TOP

バルクホルン「しまっていくぞー」芳佳「バッチこーい!」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/18(日) 20:55:07.78 ID:PqU7PFAvo

芳佳「よいしょ……よいしょ……」

ルッキーニ「あきたぁー」

バルクホルン「こら。倉庫整理も立派な任務だ。やれ」

ルッキーニ「あたしたちがしなくてもいいじゃん」

バルクホルン「ここは私たちウィッチ専用の倉庫だ。私たちで整理するのが筋というもの。しっかり、やれ」

ルッキーニ「むぅー。はぁーい。お? なんだこれ?」

芳佳「それにしても色んなものがありますね」

バルクホルン「過去のウィッチが置いていったガラクタが大半だがな」

芳佳「へぇー。あ、これ……」

バルクホルン「それはベースボール用の道具だな」

芳佳「ベースボール? 野球のことですね」

バルクホルン「ヤキュウ? 扶桑ではそう呼ばれているのか」

芳佳「はい。学校の授業とかで少しやったことがあります」

ルッキーニ「うにゃっ! うにゃっ!」コロコロ

芳佳「ルッキーニちゃん、何で遊んでるの? あ、それ野球のボールだ」



2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/18(日) 21:00:32.46 ID:PqU7PFAvo

ルッキーニ「そうなの?」

芳佳「ルッキーニちゃん、投げてみて」

ルッキーニ「いいよー」

芳佳「さぁー、こいっ!」

ルッキーニ「うにゃー!!」シュッ

芳佳「でやぁー!!!」ブンッ!!

ルッキーニ「からぶったー。芳佳、ダサダサー」

芳佳「あれー? おかしいなぁ。こんなはずじゃ……」

ルッキーニ「次、あたしが打つ! それ貸して貸して!」

芳佳「うんっ。はい。ボール、とってくるね!」

ルッキーニ「よしかー!! はやくー!!」

芳佳「ごめんごめん!! おまたせー」

ルッキーニ「さぁー、どこからでもかかってこい!」

芳佳「いっくよー。むむー……。カーブを投げようか、それとも消える魔球か……」

バルクホルン「……」



3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/18(日) 21:07:07.60 ID:PqU7PFAvo

美緒「そろそろ片付いたころか」

ミーナ「みんなー。倉庫の片付けは終わったかしらー?」

ルッキーニ「うぇぇぇぇん!!!」

芳佳「うぅぅ……ぐすっ……いたいよぉ……」

バルクホルン「これも捨てるか」ポイッ

美緒「宮藤、ルッキーニ。何を頭を抱えている?」

ルッキーニ「大尉がぁ叩いたぁ!!」

ミーナ「ルッキーニさん。バルクホルン大尉を怒らせることはしないように」

ルッキーニ「あにゃ!? あたし、信用されてない!?」

芳佳「うぅー……」

美緒「宮藤も一緒になって遊んでいたのか?」

芳佳「これが出てきて」

美緒「ほう? 野球道具か」

ミーナ「昔のウィッチはベースボールもしていたのかしら?」

美緒「親睦を深めるにこういうスポーツをするのは悪いことではないからな」



4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/18(日) 21:13:56.41 ID:PqU7PFAvo

芳佳「私、体育の授業とかで野球をしたことがあって、それを思い出したらついやりたくなって……」

美緒「やれやれ。仕方のないやつだ」

芳佳「すみません」

美緒「とはいえ、私もこれはよく振っていたな」ブンッ!!ブンッ!!

芳佳「そうなんですか?」

美緒「扶桑海軍でも野球はそれなりに人気でな。皆こぞってバットを持ち、迫り来る白球を打ち返していた」

芳佳「へぇー。坂本さんも経験があるんですね」

美緒「私の剣捌きも大いに役立つからな」ブンッ!!!

芳佳「おぉー。なんだかすごそうですねー。坂本さんのバットコントロールとか」

美緒「自慢ではないが、すごいぞ?」キリッ

芳佳「ホントですかぁー!?」

ルッキーニ「みたいみたいー!! 少佐のバットふるところー!!」

美緒「はっはっはっは。よぉし。誰かボールを投げろ」

芳佳「はい!! 私が投げます!!」

ルッキーニ「おぉぉー!! がんばれー、よっしかー!!」



5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/18(日) 21:21:00.35 ID:PqU7PFAvo

芳佳「ルッキーニちゃんは後ろのほうで待機してて。ボールが遠くに行っちゃうかもしれないから」

ルッキーニ「おっけー!!」

美緒「宮藤。宣言する。――お前が投じた球は水平線の彼方まで飛ぶ」

芳佳「そ、そんなに遠くまで!? ル、ルッキーニちゃーん!! もっと下がってー!! うしろーうしろー!!」

ルッキーニ「あーいっ!!」

美緒「幾ら守備を後方に配置しようとも捕れはしないぞ、宮藤」

芳佳「投げてみないとわかりません」

ルッキーニ「もーいーよー!!!」

芳佳「いきます……」

美緒「こい、宮藤」

芳佳「やぁー!!」シュッ

美緒「はぁぁぁ!!!!」ブンッ!!!

