TOP

藤原「今日はお前たちにはシュテルンビルトを守るヒーローとして働いてもらうで」

1 :名無しさん@おーぷん 2014/08/20(水)12:26:14 ID:EM5mWzdEn

浜田「なんやねんヒーローて」

松本「あー、ネクストね」

山崎「? 松本さん知ってるんですか?」

松本「まぁネクストはね、欠かせませんね。大体僕は毎朝一杯のコーヒーを飲みながらメープルシロップを多めにかけたネクストを口いっぱいにほおば」

浜田「ええからもう、藤原、はよせえ」

松本「ンフフフフwww」

田中「フフッw」

遠藤「あ、あれちゃいますか、ヒーローって。ネクストとか言う超能力者がスポンサー企業の社員としてヒーロー業をやるっていう」

藤原「遠藤、お前はなかなか、勉強しとるな。男前なだけと違うな」

遠藤「フフッw……はぁ、ありがとうございます」

松本「ほんで、お前はなんやねん」



3 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)12:27:17 ID:EM5mWzdEn

藤原「お前たち新人ヒーローの教育係の藤原や。ところで浜田、ヒーローの活躍が生中継で見られる番組は何や?」

浜田「は? え? えっと……ヒーローTVですか?」

藤原「正解や」

浜田「はあ」

藤原「でも芸人としては不正解やな。もっとボケていかんと」

浜田「えwはい……すんませんw」

松本「フフフw」

藤原「ヒーローはそれぞれの活躍に応じてポイントを獲得するんや。ポイントレースで上位のヒーローは1部で完全生中継や。成績が悪いと2部に落ちるから注意してや」



4 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)12:28:34 ID:EM5mWzdEn

藤原「それではヒーローとしての心得三か条を教える」

松本「僕は嫌です! やりたくないです!」

藤原「…………第一条、ヒーローはいついかなるときもシュテルンビルトとその市民を守るために行動しなくてはならない」

松本「フフッw」

遠藤「ほんまにアドリブできないんですね」

浜田「ンフフフフッ!www」



5 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)12:29:31 ID:EM5mWzdEn

藤原「第二条、第一条に反しない限り、ヒーローはスポンサーの要望に応えなければならない」

浜田「ヒーローもスポンサーを気にせなあかんのか」

遠藤「芸人に通ずるところがありますね」

松本「現代社会のひずみだね……悲しいことだよね…」

田中「フフッw」

藤原「第三条、決して笑ってはいけない。これらを破った場合、その場でキツい罰を受けてもらう。以上や」

松本「第三条だけ脈絡なさすぎやろ」

山崎「ハハハハハwww」

藤原「今からお前たちにはまず、ヒーローとして正式に就職してもらう。それでは、今からスタートや」

浜田「ええー!? 早ない?」

藤原「お前たちがヒーローとして就職する会社はこっちや。ついてきてくれるか」



7 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)12:30:47 ID:EM5mWzdEn

(ゾロゾロ……)

田中「今回藤原さん調子いいですね」

浜田「シュテルンビルトで噛まへんのはびっくりしたわ」

藤原「……あ、こっちや。すんません」

浜田「ンフフフフフw間違えんなや!」

デデーン! 『浜田 田中 アウトー!』

田中「(バシッ!)ッア~!」

遠藤「そこに建物見えてるでしょ!」

松本「ほんま毎回言うけど、お前の間違いで笑うんはセーフにしろや!」

藤原「ほんま、シュテルンビルトも広なったで。なぁ浜田」

浜田「いや知らんやん、来たことないし」

藤原「……ホンマ広なったで」

浜田「……」

遠藤「フフフッw」

デデーン! 『遠藤 アウトー!』

遠藤「ッwww今その絡み必要ですか?www(バシッ!)イッタ!」



8 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)12:31:32 ID:EM5mWzdEn

(ゾロゾロ……)

藤原「お前たち、遅れずについて来てくれるか」

松本「毎度のことながら、偉そうやな。教育係か知らんけど」

遠藤「今回は着替えないんですか?」

浜田「ほんまやな。藤原、どうなん?」

藤原「あ、今回は、先に、こっちです」

松本「ンフフwもー! キャラちゃんとせえ!」

デデーン! 『松本 アウトー!』

松本「もー! (バシッ!)イッタ…」

藤原「ここや。みんな、ここでちょっと止まってくれるか」

浜田「なんやねん、はよ中入ろうや」

山崎「寒いわ~!」



9 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)12:32:22 ID:EM5mWzdEn

藤原「ここが大人気番組、ヒーローTVを放送してる放送局であり、人気ヒーローコンビ、タイガー&バーナビーを抱える大企業、アポロンメディアや」

田中「?! ちょっとw…上…見てください…w」

遠藤「ハハハハハwww」

松本「?……ンフフフフフwww」

浜田「?……ンナハハハハハ!」

デデーン! 『全員 アウトー!』

松本「菅ちゃんの像wwwデカすぎるわwwwwww」

山崎「アハハハハハッ!www」

浜田「もー!www 教えんなや!」

藤原「あれがアポロンメディアの今のCEO、スーガリックさんや」

藤原「どうや、浜田。カッコええやろ」

浜田「……あぁ、はい」

松本「マーベリックちゃうんか……だいたいなんであの像、ガッツポーズしてんねんw」

遠藤「あの像、ビルとおんなじ高さですよね? 何メートルあるんですか?」

藤原「別名『ガースータワー』や……カッコええやろ」

田中「フフッwww」

デデーン! 『田中 アウトー!』



10 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)12:33:09 ID:EM5mWzdEn

藤原「ほんなら入るで」

浜田「やっとや」

田中「いっつも入るまでが長いですね」

藤原「あ! 見てみ! あれは噂の、ヒーロー界のマドンナやで!」

山崎「……ハハハハハwww!」

松本「ンフフフフフw」

遠藤「……wwwwww」

デデーン! 『全員 アウトー!』

山崎「マツコ出たwwwイッタ!」



11 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)12:50:24 ID:EM5mWzdEn

遠藤「マツコさん、レジェンドのカッコしてますよ」

松本「絵的に違和感ないなぁ」

田中「…………w」

藤原「ヒーロー界のマドンナ、マツコ・ザ・デラックスやで」

遠藤「…………」

浜田「…………w」

松本「…………w」

デデーン! 『浜田 アウトー!』

浜田「ちょお! こいつもわろてるやん!」

松本「そんな潰し合いしてどうすんねん、これからヒーローなんねんぞ」

浜田「チッ……イッタ…」

藤原「ほんなら入るで」

浜田「もぉぉー! はよ入っといたらよかったやん!」



12 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)12:52:56 ID:EM5mWzdEn

(ゾロゾロ…)

藤原「ここがアポロンメディア、ヒーロー事業部の部長室や。この中にいてはるんが、いち企業の部長でありながら、実質的にはシュテルンビルトのヒーロー界のドンとも言える存在や」

山崎「もー、変なゲストいやや」

藤原「この人なくして、今のヒーロー界、今のシュテルンビルトはないと言っても、過言ではないで」

遠藤「絶対すごい人いますよね……」

藤原「今からその人にヒーローとして任命してもらえるんや。どうや浜田、嬉しいやろ」

浜田「…………」

藤原「浜田、嬉しいやろ」

浜田「…………」

藤原「ほな入るで」

松本「ンフフw」

山崎「ハハハハハw」

デデーン! 『松本 山崎 アウトー!』

松本「浜田のそういうのに勝て! 藤原!」



13 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)12:53:40 ID:EM5mWzdEn

藤原「ほんなら入るで(コンコン)失礼します(ガチャ)」

浜田「誰やろな…」

???「…………」

松本「あー…おるわ…背中向けて…」

山崎「顔見えへんの嫌やわぁ…」

田中「ほんまですね…」

藤原「ほんなら、みんな、並んでくれるか」

藤原「部長、新人のヒーロー、5名、連れて、参りました」

???「……ありがとうございます。私が、アポロンメディア、ヒーロー事業部部長の……」(クルッ)




石破「石破茂です」

松本「ンフハハハハ!wwwwww」

デデーン!『全員 アウトー!』



14 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)12:55:10 ID:EM5mWzdEn

田中「石破さん出たwww」

遠藤「これはダメでしょ!」

藤原「元防衛大臣の、茂さんやで」

浜田「ンフフフフフwwwやめ言うねん!」

デデーン!『浜田 田中 アウトー!』



15 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)13:01:56 ID:EM5mWzdEn

浜田「いったぁ…」

山崎「めっちゃ見てるで…」

田中「石破さんのあの目苦手やわ」

石破「…………ヒーローたる者、ネクストとしての、能力を、持っていなければ、務まりません」

遠藤「そらそうですね。一般人がやったら危ないですもんね」

石破「……そこで、皆さんにも、ネクストとしての…………………………」

浜田「…………」

松本「…………」

山崎「…………」

遠藤「…………」

田中「…………」

石破「…………」

浜田「ンフフフフフw」

田中「ブフッw」

デデーン!『浜田 田中?? アウトー!』

浜田「ちょお! そない溜めんでよろしいやん!wイッタ!」



16 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)13:08:40 ID:EM5mWzdEn

石破「……能力に、目覚めてもらいます」

松本「いや、目覚めるて、無理やろ、ネクストちゃうし」

石破「当社では、独自の繊維を、開発しました。それで作られた、ヒーロースーツを着れば、一時的に、脳波の出力が上がり、ほとんどの人の、超能力が、覚醒します」

遠藤「あー、だから着替えを最初にしなかったんすね」

石破「……それでは、それぞれの、ボックスに、入ってください……」

藤原「ほんなら、ボックスに入ってくれるか」

遠藤「聞きましたよそれ」

松本「…………w」

浜田「ちょお! こいつわろてるやん!」

松本「……部長室で騒ぐな」

浜田「チッ…なんでこいつはアウトならへんねん…」



17 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)13:15:33 ID:EM5mWzdEn

藤原「着替えおわったか? ほんなら、まず浜田! 出てきてくれるか」

浜田「(シャッ)……これさぁ、ワイルドタイガーのやつちゃうん?」

藤原「なかなか様になっとるやないか」

浜田「……ほんで、なんで首から上はマスクないねん」

藤原「ブサイクなクチビルは目立たんようにしてくれるか」

浜田「…………チッ…ほんなら隠したらええやん」

藤原「ほんなら、次は松本、出てきてくれるかー」

浜田「なぁ、なんで首から上は丸だしやねんな」



18 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)13:22:07 ID:EM5mWzdEn

藤原「やっぱり遠藤はどんな格好でも男前やなぁ」

遠藤「これ男前ちゃうでしょ。ここボロ~ン行きそうですよ!」

藤原「次、田中! 出てきてくれるか」

田中「(シャッ)やったぁー! スカイハイや!」

藤原「うわっ! くさっ!」

田中「……」

浜田「ンフフw」

デデーン!『浜田 アウトー!』



20 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)14:10:13 ID:v6Ngu4fga

藤原「最後に、山崎! 出てきてくれるか」

山崎「(シャッ)……」

浜田「うわっ、山ちゃん、めっちゃ似合ってるやん」

遠藤「そういうのハマりますよねぇ」

松本「ホンマ神がかり的に似合うな」

山崎「これ子どものやつやん! めっちゃちっちゃいわ!」

田中「めっちゃ半ズボン似合ってますよ」



21 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)14:10:50 ID:v6Ngu4fga

藤原「ほんなら、お前たち、並んでくれるか。今から石破部長がお前らにヒーロー名をつけてくれはるで」

松本「たいそうやなぁ」

浜田「こんなパクリみたいな格好で名前つけてもなぁ」

藤原「お前らの能力も決めてくれはるから、よう聞けよ」

遠藤「え? 能力って、そんな簡単に決まるんすか?」

田中「うわぁ~! 楽しみやなぁ~」

浜田「田中そのテンションやめて、うっとうしいわ」

田中「…………」

松本「…………ンフフッw」

デデーン! 『松本 アウトー!』



22 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)14:14:17 ID:v6Ngu4fga

石破「それではまず、浜田さんから……ヒーロー名は、ワイルドツッコミ」

浜田「……はぃ…」

松本「普通やな」

遠藤「まぁ、ワイルドタイガーっすもんね」

石破「……野性的なツッコミは、あらゆる人間に、戦意喪失させる力が、あります」

浜田「……え? そういう能力?!」

石破「……はい」

浜田「……w」

山崎「ハハハハハwww!」

デデーン!『浜田 山崎 アウトー!』



24 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)14:22:15 ID:v6Ngu4fga

石破「そして、松本さん、ヒーロー名は、シャークレー」

松本「…………w」

デデーン!『松本 田中 アウトー!』

松本「ンフフフフフw……バーナビーみたいに言うなw…ッツ!」

石破「シャクレた口から、落とされる爆弾発言は、あらゆる上下関係を、破壊します」

遠藤「ハハハハハッwww」

デデーン!『遠藤 アウトー!』

遠藤「www今決めてるでしょwww!能力ちゃうしwww」

浜田「ンフフw!」

デデーン!『松本 浜田 アウトー!』

浜田「お前いらんこと言うなってぇ!」



25 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)14:22:54 ID:v6Ngu4fga

石破「遠藤さん、ヒーロー名は、ブルー遠藤」

松本「ンフフフフフwww」

山崎「ハハハハハwww」

デデーン!『松本 山崎 アウトー!』

松本「そのまんまかいwwwwwwイッタ!」

遠藤「……」

石破「田中さんの、ヒーロー名は……」

遠藤「あの……僕の能力は……?」

浜田「ンフフフフフwww!」

デデーン!『浜田 山崎 アウトー!』



26 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)14:24:14 ID:v6Ngu4fga

石破「田中さんの、ヒーロー名は、不快ハイ」

浜田「ンフフフフフw」

デデーン!『浜田 アウトー!』

石破「冷静な表情に隠された、粘着質な陰湿さは、限りなく人を…………不快にさせる」

遠藤「ハハハハハ!」

デデーン!『遠藤 アウトー!』

松本「フフッ……性格やんけ」



27 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)14:25:16 ID:v6Ngu4fga

石破「山崎さん、ヒーロー名は、スベリンキッド」

浜田「……」

遠藤「……」

田中「……」

松本「うわぁ……山ちゃんスベってるみたいになってるやん」

山崎「ちょっとぉ! やめてくださいよ!」

石破「いついかなるときも、スベることができる、のみならず、関わった人間さえも、スベらせる」

山崎「…………フフッw」

デデーン!『山崎 アウトー!』

松本「なんか……ずっとスベってるね……」



28 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)14:26:05 ID:v6Ngu4fga

石破「私からは、以上です」

藤原「石破部長、ありがとうございました。ほんなら行こか」

(ゾロゾロ…)

浜田「いや、以上てw遠藤、能力ないけどどうすんの?」

遠藤「ホンマですよ。僕めっちゃ危ないじゃないですか」

田中「ていうかこれでホンマに能力使えるんですかね?」

山崎「使えてもしゃあない能力ばっかりやんけ!」

松本「スベることができるってなぁ……ここ12年スベり続けてるけどなぁ」

浜田「まぁホンマに覚醒するんやったら、別のちゃんとした能力やろ」

(ゾロゾロ…ガチャ…バタン)



29 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)14:26:52 ID:v6Ngu4fga

(ガチャ)

藤原「ここがお前ら新人ヒーローの控え室や。ミッションが始まるまでここで待機しといてくれるか」

松本「もー! 机と椅子とか用意せんでええねん!」

遠藤「また引き出しネタありますよね?」

田中「ビックリすんのいややわぁ」

藤原「あ! ちょっと待って! 見てみ、壁にCEOのスーガリックさんの作った社訓が書いてあるで!」

浜田「チッ……なんやねんさっきから、スーガリックて。菅ちゃんやろ?」

藤原「ほんなら、読んでみようか……『ヒーローは 出来るやつほど 色黒だ』」



30 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)14:27:17 ID:v6Ngu4fga

藤原「『殺人は?? 俺がいるうち?? 許さねえ』」

遠藤「……」

山崎「……」

藤原「『ヒーローで?? 数字取れなきゃ?? 犬を出せ』」

松本「ンフフフフフwwwwww自信ないんかいwww看板番組ちゃうんかwww」

浜田「ンフフフw」

山崎「ハハハハハ!www」

デデーン! 『全員 アウトー!』

浜田「ちょお! ほんまやめろや!」



31 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)14:28:04 ID:v6Ngu4fga

浜田「ッタァ……」

藤原「ほんならミッションが始まるまではとりあえず待機しといてくれるか(ガチャ…バタン)」

山崎「はぁ……とりあえず、お茶飲みませんか?」

松本「そやな、ちょお、ワイルドツッコミ、コップ取って」

浜田「ぁあ?」

松本「ンフフフフフwww」

デデーン!『松本 アウトー!』

松本「ホンマそのwwwチンパンジーみたいな顔やめてwww」



32 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)14:29:02 ID:v6Ngu4fga

(ビーッ! ビーッ! ビーッ!)

浜田「っくりしたぁ…なんやねんな」

山崎「あ、言うてたミッション違いますか?」

遠藤「えー? いきなりですか?」

???『Bonjour! 新人ヒーロー諸君!』

松本「え? なに?」

田中「あ、スーツにスピーカーついてますね」

浜田「あぁ、そっから聞こえてんのか。ほんで、なんやねん」

???『なんやねんとはご挨拶ね……ヒーローTVプロデューサーのアニエスよ!』

遠藤「おお! アニエスさんや!」

浜田「遠藤知ってんの?」

遠藤「結構有名ですよ。雑誌のインタビューとか載ってますし。敏腕美人プロデューサーや言うて」



33 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)14:30:57 ID:v6Ngu4fga

浜田「ふーん、ほんで、アニエスさん、どないしたん?」

アニエス『はぁ……まぁいいわ……今からヒーローTVの生中継だから出動要請が出たのよ! さっさと現場に向かってちょうだい!』

松本「えー! そんなんすんの?」

アニエス『あら? 藤原さんから聞いてないのかしら?』

田中「僕らもヒーローTVに出るんですか?」

アニエス『そうよ、元々今日はそういう企画なの! ヒーローTVと『笑ってはいけない』のコラボレーション企画よ! 年末特番、お笑い、ヒーローバトルの三拍子! これで数字が取れないはずがないわ!』

山崎「そんな企画やったんですね」

アニエス『あなた達は両方の番組に出ることになるのよ。生中継のヒーローTVサイドと、後日放送される『笑ってはいけない』サイド。また、さらに後日、ヒーローTVサイドの完全版を放送予定よ! これでそれぞれ視聴率はウナギのぼりよ!』

松本「数字への執着えげつないな」



34 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)14:51:18 ID:v6Ngu4fga

藤原「(ガチャ)今日はお前たちにはヒーローTVにも同時出演してもらうで」

遠藤「今聞きましたよw」

松本「ンフフフフフwww」

デデーン! 『浜田 松本 遠藤 アウトー!』

浜田「ッタ……」

アニエス『……いちいちケツバットを挟むのは番組のテンポが落ちるから嫌なんだけど、まぁ仕方ないわね……それじゃあ、現場まで移動よ! アポロンメディアの移動車を用意してるから使ってちょうだい!』

松本「えー! もー!」

浜田「はぁ……ほな行こか」

(ゾロゾロ……)



35 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)14:52:14 ID:v6Ngu4fga

田中「でもヒーローTV出れるってすごくないですか?!」

山崎「めっちゃ喜んでるやん」

田中「いや、そりゃそうでしょ! かっこいいじゃないですか!」

浜田「チッ……ええからもう、行くで」

遠藤「うっとうしいテンションですよね……すんません」

山崎「…………」

田中「…………」

松本「あれ? これ不快ハイww能力使ったん? めっちゃ不快やけどwww」

山崎「ハハハハハ!www」

田中「…………w」

デデーン! 『松本 山崎 田中 アウトー!』

アニエス『さっさと行きなさいよ!』



37 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)16:35:06 ID:v6Ngu4fga

(ゾロゾロ…)

遠藤「あ、移動車って、あれみたいですね」

浜田「でかい車やな」

藤原「ほんならみんな、乗ってくれるか」

(ウィーン)

松本「自動ドアかいな。お、中結構ひろ……っ?!…www」

浜田「…………w」

遠藤「おー、中はラウンジみたいに……www」

山崎「ハハハハハ!www」

デデーン! 『松本 山崎 遠藤 アウトー!』

山崎「ちょお待って!wwwマツコさんも一緒に行くん?www」

マツコ「…………」



38 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)16:35:39 ID:v6Ngu4fga

藤原「ほんなら、浜田、松本、山崎、遠藤、田中の順に座ってくれるか」

遠藤「…………」

マツコ「…………」

(……ゥゥーン)

浜田「お、動き出したな」

田中「めっちゃ静かですね」

遠藤「……マツコさんも、おんなじ現場ですか?」

マツコ「…………そうよ」



39 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)16:37:49 ID:v6Ngu4fga

松本「(ヒソヒソ)服はレジェンドで名前がマツコ・ザ・デラックスって、どないやねんな」

山崎「ほんまですね」

マツコ「…………ハァ…」

浜田「…………」

松本「…………」

マツコ「……最近、能力落ちて来たのよね……」

田中「ブフッwww!」

遠藤「ハハハハハ!wwwレジェンドwww」

デデーン! 『全員 アウトー!』



40 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)16:38:20 ID:v6Ngu4fga

遠藤「ッタァ…」

田中「あ、テレビありますよ。ヒーローTVやってるん違いますか?」

浜田「そやな、見てみよか」

(ピッ)

リポーター『さぁー! 今夜も始まりました! ヒーロォォォーTV!』

松本「おお、ホンマにやってるわ」

リポーター『今回のターゲットはこちら! なんと以前バーナビーによって捕らえられたネクスト強盗! ポーリーだ! 現在は奪ったタクシーで仲間とともに高速道路を逃走中だー!』

浜田「捕らえられたのに逃げてるって、脱獄したってことか」

遠藤「ホンマですね、田中、こいつが捕まえられたん見たことある?」

田中「いやぁ、ないわ」



41 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)16:38:50 ID:v6Ngu4fga

アニエス『ポーリーはもともと資産家だったんだけどね、自分の執事達と窃盗団の真似事をしてたのよ』

松本「金持ちの考えることは分からんなぁ」

アニエス『悪質なのは考え方だけじゃないわ、能力が厄介なのよ。体表面をダイヤで覆うことができるから、ほとんどの攻撃が効かないの』

浜田「めっちゃ強いやん、そんなんどうすんの?」

アニエス『以前捕まえた時は、ワイルドタイガーとバーナビーの2点同時シンクロ攻撃で撃破できたんだけどね、今回はどうするのかしらね』

山崎「おんなじことしたらダメなんすか?」

アニエス『ワイルドタイガーは今は能力が1分しかもたないのよ。たった1分の間に息を合わせるのは、難しいでしょうね。そもそもワイルドタイガーは2部に落ちてるから、できれば1部の7人で解決してほしいわ』



42 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)16:39:23 ID:v6Ngu4fga

リポーター『おぉぉぉーっとぉぉ!! 最初に現場に駆けつけたのは! 風の魔術師! スカイハイだー!』

田中「うわっ! スカイハイや! ほんまに飛んでるわぁ!」

松本「飛んでるて、背中のエンジンみたいなん、何やねん」

田中「…………」

山崎「あれなかったら、浮くぐらいしかできないらしいですよ」

リポーター『今シーズンは良いところを全てバーナビーに持っていかれているスカイハイ。現在は機動力を活かしてファーストアライバルポイントを稼ぐことで、一位のバーナビーを追っています!』

松本「めっちゃセコいな!」

田中「…………」



44 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)16:40:20 ID:v6Ngu4fga

スカイハイ「(ギュゥゥゥーン)そこの脱獄犯とその仲間たち! 待ちたまえ! そして、待ちたまえ!」

執事A「どっ、どうしますぼっちゃん! タクシーではスカイハイのスピードは振り切れませんよ!」

ポーリー「これくらいでうろたえるな! 追いつけても捕まえられっこないんだ! あの憎たらしい2人が揃わない今、僕は最強なんだ!」

リポーター『おおっとぉ? ポーリー一味はスカイハイの制止を無視しているようですねぇ!』

スカイハイ「よろしい! ならばスカイハイ! ……スカァァァァーイ(シュゥゥゥゥゥン)……ハァァァァァァァァァァァーイ!!(ドンッ!)」

リポーター『出たぁぁぁー! スカイハイの必殺! 空圧弾んんッ!』

執事B「ヒィィィッ! 来ましたよー!」

(ドォォォォォーンッ!)

