TOP

イーブイ「大好きだよマスター、ずっと」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 03:19:55.79 ID:xehaeOfOo

「このポケモンはいまいちだね…戦いにはあまり向かないかも」

気がつくと僕は一人の人間に抱えられていた
その男性は苦笑いをしながらそう言った

すると目の前の別の人間が舌打ちをしながら忌々しそうに僕を受け取った

「この出来損ないが」

それが人間から初めてかけられた言葉

物心ついた時の僕の最初の記憶だ




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 03:26:39.73 ID:xehaeOfOo

その人間は僕をどこかの施設へ預けた

ここはソダテヤという場所らしい

ソダテヤにはお母さんがいた

お母さんはいつも寂しそうに笑っていた

周りのポケモン達もまた寂しそうな顔をしていた

彼らのそんな姿を見るとなぜだか僕まで悲しい気持ちになった

なぜ彼らがそんな顔をしているのか
それを理解するには僕はあまりに幼すぎた



3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 03:34:30.44 ID:xehaeOfOo

ソダテヤは忙しい場所だった

トレーナーたちがせわしなくやってきてはポケモンを預け、またどこかへ消えていく

彼らがいつもタマゴを抱えているのはなぜなのだろう?
連れて行かれた子たちはどこへ行くのだろう?

お母さんに尋ねてみるとあれはポケモンのタマゴだという

そしてポケモン達はいつの日かマスターと共に外の世界へ冒険に行くのだという

「僕もいつかマスターと出会えるかな?」

そう聞くとお母さんはまた寂しそうに笑った

いつの日かきっと出会える

あの頃の僕は無邪気にそれを信じていた



4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 03:41:15.07 ID:xehaeOfOo

「お前は現実を知らないんだ」と他のポケモンたちに言われた

無邪気にはしゃぐ僕に対してポケモンたちはいつも悲しそにそう告げた

時には暴力を振るってくるポケモンまでいた

「ニンゲンはいつも勝手だ」と彼らは言った

そんな彼らに対して僕は自分の考えを曲げることはなかった

いつの日かマスターに会える

外の世界へ一緒に旅に出るんだ!

そんなある日ソダテヤのおじさんが僕を呼んだ

「イーブイ君、君のトレーナーがやってきたよ」



5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 03:53:58.76 ID:xehaeOfOo

そこにいたトレーナーはどこか疲れているようにみえた

けれどこれで僕もマスターと出会うことができた

そのことが僕には何よりも嬉しかった

その人は僕を連れて外へでた

初めての外の世界

これでマスターと旅ができる

マスターから愛してもらえるんだ!

「ガブリアス、かみくだけ」

グサッ




6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 04:00:53.94 ID:xehaeOfOo

…え?マスター…?

なんで僕を攻撃してるの…?

しょぼい経験値だ、とその人は吐き捨てるように言った

ケイケンチ?何それ…?

僕を外の世界へ連れて行ってくれるんじゃないの…?
マスターと一緒に旅ができるんじゃなかったの…?

