TOP

ファイヤー「にらみつけるだけでポケモンリーグを制覇する!」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 00:34:49 ID:9RCMlnGw

<チャンピオンロード>

サンダー『ハァ!?』

サンダー『オレたち二人を呼び出すなんて、いったいどんな用かと思ったら……』

サンダー『お前なに考えてんだ!?』

フリーザー『うむ……あまりにも非現実的すぎる』

ファイヤー『いや、止めないでくれ……二人とも!』

ファイヤー『俺はにらみつけるだけで、ポケモンリーグを制覇してみせる!』



3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 00:38:35 ID:9RCMlnGw

サンダー『いやいやいや、落ちつけって!』

サンダー『だいたいなんでまた、そんなことすんだよ!?』

ファイヤー『決まってるだろう?』

ファイヤー『にらみつけるが、かみなりやふぶきと同格だと証明するためだ!』

サンダー『だからってさぁ……!』

フリーザー『…………』

サンダー『おいフリーザー、黙ってないでお前もなんかいってやれよ!』



4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 00:43:03 ID:9RCMlnGw

フリーザー『いや、我々がいくらいっても無駄だろう』

フリーザー『見てみろ、あのファイヤーの目つきを』

ファイヤー『…………』メラメラ…

サンダー『も、燃えてやがる……!』

フリーザー『こうなったファイヤーを止める術など、もはや存在しない』

フリーザー『にらみつけるだけで、ポケモンリーグ制覇……』

フリーザー『かげながら応援させてもらうよ、親友として!』

ファイヤー『ありがとう……フリーザー!』



5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 00:48:32 ID:9RCMlnGw

サンダー『ちっ、しゃあねえな……!』

サンダー『オレも親友(ダチ)として見届けさせてもらうぜ!』

サンダー『お前がにらみつけるだけでチャンピオンになるところをよ!』

ファイヤー『サンダーもありがとう……!』

ファイヤー『そうと決まれば──』

サンダー&フリーザー(にらみつけるの特訓か!)

ファイヤー『ポケモンリーグの人間と意思疎通ができるよう』

ファイヤー『人間の言葉をマスターしないとな!』

サンダー&フリーザー『そこからかよ!』



6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 00:53:41 ID:9RCMlnGw

一ヶ月後──

<セキエイ高原>

係員「え……ポケモンリーグに挑戦したい!?」

ファイヤー「ああ、俺はチャンピオンロードに生息しているのだから」

ファイヤー「チャンピオンの座に挑戦する権利があるはずだろう?」

係員(どういう理屈だよ……)

係員「し、しかし……ポケモンがポケモンリーグに挑戦するなんて……」

ファイヤー「…………」ギロッ!

係員「ひいっ! ど、どうぞ……」

ファイヤー「うむ」



サンダー『人間の言葉をマスターしたし、にらみつけるの特訓もしたし』

サンダー『ついにファイヤーの挑戦の始まりか!』

フリーザー『我々は後ろから応援することにしよう』



7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 00:58:33 ID:9RCMlnGw

<VSカンナ>

カンナ「ポケモンリーグへようこそ! ……って、あら?」

ファイヤー「俺はファイヤー、ポケモンリーグに挑戦させてもらう」

カンナ「ポケモンがポケモンリーグに挑戦だなんて……妙な話ね」

カンナ「後ろの二匹を含めて、三匹での挑戦ってことかしら?」

ファイヤー「いや、後ろの二人はただの見届け人……挑戦者は俺一人だ!」

カンナ「ふうん……ま、いいわ。相手してあげる」

カンナ「私は四天王のカンナ、氷ポケモンを使わせたら右に出る者はいないわ!」

カンナ「アンタも氷漬けにしてあげるから、覚悟するのね!」

ファイヤー「望むところ!」ギロッ!



サンダー『おいおい、あっちはあっちであっさりファイヤーの挑戦を受けたぞ!』

フリーザー『さすがは四天王……といったところか』



9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:02:45 ID:9RCMlnGw

カンナ「いきなさい、ジュゴン!」ポイッ

ジュゴン「ジュゴォン!」

ファイヤー「…………」ギロッ!

ジュゴン「!」ビクッ

ファイヤー「…………」ギロッ!

ジュゴン『そんなに睨まなくても……』オドオド…

カンナ「なんてことなの! ジュゴンが怖気づいちゃったわ!」



サンダー『すげえ、本当ににらみつけるだけで戦ってやがる!』

フリーザー『にらみつけるは、敵を委縮させて防御力を低下させる技……』

フリーザー『極めれば、あのような戦法も可能ということか!』



10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:06:17 ID:9RCMlnGw

カンナ「もういいわ! 次、パルシェン出なさい!」ポイッ

パルシェン「シェーン!」

ファイヤー「…………」ギロッ!

パルシェン「!?」ギョッ

ファイヤー「…………」ギロッ!

パルシェン『す、すみませんでした……』バタンッ!

カンナ「くっ、パルシェンまで……」



フリーザー『ふむ……奴は引きこもりだから、睨まれると弱いんだろう』

サンダー『大真面目にそんな解説しないでくれる?』



11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:10:13 ID:9RCMlnGw

カンナ「だったら、ヤドランの出番よ!」ポイッ

ヤドラン「…………」ホゲ~

ファイヤー「…………」ギロッ!

ヤドラン「?」ホゲッ

ファイヤー「なにっ!?」

カンナ「あははっ、のんきなヤドランに脅しなんて通用しないわ!」



サンダー『なんだアイツ!? 睨まれてもケロッとしてやがる!』

フリーザー『まずいな……早くも天敵登場のようだ!』



12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:15:32 ID:9RCMlnGw

カンナ「ヤドラン、どわすれよ! どんどん能力を高めるのよ!」

ヤドラン「…………」ボケ~

ファイヤー(くっ、このままではまずい!)

ファイヤー(ならば──矛先を変えるまでだ!)ギロッ!

シェルダー「!」ギクッ

シェルダー『か、噛みついてごめんなさい……』サッ

ヤドン「…………?」

カンナ「ヤドランがヤドンに退化したですって!?」

ファイヤー「ヤドランを出しておいて、ヤドンを戦わせるのは立派な反則!」

ファイヤー「さぁ、ヤドンを退場させてもらおう!」ギロッ!

