TOP

海未「好きです!」 穂乃果「ごめんなさい……」

2: ◆S54RkZf7aI:2014/06/27(金) 12:51:34.43 ID:Md6TLgy20

海未「好きです!」

穂乃果「ごめんなさい……」

私の恋はこれで終わった。

穂乃果「ことりちゃんのことが好きなの……」

海未「えぇ、穂乃果頑張ってくださいね」ニコッ

わかっていたことだった。恋慕の情をことりに抱いていることは。


穂乃果「ごめんね……」

海未「いえ、気にしてないで……下さい」

この告白は半ば自分の気持ちの整理だった。



3: ◆S54RkZf7aI:2014/06/27(金) 12:53:50.40 ID:Md6TLgy20

海未「それでは、私は帰りますね」

立ち上がり、家に帰ろうとすると呼び止められた。

穂乃果「海未ちゃん!」

海未「はい?」

穂乃果「また、明日ね!」

海未「……そうですね」

自分の気持ちに手を振った。新しい幸せを探しに行こう。

もう、縛られる必要はないのだから。



4: ◆S54RkZf7aI:2014/06/27(金) 12:58:23.14 ID:Md6TLgy20

朝、弓道部に赴くことにした。

海未「久しぶりですね」

スクールアイドルを始めてから、あまり来ることはなかった。

ここは、集中の出来るいい場所だ。

海未「私はどうしましょうか」

行き場が無くなったわけではない。

気まずいわけでもないのだが……


海未「昼休みは音楽室にでも行きましょうか」

昼の予定でものんびり決めることにした。



5: ◆S54RkZf7aI:2014/06/27(金) 13:01:42.68 ID:Md6TLgy20

鐘がなる。穂乃果は寝ているし、それをことりは起こしている。

今なら居なくてもいいだろう。

音を立てずに私は教室を出た。

海未「音楽室……から音が?」

ガラッ

真姫「珍しいわね、どうしたの?」

海未「えーっと……幸せ探しですかね?」

真姫「何それ、意味わかんないんだけど」クス

海未「そうかもしれませんね……」フフ



6: ◆S54RkZf7aI:2014/06/27(金) 13:09:06.36 ID:Md6TLgy20

何時ぶりだろう。穂乃果とことりが居ない昼休みは。

海未「真姫の作る曲、とても好きですよ」

真姫「なんか気障ったらしいわよ?」

海未「そういう感じなので申し訳ないですね」

真姫「聞きたくなったらいつでも来ればいいわ」

海未「そうさせてもらいます」

海未「それでは」

ガラッ

真姫「……なんかあったのかしらね」



7: ◆S54RkZf7aI:2014/06/27(金) 13:14:50.56 ID:Md6TLgy20

――――――放課後――――――

穂乃果「あ、海未ちゃーん、一緒にストレッチを……」


海未「絵里、柔軟手伝っていただけますか?」

絵里「いいわよ」



ことり「穂乃果ちゃん、一緒にしよ?」

穂乃果「わかったよことりちゃん!」

ことり「何かあったの?」ヒソヒソ

穂乃果「ううん、なんでもないよ」ヒソヒソ


海未「やっぱり絵里の体は柔らかいですね」

絵里「ダンスに柔軟性は必要だからね」

海未「私ももう少し高めないといけませんね」

絵里「ストイックなのはいいけど無理しないでね」

海未「わかっていますよ」



8: ◆S54RkZf7aI:2014/06/27(金) 13:18:47.49 ID:Md6TLgy20

――――――練習後――――――

穂乃果「海未ちゃーん! 一緒に……」


海未「凛、花陽! 一緒にラーメンでも食べに行きませんか?」

凛「ラーメン食べたいにゃー!」

花陽「えぇっ!? 海未ちゃんが誘ってくるなんて珍しい……」

海未「あはは、私が奢りますから行きましょう?」

凛「ありがとう海未ちゃん!」

花陽「悪いよー海未ちゃん」

海未「誘ったのは私ですからね」ニコニコ

凛「海未ちゃん、かよちんいこーっ!」

海未「美味しい場所案内して下さいね」


穂乃果「ことりちゃん帰ろっか」

ことり「う、うんそうだね!」



9: ◆S54RkZf7aI:2014/06/27(金) 13:25:36.90 ID:Md6TLgy20

――――――――――――

穂乃果「ねぇ、ことりちゃん」

ことり「海未ちゃんのこと?」

穂乃果「今日避けられてたような気がする……」

ことり「うん……昨日何かあった?」

穂乃果「告白されて、ことりちゃんが好きだって断った……」

ことり「そうだったんだ……私も穂乃果ちゃんが好き」

穂乃果「あわわわわっ///」

ことり「一緒に解決策探そっか♪」

穂乃果「うんっ!」


ことりちゃんと結ばれて幸せになったのに……

海未ちゃんとは一週間の間、距離が縮まることはなかった。

……贅沢なのかなやっぱり。断ったのに友達で居て欲しいなんて。



10: ◆S54RkZf7aI:2014/06/27(金) 13:29:08.40 ID:Md6TLgy20

――――――教室――――――

海未「…………」ピラッ


穂乃果「近づくなオーラが出てるんですが……」

ことり「話しかけてみるね……」

今日も一緒に登校していない。

ことり「海未ちゃん!」

海未「……なんですか」ピラッ


見ている小説から目を外してもくれない。


ことり「怒ってるの……?」

海未「……? なんのことですか?」

本当に気づいていないみたい。

ことり「邪魔してごめんね」

海未「……」ピラッ


ことり「なんか手強く……なってるよ……?」

穂乃果「むむむ……」



12: ◆S54RkZf7aI:2014/06/27(金) 13:33:16.28 ID:Md6TLgy20

――――――昼休み――――――

穂乃果「よしっ! 正攻法だ!」

穂乃果「海未ちゃーん!」

海未「……なんですか?」

穂乃果「今日は一緒に昼ごはんを……」

海未「すいません、今日はにこと食べる約束があるので……」

穂乃果「あ……」

海未「失礼します」

ことり「ねぇ、海未ちゃん私たちのこと嫌いになっちゃった……?」

海未「……そんなことはないですよ? ただ――――」


海未「――――約束のほうが大事なだけですよ、それだけです」



24: ◆S54RkZf7aI:2014/06/28(土) 04:26:59.89 ID:SeqwZUty0

海未「他に話すことは有りますか?」

穂乃果「いや……」

ことり「ない……かな」

海未「それではすいません。にこを待たせては申し訳ないので」

ピシャッ


穂乃果「約束ならしょうがないよね……」

ことり「うん……約束だもんね……」

穂乃果「今日も二人で食べよ……」

ことり「そうだね……」


ことりちゃんと一緒で幸せのはずなのに、寂しくなった。



25: ◆S54RkZf7aI:2014/06/28(土) 04:31:07.83 ID:SeqwZUty0

海未「さて、にこは屋上ですね」

ガチャ

にこ「にっこにっこにー!」

海未「すいません、待たせてしまいましたね」

にこ「そんなに待ってないから安心しなさい」

海未「まずはお弁当でも…………凄いですね……」

にこの料理の技術はとても高い。

栄養のバランスがしっかりと考えられている。

そしてなにより……

海未「美味しいですね……」

にこ「あったりまえでしょー? このにこちゃんが作ってるんだから!」

海未「あー……今度教えてもらってもいいですか?」

にこ「授業料、高いわよ?」ニコ

海未「ど、どれくらいですか……?」

にこ「うーん、今度考えておくにこっ☆」

海未「あんまり高かったらダメですからね」フフ



26: ◆S54RkZf7aI:2014/06/28(土) 04:34:40.04 ID:SeqwZUty0

とても有意義な時間だ。

軽口を叩き合うのも意外に面白い。

にこはその点ではうってつけで、空気も読める。

海未「にこは将来いいお嫁さんになれますね」ニコニコ

にこ「ばばばば、馬鹿言ってんじゃないわよ!」

海未「顔、真っ赤ですよ」ニヤニヤ

にこ「くーっ、後輩にやられるなんて……」

海未「先輩禁止なので咎めないで下さいね」アハハ

にこ「む~そうだ!」

にこ「今度レシピ教えるからにこより美味しい料理作ってね!」

海未「それが授業料ですね、わかりました」

にこ「ふっふーん、にこちゃんの舌を唸らせなさいよ?」



27: ◆S54RkZf7aI:2014/06/28(土) 04:39:34.07 ID:SeqwZUty0

楽しい時間は終りを迎える。

仕方のない事だ。

にこ「あ、鐘が鳴っちゃったわね」

海未「それでは、また放課後に」


海未「……さて」

読みかけの小説を手に取り、教室に戻る。

自分の座る席まで、何も障害はない。

はずだった。

海未「穂乃果、そこは私の席です。どいてくれませんか?」

穂乃果「海未ちゃんが機嫌直してくれるまでやだ」

海未「はぁ……小学生ですか貴女は……」



28: ◆S54RkZf7aI:2014/06/28(土) 04:42:58.87 ID:SeqwZUty0

海未「私は別に怒ってませんが……」

ことり「海未ちゃん、いつもの海未ちゃんとぜんぜん違うよ……」

私が……違う?