マスターが愛してくれるんじゃないの…

「まだ生きてるか、止めをさしてやれガブリアス」

ガブリアスノドラゴンクロー

イーブイハタオレタ



7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 04:08:21.14 ID:xehaeOfOo

目が覚めるとお母さんがそばにいた

ぼろぼろになったぼくのからだを抱きながら泣いていた

お母さんは泣きながらゴメンネと何度も何度も謝った

弱いお母さんでごめんね…

強いポケモンに生んであげられなくてごめんね…

そうしてお母さんは川へ身を投げた

ぼくを抱えて身を投げた



8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 04:12:58.92 ID:xehaeOfOo

ボクは弱いポケモンなんだ

ボクはダメなポケモンなんだ

だから人間に愛してもらえないんだ

もう何もかもがどうでもいい


ニンゲンはキライだ

ソダテヤはキライだ

トレーナーはキライだ

そして…こんな出来損ないの自分がキライだ




9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 04:23:26.33 ID:xehaeOfOo

川の水が冷たい

シトシトと雨が降る中、お母さんは僕を抱えて川へ身を投げた

ザブンと川底へボクタチは沈んでいく

冬の寒風は吹き荒び、川の水はゴウゴウと音を立てて流れていく

川の水は身を切るように冷たかった

とっても暗く…どこまでも暗かった

寒い…こわい…

でも今度はお母さんも一緒だ

それなら死ぬのも怖くない

そして僕は…そのまま息を……



10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 04:28:32.46 ID:xehaeOfOo

その時帽子をかぶった一人の少年が川へ飛び込んだ


少年は必死にもがきながらも僕の体を包み込んだ


凍てつくような寒さの中でその人の手だけは暖かかった


今まで感じたことのない暖かさだった


そうして…ボクたちは…



11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 04:33:02.72 ID:xehaeOfOo

目を覚ますとポケモンセンターの中にいた

女の人は少年に対して元気になりましたよと言った

少年は嬉しそうに微笑んだ

「もう大丈夫だよ、おいでイーブイ」

そうして少年は僕に対して手を差し出した

僕はその手を…



12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 04:42:53.86 ID:xehaeOfOo

思い切り噛み付いた

少年は痛そうにうめいて、とても驚いた顔をした


なぜボクを助けた

なぜボクを生かした

ボクは死にたかったのになぜ生かしたんだ!

歯が深々と少年の手のひらに食い込む


どうせお前もタマゴが目的なんだろう

ポケモンを道具としか思ってないんだろう!

ポケモンにも感情があるだなんて思ってもないんだろう!!!

僕は噛み付いた

噛み付きながらボロボロと涙をこぼした



13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 04:56:22.78 ID:xehaeOfOo

その人は何も言わなかった

ただそっと頭を撫でてくれた

それが僕にはたまらなくうっとおしく…少しだけ心が安らいだ

僕はボロボロと泣いた

少年はその間ずっと頭を撫でてくれた

撫でながらずっと

「ごめんね…ごめんね…」と謝ってくれた

出来損ないと呼ばれたポケモンのために…この人は一緒に泣いてくれたのだ


僕はその日一晩中泣き続けた

少年は一晩中僕を抱きしめていてくれた

ニンゲンはキライだ

トレーナーはもっとキライだ

でもこの人のことは…少し好きになれそうだった



14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 05:05:48.72 ID:xehaeOfOo

こうして僕はマスターと出会った

マスターは優しくて、とても暖かい人だった

真っ暗だった僕の世界に光を運んでくれた

僕にとってマスターはそんな大切な人だ


ある日マスターは僕をサロンへと連れて行ってくれた

ボロボロだった毛並みもツヤツヤと綺麗になった

「女の子なんだから綺麗にしないとね」とマスターは言ってくれた

僕にはそれが嬉しく、少し照れくさかった



15 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 05:13:28.72 ID:xehaeOfOo

朝起きたらマスターの顔をしっぽでなでる

するとマスターはくすぐったそうに身悶えをする

マスターのそんな動作の一つ一つが愛おしい

「おはようイーブイ」そう言って目覚めたマスターは私の頭を撫でてくれる

これがボクたちの朝の日課だ

そうして一緒に朝ごはんを食べ身支度を整える

こうしてまた一日が始まる

そんな当たり前の幸せをかみしめる



16 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 05:24:26.13 ID:xehaeOfOo

マスターと一緒に森のこかげを散歩する

まぶしい朝日が僕達を照らし出す

森が黄金色に輝いている

川がざぁざぁと流れている

僕には今まで無縁だった輝かしい世界

マスターと出会うまで気づくこともなかった美しい世界

そっとマスターに体をすり寄せる

するとマスターはそっと撫で返してくれる

こんな瞬間がたまらなく幸せだ



17 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 05:30:40.88 ID:xehaeOfOo

「イーブイ、アイアンテールだ」

ドサッ!

「そんな…私のポケモンが……」

僕達はいくつものジムを回った

道中何人ものトレーナー達と戦ってきた

僕が出てくるとたいていのトレーナー達は驚いた顔をした

中にはあざ笑う人までいるくらいだ

…もちろんすべて返り討ちにしてきたが



18 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 05:44:37.79 ID:xehaeOfOo

「そんな…嘘でしょ…」

女の人が呆然とした顔で座り込んでいる

彼女のブラッキーはとても強かった

けれど勝負には僕が勝った

「どうして…たかがイーブイに負けるだなんて……」

「それは違う」

とマスターは強く否定した

強いポケモン

弱いポケモン

そんなのは人の勝手

本当に強いトレーナーなら自分の好きなポケモンで勝てるように努力するべきだ

それがトレーナーの役目でありポケモンとの絆の証だ

そういってマスターは僕をなでた



19 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 05:48:08.19 ID:xehaeOfOo

それが僕にはたまらなく嬉しく、誇らしかった

弱いポケモンだと言われた僕でも

この人と一緒になら強くなれる

そう思うと力が湧いてくる

僕は嬉しくて思わずマスターに駆け寄り体をすり寄せた

するとその女性は驚いた顔をしながらも

素敵な言葉ね、いつか使わせてもらうわと言った

彼女のブラッキーは今でも元気にしているだろうか?



