」

残党「人に何かを頼む態度じゃねーぞ…」

神裂「霊装を見せていただけますか?」

残党「あ、はひ…はい」

対馬「はいで噛むって…」

残党「これです」スッ

神裂「あと頼んでおいた武器の方はありますか?」

残党「あ、これですね」コトッ

神裂「この刀は?」

残党「この刀は七天抜刀(しちてんばっとう)」

残党「江戸時代頃の名刀です」

神裂「確かに…いい刀ですね」

残党「値段はこの前言ったとおりです」

神裂「分かりました、他の物も後で送ってくださいね」

残党「ありがとうございました」ペコッ



401:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/20(火) 21:46:26.30 ID:tPvSIz7m0

神裂「それでは…五和、運ぶのを手伝ってくれませんか」

五和「あの…プリエステス」

神裂「なんですか?」

五和「あの…なんて言うか…その…」

神裂「…」

対馬「…」

残党「…」

五和「ごめんなさい」

神裂「何がですか?」

残党「大人な対応だな…」ヒソヒソ

五和「なんて言うか…プリエステスも当麻さんの事好きだったんですよね…」

神裂「ち、違いますよ」///

五和「でも、堕天使エロメイドは…………」

神裂「あ、あれの事はもう言わないでください!!」アタフタ

五和「プリエステスが当麻さんを好きだった事は知ってたわけですし、一応謝っておこうかと…」

神裂「だから違います」///

神裂「確かに…インデックスの件ではお世話になりましたし、いろいろ借りはありますし…」ゴニョゴニョ

神裂「たまにかっこいいなって思ったり、助けてもらってうれしかった事はありましたけど…違います!!」///

残党「それ恋でしょ」

神裂「んな!!」///



402:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/20(火) 21:47:17.87 ID:tPvSIz7m0

残党「それ完全なる恋でしょ、逆にそれを恋と呼ばずに何を恋と呼ぶ」

神裂「違います!!断じて恋なんて言うふしだらな物では…」

残党「恋がふしだらっていつの時代!?」

神裂「だから違うんです!!」

残党「どっかの頑固オヤジより頑固だな、あんた」

神裂「誰がですか!!ちなみに私はまだ18です!!」

残党「俺と一歳しか離れてない!?」

神裂「じゃあ19歳なんですか!?」

残党「17だ!!」

対馬「話がずれてませんか?」

神裂「そ、そうでしたね」

五和「とりあえず、すいませんでした」

神裂「いえ、もし仮に私が恋をしていたとしてもあなたが負い目を感じる必要は無いです」

五和「プリエステス…」

残党「確実に恋…………」

対馬「ちょっと黙ってて」

神裂「幸せになってくださいね」

五和「はい!!」

残党「なんだかんだで良かったんじゃね?」

対馬「結果が良かったんだからその他は…いいじゃない」

残党「そうだな」

残党「じゃあその他の物も後で持って行きますので」

神裂「分かりました」

残党「今後ともよろしくお願いします」ニッコリ



411:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/22(木) 21:44:10.10 ID:dY44k8oG0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

午後

スーパー

一方「…」

上条「うーん…」

一方「必死に思い出してるとこ悪ィンだけどよ」

上条「ん?」

一方「もォ12時だぞ」

上条「え、あれ?」

一方「いい加減ホテルに戻らねェか」

上条「そうだな…」

一方「ついでだし昼飯買ってくぞ」

上条「そうだな」

上条「俺はカップラーメンでいいかな」

一方「…」スッ

上条「コーヒーパン?」

一方「文句あるか?」

上条「ない」

一方「じゃァそういうこと言うンじゃねェ」

残金

上条2100円

一方通行3800円



412:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/22(木) 21:45:03.98 ID:dY44k8oG0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

30分後

普通のホテル

五和「こんにちは…?あれアクセラレータさんは?」

上条「散歩だって」

上条「対馬は?」

五和「まだやることがあるそうで」

上条「ふーん」

五和「午前中は何してたんですか?」

上条「アクセラレータと買い物してた」

上条「五和は?」

五和「私はプリエステスの手伝いに」

上条「神裂の…」

上条「五和達も大変なんだな」

五和「いえ、みんながいるのでそれほどでは…」

上条・五和「…」

上条「な…なんか飲むか?」

五和「あ、はい」



413:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/22(木) 21:45:40.62 ID:dY44k8oG0

上条「ん?何だこれ?」ガチャ

五和「どうしたんですか?」

上条「これなんだろう?」

五和「お酒…ですかね」

上条「いや…俺もあいつも未成年だから違うだろ」

五和「そうですよね」

上条「あれ?なんか同じのがメチャクチャあるぞ」

五和「同じビンって事は同じ物っても事ですよね」

上条「何なんだ?これ?」

五和「勝手に開けちゃダメですよね」

上条「多分アクセラレータのだからな…開けてみるか」

五和「いいんですか?」

上条「まあ…いいでしょ」

上条「セン抜きってあったっけ?」

五和「あ、ここにありますよ」

上条「はい、五和」キュポン

五和「あ、ありがとうございます」

上条「案外うまいな」ゴクゴク

五和「そうですね」ゴクゴク



414:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/22(木) 21:46:20.82 ID:dY44k8oG0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一時間後

部屋の前

一方「…」スタスタ

対馬「あれ?出掛けてたの?」

一方「五和はどォしたンだ?」

対馬「先に行ってたはずよ」

一方「何かあったのか?」

対馬「仕事が長引いただけよ」

一方「じゃァ今はあいつ等が2人っきりなのか…」

対馬「五和が1時間前に出て行ったから1時間も2人っきりか…」

一方「うまくやってるといいけどな」

対馬「まあ、あの二人の事だから……」

一方「大丈夫か?」

対馬「大丈夫じゃないかもね」

一方「まァ…変なことはねェと思うけどな」

対馬「会話が途切れてないか不安だわ」

一方「なンだかンだ言っても恥ずかしがり屋だからな…あの2人」



415:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/22(木) 21:47:04.70 ID:dY44k8oG0

一方「三下ァ帰ったぞ」ガチャ

上条「…」グッタリ

対馬「え…?」

一方「なンじゃこりゃァァ!!」

対馬「ホントに何があったの!?」

一方「大丈夫か?」ユッサユッサ

上条「…」

対馬「心臓動いてる?」

一方「動いて…ねェ」ピトッ

対馬「アクセラレータ…」

一方「三下…」

対馬「それ右よ、心臓は左」

一方「…」ピトッ

一方「動いてる」

対馬「て言うか五和は?」

一方「おい、起きろ!!」バシッ

対馬「五和は何処?」



416:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/22(木) 21:48:29.69 ID:dY44k8oG0

上条「ん…うん?」ムクッ

一方「目が覚めたか」

対馬「何があったの?」

上条「頭が…」ズキズキ

一方「何があったンだ?」

対馬「これ何?」

一方「サービスのジュースだ」

対馬「でもこれ…お酒じゃない?」

一方「あァ…?」スッ

一方「酒だな…」

一方「なンで俺達の部屋に?」

対馬「海外のホテルだとミスって案外あるのよ」

一方「…」

上条「何?…つーか頭が…」

一方「何本飲ンだンだよ…」

上条「…おかしいな…思い出せない」

対馬「水飲む?」スッ

上条「あ、ありがとう」ゴクゴク



417:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/22(木) 21:49:53.45 ID:dY44k8oG0

