TOP

猫耳少女「私は……化け物ですから」

1 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/20(火) 21:17:17 ID:DUtRB3Ck


少女「は、ぁ……ふ……」フラフラ

少女「……ぅ、あ」ドサッ

少女(だめだ……うごかなきゃ……)

少女(うごかないと……おいつかれ――)


男「お、おい……大丈夫か……!?」


少女「っ」ビクッ

少女(だれ……?)

男「体調悪いのかっ? おい、なぁっ」

少女「……ぁ」

男「な、何だ?」

少女「……たす……けて」

男「え!? ちょ、まっ……寝るな――っかりし――――!」



2 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/20(火) 21:21:51 ID:DUtRB3Ck

――――――
――――
――

こぽこぽこぽ

少女(…………あ、紅茶の匂い)

少女「……ここ、は」ムクリ

男「うわっ! 起きた!?」

少女「あの……すみません、ここは?」

男「え、ぅあ……っと、俺ん家だけど」

男「行き倒れてたっぽいから、少しでもましなところに……って、駄目だったり?」

少女「いえ、助かりました」

男「あれそういえば良く考えたらこれ誘拐じゃね女の子を自分の部屋に連れ込むとかがっつり犯罪だよね見られてないかな見られてたらヤバいよな」ガクガク

少女「お、落ち着いてください、えと、お茶でも飲んで!」

男「お、おう……んくんく、ふぅ」

男「あ、お前……じゃなくて君も飲む?」

少女「いえ……その……」



3 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/20(火) 21:23:58 ID:DUtRB3Ck

男「遠慮するなって、ほら」コポポ

少女「ありがとうございます……」コク

少女(……おいしい)

男「…………」

少女「…………」

男「さて、聞きたいことが――色々あるんだけど、まずは一つ」

少女「はい」



4 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/20(火) 21:26:04 ID:DUtRB3Ck








男「その獣っぽい耳と目って何?」







5 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/20(火) 21:28:54 ID:DUtRB3Ck

少女?「…………」

男「えーと、コスプレだったり?」

少女?「いえ……これは……」

少女?「…………」グッ


猫耳少女「……本物、です」


男「ほ、ほんもの……ぉ?」



6 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/20(火) 21:29:38 ID:DUtRB3Ck

猫耳「……あの、聞くんですか? 私の話」

男「へ?」

猫耳「その、なんていうか、あんまり関わらない方が」

男「はは、聞いたら消されるぞってか?」

猫耳「はい」

男「そんなバカな………………マジ?」

猫耳「はい」



7 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/20(火) 21:35:41 ID:DUtRB3Ck

男「…………」ゴクリ

猫耳(やっぱり、私は……)

男「なんか、ヤバい由来なの? その耳」

猫耳「それなりには」

男「…………ふぅー」

男「まぁ、聞くよ」

猫耳「いいんですか?」

男「だってそんなヤバいものを既に知っちゃったんだから聞こうが聞くまいがあんま関係無いだろ」

猫耳「……それは、そうですが」



9 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/20(火) 21:47:02 ID:DUtRB3Ck

男「大体、一度助けた死にそうな女の子を追い出すとか、できないし」

猫耳「……ありがとう、ございます」ペコリ

男「おう、照れるわー」

男「で、君は何であんなとこで倒れてたん? 純粋にそれも気になるし」

男「まぁとにかく、その耳も」



10 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/20(火) 21:50:17 ID:DUtRB3Ck

猫耳「荒唐無稽な話をしても良いでしょうか……」

男「……あぁ」

猫耳「合成獣《キメラ》という概念を知っていますか?」

男「えっと、いろんな生き物を組み合わせた生物?」

猫耳「はい、私はその合成獣です」

男「はぁ……」

猫耳「信じ……られないですよね」

男「まぁ、そうなんだけど、聞くっていったからには」

猫耳「……ありがとうございます」



11 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/20(火) 22:02:40 ID:DUtRB3Ck

猫耳「私は、遺伝子学関連の研究所で身体を弄られました」

男「…………」ピク

猫耳「安い小説みたいですよね……事実ですけど」

猫耳「頭のおかしい人達の頭のおかしい研究に使われた実験体ですよ」

猫耳「身体が動かなくなるまで、データを取られて……っ」ブルブル

男「おい、無理するなよ」

猫耳「へ、平気です……それでこのままじゃ殺されると思って、逃げてきて」

男「あてもなく彷徨って、力尽きたところで俺に会ったのか」

猫耳「はい」



13 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/20(火) 22:14:53 ID:DUtRB3Ck

猫耳「とがって上を向く耳、縦長の瞳孔をもつ眼」

猫耳「あとは、尾骨が伸びたしっぽとかこの長い犬歯とかに影響が現れています」

猫耳「混ぜられたのは、猫」

猫耳「私は人間に猫科の遺伝子を組み替え移植して作り出された生物」

猫耳「人間でもなく、猫でもない、出来そこない」

猫耳「そういう存在をなんと言うか知っていますか?」

男「…………」


猫耳「化物」

猫耳「っていうんですよ」



14 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/20(火) 22:18:26 ID:DUtRB3Ck

猫耳「なにか、質問はありますか?」

男「えっと」

男「なんだそれゲームかよとかそんなことを研究してる場所があるのかよ、とか言いたいことはいろいろあるけど」

猫耳「…………」

男「あのさぁ」

猫耳「……?」

男「泣くくらいなら、自分のこと化物なんて言うなよ」



15 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/20(火) 22:27:01 ID:DUtRB3Ck

猫耳「……え」

猫耳「あれ、私、何で」グシグシ

猫耳「ひぐ、あれ、あれぇ……」ポタ

男「辛かったか?」

猫耳「諦めて、もう゛諦めてだのに……うっく」ポタポタ

猫耳「化物でみんなから、拒絶さ、れてっ……生きてぐって……」

猫耳「納得したは、ずなのに゛っ……うぁ……うああぁ」

男「そんな、悲しい諦め方すんなよ」

猫耳「っ!」



16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/20(火) 22:34:28 ID:DUtRB3Ck

男「俺は、まぁ……化物だとは、もう思わねぇよ」

男「確かに不気味――って言ったら失礼か、だけど猫だろう?」

男「猫ってのは、結構な人数に好かれてる愛玩動物だ」

男「そう考えると、可愛いじゃんか」

猫耳「うぇ……ぁ……」

猫耳「ありがとうござ、いますっ……あ゛りがとうございます、っ」

男「…………」ナデナデ









猫耳(それでも、私は化物だ)



17 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/20(火) 22:40:49 ID:DUtRB3Ck





猫耳「……ん、あっ……やぁ」ピクン

猫耳「はぁ、はぁ……あんっ……ぅ……だめぇっ……」ビクビク

男「ごめ、痛かったか!?」

猫耳「ぁ、だ、大丈夫です……ちょっと刺激が強くて」

男「そうか、じゃぁもう少し……いいか?」

猫耳「……はい」コクン

猫耳「あっ! ぅんっ……そ、そこっ……あ」ビクッ




猫耳「どうですか? 私の猫耳」

男「あぁ、マジで本物なんだな」



18 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/20(火) 22:45:09 ID:DUtRB3Ck

