TOP

店員「はい、コーヒー」男「ありがとうございます」

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:29:18.67 ID:Ik5SkNqH0

店員「見ない顔だな。少年は今日が初めてか?」

男「はい。少し、興味があったもので」

店員「こんな寂れたバーに一人で来るというのは、物好きなのだな」

男「そんなことないですよ」

店員「少年は、高校生くらいか?」

男「はい、高三です」

店員「受験生か。もう決めているのか?」

男「まあ、一応。僕にはレベル高いですけど」

店員「そうか。頑張ってくれ」

男「他のお客さんはいないんですね」

店員「寂れた、と言っただろう。この店は店長がずっと前からやっていたものでな。たとえ人が来なくても、私は、この店が好きなんだ」

男「僕も、この店の雰囲気、好きですよ」

店員「そうか、ありがとう」




4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:30:37.17 ID:Ik5SkNqH0

店員「はい、コーヒー」

男「ありがとうございます」

店員「まさか連続で来てくれるとはな」

男「たまの気分転換も含めてなので」

店員「そういえば受験生だったな」

男「それに、居心地もいいし、店員さんと話すのも楽しいです」

店員「……フフ」

男「店員さんは、何歳ですか?」

店員「無闇に女性に年齢を聞くでない」

男「そうですね。すいません」

店員「まあ、まだ二十歳過ぎだ。大学にも通っている」

男「なんて大学ですか」

店員「そこまでは教えない」



5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:31:48.76 ID:Ik5SkNqH0

店員「はい、コーヒー」

男「ありがとうございます」

店員「少年は、金があるんだな。ここ最近毎日来てる気がするが」

男「アルバイトしてるんです。土日だけですけど」

店員「そうか、体を壊さないようにな」

男「それはもちろん。店員さんと話せないのは辛いですし」

店員「それはありがとう」

男「そういえば店員さんは髪綺麗ですね」

店員「ちょっとした自慢なんだ」

男「触ってもいいですか?」

店員「またいつか、な」



6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:32:52.90 ID:Ik5SkNqH0

店員「はい、コーヒー」

男「ありがとうございます」

店員「今日も来たのだな」

男「このコーヒーは店員さんが淹れているのですか?」

店員「いや、奥で店長が淹れている」

男「一度、店員さんが淹れたのを飲みたいです」

店員「私はまだ店長に認められてないんだ。だから淹れることはできない」

男「店員さんは料理ができるんですか?」

店員「私はこれでも一人暮らしだからな。家事は一通りできる」

男「僕も大学から一人暮らししようと思ってます。難しいこととかありますか?」

店員「いまは慣れたからね。最初の方は炊事とか全然できなかったよ」

男「今度手料理食べていいですか」

店員「コーヒーでいいかな」

男「では店員さんの部屋へ行きましょう」

店員「少年は私の家で食べるつもりだったのか」



7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:34:10.12 ID:Ik5SkNqH0

店員「はい、コーヒー」

男「ありがとうございます」

店員「少年は疲れているのか?そんな顔をしているぞ」

男「あ、分かりますか?勉強とアルバイトで結構ギリギリなんです」

店員「それでも、ここへは来るのだな」

男「店員さんの顔を見ると、疲れなんてへっちゃらです」

店員「……フフ、嬉しいことを言うじゃないか」

男「あ、ちょっと照れてますね」

店員「さぁ、ね。どうかな」

男「店員さん、可愛いですよ」

店員「む」

男「ほんとに可愛いです。毎日通いたいくらい」

店員「少年は毎日来ているだろう」

男「だって、店員さん可愛いですし」

店員「う……」//

男「あ、赤くなってる」

店員「あー、もう、この話終わりっ」//

男「ハハハ、いいものが見れました」



8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:35:04.22 ID:Ik5SkNqH0

店員「はい、コーヒー」

男「ありがとうございます」

