TOP

佐久間まゆ「プロデューサーさん、いきましたか」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/01(火) 23:59:42.73 ID:cCNBRFXrO

・モバマスSSです。
・まゆの一人称でお話が進みます。
・地の文が多いです。
・キャラの性格が変かもしれません。
・初めてSSを作成しましたので、何かおかしい点がありましたらご指摘ください。




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:01:32.57 ID:7BTsB/+DO

朝、まゆが階下に降りていくと、
プロデューサーさんはもういません。

慌てていたのでしょうか?エアコンの暖房が付いたままです。
着替える時に部屋を暖めるのに使って、
そのまま消し忘れてしまったようです。まだ、朝は少し冷えますからね。

まゆはエアコンのスイッチを消しました。
うふふ……、慌てん坊なプロデューサーさん。
ずぼらで、でもそこがほうっておけない魅力のまゆのプロデューサーさん。



3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:04:51.38 ID:7BTsB/+DO

まゆは少し前から、プロデューサーさんの家で暮らしています。
このことは、事務所のみんなにはもちろん内緒です。
知ったら、皆さん、きっとショックを受けますから。
今のところ、うまくやっているので、誰にもバレていません。

同居している今も、まゆはアイドルを続けています。
色々な人にバレないようにアイドルを続けるのは大変ですが、
でも、今、とても充実した生活を送れています。



5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:06:21.23 ID:7BTsB/+DO

さて、まゆは朝、いつもシャワーを浴びることにしています。

脱衣所に向かい、まゆは服を脱いで、浴室に入ります。

シャワーを出して、軽く体を濡らします。

ボディーソープ、シャンプーはプロデューサーさんと同じものを使っています。
プロデューサーさんと同じ香りに包まれる……うふ。

じっくり頭と体を洗ってから、少しぼーっとシャワーを浴びます。

ふぅ……。



6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:07:12.03 ID:7BTsB/+DO

シャワーに満足した後、軽く浴槽の掃除をします。

浴槽の壁にプロデューサーさんの黒い髪とまゆの茶色い髪が絡み合っていました。
ああ、それは……まるで、まゆ達二人のように。

まゆは一つずつ丁寧にそれ拾って、少し眺めてから排水口に捨てました。



8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:13:41.75 ID:7BTsB/+DO

掃除の後、まゆは浴槽から出て、体を拭いて、服を着ます。

リビングに入って、少し休もうと、座椅子に座ります。

座席から部屋を見渡します。部屋は色々なもので散らかっていて、
ズボラなプロデューサーさんの性格が現れているみたいです。

じっくりとプロデューサーさんの視界を味わってから、
今度は座席の匂いを嗅ぎます。背もたれに顔をうずめて深呼吸。
素敵な残り香。
プロデューサーさんの匂い。

まだプロデューサーさんがここに残っているみたいです。

味は……、まあ、座席からプロデューサーさんの味はしませんね。
舐めるのはやめておきます。



9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:14:57.40 ID:7BTsB/+DO

しばらくその座椅子で休んでから、まゆは一度階段を上がって、
編み途中の編み物を持って来ます。

今日はオフです。
午前はプロデューサーさんへのプレゼント作りをしようと考えています。

もうすぐ、プロデューサーさんの誕生日が来ます。
まゆはプロデューサーさんに手作りのマフラーをあげるつもりです。
プレゼントは、気合の入ったものを作らねばなりません。
何しろ、プロデューサーさんは事務所の女の子皆から
プレゼントをもらいます。
その中で、まゆのプレゼントは一番でなければなりません。
だから、このマフラーには、まゆの全てを込めます。
集中して編み始めます。



10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:16:16.62 ID:7BTsB/+DO

……。
…………。
………………。

一段落して時計を見ると、お昼近くなっています。
集中していたので、思ったより時間が経っていました。
少し休もうと思って立ち上がろうとしたところで、
何かを蹴ってしまいました。

それは緑と白のマスコットキャラクター、ぴにゃこら太でした。
膨れた体に憎たらしい表情が特徴のゆるキャラです。

多分、穂乃香さんがプロデューサーさんにプレゼントしたものでしょう。
最近、穂乃香さんがこのキャラクターを、周りの人に配っているところをよく見ます。
忍さんが言うには、クレーンゲームで取りすぎてしまうとか。
よほど好きなのでしょうね。



