TOP

美希「プロデューサー。肩揉んで?」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/21(月) 15:03:49.73 ID:L12nm6Gp0

P「………………」カタカタカタ

<ガチャ

美希「あふぅ」
P「ん。あれ、どうしたんだ、こんな時間に。今日直帰だったろ?」
美希「事務所に忘れ物したから取りに来たの。はぁー……、面倒くさいの。ほかのみんなは?」
P「もう帰ったよ。小鳥さんも帰ったし、今日は俺が戸締りだ」
美希「ふーん」ポフッ
P「おいおい。なにソファで落ち着いてんだ。もう遅いんだから、早く帰れって」
美希「プロデューサーは?」
P「もうちょっとで仕事が終わりそうだから、これやったら帰るよ」
美希「じゃあなにかお話して? ミキ、わざわざ事務所に帰ってきたのに、忘れ物を持って終わり! じゃなんか損した気分になるの」
P「なんだそりゃ……。わからんでもないけど。あー、じゃあもうちょっと待ってな。送ってってやるから」
美希「あふぅ。あー……、今日も疲れたのー……」ノビー



2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/21(月) 15:05:02.45 ID:L12nm6Gp0

美希「はぁ。うーん、肩凝っちゃった。ミキ、すっごく肩が凝りやすいんだけど、なんでかな?」

P「そりゃお前、おっぱいが大きいからじゃないの」

美希「うわー、セクハラさんなの。でりかしーがないの」

P「今のは完全に言わせただろ……、身体凝るって言うならレッスンの後はきちんとクールダウンしとけよ。ストレッチも重要だぞ」

美希「ちゃんとしてるもーん。それでも凝っちゃうんだから、肩の方が悪いって思うな。あ、プロデューサー。ミキの肩揉んでよ」

P「お前……。一日仕事した後のおっさん捕まえて肩揉めとはいい度胸だな。普通逆だぞ」

美希「一日仕事だったのは美希も同じだもん。今日も頑張ったんだよ?」

P「む……。それ言われると弱いな。確かに最近、美希も頑張ってるしな……。よし、丁度仕事も終わったし、揉んでやるか。ほら、背中向けて座れ」

美希「わーいなの」



4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/21(月) 15:06:09.67 ID:L12nm6Gp0

P「よし、じゃあ揉んでいくぞー。……お前、肩ほっそいなぁ」

美希「そお? 普通だって思うな」

P「子供の肩なんてあんまり触らないからなぁ……。さて……」スッスッ

美希「? プロデューサー。ミキ、肩を揉んでほしいんだよ? なんで擦るの?」

P「こういう風に手で擦ると、温かくなるだろ? 血行が良くなるんだってさ。軽擦法って言ったかな。こんな風に擦られるだけでも結構気持ち良くないか?」スッースッー

美希「ん……、確かにちょっと気持ちいいかも。あったかいし。プロデューサーの手っておっきいんだね」

P「まぁ一応男なんで……。よし、温まって来たな。それじゃ、揉んでいくぞー」グッ

美希「痛っ! あ、ちょ、痛い、痛いの!」

P「え、マジで? 俺、全く力入れてないけど……、これでも痛い?」グッ

美希「痛いの! もう、プロデューサー、力入れすぎなの!」

P「これで痛いのか……、お前ほんっとに肩凝ってんだな……。わかったわかった、それじゃ優しく揉んでいくから。えーと……」



8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/21(月) 15:10:43.86 ID:L12nm6Gp0

P「よし、じゃあ揉んでいくぞー。……お前、肩ほっそいなぁ」

美希「そお? 普通だって思うな」

P「子供の肩なんてあんまり触らないからなぁ……。さて……」スッスッ

美希「? プロデューサー。ミキ、肩を揉んでほしいんだよ? なんで擦るの?」

P「こういう風に手で擦ると、温かくなるだろ? 血行が良くなるんだってさ。軽擦法って言ったかな。こんな風に擦られるだけでも結構気持ち良くないか?」スッースッー

美希「ん……、確かにちょっと気持ちいいかも。あったかいし。プロデューサーの手っておっきいんだね」

P「まぁ一応男なんで……。よし、温まって来たな。それじゃ、揉んでいくぞー」グッ

美希「痛っ! あ、ちょ、痛い、痛いの!」

P「え、マジで? 俺、全く力入れてないけど……、これでも痛い?」グッ

美希「痛いの! もう、プロデューサー、力入れすぎなの!」

P「これで痛いのか……、お前ほんっとに肩凝ってんだな……。わかったわかった、それじゃ優しく揉んでいくから。えーと……」



12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/21(月) 15:14:31.06 ID:L12nm6Gp0