男「柔らかくて」クニッ

猫耳「っ」

男「暖かくて」ギュ

猫耳「ぁ」

男「毛触り最高」スリスリ

猫耳「んっ」

男「いやー病みつきになるね」

猫耳「そう、っ……ですか?」

男「うん、化物とかもう考えられないくらい」

猫耳「……あはは」

男「お、笑った」



19 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/20(火) 22:50:31 ID:DUtRB3Ck

猫耳「あなたって、不思議な人ですね」

男「んー? 俺なんてまだまだだろう」

男「日本でオタクとかいわれる集団はもっとヤバい化物でも〝萌え〟に出来るらしいぜ」

猫耳「そ、それはそれで怖いですね」

男「それに比べりゃ、まだまだ軽いよ」

猫耳「あは、は」



20 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/20(火) 22:55:46 ID:DUtRB3Ck

男「あと、あなただなんて他人行儀じゃなくて、男って呼んでくれよ」

猫耳「男、さん……?」

男「おう、男だ」

男「で、君の名前は――」

猫耳「」ビクッ

男「――地雷踏んだ?」

猫耳「いえ……いえ、平気です」

猫耳「前の名前は捨てられました……今は『検体番号1024猫人』ですかね」

男「……えーと」

猫耳「謝る必要はありませんよ」



22 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/20(火) 23:00:03 ID:DUtRB3Ck

男「じゃぁ、猫耳ちゃん」

猫耳「えっ」

男「そのナントカ番号は長いし嫌いだから、猫耳ちゃんで」

男「嫌だったか? 変なあだ名で」

猫耳「ねこ、みみ」

男「あ、嫌なら」

猫耳「いやじゃないです」

猫耳「いやじゃ、ないです」ニコ

男「……おう」

猫耳「猫耳、ふふっ、猫耳」



23 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/20(火) 23:05:44 ID:DUtRB3Ck

男「さて、もう少し話を聞こうかな」

猫耳「分かりました、それでは――」くぅぅ

男「…………」

猫耳「…………」カァ

男「話す前に飯食うか」

猫耳「……もうしわけないです」

男「いいさいいさ、何が食べたい?」

猫耳「え、そんな私は」

男「飯くらい我儘言っていいってば」

猫耳「じゃぁ……」

猫耳「お肉、食べたいです」

男「おっけ、ちょっと待ってろ」



28 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/21(水) 21:45:48 ID:NS/.wx1s

猫耳「ごちそうさまでした」

男「お粗末様で」

猫耳「いえ、本当に私なんかにこんな親切に……」

男「猫耳ちゃんって何歳?」

猫耳「え? え、14ですけど」

男「俺は20だ、つまり子供の面倒は大人が見るってわけ」

男「遠慮するなよ? 子供はもっと甘えていいの」

猫耳「ごめんなさい……」

男「そこはありがとうっていってほしいなぁー」



29 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/21(水) 21:51:33 ID:NS/.wx1s

男「で、その話だ」

猫耳「どの話ですか?」

男「面倒見るって話」

男「ふむふむ、話をまとめると、捕まってたところから逃げてきて、この先どこにもあてが無いと

男「現在14歳、仕事が出来る能力もなく(そもそも耳とか目とかが目立つ)、一人で生きていくのは絶望的と」

猫耳「はい……」

男「そんじゃさ」

男「猫耳ちゃん、ウチに住まない?」

猫耳「…………」

男「……あれ、駄目かな?」

猫耳「男さんは……なんでそんなに優しくしてくれるんですか」



30 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/21(水) 21:55:38 ID:NS/.wx1s

男「一人暮らしなんですよ、俺」

猫耳「はい?」

男「若干、暗い部屋に帰ってくるのが寂しかったりするんですよ」

男「そんなときに今『親方! 空から女の子が降ってきた!』状態な訳で」

猫耳「お、親方……」

男「その女の子が……可愛かったりするとね」

猫耳「つまり?」

男「ぶっちゃけ、タイプなんです」

猫耳「……はぁ?」



31 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/21(水) 22:23:59 ID:NS/.wx1s

男「猫も嫌いな訳じゃないし、テレビの猫画像なんか見ると和むし」

男「その可愛い猫と可愛い女の子のハイブリッドが現れたらもうね」

猫耳「そ、そんな理由で?」

男「下心満載でしたすみませんでしたぁっ!」ガバッ

猫耳「…………」

男「……怒ってる?」プルプル



33 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/21(水) 22:41:56 ID:NS/.wx1s

猫耳「男さんって」クス

猫耳「優しくて、暖かくて、不思議で」クスクス

猫耳「とっても……」

男「……?」

猫耳「変態さんですね」クスッ

男「ぐふっ」ドスッ



34 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/21(水) 22:48:20 ID:NS/.wx1s

男「女の子に……変態って……言われた……」

猫耳「それでは、子供として遠慮なく大人にお世話になります」

男「……はい」

猫耳「それとも恋人としてお世話になった方が良いですか?」

男「!」

猫耳「冗談です」

男「」



35 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/21(水) 23:00:04 ID:NS/.wx1s

猫耳「それでも、ただお世話になるだけにはしませんから」

猫耳「家事はお手伝いしますから」

猫耳「お手伝いは子供の仕事ですよね?」

男「おう、分かった」

猫耳「不束者ですがよろしくお願いします」

男「よろしくお願いされました」



36 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/21(水) 23:01:09 ID:NS/.wx1s

――――――
――――
――


男「……くぅ」Zzz

男「……すぴー」

猫耳「……」ギョロ

猫耳「……ぐ、ぅ」

猫耳「我慢しないと……」

猫耳「ごめんなさい、男さん」

猫耳「やっぱり、私は化物なんです」

猫耳「ねぇ、男さん」


猫耳「あなた、とっても美味しそうですね」



44 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/22(木) 21:57:44 ID:BC2kat6s

男「おはよう、猫耳ちゃん」

猫耳「おはようございましゅ……」クシクシ

男「猫耳ちゃん朝弱い感じ?」

猫耳「昨日はちょっと寝付けなくて……」

男「まぁ、そうだな、いきなり環境が変わったしな」

猫耳(…………)

猫耳「はい」

男「それじゃ、朝ご飯にしようか」



45 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/22(木) 22:01:06 ID:BC2kat6s

男「ほい出来た、やっぱ朝と言えばお茶漬けでしょう」トン

猫耳「いい匂いです」

男「伊藤園だからな」

猫耳「理由そこですか?」

男「当たり前よ! よし、食うか」

男「いただきます」

猫耳「いただきます」パク



46 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/22(木) 22:12:32 ID:BC2kat6s

男「あー、あったけぇ」ズズ

猫耳「美味しい、です」

猫耳「昨日はいろいろあって……感じなかったけど」

猫耳「そういえば……あったかくて、おいしい料理なんて、久しぶり」

男「……前ん所では?」

猫耳「餌なら貰っていましたよ」

男「そうか」ギリ



47 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/22(木) 22:23:20 ID:BC2kat6s

