TOP

結城晴「真剣ゼミ…?」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:25:41.49 ID:L8f4Ckxbo

モバマスのSSです。
このSSはフィクションであり、実在の企業、団体とはなんら関わりがございません。



2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:26:32.31 ID:L8f4Ckxbo

晴「はあ…やべえよなあ…」

ありす「あなたがため息とは珍しいですね、どうしたんですか。」

晴「実はさ、これ…」ペラ

ありす「え、なんですか、これ…」

晴「見ての通り学校のテストだよ…こんなん母さんに見せられないよなあ…」

ありす「すごいですね。小学校のテストでこんな点数をとれるのはある意味才能だと思います。」

晴「褒めてんのかバカにしてんのかどっちだよ!」

ありす「…でもどうして?以前はそこそこやれていたと思ったんですが。」

晴「なんかさ…最近、授業難しくないか?」

ありす「確かに…六年生も後半ですからね。内容が高度になってきたと思います。」

晴「そうなんだよな…中学ってもっと難しいんだろ?英語とか数学とかも始まるし…」



3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:27:03.00 ID:L8f4Ckxbo

晴「オレ、やってけるのかなあ…」

ありす「まあ、私達は加えてアイドル活動もありますからね。どうしても勉強に割く時間が少なくなるのは仕方ないことだと思います。」

みりあ「あ!それ私も感じる!アイドルしてるとお勉強大変だよね!」

千枝「千枝も…レッスンあった日は宿題やるだけで精一杯かも…」

梨沙「アタシはパパに教えてもらうから大丈夫だし!」

桃華「あら、最近はお父様が忙しくてなかなか会えないとおっしゃっていませんでした?」

梨沙「…くっ!」



凛「みんなどうしたの?」

晴「凛さん!」



4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:27:36.12 ID:L8f4Ckxbo

この人は渋谷凛さん。うちの事務所のトップアイドルで超人気ユニット「ニュージェネレーション」のメンバーだ。

他にも「トライアドプリムズ」っていうユニットもやっていてそっちもすごく人気がある。

とにかくいつもカッコよくて、みんなの憧れの的なんだ。


凛「…なるほど。確かに中学の勉強はグッと難しくなるね。」

晴「や、やっぱり…」

未央「それだけじゃないんだよ!」

千枝「未央さん!」

未央「中学1年生のスタートダッシュに失敗するとその後3年間の勉強に影響するっていうデータが有るんだ!」

卯月「しかも、そのつまづきは小学生の時の勉強に原因があると言われているの。」

みりあ「ええっ!じゃ、じゃあ私もひょっとして…」

凛「そう。早いうちに対策を打っておかないとその後の高校受験、大学受験、ひいては就職にまで影響するってわけ。」



5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:28:18.24 ID:L8f4Ckxbo

晴「マジかよ…でも、いまさらガリ勉なんて…」

凛「大丈夫。そんなことしなくてもちゃんとアイドルと勉強を両立できるよ。」

未央「『真剣ゼミ』があればね♪」


「「真剣ゼミ?」」


卯月「そう!ゼミなら1日30分、この『チャレンジ』で要点をしぼった予習、復習ができるの!」

みりあ「ええっ?たった30分でいいの?」

凛「そう。写真やイラストがたっぷりでわかりやすいから自然に楽しく頭に入ってくるんだ。」

未央「それだけじゃないよ。テスト対策や楽しい知識が身につく副教材もたくさんあるんだ!」

梨沙「…へえ。それならパパがいない時でも一人でできそうね。」

卯月「それに、小学生なら『ごほうびシール』を集めて素敵なプレゼントももらえるんだよ♪」

晴「うわ、かっけー!」



6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:28:44.56 ID:L8f4Ckxbo

千枝「でも、どうしてみなさんそんなに詳しいんですか?」

凛「それはね…私達もゼミをやってるからだよ。」

みりあ「ええっ!?トップアイドルの凛さんたちが?」

凛「そう、ゼミなら自分のペースで、無理なく勉強できるからね。明日からの全国ツアーももちろんゼミと一緒だよ。」

晴(すごい…!ゼミならオレも…!)



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:29:11.76 ID:L8f4Ckxbo

ありす「…」

未央「あーりーすーちゃん!」

ありす「きゃっ!」

未央「ありすちゃん…さっきから黙ってるけど…それ…『チャレンジタッチ』だよね?」

千枝「チャレンジタッチ?」

卯月「真剣ゼミの新しいスタイルだよ。専用のタブレット端末で楽しくお勉強できるの。」

ありす「…///」

晴「ははっ!なんだよありす!お前涼しい顔して実はもうゼミやってたんじゃねーか!」

ありす「い、いいじゃないですか!その…すっごく楽しいんですから…」


「アハハハハハハ…‥」



8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:29:37.82 ID:L8f4Ckxbo

晴「母さん!オレ、真剣ゼミやりたい!」

母「だめよ。どうせすぐ飽きちゃうでしょ。」

晴「違うよ!ゼミなら続けられるんだ!このグラフを見てくれよ!」

母「まあ!98%の人がゼミを続けているのね!いいわ!やりなさい!」

晴「やったー!」



9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:30:25.83 ID:L8f4Ckxbo

――晴「へへへ…!見ろよ!これ!」

ありす「またですか…100点をとる度にいちいち見せなくてもいいですから。」

みりあ「ゼミを始めてからますますアイドル楽しくなったよ!」

千枝「千枝はこの前Pさんに褒められちゃいました!」

梨沙「アタシもパパに褒められたわ!」

仁奈「ごほうびシールでもらったでごぜーますよ!」

舞「わあっ!かわいいきぐるみだね!」


桃華「…」

晴「いやー、まったくゼミ様様だぜ。桃華はやんないのか?」

桃華「私には家庭教師の先生がいらっしゃいますので。必要ありませんわ。」

千佳「桃華さんも一緒にやろーよ!魔法ゼミ少女にへんしーん♪」

桃華「お気遣いありがとうございます。…そろそろ先生がいらっしゃるお時間ですので失礼致しますわ。」

晴「なんだよ…」



10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:31:11.33 ID:L8f4Ckxbo

そんなこんなでゼミを始めたオレはアイドル活動により集中できるようになって人気もグイグイあがっていった!

もうすぐ中学だけど何も心配はない。だってゼミと一緒ならどんな困難も乗り越えられるんだ!