11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:17:40.26 ID:7BTsB/+DO

ほんとに、憎たらしいマスコット。



12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:18:11.67 ID:7BTsB/+DO

ぴにゃこら太を見ていたら、なぜか刺したくなってきます。
以前に、忍さん、穂乃香さん、柚さんが編み物をしていたとき、
柚さんがそんないたずらのフリをしたと聞きました。
この人形は嗜虐的な感情を駆り立てるものがあるのかもしれません。

でも多分、まゆがそうしたいと思うのは、そのせいだけじゃありません。

刺したい。
刺そう。

ぐさ!

思わず力の入った編み棒が、ぴにゃこら太の柔らかなお腹をへこませます。
もちろん穴を開けることはありません。編み棒はそんなに鋭くはありませんから。
本当に穴を開けたければ、こんなものではダメですね。
相応の道具がないと……。



13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:18:55.22 ID:7BTsB/+DO

……いけませんね。
こうやって、編み棒を突き立てると実感します。
穂乃香さんへの嫉妬。
プロデューサーさんを独占したいという悪い感情。

大丈夫。プロデューサーの一番は、まゆ、大丈夫。

ごめんなさい、穂乃香さん、こんなことをして。まゆは心の中で謝ります。

それに、いくら憎たらしいぴにゃこら太相手とはいえ
このように八つ当たりするのは、間違ったことです。
まゆは反省して、ぴにゃこら太を元の場所に戻しました。



14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:21:06.85 ID:7BTsB/+DO

お昼です。

まゆは、午後、響子ちゃんのお見舞いに行くことにしています。

春菜さんからもらった黒縁のメガネと、芽衣子さんに選んでもらった麦わら帽子、
服もピンクではなく地味目のカラーでしっかりと変装して、まゆは外に出ます。

玄関を出たところで、ふと、事務所に寄ったら、プロデューサーさんと
一緒にお食事をできないかな、という案が思い浮かびました。
思いついてしまうと、やらずにはいられないものです。
特に好きなものに関する思いつきは。

まゆはお見舞いの前に、事務所に寄ることに決めました。



15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:22:39.48 ID:7BTsB/+DO

事務所は、プロデューサーさんの家から電車ですぐの場所にあります。

程なくして、事務所の前につきました。ドアの前に看板が掛けてあります。
「設備点検中、本日立ち入り禁止」

今日は事務所全体の設備点検をするとのことで、事務所に来てはいけないと
ちひろさんに言われています。
ですが、これはうちの事務所が、オフでも遊びに来る子達が多いからです。
大人数がいると点検の邪魔になるので、立ち入り禁止にしているに過ぎません。

少しの時間、プロデューサーさんに会う時間だけなら……。
ごめんなさい、ちひろさん。
まゆは言いつけを守らない悪い子に成らせてもらいます。



16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:23:24.79 ID:7BTsB/+DO

中に入ると、いつも賑やかな事務所がとても静かで、不思議な感じがします。

さて、プロデューサーさんはどこでしょうか?
事務所の出勤プレートはひっくり返っているのですが。

すると、事務所の奥のドアが開きました。
ちひろさんです。

まゆ「あの……」
ちひろ(ガタッ!!!)

まゆが声をかけると、ちひろさんは心底驚いたようで、思い切りドアを閉めました。
見開いた瞳が揺れています。



17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:24:53.05 ID:7BTsB/+DO

ちひろ「……まゆちゃん、どうしたの……」
まゆ 「オフで時間があったのでプロデューサーさんに会いに来たんです」
ちひろ「え、あ、そう。でも今日はその、まだ……。いえ、その前に今日は施設点検だから
事務所は立ち入り禁止と言ったでしょう?」
まゆ 「ごめんなさい。でも、プロデューサーさんに会うだけだからいいかな、と思って。
長く居るつもりはありませんから」
ちひろ「そう……」

ちひろさんは喋っているうちに、徐々に落ち着きを取り戻していきました。
いつもの優しそうな笑顔を浮かべます。

ちひろ「……まったくもう。本当はダメなんだからね?今日はもう来ちゃったから仕方ないけど」
まゆ 「ありがとうございます。それで、プロデューサーさんはどちらに?」
ちひろ「そうだった。えーと。ちょっとここで待ってね」



18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:26:22.47 ID:7BTsB/+DO

そう言ってちひろさんは奥の部屋に戻って行きました。
なぜ戻るのでしょう?不思議に思いながら、待っていて、というちひろさんのリクエストに従い、
まゆはソファにちょこんと座ります。

それにしても、先ほどのちひろさんの動揺は一体何だったのでしょう?
いくら、皆に来ないように行っていたからとは言え、あのように驚くものでしょうか?

