TOP

キョン「日曜日の午後?」

1 :名無しさん 2014/04/15(火)23:44:30 ID:mQT4D2JUJ

「キョンくんあたしもオレンジジュースちょうだい!」

 日曜日の昼下がりのことである。
ちょうどコップにオレンジジュースを注いでいるところに妹がやってきた。
部屋着ではなく私服を着ていることから、この後どこかに出掛けるようだ。

「ミヨちゃんの家に行ってくるから、シャミの面倒見ててねー」

 オレンジジュースを勢いよく飲み干し、そう言い残して妹は家を出て行った。
相も変わらず元気なこって。週末の元気は毎週土曜日に使い果たしてしまう俺には、
日曜日というものは安息日であり、その午後ともなれば最も心安らぐ一時であると言っても過言ではない。



2 :名無しさん 2014/04/15(火)23:45:55 ID:mQT4D2JUJ

「君は可愛いにゃー」

 コップを持って部屋に戻ってくると、中から声がする。いつぞやみたいにシャミセンが話し出したのかと思われるが、
あの時以来シャミセンがしゃべっているのをみたことはない。

 つまりは、だ。シャミセン以外の誰かがシャミセンに向かって話しかけているということだ。
……こんなこと誰でも気付くだろうに、俺は一体全体誰に向かって説明しているんだろうね。

「それにしても随分とご機嫌だな」

 ベッドにシャミセンと一緒に寝そべっている佐々木に声をかける。

「それはもう。僕はこう見えて猫派だから」

 こう見えるもなんも初耳だ。



3 :名無しさん 2014/04/15(火)23:48:42 ID:mQT4D2JUJ

「そうだったかい?まぁ、キョンとペットについて語り合ったことはなかったかもしれないね。
いい機会だ、僕が猫派ということを覚えておいてくれ」

「へいへい」

 気のない返事を返し、コップをテーブルの上に置く。佐々木はシャミセンを抱いてベットに座り直し
、俺はベットに持たれかかり、その横に座り込む。その際、シャミセンと目があったが、
それ程嫌がっているわけではなさそうである。まぁ、普段から妹の相手をしているだけがあって、構われるのは慣れている。
ましてや、妹ほど雑に扱われるわけでないから尚更であろう。

「それはそうと。佐々木でも『にゃー』なんて言うんだな」

 先日、偶然にも1年ぶりの再会を果たした俺達ではあるが、中学時代に佐々木がそんな可愛らしい言葉を使っているのには、
ついぞお目にかかったことはない。

「おや、キョンは何か勘違いしてないか?猫と話すときは語尾ににゃーをつけるのが礼儀ってものじゃないか」

 さも当然に言い放つ佐々木。猫派ではそれが当たり前なのであろうか。俺個人としては犬も猫もどちらか一方に傾注することはないので、
そういうことは聞いたことがなかった。



5 :名無しさん 2014/04/15(火)23:49:24 ID:mQT4D2JUJ

「冗談だよ、キョン」

 佐々木が楽しそうにくつくつと咽を鳴らす。そこでようやく俺はからかわられていることに気が付いた。

 やれやれ。

「キョンのそういうところは相変わらずだね」

「佐々木のそういうところも相変わらずだな」

 1年ぶりの再会ではあるが、昨日もあったような感覚。再会するまでの時間など関係ない。
俺と佐々木はそんな関係である。

 佐々木に撫でられ、シャミセンがごろごろと咽を鳴らす。佐々木も笑う際に咽を鳴らす。
妙な共通点がある。いや、ほんとどうでもいい。

「猫はいいよね。こうやって膝の上に乗っているだけで、こんなにも癒やしてくれるんだから」

「そうか?うちの妹の膝の上に乗せられた時は大抵面倒臭そうな顔してるぞ」

 シャミセンからしてみれば随分な迷惑である。その点佐々木の膝の上ならリラックスできて気持ちいいのではないだろうか。



9 :名無しさん 2014/04/15(火)23:51:32 ID:mQT4D2JUJ

キョンも試してみるかい?」

「……遠慮しておく」

「まぁ、そう言わずに」

 やたら楽しそうな佐々木。というか、有無を言わせない。そういのははた迷惑な団長さんだけで十分である。

「ほら、そこに座るんだ」

 指示されるがままベットに腰掛ける。そして、俺の膝の上にぽふっと佐々木が頭を乗せる。
そして、シャミセンは佐々木のほっそりとしたお腹の上に鎮座している。



10 :名無しさん 2014/04/15(火)23:53:17 ID:mQT4D2JUJ

いや、ちょっと待て。お前が猫のほうかよ」

「おや?逆のほうが良かったかい?」

 再び咽を鳴らす。もはや、何も言うまい。

「ほら、キョン。僕を撫でるんだにゃー」

 クールなキャラははるか一万光年先にでも行ってしまったのか。軽く嘆息し、
しょうがないので佐々木の顎から喉を撫でてやる。
 
 佐々木は気持ちいいのか、猫がそうするようにすっと目を細めた。どう表現していいのかわからんが、
今ならなんとなく猫派の気持ちがわかるような気がする。

「にゃー」

 そんなわけで、俺の安らかな日曜日の午後は佐々木を膝に乗せ、撫で続けることで過ぎていくのであった。

 そして、それを帰ってきた妹に発見され、赤っ恥をかいたことを追記しておく。



11 :名無しさん 2014/04/15(火)23:53:30 ID:mQT4D2JUJ

終わり



12 :名無しさん 2014/04/15(火)23:58:15 ID:mQT4D2JUJ

キョン「鍋?」

冬も終わり、桜が咲き始めた今日この頃。気温も高くなり、花粉のことを考えなければ過ごしやすい季節になった。
とはいえ、やはり夜はまだまだ寒く、温かいものを食べたくなる。