猫耳「はむ……あむ、むぐっ」

猫耳「あったかい、すごく」

猫耳「はむはむ……ん」

猫耳「…………」

猫耳「……んく、うぅぅ……はぐ、ひっく」ジワァ

猫耳「うぇぇ……んっ、むぐあぐっ、うぁぁ」ポロポロ

男「…………」

猫耳「おいしぃ、おいしいよぉ……うっく」

猫耳「ひっ、う……んく、じゅる……」

男「…………」ナデナデ



48 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/22(木) 22:26:28 ID:BC2kat6s

猫耳「ごちそうさまですっ」ニコッ

男「……おう」ナデナデ

猫耳「ちょっと、寄りかかっても良いですか?」

男「いくらでも」

猫耳「…………」トサ

猫耳「……本当に、ありがとうございます」



49 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/22(木) 22:39:56 ID:BC2kat6s

猫耳「かわいい女の子だから、なんて昨日は茶化してましたけれど」

猫耳「私は、男さんのおかげで『人間』に戻れました」

男「そこまでのことは……」

猫耳「していますよ、凄いことをしています、男さんは」

猫耳「子供ひとりを養うのが大変だってことは私だって分かってます」

猫耳「それでも男さんは私を助けてくれた」

猫耳「私はそれが、とても嬉しいんです」

猫耳「私の一生分の感謝をあなたに」

男「……これは受け取らないと逆に失礼だな」

猫耳「ありがとうございます」



50 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/22(木) 22:44:52 ID:BC2kat6s

猫耳「男さん」

男「ん?」

猫耳「私はあなたのことが好きです」

男「はぁ!?」

猫耳「好きです、大好きです……それこそ今すぐ男さんに求められても受けるくらいには」

男「え、ちょ」

猫耳「でもこれはきっと駄目な『好き』です」

猫耳「これは依存と刷り込みと精神が弱ったことが原因」

猫耳「だから、この『好き』で告白するのはいけないことです」



51 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/22(木) 22:53:52 ID:BC2kat6s

猫耳「ですから」

男「お、おう」

猫耳「私が、本当に男さんを好きになるまで待っていてもらえますか?」

男「それは、俺がどうこう言えることじゃないけど」

男「でも無理して好きになる必要は……」

猫耳「無理してなんか居ませんよ」

猫耳「私が男さんをきちんと好きになりたいんです」

猫耳(私が、化物にならないためにも)



52 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/22(木) 23:05:19 ID:BC2kat6s

猫耳「お願いしますね」

男「……わかった」

猫耳「あ……でももし本当に私と男さんが恋人になったとしたら」

猫耳「男さん、ロリコンってことになっちゃうんじゃ」

男「あ」

猫耳「大変ですね」

男「六歳差、いける……いや、いけない?」



53 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/22(木) 23:12:31 ID:BC2kat6s

猫耳「それより男さん、もう8時過ぎてますけれど」

猫耳「大学とか、行かなくていいんですか?」

男「うわ! やっべぇ!?」

男「えっと、着替えてー荷物持ってーっ」バタバタ

男「あ、あっとぉ! 猫耳ちゃんすっごく申し訳ないんだけど留守番しててくれる?」

猫耳「かまいません、結局この耳があったら今は外に出ることができませんし」

男「窮屈な思いさせちゃうけど、我慢して! ごめんね」

猫耳「はい、いってらっしゃい」

男「いってきまーす!」ガチャ



54 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/22(木) 23:23:07 ID:BC2kat6s

猫耳「行っちゃったなぁ……」

猫耳(男さんが好きって気持ちは駄目だけど嘘じゃないはず)

猫耳(私はあの人を好きになりたい)

猫耳(それに……)


猫耳「恋をするのは『人間』で『獣』じゃないから」


猫耳(私が化物じゃ無くなるために『獣』から離れないといけないから)

猫耳(『人間』でいれば、きっと)

猫耳(この衝動も、薄れてくるから)ジュル



56 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/22(木) 23:26:54 ID:BC2kat6s

猫耳「……あ、ふ」トロン

猫耳「まだ少し眠いや……」

猫耳「睡眠がちゃんと取れるのも私が忘れてた幸せだよね」

猫耳「なんでもかんでも、しあわせ」

猫耳「飽きちゃうんじゃないかって怖くなるほど幸せだよ」

猫耳「……おやすみなさい」パタ



57 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/22(木) 23:30:23 ID:BC2kat6s










夢で見るのは、現実とは違う嘘物語なのでしょうか――


それとも――


目をそむけてはならない真実そのものなのでしょうか――



58 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/22(木) 23:48:23 ID:BC2kat6s

身体が渇く。
本能から湧き上がる食欲が四肢を動かす。

顔を上げると、そこには男さんがいた。

男さんは私を見てにっこりと微笑むと、ゆっくりと左腕を私に伸ばしてくる。
無駄な脂の無い、しなやかな腕だ。
ごくりと喉が鳴る。


私は、ゆっくりと男さんの腕を取る。
薬指を口に含み、ねぶる。
舌から、男さんの味と形が伝わってくる。
もう、我慢できない。


私は、

男さんの指を思い切り噛みつぶした。
犬歯が肉を突き破り、骨が砕けてじゃりっと音がする。
一瞬の後に断面から血があふれ出る。
しょっぱい味が口中に広がる。
口に溜まる欠片と一緒に飲み下すごとに、満たされてゆく。



59 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/23(金) 00:03:07 ID:z1P7Gwqs

脳髄を刺すような強烈な陶酔感。
麻薬じみた喜びに、身体が震える。
男さんはにっこりと笑って私を見ている。
愛しい、私の男さん。


あぁ、柔らかそうな喉だなぁ。


掴んでいた腕を放して、男さんに抱きつく。
身長差で、自然と私の頭は男さんの胸のあたりに収まる。
どきどきと、肉の新鮮さを伝えてくる音が聞こえる。

私は、顎を上げる。
眼前に、なめらかな首が広がる。
一息に噛みついて、くいちぎる。

男さんは痙攣しながらも笑っている。

私は肉を咀嚼し、飲み込んではまた噛みついて。
がつがつ、ぼりぼり。
音が響く。

美味しい、美味しいよ。
動かなくなった男さんがどんどん減ってゆく。



61 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/23(金) 00:11:53 ID:z1P7Gwqs

口端に伝う血の筋をなめとる。
身体の芯に熱い血流が流れる感覚。


喜びにくねる尻尾。
快感に震える耳。
男さんを見つめる瞳。
男さんを味わう犬歯。



   ヒトクイ
私は化物だ。



62 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/23(金) 00:15:07 ID:z1P7Gwqs








猫耳「ああああああああああああああああああああああ!」ガバッ

猫耳「はぁっ、はぁっ、はぁっ……」

猫耳「…………」ガタガタ

猫耳「違う、わたしは違う、違う」

猫耳「化物じゃない、人間だ」

猫耳「あああああああああ、でもでもでもでもでも」



猫耳「男さん、食べたいな」ギィィ



67 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/23(金) 23:06:02 ID:z1P7Gwqs

男「たっだいまー!」

猫耳「お帰りなさい、男さん」

男「…………」

猫耳「どうしました?」

男「感動」

猫耳「?」

男「今俺は感動している」



68 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/23(金) 23:13:18 ID:z1P7Gwqs