海未「そう感じるならそうなのかもしれませんね」

海未「人は日々成長をするのです、昨日の自分より変わっていれば素晴らしいことですよ、ことり」

ことり「……」

海未「穂乃果、どけて下さい」

穂乃果「……」

海未「……強情ですね。別に構いませんが」

ドスッ

穂乃果「えっ……?」

ことり「あっ……」


海未「私が穂乃果の席で授業を受ければいいだけですから」



29: ◆S54RkZf7aI:2014/06/28(土) 04:46:37.62 ID:SeqwZUty0

ページをめくる。

小説は良い。歌詞を作るのにも最適だ。

恨めしそうな視線を二つ感じるが、別になんてことはない。

どちらかが行き過ぎれば、どちらかが止めるだろう。

あの留学の時のように。


二人は好きあっている、嫉妬もする意味もない。

未練なんて抱いても仕方ない。すっぱり諦めただけの話。

だって二人の空間に。

私はきっと必要ない。



30: ◆S54RkZf7aI:2014/06/28(土) 05:11:57.60 ID:SeqwZUty0

「高坂ー!」

「園田ー!」

「お前ら席が違うだろー!」

海未「申し訳ありません、今戻ります」

穂乃果「ごめん……」

海未「気にしてないですよ」

穂乃果「うん……」

海未「もうやめて下さいね?」



31: ◆S54RkZf7aI:2014/06/28(土) 05:23:07.56 ID:SeqwZUty0

穂乃果が私を気にしている。

ことりも私を気にしている。

必要ないはずの私を……? どうしてですか? 理由がわかりません。

思い当たる節が全くないというのも、難儀なものですね。

私はなにか変わってしまったのでしょうか。

ただ、新しい幸せを探しているだけですよ、二人とも。

二人で幸せになって下さい。私は……もう追うことをしませんから。



44: ◆S54RkZf7aI:2014/06/28(土) 12:24:36.78 ID:SeqwZUty0

――――――放課後――――――

ガラッ

穂乃果「海未ちゃ……」

ことり「足早に出て行っちゃった……」

穂乃果「さっきのこと……」

ことり「気にしてないって言ってたし、大丈夫だよきっと」

穂乃果「穂乃果が悪いのかな……」

ことり「……ううん、海未ちゃん本当に怒ってないんだよ」

ことり「最近……海未ちゃんの笑顔見てないね……」

穂乃果「そうだね……」



45: ◆S54RkZf7aI:2014/06/28(土) 12:27:30.25 ID:SeqwZUty0

――――――屋上――――――

にこ「だからー! 違うって!」

海未「で、出来ません!」

にこ「にっこにっこにー! が私の決めポーズ! はい海未ちゃん!」

海未「ら……ラブ……」

にこ「きーこーえーなーい!」

海未「ラブアローシュート! ばぁん☆」


穂乃果「」
ことり「」


にこ「まぁまぁね」

海未「ご指導ありがとうございます」


ことり「海未ちゃん壊れた?」ヒソヒソ
穂乃果「人前で初めてみたよ」ヒソヒソ



46: ◆S54RkZf7aI:2014/06/28(土) 12:30:55.19 ID:SeqwZUty0

絵里「はいはい、遊びはそこまでー!」

にこ「遊んでないわよ!」

海未「遊びじゃありません!」

絵里「えっ」

花陽「アイドルに目覚めた海未ちゃん……!」

凛「可愛かったにゃー!」

真姫「ネジでも外れてるのかしらね」ボソ

希「はーいはい、練習やよー!」

絵里「今日はトリオで練習するわよ!」

8人「はーい」



47: ◆S54RkZf7aI:2014/06/28(土) 12:42:35.58 ID:SeqwZUty0

BIBI

絵里「ところでさっき海未が壊れてたけどどうしたの?」

にこ「急にアイドルに目覚めたいって言ったからね」

にこ「にこちゃんの魅力に気づいちゃったかなー!」

真姫「そんなわけでないでしょうに」

にこ「ひどっ!」

絵里「でも、最近皆と絡むようになったのね」

真姫「音楽室まで押しかけてくるんだけど」

にこ「今度はお料理教えてあげないと」

絵里「いいことなんじゃない? あの子、視野が広くなったというか」

真姫「前はそこまで話す機会がなかったからね」



48: ◆S54RkZf7aI:2014/06/28(土) 12:49:59.38 ID:SeqwZUty0

lily white

海未「希、今度焼き肉でも食べませんか?」

希「海未ちゃんから誘われるなんて珍しいなぁ」

凛「凛も行きたいにゃー!」

海未「いいですよ、凛も行きましょうか」ニコッ

凛「えっ、いいの?」

海未「ユニット間での友好も必要ですからね」

希「ウチの焼き肉奉行っぷりを見せてあげるよー?」

アハハハハキャッキャッ



49: ◆S54RkZf7aI:2014/06/28(土) 12:53:41.51 ID:SeqwZUty0

Printemps

穂乃果「はぁ……」

ことり「はぁ……」

花陽「どうしたの、二人ともぉ……」

穂乃果「最近海未ちゃんが冷たくて……」

ことり「笑ってる所をあんまり見てなくて……」

花陽(あれ? この前ラーメンを食べに行った時、爆笑していたような……)

アハハハハキャッキャッ

穂乃果「海未ちゃん笑ってる……」

ことり「楽しそうだね……」

花陽(空気が重い……)



50: ◆S54RkZf7aI:2014/06/28(土) 13:01:23.50 ID:SeqwZUty0

lily white

海未「そういえば希にお願いなんですが」

希「うーん?」

海未「私ってどこか変わりました?」

希「んー明るくなった?」

凛「凛たちと一緒に行動するようになったにゃ!」

海未「今までが疎かにしすぎだったんですよ」

海未「上も下も居るのですからもったいなかったです」ニコッ

希(ん?)

凛「だから凛たちと一緒にいる時間が長いんだね!」

希「……穂乃果ちゃんたちとは遊んでるん?」

海未「いえ、そういえば遊んでなかったですね」

希(なるほど)チラッ

海未「いつでも遊べますし、私が居なくても変わらないですよ?」ニコニコ

希(そうは見えないんやけどなぁ……)



51: ◆S54RkZf7aI:2014/06/28(土) 13:04:05.66 ID:SeqwZUty0

Printemps

花陽「皆元気だして!」

穂乃果「悩んでても仕方ないよねっ!」

ことり「うんっ♪」

花陽「私がちょっと調べてみるから……」チラッ

花陽(あ、希ちゃんと目があった!)

穂乃果「ごめんね花陽ちゃん」

ことり「今度何かお礼するねっ」

花陽「二人が元気をだしてくれたら花陽は満足です!」

穂乃果「よーっし! 頑張るよ!」



58: ◆S54RkZf7aI:2014/06/29(日) 02:23:45.76 ID:hhKkcyD30

最近とても楽しいです。

もっと周りを見ていれば良かった。

後悔しても仕方ないですし、これからを楽しみましょう。

希や凛と焼き肉ですね。

lily whiteで良かったです。



59: ◆S54RkZf7aI:2014/06/29(日) 02:27:22.96 ID:hhKkcyD30

海未「このお肉美味しいですね……」

希「ウチの行きつけの焼き肉屋やからね」

凛「ホルモン美味しいにゃー!」バクバク

凛「んっ……」ドンドン

海未「慌てて食べるとそうなりますよ! 水です!」

凛「んぐっ……んぐっ……ぷはぁ~ありがと海未ちゃん!」ダキッ

海未「近いですよ、凛」ナデナデ

希「えー凛ちゃんずるいやーん! 海未ちゃんウチも~」

海未「ええっ!?」

希「おねがぁい」

海未「仕方ないですね……」ナデナデ

凛「海未ちゃんにやにやしてるよー?」

希「あ、ホントや!」

海未「貴女達……!」



60: ◆S54RkZf7aI:2014/06/29(日) 02:32:45.48 ID:hhKkcyD30

希「でも海未ちゃんと遊べて最近楽しいなぁ」

凛「うんうん! ホント距離が近くなった感じ!」

海未「今までは……今までだったですからね」

希「練習中も言ったけどあの二人とは……」

海未「あはは、心配症ですね希。あの二人は大丈夫ですよ」

凛「でも、今日練習中元気なかったよ?」

海未「勉強したからじゃないですかね?」

海未「ことりが勉強を教えていますし、私の出る幕はないですよ」

希「海未ちゃんはそれでいいん?」

海未「言いたいことがよくわかりませんが……」

海未「穂乃果の近くには必ずことりが居ますから」

海未「お目付け役みたいな私はお役御免というわけですよ」

希(そういう……ことかぁ……)

希「さ、海未ちゃん! もっと食べるでー!」

凛「あ、凛も負けないよー!」

海未「しっかり焼いて下さいね!」



61: ◆S54RkZf7aI:2014/06/29(日) 02:43:15.73 ID:hhKkcyD30

Printemps

花陽「あ……でも海未ちゃんに何を聞いて欲しいの?」

穂乃果「最近の調子とか……」

ことり「私たちのこととか……」

花陽「ふむふむ」

穂乃果「かまってくれない理由とか……」

ことり「怒ってくれない原因とか……」

花陽「海未ちゃんとまともに話したのはどのくらい前なの?」

穂乃果「二週間前だったかな……」

ことり「そうだね……」

花陽「明日、海未ちゃんと一緒にご飯食べるから聞いてみるよ」


穂乃果「羨ましいなぁ」

ことり「三人で食べたいよね」


花陽(責任重大だよぉ……)