芳佳「わーい。ストライクだー」

美緒「バカな!! 宮藤!! もう一球頼む!! 久しぶりで感覚が鈍っているようだ!!」

ミーナ「……」



6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/18(日) 21:28:29.18 ID:PqU7PFAvo

ペリーヌ「少佐たち、遅いですわね」

リーネ「まだ片付かないのかな?」

ペリーヌ「それでしたらわたくしたちも何か手伝わないといけませんわね。食事の時間も迫っていることですし」

リーネ「うんっ」

ペリーヌ「少佐ぁー。お手伝いにまいり――」

ミーナ「何かいうことは?」

美緒「すまない」

ルッキーニ「もうしません」

芳佳「真面目になります」

リーネ「芳佳ちゃんたちが正座してる……!?」

ペリーヌ「少佐まで同じ目に……。一体、どんなおぞましいことが……」

バルクホルン「3人がベースボールで遊び始めたからミーナから罰を受けただけだ」

ペリーヌ「それにしたって、少佐まで怒られているのはどうなのですか?」

バルクホルン「少佐も悪い。ところでお前たち、何か用か?」

リーネ「ええと。倉庫の整理がまだならお手伝いしようと思いまして」



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/18(日) 21:35:04.94 ID:PqU7PFAvo

バルクホルン「それは助かる。どうにも捗らなくてな」

リーネ「これを運べばいいんですか?」

バルクホルン「ああ。頼む」

ミーナ「全く。童心に返るのはいいけど、時と場所を選びなさい」

美緒「はい」

ペリーヌ「少佐……。ちょっと、ルッキーニさん!!」

ルッキーニ「なに?」

ペリーヌ「どうせ、貴方がふざけていて少佐にご迷惑をかけたのでしょう? 謝罪はお済ですか?」

ルッキーニ「えー!? あたしじゃないよー!!」

ペリーヌ「貴方以外に誰がいるっていうの? 白状なさい」

ルッキーニ「少佐がやりはじめたのー!!」

ペリーヌ「この期に及んで誤魔化すつもり? ウィッチの風上にも置けませんわね」

ルッキーニ「うぇ……うぇぇぇん!! なんでぇぇ……!!」

ペリーヌ「ちょ、ちょっと、泣かないでくださいな。わたくしが悪者みたいになりますでしょう?」

芳佳「ペリーヌさん!! 本当のことですよぉ!! ルッキーニちゃんは悪くないんです!!」



9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/18(日) 21:43:34.77 ID:PqU7PFAvo

ペリーヌ「いくら宮藤さんの言葉でも信じることは――」

美緒「本当のことだ、ペリーヌ。私が野球をし始めた」

ペリーヌ「え?」

ミーナ「嘘じゃないわよ。私もみていたもの」

ペリーヌ「あ……そ、そうですか……」

ルッキーニ「うぇぇぇん!! あたしじゃないのにぃぃ!! えぇぇぇん!!」

ペリーヌ「あぁ、ごめんなさい。ルッキーニさん、わたくしが悪かったですわ」

ルッキーニ「うぇぇぇん!!」

ペリーヌ「ごめんなさい。ほら、泣き止んで」ナデナデ

ルッキーニ「うぐっ……ペリーヌ、きらいっ」

ペリーヌ「なぁ……!? 少し勘違いしただけでしょう!? どうしてそうなるんですの!?」

ルッキーニ「ふーんだっ」

ペリーヌ「もう……。どうすれば許してくれますの?」

ルッキーニ「これ、投げてくれたら、許してあげてもいいよ?」

ペリーヌ「こ、これを? まぁ、それぐらいなら構わないですけど」



10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/18(日) 21:48:50.24 ID:PqU7PFAvo

ルッキーニ「にゃはー!」

ペリーヌ「いきますわよ」

ルッキーニ「こーい!!」

ペリーヌ「えいっ」シュッ

ルッキーニ「うじゅぁぁん!!!!」カーン!!!!

