TOP

楽「ハニートラップ対策?」鶫「そうだ」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:13:49.96 ID:V3J5QHzMo

楽「いやハニートラップってお前、誰が俺にするんだよ。意味ねえだろ」

鶫「そうか? 日本有数の広域暴力団集英組組長の一人息子、一条楽」

楽「うっ」

鶫「どうした? 国際的ギャングビーハイブ首領の一人娘の恋人、一条楽」

楽「わかったよ! それで俺にどうしろってんだ?」

鶫「……」カアァァ

楽「おい、鶫?」

鶫「…………」カアァァ

楽「おーい。鶫さーん?」

鶫「わ、」

楽「わ?」

鶫「私が、貴様に耐性をつけてやる!」



3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:15:46.24 ID:V3J5QHzMo

楽「…………は? え、いやちょ、お前何言ってんの!?」

鶫「聞いてのとおりだ。私が貴様にそういう耐性をつけてやる」

楽「耐性をつけてやるって何するつもりなんだよ」

鶫「その前に、貴様は、その、お嬢と何をした?」

楽「え? 何って?」

鶫「だ、だからその……お嬢とどこまでしたかと聞いているんだ」

楽「どこまでってだからなんだよ?」

鶫「ぐっ……お、お嬢とキスとか、そ、それ以上のことをしたのかと聞いているんだ!」カアァァ

楽「なっ、す、するわけねえだろ!」カアァァ

鶫「そ、そうか」

楽「ああ。で、それがなんなんだ?」



4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:16:12.53 ID:V3J5QHzMo

鶫「つまり貴様は女性への耐性が少なく、ハニートラップにかかりやすいわけだ」

楽「まあそうだろうけどよ」

鶫「だから私が耐性をつけてやるんだ!」

楽「だからそこがおかしいって! なんでお前がそんなことするんだよ!」

鶫「貴様がハニートラップにかかって集英組だけが被害を受けるならどうでもいいが、貴様はお嬢の恋人だ」

鶫「貴様がハニートラップにかかった場合、ビーハイブにも被害が及ぶ可能性がある。それは見過ごせないというわけだ」

楽「……いや、それにしたってお前がやる必要はねえだろ?」

鶫「この対策は当然ながらお嬢には秘密で進められる。貴様のそばに突然見知らぬ女性が現れたら不自然だろう」

楽「そりゃそうかもしれねえけど……まあいいか」ハァ

楽「それで結局何するんだよ。デートでもするのか?」

鶫「いや、そういうのではない」

楽「違うのか。じゃあ何するんだ?」

鶫「…を…め」ボソッ

楽「え? もう少し大きい声で言ってくれ」



5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:16:41.04 ID:V3J5QHzMo

鶫「だ、だからその……」

楽「うん」

鶫「わ、私の胸を揉め!」カアァァ

楽「あーお前の胸を……ってええ!? な、何言ってんだよ!」

鶫「き、聞いてのとおりだ。わ、私の胸を触れば耐性もつくだろう」

楽「だからってお前なんでそんな命令受けてんだよ! 断れないってんなら千棘に言って……!」

鶫「そ、それはやめろ!」

楽「ふざけんな! こんなお前の気持ちも考えないような命令見過ごせるか!」

鶫「ち、違う! 別に強要されているわけじゃない!」

楽「え? それってどういう……」

鶫「か、勘違いするな。だからといって好き好んでいるというわけではない」

楽「どっちなんだよ」



6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:17:20.27 ID:V3J5QHzMo

鶫「私以外に適任がいないというのもあるが、その……私の胸は平均より大きいだろう?」ギュッ

楽「お、おう」フイッ

鶫「正直なところこの胸は動くのに邪魔で小さくなればいいと思っている」

鶫「そして、胸は好きな人に揉まれれば大きくなるという話を聞いた」

楽「よく話がつながらねえんだけど……」

鶫「好きな人に揉まれれば胸が大きくなるというなら、嫌いな奴に揉まれれば小さくなるはずだ」

楽「う、うん?」

鶫「そして私は貴様が嫌いだ……つまり」

楽「つ、つまり?」ゴクリ

鶫「貴様が私の胸を揉むことで私の胸は小さくなるのだ! お、お互いにメリットがあるのだから気にすることはない」

楽「……んなわけあるかー!」

鶫「ないと言い切れるのか!?」

楽「言い切れるのかって……いやそりゃ言い切れるのかって言われたら難しいけどさ」

鶫「なら決まりだ。どのみちハニートラップ対策はやらなければならないんだ」

楽「いやでもやっぱりこういうのはよくねえって」

鶫「……そこまで嫌か?」

楽「い、嫌ってわけじゃねえけど」

鶫「ならいいだろう。お嬢に言うようなことはしないから安心しろ」

鶫「断った場合、おそらく私以外の者が来る。どちらがいいか決めるといい」

楽「……わかったよ。嫌ならすぐ言えよ?」

鶫「ああ。それじゃあ行くぞ」



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:17:48.20 ID:V3J5QHzMo

――体育倉庫――

楽「こ、ここでやるのかよ」

鶫「定番だと聞いたのだが……」

楽「なんの定番だよ!」

楽「……まあいいか。それじゃその……」

鶫「う、うむ。す、好きにしていいぞ」グッ

楽「お、おう」

鶫「……」ドキドキ

楽「……」ソーッ

鶫「……っ」ドキドキ

楽「……」モミ

鶫「ひゃぅ」ピクン

楽「うお……」



8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:18:22.52 ID:V3J5QHzMo

鶫「な、なんで貴様が声を出すんだ」

楽「わ、悪い。その、こんな柔らかいとは思わなかったんだよ」

鶫「なっ!」カアァァ

鶫「き、貴様はなんでそんな馬鹿なことを言うんだ!」

楽「しょ、しょうがねえだろ。大体触れって言ったのは鶫じゃねえか」

鶫「感想を言えとは言ってない!」

楽「そりゃ言ってねえけどさ」

鶫「これからは黙ってやれ!」

楽「わかったよ」

楽「……」モミモミ

鶫「……んっ」ピクッ

楽「……」モミモミ

鶫「ふ……んぅ」

楽「……」モミモミ

鶫「……黙って触るな!」

楽「お前無茶苦茶言ってるぞ!?」

……





9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:18:49.53 ID:V3J5QHzMo

鶫「お、おい。そろそろ……」

楽「お、おう。わかった」パッ

鶫「30分くらいか。よく飽きもせずにしていたな」フン

楽「理不尽にも程がねえかそれ」

鶫「うるさい!」

楽「なんなんだ一体……」

楽(しかし鶫はどうしてこんなこと言い出したんだ? まあなんにせよ終わったし、とりあえず今日のことは忘れよう)

鶫「これからは2日に1度くらいのペースで行う。する時間は朝メールをするから、無理な場合はそのときに言え」

楽「はぁ!? まだ続けんのかよ!」

鶫「当たり前だ。それとももう女の体には慣れたとでも言うつもりか?」

楽「言わねえけど、だからって……」

鶫「一度やったんだ。二度も三度も同じだろう」

鶫「それに、いずれにせよ貴様がハニートラップに引っかからない程度には慣れさせる必要があるから、まだ続けなければならないのだ」

楽「ほんとお前の組織は何考えてんだよ……」



10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:19:15.90 ID:V3J5QHzMo

鶫「……お嬢にバレてはマズイからそれだけは気をつけるように。メールも開いたらその場で削除しろ」

楽「わかったよ」

鶫「それじゃあ私が先に出るから、貴様は時間をおいて出ろ」

楽「ああ」

鶫「……一条楽」

楽「ん?」

鶫「……これからよろしく頼む」

楽「あ、ああ。こちらこそ」

鶫「そ、それだけだ! じゃあな!」ガラッ

楽「おう」

楽(まだ手に感触が残って……)ニギニギ

楽(って何やってんだ俺! 俺には小野寺がいるってのに!)ウオォォ!

楽(……いつまでやるかわかんねえけど。慣れたりすんのかなこれ)ハハ…

………

……





11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:20:03.55 ID:V3J5QHzMo

楽「ん、鶫からメールか」

鶫『1640』

楽「……いつもながら、すぐ消すってのに徹底してんなあ」

千棘「何一人でブツブツ言ってんのよ?」

楽「うお! な、何でもねえよ」

千棘「挙動不審だからやめたほうがいいわよ」

楽「うるせー」

千棘「まあいいわ。あんた鶫見なかった?」

楽「えっ!? い、いや見てねえけど」ビクッ

千棘「そう。なんかあの子最近どこか行っちゃうことが増えたのよね」

楽「へ、へー。任務かなんかあるんじゃないか?」

千棘「大変なのかしらね。私といるときなんか険しい顔してたりするのよ。前はそんなことなかったのに……」

楽「……そうなのか」

千棘「あんたもし鶫見かけたら心配してたって伝えておいて」

楽「わかった」

千棘「それじゃ今日は先に帰るわね」

楽「あ、待った。鶫のことなんだけど――」

……





12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:21:02.45 ID:V3J5QHzMo

鶫「んっ……ふぅ、はぁ……」

楽「声、漏れてるぞ」

鶫「う、るさいっ……くっ、んぅ!」ピクッ

楽(最初の頃は顔見る余裕なんてなかったけど、最近はよく見れる)

鶫「ふっ……うぅんっ!」

楽(反応も大きくなってきてるな。こいつもこんな顔するのか……)

楽「……可愛いな」ボソッ

鶫「なっ!? き、貴様何を言い出すんだ!」カアァァ

楽「悪い、声に出てたか? でもこんなことやってるんだし今さらいいじゃねえか」

鶫「うるさい! 今日はこれで終わりだ!」バッ

楽「ああ、わかった。……なあ、最近なんか悩みとかあるのか?」

鶫「なんだ藪から棒に。別に悩みなどないが」

楽「そっか。ならいいんだけど、最近なんか黙りこんでること多いから」

鶫「特に意識はしていない。いつもと変わらないはずだ」

楽「絶対増えたと思うんだけどなあ」

楽(まあ、増えてるように感じたのは最近鶫を見てることが多くなったからかもしれねえな)

楽(……最近なんか鶫のこと目で追っちゃうんだよな。こんなことしてるからなのか、それとも……)