晴「なーんて、そんなにうまくいくわけないよなあ…」



11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:31:14.27 ID:nHMb9YhRo

このいつもの流れ



12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:31:53.65 ID:L8f4Ckxbo

―――――――――――――――

『晴!どういうこと!全然ゼミやってないじゃない!』

『え、いや…これからやろうと思ってたんだよ…』

『昨日も一昨日もそう言ってたじゃないの!会費だって安くないのよ!』

『あれだけ言っといて!そもそもアンタはいっつもだらしなくてクドクドクドクド…』

―――――――――――――――


晴「…まさか、ベッドの下に隠しといたチャレンジが見つかるなんてなあ。」

晴「とにかく、家においておくのは危険だ。どっかにこれを捨ててこないと。」

晴「この辺のコンビニならいいかな…」



13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:32:52.84 ID:L8f4Ckxbo

晴「…ん?あれって…」



「…」キョロキョロ

晴「卯月さん。」

卯月「!」ビクッ


晴「やっぱり卯月さんだ。こんなとこで何してんの?」

卯月「え…あ、あの…人違いです…」

晴「えっ、だって…あれ?それって…」

卯月「!」ダッ


晴「あ、ちょっと!…なんか変だな。待ってくれよ!」



14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:33:36.37 ID:L8f4Ckxbo

―――公園

晴「ハアッ、ハアッ……卯月さん…帽子、落としてたよ。」

卯月「ハア、ハア…ありがとう…脚、速いね。さすが晴ちゃん。」

晴「へへ…サンキュー…」

卯月「とりあえず、座ろうか…」

晴「卯月さん何してたの?あんな変装までしてさ。」

卯月「あ、えと…」

卯月「は、晴ちゃんこそ、もう夜だよ?子どもは寝る時間だよ?」

晴「って言ってもまだ8時前じゃん…オレはさ、これを捨てに…」ガサガサ






卯月「ひっ!」



15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:34:12.27 ID:L8f4Ckxbo

卯月「ごめんなさい!ごめんなさい!」

晴「え、どうしたんだよ卯月さん。何もしてないってば!」

卯月「ごめんなさい…ごめんなさい…」ガクガク

晴(ひょっとしてチャレンジのせいか?)ガサガサ

晴「ほら、もう何も持ってない!大丈夫!」

卯月「あ…。」

晴「なんか変だよ卯月さん…一体何が…」

卯月「私ね…ツアーにチャレンジを持っていくのを忘れちゃったんだ。」

晴「え…?」



16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:35:00.04 ID:L8f4Ckxbo

卯月「本当、バカだよね。ついうっかりしてて…」

卯月「でも、大したこと無いって、帰ってから出来なかったぶん頑張ろうって、思ってたの。」

卯月「それなのに…ツアーから帰ってきてすぐに熱を出してしまって…」



―――――

『さあ!たまっちゃったチャレンジをやらないと!』

『うーん…結構あるなあ…でも頑張ろう!』

『…』

『一日30分でも数教科あるもんね……もっと頑張らないと…』

『……』





『えっ?もうこんな時間?』

『明日は収録だ…休んでた分頑張らないと…もう寝よう…』

『…明日、2倍頑張ればいいよね…』



17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:35:27.40 ID:L8f4Ckxbo

―――――

『…終わらないよ。』

『ううん。だめだめ…自分のミスだもの…』

『あ…寝る時間…でも…もう少し頑張ろう…』


『…』


『…』ウツラウツラ


『…くー…くー…』








―――――――――――――――『ナマケモノ』

『…えっ!?』

『…気のせい・・・だよね。』



18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:36:07.02 ID:L8f4Ckxbo

『ああ…また今日の分がたまっちゃった…早く追いつかないと…』


―――――――――――――――『オチコボレ』


『どうして…こんなに頑張ってるのに…?』


―――――――――――――――『ダメニンゲン』


『だめ…寝る時間をもっと削らないと…』


―――――――――――――――『シッパイサク』



『そう…私は…ダメなんだ…一日30分の努力もできないんだ…』






『え…?嘘でしょ…?これ…今月号…。』



19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:36:17.48 ID:jL8WVDgvo

なんだか雲行きが……



20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:36:35.67 ID:L8f4Ckxbo

そんな…まだ先月号が終わってないのに…』


―――――――――――――――『ガンバレ』


『まだやってない教材も…出してない答案もあるのに…』


―――――――――――――――『ガンバレ』



『…ああ…やらなきゃ…やらなきゃ…』

『ガンバレ』    『ガンバレ』  『ガンバレ』 『ガンバレ』『ガンバレ』

『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』
『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』
『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』
『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』
『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』『ガンバレ』








『いやああああああああああああああああああっっ!!!!!』



21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:37:05.28 ID:L8f4Ckxbo

―――――――――――――――

晴「…」

卯月「それで…お仕事にもいけなくなっちゃって…だから…だから私…ここでチャレンジを捨てようと…」

晴「そうだったのか…」

卯月「うん…でも晴ちゃんに話せて少しスッキリしたよ。ありがとう。」



22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:37:43.04 ID:L8f4Ckxbo

「そうだったんだ。ごめんね。卯月。気づいてあげられなくて。」


卯月「!!」

凛「こんばんは。何驚いてるの?」

未央「しまむーの家にお見舞いに行ったら出かけたって言うからさ。みんなで探してたんだよ?」


いつからそこにいたんだろう。振り向くと凛さん、未央さん、加蓮さんに奈緒さんがいた。

それだけじゃない。みりあやありす、千枝に梨沙達まで…


凛「卯月はさ、真面目だから一人で頑張らないとって重く考えすぎてるんだよ。」

凛「私達は一人じゃない。一緒に頑張ることだってできるんだよ?」

卯月「凛ちゃん…」




凛「さ、行こう。今夜は卯月が寝ないようにそばで見ててあげるよ。」



24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:38:11.28 ID:L8f4Ckxbo

卯月「え?…え…え?」

未央「ふふふ、今夜は寝かさないよ!しまむー!」

卯月「やだ…もうやめて…」

凛「何言ってるの?卯月がいつも言ってることじゃん。『頑張ります!』って」

卯月「離して…離して!」

未央「さー、レッツゴー!」

卯月「いやっ!!離して!離してぇぇっ!!」

加蓮「ダメだよ、こんなところで大声出しちゃ。」


卯月「私!もうダメなの!嫌なの!頑張りたくない!頑張れないの!」


千枝「卯月さん。ゼミは毎日やらないと悪い子になっちゃいますよ?」





卯月「無理なの!お願い!もうゼミやめます!お願い!頑張りたくないよぉっ!!」



25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:38:38.77 ID:L8f4Ckxbo

――――「島村卯月、頑張ります!」

それが卯月さんの口癖だった。

「トレーナーさん!まだ頑張れます!頑張ります!」

「さあ、みんな、もう少し頑張ろう!」

いつもいつもそればっかり言っていた。

あまりに頑張る頑張る言ってるからネタにされたり、個性がないとかからかわれることもあったけど、

その言葉が口先だけのものではないことを知っていたから、みんな卯月さんの事を信頼して、尊敬していた。

オレ達の前では弱音は吐かなかった卯月さん。絶対にかっこ悪い所は見せなかった卯月さん。

凛さんが「みんなの憧れ」だとしたら、卯月さんは「みんなのお手本」だった。

オレ達も何かあったらまずは卯月さんに相談したし、いつも自然に人の輪ができていた。

だから、目の前で起きていることが信じられなかった。



26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:39:06.69 ID:L8f4Ckxbo

卯月さんが、あの卯月さんが、小さな子どもみたいに手も、足も振り回して泣きじゃくっている。

「頑張りたくない」 「頑張れない」

絶対に言わなかった、聞きたくなかった言葉を叫んでる。

おい、ウソだろ?さすがになんかのドッキリじゃねえのか?

そう心の何処かで思っても、この雰囲気がドッキリなんかじゃないって教えてくる。




卯月「助けて!晴ちゃん!助けてぇっ!!!」



27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:39:50.26 ID:L8f4Ckxbo

晴「!」

晴(そうだ、何やってるんだオレは。卯月さんを助けないと。)

晴「おい!ちょっと待て…え?」

奈緒「…」

晴「なんだよ!邪魔しないでくれよ!」

奈緒「…」

晴「離して!離してくれよ!卯月さんが…!ああ…行っちまう…」



両脇を抱えられた卯月さんが遠くなっていく。


なんでだよ。みんな、仲間じゃなかったのかよ…?