ペリーヌ「な……!?」

芳佳「すごーい!! 大当たりだー!!」

ルッキーニ「きまったぁ。秘打、ロマーニャ返し」

ペリーヌ「あぁーボールがー」タタタッ

芳佳「すごーい!! かっこいいー!! ルッキーニちゃん、私にもおしえてー」

ルッキーニ「にひぃ。いいよー」

ペリーヌ「はぁ……はぁ……全く、遠くに飛ばしすぎですわよ、ルッキーニさんっ」

芳佳「ペリーヌさん! 私にも投げてください!!」

ペリーヌ「はぁ? もう、なんでわたくしが……。いきますわよー?」

バルクホルン「おまえたちぃ!!! 学習能力がないのかぁぁ!!! 今すぐバケツを持って立っていろぉぉ!!!!」



12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/18(日) 21:55:12.33 ID:PqU7PFAvo

食堂

シャーリー「随分メシの時間が遅れたと思ったら。そんなことしてたのか?」

芳佳「はい……」

リーネ「あの、芳佳ちゃんは扶桑のことを思い出してつい作業を忘れてしまっただけなんです。だから、あまり責めないください」

エイラ「そのフォローはどうなんだ?」

リーネ「ダメですか?」

エイラ「ダメダナ」

ペリーヌ「全くもう! どうしてわたくしまでバケツを持たないといけないの!?」

ルッキーニ「あたしと遊んだペリーヌがわるいー」

ペリーヌ「貴方の所為でしょう!? 何をいっていますの!!」

ルッキーニ「うぇ……うぇぇぇん!!」

ペリーヌ「下手な芝居はやめなさい!!」

ルッキーニ「ばれちゃった。にゃははは」

ペリーヌ「あなただけはぁぁ……!!」

シャーリー「しかし、ベースボールをねぇ」



14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/18(日) 22:04:55.52 ID:PqU7PFAvo

エーリカ「リベリオンのスポーツだもんねー。きになるよねー?」

シャーリー「まぁな」

リーネ「シャーリさん、ベースボールの経験とかあるんですか?」

シャーリー「勿論、あるよ。この面子なら私が一番上手いんじゃないかな」

芳佳「すごーい! 流石、シャーリーさん!」

シャーリー「ふふーん。ベースランニングなら誰にも負けないね」

ペリーヌ「それ、打っていないのではありませんか?」

シャーリー「打つ必要なんてないね。私はこうして、ボールを転がすだけでいい」

芳佳「バントですか!?」

シャーリー「ああ。ボールが前に転がりさえすれば私は塁に出られる。そして、ホームに戻ってくる」

ルッキーニ「すごぉーい!! 無敵だぁ!!」

シャーリー「しかもあれだ。盗塁だけでホームに戻るからね」

エーリカ「マジ? 反則染みてるなぁ」

シャーリー「ふふーん。だから、ベースボールをするときはいつも私の取り合いになったもんだよ」

リーネ「なるでしょうね。シャーリーさんに順番が回ってくるだけで1点ですから」



15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/18(日) 22:15:16.86 ID:PqU7PFAvo

ブリーフィングルーム

ミーナ「倉庫の整理はまだ済んでいないのね」

バルクホルン「兵力が圧倒的に不足していたからな」

ミーナ「……」

美緒「すまない」

バルクホルン「まさかベースボールごときであんなにはしゃぐとは思ってもみなかったがな」

ミーナ「まぁ、遊びたくなる気持ちも分からなくはないけれどね」

バルクホルン「そうか?」

ミーナ「貴方や坂本少佐みたいに訓練をしているだけでストレスを解消できる人は少ないのよ?」

バルクホルン「ストレス? この501にそんなものを溜め込んでいる者がいるのか?」

ミーナ「トゥルーデ」

バルクホルン「ど、どうした?」

ミーナ「確かに活気は常にあるし、笑顔の絶えない部隊だけど、それでもいつ戦闘になるかわからない毎日を過ごしていれば色々と溜まることもあるわよ」

バルクホルン「……そうだな。以前の私も、そうだった」

ミーナ「でしょう? だから気持ちは分かるわ。宮藤さんたちがちょっとしたことではしゃいでしまうのはね」



16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/18(日) 22:24:29.91 ID:PqU7PFAvo

美緒「うむ」

ミーナ「貴方は猛省するように」

美緒「……そうだな」

バルクホルン「そうか……。確かにミーナの言うことも正しい。宮藤、リーネ、ルッキーニなんかは心のどこかで不安を抱えているのかもしれないな」

ミーナ「そうだと思うわ」

バルクホルン「上官失格だな」

ミーナ「え?」

バルクホルン「宮藤たちの表情だけを、外見だけを見て安心していたのかもしれない。あいつらも毎日戦っているのには違いなかったな」

ミーナ「ええ。だからこそ私たちは気をつけなければならないわ。何が引き金になって崩れるのかわからないから」

バルクホルン「そうか……。いや、当たり前のことだな……」

美緒「ミーナの言うとおりだ。ああいう遊びも時には必要なことかもしれないな」

ミーナ「あら、いつも訓練一辺倒の坂本少佐がそういうなんて珍しいわね」

美緒「はっはっはっは。野球が楽しかったからな」

ミーナ「……」

美緒「すまん」



18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/18(日) 22:32:09.19 ID:PqU7PFAvo

