TOP

岡部「20世紀博…だと!?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 22:37:54.10 ID:jEF1fsHDO

前々から書きたかった
シュタゲと大人帝国とのクロスSSです。野原一家は出てきません
途中何度か止まりますが最後まで書きます
――――――――――――

岡部「なんなのだ?それは?」

ダル「え!?オカリン知らんの?」キョトン

まゆり「まゆしぃは知ってるのです」

紅莉栖「私も…」

岡部「くっ!これも機関からの攻撃か」ウヌヌ



3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 22:43:01.03 ID:jEF1fsHDO

[岡部、まゆりから説明を受ける]

岡部「なるほど、つまり、日本の20世紀を表した博覧会か」

まゆり「まゆしぃは、あんまり昔のことは知らないので」

紅莉栖「私も昔の日本文化には興味あるわね」フムフム

ダル「ボクは…」

岡部「ダルは今の時代が良いのだろ?」

ダル「オカリンまじエスパー」カタカタ

紅莉栖「単にゲームとか昔は出来ないからでしょ…」ヤレヤレ



4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 22:46:06.15 ID:jEF1fsHDO

岡部「場所も埼玉の春日部か…遠くはないな」

ダル「でも入場料がインフレしてる件」カタカタ

ダルがパソコンの画面を見せる

岡部「凄く…」

紅莉栖「高いです…」

まゆり「しかたないのです」ニコニコ



5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 22:49:33.79 ID:jEF1fsHDO

岡部は息抜きのため一旦外へ

岡部「フフフ、昔を思い出して何が面白いのか」

天王寺祐吾「また独り言か?」

岡部「み、ミスターブラウン!いつの間に」

天王寺祐吾「ずっと店にいたんだが?」



6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 22:53:05.41 ID:jEF1fsHDO

天王寺祐吾「ところでよ、俺は明日から綯と出かけるからな」

岡部「えっと…まさか20…」

天王寺祐吾「そう、行くんだ、20世紀博に、綯に俺が生きてた時代を知ってほしくてよ~」

岡部「意外にブルジョアだったんだな…」



7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 22:56:18.60 ID:jEF1fsHDO

それから数日、岡部達は変わりない日々を過ごした

たまにフェイリスやルカや萌かも遊びに来て、ごくごく普通の日々…



しかし天王寺達が帰って来た日、
異変は起きた



8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 23:01:14.77 ID:jEF1fsHDO

ダル「ん?なんぞコレ」カタカタ

紅莉栖「どうしたの?」

ダル「いやさ、暇だから20世紀博について調べようとしたら」

岡部「したら?」

ダル「20世紀博のホームページ、ツッター、デコブックも存在しないみたい」カタカタ

まゆり「え?変だね~」



9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 23:04:54.56 ID:jEF1fsHDO

ダル「しかも、こんな書き込みを見つけたんだお」カタカタ

ダルが皆にパソコンを見せる

岡部「これは…バイトの書き込みか?」

紅莉栖「20世紀博に食料とか運搬してる会社のバイトね」

まゆり「悪口書いてるね~」



10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 23:09:11.40 ID:jEF1fsHDO

ダル「悪口もあるけど、ココ!ココだお」

ダルが指差す先にはこう書き込まれていた

[あそこは近づきたくない、なんか秘密がある]

紅莉栖「なにこれ?」

岡部「なるほど…なるほどな…」フフフ



11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 23:14:54.68 ID:jEF1fsHDO

まゆり「オカリンどうしたの?」

岡部「決まっているだろ?この書き込み、つまり20世紀博は悪の秘密結社なのだ!」フハハ

紅莉栖「はいはい厨2乙」
岡部「だぁが、我らが未来ガジェット研究所に比べたら、まだまだのようだなぁ、フゥハハハハハ!」

高笑いする岡部…しかし次の日、彼の台詞は

現実の事になるなど誰も解らなかった



16 :>>1です続けます 2014/07/31(木) 05:51:48.53 ID:h2WWzg8DO

[翌日の夜]

まゆり「そういえば、今日テレビで20世紀博から、お知らせがあるみたい」

岡部「ほぅ…」

ダル「録画機能を直したからバッチリ録画できるお!」カチャ

紅莉栖「ぶ、VHS…」ハァ


テレビ『明日の朝、お迎えにあがります。
皆さん元気に過ごしましょう』 テレッテレー


おかダル「」



17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 06:01:14.65 ID:h2WWzg8DO

まゆり「地味…だったね」
ダル「地味どころかショボいお!壁ドンしたいお!」
岡部「うむぅ理解に苦しむ」

三人がそれぞれ反応する中一人考えこむ人物

紅莉栖「…」



18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 06:12:33.38 ID:h2WWzg8DO

岡部「どぉした?助手よ」
紅莉栖「助手言うな!橋田、録画したのを見せて!」

ダル「お、おぅ」カチャカチャ


なにやら顔が真剣な紅莉栖


<オトーサン!イカナイデ! バッカヤロオ!オレハイクンダ!!