リポーター『強烈な風圧の爆弾が! ポーリー一味をタクシーごと吹っ飛ばしたぁぁー!』



46 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)16:41:13 ID:v6Ngu4fga

(ボォォーンッ……メラメラ)

リポーター『おおっと! タクシーがひっくり返って爆発してしまいました!…………えー、そして、はい、オリガミサイクロンが見切れています』

スカイハイ「(スタッ)……やったか?」

(ガシャァァーン!)

スカイハイ「?!」

ポーリー「ンフフフフフ、そんな攻撃が効くわけないだろ! 僕はダイヤだぞ!」

スカイハイ「なるほど、確かに全身ダイヤだな……」

ファイヤー「じゃあ……これならどう?(シュゥゥゥゥゥン……)」

ポーリー「?!」

(ボォォォォォォォーン!)

リポーター『おぉぉぉーっとぉぉ!! ここで到着したファイヤーエンブレムのぉぉ! 必殺、ファイヤーボールが炸裂ぅぅ!』

(メラメラ……)

ファイヤー「?!」

ポーリー「だから効かないって言ってるだろぉぉ! そんな炎じゃ涼しいもんさ!」

ファイヤー「あら、ダメねぇ」



47 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)16:42:06 ID:v6Ngu4fga

バイソン「んじゃこれでどうだぁぁぁぁーッ!!(ギュルルルルルルルルーッ……ガシィィィィーンッ!!)」

ポーリー「ぐっ!?」

リポーター『あぁぁぁぁーっとぉぉぉ!! さらにここで意外にも早めに到着した西海岸の猛牛戦車、ロックバイソンのッ! 果敢なドリルタックルがポーリーを直撃したぁぁぁぁッ!』

バイソン「(ギュルルルルルル……ルル……ル…………)あ、あれ? 止まった?」

ポーリー「ふふふふふ……そんなドリルじゃ、僕のダイヤは、削れないぞっと!(バキィッ!)」

バイソン「ぐっ! くそったれ! ドリル折りやがった!」

スカイハイ「なるほど、全身ダイヤだから攻撃力も高いというわけだな……」

ファイヤー「んもぅ! 面倒ね!」



48 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)16:42:34 ID:v6Ngu4fga

リポーター『なぁんとぉ! ヒーロー四人が取り囲んでいるにも関わらず! 脱獄犯ポーリーを捕まえることができません!』

浜田「なぁ、あいつら全然勝てそうにないやん」

アニエス『そうね、犯罪は地味だけど、能力だけなら相当強いわよ』

松本「いや、強いわよて、どうすんねんな」

田中「あ! 見てくださいあれ!」

リポーター『あぁっと! 来ましたッ! あの特設ステージ内蔵車はぁぁぁッ! ヒーロー界のスーパーアイドルッ! ブルーローズだぁぁぁッ!』

オリガミ「!!」

(ウィィィーン)



49 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)16:43:01 ID:v6Ngu4fga

ローズ「私の氷はちょっぴりCOLD……貴方の悪事を完全HOLD!(ビシュッ!)」

リポーター『なぁぁんとぉ! ブルーローズ、決めポーズからそのまま攻撃ッ! 氷の棘がポーリーめがけて一直線だぁぁぁぁ!』

ポーリー「いいかげんに、しろ!(ガンッ!)」

リポーター『なんとポーリー! いとも簡単に打ち抜いたぁぁッ!』

ポーリー「フフンw貧弱な攻撃だな! そろそろ僕からも、反撃させてもらうぞッ!(ガツンッ!)」

リポーター『?! なんとポーリー、自らの拳を打ち合わせて両手のダイヤを砕いた?……ああぁぁぁッ! ポーリーが高速で投擲したダイヤの散弾がッ! ヒーロー達を襲うぅッ!』

オリガミ「!!」

ファイヤー「!? やだ、危ないわね!」

バイソン「!? うおっ! スーツにささったぞっ!」

ローズ「いやぁぁぁん!」

リポーター『出ました! キューティー・エスケープ!』

ポーリー「見たかぁ! これがほんとのダイヤモンドダストだぁ!」



50 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)16:46:38 ID:v6Ngu4fga

リポーター『五人のヒーロー、苦戦しております! あぁぁぁっとぉぉ! 空から舞い降りるあの人影はぁぁぁッ! お待たせしました! テレビの前の大きなお友達ッ! 『最近女の色気が増してきた』と一部で噂のッ! 稲妻カンフーマスタァァァッ! ドラゴンキッドだぁぁぁぁ!』

キッド「な、なんで僕だけそんな紹介なのさぁぁぁッ///!(バリバリバリバリッ!)」

ポーリー「?! ぐっ!」

リポーター『ドラゴンキッドの電撃が容赦なくポーリーを襲うぅッ!』

ポーリー「ふふふふふ……効かないね」

キッド「?! そんな……」

……………………

リポーター『ヒーロー達、依然として犯人を捕まえることができていません!』

松本「えー、もー全然効いてないやん」

浜田「なぁ、電撃って結構強いんちゃうん?」

田中「そうですよね、なんやったら効くんかな?」



51 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)16:52:19 ID:v6Ngu4fga

???「はぁ……まったく、何をやっているんですか、皆さん」

ポーリー「?!」

ローズ「遅いわよあんた!」

ポーリー「!……この声は……僕の首根っこを掴んだ……」

リポーター『出ましたここで真打登場ッ! キングオブヒーロー! バーナビー・ブルックス・Jr.だぁぁぁぁ!』

バーナビー「今回のターゲットは、以前僕が捕まえた奴って聞いてますけど……あぁ、あいつはあの時の 」

ファイヤー「そうよ、ワイルドタイガーが……」

バーナビー「僕の誕生日プレゼントのサプライズをした日ですよね?」

スカイハイ「ん?」

ローズ「なによそれ?」



52 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)16:52:50 ID:v6Ngu4fga

バーナビー「なにって、あなたたちが強盗団の真似までして、オモチャの銃でハッピーバースデーって」

ローズ「あぁ! あったわね、そんなの。ファイヤーエンブレム、覚えてたの?」

ファイヤー「? いいえ、私はただワイルドタイガーが……『ハンサムとのコンビネーションで撃破した』って言いたかっただけよ?」

ローズ「……あんた、よく覚えてたわね」

ファイヤー「そんなに嬉しかったの?」

スカイハイ「ふふっ、グッドなメモリーだ!」

バーナビー「そ、そんなこと言ってる場合じゃないでしょ! さっさと捕まえますよ///!」



53 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)16:55:45 ID:v6Ngu4fga

ポーリー「何の話か知らないけどな……ンフフフフ……僕はお前をぶっ飛ばす為に出てきたようなもんさ……」

バーナビー「……さっさと僕のポイントになってもらいますよ!」

ポーリー「やってみろよw! 心強いお友達がいなくてもできるもんならなぁ!」

バーナビー「……皆さん、手出ししないでくださいよ(キィィィン)はぁぁぁぁ……(ダッ!)」

リポーター『バーナビーがハンドレッドパワーを発動して飛び出したぁぁぁッ!』

(ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガッッッ!!!)

リポーター『バーナビー、高速連続キックをポーリーに
叩き込むーッ!』

ポーリー「ふふんっ……効かないねぇw……なんなら五分間は何もしないで待っててあげようかw?」

バーナビー「くっ!(……こいつの余裕、ハッタリじゃない……)」



54 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)16:57:19 ID:v6Ngu4fga

田中「うわ、バーナビーの攻撃も効かんのかぁ……」

遠藤「ダイヤかぁ、どうしたらええんやろな(キィィィン……)」

浜田「? 遠藤、なにそれ?」

遠藤「? なにがですか?」

浜田「いや、なにがて」

山崎「ほんまや、なんか、ボォォォ~と」

田中「?! 遠藤! 青く光ってるやん!」

松本「クラミジアちゃうか」

浜田「ンナハハハハハwww」

松本「ンフフフフwww」

デデーン! 『浜田 松本 山崎 田中 アウトー!』



55 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)16:57:51 ID:v6Ngu4fga

マツコ「……あんた、それ能力発動してるわよ」

遠藤「え? ほんまですか?」

浜田「あー、能力発動したらそんなんなんねや」

遠藤「え、でも、なんの能力なんですかね?」

松本「…………わからんのかいw」

浜田「…………」

デデーン! 『浜田 アウトー!』

浜田「だからなんで俺やねん!」



56 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)16:59:05 ID:v6Ngu4fga

バーナビー「」(ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガッッッ!!!)

ファイヤー「ち、ちょっと……どうすんのよ」

バイソン「ほんとに……効いてねぇな」

キッド「もうすぐ5分経っちゃうよ……」

バーナビー「」(ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガッッッ!!!)

ローズ「こんなとき、あいつがいてくれたら……」

オリガミ「!!」

バーナビー「はぁぁぁぁぁッ!!」

ー『Good-Luck MODE!』

(ガシィィィィーンッ!!)

バーナビー「くッ!」

ポーリー「…………んふふふふふ」

リポーター『なんと! バーナビーの足を巨大化した渾身の一撃でさえ、ポーリーのダイヤの装甲を砕くことができません!』



57 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:00:15 ID:v6Ngu4fga

(ゥゥン……)

浜田「お、着いたんかな?」

藤原「ここが現場や、ほんなら降りてくれるか」

松本「えー? 危ないんちゃうん?」

山崎「ホンマですよね、バトルに巻き込まれたらヤバいですよ~」

アニエス『安心してちょうだい、今日は見学みたいなものよ。現場とは言っても、あなた達がいる場所は、今バトルしてる場所からはかなり離れてるわ』

松本「見学やったら車ん中でテレビ見とったらええやん」

アニエス『それじゃ番組にならないでしょ!』

浜田「ちょお、遠藤! 先降りろや」

遠藤「えー! なんでですか?」

浜田「能力発動してるやんけ! 俺らより安全やろ」

松本「ほんまやな」

遠藤「いやだから、なんの能力なんですか?!」

松本「だからクラミジアやろw」

浜田「ンフフフフフwwwやめろってお前!」

デデーン! 『全員 アウトー!』

アニエス『さっさと降りなさいよ!』



58 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:01:10 ID:v6Ngu4fga

(ウィーン……ゾロゾロ)

浜田「うわっ! 寒っ!」

松本「もぉー、帰ろうやー」

田中「ヒーロー達はどのへんなんですかね?」

山崎「ていうか、ここどこやねんな」

遠藤「高速道路ですね、現場見えるかな?」

マツコ「向こうにうっすら煙が見えるでしょ? あそこよ」

アニエス『とりあえず、安全を確認しながら、現場に向かってちょうだい』

(ゾロゾロ…)

遠藤「マツコさんも……戦ってくれるんすか?」

マツコ「必要があれば、そうするわ」

松本「……w」

デデーン! 『松本 アウトー!』



59 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:02:01 ID:v6Ngu4fga

バーナビー「くっ!(フゥッ……)?! 時間か!?」

ポーリー「んふふふふふ、つくづく、お前の能力って欠陥だよなw5分しか持たない上に次に使えるのは1時間後、しかもただ身体能力を高めるだけなんてwww5分間で倒せなかったら『もう何もできません』って言ってるようなもんだよなぁwwwうぇwww」

ファイヤー「まぁ、確かにそうよね」

バイソン「制限ある割に大した能力じゃないもんな」

ローズ「あ、なんだかちょっとスッキリしたわ」

オリガミ「!!」

キッド「み、みんな! 今はとにかくこいつを捕まえようよ!」



60 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:03:02 ID:v6Ngu4fga

スカイハイ「確かに! 不毛なけなし合いはやめよう! 今一度! ……スカァァァァーイ(シュゥゥゥゥゥン)……ハァァァァァァァァァァァーイ!!(ドンッ!)」

ポーリー「?!」

(ドォォォォォォーンッ!)

ポーリー「わあああぁぁぁぁぁ……ぁぁ……ぁ…………」

スカイハイ「よしっ! 吹っ飛ばしたぞ!」

ファイヤー「吹っ飛ばしただけじゃないのよ」

ローズ「根本解決になってないわよ」

バーナビー「むしろ逃がしちゃったんじゃないですか?」

キッド「ブルーローズの氷で拘束してから対策立てた方がよかったんじゃない?」

バイソン「風が効くわけないんだから大人しくしてろよ」

スカイハイ「ぐぬぬ」

オリガミ「!! 皆さん! ポーリーが飛んでいった先! 誰かいますよ!」



61 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:03:37 ID:v6Ngu4fga

遠藤「あれ? なんか、飛んできますよ?」

松本「なんやあれ? 」

山崎「なんか、キラキラしてますね」

マツコ「……あれは?!」

田中「あいつ! 犯人ですよ!」

(ドォォォーン!)

ポーリー「……ふぅ、痛くも何ともないけど、さすがに鬱陶しいなぁ。早く逃げたいのに……ん?」

浜田「あかん、目ぇおうたわ」

ポーリー「へぇ……誰かと思えば、
テレビでみたことあるよ、芸人じゃないか」

松本「僕は違います!」

浜田「汚っ!」

遠藤「ばれてますって!」

ポーリー「そうだ! お前ら人質にすれば逃げやすいな!」

田中「やばいですって! 逃げましょうよ!」

マツコ「まったく、仕方ないわね(キィィィン)」



62 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:04:20 ID:v6Ngu4fga

田中「?! マツコさんw能力発動してますよw」

浜田「ちょぉwほんまに戦うん?w」

デデーン! 『浜田 田中 アウトー!』

浜田「いや今はええやろ!」

遠藤「お仕置き隊出てきても危ないですもんね」

松本「マツコ・ザ・デラックスの能力なんなんやろな」

マツコ「私の能力、ねぇ……この威圧感を見てもまだわからないの?」

浜田「能力と関係あんのか?」

ポーリー「どんな能力かなんて関係ないね! この僕のダイヤの装甲を破れる奴なんかいやしないんだ!」

マツコ「あら? 破る必要なんかないのよ」

ポーリー「? バカ言うなwお前らヒーローは犯罪者を無力化してナンボだろwww」



63 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:05:22 ID:v6Ngu4fga

マツコ「ええ、だから、無力化と撃破は違うのよ。あんたをこの場に何もできない状態で拘束しさえすれば、当面は市民の安全は守られる……私ならそれができるのよ」

ポーリー「できるもんならやってみ……?!」

マツコ「もうやったわ(キィィィィィンッ)」

ポーリー「な……んだ? 動け……ない……お、おも……」

マツコ「いくら硬い外殻で覆っても、身体能力を高めてないなら、動けるはずがないわよ……」

浜田「おい、見てみあれ。あいつの足元の地面が……へこんでんで」

遠藤「! そうか! マツコさんの能力って……」

マツコ「ええ、『重力操作』よ」



64 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:06:12 ID:v6Ngu4fga

ポーリー「ぐっ……立って……られない……(ドシャァッ)くっ……そぉ! 僕に傷ひとつ……つけられない……くせにぃぃ!」

マツコ「だからそんな必要ないのよ(ゲシッ! グリグリ)」

山崎「うわ、顔踏んでる」

田中「すごい能力と度胸ですね」

松本「ものすごい威圧感やもんや」

遠藤「めっちゃ能力ハマってますね」

浜田「危なかったなぁ……ほんなら今のうちに車に戻ろうや。アニエスさん、かまへんやろ?」

アニエス『そうね、こんなところで怪我されても困るから、さっさと戻ってちょうだい』



65 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:06:50 ID:v6Ngu4fga

マツコ「(フゥッ……)あ、切れたわ」

松本「えっ」

田中「えっ」

マツコ「えっ」

浜田「ンフフフフwww」

デデーン! 『浜田 アウトー!』

浜田「いや! ちゃうて! ちょお待って! 切れたってなによ?!」

マツコ「なにじゃないわよ、言ったでしょ? 能力落ちてきてるって」

遠藤「え? ほんなら、時間切れですか?」

マツコ「そうよ。それじゃあね」(タタタッ)

田中「普通に走って逃げてますよwww」

デデーン! 『全員 アウトー!』



66 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:07:51 ID:v6Ngu4fga

田中「あ、やっぱり今はお仕置き隊出てこないみたいですね」

遠藤「非常事態やもんなぁ」

ポーリー「くっそぉ……許さない……」

松本「めっちゃ怒ってるやん」

ポーリー「あいつには逃げられたか……だけどこうなったら、見せしめにお前らの内、2、3人殺してから残りを人質にしてやる!」

山崎「ええぇぇぇ! 嫌やぁぁぁ!」

浜田「うるさいなぁ! みんな嫌やわ!」

田中「ど、どうしましょう?」

遠藤「……アニエスさん、こういう時、どうしたらいいんですか?」

アニエス『そうね……とりあえずヒーロー達のいる方に逃げてちょうだい。彼らにもそっちに向かってもらうわ!』

遠藤「わかりました! ほんなら、行きましょ!」

松本「お、おお! そやな!」

(ダダダダッ)



67 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:08:50 ID:v6Ngu4fga

ポーリー「逃がすかぁぁ!」

浜田「追っかけてきたで!」

遠藤「そりゃそうでしょ! 急いでください!」

山崎「いやぁぁぁぁぁ!! 怖いぃぃぃぃぃ!!(キィィィン)」

田中「?! 邦正さん! その光! 能力ですか!?」

ポーリー「(ツルッ!)ぶふっ!!」

松本「え?」

浜田「なんか、こけよったで」

遠藤「いや、こけたと言うよりは……」

田中「うん、滑ったみたいやったな」

遠藤「あ! そういえば石破さん!」

………………

石破「山崎さん、ヒーロー名は、スベリンキッド……いついかなるときも、スベることができる、のみならず、関わった人間さえも、スベらせる」

………………

遠藤「……邦正さんの能力って、スベったりスベらせたりできるってことですよ!」

松本「ンフフフフwwwそのまんまやんけwww」

デデーン! 『松本 アウトー!』

松本「もうええ言うねん!!」



68 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:09:40 ID:v6Ngu4fga

ポーリー「き、さまらぁぁぁ……」

松本「余計怒らせてるやんけ! はよ逃げるぞ!(ツルッ)ぶ!」

浜田「(ツルッ)おわっ!」

遠藤「ええ?(ツルッ)」

田中「ちょ!(ツルッ)」

山崎「え? なんで?」

浜田「なんでちゃうやろボケ!」

松本「俺らまでスベらせてどないすんねん!」

遠藤「いや、俺らもと言うよりは、これ、道路全体が滑りやすくなってるんと違いますか?」

田中「それって、ヒーロー達もこっち来られへんやん!」



69 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:10:27 ID:v6Ngu4fga

遠藤「スカイハイなら、来てもらえるかもしれんけどな……」

浜田「あんまり当てにせん方がええやろな」

田中「え、ていうことは」

遠藤「俺らでなんとか切り抜けなあかんってことや」

松本「とりあえずさぁ、能力覚醒してる山ちゃんと遠藤でなんとかせえや」

浜田「ていうか山ちゃん、とりあえず能力解除せえや」

山崎「え、どうすんのこれ? えー、こうかな?(フゥッ……)」

田中「あ、消えましたね」

松本「あ、ほんまや、普通に歩けるわ」

遠藤「え、それどうやるんすか?」

山崎「どうって、なんとなく、力抜いただけやけど」

遠藤「マジすか、えっと、こうかな?(フゥッ……)」

浜田「ふたりとも解除してどないすんねん!」



70 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:10:53 ID:v6Ngu4fga

ポーリー「ふぅっ……観念したってことか?」

遠藤「え? いや、ちが」

浜田「おい! どうすんねん!」

松本「田中! 能力使えや!」

遠藤「(キィィィン)」

浜田「お前ちゃうわ!」

遠藤「あ、すんませんwちょっとコツつかみたくて」

ポーリー「さーて、誰から殺そうかな~w」

山崎「いやぁぁぁぁぁ!」

遠藤「!? そや! 邦正さん! もっかい能力使ってください!」



71 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:11:33 ID:v6Ngu4fga

浜田「使ってどうすんねん! 結局こっちも動かれへんやんけ!」

遠藤「いや、ちょっと試したくて、
邦正さん! 今度はあいつを滑りやすくしてください!」

山崎「ええ?! やり方わからんて!」

アニエス『大丈夫! 成功したところを強くイメージすればできるわ!』

山崎「ええ?! んんんん~!(キィィィン)しゃぁ!」

ポーリー「させるかぁブフ!(ツルッ)」

松本「お、うまくいったんか?」

田中「今度は……うん、僕らは普通に歩けますね」

山崎「えっと、つまり、どういうことなんですかね?」

浜田「お前がやったんやろ! まぁ、山ちゃんの能力は『ひとつのものの表面を滑りやすくする』ってことやろ」

遠藤「でしょうね、さっきは道路全体を、今度は犯人だけを滑りやすくしたんすね」

アニエス『スベリンキッドの能力は『摩擦係数の操作』と言ったところかしら』



72 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:12:11 ID:v6Ngu4fga

松本「ほんなら、さっさとヒーロー達と合流しようや」

遠藤「そうすね」

(タタタッ…………)

ポーリー「許さない……どいつもこいつも……ふざけた能力で……この僕が……地べたに……這いつくばるなんてぇぇぇぇぇぇぇ!!(キィィィン)」

田中「なんか、さらに怒ってますよ!」

浜田「ほっとけや、とりあえずは動かれへんねんから」

ポーリー「うおおぉぉぉぉ!(ビキビキビキビキィ)」

山崎「ええ?! なんか形変わってるで!」

松本「おおげさやの、変わってんの手足だけやんけ。今さら両手両足をトゲみたいにして攻撃力上げても意味ないやん」

ポーリー「どいつもこいつもぉぉぉぉぉぉぉ(ビキビキビキビキィ……ザクッ)」

遠藤「いや! あれは……まずいですよ! 走ってください!」

浜田「なんでやねんな」

遠藤「いいから早く!」

(ダダダダッ!)