店員「毎回コーヒーで飽きはしないのか?」

男「一番安いので」

店員「結構な守銭奴だな」

男「店員さん、疲れてないですか?」

店員「む、そうか。最近は大学の方が少し忙しくなっているからな」

男「休んだ方がいいのでは?」

店員「それは少年に言おう」

男「僕は大丈夫ですよ。店員さんと話すだけで元気百パーセントです」

店員「少年は面白いな」

男「よく言われます」



9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:36:16.38 ID:Ik5SkNqH0

男「あ」

店員「あ」

男「え、て、店員さん?なんで」

店員「少年こそ、何故ここに?」

男「僕はバイト帰りに参考書を買いに」

店員「奇遇だな、私も大学から帰るところだ」

男「まあ、寄れる所と言ったらこのショッピングセンターしか無いですしね」

店員「考えることは同じようだな」

男「ちょっとした運命のような気も……」

店員「私から見ると少年はストーカーなんだが」

男「たまに酷い事言いますね」

店員「冗談だ。私も少年をからかいたいんだ」



10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:37:28.77 ID:Ik5SkNqH0

男「そうだ、今度一緒に来ませんか、ここに」

店員「それは何故だ?なぜ私と」

男「そりゃ、店員さんの事が好きですし」

店員「……少年は羞恥心が無いのか?」

男「え、僕なんか変な事言いましたか?」

店員「む。今なんて言ったのか覚えてないのか?」

男「え、好きです」

店員「……」//

男「あ、やっぱり赤くなる」

店員「それは、そうだろう」//

男「では、今度一緒にいいですか?」

店員「大学に受かったら、かな。今の少年では厳しいのだろう?」

男「あーと、はい」

店員「受かったら、どこへでも行ってやる」

男「お、約束ですよ」

店員「当然だ」

男「あ、そうだ。番号教えてください」

店員「アドレスだけ教えよう」

男「く、まあいいです。次は番号を教えて下さいよ」

店員「約束が増えて困る」



11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:38:32.56 ID:Ik5SkNqH0

男「…………」カリカリカリカリ

友「よーっす男」

男「…………」カリカリカリカリ

友「なんだよ、勉強して。つれねぇなあ」

男「…………」カリカリカリカリ

友「おーとーこー」バンバンバン

男「いっ、いたっ、痛いっ」

友「お、復活した」

男「痛ぇなあ、友。少しは優しくしてくれ」

友「わりぃわりぃ」

男「で、どーしたんだ」

友「いやぁ、朝から男がずっと勉強してっから、らしくねぇなと」

男「いやいや、もう俺ら受験生じゃねえか。そろそろ勉強すべきだろ」

友「う、まあそうだが、でもお前昨日までやってなかったじゃん」

男「う」

友「なんかあったんか?」

男「……いや、なんも」

友「女?」

男「っ!」

友「お、ビンゴ」

男「……、はぁ」

友「まあ、女絡みなら俺は口出ししねえよ」

男「……助かる」

友「誰かの為に本気になる奴は結構カッコ良く見えんぜ」

男「サンキュ、やる気出た」

友「で、誰よ」

男「それとこれとは話が別だ」カリカリカリカリ



12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:39:44.43 ID:Ik5SkNqH0

店員(今日も少年、来なかったな)

店員(きっと、勉強でもしているのだろう)

店員(私が約束したのだ)

店員(だが、さすがに、会えないのは寂しいな)

店長「……ちゃん、店員ちゃん?」

店員「え、あ、は、はい!」

店長「どうしたの」

店員「あ、その、考え事を」

店長「……今日はもう上がっていいよ」

店員「え、でもまだ時間が」

店長「いいからいいから、大学が忙しいんだろう?」

店員「え?」

店長「君の疲れたような顔を見れば分かる。君には少し休養が必要だろう」

店員「あ、の、えーと」

店長「ゆっくり休みな」

店員「……すみません、ありがとうございました」

店長「いいよ、今日は忙しくないしね。いや、毎日忙しくないけど……」ブツブツ

店員「失礼します」



13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:41:08.40 ID:Ik5SkNqH0

店員(私は、そんな疲れた顔をしていたのか)