思いを巡らしていると、30秒と経たずにちひろさんが戻ってきました。



19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:27:09.95 ID:7BTsB/+DO

ちひろ「まゆちゃん、プロデューサーさんなんだけど
出勤途中で寄らないといけないところができたみたい」

まゆ「え、でも出勤プレートが……」

ちひろ「あらほんと、昨日帰るときにひっくり返し忘れたのね」

ちひろさんはプレートを裏返しながら、こちらに携帯を手渡してきます。

ちひろ「はい、これプロデューサーさんのメール。
ちょっとこっちに来られる時間は、遅くなってしまうみたい」

ちひろさんが携帯電話を渡してくれます。
プロデューサーさんからのメール。
今、ちひろさんが行った内容のことが書かれていました。



20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:27:38.05 ID:7BTsB/+DO

……メールの受信時間は、今さっき、か。



21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:33:55.66 ID:7BTsB/+DO

まゆ 「そうですか……、残念です。では今日はお暇します」

まゆはちひろさんに挨拶をして、事務所の外に出ました。

……。

道を歩きながら、まゆは考えます。

今日のちひろさんは、おかしいように思いました。
焦ってまゆを追い出したがっているような感じでした。

気になったのが、わざわざプロデューサーさんのメールをまゆに見せた点です。
そんなことをしなくても、一言プロデューサーさんから
そういう連絡が来たと言えばいいのに。

わざわざまゆにメールを確認させたのは、
何かやましいことがあるのを、言葉だけでは勘ぐられるのでは、
と心配したからではないでしょうか?

それに、ちひろさんは、もともとなぜ奥の部屋にいたのでしょう?
奥の部屋で、一人で何をしていたのでしょう?

そして、本当に一人で……?



22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:35:16.61 ID:7BTsB/+DO

……いえ。それは疑りが過ぎるというものでしょう。
たまたま、まゆが疑いたくなってしまう状況が重なっただけ。
気にし過ぎはよくありません。



23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:36:44.98 ID:7BTsB/+DO

まゆは軽くお食事をとって、デパートで果物を買ってから、病院に向かいます。

響子ちゃんのお見舞いです。

先日のことです。ゾンビ映画の撮影に臨んでいた響子ちゃんは、階段踊り場の上で、
階下から群がってくるゾンビたちをナイフ一本で倒すシーンを撮影していました。
軽快にゾンビたちを倒していた響子ちゃんですが、
あるゾンビに襲われるシーンで不幸が彼女を襲いました。

本来は、ゾンビに襲われて踊り場の側に倒れる予定だったシーンで、
足をもつれされた響子ちゃんは運悪く階段の側に倒れてしまったのです。



24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:39:33.72 ID:7BTsB/+DO

その時、響子ちゃんは体を支えようとして足を突き出し、右足の甲の方を地面に
叩きつけてしまったのです。それが原因で響子ちゃんは足を折ってしまいました。
ただ、運が良かったのは、ゾンビ役だった木場さんが、
咄嗟に響子ちゃんを支え、階段落ちを免れたことでした。

響子ちゃんを襲うゾンビ役だったほたるさんが、青ざめた顔で何度も
響子ちゃんに謝っていました。
しかし、決して彼女は悪くありません。
彼女には一点の非もありませんでした。