岡部「なにやら下が騒がしいな」チラッ


まゆり「この声、天王寺さんと綯ちゃんだよ!」

岡部、まゆりは下へと降りる



20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 06:18:44.13 ID:h2WWzg8DO

[外]


岡部「小動物よ、どおした?」


綯「よ、よくわかんない。お知らせを…見たら…俺は20世紀博に行くんだぁって」

涙を浮かべる綯を優しくなでる、まゆり

まゆり「変だね。行ったばかりで、また行きたいなんて」

岡部「とにかく泣くな!ほら周りから、いかにも俺が泣かしたように見えるではないか!」バッ

周りを見渡す岡部


しかしその目に写ったのは



23 :しばらく単発投稿が続きます 2014/07/31(木) 06:59:12.72 ID:h2WWzg8DO

リーマン「バンバン!バンバン!」


リーマン「なんのバンバン!」

ギャル「か~ごめか~ごめ」

ギャル「か~ごのな~かの」


オタ「けん!けんぱ!けんけん!ぱ!」



岡部「なんなんだ…これは…」


<オカベー モドッテキテー


岡部「あ、ああ行く」

まゆり「綯ちゃん、とりあえず一緒にいよ?」ニッコリ

綯「う…うん」



28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 12:19:56.99 ID:h2WWzg8DO

[研究所]