店員(確かに、最近は寝れていない)

店員(大学が、卒業に向けて忙しいのもある)

店員(だが、だが今は……)


――――え、好きです


店員(…………)//

店員(あの少年が大学に受かる頃、)

店員(私は、この街にいるのだろうか)



15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:44:27.12 ID:Ik5SkNqH0

店員「はい、コーヒー」

男「ありがとうございます」

店員「最近は来てなかったが、勉強でもしていたのか?」

男「そのとおりです。学校でずっと」

店員「で、今日からはここでやると」

男「はい。分からない所があったら教えてくれると嬉しいです」

店員「ふむ、まあ少しばかりはな」



16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:45:51.89 ID:Ik5SkNqH0

店員「そこは、数?でやらなかったか?」

男「え、あ、そうか。この定理を使って」

店員「そうそう。であとは足し算だけだ」

男「ありがとうございます」

店員「数学だけは得意だからな」

男「いや、それより教え方が上手いですね」

店員「塾講師のバイトをしたことがあるんだ」

男「どおりで」

店員「高校生の頃は部活が忙しかったな」

男「何部ですか?」

店員「弓道部だ」

男「あー、似合いますね。袴姿」

店員「まあ、成績は残せなかったがな」

男「僕も引退したので、前までやってましたよ。茶道部ですけど」

店員「少年は運動はあまり似合わないからいいな」

男「いやぁ、そんなことないです」

店員「別に褒めてないんだが」



17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:47:03.20 ID:Ik5SkNqH0

男「…………」カリカリカリカリ

店員「…………」カチャカチャ

男「…………」カリカリカリカリ

店員「…………」キュッキュッ

男「…………」カリカリカリカリ

店員「…………」

男「…………」カリカリカリカリ

店員「…………フフ」

男「…………」カリカリカリカリ



18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:48:09.14 ID:Ik5SkNqH0

店員「はい、コーヒー」

男「ありがとうございます」

店員「…………」

男「…………」カリカリカリカリ

店員「…………」カチャカチャ

男「…………」カリカリカリカリ

店員「…………」キュッキュッ

男「…………」カリカリカリカリ



19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:49:19.19 ID:Ik5SkNqH0

店員「もうすぐ」

男「え?」

店員「センター試験、だな」

男「ああ、はい。そうですね」

店員「私は去年、センター試験で失敗してしまったから、少年には頑張って欲しい」

男「……店員、さん?」

店員「できる限りのことはしてやるから」

男「…………」

店員「頑張って、くれな」

男「……当然ですよ。絶対合格してやりますよ!」

店員「…………」

男「倍率四倍近くの大学です。一筋縄ではいかないです」

店員「…………」

男「合格まで本気出します」

店員「…………」

男「次は、合格証明書を持ってここに来ますので、絶対、ぜーったい待っててくださいね!」

店員「フフ……楽しみに待っているぞ」

男「はい!」



20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:50:43.56 ID:Ik5SkNqH0

店員「それと、少し遅いがクリスマスプレゼントだ」

男「え?」

店員「私の手料理。食べたかったのだろう?軽いものだが、どうかな」

男「……あ、ありがとう、ございます……」

店員「……美味しいか?」

男「もちろんです」

店員「それはよかった」

男「じゃ、腹も膨れたので、もうひと頑張り」

店員「体に気をつけなよ」



21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:51:52.37 ID:Ik5SkNqH0

男「では、明日からは家で頑張ってきます!」

店員「当日は落ち着いて、な」

男「ありがとうございます!では!」

ガチャ

バタン

店員「…………」

店長「店員ちゃん」

店員「は、はい?」

店長「君も、もうすぐ卒業だろう?」

店員「……はい」

店長「卒業したら、どうするつもりなんだい?」

店員「…………」

店長「君は、ここを辞めるつもりだろう」

店員「っ」



22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:53:19.26 ID:Ik5SkNqH0

店長「わたしには、彼は君に好意を持っているように見える」

店員「…………」

――――え、好きです

店長「彼のことをどうするか。先に決めておくことだね」

店員「…………」

――――受かったら、どこへでも行ってやる。

店員(なぜ私は、あんなことを言ったのか)

店員(あの時私は、少しばかり少年と行きたいと、思っていた)

――――絶対、ぜーったい待っててくださいね!