63: ◆S54RkZf7aI:2014/06/29(日) 02:48:33.64 ID:hhKkcyD30

弓道も最近順調だ。

外す気が全くしない。

集中力が上がっている。乱すものは何もない。

雑念を自分で消せるのがいいことです。

あ――今日は花陽とランチですね、楽しみです。

お米の話でもしたいですね。



64: ◆S54RkZf7aI:2014/06/29(日) 02:56:00.12 ID:hhKkcyD30

海未「さて、始業のベルが鳴るまで本でも読みますか」ピラッ

穂乃果「海未ちゃんおっはよー!」

ことり「おはよ、海未ちゃん」

海未「おはようございます、お二人とも」ピラッ

穂乃果「昨日のテレビ見たー?」

ことり「アイドルの特集があったよ!」

海未「すいません、そういう番組は母が苦手なので」ピラッ

穂乃果「ねぇ、海未ちゃん!」

海未「何ですか?」ピラッ

ことり「目を合わせて喋って欲しいなって……」

海未「……それは失礼しました」パタン


久しぶりに二人を直視したような気がする。

でも――――何も思うところがない。

ことりの要求をただ聞いただけの話。

二人が笑顔になった理由が、分からない。



65: ◆S54RkZf7aI:2014/06/29(日) 03:00:41.98 ID:hhKkcyD30

今日のお昼ごはんは、花陽と二人きりだ。

色々聞いてみたい。アイドルの情熱などは見習うべき物がある。

にことはまた違うベクトルのものを聞かせてくれる。

そして花陽の声は綺麗だ。

新鮮で、楽しい。



66: ◆S54RkZf7aI:2014/06/29(日) 03:15:26.14 ID:hhKkcyD30

海未「花陽、待たせてしまいましたか?」

花陽「ううん、いま来たばっかりだから」

海未「それならいいのですが……」

海未「遅れてしまったので、にこ直伝のたまごやきです」

花陽「あ、甘いっ!」

海未「口頭で教えてもらったのですが、塩と甘いのを分けてみました」ニコッ

花陽「えへへ……なんかお姉ちゃんみたい」

海未「くすぐったいですよ、花陽」

花陽(海未ちゃんは全然優しいよ、二人とも)



67: ◆S54RkZf7aI:2014/06/29(日) 03:22:50.58 ID:hhKkcyD30

花陽「時間を作って私と話してくれて嬉しいな」

海未「色々と学びたいことがあるので……」

花陽「私から?」

海未「えぇ、情熱や知識はにこに勝るとも劣らないですから」

花陽「恥ずかしい……」

海未「ふふ、さっきのお返しです」ニコニコ

花陽(今……かな)

花陽「穂乃果ちゃんとことりちゃんとはどうなの?」

海未「皆さんそのことを気にしているようですが、どうしてですか?」

花陽「海未ちゃんと話すことが多くなったからつい……」

海未「再三同じことを言っているのですが……」

海未「μ’sの仲間たちとの時間の方が大事ですから」

花陽(え……? それって……)