25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:40:05.81 ID:7BTsB/+DO

あれは不幸な事故でした。
それは間違いのないことです。



26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:42:27.99 ID:7BTsB/+DO

病院に着くと窓口で響子ちゃんの部屋を聞いて、そちらを訪れます。

部屋に入ると、ベッドで足を吊った姿の響子ちゃんが窓の外を見ています。
今は一人のようです。

まゆ「こんにちは」
響子「ああ、まゆちゃん。お見舞いに来てくれたの?ありがとう」
まゆ「お加減はどうですか?」
響子「ちょっと痛むけど、でも大丈夫。すぐ治るってお医者さんも言ってたよ。
……でも映画の件が、気にかかるな」
まゆ「大丈夫ですよ、あれが響子ちゃんの最後の映画のシーンだったのでしょう?
ゾンビを切り伏せるところの映像は撮れているとのことですから、
最後倒れたシーンを代役で取れば問題ないとお聞きしました。倒れていれば顔も映りませんからと」
響子「うん、それはプロデューサーさんも言ってくれた。
……でも、最後まで自分で出られなかったから、それが気になってね」
まゆ「……そうですよね」



27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:42:53.63 ID:7BTsB/+DO

…………………………。

会話が途切れました。
まゆは響子ちゃんのベッドの隣に座って、
食べますか?と響子ちゃんに確認してから、買ってきたりんごを剥き始めました。



28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:45:06.53 ID:7BTsB/+DO

響子「プロデューサーさんに迷惑かけちゃったな……」
まゆ「……そんなこと」
響子「……少しだけ、不安なんだ。悪く思われてないかな、って」
まゆ「響子ちゃん。プロデューサーさんは、失敗を悪く言う人ではありませんよ。
ましてや不慮の事故で人を責めるような方ではありません」
響子「…うん、そうだよね。プロデューサーさんは、いつも優しいもの。
でも、最近、私どうもダメなんだ。ミスばっかりしちゃうし集中できない
ずっとそんな調子だから、不安になる」



29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:45:39.05 ID:7BTsB/+DO

いつもの響子ちゃんとは、別人のようでした。
とても思い詰めて、打ち沈んだ表情。

まゆ「……なにか、あったんですか?」
響子「………………」

響子ちゃんは、まゆの問いにしばしの間答えず、自分の手のひらを見つめていました。
言うべきか、言わざるべきか、迷っているようでした。



30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:46:24.89 ID:7BTsB/+DO

いつもの響子ちゃんとは、別人のようでした。
とても思い詰めて、打ち沈んだ表情。

まゆ「……なにか、あったんですか?」
響子「………………」

響子ちゃんは、まゆの問いにしばしの間答えず、自分の手のひらを見つめていました。
言うべきか、言わざるべきか、迷っているようでした。



31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:48:32.72 ID:7BTsB/+DO

響子「…………………ちひろさんといるのを見たの」
まゆ「プロデューサーさんが、ですか?」
響子「そう。ちょっと前に、外出先でたまたま二人でいるところを見たの」
まゆ「同じ職場ですから。そういうこともありますよ」
響子「…うん、たまたまかもしれない。でも、あの時見たプロデューサーさんの笑顔が、
私、思い出されてダメなの。私達、アイドルと話す時とは違う。とても、とても自然な笑顔だった」
まゆ「……」
響子「本当のところは、わからないよ。私は馬鹿な勘違いをしているだけかもしれない。
でも、疑いだすとダメだよね。なんにも集中できなくて」



32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:59:15.36 ID:7BTsB/+DO

まゆは、一度りんごを切る手を止めて、皿の上にりんごとナイフを置きました。
いつもは、真っ直ぐにプロデューサーさんを好きな響子ちゃん。
他の誰かがプロデューサーさんにアタックしても、そんなの関係なく、自分の好きを貫いてきた響子ちゃん。
まゆとは対極にいる、響子ちゃん。
そんな響子ちゃんが今日はまゆの側に来て、プロデューサーさんが
ちひろさんに取られたんじゃないかと、不安に顔を曇らせています。

まゆは、響子ちゃんといると不思議な気持ちになります。
それは、まゆが、響子ちゃんのプロデューサーさんへの愛にひどく嫉妬しながら、
同時に、自分にはまねできそうもない、まっすぐなプロデューサーさんの愛し方を
尊敬しているから、だと思います。