13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:21:33.87 ID:V3J5QHzMo

楽「千棘も元気がないって心配してたぞ」

鶫「む、お嬢にまで心配をかけてしまうとは……問題無いとお伝えしなければ」

楽「俺のせいで負担かけてるのかもしれないけど無理すんなよ」

鶫「……別に無理などしていない」プイッ

楽「そっか」

楽「……なあ鶫。今週末動物園行かねえか? お前動物好きだったよな?」

鶫「は? なんだいきなり」

楽「いや、動物園。動物好きだろ?」

鶫「何を馬鹿なことを。そういうところはお嬢と行け」

楽「ハニートラップ対策なんだから色んなシチュエーション試したほうがいいだろ?」

鶫「……外でこれをしたいのか。この変態め」ギロッ

楽「ちげーよ! こういう普通のデートみたいのも試そうって言ってんだよ!」

鶫「わかりづらい言い方をするな! まあそれなら……いや、それは別にお嬢と行ってもいいのではないか?」

楽「あー……千棘と違うタイプの女の子とも慣れておいたほうがいいだろ?」



14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:22:20.87 ID:V3J5QHzMo

鶫「むぅ。しかしお嬢に申し訳が……」

楽「いや、胸揉ませといて何をいまさら……まあ千棘には鶫誘うぞって言ってあるから」

鶫「貴様何を勝手なことをしている!?」

楽「ちょっと確認したいことがあるんだよ」

鶫「は? 確認?」

楽「こっちの話。それとお前が元気ないって聞いたから元気づけようと思ったんだよ。千棘も心配してたぞ?」

鶫「な、お嬢に心配をかけてしまうとは……」

楽「俺も元気になって欲しいしさ。楽しめると思うから行こうぜ」

鶫「……」コク

楽「よし、じゃあ今週の土曜日駅前で待ち合わせな」

鶫「わかった」

鶫(一応お嬢に確認をしておくか)



15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/11(日) 20:23:05.52 ID:V3J5QHzMo

鶫「お嬢、今日私の事で一条楽と何か話されましたか?」

千棘「あ、楽から聞いたのね。あんた少し疲れてるみたいだし、動物園でも行って気分転換してきなさい」

鶫「しかしよろしいのですか?」

千棘「え? 何が?」

鶫「一条楽と私が2人きりというのは……」

千棘「いいわよ別に。チケット2人分みたいだし、まさかあいつのを私たちで使うわけにもいかないじゃない」

鶫「いえ、そういうことではなく」

千棘「?」

鶫「ですからお嬢とあいつはこ、恋人ではありませんか。その相手と私が2人きりというのは……」

千棘「え? ……あ、ああ! そうね! えーとほら、鶫はあいつのこと好きじゃないんでしょう? なら何も問題ないわよ!」

千棘(鶫に偽物の恋人だって話してなかったの忘れてたわ。危ない危ない)フー

鶫「……そう、ですね。お嬢の仰るとおりです」

千棘「うん、気兼ねなく遊んできなさい!」

鶫「……はい」

鶫(そうだ。私はあいつのことなんて好きじゃない。好きじゃないんだ)



22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 23:16:36.43 ID:mPr3zaSWo

――動物園――

楽(んー鶫はまだ来てねえみたいだな。30分前だし当然か)

鶫「……く」

楽(今のうちにパンフレットでも貰って見ておくか)

鶫「……い! ……楽!」

楽(パンフレットはあっちか。今のうちに取りに――)

鶫「おい!」グイッ

楽「わっ!」

鶫「貴様なぜ無視をする! 耳が悪いのか!?」

楽「え? ええと……」ハッ

鶫「ようやく気づいたか」

楽「……え? つ、鶫か!?  た、確かに声が鶫だ。それにそのリボンっ!」

鶫「その反応でよくわかった。私にこの格好は似合ってないということだな。こんな格好をした私が馬鹿だった。今すぐ帰る」



23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 23:17:13.85 ID:mPr3zaSWo

楽「待てって! 気づかなかったのは悪かったよ。確かに男物ばっか着てるわけじゃなかったよな」

鶫「どうせ女性らしい服装は似合ってないと言いたいのだろう」

楽「確かにピンク系のカーディガンとかスカートとか着てくるとは思わなかったけど、似合ってないなんてことはねえよ」

鶫「世辞はいらん」

楽「お世辞なんかじゃねえって! ほんとよく似あってるよ。あんまり似合ってて気づかなかった」

鶫「……ふん、要は気付かなかった言い訳をしたかっただけか」

楽「それ言われると痛いな」ハハ…

鶫「まあいい。行くぞ」

楽「おう」

楽(機嫌は直してくれたみたいだな)ホッ

楽(……やべ、落ち着いて鶫の格好見たらドキドキしてきた)ドキドキ



24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 23:17:53.78 ID:mPr3zaSWo

鶫「ここが動物園か」ドキドキ

楽「あれ、もしかして来たことないのか?」

鶫「私はビーハイブでヒットマンとして育てられたんだ。来たことあるわけないだろう」

楽「そっか。なら誘ってよかった。きっと楽しめると思う」

鶫「べ、別に動物など好きなわけではないが、せいぜい期待させてもらう」

楽「なんで今さら意地張るんだ……まあ、期待してくれ」



25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 23:18:25.12 ID:mPr3zaSWo

鶫「ふわぁ……」キラキラ

楽(凄い楽しそうだな)

鶫「ゾウにキリン、シマウマも。あれはカンガルーか!? ペンギンまでいるではないか!」」

楽「ああ、どれも可愛いよな」

鶫「なんでここはこんなにたくさん動物がいるのだ! 卑怯ではないか!」

楽「そりゃ動物園だからな」

鶫「話には聞いていたが本当にこんなにたくさん動物がいるのだな」

楽「ああ、学校とは比べ物にならないよな。外国の動物もいるから楽しいんだ」

鶫「それでは端から見ていくぞ。飛ばしたりしないからな!」

鶫「……これは別に見逃すのがもったいないということであって、全部の動物が見たいというわけではないからな!」

楽「わかってるよ。ゆっくり見てこうぜ」



26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 23:18:51.54 ID:mPr3zaSWo

鶫「ふぅ」キラキラ

楽「結構見たなー。どうだ、期待には添えてるか?」

鶫「……ふん! 勘違いするなよ。動物園が素晴らしいのであって、貴様が誇ることではないのだ!」

楽「楽しんでくれてるみたいだな。よかった。どの動物が気に入った?」

鶫「そうだな。どの動物も可愛らしいが……1頭選べというのであればホワイトタイガーだな」

楽「ホワイトタイガーか。俺も好きだぜ。白い虎って特別な感じがしていいよな」

鶫「うむ。後は何となくシンパシーを感じるというのもあるな」

楽「そういえば鶫はブラックタイガーって呼ばれてるんだっけか。確かに似てるな」

鶫「ああ、あのように泰然としていたいものだ」

楽「鶫が泰然って……似合わねー」アハハ

鶫「な、何がおかしい!」

楽「ほらそういうとこ全然落ち着いてないだろ?」アハハ

鶫「ぐっ」

楽「鶫って見た目はクールっぽいのに人の言うことですぐ表情変わるじゃん。なのに泰然って」ハハハ

鶫「う、うるさい! 笑うな!」

楽「悪い悪い。でも鶫は落ち着いてるよりそうやって色んな顔してるほうがいいと思うぜ」

鶫「なっ」カアァァ

楽「そうそう、そんな感じ」

鶫「ふ、ふん! 嬉しくなどないわ!」プイッ

楽(まあそりゃそうだよな)ハハハ



27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 23:19:18.63 ID:mPr3zaSWo

楽「そういえばホワイトタイガーって幸運の象徴って言われてるらしいぜ」

鶫「幸運の象徴……」

楽「ああ、見た人は幸せになれるって言われてるんだってさ」

鶫「……そうなのか。ならブラックタイガーと呼ばれている私はさしずめ不幸の象徴といったところかな」ハハ

楽「鶫? どうしたんだよ急に」

鶫「ああ、すまない。こういう場で言うことではなかったな」

楽「いや、別にいいけどよ」

鶫「冗談をいうのに慣れていないんだ。次のところへ行こう。次はどんな動物がいるんだ?」クルッ

鶫(いくつも敵対組織を潰してきた。そやつらから不幸の象徴と呼ばれていたかもしれないな。それならば歓迎なのだが)

鶫(今の私はあんなに優しくしていただいているお嬢を裏切っている。それに一条楽にも好ましいことではないだろう)

鶫(そのままでいれば幸せでいられた2人を不幸にしようとしているのだ)