男「家に帰ると笑顔の女の子が出迎えてくれる」

男「すばらしい」

猫耳「もう、大袈裟ですよ」

男「すばらしい」

男「っと……まぁこのくらいにしておいて」

男「大丈夫だった? さみしくなかった?」

猫耳「平気です、ゆっくりのんびり出来ましたし」

猫耳「お昼寝しちゃったのであっというまだったくらいです」

男「そっか」



69 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/23(金) 23:47:09 ID:z1P7Gwqs

男「きっと……これからもこんな感じになっちゃうけど、ごめんね」

男「ほとぼりが冷めるまで……って冷めるのかは分かんないけど」

男「猫耳ちゃんが自由に歩けるようにどうにか考えるから」

猫耳「ごめ――ありがとうございます」

男「ん、それでよし。ついでに敬語も無くしてくれるとありがたや」

猫耳「ありがとう……?」

男「あんま気ぃ張りすぎるなよ?」ナデナデ

猫耳「……んっ」



70 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/23(金) 23:54:35 ID:z1P7Gwqs

猫耳「…………」ギュ

男「おっとぉ?」

猫耳「男さんはあったかいね」

男「そりゃ生きてるからな」

猫耳「とくとく、心臓の音が聞こえる」

男「俺って鼓動早い方なんだよなー」

猫耳「ねぇ、男さん」

男「なんだ?」

猫耳「甘えていいかな」



71 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/24(土) 00:00:09 ID:5KeOvO0E

猫耳「……ん、ぅ」スリスリ

男「なんか本格的に猫っぽいな」

猫耳「頭、撫でて」

男「あいよ」ナデナデ

猫耳「男さんの、おっきな手」

猫耳「お父さんみたいな、お兄さんみたいな。でも違う人の手」

猫耳「何年ぶりかな……こんな感触……」

男「……そっかぁ」



72 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/24(土) 00:04:24 ID:5KeOvO0E

猫耳「…………」

猫耳「ん」ペロ

男「うひっ」ゾワッ

男「え、今何したの?」

猫耳「ちょっと、首を」

猫耳「男さんの首は、綺麗だね」

男「首ってそんなに違いあるのか?」

猫耳「うん、しなやかでしっかりしてて」

猫耳「それこそ――――ゃいたいくらい」

男「今何て言ったの?」

猫耳「なんでもない」スリスリ



73 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/24(土) 00:16:16 ID:5KeOvO0E

猫耳「辛い時、またこうやってぎゅっと抱きしめてくれる?」

男「ぎゅーっとしてやるよ」

猫耳「私、頑張るね」

男「猫耳ちゃんはもう頑張らなくてもいいんじゃないかな」

猫耳「ううん、私は頑張らないといけないんだ」

猫耳「頑張りたいんだ、私。大切なモノ守るために」

男「…………」



77 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/24(土) 22:28:36 ID:5KeOvO0E

男「猫耳ちゃん! 今日は何曜日だ!」クワッ

猫耳「土曜日ですね、どうかしましたか?」

男「……考えてみれば一ヶ月、猫耳ちゃんはこの家に閉じ込められたままだ」

猫耳「閉じ込められたって、そんな」

猫耳「それに目立たない夜にはちょこっと出たりしましたし」

男「でもさ、こそこそしてたし帽子とかで隠したりして窮屈だったわけだ」

男「まぁキャスケット帽かぶる猫耳ちゃんも可愛いけどさ」

猫耳「か、可愛いですか? えへっ」テレ

男「うん、可愛い」



78 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/24(土) 22:32:10 ID:5KeOvO0E

猫耳「それで、土曜日がどうしたの?」

男「いや土曜日と言えばお出かけ日和じゃないか」

猫耳「今日は特に晴れてて、良い気候だもんね」

男「ということで」


男「お出かけをしよう!」


猫耳「え、でも私はこの猫耳とかが……」

男「いいからいいから、ほら準備してれっつごー!」



79 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/24(土) 22:44:43 ID:5KeOvO0E

男「とーちゃくー!」

猫耳「こ、ここは? ていうか耳とか隠さなくてもいいの?」

男「かまわない! なぜならここは!」

猫耳「…………」ゴクリ

男「コスプレの聖地! 秋葉原!」

男「ほら、見える範囲内だけでも三人は猫耳付きがいるぞ!」

猫耳「ほ、ほんとだ……」



80 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/24(土) 23:26:45 ID:5KeOvO0E

男「ここなら目立たないだろ?」

猫耳「はい……」

男「まぁ、でも女の子を連れてのお出かけに秋葉原ってのも微妙だけどな」

猫耳「それでも……うれしいよ」ニコ

男「ならよかった、んじゃ遊ぶか」ギュ

猫耳「あわっ、え、はいっ」

猫耳(よく考えればこれデートみたいな……)



82 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/25(日) 00:16:09 ID:OBMKUsNE

男「ということでまずはプリクラでもとりましょうか!」

猫耳「プリクラって初めて」

男「まぁ俺も慣れてるわけじゃなく学生ノリで何回か連れてこられただけなんだが」

猫耳「んー、男さんって経験豊富なんだね」

男「猫耳ちゃんより長生きしてるってだけだよ」

男「猫耳ちゃんもこれからいろいろ経験してくんだから」

猫耳「男さんがいろんな経験させてくれる?」

男「任せとけ」



84 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/25(日) 00:28:20 ID:OBMKUsNE

猫耳「これってどうすればいいの?」

男「えっと、このペンで落書きしたり……スタンプ押したり……」ポチポチ

猫耳「こんな感じ?」

男「こんなのも書いちゃえ」カキカキ

猫耳「わ、ちょ、ひげ書かないで下さいよ!」カキカキ

男「な、なんてことを!?」

猫耳「へへーん、反撃です」



85 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/25(日) 00:46:11 ID:OBMKUsNE

猫耳「……わぁ」

男「そんなに喜ばなくても」

猫耳「ううん、これは宝物だよ」

男「この調子だと宝物だらけになりそうだな」

猫耳「それってとっても幸せだよね?」

男「まぁ、確かにな」

猫耳「んっ、ほら次はどこに行くの?」

男「そうだな、電気街ってもな……」

男「あぁ、本屋とか行ってみようか」

猫耳「!」

男「あ、猫耳立った」



87 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/25(日) 00:53:53 ID:OBMKUsNE

猫耳「本がいっぱいだぁ!」

男「うひー広いなぁ……流石秋葉だけあって若干オタクエリアが多い気がするけど」

猫耳「いろんな本があるなぁ……」

猫耳「この可愛いイラストの表紙のはなに?」

男「ライトノベルってやつだな、丁度猫耳ちゃんの年齢向けの本だ」

猫耳「ふぅん……………………なんかお伽話みたいなのが多いんだね」

男「そうだなー、魔法とかバトルとか恋愛とかな」

猫耳「男さん詳しいね」

男「友達がそうゆうのをすげぇ知っててな」

猫耳「こっちは何かな」パサ



88 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/25(日) 00:58:17 ID:OBMKUsNE