33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 00:59:45.98 ID:7BTsB/+DO

だから、まゆにとって響子ちゃんは恋敵であり、尊敬する友人でもあります。

そんな響子ちゃんの不安を、まゆは取り払って上げたいと思うのです。



34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:03:07.28 ID:7BTsB/+DO


まゆ「響子ちゃん。それは、意味のない不安ですよ」
響子「……え?」
まゆ「まゆは、いつも不安ですよ?今の話を聞いて、とても不安に思いました。
でも、まゆが不安に思うのはそれだけじゃないんです。
まゆは、プロデューサーさんがほかの女の子と話してるだけでも不安です。
プロデューサーさんがほかの女の子を見ているだけでも不安です。
プロデューサーさんがほかの女の子と同じ空間にいるだけでも不安です。
それは、好きな人が誰かに取られてしまうかもしれないと思うからです。
響子ちゃんはプロデューサーさんとちひろさんが外で親しくしているのを見て、
不安に思ったんですよね。まゆは、事務所にプロデューサーさんが行く時は、いつも
今の響子ちゃんとおんなじ気持ちです。だって、事務所には可愛いアイドルのみんながいて、
響子ちゃんがいて、ちひろさんがいて、誰かがプロデューサーさんをとっちゃうんじゃないかって
不安で不安でたまりません。
まゆたちが、もしこの不安を拭いたいと思ったなら、できることは2つしかないんです。
それはプロデューサーさんを諦めるか、プロデューサーさんを手に入れるか、だけなんです。
でも、響子ちゃんがまゆと一緒の気持ちなら、きっと諦めるなんて器用な真似はできません。
だから、私たちは結局のところ、プロデューサーさんが結論を出すまで、
プロデューサーさんを愛することしかできないんです。
愛することだけが、唯一の選択肢です。
だから、その不安に意味はないんですよ?」



35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:04:14.85 ID:7BTsB/+DO

響子ちゃんは、目を瞬かせ、納得したように何度か頷きました。
まゆ「引きました?」
響子「うん、すっごい引いて……、すっごい、感心した」
まゆ「良かったです」
響子「まゆちゃんはすごいなぁ」
まゆ「人より愛と業が深いだけです」

ふふっと二人で笑い合いました。
そうしているうちに、他のお見舞いの子達が来ました。
まゆたちは、皆で何時間か楽しくお話して過ごしました。

夕暮れどきになったので、まゆは帰ることにしました。

響子「まゆちゃん、ありがとう」
まゆ「いえ、こちらこそ、ですよ」

まゆは病院をあとにしました。



36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:05:22.95 ID:7BTsB/+DO

しかし、また、ちひろさん……か。



37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:07:15.32 ID:7BTsB/+DO

病院を出ると夕焼けで空が真っ赤に染まっています。

帰りの駅で、たまたま同じ事務所の子を見かけました。
そして、彼女を見たときに、ある考えが浮かびました。

でもそれをするのは……。

まゆは少し迷って、結局、声をかけます。



38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:09:46.83 ID:7BTsB/+DO

まゆ「あやめさん」
あやめ「やや、これはまゆ殿。奇遇ですな?」
まゆ「ええ、まったくです。ところで、少しいいですか」
あやめ「どうぞ、なにかありましたか?」
まゆ「あやめさん、確か、別事務所の脇山珠美さんと親しかったですよね?」
あやめ「ええ、それが?」
まゆ「その脇山さんに、うちのプロデューサーさんが、
今日脇山さんの事務所に伺ったか、聞いてもらってもいいですか?」
あやめ「珠美殿の事務所に?プロデューサー、また別事務所の女の子を間違えてスカウトして、
謝りに行ったのですか?」
まゆ「そう言う話を聞きました。朝から昼の間だと思います」
あやめ「……ふむ。いいですよ。聞いてみましょう。珠美殿の事務所は狭いですから、
来客があれば気づくでしょう。ただ珠美殿が、今日その時間に事務所にいたとは限りませんよ?」
まゆ「構いません。わからなかったら、それはそれで」
あやめ「分かりました。返信に時間がかかるかもしれません。
立って待つのもアレですから、喫茶店にでも行きましょう」



39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:11:31.62 ID:7BTsB/+DO

しばらくして返信が帰ってきました。
結果を聞いた後、まゆはあやめさんに、この件はプロデューサーさんには黙っていて欲しい
とお願いしました。
その後、挨拶をして別れました。

家に着くと、あたりはだいぶ暗くなっていました。
窓を見ると明かりはついておらず、まだ、プロデューサーさんは帰ってきていないようです。
まゆは中に入り、鍵をかけました。