倉庫

芳佳「ふーん……!!」ググッ

ペリーヌ「宮藤さん。重いのなら魔法を使いなさい。怪我をしますわよ」

リーネ「ふぅ……まだまだいっぱいでてくるよぉ」

エイラ「これ全部外に出すのか? 何時間かかるんだよ」

ペリーヌ「本当なら午前中に終わっていたはずのことですわ。ねえ、ルッキーニ少尉?」

ルッキーニ「うにゃにゃー」コロコロ

ペリーヌ「こら!! 何をボールで遊んでいますの!!」

サーニャ「エイラ……」

エイラ「サーニャ。起きちゃったのか?」

サーニャ「みんなでなにしてるの? 私も混ぜて」

エイラ「サーニャはしなくていいって。こんな力仕事は――」

サーニャ「ふんっ、ふんっ」コロコロ

ルッキーニ「あにゃー!! サーニャにボールとられたぁー!!! まぁ、いいや。まだいっぱいあるしー。にゃっにゃっ」コロコロ

ペリーヌ「こらー!! 真面目にしないとまた怒られますわよ!!」



19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/18(日) 22:41:12.67 ID:PqU7PFAvo

シャーリー「へぇー。このグローブは修理したら使えそうだな」

芳佳「修理できるんですか?」

シャーリー「やろうと思えばね」

芳佳「わぁ……。それならシャーリーさんっ。修理お願いできますか?」

シャーリー「そうだなぁ」

エーリカ「バットはこれ、ダメだね。ヒビ入ってるのばっかりだ」

エイラ「これはまだ使えるんじゃないか?」

エーリカ「おぉー。これはいいね!」ブンッ!!ブンッ!!

ルッキーニ「ボールはいっぱいありゅよー」

サーニャ「ふっ! ふっ!」コロコロ

エイラ「サーニャ! 可愛いぞ! 可愛いぞ!」

ペリーヌ「もう知らない。リーネさん、わたくしたちだけでも整理を――」

リーネ「芳佳ちゃーん。グローブがたくさん入ってる箱があったよー」

芳佳「わー!! すごーい!! これだけあればみんなが両手につけてもあまるねー!!」

ペリーヌ「みなさんのこと、少しだけ嫌いになりましたわっ」



22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/18(日) 22:56:03.38 ID:PqU7PFAvo

ルッキーニ「ババーン!! グローブウィッチけんざーん!!」

芳佳「わー!! かっこいい!!」パチパチ

ルッキーニ「両手のグローブで全てのボールをつかむぞー!! あ、頭にもかぶろっと」

シャーリー「痛んではいるけど、遊びで使う分には十分だな」

エーリカ「直りそう?」

シャーリー「問題ないよ。よし。部屋にもっていくか。ルッキーニ、そのグローブもこの中にいれてくれ」

ルッキーニ「あいっ。よろしくね、シャーリー」

シャーリー「任せとけ」

エーリカ「なんか手伝えることある?」

シャーリー「え? いいのか?」

エーリカ「私は遊びにだけは妥協しないからね」

シャーリー「いいこというなぁ、ハルトマン。だったら、一緒にきてくれよ。修理を手伝ってくれ」

エーリカ「りょうかいっ」

芳佳「みんなで野球ができるんだぁ……たのしみだなぁ……」

ペリーヌ「甘いのではなくて?」



23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/18(日) 23:07:13.54 ID:PqU7PFAvo

芳佳「え? 何がですか?」

ペリーヌ「坂本少佐はともかく、ミーナ中佐とバルクホルン大尉がそんなことを許すとでも思っているのかしら?」

芳佳「でも、お休みの日にするぐらいなら大丈夫じゃないですか?」

ペリーヌ「何もわかっておりませんのね、宮藤さん」

芳佳「どういうことですか?」

リーネ「みんなが一斉に休めることなんてないよ、芳佳ちゃん」

芳佳「あ……!!」

ペリーヌ「百歩譲って、私たちが休めたとしても、そこでボール遊びをしている方はどうしたって無理でしょう?」

サーニャ「ふんっ、ふんっ」コロコロ

エイラ「サーニャ。もっとお尻を突き出す感じでたのむ」

サーニャ「こう?」

エイラ「そ、そうそう!! いいぞーいいぞー」

芳佳「そっかぁ。サーニャちゃんは……」

ペリーヌ「まぁ、3人ぐらいで遊べるといったところでしょうね。あんなに大量のグローブを修理しても意味がないですわ」

芳佳「はぁ……できないんだぁ……」



24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/18(日) 23:17:15.44 ID:PqU7PFAvo