73 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:12:55 ID:v6Ngu4fga

浜田「ハッ、ハッ、なんやねん! どないしてん!」

遠藤「今のあいつには、邦正さんの能力じゃ足止めが効きません!」

松本「ハッ、ハッ、なんでやねんな、実際あいつは……うわぁ……」

山崎「え……? いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

浜田「うるさいねん! そない怖ないやろ!」

田中「いや、あれは怖いですって」

ポーリー「(ザクザクザクザクッ)待てぇぇぇぇぇぇ!」

山崎「両手両足……地面に刺しながら四つん這いで追っかけてきますよぉぉぉ!」

松本「ちょお! スベリンキッド! お前能力ちゃんとせえや!」

遠藤「違うんです! 邦正さんは能力解除してません!」

浜田「どういうことやねん!」



74 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:13:37 ID:v6Ngu4fga

(タタタタタタタッ)

遠藤「ハッ、ハッ、例えば、滑りやすい路面歩くとき、意識して足を垂直に下ろしませんか? 横滑りしないように」

浜田「うん、まぁそやな」

遠藤「滑りやすさっていうのは、力を垂直に加えると、ほとんど意味ないんですよ! しかもあいつは自分の手足を地面に刺すことで……」

ポーリー「待ちやがれぇぇぇぇぇぇ!」

アニエス『踏み出しと踏み込みを安定させてるのね』

遠藤「だから、はよ合流せなあかんのですよ!」

ポーリー「どいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもぉぉぉぉぉぉ!!!!」



75 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:14:11 ID:v6Ngu4fga

バーナビー「ん、地面、元に戻りましたね」

キッド「ほんとだ、普通に歩ける」

バイソン「おい! スカイハイ!いつまで落ち込んでんだよ!」

ローズ「一体なんだったのよ、さっきの道全体がツルツルになったのは」

ファイヤー「もしかしたら、共犯者がいるのかもね、ネクストの」

バーナビー「僕たちの足止めをしてたってことですか」

バイソン「ま、とにかくポーリーを追っかけようぜ!」

ファイヤー「それじゃ、スカイハイと乗り物組は先行しましょ」

オリガミ「!!」

ローズ「そうね」

バーナビー「足止めしておきます! 悔しいですが、あいつを倒す手立てがありませんから」



76 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:14:53 ID:v6Ngu4fga

(ダダダダッ!)

山崎「あかぁぁぁぁん! 追いづがれるぅぅぅぅ!」

(ザクザクザクザクッ!)

ポーリー「ひとり残らずぶっ殺す!ダイヤを刺してぶっ殺す!ひとり残らずぶっ殺す!ダイヤを刺してぶっ殺す!ひとり残らずぶっ殺す!
ダイヤを刺してぶっ殺す!ひとり残らずぶっ殺す!ダイヤを刺してぶっ殺す!」

松本「ハッ、ハッ、人質にするんちゃうんか」

遠藤「めっちゃ逆上してますね」

山崎「あ! あっち! なんか来ますよ!」

田中「あれは……バーナビーとブルーローズと、ファイヤーエンブレム!」

遠藤「スカイハイも来てくれてるで!」

浜田「ハッ、ハッ、あとちょっとや! 急げ!」

田中「うわっ!(ドテッ)」

松本「なにしてんねん!」

浜田「田中! はよ立……」

ポーリー「んふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ……つぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅかまぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁえたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

田中「ぐっ」



77 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:15:25 ID:v6Ngu4fga

山崎「田中!」

ポーリー「おぉぉぉっとぉぉぉ、動くなよぉぉ(ギリギリィ)」

田中「んがくくっ」

ポーリー「さて、とりあえずその厄介な能力を解除してもらおうか」

山崎「ど、どうします?」

松本「どうしますて、言うとおりにするしかないやんけ」

遠藤「そうすね、でもあっちからヒーロー達も来てくれてはるんで」

浜田「言うとおりにしながら時間稼ぎ、やな?」

遠藤「ええ、それがいいかと」

山崎「はい……(フゥッ)」

ポーリー「よーし、それじゃあ10秒以内にうつ伏せになって頭の後ろで手を組め。それをしないとこいつの足をぶった切る。いーち、にーい」

遠藤「ちょ、ちょっと待ってくださいよ」

ポーリー「口ごたえするんじゃねぇぇよぉぉぉぉぉ!!(ザクッ)」



78 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:15:55 ID:v6Ngu4fga

田中「ぐぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

山崎「田中ぁ!」

浜田「(ピクッ)」

松本「あ」

田中「うぅ……ったぁぁ……」

ポーリー「んふふふふふwww今のは軽く足を刺しただけだけどな……次につまんないこと言ったら今度は完全に貫通……って、おい、お前!
なに勝手に動いてんだ」

浜田「(スタスタスタスタ)」

松本「あーあ」

遠藤「浜田さん!」

ポーリー「状況わかってないのかぁ! こいつ殺しちまうぞぉ!」

浜田「(スタスタスタスタ……キィィィン……スタスタスタスタ)」

ポーリー「まじでこいつらむかつくぜぇぇぇ! こうなったらまずはお前からだぁぁぁ!」



79 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:16:35 ID:v6Ngu4fga

浜田「(スタスタスタスタ……ピタ)」

ポーリー「くたばれぇぇぇぇぇぇ!」

浜田「なにさらしとんじゃボケコラァァァァァァァァァァァ!!!(バシィィィィィィィーン!)」

松本「ンフフフフフフwww普通にどつくだけかい!」

(パリィィィィィィィィーン)

遠藤「えっ」

ポーリー「?! な、んだぁ……? 僕の……無敵の装甲が……」

山崎「ダイヤ……全部バラバラに砕けましたね」

松本「砕けたっちゅーか、剥がれて落ちたっちゅーか」



80 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:16:59 ID:v6Ngu4fga

浜田「なめとったらあかんどゴラァァァァァァァァァ!!(ガッゴッ)死にさらせワレボケェェェェェェェェェェ!!(ガンッ! ゴスッ! ボキッ!)」

ポーリー「ひぃぃぃぃぃ! いだっ! 痛い! やめて! 助けて!」

遠藤「浜田さん、それ以上やったら死にますて」

浜田「ボケッ!(ガッ)カスッ!(ゴッ)死ねッ!(ゲシッ)」

松本「ンフフフフフフwwwもうやめ言うねんwww」

デデーン! 『松本 アウトー!』

松本「なんか久しぶりに聞いたな……えー! やんの? イッタ!」

(ブロロロロォ……キィッ)

バーナビー「?……これは?」

ファイヤー「……どういうこと?」

スカイハイ「(スタッ)いまひとつ……状況が」

ローズ「ていうか、この人達の格好って」



81 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:18:18 ID:v6Ngu4fga

浜田「死ねッ!(ゴッ)死ねッ!(ゴッ)死ねッ!(ゴッ)死ねッ!(ゴッ)」

ポーリー「………………」(ビクンビクンッ)

松本「ンフフフフフフwwwほんまに死ぬて」

デデーン! 『松本 アウトー!』

ローズ「なんなのよこれ……ヒーロー7人がかりでどうしようもなかったポーリーが……なんで関西弁のヤクザにボコられてるの?」

キッド「ハァ、ハァ、あれ? もうやっつけちゃったの?」

ファイヤー「いえ、それがね、私たちが着いた時にはもうこんな感じだったのよ」

オリガミ「!!」

田中「あ! ヒーロー達や!」

遠藤「おお! ほんまや、生で見ると迫力あるなぁ」

バーナビー「? あなた方は、確かテレビで」

バイソン「おぉ! ガキのメンバーじゃねえか!」

浜田「死ねッ!(ゴッ)死ねッ!(ゴッ)死ねッ!(ゴッ)死ねッ!(ゴッ)」

アニエス『あー、ちょっと待って、説明するわね。浜田さんもいい加減やめてもらえるかしら? 田中さんの手当てもあるんだし』



82 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:18:49 ID:v6Ngu4fga

田中「ふぅ……とりあえず血は止まりましたね」

ポーリー「…………」

アニエス『…………というわけで、今日一日はガキのメンバーとヒーロー達の夢の共演よ』

バーナビー「民間人を守りながらの戦闘ですか? 賛成しかねますね」

キッド「……」

ローズ「……」

アニエス『心配しないで、彼らの内すでに3人はネクストとしての能力に目覚めているわ』

オリガミ「!!」

スカイハイ「ほんとですか?! それはすごい!」

アニエス『ええ、事実、ポーリーを撃破したのは、浜田さんの能力と暴力よ』

遠藤「あ、やっぱり浜田さんも覚醒してたんですね」

松本「なんの能力やねんな」

浜田「いや、わからんよ、なんも意識してへんし」

アニエス『浜田さんの能力は、おそらく『ツッコミによる能力の強制解除』よ』



83 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:19:23 ID:v6Ngu4fga

キッド「……」

ローズ「……」

松本「そんな都合ええ能力とか反則やろ」

アニエス『あら? そんなことないわよ、石破部長の話を思い出してみて』

………………

石破「浜田さん……ヒーロー名は、ワイルドツッコミ……野性的なツッコミは、あらゆる人間に、戦意喪失させる力が、あります」

………………

アニエス『ネクストの能力は脳波と密接な関係があると言われているの。つまり、石破部長の話が浜田さんや山崎さんの能力を決めたと言ってもいいわ。本人が意識していなくてもね』

松本「やるやん、ワイルドツッコミ」

バーナビー「だからって、犯罪者確保の最前線に来るなんて危険すぎます! 戦闘訓練も受けていないんでしょう?」

アニエス『あなた達が手におえなかったポーリーを倒したのよ。それに彼らの着ているスーツは本物と同じ素材だから、防御力も高いわ』



84 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:19:55 ID:v6Ngu4fga

ファイヤー「それとこれとは話が別よ。彼らの安全の確保も私たちの大事なお仕事。安全の確保と共闘は、両立できないわ」

アニエス『さっきみたいなことはそうそう起きないわよ。遠くで見学みたいなことしてるだけなんだもの』

バイソン「まぁ、スカイハイが余計なことしなけりゃ、ああはなってないしな」

スカイハイ「ぐっ! す、すまなかった! そして、すま」

オリガミ「いいんじゃないですか? 行動を共にしてくれた方が安全ということもありますし」

キッド「……」

ローズ「……」

ファイヤー「ったく、楽観的ね。知らないわよ?」

???「ちょぉぉぉぉぉぉぉっと待ったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

アニエス『?!』



85 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:21:23 ID:v6Ngu4fga

山崎「あ! 上からですよ!」

松本「誰か知らんけど、なんでみんな上から跳んでくんねん」

???「(スタッ)へへ、俺がいなきゃ倒せねーんだろ! そいつはよ。さぁて……ワイルドに、吠えるか」

ファイヤー「なにやってんのよ、あんた」

バイソン「いや、なに言ってんだ?」

バーナビー「……はぁ……犯人はもう捕まりましたよ、虎徹さん」

タイガー「あ! てめ! 一般人の前で名前で呼ぶんじゃねえよ! って、え? 捕まったの?」

キッド「……」

ローズ「……」

バーナビー「見てのとおりですよ」



86 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:22:31 ID:v6Ngu4fga

タイガー「俺とバニーちゃんの2点同時シンクロ攻撃は?」

バーナビー「必要なかったんですよ、彼らの能力、と言うより、あなたと同じ格好している人の能力で、逮捕できたようですよ」

タイガー「? おおー! ダウンタウンの浜田さんじゃねーかよ! いやぁ、ファンなんすよ俺! あ、握手してもらっていいっすか? ありがとうございます! ワールドダウンタウン大好きでしたよ! あれ? その格好、もしかして浜田さんも、このワイルドタイガーの!(ビシッ)ファンだったりします? あれ?! ていうか、ガキのメンバー勢揃いじゃねーか!」

ファイヤー「どっちが一般人なのよ……」

オリガミ「タイガーさん、1分しか持たないから来るの遅れたんですね」

タイガー「そーなんだよ! 着いてすぐ切れたら意味ねーだろ? 途中でバイクが使えなくなるしよ!」

遠藤「あ、邦正さんの能力ですね」

ファイヤー「なんなのそれ? あら、あなたも結構なハンサムね……」

遠藤「うっ……え、えーと、僕ら5人の内、能力が覚醒してるのは、浜田さんと邦正さんと僕なんです。浜田さんの能力は『ツッコミによる能力の強制解除』邦正さんの能力は『摩擦係数の操作』で、僕の能力はまだわかってません」

キッド「……」

ローズ「……」



87 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:25:34 ID:v6Ngu4fga

バイソン「そうだったのか」

スカイハイ「と言うことは、共犯者もいなく、無事に一件落着と言うわけか」

山崎「やっぱりあの時、皆さんも足止めくらってたんですね。すんませんでした」

ファイヤー「いいのよ、むしろあなた達に助けられたようなものだし」

スカイハイ「我々だけでは捕まえることは、残念ながらできなかった」

タイガー「おいおい、誰か説明してくれよ。なんでガキのメンバーが俺らの格好してるんだよ」

キッド「……」

ローズ「……」



88 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:26:55 ID:v6Ngu4fga

アニエス『……と言うわけで、今日は一緒に行動してちょうだい。はぁ、この説明、もう3回目よ』

タイガー「ちょっと待ってくれよ!
戦闘訓練も受けてない民間人と共闘だなんて危ねえだろ!」

バーナビー「それはもうさっきやりましたよ」

タイガー「あ、そうなの?」

ファイヤー「あんた来るなら早めに来なさいよ」

アニエス『それじゃあ、改めてよろしくね! ワイルドツッコミ、シャークレー、ブルー遠藤、不快ハイ、スベリンキッド! そしてヒーロー諸君!』

キッド「……いやだよ……やめてほしいよ」

ローズ「あんたはまだいいわよ……私なんか……オッサンがおんなじ格好ってだけで変態なのに、クチビルヤクザがタイガーのスーツ着てるのよ」

アニエス『それじゃあ一旦みんなでアポロンメディアに戻ってちょうだい! 恒例の総会イベントが待ってるわよ!』

松本「えー!」

アニエス『ガキのメンバーは移動車を使ってね』



89 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:32:11 ID:v6Ngu4fga

バーナビー「ちょっと待ってください。犯人の引き渡しはどうするんです? 捕まえたのが我々でない以上、誰かひとりのポイントにはできませんよ」

ファイヤー「じゃあいっそ、ガキのメンバーをルーキーチームとして、ポイントを計上したらどうかしら?」

遠藤「いいんですか?」

アニエス『そうね、その方が番組としても面白そうだから、そうしましょ。というわけでルーキーチームの5人は、警察が到着するまで待っててちょうだい』

松本「えぇぇぇー! このポーリーとか言うの、もう死んでますってー!」

アニエス『だとしたら捕まるのはあんたたちよ! いいから待ってなさい!』

タイガー「おい、お前松本さんにそんな強気に……」

ポーリー「…………」



90 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:54:32 ID:v6Ngu4fga

(ボヒュゥゥンッ!)

キッド「?! みんな! 危ない!」

(ドォォォンッッッボワァァァァァァァンッ!)

ポーリー「?! ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

バーナビー「?!」

ローズ「なに?!」

遠藤「え?! 燃えた?」

松本「ていうか生きてた!」

ポーリー「ぁぁぁぁぁ……ぁぁぁ……ぁ…ぁっぃ…………」

バイソン「おいこれ!」

ファイヤー「ええ、この炎は!」

田中「青い……炎……」

タイガー「まぁぁた出やがったなぁ! 顔面グローブッ!!」

バーナビー「ルナティックですよ!!」



91 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)17:56:15 ID:v6Ngu4fga

オリガミ「皆さん! あのビルの上です!」

松本「ほんま、なんでも上からやな……」

ルナティック「……罪は罰によってのみ償うことができる……故に与えられた罰から逃げることは……最も許されざるべき罪だ」

浜田「なんか言うとるで」

ルナティック「罪深き者よ……タナトスの声を聞け」

ポーリー「…………」

山崎「人間が……ケシ炭になってもうた」

松本「あいつもネクストやんなぁ? でも人殺ししよったで?」

バーナビー「ええ! あいつも捕まえなくてはならない犯罪者のひとりです」

ルナティック「違うな……私は正義の執行者だ……」

タイガー「(キィィィン)人殺しはそう言うんだ!」



92 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)18:00:01 ID:v6Ngu4fga

ルナティック「(バッ……ボシュッ……ボシュッ…………ボシュッ…………)」

タイガー「な?! いきなり逃げかよ!」

バーナビー「おそらく、ガキのメンバーがいたからでしょうね」

遠藤「どういうことですか?」

ファイヤー「あいつはね、正義を気取ってるだけなのよ。気に入らない奴は容赦なく殺すけど、犯罪者や悪人以外には手を出さないわ」

スカイハイ「ここでの戦闘は、ガキの皆さんを巻き込んでしまう……つまり、彼の正義に反する危険性が高い、というわけさ」

タイガー「ったく! 根性のひねくれた野郎だぜ! 親の顔が見てみてぇよ!」

バーナビー「親の顔なんて当てになりませんよ、虎徹さんのお嬢さんの楓さん、とっても利発そうじゃないですか」

タイガー「あ、そう///? ってそりゃどういう意味だ!?」

バイソン「そのまんまだよ」

タイガー「チッ……んじゃあれだよ、ネクスト全員がレジェンドの本当の勇姿を勉強してりゃいいんだよ。ルナティックみたいな野郎は特にな……(そうさ、レジェンドだって能力減退はしたけど、記録更新の為に不正はしたけど、ヒーローとして悪を討とうとする姿は立派だったんだ)」

アニエス『ふぅ、もういいでしょ、さぁ、予定外の事が起こりすぎたけど、後片付けは警察に任せて、とりあえずは総会イベントの会場に移動してちょうだい』



93 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)18:02:10 ID:v6Ngu4fga

(……ウゥーン)

山崎「はぁー、しんどかったぁ」

松本「だいたい人数多すぎんねん」

浜田「田中、足はもう大丈夫か?」

田中「あ、はい! ありがとうございます!」

遠藤「ていうか、浜田さん、さっきのほんまにかっこよかったっすわ」

山崎「ほんま、先輩の鑑でしたよ」

浜田「……うるさいアホ!」

田中「今からやる総会イベントって、みんなで集まる、あれですよね?」

松本「まぁそやろな。石破さん、また出るんやろなぁ」

藤原「今からお前らには総会に出てもらう」

浜田「聞いたわ」

松本「ずっと車ん中おったくせに急に仕切んな」



95 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)18:21:37 ID:v6Ngu4fga

(ブロロロロォ……)

バーナビー「はぁ……なんで僕たちまであっちの企画に参加しなきゃいけないんですか」

タイガー「そう愚痴んなよ、ヒーローTVのいち企画なんだから、関係なくないだろ」

アニエス『そうよ、これはヒーロー事業部、石破部長の発案でもあるんだから、まぁおとなしくしてればすぐ済むわ。終わったら解放してもらえるから』

バーナビー「でも僕は……ヒーロー全員を集めての集会なんて……」

タイガー「……マーべリックを思い出す、か?」

バーナビー「…………」

タイガー「心配すんな、石破部長は元防衛大臣だぞ? それにガキのメンバーもいるんだ。なんか企みがあったとしても、有名人に下手な手出しはできねえよ」

バーナビー「…………そうですね」



96 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)18:22:29 ID:v6Ngu4fga

(ウゥゥン……)

藤原「ほんならみんな、降りてくれるか」

松本「一旦部屋行こうや」

山崎「休みたいっすね」

遠藤「見学のつもりが、いろいろ起こりすぎましたもんね」

藤原「……こっちや、ついて来てくれるか」

浜田「ほんま、台本通りやの」

田中「ていうか、そろそろ夜ですよ」

山崎「早いわ~この年になったら」

遠藤「…………w」

デデーン! 『遠藤 田中 アウトー!』

田中「もー! いらんこと言わんといてくださいよ! ッタ!」

山崎「なんやねん! いらんことて!」

(ゾロゾロ……)



97 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)18:24:12 ID:v6Ngu4fga

藤原「ここがアポロンメディアの、第4研修室や。入ってくれるか」

松本「広っ!」

山崎「ていうか、人めっちゃ多い!」

藤原「この総会には、ヒーローだけでなく、アポロンメディアの全社員が出席するんや。どうや浜田、すごいやろ」

浜田「いや、すごいけど、ほんまに研修室か?」

遠藤「なんか、ホテルの大ホールいう感じですね」

山崎「ていうか、いつもと感じ違いますね。料理もお酒もあるし、レセプションパーティーみたいですよ」

浜田「ほんまやな」

藤原「このパーティーは今回の晩飯も兼ねてるんや。どうや浜田、嬉しいやろ」

浜田「あー! それは嬉しいわ」



98 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)18:24:50 ID:v6Ngu4fga

???「お疲れ様! さっきは予想外の事態が起きたけど、田中さんの足の怪我だけで済んだし、何より良い画が撮れたわ。ありがとう!」

浜田「? えと、どちらさん?」

山崎「あ、この声、アニエスさんちゃいます?」

アニエス「直接会うのは初めてね、改めて、今日一日宜しくね、新人ヒーロー諸君!」

浜田「あぁ! アニエスさんかいな! どうも、宜しくお願いします」

アニエス「じゃ、私は撮影の方に行かなきゃならないから、あとは宜しくね、藤原さん(スタスタ)」

藤原「はい…………ほんま、見るからに簡単にヤらせてくれそうな派手なねーちゃんやで」

山崎「ハハハハハッ!」

デデーン! 『山崎 アウトー!』

山崎「え?!」

松本「『え?!』ちゃうよ」

浜田「普通に笑すぎや」

遠藤「家におるみたいな笑い方でしたね」



99 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)18:25:33 ID:v6Ngu4fga

(ゾロゾロ…)