鶫(ブラックタイガー。不幸の象徴。これほど私に相応しい二つ名はないな)ハハ

楽「……鶫」ポン

鶫「わっ。な、なんだ?」

楽「予定変更。次はこっち行こう」

鶫「? まあ別に構わんが、何だ急に」

楽「まあいいからついて来いって」グイッ

鶫「ひ、引っ張るな!」



28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 23:19:45.61 ID:mPr3zaSWo

鶫「こ、これは……!」キラキラ

楽「動物ふれあい広場だ。うさぎとかアルパカとか触れるらしい」

鶫「動物園にはこんなところもあるのか!」

楽「見るだけじゃ飽きられるからって最近はこういうのも多いらしいぜ」

鶫「最初に考えた者に感謝したいな」

楽「そうだな。鶫はどこ行きたいんだ?」

鶫「私は……」ハッ

鶫「べ、別に可愛い動物など好きではないと言っているだろう! 貴様が選ぶといい」

楽「まだ意地張るのか……いいから選べって」

鶫「い、いらん! 貴様が選べ!」

楽「……ったくしょうがねえな。鶫は好きなものは最後に残す方か、それとも最初に食べる方?」

鶫「なんだいきなり? まあ最後に残すほうだが」



29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 23:20:15.87 ID:mPr3zaSWo

楽「じゃあうさぎは最後な。どっちにしろ全部回るけど」

鶫「なんでうさぎを最後にしたんだ?」

楽「鶫って普通に可愛いの好きだろ? だからまあなんとなく一番好きっぽいかなって」

鶫「……そうか」

楽「他のが最後のほうがよかったか?」

鶫「いやいい。不満はない」

楽「そっか。じゃあ行こうぜ」

鶫「ああ」

鶫(この男はなんで私の好みをよく知っているのだ。一条楽のことを好きになってはいけないのに、これでは……)キュ



30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 23:20:43.90 ID:mPr3zaSWo

楽「アルパカもキツネザルも可愛かったな」

鶫「うむ。意外と人懐っこいのだな」キラキラ

楽「動物園だからってのもあると思うぜ」

鶫「そうなのか?」

楽「動物はちゃんと世話してやれば懐いてくれるんだよ。飼育員の人がちゃんと世話してくれてるんだと思う」

鶫「……いい話だが、貴様が言うと説得力がまるでないな」フッ

楽「うるせー! 気にしてんだぞこれでも!」

鶫「少しはお嬢を見習ったどうだ?」

楽「あいつはなんであんなに懐かれてんだろうな……ときどきむなしくなるぜ」

鶫「日頃の行いの差だろう」

楽「俺さっきから割と傷ついてるからな!?」

鶫「ふん、この程度で傷つくとは軟弱な。何を傷つく必要がある」

楽「この程度ってお前……」ブツブツ

鶫「……貴様の言うことが正しいならそのうち動物も懐いてくれるだろう。傷つく必要などあるものか」

楽「え?」

鶫「ほら、次はうさぎだ。さっさと行くぞ」スタスタ

楽「……フォローするなら素直にフォローしろっての」ハハ



31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 23:21:10.21 ID:mPr3zaSWo

鶫「……」プルプル

楽「うわー思ったよりたくさんいるんだな。……鶫? どうかしたのか?」

鶫(な、何なのだここは! こんなにたくさんうさぎが! し、しかも触っていいだと!?)プルプル

楽「おーい鶫? 何震えてんだー?」

鶫「はっ! い、一条楽!」

楽「な、なんだよ」ビクッ

鶫「ほほ本当にここのうさぎを触ってもいいのか?」

楽「うん、そういう場所だしな」

鶫「そっそうか。……抱いたりとかはさすがに」チラッ

楽「……いや、まあいいんじゃねえの?」

鶫「ほっ本当か!? そ、それでは……」オソルオソル

楽「……」

鶫「……」ダキッ

うさぎ「キュッ」

鶫「~~~!」モフモフモフ

鶫「柔らかいぞ!」キラキラ

楽「おう」



32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 23:21:38.41 ID:mPr3zaSWo

鶫「ああもう、なんでこんなにかわいいんだ」ギュー

楽「あんまり強く抱きしめるなよ?」

鶫「わかっている。ああ、かわいいなあ」ポンポン

楽「まあ楽しんでくれてるみたいでよかったよ」

鶫「はっ! ち、違うぞ。これはただこうするのが礼儀かと思っただけで、決してこいつを可愛いと思ってなんか……」チラッ

うさぎ「キュー?」

鶫「~~~! もう! もうこいつは!」モフモフモフ

うさぎ「キュ~」

楽「あはははっ」

鶫「わ、笑うな」

楽「あー笑った。……なあ鶫」

鶫「ん? どうした」モフモフ



33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 23:22:13.55 ID:mPr3zaSWo

楽「さっき不幸の象徴がどうとか言ってたろ?」

鶫「……なんだその話か」

楽「昔色々あったんだろうし今もまあハニーに言えないことしてるけどさ、だからって自分のこと不幸の象徴とか言うなよ」

鶫「え?」

楽「お前はそうやって動物を抱きしめて笑える、可愛い物が大好きな普通の女の子なんだ。だからあんな寂しいこと言うな」

鶫「私がしてきたこと、していることは不幸の象徴と呼ぶに相応しいものだろう」

楽「お前がどう思ってるのか知らねえけど、俺はお前といると楽しいよ」

鶫「!」キュン

楽「千棘も小野寺も宮本も、橘とか集だって絶対そうだ。だから不幸の象徴だなんて間違ったって言うなよ」

鶫「……わかった」

楽「本当か?」

鶫「ああ、本当だ。貴様や舞子集や橘万里花はどうでも良いが、お嬢たちがそう思ってくれているなら私が否定するわけにもいかないだろう」モフモフ

楽「そうだな」

鶫「……何も言わないんだな」



34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 23:22:45.43 ID:mPr3zaSWo

楽「何がだよ」

鶫「俺のことはどうでもいいのかとか、そういうことだ。動物に懐かれていないとからかっただけで騒いでいたくせに」

楽「ああ、なんだ。そんなことか。鶫が考えなおしてくれてんなら、その理由が俺かどうかなんてどうだっていいさ」

鶫「……そうか。ならいい」モフモフ

楽「悪かったな。楽しんでるのに変な話して」

鶫「いい。それよりこのうさぎを見ていてくれ。私は他のうさぎも撫でに行きたいのだが、放っておくのかかわいそうだ」

鶫(早くこいつから離れないと、心臓が爆発してしまいそうだ!)ドキドキドキ

楽「ああ、わかった」

鶫「では頼んだぞ。……雑に扱うんじゃないぞ!」

楽「わかってるって。これでも飼育係だぞ」

鶫「うむ。ならここで待っていろ」

楽「おう。満喫してこいよ」

鶫「べ、別に動物が好きなわけではないのだからな!」スタスタ

楽「はいはい。わかったよ」

楽「……なんか様子変だったなー。お前どう思う?」

うさぎ「ギュー」ガジガジ

楽「いってえ! ここのうさぎにも噛まれるのかよ……」ズーン



35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 23:23:15.18 ID:mPr3zaSWo

楽「どうだった? 動物園来てよかったろ?」

鶫「……まあ動物は可愛かった。別にお前のおかげではないからな!」

楽「わかってる。まあ元気でたみたいでよかったよ」

鶫「お嬢にも言われたがそんなに元気のなさそうな顔をしていたのか?」

楽「思いつめたような顔してたぞ」

鶫「自覚はなかったが……仮にそうなら貴様のせいだな」ジロッ

楽「言っとくけどお前から言い出したことだからな?」

鶫「それはそれだ。……まあ、こんなことでもなければ動物園など来ることはなかっただろうな」

楽「動物好きなら来ればいいじゃねえか。高いもんでもないんだし」

鶫「お嬢の護衛をしているのだ。そう簡単に来れるものではない。だから、まあその……」

楽「ん?」

鶫「……ありがとう」ニコッ

楽「!」ドキッ



36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 23:24:06.54 ID:mPr3zaSWo

鶫「そういえば、確認したいことというのは何だったのだ?」

楽「……」ボー

鶫「おい、一条楽?」

楽「……あっ! ああ、確認したいことか。うん、もう終わった」

鶫「そうか。いつの間にかしていたのだな。何を確認したんだ? 飼育方法か何かか?」

楽「いや、それじゃねえよ。何を確認したかは秘密だ」

鶫「貴様に言われて来たというのにそのくらいのことを言わないだと? 心の狭いやつめ」

楽「楽しんでたからいいだろ。うさぎをあんなに嬉しそうに抱きしめるやつ初めて見た」

鶫「なっ! き、貴様! デタラメを言うな!」

楽「何なら写真見るか?」

鶫「いつの間に撮ったんだ!? 隠し撮りなど卑劣な!」

楽「ちゃんと声かけたよ。お前もかがんでうさぎを抱きしめたままカメラ目線だったじゃねえか」ホラ

鶫「ば、馬鹿な!」バッ

鶫「……こっこんなはずは」ガクッ

楽「鶫のこんな姿初めて見たぜ」

鶫「今すぐ消せ!」

楽「もうパソコンに送っちまったよ」

鶫「くっ……誰にも見せるなよ!」

楽「わかってるよ」

鶫「もし見せたら場合、二度と朝日を拝めないと思うことだ」

楽「お、おう」ゾクッ



38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 23:24:34.71 ID:mPr3zaSWo

楽「それじゃまたな」

鶫「ああ。……一条楽。帰る前に一ついいか」

楽「ん? なんだよ」

鶫「私と貴様の関係はハニートラップ対策のためにやっている関係。それだけだ」

楽「……ああ、わかってる」

鶫「今日私といて、お嬢といるときのように緊張したり胸が高鳴ったりしたのか?」

楽「なんだよその質問。したに決まってんだろ」

鶫「そうか。この軽薄男」

楽「ひっでえ!? あんなこと聞いといてそれかよ!」

鶫「お嬢がいるというのに私などにドキドキしたというのだから当然だ。ただまあ……」

鶫「それならば、またこういうことをするのもいいのかもしれないな」

楽「……え? それって――」

鶫「それだけだ! じゃあな! 言っておくが今日話したことは誰にも言うなよ!」カアァァ

鶫「それと! いつものはいつも通りやるからな! 忘れるなよ!」ダダダダッ

鶫(たった、たったあれだけの言葉でなんでこんなに胸が高鳴るんだ! なんでこんなに苦しいんだ!)

鶫(お嬢、私は、私は――!)

楽「あれはまた誘えってことでいいんだよな]

楽「……次行くとこ考えるか」ハハ



43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:06:20.86 ID:RnDrr0Yco

鶫『1700』

楽「……」

――体育倉庫――

楽「なあ鶫。もうこんなのやめにしないか」

鶫「何をだ」

楽「だからその、こうやってお前の胸を揉むことだよ。もう十分だろ」

鶫「――っ!」ビクッ

鶫「……バカを言うな。まだ折り返し地点だ」

楽「折り返しってこれ以上何するんだよ。もういいだろ」

鶫「ちょうど今日から次の段階に入るところだ。今日からは、その……直接だ」

楽「直接?」

鶫「ちょ直接胸を触って耐性をつけろ! 異論は認めん!」

楽「なっ! そんなの出来るわけねえだろ!?」

鶫「何か勘違いしているようだがお前に拒否権などない! もし拒否をしたらお嬢や小野寺様たちに私のこうしていることをすべて伝えるぞ」

楽「んなことしたらお前はどうなるんだよ」

鶫「私? ……まあ、良くて遠くへ飛ばされるのだろうな。お前とこんなことをしているなどお嬢に知られればただではすまんだろう」

楽「じゃあこの高校には通えなくなるのか?」

鶫「そうなるだろうな。それがどうした?」

楽「……わかったよ。直接触ればいいんだろ」

鶫「うむ。わかればいい」

楽「それで今日からやるのか?」

鶫「ああ」



44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:06:50.57 ID:RnDrr0Yco

楽「……」

鶫「……」ソワソワ

楽「……」

鶫「……」モジモジ

楽「……帰るぞ?」

鶫「ま、待て! いっ今脱ぐから!」

楽(帰らせてくれたほうが助かるんだけどな……)

鶫「うう」プチプチ

楽「……」

鶫「……」プチプチ

楽「……」

鶫「……」パサッ

楽「うお……」ゴクリ

鶫(は、恥ずかしくて死にそうだ)

楽「その、ブラウスは脱がないのか?」

鶫「べっ別に胸は出ているのだからいいだろう!」

鶫「……これ以上肌を出すと、恥ずかしくてどうにかなってしまいそうなんだ」ボソッ



45:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:07:17.77 ID:RnDrr0Yco

楽「……そんな格好でもか?」

鶫「こんな格好でもだ! 聞くな馬鹿!」

楽「なあ、やっぱりやめに」

鶫「しない!」

楽「……わかったよ。じゃあ手どけてくれ」

鶫「う、うむ」ビクッ

鶫「う、うううぅ」スッ

楽「……」ゴクリ

楽「さ、触るぞ」

鶫「は、早くしろ」



46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:07:51.23 ID:RnDrr0Yco

楽「……!」モミッ

鶫「ひぅっ!」ビクン

楽(な、なんだこれ! 直接触るとこんな柔らかいのか!? なんか手に吸い付くような感じがするし。す、すげえ)ドキドキ

鶫(な、なんだこれは! 布がたった数枚なくなっただけでこんなにも違うのか!? こっこんなの耐えられるわけが)ドキドキ

楽「つ、鶫? やっぱりやめに……」

鶫「だ、ダメだ! まだ全然慣れていないだろう!」

楽「でもお前が……」

鶫「わっ私のことなど気にするな! いいから続けろ!」

楽「……わかったよ」モミッ

鶫「んっ!?」ピクッ

楽「……」サワサワ

鶫「~~っ」

楽「……」ギュッ

鶫「ふあぁ!」ビククッ

………

……





47:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:08:24.15 ID:RnDrr0Yco

鶫「いっいちじょうらく……きょ、きょうはここまでだ」ハァハァ

楽「あ、ああ。わかった」パッ

鶫「はぁ、はぁ……」

鶫(なっなんとか耐えられた。もっと続けていたら……だっダメだダメだ! 私は何を考えているんだ!?)