カンナ「くっ……戻りなさい、ヤドラン! じゃなくてヤドン!」ボシュゥゥ…



フリーザー『尻尾に噛みつくシェルダーを標的にするとは……まさしく頭脳プレー!』

サンダー『頭脳プレーというよりゴリ押しじゃねえかな、これ……』



13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:21:52 ID:9RCMlnGw

カンナ「だったらルージュラ! のしかかってやりなさい!」

ルージュラ「ウフ~ン」バッ

ドスンッ!

ファイヤー「ぐえっ!」

ルージュラ『ついでにキスしてあげるわぁ~ん』

ブチュッ!

ファイヤー(よ、よくも……よくも!)プルプル…

ルージュラ「?」

ファイヤー『俺のファーストキッスをォォォ!』ギンッ!

ルージュラ『あ、あわわ……』ガタガタ…

カンナ「ううっ……今までで一番すごいにらみつけるだわ!」



フリーザー『ちなみに私のファーストキスは、ふたご島に漂着した美しい女性だった』

フリーザー『ひと夏のロマンスというやつだ』

サンダー『オレは……レアコイル』



14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:29:53 ID:9RCMlnGw

カンナ「まさか出すはめになるとは思わなかったわ! ──ラプラス!」ポイッ

ラプラス「…………」ズンッ

ファイヤー(む、今までの奴らとは格が違いそうだ……!)

ラプラス『最初にいっておくが、私には脅しなど通用しない』

ファイヤー「…………」ギロッ!

ラプラス『無駄だ』

ブシャァァァァァッ!

ファイヤー「ぎゃあああああっ!」

ドスンッ!

ファイヤー「ぐおおっ……!」



サンダー『ハイドロポンプにのしかかり……えげつない攻めしやがる!』

フリーザー『ラプラスの体重は200kgを超える……さぞ重かろう』



15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:33:01 ID:9RCMlnGw

カンナ「一気に決めるわよ! ラプラス、ふぶき!」

ラプラス『凍ってしまえ』

ファイヤー「ちょ、ちょっと待ってくれ! 体がしびれて動かない……!」

ビュオオォォォ……!

ファイヤー「…………」カチーン

カンナ「あははっ、凍っちゃった!」

カンナ「さ、これで勝負ありね」

カンナ「そっちの二匹、とっととこの氷像を持って帰ってちょうだい!」



サンダー『くそったれ……ここまでかよ!』

フリーザー『ふぶき……なんという恐ろしい技だ! まさに最強の必殺技……!』

サンダー(え、さりげなく自画自賛?)



16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:38:08 ID:9RCMlnGw

サンダー『んじゃあ、ポケモンセンターまで運ぶか……』

フリーザー『うむ、落として壊さないようにな』

フリーザー「!」ハッ

フリーザー『いや、待て! ファイヤーはまだ戦っている!』

サンダー『なんだって!?』



ファイヤー(氷)「…………」ギロッ!



フリーザー『凍りながら……なおもラプラスを睨みつけているッ!』

サンダー『す、すげえ……!』

ラプラス『なんという……漢(おとこ)!』

カンナ(私にはこの子たちの言葉は分からないけど……これだけは分かる)

カンナ「この勝負、私の負けよ……!」



17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:42:28 ID:9RCMlnGw

ファイヤー「ふう、ようやく氷が溶けた……」

カンナ「私の完敗ね……」

カンナ「にらみつけるの力をあなどっていた……それが私の敗因でしょうね」

カンナ「だけど、ポケモンリーグ真のパワーはまだまだ……こんなものじゃないわよ!」

ファイヤー「ああ、分かっている!」

ファイヤー(初戦からここまで苦戦するとは思わなかった……)

ファイヤー(やはりポケモンリーグ……一筋縄ではいかないようだ!)



ファイヤー『サンダー、フリーザー! 次の部屋に向かうぞ!』

サンダー『おう! なんか、お前ならやれる気がしてきたぜ!』

フリーザー『うむ! 氷ポケモン使いに勝ったのだから、あとはもう楽勝だ!』

ファイヤー&サンダー『…………』



25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 01:05:59 ID:pq9JXRvQ

<VSシバ>

シバ「ほう、ポケモンがポケモンリーグ挑戦とはな……面白い!」

シバ「俺は四天王のシバ! 格闘家であり、格闘ポケモンの使い手だ!」

シバ「伝説のポケモン、ファイヤーよ!」

シバ「俺たちのスーパーパワーを受けてみるがいい! ウー! ハーッ!」

ファイヤー「ふん、俺のにらみつけるパワーで受け切ってやる!」

ファイヤー「ファイ! ヤーッ!」



サンダー『サン! ダーッ!』

フリーザー『フリー! ザーッ!』



26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 01:10:16 ID:pq9JXRvQ

ファイヤー「試合を始める前に、一つ提案がある」

シバ「提案?」

ファイヤー「なんだったら、二体同時に相手してやってもいいぞ」

シバ「なんだと!?」

ファイヤー「それともそっちに有利な提案すぎて、委縮してしまったかな?」

シバ「ぬう……よかろう!」

シバ「ならば、二体同時に出させてもらおう!」



サンダー『あのバカ……なに考えてんだ!? 自殺行為だ!』

フリーザー『いや、にらみつけるで脅すというのは、いってしまえばトリッキー技だ』

フリーザー『なるべく少ない試合数で終わらせるための、ファイヤーの策略だろう』

サンダー『……そういうことか!』

フリーザー『だがこの提案、はたして吉と出るか凶と出るか……』



27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 01:13:18 ID:pq9JXRvQ

シバ「ゆくぞ! ダブルイワークだ!」ポポイッ

イワークA「イワァク!」

イワークB「イワァァァァク!」

ファイヤー(で、でかい……! しくじったかもしれん……!)

シバ「さぁ、スーパーパワーを見せつけてやれ! イワークたちよ!」



サンダー『なんだこりゃあ、とんでもない迫力だ……!』

フリーザー『通常イワークは体長8~9mといったところだが』

フリーザー『シバという人間と鍛錬したせいか、二体とも10m以上はある!』

サンダー『そんなのを二体同時相手って……完全に凶が出ちゃったじゃねえか!』

フリーザー『どうやら、ファイヤーの挑戦……ここまでのようだな』



28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 01:16:42 ID:pq9JXRvQ

ファイヤー(くっ……やるしかない!)ギロッ!