P(親指で揉むのが痛いなら……、手のひらだな。円を描くようにしながら揉んでいけばいい)

クリクリクリ

美希「あ……、それはちょっと気持ちいいの」

P「こうやって、ちょっとずつほぐしていくからなー。どうだ、痛くないか?」

美希「これなら大丈夫なの……。あっ、そこそこ。そこ気持ちいいからもっとやって?」

P「はいはい。これでどうですかーっと」クリクリクリ

美希「あ~……、もう、こんな風に気持ち良くできるなら、最初からやって欲しいの」

P「悪い悪い。思ったより凝りがひどかったもんでな……。でも大分ほぐれてきたんじゃないか?」クリクリクリ

美希「そうなの? 自分ではよくわかんないの」

P「そろそろ普通にやっても大丈夫かな。じゃ、手のひらで肩を包んで、指の腹で押して……」

美希「あっ、それはヤなの! 痛いのはヤ!」

P「大丈夫だって、そんなに力入れないから」グッグッ

美希「……あ、ほんとだ、痛くない。むしろ気持ちいいの」

P「だろ。筋肉がほぐれてきてるんだよ。俺があんまり力入れていないのもあるけどさ」グッグッ

美希「お、おー……。なんか……、さっきのグリグリより……、気持ち、いいかも……」

P「そうだろそうだろ。うわ、お前ここガチガチじゃないか。痛いだろ、ここ」グリグリ

美希「あ、あいたたた……、痛い、けど、ちょっぴり気持ちいいね……」

P「痛気持ちいいってやつだなぁ。こういうところをきちんとほぐすと、肩も軽くなるからちょっと我慢してな」グッグッ

美希「あう……なんか……、変な声出ちゃいそう……」

P「………………」グリグリ

美希「あ~、極楽なの~……」



13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/21(月) 15:16:00.56 ID:L12nm6Gp0

P「んー……、ちょいと失礼」ふぁさ

美希「ふえ? どうしたの、プロデューサー。なんでミキの髪をかきわけるの?」

P「いや、うなじもマッサージしてやろうと思って。……お前、綺麗なうなじしてんなぁ。今度、撮影でうなじ出してみようか」

美希「どっちでもいいの。それより、早く続きやって欲しいの」

P「はいはい。ま、ここは軽く……」

P(うなじを手で掴んで、指の腹でぐっと押していく)モミモミ



美希「んぁ……、ん……、これも結構気持ちいいの……」

P「そうなんだよ。肩じゃなくて首も凝るから、こうやってきちんとほぐさないとな」モミモミ

美希「はう……」

P「……………………」グッ

美希「あ、いたたた……、プロデューサー、そこちょっと痛いよ?」

P「髪の生え際あたりにあるのは眼精疲労のツボだ。目が疲れてるぞー。携帯イジるのもほどほどにな」

美希「はぁい……」



14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/21(月) 15:18:32.40 ID:L12nm6Gp0

P「んー……。こんなところはどうだ?」

P(丁度、鎖骨の下あたり、だっけか。この辺りを親指でぐりぐりと押していく)

美希「あぅ、あぅ。あっ、そこいいの。ちょっとくすぐったいけど……」

P「あぁやっぱ気持ちいいか。肩凝ってるとどうしてもな……」クリクリ

美希「んあ……、あは、なんだか変な声出ちゃうの」

P「わかるわかる。ここが気持ちいいなら、腋のあたりも良いんじゃないかな」グリグリ

美希「あうー……。そこも良いの……、気持ちいいのー……」




美希「気持ちいいけど、そこほとんどおっぱい触っちゃってるよ?」

P「あぁやっぱそうか。すまん」パッ

美希「プロデューサーなら別にいいけどね。はぁー、大分肩も軽くなったの。ありがと、プロデューサー」



15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/21(月) 15:20:23.59 ID:L12nm6Gp0

P「……………………」

美希「どうしたの?」

P「いや、思ったより身体疲れているみたいだからさ。仕事頑張ってくれてるんだなって」

美希「ミキ、頑張ってるって最初から言ってるの。もっと褒めてくれてもいいって思うな」

P「わかったわかった。よし、じゃあもっと労わってやろう。ちょっとソファに寝転びな?」

美希「何するの?」

P「肩だけじゃなくて、腰回りもマッサージしてやるから。そうすりゃ疲れもちょっとは軽くなるよ」

美希「ほんと? わーいなの」コロン

P「じゃあちょっと上に乗るぞー……。さて。腰回りとは言ったが、まずは肩の辺りをほぐしていくぞ。特に肩甲骨の辺りだ。ここを手のひらでグリグリと揉むと気持ちいい」グリグリ