店員(…………)

店員「……私も、少年のことが――――」



23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:54:38.45 ID:Ik5SkNqH0



好きなのだろうか






29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 22:29:06.45 ID:bVIOi4aS0

――センター試験当日

男「うわぁ、人多すぎ」

男「こんな中でやるとか、緊張感やばいな」

友「よっす」

男「おお、友」

友「俺人混み苦手なんだよなぁ。勘弁してほしいわ」

男「明日もだぞ」

友「えぇー」

男「ま、今日はお互い頑張ろうぜ」

友「明日もな」



30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 22:30:54.29 ID:bVIOi4aS0

男(皆が頭良く見える不思議)

男(だ、大丈夫大丈夫。錯覚錯覚)

男(数学はあれから頑張ったし、国語も、まあ大丈夫だ)

男(あ、でも、やってない問題だったら)

男(英語もリスニング少ししかやってないし……)

男(あ、やべ真っ白だ)


――――当日は落ち着いて、な


男(……そうだ、落ち着いて)


――――誰かの為に本気になる奴は結構カッコ良く見えんぜ


男(……店員さんの為なら)


――――受かったら、どこへでも行ってやる。


男(本気になれるっ!)


教授「では、はじめ!」

ペラッ!



31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 22:32:35.62 ID:bVIOi4aS0

店長「君もついに大学卒業か」

店員「あの、明日は」

店長「うん、休みにしておいたよ」

店員「ありがとうございます」

店長「彼は今頃、二次試験に向けて勉強中だろう」

店員「…………」

店長「それで、これからどうするか決めたのかい?」

店員「……はい、私は――――」



32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 22:33:59.08 ID:bVIOi4aS0

ガチャ

男「店員さん!僕やりました!合格し――――」

店長「ん、あぁ、君が彼女がいつも話してた少年くんか」

男「こ、こんにちは。あの、店員さんは……」

店長「彼女は、昨日辞めたよ」



男「え?」




―――― 店員「私は、ここを離れようと思います」







33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 22:36:09.11 ID:bVIOi4aS0

男「は、う、え、昨日?」

店長「うん、昨日をもってね」

男「は?は?なんで」

店長「彼女が卒業する丁度いい時期だからね。あぁ、どこに行ったからとかは口止めされてるから」

男「卒……業……」

店長「人は誰しも事情があるものだ」

男「……そ、そうだ、メール」

店長「しても無駄だよ。彼女は君に会わないと言っていた」

男「…………」

店長「潔く、諦めるべきだと思うな」

男「……く……」



35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 22:39:47.44 ID:bVIOi4aS0

――一昨日

店長「……仕事を見つけるため上京、か」

店員「すみません。それで、ここも辞めることにしようと」

店長「あぁ、いいよいいよ。考えた結果だから、仕方が無い」

店員「……すみません」

店長「ただ、彼のことはどうするつもりなんだい?」

店員「……それは、まだ」

店長「じゃあ、君は彼に会うつもりなのか?」

店員「……いや、少年とは会いません」

店長「そりゃまたどうして」

店員「私は少年と約束しました」

店長「約束?」

店員「はい」


―――― 店員「受かったら、どこへでも行ってやる」


――――男「お、約束ですよ」


――――店員「当然だ」


店員「少年が次にここに来て私に会うと、私はその約束を守らなければならない」

店長「…………」

店員「だから、少年とは一度離れます。その間に、考えます」

店長「考える?」

店員「今はまだ、気持ちの整理がついてないんです」

店長「ふぅん」

店員「なので、申し訳ありませんが、辞めさせていただきます」

店長「うん、分かったよ。でも、気が向いたらまた来てね?今度は、客として」

店員「それはもちろんです」



36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 22:42:41.75 ID:bVIOi4aS0

男「…………」

店長「大学、頑張ってね」

男「…………もう」

店長「もう?もう、なんだ?」

男「っ」

店長「君には、君の生き方がある。なにも彼女が全てということはない。いや、この世界にはそれを強いられている人もいるけど……」

男「…………」

店長「でも、君は違う」

男「…………」

店長「君はまだ何も知らない。君がこれから会う人、そして離れていく人。彼女はその中の一人だろう」

男「……それは、ち、違います」

店長「それは今だから言えることだ。現に君は、小学校や中学校で出会った人の中で、今も付き合いがある人は何人だい?」

男「っ…………」

店長「分かったかな?」

男「……でも」