まだ時間は早いですが、今日はもう休むことにします。
気持ちが落ち込んでいました。響子ちゃんにあれだけ不安に思っても意味がないと
言っておきながら、自分ではそう簡単に割り切れません。
まゆはダメな女の子です。



40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:12:21.69 ID:7BTsB/+DO

ただ、嘘は、堪えました。



41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:15:25.16 ID:7BTsB/+DO

夜は朝同様に冷えます。プロデューサーさんのために、暖房をつけておきましょう。
エアコンのスイッチを入れ、温度を確認してから、まゆは階段を上がり横になります。

今日はプロデューサーさんとすれ違ってしまってばかりでした。
お話したい。
もっとちゃんとしっかりとできるだけ思うようにあなたの心が見えるように
ずっとずっとずっと。

話したい。

そんなことを思いながら、まゆは横になり、眠りにつきました。



42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:16:01.80 ID:7BTsB/+DO

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:17:13.32 ID:7BTsB/+DO

ちひろさんに好きだと言われたとき、
だいぶ迷って、もう少しだけ考えさせてくださいと、返した。

迷ったのは、アイドルの想いを裏切ることになるから。
でも、ちひろさんのことを、好きだと思ってる。

だから、迷う。



44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:17:48.01 ID:7BTsB/+DO

今日事務所に行ったとき、いつもは賑やかな事務所に、二人だけだった。
今日は事務所の点検が入っていて、アイドル達に来ないように行っていたからだ。
ちひろさんは、いつものように仕事をしていて、僕も挨拶だけして、同じように
仕事をしていた。

昼、少し前、ちひろさんは「デートしましょう」と言った。
僕は「仕事中ですよ」と返すと、
彼女は「お昼休みだけ。昼食デートですっ」と元気に返してきた。
その茶目っ気のある冗談めいた笑顔に気を許してしまって、僕はいいですよ、と答えた。



45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:25:32.88 ID:7BTsB/+DO

二人で事務所の奥の部屋で昼食を食べていた時だ。
ちひろさんが一度事務所の方に行こうとしてドアを開け、
そして思い切り、ドアを閉めた。
話し声がして、まゆが来たのだとわかった。

後で思い返すと、今日は元々二人で仕事をしているのだから、
昼食を二人で食べていたって、やましいことなんて何もなかった。
それでもちひろさんが扉を強く閉めたのは、多分彼女がこの昼食を、
僕が冗談だったと受け取ったのよりはずっと特別なものだと考えていたからかもしれない。



46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:27:09.38 ID:7BTsB/+DO

少し話したあと、ちひろさんは一度こちらの部屋に戻ってきて、
うっかり僕をいないことにしてしまったので、ちょっと外出していることにしてもらってもいいですか?と
ひそひそとお願いしてきた。
まゆを騙すのは気が咎めた。でも、この嘘で誰かが傷つくわけじゃない、嘘がばれる方が良くないと
思い直して、僕はメールを書いた。内容は、またアイドルを間違えてスカウトして、
別事務所に謝りに行ったことにした。

まゆはあっさりと事務所を出て行った。
まゆが帰った後は、また事務所で仕事をした。
少しだけ気まずいと感じた。



47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:28:17.11 ID:7BTsB/+DO

事務所での仕事が終わったあと、病院に行った。
面会時間終了直前、響子のお見舞いに滑り込めた。
響子は思ったよりずっと元気そうで、何よりだった。
映画の件はなんとかなりそうだったので、その旨を伝えておいた。
響子は迷惑をかけたことを謝ってきたが、僕は、そんなことは気にせず、今はゆっくり休むように言った。
そして、今日の響子はなぜかスキンシップが過剰だった。



48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:28:47.30 ID:7BTsB/+DO

夜。
家路の時間は、すっかり疲れてしまっている。
仕事が苦なのではない。
いつもちひろさんのことを心のどこかで問うているからだ。
どうすればいいだろう、と。
問い直す度に心が重くなる。
そして疲弊する。
気持ちが片付かない。