上条「あれ…確かこれを五和と飲んでて…」

上条「もしかしてこれに毒が!!」

一方「安心しろアルコールしか入ってねェ」

対馬「それより五和は?」

五和「…」フラフラ

上条「五和」

一方「いるじゃねェか」

五和「…」ニコニコ

上条「五和は酔ってないみたいだな」

一方「酒に強いのか?」

対馬「不味いわね」

上条「何が?」

対馬「五和は酔ってるわよ」

一方「それがどォしたンだ?」

対馬「酔ってる五和は何するか分かんないわよ」

五和「えへへへ」ニッコリ

上条「例えば何するんだ?」

対馬「ちゃぶ台ひっくり返したり」



418:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/22(木) 21:50:41.85 ID:dY44k8oG0

五和「当麻さん」ダキツキ

上条「うおォ」ドサッ

五和「えへへへへ」ニッコリ

対馬「これは初めてみる反応ね」

上条「いいから助けて」

五和「…」チュッ

上条「ん!!」

一方「え?」

対馬「は?」

五和「当麻さん…大好きですよ」

上条「い…五和さーん…」

対馬「映画みたいね」

一方「映画だとここからどうなるンだ?」

対馬「ラブシーン」

一方「…」

上条「いいから助けてくれ!!」

五和「うふふ」ペロッ

上条「はう…」ビクッ



419:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/22(木) 21:51:35.82 ID:dY44k8oG0

対馬「首筋…」

一方「お前ももう少し我慢しろよ」

上条「無理だろ!!いいから助けて」

五和「うふふふ」ペロペロ

上条「はひ…」ブルブル

一方「仕方ねェな」ガシッ

一方「ちょっと落ち着け」

五和「…」ジー

一方「なンだよ…」

五和「えへへ」グイッ

一方「!?」

ドサッ

上条「背負い投げ…」

対馬「きれいな一本ね」

一方「感心してねェで何とかしろ!!」

五和「アクセラレータさん」ニッコリ

一方「…」

対馬「五和!!ストップ!!」



420:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/22(木) 21:52:29.42 ID:dY44k8oG0

五和「ふふふ」ギュー

一方「…」ギュー

対馬「顔を引っ張ってる…」

上条「楽しそうだな」

一方「俺は楽しくねェ」ギュー

上条「水かけたらダメかな?」

対馬「…やってみますか」

上条「それまで動くなよ」

一方「動きたくても動けねェよ」

対馬「五和」

五和「…なんですか?」ニッコリ

対馬「…」バシャッ

五和「…」シュッ

対馬「あれ?」

一方「おい…」ポタポタ

上条「俊敏だな」

五和「当麻さん」ガシッ

上条「うおっ」フラフラ

五和「大好きですよ」ギュゥゥゥ

上条「分かったからちょっと落ち着いてくれ」



421:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/22(木) 21:54:25.74 ID:dY44k8oG0

対馬「邪魔ならどっかで時間潰してくるわよ」

一方「あァ」

上条「何言ってんの!?」

一方「五和の楽しそうだしな」

対馬「そうね」

上条「酔ってるだけだから!!絶対後から後悔するから!!」

五和「うふふふふ」ダキッ

対馬「ビデオ撮っておいてあげようかしら」

一方「恥ずか死ぬンじゃねェか」

対馬「そうかもね」

上条「いいから助け…」

五和「ふふ」チュッ

一方「大胆だな」

対馬「普段おとなしいだけにね」

上条「ビデオなら俺の鞄の中に…」

一方「あンのかよ…」

対馬「えーと…これ?」ガサゴソ

上条「それだ」

五和「…」ニコニコ

上条「五和…重い」



428:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/24(土) 21:38:30.97 ID:JvXDjzAn0

一方「どォすンだ?」

対馬「とりあえず撮っとく?」

一方「そォだな」

上条「俺がどうなってもいいのか?」

一方「本気でヤバくなったら助けてやる」

上条「今でも危険な気が…」

一方「今は大丈夫だろ」

上条「…」

五和「当麻さん…」ニッコリ

上条「なんだ?」

五和「楽しいですね」ニコニコ

上条「そ…そうだな…」

五和「私もです」ダキツキ

上条「よ…良かったな」

五和「はい」ニッコリ

上条(か…かわいい)

五和「うふふ」ギュゥゥゥゥ



429:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/24(土) 21:39:52.54 ID:JvXDjzAn0

一方「楽しそォだな三下」

上条「実際楽しいよ」

対馬「まあ…良かったじゃない」

五和「良かったです」ニコニコ

一方「そォか」

上条「五和…酔ってる?」

五和「酔ってる訳ないじゃないですか」ニコニコ

上条「そうか」

対馬「しっかり酔ってるけどね」

五和「当麻さん、かわいい」チュッ

上条「いきなりキスするのはやめてくれないかな」

五和「嫌です」チュッ

一方「後で見せたらどンな反応するンだろォな」

対馬「楽しみね」

五和「何がですか」フラフラ

対馬「足元がフラフラしてるわよ」

五和「大丈夫大丈夫…おっとっと」フラフラ

上条「危ないぞ」ガシッ

五和「えへへへ」



430:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/24(土) 21:40:27.20 ID:JvXDjzAn0

上条「本当に楽しそうだな」

五和「楽しいですもん」

対馬「何が?」

五和「みんながいる事が」

対馬「五和…」

五和「特に当麻さんがいる事が」ダキツキ

対馬「…」

一方「それは仕方ねェだろ」

上条「気持ちは嬉しいけどちょっと離れてくれないか?」

五和「嫌です」ニッコリ

上条「まあ…いいか」

一方「なンだかンだで満喫してンな」

上条「まーね」

一方「まァねじゃねェよ」

上条「あとどれくらい酔ってるんだろう」

対馬「長く見積もって1時間ぐらいじゃないかな」

上条「そうか…」

一方「何考えてンだよ…」



431:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/24(土) 21:42:24.73 ID:JvXDjzAn0

上条「結構楽しいんだよね」

一方「お前も軽く酔ってるな」

五和「ふふふ」ペロッ

上条「はう…」ビクッ

対馬「何やってんの?」

一方「なンで舐めるンだよ…」

対馬「単純に五和の趣味でしょ」

五和「ふふふ」ペロペロ

上条「頼むから…それはやめて…」ブルブル

一方「ちょっとぐらい我慢しろよ」

上条「む…無理!!」ビクッ

上条「ちょっ…助けて!!」

対馬「仕方ないわね、それくらいにしときなさい」ガシッ

五和「対馬さん」ニコニコ

対馬「何?」

五和「なんか眠くなって…」

対馬「え?」

五和「…」スヤスヤ



432:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/24(土) 21:43:29.19 ID:JvXDjzAn0

一方「いきなりだな…」

対馬「酔ってる人はいきなり寝るのよ」

一方「へェ」

上条「とりあえずベッドまで運ぶか」フラフラ

上条「あれ?」フラフラ

一方「テメェも酔ってンだよ」ガシッ

一方「対馬、水」

対馬「え?」

一方「水だよ、水」

対馬「そのちょっと前」

一方「テメェだよ、対馬」

対馬「あ、水ね、分かった」スタスタ

一方「とりあえず五和を運ンじまうぞ」

上条「わかった」

対馬「はい、水」

一方「とりあえずそこに置いといてくれ」

対馬「分かったわ」

上条「おろすぞ」

一方「あァ」

ドサッ



433:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/24(土) 21:45:17.63 ID:JvXDjzAn0