美希「あ、ほんとなの。ほとんど骨なのに、不思議だね」

P「ほれ、ぐりぐり」

美希「んあー……。よくわかんないけど、気持ちいい……」

P「肩甲骨の中に手を入れる、みたいなマッサージもあるんだけどな。さすがにそれは」

美希「それはちょっと怖いの……」

P「俺もちょっと怖くてできない。この辺りがほぐれてきたら、徐々に位置を下げて行って腰の辺りを揉む。ここは親指でしっかりとツボを押していくぞ」グッグッ

美希「あっいったっい、そっこっ痛い」

P「んー……。やっぱ腰に負担かかってんだな……。いくらダンス得意っつっても、疲れないわけじゃないもんな」

美希「えー? ミキ、平気だよ?」

P「美希はそのつもりでも、身体は疲れてるんだってば。ほれ、その証拠に」グリグリ

美希「痛い痛い、痛いよ! もうー! 意地悪しないで!」

P「はっは、悪い悪い。ゆっくりほぐしていこうな。温められると尚いいんだけどなー……」グッグッ

美希「あ~……、ようやく気持ち良くなってきたの~……。痛気持ちいいの~……」

P「……………………」グリグリ

美希「あっ、そこいいのっ。もっとやって?」

P「へい」グリグリ

美希「あー………………」

P「…………」トントントン

美希「はふう………………」



16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/21(月) 15:21:33.82 ID:L12nm6Gp0

P「うーん……」

美希「どうしたの?」

P「いや、もう腰回りは十分ほぐしたんだけどさ」

美希「そうなの? じゃあもうマッサージは終わり?」

P「腰は終わってんだけど……。なぁ美希。さすがに尻触られるのは嫌か?」

美希「えー? どうしたの、プロデューサー。本当にセクハラさんになっちゃった?」

P「そうじゃなくてさ。やっぱ知らないのか、美希。尻も凝るんだよ。足の付け根とかもそうなんだけど、これがなかなかに気持ちが良い」

美希「ふーん。それでミキのお尻に興味津々ってこと?」

P「別に興味があるからってわけじゃねぇよ……。いいよ、変なこと言って悪かったな」

美希「あはっ、冗談なの。マッサージしてもらえるなら、どこ触ってもいいよ。プロデューサーなら、ミキ平気だもん」

P「そうかい。なら、ちょっと失礼するぞ」



17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/21(月) 15:23:23.10 ID:L12nm6Gp0

P(とりあえず、手の甲で刺激していくか……。揉むっていうよりは、揺らすっていう感じで……。うわ、こいつの尻やわらけーなー……。本当に中学生かよ)

美希「きゃー。どう? ミキのお尻」

P「あぁ、立派立派。その立派なお尻を今からほぐしていくからなー……」クニクニクニ

美希「んっ……。あー、ほんとだ。なんだか気持ちいいの……」

P「だろ。腰や肩を揉むのとはまた違った気持ち良さだろ」クニクニクニ

美希「そうだねー……。でも不思議。お尻も凝るんだね?」

P「最近、座り仕事も多くなったからなぁ。やっぱ尻にも負担かかってんだよ。ちゃんと疲れ取ってやらないとな」クニクニクニ

美希「あー、それいいのー……。気持ちいいー……。ね、お尻を揉んでもらって気持ちいいってことは、おっぱいも気持ちいいのかな?」

P「アホたれ」

美希「やんっ。もう、お尻叩かないで欲しいの」

P「アホなこと言うからだ。ほれ、尻も背中も終わりだ。ちょっとそこに座りな」

美希「はーい。あー、気持ち良かったの」

P「待て待て。最後の仕上げがあるから待ってな。はい、背筋伸ばして。よいしょっと」



18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/21(月) 15:24:33.56 ID:L12nm6Gp0

P(手を合わせて、ほとんど力を入れずに頭をとんとんと叩く)パチパチパチパチ

美希「えっ、なになに。なんでミキの頭を叩くの?」

P「こういうマッサージなの。叩打法って言ってな。床屋さんとかでやってもらったことないか?」

美希「ミキ、床屋さん行ったことないの。いつも美容院だし」

P「あぁそう……。まぁいい、これも気持ちいいから」


パチパチパチパチパチ……


美希「ああああ~~……ほんとなの、気持ちいいの……。なんで気持ちいいのか全くわからないけど、気持ちいいの……」

P「ほんとこれなんで気持ちいいんだろうな……。簡単にできるからいいんだけど。はい、終わり。お疲れさん」

美希「あー、気持ち良かった。ありがと、プロデューサー」

P「はいはい。それじゃ、もう遅いから帰るぞ。戸締り手伝え」

美希「はーい」



19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/21(月) 15:25:32.40 ID:L12nm6Gp0