紅莉栖「岡部この映像を見て何か感じない?」

岡部「もう一度見るのか」

再び映像を見る岡部、すると

岡部「う、こ、これは……リーディングシュタイナー?」ズキッ

紅莉栖「やっぱりね」フム



29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 12:23:27.13 ID:h2WWzg8DO

まゆり「紅莉栖ちゃん、どういうこと?」

紅莉栖「詳しくは調べないと解らない。でもこの映像には人間の記憶を操作できる、サブミナル効果をも凌駕した…一種の洗脳よ」

岡部「なん…だと!?」



30 :萌か の「か」が変換できないのでひらがなで 2014/07/31(木) 12:38:33.86 ID:h2WWzg8DO

まゆり「紅莉栖ちゃん凄い~」

紅莉栖「サンクス」ニッコ
「それから岡部どうやら、あんたの陰謀論、当たったみたいね」


岡部「ラボメンを…緊急召集だ!!」ピッピ

岡部はケータイを操作する



32 :情報ありがてぇ 2014/07/31(木) 12:50:03.87 ID:h2WWzg8DO

数十分後、ラボの前には一台のワゴン車が着いた



ルカ「おか、凶真さん!」

岡部「ルカ子、テレビを見てないのか?」

ルカ「うちテレビ故障してるんです。でも、お父さんは他の人と缶けりしに行きました…」

フェイリス「まさか萌ニャンが運転してくるなんて予想はしてなかったのニャン」

ダル「フェイリスたんキタコレ!」

萌郁「…」ピッピ
『特大のレンタカーを借りちゃった(☆∀☆)』



34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 17:23:17.42 ID:h2WWzg8DO

岡部「みな、集まってくれて感謝する。現状を報告しよう。」

ダル「ツッターに職員と思われる奴のコメを見つけたお」

フェイリス「馬鹿だにゃ」
岡部「なになに…我々は帰らなければならない、あの日々に、イエスタデイ・ワンスモア?」

紅莉栖「直訳すると、昨日をもう一度ね」

萌郁「…」ピッピ
『牧瀬さんバイリンガルなんだね♪』



35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 17:38:04.82 ID:h2WWzg8DO

岡部「そのイエスタデイ・ワンスモアが我々の敵!人類の敵だ!」

ルカ「人類…」

岡部「次!助手!」

紅莉栖「だから助手言うな!」コホン
「今回の洗脳だげと、視覚、聴覚とは違うみたいなのよ」

ダル「牧瀬氏が必死にレポートとか見直してた件」



37 :やや話飛びます 2014/07/31(木) 17:53:18.59 ID:h2WWzg8DO



岡部「これよりオペレーション、ユグドラシルを始める。
敵はイエスタデイ・ワンスモア、場所は埼玉の春日部!」

ラボメン「おーー!!」
綯「おー!」

ラボメンは各準備をはじめた



38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 18:33:10.71 ID:h2WWzg8DO

ルカ「綯ちゃんはこのチャイルドシートね?」

綯「ありがとー、みこさん!」ニッコリ

ダル「トランシーバーに、未来ガジェット、ノーパソにおっ○いマウスパッド…」フヒヒ

まゆり「ダルくんエッチだねぇ」

岡部「まさかドクペを箱買いできるとはな」フハハ

紅莉栖「借りたんでしょ?もう、でもアキバって何でもそろうのね」

ダル「ん?牧瀬氏、今なんでもするって」

萌郁「言ってない」ボソッ



41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 20:19:06.70 ID:h2WWzg8DO

[夜]

岡部「よし、出かけるぞ」
まゆり「萌郁さん、埼玉まで頑張ってね?」

萌郁「了解」

フェイリス「いざ、戦地へ向かうニャ!」

一行は20世紀博へと向かっていった



42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 21:21:55.68 ID:h2WWzg8DO

[次の日、早朝20世紀博前]