田中「あ、見てください! ヒーローの皆さんも続々と到着してますよ!」

浜田「うっとうしいのお、急にテンション上げんなや」

松本「不快ハイ、まだ能力使ってないよな? めっちゃ不快やわ」

田中「……ンフッw」

デデーン! 『田中 アウトー!』

田中「あーもう! いった! あーもー!(キィィィン)」

山崎「おい! 田中!その光!」

遠藤「あ、発動してるやん」

田中「うわっ! ほんまや!」



100 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)18:26:16 ID:v6Ngu4fga

松本「石破さんは、不快にさせる能力って言ってたけど……」

浜田「さすがにそのまんまちゃうやろ」

ローズ「ふぅ……ん? この部屋、なんかおかしくない?」

ファイヤー「ほんとね、空調壊れてんのかしら」

バイソン「おいおい、ただでさえこのスーツ暑いんだからよ、ちゃんとしてくれよな」

ウェイターA「はい、あ、いえ、空調設備に異常はないのですが、何故かこの部屋の湿度だけが、その、異常に高く……」

遠藤「え?」

浜田「どないしたん?」

遠藤「いや、田中の能力ってもしかしたら……(キィィィン)田中! もうちょっと力強めてみて」



101 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)18:26:37 ID:v6Ngu4fga

田中「え? こう? んんん!(キィィィン)」

ローズ「もー! なんなのよこの部屋は! 蒸し暑いったらないわよ!」

キッド「(パタパタ)ほんと、ジメっとしてて気持ち悪い……」

遠藤「田中、今度はめっちゃ弱めてみて!」

田中「え? 難しいな……んーと」

オリガミ「あ、治りましたね」

バーナビー「……うん、正常のようですね」

タイガー「こんなことあるんだな」

遠藤「やっぱり」

松本「なんやねんな」



102 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)18:33:06 ID:v6Ngu4fga

遠藤「田中のヒーロー名って、不快ハイでしょ? ネクストの能力って、『~の操作』ってのが多いじゃないですか。 多分、不快ハイの能力は、『不快指数の操作』ですよw」

松本「ンフフフフフフwwwひねりすぎて意味わからんわ」

浜田「ンフッw不潔っぽい能力やなw」

デデーン! 『浜田 松本 遠藤 アウトー!』

田中「……w」

デデーン! 『田中 アウトー!』

遠藤「つまり、空気中の湿度を操作するってことですよ! ジメジメさせたり、カラッとさせたり」

浜田「そう言うお前の能力はなんやねん」

山崎「ほんまですよね、さっきからまた発動してるけど」

遠藤「ん~……それがねぇ、わからないんすよねぇ」



103 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)18:33:31 ID:v6Ngu4fga

藤原「えー、それでは、新人ヒーロー5名の歓迎パーティーを始めます。アポロンメディア、ヒーロー事業部、石破部長より挨拶です」

石破「えー、元防衛大臣の、石破茂です」

浜田「……w」

石破「ヒーローの人員増強は、すなわち、シュテルンビルトの治安と、市民からの信頼の向上に、繋がらなければ、なりません」

バーナビー「……」

石破「然るに、ヒーロー増加の目的も、そうでなければなりません」

タイガー「良い~こと言うなぁ、石破部長は」

石破「ヒーロー諸君が、それを心に留め置く限り、シュテルンビルトの平和と未来は、守られるでしょう」

バイソン「身が引き締まるぜ」

石破「ヒーロー自身のみならず、アポロンメディアの、いや、スポンサー企業の社員一同、ヒーローという、もはや国家的と言ってもいい、強大な力に関わる者としての、自覚を失念しないよう、切に願います。以上です」

藤原「石破部長、ありがとうございました。それでは、乾杯に移ります」



104 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)18:33:50 ID:v6Ngu4fga

ウェイターA「どうぞ」

タイガー「ありがとう!」

ウェイターB「どうぞ」

バイソン「どうも」

ウェイターC「どうぞ……あぁ、大丈夫ですよ、勤務中の方もいらっしゃるので、ノンアルコールのドリンクの用意もございます」

キッド「ほんと? ありがとっ!」

ローズ「ありがとう」

ウェイターD「どうぞ……? バーナビー様?」

バーナビー「…………ありがとう」



106 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)18:38:35 ID:v6Ngu4fga

藤原「乾杯のご発声は、アポロンメディアCEO、スーガリックです」

菅「(ザッ)」

浜田「ンフフフフフフwww」

デデーン! 『全員 アウトー!』

松本「もー! やめろや!」

遠藤「不意打ちにもほどがありますよwww」

浜田「なんやねんあのドヤ顔」

菅「それでは、みなさん、グラスを高く掲げてください……」



107 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)18:41:08 ID:v6Ngu4fga

バーナビー「……(キィィィン……視力と嗅覚を強化……成分は……水、アルコール、ビタミン、タンパク質etc……薬品の類は……ない……)」

タイガー「? どうした? バニーちゃん?」

バーナビー「あ、いえ、なんでもありません(……僕の考えすぎか)」

菅「乾杯!!(裏声)」

一同『乾杯!』

デデーン! 『全員 アウトー!』

松本「もー!」

ファイヤー「なんなのかしらね、この状況は……」



108 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)18:42:14 ID:v6Ngu4fga

(ガヤガヤ)

浜田「えらい人多いなぁ……」

オリガミ「あ、あの……」

浜田「ん? あぁ! さっきはどうも! こんなとこでもその格好せなあかんのは大変ですねぇ!」

オリガミ「あ! いえ! 拙者の務めでござるので!」

浜田「あなた能力なんなんですか?」

オリガミ「『擬態』でござる! 平たく言えば変身でござるな!」

浜田「へぇー! すごいんやね! ほんなら僕がどついたら変身解けんのかな? ンナハハハハハ!」

デデーン! 『浜田 アウトー!』

浜田「チッ……こんなときまでチェックせんでええやん」



109 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)18:42:37 ID:v6Ngu4fga

オリガミ「もっ、申し訳ござらん! 拙者のせいで!」

浜田「あ~、ちゃいますちゃいます、(バシッ!)イッタ……」

ローズ「……(ふぅ~ん、イメージと違って礼儀正しい人って噂は本当なのね)」

浜田「? あ、すいませんね!ブルーローズさんですよね? こっちの企画で、気分わるしたでしょ? あんなおっさんにおんなじ格好されて」

ローズ「?! あぁ! いえいえ! 大丈夫ですよ!(それよりその服やめてよ)」

浜田「お笑いとヒーローとじゃ、全然勝手がちゃうんちゃうのん?」

ローズ「ア、アハハハ……お笑い芸人さんとヒーローのコラボレーションって初めてですよね(ち、ちゃうんちゃうのん? 何語よそれ)」

浜田「そうやね、縁遠いかもしれませんね……まぁそんでも、似てるとこもあるみたいですね……スポンサー気にせなあかんから、やりたいことできんかったり……私生活との調整に苦労したり……なんもかんも嫌になるけど、周りの人の支えのおかげやと思ったら、また頑張れたり、ね」

ローズ「えっ///」



110 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)18:43:06 ID:v6Ngu4fga

(ガヤガヤ)

遠藤「松本さん、いろいろ取って来ましたよ!」

松本「おぉ、ありがとう」

ファイヤー「…………」

バイソン「どうも! ちょっとお話させてもらってもいいですか? 『ガキの使い』めっちゃ見てるんですよ!」

松本「あ! ありがとうございます!」

遠藤「ありがとうございます!」

ファイヤー「……(幼さを残しながら精悍で整った顔つきをしたハンサムと……粗野な見た目に反して時折可愛らしい仕草と笑顔を見せるナイスミドル……)どっちにしようかしら?」

バイソン「俺が好きなのはやっぱり七変化……おい! ファイヤーエンブレム! お前も来いよ! めっちゃいい人だぞ!」

遠藤「あ、ファイヤーエンブレムさん、飲み物、オレンジジュースとウーロン茶持って来ましたけど、どっちが好きすか?」

ファイヤー「……どっちにしようかしら?」

遠藤「どっちでもいいすよ? ……あ、お酒の方がよかったですか?」

ファイヤー「……決めたわ」

遠藤「?」



111 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)18:48:54 ID:v6Ngu4fga

(ガヤガヤ)

スカイハイ「……失礼」

山崎「はい?」

スカイハイ「あの、いつも、応援しています」

山崎「はぁ……ありがとうございます」

スカイハイ「それで、その、是非教えていただきたいことがあるのですが……」

山崎「はぁ……なんですか?」

スカイハイ「どうすれば! その、心折れずに頑張れるんですか?!」

山崎「…………さぁ」

(ガヤガヤ)

キッド「す、すみません! あっ、あの///僕っ、『飛び出せ科学くん』大好きだったんです///その……ファンで……///」

田中「えっ、あっ、ほんまですか? ありがとざいます///」

キッド「で、そのっ、あのっ///……しょ、しょこたんってどんな人なんですか?!」

田中「…………さぁ」



112 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)18:52:50 ID:v6Ngu4fga

(ガヤガヤ)

バーナビー「虎徹さん……やっぱり僕、帰ります」

タイガー「なに言ってんだお前! 仕事熱心なバニーちゃんはどこ行ったんだよ!」

バーナビー「……どうしても、マーべリックの顔が……」

タイガー「ったく! いいか? よく聞け! この会場の全部の食べ物飲み物の中には、怪しいもんは入ってなかったよ! ハンドレッドパワーで確認したんだ、安心しろ」

バーナビー「え?」

タイガー「だから! お前がさっきやってた奴だよ! 1分間で全部はすげえ大変だったんだぞ!」

バーナビー「……虎徹さん……」

タイガー「ほら! せっかくの機会だ! 浜田さんにワールドダウンタウンの裏話聞かせてもらおうぜ!」

バーナビー「……はい!」

タイガー「いいか? 質問されたら、『私はむしろ逆で……』で返せば」

バーナビー「な、なるほど!」



113 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)19:00:24 ID:v6Ngu4fga

(ガヤガヤ……)

藤原「ほんなら、お前たち、そろそろ控室に戻るで」

松本「えぇ~、ずっとここおろうや!」

遠藤「確かに、短い休息でしたね……」

浜田「あ、すまん、俺便所行きたいから、みんな先行っとって!」

藤原「ほんなら、浜田以外のみんな、部屋に行くで」

……………………

(タッタッタッタッタ)

浜田「あー、あかん、漏れそうや」

(ガチャ……スタスタスタ……カチャカチャ……ジョロロロロロロ……)

浜田「ふぅ~………………すっとしたぁ……」

(ジョロロ…………ピッピッ……カチャカチャ……スタスタスタ……ジャァー……)

浜田「んんッ……ん~……んんッ、カァッ~! ペッ! んんッ! んッ! カァッ~~~~~! ペッ! うわ! めっちゃすごいん出た!」



114 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)19:03:05 ID:v6Ngu4fga

(ガチャ……ゾロゾロ)

松本「またこの部屋で、いろんな仕掛けに耐えなあかんのかな?」

遠藤「それか、ヒーローとしての出動ですね……」

浜田「(ガチャ)あー、めっちゃ食うたわぁ~。なんかこの部屋が一番落ち着くのも嫌やけどな」

遠藤「あ、浜田さん、おかえりなさい」

松本「お前食べてたんほとんど焼きそばだけやんけ」

遠藤「ヒーローの皆さんめっちゃ良いひとらでしたね」

松本「お前ずっとファイヤーエンブレムに尻触られとったけどな」

浜田「まぁでも確かに、とっつきにくいイメージはあったわな。有名人やし超能力者やし」

遠藤「いろいろ話せたんはよかったですわ」

浜田「ワイルドタイガーはうっとうしかったけどな。どんな話題になっても『ハマタはどうだい?』で振ってくるし」

松本「でもほんま、ええひとらばっかりやったなぁ」

山崎「……」

田中「……」



117 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)19:19:09 ID:v6Ngu4fga

松本「まぁ、ヒーローのみんなは、自分の体張って市民を守ろうっちゅうひとらやもんなぁ(キィィィン)」

浜田「おい! お前発動してるやん!」

遠藤「あ! ほんまですね、何がきっかけなんですかね?」

松本「まぁそうやね、僕の中のヒーローとしての気持ちが彼らと共鳴」

浜田「ええから、ちょお、一服しよか」

遠藤「あ、僕お茶淹れますね」

松本「ンフフフフwww」

デデーン! 『松本 アウトー!』



118 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)20:13:15 ID:YLgvy1cpp

山崎「! そや、スガ茶ないん? 飲もうや」

遠藤「いやいいですよ、ないですし。普通のコーヒーかお茶しかないっす」

田中「あ、俺もやるわ! ?! いたたた……やっぱり立ちっぱなしはまだ無理やったかな」

浜田「田中休んどけや、遠藤やってくれてるから」

田中「あ、ありがとうございます」

遠藤「おお、もう終わるしな、はい、どうぞ(カチャ…カチャ…)」

浜田「ありがとう」

松本「(ズズッ)」

浜田「(プゥッ!)」

松本「ブフゥゥゥーッ!」

山崎「うわっ! 汚っ! 吹かんといてくださいよ!」

デデーン! 『松本 アウトー!』



119 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)20:13:44 ID:YLgvy1cpp

遠藤「えーと、タオルタオル、誰にもかかってません?」

山崎「うん、松本さんが吹き出したんは、床に飛んだだけやわ」

松本「屁えこきすぎじゃ! ほんま死ね!」

(パパパパパパパパパァァァァァァァァンッ!)

田中「うわっ! なに?!」

松本「ん?」

浜田「え? なに今の?」



120 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)20:14:11 ID:YLgvy1cpp

浜田「爆竹か?」

遠藤「そんな音でしたね」

田中「でも床にはなんにもないですよ」

山崎「もしかして、松本さんの能力?」

遠藤「(キィィィン)そうやとしたら……まさか?!」

浜田「(バシッ)なんでいちいちお前も発動すんねん! 」

遠藤「痛いですって……(フゥッ)あ、能力解けたし」

浜田「だいたいお前の能力なんやねん!」

遠藤「いやなんか、考え込むと自然と発動するんですけどね……こう(キィィィン)」

松本「クラミジアやろww」

デデーン! 『松本 アウトー!』

田中「……」

遠藤「……」

松本「ンフフフwwwあれ? 俺だけ? (バシッ!)イッタ……ンフフフw」



121 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)21:01:05 ID:YLgvy1cpp

遠藤「もしかして……松本さん! ちょっと試しに、能力発動させたままこの飴ちゃん舐めてみてください!」

松本「なんやねんな」

遠藤「松本さんの能力がわかりそうなんです!」

松本「えぇぇ~!?」

浜田「やったらええやん、はよ食べえや」

松本「別にわからんでもええけどな……あ! これハッカやんけ! お前俺がこの世でいっっっちばん嫌いなもんがハッカの飴ちゃんやと知」

浜田「(バシッ)ええからはよやれや!!」

松本「チッ……いったいのお(キィィィン……パクッ)ほんれ、ろうひはらええへん?」

遠藤「そしたらこの紙コップにいったん出してもらっていいですか?……はい、ありがとうございます……そしたらこれを部屋の隅に置いて…………あれ?」

田中「……なんの儀式やねんな」

遠藤「いや、あれ? おかしいな、石破さんの話とさっきのを一緒に考えたら、これでええはずなんやけどな……」

浜田「なんもならへんやん」

松本「嫌いなハッカ舐めさせただけか! 死ねボケ!」

(パァァァァァァァァンッ!)



122 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)21:01:30 ID:YLgvy1cpp

山崎「……っくりしたぁ……」

浜田「なんやねんなもう……またさっきみたいな音したやん」

田中「さっきとおんなじような音でしたね、さっきよりちょっと音でかかったけど」

遠藤「あ、それが起爆装置なんですね」

山崎「え? なに? どういうこと?」

遠藤「松本さんの能力は『口に含んだものを爆弾に変える』能力なんですよ」

田中「ああー! 石破さんも、えーと、シャクレた口から繰り出す爆弾発言って」

遠藤「うん、口に入れたもんを爆弾に変えて、『死ね』の一言で爆発させるんや」

浜田「どんな起爆のスイッチやねん」



123 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)21:01:53 ID:YLgvy1cpp

山崎「でもこれで、遠藤以外の全員の能力がわかったなぁ」

田中「松本さんの能力が一番戦闘向きやろか」

遠藤「浜田さんの能力もなかなかやで、ツッコミさえすれば能力解除や」

浜田「山ちゃんもすごいやん、なんでも滑りやすくするんやろ?『摩擦係数の操作』やったっけ?」

遠藤「確かにそうっすね、摩擦係数を操作するってことは、滑りやすくも滑りにくくもできるわけですから」

松本「お笑い的にもスベリにくくなったらええのにな」

田中「フフッw」

山崎「…………」

浜田「なんかいえや!(バシッ)」

山崎「いったいわー!www」



124 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)21:02:15 ID:YLgvy1cpp

浜田「チッ……なんか俺以外に判定甘い気ぃすんで? 田中も山ちゃんも笑ろてたやん」

松本「ヒーローがそんな細かいこと気にしてどうするんだね! シュテルンビルトの市民は見ているよぉ?!」

田中「……」

松本「ンフフフフフフフフwww」

浜田「……」

松本「……よっしゃ、セーフや! まぁ笑ろうてないしな」

浜田「ちょお! ほんまにおかしいやろ! ちゃんとやれや!」

田中「でも毎回最後は、松本さんが一番しばかれてますけどね」

浜田「そんなもんで納得いくかボケッ(バシッ)」

田中「イッ……すんません」



126 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)21:55:15 ID:YLgvy1cpp

遠藤「皆さん、楽しくやりましょう!」

松本「ほんまやで、みんなおんなじ条件でやってんねんから」

浜田「チッ……」

田中「……(キィィィン)」

浜田「……なにしてんねんお前」

田中「あ、いや、空気悪かったんで、不快指数下げてみました」

山崎「……」

松本「ンフフフフフフフフwwwwww」

遠藤「ほんまや、ちょっとwwカラッとしたなwww」

山崎「ハハハハハハハ!wwwwww」

浜田「…………ンフフフフwwwほんまやめろや!(バシッ)」

田中「(フゥッ)?! あ!能力解けた!」

山崎「アハハハハハハ!www」



129 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)21:59:59 ID:YLgvy1cpp

遠藤「あ、あれ?」

松本「今のはさすがにアウトやろ」

田中「これセーフやったら、企画成立しませんもんね」

浜田「ほんまやで、おい! いったんカメラ止めて誰か来い!」

……………………

田中「……誰も来ませんね」

遠藤「ちょっとおかしいですよ」

松本「音声トラブルか?」

山崎「ちょっと僕、モニター室見て来ますね」

遠藤「あ、俺も行きますわ」

(ガチャ……バタン)



130 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)22:00:39 ID:YLgvy1cpp

浜田「あいつらまだ戻らんのか?」

松本「えらい長いな」

田中「もう30分は経ちましたね……」

浜田「どこで時間潰しとんねんほんまに」

(ダダダダダダダッガチャ!)

遠藤「大変です! スタッフ、どこにも誰もいませんよ!」

浜田「は?」

遠藤「いや、ほんまですって! モニター室にもスタッフ控え室にも」

山崎「ていうか、ガキのスタッフだけじゃないんです! いろいろ見て回りましたけど、僕ら以外誰もいないみたいなんです!」



132 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)22:01:10 ID:YLgvy1cpp

浜田「お前な、こんなでかい会社のビルやで? 誰もいなくなるなんてありえへんやろ」

山崎「ほんまに、ひとっこひとりいないんですって!」

(ピッ)

松本「? おい、見てみ。テレビ、勝手についたで」

田中「……どこ映してるんでしょうね?……暗くてよう見えへんわ……日付と時間が下に出てますねぇ……これ、今日の……! 今ですよ!」

遠藤「なんか、めっちゃはよ動いてるのが……ふたつ……?! これ!」

松本「あれ? さっきの奴らやん」

田中「オリガミサイクロンとロックバイソンですよ!」

浜田「なにしてんねんこいつら」

田中「どう見ても……戦ってますよね……ヒーロー同士で」

松本「ケンカか?」

山崎「それにしては、激しすぎるような……」

遠藤「!? この場所、このビルの屋上ちがいますか?!」



134 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)22:01:48 ID:YLgvy1cpp

松本「なんでそんなんわかんねん?」

遠藤「あれです! ちょっと見えにくいですけど、あれ、菅さんの像が挙げてる手ですよ!」

浜田「ほんまやな、両手グーのガッツポーズやわ。手だけ見えとんな」

田中「確かに、あんなふざけた像はここだけですよね……」

松本「いや、それはええねんけどさ、なんでさっきまであんな仲良かったヒーロー達がここの屋上で本気でケンカしてんねん」

山崎「ロックバイソンはドリルガンガン使ってるし……オリガミサイクロンなんか刀抜いてますもんね」

遠藤「なんでやろ……暴走、とかかな?」

松本「ネクストって、暴走したりするんか?」

田中「そんなん、聞いたことないですけどね……」



135 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)22:02:11 ID:YLgvy1cpp

山崎「でも、実際あのふたり、本気でやりあってたみたいやで」

浜田「とりあえず、止めといた方がええんかな?」

遠藤「いやでも……ネクスト同士の戦いに割って入るなんて」

浜田「危ないけど、ほっとく訳にはいかんやろ。あんなええ奴らがお互いにやり合うなんて、絶対なんかがおかしいわ。まぁ俺らのスーツの防御力は高いみたいやしな。おら、行くで!」

遠藤「(キィィィン)ちょっと待ってくださいよ! なんかおかしいですって! スタッフ全員消えるってだけでおかしいのに、このタイミングでケンカを映すモニターが動くなんて」

浜田「…………まぁお前が考えてることはなんとなくわかるで」

遠藤「…………」

山崎「絶対誰かが仕組んでるよな……」



136 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)22:03:02 ID:YLgvy1cpp

田中「ふたりにケンカさせて、僕らに止めに入らせる……ヘタしたら死にますよね……」

浜田「誰かが仕組んだ罠かなんか知らんけど、ほっとかれへんやろ!」

松本「はぁ、ほな行こか」

(ガチャ……ゾロゾロ)

遠藤「……」

浜田「なんや、まだ考えてんのかいな」

遠藤「……いやだって、変ですよ。スタッフがいなくなったことと、あのふたりの戦闘、偶然とは思えないんです」

松本「まぁめっちゃええ方に考えたら、ドッキリやろな」

田中「スタッフの指示がない場合、どんな風に動くかを見るってことですか?」

山崎「ヒーローとしての適性を問う、みたいなコーナーですかね?」

遠藤「確かに……それなら辻褄は合うんです……ガキのスタッフもアポロンメディアの社員も仕掛け人で……ほかのヒーローが割って入らない……これが企画で、知らんのが僕らだけやったら、辻褄は合うんです……でも、なんか引っかかるんですよ!」

浜田「…………とにかく行くで。行ったらなんかわかるわ。死なんようにだけ気いつけとこ」

遠藤「…………はい」



137 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)22:03:34 ID:YLgvy1cpp

(……ゥゥウーン)

松本「誰もおらんのに、エレベーターは動くんやな」

(ゥゥウーン……チンッ)

松本「屋上階に着いたな……お! あっこから外出れるんちゃうか?」

田中「行きましょう!」

(ダダダダダッ……ガチャ)

山崎「……こ、これ」

浜田「なんやねん……ここだけ……戦争でも起きたんかいな」

遠藤「あちこち穴だらけですよ……これが、ヒーロー同士の戦いですか……」

田中「! あそこ!」

(ドォォォォォォンッ…………ガギィィィィィーンッ)