20 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 06:01:30.57 ID:xehaeOfOo

マスターはいつも僕にプレゼントをしてくれる

「食べてごらんイーブイ」

これは何だろう?

「ポフレっていう遠い地方のお菓子だよ」

おいしいかい、とマスターは私を撫でながら尋ねてくる

今まで食べたことがない味だ…けれどとってもおいしい

僕はたまらずおかわりを要求した

「それじゃこれをどうぞ」

するとマスターは赤いポフレを差し出した

たまらずそのポフレに噛み付くと…

「~~~っ!?ーー~~っ!」

「あははそのポフレは炎ポケモン用だよ」

…マスターは時々いじわるだ



21 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 06:07:09.80 ID:xehaeOfOo

「このイーブイは進化させないのかい?」

と何人もの人々に尋ねられた

その度にマスターは

「この子が進化したがらないんです」

と笑って首を振った

確かに進化すれば僕はもっと強くなれるだろう

けれど僕は進化したくはなかった



22 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 06:15:37.68 ID:xehaeOfOo

僕は弱いからニンゲンに捨てられた

そのことで一時はセカイを恨んだ、けれど

僕が弱いからこそマスターと出会えた

そのことを神様に感謝したい

イーブイである僕を救ってくれたマスターと一緒に

この姿のまま旅がしたいんだ

だから…できるならこの姿のまま…

「なみのりが必要か…どうしようかな?」

…シャワーズもいいかもしれないな



23 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 06:23:10.51 ID:xehaeOfOo

「こっちがサンダース、こっちがブースターよ」

女性のトレーナが懐からモンスターボールを取り出しさっとポケモンを出した

この女性はさっきポケモンセンターで知り合った女性だ

イーブイを連れたトレーナーは珍しいらしく出会い頭に思い切り抱きつかれた

まさか一時間もモフモフされるとは思わなかった…

「どっちもあなたの進化系ね、ほら二人共あいさつしなさい」

そう言ってサンダースとブースターを僕の方へ連れてきた

…マスターと楽しそうに談笑しているのが少し気に食わない



24 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 06:30:49.40 ID:xehaeOfOo

サンダースとブースター、どちらも僕の進化先ポケモンだ

この二匹は相当鍛えているみたいだ

二匹共とても凛々しくみるからにかっこよかった

「とても可愛いポケモンですね」

「えぇかわいくってとても強いんですよ!あなたも進化させてはどうですか?」

むむ…気にいらない人だ…

僕だって実際に戦えば負けてはいない…はず

でもマスターならきっと…!

「このブースターもふもふしててかわいいなー!」

…ムカついたから足に噛み付いてやった



25 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 06:41:13.59 ID:xehaeOfOo

ポケモンバトルは絆の証明

ただ強いポケモンを使えばいいというものではない

ただ強い技を覚えさればいいというものでもない

弱いポケモンなんかこの世には存在しないんだ

マスターは僕を馬鹿にしたトレーナーに対していつもそう言った

そのことが僕にはとても誇らしかった

この人と一緒にならどこまでも行ける

僕はそんなマスターのことが…



26 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 06:42:35.70 ID:xehaeOfOo

ある朝、またいつもの日課をした

マスターの顔をさわさわとしっぽでなでる

マスターの事が愛おしくてたまらない

この人に出会えてよかった

この人のポケモンになれて本当に幸せだ

マスターへの思いが溢れんばかりに心に広がった

すると…僕の体が急に光輝いた


僕はエーフィに進化した




27 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 06:45:43.78 ID:xehaeOfOo

最初に思ったことは驚きと戸惑い

…それに恐怖だ

僕はイーブイではなくなった

もうあのふさふさのしっぽはない

体だって大きくなってしまった

マスターはイーブイである僕を好きでいてくれた

なら今の僕は?マスターに嫌われるのでは…?