イワークA「イワッ!?」ビクッ

イワークB「クッ!?」ビクッ

イワークA「イワァ~ク……」ガタガタ…

イワークB「イワイワァ~ク……」ブルブル…

シバ「くそっ、なんという眼力だ! 二体とも、戻るんだ!」ボシュゥゥ…

ファイヤー「……え?」



サンダー『なんだよ! とんだ見かけ倒しじゃねえか!』

フリーザー『心技体のうち、体ばかり鍛え、心はイマイチだったようだ』

サンダー『だけど二体バラバラで来られてたら、二体目には通じなかったかもな』

フリーザー『うむ、どうやらファイヤーの策略が当たったようだ』



29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 01:20:11 ID:pq9JXRvQ

シバ「ならば次はエビワラーとサワムラーのコンビだ! ゆけっ!」ポポイッ

エビワラー『いくぞ、サワムラー!』ザッ…

サワムラー『おうよ!』ザッ…

エビワラー『メガトンパンチ!』シュッ

ボゴォッ!

ファイヤー「うげぇっ!」

サワムラー『どりゃあっ!』ブオンッ

バキィッ!

ファイヤー「ごあっ!」



サンダー『うおっ!? こいつらの技、とんでもない威力だな!』

フリーザー『しかも拳と蹴りのみごとなコンビネーション! 全くスキがない!』



30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 01:25:01 ID:pq9JXRvQ

ファイヤー「…………」ギロッ!

エビワラー『かみなりパンチ!』バリバリッ

ピシャァンッ!

サワムラー『とびげり!』ビュオッ

ドゴォッ!

ファイヤー「く……」ヨロヨロ…

ファイヤー(にらみつける!)ギロッ!

エビワラー『無駄だ! 日頃からカイリキーさんと特訓してる俺たちには通じない!』

サワムラー『そろそろトドメを刺してやらぁ!』



サンダー『ダメだ! 格闘ポケモンなだけあって、脅しが通用しねえみたいだ!』

フリーザー『テレビで格闘技を観戦すると、試合前にやたら睨み合ってるしな……』

サンダー(こいつ、テレビとか見るんだ……)



31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 01:29:07 ID:pq9JXRvQ

シバ「エビワラー、サワムラー、同時攻撃だ!」

エビワラー&サワムラー『トドメだあっ!!!』バッ

ファイヤー(にらみつける!)ギロッ!

メキィッ……!

シバ「な、なんだと!?」

シバ「二人の拳と足を、それぞれ右目と左目で受けた!?」

エビワラー『なんて頑丈な目だ! 拳の骨が……割れた!』メキッ…

サワムラー『ぐおおっ……! 足の骨に……ひびが入っちまった!』メキッ…

シバ「鍛え抜かれた二人の手足を、目で受け止めてしまうとは!」

ファイヤー「俺の方が、二人より目を鍛え抜いてたってだけのことだ!」

ファイヤー(多分俺の方が、ダメージでかいけどな!)ヒリヒリ…



サンダー『す、すげえ……!』

フリーザー『眼球をあそこまで鍛え抜くとは……ファイヤー恐るべし!』



32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 01:32:33 ID:pq9JXRvQ

シバ「ならば、カイリキー! お前の怪力で、決着をつけてやれ!」ポイッ

カイリキー「リキィィィ!」ムキッ

カイリキー『ファイヤーよ! 満身創痍のようだが、オレ様は手加減はせんぞ!』

ファイヤー「来い!」ギロッ!

カイリキー『秒間500発を誇る、オレ様のパンチを受けてみよっ!』ムキキッ

ズガガガガガガガガガッ!

ズガガガガガガガガガッ!

ズガガガガガガガガガッ!

ファイヤー(ぐおおおおっ……! にらみつけるヒマもない……!)



サンダー『げえっ! 滅多打ちってレベルじゃねーぞ!』

フリーザー『四本の腕から繰り出されるパンチ連打……まさにパンチのふぶき!』

サンダー(またさりげなくふぶきを持ち上げてやがる……)



33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 01:35:13 ID:pq9JXRvQ

カイリキー(すでに30分が経過した……!)

ドゴォッ!

カイリキー(オレ様に殴られ続け、心も体ももうとっくに限界のはずだ……!)

バキィッ!

カイリキー(なのに、なぜコイツは──)

ズドォッ!

カイリキー(にらみつけるをやめないのだッ!?)



ファイヤー「…………」ギロッ!