松本「もー! めっちゃ戦ってる音してるやん!」

浜田「だから来たんやろ! はよ行くぞ!」

(ダダダダダッ)



138 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)22:04:08 ID:YLgvy1cpp

(ガィィィンッ……ギィィンッ……ガッ……)

バイソン「(ギリギリッ)やるじゃねぇかオリガミ! へへ、トボけた顔してやがるが、実は一番実力を隠してたの、知ってんだぜ……」

オリガミ「(ギリギリッ)くっ……あなたこそ……ヒーローいちの装甲は伊達じゃありませんね……」

(バッ!……スタッ)

バイソン「死ねぇぇぇぇぇ!(ダダダダダッ)」

オリガミ「破ァァァァァァ!(ダダダダダッ)」

(ドォォォォォォンッ)

遠藤「……うそやん」

山崎「どうしたん?」

遠藤「(キィィィン)いや、ふたりが戦ってんのは、誰かにはめられたと思ってたんです……例えば、記憶や認識を操作する能力を持ったネクストなら、それができる……あるいは、何らかの形で脅されてやらされてるとも、考えました……でも」

浜田「どっちもちゃうよな……明らかに、お互いを仲間と認識した上で、自分の意思で本気で殺し合ってる……」

遠藤「そうなんですよ……こんなん、ありえへん」



139 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)22:04:48 ID:YLgvy1cpp

バイソン「ハァ……ハァ……へへ、どうした? もう手詰まりか? 刀も手裏剣も、刃物の類は俺には効かないぜ」

オリガミ「くっ……拙者の武器では……」

バイソン「……仲間のよしみだ……おとなしくしてりゃあ、苦しまねえように殺してやるよ」

オリガミ「!(バッ……スタッ)」

バイソン「最後まで、あがくか……」

オリガミ「忍法! 斬殺大手裏剣!!(バシュゥゥゥンッ……ギュルルルルルルルッ)」

バイソン「効かねえとはわかってても……背中の大手裏剣投げるしか、手は残ってねえよな……」

オリガミ「拙者の大手裏剣に! 切れないものはござらん!」

(ギュルルルルルルルッ)

バイソン「へへ、いいぜ、受けて立ってやる!(ザッ)」



140 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)22:05:28 ID:YLgvy1cpp

(ギュルルルルルルルッ)

オリガミ「逝けぇぇぇぇぇぇぇ!」

バイソン「ここだぁっ!」

(ガキィィィンッ…)

バイソン「ふんっ……?! な?!」

(ドォンッ! ドォンッ! ドドドドォンッ! ドォォォォォォンッ)

田中「?! 手裏剣が!」

松本「爆発したで……」

バイソン「ぐっ……は……てめぇ……やりやがったな……」

オリガミ「忍法……爆殺影手裏剣でござるよ」

松本「え? なに? どないしたんや?」

遠藤「多分……大手裏剣を投げるのと同時に、爆薬を仕込んだ手裏剣をいくつも投げてたんです……大手裏剣の陰になって、相手からは見えないように……」

山崎「でも、斬殺とか、切れないものはないとか」

浜田「だから……それもフェイクやったんや……大手裏剣に注意を向けさす為のな」



141 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)22:06:26 ID:YLgvy1cpp

バイソン「くっ……いまさら爆薬ごときで……?! なんだ……立てねえ……」

オリガミ「ハァ……ハァ……ヒーロースーツや、皮膚の硬化による高い防御力……刃物ではあなたに傷をつけることはできません……でも、爆発による脳震盪は、どんな装甲でも防げません……」

バイソン「てめえ……これを狙って……へへ……やられたな……てめえの作戦勝ちだよ(ピッ……シュコッ)」

山崎「! マスク取ったで!」

オリガミ「潔し……(スラッ)せめて幕引きは……華々しく……」

バイソン「……ありがとよ」

松本「ほんまに殺すんかいな!」

オリガミ「お命……頂戴!」

浜田「ええかげんにせえよお前らこらぁぁぁぁぁぁ!!(バシィィィィィィンッバシィィィィィィンッ)」

オリガミ「あだ!」

バイソン「いてっ!」



142 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)22:07:02 ID:YLgvy1cpp

遠藤「(タタタタタッ)浜田さん! 危なすぎますよ」

山崎「遠藤! お前まで近づくなって!」

松本「お前ほんま、勢いでどつくんやめえw」

田中「とりあえず、おふたりとも、もう戦うんはやめてください! どんな理由があるのかは知り」

バイソン「まぁそりゃ、やめるけどなぁ?」

オリガミ「ええ、戦う理由はないですからね」

山崎「は?」

松本「いやいやいや、え? なにそれ?」

バイソン「いや、だから、もう戦う気はないんすよ」

浜田「…………ほんなら、なんでおたくら殺し合いしとったんや」

オリガミ「…………それはちょっとわかりません……なにかこう、しなければいけなくなったとしか」

遠藤「戦ってた時のことは覚えてるんですか?」

バイソン「ああ、はっきり覚えてるよ、俺はオリガミを殺すつもりだった」

オリガミ「僕もです……」



143 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)22:07:43 ID:YLgvy1cpp

浜田「いったいなんやっちゅうねん」

遠藤「どういうことや……はっきりした意識を持ちながら、普通なら絶対にしないことを」

(ピッ)

遠藤「?……なんの音すかね?」

山崎「あそこ! モニターついてるで!」

浜田「考える暇なしかいな……今度はなんやねん」

(ゾロゾロ)

松本「……またや」

田中「これ、ワイルドタイガーとバーナビーと、スカイハイまで!」

バイソン「なにやってんだこいつら」

浜田「殺し合いや……おたくらがさっきまでやってたことや」



144 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)22:08:14 ID:YLgvy1cpp

遠藤「今度は……2対1みたいですね」

松本「ほんまやな、そんでもスカイハイが押してるようにも見えるな」

田中「いや、ワイルドタイガーとバーナビーのふたりはまだ能力発動させてませんよ……温存してるんやと思います」

浜田「ていうか、ここどこや」

オリガミ「ここは……第4シミュレーションルームです」

遠藤「シミュレーションルーム?」

バイソン「ああ、犯罪者確保のシミュレーションをするトレーニングルームだよ、かなり頑丈なつくりになってる。見てみな、ドームになってる壁に4って書いてるだろ? 40階にはこれしかないんだ」

オリガミ「止めに行きましょう!」

浜田「そやな、ほんなら行こか」

バイソン「え? あんたたちも行くのか?」

遠藤「おふたりが浜田さんのツッコミで正気に戻ったってことは、このふたりも何らかの能力で操られてると思います……だから僕らが行かんと」

松本「だいたい自分らもうほとんど戦えへんやろ」



145 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/20(水)22:09:10 ID:YLgvy1cpp

オリガミ「だからって、民間人にそんな危険なことさせられません!」

バイソン「だいたいあんたら、ヒーローの前に芸人だろ!」

浜田「前は芸人かもしらんけど、今はヒーローや。企画とはいえ、仕事として引き受けた以上は、な」

遠藤「ポーリー捕まえたポイントももらっちゃいましたしね」

松本「まぁ、ついて来るだけついといでや、歩くぐらいできるやろ?」

オリガミ「ッ……そうですね、ここで待ってるわけにはいきませんし」

遠藤「…………浜田さんのツッコミで正気に戻るってことは、遠隔操作の能力なんやろうけど、なんかおかしい……お互いを敵と認識させるでもなく……しかも今回はワイルドタイガーとバーナビーには協力させてる……そんな複雑な操作させるには、何か条件がないとおかしいけど……」

山崎「遠藤、行くで、寒いし」

(ゾロゾロ……ガチャ……バタン……)

……ヒュゥゥゥゥ……

???「ヒーロー同士の潰し合い……あのときとは少し、違うようだが……」



156 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)09:16:59 ID:IbZT7WcaE

(ゥゥウーン……チンッ)

バイソン「着いたな」

オリガミ「この先の、あの扉の向こうがシミュレーションルームです……」

浜田「ほな行こか」

(ゾロゾロ……ウィィーン)

遠藤「!」

(ドォォォォォォォン! ヒュンッ! ガガガガッ! ガッ! ガッ! シュゥゥゥン……ドシュッ! ドォォォォォォォン!)

山崎「もー! さっきの比じゃないですよ!」

松本「なんかもうえげつないな。笑けてくるわ」

バーナビー「ハァァァァ!(ガゴッ!)」

スカイハイ「くっ……スカァァァァァイ(シュゥゥゥン)ハイッハハァァァァァイッ(ドォォォォォォォン!ドォォォォォォォン!ドォォォォォォォン!)」

タイガー「いって! クッソ……ちょこまかと……ワイヤーでふんじばってやる! (ドシュンッ!)」

スカイハイ「甘いッ! 爆風障壁!(バヒュゥゥゥゥンッ!)」

タイガー「だぁー! んだよクソッ!」

バーナビー「……前キングオブヒーローというだけありますね」



158 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)09:26:39 ID:IbZT7WcaE

松本「……これもう……割って入るん無理やろ」

オリガミ「3人中2人が先代と現役のキングオブヒーローですからね……」

バーナビー「? あれは? ガキのメンバーと……」

松本「お、こっち気づいたで」

タイガー「ちっ……殺さなきゃいけないやつらがまた増えたじゃねーか」

田中「!?」

浜田「やっぱりあいつらも操られとんなぁ」

スカイハイ「(スタッ!)皆殺し! そして、皆殺し!」

松本「ンフフフフw全然爽やかちゃうなwww」

山崎「めっちゃ怖いわぁ!」

タイガー「ま、やるっきゃねぇな」

バーナビー「ちょっと待って下さい! 全員を殺すことには賛成ですが、僕は乱闘は好みじゃありません」

タイガー「んじゃどーすんだよ?」



159 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)09:29:30 ID:1nQuny9EB

バーナビー「キースさんはずいぶん乗り気のようですから、キースさんが彼らと戦って、勝った方が僕らと戦う、というふうにしてはどうですか?」

スカイハイ「なるほど、私と戦うにしても、消耗させてから、というわけだな!」

バーナビー「…………今、なんて?」

スカイハイ「ハハハッ! 気にするな! 君の相手は後でする! 今は君の提案通りにしようじゃないか!」

バーナビー「待って下さい……やはり逆にします。彼らは僕が殺します。キースさんはこの下の、第3シミュレーションルームで待っていて下さい」

タイガー「んぁー! もー! ムキになんじゃねーよ! バニーちゃん!」

スカイハイ「私は構わなぞ。まぁ、彼らとの戦いが、私に負けた時の言い訳になるかどうかは分からないがね」

バーナビー「…………」

スカイハイ「ワイルドタイガー、君はどうするんだ?」

タイガー「あー、まぁ、相棒だからな、一緒にあいつらの相手するさ」

スカイハイ「なるほど……それじあ、私はひと足お先に、第3シミュレーションルームで待っているよ」(スタスタスタ……)



162 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)09:41:27 ID:1nQuny9EB

バイソン「おい! お前ら! なにやってんだ! ヒーロー同士で殺し合いとかバカやってんじゃねーよ!」

タイガー「うるせーよ! お前も殺すんだから黙ってろ!」

オリガミ「?! ……なんで?」

遠藤「……ロックバイソンさん、あの3人の口ぶりって、普段通りですか?」

バイソン「ん? ああ、殺すなんて冗談でも言う奴らじゃないがな、口ぶり自体はあんなもんだ」

オリガミ「クールに見えて頭に血がのぼりやすいバーナビーさん、お気楽に見えて仲間思いのワイルドタイガーさん、悪気なく人をイラつかせるスカイハイさん……紛れもなく、いつも通りの彼らですよ。いつもと違うのは……」

遠藤「……そこに明確な殺意があるだけ、ですよね?」

バイソン「……そんなとこだ」

バーナビー「それじゃあ、行きますよ……(ダッ!)」

タイガー「いきなりかよ!(ダッ!)」

田中「! 来ますよ!」



163 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)09:47:07 ID:UvekbAjMb

バーナビー「ハァァァァッ!(ビュンッ)」

浜田「あぶな!(バッ)」

バーナビー「?! 避けた?」

タイガー「オラァァァァ!(ブンッ)て、あれ?」

遠藤「おっわぁ! めっちゃ危なかったー!」

バーナビー「ならこっちから!(ダッ!……バババババッ!)……また?」

松本「あっぶなぁ……何発蹴ろうとしてんねん! 死ぬわ!」

タイガー「デェェェェイ!(ブンッ!)って、こいつもかよ!」

山崎「もー! ほんま怖いわぁ!」

田中「芸人やっててよかったですねぇ、反射神経鍛えられてますもんね」

オリガミ「す、すごい……」

バイソン「げ、芸人って、すげえんだな……」



164 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)10:00:22 ID:UvekbAjMb

バーナビー「くっ! あと少しなのに、当たらない!」

タイガー「なぁ、もうこのへんで能力使っちまってもいいんじゃねーか?」

バーナビー「……そうですね(キィィィィン)」

タイガー「……(キィィィィン)」

田中「! やばいですよ! ちゃんと避けてくだブッ……うそやん……(バタッ)」

バーナビー「……まずひとり」

山崎「田中!」

遠藤「今の動き、見えました?」

浜田「いや、あかんわ」

松本「どうすんねん、こんなん」

オリガミ「とにかく! 1分は避けることに専念して下さい! タイガーさんの能力が切れればなんとか切り抜けグッ……ハ(バタッ)」

バイソン「グッ……てめぇ……(バタッ)」

タイガー「……1分もかからねえよ」



165 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)10:01:52 ID:UvekbAjMb

山崎「オリガミさん! バイソンさん!」

バーナビー「……(ダッ!……ガガガガガッ!)」

松本「いたたたたたっ!(ドォォォーンッ……ガラガラ)いったいわぁー!」

バーナビー「?!」

タイガー「オラァッ!(ゴッ!)」

浜田「(ドォォォーンッ……ムクッ)いっ! ったいのおー!」

タイガー「あれ? なんだよ、手加減してねぇぞ」

バーナビー「あのスーツの性能は、本物のようですね」

遠藤「よかった、ふたりとも無事みたいやな……露出してる頭さえ守ってれば1分はもちそ(ゴッ)……うそやん(バタッ)」

バーナビー「あなたは露出してる部分が多すぎです」

山崎「遠藤! くっそー!」

バーナビー「次はあなたですか?」

タイガー「おい! バニー! 時間ねぇんだ、ダウンタウンのふたりから片付けるぞ! そっちのヘタレは、俺達の能力が切れてもどうとでもなる!」

バーナビー「……そうですね」



166 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)10:09:00 ID:UvekbAjMb

(ガァァァンッ! ドォォォーンッ! ガガガガガッ! バキィッ!)

松本「ちょー! もー! ほんま痛い!」

浜田「我慢せぇ! ちゃんと頭守ってちょっとでも避けてるから痛いで済んでんねん!」

バーナビー「確かに……ヒーロースーツにあの反射神経は厄介ですね」

タイガー「んじゃ、各個撃破といくか?」

バーナビー「そうですね、残り20秒ちょっと……」

タイガー「(ダンッ!)」

バーナビー「(ダンッ!)」

松本「おわっ! あぶなかったぁぶっ!……(バタッ)」

山崎「え? 今の……」

浜田「……時間差で来よったんや……1人目を避けるルートを狙って2人目が動いてんのに、1人目の攻撃から次まで、ほんまに一瞬や……あのコンビネーション、反則やろ……」

山崎「……そんなん、どうしたらええんや……」

浜田「! 来るで!(バッ!……ガッ!ゴッ!……バタッ)」

山崎「……は、浜田さん……」

浜田「…………」



167 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)10:22:55 ID:UvekbAjMb

山崎「…………」

タイガー「残り10秒、なんとか間に合ったな……」

バーナビー「あとひとりですし、久しぶりに、あれ、やりませんか?」

タイガー「いいねぇ! あの挟み撃ちだろ? 時間もちょうどいいし、最後は派手にいくか! んじゃ、いったん距離を置いてから、突撃だな」

山崎「……兄さんも後輩もやられて……俺は……なにしてんねん……」

バーナビー「(バッ……スタッ)」

山崎「浜田さんは……田中がポーリーに刺されたとき……ちゃんと助けた……」

タイガー「(バッ……スタッ)」

山崎「遠藤も……屋上で浜田さんがツッコミに飛び出したとき……すぐにフォローに駆けつけた……」

バーナビー「(ダンッ!ー『Good-Luck MODE』)」

山崎「……俺は……」

タイガー「(ダンッ!ー『Good-Luck MODE』)」

山崎「俺は……俺はッ!」

バーナビー「ハァァァァァッ!」

タイガー「オラァァァァッ!」

山崎「いやぁぁぁぁぁぁぁぁ! やっぱ怖いぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!」



168 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)10:27:38 ID:UvekbAjMb

山崎「ああぁぁぁぁぁぁぁぁ!(キィィィィン……)」

バーナビー「(ブンッ!)」

タイガー「(ブンッ!)」

山崎「いやぁぁぁぁぁぁぁぁ!(キィィィィン…………ツルンッ!)」

バーナビー「?!」

タイガー「?!」

(ッッッズガァァァァァァァァァァァァァァーンッ……………………)

……………………

バイソン「……つっ……んんっ……あ、あれ? どうなってんだこれ……おい! オリガミ! 起きろよ!」

オリガミ「ん……?! え、これ……」

バイソン「とにかく、みんなの息を確認するぞ」

オリガミ「え、ええ」



169 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)10:31:46 ID:UvekbAjMb

山崎「……はっ!」

松本「あ、起きたで」

山崎「え? みんな、あれ? 大丈夫なんですか?」

浜田「山ちゃんやるやん!」

田中「あ、ワイルドタイガーとバーナビーさんは気絶してる間に浜田さんがちゃんとツッコんどいてくれましたから、もう大丈夫ですよ」

バーナビー「すみません……多大な迷惑をかけてしまいましたね……」

タイガー「いやほんとすんません! ヒーローともあろう者が、民間人を手にかけるなんて……」

遠藤「いや、もうええですよ、あちこち痛いですけど、みんな生きてますしね」

田中「邦正さんほんまにすごいですね! バーナビーさんから聞きましたよ、まさかあんな倒し方するなんて!」

山崎「え? いや、ほんま、なにそれ?」



170 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)10:48:26 ID:UvekbAjMb

バーナビー「フッ……完全にやられましたよ……あの場で山崎さん自身の摩擦係数を0にすることで、挟み撃ちから逃れるだけでなく、僕らにも同士討ちをさせた……」

タイガー「俺らの最高のコンビネーションが、完全に逆手にとられたよな」

オリガミ「掴もうと強く握れば握るほどすり抜けるウナギみたいなものですね」

バイソン「まさに神業だな……少しでも怯んで逃げたりしてたら、成功してないぜ」

松本「やるときはやるねんなぁ」

田中「ほんま、頼りになりますよね!」

山崎「……まぁええか」



171 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)11:06:50 ID:UvekbAjMb

浜田「ほんなら次は……第3シミュレーションルームやな」

バーナビー「ええ! 早く行きましょう! ……っぐ」

バイソン「無茶すんな、お互い渾身の一撃が直撃だったんだ……まぁ、俺らも歩くぐらいしかできないけどな」

(ゾロゾロ……)

タイガー「しかしいったい誰が俺らを操ってたんだ? そもそも、目的はなんなんだ?」

バーナビー「ヒーロー全員を操るという条件を満たすには、あのパーティー会場しかない……僕や虎徹さんが感知できなかった薬品を使ったとしたら……でもそれだと、同じくパーティーに出ていたガキの皆さんが操られていないことが、説明できない」

遠藤「ビル内に誰もいないってことは、やっぱりあのパーティー会場で全社員が操られることになったってことですもんね」

オリガミ「それにしても、どんな目的で僕たちを操ったにせよ、ガキのメンバーだけを操らない理由がない……特に浜田さんの能力は、操っている方からすれば、厄介なはずです」

松本「実際、操作を解除できてるしな」

田中「操作条件か……僕らだけが満たさなかった条件が……ある?」



172 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)11:10:29 ID:UvekbAjMb

バーナビー「あるいはあなた方だけが満たした解除条件がある……」

田中「あ!!」

山崎「どうしたん?」

田中「もしかして、僕ら浜田さんからツッコまれてません? パーティーの後、控え室で」

バーナビー「ほんとですか?」

松本「おお! ほんまやな!」

オリガミ「そうなんですか? じゃあやっぱり、あのパーティーの時に何か仕掛けられたというわけですね。そこでガキのメンバーを含む全員が操られる条件を満たした……しかしガキのメンバーは浜田さんのツッコミによって操作を解除された」

遠藤「(キィィィィン)いやいやでも、それやと浜田さん自身が操られてないことを説明できませんよ。浜田さんだってパーティーに出てた以上、操られる条件を満たしてるはずです」

浜田「ほんまやな、誰が黒幕か知らんけど、操ってる奴が一番されたくないのは、それを解除されることやもんな。もし俺を操れるなら、まずツッコむことをさせへんよな」

山崎「浜田さんは自分をツッコんでないですもんね」

タイガー「だぁぁー! 結局分からずじまいかよ!」



173 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)11:21:55 ID:UvekbAjMb

(ゾロゾロ……ピタ)

遠藤「ここですね、ま、とにかく、ほんなら行きましょか」

オリガミ「黒幕の正体や目的が何にせよ、スカイハイさんは止めなきゃいけませんしね」

松本「スカイハイってやっぱ強いんやろな」

バイソン「あぁ、スカイハイもそうだが、俺たち4人と、他の4人は能力の質が違うんだ」

田中「質?」

オリガミ「僕たちの能力は擬態、皮膚硬化、身体強化……でも、スカイハイ、ファイヤーエンブレム、ブルーローズ、ドラゴンキッドの能力は自然の力を使います。エネルギーが桁違いなんです」

松本「ロギア系みたいなことやな」

バーナビー「そんなとこです」

浜田「まぁでも、止めなあかんねんから、行くで」

バーナビー「浜田さんはくれぐれも気をつけてください……満身創痍の僕たちにとって、あなたが切り札なんですから」

タイガー「ツッコミさえすれば一発逆転だもんな」



174 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)11:23:29 ID:UvekbAjMb

浜田「気をつけろ言うても、あいつの攻撃めちゃくちゃやろ」

バイソン「盾くらいにはなりますよ! んじゃ行くか!」

(ウィーン)

スカイハイ「……よく来たな! そして、よく来たな!……バーナビー君、彼らを殺してから来ると言っておきながら、なんとも頼りないことだ!」

浜田「相手にせんでええで、なに言うても通じへんねんから」

バーナビー「……ええ、でも、僕たちも、あんなことを言ってたんですね、普段なら絶対に言わないことを」

浜田「かまへん、ツッコんだらそれでしまいや」

スカイハイ「ハハハッ! そうはいかないぞ、ワイルドツッコミ! 第4シミュレーションルームでの一部始終は記録用カメラからの映像で見たからね!」

遠藤「! あ、僕らもその映像で屋上とかに駆けつけたんですもんね、各所にカメラがあんのか」

スカイハイ「私はこの様に(シュウゥゥゥゥン)君たちの手の届かない空中から攻撃させてもらう!摩擦係数だかなんだか知らんが、私には通用しない! ツッコむこともできまい!」