男「え、そっちはやば!」

猫耳「…………」カァァ

男「あ」

猫耳「……えっちなのはいけないとおもいます」

男「お、おう」

猫耳「わたしはまだ14です、そういうのだめだとおもいます」

男「そうだな……」

男「…………せめてのれんで仕切っとけよ店!」ボソッ

猫耳(男さんもあーゆーのが……)ボフッ



89 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/25(日) 01:02:47 ID:OBMKUsNE

男「え、えーと、気を取り直して!」

猫耳「……うん」

男「ちょっと小腹もすいたとこだし、カフェに行ってみよう」

猫耳「カフェ?」

男「友達に薦められたとこなんだけど、ちょっと裏道入ってな」

男「こっちでー、こっちだったかな?」



90 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/25(日) 01:09:00 ID:OBMKUsNE

猫耳「ここ?」

男「そう、ここ」

男「何だったかな『媚びた雰囲気の無い本場ヴィクトリアンメイド』がどうたらこうたらの――」

男「まぁとにかく、落ち着いた店らしい」

猫耳「メイド……?」

男「あぁ……そっか、知らないか」

男「外国の家政婦さんみたいなもんだよ」

猫耳「お手伝いさんなんだ」

男「ここだとウェイトレスだけどな」



92 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/25(日) 01:14:18 ID:OBMKUsNE

男「おー、確かに落ち着いてる」

猫耳「外はけっこううるさかったもんね」

男「静かってのはこんなにいいものだったのか!」

猫耳「私は特によく聞こえちゃうから」

男「猫耳か」

猫耳「猫以上には耳が良いよ?」

男「そりゃ便利だ」



93 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/25(日) 01:22:54 ID:OBMKUsNE

猫耳「紅茶美味しい……」

猫耳「そう言えば私と男さんの最初も紅茶だったよね」

男「あーそんなこともあったなぁ」

猫耳「男さん紅茶入れるの上手だよね」

男「男のたしなみってやつですよ」

猫耳「どっちかっていうと女の人のたしなみだけどね」

男「紅茶美味しく入れる男性ってカッコ良くない?」

猫耳「そうじゃなくても私は男さんが一番だよ」

男「うぐ」



94 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/25(日) 01:27:27 ID:OBMKUsNE

男「猫耳ちゃんは何か食べる?」

猫耳「……ううん、そういうの、食べる気分じゃないかな」

男「食欲無い? 具合悪かったりする?」

猫耳「元気だよ、食欲もしっかりある」

男「なら……大丈夫か」

男「体調悪くなったらすぐ言えよ? こもりっぱなしは身体に悪いだろうし」

猫耳「わかってるよ」



99 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/25(日) 21:44:42 ID:OBMKUsNE

男「……しまったなぁ」

猫耳「どうしたの?」

男「猫耳ちゃんの猫耳が目立たないことを優先しすぎて、楽しむ場所を考えてなかった」

男「カラオケとかっても……猫耳ちゃんは歌えないよね」

猫耳「まぁ……はい」

男「目的もなしに動くには秋葉はマニアック過ぎだし……」

猫耳「私は男さんと一緒に歩いてるだけでも十分だけど」

男「どうせだったらもっと楽しいことしないと、猫耳ちゃんは少ない外出なんだから」



100 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/27(火) 00:05:29 ID:lG1bQYXM

男「……ゲームとか?」

男「猫耳ちゃん、ゲームってやったことは?」

猫耳「テレビゲームは無いかなぁ」

男「おし、じゃあゲーム屋に行こう!」

男「猫耳ちゃんが家にいる間退屈しないようにゲームを買うことにしました!」

猫耳「そ、そんなゲームなんて高いんじゃ……」

男「子供はむしろ高い物を『買って買って』と我が侭言うの」

男「それに俺もやるからいいんだよ」



101 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/27(火) 00:19:19 ID:lG1bQYXM

男「さて……」

男「3DS、WiiU、PSvita、PS4、セガサターンと」

男「種類あるなぁ……」

猫耳「こ、これどうやって遊ぶのっ?」ピクピク

男「落ち着け落ち着け、猫耳が狂喜乱舞してるから」

猫耳「あぅ……」カァァ

男「店員さんガン見してるな……クオリティ高ぇって言ってるから本物だとはバレてないみたいだけど」

猫耳「ちょっとヒヤヒヤするよ」



102 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/27(火) 00:29:35 ID:lG1bQYXM

男「どうせ家なんだから据え置き型が良いかな?」

猫耳「うわぁ! このコントローラー繋がってないよ!」

男「でもWiiUって評判悪いし、プレステ系はロード重いし」

猫耳「綺麗な映像っ、本物の景色みたい!」

男「DSとかの方が手軽に出来るのが多いかな?」

猫耳「……猫人族? ファンタジーには私みたいなのがいるんだ……」

男「いっそどっちもって言うのも……金キツいかな?」

猫耳「ぞ、ゾンビ? 死んだ人が動くの……? え、人を喰べるの?」

――――――
――――
――



111 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/28(水) 15:21:33 ID:M75iS0pU

男「重くないか?」

猫耳「えへへ、大丈夫っ」フリフリ

男「結局店員にオススメ聞いてWiiUとピクミン3になったけどよかったのか?」

猫耳「ふんふんふふーんっ」ユラユラ

男「って、テンション高いな」

猫耳「やるの楽しみだなぁ」ピクピク

男「そりゃよかった」



112 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/28(水) 16:18:24 ID:M75iS0pU

猫耳「……そろそろ帰ろっか」

男「もう? いいのか、もっといてもいいんだぞ?」

猫耳「うん、私は十分満足したし」

猫耳「それに男さんとおうちでのんびりするのも私は好きだから」

男「猫耳ちゃん……」








男「本音は?」

猫耳「このままゲームおあずけとか無理です」



114 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/28(水) 16:44:45 ID:M75iS0pU

男「それじゃ、帰ることにしますかね」

猫耳「うんっ」

男「おっと、電車に乗る前には帽子かぶって」ポス

猫耳「うにゃっ」

男「ほい、これでおっけ」

猫耳「ありがと」

男「うい」



119 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/28(水) 23:28:16 ID:M75iS0pU

「はぁ……ァ……」

渇く、躰が渇く。
視界がぶれる、手が震える、かちかちと鳴っているのは私の歯だろうか。
気が狂いそうだ。
押し留めた私の中の化物が猛威を振るおうと暴れている。

「お腹スいたナァ……あぐ……」

タベタイ。
食べちゃいけない。
タベタイ。
食べちゃいけないんだ。

男さん。
アノ柔ラカソウナ首/あの優しい声
アノ弾力ノアリソウナ腕/あの心地良い手
アノ新鮮ナ心臓/あの暖かい鼓動

「男さん、私の男さん」



120 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/28(水) 23:37:02 ID:M75iS0pU

何か。
何か食べるモノは、ないのだろうか。
私の餌は?