一方「テメェも酔いを覚ませ」バシャッ

上条「うわ」バシャッ

上条「…」ポタポタ

対馬「上条くんは五和ほど酔ってなかったから大丈夫だと思うけどね」

一方「テメェ等一体何本飲ンだンだ?」

上条「えーと…俺は一本で五和が……」

対馬「大量に飲んだ訳ね」

上条「多分…」

一方「多分?」

上条「飲んだ後すぐ寝ちまったから…」

一方「…とりあえず部屋の掃除するぞ」

上条「このまんまじゃ寝ることもできないからな」

一方「当たり前だ」

対馬「五和も汚したと思うし私の手伝うわ」

一方「悪ィな」

上条「まずどうする?」

一方「水浸しの床を拭く」



434:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/24(土) 21:45:56.68 ID:JvXDjzAn0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

約1時間後

五和「ん…あれ?」

五和「なんで寝てるんですかね…」

五和「確か当麻さんとなんかを飲んで…」

一方「酒だよ」

五和「アクセラレータさん?」

対馬「目が覚めた?」

五和「対馬さんも…いつ来たんですか?」

一方「だいたい1時間前だ」

対馬「私もそれぐらい」

五和「え…」

五和「頭が…」ズキズキ

対馬「ただの飲み過ぎよ」

五和「飲み過ぎ?」

上条「冷蔵庫にあったのが酒だったらしいんだ」

五和「じゃあ私は酔ってずっと寝てたんですか?」

一方「いや」

五和「え?」



435:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/24(土) 21:47:38.33 ID:JvXDjzAn0

対馬「さっきのビデオ持ってきて」

一方「あァ」スタスタ

五和「何のことですか?」

一方「ほら」ポイッ

五和「あ…」パシッ

対馬「それを見てみたら」

五和「…」ピッ

五和『当麻さん、かわいい』チュッ

五和「え…は?」///

対馬「酔ってる間ずっとそんな感じだったわよ」

五和「ほ、本当ですか!?」///

対馬「嘘だと思うなら最後まで見てみれば」

五和「わ、分かりました」ピッ

五和「…」

五和「……」///

五和「………」///

五和「…………」///



436:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/24(土) 21:48:44.04 ID:JvXDjzAn0

五和「もう無理です!!」/// ピッ

対馬「これで分かった?」

五和「もう充分分かりましたから!!」///

上条「じゃあビデオは片付けとくな」スッ

五和「ちゃんと消しといてくださいよ!!」///

上条「え?」

五和「ちゃんと消しといてくださいね」///

対馬「いい思い出じゃない」

五和「全然良くないです!!むしろ消したい思い出です!!」///

一方「お前はどォしたいンだ?」

上条「俺は残しておきたい」

五和「何でですか!!」///

上条「だってかわいいし」

五和「かわいくないです!!」///

一方「何が嫌なンだ?」

五和「全部です!!特にキスなんか…」///

対馬「じゃあ今キスしてもらえば?」

五和・上条・一方「え?」



437:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/24(土) 21:51:24.71 ID:JvXDjzAn0

対馬「キスが恥ずかしいならもう一回すればいいじゃない」

一方「いろいろ矛盾がたくさんある発言だな」

対馬「別にいいじゃない」

五和「どうします?」

上条「お、俺は五和がいいなら」///

五和「私も当麻さんがいいなら…」///

一方「そンな感じでキスしていいのか?」

対馬「いいんじゃない」

一方「強引だな」

対馬「これくらい強引じゃないとあの2人はキスできないでしょ」

一方「まァ…そォだな」

上条「じゃ…じゃあ…いくぞ」///

五和「い…いいですよ」///

一方・対馬「…」

上条「…」

上条「どうすればいいんだ?」

一方「俺に聞くな」

対馬「私も知らない」

上条(こうなったらやけくそだ!!)

上条「…」チュッ

五和「…」

上条「こんな感じか?」

対馬「いちいち聞かないでくれる」

一方「俺達にはわかんねェよ」



444:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/26(月) 21:24:46.74 ID:/j2VNew00

五和「そういえば対馬さん達はキスとかしないんですか?」

一方「しねェよ」

五和「そうですか…」

対馬「なんでがっかりしてるのよ」

五和「だって私達がキスして対馬さん達がしないのって不公平じゃないですか」

一方「どンな理由だよ…」

上条「キスしてくれよ」

対馬「嫌よ」

五和「いいじゃないですか」

一方「なにがいいンだよ」

上条「キスしてよ」

五和「そうですよ」

一方「無理だ」

対馬「無理ね」

上条・五和「えー」

一方「何を言っても無理だ」

対馬「そうね」



445:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/26(月) 21:27:28.82 ID:/j2VNew00

上条「流れ的にはそろそろだぞ」

一方「流れなンて知らねェ」

上条「空気よめよ」

一方「知るか!!」

対馬「とにかく絶対しない、わかった?」

五和「わかりました…」

上条「わかったよ」

一方「じゃァこれでこの話は終わりだ、これ以上言ったら殴る」

上条「了解…」

対馬「五和もよ」

五和「分かりました…」

一方「じゃァ部屋の掃除やるぞ」

上条「終わって無かったのかよ…」

一方「逆に何で終わったと思ってたンだよ」

上条「普通は終わってる感じだろ」

一方「普通はな」

上条「…」

対馬「私達もやるわよ」

五和「はい」

対馬「五和が汚したんだから頑張りなさいよ」

五和「…はい」



446:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/26(月) 21:28:24.01 ID:/j2VNew00

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

学園都市

ファミレス

麦野「さあ、ここからは学園都市編よ」

浜面「何だそれ」

残党「超展開すぎるぞ」

麦野「イギリスはほのぼのしてる頃だからこっちはハードボイルドでいくわよ」

浜面「ハードボイルドってどういう意味だ?」

残党「堅ゆで卵」

浜面「…違う気がするのは俺の気のせい?」

麦野「とにかくかっこいい感じで行くわよ」

浜面「いろんな意味で無理な気が…」

残党「俺もそう思う」

麦野「とりあえず今回の作戦の内容を教えるわね」

浜面「まだ参加するなんて言ってねーぞ」

残党「だいたい作戦の事を今知った」

麦野「だって今言ったもの」



447:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/26(月) 21:31:52.76 ID:/j2VNew00

浜面・残党「…」

麦野「作戦はこの3人で実行するからね」

浜面「まずどんな作戦なんだ?」

麦野「ちょっと前に上条と五和にちょっかい出した連中がいたの」

浜面「それがどうしたんだ?」

麦野「そいつ等がまたバカな事を始めたの」

残党「つーか何でお前がちょっかい出したのを知ってるんだ?」

麦野「私とアクセラレータでそいつ等を殺ったからよ」

浜面「半殺しか…」

麦野「それで上条に仕返しするために彼の部屋を襲撃したらしいの」

浜面「でもイギリスだろ」

麦野「だから仕返しするために街中を探してるらしいわよ」

残党「あれ?普通仕返しならお前とアクセラレータが狙われるはずだろ」

麦野「多分狙われてると思うわよ」

残党「まず弱い奴から襲撃するって事か」

浜面「かっこよく言ってるけど結局また半殺しにされるのが怖いだけだろ」

麦野「そうとも考えられるわね」

浜面「それしかねーだろ!!」



448:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/26(月) 21:33:29.33 ID:/j2VNew00