松本「うわっ! せこ!」

バイソン「全然ヒーローらしくねぇな」



175 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)12:13:01 ID:UvekbAjMb

スカイハイ「なんとでも言いたまえ! それでは改めて……皆殺し! そして、皆殺し!」

オリガミ「! 来ますよ!」

スカイハイ「スカァァァァイ……(シュウゥゥゥゥン……)ハァァァイッ!(ドォォォォォォンッ!)」

田中「……いっ……たたたた……みんな無事ですか?」

山崎「もー! めっちゃ痛いわー!」

松本「直撃したら痛いじゃ済まんぞ!」

スカイハイ「まだまだ行くぞ! スカァァァァイ……(シュウゥゥゥゥン……)」

オリガミ「来ますよ!」

スカイハイ「ハイッハイッハイハハァァァイッ!(ズドドドドドドォォォォォォンッ!……ガラガラガラ……)」

浜田「ったぁ……ほんまめちゃめちゃやな……って、おい!お前なにしてんねん!」

バイソン「……へへ、盾になるって言ったでしょーよ……(グラッ……ドサッ)」



176 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)12:16:12 ID:UvekbAjMb

オリガミ「痛ゥッ……バイソンさん! クソ!」

スカイハイ「スカァァァァイ……(シュウゥゥゥゥン……)」

松本「?! またや! あいつが溜めるたんびに吸い込まれそうになんの、なんやねん?」

バーナビー「彼は風を操るネクストなんです、風を集めてそれを弾にして、着弾による衝撃と爆風で攻撃しているんです。……風、というか空気が一箇所に集まると、こうなるんですよ。しかも厄介なことに、空気は使ってもなくなりませんから、何度でも使い放題です」

田中「そうか、風を操るって、つまり空気の流れを操るってことやもんな」

遠藤「(キィィィィン)…………空気の、爆弾……」

スカイハイ「ハァァァイッ!(ドォォォォォォンッ!)」

オリガミ「! 遠藤さん!(ドォォォォンッ)グッ……ハッ……」

遠藤「?! オリガミさん!」



179 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)12:53:09 ID:UvekbAjMb

オリガミ「…………」

浜田「ボケっとすんな! 気ぃ抜いたら死ぬぞ! ていうか身代わりになったオリガミが死にそうやんけ!」

遠藤「すんません! でも、今、なんか引っかかって」

浜田「考えんのはあとにせえ! 攻撃力高いうえに、あんな高いところやとこっちの攻撃は届かんねんぞ!」

タイガー「……ワイヤー飛ばしても風の壁で弾かれちまうしな」

山崎「攻撃が来るってわかってて、防がん奴もおらんもんな」

遠藤「……あ!」

松本「ん?」

遠藤「あ、いや、その……勝てそうです」

浜田「ほんまか? どうすんねん!」

遠藤「えーと、じゃあ……」



180 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)12:55:28 ID:UvekbAjMb

スカイハイ「? 作戦会議かね? なにかするつもりのようだな。ならば待とう! 死ぬならば! 死力を尽くしたその後で!」

……………………

浜田「(ザッ)」

スカイハイ「……準備ができたようだね……どのように僕にツッコむのか興味があるが、手加減はしないよ! 風が私とともにある限り、私は決して負けない!」

浜田「ええからはよせえ、風なんかなんぼ集めても所詮風や。そんなもんで殺せるんやったらやってみぃ。こっちこそなんぼでも待ったるわ」

スカイハイ「! ほっ、ほほぉぉぉぉ……それはそれは大きく出たね、ワイルドツッコミ! いいだろう! 私の風の威力! 思い知るがいい!」

バーナビー「珍しく怒ってますね」

タイガー「分かりやすい奴には分かりやすい挑発が効くなぁ」

スカイハイ「行くぞ! スカァァァァイ……(シュウゥゥゥゥン……)」

田中「来ますよ!」

スカイハイ「まだまだまだまだぁ……(シュウゥゥゥゥン…… シュウゥゥゥゥン…… シュウゥゥゥゥン……)」



181 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)13:06:42 ID:UvekbAjMb

松本「おわ! すごい風や! また空気があいつんとこに集まっとるで!」

遠藤「松本さん! 今は集中してください!」

スカイハイ「まだまだまだまだまだまだまだまだぁ……(シュウゥゥゥゥン…… シュウゥゥゥゥン…… シュウゥゥゥゥン……)」

タイガー「おわっ! くッ、あいつ、この部屋の空気全部集める気かよ!」

バーナビー「よっぽど浜田さんの挑発が効いたんですね」

スカイハイ「(ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ…………)さぁ! 受けてみよ! 母なる風を愚弄せし小虫達よ! 風の偉大さにいだかれて……死ねぇぇぇ!」

遠藤「今です! 松本さん!」

松本「お前が…………死ねえェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェ!!!!」

スカイハイ「?!」

(ドォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォンッ)



182 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)13:23:33 ID:UvekbAjMb

浜田「ハァ……起きろあほ(バシッ)」

スカイハイ「ッハ! 私は……負けたのか」

タイガー「ああ、松本さんの能力で、な」

バーナビー「僕たちも知りませんでしたよ……『口に入れたものを爆弾にする能力』なんて」

スカイハイ「爆弾……そうか、あの時、手元で起きた大きな爆発は……まさか、空気を?」

遠藤「松本さんにおもっきり深呼吸しまくってもらったんです。スカイハイさんには普通の攻撃は届かないし、届いても防がれますから」

山崎「空気なら、攻撃が届かなくてもそっちが勝手に引き寄せるし、細工しても見えませんしね」

スカイハイ「なるほど……浜田さんはそれで、あんなことを言ったのか……僕に本気で攻撃させるよう、それこそ部屋中の空気を集めるよう仕向けたわけだ」

浜田「まぁそんなとこや……でもな、おい、お前もうちょい爆発小さできへんかったんか? ヘタしたら全滅やぞ」



183 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)13:24:16 ID:UvekbAjMb

松本「そんなもんしゃあないやんけ! ショボい爆発やってみぃ? 二回目は絶対通用せえへんねんぞ!」

遠藤「まぁ、そうですね……でもここに来てみんなの能力めっちゃ役立ってますね!」

浜田「お前らはどやねん、田中の能力なんかどないもできんぞ」

松本「遠藤なんか能力が何かも分かってへんやんけ」

タイガー「あ、そうなの?」

遠藤「ええ、さっぱり。田中は『不快指数の操作』っていう、ちょっと不潔な能力です」

浜田「ンナハハハハハハwww」

松本「ンフフフフフwww」

田中「僕、ほんまに役に立ってないですよね。こんな能力やったら、この先、足引っ張るだけですよ……」

スカイハイ「くっ……そんなことは……ない!」



184 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)13:34:48 ID:UvekbAjMb

田中「? スカイハイさん……」

スカイハイ「私にも経験のあることだが……ネクストの能力というのは、表層的な事象にとらわれていてはその本質が見えなくなるんだ」

遠藤「表層?」

山崎「本質?」

スカイハイ「私は最初、自分の能力を『好きな方向に風を吹かせる能力』だと勘違いしていた……しかし、浮いたり、空気を一箇所に集めたり、カマイタチを起こしたりできることに気づいて、自分の能力の本質に気づいた……」

田中「空気の流れる方向や、流れ方を操ることができるってことですか?」

スカイハイ「そうだ! ワイルドタイガーだってそうだ。彼は元々『筋力を100倍にする能力』だと勘違いしていたが、筋力はもちろん、視覚、聴覚、嗅覚など、人間のあらゆる機能を100倍にする能力なんだと気づいたんだ」

田中「でも、不快指数を操るって、具体的にどういうことなんですかね?」

スカイハイ「ん……それは、分からないが、つまり空気中のだな」

(ピッ)

松本「なんや? ! あそこのモニターだけついたで!」

(ダダダダダダッ)



185 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)13:41:03 ID:UvekbAjMb

オリガミ「え?……これ……なんで?」

浜田「今度はまたえらい違う雰囲気やな」

田中「オリガミさんの話からしたら、これは……そうとうヤバいんと違います?」

松本「ロギア系3人揃っとるで……」

山崎「スカイハイひとりでめちゃめちゃやったのに……」

タイガー「それにしても、あの3人、なにやってんだ?」

バーナビー「なにもしてませんよ」

バイソン「そこが変なんだよ! なんで俺たちの時みたいに戦ってないんだよ!」

遠藤「操作してる奴の能力……相当複雑な操作ができるんでしょうね」

山崎「とにかく、行くしかないんですよね?」

バーナビー「ええ、あの場所はこのビルのエントランスホールです」

タイガー「ちょうどいいじゃねえか、あいつら正気に戻したら一旦ここから出よう」

遠藤「そうですね……」

(ゾロゾロ)



186 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)13:42:03 ID:UvekbAjMb

オリガミ「……ッたた」

松本「大丈夫かいな?」

スカイハイ「本当に、みんな満身創痍だな」

山崎「次の相手ってほんまにヤバいん違いますか? 一発でも食らったら全員即死ですよ」

バイソン「しかもそれが3人ときてる」

バーナビー「そうですね……なにか手を考えないと……」

タイガー「手っつってもよ、結局隙をついて浜田さんにツッコんでもらうしかねぇだろ」

バーナビー「ええ、ですから、そのツッコミまでどうやって隙を作るかってことですよ」

浜田「……なんや田中、まだ考え込んでんのか……」

田中「はぁ、だってほんまに役に立ってないから……不快指数の操作って、ようは湿度、つまり空気中の水分量を操作するってことですよね? それが一体なんの役に立つんですか?」

遠藤「(キィィィィン)ワイルドタイガーは……操作できるのは筋力だけやと勘違いしてた……」



187 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)13:48:03 ID:UvekbAjMb

バイソン「あいつらの攻略法だけどよ、ヒーロースーツがあれば多少のダメージには耐えられないか?」

バーナビー「特攻ですか? 相手がひとりならともかく、3人同時では、成功の可能性は低いでしょうね」

スカイハイ「それに浜田さん自身もかなり危険だ……ツッコむのは相手を無力化してからの方がいいだろう」

浜田「ワイルドタイガー、ねぇ……ほんなら田中の能力も……水分量の操作だけじゃないかもしれんなぁ……」

田中「水分量以外にも操作できるもんがあるかも……ってことですか?」

バイソン「ブルーローズの相手は虎徹がすりゃいいんじゃねえか? あいつはどうも虎徹が苦手らしいしな」

浜田「まぁその、空気中のなんか、
ってことやと思うけど」

バーナビー「おそらくダメですよ……僕たちはお互いに仲間と認識したまま殺し合いをしてたんです……ですからカリーナさんが虎徹さんに対してどれだけ、その、何と言うか、苦手意識を持っていても、今回は利用できません」

田中「空気なんか意識したことないですよ!」

松本「まぁ敏感に空気読むタイプでもないしな」

田中「………………フフッwww」

遠藤「ちょっと待ってください! とにかく今は、あの3人に対抗できる作戦を立てましょう! (キィィィィン)」

タイガー「そうだな」



188 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)13:48:48 ID:UvekbAjMb

遠藤「…………こんなん、どうすか?」

バーナビー「…………」

浜田「…………」

遠藤「…………やっぱり、あんまり良くはないですよね?」

浜田「いや、めっちゃええやろ」

バーナビー「ええ、初弾では相手の意表も突けるし、タネがバレても通用しますよ!」

オリガミ「遠藤さんってものすごく頭の良い方なんですね」

松本「まぁどっかでみたような戦法やけどな」

タイガー「それじゃあ、俺とスカイハイと松本さんがひとかたまりになって……」



189 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)13:55:56 ID:UvekbAjMb

バイソン「俺が盾になる、でいいか?」

浜田「大丈夫でっか? さっきもかなりダメージ受けてたでしょ」

バイソン「大丈夫ですよ! ほかのメンバーも撹乱してくれますからね!」

松本「なんか俺の負担がでかすぎへんか?」

浜田「我慢せえや! 攻撃力で言うたらお前が一番強いねんから!」

山崎「あの3人相手やったら、僕もできることあんまりないですしね」

(ゾロゾロ)

バーナビー「……このエレベーターで、エントランスホールまで行けます」

浜田「準備ええか? ほんなら、行くで」

(ゥゥウーン……チンッ)

ファイヤー「……遅かったわね」

キッド「……待ちくたびれちゃったよ」

ローズ「悪いけど、さっさと終わらせてもらうわよ。ここまでのことは映像で見てるから、あんた達の状況はほとんど分かってるわ」



190 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)14:00:35 ID:UvekbAjMb

浜田「……ほんなら、打ち合わせ通り頼むで」

遠藤「ええ」

タイガー「任せてください!」

ローズ「何かするつもりなの? 奇抜な能力を持ってることは知ってるけど、私たち3人揃ってることの意味が分からないの?」

ファイヤー「ヒーロー女子チームの全員を一度に相手にすることの怖さを教えてあげるわ」

ローズ「え、いや……女子チームって」

キッド「あ……ごめんね、僕がボーイッシュだから……」

ローズ「いや、違う、でも、うん、もういいわ」

バイソン「……やっぱり、いつもの感じだよな……」

タイガー「隙だらけだぜ! 先手必勝! 行くぜ!(ドシュンッ!)」

バーナビー「隙をつくならわざわざ言わないで下さい!」



192 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)14:08:24 ID:UvekbAjMb

ローズ「! ワイヤー!?」

ファイヤー「その距離から当たると思ってんの? 余裕で避けられるわよ!(スッ)」

キッド「?……何かある! ファイヤーエンブレム! ギリギリで避けないで!」

ファイヤー「?」

タイガー「今だぁ!」

松本「死ねェェェェェェ!」

(ドォォォォォォォォォンッ)

ファイヤー「ッ! ぐゥッ!」

松本「ぃよっしゃー!」

キッド「ワイヤーが……爆発した!?」

ローズ「! ワイヤーの先端を……松本さんが口に含んでいたのね!」



194 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)14:09:34 ID:UvekbAjMb

キッド「ギリギリで避けても爆発でやられる……厄介だね」

ファイヤー「……ってぇぇなぁ! のやろぅがぁ!」

遠藤「こわっ!」

ローズ「落ち着いて、ファイヤーエンブレム。距離をとって余裕を持って躱せば大丈夫よ」

キッド「そうだね……ワイヤー自体は直線的な動きしかできないから」

スカイハイ「今だ!」

松本「死ねぇ!」

(バァァァァァァァァンッ!)

ファイヤー「ぐあっ!」

キッド「?! なに!? 何もないところで爆発した!?」

ローズ「いえ……空気があるわ……今度は、松本さんの吐息をスカイハイが固めて飛ばしたのよ」



195 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)14:11:25 ID:UvekbAjMb

スカイハイ「ふふっ……ぐっ……ダメージが残っていてまだ風を強く操れないが、空気を固めて動かすくらいはできるぞ! すでにそこら中に仕掛けているから、気をつけたまえ!」

ローズ「まさに、見えない機雷ね……」

ファイヤー「……それが……どうしたぁぁぁぉぁぁ!!(ボワァァァァァァァァァァァァァァァァァァンッッ!!)」

田中「うわっ! めっちゃ燃えた!」

浜田「めっちゃおこってるやん」

ファイヤー「くそがァァァ!! マジで頭に来たぜっの野郎どもがァ! ケツの穴から高熱チ○コ突っ込んで直腸まで火傷させんぞオラァァァァ!!」

松本「ンフフフフwww」

スカイハイ「むむっ!」

遠藤「? スカイハイさん、どないしたんですか?」

スカイハイ「いや、さっきのファイヤーエンブレムの炎上で、せっかく仕込んだ空気爆弾が飛ばされてしまった……」

タイガー「はぁ!?」



196 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)14:19:30 ID:UvekbAjMb

遠藤「そうか! 強い火が作る気流で流されたんや!」

スカイハイ「今から仕込み直す! 少し時間を稼いでくれ!」

ローズ「ふーん、そんな防ぎ方があるのね……良いこと聞いたわ」

浜田「……スカイハイさん、全部聞かれてたわ。もう通用せえへんみたいやで」

タイガー「ちっくしょお! 松本さん! もっかいワイヤーを!」

キッド「……もういいよ(キィィィン)」

田中「!!」

(バリバリバリバリバリバリ!!)

バイソン「みんな危ねえ! 俺の後ろに!(バッ……キィィィン)ぐわぁぁぁぁぁ!」

遠藤「バイソンさん!」

浜田「皮膚の硬質化が……きかんのか?」



197 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)14:22:02 ID:UvekbAjMb

バーナビー「そうか……電撃だから、いくら硬かろうが人体である以上、感電のダメージは避けられない」

キッド「最初からこうしてればよかったんだよ……圧倒的な力でねじ伏せる……」

ファイヤー「それもそうね……」

ローズ「それじゃ、さっさと片付けちゃいましょ」

(ザッザッザッザッ)

オリガミ「くっ!」

スカイハイ「……打つ手なし、か」

タイガー「(ヒソヒソ)おいお前ら、協力しろ。俺は浜田さんを、バニーは松本さん、キースは田中さん、イワンは遠藤さん、アントニオは、おい! 起きろ! お前は山崎さんを……」

バーナビー「?」

タイガー「このエントランスホール内、どこでもいい、ぶん投げてバラけさせろ……すんませんね、皆さん……芸能人の扱いにしちゃ荒っぽいですが、我慢してくださいよ」



198 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)14:22:52 ID:UvekbAjMb

(ザッザッザッザッ)

浜田「お前、そんなんしてどうすんねん」

タイガー「へへ、その口調、仲間として認めてくれたってことですかね……多分今の俺たちじゃそれが限界です……あとはまぁ、うまく逃げてくださいや」

浜田「違うがな! お前らはどうすんねん!」

バーナビー「ヒーローたるもの、市民の安全の為に命を懸ける……ですね?」

タイガー「ああ、俺らはまぁ、何とかしますよ……あいつら操られたまま外に出しちゃ、どうなるか分かりませんからね」

オリガミ「……皆さんは、窓とかドアとかから、とにかく逃げ切ってください!」

遠藤「そんなんダメでしょ!」

スカイハイ「失礼!(ガシッ)」

田中「うわっ?!」



199 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)14:33:26 ID:UvekbAjMb

タイガー「(ガシッ)いっくぞぉぉぉぉぉぉ!!」

バーナビー「(ガシッ)うぉぉぉぉぉ!」

ローズ「!?」

(ブンッブンッブンッブンッブンッ)

キッド「な?! 投げた!?」

ファイヤー「んもぅ! ほんとにこっちの嫌がることばっかりするのね!」

(ドサッドサッドサッドサッドサッ)

田中「いたたた……! 皆さん!」

浜田「ボケっとすんな! はよ逃げるぞ!」

山崎「え? でも……」

浜田「でもちゃうわ! 今の俺らで何ができんねん! とりあえず逃げなあいつらの命無駄にすんねんぞ!」

松本「おお、ほんまやな! て、あれ? なにこれ?」



200 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)14:35:53 ID:UvekbAjMb

遠藤「え? これ……どこの窓もドアも……浜田さぁん!! 外側から固められてますよ!」

田中「ブルーローズの氷でもない……緑色の、半液体が固まったような……ベークライトみたいな」

(バリバリバリバリバリバリバリバリ!!)

タイガー「だぁぁぁぁぁぁ!」

バーナビー「うわぁぁぁぁぁぁぁ!」

スカイハイ「がぁぁぁぁぁぁ!」

バイソン「ぐわぁぁぁぁぁ!」

オリガミ「あぁぁぁぁぁぁぁ!」

田中「! 皆さん!」

遠藤「! ヒーロー全員を一撃で……ドラゴンキッド……やっぱり一番えげつない能力やな」



201 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)14:51:09 ID:UvekbAjMb

キッド「さてと、残りは、まずは……浜田さんからだね」

(バリバリバリバリ!)

浜田「ぉわぁぁぁぁぁ!(バタッ)」

遠藤「浜田さん!」

田中「……え? あれ? これ、なんや?」

ファイヤー「次は、彼ね」

(ボワァァァァンッッ)

松本「あっつぅぅぅぅぅ!(バタッ)」

田中「またや……空気が……」

山崎「田中! ボケっとすんな!」

田中「いや、なんか、これ、見える……空気の……変化が、見えてんのか?」



202 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)15:41:10 ID:UvekbAjMb

ローズ「あんたは……今すぐ消えてほしいわ……」

(ガキィィィィィィンッ)

遠藤「ッ…………」

田中「……またや……雷も……火も……氷も……全部……空気を使って……伝ってる……」

山崎「ど、どうすんねんな」

(バリバリバリバリ!)