サンダー『あいつすげえよ……! もうボロボロなのに……睨んでやがる……!』ブワッ…

フリーザー『くっ……不覚にも私の目からも氷の涙が……!』ポロッ…



34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 01:38:34 ID:pq9JXRvQ

カイリキー『シバ師範……。この試合、もう……!』クルッ

シバ「カイリキーよ! お前のいいたいこと、俺にも伝わったぞ!」

シバ「世の中にはいくらパンチを浴びせても、壊せないものがあるという!」

シバ「それは──あのファイヤーの心だったのだ!」

シバ「スーパーパワーVSにらみつけるパワー……にらみつけるパワーの勝利だ!」

シバ「……カイリキーよ、修業のやり直しだな!」

カイリキー『オスッ!』



ファイヤー『か、勝った……』ボロッ…

サンダー『よくやったよ、最高だよお前! オレ、泣いちまったよ!』グシュッ…

フリーザー『みごとな勝利だったぞ……ファイヤー!』グスッ…



35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 01:41:26 ID:pq9JXRvQ

シバ「負けはしたが、清々しい気分だ!」

シバ「俺たちもファイヤーに負けないような、スーパーパワーを身につけてみせる!」

ファイヤー「期待しているよ」

シバ「さて、これでもう俺の出番は終わりだ! だが、武運を祈っている!」

ファイヤー「……ありがとう!」



ファイヤー『よし……引き続き、応援を頼むぞ!』

サンダー『おう!』

フリーザー『残りは二人……気を引き締めていこう!』



36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 01:48:02 ID:pq9JXRvQ

<VSキクコ>

キクコ「ほぉう、アタシも長年ここで四天王をやってるが……」

キクコ「トレーナーでなくポケモンが挑戦してくるなんてのは初めてだよ!」

キクコ「ま、相手がなんだろうとやることは同じさ!」

キクコ「アンタに本当の戦いってもんを教えてやる!」

ファイヤー「俺もお前に本当のにらみつけるってもんを教えてやる!」



サンダー『ファイヤー並みに目つきが鋭い婆さんだな!』

フリーザー『うむ……年寄りだと甘く見たら、痛い目にあうだろうな』



37 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 01:51:24 ID:pq9JXRvQ

キクコ「いきな、ゲンガー!」ポイッ

ゲンガーA「…………」ニィィ…

ゲンガーA『さいみんじゅつ』ピロロロ…

ファイヤー「!」ピクッ

ファイヤー「ぐぅ……ぐぅ……」

キクコ「ふん、でかい口叩いたわりにこのザマかい!」

キクコ「ゲンガー、ゆめくいだ!」

ゲンガーA「…………」ニィィ…



フリーザー『さいみんじゅつ+ゆめくい! ゲンガーの黄金パターンだ!』

サンダー『おいおい! 一度もにらみつけるを使わないまま、終わっちまうのかよ!?』



38 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 01:54:25 ID:pq9JXRvQ

~ 夢の中 ~

ゲンガーA『ククク、これがヤツの夢か……たらふく食わせてもらおうか……』

ゲンガーA『む!?』

ファイヤー『…………』ギロッ!

ゲンガーA『こ、これは……!?』

ファイヤー『…………』ギロッ!

ゲンガーA『こいつ……夢の中でも睨み続けている……!』

ファイヤー『…………』ギロッ!

ゲンガーA『ダメだ……こんな夢は食べられない! 食中毒になる!』

ファイヤー『…………』ギロッ!

ゲンガーA『ぐわあああああっ……!』



39 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 01:57:17 ID:pq9JXRvQ

キクコ「ゲンガー、どうしたってんだい!?」

ゲンガーA「ハァ……ハァ……」ガクッ…

ファイヤー「…………!」ハッ

ファイヤー(しまった、眠ってしまっていた! ──勝負はどうなった!?)

キクコ「ほっほう、ゆめくいが通じないとはやるじゃないか!」

ファイヤー(え……? 寝てたからなにも覚えてない……)

キクコ「なら、次はゴルバットだ!」ポイッ

ゴルバット「キィィッ!」



サンダー『なんかよく分からねえけど、ゲンガーを退けたぜ!』

フリーザー『だが次のゴルバットも強敵だ。油断はできん!』



40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 02:01:07 ID:pq9JXRvQ

キクコ「あやしいひかりで混乱させな!」

ゴルバット「キィーッ!」ピカピカッ

ファイヤー「ふん、だれが混乱などするか」

バシッ! ベシッ! バシッ!

ファイヤー「俺は至って正常だ。こうして自分を攻撃できるほどにな」ボロッ…

ファイヤー「──って混乱してるじゃん!」ギロッ!

ゴルバット『ぐおおおおっ!』

ゴルバット『ノリツッコミとにらみつけるの合体技だとォ……!?』

ゴルバット『参りました……!』ガクッ…



フリーザー『ファイヤーめ、混乱しながらも新しい境地を開拓したようだ』

サンダー『かっこよすぎるぜ、ファイヤー!』



41 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 02:04:31 ID:pq9JXRvQ

ファイヤー「…………」ギロッ!

ゴースト「ゴース……」ビクビク…

キクコ「ゲンガーを退けた相手に、修業中のゴーストじゃ荷が重かったかい」

キクコ「なら……アーボック!」ポイッ

アーボック「シャァーッ!」

ファイヤー「!」

アーボック『ケケケ、へびにらみとにらみつける……決着つけようや、トリ公』

ファイヤー『アーボックか……望むところだ!』



サンダー『こりゃあ……すごい対決が実現したな! ワクワクしてきやがった!』

フリーザー『にらみポケモン世界一決定戦といっても差し支えあるまい……!』



42 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 02:07:17 ID:pq9JXRvQ

アーボック「…………」ジロッ!

ファイヤー「…………」ギロッ!

アーボック「…………」ジロッ!

ファイヤー「…………」ギロッ!

アーボック「…………」ジロッ!

ファイヤー「…………」ギロッ!

アーボック「…………」ジロッ!

ファイヤー「…………」ギロッ!



サンダー『もう一時間は睨み合ってるが……どっちも譲らねえ!』

フリーザー『だが、ファイヤーのようすがどことなくおかしいぞ……?』



43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 02:12:14 ID:pq9JXRvQ

ファイヤー(むむむ、まずい!)ピクッ

ファイヤー(へびにらみの影響か、体がしびれて……)ピクピクッ

ファイヤー(うまく、にらみつけるを維持できなくなってきた!)グググッ…

アーボック(え、なんだあのツラ……)

アーボック(ファイヤーのツラがなんかすごいことになってる……!)

アーボック「ぶっ!」

アーボック「シャーシャッシャッシャッシャ!」

アーボック『しまったァ! 笑っちまった!』

ファイヤー「笑ったな……つまり、お前の負けだ!」

アーボック『うぐぐ……テメェがナンバーワンだ!』



フリーザー『にらめっこは笑った方が負け……基本中の基本だな』

サンダー『今さらいうことじゃねえけど、もうポケモンバトルでもなんでもねえな!』



44 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 02:17:09 ID:pq9JXRvQ

キクコ「なら、アタシの切り札を出すよ! ゲンガー!」ポイッ

ゲンガーB「キシシシ……」

ファイヤー「ふん、芸がないな。さっきゲンガーは俺に敗れただろうが!」

キクコ「こいつは、さっきのゲンガーとは一味ちがうよ!」

ゲンガーB「キシシシ……」

キクコ「ゲンガー、どくどくを浴びせな!」

ジュワァァ……

ファイヤー「ぐああああっ……!」ジュゥゥ…

ファイヤー「苦しい……! なんだこの毒は……どんどん体に回る!」ジュゥゥ…

ゲンガーB『猛毒であの世にいっちまいな……』キシシ…



フリーザー『いかん! あの毒は時間が経てば経つほど、強力になる!』

サンダー『マジかよ!? んじゃあ、さっさとケリをつけねえと!』



45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 02:21:09 ID:pq9JXRvQ

ファイヤー「ぐ、ぐぞぉっ……!」ギロッ!