この時の僕は泣きそうになっていた

慌てて身を隠そうとするとマスターが目を覚ました

あぁ…もうおしまいだ……



28 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 06:50:54.16 ID:xehaeOfOo

僕を見るとマスターはとても驚いた顔をした

けれどマスターはいつもと変わらぬ様子で微笑んでくれた

「そうか、進化したんだねイーブイ」

マスターはそう言うと頭を撫でてくれた

いつもと変わらない、マスターの手のぬくもり

「おめでとうイーブイ、進化した君もかわいいよ」

僕はまた涙を流してしまった

今度はあの時のような冷たい涙ではなく…暖かい涙だった

僕は…いや、私はこの人に一生ついていこう

改めてそう心に誓った



29 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 06:53:12.96 ID:xehaeOfOo

マスターと私は順調に旅を続けた

仲間もたくさんできた

バッジもすべて集めた

とても幸せな毎日

すべてが順調に思えた



あの一通の手紙が来るまでは



30 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 07:09:05.63 ID:xehaeOfOo

山に現れたあるポケモンを退治して欲しい

手紙にはそう書かれてあった

その手紙によるとそのポケモンは恐ろしい程に強く並のトレーナーでは歯が立たないらしい

「危険な仕事だがチャンピオンの君なら大丈夫だろう」

と前任のチャンピオンが笑いながら言った

そうして私たちはシロガネ山へと向かった


向かってしまった



31 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 07:18:08.83 ID:xehaeOfOo

その場所にはミュウツーがいた

かつてハナダの洞窟で私たちが退治し損ねたポケモン

最凶にして最悪の人造ポケモン

かつて自分を負かしたマスターに対して復讐をしようとここで力を蓄えていたらしい

あの時はマスターの慈悲でミュウツーは逃がされた

傷ついたミュウツーに対してマスターは改心を求めた

むやみに人間を憎むのはやめてほしいと

ポケモンと人間はきっと分かり合えるはずだと


ミュウツーはそれを詭弁だと嘲笑った



32 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 07:26:17.42 ID:xehaeOfOo

ミュウツーは恨んでいた

意味もなく自分を生んだ人間に対して

憎しみばかりを与えたセカイに対して

私には彼の気持ちがよくわかった

かつては私自身も人間を、セカイを恨んでいた

だからこそ彼の憎しみは痛いほどよくわかった

けれど私はマスターと出会うことで変われた

ならばここで彼を倒せば理解させてやることができるかもしれない

それにここでひくわけにはいかない

ここでひいては多くの人間が傷ついてしまう


戦いは三日三晩続いた



33 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 07:36:02.06 ID:xehaeOfOo

決着はあっさりと着いた

戦いの最中に足を滑らせた私をマスターがかばったのだ

そしてミュウツーの攻撃をまともに受けてしまった

そのままマスターの意識は途切れた

もう仲間は誰も残っていなかった

リザードンもフシギバナもピカチュウも

カビゴンもカメックスもみんなやられてしまった

「この男を操り私は復讐をする」

ミュウツーはそう私に告げた

そうして拳を私に向けて振り下ろした




34 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 07:40:42.76 ID:xehaeOfOo

マスターのポケモンたちは皆ミュウツーに操られてしまった

エスパータイプである私だけが唯一ミュウツーの洗脳から逃れられたようだ

私は最後の力を振り絞り山頂にバリアを張った

これでしばらくはもつだろう

そうして私は意識を失った

私が覚えているのはここまで全てだ



35 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 07:49:17.72 ID:xehaeOfOo

これで私の話はおしまい

今私はシロガネ山の川にいる

私たちはミュウツーを止めることができなかった

そして私はマスターを守ることができなかった

私はもうこれ以上見ていたくはない

ニンゲンを憎しむミュウツーの姿も

苦しむマスターの顔も

チャプンと水が音を立てる

足が水先まで浸かっている

シロガネ山の水はあの時と同じくらい冷たかった



36 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 08:00:04.75 ID:xehaeOfOo