ルッキーニ「みんなでできなくてもいーじゃん! あたしはやるよー!!」

芳佳「私はみんなでしたいよぉ」

ペリーヌ「無理なものは無理ですわ」

芳佳「……分かってますけどぉ」

リーネ「芳佳ちゃん。私もベースボールしたいな。一緒にやろうね」

芳佳「うん。ありがとう、リーネちゃん」

ペリーヌ「ま、まぁ、わたくしもボールを投げるだけなら、してあげてもいいですけど? ボールを拾いには行きませんが」

サーニャ「私ももし機会があればベースボールしたいわ」

エイラ「サーニャがやるなら、私もやるぞ」

芳佳「サーニャちゃん、ペリーヌさん……」

サーニャ「きっと夜間飛行専従班に芳佳ちゃんが選ばれたときは、ベースボールできるかも」

芳佳「そうだね! そのときはエイラさんとサーニャちゃんと私で野球をしようよ!!」

サーニャ「うん」

エイラ「私はサーニャとキャッチボールするだけでもいいけどなー」

芳佳「えー!? 私はエイラさんとも野球したいですよー!!」



33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 18:50:20.90 ID:IreLUIvLo

通路

バルクホルン「……ん?」

シャーリー「これ全部修理するとなると結構時間かかるな」

エーリカ「私がいるんだし、大丈夫だって」

シャーリー「ハルトマンって手先とか器用だったか?」

バルクホルン「何をしているんだ?」

エーリカ「これこれ。グローブの修理をシャーリーとしようと思ってね」

バルクホルン「何のためにだ」

シャーリー「使うからに決まってるだろ」

バルクホルン「ベースボールをするのか?」

シャーリー「本格的なのは無理だろうけど、まぁキャッチボールぐらいね」

エーリカ「トゥルーデも暇なときは私としよーよ」

バルクホルン「……それだけのグローブを直すということは、修理を望む声が多いということか?」

シャーリー「そうだな。宮藤やルッキーニは楽しみにしてた」

バルクホルン「やはり、ミーナの言っていたことは当たっているのか……」



34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 18:54:59.20 ID:IreLUIvLo

倉庫

ミーナ「みなさん。作業のほうは進んでいるかしら?」

ペリーヌ「はい、中佐。ごらんの有様です」

ミーナ「……」

ルッキーニ「ルッキーニキャノン!!」シュッ

エイラ「おっと! あぶねえなぁ」パシッ

芳佳「エイラさん、素手でキャッチするなんてすごーい!!」

エイラ「これぐらいは誰でもできるだろ。ほらっ」シュッ

芳佳「わわわ……」パシッ

エイラ「な? 簡単だろ?」

芳佳「あ……」

エイラ「どうした?」

ミーナ「あなたたち!!!」

サーニャ「はっ!? ね、ねてません……作業、がんばってます……」コロコロ

ミーナ「もう……。あとは私と坂本少佐でするから、貴方たちは訓練及び任務に戻って」



36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 19:01:24.71 ID:IreLUIvLo

ペリーヌ「ほら、言った通りになりましたわ」

エイラ「私はルッキーニの我侭に付き合っただけじゃないかー」

ルッキーニ「でもでも、楽しかったよねー? にゃはー」

芳佳「……」

リーネ「芳佳ちゃん。ランニングからしようか?」

芳佳「え? あ、うん。そうだね。ペリーヌさんも一緒にどうですか?」

ペリーヌ「わたくしもですか? 仕方ないですわね」

サーニャ「このボール、一つぐらいなら貰ってもいいかしら?」

エイラ「もらっちゃえ、もらっちゃえ。私が許可する」

ミーナ「どうしてこの部隊には真面目に任務をこなしてくれる人が少ないのかしら」

美緒「ミーナ、ミーナ」

ミーナ「なぁに?」

美緒「ボールを投げてくれ」ブンッ!!ブンッ!!