ゲンガーB『そんな弱った状態のにらみつけるなんて怖くねえよ』キシシ…

ファイヤー「ど、毒が……ますます……! うううっ……!」ググッ…

キクコ「そろそろ終わりにするよ! ゲンガー、ナイトヘッドだ!」

ゲンガーB『へへへ……あばよ』

ズオッ!

ファイヤー「が、がはっ……」ドザァッ…

キクコ「ふん、ようやく倒れやがったかい!」



サンダー『ファイヤァァァッ! ちくしょう、次はオレが相手してやる!』バチバチ…

フリーザー『よせサンダー、我々は見届け人のはずだ!』

サンダー『だがよ、あんな無慈悲な戦い方があるかよ!?』

フリーザー『その非情さもまた、ポケモンリーグの試練の一つなのだ……!』

フリーザー『それより、ファイヤーを介抱してやるのが先決だ!』

サンダー『ううっ、ファイヤー……!』



46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 02:25:59 ID:pq9JXRvQ

ファイヤー「…………」モワァァ…

キクコ「なんだい?」

ゲンガーB『こ、これは……ファイヤーの体からなにかが出てきやがった!』

ファイヤー(霊)「…………」

サンダー『なにい!? まさか、これはファイヤーの霊なんじゃねえか!?』

フリーザー『いかん、すぐに蘇生させないと!』

ファイヤー(霊)「落ちつけ、二人とも」

ファイヤー(霊)「こうなったのはわざとだ」

ファイヤー(霊)「あの高レベルなゲンガーに、普通の状態では勝てないと」

ファイヤー(霊)「あえてこの状態になったんだ」

キクコ「霊体になったはいいが、いったいどうする気だい!?」

ファイヤー(霊)「決まっているだろう?」ニヤッ…



47 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 02:29:21 ID:pq9JXRvQ

ファイヤー(霊)「にらみつける!」ギロッ!



ゲンガーB『ぐわあああっ! 同じゴーストに睨まれたら、効果は抜群だ!』

キクコ「しまった、こんな手があったのかい!」

ゲンガーB『ひいい……!』ガタガタ…

キクコ「これでアタシの手持ちポケモンは全員やられちまった……」

キクコ「アンタの勝ちだね、ファイヤー!」



サンダー『瀕死どころか臨死になってもにらみつけるなんて……やるじゃねえか!』

フリーザー『ファイヤー……お前はどこまでにらみつけるを極めるつもりだ!?』



48 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/18(金) 02:34:04 ID:pq9JXRvQ

ファイヤー「ふうっ、あやうくあの世にいくところだった……」

キクコ「サンダーの心臓マッサージが間に合わなきゃ、おっ死んでたよ!」

キクコ「まったく無茶するやつだ!」

キクコ「若い頃のオーキドのジジイを思い出すねえ!」

ファイヤー(オーキド……いったい何者なんだ!?)

キクコ「さ、とっとと次の部屋に進みな!」

ファイヤー「ああ、必ずチャンピオンになってみせる!」



フリーザー『いよいよ四天王最後の一人とのバトル……つまりラストバトルだ!』

サンダー『ここまできたら一気に決めちゃおうぜ、ファイヤー!』

ファイヤー『もちろんそのつもりだ!』



55 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 01:13:27 ID:q6xTgpq2

<VSワタル>

ワタル「やぁ、待っていたよファイヤー!」

ワタル「俺は四天王の大将、ドラゴン使いのワタルだ!」

ファイヤー「!」

ズラッ……

ギャラドス「…………」

ハクリューA「…………」

ハクリューB「…………」

プテラ「…………」

カイリュー「…………」



サンダー『なんで、すでに五体出してやがるんだ?』

フリーザー『さぁ……』



56 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 01:19:46 ID:q6xTgpq2

ワタル「伝説のポケモン、ファイヤー……」

ワタル「ポケモンがポケモンリーグに挑むなど、前代未聞だ」

ワタル「つまり……この試合に通常のルールを適用させる必要はない!」

ワタル「だから、俺の最大の戦法で戦わせてもらうよ! この五体同時でね!」

ワタル「さぁ、どうする? 今から尻尾巻いて帰るかい、ファイヤー!」

ファイヤー「だれが帰るか! 五体まとめて相手になってやる!」ギロッ!



サンダー『どういうことだよこりゃ!?』

サンダー『五体同時バトルって……いくらなんでもムチャクチャだろ!』

フリーザー『だが、四天王のいうことにも一理ある』

フリーザー『ポケモンが、直接ポケモンリーグに殴り込むこと自体がすでに──』

フリーザー『通常のルールから大きく逸脱した、イレギュラーな事態!』

フリーザー『ゆえに、通常の一対一ルールで戦う必要など全くないのだから!』

フリーザー『それに、ファイヤー自身もルールとはちがう勝ち方をしてきたしな……』

サンダー『た、たしかに……』



57 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 01:22:15 ID:q6xTgpq2

ファイヤー「…………」ギロッ!

ワタル「ギャラドスの防御力は下がってしまったが──」

ワタル「かまわず、はかいこうせんだ!」

ギャラドス「グオオオオンッ!」バシュッ

ズガァァァンッ!

ファイヤー「ぐわあああっ!」



サンダー『いきなりぶっ放してきやがった! なんつう力押し戦法だ!』

フリーザー『ファイヤーが霊体のままなら、怖くなかったのだがな……』



58 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 01:25:39 ID:q6xTgpq2

ギャラドス「…………」ササッ

ハクリューA「リューッ!」バシュッ

ドゴォォォンッ!

ファイヤー「ぐおおおっ!?」

ハクリューA「…………」ササッ

ハクリューB「リュウゥゥゥ!」バシュッ

ズガァァァンッ!

ファイヤー「ぐええええっ!」



サンダー『なんだこりゃ!?』

サンダー『光線を撃ったギャラドスが後ろに下がって、そしたらハクリューが出てきて』

サンダー『代わる代わるはかいこうせんを撃ってやがる!』

フリーザー『こ、これは……まさか!?』



59 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 01:30:15 ID:q6xTgpq2

ハクリューB「…………」ササッ

プテラ「ギャァァスッ!」バシュッ

バゴォォォンッ!