見張り「ふぅ~」

見張り2「さすがに眠いな」

ルカ「あ、あのすみません」

見張り二人の前に巫女服姿のルカがやってきた



43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 21:29:47.23 ID:h2WWzg8DO

見張り「な、なにか?」

見張り「ここに用ですかな?」

岡部「だが男だ」チャキ

萌郁「動くな」チャキ


見張りの周りに岡部達が未来ガジェットを持ち現れた

ルカ「ごめんなさいね?」



44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 21:54:41.26 ID:h2WWzg8DO

岡部「今から潜入する、メンバーは俺、助手、シャイニングフィンガーだ」

ダル「オキドーキ!サポートは任せて」

綯「あ、あのわたしも連れてってください!」

紅莉栖「綯ちゃん…それは」

岡部「よし、来い。一緒にミスターブラウンを救うぞ」

ダル「ファ!?」



45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 06:30:46.68 ID:2aMka/YDO

ダル『オカリン、次の角右!』

岡部「了解」

中は大人達を迎えに行く準備の為、隊員たちに見つからないよう動いている。地図はダルがハッキングした

萌郁「綯…ちゃん、大丈夫?」ボソッ

綯「だいじょーぶ」ボソッ

綯は見つかるとマズイので萌郁が背負っている



46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 06:35:29.32 ID:2aMka/YDO

ダル『そこ!エキスポなんとかってところが設計図から抜けてるお!』

紅莉栖「おそらくここね」
岡部「入るぞ」ガチャ


中にはいった岡部達

だが


岡部「ぐ、ぐあああああ」ズキッ

綯「お、オカリンおじさん!?」

紅莉栖「岡部!!」



47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 11:14:08.41 ID:2aMka/YDO

岡部の脳内では、いくつもの記憶が流れていた

血まみれのまゆり

頭に銃をつきつける天王寺

後ろで泣くルカ



紅莉栖「岡部ええええ!!」カポシュ

そんな岡部に紅莉栖はドクペを無理矢理飲ませた

岡部「ふぐ……ぐは!」



48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 11:17:47.68 ID:2aMka/YDO

岡部「俺は…いったい」ハァハァ

紅莉栖「なんとか洗脳されなかったみたいね」ハァハァ

綯「お父さん!」ダッ

天王寺祐吾を見つけ駆け寄る綯

萌郁「洗脳…されてる」ボソッ


岡部「大丈夫、ミスターブラウンにもドクペを奢ってやろうではないか!」カポシュ

紅莉栖「9本でいいわ」



50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 18:59:40.14 ID:CNjXVTbDO



天王寺「う…ここは?」

紅莉栖「20世紀博です。覚えてますか?」

天王寺「あ、ああ。お前らひょとして」

綯「お父さん!!!」ダキッ

岡部「まあその、助けにきた」フンス



51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 19:03:15.31 ID:CNjXVTbDO

萌郁「早く…逃げよ」ボソッ

岡部「ああ、そうry」



??「素晴らしい、実に素晴らしい」パチパチ

いつの間にか岡部達は沢山の職員とラフな格好に眼鏡をかけた人物がいた

ケン「私はイエスタデイ・ワンスモアのリーダー、ケンだ」



52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 19:07:43.97 ID:CNjXVTbDO

紅莉栖「な!?どうしてここに私達がいるとわかった!」

ケン「監視カメラだ。この部屋は特別だからな」


『オカリン!ゴメン、職員達に車の周り、囲まれた件…』

岡部「なにっ!?」

ケン「手荒なことはしない。車に乗ってる仲間達も一緒に着いてこい、見せたい物がある」



53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 19:12:05.47 ID:CNjXVTbDO

ケンに案内されたラボメン一行が着いたのは、昔の町を再現したような場所だった

ケン「夕日は人を懐かしくさせる、だからここはずっと夕方だ」スタスタ

ルカ「凄い…建物の中じゃないみたい」スタスタ

萌郁「…」カシャカシャ

天王寺祐吾「気をつけろ、映画のセットみたいなもんだ」スタスタ

ケンが一棟のアパートに入る。ラボメン一行もゾロゾロと入る



54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 19:15:25.73 ID:CNjXVTbDO

ケン「チャコだ」スッ

ケンが中にいる女性を女性を紹介する

フェリス「ニャ!ニャ!二人は夫婦なのかニャ?」

ケン「いや違う」

ダル「ち、せっかく爆発しろって言いたかったのに」
チャコ「適当に座って」



55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 19:20:55.42 ID:CNjXVTbDO

全員がギュウギュウに座った所にチャコが牛乳を人数分、コップに入れてきた


チャコ「好きなのを入れて」スッ

紅莉栖「これは?」

天王寺祐吾「ミルメ○クじゃねーか懐かしいな、おい綯こいつを牛乳に入れるんだよ」サラサラ

ダル「牛乳、バナナ、メロン、これはヤバス」フヒヒ

紅莉栖「橋田…」ギロッ



岡部「…」

ケン「…」



57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 19:26:33.18 ID:CNjXVTbDO

話を切り出したのはケンだ

ケン「まず、お前達は何者だ?私が開発した「匂い」も効かない、準備もバッチリ、おまけにココに負担をかけることなく来るとは」


岡部「俺達は未来ガジェット研究所のメンバーのラボメンだ。そして目的は世界を裏から支配する「組織」に対抗すること」


紅莉栖「岡部の厨2台詞が本当になるなんて」ヤレヤレ




58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 19:29:59.52 ID:CNjXVTbDO

天王寺祐吾「今度は、こっちから質問いいか?」

綯を抱いた天王寺祐吾が話を出す

天王寺祐吾「お前らこんなことして警察や国会が黙っちゃないぜ?それでも大人達を駄目にしたいのか?」

ケン「警察や国会も、いずれも手遅れになる」ピッ

ケンがアナログテレビをつけた



59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 19:33:55.34 ID:CNjXVTbDO

『もうしばらくすると、このタワーの頂上から懐かしい匂いが日本に流れます』

岡部「なんという」ギリッ

紅莉栖「嘘でしょ!?」


ケン「俺達はもうしばらくは、ここにいる」
「どうしたいかはお前らに任せよう」ズズッ



60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 19:37:40.84 ID:CNjXVTbDO

ラボメン達は走りだした


チャコ「いいの?」チャ

ケン「最近走ってないな」ズズッ



岡部「ダルぅ!出口は?」ダダッ

ダル「ノーパソ→車、オワタ!」ハァハァ

紅莉栖「こんな、肝心な時に!」ダダッ

天王寺祐吾「グダグダいってる暇は、ないみたいだな」ダダッ


一行の前に何人もの職員が現れた



61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 19:42:22.67 ID:CNjXVTbDO

フェリス「あれを!ダルニャン、お・ね・が・い?」ニャ

フェリスが道にあった自転車を指差す

ダル「合点!
うおおおおおおおお!!」
ダルが火事場の馬鹿力で自転車を投げ飛ばした

萌郁「…」ピッピッ
『地図をノーパソからダウンロードしちゃった☆、案内しても良いかな?(^∇^)』


岡部「さすがシャイニングフィンガー!頼むぅ!」ダダッ



62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 19:46:17.24 ID:CNjXVTbDO

[数分後]