店長「あと、あれだ。店員ちゃんは怒るんじゃないかな?」

男「!」

店長「合格証明書、見せるんでしょ?」

男「……はい」

店長「じゃ、行くね?」

男「……はい」

店長「よし。あ、言っておくけど、彼女、いつか来るから、また会えるよ」

男「……ホントですか」

店長「うん、彼女自身が言ってたからね」

男「……あの、一つお願いが」

店長「ん、なんでも言ってよ。できる限りならできる」


―――― 店員「できる限りのことはしてやるから」


男「っ……」

店長「ん?どうしたんだい?」

男「いえ、ちょっと思い出しただけです」

店長「……そうか。で、お願いって?」

男「……あの――――」



37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 22:43:56.90 ID:bVIOi4aS0

友「よっす」

男「おう」

友「久しぶりだな、センター以来か?」

男「あぁ、そうかもな」

友「それにしても、お前よく受かったな。あそこレベル高いのに。俺には無理だったわ」

男「まあ、な。頑張れたから」

友「いや本当すごいよお前は」

男「まあ、とりあえずそれは置いといて。今日は楽しもうか」

友「卒業&合格パーティてか」

男「そんなとこ。まぁ安い焼肉だけどな」

友「かまわんよ。その方が俺ららしいし」

男「じゃ、卒業と」

友「合格を祝して」

男友「 「 乾杯!! 」 」



38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 22:45:36.75 ID:bVIOi4aS0

友「お前こんなとこ知ってんなら早めに教えてくれよ……」

男「悪いな」

友「てか、すげぇいいバーじゃん。なんで人いねえの?」

男「それは分からん。けど、これから増やしていくよ」

友「俺はその一人目だな」

男「いや、二人目だ。俺が一人目」

友「いや、お前はこれからは『そっち側』だろ?」

男「ん?あぁ、そうか」




店員(男)「そうだったな」







39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 22:47:13.56 ID:bVIOi4aS0

――ちょっと前

男「あの、ここで働きたいです」

店長「いいよ。丁度人いなくなったし、君なら尚更」

男「え、そんなあっさりいいんですか」

店長「いいのいいの」

男「なんか、簡単ですね」

店長「あ、そうだ。実際に働くのは卒業してからね。それまで仕事の内容教えるから」

男「はい、分かりました」



40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 22:48:46.92 ID:bVIOi4aS0

店員「ありがとうございましたー」

店長「今日もよく働くねえ」

店員「段々お客さんが増えているのが、単純に嬉しいんです」

店長「大学は大丈夫なのかい?」

店員「もう三年です。ほとんど慣れましたし、それに僕にとってはこのバーの方が大事です」

店長「そうか。そういえば彼女はできたのかい?」

店員「ぶふっ……分かって言ってますよね」

店長「はっはっは!早めに楽しまないと、後々後悔するぞ?」

店員「後悔はしませんよ。ただ僕には……」

友「よっす」

店員「お、友。おう」

友「なんか似合うな」

店員「また言うか」

友「毎回恒例だな。あ、店長さん、こんにちはっす」

店長「ああ、こんにちは、友くん」

友「いいなあ、優しい上司で」

店員「そういや、友もバイト始めたんだっけか」

友「家の近くのコンビニだよ。先輩が短気ですぐキレるんだよ」

店員「それは酷い」

友「だよなあ。俺もここで働きたかったぜ」

店員「悪いな、ここは一人だけなんだ」



41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 22:51:20.41 ID:bVIOi4aS0

店員「てか、友は彼女いたよな」

友「ああ、まだ付き合ってんよ」

店員「俺にはそっちの方が羨ましいぜ」

友「お前の方は彼女は出来ないんか?」

店員「……まあな」

友「あ、悪い。聞いちゃいけなかったな」

店員「かまわんよ」

友「あれだ。楽しめよ」

店員「んなもん分かってる」

店長「じゃ、友くん。そろそろ……いいかな」

友「え、もうそんな時間でしたか」

店員「うわ、結構遅い時間だった」

友「じゃ、また来ます」

店長「うん、待っているよ」

友「男も、じゃな」

店員「おう、またな」

ガチャ

バタン

店長「じゃ、その食器片付けて」

店員「はい、分かりました」

ガチャ

店長「あ、すいません。今日はも……!」

店員「どうしたんですか」

店長「……失礼しました。どうぞ」

店員「え、もう時間ですけど」

店長「いいのいいの!じゃ、接客よろしく!」

店員「は、はぁ」



42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 22:53:16.64 ID:bVIOi4aS0

店員「いらっしゃ…………」

女「…………」

店員「え」

女「…………フフ」

店員「な、なんでここに」



元店員「久しぶりだな、少年」



男「ひ、あ、お久しぶり、です」




43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 22:54:48.10 ID:bVIOi4aS0