ファイヤー「ぎゃああああっ!」

プテラ「…………」ササッ

カイリュー『我がはかいこうせん、受けてみるがいい!』バシュゥゥッ

ズガガァァァンッ!

ファイヤー「ぐおあああっ……!」

ファイヤー(だ、だが……どうにか五発耐えきったぞ……!)




サンダー『よっしゃ、全員撃ち終わった! やっとファイヤーのターンだ!』

フリーザー『──いや!』



60 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 01:34:01 ID:q6xTgpq2

カイリュー「…………」ササッ

ギャラドス「ドォォォスッ!」バシュッ

ドゴォォォンッ!

ファイヤー「ひぎゃあああっ!」

ファイヤー(な……なんでだ!? なんでギャラドスが……!?)



サンダー『またギャラドスが撃ってきやがった!?』

サンダー『おかしいだろ! あの光線を撃ったら、しばらく動けなくなるはずだ!』

フリーザー『これは……古の武将ノブナガが行ったとされる、三段撃ちだ!』

サンダー『サンダー撃ち!?』

フリーザー『三段だ!』



61 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 01:40:03 ID:q6xTgpq2

フリーザー『火縄銃は一弾撃つごとに、再装填を必要とするが』

フリーザー『ノブナガは銃士を並べ、代わる代わる銃を撃たせることで』

フリーザー『火縄銃による連続攻撃を可能にしたという言い伝えが残っている!』

サンダー『伝説の戦法か……まるでオレたちみたいだな!』

フリーザー『実際に行われたか、疑問視する声もあるにはあるが──』

フリーザー『カイリューたちがやっていることも、ようはそれと同じだ!』

フリーザー『はかいこうせんは一度撃つと、反動で自身もしばらく動けなくなるが』

フリーザー『あのように順番に撃っていけば、そのタイムロスはなくなる!』

フリーザー『いわば、はかいこうせんの三段撃ち!』

フリーザー『いや、三体ではなく五体で行っているのだから』

フリーザー『これは三段撃ちを超えた、五段撃ち戦法といえよう!』

サンダー『マジかよ……。古の武将よりすげえのかよ、あのワタルってのは!』



62 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 01:45:09 ID:q6xTgpq2

ギャラドス「ドォォォス!」バシュッ

ドゴォォォンッ!

ハクリューA「リューッ!」バシュッ

ズガァァァンッ!

ハクリューB「リュウウウッ!」バシュッ

バゴォォォンッ!

プテラ「ギャァァス!」バシュッ

ドカァァァンッ!

カイリュー『反撃するスキを与えぬよう、撃ちまくるのだ!』バシュゥゥッ

ズドゴォォォンッ!



ワタル「これこそがドラゴン使いのワタル、最強の戦法だ!」

ワタル「もちろん、普通の試合ではこんな戦い方は許されないが……」

ワタル「今回は四天王の大将として、勝利を優先させてもらったよ!」



63 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 01:48:17 ID:q6xTgpq2

ドゴォォォンッ!

ズガァァァンッ!

バゴォォォンッ!

ドカァァァンッ!

ズドゴォォォンッ!



サンダー『やめてくれ……! もうやめてくれええっ……!』

サンダー『このままじゃ、ファイヤーが死んじまうよぉぉぉっ!』

フリーザー『こうもふぶきのように、はかいこうせんを浴びせられては……』

フリーザー『いくら、あのファイヤーといえど……!』グッ…



65 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 01:52:50 ID:q6xTgpq2

一時間後──

ワタル「よし、もういいだろう!」サッ

ワタル「俺たちドラゴン軍団の圧勝だ!」

ワタル「お、煙が晴れてきた──」



モワモワモワ……

ファイヤー「はかい……こうせんは……」ボロ…

ファイヤー「もう……終わり、か……?」ボロボロッ…

モワモワモワ……



ワタル「な、なんだって!?」



66 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 01:56:21 ID:q6xTgpq2

ファイヤー「ぬんっ!!!」ギンッ!



ワタル「うぐぅ……!」ビクッ

ワタル「しかも……あの眼光は、なんなんだ!?」

ワタル「ダメージで力を失うどころか……鋭さを増している!」



サンダー『マジかよ! あれだけはかいこうせんを喰らったのに……!』

フリーザー『はかいこうせんを目で受けることで、ダメージを軽減していたんだ!』

サンダー『そういうことか! ……もうオレにはすげえとしかいえねえよ!』

フリーザー『私もだ……。ファイヤーの成長は我々の想像を遥かに超えている!』



67 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 02:00:25 ID:q6xTgpq2

ワタル「みんな、もう一度──」

シ~ン……

ギャラドス「…………」ビクビク…

ハクリューA「…………」オドオド…

ハクリューB「…………」ガタガタ…

プテラ「…………」ブルブル…

カイリュー「…………」シュン…

ワタル(くっ……あそこまで鬼気迫るにらみつけるをされてしまっては──)

ワタル(俺のドラゴン軍団とて、怖気づくしかないか……!)

ワタル「ううっ……! これからは君がポケモンリーグチャンピオンだ!」

ファイヤー「や、やった……! やったぁぁぁぁぁっ!」



サンダー『やったぜ! これでファイヤーがチャンピオンだ!』

フリーザー『おめでとう、ファイヤー!』



68 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 02:04:10 ID:q6xTgpq2

ワタル「──といいたいところなんだが……」

ファイヤー「……え?」

ワタル「実は、君はもう一人戦わなくてはならない!」

ワタル「その名もグリーン! 今や彼こそがポケモンリーグ真のチャンピオンなのだ!」

ファイヤー「あ……? あ……?」



サンダー『おいおい、ここまできてもう一人いるって……ふざけんなよ!』

サンダー『だったら最初から五天王とか名乗っておけよ!』

フリーザー『さすがのファイヤーも茫然自失しているな……無理もないが……』



ファイヤー「…………」



69 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 02:08:28 ID:q6xTgpq2

<VSグリーン>

グリーン「!」ピクッ

グリーン(この足音、あいつもここまでたどり着いたってことか!)