「お待たせ」

 炬燵に入り待つこと約30分。ポニテエプロン姿の朝倉が鍋をもって部屋に戻って来た。

 なんのことはない。朝倉に鍋に誘われた。それ以上でもそれ以下でもない。俺を殺そうとしていた人物の家に、
鍋に誘われほいほいついてきたわけではあるのだが、長門が「心配ない」と言っていたので、おそらく大丈夫だろう。

「今日は長門さんがいなくて寂しかったから、キョン君がいてくれて良かった」

 そうにっこりと微笑む朝倉に、思わず見惚れてしまいそうになる。谷口のランク付けでは確かAA+であったか。そのランクに恥じない可憐さである。



14 :名無しさん 2014/04/16(水)00:00:12 ID:uYULMMcqa

「どうかした?」

「いや、なんでもない」

「そう?じゃあ、冷めないうちに食べましょ」

 鍋の蓋を取ると、水蒸気とともにいい香りが辺りを包む。

「今日は水炊きにしてみたの」

 少し……いや、かなり意外であった。いつぞやの長門が構築した世界ではおでんを出してくれたため、
どうも「朝倉=おでん」というイメージを勝手に持っていたようだ。

「あれ?もしかして水炊きって嫌いだったかしら?」

「いや、そんなことない」

 むしろ、鍋の中では個人的に上位に入るものである。あっさりとしているが、
投入する食材によって出汁に風味が増し、食欲をそそる。

「そっか。良かった良かった」

 うふふと笑みを浮かべ、取皿にとりわけてくれる朝倉。それが、ポニーテールとエプロンと相まって旦那の世話を焼く若奥様という印象を受けてしまう。そしてこの場では、旦那となるのは必然的に俺になるわけで……



16 :名無しさん 2014/04/16(水)00:00:45 ID:uYULMMcqa

「どうかした?」

「いや、なんでもない」

 先程と同じやり取り。見惚れてしまったなどと、気恥ずかしくて言えるはずもないので同じように誤魔化してしまう。
それを見透かすかのように朝倉はにんまりと笑っている。顔が熱くなるを隠すように豆腐を口の中に放り込んだ。

「あ、熱っ!」

 そりゃそうだ。さっきまで煮込まれていた豆腐である。火元からは離れているとはいえ、まだまだ熱い。

「大丈夫?」

 朝倉が心配そうに俺の顔を覗き込む。大したことはないが、少々舌を火傷してしまったのか舌先がヒリヒリする。
あぁ、恥の上塗りというかみっともないというか、格好悪くてげんなりしてしまう。

「ほら、お水でも飲んで冷やさないと」

「すまんな」

「別にそれくらい構わないわよー」

 にこにこと笑う朝倉。さっきからずっと朝倉に笑われているような気がする。俺は肩を軽く竦め、食事を再開した。



17 :名無しさん 2014/04/16(水)00:01:46 ID:uYULMMcqa

「お粗末様でした」

 締めのうどんまでしっかりと頂き、満腹感に満たされる。余談ではあるが、どこぞのうどん県では締めはうどん以外認められないそうである。

「そういえば、火傷した舌は大丈夫?」

「ああ。もう痛みはほとんどない」

「ほんとに?」

 ずずいっと朝倉が距離を詰めてくる。肩が触れ合う距離。そこからじっと俺の顔を見つめてくる。

「あーんってしてみて」

 いくらなんでもそれは恥ずかしすぎる。

「いいから。ほらほら」



18 :名無しさん 2014/04/16(水)00:03:59 ID:uYULMMcqa

さらに近くなる距離。頬を朝倉の両手で固定され、顔を背けることが出来ない。それでも、だ。口を開ける事を断固として拒否させてもらう。

「もう、意地っ張りね」

「なんとでも言ってくれ」

 拗ねたように口を尖らせた朝倉ではあるが、何かを思いついたのか、にんまりと笑った。

「しょうがないわねー。そんな強情なキョン君にはお仕置きしないとね」

 そう言うと、俺の頬から手を放し後ろ手に何かを取り出そうした。フラッシュバックするのはいつぞやの教室での出来事。
俺は、反射的に目を閉じてしまった。

 唇に柔らかい感触。

「これで消毒できたかな?」

 目を開けると間近に朝倉の顔。
 脳みそが何が起こったのか徐々に理解していく。悪戯な笑みの朝倉に、どうも俺はさらなる火傷を負わされてしまったようだ。



19 :名無しさん 2014/04/16(水)00:04:10 ID:uYULMMcqa

終わり



転載元
キョン「日曜日の午後?」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1397573070/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月16日 16:17
      • なるほど続きがあったのか!


        さて、どのサイトがパクるかな?
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月16日 17:44
      • ※1 パクる? なにを?
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月16日 19:09
      • だから続きはよ
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月16日 19:49
      • 長門!長門はまだか!
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月16日 20:02
      • やっぱ朝倉ネキがサイコーやねんな
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月17日 07:21
      • ん?
        だから言ったじゃないか
        これはいいものだって
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月17日 07:57
      • 短い!短いよ!
        佐々木分が足りない!
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月17日 11:48
      • 続きはどこだ?
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年02月17日 14:17
      • もっと佐々木成分を!!

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務