P「ほれ、きちんとシートベルトつけて。えーと、美希の家はこっちのルートでよかったかな……」

美希「あ~、ミキの身体、すごく軽くなったよ。事務所に忘れ物して得しちゃったな」

P「今回のは特別だぞー……。がっつりマッサージやったから俺の方が疲れちまったよ」

美希「あ、それなら今度はミキが肩叩いてあげようか? トントントンって」

P「んー………………………………。いや、いいや」

美希「えー? なんで?」

P「お前らに肩たたきなんてされたら、すげぇ老け込んだ気分になりそうでな。凹むからやめとく」

美希「えー。ミキ、作ってあげるよ? 肩たたき券」

P「そういうのがいやだって言ってんの」


おわり



転載元
美希「プロデューサー。肩揉んで?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405922619/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 21:12
      • おいこらかわれ
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 21:18
      • 他にもマッサージすべきところがあるだろ
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 21:19
      • ミキミキをマッサージしといて何もしないとは……恥を知れ!
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 21:21
      • ここからが本番でしょうがああああ
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 21:31
      • てっきり低ランクで見下されてるのかと…いい話や、微妙におっさんなPってのもいいねぇ。
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 21:34
      • やっぱりか、じゃねぇんだよこのクソタレがよぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 21:37
      • 俺もこのPにマッサージしてほしいんだけど土方DQNじゃダメかな
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 21:38
      • 貴様ら、これが大人のバランス感覚ってもんだよ
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 21:39
      • そこ譲れ、金はある
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 21:44
      • このほんのり香るエロスがいい
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 21:49
      • みきみきのおっぱいとお尻を触って感謝される、か…なぜかマッサージの勉強がしたくなってきたぞー
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 21:55
      • ハニーハニーとべったりなミキミキよりサバサバしたミキミキの方が可愛い
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 21:57
      • この焦らされてる感
        イイヨーイイヨー
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 21:58
      • 美希の身体をマッサージできるなら紳士でも一向に構わんッッ!
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 22:02
      • 5 いいね、この距離感
        長すぎずにさらっと読めるのもいい
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 22:04
      • >>美希「ふーん。それでミキのお尻に興味津々ってこと?」

        はい、すいません
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 22:11
      • おまえら、、、、、、欲望に忠実すぎだよ(俺も星井さんのお尻に触りたいです)
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 22:15
      • おまえらってさ、良くも悪くも欲望に忠実だよな

        僕はPに肩と背中マッサージして欲しいです
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 22:19
      • おうプロデューサー、俺の尻もマッサージしてくれや
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 22:29
      • このPは不能
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 22:31
      • 貴音にかなり本格的な整体をされている響たゃんの画像下さい!!
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 22:40
      • お前らどうせマッサージとか言ってセクハラするんだろ?ドン引きだわ。

        ところで千早、胸って揉むと大きくなるらしいぞ?(ゲス顔)
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 22:40
      • なんでだろうマッサージ物を読むと
        急に全身だるくなるわ
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 22:54
      • そこほとんどおっぱい触っちゃってるよ?とかミキミキに言われたら理性もたない自信がある
      • 25. 774P
      • 2014年07月21日 22:57
      • これがハニーになれるプロデューサーということだな、、、!
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 22:58
      • あんよが!
        ふくらはぎとか足裏が残ってるじゃないですか!ヤダー
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 23:06
      • それで鳥、撮ってるんだろ?幾らだ?
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 23:28
      • 米欄のおっさん臭さハンパねぇな
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 23:38
      • 読み辛いwww
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月21日 23:41
      • 美希、かわってくれ
      • 31. 以下、VIPにかわりましてケンシロウがお送りします
      • 2014年07月22日 00:04
      • せめてもの手向けだ。
        お前にはアタタタき拳をくれてやろう。
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 00:04
      • 素晴らしい
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 00:31
      • 最近3本目の足がカチカチでな…俺もPに揉みほぐしてほしいんだが…ボロン
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 01:52
      • 5 こんなんでも面白いからな不思議だよな