グリーン(さすが俺のライバル……そう来なくっちゃな!)

グリーン「ようレッド! お前も来たか!」

グリーン「!?」ギョッ



ズル…… ズル……

ファイヤー「ハァ……ハァ……ハァ……」

ファイヤー「お前が……チャンピオン……グリーン……か……?」ギロッ…!



グリーン(血と炎で真っ赤だけど……レッドじゃない!)

グリーン(だれだよこいつ!?)



70 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 02:12:33 ID:q6xTgpq2

ファイヤー「俺は……ファイヤー……」

ファイヤー「氷でも、格闘でも、ゴーストでも、ドラゴンでも、なんでもいい……」

ファイヤー「とっととかかってこい……」ビキッ…

グリーン「なんだよお前……いっとくが脅したって無駄だぜ!」

グリーン「俺はポケモンリーグのチャンピオンなんだ!」

グリーン「つまり、この俺様が! 世界で一番──」

ファイヤー「…………」ギンッ!

グリーン「ひっ!」



ファイヤー「世界で一番……なんだってぇぇぇっ!? いってみろォ!!!」ギロッ!!!



グリーン「うわぁぁぁぁぁっ!!!」

ドサッ……



71 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 02:17:12 ID:q6xTgpq2

サンダー『すげえ! チャンピオンをにらみつけるで倒しやがった!』

フリーザー『あんな異常な殺気を受けては、だれだって気絶くらいするだろうな……』




グリーン「…………」ブクブク…

ファイヤー「泡吹いて倒れたか……ざまあないな……」

ファイヤー「これで俺が……チャン、ピオン……」グラッ…

ドサッ……



ファイヤー「…………」

サンダー『ファイヤー、しっかりしろ! 死ぬんじゃねえぞ!』バチバチッ

サンダー『ダメだ! ケガが深すぎて、電気ショックが効かねえ!』

フリーザー『ここからポケモンセンターはかなり距離がある……。まずいな……!』



72 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 02:20:41 ID:q6xTgpq2

レッド「…………」ザッ…



サンダー『あ!? なんだこの小僧は!? 突然出てきやがって!』

フリーザー『彼もポケモントレーナーのようだが……?』

レッド「これを使えば……」スッ…

フリーザー『あ、あれは……げんきのかたまり! 世界的にも希少な回復薬だ!』

サンダー『自分のポケモンでもない奴に使うなんて……優しすぎるだろ、おい!』



ファイヤー「うう……俺は……!?」ムクッ

レッド「…………」

ファイヤー「そうか、お前が助けてくれたのか……!」

レッド「……うん」

ファイヤー(助けてもらったからには、恩を返さないとな……)



73 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 02:25:21 ID:q6xTgpq2

ファイヤー「よし決めた!」

ファイヤー「俺をお前のポケモンにしてくれないか! な、いいだろう!?」

レッド「いいよ」

サンダー『ならオレも! 親友(ダチ)を助けてくれたんだしな!』

フリーザー『私も! ファイヤーの恩は、私の恩でもあるからな!』

ファイヤー「この二人も仲間になりたいっていってるが、いいだろう?」

レッド「もちろん」

ファイヤー「ありがとう! これからよろしく頼む!」



ピカチュウ「ピッカァ~」トコトコ…

ファイヤー「!」

ピカチュウ『さて新入りであるぬしらには、ふんどし担ぎからやってもらおう!』ギンッ!

ファイヤー(このピカチュウ、俺以上の眼力かも……!)



74 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 02:28:08 ID:q6xTgpq2

オーキド「おお、レッド!」ザッ…

レッド「!」

オーキド「チャンピオンになったはずのグリーンがなぜか失神して」

オーキド「お前がこうして立っているということは──」

オーキド「ようするに、お前が新しいチャンピオンになったということじゃな?」

レッド「いや、ぼくは──」

ファイヤー「そう、そのとおりだ!」

レッド「!?」



75 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 02:32:37 ID:q6xTgpq2

ファイヤー「グリーンを倒したのは俺で、俺はレッドのポケモンなんだから」

ファイヤー「このレッドがチャンピオンに決まっているだろう!」ギロッ!

オーキド「!」ビクッ

オーキド「う、うむ、そのとおりじゃ。ではレッドよ、お前を殿堂入りしてやろう!」

レッド「だけど……」

ピカチュウ『レッドよ……』ピカッ

ピカチュウ『棚ボタだろうとチャンピオンはチャンピオン……胸を張るがよい!』チュウッ

レッド「……うん、そうするよ!」



オーキド「グリーン、目が覚めたか!」

グリーン「にらみつけるでチャンピオンの座を奪われるなんて……そりゃないぜ!」

グリーン「だけど、俺だってもっとすごい眼力を持ったトレーナーになってみせる!」

オーキド「それでこそワシの孫じゃ!」



76 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 02:36:17 ID:q6xTgpq2

こうして、ファイヤー、サンダー、フリーザーの三体は殿堂入りを果たした。



ファイヤー『これからもにらみつけるで戦い続けてやる!』ギロッ!



サンダー『オレ、フリーザーとしゃべってただけなんだけど……ま、いっか!』



フリーザー『次は私が、ふぶきだけでポケモンリーグ制覇に挑戦する予定だ』



77 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 02:40:16 ID:q6xTgpq2

一ヶ月後──

<ハナダの洞窟>

ミュウツー「ほう、人間がここまでやってくるとはな」

ミュウツー「さぁ……かかってくるがいい! 私を楽しませてみろ!」

レッド「…………!」

ピカチュウ『どれ、吾輩が軽くひねり潰してやるか』ピッカー

ファイヤー『先輩、ここは俺にやらせてくれないか!』

ピカチュウ『ファイヤーか……』ピカッ

ピカチュウ『ふむ……よかろう。吾輩にケツを拭かせるなよ?』チュー



78 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/19(土) 02:44:23 ID:q6xTgpq2

サンダー『がんばれよ、ファイヤー! 負けんじゃねえぞ!』

フリーザー『気をつけろ、奴は手強いぞ!』

ファイヤー『任せてくれ!』




ファイヤー「いくぞ、ミュウツー!」ギロッ!