「血の滴る肉、白く飛び出た骨、震える脳」

タベタイ。
食べない。
タベタイ。
食べ……。
タベル。
食……。

タベヨウ。
食べたい。

「……えへへ、えへへへへ」

食べよう、食べよう。
えへ、こんなところにちょうどいいものが。
細くて、長くて、白くて。

あぁ、とっても美味しそう。



121 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/28(水) 23:43:52 ID:M75iS0pU

男「たっだいまー! ……って暗っ!?」ビクッ

男「猫耳ちゃーん……?」

男「いない……のかなー?」



猫耳「……ぁぐ」ガブ

男「猫耳ちゃん?」

猫耳「んぐ……じゅ、ぐ」ガブガブ

男「……何してるの?」

猫耳「……んぅ?」ギョロ



猫耳「あぁー、おとこさんだぁー」ニコ



122 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/28(水) 23:50:42 ID:M75iS0pU

男「っっ!? 手が血だらけ!? 大丈夫!?」

猫耳「男さぁん」

男「噛み傷……まさか、自分の手をっ?」

猫耳「……あれ、男さん?」サァァ

猫耳(ばれた? 男さんにばれた?)

男「と、とにかく手当てを」

猫耳「あ……あ、あ、あああ」カタカタ

男「猫耳ちゃん?」

猫耳「ご、ごえ、ごめんなさっ」バッ

男「あ! 猫耳ちゃん何処行くのっ!?」

猫耳「あああああばれたばれたばれたばれた」ダダダダ

ガチャッ! バタンッ!!



123 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/29(木) 00:01:38 ID:UwgEfjRg

猫耳(うあ、あああ)

猫耳(男さんにばれた、私が化物だって)

猫耳(怯えてた、狂ったものを見る目だった)

猫耳(男さんに嫌われた)

猫耳(男さんは【ゴチソウミタイ】――違う! 違う違う違うちがうちがう!)

猫耳(私はおかしい、男さんは【タベモノ】じゃない! 男さんは【オニク】じゃないッ!)

猫耳(【ワタシハオナカガヘッテ】ぐあっ【オトコサンヲタベレバオナカハ】やめろやめろやめ【イッパイニナッテシアワセ】)

猫耳(【ドウシテイママデタベナカッタ】たすけ【ンダロウ? アンナニオイシソウ】いやっ【ナノニ……タベレバヨカッタンダヨネ】)



猫耳【男さんごめんなさい……私は化物をやめられない】



124 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/29(木) 00:05:48 ID:UwgEfjRg

            ニンゲン
猫耳【とりあえずは、何かを食べないと】

猫耳【でも、人を殺したら捕まってしまうから……】
                   ヒト
猫耳【……殺しても捕まらない獲物?】

猫耳【あぁ、そうだ】
         ゴハン
猫耳【私には、追手がいたんだった】

猫耳【えへへ、いただきます】ジュル



131 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/29(木) 20:27:11 ID:UwgEfjRg

男「はぁ、はぁ……」タッタッタ

男「くそっ、何処行ったんだよ猫耳ちゃんっ」

男「自傷行為は訳分かんないし、飛び出した理由も知らないしっ!」


『ご、ごえ、ごめんなさっ』


男「なんで謝るのかも……わかんねぇよ」



132 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/29(木) 20:31:03 ID:UwgEfjRg

男「ストレスが溜まってた? いや、そんなレベルの行動じゃなかった」

男「それに、昨日だって楽しそうにゲームしてた」

男「あの笑顔が作り物だなんて思いたくねぇ」

男「もっと……なんか考えてて」

男「だからって自分の手を噛むなんて……噛む?」




男「――――喰べる?」



133 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/29(木) 20:32:27 ID:UwgEfjRg


















134 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/29(木) 20:48:24 ID:UwgEfjRg

夜の公園に身を潜めた。
街灯の蛍光灯が切れていて、辺りは真っ暗だ。

【んぅ】

臭いがする。
人間と動物の混じった薬の臭い。あの研究所の臭い。
近いなぁ。
ちょうど前方に人影が現れた。

「見つけたぞ、検体番号102――」
【みぃつけた】
「……っ?」

筋張っててあんまり美味しくなさそうなお肉だけど……まぁいいか。
あぁ、男さんはやっぱり良いお肉だったんだなぁ。
それじゃあ。
狩りを始めましょう。



135 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/29(木) 20:53:13 ID:UwgEfjRg

【死んでくださ、いっ!】
「ぐ、っ! 抵抗するな!」

暗闇は私の味方だ。
夜目の利き具合は猫譲りの人外レベル。
〝ご飯〟は銃かなにかを打っているみたいだけど、闇雲に打っても私には当たらない。
ぷしゅ、ぷしゅと消音器の音が響く。

「ちょこまかとっ!」

背後から近寄る。
思い切って飛びかかり、爪を眼にえぐりこむ。

「がああああっ!?」

視界を奪ったところで首に牙を突き刺す。
頸動脈を切るように食いちぎる。



136 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/29(木) 21:00:58 ID:UwgEfjRg

「っ、ご……ぷ」

〝ご飯〟は痙攣しながら倒れ伏す。
血だまりが土に広がって、染み込んでゆく。

【あぁ、もったいない】

手のひらに収まった眼球を口に含む。
噛み潰すと水晶体が砕ける音がした。

【さぁ、ごはんだごはんだ】

服をはがして、肉を露出させる。
いただきます。

私は馬乗りになって食べ始めた。



137 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/29(木) 21:03:58 ID:UwgEfjRg

ぶち。

もぐもぐ。

ぷちぷち。

ぶしゃっ。

ごくん。

ばりばり。

ばき。

ばくばく。

ぺろん。



138 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/29(木) 21:10:27 ID:UwgEfjRg

【ごちそうさまぁ】

あぁ、お腹いっぱい。
残っちゃったのは、面倒だけどしっかり埋めないと。
膨れたお腹で、ちょっとのんびりしたいけど、さっさと片づけしよう。

【ん、しょ】

危ない研究所の人間だ。
警察とかにばれたら不味いだろうから、人ひとりいなくなっても探したりはしない。
あそこはそういうところだ。
いつも失敗作の処分をしていた。
狂人と化物の世界。
人の命なんて、なによりも軽い。

【できた……はぁ、疲れた】



139 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/29(木) 21:16:58 ID:UwgEfjRg

さて、これでしばらくは大丈夫だろう。
血濡れの服を脱いで、〝ご飯〟が着ていた服を着る。
少し大きいけど、たぶん平気。
数日分のお肉もとってある。
元の服にくるんで、袋に入れる。

【腐る前に食べきらないとなぁ】

この身体は少しくらい腐ったものでも平気だけど。
それに、お肉は腐る寸前が一番美味しいとも言うし……。
ゆっくり味わうことにしようかな。



140 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/29(木) 21:20:48 ID:UwgEfjRg

〝ご飯〟が殺されたのは、いつ気がつくだろう。

次に送られてくる〝ご飯〟は美味しいといいなぁ。


【にゃぉん】


あぁ、男さん食べたいなぁ。



155 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/31(土) 15:33:37 ID:43At580k

猫耳【さて、今日のごはんー】ズルズル

肉「」

猫耳【よいしょっと……ふぅ、重たい】

猫耳【月夜の晩にー、ごちそうお肉ー】ブチブチ

猫耳【グラスに真っ赤な液体そそぎー】ドポドポ

猫耳【…………】ペロ

猫耳【ちょっとくどいなぁ……不健康】

猫耳【健康診断に引っかかるだろうね、これは】

猫耳【まぁいいや、それじゃいただきまーす】アーン



157 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/31(土) 15:42:14 ID:43At580k

追手「手こずらせやがって、猫畜生が」ジャキ

猫耳【っ!?】

猫耳(しまっ……別の、っ……)

追手「大人しくしろ!」


パァン!