海未「勘違いしないで下さいね、二人を無碍にする気はないです」

海未「ただ、他のメンバーも……花陽のこともそれ以上に大切なんですよ」ナデナデ

花陽「あ、ありがとう……です……」

海未「だから、私にアイドルのことをたくさん教えてくれると有難いです」ニコッ



68: ◆S54RkZf7aI:2014/06/29(日) 03:28:47.61 ID:hhKkcyD30

花陽と話せてよかった。

アイドルの知識も増えたし、心構えも見直すことが出来た。

ただ、近頃は穂乃果とことりのことを良く聞かれる。

私には関係のないことのはずなのに、何故。

あの二人はμ’sの仲間であり、ただの友達。それだけの関係のはず。

長い付き合いの幼馴染、だからですかね。


……幸せを積み重ねましょう。

今は間違いなく幸せですから、私は。



74: ◆S54RkZf7aI:2014/06/30(月) 21:07:51.76 ID:BEabqF0d0

TRRRR

ガチャ

穂乃果「花陽ちゃん!」

ことり「どうだったの!?」

花陽「……海未ちゃんとっても優しかったよ……」

穂乃果「穂乃果たちのことは!?」

花陽「陰口なんて言ってないし、無碍にするつもりもないって」

ことり「よかったぁ……」

花陽「でもね、μ’sの皆も大切だからとも言ってた」

穂乃果「……明日誘ってみよう!」

ことり「うんっ!」



75: ◆S54RkZf7aI:2014/06/30(月) 21:10:59.61 ID:BEabqF0d0

――――――園田家――――――

海未「月が綺麗ですね」

海未「……明日は絵里と話しましょうか」

TRRRRR

絵里「海未、どうしたの?」

海未「あぁ、絵里。明日は一緒に遊びたいのですが……」

絵里「あら、唐突ね」

海未「ダメでしたら日は改めますが……」

絵里「んー亜里沙も会いたいって言ってたし……」

絵里「うん、いいわよ」

海未「ありがとうございます。絵里」



76: ◆S54RkZf7aI:2014/06/30(月) 21:14:25.82 ID:BEabqF0d0

――――――翌日――――――

穂乃果「ことりちゃん、学校行こうか」スッ

ことり「うんっ♪」ギュッ

穂乃果「もう慣れちゃったね……」

ことり「そうだね……」

一人少ない登下校。居るべき人が居ない喪失感。

穂乃果「海未ちゃん……」

ことり「大丈夫だよ、穂乃果ちゃん。喧嘩したわけじゃないんだから!」

穂乃果「よぉーしっ! 当たって砕けろだ!」



78: ◆S54RkZf7aI:2014/06/30(月) 21:18:03.70 ID:BEabqF0d0

海未「……」ピラッ

穂乃果「海未ちゃん! おはよう!」

海未「おはようございます。穂乃果」ピラッ

ことり「海未ちゃん、おはよう」

海未「おはようございます。ことり」ピラッ

穂乃果「海未ちゃん今日――――」

海未「すいません、絵里との約束が有ります」ピラッ

ことり「じゃあ明日は!」

海未「……」チラッ

海未「……空いてますよ」ピラッ

穂乃果「じゃあ久しぶりにあそぼうよ!」

海未「そうですね、穂乃果の家に集合でいいですか?」パタン

穂乃果「うんっ!」

ことり「やったー!」



79: ◆S54RkZf7aI:2014/06/30(月) 21:21:12.57 ID:BEabqF0d0

――――――放課後――――――

海未「校門で待ち合わせでしたね……」

タッタッタッ

海未「おや?」

亜里沙「海未さん! お久しぶりです!」ペコリ

海未「亜里沙は相変わらず可愛いですね」ナデナデ

亜里沙「えっ、いやっ、そのっ!」

海未「ふふふ、妹に欲しいくらいですよ?」ニコッ

絵里「ちょっと海未、人の妹に手を出そうとしてないでくれる?」

海未「冗談ですよ、絵里には睨まれたくないですから」



82: ◆S54RkZf7aI:2014/06/30(月) 21:28:14.51 ID:BEabqF0d0

亜里沙「海未さん?」ジィィィ

海未「どうしましたか?」

亜里沙「雰囲気変わったような気がします……」

絵里「そうね、明るくなってるわね」

亜里沙「なにかすっごい優しくなったような……」

海未「それはきっと皆のおかげですよ」

亜里沙「うーっ」

絵里「どうしたの、亜里沙」

亜里沙「決めたよ! お姉ちゃん! 私も来年μ’sに入るっ!」

海未「……そうですね、亜里沙がきてくれれば百人力ですよ」

亜里沙「……亜里沙は百人もいないです……」

絵里「例えよ、例え」ポンポン



83: ◆S54RkZf7aI:2014/06/30(月) 21:31:17.68 ID:BEabqF0d0

海未「ところで、ダンスなんですが……」

絵里「えぇ、身体能力の高い海未や凛にはちょっと厳しく行くわ」

海未「買っていただけてありがとうございます」

絵里「お世辞抜きにポテンシャルは高いんだから自信を持って」

海未「はい」

絵里「最近の海未はいい潤滑油になってると思うの」

海未「今まで、疎かにしていた部分だったので……」

絵里「……何かあった?」

海未「いえ、特にないですよ」

絵里「そう、ならいいわ」



84: ◆S54RkZf7aI:2014/06/30(月) 21:34:22.81 ID:BEabqF0d0

海未「強いて言えば……」

海未「今が楽しくてたまらないってことです」ニコッ

絵里「海未……」

海未「もちろん、亜里沙と話していても楽しいですからね?」ニコ

亜里沙「海未さん……」

海未「そろそろ良い時間ですね」

海未「今日はありがとうございました」

絵里「……じゃあね、海未」

亜里沙「ダスヴィダーニヤ!」



85: ◆S54RkZf7aI:2014/06/30(月) 21:39:15.22 ID:BEabqF0d0

さて、明日は穂乃果とことりですか。

一体何を話せばいいんでしょうかね。

正直、私が居てもいいのかなと思ってしまいます。

何を求めているか、何を求められているのかがわかりません。

でも、二人は私と話す時いつも悲しそうだ。

……至って普通の態度だというのに。



86: ◆S54RkZf7aI:2014/06/30(月) 21:47:26.78 ID:BEabqF0d0

――――――翌日放課後――――――

穂乃果「三人で一緒に帰るっていいね!」

ことり「うんうん! やっぱりこうじゃないとっ♪」

海未「そういうものなんですかね……」スタスタ

穂乃果「あ、海未ちゃん早いよぉ!」

ことり「待って! 海未ちゃん!」

海未「あぁ、すいません……」トロトロ

穂乃果「海未ちゃんもうちょっと早くー!」

ことり「海未ちゃん置いてっちゃうよー?」

海未「別に構いませんよ?」

穂乃果「……」

ことり「……」



87: ◆S54RkZf7aI:2014/06/30(月) 22:37:05.51 ID:BEabqF0d0

会話が続かなかった。

なんだろう、このぎくしゃくとした感じ。

いつもの知ってる海未ちゃんのはずなのに……

存在が遠く感じた。

海未ちゃんの笑顔を、最近見ていない。

ううん、向けられていない。

私たち、どうしちゃったんだろう。

あんなに、仲が良かったはずなのに。



88: ◆S54RkZf7aI:2014/06/30(月) 22:40:19.73 ID:BEabqF0d0

ほのママ「あら、海未ちゃん久しぶり」

海未「おばさま、いつも綺麗ですね」ニコニコ

ほのママ「やだわ、海未ちゃん」ニコッ

海未「それでは、お邪魔します」ペコッ


穂乃果「……いいなぁお母さん」

ことり「……そうだね……」



90: ◆S54RkZf7aI:2014/06/30(月) 22:49:15.04 ID:BEabqF0d0

海未「……」

穂乃果「……」

ことり「……」

海未「穂乃果、ことり」

穂乃果「な、なに!」

ことり「どうしたの!?」

海未「……私に何か言いたいことがあるのではないですか?」

ことり「うん……」

穂乃果「最近海未ちゃん……穂乃果たちのことを避けてる?」

海未「……避けてはいないですよ」



91: ◆S54RkZf7aI:2014/06/30(月) 22:56:04.92 ID:BEabqF0d0

ことり「海未ちゃんの反応がいつもと違って戸惑ってるの……」

穂乃果「私たち、海未ちゃんになにか悪いこと……した……?」


海未「……はっきりと言います」

海未「私は穂乃果とことりに依存しすぎていました」

穂乃果「で、でも!」

海未「周りを見渡すこともなく、ずっと貴女たちの事を考えていました」

海未「もちろん、二人が悪いわけではないです」

海未「それは、私自身の弱さと穂乃果への恋心から生まれたものです」

海未「穂乃果にフられてわかったんですよ」

穂乃果「……」



92: ◆S54RkZf7aI:2014/06/30(月) 23:06:36.78 ID:BEabqF0d0

海未「想い続けてきた恋心は本物です」

海未「嘘偽りなど一片もありません」

ことり「じゃあ、どうして急に……!」

海未「穂乃果、ことり」

海未「私は嫌いになったわけではないのです」

海未「ただ……優先順位が下がってしまったのは事実かもしれません」

穂乃果「優先順位……?」

ことり「それって……私たちより……」

海未「そうですね、言葉にしますか?」

穂乃果「……聞きたくないよ」

ことり「それでも、三人で居たって何も変わらないでしょ!?」

穂乃果「そ、そうだよ! 登下校くらいいつもどおりに……!」

海未「…………お断りします」

穂乃果「海未ちゃん……」

ことり「どうしてっ……」

海未「だって貴女たちの世界に――――」





海未「――――私は必要ないでしょう?」



108: ◆S54RkZf7aI:2014/07/01(火) 17:20:19.53 ID:ALiGFuPB0

穂乃果「そ、そんなこと……」

海未「ない。と断言できますか?」

ことり「……」

海未「ことりはわかっているようですね」

海未「最愛の人がそばに居てくれる。これだけでは幸せではないんですか?」

海未「どうして私が必要なんですか?」

穂乃果「それは……今までずっと……」


海未「……時計の針を進めてしまったのは私です」

海未「私にも非は当然あります」

海未「でも、穂乃果。私は止まってしまった時計を捨てて、新しい時計の針を動かしました」

海未「貴女は……壊れた時計を強引に動かして欲しいというのですか……?」

穂乃果「……っ」



109: ◆S54RkZf7aI:2014/07/01(火) 17:25:26.12 ID:ALiGFuPB0

部屋の時が凍る。

誰も何も話せない。

無言の圧力が、徐々に重くなっていく。

もう、答えは見えているはずなのに。

それだけのヒントを指し示したはずなのに。

貴女は、諦めないのですね。

その心を私は……好き……だったのかもしれませんね。



110: ◆S54RkZf7aI:2014/07/01(火) 18:08:10.17 ID:ALiGFuPB0

穂乃果「勉強だって教えてもらいたい……!」

海未「勉強ならことりも出来ますよ」

穂乃果「礼儀作法を……」

海未「それもことりがいるじゃないですか」

穂乃果「……」

海未「穂乃果、もっとことりを愛してあげて下さい」


海未「……時計の針を戻す方法も一つだけあります……」

ことり「それはっ!!」

海未「はい。もしそんなことをするなら…………友達を辞めますからね」

穂乃果「うん……」

海未「それでは、今日は帰ります」

ことり「まだ全然……」

海未「……ことり、穂乃果」

海未「……過去の思い出よりも今が私には大切なんです」

海未「振り返ることを私はしたくないです」

海未「貴女たちも、止まっていないで進んで下さい」

海未「出来ることなら、私を縛らないで下さい。それでは」



112: ◆S54RkZf7aI:2014/07/01(火) 18:15:43.92 ID:ALiGFuPB0

穂乃果「行っちゃったね……」

ことり「うん……」

穂乃果「海未ちゃんが遠いね……」

ことり「……ねぇ、穂乃果ちゃん」

穂乃果「うん、わかってるよことりちゃん」

穂乃果「穂乃果が欲張りだったよ」

ことり「……もう三人で一緒には無理……かな」

穂乃果「ううん、大丈夫だよ」

穂乃果「ね、ことりちゃん。もう一歩進もっか」

ことり「え……?」

穂乃果「今まで海未ちゃんのことばっかり考えててさ」

穂乃果「恋人らしいこと、なにもしてなかったじゃん」

ことり「そう……だね」

穂乃果「一歩進むための誓いの……」チュッ

ことり「嬉しい……」チュッ


初めてのキスは塩辛い味がした。



139: ◆S54RkZf7aI:2014/07/02(水) 23:35:08.15 ID:zBPCKYoQ0

学校では、変わったことが一つあった。

穂乃果とことりが私に話しかけてこなかった。

そして、イチャイチャ度が上がっているのがわかる。

二人の距離は、昨日より縮まっている。

よかったですね。と心で一言告げて。

昼休み、私は一人でそっと教室を出た。



140: ◆S54RkZf7aI:2014/07/02(水) 23:46:18.37 ID:zBPCKYoQ0

海未「凛、花陽、今日は一緒にどうですか?」

花陽「うんっ! 一緒にご飯食べよう!」

凛「凛はカップ麺だにゃー!」

海未「こら、凛! 栄養のないものを食べないように!」

花陽「凛ちゃんラーメン好きだから……」

凛「えーっ! 凛の生きがいだよーっ!?」

海未「ほら、私のお弁当の野菜を少しは摂って下さい!」ヒョイヒョイ

凛「美味しい!」

花陽「わ、私も一口!」

海未「どうぞ、召し上がれ」ニコニコ



141: ◆S54RkZf7aI:2014/07/02(水) 23:53:12.57 ID:zBPCKYoQ0

海未「ごちそうさまでした」

花陽「ごちそうさまでした!」

凛「お腹いっぱいだにゃー」

海未「さて、私は……」

凛「えー海未ちゃんもうちょっといようよー! ねーかよちん!」

花陽「うん、もう少し居て欲しいかなって……」

海未(さて、授業時間まで多少ありますし……)

海未「えぇ、いいですよ」

花陽「じゃあババ抜きでもする?」

凛「トランプなら凛負けないよ!」

海未「勝負事では負けませんよ!」



142: ◆S54RkZf7aI:2014/07/02(水) 23:56:21.57 ID:zBPCKYoQ0

海未「あ゛ぁ゛っ」ヒラヒラ

凛「やったー! また凛の勝ちー!」

花陽「海未ちゃんの一人負けばっかりだよぉ……」

海未「どうして……どうして勝てないのですか!」ピシャッ

凛「ほ、ほら! 海未ちゃんの苦手な分野なんだよ!」

花陽「向き不向きもあるんだよっ!」

海未「ならば……ならばもう一回!」

キーンコーンカーンコーン

海未「ハッ!?」

海未「それでは、放課後また!」ヒュン

花陽「……ちょっと意外な一面が……」

凛「抜けてる海未ちゃん見るの初めてだね、かよちん」



144: ◆S54RkZf7aI:2014/07/03(木) 00:07:56.34 ID:KGWWavZI0

海未「ふぅ……ギリギリ間に合いましたね……」

海未「くっ、カードゲームでどうして勝てないんですか私は……」ギリッ


穂乃果「あはは、ことりちゃん」

ことり「穂乃果ちゃんったらもー!」


海未「……ようやく、踏み出したんですね」チラッ

海未(これで報われるのかもしれませんね、私は)