楽「やっぱりやめねえか? お前だってこんなこと続けてたら……その、つらいだろ?」

鶫「確かにある意味つらいが……じゃない! お前が慣れるまで終わらないと言っただろう!」

楽「その慣れるまでって随分あやふやだけどさ。どうやって判断してるんだよ」

鶫「それは……」

楽「ほらすぐ答えられないんだからもうやめようぜ。十分慣れたよ」

鶫「違う! その、とりあえずだな。それがそうならなくなるまでだ」チラッ

楽「それってな……お、お前どこ見てんだよ!」キャー!

鶫「う、うるさい! 言わせたのはお前だ! そのくらい察しろこのバカもの!」

楽「無茶言うなよ!」

鶫「全く……なあ、一条楽。この関係は……そんなに嫌なのか?」

楽「……ああ、嫌だ」

鶫「!」ビクッ

楽「出来ればすぐにでもやめたい。俺はお前とこんな関係を持ちたくない」

鶫「……」

楽「なあ鶫。俺は――」

鶫「そっそうだ! 今日は早く帰らねばならない用事があるんだ! 一条楽! 次も必ず、必ず来いよ!」ガタッ

楽「あっ、おい!」

鶫「さ、さらばだ!」ダダダダッ

楽「……くっそ、速えなぁ」



48:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:09:05.82 ID:RnDrr0Yco

鶫「んっ……くぅっ! ふっ、んんっ!?」ビクンッ

楽「……」モミモミ

鶫(こ、こいつやるたびに上手くなって……! このまま続けられたら私は……!)

楽「……」チャリ

鶫「ひゃぅ……ん? い、一条楽。そのペンダントはなんなんだ? 鍵が付いているようだが」

楽「ん? これ知らなかったんだっけか。ちょうどいいや。今日のはもうやめようぜ。服着ろよ」

鶫「……わかった」コクン

鶫(いつもより短いが続けていたらどうなるかわからなかった。今日はもうやめよう)

鶫「それで、今の口ぶりだと知っていて当然のように聞こえるのだが」

楽「ああ、知ってるもんだと思ってた。千棘も小野寺も橘も集も知ってるからさ」

鶫「……知らないのは私だけか」

楽「別に隠してるわけじゃねえぞ? 10年前女の子と約束したんだよ」

鶫「約束?」



49:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:09:32.96 ID:RnDrr0Yco

楽「ああ。その女の子は鍵を、俺はペンダントを大事に持っていて、大きくなって再会したら中の物を取り出して結婚しようって」

鶫「ほう。顔に似合わずロマンチストだな」

楽「顔に似合わずは余計だよ!」

鶫「しかしお嬢がいながらそんな約束をしているとは……ん? 10年前?」ハッ

鶫「ま、まさか約束の女の子とはお嬢なのか!?」

楽「あー……だったら話は簡単だったんだけどな」ハハ

鶫「なら小野寺様か?」

楽「いや、それも違う」

鶫「……貴様、橘万里花というつもりではないだろうな」

楽「橘でもない」

鶫「……わ、私は鍵なんて持っていないぞ!?」アワアワ

楽「わかってるよ! ……鍵はみんな持ってるんだよ」

鶫「は?」

楽「いや、だから千棘も小野寺も橘も鍵を持ってるんだよ。ただ誰のかわからねえんだ」

鶫「鍵があるなら挿せばいいだろう」

楽「……折れたんだ」

鶫「折れた?」

楽「鍵をペンダントに挿して回そうとしたら折れちまったから今は確認できねえんだよ」

鶫「……貴様はバカなのか?」

楽「冷静に言うのやめて!」



50:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:09:59.75 ID:RnDrr0Yco

鶫「……しかしお嬢のみならず、小野寺様も橘万里花も鍵を持っているのか」

楽「ああ、なんかすげーよな。10年前に約束したかもしれない相手と再会できるなんて」

鶫「……そうだな」

楽「あの3人が鍵持ってるのを知ったときは、そのうちの誰かが運命の相手かもなんて思ったりしてさ」アハハ

鶫「……」ズキッ

鶫(元からわかっていたことじゃないか。こいつはお嬢の恋人だ。私にこいつに選ばれる資格なんかない)

鶫(ただ、それがお嬢と恋人になったからじゃなくて、ずっと、ずっと昔から決まっていたというだけだ)

楽「前はそう思ってたんだよ。運命の相手と恋人になれたらとか。……でも、俺が今好きな相手は違うんだ」

鶫「え?」ビクッ

楽「運命とか約束とか、もちろん大事な、大切な思い出だけど昔のことだ。今、俺が好きなのはつぐ――」

鶫「やめろ!!!!」

楽「!?」ビクッ

楽「なっなんだよ?」

鶫「貴様今何をしようとした!?」

楽「俺はお前に告白を――」

鶫「黙れ!!」

楽「どっちだよ……?」



51:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:10:29.32 ID:RnDrr0Yco

鶫(こ、告白だと!? わわ私に!? こ、こいつはお嬢というものがありながら何をたわけたことを……)

鶫(……いや、そうじゃない。この状況を招いたのは私だ。私がこいつを勘違いさせたんだ)

鶫(こんな偽物の思いを受け入れるわけにはいかない。こんなこと、お嬢にも、業腹だが橘万里花にも顔向けが出来ない)

鶫(ならば私は……)

鶫「……ふふっ」

楽「な、なんで笑ってんだよ。俺は本気で――」

鶫「いや、あんまり想像通りの展開になったから思わず笑ってしまった」ククッ

楽「想像通り?」

鶫「まだ気が付かないのか? ハニートラップ対策として今やっていること、これこそがハニートラップなのだ」

楽「……え?」

鶫「貴様が私に惑わされないで、お嬢を裏切らずにいられるか試したのだ。結果はこのとおり。お嬢というものがありながら貴様は……!」

楽「……なら、今までのは全部演技だったっていうのかよ」

鶫「ああ、そうだ」



52:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:11:08.80 ID:RnDrr0Yco

楽「最初こんなこと言い出したとき、恥ずかしそうにしてたのも?」

鶫「そうだ」

楽「動物園であんなに楽しそうにしてたのもか?」

鶫「くどい」

楽「じゃあ動物園の帰りに、またこういうことしていいかもしれないって言ってたのも嘘だっていうのかよ!」

鶫「……ああ、そうだ」

楽「……そうかよ」

鶫「……わかったらいい。これを教訓に、今後はお嬢以外の女性に惑わされないように」

楽「鶫。こうやって呼び出されるのももう最後か?」

鶫「それは……そうだ。私のやっていることがハニートラップだとわかったのだ。もう続けても意味が無いだろう」

楽「そうか。わかった」

鶫「それとこのことはこれからも他言無用だ。いいな?」

楽「ああ、わかってるよ」

鶫「じゃあな」ガラッ



53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:11:44.77 ID:RnDrr0Yco

鶫「……」ピタッ

楽「鶫?」

鶫「……」ピシャン

楽「?」

鶫「実は貴様にハニートラップを仕掛けてから胸が大きくなったんだ」

楽「は?」

鶫「最初から大きくなるんじゃないかと思っていた」

楽「ちょ、ちょっと待て。意味がわからねえんだけど」

鶫「それだけだ。次会うときもいつも通りにするように」

楽「待てって! 今のはどういう意味なんだよ」

鶫「じゃあな」ガラッ

楽「おい鶫!」ピシャンッ

楽「……くそっ。なんなんだよ」

楽「全部演技だったって? いきなり言われてもどうしろってんだよ」

楽「最後に意味わかんねえこと言い出すし……ああもうわけわかんねえ!」ウガー



54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:12:22.08 ID:RnDrr0Yco

鶫(あいつはなぜ私なんかに告白しようとしたんだ。こんな汚い私に……)

鶫(あいつにはお嬢という恋人がいるではないか。それも約束の鍵を持っている運命的な恋人だ)

鶫(あり得ないが万一お嬢と別れることになったとしても橘万里花がいる)

鶫(気に食わんやつだが一条楽のことを好きなのはよく分かる。きっと純粋に想っているのだろう。それに鍵も持っているから約束の相手かもしれない)

鶫(小野寺様が一条楽のことを好きなことはないだろうが、あの優しさと可愛らしさだ。お嬢がいなければ一条楽は好きになっていたかもしれん)

鶫(それに小野寺様も鍵を持っているのだ。一条楽が気にならないわけがない)

鶫(あいつの周りには純粋にあいつのことを思っている者がいる。運命的な再会をした者もいる)

鶫(それなのになぜ私なんかに告白しようとしたのかだと? ……そんなこと決まっているじゃないか。私が体に触れさせていたからだ)

鶫(こんな偽物、許されていいわけがない。あいつだって落ち着けば間違いに気づくはずだ)

鶫(……わかっているのに。わかっているのに! 私はなんて浅ましいんだ!)

鶫「あいつにああ言われて、なんでこんなに嬉しいんだ!」

千棘「鶫? どうしたの大声出して」

鶫「お、お嬢!? こ、声に出ていましたか。なんでもないのです」

千棘「そう? あいつって楽のこと? 最近一緒にいること多いみたいだけど、何か言われたの?」

鶫「ご、ご存知だったのですか!? あ、い、いえその。別にたまたまです。特に何か言われたわけでもありません」

千棘「そりゃ分かるわよ。私はあんたの親友であいつの恋人だもの」

鶫「……」ズキッ

千棘「まあ何もないならならいいけど……何かあったらすぐ言うのよ? あいつデリカシーが無いからちゃんと言い聞かせなきゃいけないのよ」

鶫「……ありがとうございます」

鶫(お嬢はこんな私に優しくしてくださっている。なのに私は……!)



55:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:12:56.27 ID:RnDrr0Yco

楽(鶫のやつ、いつも通りにしようって言ったくせにあれから目も合わせてこないじゃねえか!)

楽(露骨に避けられてるし……そりゃ気まずいのはわかるけどよ)ハァ

クロード「おや? 一条楽。ここのところ誠士郎とよく一緒にいるみたいではないか」

楽「いきなりなんだよ? ……それに最近はもう一緒にはいねえよ」

クロード「ふっ。そうか、誠士郎のそばにいると日々劣等感に苛まれるから離れたのか。だが落ち込むことはない」

クロード「あいつは私が手塩にかけて育てたのだ。成績も運動神経も貴様とは比較にならんほど出来が良くて当然だ」

楽「別に友達に劣等感なんて感じねえよ」

クロード「ふん、そばに優秀な男がいてなんとも思わないとは。貴様それでもお嬢様の恋人か!」

楽「結局ケチつけたいだけじゃねえか……って同じ男?」

クロード「なんだ、自分ではとても誠士郎と同じ男といえないとでも言いたいのか? 殊勝だが情けない」ハァ

楽「誰もんなこと言ってねえよ! 俺は用事あるからこれで」

クロード「言い返せずに逃げたか。やはりお嬢様の恋人にふさわしくは……」ブツブツ

楽(同じ男って言ってたよな。そういえばクロードは鶫が女だって知らなかったっけか)

楽(……じゃあ鶫に命令した奴って――)

楽「……まさか」



56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:13:59.56 ID:RnDrr0Yco

楽『1800』

鶫「……なんだこのメールは」

千棘「鶫ー! 一緒に帰ろ?」

鶫「お嬢……申し訳ありません。今日はその、ぽ、ポーラと帰りに寄るところがありまして」

千棘「買い物? それなら着いてくわよ」

鶫「いっいえダメです! その、じ、時間がとてもかかってしまいますので」

千棘「? まあよく分からないけどわかったわ。また明日ね!」

鶫「はい、また……」

鶫(なんで一条楽は突然こんなメールを……?)



57:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:14:54.27 ID:RnDrr0Yco

鶫「一条楽、貴様何を考えている!」ガラッ

楽「よう、来てくれたんだな。来ねえかと思ってた」

鶫「直接言わねば気がすまん。もう終わりだと言っただろう! なぜメールを送ってきた!」

楽「あんな突然終わりって言われても納得できねえよ」

鶫「……何をしようというんだ」

楽「ここに来てんだ。やることは一つだろ?」

鶫「……結局それか。いいだろう、言うとおりにしてやる。ただし、これで最後だ。次はないぞ」パサッ

楽「ああ、わかった」



58:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:15:40.24 ID:RnDrr0Yco

鶫「ほら、さっさと始めろ」

楽「ああ」

鶫(こいつから求められるのは初めてだな。……なんでだろう。悪い気がしない)ハッ

鶫(これだから私はダメなのだ。私はこんなことしてはダメだというのに……)

楽「鶫」ギュッ

鶫「ひゃっ!? わあああああ!」ドンッ

楽「いってえ!」ダンッ

楽「何すんだよ!?」

鶫「なな、何を考えているんだ貴様は!? いいい今私を抱きしめ……!?」

楽「胸触るのに比べりゃ全然軽いだろ」

鶫「そっそういう問題ではない!」

楽「いいから。させてくれよ」ギュッ

鶫「ま、また抱きしめたな」



59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:16:17.64 ID:RnDrr0Yco

楽「ああ……目、瞑ってくれ」

鶫「いっ嫌だ」ビクッ

楽「そうか。ならそのままキスする」

鶫「やっやめろ!」

楽「嫌だったらさっきみたいに突き飛ばせ。お前なら簡単だろ?」

鶫「えっ」ビクッ

楽「突き飛ばさないなら俺は止めないからな」

鶫「そんな……」ウルッ

鶫「いや。ダメだ。キスは、しちゃ、ダメなんだ」ヒック

楽「行くぞ」

鶫「いや、やめて。お願いだから、ダメ、ダメなんだ」ヒック

楽「……」

鶫「ダメだ……んっ」

楽「……」ギュッ

鶫「……」ピクン

楽「……突き飛ばさなかったな」

鶫「バカぁ。ダメだって、やめてって言ったのに」エグッ

楽「俺だって、口先だけでそう言われたからって諦められるほど軽い気持ちじゃないんだよ」

鶫「ごめんなさい、お嬢。ごめんなさい……」ヒック



60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:16:59.01 ID:RnDrr0Yco

楽「……なあ鶫。お前俺にハニートラップ対策……ハニートラップだったんだっけか。まあどっちでもいいや」

楽「それを仕掛けろって誰に命令されたんだよ」

鶫「それは……」

楽「最初はクロードだと思ってたんだけどさ。あいつまだお前のこと男だって思ってたんだな。それならこんなこと言い出すなんてありえねえだろ?」

楽「あいつはあれでもビーハイブの幹部だし、お前の直属の上司なんだから、他のやつが命令したってのも考えづらいだろ? 少なくとも話は行くだろうし」

楽「それで他に命令できそうなのって言ったら……」

鶫「……ボスならなんの不思議もないだろう。ビーハイブを守るために私に命じたのだ」

楽「だよな。でもそれこそありえないんだよ」

鶫「何?」

楽「俺と千棘は集英組とビーハイブの抗争を抑えるために、うちの親父とお前のとこのボスに頼まれて恋人のフリしてるんだ」

鶫「……え?」

楽「そんな偽物の恋人のためにハニートラップを仕掛けるなんてありえないだろ?」

鶫「う、嘘だ!」

楽「嘘じゃねえよ。どうしても嘘だって思うなら後で千棘に聞いてみろ」

鶫「そ、そんな……」ガタガタ

楽「……お前がこの前言った、最初から胸が大きくなるんじゃなかって言葉さ。最初意味わからなかったけど、お前に命令したのが誰かって考えてようやくわかった」

楽「お前、最初俺のことが嫌いだから、胸が小さくなるかもしれないから胸を揉んでいいって言ってたろ? それで最初から胸が大きくなるって思ってたんなら……」

楽「……あれは告白だったんだろ? すげーわかりにくかったけど」

鶫「っ!」ビクッ



61:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:18:56.73 ID:RnDrr0Yco

楽「正直あの告白はねえよ。なんだよ胸が大きくなると思ってたって。今まで聞いたことがある中で最悪の告白だよ」

鶫「う……」

楽「……だからさ。もう一度、ちゃんと言って欲しい。好きだって伝えて欲しい」

鶫「わっ私は……」

楽「俺と千棘は恋人じゃない。お前が千棘のことを気にする必要はねえんだ。だから鶫――」

鶫「お、お前は!」

楽「ん?」

鶫「お前はなんで私のことが好きなんだ!」

鶫「恋人じゃないとしてもお嬢は大変お美しく優しい方だ。お前の周りには小野寺様も、気に食わんがやつだが橘万里花もいるだろう。お前が私を選ぶ理由なんて……」

楽「それは――」

鶫「……いや、わかっている。私が少しでもお前に気にして欲しくて、胸を揉ませたからなのだろう?」

鶫「それなら安心しろ。そんな感情、一時のまやかしだ。ひと月もすれば私のことを好きでいたことなどすっかり忘れている」

鶫「だから好きだなんて言うな。……勘違いしてしまうだろう?」フッ

楽「……」

鶫「お前のそばにはもっと素敵な女性がたくさんいるのだ。だから勢いで私に告白なんてするんじゃない」



62:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:19:29.64 ID:RnDrr0Yco

楽「……ったく。黙って聞いてりゃ好き放題言いやがって」

鶫「ただの事実だ」

楽「ああ、確かに認めるよ。お前のことが気になりだしたのは胸を揉めとか言われてからだ。それまでは、俺はずっと小野寺のことが好きだった」

鶫「……そうか。おしとやかで優しく可愛らしい、女性の鑑のような方だ。お前が惹かれるのもよくわかる」

楽「ああ、お前とは全然タイプが違うな。俺が知ってる中で一番女の子らしいやつって言ったら小野寺になるんだと思う」

楽「でもな、だからってお前が魅力的じゃないなんてことにはならねえよ」

鶫「そんなものない。あるとすれば私の体に惑わされてそれを魅力と勘違いしただけだ」

楽「んなことねえよ。お前凄いスタイルいいだろ? 動物園行ったときとかモデルみたいで気付かなかった。すげー魅力的だと思う」

楽「他にも滅茶苦茶頭がよかったり運動神経がよかったりするところも尊敬してる。料理だって上手いしさ」

楽「動物をかわいがってるところとか凄いいい顔してた。あのときのお前のことを目で追わない男なんていねえよ」

鶫「な、な、な……」カアァァ

楽「お前の純粋なところもよく知ってる。たまに暴走しちまうところも可愛いと思う」

楽「まだまだ全然言い足りねえけど、お前にはいいところがたくさんあるよ。……鶫。俺はお前が好きだ」



63:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:20:15.75 ID:RnDrr0Yco

鶫「あ……うぅ……」

楽「お前は俺をどう思ってるのか教えて欲しい。好きか、嫌いか、教えてくれ」

鶫「わ、私は……」

鶫「……私は汚い女だぞ。お嬢の恋人だと思っていた男を体で誘惑したような女だ」

楽「俺が告白しようとしたとき嫌われようとしただろ。それでチャラだ」

楽「……それに、そこまで好きでいてくれるってのはまあ、単純に嬉しいよ」

鶫「はぅ……そっそれに私は全然女らしくないぞ。名前だって誠士郎だ」

楽「俺は気にしねえけど……まあ気になるなら改名してもいいんじゃないか。クロードだって女だと知ってたら誠士郎ってつけてないだろ?」

楽「例えば名前から一文字取って誠とかさ」

鶫「でっでも、私は、私は――」

楽「……お前が思いつくような欠点なんて全部知ってる。それでも鶫が好きなんだ」

鶫「――!」ウルッ

鶫「――い、一条楽! 私は……私も貴様のことが大好きだ! 世界の誰よりも愛している!」

楽「……ああ、俺もお前が大好きだ。愛してる」ギュッ

鶫「うぅ……」グスッ

楽「……」ナデナデ



64:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:20:45.54 ID:RnDrr0Yco

楽「これからどうすっか」

鶫「これからとは何のことだ?」

楽「俺と千棘は集英組とビーハイブの抗争を止めるために付き合ってるフリをしてるって言っただろ?」

楽「俺と鶫が付き合うにしても千棘との関係を止めるわけにはいかねえし……」

鶫「そのことか……まあお嬢に相談してみよう」

楽「千棘に?」

鶫「ああ、私は事情をよく知らんがお嬢は詳しいのだろう? ならば当事者のお嬢に聞くのが一番早い」

楽「一応俺も当事者なんだけど……」

鶫「貴様とは頭の回転が段違いだ。それに貴様は信用ならん」

楽「なあそれ恋人にいうセリフか!?」

鶫「それとこれとは話が別だ」フン

鶫「……それより一つだけ確認なのだが、本当にお嬢は貴様のことは好きではないのだな?」

楽「そうだと思うぜ」

鶫「それならば貴様と恋人のフリをどうやってやめようかと考えたことがあるはずだ。何かお知恵をくださるだろう」

楽「なるほど。やっぱ頭いいなお前」

鶫「お、お世辞など言われても嬉しくないぞ」カアァァ

楽「お世辞なんかじゃねえよ。まいいや。早く行こうぜ」

鶫「ま、待て」



65:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/24(土) 16:21:41.97 ID:RnDrr0Yco

楽「ん?」

鶫「その……て、手をつないでもいいだろうか」

楽「え? まあそのくらいいくらでも」

鶫「では……」ギュッ

楽「……」カアァァ

鶫「……」カアァァ

楽(なっなんでこんな恥ずかしいんだこれ!?)

鶫(い、今までもっと凄いことをしてきたというのに……! 心臓がどうにかなってしまいそうだ!)