残党「で、そいつ等をどうするんだ?」

麦野「他にもいろんな連中を襲ってるらしくて困ってるから始末してくれって」

浜面「それってそんなに簡単に引き受けていいのか?」

残党「つまり戦争って訳か」ジャキッ

浜面「ファミレスで銃をかまえるんじゃねーよ」

麦野「そうね」ニヤリ

浜面「そしてお前も不気味な笑顔をやめろ」

残党「で、敵の兵力は?」

麦野「だいたい40から50人」

浜面「は!?」

麦野「何?」

浜面「3人でやるのか?」

麦野「そうよ」

浜面「50人を!?」

麦野「そうよ」

浜面「無理だよ」

残党「ただのチンピラだろ」

浜面「お前そんなキャラだったっけ?」

麦野「残党はマフィアの家系の人間だから戦闘だと血が騒ぐのよ」



449:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/26(月) 21:34:10.90 ID:/j2VNew00

浜面「じゃあ根っからの裏社会の人間って事?」

残党「そうだ」

残党「ちなみに親父の後は俺の姉が継いだ」

浜面「全くどうでもいい情報だな」

麦野「じゃあ作戦決行は明日ね」スタッ

浜面「待て待て待て待て!!」

麦野「何?」

浜面「作戦とかしっかり考えようぜ、さすがにこの兵力差で勝てる気がしない」

残党「海外なら爆破が主流だな」

浜面「ここはJAPANだ!!」

麦野「じゃあ考えたら?」

浜面「そうだな…」

浜面「麦野が真正面から突入して敵の注意が麦野に向いたら俺と残党が裏から襲撃ってのはどうだ?」



450:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/26(月) 21:34:58.52 ID:/j2VNew00

麦野「ちょっと不安ね…浜面が突入して、私と残党が裏からってのはどう?」

浜面「俺に死ねと?」

残党「じゃあ俺と麦野で突入してお前が裏から襲撃すればいいだろ」

浜面「まあ…それでもいいけどさ」

麦野「じゃあ決定ね」

浜面「そんなアバウトで大丈夫か?」

残党「そんなもん知るか」

浜面「つーかどんな建物にいるんだ?」

麦野「取り壊し予定のビルよ」

残党「じゃあ爆破したほうがいいだろ」

浜面「取り壊し予定でも爆破はダメだ」

麦野「じゃあ明日の9時に現地集合ね、これが地図」スッ

残党「ああ」

浜面「やる気満々だな」

残党「少しな」ジャキッ

浜面「ファミレスで銃かまえてて少しって…」

麦野「じゃあ遅れないように来てね」

浜面「なんで遠足みたいなテンション!?」

残党「今までの戦場に比べたら遠足だな」ニヤリ

浜面「お前はちょっと黙ってろ!!」



451:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/26(月) 21:38:02.79 ID:/j2VNew00

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次の日

ビル前

麦野「遅刻しなかったわね」

浜面「当たり前だ」

残党「じゃあ始めるか」ジャキッ

麦野「そうね」キュィィィィン

浜面「俺まだ裏に行ってないんだけど…」

残党「扉はまかせた」

浜面「作戦は?」

麦野「行くわよ」ドガシャァァァァァァ!!

浜面「作戦はどうした!?」

不良A「誰だ!?」

麦野「誰に見える?」ニッコリ

残党「少なくとも聖職者には見えないだろうな」ジャキッ

浜面「お前等ノリノリじゃねーか…」

不良F「何しに来やがった!!」タタタッ

残党「迷える子羊を天国に導きに来たんだ」ガァン!!

不良F「ぐ…」ガクン

残党「急所は外したから安心しな」

浜面「何コイツ…怖い…」

不良A「この野郎!!」ブンッ

麦野「邪魔」ドシュッ

不良A「が…ァァァァァァ!!」ドサッ



452:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/26(月) 21:39:12.97 ID:/j2VNew00

麦野「ここは私に任せて、2人は上の階をお願い」

残党「行くぞ」タタタッ

浜面「なんでお前等はこんなにテンションがハイになるの?」タタタッ

麦野「だいたい10人って所ね…」

不良B「テメェ…なめてんじゃねーよ!!」ジャキッ

麦野「遅いわよ」ドゴッ

不良B「う…」

麦野「あなたもね」ドシュッ

不良C「グアッ…」ドサッ

麦野「それで後ろをとったつもり?」ドゴッ

不良C「う…」

麦野「さて…次は誰を狙おうかしら」キュィィィィィン

不良D「うォォォォォ!!」タタタッ

麦野「まっすぐ突っ込んできてもね…」ドゴッ

麦野「まだやる気ある?」

ムキムキの人「俺がやってやるよ」

不良E・G「やっちまえー!!」

麦野「今までのよりかは面白そうね」キュィィィィン

ムキムキの人「その通り、今までの雑魚と一緒にしてもらっては困る」



453:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/26(月) 21:40:07.10 ID:/j2VNew00

そう言うと男はニッコリと笑った。
冷たく、感情の無い笑顔。


麦野「あれ?なんか変わってない?」

不良G「その辺はつっこむんじゃねぇ!!」

不良E「シリアスな場面なんだよ!!空気よめ!!」


男は女性の太ももほどありそうな腕で近くにあったソファーを持ち上げる。
ソファーはまるで普通の椅子のように軽々と持ちあがり、男はそのままソファーを麦野に向かって投げる。

しかし麦野は最小限の動作でそのソファーを回避する。
その動作は無駄が無く、しなやかで美しさすら感じられる。

男と麦野は無言のまま向き合った。

男の顔は笑っていた。

麦野の顔も笑っていた。

お互いの距離は5メートル弱。

麦野も男も一瞬で詰められる距離だ。


麦野「睨みあってても面白くないでしょ」


先に仕掛けたのは麦野だった。

一瞬で距離を詰めると、男のこめかみ目掛けて蹴りをいれる。

それは時間にして約1秒だった。

常人にしてみれば一瞬。

しかし男は体を屈め、その蹴りを簡単に回避した。

逃げなくては、と頭が命令する前に体が動いていた。
態勢が崩れるのなど気にせず横に大きく回避する。

麦野は自分の耳の横で風を切る音を聞いた。

巨大な腕が自分のすぐ横を通り抜けている。
もしそれが自分に当たっていたら、なんて事を考えると寒気がした。



456:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/28(水) 21:22:51.56 ID:0eYg+VLn0

男「避けたか…」


男は横目でちらりと麦野の方を見た。
感情の死んだ冷たい目。

麦野は片膝を地面についたまま男を睨んだ。
その顔にいつもの余裕は無い。

男の方は相変わらずの感情の無い笑顔のまま麦野を見ている。

麦野は呼吸を整えながら必死に思考をめぐらせていた。

物理攻撃が無力と分かった以上、彼女の残る攻撃手段は『原子崩し』だけだ。

しかしやたら無闇に撃った所で当たる訳ではない。
それどころか逆にそれが隙になってしまう可能性すらあった。

『原子崩し』が必ず当たる、そんな状況を作る必要があった。


男「考え事は終わったか?」


男は抑揚のない低い声で聞いてきた。

麦野は答えるかわりにゆっくりと立ち上がる。

男は麦野が立ち上がるのとほぼ同時に動き出した。



457:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/28(水) 21:23:47.07 ID:0eYg+VLn0