ミーナ「……」

美緒「冗談だ。怖い顔をするな。はっはっはっは」



37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 19:10:57.79 ID:IreLUIvLo

夜 食堂

ペリーヌ「申し訳ありません、少佐。あんな倉庫整理ごときで少佐の手を煩わせてしまって」

美緒「気にするな。私もそれなりに楽しかったからな」

ミーナ「ふんっ」

エーリカ「なんでミーナは不機嫌なの?」

リーネ「なんでも作業の途中で何度も坂本少佐が素振りを始めたから、予定通りの時間には終わらなかったらしいです」

エーリカ「なるほど。そりゃ、不機嫌にもなるね」

ルッキーニ「シャーリー、グローブはできたのー?」

シャーリー「ああ。いくつかは直った。私の部屋の前に置いておくから使いたいときは好きに持っていってくれ」

ルッキーニ「やったぁー!! ありがとー!!」

シャーリー「使ったら元の箱に戻しておいてくれよ」

ルッキーニ「はぁーい!!」

芳佳「シャーリーさん、お手伝いできなくてごめんなさい」

シャーリー「構わないって。ハルトマンもがんばってくれたしな」

芳佳「遊ぶときがたのしみー」



38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 19:17:06.05 ID:IreLUIvLo

通路

バルクホルン「これは……」

リーネ「芳佳ちゃん、本当に置いてあるよ」

芳佳「わーい。野球し放題だね」

リーネ「あ、バルクホルンさん。お疲れ様です」

芳佳「お疲れ様です!」

バルクホルン「二人とも、ベースボールがしたいのか?」

リーネ「え? えーと……」

芳佳「すこし」

バルクホルン「正直に答えるんだ」

芳佳「すごくしたいです!」

バルクホルン「よし。グローブを持て」

芳佳「え?」

バルクホルン「早くしろ。リーネもだ」

リーネ「りょ、了解!」



39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 19:22:02.36 ID:IreLUIvLo

格納庫

バルクホルン「用意はいいか?」

芳佳「あ、あのー? いいんですかー? ミーナ中佐に怒られませんかー?」

バルクホルン「それはない。心配するな」

芳佳「リーネちゃんから、する?」

リーネ「えぇ? 私から? でもぉ……」

バルクホルン「どっちでもいいから、立て!! ただキャッチボールをするだけだろうが!! 何を迷うことがあるんだ!!」

芳佳「すみません!! それじゃあ、私から!! お願いします!!」

バルクホルン「行くぞ」

芳佳「はいっ!!」

リーネ「芳佳ちゃん、気をつけてね」

芳佳「え? どうし――」

バルクホルン「ぅおおりゃぁああああ!!!!!!」ゴォォッ!!!

芳佳「へ?」

リーネ「きゃ!?」



41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 19:28:56.95 ID:IreLUIvLo

芳佳「おぉ……咄嗟にシールド出しちゃった……」

リーネ「芳佳ちゃん!? 大丈夫!?」

バルクホルン「宮藤!! シールドでボールを受けてどうする!! グローブで取らなければキャッチボールにならないだろう!!」

芳佳「バ、バルクホルンさーん。あのー、もう少し力を抜いてなげてくださーい」

バルクホルン「なんだと? そんな腑抜けたキャッチボールがいいのか?」

芳佳「怖くてグローブを出すよりシールド出しちゃいますからー」

バルクホルン「……全く。分かった。次は手を抜いてやる。返球しろ」

芳佳「はぁーい」シュッ

バルクホルン「まだ少し宮藤には早かったか」パシッ

芳佳「あー、怖かったぁー」

リーネ「剛速球だったね」

芳佳「うん。もうなんだろう、白い光線が飛んできたかと思っちゃった」

バルクホルン「――いくぞ!!」シュッ!!!

芳佳「わっ!?」バンッ!!!