晴「奈緒さん…なんでだよ…なんで…」

奈緒「…」



29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:41:24.33 ID:L8f4Ckxbo

――――――――――――――ピンポーン

晴「こんばんは。奈緒さん。『今日も勉強教えてください』」

奈緒「おお、待ってたぜ。はいんなよ。」

ガチャ

奈緒「…誰にも見られてないか?」

晴「へへ、大丈夫だって。ちゃんと廊下を曲がる前と部屋に入る前。2回ずつ確認したぜ。」

奈緒「よし。まあ座りなよ。今お茶くらいいれるからさ。」カチ

晴「ありがとう…勉強、すすんでるのか?」

奈緒「へ?あ、ああ…まあな…」

晴「アニメのDVDが落ちてるけど…」

奈緒「こ、これは!その…息抜き、だよ…」

晴「大丈夫なのか?その、よくわかんねーけど追い込み、ってやつなんだろ?」

奈緒「わ、わかってるよ!」

奈緒「ていうか!そんなことしに来たんじゃないだろ!早く出せって!」



30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:41:50.95 ID:L8f4Ckxbo

晴「あ、おう…これ。」

奈緒「おし…これで最後か?」

晴「うん、家にあるやつはそれが最後で…」

奈緒「わかった。来月号が来たらまた持ってきなよ。」

晴「わかった。ありがとう。奈緒さん。」






――――――――――あの夜、奈緒さんはオレの耳元でささやいた。



奈緒「落ち着け晴。あたしは味方だ。」



31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:42:23.50 ID:L8f4Ckxbo

晴「!?」

奈緒「今卯月を助けに行ってもあの人数じゃ勝ち目はない…」

奈緒「悔しいけど、今は様子を見るしかないんだ。」

晴「…くっ」

確かに、奈緒さんの言うとおりだ。

奈緒「卯月のことはあたしが後で隙を見て助けだす…今は仲間のふりをしてくれ。」

晴「…わかった…」



ありす「何してるんですか?コソコソと…」

奈緒「あ!いや。なんでもないよ。な!」

晴「え!…あ、ああ…」

ありす「…」



32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:42:49.58 ID:L8f4Ckxbo

ありす「結城さん。こんな時間に卯月さんと何をしていたんですか?」

晴「あ、いや、その…」

ありす「それ、先月号のチャレンジですよね。どうしてそんな物を?」

晴「これは…その…」

ありす「見せてください。」

晴「え?だ、だめだよ…その、オレ、字、汚いから…」

ありす「気にしませんよ。先月のチャレンジをわざわざ持っているというところが気になるだけです。」

ありす「それとも、何か。見せられないわけがあるんですか?」

晴「あ…いや…」



33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:43:16.50 ID:L8f4Ckxbo

奈緒「違うよ、ありす。」

ありす「…私は今結城さんに聞いているんです。」

奈緒「あたしがさ、ちょっと小学生の復習をしたくなっちゃってさ。晴に頼んだんだ。」

ありす「信じられませんね。ゼミをやっていればそんなものは必要ありません。」

奈緒「あたしがゼミを始めたのは最近だ。」

ありす「…」

奈緒「だから、やってなかった頃のことでちょっと疑問に思うことがあってさ。恥ずかしいから晴に頼んだんだよ。」

奈緒「ありすも内緒にしてくれよ?受験生のあたしが小学生のチャレンジ見てるなんて、カッコ悪いからさ。」


ありす「…わかりました。」

奈緒「さっ、じゃああたしの部屋に行こうぜ!ありすもみんなと一緒に帰るんだろ?気をつけてな。」

晴「あ、じゃ、じゃあな…」



34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:43:44.06 ID:L8f4Ckxbo

「あたしは女子寮で一人暮らしだからこっそりチャレンジを処分してもばれない。」

「実家暮らしだと捨てたらバレてしまうからあたしが少しずつ処分してやる。」

奈緒さんはそう言ってくれた。

約束通りあの夜から今日まで、オレは少しずつチャレンジを奈緒さんの部屋に運んだ。

親には小さな子たちに見せてあげてると言ってある。



35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:44:23.03 ID:L8f4Ckxbo

奈緒「いいんだよ。今までもらったチャレンジと同じようにシュレッダーにかけて捨てておくから安心しなよ。」

晴「卯月さんは…?」

奈緒「まだ、連絡が取れない…みんなに聞いても要領を得ない返事ではぐらかされちまう…」

晴「…そうか。あのさ、奈緒さんはいつからやってたんだ?」



奈緒「…」




奈緒「…あたしもさ。焦ってたんだよ。受験生だしさ。アイドルなんかやってると思うように時間も取れないしさ。」







奈緒「そんな時にさ、レッスンの後に加蓮がさ、教えてくれたんだよ。」



36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:44:49.19 ID:L8f4Ckxbo

――――――――――――――――――――――――――――――

『それならゼミやってみなよ!簡単だし、勉強わかるとすっごく気持ちいいよ!』

『ゼミ…?あたしはそういうのはいいや。なんかうさんくさいっていうか…』

『大丈夫だって!事務所の子もみんなやってるよ?凛だって私が教えたらすっごくハマってるんだから。』

『え、あの凛が…?』

『どう、私今ちょっと持ってきてるからさ…試してみない?』

『え、でも、ハマっちゃったら怖いから…』

『1日30分だけだから影響はないってば。ひょっとして…奈緒ってば勉強できないのバレるの、怖い?』

『なっ…!そんなことねえよ!貸せよ!』

――――――――――――――――――――――――



37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:45:32.08 ID:L8f4Ckxbo

奈緒「最初は、軽い気持ちだったんだ。」

奈緒「こんなの大したこと無い。合わないと思ったらすぐにやめればいいってさ。」





奈緒「でも、そんなの無理だった。ゼミは…魅力的すぎたんだ。」



38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:45:59.51 ID:L8f4Ckxbo

―――――『はい!その答えは〇〇です!』

『正解だ。みんなも神谷を見習ってよく勉強するように。』

『奈緒ってすごいよね、アイドルやってて授業についていけてるんだもん。』

『かっこいいなあ、ますますファンが増えちゃうよ。』



39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:46:25.16 ID:L8f4Ckxbo

―――――――『…よし、オッケーだ!』

『奈緒、どうしたんだ?すごいパフォーマンスじゃないか?』

『へへっ、実力だよPさん。』

(…勉強の不安がなくなったおかげでレッスンに集中できる。寝不足も解消されたから調子もいいぞ。)

『そうか…よし。次のライブは奈緒中心のフォーメーションを組んでみよう。』

『えっ!本当かよPさん!』

『ああ、がんばれよ。期待してるぞ。』



『奈緒、すごいじゃん。』


『ゼミの効果出てるね。奈緒。』



『へ、へへ…』



40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:47:03.75 ID:L8f4Ckxbo

――――――――『よし、今日はこれで終わりか。』

(ゼミなら短い時間で集中して要点だけを学習することができる。)

(だから時間を有効に活用することができるんだ。)

『じゃあ、ちょっと休憩しようかな…』ピッ

~erector infected SEXOSS~

~♪

(撮りだめておいたアニメ…前は見る時間なんてなかったけどな…)