5メートルほどあった間合いを一気に詰めると、右の拳を振り上げる。

麦野はその拳をギリギリで回避する。

一撃でもくらえば致命傷になってしまいそうな極限の状態でも…いやそんな状態だからこそ麦野の回避能力は極限まで高められていた。

怒り、焦り、恐怖などといった感情を消し、ただただ相手の攻撃を避ける事だけに集中する。
攻撃を避け、ひたすらに反撃のチャンスを探る。

それはある種、この2人の我慢比べでもあった。

まだ冷えきっていない麦野の頭でも、相手の心理状況を読むのは容易だった。

この男は美しい勝利に徹底的のこだわるタイプだ。
圧倒的大差で勝たなければ気が済まない。
泥臭い勝利では気が済まない。
昔の彼女のような性格。

だからこそこの男の感情が手に取るように分かる。

その証拠に男の攻撃は最初と比べるとだいぶ大振りになってきていた。

大振りになって事で生まれる隙を麦野は見逃さなかった。
相手の拳を回避すると相手の腹部目掛けて全力で蹴りこむ。


男「うぐ…」


男は低いうなり声と共に後ろに大きく跳んだ。

しかしそれは男にとって唯一の、そして最大のミスだった。

普通の戦闘ならここで後ろに跳び距離を置くのが正解だろう。
しかし相手は普通の人間ではなかった。

彼の目の前にいるのは常識から逸脱した存在、レベル5の『原子崩し』なのだ。

男がそのミスに気付いた時には麦野の顔に笑顔が戻っていた。
残酷で狂喜に満ちた笑顔。
しかもその笑顔は勝利に対する笑顔あると共にサディスティックな笑顔でもあった。

ドシュッ、と言う音と共に、麦野の右手から無数の光線が放たれる。
この距離なら狙いを定めなくても当てられる。
むしろ外す方が難しい。



459:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/28(水) 21:25:25.43 ID:0eYg+VLn0

男「あ…ガァァァァァァァ!!」


男は一瞬で左腕、右肩、両足、を撃ち抜かれた。

獣のような叫び声をあげながら男は地面に倒れこむ。

傷口からは大量の血が溢れ出し、コンクリートの床を赤く彩る。

目の前には満面の笑顔の麦野が立っていた。
彼女の顔には残忍な笑顔が張り付いている。


男「殺せ…」

麦野「嫌よ、今殺したら面白くないじゃない」


麦野はまるでそれが当たり前のように言った。

男が奥歯を噛みしめるのを麦野は見ていた。

麦野はそんな様子を見てまた笑う。


麦野「じゃあ私は用事があるから、またね」


そんな気の抜けた声を残し麦野は上の階へと歩き出した。



460:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/28(水) 21:26:38.69 ID:0eYg+VLn0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2階

浜面「俺達も方もシリアスになるのか?」ドゴッ

残党「知るか」ガァン!! ガァン!!

不良A「いつまでも調子にのってんじゃねぇ!!」ブン

残党「うるさい」ガァン!!

浜面「ちゃんと急所は外してるんだろうな?」バキッ!!

残党「ああ」

残党「つーかそろそろこの階も制圧できそうだな」ドゴッ!!

浜面「やっとだな」バキッ

???「俺達の出番か?」スタスタ

浜面「誰だ?」

不良B「Mさん…」

残党「M??」

M「通り名みたいなもんだ」



461:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/28(水) 21:27:24.10 ID:0eYg+VLn0

浜面「残党みたいなもんか?」

残党「あんな奴らと一緒にすんな」

M「いいからさっさとかかってこい!!」

残党「じゃあ俺が倒していいか?」

浜面「どうぞ」

M「こいやァァァァァ!!」

残党「そんなに叫ばなくてもいいよ」バキッ!!

M「あ…」

浜面「弱ッ!!」

M「もっと…」

残党「え?」

M「もっと殴って!!」ガシッ

残党「待て…キモイから!!」ドゴッ!!

M「あァァァァァ!!」ビクン

不良B「さすが!!Mさんにいかなる攻撃が効かない、つまり絶対に負けない!!」

浜面「いや…いろんな意味で惨敗だろ!!」



462:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/28(水) 21:27:57.11 ID:0eYg+VLn0

M「もっと…もっと…」

残党「キモイ!!」ガァン

M「それはいや…殴って!!」

残党「…浜面…」

浜面「交代は無しな」

残党「…」ドゴッ!!

M「ああ!!いい!!」

残党「マジでキモイ!!」バキッ!!

M「もっと殴って」

浜面「まあ…確かに強いな…いろんな意味で」

M「もっと、もっと殴って!!」

残党「だからキモイって!!」バキッ!!

浜面「一旦落ち着けよ」

残党「あ、ああ」

M「隙あり!!」バキッ!!

残党「ぐ…」ドサッ



463:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/28(水) 21:28:52.64 ID:0eYg+VLn0

浜面「卑怯!!」

M「何が卑怯だ、戦いに卑怯なんてないだろ!!」

残党「かっこいい事言ってるつもり?」

M「別にそんなつもりはない!!」

浜面「お前の戦闘スタイルでかっこいいなんて不可能だからな…」

M「ああ」

残党「否定もしないのか…」

浜面「今度はおれが相手だ!!」ドゴッ

M「…お前さっきの奴より弱いな…」

浜面「…………精神的ダメージが」

残党「おい…」

M「俺は世界最強のドMだァァァ!!」

残党「へぇ…」

M「なんか文句あんのか?」



464:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/28(水) 21:29:38.71 ID:0eYg+VLn0

残党「お前さ…突然ガスガンで股間撃たれた事ある?」

M「…」

残党「真夜中にたった一本のジュースのために数十キロも離れたコンビニに行かされた事ある?」

M「…」

残党「氷しか入って無い風呂に入れられた事ある?」

浜面「氷風呂ならある」

残党「そんな異常な奴と長年生活した事ある?」

浜面「どんな家庭!?」

残党「無いなら偉そうなこと言ってんじゃねぇ!!」バキッ!!

M「俺の…負けだ」

浜面「勝ったの!?どんな勝ち方!?」

M「あんた…凄いな」

残党「日常だからな、慣れたよ」

浜面「何この無駄な和解…」

M「あんたもどうだ?」

浜面「俺は…」

残党「お前も仲間じゃねーか」

浜面「いろいろ言いたい事があるけど…まあいいか」



465:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/28(水) 21:30:45.61 ID:0eYg+VLn0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最上階

浜面「遅くなったな」スタスタ

麦野「本当に遅かったわね」

浜面「いろいろあったんだ」

残党「いろいろな…」

浜面「ところであいつ等のリーダーは?」

麦野「そこの箱の中」

浜面「これって豚とか運ぶ時に使うやつだろ?」

麦野「面倒臭いからいいのよ」

残党「まあ…これで終わりだな」

浜面「ああ」

麦野「ついでだから記念写真送らない?」

浜面「誰に?」

麦野「アクセラレータに」

浜面「そうだな」

残党「行くぞ」

残党「はい、チーズ」カシャ

そこには傷だらけの浜面と残党、ほぼ無傷麦野が笑顔で写っていた



466:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/28(水) 21:31:16.23 ID:0eYg+VLn0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イギリス

ホテル 夜

携帯電話『ピピピピピピ』

一方「…」ピッ

上条「誰から?」

一方「記念写真だってよ」

上条「どこの戦場!?」

一方「だな…」

一方「あと2日か…」

上条「早いもんだな」

一方「明日は別々だろ」

上条「そうだな」



471:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/30(金) 21:38:13.65 ID:G8YcWqNA0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次の日