男「えっ、超大手企業じゃないですか」

元店員「まあ、そうだな」

男「へぇー、すごいところによく就職できましたね」

元店員「少年の方は、どうなんだ?」

男「あ、そうでしたそうでした。ちょっと待っててください」

元店員「…………フフ」

店長「やぁ、久しぶりだね」

元店員「お久しぶりです。店長さん」

店長「彼、ずっと待ってたんだ。約束を守るためにね」

元店員「約束、ね。忘れてました」

店長「嘘だろう。君は楽しみな顔をしている」

元店員「う…………」

店長「やっぱり、君には彼がお似合いだ」



44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 22:56:22.50 ID:bVIOi4aS0

男「あった!」

元店員「何だ?」

男「前に言いましたよね?受かったらどこへでも行ってやる、って」

元店員「懐かしいな」

男「はい、合格証明書です」

元店員「……そうか、受かったのか」

男「なので約束通り、一緒にどっか行きましょう」

元店員「フフ、ああ、いいぞ。少年と一緒なら、楽しそうだ」

男「まだ場所は決めてないですけど、夏休みくらいに」

元店員「海外はダメだからな」

男「もちろんです」

元店員「楽しみだな」

男「ええ、楽しみです」

元店員「さて、ではコーヒーをもらおうかな」

男「分かりました。コーヒーですね」

元店員「む、少年が淹れるのか?」

男「はい、店長に許可もらいました」

元店員「私は結局許可貰えなかったな」

男「お、僕の方が一歩前ですね」

元店員「そうだな」



45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 22:58:49.89 ID:bVIOi4aS0

男「髪、切ったんですね」

元店員「ああ、ちょっと前にな」

男「どっちも似合いますよ」

元店員「おや、ありがとう」

男「前の方が可愛かったですけど」

元店員「それは聞き捨てならん」

男「冗談です。今も可愛いですよ」

元店員「っ……少年もやるようになったな」//

男「お、やっぱり赤くなってる」

元店員「くぅ……」//

男「やっぱ僕、あなたのことが好きです」

元店員「あ、あぅ……あ、ありがとう」////

男「あなたは、どうですか?」

元店員「……す、好き、だ」////

男「あ、すいません、聞こえなかったんで、もう一回いいですか?」

元店員「……卑怯者だ、少年は」//

男「で、どうなんです?」

元店員「……す、あぅ、す、好きです……っ」////

男「……ありがとうございます!」

元店員「あー、もう」////



46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 23:00:26.74 ID:bVIOi4aS0

男「あ、コーヒーできたみたいです」

元店員「少年のコーヒーを飲むのは初めてだが……不味くないか?」

男「酷いですね、ちゃんと店長に認められた味です」

元店員「うむ、ならばいい」

男「あ、今、前と立場逆ですね」

元店員「フフ、そうだな」



47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 23:02:14.76 ID:bVIOi4aS0

―――― 店員「見ない顔だな。少年は今日が初めてか?」


あの日から、僕は変わった。

いや、変われた。

誰かとの出逢いは、それほどまでに人生に関わる。

これからは、大事にしていこう。

そう、思った。



48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 23:03:21.13 ID:bVIOi4aS0


店員「はい、コーヒーです」



女「ありがとう」










転載元
店員「はい、コーヒー」男「ありがとうございます」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406554007/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 01:23
      • 調度一人で珈琲を飲んでいた俺への当てつけか?
        あ?
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 01:38
      • なんか綺麗だな
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 01:51
      • ※1
        世の中は夏休みの餓鬼で溢れてるのになぁ
        涙拭けよ
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 02:02
      • いい話和んだ
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 02:29
      • ちょっと田舎のスタバ行ってくる
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 02:31
      • 5 これは良作
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 02:47
      • ※5