146: ◆S54RkZf7aI:2014/07/03(木) 00:33:31.27 ID:KGWWavZI0

海未「希、今日は練習後少し良いですか?」

希「ん、構わんよー?」

海未「占いを少し教えてほしいなぁと」

希「海未ちゃんもスピリチュアルに目覚めたん!?」

海未「いや、ババ抜きで凛と花陽に全敗したので……」

にこ「……海未、ちょっと私もババ抜きしてもいい?」

希「じゃあ二名様ご招待! って感じやね」ウフフ



穂乃果「今日はチーズケーキ買って帰ろうね!」

ことり「美味しいって評判のお店だね!」

凛「あ、ずるいにゃー!」

穂乃果「一緒にいく?」

花陽「うんっ!」



147: ◆S54RkZf7aI:2014/07/03(木) 00:42:32.16 ID:KGWWavZI0

海未「また勝てないです……!」

希「いやぁ……海未ちゃん弱いなぁ……」

にこ「顔に出過ぎよ、もっとアイドルになりきって!」キャピッ

海未「皆のJOKER持ってくぞ~☆ ラブカードロー!」

つJOKER

海未「全然ダメじゃないですか! にこ!」バンッ

にこ「あんたの運が悪いだけでしょう!」

希「運が無いなぁ」ケタケタケタ

海未「やはり私は戦略的なゲームでないと……!」

希「将棋とかは強そうやなー」



148: ◆S54RkZf7aI:2014/07/03(木) 01:21:03.12 ID:KGWWavZI0

海未「もう遅くなってしまったので帰りますね」

にこ「気をつけなさいよー」

希「また明日ねー!」


海未「結局一度も勝てませんでした……」

海未「どうやれば勝てるのでしょう……」

バッタリ


穂乃果「あっ」

ことり「海未ちゃん……」

海未「ごきげんよう」ニッコリ

穂乃果「うん、こんばんわまた明日ね」

ことり「ばいばい海未ちゃん」

海未「はい、それでは」スッ



海未「……ブレてはいけないですね」

海未「私はこういう道を選びましたから……」



150: ◆S54RkZf7aI:2014/07/03(木) 01:36:25.88 ID:KGWWavZI0

――――――――――――

真姫「ねぇ、絵里」

絵里「海未のこと?」

真姫「どう思う?」

絵里「変わったと思うわ」

絵里「笑顔が増えてとても素敵になったと思う」

真姫「私も同感だわ」

絵里「本当に、今の海未は私たちの架け橋になってると思うの」

真姫「μ’sの絆……ね」

絵里「大きく強くなってる気がするわ」



151: ◆S54RkZf7aI:2014/07/03(木) 01:40:08.29 ID:KGWWavZI0

絵里「少し前の海未は憂いを帯びた表情をしていたわ」

真姫「でも、理由は教えてくれなかったのよね、問い詰めたのに」

絵里「それからしばらくして、穂乃果とことりが付き合い始めた」

真姫「そして海未はすごく明るくなった」

絵里「μ’sの絆はより深まった……これでいいんじゃないの?」

真姫「普通はそう考えるんだけど……」

真姫「絵里、海未から何か相談された?」

絵里「いいえ、何も……」

真姫「私もよ」

絵里「今が楽しいってことで片付けるには……」

真姫「海未の性格上難しいわよね」

絵里「何かあったか……あるいは……」

真姫「……見せてないだけかもしれないわね」



152: ◆S54RkZf7aI:2014/07/03(木) 01:52:10.17 ID:KGWWavZI0

絵里「でも、今μ’sを最も大切にしているのは間違いなく海未よ」

絵里「私はそんな海未の助けになりたいと思ってる」

真姫「私も同感。でも絵里、私たちは穂乃果やことりの代わりには決してなれない」

真姫「……悔しいことに、私たちじゃまだ相談相手としても認められていないかもしれない」

絵里「ふふ、真姫?」

絵里「私ってこう見えても結構諦めが悪いの」ニッ

真姫「つくづく気が合うわね私たち。私もよ」ニコッ



153: ◆S54RkZf7aI:2014/07/03(木) 01:54:03.66 ID:KGWWavZI0

――――――園田家――――――

海未「この前言ったことを理解してくれたようです」

海未「……これでよかったんですよね」

海未「元々、そうだったんですよ」

海未「これが普通のことなんだと思っていました」

海未「はは、何を今更……決別もしたでしょうに」

海未「……」

心の奥底に閉まっていた感情。

誰にも気付かれずに隠していたのものを初めて曝け出した。

話さなくなって、話しかけられなくなって、

ようやく気づいてしまったみたいです。




海未「私は間違っていない」

海未「だって、私は……私はっ……!」

海未「きっと今が一番幸せ……です」



独りで吐露する感情を聞く相手は




誰も居ない。



162: ◆S54RkZf7aI:2014/07/03(木) 08:16:47.76 ID:KGWWavZI0

昨日の夜に感情が爆発してしまった。

ただ、あれは一時のこと。

何かが変わったわけでもない。

何も変わるはずもない。

そう、思っていた。



海未「何故、当たらないのですか……?」

矢を何度打っても、的に当たらなかった。



163: ◆S54RkZf7aI:2014/07/03(木) 08:37:45.86 ID:KGWWavZI0

教室でも変わったことがあった。


穂乃果「えへへ、ことりちゃん! 宿題やってきたよ!」

ことり「わぁ、穂乃果ちゃん偉いっ!」ナデナデ


小説に集中できない。

胸の鼓動が五月蝿いくらいに良く聞こえる。


穂乃果「ことりちゃん、大好きだよ!」

ことり「ことりも大好きっ!」


あの二人は、私の忠告を聞いてくれた。

この結果に満足のはずでしょう?



なら、何故こんなに動揺しているんですか……?



164: ◆S54RkZf7aI:2014/07/03(木) 09:10:27.64 ID:KGWWavZI0

授業が全く手につかなかった。

逃げ出すように教室を出て、屋上に向かった。

原因がわからない。

理由がわからない。


ブレないと決めたはず。

遠くから見ていると決めたはず。

それで自分は納得したはずじゃないですか。


海未「ぁ……」

雨だ。

今はその雨が心地良い。

言わなければ、誰も気づかない。

そもそも、相談する相手も居ない。

心に固く誓う。

二度と解けないように、厳重に。


二人の友だちとして、最善の選択を。



179: ◆S54RkZf7aI:2014/07/03(木) 23:17:12.18 ID:KGWWavZI0

雨が降ると、μ’sとしての活動ができない。

それは今の私には苦痛で仕方なかった。

今日は中止とメールが回ってきた。


穂乃果「……今日は雨だから仕方ないね」

ことり「そうだね……」

穂乃果「穂乃果、傘忘れちゃったよ……」

ことり「一緒に入って帰ろうね♪」

穂乃果「ありがとう、ことりちゃん!」


海未「……少し部室に寄りますか」


きっと、誰も居ない、部室に。



180: ◆S54RkZf7aI:2014/07/03(木) 23:20:09.72 ID:KGWWavZI0

穂乃果「海未ちゃん!」

海未「……」

穂乃果「また、明日ね」

海未「……それでは。私は用事があるので」


ピシャッ


ことり「……」

穂乃果「大丈夫、大丈夫だよことりちゃん」

ことり「うん……」



182: ◆S54RkZf7aI:2014/07/03(木) 23:27:39.94 ID:KGWWavZI0

ことり「……大丈夫って思う理由、聞いてもいいかな……?」

穂乃果「……この前、海未ちゃんが遠かった」

穂乃果「時計の針を進めたって言ってたよね」

ことり「そうだね……」

穂乃果「ことりちゃんも大切にして欲しいとも言ってた」

穂乃果「……穂乃果は今まで海未ちゃんに頼りすぎてた」

穂乃果「大好きなことりちゃんが近くにいるのに……」

穂乃果「……だから、穂乃果たちも針を進めれば……!」

穂乃果「きっと、海未ちゃんの横に並べるよ」

ことり「私たちは私たちのやり方で……!」

穂乃果「海未ちゃんに追いつこう!」

ことり「そうしたら、海未ちゃんも……一緒に……」


私たちは海未ちゃんを縛っていた。

だから、もう止めない。その上で追い付くことを決めたんだ。

そうすれば、きっと…………。



184: ◆S54RkZf7aI:2014/07/03(木) 23:39:21.22 ID:KGWWavZI0

海未「用事……ですか」


意味もない嘘。付く必要もなかったはずなのに。


海未「言った側からこのザマですか……」

視界がぼやける。離れるために言ったことが逆効果だったのか。

意識してしまったとでも言うのか。


あの二人に自分は必要ない。



本当にそうだったのか、上手く立ち回れはしなかったのだろうか。




海未「無理ですね……そんなこと」

そんな器用な事が出来たなら。

こんなに傷ついてはいないのだろうから。



185: ◆S54RkZf7aI:2014/07/03(木) 23:56:32.33 ID:KGWWavZI0

……一人だけ、取り残される感じがした。

それがたまらなく嫌で歩みを止めることはしなかった。

並びたくて、その背中に追いつきたくて走りだした。

「ずっと、三人は一緒だよ」


この言葉に救われて、肩を並べているつもりだった。

でも、少しずつ変わっていった。

二人が近くになるにつれて、自分からは遠ざかっていった。

だから、拒絶するしか無かった。

見ないふりをするしか無かった。


――――全力で逃げるしか方法が無かった。



そんなことを繰り返していると

本当の気持ちがどこかに行ってしまった。


何が正しくて、何が間違っているのかなんてわからない。


それでも。

盲目的にでも、この行為が正しいと信じることでしか

自分を守ることが出来なかった。



186: ◆S54RkZf7aI:2014/07/04(金) 00:09:14.35 ID:9PVIgGvY0

μ’sのために出来ること。

海未「そうだ、部室を掃除しましょう……」

何かをしていないと、落ち着かない。

今の心境で、あの二人には偶然でも会いたくない。

ガチャ


海未「おはようございます……」

雨で中止の部室に誰も居るわけがない。

もう皆帰っているはずなのだ。

海未「誰に向かって何を言っているんですか、私は……」

パチリ

海未「電気が勝手についた……?」


真姫「海未」

絵里「おはよ、待ってたわよ」

真姫「きっと、来ると思ってたわ」

絵里「第一ラウンドは私たちの勝ちかな」


海未「どうして……いるんですか……?」

先程とはまるで違う、胸の高鳴りを感じた。



229: ◆S54RkZf7aI:2014/07/25(金) 21:07:49.05 ID:2yhp3KcbO

どうして、いるのか。

待っていたって……どうして?

絵里「浮かない顔してるけど、大丈夫?」

そんな顔、だったのだろうか。

海未「えぇ、大丈夫ですよ」

私はもっと笑ってないといけない。

自分がμ’sの負担になってはいけない。

真姫「せっかくだけどこの雨だし……トランプでもする?」

海未「えぇ、やりましょう!」ニコッ

いつものように振る舞うべき……そうですよね。

絵里(……)

真姫(……)



231: ◆S54RkZf7aI:2014/07/25(金) 21:13:10.46 ID:2yhp3KcbO

――――1時間後

真姫(凛や花陽には聞いてたけど……)

絵里(にこや希には教えてもらってたけど……)

えりまき((弱いわね))

海未「勝てない……15連敗……ババ抜きですよ!?」

真姫「今の海未なら何回やっても勝てないわよ?」

絵里「顔に出すぎというか……」

海未「くっ、私はポーカーフェイスのはずです!」

真姫(あれで……?)