上条「じゃあ行ってくるな」

五和「行って来ます」

一方「あァ」

対馬「いってらっしゃい」

上条「お前等は今日どうするんだ?」

一方「まだ決めてねェ」

上条「なら一緒に…」

一方「断る」

上条「…」

一方「2人っきりの方がいいだろォが」

対馬「楽しんでくるのよ」

五和「ありがとうございます」

上条「じゃあ改めて、行って来ます」ガチャ

一方「あァ」

対馬「行ってらっしゃい」



472:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/30(金) 21:39:17.12 ID:G8YcWqNA0

対馬「早いわね」

一方「何がだ?」

対馬「このタイミングで足の速さの話をすると思う?」

一方「普通の人間はしねェだろォな」

一方「イギリスにいる期間の事だろ」

対馬「分かってるじゃない」

一方「分かってても何がって聞いちまうのは人間の嵯峨だな」

対馬「意味不明ね」

一方「うるせェ」

対馬「私達はどうするの?」

一方「どォもしねェよ」

対馬「あ、そう」

一方「どっか行きてェ所があンのか?」

対馬「…行きたい場所があるって言ったらどうする?」

一方「行ってやってもいいぜ」

対馬「じゃあ……………」

一方「今から考えるのかよ…」

対馬「うるさいわね」



473:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/30(金) 21:40:31.60 ID:G8YcWqNA0

対馬「それじゃ…服買いに行かない?」

一方「なンで…?」

対馬「だってあんたの服ってしまむらでしょ」

一方「違ェ!!」

対馬「でもしまむらに売ってそうじゃない?」

一方「どこのしまむらにも売ってねェよ」

対馬「まあ、私の服ほしいし一緒に行かない?」

一方「別にいいけどよ…」

対馬「じゃあ決定ね」

一方「どこ行くつもりなンだ?」

対馬「しまむらでいいんじゃない」

一方「テメェはいつまでしまむらにこだわってンだ…」

対馬「あんたはどっか行きたい場所ある?」

一方「何処でもいいよ」

対馬「何処でもいいって困るのよね」

一方「テメェが服買いに行きたいって言ったンだろォが」

対馬「じゃあデパートでもいってみる?」

一方「別に何処でもいいよ…」

対馬「じゃあ決定ね」



474:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/30(金) 21:41:26.88 ID:G8YcWqNA0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

デパート

一方「…」ズズズッ

対馬「何やってるの?」

一方「コーヒー飲ンでる」

対馬「見りゃ分かるわよ」

一方「じゃァなンだよ」

対馬「ここに何しに来たか覚えてる?」

一方「服買いに来たンだろ」

対馬・一方「…」

対馬「分かってるなら行くわよ」グイッ

一方「面倒臭ェ…」ズルズル

対馬「いいから行くわよ」

一方「コーヒーだけ飲ませてくれ」

対馬「ダメよ」

一方「勘弁してくれよ」



475:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/30(金) 21:43:04.08 ID:G8YcWqNA0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

街中

上条「イギリスをゆっくり観光できるのも今日が最後だな」

五和「最後なんですし満喫しましょうね」

上条「そうだな」

五和「どこか行きたい所ありますか?」

上条「………ああ!!」

五和「ど、どうしたんですか?」

上条「インデックスにお土産買ってない…」

五和「じゃ、じゃあ買いに行きます?」

上条「でも何がほしかったか覚えてないんだよな…」

五和「行けば思い出せるんじゃないですか?」

上条「思い出せるかな…?」

五和「大丈夫ですって」

上条「食べ物だったのは覚えてるんだよな…」

五和「じゃあそこのスーパーで探してみますか?」

上条「そうだな…思い出せるかな」

五和「頑張ってみましょうよ」



476:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/30(金) 21:44:18.16 ID:G8YcWqNA0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スーパー

上条「何だったかな?」

上条「パスタだったかな?スパゲティだったかな?」

五和「パスタとスパゲティだと全然違いますよ」

上条「あれ?パスタとスパゲティって何が違うんだ?」

五和「パスタの一種類がスパゲティですよ」

上条「へー、そうなんだ」

五和「お土産はパスタなんですか?」

上条「そうだったような気がするんだよな…」

五和「じゃあパスタを何種類か買えばいいんじゃないですか?」

上条「そうだな、その手があった」

上条「パスタのコーナーって………」

五和「こっちです」スタスタ

五和「ここがパスタのコーナーですね」

上条「…」

五和「いろいろ…ありますね」

上条「適当に買えば大丈夫だろ」ドサッ

五和「大丈夫ですかね…?」

残金

上条1000円



477:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/30(金) 21:44:52.77 ID:G8YcWqNA0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上条「買ったのはいけど残金が…」

五和「だ、大丈夫ですよ」

上条「あと1000円だろ…昼飯買えるかな?」

五和「や、安い所で買えば大丈夫ですよ」

上条「そうだな…」

上条「…そういえば五和は行きたい所あるか?」

五和「そうですね…静かなところがいいです」

上条「静かな所か…公園とかどうだ?」

五和「はい」

五和「昼食も公園で食べますか?」

上条「そうだな」



478:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/30(金) 21:45:21.11 ID:G8YcWqNA0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昼過ぎ

上条「もう昼過ぎか…早いな」モグモグ

五和「そうですね」

上条・五和「そんな暗い顔すんなって、学園都市に帰ってもちゃんとメールも電話もするから」

五和「…約束ですよ」

上条「ああ」

五和「ちゃんと毎日メールか電話下さいね」

上条「分かってるよ」

五和「お願いしますね」

上条「イギリスは楽しかったな」

五和「良かったです」

上条「これからもこんな感じかな…」

五和「何がですか?」

上条「ずっとこんな感じの遠距離恋愛なのかなってさ…」

五和「そ、それは絶対無いですよ!!」

上条「なんで?」



479:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/30(金) 21:46:25.53 ID:G8YcWqNA0

五和「私が学園都市に行きます」

上条「え?」

五和「いつになるかは分かりませんけど…でも絶対行きます!!」

上条「……」

五和「そうすれば一緒に暮らせるし、好きな時に会えるじゃないですか!!」

上条「…そうだな」

五和「だからいつかきっと……」

上条「五和は来なくていいよ」

五和「え…」

上条「俺が社会人になったらお前を迎えに行く」

上条「くさい台詞だけどさ、それまで待っててくれないか?」

五和「…」

上条「自分で言ったんだけどやっぱりくさいな…」

五和「そんなことないです!!うれしいです!!」

五和「私…ずっと待ってます!!」

上条「……」

上条「うれしいな…」

五和「そのかわりちゃんと迎えに来てくださいね」

上条「ああ、わかってる」



480:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/09/30(金) 21:47:03.64 ID:G8YcWqNA0

五和「本当にうれしいです」

上条「ありがとう」

五和「会いに行ける時にはちゃんと会いに行きますからね」

上条「ありがとう」

五和「こちらこそありがとうございます」

上条・五和「…」

上条「…」ギュッ

五和「…当麻さん…………」

上条「本当にいいのか?」

五和「…………何が…ですか?」

上条「俺が社会人になるのなんてずっと先だし、それに五和もまだ若いじゃん………」

五和「いいんです、私は当麻さんがいいんです」

上条「五和…………心配じゃないのか?」

五和「信じてますから」

上条「…」

五和「だから私が当麻さんの事を好きになってしまった責任はとってくださいね」ニッコリ



486:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/10/02(日) 21:57:04.93 ID:9QSudeKr0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