ルカ「なんとか…出れましたね」ハァハァ

まゆり「まだ…間に合うかな」ハァハァ


見上げる先には何十、いや何百とある上り階段がそびえ立つ

ダル「ま、まさか自力とかは…」ハァハァ

天王寺祐吾「親にもらった足があるだろうが!」ダダッ

フェリス「乗り込めニャー」ダダッ

一行は休みながらも着実に上へ上へと向かって行く



63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 19:50:00.57 ID:CNjXVTbDO

[エレベーターホール]

エレベーターがある所まで昇ると職員達とケン、チャコの姿があった


ケン「天王寺、といったか?戻るつもりはないか?」「今ならやり直しがきく、匂いもすぐ効くことだろう」

天王寺祐吾「断る!俺は綯や、ここにいる奴らを、もう見捨てないぞ!」ギロッ

ダル「イイハナシダナー」



64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 19:53:51.21 ID:CNjXVTbDO

ケン「そうか、あとそこの、なんと言ったか?」スッ


岡部「鳳凰院、凶真だ!」
まゆり「オカリンのほうが可愛いのに」

ケン「鳳凰院凶真、つまらない人生だったな」ピッ

エレベーターが閉まろとした その時!






岡部「うあああああああ!ああああああ!」

岡部が入り口を閉まらないように支えたのだった



65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 19:57:35.67 ID:CNjXVTbDO

岡部「俺の、いや俺達の人生は…つまらないんじゃない」ガタガカ

綯「オカリンおじさん…」


岡部「いまだ!今のうちに!のぼれえええ!」

紅莉栖「わ、わかった!」
フェリス「行くのニャン!」

ダル「オカリン、マジ輝いてるお」

ルカ「凶真さん!気をつけて!」

萌郁「頑張って」ボソッ

岡部、天王寺祐吾を除いたメンバーは上えと昇る



66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 20:03:54.33 ID:CNjXVTbDO

ケン「なぜそこまでこだわる?現実に残るのは臭い排気ガスと燃えないゴミだけなのに」

岡部「お前らには解るまい、仲間を信じ、頼り、敵に抗おうとするのが、どれほど魅力的か、」ハァハァ

チャコ「ウッザイ!」ゲジ

チャコの蹴りが岡部に炸裂した

岡部「ぐあああ」

天王寺祐吾「岡部!」ザッ
残った天王寺祐吾が岡部を支える

岡部「なぜ残った、ミスターブラウン」ハァハァ

天王寺祐吾「お前の意地をみせてもらったからな」ニッ

二人の周りを職員が囲む

岡部「さて、始めるか!」バッ

天王寺祐吾「こいや!」ザッ



67 :BGMは脳内変換で 2014/08/02(土) 20:07:47.39 ID:CNjXVTbDO

まゆり「きゃあ」ズキッ

ルカ「まゆりちゃん」ダダッ

職員「お前らそこまでだ!」
職員「大人しくしろ!」


まゆり「ひっ!」

ルカ「まゆりちゃん、大丈夫、僕がやる」スッ

ルカがまゆりを庇うように立ち、妖刀五月雨を構える
ルカ「僕が、まゆりちゃんを守る!!」ギッ



68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 20:11:26.10 ID:CNjXVTbDO

フェリス「ニャ!」グラッ

フェリスのバランスが崩れ倒れる

ダル「ふぅ、フェリスたん?」ハァハァ


職員「見つけた!」

職員「観念しろー!」


ダル「オカリンだって、輝いたんだ、ボクだって」ギリッ

フェリス「ダルニャン」ポッ


ダル「ここはボクに任せて先に行けえええええええ!!」゙ダッ



69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 20:21:39.80 ID:CNjXVTbDO

萌郁「ふりきれない」ボソッ
紅莉栖「え?なんて言ったの」



萌郁「綯…ちゃん、一緒に…」ニコッ

綯「紅莉栖おねーちゃん一人で行って!」

紅莉栖「ハァ!?」

綯「おねーちゃんなら、止めれるんだよね?なら行って止めてよ!」


紅莉栖「…わかった」コクン

紅莉栖は一人頂上を目指す



70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 20:30:08.35 ID:CNjXVTbDO

紅莉栖「ハァハァ!


ハァハァ、きゃあ!


くっ!ハァハァ


ハァあああああああああああ!!