絵里「海未、その冗談には無理があるわ」

海未「……次は勝ちます!」



232: ◆S54RkZf7aI:2014/07/25(金) 21:17:46.04 ID:2yhp3KcbO

真姫「じゃあ賭けましょうか?」

海未「真姫、学生が賭け事なんてダメです!」

絵里「いいんじゃない? お金とか賭けるわけじゃないし」

海未「では、何を……?」

真姫「そうね、質問に対して嘘偽りなく答えるとか?」

海未「それは……」

絵里「私は構わないけど……海未は?」

海未「いいですよ、やりますよ!」

引けない。ここで引いてしまったら悩んでいることもバレてしまう。

隠したいことがあるのが悟られてしまう。

だから、いつもどおり、平然と受けるしかない。



233: ◆S54RkZf7aI:2014/07/25(金) 21:23:40.24 ID:2yhp3KcbO

――――結果は私の負けだった。

絵里「じゃあ私から……そうね、今日の晩御飯は何がいい?」

海未「えっ、それは……」

意外だ。そんなことを聞いてくるなんて。

私は思っていたよりも、警戒しすぎていたのかもしれない。

単純な好意すら、猜疑心を持っていたのかもしれない。

海未「母が作る料理なら、なんでもいいですね」

真姫「……海未は和食のイメージがあるわ。じゃあ次は私ね」

海未「…………」

真姫「トランプで、勝てないこと悔しい?」

海未「あたりまえじゃないですか!」

真姫「よかった、真剣にやってくれてるのね」ニコッ

海未「う……」

少し恥ずかしい。でも、楽しい。



234: ◆S54RkZf7aI:2014/07/25(金) 21:40:13.20 ID:2yhp3KcbO

また勝てない……どうして……!

絵里「また、勝っちゃった。次は……そうね、最近の悩みは?」

他愛もない質問のはずだ、けれど、その言葉が痛い。

海未「わ、私に悩みなんてありませんよ?」

真姫「海未、嘘は言わないで。動揺してるわよ?」

トランプゲームのように、理屈で盾が外されていく。

でも、この二人にならいいか、なんて気持ちもある。

絵里「海未……」

じっとアイス・ブルーの瞳で見つめられる。

二人になら、いいですよね。



235: ◆S54RkZf7aI:2014/07/25(金) 21:46:15.80 ID:2yhp3KcbO

海未「……」

声が出ない。何かが、引っ掛かっている。

絵里「一つの悩みを三人で共有すれば、きっと苦しみは三等分じゃないかしら」

真姫「もう少しくらい、頼りなさいよね」カミマキマキ

海未「頼る……」ボソ

絵里「えぇ、学年だって私たちバラバラだし」

真姫「色んな角度から解決できるかもね」

そうですね、今まで一人で悩みすぎていましたね。



236: ◆S54RkZf7aI:2014/07/25(金) 21:55:44.61 ID:2yhp3KcbO

打ち明けよう、この悩みを。

海未「何かドキドキしてきました……」

絵里「ふふ、照れてる海未っていいわね」

真姫「ん、同感」


海未「で、では……笑わないで下さいね……?」

絵里「笑うわけないじゃない?」

真姫「ほんと、変なコト言ったって私たちは軽蔑なんてしないわよ」

絵里「そうね、例え悪口だとしても貴女の味方でいるわ」

真姫「大体、この三人の関係がそんなことで変わるわけないでしょ?」

絵里「ユニットを組んだ仲だしね」


海未「…………ぁ」



237: ◆S54RkZf7aI:2014/07/25(金) 22:01:56.03 ID:2yhp3KcbO

全てを告白するつもりでした。

でも、被ってしまった。

『三人はずっと一緒だからね』

『私は海未ちゃんの味方だからね!』

胸の高揚が一瞬で暗くて冷たいもの変わってしまった。

あの言葉を信じた私は、どうなった。

そもそも、好意が恋慕に変わってしまってからどうなった。

結論は出てたはずじゃないか。出したはずではないか。

好意に留め、必要以上に関わらないと。

海未「ごめん……なさい……」ダッ

その場から逃げ出してしまった。

優しさに耐え切れなかった。

その優しさを受け入れることが、怖かった。



238: ◆S54RkZf7aI:2014/07/25(金) 22:07:27.03 ID:2yhp3KcbO

降りしきる雨が頬を打つ。

もっと、もっと降ってほしい。

この心のぐちゃぐちゃも流してほしいから。

願わくば、忘れたい。


何も考えずに、全てを信じていたあの頃の心を。

蒼く透明だった私の心を、返して欲しい。


…………捨てたのは自分なのに?



海未「はは……」

乾いた声しか出ない。

顔から滴る雫が一筋多くなった。



253: ◆S54RkZf7aI:2014/07/29(火) 23:02:16.02 ID:i/NsFQnbO

真姫『好きよ、海未』

絵里『大好き、海未』

やめてください……

真姫『ねぇ、どっちが好き?』

絵里『海未はどっちがいい?』

選べません……やめてください……

真姫『人には選ばせるのに?』

絵里『自分はいやなの?』

うぁ…………


ま……待ってください……



254: ◆S54RkZf7aI:2014/07/29(火) 23:05:26.77 ID:i/NsFQnbO

真姫『嫌よ、私には……いるから』

絵里『私も、いるからね……?』

あぁ、また……一人だ……

それなら、そんな思わせぶりなことなんて……!


真姫『勘違いしたのは貴女でしょう?』

絵里『それに、自分だけ救われたい?』


違う……私は……そんなつもりじゃ……!

海未「そんなつもりじゃなかったんです!!」


……夢…………ですか……



255: ◆S54RkZf7aI:2014/07/29(火) 23:12:32.47 ID:i/NsFQnbO

身体がとても重たい。

全身が熱を帯びている。

海未「……38℃ですね」

完全に風を引いてしまったようだ。

海未「今日は学校、休みましょう」


この雨だ。どのみち今日はμ’sの練習はない。

海未「……何を考えていたんですかね、私は」

一番弱い部分を人に受け入れてもらおうということが、間違っている。

海未「もう一度、考えましょう……」



256: ◆S54RkZf7aI:2014/07/29(火) 23:23:49.67 ID:i/NsFQnbO

――――――学校――――――

ガラッ

凛「海未ちゃんトランプやろー!」

花陽「私はアイドルの話を……!」


希「すまんなぁ、入ってきたのはウチなんや」

希「……絵里ちや真姫ちゃんはなんでダウンしてるん?」

絵里「いや、触れないで……」

真姫「面目丸つぶれというか……」

にこ「さっきからこんな感じよ?」

凛「凛つまんないよー!」

希「ウチもちょっとものたりひんなぁ……」



257: ◆S54RkZf7aI:2014/07/29(火) 23:29:44.87 ID:i/NsFQnbO

ガララッ

穂乃果「あ、みんなおはよ……」

ことり「おはよーみんなぁ……」

にこ「なによ、あんた達暗いわよ!」

穂乃果「海未ちゃん今日は休みだって……」

ことり「熱があるって聞いたかな……」

凛「えー! 凛は海未ちゃんと遊びたかったにゃー!」

絵里「……ねぇ、真姫」ハァ

真姫「絵里、言わないで……」ハァ

花陽「アイドル談義がぁ……」

希(これ、あかんパターンやん?)

希「……でもウチもちょっと欠落感が……」

穂乃果「今日も活動できなさそうだね」

ことり「どうしよっか……?」

8人「「「「「「「「うーん……」」」」」」」」



258: ◆S54RkZf7aI:2014/07/29(火) 23:54:15.44 ID:i/NsFQnbO

凛「お見舞いなんてどうかな! 凛は海未ちゃんとちょっと話したい!」

穂乃果「……」

ことり「……」

真姫「私パス……」

絵里「私も……」

希「おんなじユニットやしウチと凛ちゃんでいいかな?」

花陽「うん、明日も海未ちゃんが休みだったらにこちゃんと行くかな……」

にこ「部長の私もお見舞いに行きたいけど、ここは凛と希に任せるわ」

希「凛ちゃん、遊びに行くんやないからね?」

凛「わかってるよ、ちょっと励ましに行くだけ!」

希「いこっか、凛ちゃん!」

凛「うんっ!」



259: ◆S54RkZf7aI:2014/07/29(火) 23:58:15.87 ID:i/NsFQnbO

にこ「行ったわね……」

花陽「明日花陽達が行くようなことにならなければいいなぁ」

にこ「さて、そこの黄昏れてる二人組!」

真姫「なぁにぃ……」

花陽「ほら、絵里ちゃんも! 昨日何があったの?」

絵里「昨日……ねぇ……」





穂乃果「え――――?」

ことり「――――そんな……」



260: ◆S54RkZf7aI:2014/07/30(水) 00:02:50.32 ID:x2vf4O50O

希「にしても、凛ちゃんは海未ちゃんのこと好きやなぁ」

凛「うん! 凛は海未ちゃん大好きだよ!」

凛「だって、あんなに優しいと思ってなかったもん!」

希「そうやなぁ、もっともっと仲良くなりたいな?」

凛「そうだね! 海未ちゃんは大切な友達だもん!」

希「うふふ、希パワーを注入してあげないとね!」

凛「凛のスマイルパワーも送るにゃー!」


希「え、海未ちゃんの家おっきくない?」

凛「真姫ちゃんの家より大きいにゃ……」

希「呼び鈴押すで!」

凛「凛は凛だよ!」

希「……」

ピンポーン

凛「スルーは酷いにゃ!」

『はい、園田ですが……』



265: ◆S54RkZf7aI:2014/07/31(木) 22:27:53.02 ID:jrseT6H3O

意識が混濁している。

漠然と、自分が悪いと思い続けている。

特に解決策があるというわけでもないのに、不毛な考えだ。

この感情は……恐怖……?