山崎「あだだだだだだだだだっ!(バタッ)」

田中「……全部……見える……空気を……利用してる」

ファイヤー「あとは、あんただけね、田中」

キッド「ほんと、あんまり手間取らせないでよね」

田中「もし……もし……空気がなかったら……何も……伝わら……ない?」

ローズ「それじゃあね……ヒーローもどきの芸人さん」

田中「空気が……なかったら……(キィィィン)」



203 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)15:41:39 ID:UvekbAjMb

キッド「死ねぇぇぇぇ!(バリバリバリバリ!)」

(バリバリ……フゥッ)

キッド「え!? 電撃が……田中さんに届く前に……消えた?」

ファイヤー「何やってんのよ!(ボォォォォッ……フゥッ)!? え? なんで私の炎も消えちゃうのよっ!」

ローズ「?(ビシュゥッッ……フゥッ)なに? あたしの攻撃も……届かない!」

田中「空気が……なかったら……(キィィィン)」

ファイヤー「ぐっ……なに……こ……れ……(バタッ)」

キッド「……っ……はぁっ……え……(バタッ)」

ローズ「……ぃ……ぃ……ぃきが……(バタッ)」

田中「はっ! あ、あれ?」



204 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)15:51:48 ID:99wcJ3rzl

田中「え? 皆倒れて……え?……今ので……勝ったんか? ! はっ! そや! 浜田さん! 起きてください!」

浜田「…………いやいや……シビれて動かれへんがな……」

田中「ホンマにちょっとでいいです! あの3人引きずってくるんで、ツッコんでください!」

……………………

キッド「はっ!……あ、あれ?」

松本「気ぃ付いたか、こいつで最後やな」

キッド「一体……何が……」

ローズ「あたしもさっき聞いたばっかりよ……田中さんにあんな力があるなんて、ほとんど詐欺よ」

田中「いや! 知らなかったんですって!」

キッド「?」

遠藤「不快ハイの能力は『不快指数の操作』じゃなく、『大気組成の操作』やったんです」

バーナビー「不快指数、つまり空気中の水分量の操作というのは、その能力のほんの一部だったわけですね」



205 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)15:52:24 ID:99wcJ3rzl

キッド「じゃあ……僕たちの攻撃が届かなかったのも……急に気を失ったのも?」

オリガミ「ええ、田中さんが女子チーム3人との間に作り出した真空層のせいで、攻撃が届かなかった……皆さん3人の能力は全て、空気中の酸素や水分、電子を利用するものですからね。そしてその真空層をそのまま3人の方に広げたことで……」

ファイヤー「息ができなくなって気を失ったってわけよ」

タイガー「ま! とにかくだ、一旦ここから出ようぜ!」

バイソン「出ようたってよ、外側から固められてるらしいじゃねえか」

遠藤「女子チームの3人は無傷ですから、なんとか壊せたりしませんかね?」

ファイヤー「そうね、迷惑もかけたし、ここからは存分に働かせてもらうわ」

???「それはやめていただきたいですね」

バーナビー「!? この声!」

タイガー「やっぱり黒幕は……あんただったのかよ! あんた! いったいどういうつもりだ!」



208 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)17:23:44 ID:99wcJ3rzl

石破「…………」

タイガー「なんとか言えよ! 石破部長よぉ!」

バーナビー「……元防衛大臣で、今はアポロンメディアの部長職に就いているあなたが……なぜこんなことを!」

松本「ていうか、石破さんもネクストやったんかいな?」

田中「いや、黒幕が石破さんやから言うて、皆を操っていたのも石破さんやとは限りませんよ」

石破「いろいろと、説明しなければならないことが、あるようですが、説明は、後ほどでも、よろしいでしょうか?」

ローズ「今すぐしてほしいわねぇ!」

バイソン「あぁ! こっちは今すぐにでもあんたをぶっ飛ばしたいんだからな!」

石破「ご心配なく。後ほど、と言っても、時間で言えば間もなくです。皆さんが全員が地に伏してから、という意味ですから」

山崎「自信満々や……」

浜田「ていうことは、あんたもやっぱりネクストなんやな。そんなすごい能力なんかいな?」

石破「いえいえ、私の能力は、皆さんお察しの通り、皆さんを操作していた能力ですよ。どのように操作していたのか、と言うと……(ドロドロドロドロ)」



209 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)17:33:02 ID:99wcJ3rzl

松本「結局説明するんかい」

キッド「!? あれは?」

オリガミ「体が……液化した?」

遠藤「いや、あれは、半液体というか、ゼリーみたいな……緑色しとんな」

石破「私の能力名は、『デス(死)ゲル』……自身の体をゲル状に変えることができる……そしてこのゲルが少しでも体内に入った者は……能力者への絶対服従を強いられる」

ファイヤー「絶対……服従」

遠藤「そうか! そうじゃないと、記憶の操作とかでは、仲間と認識させたままの殺し合いなんかさせられへんもんな」

田中「その能力で、ヒーローと俺ら以外の人間をビルから出したんやな」

石破「そしてこのゲルは、体内に入らずしばらく空気に触れると……岩よりも硬くなる性質を持っています」

スカイハイ「!? まさか、このビルの出入り口を全て塞いでいる緑色のは!」

石破「はい、全て私の、ゲルです」

遠藤「あれ? ちょお待って!体内に入れるってことは、やっぱり仕込んだのはパーティーの料理とかですよね? バーナビーとワイルドタイガーが見つけられへんかったんは何でなんですか?」

石破「ゲル状になると言っても、体組成自体は変わりません……つまりゲルの成分はほぼ水とタンパク質です。異物として検出することはできません」



210 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)17:34:44 ID:99wcJ3rzl

オリガミ「それじゃあ……どうして浜田さんだけが、操られなかったんだ?」

松本「ほんまやな、浜田以外の俺らはパーティーの後、すぐに控室でツッコまれたから、石破さんの能力が解除された、で通るけど、浜田が無事なんはなんでや?」

石破「……浜田さん、いかがですか? 体内に入った緑色のゲル……心当たりはありませんか?」

浜田「………………………………あ!」

タイガー「え? あるんですか? 心当たり」

浜田「俺……出してるわ……自分で」

松本「は?」

バーナビー「自分で……ですか?」

石破「ひとりトイレに走ったあなたを操っていればよかった……まさか自分で吐き出すとは思いませんでしたよ……トイレで、痰のようにね」

遠藤「めちゃめちゃですね」

松本「育ちの悪さが幸いしたなぁ」

浜田「ンフフフフwwwうるさいアホ」

タイガー「まぁそりゃいいけどよ、石破さん。あんたの目的はなんなんだ? 答えによっちゃ、出るとこ出てもらうぜ」



211 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)17:42:56 ID:99wcJ3rzl

石破「ですから、ここからは、皆さんが、倒れてから、お話します」

ローズ「バカ言わないでよ! デス(死)ゲルだかなんだか知らないけどね、こっちの3人はまだ十分戦えるのよ!」

石破「ええ、あなた方の能力は、脅威ですので、これを使わせていただきます(ピッ)」

(バッ)

キッド「上から! 人影?!」

タイガー「助っ人か!?」

ローズ「たったひとりの助っ人でどうしようってのよ!」

ファイヤー「……!? あれは!」

(スタッ……)

???「…………」

タイガー「おいおい……マジかよ……」

バーナビー「!?……どうして……ここに」

石破「予想以上に、驚かれていますね、特に、バーナビーさん」



212 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)17:45:48 ID:99wcJ3rzl

タイガー「俺らが……ぶっ壊したじゃねえかよ……」

H01「…………」

石破「あなた方が破壊に成功したH01は、たったの1体ですよ。その他の多数のH01は、セーフティーモードの起動により、動かなくなっただけです……1体だけ再起動が間に合ってよかったです」

バーナビー「くっ!」

浜田「なんや、あの黙ってるワイルドタイガーみたいな奴、そんな強いんかいな?」

オリガミ「あれは、戦闘用アンドロイドなんです……あの1体を破壊できたのはタイガーさんとバーナビーさんです……僕たち6人は、あっけなく捉えられてしまったんです」

石破「今動けるのは、ブルーローズ、ファイヤーエンブレム、ドラゴンキッドの3人のみ……さて、何分もちますかね」

ローズ「くっ! なめんじゃないわよぉぉぉぉぉぉ!!(ビシュゥッッ)」

ファイヤー「最大火力でいくわよ!(ボワァァァァァァァンッ)」

キッド「はぁぁぁぁぁ!(バリバリバリバリッ)」

H01「…………」



213 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)18:04:11 ID:99wcJ3rzl

……………………

H01「…………」

石破「ほう、意外な奮闘ですね……4分弱、ですか」

ローズ「ぅっ……ぅぅ……」

ファイヤー「…………くっ……反則よ」

キッド「……もぅ……動けない……」

石破「長くもった方ではないですか? 」

浜田「ったぁぁぁ……ほんま、そばで見てるだけでこんなダメージあるんないな」

田中「ほんますね……てて……あかん、動けませんわ……」

タイガー「ここに来るまでのダメージがデカすぎだ……」

オリガミ「このままだと……全員殺されますよ……!」

石破「?……そんなことはしませんよ」

バーナビー「!?……あなたの目的は……一体」



214 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)18:06:40 ID:99wcJ3rzl

石破「さて、ようやく皆さん全員、地に伏して動けなくなりましたね。それでは、そろそろ説明しましょうか? 私の目的を……」

スカイハイ「我々を殺すつもりがない、と言ったな……」

石破「ええ、私の目的は、簡単に言えば、あなた方を……と言うより、ネクストを軍で管理することです」

田中「え? なんで?」

石破「元防衛大臣の立場から、言わせて頂くならば、あなた方ネクストの能力は魅力的なんです……軍事力として、ね」

キッド「僕たちが……軍事力?」

石破「そうです、ネクストは、軍事兵器であるべきなんですよ。H01という、戦闘用アンドロイドは、量産と維持に、莫大な資金が必要ですが……ネクストは、どうですか? 脅威的な戦闘力を持ちながら、維持費は軍人ひとり分、量産の必要もなく、勝手に生まれてきます。これを軍事兵器として、利用しない手は、ありません」

ローズ「くっ!……あんたねぇ!」

石破「それに対して、前政権からの防衛に関する施策をご覧なさい……兵器に関して無知な者達が防衛に携わっているばかりに、C国やK国に好き勝手されています……防衛とは、国家の、ひいては国民の尊厳の防衛でなければならないのです」

浜田「……最後んとこだけ賛成しといたるわ」



215 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)18:09:42 ID:99wcJ3rzl

松本「ほんで、その目的があって、なんでこんなこと仕組んだんや?」

石破「……ネクストを軍事兵器とするためには、ネクストは危険で強力な存在であるため、軍で管理することが望ましいと、国民に認識させなければなりません……その為に、国民に見せなければならないのですよ、ヒーロー同士の殺し合いという映像を……そして、5人の民間人が殺される様も」

遠藤「! まさか! 各所で記録用カメラが動いてたのは……」

石破「ええ、もちろん、放送用ですよ……映像はすでに外部の編集用機材に転送されています……あとは都合よく編集して放送すれば……あなた方は軍の管理下、ということです」

山崎「今、俺たちは殺すって言いましたよね?」

石破「ええ、あなた方の能力も、非常におもしろいのですが、世論に影響力のある方々が、真相を知ったまま生きているのは、都合が悪いので……ここで死んでいただきます」



216 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)19:05:05 ID:yvnCnmSJL

ファイヤー「……相当……タチが悪いわね……」

バイソン「だが、ほとんど達成できてやがるぜ……」

石破「ふふ……これで兵器産業にも、また特需を招くことができます……そうなれば、防衛大臣に返り咲いて、その地位を保つことも、可能です……戦争特需からの政治献金により、政治活動もしやすくなりますよ」

タイガー「くっ……あんたらはッ……いつだってそうだッッッ!!!」

バーナビー「! 虎徹さん!?」

石破「……」

タイガー「いつだって自分達のォォッ ……ぁぁと…………あれ……ばっかり考えてッッッ!」

バーナビー「…………」

石破「…………『あれ』?」

タイガー「あ~…………その…………得するっつーか……オイシイ感じの……」



217 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)19:29:33 ID:yvnCnmSJL

バーナビー「利権ですか?」

タイガー「そう! それ!」

石破「……産業全体としては、必要なことですよ?」

タイガー「政治家の仕事っつーのは、そうじゃないだろ! これ以上世界の戦争が増えたらどうなる? あんたらにだって、家族や友達がいるんだろ? 戦争の恐ろしさは、兵器に詳しいあんたならわかるだろ!」

石破「…………」

タイガー「だから今は! 自分の……あれは置いといて」

バーナビー「利権」

タイガー「そうそれ!」

バーナビー「……虎徹さんの言い分、ビシッと決まりませんでしたけど、正論だと思いますよ」

石破「……正論だろうが、何だろうが、言葉は、言葉でしか、ありません。満身創痍で立つことさえできない、あなた方には、言葉しか、残されていないでしょうが、それで私を止められると、本気で思っているわけでは、ないでしょう?」

タイガー「……ぐっ」

バーナビー「……」



218 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)19:30:51 ID:yvnCnmSJL

石破「後はガキのメンバー全員をH01が殺せば、それで終わりです」

山崎「ヤバイですよ!」

浜田「分かっとるわ!」

石破「念の為、皆さん全員をゲルで固めさせていただきますよ……ヒーローの皆さんは、軍の管理下になることが決定するまでは、秘密裏に拘束しなければなりませんしね……(ズルズルズルズルズルズル……)」

(ガキィィィィィィン……)

石破「……さて、それではH01、5人を殺してください」

H01「…………(ザッザッザッ)」

タイガー「……くそったれがぁ!」

ファイヤー「……あんたね、ガキのメンバーを殺して、私達が軍の管理下になると決まったとして、おとなしくあんたの言うこと聞くと思ってんの?」

石破「……見え見えですよ、時間稼ぎはおやめなさい……それとも、今この場で、まだ私から何か聞きたいことがありますか?」

ルナティック「否、事足りた」

(ボヒュゥゥンッ!……ドォォォンッッッボワァァァァァァァンッ!)

石破「!?」



219 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)19:32:52 ID:yvnCnmSJL

H01「!(バッ……スタッ)…………」

石破「あなたは……」

バーナビー「!……ルナティック!?」

ルナティック「(スタッ)……これが貴様らの最期なのか?」

ローズ「私達を……助けるの?」

ルナティック「真の罪人を裁きのしるべに導くことこそ私の正義……翻って、今貴様らが偽りの正義の手に委ねられること、それを看過するのは、私の信条に反する……」

バイソン「あ……あぁ?」

ルナティック「ヒーローどもよ、貴様らの正義とは……こんなところで潰えてしまうものなのか?」

タイガー「へへっ、前もそんなこと言ってたな……そうやって、俺を助けてくれたぜ……」

ルナティック「……勘違いするな……貴様らとは正義を異にする者同士、相入れることはない……私はタナトスの声に……従うまで!(ジャキンッ)」

石破「!」



220 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)20:49:00 ID:yvnCnmSJL

ルナティック「貴様に政は荷が勝ちすぎる……タナトスの声を聞け!(ボヒュゥンッ!)」

H01「!(バッ!……ドォォォンッ)…………」

ルナティック「……主人を守るか、論理の奴隷よ」

石破「何とでも言いなさい、このH01を倒してから、ね」

H01「……(ダンッ!)」

ルナティック「……(バヒュンッ!)」

(バヒュンッ! バヒュンッ! ドォォォンッ! ドォォンッ! ガラガラガラガラッ! バヒュンッ!)

山崎「……なんか、速すぎて何してんのかよう分からん……」

バーナビー「ルナティックは青い炎を操るネクストです。最大火力はファイヤーエンブレムより上で、それをボウガンで撃ち出して攻撃したり、ジェット噴射して高速移動するんです」

バイソン「あいつに助けられんのは癪だが、相当強えんですよ……実際、俺らの内、誰もあいつを捕まえられていませんからね」



221 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)20:50:06 ID:yvnCnmSJL

遠藤「すごい……3人がかりで手も足も出なかったH01が、ルナティックのスピードについていけてない……攻撃が全然当たらへんで」

(ジャキンッ! ボヒュンッボヒュンッボヒュンッ! ドォォォンッボワァァァァァンッ!)

ルナティック「……」

H01「……」

田中「でも……ルナティックの炎も
、効いてないみたいやで……すごい装甲やな」

(バヒュンッ! バヒュンッ! ドォォォンッ! ドォォンッ! ガラガラガラガラッ! バヒュンッ!)

タイガー「おいおい! 決着つくまでこのビルもつのかよ!?」

……………………

(バヒュンッ……ドォォォンッボワァァァァァンッ!)

遠藤「戦い始めて、もう10分は経つで……」

ルナティック「…………ッ」

H01「…………」



222 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)20:50:40 ID:yvnCnmSJL

石破「そろそろ違いが明らかになってきましたね……攻撃を全て躱せる者と、攻撃が全く効かない者……一見して同じようですが、長時間戦い続けると……」

H01「……(ダンッ! ガシィィッ!)」

ルナティック「くっ!」

石破「こうなります」

浜田「! 捕まってもうたで!」

石破「振りほどこうとしても無駄ですよ……H01は相手を捕らえたら絶対に放さないようプログラムされています。トドメは私がさせばいいのですからね」

ルナティック「……フッ、そうか、手を放さないのならば好都合だ」

石破「?」

ルナティック「(ジャキンッ! ボヒュンッボヒュンッボヒュンッボヒュンッボヒュンッ……ドドドドドドドドドドドドドドドォォォォォォォォンッ……ガラガラガラガラ)」

浜田「なんや? 炎を真上に撃って、ビルの最上階まで突き抜けて空見えとるがな……逃げんのか?」

バーナビー「いえ……逃げるならば普通に壁を壊すはずです……どうして上に……まさか!」



223 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)21:04:06 ID:yvnCnmSJL

ルナティック「……このアンドロイドは私の炎では燃やせない……ならば暫くの間、退席願うしかあるまい……」

バーナビー「やっぱり! ルナティックは自分ごとH01を離脱させるつもりです! おそらく……地球の引力圏外に!」

石破「!?」

松本「いやいや、自分ごとって、そんなんしたらあいつも宇宙さまよって死ぬやんwww」

石破「…………それより早く、あなたが大気摩擦で燃え尽きそうですよ……」

遠藤「でも、攻撃の効かないH01には、そうするしかないんかも……」

バーナビー「なぜそこまで……」

ルナティック「……私は正義の名の元に罪人を裁いてきた……故に、私は証明し続けなければならないのだ……私の正義が正しいということを……私自身の命を懸けて!」

ファイヤー「あんた! 私達の為に死ぬ気!?」

ルナティック「否! 私はタナトスの声に……従うまで!(ボヒュンッボヒュンッ!……ボヒュンッ……ボヒュンッ…………ボヒュンッ……………………ボヒュンッ)」

石破「くっ……!」

浜田「……行ってもうたな」



224 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)21:05:22 ID:yvnCnmSJL

……………………

(ボヒュンッ…………ボヒュンッ…………ボヒュンッ…………)

H01「…………」

ルナティック「(ギュゥゥゥゥゥゥーンッ)……間もなく地球の引力圏外だ……この先、私達が引力圏外に出るのが先か……あるいは大気摩擦で燃え尽きるのが先か……あるいは私の炎が尽きるのが先か……いずれにせよこの高度だ……どちらも命を拾えはしまい」

H01「…………(スッ)」

ルナティック「!??? 手を……放した?」

H01「…………」

ルナティック「……観念したとでも言うのか……論理の奴隷がごとき人形が……フッ……電子頭脳に魂が宿るなどということが、まさか本当にあろうとは!」

H01「…………」

ルナティック「良いだろう……ならば全ての炎を……貴様だけをより高みへ飛ばすことに費やそう!(ジャキンッ)」

H01「…………」

ルナティック「タナトスの声を……聞けぇ!(ボォォォォォォォォォンッッッ!)」

(ギュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥンッッッ……………………キランッ)

ルナティック「そこならば貴様にも聞こえよう……タナトスの声が……貴様のことは記憶に留め置こう……炎を失った私が、地面に激突するまでの……ほんの数分の間だがな」



225 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)21:13:19 ID:yvnCnmSJL

浜田「……行ってもうたな」

バーナビー「しかし……H01がいなくなっても、事態は一向に好転していませんよ!……石破だけでも私達を殺せそうですし」

山崎「どうにかならないんですか?! 火とか電撃でやっつけてくださよ!」

ファイヤー「……駄目よ……私達は炎や電撃を出せても、その方向は指や腕で決めてるの……ゲルで頭以外を固められてる状況では、攻撃できないのよ」

遠藤「……! 田中! さっきみたいに真空層を石破さんの方に!」

田中「! そっか! よし!(キィィィィンッ)」

石破「無駄ですよ……(ズルズルズルズルズルズルズルズル)」

キッド「! 全身からゲルが!? ……いや、あの人が、ゲルそのものになってる……」

松本「……完全にスライムみたいになってもうたがな」

石破『フフフ……私自身がゲル化してしまえば、呼吸器などもなくなりますからね……空気があろうがなかろうが関係ありませんよ』



226 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)21:22:25 ID:yvnCnmSJL

田中「くっ……くそ!(フゥッ)」

石破『さぁ……それではガキの皆さん……私の体で窒息死していただきますよ……』

松本「もー……めっちゃ嫌な死に方やん」

遠藤「あかん、ホンマに打つ手なしちゃうか……」

石破『せめてもの思いやりです……皆さん同時に口と鼻を塞いであげますよ……仲良く一緒に死んでください』

浜田「お前だけはほんまに殺したかったけどな……ここはお前の勝ちや……化けて出たるから覚えとけよ」

石破『何とでも言ってください……これで、これで……フフフフフフフフフフフヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ……これで私の望みが叶います! 防衛大臣の座を奪われた屈辱! 間もなく晴らせます! 間もなくね!』

キッド「あんな奴に……大臣なんかさせちゃいけない!」

石破『何とでも言いなさい! それではガキのメンバーの皆さん! 私の全身で苦しめてあげますよ!(ビュルルルルルルッ)』

田中「うわぁっ! 来たぁ!!」

石破『ッ!?』



227 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)21:29:01 ID:yvnCnmSJL

(ボァァァァンッ! ドジュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥッ)

石破『ッッグァァァァァァァァァァッッッッッ!!!!』

タイガー「!?」

遠藤「? な、なんや? 燃えてる……んか?」

石破『ヒィィィィッ……ぐっ……あ、熱い…………き……貴様かぁぁぁぁ!』

山崎「(キィィィィンッ)」

バーナビー「山崎さん!?」

浜田「え? 山ちゃん何したん?」

オリガミ「……まさか!山崎さん!」

遠藤「……! まさか! た、大気摩擦を起こしたんですか!?」

ファイヤー「空気中の摩擦係数を極限まで高めたのね! そして、高速で動いた石破に火がついた……ほんと、デタラメな能力ね……」

バイソン「もしかして……ルナティックの時の会話からヒントを!?」



229 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)21:36:51 ID:yvnCnmSJL

山崎「僕達が固められて動けなくて、動けるんがあんただけやからこそできたんですよ……用意周到なんが裏目に出ましたね」

石破『ぐぅぅぅ…………?! なんだ? 体についた火が……消えない……いや、逆に……勢いを……増して……(ジュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥッ)ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!』

田中「(キィィィィィンッ)邦正さんの機転……無駄にはしませんッ!」

ファイヤー「……やるじゃない……酸素濃度を上げたのね……当然火も強くなるわ……」

石破『ぐぅぅぅぅぅ……貴様ら……貴様らぁぁぁぁぁッ!!』

タイガー「……終わるな……もうすぐ燃え尽きそうだ……」

バーナビー「ええ……彼の野望は、これで終わりますね……」

石破『……こんな……所で……終…………らない……終…………ない……は……』

ローズ「……もう……諦めなさいよ」



230 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/21(木)21:37:16 ID:yvnCnmSJL

山崎「僕達が固められて動けなくて、動けるんがあんただけやからこそできたんですよ……用意周到なんが裏目に出ましたね」

石破『ぐぅぅぅ…………?! なんだ? 体についた火が……消えない……いや、逆に……勢いを……増して……(ジュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥッ)ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!』

田中「(キィィィィィンッ)邦正さんの機転……無駄にはしませんッ!」

ファイヤー「……やるじゃない……酸素濃度を上げたのね……当然火も強くなるわ……」

石破『ぐぅぅぅぅぅ……貴様ら……貴様らぁぁぁぁぁッ!!』

タイガー「……終わるな……もうすぐ燃え尽きそうだ……」

バーナビー「ええ……彼の野望は、これで終わりますね……」

石破『……こんな……所で……終…………らない……終…………ない……は……』

ローズ「……もう……諦めなさいよ」



234 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)09:10:48 ID:rdArmSTvF

石破『終…ら………ない…………スは』

バーナビー「……?」

石破『……ロスは………………ウロボロスは…………終わらない…………』

バーナビー「!? おい! 今なんて!?」

石破『…………らな……ぃ……』

バーナビー「おい! 今お前!! なんて言った!!! ウロボロスと言ったのか!! おい!!! なんとか言え!」

タイガー「落ち着けバニー! もう燃え尽きてんじゃねえか!」

バーナビー「…………ッ……マーべリックに続き、彼までも……ウロボロスに関わっていたのか……」

ファイヤー「……ウロボロス……ただの裏組織じゃなさそうね……シュテルンビルトと深く関わっているのかしら……」

バーナビー「……ッ……」

タイガー「バニーちゃんよ、悔しがるのはいいけどよ、これどうすんだよ……全員動けねえじゃねえがよ」

(…………バラ……バラバラ……バラバラバラバラバラバラバラバラッ!)