71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 20:34:01.37 ID:CNjXVTbDO

[頂上]

ケン・チャコ「」スタスタ


入り口を見つめるケン、しかしそこに紅莉栖の姿は無い



チャコ「ちょっとあれ」スッ
チャコが指差す先には匂いを出す機械、そこには




紅莉栖「わ、わたしたちの…


勝ちよ!!!」ガジッ


スイッチの前に立つボロボロの紅莉栖だった



72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 20:53:25.44 ID:CNjXVTbDO

ほどなくして残りのメンバーも頂上へ着いた


ケン「お前らの未来、返すよ」スタ


フェリス「死ぬ気かニャン?」

チャコ「な、なんで解るの!?」


ルカ「し、死ぬなんて駄目です!」

ケン「ダメだ、俺達は現実には生きて行けない、昔にも戻れないのさ」

まゆり「そんなぁ」




岡部「だぁれが帰れないだと?」バッ

岡部はいつものポーズを取っていた



73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 21:21:10.53 ID:CNjXVTbDO

紅莉栖「岡部もしかして」
まゆり「Dメールで?」

ダル「二人同時ってどうしたら」

岡部「同時に送れば問題ない」キリッ

天王寺祐吾「?」
綯「?」



74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 21:25:32.03 ID:CNjXVTbDO

[研究所]


チャコ「ほ、本当に過去に行けるの?」


ダル「オカリンが経験済み」カチャ


ケン「まさか、タイムトラベルが出来るとは…」


岡部「驚いたか?なあ驚いたか?」


天王寺祐吾「今回は俺達も立ち会うぞ」

綯「たいむとらべる~」


バチバチ

紅莉栖「放電現象はじまったわ」



75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 21:29:15.01 ID:CNjXVTbDO

ケン「なら鳳凰院凶真、そして未来ガジェット研究所の諸君…」カチャ
「良いチームだ」ニヤ


岡部「次は良い人生を送れよ」ニヤ

バチバチバチバチ

――――――――――――――――――――――――
っかべ…

お…かべ

岡部「っは!?ここはラボか?」ハァ



76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 21:34:21.17 ID:CNjXVTbDO

紅莉栖「早く行くわよ!」
岡部「行くってどこへだ!」


紅莉栖「レジャー施設の優待券をもらったって、いったのは岡部じゃない」ヤレヤル
岡部「」



77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 21:40:19.61 ID:CNjXVTbDO

[レトロランド]

ルカ「優待券って凄いですね!」スタスタ

まゆり「オカリンがラボメン全員分もらったのです」スタ


萌郁「…」カシャカシャ


フェリス「町を丸々レジャー施設に使ってるのニャン、これはナイスアイデアニャン♪」スタスタ


天王寺祐吾「なぜか俺達も呼ばれたな」ニコニコ

綯「うん!嬉しい!」ニッコリ



78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/02(土) 21:47:36.30 ID:CNjXVTbDO

??「わー!沢山の、ひとだー!」ダダッ


??「ふとってるぅーへんなのー」ダダッ

いつの間にかラボメン達の周りに小さな子供達が群がる

ダル「うは!幼女キター!」

紅莉栖「こら!やめなさい!」


??「はは!すみません私達の孫が」スタ

??「元気なことは良いんですがね」




岡部(なるほど、
これがシュタインズゲートの選択…か)

??「ようこそ、未来ガジェット研究所の皆さん歓迎しますよ」

声のする先には笑顔で岡部達を迎える夫婦の姿があった


終わり



転載元
岡部「20世紀博…だと!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406727474/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月03日 07:21
      • 久しぶりにシュタゲのSSを見たわ
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月03日 07:23
      • 1 文章書くの下手くそやなー
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月03日 11:34
      • もうちょい何とかならなかったのか
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月03日 13:24
      • 1 ssで地の文は甘え
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月03日 13:25
      • こんなん上げたらシュタゲの評価が落ちそうとか思わんのか……
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月03日 13:33
      • 登場人物の大半がゆとりのシュタゲでやる意味とは
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月04日 00:42
      • キャラクター置き換えただけだからなあ…これ位なら別にしんのすけ達出しても変わらなかったんじゃないの
        キャラの見せ場とかも無いし、ストーリーにもシュタゲらしさは無し。最後にとってつけただけ
        2作品をくっつけてみた、それだけだった
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月04日 01:39
      • シュタゲはアニメだけの人かな
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月05日 00:26
      • 久々のシュタゲssだったから期待したのに...

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務