楽「じゃ、じゃあ行こうぜ」

鶫「う、うむ」

楽「……」テクテク

鶫「……」テクテク

楽「……鶫。これからよろしくな」

鶫「! ……ああ!」ニコッ

終わり



71:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:06:11.04 ID:n9Fpb99Wo

<千棘の場合>

鶫「お嬢、突然押しかけてしまい申し訳ございません」

千棘「気にしなくてもいいわよ。にしても楽まで一緒だなんて珍しいわね?」

楽「いや、まあ色々とな」アハハ…

千棘「?」

鶫「その、お嬢。お嬢と一条楽がボスと集英組の組長に頼まれて、恋人のフリをしているというのは本当なのですか?」

千棘「えっ!? なっ何言ってんのよそんなことあるわけないじゃない! 私たちもうすっごいラブラブなんだから! ねえダーリン!?」アセアセ

鶫「貴様、私を騙したのか?」チャキッ

楽「銃付きつけるのはやめてマジで! 千棘、俺から鶫に嘘だって話したんだよ!」

千棘「え? な、なんだそうなの。それなら先に言いなさいよ」フゥ

鶫「ということはお嬢。一条楽の言っていることは……」

千棘「ええ、本当よ。私たちはパパたちにビーハイブと集英組の抗争を止めるためにって頼まれて恋人のフリをしてるの」

鶫「そうでしたか」ホッ



72:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:06:37.82 ID:n9Fpb99Wo

千棘「ごめんね隠してて。その、あんたクロードの部下だから……」

鶫「わかっております。気になさらないでください。私はクロード様の直属の部下ですから言えなくて当然です」

鶫「私自身、クロード様より2人が本当に恋人か調べるようクロード様から申し付けられておりましたから」

千棘「そうだったの。許してくれてありがとう鶫!」

鶫「許すも何も、お嬢の判断に間違いなどございません」

千棘「あれ? でもなんで私たちが偽物の恋人だって聞いたの? 偶然聞いちゃったとか?」

鶫「そ、それはその……」カアァァ

鶫「そ、そのですね。えーと……」モジモジ

楽「鶫、俺から言うよ」

鶫「う……す、すまない」

千棘「?」



73:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:07:19.58 ID:n9Fpb99Wo

楽「俺と鶫が付き合うことになったんだよ。だから言ったんだ」

千棘「……え?」

鶫「きっ貴様そんなストレートに言うな! 恥ずかしいだろう!?」カアァァ

楽「んなこと言われたって他にどう言えばいいんだよ」

千棘「ちょ、ちょっと待って? その、付き合うってどこかに行くとかそういうこと?」

楽「なんだそのベタベタなボケ……付き合うってのはそのままの意味だよ」

千棘「そっそのままってことは……こ、恋人になったってこと?」

鶫「……」コクン

楽「そうだよ。……改めて言われると恥ずかしいな」ポリポリ

千棘「つっ鶫? このモヤシに脅されてとかじゃないわよね?」

鶫「ちっ違います。わっ私がその……こっこの男のことを好きになってしまって……」

楽「それで俺も鶫のこと好きになったんだよ。後は成り行きというか告白しあってというか……」

千棘「……」

鶫「お嬢? どうかなさいました?」

千棘「……」

楽「おい、千棘?」



74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:08:04.87 ID:n9Fpb99Wo

千棘「……はっ! な、なんだそうなの! もう水臭いわね! いつから付き合い始めたのよ?」

鶫「今日、というかつい1時間ほど前からです」

千棘「……そうなんだ。1時間前……」

楽「さっきからなんか変だぞ? 大丈夫か?」

千棘「なっなんでもないわよ! それで1時間前ってことは付き合い始めてすぐ私のところに来たわけね?」

鶫「はい。お嬢にはすぐにご報告しなければならないと思いまして」

楽「俺たち偽物の恋人やってるだろ? さすがに言っとかねえと」

千棘「うん、まあそれはそうよね」

鶫「それと、もし可能であればお知恵を拝借出来ればと思ったのです」

千棘「何のこと?」

楽「俺とお前の今後の関係をどうするかって話だよ」

千棘「ああ、偽物の恋人関係のことね」

楽「そう、一つはこのまま表向きはお前と恋人でいるってのだけど――」

千棘「嫌よ!!!!!」

楽・鶫「!?」ビクッ



76:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:08:36.67 ID:n9Fpb99Wo

千棘「……」ハッ

楽「びっくりした……お前叫ぶほど嫌がらなくたっていいだろ? 仮にも今やってんだからさ」ブツブツ

千棘「あ、当たり前でしょ!? 今のあんたには鶫っていう恋人がいるんだから、私と偽物の恋人なんてやってていいわけないじゃない!」

楽「う……やっぱそうだよな」

千棘「当然よ! 少しでも私との関係を続けようと考えたなんて信じられない!」

楽「そりゃ正しいとは思ってねえけど、だからって抗争起こさせるわけにもいかねえだろ?」

千棘「バカね。そもそもなんで私たちが恋人のフリをさせられたのか考えなさいよ」

楽「そりゃお互いのボスの子供だからだろ?」

千棘「私とあんたがお互いの組織にとって大切だからよ。そしてビーハイブで一番好戦的なのはクロードだけど、鶫はクロードにとって子供も同然」

千棘「つまり鶫も私と同じでクロードにとって大切なの。鶫が説得すればクロードもみんなも抗争始めたりしないわよ。そもそもパパたちが抗争したくないんだから」

楽「確かにそうだな! いやーさすが千棘。相談してよかったぜ」

千棘「まああんたとは頭の出来が違うのよ」フッ

楽「うるせー。まあありがとな」

千棘「どういたしまして」フフッ



77:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:09:25.73 ID:n9Fpb99Wo

鶫「……」

楽「鶫? 変な顔して嬉しくないのかよ」

鶫「嬉しくないわけが……」ゴニョゴニョ

楽「え?」

鶫「うるさい! そっそれより変な顔とはなんだ!」

楽「わりーわりー。なんか沈んでたからさ」

鶫「ああ……」

楽「?」

鶫(お嬢のあの反応。まさか……い、いや! そんなはずはない!)ブンブン

千棘「鶫」

鶫「はっはい!?」ビクッ

千棘「フリとはいえ付き合ってたから、こいつは貧弱なモヤシだけどまあそれなりにいいところもあるって知ってるわ」

千棘「だからまあ、幸せにね」

鶫「お嬢……ありがとうございます」

千棘「あ、でもなんか嫌なことされたらすぐ言いなさいよ。私が懲らしめてやるんだから」

楽「鶫が嫌がることなんてしないっての」

千棘「信用出来ないわね。あんたエッチなこととかしそうだもの」

楽「すっすすすすするわけねえだろ」アセアセ



78:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:10:13.42 ID:n9Fpb99Wo

千棘「……本当にされてない?」チラッ

鶫「さっされてません!!」カアァァ

千棘「……まあそうよね。それじゃクロードの説得頑張りなさい」

鶫「はい。ありがとうございます」

千棘「あ、クロードを説得する前にパパたちに話しときなさいよ?」

楽「わかってる。いきなりクロードってのはちょっとキツイしな……」アハハ

鶫「それでは行って参ります。突然押しかけたにも関わらず助けていただきなんとお礼していいか……」

千棘「気にしないの。ほら、今日中に行かないと明日イチャイチャ出来ないわよ?」

楽「イチャイチャなんかしねえよ! ほら、行こうぜ」

鶫「ああ。お嬢、それでは失礼致します」

千棘「行ってらっしゃい」



79:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:10:41.32 ID:n9Fpb99Wo

千棘「……」

千棘「……行ったわね」

千棘「はぁ……全然気づかなかったなー。いったいつの間に……あーこの間動物園行ってたわね」

千棘「……はぁ」ウルッ

千棘「あ、あれ。なんで涙が……あいつは偽物の恋人だったのに」ポロポロ

千棘「……今日だけ。今日だけは――」ポロポロ

千棘「なんで、なんでよぅ。楽のばかぁ!」ポロポロ



80:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:11:32.69 ID:n9Fpb99Wo

<小咲の場合>

小咲「おはよう、一条くん、鶫ちゃん」

楽「おはよう、小野寺、宮本」

るり「おはよう。珍しいわね、2人が一緒に登校してるなんて」

鶫「おはようございます。そっそうですね。初めてです」

小咲「登校途中で友達に会うと嬉しいよね」

楽「だなー。まあ途中ってわけじゃないんだけど」

小咲「え?」

楽「鶫がウチまで来てくれたんだよ。いいって言ったんだけど」

鶫「ばっバカ! 恥ずかしいから言うな! というか切り出すにしてもおかしいだろう!?」カアァァ

楽「いいだろ別に。小野寺たちなら俺と千棘が恋人のフリしてたって知ってるしさ」

鶫「私はそのことを知らなかったんだが……」

楽「え? あ、そりゃそうか」

小咲「迎え……に?」

るり「あなたたちもしかして……」

楽「おう、付き合い始めたんだ」

鶫「……バカ」カアァァ

小咲「」ピシッ



81:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:12:02.48 ID:n9Fpb99Wo

るり「……一応確認なのだけれど、それは千棘さんとみたいに家の事情で恋人のフリをしているというわけじゃなくて?」

楽「今度はちゃんと付き合ってる。よ。親父たちにも伝えたし」

鶫「クロード様にもご理解いただきました」

楽「鶫が女だってとこから説明したり、千棘と恋人のフリをしてたって理解させたり色々大変だったな……」アハハ…

るり「そう……」ゴゴゴ

楽(な、なんか怒ってる?)ビクビク

鶫(何か不快にさせてしまったのだろうか……)ビクビク

小咲「……そうなんだ。じゃあ2人は本当の恋人同士なんだね」

楽「お、おう」カアァァ

鶫「いっ一応そうです」カアァァ

楽「お前一応って……」

鶫「い、いいだろう別に」

るり「……こういうと失礼かもしれないけれど、正直意外だったわ」

鶫「意外ですか。確かに私の今までの態度からは意外だったと思いますが……」

るり「いえ、鶫さんが一条くんのこと好きなんだろうなというのはわかってたけど」

鶫「ええ!?」

鶫(そ、そんなにわかりやすかったのだろうか……)アワアワ

小咲(るりちゃん知ってたんだ!?)アワアワ

楽(ま、マジかよ!? 俺全然気づいてなかったのに!)アワアワ

るり「……この鈍感ども」ボソッ



83:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:12:45.39 ID:n9Fpb99Wo

るり「コホン……私が言っているのは一条くんのことよ。正直鶫さんのことが好きだとは思わなかったわ」

小咲「ちょっちょっとるりちゃん!」

楽「いや、まあ宮本の言うとおりだよ。鶫と……まあ色々あったんだけど、それまでは好きとか考えたことなかった」

楽「その、色々やってくうちにいつの間にか好きになってたっていうか……」

鶫「貴様はなぜそう恥ずかしいことを平気で言うのだ……!」カアァァ

小咲「……そっか」

小咲(2人ともいつの間にかこんなに仲良くなってたんだね)

小咲「一条くん、鶫ちゃん、2人ともおめでとう」

楽「ああ、ありがとう」

鶫「ありがとうございます」



84:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:13:22.45 ID:n9Fpb99Wo

るり「……おっとしまったー。家に忘れものをしてしまったー」

鶫「忘れものですか? よければ私が取ってきましょう」

るり「いや、今からならギリギリ間に合うと思うからいいわ。小咲、悪いんだけど付き合ってくれるかしら」

小咲「私? うん、いいよ」

鶫「そうですか。それでは申し訳ありませんが先に行かせていただきます」

るり「ええ。また学校でね」

楽「じゃあな。小野寺、宮本」

小咲「……うん、じゃあね」バイバイ

鶫(……? いつもと様子が違う)

楽「じゃあ先に行ってるか」

鶫「あ、ああ」

楽「ん? どうかしたか?」

鶫「え? うん……」

鶫(恋人になったからだろうか。こいつに対する女性の視線を妙に意識してしまう)