41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:47:33.24 ID:L8f4Ckxbo

――――――――――――――――――――――――


奈緒「正直、サイコーだったよ。みんなに褒められて、Pさんに期待されて、趣味を楽しめて。」

晴「…」

奈緒「なんでも出来るんじゃないかって思ってた。怖いくらいうまくいってたんだよ。」

奈緒「もしかしてあたし東大に入っちまうんじゃないか、いや、海外留学かも…なんてバカなことも考えたりしたよ。」



奈緒「だってしょうがないじゃないか!?ゼミをやっていると全然疲れないし、眠くならないし、すごく集中できるんだ!」




奈緒「もうゼミなしの生活なんて考えられなかったよ…」



42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:48:04.59 ID:L8f4Ckxbo

――――――『な、なあ…加蓮…チャレンジ…貸してくれないかな…』

『え?今月のぶんは3日前に…』

『その…』

『…もう、使っちゃったの?』

『あ、うん、その…へへ…』

『…』

『あ、あのさ…加蓮が解き終わったのでもいいから…復習、したくてさ…』

『…ふふ。』

『な、なあ…』

『いいよ、特別。貸してあげる。』

『本当か!やった!』

『友達だもん。あたりまえだよ。』

『はい、返すのはいつでもいいからね。』

『ありがとう!ありがとう加蓮!』



43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:49:08.74 ID:L8f4Ckxbo

――――――――――――――――――――――――

奈緒「そんなふうにさ、段々勉強量が増えていったんだ――」


奈緒「授業がわからなくてむしゃくしゃしたらチャレンジで見直す。」


奈緒「ライブ前の緊張を和らげるために楽屋で英単語帳を見る。」



奈緒「勉強がわかる、わかるから楽しい、楽しいからもっと勉強したくなる――」



奈緒「そうなったらもう止まらないよ。チャレンジと参考書と赤本の無限ループさ。」





奈緒「もう勉強のことしか考えられない。早く次号のチャレンジがほしい。新しい問題を解きたい――――」



44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:49:37.63 ID:L8f4Ckxbo

晴「…もういいよ、奈緒さん。」

奈緒「いや、話させてほしい。…ひとり言だと思ってくれていいから…」

奈緒「…ひどい時には学校の休み時間に予習したことまであったよ。」

晴「が、学校の休み時間は遊ぶ時間だろ?」

奈緒「我慢できなかったんだよ。…オフの日なんか朝から晩まで図書館で自習したりもした。」

晴「…そんなの、頭がおかしくなっちまうよ…」



45:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:50:39.93 ID:L8f4Ckxbo

奈緒「それでさ…ある土曜日の夜の事だった。その日はなんだかいつもよりはかどってさ、」

奈緒「よし、このまま朝までぶっ通しでやってやろう、なんて思ったんだよ。」

晴「それって徹夜…子どもはしちゃだめなんじゃ…」

奈緒「うん。でも、すっごく集中できたよ。みんな寝静まった静かな空間で何もかも忘れて集中できた。」



奈緒「…そう。本当に何もかも忘れていたんだ。」

奈緒「最高にハイだった時が過ぎ去って、時計を見て…あたしは絶望した。」






奈緒「…もう、さ。1時間も前に、さ、あたしの大好きな、お気に入りのアニメが終わってたんだよ…」

晴「そんな…」



46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:51:23.19 ID:L8f4Ckxbo

奈緒「録画してあったけどさ、生で見るのがあたしの楽しみだったんだよ。生きがいだったんだよ。」

奈緒「ゼミは――そんなあたしの生きがいをいともあっさりと奪っていった。」

奈緒「だから、あたしはゼミをやめたんだ。紹介してくれた加蓮に悪いから。こっそりと。」

晴「…ごめん。」

奈緒「気にすんなって。ただ、受験勉強の辛さを誰かに話したかっただけさ。」

晴「…うん」



47:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:51:58.85 ID:L8f4Ckxbo

奈緒「…それにしても、小学生用のは本当にカラフルで、わかりやすいよな…」パラパラ

奈緒「あたしの時もこれやってればな…」

奈緒「はは、さすがに簡単だな。すぐにとけちまう。」

晴「奈緒さん…?」

奈緒「うんうん…ああ、そういうことだったのか…分数の割り算…」

晴「お、おい…」

奈緒「へへ、まるで手応えがないな…なあ、晴、もっと難しい問題集――」

晴「…」



奈緒「わ、悪い…」

晴「奈緒さん…ひょっとしてまだ――」





トントン

「「!」」



48:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:52:35.97 ID:L8f4Ckxbo

「奈緒、今大丈夫かな。」

奈緒「…凛だ。」

「ちょっと話があるんだけど」

晴「加蓮さん…」



奈緒(晴、適当に挨拶して出て行け。後はあたしがうまくごまかしておく。)

晴(わかった。)



奈緒「おう、いらっしゃい。」

凛「お邪魔するよ。」

加蓮「晴ちゃんもいるんだ。…ちょうどよかった。」

晴「え?」

奈緒「いや、晴はちょっと遊びに来ただけで…すぐに帰るからさ。」



49:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:53:17.42 ID:L8f4Ckxbo

加蓮「――遊び?」

加蓮「勉強、でしょ?」

奈緒「何言ってんだよ。勉強道具なんて」

凛「勉強だよね。だってこんなに――――」



凛「一生懸命やってあるんだからさ。」



奈緒「!」

晴「な…!」


それは、オレが奈緒さんに渡してシュレッダーでバラバラにしてもらったチャレンジだった。

バラバラなのにどうしてわかったか。細長い紙片になったページがセロハンテープでつなぎ合わされていたからだ。

でも一つおかしいのが、



オレはその問題を一回もやってないのに、ページは真っ黒に書き込まれてる、ということだった。



50:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:54:07.75 ID:L8f4Ckxbo

晴「…そんなの、やった覚え…」

奈緒「…」

晴「え?まさか――」


加蓮「――――奈緒。」

奈緒「!」ビクッ!