凍てつくような水の冷たさが私の生命を奪っていく

あの時と同じ状況

私がお母さんと身を投げたあの日も同じような日だったな

あの時と違うのはもう助けてくれる人はいないということだろう

けれど私は満足だ

あの人と積み上げてきた思い出の数々

それさえあれば私はもう思い残すことはない



37 : ◆tENTRxALbs 2014/08/13(水) 08:04:58.17 ID:xehaeOfOo

凍てつくような水の冷たさが私の生命を奪っていく

もう意識までぼんやりとしてきた

これで…ようやくお母さんに会え…

…スタ…きに逝きま…

……きだよマス……ずっと………


シロガネ山では今日も寒風が吹き荒ぶ

その場所では少年が無言で立ち尽くしているという

まるで誰か自分を止められるトレーナーを待ち望んでいるかのように



ーーーENDーーー





転載元
イーブイ「大好きだよマスター、ずっと」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407867585/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 13:27
      • はい、マスターボール
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 13:27
      • や め ろ
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 13:35
      • 孫悟空「オラわくわくすっぞ」

        ミュウツー「誰だ貴様」
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 13:37
      • ゴールド「止めに来たよ。レッドさん」
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 13:37
      • ゴールドー早く来てくれー!
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 13:38
      • It's me! 。
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 13:38
      • エーフィがでるまでトレーナーはサトシかと思ってたがレッドさんだったか。
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 13:41
      • 昔は強かったよね
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 13:43
      • ※1お前…

        そういやポケスペのイーブイって進化自由に出来たっけ?
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 13:46
      • うわあああ!!
        鬱だ鬱だ鬱だあああ!!
      • 11. ふみちゃん
      • 2014年08月13日 13:52
      • 5 こばやしあおと こばやしせな この二人はインチキをしています 日本中のみんなで監視をしませんか 場所は愛知県安城市東町 学校は桜井小学校 こばやしあおとは5年生 こばやしせなは3年生です よろしくお願いします
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 13:59
      • HGSSでイーブイいなかった理由がこれか…

        ただ前チャンピオンはグリーンだけどな
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 14:03
      • ※12
        エーフィの中ではグリーンはチャンピオン認定されてないんじゃない?
        多分何度も倒しているし
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 15:04
      • 今日も7番道路を走る
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 15:21
      • ※9
        エーフィになった後は出来なくなってるよ
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 15:32
      • でもHGSSじゃ、レッドの手持ちにエーフィいないよな...
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 16:00
      • 5 エーフィはミュウツーを止められなかったし、洗脳されてなかったから手持ちには入ってないんじゃないの?
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 16:19
      • 鬱々だったけどよかった
        どうでももいけどイーブイが強かったことなんてあったの?
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 16:52
      • イーブイには悲劇がよく似合う
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 16:53
      • ああ、シロガネヤマのレッドだったのか
        たしかタヒんでた説もあったよな
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 17:00
      • 適応力からの一致技はなかなか痛い
      • 22. 舛添リコールデモ、次は24日!
      • 2014年08月13日 17:52
      • 5 舛添リコールデモ、次は24日!
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 18:00
      • 5 クリスタルのレッドは強かったなぁ…
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 18:27
      • やっぱりガブはろくでもない奴フリャ
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 19:18
      • 米乱みて久々に夏だなと感じる今日この頃 Vsパは基本やろ レタス…ごめんよ…枠がないんや…
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 19:22
      • イーブイはしゃべらんだろ
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 19:30
      • 洗脳されて駒になるよりは、マスターとの思い出を抱きながら逝ったエーフィは幸せだったのかな・・・
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 20:09
      • ※18
        イーブイのシャドーボールは正直出されたらマジでビビる
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 20:16
      • 5 最近、こういう厳選ネタのSS多いな…。
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 20:49
      • ポケモンSSはシロガネ山で全滅して終わりってのが多いな
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月13日 21:18
      • エーフィがいない理由づけにはなるけど
        穴埋めのラプラスはどっから湧いてきたんだよ
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月14日 05:39
      • レッドが主人公だとハッピーエンドにはならないのか
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月14日 20:05
      • BAD ENDかよぉ……
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月15日 16:20
      • ゴールドがエーフィ抱き上げてレッドに向かっていく所まで読んだ
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月16日 21:04
      • エーフィがレッドの自我を復活させる所まで読んだ
      • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月17日 00:45
      • ※27
        少なくとも、不幸ではなかっただろうな

        途中までいつ、マスターが心変わりするかハラハラしてたけど
        いいマスターだったんだなあ
      • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月17日 17:06
      • ※31シルフカンパニーで貰ったやつを
        手持ちに入れたんじゃない?
      • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年02月05日 08:04
      • 強いポケモンを使えば言い訳じゃない、強い技を使えばいいわけじゃないのは理解できるけどメガスピアーの特殊技オンリーでメガガルと1on1で戦って勝つのは無理だよね

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務