鶫(だからだろうか。今、小野寺様の視線が少し寂しそうに見えたような気がした)

鶫(……いや、自惚れだな。単なる贔屓目だろう。こいつがそんなに好かれているはずが……)

楽「ほんと、大丈夫か?」

鶫「……まあ、かっこいいとは思うが」ボソッ

楽「へ!? おっお前何いきなり?」カアァァ

鶫「なっなんでもない! 早く行かないと遅刻するぞ」スタスタスタ

楽「先行くなよ!」タッタッタッ



85:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:13:52.11 ID:n9Fpb99Wo

小咲「るりちゃん、ありがとね」

るり「何のこと? 私は忘れものをしたから付いてきてもらっただけよ」

小咲「じゃあ何を忘れたの?」

るり「英語の教科書よ」

小咲「ふふ、今日は英語ないよ」

るり「……」ピタッ

小咲「そもそもるりちゃんが教科書忘れるなんて今まで一度もなかったよ? それに嘘つくにしても今日授業のない英語の教科書なんて……」

小咲「……ありがとね。そんなに驚いてくれたんだ」

るり「当たり前でしょ。中学のときからずっと見てるんだから」

小咲「私の代わりに色々聞いてくれたのもありがとう。自分で聞けばよかったんだけど混乱しちゃって」エヘヘ

るり「……結果的に聞かなければよかったことばかりだったわね。ごめんなさい」

小咲「ううん、聞かなきゃいけないことだったから」

るり「……そう」



86:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:14:24.23 ID:n9Fpb99Wo

小咲「……鶫ちゃんいい子だよね。美人でスタイルがよくて、頭も良くて、運動も料理もなんでも出来て」

るり「ええ」

小咲「何よりすっごく真面目だよね。ちょっとしたことでも本当に真剣に考えてくれる。とっても純粋な子」

るり「そうね」

小咲「……だから、一条くんが好きになっちゃったのも当然だよね」

るり「……」

小咲「……」ポロポロ

小咲「あれ、なんでだろ。千棘ちゃんのときはこんな涙なんて出なかったのに……」ポロポロ

るり「あのときより仲良くなってるからかしらね。……小咲、こういうときは泣いてもいいと思うわ」

小咲「るりちゃん……」ポロポロ

るり「学校で目が腫れてるとか言われたら、私が適当に言い訳しといてあげるから」

小咲「るりちゃぁん……うわあぁぁぁん!」ポロポロ

るり「一条くんも酷いわね。中学校のときからずっと好きだった娘が近くにいるのに気づかなかったなんて」ポンポン

小咲「うぅ……」グスッ

るり「……」ポンポン



87:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:14:53.45 ID:n9Fpb99Wo

<万里花の場合>

鶫『昼休み体育館裏に来い』

楽「……」

鶫「む、来たか。遅かったではないか」

楽「果たし状かと思って来るの迷ったんだよ!」

鶫「そんなはずないだろう! なぜ私がそんなものを貴様に送るんだ!?」

楽「体育館裏ってのは告白かいじめか果たし合いくらいにしか使わないものなんだよ」

鶫「なんだそれは。意味がわからん」

楽「……まあそりゃそうか。でなんでこんなとこに呼び出したんだよ?」

鶫「人気のないところで思いついたのがここだったのだ。まあここに座れ」ポン

楽「こんなとこにも芝敷いてあるんだな。それで何するんだ?」

鶫「その……べっ弁当を作ってきたのだ。貴様がよければ、その、一緒に食べようかと……」

楽「えっマジで!? いやすっげえ嬉しい。いいに決まってるだろ?」

鶫「そ、そうか! では一緒に……」

万里花「ちょっと待ったー!」

楽・鶫「わっ!?」



88:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:15:49.44 ID:n9Fpb99Wo

万里花「怪しいと思って付いてきてみれば手作り弁当などと……楽様! お弁当でしたら私のものを食べてください!」

鶫「橘万里花! 貴様何をしに来た!」

万里花「楽様と2人でお弁当を食べるなど許せませんわ! ……あら?」

万里花「そういえばなぜ鶫さんと2人なんですの? 千棘さんとならわかりますが」

楽「鶫と付き合い始めたんだよ。千棘とは……あれ、橘も知らないんだっけ?」

万里花「付き合い始め……? 鶫さん」

鶫「なんだ?」

万里花「親友でありご自分の組織のボスの一人娘でもある千棘さんから恋人を奪うというのは、さすがの私もちょっとどうかと思いますわよ」ススス

鶫「ごっ誤解だ! ええい一条楽! 貴様もちゃんと説明しろ!」

楽「お前には言ってなかったけど、俺と千棘は抗争を起こさないように恋人のフリをしてたんだよ。だから元々付き合ってなかったんだ。鶫が奪ったわけじゃねえよ」

万里花「あら、そうでしたの。まあ不自然だなとは思っておりましたわ」

鶫「そっそうなのか?」

万里花「ええまあ、普通に見ていれば……って鶫さん? 気づいておりませんでしたの? それでしたらやっぱり――」

鶫「ととととにかく! 私と一条楽は本当に付き合っているのだ! だから貴様も諦めろ!」

万里花「嫌ですわ」



89:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:16:31.52 ID:n9Fpb99Wo

鶫「な、なんだと!?」

万里花「私は楽様が千棘さんと恋人のフリをしていたときもアタックしておりましたわ」

鶫「だから今の私と一条楽は本物の恋人だと言っているだろう!」

万里花「私は楽様と千棘さんも本物の恋人と思っておりました。私から見て、楽様と千棘さんも、楽様と鶫さんも同じように本物の恋人です」

万里花「ですから、お二人が本物の恋人かどうかなどという些細な問題、私が諦める理由にはなりません!」

鶫「なっ! む、無茶苦茶だ!」

万里花「無茶苦茶でもなんでも構いませんわ! 楽様を諦めるかどうかなど私の勝手です」

鶫「ぐ、ぐぬぬ……」

楽「……橘。俺からもお願いだ。もう諦めて欲しい」



90:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:17:21.11 ID:n9Fpb99Wo

万里花「……楽様?」

楽「千棘のときは恋人のフリしてただけだったから、やめろって言ってなかった。けど今の俺にはちゃんとした恋人がいるんだ」

鶫「一条楽……」

楽「正直言うとお前に好きだって言われるのが嬉しくてちゃんと断れなかったんだ。……きっとお前に甘えてた」

楽「俺はもう鶫を選んだから、これ以上お前に甘えることは出来ない。……ごめん、橘。俺はお前と付き合えない」バッ

万里花「…………」

万里花「楽様、頭を上げてください」

楽「橘……」

万里花「楽様がそうおっしゃるのでしたら仕方ありませんわ」

楽「ありがとう、橘」

万里花「ええ、今は諦めることにします」

楽「ああ、今は諦め……え? 今?」

万里花「」チュッ

楽「!」

鶫「なっ!?」



91:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:18:35.53 ID:n9Fpb99Wo

万里花「ふふふ。今は付き合ったばかりですから鶫さん以外に目が行かないのも仕方ありません。今は諦めましょう」

万里花「しかし人の気持ちは変わるもの。私を見てくれるまで諦めることなどありえませんわ!」

鶫「だからと言って頬にキスする必要があるのか!?」

万里花「それはほら、宣戦布告ですわ」

鶫「き~さ~ま~!」

楽(いっ今なんかほっぺに柔らかいものが……!)ドキドキ

鶫「一条楽! 貴様もデレデレするな!」

楽「しっしてねえよ!」

万里花「おほほほほ」

鶫(くっ、このままさせっぱなしでは……)ハッ

鶫「一条楽」

楽「なっなんだよ」ビクッ

鶫「ん」

楽「なんだよ目をつぶって」

万里花「何をして……」ハッ

鶫「ん!」

楽「だからなにを……」ハッ

楽「え? も、もしかして……」

万里花(鶫さん、まさかあなた……!)ザワザワ



92:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:19:11.84 ID:n9Fpb99Wo

楽「つ、鶫? 他のにしないか? ほら、橘がいるしさ」

鶫「……」

楽「さすがに目の前ってのはさ」

鶫「私の目の前で橘万里花にされたのはいいのか」

楽「うっ……わかったよ」ハァ

万里花「ら、楽様?」ガタガタ

楽「……」チュッ

鶫「……額だけか?」

楽「さすがに色々と勘弁してくれ……」

万里花「……」プルプル

楽「橘。お前には悪いとは思うけど、やっぱり鶫がたいせ―ー」



93:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:19:53.12 ID:n9Fpb99Wo

万里花「こ、こん程度で勝ったっち思わんけんでくれんね!」

万里花「うちはらっくんば誰よりも好いとーと! こん程度や諦めん!」

万里花「覚えてなさい!」タタタタッ

鶫「なんて諦めの悪いやつだ……」

楽「あははは……」

鶫(しかし、あいつはあんなに一条楽のことが好きなのだな。私なんかよりずっと前から……)