49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:30:22.70 ID:7BTsB/+DO

家に着く。

ドアの鍵を開け、部屋に入る。

すると、急に妙な胸騒ぎがした。

なんだろう、なぜか不安な気持ちになる。

異様な雰囲気、何かを吐き出すような音。

僕は違和感を抱えたままリビングに入る。

部屋は暗く、カーテンは締めてあるので、視界が乏しい。

僕は壁にある電灯のスイッチを勘で探りあて、点ける。

あ……。



50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:31:41.68 ID:7BTsB/+DO

エアコンが暖房で起動していた。
どおりで暖かいと。
そういえば室外機も動いていたような気がする。

今日はもう疲れたので、すぐ寝る事にする。
僕はシャワーだけ浴びて寝巻きに着替えると、
暖房の1時間後停止タイマーをかけて、リビングのベッドに入った。



51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:33:15.76 ID:7BTsB/+DO

明日も仕事だ。
それは苦じゃない。
でも、答えがでない。

問の出ない答えから逃げたくて、目を瞑る。
疲労のせいだろう。僕は驚く程速く、眠りについた。



52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:35:16.21 ID:7BTsB/+DO

……………。

眠って、しばらくたったのだろうか?

それとも、眠ったのは一瞬だっただろうか?

まどろみの中で、僕はわずかに目を開けた。



53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:37:33.25 ID:7BTsB/+DO

そこには天井が見えた。

そうして、天井を見て思い出した。

音がしていたと、誰かが言っていたことを。

天井裏にねずみがいると。

買わないと。

天井裏を見るために。

殺鼠剤を置くために。

天井に届く高さの脚立を買いにいかないと。

ぼんやりとそう思って、僕は再び眠りについた。



54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/02(水) 01:39:08.05 ID:7BTsB/+DO

お話は以上です。

読んでくださった方いたら、ありがとうございます。

不快に思った方いたら、申し訳ありません。



転載元
佐久間まゆ「プロデューサーさん、いきましたか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404226782/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月02日 23:49
      • まゆ
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月02日 23:49
      • (アカン)
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月02日 23:51
      • うん、いつものまゆで安心した
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月02日 23:52
      • 恋愛もののトムとジェリーとはたまげたなあ
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月02日 23:55
      • 面白かったよ。乙
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 00:00
      • このPは刺される(確信)
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 00:07
      • いいな、こういうの好きだわ
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 00:15
      • 読ませる文章で結構良かった
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 00:23
      • 怖すぎィ!
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 00:28
      • そういえば、ストーカーが屋根裏に住んでたってニュースが昔あったなぁ、ってなことを思い出しなが読んでて、オチがそれじゃないことを祈ってたんだが・・・
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 00:33
      • 刺したい。
        刺そう。

        怖すぎワロタ
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 00:38
      • やはりヤンデレはこうでなくては
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 00:39
      • 一部のアイドルは、屋根裏に長時間いたら壊れそうだな。

        かな子事じゃないんだからね!!!
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 00:43
      • ※4
        例えで草
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 00:51
      • 久しぶりのまゆ成分補充よかった
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 01:02
      • 奥の部屋で濡れ場を想定したのに…
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 01:14
      • 5 素晴らしかった!
        それにしてもまゆは可愛いなぁ。
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 01:26
      • ふむ、なかなか
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 01:26
      • ですよねー
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 01:27
      • てっきりPとちひろさん一発ヤってたものかと
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 01:28
      • ダメだ・・・この天使女神ちひろさんではまゆのヤンデレ力に対抗できない・・・!

        なお鬼悪魔ちひろさんの場合はまゆが身ぐるみ引っぺがされたあげく精神崩壊して泡風呂に沈められる模様
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 01:37
      • 前置きがくだくだしいから、ハズレかと思って※欄見てから読んだけどれども、語り口も悪くなかったし、大当たりだったわ!Pとちひの不器用な恋愛良いゾ~コレ(現実逃避)
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 01:39
      • クローバーエンジェル参戦決定。
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 01:45
      • き、きっと屋根裏部屋があって・・・そこがまゆの部屋なんだよ・・・
        ネズミの件は、寝ぼけたPの勘違いさ・・・
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 01:49
      • 最後がよくわからん。なんでわざわざ屋根裏なの?
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 01:58
      • 5 前置きがクドい。
      • 27. 以下、VIPにかわりまして花屋がお送りします
      • 2014年07月03日 02:21
      • くっ。先にまゆに天井を取られたか・・・。なら私はベッドの下に潜もう。
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 02:25
      • まゆが遊戯王カードの屋根裏のもののけの正体であることが微レ存・・・?
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 03:05
      • ※25
        まゆがこっそり住んでて物音がするからPがネズミと間違えてるんだろ
        エアコンも節約のために一度消したのに、現状回復のために点けなおす徹底っぷり