        12 51 21 52 12 4/3 44 75 21 15 21. 41. 74 51 91 73 92
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 06:21
      • ふざけんな!!
        俺なんてリアルにワタモテのもこっちみたいになったぞふざけんな!!
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 06:54
      • 5 若干、「店」がゲシュタル崩
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 10:08
      • 5 無駄にゴチャゴチャしてなくていい
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 10:45
      • 勢いで全部読んじゃった。読みやすかった。
        なかなかよかったよん
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 11:07
      • 土日にバイトしてその金は女目当てに難しい大学にいきたいねぇ…
        ほーん
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 11:07
      • 土日にバイトしてその金は女目当てに散財して難しい大学にいきたいねぇ…
        ほーん
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 11:34
      • 会って間もないような会話ではないよなぁ…男がチャラチャラしてるように思えて仕方ない
        店員もまんざらでもなさそうだし
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 12:18
      • 1 いかにも夏厨って感じのガキんちょが自己満足で書いた、実に安っぽいストーリー。
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 13:39
      • このスッキリさはいいね
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 14:54
      • チキショーー
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 17:43
      • なんだこれ、と思ったら、そういう場所だったのか
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 18:30
      • 4 よかった、けどセンター試験を去年に受けててなんで卒業何だよ
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 19:35
      • どこへでも行く→ラブホ
        と考えた俺は汚れてるのか…
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 19:59
      • 途中まで店員さんが渋いおじさんで脳内再生されてた
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月30日 21:25
      • このSS読みながら飲んでた缶コーヒーなくした
        さっきまで手に持ってたのにどういうこっちゃ
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月31日 07:21
      • ※19
        センター試験はいくつになっても受験できるから(震え声)
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月31日 08:36
      • なんで去年センター受けたのに
        卒業してんの???
      • 25. 通りすがりの暇人さん
      • 2014年07月31日 08:44
      • いいなぁ…無駄に設定作りこんでないから読み易い
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月01日 02:12
      • ぜったいにチ〇ポ入れられてるよね!!!!!
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月01日 08:34
      • 店長の声が明夫さんだった
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月04日 15:29
      • >>27よ、的確すぎwww米みてからもう一度店長の台詞みて吹いた
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月15日 00:23
      • 5 元店員の彼女は沢城さんで脳内再生された

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    • ライブドアブログ

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務