加蓮「だめだよ。勝手に退会しちゃ。」

奈緒「な、なんで…」


加蓮「ゼミの勧誘マンガ。面白いよね。私大好きなんだ。」

奈緒「…」


加蓮「おかしいよね?どうして入会してる奈緒のところにくるんだろうね?」



51:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:54:42.94 ID:L8f4Ckxbo

奈緒「――っ。ああ、そうだよ。あたしはゼミをやめた。加蓮には悪いけど…もう二度とやらない。」

晴「…奈緒さん。」

奈緒「大丈夫だ…晴。」


奈緒「話ってそれか?じゃあもういいな。」

凛「ふーん。その割にはすっごく一生懸命やってあるね。コレ。」

奈緒「それは…!」


加蓮「奈緒。」ギュッ

奈緒「!?」



加蓮「辛かったよね?苦しかったよね?こんな小学生用の問題じゃ満足できなかったでしょ?」



53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:55:53.50 ID:L8f4Ckxbo

奈緒「やめろ!あたしはもう…!」バッ



凛「ほら見て、奈緒…数学Ⅲのチャレンジだよ。…丁寧な解説でわかりやすいよ。」

奈緒「…あ…」



晴「奈緒さん!」

奈緒「っ!…サンキューな、晴。…いらない。あたしはもうゼミの世話にはならない。」



54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:57:34.20 ID:L8f4Ckxbo

加蓮「クスクス。だめだよ凛。ゼミは一人ひとりに合わせた学習、合格プランが自慢なんだからさ。」

加蓮「奈緒は文系だからさ…これが好きなんだよね…?げ・ん・だ・い・ぶ・ん。」ペラ

奈緒「!」


加蓮「…まだ新品だよぉ…奈緒の高校のレベルにも合わせてあるよお?」

加蓮「ほら、見てよ…コレ。筆者の気持ちなんかわかったら、きっと気持ちいいよぉ?」

奈緒「筆者の気持ち…正しい慣用句…」ハアハア




加蓮「…あ、でも、奈緒にはもう関係ないんだっけ。」ヒョイ

奈緒「あ…」


加蓮「しょうがないからこれは私がやろっかな。話はそれだけ。帰ろ、凛。」

凛「うん、ごめんね。邪魔しちゃって。」



55:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:58:43.00 ID:L8f4Ckxbo

奈緒「ま、待って…」

加蓮「?」




奈緒「……したい……チャレンジ……したい…」


晴「奈緒さん!だめだ!」






奈緒「――ごめん。晴。ゼミには…勝てなかったよ…」



56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 19:59:54.52 ID:L8f4Ckxbo

晴「そんな…」


加蓮「ええ~…だって…ねえ…?奈緒は一回退会しちゃったんだよね?ゼミ。」

加蓮「だったらちゃんと再入会のお願いをしないと…ねえ?」


奈緒「…っ」

奈緒「わ、わかったよ…する…再入会のお願い…する…」



加蓮「ふふっ。じゃあ、ちゃんとお願いしてね。耳貸して。」

加蓮「…」ボソボソ




奈緒「なっ!…そ、そんなの言えるわけ…!」

加蓮「へえ~っ。そっか。じゃあ仕方ないね。もうこれでおしまい。」

加蓮「再入会のチャンスはもうないね?…ざ・ん・ね・ん・で・し・た。」



58:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:00:30.52 ID:L8f4Ckxbo

奈緒「…」

凛「行こっか、加蓮。」

加蓮「うん。バイバ~イ奈緒。…一人で寂しく頑張ってね?」



奈緒「…ま、待てよ…」

加蓮「ん?」



奈緒「…たしの……っちで…て…」

凛「何?聞こえないんだけど。」


奈緒「…」

加蓮「私達もヒマじゃないからさ。用がないなら行くよ。」



59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:00:58.79 ID:L8f4Ckxbo

奈緒「…う、ううっ…」



奈緒「…あ、あたしの…えっち(判定)、で…だらしない…ア、アソコ(志望校)に………いれて、ください…」



奈緒「アツくて(厚くて)…(内容が)濃いの(問題集)…たくさん、出して……」



奈緒「あたしの(頭の)中…グチョグチョかきまわして…(知識で)いっぱいに、して……くだ、さい…」



60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:02:44.20 ID:L8f4Ckxbo

晴「…ウソだろ…奈緒さん…」

加蓮「…へえ~?聞いた?凛?」

凛「うん、奈緒ってば結構大胆なんだね。」



奈緒「な、なあ…いいだろ…?あたし、ちゃんと言っただろ…?だからさ、早く…」

加蓮「ええ~?どうしよっかなあ~?」


奈緒「そ、そんな…」








加蓮「―――――ウ・ソ♪」バサッ



61:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:03:41.78 ID:L8f4Ckxbo

奈緒「ふあああああああああっ!?」

凛「相当たまってたみたいだね。奈緒。」

奈緒「は!あああ!すごい!すごいよぉっ!どんどん入ってくる!あたしの中にどんどん(知識が)入ってくるのがわかる!」

加蓮「奈緒ったら。そんなにがっつかなくても問題は逃げないよ。」

奈緒「へへ…えへへ…白いの…いっぱい…まだ埋まってない解答欄ばっかりだ…へへ…へへへ…」

奈緒「ア…!ア…!イ・イ…イ・ク…!選択肢が手に取るようにわかるよぉぉっ!」


凛「ふふ、すっごく気持ちよさそう…ね、加蓮。」

加蓮「うん。…ねえ、奈緒。これ…なんだかわかる?」


奈緒「ふぁ…?」



62:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:04:24.85 ID:L8f4Ckxbo

加蓮「『完全暗記!歌で覚える古典文法!』だよ。」

奈緒「え…おい…まさか…」

加蓮「そう、これをさ…聞きながら勉強したら…奈緒、どうなっちゃうのかな…?」

奈緒「…やだ…こわい…無理だよ…あたし……古典は苦手なんだよ…」

奈緒「……友達だろ?なあ、勘弁してくれよ…なあ…」


凛「どうする?加蓮。ちょっとスパルタすぎるんじゃないかな?」

加蓮「う~ん。でも、奈緒は今までサボってたからなあ…」

奈緒「頼む…頼む…そんなの…あたし…天才になっちまうよ…」

加蓮「う~ん…それもそうかな…」

奈緒「…あ…加蓮…」



加蓮「…」ニコッ





加蓮「やっぱ ダ メ ☆」カチッ



63:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:05:08.32 ID:L8f4Ckxbo

~~~♪

奈緒「――んほおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉっ!!!!!!!」ビクンビクン!!

凛「うわ、すっごい。」


奈緒「ひぎぃっ!しゅごい゛っ!しゅごしゅぎる゛っ!!!!」


奈緒「きょんにゃの!きょんにゃにょ、みゅりにゃのぉぉっ!!」


奈緒「おんがきゅがっ!けーかいなりじゅむににょせて!ごだんかちゅようおびょえちゃうにょぉっ!!!」


奈緒「あ゛あ゛っ!!!なんかぐるっ!!きじゃうのぉっ!!」

奈緒「A判定!A判定キちゃうのぉっっ!!!」









加蓮「――――――――――――――――――――――いいよ、イッちゃえ。志望校。」



64:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:05:44.09 ID:L8f4Ckxbo

奈緒「イクっ!イグッ!志望校イクっ!みんなに見られながら合格発表イッちゃう゛ぅ!!」



奈緒「 現 役 合 格 絶 対 確 実 ぅぅぅっ!!」

プシャアアアアア







凛「あーあ、やかん、火にかけっぱなしだよ。」カチ

やかん「プシャー」



65:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:07:38.55 ID:L8f4Ckxbo

奈緒「――――――――――」ハアハア

加蓮「よくできたね、奈緒…次は、志望校のランク、上げちゃおっか…?」

奈緒「あ…へへ…うん…あげりゅぅ…真剣ゼミだいしゅきぃ…」



凛「…奈緒は素直になったみたいだね?」

晴「あ…あ…」ガクガク

加蓮「さ、晴ちゃんもお勉強しようね。」

凛「大丈夫。すぐに慣れるよ。…ゼミなしじゃ(学校)生活ができないくらいにね…」

晴「ひっ!く、来るな!!」



加蓮「大丈夫。すぐに奈緒みたいに賢くなれるからさ。」



67:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:08:23.56 ID:L8f4Ckxbo

晴「やめろ!」


凛「ねえ、加蓮。いいモノ見つけたよ。これつかっちゃう?」

加蓮「『これでカンペキ!中学生活スタートダッシュBOOK』か…いいかも。」



晴「やめ、やめて…」

凛「もうすぐ晴も中学生だもんね?ちょっと早いけど経験しておこうか。」

加蓮「その方がいいね。早めに知っておいたほうがめんどくさい子だって思われないよ。」


凛「梨沙はお父さんと一緒に、ありすも一人で済ましちゃったみたいだから…晴も、ね?さ、大人しくして。」



68:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:09:26.92 ID:L8f4Ckxbo

晴「!」ガブッ

凛「痛っ!」


晴「どけっ!」

加蓮「あっ!」


凛「捕まえて!」

加蓮「待ちなさい!」



69:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:11:01.09 ID:L8f4Ckxbo

晴「ハア…ハア…ここまで、くれば…大丈夫だろ…」


あの後メチャクチャに走って、どうにか逃げ切れたみたいだ。

ここは…ボイラー室ってやつか。こんなとこなら誰も来ないだろ。

途中、あの二人だけじゃなくて、他の人達にも捕まりそうになった。

どうやらオレは寮の中で指名手配されているらしい。



晴「…ハア…ハア……少し……休憩だ…」

奥の壁にもたれかかる。コンクリがひやりとして気持ちいい。



70:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:11:42.54 ID:L8f4Ckxbo

晴「…」



晴(…かびくせー…)



晴(…)



晴(あのパイプ…円柱か…)




晴(直系20センチ位かな…高さは…2メートル半、250センチ…)



72:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:12:50.75 ID:L8f4Ckxbo

晴(底面積は、半径×半径×3…)

クチュ

晴(ん…だめだ…問題によっては3でもいいなんていうけど…そんなのじゃすっきりしない…)

クチュクチュ

晴(やっぱり3,14だよな…それで…)

クチュクチュ

晴「…んっ……‥ふっ…‥…‥はぁ…はぁ…」

クチュクチュ

晴「小数点……戻さないと……検算も…しないと…」ハアハア




晴「…はぁ…んっ……」クチュクチュ



74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:13:49.60 ID:L8f4Ckxbo

晴「―――――――え?」


晴「え、うそ…オレ……なんで?」



晴「何やってんだよ…なんで……そんな…こんなの…」


晴「…床にたれてた水で式を書いて……ハハ……雪舟じゃねーんだからさ……」


晴「なんなんだよ…どうなっちまったんだよ…オレ…」




晴「これじゃまるで…ガリ勉みたいじゃねーかよっ…!!」



75:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:15:10.34 ID:L8f4Ckxbo

晴「怖いよ…誰か助けてくれよ…」


晴「誰か…誰かいないのかよ…ゼミとは関係ない奴…」






『私には家庭教師の先生がいらっしゃいますので。必要ありませんわ。』



晴「…桃華!」

晴「携帯で…」

晴「……頼む、出てくれ…」



桃華「はい、桃華ですわ。」

晴「…!あ、あ…!桃華?本当に桃華か?頼む!このままじゃオレ…」

桃華「ちょっと!落ち着いてくださいまし!…何があったのか、ゆっくりと説明してくださるかしら。」



76:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:16:01.34 ID:L8f4Ckxbo

―――――――

桃華「なるほど。状況は飲み込めましたわ。…正直、にわかには信じられませんけれども。」

晴「本当なんだよ。みんなおかしくなってる。」

桃華「あなたの様子を聞いてると嘘だとも思えませんわ…私もすぐに向かいます。」

晴「…!ありがとう!ありがとう!」

桃華「お礼を言うのは助かってからでいいですわ…では、後ほど。」




晴「よかった…これで助かる…」



晴「そうだよ、あいつもさ…お高くとまってるけど友達思いのいいヤツなんだよ…」



77:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:16:55.06 ID:L8f4Ckxbo

晴「…この前は傑作だったよな。みんなで事務所でゲームしてたら桃華とありすがきて…」

晴「最初は子どもっぽい、なんてバカにしてたけど…結局二人ともキャーキャー言いながら遊んでさ。」

晴「特にありすのやつなんか、ゲームじゃオレに絶対負けるはずがない、ってムキになってさ…」

晴「あいつ、結構負けず嫌いなんだよな…意外とサッカー向いてるんじゃないかな…」

晴「そうだよ…今度誘ってみるか…とりあえず、フットサルくらいなら…」




晴「…グスッ」



78:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:17:40.22 ID:L8f4Ckxbo

晴「千枝…お前、悪い子になりたいって言ってたのに、そんなガリ勉になってどうすんだよ…」

晴「みりあもさ…あんな顔するなよ…いつもみたいに笑ってくれよ…」

晴「みんな…みんないいやつだったんだよ…。うぅ」

晴「どうして…どうしてこんなことに…」




「やだ!やめて!」



晴「!?」



――美嘉「ふひひ★そんなに怖がらなくても平気だよ。おねえちゃんと一緒に勉強しようね。」

薫「やだ!かおるはせんせぇのところに行くの!」

珠美「薫殿、しっかりと勉強しないと珠美のような大人のお姉さんになれませんよ!」



79:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:18:27.85 ID:L8f4Ckxbo

晴(…クソ…追われていたのはオレだけじゃなかったのか…)

晴(…珠美さんだけならどうにかなるかもしれないけど…美嘉さんも一緒かよ…)

晴(不意をついたら…いや…でも…)



美嘉「さあ、こっちにおいで?お勉強が終わったら二人でお風呂に入ろうね★」

薫「やだ、やだやだやだやだ!」



晴(…っ!)


晴(落ち着け…今オレが出てっても二人一緒に捕まるだけだ…)

晴(ここは桃華を待って…)



80:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:18:53.74 ID:L8f4Ckxbo

珠美「さあ!参りましょう!」グイ

薫「やだ!せんせぇはどこ?せんせぇのところにいくの!」


晴(そうだよ…しょうがない…いくらなんでも高校生二人相手じゃ勝てないよな…)

晴(桃華だって許してくれるよ…しょうがない…ごめんな…薫…)




薫「たすけて!だれかたすけてえ!!」





晴「…くそ!」



81:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:19:22.45 ID:L8f4Ckxbo

美嘉「今日はお姉ちゃんがせんせぇだよぉ?みかせんせぇ、って呼んでね★ふひ、ふひひ★」



「うわあああああああああああああああああっ!!!」

ブシャアアアアアアッ



美嘉「きゃっ!」

珠美「なっ!消火器!?」

晴「こっちだ、薫!」

美嘉「えっ、晴ちゃん?」

珠美「何も見えません!」



83:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:20:09.90 ID:L8f4Ckxbo

薫「はるさん、ありがとう…」

晴「あ、ああ…それより、薫はどうしてここに?」

薫「あのね、かおる、せんせぇとおしごとのお話しにきて…」

薫「さいしょはみんなでお話してたんだけど、かおるがゼミやってないって言ったら、みんなおかしくなって…」

薫「それで…おいかけられて…せんせぇともはぐれちゃって…」

晴「そうだったのか…大丈夫。オレは味方だ。まずはここから出よう。」

薫「うん!…でも、せんせぇは?」

晴「Pか…できることなら合流したいけど…今ウロウロするのは危ないな…」


薫「あ!だったらかおるせんせぇがどこにいるか知ってるよ!」



84:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:21:07.81 ID:L8f4Ckxbo

晴「何?」

薫「あのね、にげてるときにせんせぇが言ってたの。『入り口はだめだからおく上からにげよう』って。」

晴「屋上…そうか、確かにあそこなら、非常階段から誰にも気付かれずに脱出できるな。」

晴「よし!屋上に行くぞ薫!」

薫「うん!」






ギイ…

晴「…よし。大丈夫そうだな…」






薫「あ、せんせぇ!」

P「薫!無事だったのか!」



85:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:21:42.61 ID:L8f4Ckxbo

晴「P…助かったぜ…」

P「晴、無事でよかったよ…随分遅かったな。」

晴「結構慎重に来たからな…って」


晴「遅かった、ってどういうことだよ。」

P「…」



晴「おい、まさか…」




薫「ねえねえせんせぇ!」

P「ん?どうした薫。」







薫「かおる、上手にできた?」



86:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:22:22.31 ID:L8f4Ckxbo

P「ああ、完璧だったぞ。百点満点だ。」

美嘉「いやー、まさか消火器で来るとはねえ…見てみて、こんなに白くなっちゃったよ★」

珠美「なかなかよい気迫でしたよ。晴どの。」



晴「えっ…なんだよ…それ…どういうことだよ…」



P「…なあ、晴。なんで俺が薫にせんせぇ、って呼ばれてるか疑問に思わなかったのか?」



P「それはな…俺が…『赤ペンせんせぇ』だからなんだよ。」



87:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:22:48.23 ID:L8f4Ckxbo

晴「そんな…マジかよ…」

P「と言っても、たくさんいるうちの一人だけどな。幸いうちの事務所は副業OKだからな。」

P「うちの事務所のアイドルは未成年も多い。勉学がおろそかにならないように俺が管理しているというわけだ。」


晴「なんだよ…信じてたんだぞ…Pのこと…いいやつだって…」

P「隠していてゴメンな。晴。バラしたらお前に嫌われると思ってな…」


晴「…なんだよ…最初から、ハメられてたってわけかよ…クソッ!くそぉぉっ!!!!」ヘタリ



88:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:23:21.56 ID:L8f4Ckxbo

薫「ねぇねぇせんせぇ!シール!シール!」

P「おっとすまん、忘れていたな。薫は百点満点だからな。金色だ。」

薫「やった!きんいろ♪きんいろ♪」

P「ほら、舌を出せ。」


薫「あーん…んっ………えへへぇ…あまぁい………のりのあじがするぅ……」フルフル


珠美「P殿!珠美にも、珠美にも!」

P「おいおい、ごほうびシールは小学生までだろ?」

美嘉「えー。アタシ達だってチョー頑張ったんだけど★」



P「わかってるよ。…後でじっくりと添削してやるからな。」


珠美「あ、えへへ…///その…花丸も、ほしいです…///」


美嘉「ちょ、ちょっとPさん///あんま厳しいコメントはカンベンしてよ///」



89:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:24:10.56 ID:L8f4Ckxbo

P「さて、と…」

晴「!」


P「晴。そろそろ覚悟を決めてもらおうな。」


凛「まったく。遊びたいのはわかるけどさ、鬼ごっこはもう終わりだよ。」


加蓮「大丈夫だよ。Pさん…P先生とっても優しいから、すぐに晴ちゃんも大好きになるよ。」


みりあ「わーい!これで晴さんもチャレンジメイトだね!」


薫「えへへぇ…あと2まい…えへ、えへへ…」ダラダラ ガクガク


ありす「いい加減大人になったらどうですか?嫌なことから逃げてばかりじゃだめですよ。」


晴「くっ…」



90:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:24:36.75 ID:L8f4Ckxbo

ここまで、か…完全に囲まれちまった。


ごめん。卯月さん、奈緒さん…助けてあげられなかった…


…もうすぐそっちに行くから、待っててくれよ…



91:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:25:12.49 ID:L8f4Ckxbo

―――バラバラバラバラバラ!!

凛「きゃっ!」

加蓮「何?」



桃華「早く!そのロープに捕まって!」


晴「桃華!」



P「くっ!へリ…だと!?」


桃華「乗り込みましたわ、早く!離れて!」

P「逃すな!」


凛「ダメ!すごい風で近づけない!」

珠美「珠美はもう飛ばされてしまいます!」

P「クソッ…!」



93:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:25:49.99 ID:L8f4Ckxbo

桃華「間一髪でしたわね。遅くなって申し訳ありませんわ。」

晴「…サンキュー…ヘリなんて、無茶するぜ…」

桃華「尋常ではない様子でしたから、少々急がせていただきましたの。」

晴「…」

桃華「…まずは、私の家で休んでくださいまし。これからのことは、その後…」



晴「これから…これからか…」


晴「これから、なんて、あるのかよ…」



晴「もう、みんな滅茶苦茶だよ…どうすればいいんだよ…どうすれば…」



94:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:26:34.96 ID:L8f4Ckxbo

晴「なあ…桃華…お前なら、わかるだろ…?頭いいだろ?なあ…どうすればいいんだよ…」

桃華「…」


晴「どうするんだよ…こんな時どうすれば…」


晴「どうすれば…」




晴(…どうすれば…こんな時…)



晴(…!)


晴(…………いや、あるぞ。方法は、ある。)



晴(…そうだ…これ…)

 


  ゼ   ミ   で   や   っ   た   と   こ   ろ   だ 



95:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:27:22.07 ID:L8f4Ckxbo

晴「う゛ああああああああああああああああああああっ!!!!!」

桃華「え!?」

晴「ああああ゛っ!!!」グイ

パイロット「おい君!何をするんだ!」

桃華「晴さん!おやめなさい!」

晴「あああああ!!あああああああああっ!!」フーッ フーッ

桃華「くっ…なんて力…」


パイロット「もうダメです!お嬢様!脱出を!」

晴「ああああ゛あ゛!!!」



98:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:27:54.45 ID:L8f4Ckxbo

――――「…る…はる!」



晴「…えっ?」

P「…おいおい。大丈夫か?」

ありす「まったく。本番前に居眠りなんて、中学生になっても相変わらずですね。」

晴「え…?あれ…夢?ここは?」

凛「寝ぼけてるの?これから大事なCM撮影があるんだよ?」

晴「CM?」

奈緒「真剣ゼミのCMだろ?しっかりしてくれよな、晴。」




晴「え?…あ、ああ…ゼミ……ああ、うん。そうだったな。ごめん。」

ありす「まったく…」



99:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:28:35.67 ID:L8f4Ckxbo

晴「ははは…」


晴(なんだろう…何か大事なことを忘れている気がする…)




晴「…!桃華!」

晴「桃華!そうだ!桃華は?」

ありす「えっ?…そういえば、最近桃華さんの姿を見ませんね…」



P「…」

P「この際だからみんなに言っておくことがある。」



100:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:29:01.37 ID:L8f4Ckxbo

P「…桃華な、もしかしたらアイドルやめるかもしれない。」

みりあ「えっ!なんで?」

P「中学受験に失敗してからご家庭の教育方針がいっそう厳しくなってな…」

P「これからはアイドル活動をさせないで家庭での勉強に専念させると親御さんから連絡があった。」

P「だが、まだ確定じゃない。俺の方も最後まで説得を続けるから、みんなはまず目の前のことに集中するんだ。」



凛「…そうだね。プロデューサーに任せておけばきっと大丈夫だよ、みんな。さあ、気合入れていこう!」



101:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:29:30.94 ID:L8f4Ckxbo

奈緒「そうだ。あたし達が勉強もアイドルもしっかりやっていれば桃華の親御さんも考えを変えるかもしれない。」

加蓮「おっ、さすが東大生。言うことが違うね。」

奈緒「なっ…おい、やめろって!」




晴「そうだな…奈緒さんの言う通りだ。今はオレたちのできることを頑張らないと。」



卯月「はい!島村卯月も頑張ります!」

未央「おっ!さすがしまむー、すごい気合だね!」

卯月「はい!頑張ります!島村卯月は頑張ります!」



薫「えへへ!かおるもがんばります!」

みりあ「頑張ります!赤城みりあも頑張ります!」

卯月「頑張ります!島村卯月は頑張ります!」



102:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:30:06.57 ID:L8f4Ckxbo

晴「…はは、みんな気合入ってんな。」

ありす「当然ですよ。今や真剣ゼミは国民の7割がやっていますからね。」

晴「そうだな、そのCMともなれば、トップアイドルの証明みたいなもんだもんな。」




晴「…なあ、今度一緒にサッカーでもやらないか?」

ありす「どうしたんですか?珍しいですね、私にそんなことを言うなんて。」



晴「え…?あれ…?なんで、かな…。」



ありす「…変な人ですね。いいですよ。たまにはそういうのも。」



103:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:30:51.50 ID:L8f4Ckxbo

晴「マジか!そうだ!桃華も誘おうぜ!」

ありす「話を聞いていなかったんですか?桃華さんは…」

晴「だからさ、チャレンジを持って行ってやるんだよ!そしたらきっとまた一緒にアイドルできるって!」

ありす「…なるほど。」

晴「な、いいアイディアだと思わないか?」

ありす「いいですね。では次の日曜日に。」


晴「ああ!…楽しみだな。桃華がオレたちの仲間になるの…」