158 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/31(土) 15:52:06 ID:CSEVda2E

!?



159 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/31(土) 16:03:13 ID:43At580k

――――――
――――
――

猫耳【あ、ぐ……はぁ、はぁ】ポタポタ

追手「」

猫耳【うぅ……肩が……】

猫耳【……弾は貫通したみたいだけど】

猫耳【くそぅ……】

猫耳【……まだ別のがいるかもしれない】

猫耳【とにかく……逃げないと】フラフラ



160 :肩って言うか肩関節の辺りですね ◆u5n33kjMKs 2014/05/31(土) 16:39:04 ID:43At580k

猫耳【……ぁ】

猫耳【……血は、そんなに出てないけど】

猫耳【痛みが……だんだん……】ズキズキ

猫耳【ふぅ……はぁ……】

猫耳【このまま……死ぬのかな】

猫耳【失血死しなくても、傷が膿んだり、壊疽したり……】

猫耳【化物の最後には……ふさわしいかな】



161 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/31(土) 17:05:28 ID:43At580k

猫耳【ちょっと……疲れたなぁ】

猫耳【ふぅ】ストン

猫耳【少し、寝るだけ……寝るだけ……】


猫耳【男さんに……なでなでしてもらいたいなぁ……】

猫耳【あったかかったなぁ……】

猫耳【……ふ】カクン



162 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/31(土) 19:35:14 ID:43At580k

「――!」


「――ちゃん! どうしよ――いと!」


「――き――起きて猫――!」


「――そ、傷が――! ――!」



163 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/31(土) 21:03:42 ID:43At580k

猫耳(ゆらゆら……揺れてる)

猫耳(運ばれてる? どこかに向かってるのかな……地獄?)

猫耳(地獄への旅路は案外悪くないね)パチ

男「よいしょっと」

猫耳(あれぇ? 男さんに担がれてる?)

猫耳(男さんだ……美味しそう)

猫耳(そういえば結局ご飯は食べられなかったし……)

猫耳(ちょっとくらいいいかな?)



165 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/31(土) 21:30:36 ID:43At580k

猫耳(いただきまーす)ガブ

男「痛ってぇっ!!」

猫耳「あれ!? 本物!?」

男「本物ってなんだよ! って起きたのか猫耳ちゃん!」

猫耳「あ、はい、おはようございます男さん」

男「お、おはよう」



166 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/31(土) 21:47:18 ID:43At580k

男「えっと……怪我は大丈夫?」

猫耳「多分、動脈は傷ついてないみたいですし、きちんと処置すれば命に別条はないかと」

男「そうじゃなくて、痛いだろ」

猫耳「それも平気です、慣れてますから〝この程度〟」

男「…………」ギリ

猫耳(ありがとうございます、男さん)



167 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/31(土) 21:54:47 ID:43At580k

男「病院とかは……どうする?」

猫耳「私は……」

男「お金は、って……保険証無いのか、まぁどうにかして」

男「今は安静にして、猫耳とかを隠す方法を考えないと」

男「えっと、それと――」

猫耳「やめてくださいよ」ギュゥ

男「え?」

猫耳「やめてください、やめてよ……」

猫耳「なんで私に優しくするの……」



168 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/31(土) 21:58:24 ID:43At580k

猫耳「私は化け物なの、言ったでしょう?」

男「いや、それに対する答えはもう」

猫耳「違う、違うの! 私は!」

猫耳「……男さんも見たでしょ、私が手を食べてたの」

猫耳「化物なの! どうあってもやめられない、化け物なんだよ!」

猫耳「私は! 人を食べるんだよ!」

男「猫耳ちゃん」



169 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/31(土) 22:05:33 ID:43At580k

猫耳「はなしてっ」バッ

男「あ、ちょ」

猫耳「……ふ、ぅ」フラ

男「猫耳ちゃん!」

猫耳「触らないで……」

猫耳「病院もいいです、なにもいらない」

猫耳「私に優しくするのはやめてください」



170 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/31(土) 22:32:15 ID:43At580k

猫耳「男さんからもらった恩を忘れて飛び出して」

猫耳「人を殺して、食べている私に! どうして優しくする意味があるんですか!」

猫耳「五人です。五人殺しました、五人食べました」

猫耳「抑えきれない食人衝動は男さんに対しても例外ではありませんから」

猫耳「私は今男さんに、美味しそう、と感じているんです」

猫耳「気持ち悪いでしょう? 怖いでしょう! 嫌いになったでしょう!?」

猫耳「私は化物なんだ! 人喰なんだ!」

猫耳「私から離れろ、もう二度と顔を見せるなぁ!」


男「前も言ったけどさ」

男「泣くくらいなら、そんなこと言うなって」ナデナデ



171 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/31(土) 22:40:45 ID:43At580k

猫耳「狂ってます、男さんは、天敵にどうして優しくできるんですか?」

男「平和ボケの日本人なめんな、それに女の子は助ける主義なんだよ」

猫耳「あたまおかしいです」

男「なんとでも言いなよ、猫耳ちゃんは俺が助けるんだから」

猫耳「ねぇ、男さん」


猫耳「大好きです、あなたが大好きです」


猫耳「心の底から、嘘偽りなくあなたが大好きです」

男「俺も猫耳ちゃんが好きだよ」

猫耳「嬉しいです」



172 : ◆u5n33kjMKs 2014/05/31(土) 23:00:24 ID:43At580k

男「病院いくぞ、銃の傷なんてほっといたらヤバ過ぎだ」

猫耳「私、お金無いです……」

男「俺がどうにかする、足りない分は親父に土下座してでも借りる」

猫耳「そんな……」

男「つべこべ言わない」ペシ

猫耳「にゃう……」



178 : ◆u5n33kjMKs 2014/06/02(月) 22:22:43 ID:SoEX6/w6

猫耳「男さん……私……」

猫耳「もうっ……がまんできないの……」ハァハァ

男「これが欲しいのか」

猫耳「そう、それが欲しいのっ」

男「……しょうがないな、ちょっとだけだぞ」スッ

猫耳「やったぁ!」



猫耳「いただきますっ」ガブ

男「っ」ブツン



179 : ◆u5n33kjMKs 2014/06/02(月) 22:25:18 ID:SoEX6/w6

猫耳「おいひぃ……」チュゥチュゥ

猫耳「……はむ」

男「おーい、血だけだからな?」

猫耳「分かってるよ……」

猫耳「でも」ジュル

男「はいはい落ち着こうか、噛み切ったら怒るからな」

猫耳「はぁい」

猫耳「物足りないなぁ」チュポン



180 : ◆u5n33kjMKs 2014/06/02(月) 22:29:44 ID:SoEX6/w6

猫耳(結局)