ミュウツー「ぬうっ……なんというにらみつける! 相手にとって不足なし!」







                                   ~おわり~



79 : ◆iUt.uYx6vM 2014/07/19(土) 02:45:37 ID:q6xTgpq2

ファイヤーの挑戦これにて完結です
ありがとうございました



転載元
ファイヤー「にらみつけるだけでポケモンリーグを制覇する!」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1405524889/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 06:41
      • キッ
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 06:45
      • 乙津
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 07:03
      • 睨み付ける→おちん○んには勝てなかったよ……
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 07:04
      • 今はもうにらみつけるって覚えないんだっけ?
        教え技とかでなら覚えれるのかな

        初代のファイヤーにはガッカリしたもんなぁ
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 07:49
      • 完全に終わってるフリーザー
        同タイプ強特性持ちのおっさんや単電気のライコウと苛烈なポジション争いをするサンダー

        同タイプのリザードンやファイアローと差別化ができる鬼火熱風羽休め持ちのファイヤー
        一体いつ差がついたのか(フリーザーは初代以降オワコンだけど)
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 08:18
      • に、にらみつけるさん強い(コナミ)
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 08:27
      • ファイヤーは、リザードンとファイアローに立場とられてるしなぁ~。特にリザードンはメガシンカ手に入れちゃったし。

        あまごいと暴風で差別化できるが、う~ん………
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 08:28
      • 初代は炎の渦でハメができたから割と強かった気がしたけど
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 08:31
      • ※5
        旧作と新作で評価真逆になったよな
        めざパ無かったらサンダーも救われてないし
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 09:03
      • このファイヤーは三本の矢のレッドと戦うべき
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 09:17
      • お前ら、、、能力で選ぶなよ、、、、俺たちにとってフリーザー、サンダー、ファイヤーは青春の証だろ。

        今じゃ初代なんて知らないやつらが多くてよ、ボールを投げても弾き返してくるポケモンがいた事を知ってる世代が俺達だろ

        能力じゃないよ思い出だよ、、、まぁリザードン先輩に負けるんですがね、ファイヤー先輩は
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 09:22
      • サンダーさんどくどくは三鳥のなかであなたが
        一番有用に使えるポケモンじゃないですか〜
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 09:26
      • 物理のファイアローとは明確な差別化出来てるしメガしないリザードンには攻撃、耐久面で勝る
        持ち物の的な意味でも差別化は出来てるしメガリザ入れるならメガガルとファイヤーにするわ・・・
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 09:32
      • 初キスレアコイルでわろた
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 09:34
      • 5 初代しかしたことないからこの米欄で議論されてることがわからない
        あ、SSは面白かったです(粉みかん)
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 09:40
      • 麻痺と猛毒が重複してるなw
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 09:59
      • 仲の良い3鳥って設定は意外と珍しい
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 10:19
      • はかいこうせん!グォレンダァ!!
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 11:42
      • 実際問題ファイヤーは(理論上は)かなり上位
        サンダーは言わずもがなだし、フリーザーも岩炎鋼に気を付ければ十分に戦える

        あと今一番眼力が強いのは睨み付けるファイヤーさんじゃなくて心の眼フリーザーだと思うの
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 11:52
      • 炎の渦ハメっても命中終わってるし毒々とかの下準備してたら逆に殺されたぞ
        初代は水電気大人気の素早さ100以上当たり前だったから
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 12:20
      • ファイヤー「なんでお前すばやさもとくこうもねえの?wwwwwwwwww」
        サンダー「ほら代わりにアレ使えるじゃんwwwwwやってみろよホラwwwwwwww」
        フリーザー「・・・!」キッ
        ファイヤー「出たwwwwwwwwフリーザーさんのこころのめwwww」
        サンダー「絶対零度当たっちゃうwwwwwwwマジこええwwwwwwwwwwwwww」
        フリーザー「・・・」プルプル
        サンダー「もう交代しちゃったよ?wwwwwwwwwつーか涙目wwwwww」
        ファイヤー「ボックスに引きこもってろカスwwwwwwwwwwwwww」
        フリーザー「ウッ・・・・・・ウッ・・・」
        のコピペを期待してた
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 12:49
      • ↑そして3割を引いて戦闘不能になるファイヤーであった
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 15:12
      • 素早さ負けてる上にオバヒで即死するフリーザーさんが零度を打つことがそもそも出来るのか・・・
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 17:33
      • ファイヤー「ファイ! ヤーッ!」



        サンダー『サン! ダーッ!』

        フリーザー『フリー! ザーッ!』

        ↑こいつら可愛いなw
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 17:35
      • ※4
        覚えさせる手段は無いけどBW2のDLトーナメントににらみつけるファイアーを使ってくるやつがいたはず
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月19日 18:37
      • 3割やけど内蔵でやけど相手には威力が2倍になる固有技を与えてやってもいい
      • 27. MCC
      • 2014年07月19日 23:19
      • 5 面白かったゾ~
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月20日 00:22
      • 熱視線とか技がふえないかなー
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月20日 09:13
      • にらみつける…強いっ!!(混乱)
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月20日 18:24
      • 流石ワタル
        ナチュラルに卑怯
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月22日 10:56
      • コメ欄がガチ考察しててワロタ
        俺にはよくわからない世界になっちまったもんだ
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月23日 20:39
      • レッドがげんきのかたまり使うシーンで不覚にも感動した
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月25日 00:37
      • 面白かったwww
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月29日 19:19
      • サンダーはどういう経緯でレアコイルと…w
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月05日 14:15
      • このレッドさんゾーマとかシドーとかを引き連れてたレッドさんに似てる
      • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月12日 10:15
      • 5 にらみつけるすごい
      • 37. monogram-vernisモノグラム-ヴェルニ
      • 2014年09月06日 02:22
      • ブランド mcm
        monogram-vernisモノグラム-ヴェルニ http://plaza.rakuten.co.jp/sneaklita66/diary/201408310000
      • 38. シャネル 化粧品 値段
      • 2014年09月10日 20:22
      • dior homme 財布
        シャネル 化粧品 値段 http://plaza.rakuten.co.jp/setzcofast16/diary/201409010020
      • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月05日 02:21
      • コロコロのギャグ漫画みたいなノリでワロタwww

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務