公園の隅

一方「良かったンじゃねェのか?」

対馬「これであんたが面倒見なくても大丈夫そうね」

一方「そォかもな」

対馬「?」

一方「これからは四六時中見る必要はねェな」

対馬「どういう事?」

一方「これからもあいつ等の面倒は見る、俺が引き受けたンだからな」

対馬「…」ニコニコ

一方「何笑ってンだ」

対馬「私も付き合うわよ」

一方「ン?」

対馬「私も引き受けたんだし、あんたが最後までやるんだったら私も付き合うわよ」

一方「勝手にしろ」

対馬・一方「…」

対馬「買い物付き合ってくれてありがとうね」

一方「突然なンだよ」



487:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/10/02(日) 21:57:43.14 ID:9QSudeKr0

対馬「お礼言っただけじゃない」

一方「礼を言うようなキャラじゃねェだろ」

対馬「別にいいじゃない、言いたくなったから言っただけよ」

一方「…」

対馬「別に変な事は無いからね」

一方「別に何も言ってねェじゃねェか」

対馬「そうね」

一方・対馬「…」

対馬「あんたは彼女とかいるの?」

一方「いねェし作る気もねェ」

対馬「なんで?」

一方「…」

対馬「ダメ?」

一方「事情があるンだよ」

対馬「?」

一方「話す気はねェぞ」

対馬「わかってるわよ」

一方「…」



488:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/10/02(日) 21:58:24.73 ID:9QSudeKr0

対馬「…あんたもあんたなりに何かを背負ってる訳ね」

一方「そォだよ」

対馬・一方「…」

一方「その通りだよ…」

対馬「じゃあさ…その半分を私に背負わせてよ」

一方「?」

対馬「あんたがどんな事をしてどんな物を背負ってるかは分からない、でも…1人じゃつらいでしょ」

一方「テメェは関係ねェだろ、それにこれは俺1人で背負わなくちゃならねェンだ」

一方「楽しちゃいけねェンだよ」

対馬「楽する訳じゃないわよ」

一方「…」

対馬「私があんたのを半分背負うんだからあんたも私のを半分背負うのよ」

一方「…」

対馬「だから楽できる訳じゃないし、むしろしんどい事の方が多いと思うけど………」

一方「勝手にしろ」

対馬「え?」

一方「背負いたきゃ背負えばいいだろ、そのかわり俺もちゃんと背負ってやるよ」ガリガリ

対馬「…」

一方「…」

対馬「…ありがとう」

一方「…あァ」



489:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/10/02(日) 21:59:25.01 ID:9QSudeKr0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次の日 朝

ホテル

一方「準備は出来たか?」

上条「ああ」

上条「忘れ物とかないよな」ガサゴソ

一方「しっかりしてくれよ…」

上条「多分大丈夫だ」

一方「多分でいいのか?」

上条「ああ」スタスタ

一方「そォか」ガチャ

五和「当麻さん」

上条「五和…」

五和「今度は私が学園都市に行きますからね」

上条「…ああ」

五和「待っててくださいね」

上条「ああ」

上条「五和…」

五和「なんですか?」

上条「無かに行くまで待っててくれ」ボソッ

五和「…はい!」ニッコリ



490:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/10/02(日) 22:00:51.43 ID:9QSudeKr0

五和「私はちゃんと待ってますから」

上条「ああ」

上条「長いくなるけど本当にいい?」

五和「…」

上条「五和が無理だと思ったらやめてくれてもいいからな」

五和「当麻さんも…やめたいと思ったらやめてくれてもかまいませんから…」

上条「俺は大丈夫だよ」

五和「私だって大丈夫です」ニッコリ

上条「…そうだな」ニッコリ

対馬「今度時間があったら行くわね」

一方「あァ」

対馬「元気でね」

一方「あァ」

対馬「…」

一方「…」

一方「元気でな」

対馬「…うん」

一方「行くぞ、三下」スタスタ

上条「ああ」スタスタ

五和「…」プルプル

対馬「泣かずに笑顔で送り届けるんでしょ」

五和「…はい」



491:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/10/02(日) 22:01:21.36 ID:9QSudeKr0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1ヶ月後

学園都市 街中

一方「…」スタスタ

麦野「あれ~?学園都市第1位が何してるのかな~?」

一方「テメェ等こそ何やってンだ?」

浜面「見ての通り荷物運びだよ」

麦野「あんたこそその両手のビニール袋は何?」

一方「夕飯の買い出しだよ」

麦野「あんたも大変ね」ニヤニヤ

一方「ニヤついてンじゃねェか」

浜面「誰かに頼まれたのか?」

一方「あァ」

麦野「対馬って子でしょ」

一方「…」

浜面「え!?そうなの!?」

一方「なンで知ってンだよ」

麦野「優秀な情報屋がいるのよ」



492:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/10/02(日) 22:02:40.89 ID:9QSudeKr0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どこかの戦場

残党「ハックション!」

残党「誰か噂してるのか?」

ドガァァァァン

残党「ずいぶん派手にやってるな」

男「国を変えるんだ、これくらいやらなくちゃな」

男「で、注文の品は?」

残党「これだ、注文通り100挺持って来たぞ」

男「さすがだな」

残党「革命の成功を祈ってるよ」

男「必ず成功させて見せるさ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

再び学園都市

一方「…」

麦野「分かった?」

一方「あァ…」

浜面「マジなの!?本当に本当なの!?」

一方「テメェは1回黙れ」

麦野「ちゃんと優しくしてあげるのよ」

一方「うるせェ」スタスタ

麦野「浜面、次の店行くわよ」スタスタ

浜面「ええ!?もう俺持てないよ」

麦野「持てないと思うから持てないだけよ」

浜面「どんな理論!?」



493:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/10/02(日) 22:03:13.83 ID:9QSudeKr0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方通行の家

一方「ただいま…」ガチャ

対馬「おかえり」

打ち止め「おかえり、ってミサカはミサカは大きな声で返事してみたり」

一方「買って来たぞ」

対馬「じゃあ夕飯作ろっか」

打ち止め「はーい、ってミサカはミサカは元気よく返事してみる」

対馬「じゃあまず手を洗ってきてね」

打ち止め「はーい」タタタッ

一方「…ったく、いつの間にあんなに仲良くなったンだよ」

対馬「今日五和が学園都市に来るって」

一方「へェ…やっとだな」

対馬「五和らしいじゃない、一か月は絶対会わないって自分にルールを決めて頑張ってたのよ」

一方「なンだそれ?」

対馬「私にもわからないわよ、五和に聞いてみたら?」

一方「…遠慮しとく」



494:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/10/02(日) 22:04:01.68 ID:9QSudeKr0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

公園

上条「ったく…休みの日まで補習なんて…不幸だ…」スタスタ

御坂「見つけたわよ」

上条「御坂か…対決なら別の日にしてくれ…今日の上条さんは疲れてるんだ」

御坂「違うわよ!!別の用事よ!!」

上条「じゃあ何の用?」

御坂「まだあの五和って子と付き合ってる?」

上条「当たり前だろ…て言うか昨日もその前の日もそれ聞いてくるよな」

御坂「当たり前じゃない!!あんたあんないい子と別れたら私が許さないからね」ビリビリ

上条「はいはい、俺が一番分かってるって」スタスタ

御坂「明日もここに来なさいよ!!」

上条「はいはい」スタスタ

御坂「…」

麦野「あれ?どうしちゃったのかにゃー?」ニヤニヤ

浜面「…」フラフラ

御坂「何が?」

麦野「あんなに病んでたのにどうしちゃったの?」

御坂「…面倒臭い事は考えないことにだけよ」

御坂「いろいろ考えてけど結局訳わかんないし…」

御坂「あいつが幸せならそれでいいんじゃないかって」

麦野「素敵な純愛ね」

御坂「私の事バカにしてる?」

麦野「今日だけじゃなくて四六時中バカにしてるわよ」

御坂「へー…」ビリビリ

麦野「何か?」キュィィィィィン

浜面「…あんまり暴れるなよ」



495:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/10/02(日) 22:04:34.21 ID:9QSudeKr0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上条の家