芳佳「うっ……手がいたい……」



42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 19:34:09.45 ID:IreLUIvLo

芳佳「バルクホルンさーん。手が痛いんですけどー」シュッ

バルクホルン「まだ力を抜けというのか。注文が多いな。全く」パシッ

芳佳「キャッチボールですから」

バルクホルン「分かった。この程度か?」シュッ

芳佳「おぉ。はい! これです! 丁度いいです!」

バルクホルン「こんなにも力のない球を受けて楽しいか?」

芳佳「たのしいですよー」シュッ

バルクホルン「ふんっ」パシッ

リーネ「バルクホルンさーん。私にもお願いしまーす」

バルクホルン「リーネはもう少し強くても問題ないな」

リーネ「あ、あります!!」

芳佳「リーネちゃんの手、壊れちゃいますからーやめてくださーい!!」

バルクホルン「お前たち、本当にウィッチなのか?」

芳佳「関係ないですよぉ」

バルクホルン「まぁいい。ただの息抜きだからな」シュッ



43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 20:00:42.83 ID:IreLUIvLo

リーネ「えーいっ」

バルクホルン「リーネ!! もう少し強く投げても構わないぞ!!」

リーネ「全力なんですけど」

バルクホルン「これでか?」

芳佳「……」

バルクホルン「次は宮藤!!」

芳佳「え? あ、はーい!!」

リーネ「芳佳ちゃん……?」

芳佳「なに?」

リーネ「バ、バルクホルンさん!! ストップ!! ストップしてください!!」

バルクホルン「どうした?」

芳佳「どうしたの、リーネちゃん?」

リーネ「芳佳ちゃん、これで涙拭いて」

芳佳「え? どうして……あれ……。な、なんで……私、泣いて……? あはは、ごめんね!! リーネちゃん!!」

バルクホルン「宮藤、何かあったか? まさか、怪我をしてしまったのか!?」



44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 20:16:17.12 ID:IreLUIvLo

芳佳「ご、ごめんなさい。急にこんなことになって」

リーネ「びっくりしたよ。芳佳ちゃん、急に泣いてたから」

芳佳「あはは……」

バルクホルン「怪我ではないんだな?」

芳佳「はい。違いますよ」

バルクホルン「何が原因なんだ?」

芳佳「バルクホルンさんとキャッチボールしていたら、色々思い出しちゃいまして。それで涙が出たんだと思います」

リーネ「扶桑のこと?」

芳佳「うん」

バルクホルン「……今日は終わりにするか」

芳佳「え!? そんな!! 続けましょう!! もうなんともないですから!! ほら、バルクホルンさん!!」

バルクホルン「終了だ。早く宿舎に戻れ」

芳佳「で、でも折角ですし、もうちょっとだけしましょう!」

バルクホルン「これは命令だ。戻れ」

芳佳「わ、わかりましたぁ……おやすみなさい……」



45:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 20:25:58.04 ID:IreLUIvLo

ブリーフィングルーム

エーリカ「きったよー」

シャーリー「なんだよぉ。こっちはグローブの修理やってんだから手短に頼むぞ?」

バルクホルン「分かっている」

ミーナ「それでどうしたの、突然呼び出して」

美緒「お前から招集をかけるとは珍しいこともあるものだな」

バルクホルン「すまないな。……ミーナ、少佐。無理を承知で頼みたい。1日、いや半日でいい。全員に休みを与えてくれないだろうか」

美緒「どういうことだ?」

バルクホルン「皆は極限状態なのかもしれない」

ミーナ「極限状態って……」

バルクホルン「一度、心身のリフレッシュを図るべきだ。だから、頼む」

シャーリー「お前……」

美緒「そうか。何があったかは聞かんが、お前が頭を下げるほどのことがあったのだろう」

バルクホルン「軍人として恥ずべきことであることは自覚している。だが、このままではどうなるか分からない」

エーリカ「私は賛成ー! 半日といわず、1日休みがほしー!!」



46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 20:33:16.61 ID:IreLUIvLo

シャーリー「ハルトマンはいつも半日ぐらい休んでるもんなぁ」

エーリカ「そんなことないよ。昼過ぎにはトゥルーデに起こされちゃうもん」

ミーナ「休みというのは、全員が揃って非番ということでいいのね?」

バルクホルン「ネウロイの襲撃があれば仕方ないが、その日だけは何もしないというのはどうだ?」

美緒「訓練はともかく哨戒任務があるからな……」

ミーナ「そうね。サーニャさんの夜間哨戒もしないというわけにはいかないし」

バルクホルン「やはり、難しいか」

美緒「全員が一斉に休むのはいいとして、何か予定でもあるのか?」

エーリカ「ピクニックー!」

シャーリー「お、いいなー。車にのって、遠いところにいって、弁当食べて……」

ミーナ「幾らなんでも基地から離れることはできません」

エーリカ「えー? みんなで休むんだから、みんなで何かしたいじゃーん」

バルクホルン「ベースボールだ」

美緒「……なに?」

バルクホルン「もし休めるのなら501の全員でベースボールをしたい」



49:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 20:40:50.61 ID:IreLUIvLo

シャーリー「どういう心変わりだよ」

バルクホルン「理由はない。ただ皆で楽しめるものを考えたら、そこに行き着いただけの話だ」

エーリカ「いいじゃん、トゥルーデぇ。大賛成ー!!」

バルクホルン「そうか?」

シャーリー「堅物軍人にしては柔らかいよ」

エーリカ「1番センター、エーリカ・ハルトマン」

シャーリー「いや、切り込み隊長はどう考えても私だろ」

ミーナ「でも、やっぱりみんなが非番の日っていうのは……。ねえ、美緒?」

美緒「4番キャッチャー、坂本美緒。これは譲らんぞ」

エーリカ「少佐が捕手なの?」

美緒「ああ。私は捕手しかやってこなかったからな」

シャーリー「どうしてなんですか?」

美緒「全員を指揮できる。それに打者に対して小言を言ってやるんだ。すると見事に空振りしてくれる。はっはっはっは」

バルクホルン「少佐、それは人としてどうなんだ? いや、だが、その程度で心を乱すほうも悪いか」

ミーナ「……501のこと、少しだけ嫌いになりそう」



50:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 20:47:55.34 ID:IreLUIvLo