キッド「……!? ヘリ?」



235 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)09:11:20 ID:rdArmSTvF

オリガミ「もしかして!」

タイガー「まぁそうだろうな……おい! 遅えぞ!」

アニエス『Bon soir! ヒーロー諸君!』

ファイヤー「ほんと今回は遅かったわねぇ……マーべリックの時は良いタイミングだったのに……」

スカイハイ「なんでもいい……早くこのゲルを取ってくれ……」

松本「固まったゲルは石破さんが死んでも消えへんねんなぁ……厄介やわ……でもほんま、アニエスさん、今更やで……しかもまたスピーカーから声だけって」

アニエス『ごめんなさいね、訳あって今までここに来られなかったのよ』

遠藤「そうか、アニエスさんも石破さんに操られてたから……だから石破さんが死んで、絶対服従が解けたんや……」

アニエス『あ、それは違うのよ、ブルー遠藤。私は全部知ってたのよ、石破部長の計画を……』

遠藤「え?」



236 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)09:17:08 ID:rdArmSTvF

浜田「? どういうことや?」

タイガー「知ってたって、何だよ?」

アニエス『何って、言葉の通りよ。私も黒幕のひとりなの』

ファイヤー「…………それ、ほんとなの?」

アニエス『んー、正確には、私が石破部長をそそのかしたと言うべきかしら……』

浜田「……あんたもネクストの人達を軍事兵器にしたいんか? そんなことしても、テレビ局のプロデューサーには何の得もなさそうやけどな……」

アニエス『私はね……ネクストの軍事利用なんてどうでもいいの……私がしたいのは……彼の計画の一部よ……』

遠藤「石破さんの計画って、えーと……ヒーロー同士を戦わせて、それに僕らを巻き込んで殺して、それを放送してネクストを危険視させて、軍事兵器にするって流れを作る……」

アニエス『ええ、よく覚えてるわね……その後半よ……私がしたいのは……番組放送でネクストを危険視させることよ……』



237 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)09:18:26 ID:rdArmSTvF

遠藤「そう言えば石破さん、カメラで撮った映像を都合良く編集して放送するって……それは外部に転送済みって……まさか!」

アニエス『Exactement! あなた本当に冴えてるわよ! 貴方達の殺し合いの映像はここ……ヘリの中のレコーダーに転送されていたのよ!』

バーナビー「……どういう……つもりですか?」

アニエス『私はただ、自分の欲望に従いたいだけよ……そう、人間の根源的な欲求でありながら、多くの人間がその魅力…いえ、その存在にさえ気づくことのできない欲求……』

田中「……」

アニエス『支配欲よ』

松本「……」

アニエス『ヒーローTVのプロデューサーとして仕事をしている内にね、妙な感覚を覚えたわ……でも間もなくそれが何なのか、はっきりと分かったわ……快感よ』

田中「世論を…支配する…」

アニエス『Exactement!不快ハイ! ヒーローの活躍の生中継! プライベートのドキュメンタリー! ンフフ……映像の作り方見せ方ひとつで、視聴者は私の導きたい方向へ向かうのよ! 数えきれない個体を、同じ個体でありながら、意のままに動かす快感! ハァ……これはね、どんなにお金を積んでも味わうことのできないものなのよ!』



238 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)09:35:12 ID:rdArmSTvF

アニエス『一番たまらなかったのはねェ……ハァ… …前社長を出し抜いたときだったわァ……』

バーナビー「?! マーべリックの、あの時……」

浜田「?」

アニエス『あなた方は見てなかったんでしょう? ……残念だわ……シュテルンビルトの全市民を騙してるつもりだったのに……いいえ、あの時点では、全市民を騙していたのにね……ハァ……私のようないち社員にまんまと出し抜かれたあの男の顔……普段は頭が上がらなかったからなおさらよ……そして私の意図した通りにアッ……ハァ……動いてしまう衆愚……ダメッ……思い出しただけで…』

浜田「あかんわこいつ」

タイガー「だからって……なんでこんなことを仕組んだんだ! ヒーローがいなくなったら、ヒーローTVは終わっちまうぞ! あんたが一番愛してる仕事じゃないのか?!」

アニエス『それは違うわワイルドタイガー…… 私が終わらせるのよ……愛しているからこそ、ね』

タイガー「……?」

遠藤「どういうことですか?」



239 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)09:41:51 ID:rdArmSTvF

アニエス『ヒーローTVはね、華やかな人気番組のようで、様々な団体からの圧力を受けているのよ……人権擁護団体や、あるいは正反対に、ネクストなんて変異体を英雄扱いするなんてけしからんなんて団体もあるのよ』

浜田「……」

アニエス『団体と揉めるなんてね、業界では絶対に避けるべきことなのよ……でもね、終わらせ方にも色々あると思うの……団体にケチをつけられて終わるなんて、それこそ私の経歴に傷がつくわ……私が考える理想的な終わりはね……ヒーローTVの後発番組が出てこず、且つ私の経歴がより輝かしくなる終わり方よ!』

キッド「アニエスさん……嘘でしょ?」

アニエス『今でこそ様々な団体から圧力を受けているけれど、万が一この先、そう、ヒーローTVが終わった後に、その圧力がなくなって、ヒーローTVのような番組がほかで始まるなんてことになったら……私は耐えられないわ』

バーナビー「……」

松本「そんなもんしゃあないやろ、なるようにしかならんやんけ」

アニエス『だからね、シャークレー、例えば……例えばね……こんなシナリオがあったら、素敵じゃないかしら?』



240 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)09:42:44 ID:rdArmSTvF

アニエス『ヒーローとして活躍したネクストは……実は能力を使えば使うほど、その能力に飲み込まれて、ついには理性を失い暴走する……その兆候は、ヒーローTVで活躍しているヒーロー達に、すでに見られはじめていたの。ヒーローだけでなく、ネクスト能力を持った石破部長にも、ね。それにいち早く気づいた番組プロデューサーは、市民の被害を避けるためヒーロー達のみの同士討ちに持ち込もうとした。このアポロンメディアのビル内での、ね』

浜田「……」

アニエス『プロデューサーの奮闘の甲斐あって、ヒーロー達の殺し合いは成功した……しかし残念ながら5人の民間人までもが暴走したネクスト達によって殺されてしまう……とても悲しいことだわ…フフッ』

田中「……ッ!」

遠藤「……」

アニエス『しかもその民間人というのがお笑い芸人で、絶大な人気を誇る年末恒例特番の撮影中に死んだとすれば……どうかしら?』

オリガミ「……やっと、石破さんの野望を阻止したのに……」

アニエス『5人の民間人とヒーローの全てが死んだことを受けて……番組プロデューサーはネクストをヒーローとして商業利用したことから、この悲劇に責任を感じ、自ら番組を終わらせ、プロデューサーの職を降りるだけでなく、退職するのよ』



241 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)09:45:34 ID:rdArmSTvF

アニエス『輝かしい経歴を持つキャリアウーマンが、そのもっとも輝く経歴である人気番組を自ら終わらせる! しかも潔く引責辞任よ! 感動的じゃなくって?』

松本「無職になるんかいな、リスクでかいやろ」

アニエス『そうかしら? 前社長の次はヒーロー事業部の部長が犯罪者よ? アポロンメディアはもう終わりよ…さっさと逃げた方がいいわ』

タイガー「…………」

アニエス『まぁ、そんな裏事情は、文字通り表には出ないのよ…衆愚は感動するわよ……この美しいシナリオにね』

アニエス『私はしばらくメディアへの露出を避けてから、頃合いを見計らって文化人にでもなるわ……テレビを通して衆愚を操る…今度はそれを、上司もスポンサーも気にせずできるのよ! 考えただけでも……ハァ……』

遠藤「そんなうまいこといかんでしょ」

アニエス『ご心配には及ばないわよ、ブルー遠藤。 ここまで沢山撮らせてもらったもの……ヒーロー同士の潰し合いも! ヒーローが民間人を攻撃する様もね!』



242 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)09:48:28 ID:rdArmSTvF

遠藤「そうか……それで石破部長をそそのかしたんやな……防衛大臣に返り咲きたい石破さんに、ネクストを危険視させて軍事利用する計画を提案したんやな……」

アニエス『ンフフフフ……』

田中「でも僕らは……」

タイガー「ああ……こうして生きてるぜ!」

アニエス『だから後は……あなた達全員が死ねばそれでいいのよ』

ローズ「あんた……なに考えてんのよ!」

アニエス『なにって、それは全部話したじゃない……あとはこのビルの各所に仕掛けられた爆弾で……ビルもあなた達も木っ端微塵よ☆』

バイソン「なっ!?」

松本「もーほんま家帰りたいわ」

アニエス『ごめんなさいね、ビルの出入り口はすべて、すでに石破部長のゲルで固められてるでしょ? 今のあなた達みたいにね。だからここから出られないの』



243 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)09:49:53 ID:rdArmSTvF

アニエス『あ、ちなみにビルの爆破は過激派テロリストの仕業ということにしておくわね。バーナビーが何やらそんな怪しげな裏組織を追ってたみたいだから、ちょうどいいわ』

バーナビー「ッ!」

タイガー「てめぇ! アニエスッ! こいつの気も知らないでッ!」

アニエス『私には関係のないことだわ。それじゃあ爆破は15分後よ。先に少し離れてるわね。Adieu! ヒーロー諸君! シュテルンビルトでの貴方たちの活躍は永遠に輝き続けるわ……シュテルンビルト市民たちの心の中と……私の経歴の中でね!』

(バラバラバラバラ……バラバラバラバラ……バラバラ……バラ……)

バーナビー「くっ……そぉぉぉぉぉ!!!!」

浜田「……悔しがってる場合ちゃうぞ……何か手を打たんと」

キッド「このままビルが爆発したら……街の人達にも被害が出るよ!」

タイガー「市民に危険を知らせながら……俺達も脱出する……それも今から15分以内に……できんのかよそんなこと」

遠藤「(キィィィンッ)! 前半だけなら、行けるかもしれません!」



244 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)09:57:47 ID:rdArmSTvF

バーナビー「本当ですか!?」

遠藤「ええ、田中の能力がうまいこと働けば、ですけど……田中! 女子チーム3人と戦ってる時、空気の変化が見えたって言ってたよな?」

田中「?! うん……」

遠藤「今こうやって話してるのも、音が空気を伝わってるねんけど、それ見えるか?」

田中「……(キィィィンッ)! うん! 見えるわ!」

遠藤「ほんなら、この話し声の振動の方向をコントロールできへんか? 大気組成の操作で……ここの声をシュテルンビルト中に響かせてほしいねん! あの、ルナティックが開けた上の穴から、シュテルンビルト中に!」

田中「……やってみる!」

遠藤「それじゃ、ヒーローの皆さん! 思いっきり大声で叫んでください! このビルが爆発寸前で、早くこの近くから離れるようにって! ほんで助けられるネクストがおったら手ぇ貸してほしいって!」

タイガー「お、おお!」

……………………

遠藤「……田中、どうや?」

田中「うん、振動は市内に拡散できたと思う」

遠藤「これで、前半はほぼ達成ですね……街中で爆発すると被害は大きいでしょうけど、まぁ今はこれが限界でしょ」



245 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)10:01:09 ID:Ow5GX9wDu

バイソン「さーて、そんじゃ、どうすっかな……助けが来るとも限らないし」

遠藤「能力の強制解除、爆弾を作る、大気組成の操作、摩擦係数の操作……ん~、あかんなぁ、何も思い浮かばんわ……念の為聞きますけど、浜田さん、固まったゲルにツッコんでも壊せませんよね?」

浜田「そんなもんだいぶ前に試したわ。石破さんにバレんように、こっそりな」

遠藤「……ですよね」

タイガー「…………ん? おい、なんだあれ?」

山崎「?……! なんや!? あそこの地面が……」

(ズズズズズズズ……サラサラサラサラサラサラサラサラ)

田中「流砂みたいに……」

(バッ……スタッ)

???「助けにきたぞ! イワン!」



247 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)10:15:25 ID:Ow5GX9wDu

オリガミ「!……そんな……エ……エドワード!!」

バーナビー「あの子は!?」

タイガー「イワンのアカデミー時代からの友達じゃねえか!? ルナティックに殺されかけて、確か今は……」

エドワード「保護観察中で街にいました! 時間がありません! 挨拶はあとにして……僕の能力なら……いけます!(キィィィンッ)」

(……サラサラサラサラ)

スカイハイ「!? ゲルが……砂状に!」

遠藤「すごい能力やな……」

エドワード「皆さん動けますね! それでは僕と一緒に地中を通って脱出しますよ!」

(ズズズズズズズ……サラサラサラサラサラサラサラサラ)



248 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)10:15:55 ID:Ow5GX9wDu

浜田「なんとか全員ビルから出られたな」

キッド「でも、脱出できても、ビルが爆発したら……死人が出ちゃうよ!」

松本「爆弾だけをほり投げることはできへんから、ビルごとほり投げたらええねんけど……」

遠藤「それこそできませんやん! ……て、あれ? 何ですかね?……僕の目が……おかしいんかな?」

タイガー「いやぁ、俺の目にも見えてるから……」

松本「動いてるよな……あのバカでかい菅ちゃん像」

バーナビー「像が……動くって……まさか!」

タイガー「! おいおい! マジかよ!」

???「ワイルドタイガー! 僕も助けにきたよ!」



249 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)10:24:30 ID:Ow5GX9wDu

タイガー「トニー! トニーじゃねぇか!」

ローズ「像や人形を動かせるネクスト……あの男の子!?」

トニー「ワイルドタイガー……前に言ってくれたよね……君の能力が役に立つ時が必ず来るって! 君もヒーローの一員だって! 僕も……街を……街の皆を守れるヒーローになりたい!」

エドワード「……俺もそうさ! 俺もこの人達に助けられたんだ! 今度は俺達が助ける番だよな!? だから来たんだろ!」

トニー「うん!」

ファイヤー「……あんた達……」

エドワード「よっしゃ! そんじゃそのままビルごと空にぶん投げちまえ!!」

トニー「うん! うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

(ゴゴゴゴゴゴゴゴッ………ガシッッッ…………ブンッッッッッッ)

(ギュゥゥゥゥンッ)



250 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)10:29:54 ID:Ow5GX9wDu

タイガー「マジかよ……マジでビルごとぶん投げちまった……」

遠藤「田中!」

田中「(キィィィンッ)出来るだけ高く飛ばすために、ビルの飛ぶルートを真空にして空気抵抗をゼロにするんやろ!? もうやってる!」

松本「でもビルまるごとなんて……あ、止まった……やっぱりあんまり飛ばへんなぁ」

スカイハイ「あの高度で爆発しては……まだ被害が大きいぞ! って……あれ? 一回止まったのに……どんどん高く……上って行っている」

???「アイアーイ! キャッキャッ!」

キッド「嘘……あの赤ちゃんまで……サムまで助けに来てくれたの? 市長さんと一緒に……」

サム「アイアーイ!」

タイガー「サムって、あのテレキネシス赤ちゃんかよ!」

バーナビー「ビルを……飛ばして遊んでるのか?」



251 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)10:32:09 ID:Ow5GX9wDu

スカイハイ「私がしてあげた高い高いを……覚えていてくれたのか!」

バイソン「それは違うだろ……でも、どんどんのぼっていくぜ!」

バーナビー「そろそろ爆発しますよ!」

(ドォォォォォォォォォォンッ)

遠藤「爆発したぁ!! でもこのままやと瓦礫が! 街中に落ちてまう!そや! 邦正さん!」

山崎「任せとけ! 上空の摩擦係数を最大にして、大気摩擦で瓦礫を燃やすんやろ!(キィィィンッ)」

(ボッ……ボボボッ……ボワァァンッ……)

ローズ「すごい……瓦礫が……全部空で燃えてる……」

オリガミ「! 見てください!一番大きな瓦礫が……あれは……中継ヘリの方に落ちますよ!」

山崎「あの大きさは燃やされへんわ!」

バーナビー「ヘリに……ぶつかる!」

アニエス『!?…………キャァ(ザザッ)』

(ドォォォォォンッ)

キッド「アニエスさん……」



252 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)10:32:57 ID:Ow5GX9wDu

浜田「あれやったらヒーロー同士の潰し合いの映像も残らへんから、悪用されることはないやろ……とりあえず今はそれで納得せえ! あのでかい瓦礫はまだ落ちてるぞ!」

タイガー「トニー! あれを止められるか!?」

トニー「無理だよ! ここから離れすぎてるし、こんな像が走ったら、そっちの被害の方が大きいよ!」

遠藤「くそっ! ここまでやったのに!」

マツコ「ここまでやったのに、何よ? 途中で諦めたら、初めからやらないのと変わらないわよ」

遠藤「!? マツコさん!」

マツコ「重力操作ッ!(キィィィンッ)」

山崎「え? 瓦礫の落下が……めっちゃゆっくり……」

マツコ「シュテルンビルトの重力を限りなく小さくしたわ……あの瓦礫は、ゆっくりと静かに落ちるわよ……」

タイガー「マツコさん……」

(ズズゥゥゥゥゥンッ)

……………………

ルナティック「……なんだ……今の……一瞬の浮揚感は……地面に激突せずに……済んだのか…………タナトスが……私に生きよと言っているのか……」



253 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)10:35:03 ID:Ow5GX9wDu

タイガー「……終わった……のか……」

ファイヤー「アポロンメディアは……ビルごとなくなっちゃったけど……」

浜田「アニエスさんは、死んでもうたんやろうな……」

オリガミ「でも……市民に被害が出ずに済みました……」

バーナビー「……ウロボロス……一体どんな組織なんだ……」

松本「はよ帰りたい」

浜田「おお、もう帰ろうや……ガキのスタッフも戻って来てくれるやろうしな」

バーナビー「皆さん……本当にありがとうごさいました……皆さんがいなければ、私達は石破とアニエスの野望に、うまく使われていました……」

ファイヤー「ほんと、めちゃくちゃな能力で助けてくれたわね」

浜田「こっちこそ、助けてもらいましたよ……ほんなら、またどっかでお会いしましょう」

バーナビー「ええ!」



254 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)10:36:16 ID:Ow5GX9wDu

(ゾロゾロゾロゾロ……)

遠藤「いやぁ終わりましたね」

松本「結局ブルー遠藤の能力分からんままやけどな」

田中「『氷のような冷静さで思考力が上がる』とかかもしれないっすね」

浜田「え?」

遠藤「え? マジで? いや、そうかも……」

松本「……地味すぎるやろ」

(ゾロゾロゾロゾロ……)

トニー「……ねぇ、ワイルドタイガー」

タイガー「ん? どうした? トニー」



255 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)10:36:39 ID:Ow5GX9wDu

トニー「これでよかったのかな? 街の皆は守れたけど……アポロンメディア……なくなっちゃったから……」

エドワード「それに、あんた達と旧知のプロデューサーが死んじまった……」

タイガー「気にすんじゃねぇよ! 俺達なら大丈夫だよ! どこでだって、どうやったって、生きていくさ! 俺達は生きてんだもんよ! 生きなきゃしょうがねぇだろ!」

トニー「でも……」

ローズ「なぁに辛気臭い顔してんのよ! あんた達は街を守ったヒーローなのよ!」

エドワード「……」

タイガー「そうさ! ヒーローがそんな顔してて良いのか?! 俺達のヒーロー人生、ここで終わるはずがないのに、よぉ!」





256 :◆TCFkbJoJoI 2014/08/22(金)10:36:56 ID:Ow5GX9wDu





おわり



転載元
藤原「今日はお前たちにはシュテルンビルトを守るヒーローとして働いてもらうで」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1408505174/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月22日 14:51
      • ガースー黒光りアポロンメディア
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月22日 16:38
      • 4 後半笑ってはいけない要素なかったけどかなり面白かったなぁ
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月22日 17:51
      • やっぱ笑ってはいけないは言葉にすると面白くねーな
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月22日 18:15
      • ※3
        つかこれが面白くない
        笑ってはいけないは他にもいくつかあって、それらは違和感無い程度に状況をセリフに混ぜてるんだけど、これはそういうのしてないから浜田達が何で笑ってんのかよくわからん
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月22日 20:35
      • タナトスの声ってマツコの声だったのか
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月22日 20:45
      • 最初は面白かったんだがヒーロー出てきた辺りで違和感が
        スカイハイってあんな弄られ方してたっけか
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月22日 22:25
      • オチが……なにこれ……
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月22日 23:04
      • あー、これ作者途中で飽きたパティーンだわ
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月22日 23:07
      • もうMMDでやればいいんじゃないかな
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月23日 00:32
      • 作者も「なんでアニエス悪人にした!?」のレスに「そんなつもりじゃなかったけど、気づいたらこうせざるをえなかった」とコメントしてるから、相当苦しんだっぽい
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月23日 05:01
      • 前半からすでに、コレジャナイ臭が
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月23日 08:05
      • 「藤原」というから藤原啓治かと思った…。関西弁で「え?」となったが。

        途中から、「笑ってはいけない」だというのは感覚的に分かったが、普通の常識人は「藤原」表記で直ぐに「笑ってはいけない」の人とわかるものなのか?(このSS見るまで「藤原」を知らなかった)

        SS自体は「………」と言う感じ

      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月23日 15:45
      • 米12
        「普通」がなにをもって普通なのかわからんが、少なくとも此処を見ている人間はニッチな層だと思うのだが。

        藤原に関しては、「笑ってはいけない」を知っていれば自然と「笑ってはいけない進行役の元ダウンタウンマネージャーの藤原」が出てくると思うんだが。
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月23日 15:48
      • 米13追記
        あくまで、「笑ってはいけないのクロスSS」だと認識していればの話し。
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月23日 16:57
      • なかなか大作だった

        ※12
        笑ってはいけないを普通に見てる人なら藤原くらいすぐわかる、司会進行なんだから…
        (いや普通の常識人は藤原啓治とは思わないだろ…)というツッコミは置いておいて
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月23日 18:27
      • イマイチ
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月24日 01:23
      • わりと楽しかったけど後半から今一歩物足りなく感じた
        1の次に期待だわ
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月24日 03:07
      • クロスもので舞台側のキャラの敵味方属性変えちゃダメでしょ……
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月24日 15:57
      • 2 うーん…最後で台無し感

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