        キャラみんな他のssのヤンデレモードぱく って来て、無理矢理ハイテンションに笑い詰め込んでくそつまんないss書いてるやつとか見習って欲しいよ
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 02:06
      • うわぁ・・・※33の中・・・すごくあったかいナリ・・・
      • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 03:03
      • コレは美希が後にPにお尻揉んでもらって気持ちよかったと言って大変になるパティーン

        けど本当中学生の身体柔らかいぞとボランティアでやったとある女子運動部のボディケアの時の感触を思い出す
      • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 03:28
      • 5 これミキの必要なくない?
        こういうのはやっぱりわた春香さんがいいと思うな
      • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 04:09
      • 誰も、んあーにつっこんでないだと
      • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 04:24
      • 十万から積むからそこかわれよ
        (いやあこういうのいいですよねえ)
      • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 06:08
      • 仕方ない、美希のおっぱいは俺がマッサージしてやろう(真顔
      • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 07:02
      • 5 いい雰囲気だ
        やっぱりオッサンは格好いいぜ
      • 42. 以下、VIPにかわりましてB100cm超え(予定)がお送りします
      • 2014年07月22日 09:42
      • ※22
        本当ですか?絶対ですね?高槻さんと天に誓ってですね?
        分かりました、信じます。

        もし嘘だったら人間が思いつく限りの、相応の報いを受けていただきますから。
        覚悟していてください。
      • 43. 以下、VIPにかわりましてぴよぴよがお送りします
      • 2014年07月22日 09:55
      • ※42
        すいません。正確には大きい人の胸を揉むと良いです。
        寝ている時を狙うと良いようです。頑張って下さい。(REC)
      • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 10:05
      • このぐらいの距離感、関係が大好きです
      • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 10:05
      • いいなぁ…いいなぁ
        ベタベタしてるのは食傷気味だったからなぁ
      • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 12:13
      • は、早く続きを!!
        夏とはいえ下半身丸出しは堪える!!!
      • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 12:20
      • 翌日、ミキがうっかりマッサージの話を漏らして
        みんながマッサージを要求するんですね、わかります
      • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 13:05
      • ぐへへへって声出しながら読んだわ
        美希かわいいよ美希
      • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 15:54
      • 5 ハニーって言わない美希の方が自然だよな…
      • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 16:03
      • 親心を持ったPいいぞー

        ここから先はあってほしいような、これで終わるから良いような、そんなSS
      • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 16:59
      • なんで俺はPじゃねぇんだ…(コミュ障)
      • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 19:16
      • 俺もマッサージしてくれるPが欲しい
        最近腰が痛いんだよ…
      • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 19:41
      • ※52
        悶絶マッサージプロデューサーのPと申します
      • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 21:19
      • ※47
        こういうわかってないのがいるから最近のSSはつまらねえんだなと思いました
      • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 21:46
      • 5 おっぱいマッサージ編に続けオラァ!
        いやこの雰囲気だからいいんだけど…いいんだけどさ…
      • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月23日 06:36
      • 何か読んでるだけで肩が楽になってきた。
      • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月23日 23:04
      • お前らおっぱいおっぱい言ってないで、まだ残ってる足裏・脹脛・脛・頭皮・腹部・太腿&内腿のマッサージをやってやれよ
      • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月26日 12:46
      • 5 いい雰囲気でマッサージが進むから読んでるこっちの肩もほぐれて気持ちいい
      • 59. ラルフローレン
      • 2014年08月01日 19:03
      • 最も作品の周りをリッピングしてより低い控訴布のフレーズですることができます。この旅の選択過程は通常勤めて別の詳細についてはあまりにも我々 は通常犯罪者に関する 1 つの異なるレートですべてのすべて、配偶者はエネルギッシュな人間を作り出す、若いと日付をスケジュールに対応の子供たちが自分自身を教育するについて各経路のために行く、マルチでのショーケースに機能別に至るまでいくつかの量と与えられることを理解するあなたのエネルギーの癒しと個人と可視化の許可を魅惑的な方法考えています。サイトにする前に条件を評価してください。何かのことができます最も筋金入りの買い物客を使用するリソースの優秀な数を喜んで新品を購入市場設備で惑星のクラスから、このリンクで利用できる特別なサプライヤーと関連付けは珍しいことでは、単にユニークなブティックのある特定の促進や記念品。
        ラルフローレン http://burberry.studiorevoluson.com
      • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年01月24日 23:43
      • 頭がポーってなる

        リラックスできた

        ありがとう
      • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年05月17日 19:20
      • ※54
        分かるなー
        自己投影が丸見えなハーレムものは食傷気味なんだよね

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