楽「鶫」ポン

鶫「?」

楽「橘は俺のことを好きでいてくれてるけど、俺が好きなのはお前だよ」

鶫「え? な、なんで……」

楽「そんな顔してりゃ何考えてるかなんとなくわかるよ。……ほら、弁当食おうぜ」

鶫「……ああ!」ニコッ



94:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:20:20.95 ID:n9Fpb99Wo

<千棘の場合その2>

千棘「……」ボー

鶫「お嬢、物憂げな顔をしてどうされました?」

千棘「……ああ、鶫、楽。ちょっとあんたたちのこと考えてたの」

楽「俺たちの?」

千棘「うん、まあなんか寂しいなーって」

楽「寂しい?」

千棘「あんたとか鶫と話すことが減ったから」

鶫「お嬢にそんな思いをさせてしまっていたとは……! お嬢、そのようなときはいつでも私をお呼びください。すぐに駆けつけます」

千棘「いつでもって、例えば楽とのデート中でも?」

鶫「もちろんです」

楽「えっ」



95:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:23:00.63 ID:n9Fpb99Wo

千棘「そう? それじゃあ私と楽のどっちが大事?」

鶫「お嬢に決まってます」

楽「即答!?」

鶫「当たり前だ」フン

千棘「ふふ、ありがとう。じゃあ私と楽のどちらかしか助けられないとしたら?」

鶫「……お嬢を助けると思います」

楽「お、今度は迷ったな」

鶫「流石にどちらかしか助けられないとしたらな。もちろん、出来ることなら私の命に替えてでも2人を助けることを選ぶが」

楽「そうしたらお前のこと一生許さねえぞ」

鶫「……」

楽「なんだよ?」

鶫「いや、そのときには私は死んでしまっているから許されるも許されないもないのだが」

楽「そういう問題じゃねえよ」

鶫「わかってる。……嬉しい」ニコッ

楽「おっおう」ドキッ

千棘「ねえ、目の前で見せ付けないでくれないー?」

鶫「み、見せつけるなどそういうつもりでは……」

千棘「はいはい。でも私の事大切にしてくれてるみたいで嬉しいわ!」

鶫「もちろんです。お嬢は私にとって誰よりも大切な方ですから。私に出来ることでしたらなんでもいたします」

千棘「……ありがとう。じゃあこれで最後ね」



96:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:23:41.32 ID:n9Fpb99Wo

千棘「楽を私に譲ってって言ったらどうする?」

鶫「……え?」

千棘「私の事誰よりも大切って言ってくれたじゃない。だから楽を譲って?」

鶫「そ、それは……」

楽「おい千棘」

千棘「黙ってて」

鶫「……」ソワソワ

千棘「……」

鶫「……」アワアワ

千棘「……」

鶫「……も、申し訳ありません! それだけは――」

千棘「なーんてね! 冗談よ!」

鶫「……じょ、冗談?」

千棘「もちろん、冗談に決まってるじゃない。なーんで私がこんなモヤシ譲って貰わなきゃいけないのよ?」

楽「お前ほんと失礼だな!? つーか冗談にしても考えろよ……」ハァ



97:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:24:14.30 ID:n9Fpb99Wo

楽「鶫も真に受けすぎだって。こいつが俺を譲れなんて本気で言うわけないだろ? 恋人のフリしてたってだけで別に好きなわけでもないんだから」

千棘「……」フイッ

鶫「……! お、お嬢! やはりお嬢は――」

千棘「鶫、それ以上言ったら許さないから」

鶫「で、ですが! もしそうなら私に今のままでいる資格などありません! それなら私は――」

千棘「鶫。私はあんたと親友だと思ってるし、これからもそうだと思ってる」

千棘「でも、あんたが今考えてるようなことしたら二度と口聞かないから」

鶫「お嬢……」

千棘「ごめんね。私が変なこと言っちゃって。ちょっと確かめたかったっていうか……その、意地悪したかったの」

鶫「……」

千棘「あんたがどれくらいこいつのことが好きなのかよくわかったわ。……あんたは私と違うんだから、仲良くしなさいよ」

鶫「……はい!」

楽「悪い。話が見えねえんだけど」

千棘「あんたは知らなくていいの」

楽「すげー気になる。鶫は教えてくれ―ー」

鶫「一条楽。貴様には絶対に言わん」

楽「言い終わる前に!?」



98:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:24:57.54 ID:n9Fpb99Wo

千棘「あはは。それじゃ私は帰るわね。あんたたちと話したら元気でたわ」

楽「ん、そうか。ならよかった」

鶫「お嬢、ありがとうございました」

千棘「それは私の台詞よ。……あ、そうだ」

楽「うん?」

千棘「あんたたちそろそろ名前で呼び合ってもいいんじゃない? 特に鶫。いつまで一条楽なんてフルネームで呼ぶつもりなの?」

鶫「えっ!? そっそれは」ドキッ

千棘「それじゃまた明日。じゃーねー」バイバイ

鶫「名前……」

楽「名前か……」

鶫「……」ポワンポワン

楽「……」ポワンポワン



99:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:26:52.43 ID:n9Fpb99Wo

楽「……と、とりあえず後で考えるか!」カアァァ

鶫「そ、そうだな!」カアァァ

楽「俺たちも帰ろうぜ。送ってくよ」

鶫「ああ」

楽「……」ピタッ

鶫「ん? どうした。帰らないのか?」

楽「いや、ちょっと」ギュッ

鶫「なっ!? 手、手を……!」ワタワタ

楽「初めてのときから全然してなかったから……い、嫌か?」カアァァ

鶫「嫌じゃ……ない……」カアァァ

楽「よし、じゃあこれで帰ろうぜ」

鶫「ああ」コクン



100:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:27:27.60 ID:n9Fpb99Wo

<そして鶫は>

楽「鶫の家ここだよな。それじゃまた明日」

鶫「ま、待った。その……よければ寄っていかないか?」

楽「寄っていくって……え? つ、鶫の家にか?」

鶫「あっああ。今日はポーラもいないから」

楽(それって余計まずくねえか!? いや、でも誘ってくれたわけだし)ドキドキ

鶫「大したもてなしが出来るわけではないが……」

楽「じゃ、じゃあ寄ってこうかな」

鶫「そ、そうか!」



101:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:28:23.42 ID:n9Fpb99Wo

楽「ここが鶫の部屋か……」キョロキョロ

鶫「あ、あまり部屋の中を見るな」

楽「わ、悪い」

鶫「茶を入れるから、おとなしく待っていろ」

楽「わかった」

楽(ここが鶫とポーラの部屋……結構殺風景だな。まあ2人ともあんまりインテリアとか気にしなさそうな感じだしな)

鶫「だからあまり見るなと……ほら茶だ」

楽「なるべく見ないようにと思ったんだけど無理だった。ありがとう」

鶫「まったく……」

楽「でもやっぱ2人で女の子の部屋に入るの緊張するな。全然慣れねえや」

鶫「そうだな。クロード様以外の男を部屋に入れるなど初めて……って待て。慣れないだと? ということは貴様こういった経験があるのか?」

楽「え、いや。まあ一応……」ダラダラ

鶫「そ、そうか。お嬢とフリとはいえ付き合っていたのだったな。まあそれならば仕方が……」

楽「いや、その小野寺となんだけど……」

鶫「小野寺様だと!?」ガタッ



102:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:28:55.52 ID:n9Fpb99Wo

楽「お、落ち着け! 小野寺の和菓子屋にバイトに行ったとき、台風で帰れなかったから入れてもらっただけだよ!」

鶫「むぅ……まあ付き合う前だからなんとも言えんが……」ムー

楽「そっそれよりなんで突然部屋に寄ってくかなんて言ったんだよ?」アセアセ

鶫「その、おっお嬢が言っていたことを試してみようと思ってだな」

楽「千棘が言ってたって……名前で呼んだらどうかってやつか?」

鶫「あ、ああ。その、あまり人に見られたくないからな」

楽「いきなり変えるとこ見られるのはちょっとやだよな」

鶫「うむ。……で、では行くぞ」

楽「おう」

鶫「……ら、楽。お茶の味はどうだった?」

楽「……!」ドキッ



103:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:29:49.95 ID:n9Fpb99Wo

鶫「なっなんだ。まずかったのか?」オロオロ

楽「い、いや。んなことねえよ。ただ名前で呼ばれたのが思ったよりドキッとした」

鶫「そうか。よかった……」ホッ

楽「ああ。お茶はうまかったよ。誠士郎」

鶫「……」

楽「あ、あれ? なんか不満?」

鶫「その誠士郎と呼ぶのはやめてくれ」

楽「え? じゃあなんて呼べばいいんだよ」

鶫「前に貴様が言ったやつがあっただろう? 誠でいい」

楽「わかった。でも誠士郎って名前嫌なのか?」

鶫「嫌なわけがないだろう! たとえ男と思っていたとしても、クロード様がつけてくださった大切な名前だ」

楽「ああ、だよな。でもじゃあなんでだ?」

鶫「……き」

楽「き?」



104:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:30:23.04 ID:n9Fpb99Wo

鶫「きっ貴様には、その……お、女の子らしい名前で呼んでもらいたいのだ」カアァァ

鶫「……それに誠というのも、クロード様と同じく大切な、お前がつけてくれた呼び名だからな」

楽「お、おう……わ、わかった」カアァァ

楽「んじゃ改めて……誠。お茶うまかったよ。ありがとう」

鶫「!」ズキューン

鶫(こっこれはダメだ! ダメになる! ああもう、ひどい顔をしているのが見なくてもわかる! 部屋でやっていてよかった……)ブンブン

楽「喜んでもらえてるみたいでよかったよ」ズズ…

鶫「し、しばらくの間、誠と呼ぶのは2人きりのときだけにしてくれ」カアァァ

楽「了解」



105:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:31:57.12 ID:n9Fpb99Wo

楽「もう遅いしそろそろ帰るよ」

鶫「あ……もうそんな時間か」

楽「さすがに女の子の家にいつまでもいるわけにはいかねえしな。それにポーラが帰ってきたら殺されそうだ」

鶫「いや、あいつの場合は面白がって入らずに見ているな」

楽「ああ、それもありそうだな」アハハ

鶫「ふふ……」ジー

楽「ん? なんかついてる?」ゴシゴシ

鶫「いや、幸せだと思ってな……」

鶫(橘万里花はもちろん、お嬢も、もしかしたら小野寺様もこいつのことを思っていて、それでもこいつは私を選んでくれた)

鶫(きっと、こういう場合はなんでと思うより、素直に嬉しいと思ったほうといいのだろう。馬鹿な私だがようやくわかった)

鶫(お嬢や小野寺様が何も言わなかったのもおそらくそういうことなんだろう。橘万里花はまあ別だろうが)クスッ



106:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 21:32:38.41 ID:n9Fpb99Wo

楽「おっ」

鶫「なんだ変な声を出して」

楽「いや、最近のお前ってときどき考え込むことあるけど、そういうときって最後まで大体難しい顔してるんだよ」

鶫「そうなのか?」

楽「そうなんだよ。でも今は考え込んだ後笑ってたから、良かったなって思って」

鶫「そうか」

楽「俺も今すげー幸せだよ。お前のおかげだ。ありがとう、誠」

鶫「私もきさ……お前といられてすごく幸せだ。ありがとう、楽」

楽「……別に貴様でも言いやすければいいぞ?」

鶫「いや直す! いつまでも恋人に貴様というのはおかしいだろう?」

楽「そっか。まあ時間はこれから先いくらでもあるから、直すにしても焦らなくていいからな」

鶫「……そうだな。これから先もお前といられるんだな」

楽「ああ、お前が俺を振らなきゃだけど」

鶫「そんなことはありえん。私の方こそお前に捨てられないか心配だ」

楽「俺にはもったいないくらいの相手なのになんで俺が振るんだよ」

鶫「……ふふっ」

楽「……ははっ」

鶫「楽。これからもずっと一緒にいてくれ」

楽「ああ、もちろん。誠、大好きだ」

鶫「ああ、私も楽が大好きだ!」

終わり



転載元
楽「ハニートラップ対策?」鶫「そうだ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1399806819/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月02日 23:00
      • >鶫「……」カアァァ

        はいはいカラスカラス
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月02日 23:54
      • 5 原作も鶫ENDはよ
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 00:20
      • あぁ~^鶫かわいいんじゃあ~
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 00:28
      • つぐみんはかわいいなぁ!
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 00:33
      • 歩くハニートラップ楽に
        ハニートラップ対策とかいらないんじゃないかと
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 01:59
      • 二次創作とはこういうもんよ
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 03:19
      • 完璧だな
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 07:48
      • いっそリトさんレベルになればハニトラ対策は必要無いのでは
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 09:37
      • もうマルチエンドでよくね?
        そうすれば誰も悲しまずに済むだろ?
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月03日 11:38
      • こっちの楽はイケメンだな
        しっかり万里花の事を断ったのはナイスだ

        原作じゃ間違いなく有耶無耶で済ますからな
        やっぱりハッキリして欲しいわ
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月05日 00:24
      • 誠…セイ…みかこし…うっ頭が…
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月11日 01:33
      • 臭い感じがどうもない…鶫をラオウに置き換えた方が萌えれる
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月12日 03:22
      • セイ…。やっぱ男なんじゃね?

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