人と触れ合うのが怖くなっている……?

最低ですね、私は…………



266: ◆S54RkZf7aI:2014/07/31(木) 22:32:17.42 ID:jrseT6H3O

バタン

凛「海未ちゃん起きてるー!?」

希「こら、凛ちゃん! 海未ちゃんは体調悪いんだからダメよ?」

……幻聴ですかね、目を開けるのも億劫です。

凛「うわー寝てる海未ちゃん綺麗……」

希「そやなぁ……」ジー

視線を感じます……幽霊……?

凛「あ、詩のノートがある!」

希「読んでみよかー?」

海未「ダメです! 二人とも!」

ぐっと起きるとそこには凛と希が居ました。

海未「あっ……」クラッ

凛「大丈夫!?」

希「無理はしたらいかんよ?」

誰のせいで……!



267: ◆S54RkZf7aI:2014/07/31(木) 22:55:40.82 ID:jrseT6H3O

希「にしても、海未ちゃん大丈夫?」

海未「まぁ大丈夫です……」

凛「やっぱり凛は海未ちゃんがいないとつまらないにゃー!」

海未「はは、明日には行きますから……」グラッ

凛「ダメだよ、海未ちゃん絶対無理してる」

海未「μ’s……の練習はこの雨だから休みだったんですか?」

希「そうやね……」

凛「練習ないとやっぱりねートランプしたかったなぁ」

トランプ……

海未「少し私の友だちの話をしてもいいですか?」

希「話したいことがあるんならいいよ?」

凛「凛も聞きたい!」



268: ◆S54RkZf7aI:2014/07/31(木) 23:04:42.85 ID:jrseT6H3O

――――本当に昔、仲良しの三人組が居ました。

一人はとても元気な女の子。

一人は静かでおっとりとした女の子。

そしてもう一人は何をするにも勇気の無かった女の子の話です。

ひょんなことから仲良くなった3人はいつも共に行動するようになりました。

勇気の無かった女の子は元気な女の子にいつも引っ張られてそして――――

いつしか、元気な女の子のことがどんどん好きになってきました。



269: ◆S54RkZf7aI:2014/07/31(木) 23:08:21.72 ID:jrseT6H3O

もちろん、おっとりとした女の子のことも好きです。

でも、元気な女の子に対する感情は恋慕。

おっとりした女の子に抱く感情は友情でした。


元気な女の子を目で追っていく内に

元気な女の子がおっとりとした女の子に恋慕の感情を抱くのを知りました。


勇気のない女の子に向けられているのは残念ながら友情でした。

これを残念と言ってしまうのも悲しいことですが。



270: ◆S54RkZf7aI:2014/07/31(木) 23:18:11.33 ID:jrseT6H3O

結末は……そうですね。

勇気のない女の子は振られてしまいました。

『知っていた』

『最初から勝てなかった』

と、免罪符付きの告白でした。

結局、勇気がなかったんです。最後まで。

傷つくのが本当に……怖かったんです。



271: ◆S54RkZf7aI:2014/07/31(木) 23:36:58.35 ID:X0NT/DTXO

海未「……すいません。つまらなかったですね」

希「…………」

凛「んー難しいなぁ」

海未「凛はどのように感じましたか?」

凛「要はーかよちんと真姫ちゃんが付き合っちゃうんでしょ?」

海未「……そんな感じですね」

凛「凛なら嬉しいかなぁ、だってそんな二人の幸せを間近で見れるんだよ?」

海未「そう、ですよね……」

凛「凛はかよちんも真姫ちゃんもどっちも好きだから!」

海未(……純粋ですね。やはり、私の想いは……)

凛「って言えれば格好いいんだけどね……」

希「凛ちゃん?」



272: ◆S54RkZf7aI:2014/07/31(木) 23:42:59.56 ID:X0NT/DTXO

凛「実際、嫉妬で狂っちゃうかもしれないかな」

海未「意外ですね……」

凛「だってそうじゃないかな、一番好きな人が一番好きな友達に取られるなんて。凛は耐え切れない」

希「……そうかもね」

凛「でも、嫉妬してる自分に耐え切れないと思う」

凛「かよちんと真姫ちゃんが好きだからこそ、遠ざけるか……忘れたいなって」

海未(そういう想い、凛にはないと思っていました)

凛「でもね、最初に言ったのは本当なんだよね」

凛「凛はやっぱりその状況にならないとわかんないかな」

凛「案外笑ってるかもしれないしね」アハハ



273: ◆S54RkZf7aI:2014/07/31(木) 23:56:24.56 ID:X0NT/DTXO

希「さて、凛ちゃんも話したしウチの番やなぁ」

海未「希……」

希「ウチで言うなら絵里ちとにこっちかぁ」

希「……あの二人が付き合うのとかって考えられないんやけど……」

凛「それを言ったら話しにならないにゃー!」

希「やれやれ……」

海未(……希は……?)

希「嫉妬しないっていうのは嘘やなぁ。絶対する」

凛「おー! どっちに?」

希「……わからんなぁ正直のところ」

海未「絵里というわけではないんですね……?」

希「にこっちとウチも複雑な関係なんよ」ウフフ



274: ◆S54RkZf7aI:2014/08/01(金) 00:04:27.36 ID:HafbTN60O

凛「おー希ちゃんおっとなー!」

希「100%応援はできないと思うんよ」

希「……でも、応援はするかなぁ。凛ちゃんと同じでやっぱり嬉しいからね」

海未(……)

希「違う恋も考えるけど尾を引いてやっぱり無理やろなぁ」

希「でも思い出は捨てないし忘れないかな。それを糧に笑って生きると思うんよ」

海未「……希は強いですね」

希「ううん、今はこう言えるけど、実際目の当たりにしたら、ウチなにするかわからんもん」クスクス

海未「そうですか……」

凛「じゃあ次はー!?」

希「海未ちゃんの番やな!」

海未「…………えっ!?」



294: ◆S54RkZf7aI:2014/08/09(土) 18:12:59.06 ID:wMbEdNlE0

海未「わ、私の番ですか……」

これは予想外でした……大丈夫です……大丈夫です……

海未「私で言うなら……もちろん穂乃果とことりになりますね……」

凛「そうだねー」

海未「……素直に応援はきっとできないです。ずっと……三人で一緒だったんですから」

海未「でも、自分の見ていないところで幸せにはなって欲しいです」

希「一緒にいるのは辛いん?」

海未「そうですね、遠ざけて自分を納得させないと……」

海未「何をするかわからないので……」

希「海未ちゃんは生真面目やなぁ……」

凛「奪ったり! とかは考えたりはしないかにゃ?」

奪う……ことりから……穂乃果を……



295: ◆S54RkZf7aI:2014/08/09(土) 18:22:08.91 ID:wMbEdNlE0

……そんな選択肢、どこかに追いやっていました。

だって、あり得ないじゃないですか。

自分の幸せのために友だちを、親友を犠牲にするなんて。

…………

凛「海未ちゃん、大丈夫?」

海未「だ、大丈夫です!」ハッ

希「もう辛いならゆっくり寝てもいいんよ?」

海未「もう少し……お話をさせてください……」ニコッ



296: ◆S54RkZf7aI:2014/08/09(土) 18:30:52.74 ID:wMbEdNlE0

海未「幸いにも私にはμ’sがありました……」

海未「μ’sの皆と一緒にいるのはとても楽しくて……」

海未「毎日が新鮮だったんです」

希「だから最近ウチらとの会話が多いんやな?」

凛「凛は海未ちゃんに色々教えてもらって楽しいよ!」

海未「そう、言っていただけると……とっても嬉しいです」

凛「あ、でもうm……にゃああっ!?」

希「凛ちゃんどないしたん?」グイッ

海未「どうしましたか?」

凛「な、なんでもないよー!」

希(まずは聞こう、凛ちゃん)

凛(う、うんっ)