猫耳(私は男さんと一緒に住んでいる)

猫耳(食人衝動は、男さんの血を定期的に飲むことで無理矢理抑えている)

猫耳(おかげで貧血だって男さんは文句言ってたけど)

男「なんか、吸血鬼みたいだな」

猫耳「お望みとあらば首に噛みついたげるよ?」

男「なんか死の危険を感じるからだめ」

猫耳「ちぇー」



181 : ◆u5n33kjMKs 2014/06/02(月) 22:32:58 ID:SoEX6/w6

猫耳「やっぱり物足りない」

男「えー、これ以上吸われるとふらつくんだけど」

猫耳「うん、だから」ポス

猫耳「代わりに、ぎゅーっとしてて」

男「……はいはい」ギュ

猫耳「男さんはあったかいね」

男「お前の方も体温高いぜ?」

猫耳「ねこですから」



182 : ◆u5n33kjMKs 2014/06/02(月) 22:36:56 ID:SoEX6/w6

猫耳「男さん」ハムハム

男「甘噛するな……で、なに?」

猫耳「女の子と抱き合ってるのに平然としないでほしい」

男「もう慣れた」

猫耳「酷いっ! あの初心だったころの男さんはどこへ!」

男「だって何かと抱きついてくるから」

猫耳「甘えたい盛りの女の子なんです」

男「甘え過ぎ」

猫耳「好きなんですもん」



183 : ◆u5n33kjMKs 2014/06/02(月) 22:41:45 ID:SoEX6/w6

猫耳「男さん」

男「何だよ」

猫耳「今夜も……愛してくれないの?」

男「えっちなのは18になってからです」

猫耳「据え膳なのに! いくじなし! それでも男か!」

男「何とでもいいなさい」

猫耳「むぅ……」

猫耳「貞操観念堅過ぎ、今時18って遅いのに」

男「俺は子供には手を出さないの」

猫耳「ちゅーしたくせに」

男「キスはいいの」



184 : ◆u5n33kjMKs 2014/06/02(月) 22:46:40 ID:SoEX6/w6

猫耳「こうなったら、力づくで……」

男「んなことしたら三日間肉抜き」

猫耳「絶対しません!」

男「よろしい」

猫耳「はぁ……」

男「まったく、後3年だろ?」

猫耳「3年〝も〟先なんです」

男「黙れ脳内ピンク、そんなとこまで獣じゃなくていいだろうが」

猫耳「男さんは思いが通じ合ってから意地悪になった気がする」



185 : ◆u5n33kjMKs 2014/06/02(月) 22:51:48 ID:SoEX6/w6

猫耳「むかつく」ガブ

男「いってぇ! 何処噛んでんだ!」

猫耳「肩ー、ここの血は美味しいね、腕より新鮮」コクコク

男「そんな所の傷ふさがりにくそうじゃねぇか!」

猫耳「舐めれば治る」ペロペロ

男「な訳あるか!」

猫耳「もう、うるさい!」



猫耳「んっ」チュ

男「っ!?」



186 : ◆u5n33kjMKs 2014/06/02(月) 22:54:44 ID:SoEX6/w6



男「……しょっぱい」

猫耳「血の味だよ」

男「よくこんなの飲めるな」

猫耳「男さんのを飲みたくて飲みたくて身体が疼くの」

男「そこまで愛されると男冥利に尽きます」

猫耳「んへへ、良かった」



187 : ◆u5n33kjMKs 2014/06/02(月) 22:56:28 ID:SoEX6/w6

猫耳「ねぇ男さん」

男「猫耳ちゃん」




猫耳少女「大好きだよ」




おしまい



188 : ◆u5n33kjMKs 2014/06/02(月) 22:58:21 ID:SoEX6/w6

おしまい
ご閲覧ありがとうございました



猫耳は世界を救う
私はそう思います



転載元
猫耳少女「私は……化け物ですから」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1400588237/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 09:40
      • オレは悪魔だぁ
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 10:43
      • 可愛い猫耳少女と暮らせるなら血なんて安いもんだよね!
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 14:03
      • にゃ
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 16:09
      • 献血に行くのか猫耳少女に血を吸わせるのか

        どっちもおなじようなもんだよね?
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 17:29
      • でも人殺しなんだよなぁ
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 17:58
      • 野菜を食え野菜
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 17:59
      • ダイショーグンに猫耳少女いるけどあんな可愛いナリして化け物扱いされて人間不信って無理あるよな。正体もほとんど人間みたいだったし
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 18:07
      • ん~、しょっぼい。
        結局何がしたかったのか。
        人喰い存在だから研究所から逃げて、男の家に転がり込んで、それで人喰いの衝動が抑えられなくて、男に迎えにきてもらった家にまた戻った。


        それだけ?それだけかよ。
        せめて人喰いの衝動をもっと何とか対策するとか、人肉じゃなくても牛豚の生肉とかでもよかったんじゃないか?
        もっと先の未来とか、いっその事そのまま結婚するとか隠匿するとか、もっと発展できる展開があるだろうに。
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 19:56
      • 食欲の抑制も兼ねて、組織への復讐劇が始まるんですね
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 20:30
      • 神話タグにしては破壊力が低いですね
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 20:53
      • 女同士でチューして何が悪い!
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 21:20
      • なんかなぁ。
        ハード系か異種間恋愛系かどっちにしたいのか?
        ハード系ならば人間に近い猫娘だとやっぱ物足りないと思う。

        戦闘時はBLOODY ROAR 並に変化するとかで、その姿を男に見られて一度は化け物と呼ばれるとか位しないと悲壮感が足りん。
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 22:03
      • 世界を救う  私もそう思います
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 23:11
      • あーだめだ、つまらん。
        出だしの部分から不吉な予感がしてたがやっぱりダメだ。つまらんわこれ。
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月04日 02:59
      • 読み手(笑)さんは何も生み出せない癖に、口だけは立派に出すんですなぁ
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月04日 08:24
      • 前の人へ。

        そう言うアンタは良作を書けるのか?
        コメントを70以上貰う物を書いたとか、コメントは多くはなくとも肯定的な感想を多く貰った作品を書いてからそう言う事を言う資格がある。
        この作品への感想すら無く不特定多数を罵倒するだけの貴方の書いた言葉は既に感想ですらない。

        感想すら書かず挙げ句には何人もの人を罵倒するだけの貴方は、貴方は否定する読み手以下だ。
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月04日 12:02
      • 18になっていちゃらぶ朝チュンしまくってたら
        ヴァンパイアからサキュバスに進化するんだろ

        足りない部分は自分で補完するし中途半端でもいいや
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月05日 21:03
      • キミはキメラ思い出した
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月07日 03:14
      • >16
        デカいブーメランだな

        下手に冗長にするよかこれぐらいで切り上げた方が無難だとは思うがね
        色々伏線回収し切れてない感はあるけど俺は好きだわ
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月23日 16:26
      • 昔、事故で死にかけの猫を人型機械にして生存させる漫画、アニメがあってだな~
        「万能文化猫娘」ってんだけどよ~

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