――オレは、オレたちは変われた。真剣ゼミで変われたんだ。

あの時、ゼミを始めてよかった。今、オレはすっごく充実している。

今ならまだ間に合う。さあ、君もゼミ、今すぐ始めようぜ!




~おしまい~



104:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/27(火) 20:31:31.69 ID:L8f4Ckxbo

こんなおっさんのSSを読んでくれてありがとう。ちゃんと勉強しないとおっさんみたいなアホな大人になるで。

ちなみにおっさんも塾に行く予定や。塾と言っても小さな個人塾や。
出来の悪いおっさんはそこで美優先生に居残りで優しくシゴカれてしまうんや、勉強的な意味でな。
ところが偶然ありすちゃんに見られてしまってな、次の日からは学校でも「まだ出ないんですか?(答えが)」
と厳しくシゴカれ、塾では美優先生に「何度でも、できるまでしましょうね?とシゴカれる日々なわけや。
これが本当の「苦悶式」というわけやな。あー、優等生は辛いでホンマ。



転載元
結城晴「真剣ゼミ…?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401186341/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:16
          • スレタイの晴に疑い、唐突に出てきた梨沙でさらに疑い…
            結果はおっさんPだったと
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:20
          • 真剣ゼミって血管から注入する薬物のことだっけ??
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:24
          • パラガスもブラックコンドルもいなかったけどもっと凄まじいのがいたよ……
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:25
          • なんだこれ





            なんだこれ!
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:28
          • 最近のゼミの漫画ってバッドエンドもあるってマジ?
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:30
          • さすがに選択肢でア・イ・イ・ク!は草
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:30
          • こええよ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:31
          • 前に散々後書きで台無しって言われたヤツだろお前                  もっとやれ


            この時期にやるからてっきりCHAGEじゃない方が絡んでくるかとビクビクしながらよんだぜ……面白かった
            だが、美優さんは俺に「一人でヤリ切れるの? 溜めちゃわない?」という配役だからお前とは決闘だ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:40
          • 進研ゼミのステマかと思ったらディスかと思ったけどやっぱりステマだった
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:40
          • こずえ、志希、昌葉くらいかな
            効かないのは
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:40
          • こずえ、志希、昌葉くらいかな
            効かないのは
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:41
          • 面白かった。さぁ、ふじりなとたくみんが待ってるぞ
            唯はなんだかんだ頭いいイメージ。翠・肇・藍子は言わずもがな
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:42
          • しまむらさんの頑張る心をぶっ壊す真剣ゼミぱねぇわ…
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:45
          • 5 なんなんだよ...
            よくある勧誘のやつかと思ったら
            笑いながら怯えたよ
            特に赤ペンせんせぇの場面
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:45
          • バスや電車の中では読んではダメだぞ。お兄さんみたいに吹き出して変な目で見られるぞ
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:45
          • 最後まで一応読んだのにあんまり話の内容が分からないんだけど・・・
            とりあえず、日ごろから勉強しておくことが大切ってことが言いたいのかな? そしておそらく、こんなコメントを書いている自分も頭が悪い人間に当てはまる気がしちゃう。
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:46
          • お馬鹿なパロネタssだと思って軽い気持ちで読んだらホラーだったでござるの巻

            背筋が凍りました……みくにゃんのファン止めて美優さんになでなでしてもらいます
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:48
          • 真剣ゼミ、ダメ・絶対。
            (この物語はフィクションであり(ry)
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:50
          • 真剣ゼミも苦悶式もZ会の前では偏に風の前の塵に同じですよ、塵に同じ!
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:51
          • 俺3歳から15歳の時までこんな恐ろしい物受講していたのか…(戦慄)
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:53
          • ……文系って数Ⅲ使わないぞ、いくら東大でも
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:53
          • パラガスPかと思ったら違うのか
            奈良読む
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:55
          • このSS真剣ゼミで読んだことあるヤツだ!
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:57
          • ※5
            ググると出てくる 志望校落ちて友達も出来ずに~ry的なのとか
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 21:58
          • 軽い気持ちで読んで後悔した
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:00
          • 奈緒高2やろ
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:01
          • こえーよ!
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:06
          • マジで怖かったわw

            しかし今時のコってガリ勉っていうのかね?自分の時は使ったが(オッサン並感)
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:07
          • この緊迫感はなんなんだ…w
            ヘリ墜落?から晴ちん中学生(桃華お受験失敗)までにどんな事があったのやら
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:07
          • この状態で、大学受験終わったら、禁断症状とか出そう
            どうなるのか気になる
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:15
          • なんかね…トラウマ抉られる…なんでだろうね
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:20
          • なんか色々とモヤモヤするけど、ある意味このssは良い薬になるんじゃないかと思った。 だけど恐いね。
            「経験者は語る」って奴かな?
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:21
          • 加蓮のやり方が完全に売人と同じ手口wwww
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:27
          • こわいよォーー!!
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:29
          • なぁにこれぇ
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:30
          • ※10
            むしろそのメンバーが元凶の可能性が……
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:32
          • 迫真ゼミ?
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:33
          • ((;゚Д゚)ガクガクブルブル
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:37
          • ※29
            >>10からヘリの場面までが夢だった
            と解釈した
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:39
          • なんだか胸が痛くなる話だったけど、ためになる話ではあったのかな?
            個人的に不安がよぎってきたね。
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:40
          • ああもう(賞賛)
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:41
          • 5 パワポケ7を思い出したわ
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:49
          • >erector infected SEXOSS
            TMAのAVか何か?
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:50
          • 真剣ゼミってディストピアが作れるんだな…
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 22:59
          • 勉強の絶対量が圧倒的に足りない私は不安しか残らなかった
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 23:11
          • あとがきで台無しおじさんか。
            今作は本編もコメディだったから、今度こそ掛け値なしにいいSSだった。

            メキシコからゼミを密輸して末端価格百問五万円で売ろう(提案)
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 23:14
          • 苦悶式で吹いちまったじゃねーかw
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 23:24
          • ゼミネタにしてはやけに長いなと思ったら


            進研ゼミの闇は深い
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 23:27
          • 最近の真剣ゼミのマンガは、ゼミをやって成功した例と、ゼミをやらなかったから失敗した例の2冊で分けられてるんやで…
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 23:33
          • 奈緒ちんが正のフィードバック(わかるから面白い、面白いからやりたくなる…)を言ってる場面、確かにそういう感覚はある、俺も覚えている…

            …キミも変われるかも知れない、どう?興味ない…?(奈落)
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 23:45
          • スジガネ入りの飽きっぽさを持つオレは真剣ゼミの誘惑に勝った…そんなオレの今の人生?