297: ◆S54RkZf7aI:2014/08/09(土) 18:35:51.52 ID:wMbEdNlE0

海未「そして、絵里と真姫にはとてもよくしてもらいました」

海未「全てを打ち明けようとして……私は……逃げました……」

希「やっぱり怖かった?」

海未「これ以上仲良くなってしまって、もしが起こってしまえば……私は……」

凛「仲良くなることはいいと思うんだけど……」

海未「怖いんです……好きになってしまって、またフラれるのが……」

海未「三人一緒……なんて絶対にできないんですから……」

希「でも、海未ちゃん……それなら九人一緒も出来ないんやない?」



海未「………………あっ」



298: ◆S54RkZf7aI:2014/08/09(土) 18:44:31.36 ID:wMbEdNlE0

希「恋愛に限ったことじゃないんよ」

凛「そっか……希ちゃんは三年生だから……」

海未「肝心なところが抜け落ちてました……はは」



凛「ねぇ、海未ちゃん聞きたいんだけど」

海未「何ですか……?」

凛「自分の幸せのために動くことってそんなに変なことかな?」

海未「そ、それはそうですよ! 人を犠牲に……!」

希「そこやなぁ、どうして犠牲になるん?」

海未「わ、私は穂乃果をことりから奪って……ことりの泣き顔なんて見たくないからです!」

凛「…………海未ちゃん、告白成功しても穂乃果ちゃんを大事にしないの……?」

海未「ですから、私はわかっていたんですよ! 私よりことりを穂乃果は好きだったんです!」

海未「諦めたかったんです! フラれれば応援を……きっと……素直に……っ」グスッ

希「不器用やな、海未ちゃん……」ナデナデ



299: ◆S54RkZf7aI:2014/08/09(土) 18:55:48.13 ID:wMbEdNlE0

希「でもね、海未ちゃん。あの二人はすっごく落ち込んでるよ?」

凛「かよちんから聞いたけど、すっごい悩んでるって」

海未「な、ど……どうしてですか!?」

凛「海未ちゃんが離れて寂しいって」

希「ずっと一緒だったのに急にいなくなったら寂しいやん?」

海未「二人の世界に私なんていらないはずでしょう!?」

海未「私を気にするあまりに、二人は結ばれたのに私のことばかり……」

海未「だから遠ざけたんです! 幸せになってほしいから!」

希「幸せって、海未ちゃんがいて……三人一緒があの二人の幸せなんじゃない?」

凛「……穂乃果ちゃんってわがままだからねー」

海未「反論しにくいです……わがまま……過ぎますよ……!」

希「でも、それが穂乃果ちゃんやからねぇ」

凛「ことりちゃんも結構わがままだと凛は思うよ」

海未「そうですね……」グスグス



300: ◆S54RkZf7aI:2014/08/09(土) 19:11:29.44 ID:wMbEdNlE0

希「海未ちゃんも人のこと言えんけどな」ポンポン

凛「結構理想主義者だにゃ」

海未「否定はしませんよ……」

希「海未ちゃんはもっともっと自分のしたいことをすればいいと思うんよ」

凛「あー! それを希ちゃんが言っちゃうの!?」

希「んー凛ちゃんなにか言ったかなぁー?」ワシワシMAX

凛「だ、だめだって! 希ちゃん!」

海未「変わらないですね、二人とも」クスリ


海未(私のやりたいこと……ですか)


海未「……おやすみなさい、二人とも」スー



301: ◆S54RkZf7aI:2014/08/09(土) 19:17:33.94 ID:wMbEdNlE0

目を開けると、二人は居なかった。

書き置きが残してある。

……よくよく思い返せば、私完全に自分のことを話していましたね。

…………

恥ずかしい……

ゴロゴロジタバタ


気が晴れました。あの二人には感謝ですね。


……やることは決まりました。

今日は……寝ましょう。



302: ◆S54RkZf7aI:2014/08/09(土) 19:43:42.03 ID:wMbEdNlE0

――――――次の日――――――

海未「……」

真姫「……」

絵里「……」

えりまき(気まずい……)


海未「あ、あの二人とも……」

絵里「な、何かしら……」

真姫「ど、どうしたの?」

海未「一昨日はありがとうございました」ペコリ


えりまき「「え?」」

海未「私のことを気遣って頂いてありがとうございます」フカブカ

絵里「……いいのよ、後輩なんだし甘えたって」

真姫「頼ってね、これからも……」


海未「はい……!」


絵里(怒ってたんじゃなかったのね)

真姫(一安心ってところかしら……)



303: ◆S54RkZf7aI:2014/08/09(土) 19:47:45.42 ID:wMbEdNlE0

――――――――――――

海未「ご迷惑おかけしました」ペコリ

にこ「全く、体調の管理くらいしっかりしなさいよねー!」ペシッ

花陽「に、にこちゃんっ!」

にこ「冗談よ、何はともあれ良かったじゃない」

海未「これからは気をつけますね……」


花陽「アイドルの話もじっくりしたいね、これからも!」

にこ「海未もようやく気づいたからねぇ」フフン

海未「えぇ、皆ともっと話をしたいです!」




にこ「待ってるんでしょ、ちゃちゃっと済ませて来なさいな」

花陽「……頑張ってね海未ちゃん」


海未「はい……!」



304: ◆S54RkZf7aI:2014/08/09(土) 19:57:14.17 ID:wMbEdNlE0

屋上には、あの二人が待っている。

穂乃果とことり。

私が初めて好きになった人と、私のかけがえのない親友。



屋上の扉を開ける。

先日までの暗い空が嘘のように晴れ渡っている。

蒼天の空の下に、手を固くつないだ二人が私を待っていた。


…………

言うことはもう、決まっているんです。



305: ◆S54RkZf7aI:2014/08/09(土) 20:06:01.72 ID:wMbEdNlE0

穂乃果「海未ちゃん」

ことり「海未ちゃん……」


穂乃果「穂乃果は海未ちゃんに言われるまで、ことりちゃんを蔑ろにしちゃった」

穂乃果「でも、今は違うよ。ことりちゃんを一番大事に想ってる」


あぁ、よかった。最悪の選択を取らないでくれてありがとうございます。


ことり「……海未ちゃんのおかげでことりは穂乃果ちゃんと結ばれたの……」

ことり「ことりも穂乃果ちゃんと海未ちゃんの気持ちに応えたい。だから誰よりも穂乃果ちゃんが好き……!」


よかった。私のしたことは無駄ではなかったんですね。


穂乃果「海未ちゃんの言うように……私は……私達は海未ちゃんに追いついたよ!」

ことり「だから……わがままだけど……!」

穂乃果「また三人並んで……! 一緒に仲良くしたいなって!」

ことり「海未ちゃんも一緒にいて私達は幸せなの!」


海未「ふふ……二人ともやっぱりわがままですね……」






海未「お断りします」



307: ◆S54RkZf7aI:2014/08/09(土) 20:18:16.64 ID:wMbEdNlE0

穂乃果「どうして……どうしてなの……!」

ことり「海未ちゃん……理由を教えてよ!」


海未「……昨日一晩考えたんです」

海未「ずーっと考えて思ったんです」

海未「もう、二人はとっくに私より先に走っている」


穂乃果「そんなことないよ!」

ことり「海未ちゃん……ことりたちには絶対必要なんだよ……?」


海未「このまま、戻りたくないんです」

海未「私の矜持が許してくれませんし……それに」


海未「今は三人で。ではなく九人でのことを考えたいんです」

海未「三人でのことを考えるのは私達が卒業して、違う道を歩み始めたら……でもいいでしょうか」

海未「その時は、素直に祝福できる自分がいると思うので……ダメですか?」


穂乃果「ねぇ、海未ちゃん一つだけ聞いてもいい?」

海未「えぇ、どうぞ」

穂乃果「穂乃果とことりちゃんのことが嫌いになったわけじゃないんだよね?」

海未「もちろんです。二人は……間違いなく私の親友ですよ」

ことり「……ありがと、海未ちゃん……」

穂乃果「うん、それだけ聞けたら……いいかな……」



308: ◆S54RkZf7aI:2014/08/09(土) 20:27:54.39 ID:wMbEdNlE0

海未「後一つ……自惚れかもしれませんが、私を待つなんてことはしないでください」

海未「そうしたら、私がまた追い越しちゃいますからね」ニコッ

穂乃果「うん、わかったよ! 穂乃果たちも走り続ける! ね、ことりちゃん」ニコッ

ことり「うんっ♪ 海未ちゃんが追いつけないように走っちゃうんだからっ」


海未(それで……いいんです二人とも)


海未「まずは、九人で最高の結果を手に入れましょう!」

穂乃果「ラブライブ!……優勝だね!」

ことり「二人ともスケールが大きいよぉ!」


海未「さて皆を待たせてしまっているので、呼んできますね」バタン



309: ◆S54RkZf7aI:2014/08/09(土) 20:31:55.80 ID:wMbEdNlE0

海未(まずは、μ’sで最高の結果を残したい)

海未(考えたりするのはその後でいいですね)



海未「あはは、これだけ遠ざけて、また一緒にと言うのはきっと……」

海未「……私の小さなわがままですね」ボソ




海未「さ、今日も一生懸命練習しますよ!」

穂乃果「久しぶりの練習だー!」

ことり「張り切っていこっ♪」

絵里「今日の掛け声はどうするー?」

希「ウチは海未ちゃんの掛け声で始めたいなー!」ニヤニヤ

にこ「にこはさーんせいっ」ニッコニッコニー

花陽「私も海未ちゃんの聞きたいです!」

真姫「異論なーし」

凛「海未ちゃんがんばれー!」ニコニコ

海未(くっ……示し合わせましたね……!)

海未「わかりました! いっきますよー!」


海未「μ’s! ミュージックスタート!」


μ’s「おー!」



FIN



転載元
海未「好きです!」 穂乃果「ごめんなさい……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403840936/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月10日 01:57
      • おもしろい
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月10日 02:01
      • 4 良い
        最近ラブライブ!ssの質が向上している
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月10日 02:19
      • 5 よかったです!!
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月10日 03:47
      • 5 とても面白かった!
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月10日 03:50
      • 5 SSのレベルとしては、かなり良い。面白かった。
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月10日 06:23
      • 出せる
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月10日 08:08
      • これはまた、随分とイケメンな海未ちゃんだな
        完全に主人公の器ですわ
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月10日 08:30
      • 海未ファンってきもいなー

        海未ハーの次は主人公かよ
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月10日 09:04
      • >>8
        きもいのはお前だけどな
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月10日 09:49
      • 3 海未って案外楽に書けるのかもしれない
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月10日 11:15
      • ※9は耳真っ赤にしながらコメントしていますww
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月10日 12:14
      • 2 これがホモssだったら最高だったのに
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月10日 15:01
      • 4 よかった!
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月10日 16:29
      • 当然のように百合展開になって草
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月10日 16:55
      • 綺麗にまとまってて良かった
        リリホワの姉妹感好き
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月11日 01:21
      • 誰も悪くないけどほのかとことりは無神経すぎだよね
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年02月24日 06:42
      • 恋人と一緒に「三人一緒に」って振った相手に言うのは残酷だし、どう付き合っていきゃええねんってなるわ。
        傷心が言えるまで目の前でイチャイチャせず見守った方が良かっただろうな。
        でも面白かったわ。

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務