      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 03:09
      • イキますよお…イキますよ〜イクイク
        ヌッ!
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 03:45
      • うん、いつも通りだな(白目
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 04:47
      • やっぱり無許可で暮らしてたのか…
        まあ、ままゆだからね。
        ひょっとしたらアヤメ=チャンとかも時々…?
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 06:13
      • シンデレラガールやってないから、よくわかんないんだけど、この子はストーカーなの?
        他のこの子がタイトルのSSも呼んでみたんだけど、ヤンデレだのポンコツだのよくわからん
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 06:21
      • ※33
        まゆは愛が他の人よりちょっと重いだけの可愛い女の子だよ、気になるなら君もガチャを回せばイインダヨ
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 06:23
      • 天袋に潜んで他人の家に住んでおばさん居たな
      • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 06:36
      • だろうと思ったさ!
      • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 06:42
      • うん、知ってた
      • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 06:47
      • バル○ンを焚こう
      • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 07:10
      • 狂子もヤンデレと言う風潮、一理無い
        階段て屋根裏収納かな?
        いっそ完全に塞いじゃえ
      • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 08:07
      • 5 これだよこれ!
      • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 08:17
      • ああ、同棲って勝手に言ってることなのか…
      • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 08:32
      • こんなこったろうと思ったよ
      • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 08:59
      • まゆはヤンデレだとは思うけどこーゆーイメージじゃないな
      • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 11:43
      • キュートの子は思い込みが激しすぎるよ
        プロデューサーにはクールの渋谷凛って子がお似合いだと思う

        シンデレラガールになったし次はお嫁さんのステップを踏む時期だよ


      • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 13:16
      • 昔コンビニの屋根裏に潜んでた泥棒が居たってニュースを思い出した

        気付かないPもどうかと思うんだが…
      • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 14:01
      • ※45 それコナンじゃね?
      • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 14:51
      • やべえコメ見てからやっと把握した、俺アホすぎる
        結局何も起きてないじゃんとか思っちゃったわ
      • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 15:11
      • 最後もう少し何かあったら良かったのに…
      • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 15:49
      • ピーピングトムとジェリー
      • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 16:07
      • 話は悪くないのに、謎の読みづらさと不快感を覚えながら読み終わったんだけどさ
        この※欄、ポンコツガーって暴れてたストーカー君のヤンデレ絶賛コメついてないね
      • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 16:32
      • 天井裏から愛を込めて
      • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 16:46
      • 「Pが逝ったようだな」
        「ククク……奴は四天王の中でも最弱」
        「無課金ごときにやられるとはPの面汚しよ……」

        的な話かと思ったら全然違ぇw
      • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 17:32
      • ※51
        詩人ですネェ
      • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 18:31
      • るろ剣を漫画喫茶で読んでいた俺にはタイムリー過ぎるw

        SSは怖…面白かったです
      • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 18:52
      • なんで米欄にホモが沸いてるんですかね…
        SSは面白かったです
      • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 19:16
      • そのうちPがオカルト板に単発スレたてるんじゃね?
      • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 19:24
      • ※50
        ぶっちゃけお前の方が余程ストーカーで気持ち悪い
        どん引かれてるの自覚した方がいいよ
      • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 19:46
      • 何をいきなりそんなにキレてるんだが
        しかも数個前のレスに
      • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 20:47
      • モバマスには隠れて同棲しているアイドルが居るらしい……うん、二重の意味で隠れて同棲してる
      • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月03日 20:49
      • そんなことだろうなと思ったよ!
      • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月04日 02:42
      • ※50からの流れってつまりこれ散々コメ欄荒らしてたヤツが書いたってことでおk?
        そうだとしたら※57=作者が煽り耐性なさ過ぎて即バレワロタwww


        あ、SSはオチが物足りなかったです
      • 62. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月04日 04:59
      • 屋根裏なら余裕、そう、ままゆならね
      • 63. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月04日 09:03
      • ぐさー!ぴにゃこら太ーー!
      • 64. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年07月04日 21:53
      • 一方通行なんだろうなぁと思ってたらその通りだった。

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務