            ははっ、聞くなよ…キ ク ナ ヨ …
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月27日 23:47
          • こわE
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 00:01
          • 勉強なんてしなくても大学には入れますよほんとですよ全く何が楽しくて勉強なんてできるのか
            こんな僕でも最近のゼミマンガは怖い
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 00:07
          • 桃華受験失敗とか考えるだけで辛い
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 00:20
          • これもうわかんねぇな…
          • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 00:32
          • おっさんだったか。相変わらず良かったで。
            最近ジェットマンの人見ないな。
          • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 00:35
          • ※56
            昨日ここでもまとめられてるぞ>ジェットマンP
          • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 00:52
          • この人、頭おかしい……
          • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 01:00
          • 実際こんな知識欲を駆り立てる教材があったら良いよね
          • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 01:09
          • ※39
            最後しまむらさんがぶっこわれてるんですがそれは。

            個人的には
            >えへへぇ…あまぁい………のりのあじがするぅ……
            ここでフイタ。
          • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 02:15
          • 5 どこかの姉ヶ崎だけ勉強以外の不純な行いをしようとしてたんですがそれは…
          • 62. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 02:21
          • 1 う わ あ ・・・・・・


            ないわ・・・・・・・
          • 63. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 02:31
          • なんでだろ
            新堂エル先生で再生される
          • 64. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 03:31
          • 眠れないから読んでみたら笑いと恐怖で余計に眠れなくなったぞ
            どうしてくれる
          • 65. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 05:33
          • パラガスじゃない…だと…!?
            真剣ゼミなら1回30分だから仕方ないね。
            木場先生の英語と鷺沢先生の古典と三船先生の現代文で理系の自分がセンター英語170点、国語180点取れました(ゼミ生並感)
          • 66. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 05:36
          • ホラー展開とウィクロス挟んでんじゃねーぞおらぁぁん!!
          • 67. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 06:06
          • 「数Ⅲだよ」
            「珠美は飛ばされてしまいます!」
            どうやったらこの発想ができるのか
          • 68. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 08:28
          • 途中から長いわ
          • 69. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 10:52
          • 帰国子女組は大丈夫だな()
            俺が真剣ゼミじゃわからない保健体育を教えてあげるよみりあちゃん★
          • 70. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 11:17
          • たくさん勉強してたくさん遊ぶ、それが健全だってはっきりわかんだね
          • 71. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 11:32
          • ※69
            姉ヶ崎だ燃やせ!
          • 72. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 12:03
          • ちょっと奈緒と(勉強)してくるわ
          • 73. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 12:36
          • しまむらさん最後ぶっ壊れてんじゃねえか(戦慄)
          • 74. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 13:28
          • ペドヶ崎は普通にアカンやろ
          • 75. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 13:43
          • 3 桃華ちゃまがアイドル引退なんて失望しました
            進研ゼミ辞めます

            なお一発変換で真剣ゼミになって更に恐怖を感じた模様
          • 76. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 15:10
          • ドーピングチャレンジスープだ
            さあ諸君
            俺が受かるのを止められるかな?
          • 77. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 15:13
          • 合成真剣ゼミ
            脱法真剣ゼミ
            マジック輝子ルーム
            …どれもありそうで怖い
          • 78. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 15:25
          • なんでこんなに長いのかと思ったら>>10からの急転直下っぷりに脱帽
            そういや昔墨野んちの事情の作者がゼミの漫画描いてたなぁ
          • 79. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 16:19
          • ゼミアンドアスカ
          • 80. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 18:56
          • 世にも奇妙でありそう
          • 81. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月28日 23:38
          • 軽いノリで読んでたら奇妙な物語だったという顔になる。
          • 82. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月29日 00:58
          • 珠美のような大人のお姉さん…うん?
          • 83. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月29日 02:45
          • 一度ヤり始めるとヤメラレナイ…
            それが真剣ゼミ…
          • 84. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月29日 03:46
          • なんだこの……何?

            なんだよこれェ!
          • 85. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月29日 09:30
          • ゼミに置き換えられてるけど、完全に新興宗教の話じゃないですかヤダー
          • 86. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月29日 14:19
          • 前あった765の割りと真面目なやつかと思って読んだら全然ちがって糞ワロタ

            勢いとセリフがセンスありすぎだわ
          • 87. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月30日 00:03
          • なにこれこわい
          • 88. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月30日 17:22
          • 4 おっさん過ぎワロタ
          • 89. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月31日 08:44
          • つまり真剣ゼミはホラーってことだな(錯乱)
          • 90. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年06月03日 11:53
          • 真剣ゼミ真面目にやってるやつみたことないな
          • 91. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年06月04日 09:34
          • 晴の中では姉ヶ崎>珠ちゃんなのか………
          • 92. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月24日 06:49
          • 河合い塾がいいですよ!
          • 93. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年02月04日 01:04
          • 雪舟で草
          • 94. corpus.co.il
          • 2017年02月04日 13:30
          • 1 Salimos de San Vicente de la Barquera, contemplando unos
            paisajes impresionantes y cruzamos las rías de Tina Menor y Tina Mayor, alcanzando Asturias. http://www.corpus.Co.il/?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1140737
          • 95. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年10月09日 05:06
          • 1984年

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの暖冬【SS】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】
        • 【FAガール】スティレット「あおと武希子は同級生」
        • ワイ准将マクギリス「ガンダムバエルで他作品のガンダム倒したろ!」
        • ワイ准将マクギリス「ガンダムバエルで他作品のガンダム倒したろ!」
        • ワイ准将マクギリス「ガンダムバエルで他作品のガンダム倒したろ!」
        • ワイ准将マクギリス「ガンダムバエルで他作品のガンダム倒したろ!」
        • ワイ准将マクギリス「ガンダムバエルで他作品のガンダム倒したろ!」
        • ワイ准将マクギリス「ガンダムバエルで他作品のガンダム倒したろ!」
        • ワイ准将マクギリス「ガンダムバエルで他作品のガンダム倒したろ!」
        • ワイ准将マクギリス「ガンダムバエルで他作品のガンダム倒したろ!」
        • ワイ准将マクギリス「ガンダムバエルで他作品のガンダム倒したろ!」
        • ワイ准将マクギリス「ガンダムバエルで他作品のガンダム倒したろ!」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