上条「ただいま」

禁書「とうまとうま!!プレゼントなんだよ」

上条「あれ?今日ってなんかお祝い事あったっけ?」

禁書「もしかして忘れてる?」

上条「ちょっと待ってくれ…後ちょっとで出てきそう………………」

禁書「絶対出てこないんだよ」

禁書「いいからプレゼントなんだよ」

上条「…ところでプレゼントが見当たらないんだけど…」

禁書「こっちなんだよ」スタスタ

上条「なんで置きっぱなしなんだよ…」スタスタ

禁書「これなんだよ」

上条「…」

上条「でかくね?」

禁書「…」

上条「何このバカでかいプレゼントボックス!?」

禁書「こ、細かい事はいいから開けてみるんだよ」

上条「何が入ってるんだよ」パカッ



496:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県):2011/10/02(日) 22:05:35.52 ID:9QSudeKr0

五和「…」///

上条「…」

禁書「今日は五和が来てくれたんだよ」

上条「…それはいいけど…何その格好?」

禁書「水着なんだよ」

上条「そういう意味じゃなくてさ…」

五和「どうですね…」///

上条「いいと思うけどさ…なんでそんな格好!?」

禁書「おめでたいんだし別にいいんだよ」

上条「…いろいろつっこみたいけど…まあいいか」

上条「夕飯は何がいい?」

五和「あ、材料持ってきましたから」

上条「そうか…」

禁書「ごはん♪ごはん♪」

END



転載元
五和「好きです」上条「なんか言ったか?」一方「…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1313669818/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月07日 02:43
      • 最初の方読んでみてページ数見たらナゲェェェェーーーース!!
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月07日 02:53
      • 上条さんの難聴は実は一方通行が反射してたせいって話かと
        てかこのネタで誰か書いてくれないかなぁ
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月07日 04:36
      • 自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
        自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
        自治スレッドでローカルルール変更の話し合い中
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月07日 05:21
      • 音反射すれば無視できたのに一方さん飢えすぎです
      • 5. 以下、VIPにかわりましてHIPがお送りします
      • 2014年09月07日 06:57
      • 面白いッス、でも甘すぎて胸焼けが……
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月07日 07:18
      • セロリと五和って面識無かったっけ
      • 7. MCC
      • 2014年09月07日 10:43
      • 5 最高!!

        まとめてくれてディ・モールト・グラッツェ!!!!!
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月07日 11:13
      • やたらと入るリンク表示なんだこれ
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月07日 11:20
      • ※6
        左方のテッラ戦のラストにニアミスはしてるけど少なくとも原作では知り合いって描写はないな
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月07日 11:32
      • >>2
        何だその解釈は・・・・たまげたなぁ。けど確かに面白そう
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月07日 12:06
      • 面白かったけどなげえ
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月07日 12:55
      • 流石に一世一代の告白シーンで難聴発動させたらその場で血祭りに挙げられても文句言えないよな
        とスレタイで思ったけどなんだか違う流れだった
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月07日 14:51
      • 序盤からずっとつまんなかったんだけど途中から面白くなるのコレ?
        我慢して読んでみるか…
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月07日 14:54
      • 御坂がしゃしゃり出てこないとサクサク読めるな
        逆に言えば盛り上がりに欠ける点でもあるが
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月07日 15:12
      • 五和が五条に見えた…

        毒され過ぎだな
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月07日 16:26
      • ※2
        こういうのは言いだしっぺがやるもんだ
        つまり、頑張れよ
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月07日 22:50
      • まった懐かしいもんを引っ張ってきたな
        でも、これ続きなかったっけ?
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月08日 00:24
      • セロリもむぎのんも、なんで「大精霊チラメイド」が服だって知ってるんだ?
        あと、上条さんOKするの早すぎ。

        原作読んでないから対馬が誰なのか分かんない。

        >禁書(でも五和ならごはんもおいしいし、優しいし…)
        >禁書(五和、頑張るんだよ!!)

        この穀潰しは、彼女できても居座るつもりか。
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月08日 00:47
      • 上条の言動が淡々としているのがちょっとね
        鈍感っぽいっちゃ鈍感っぽいけど
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月08日 01:23
      • 悪くないんだけど70ページ超えは長いわ・・・40ページちょっとでギブアップ
        個人的には30ページ以内、なんなら10ページ以内の短いのが好き
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月08日 01:33
      • 4 俺さとあるはたまに読むんだが……聞いていいか?
        残党って誰さ?何かの元ネタの人?
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月08日 01:56
      • 一方通行と麦野は五和と面識ないからそこだけ違和感ある
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月08日 02:31
      • 淡々としていて纏まってるから面白い
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月08日 08:53
      • この作者って、上条と一方通行が浜面の相談に乗るSSを書いてた人じゃん!

        残党が出てきて気付いたわ!

        どうか、浜面「助けてくれ」上条一方「……」 もまとめてくれ!あれ大好きなんだよ!
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月08日 09:06
      • ※21
        オリキャラ
        続編(?)の『上条・浜面・一方「昔話!?」』でそう書いてる

        ※22

        一方は公園でたまたま五和の独り言を聞い初対面なのに勝手に相談持ちかけられた
        麦野は一方&御坂をからかうついで
        作中で自己紹介してる場面あるし元々面識あるようには書かれてないよ?
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月08日 18:59
      • 五和好きだし我慢して読んでたけどムキムキと戦い始めた辺りでギブ

        まっっっったく面白くない
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月09日 17:49
      • オリキャラ出で来た瞬間読むのやめたわ。萎えるからやめろよ
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月10日 07:16
      • かなり、面白かった!

        けど、この作者の前作を知らない人には寒く感じたかもしんないね。
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月14日 10:48
      • 面白かった
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月14日 10:49
      • ちょっと長かった
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月15日 15:43
      • 途中からのローカルルールの変更案内URLがうざったい
        最初のはまぁ転載元の案内だから尊重しても毎回ラストに変な語尾が付いてるみたいで気になるわ
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月15日 17:34
      • イギリスというかユーロ圏の物価や為替など全く分かってないんだから残金表示とか余計なことしなかった方がいいと思った
        というか残党の職場(オリキャラ)に任されてるのが裏のバイトなら口止め料でもう少し貰えてるだろ
        表示ありきでリアルにしたいなら少なくとも帰国時の旅費含めても8~10万くらいはないと
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月17日 02:44
      • かなり長いけど、面白いところがちょくちょくあって良かった。
        全体的なダラダラ感は逆にほのぼのして楽しめた。甘い甘いSS、一通さんも人よ過ぎて好感しか持てないな。

        あとイギリスに行くのにどれくらいかかるかなんだけど、気になるから調べたが、格安で4〜5万で行けるみたいだ(季節11月〜3月限定など指定あり)それを踏まえても上条さんたちのバイトでは行くだけで精一杯かなー。
        ただ学園都市の相場が現実と大きく違い科学が発展しているから可能なのかなー?と脳内補完した。でもデート費用とか考えようよとマジレス
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年09月21日 21:46
      • え、これ対馬は一方に告白したの?

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務