大浴場

芳佳「はぁ……」

エイラ「宮藤?」

芳佳「はい?」

エイラ「おりゃ」ピュッ

芳佳「あぅ!? な、なんですか、エイラさん。やめてくださいよぉ」

エイラ「なんかあったのかー?」

芳佳「……はい。バルクホルンさんに迷惑かけちゃって」

エイラ「大尉に?」

リーネ「さっきバルクホルンさんとキャッチボールしていたんですけど、そのときに芳佳ちゃんが……」

芳佳「扶桑のこと色々思い出しちゃって、気づいたら泣いてたんです。それでバルクホルンさんはキャッチボールはやめようって」

エイラ「ふぅーん。ホームシックってやつか」

芳佳「いえ! そういうのじゃないんです!!」

エイラ「いや、そういうのだろ?」

芳佳「そ、そうですけど……少し違うっていうか……」



51:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 21:02:13.41 ID:IreLUIvLo

エイラ「私もサーニャとキャッチボールしたいなー」

リーネ「そういえばルッキーニちゃんはベースボールとしたいって言ってたよね?」

芳佳「あ、うん。みたいだね」

エイラ「あり得ないけど全員が参加したとしても11人だろ。どうやるんだ? 道具はあっても人数が足りないんじゃムリじゃないか」

芳佳「なんとかできないんですか?」

エイラ「守備の人数を減らしても厳しいからなぁ」

リーネ「5人いれば、何とかなると思います」

芳佳「5人となると……」

エイラ「投手、内野3人、外野1人か。疲れるなぁー、それぇ」

リーネ「する場所も狭くしちゃえばいいんですよ」

エイラ「お、それはいいな」

リーネ「はいっ。11人でもベースボールはできます!」

エイラ「ま、全員が揃って休めることなんて、ないけどなー」

リーネ「……」ブクブクブク

芳佳「で、でも! 私、キャッチボールだけでも楽しいですから!! エイラさんも絶対にしましょうね!!」



52:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 21:11:00.98 ID:IreLUIvLo

通路

エイラ「明日の夕方頃なら、キャッチボールしてやってもいいぞ?」

芳佳「本当ですか!?」

エイラ「夜間哨戒前の十数分だけだかんな」

芳佳「わーい!! エイラさーん!! ありがとー!!」

リーネ「私もいいですか?」

エイラ「別にいいぞ。サーニャも誘っとくかー」

芳佳「4人なら打ってもいいかもしれませんね」

エイラ「球拾いはお前がしろよー?」

ルッキーニ「おーい!! おーい!! 大ニュース!! 大ニュースー!!」

リーネ「ルッキーニちゃん、どうしたの?」

エイラ「うっせえなぁ」

ルッキーニ「3日後なんだけど、みんなお休みだってー!!」

芳佳「お休み?」

ルッキーニ「そだよー!! サーニャも夜間哨戒なしなんだってー!! にゃはー!! その日はみんなであそぼー!!」



53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 21:21:25.25 ID:IreLUIvLo

ブリーフィングルーム

美緒「しかし9人が守備をしてこそだろう」

ミーナ「だから、11人しかいないのに9人も守備についたら、どうやってチームで戦うのかって言っているの」

美緒「個人戦だ。1人1人の打点を競い合えばいい」

ミーナ「走者はどうするの?」

美緒「進めた塁に走者がいるということにしたらいい。盗塁はできなくなるがな」

ミーナ「シャーリーさんが何百点も取ってしまうようなシステムでいいのかしら?」

美緒「私が捕手をすれば、そんな奴の独壇場にはさせん」

ミーナ「そんなの分からないでしょう? ここは変則的にでも守備の人数を減らすべきよ」

美緒「野球を冒涜している!!」

ミーナ「型に囚われすぎていると言っているの!!」

エーリカ「なんでミーナが熱くなってるの?」

バルクホルン「少佐とミーナはいつも通りだろう」

芳佳「あ、あの!! 坂本さん!!!」

美緒「宮藤か。……さては、ルッキーニからあのことを聞いたのか?」



54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 21:29:51.08 ID:IreLUIvLo

芳佳「はい!! あの、お休みって……」

バルクホルン「正確には非番だ。ネウロイの襲撃やその他の緊急事態が発生すれば動いてもらうぞ」

芳佳「は、はぁ」

リーネ「でも、急にどうしてそんなことになったんですか?」

エーリカ「トゥルーデが頭下げて実現したんだよ」

エイラ「大尉が? サーニャの分もか?」

バルクホルン「ああ」

芳佳「バルクホルンさん……」

バルクホルン「深い理由はない」

リーネ「ありがとうございます!!」

エイラ「大尉。私は前から大尉ならこういう粋なことをしてくれるって思ってたんだ」

ルッキーニ「大尉ー! かっちょいー!!」

芳佳「素敵です! バルクホルンさん!!」

エイラ「尊敬する」

バルクホルン「こんなときばかり敬われても、嬉しくはないな」



55:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 21:34:57.90 ID:IreLUIvLo

ルッキーニ「ねえねえ!! その日はみーんなであそぼう!!」

芳佳「うん! なにしよっか!? あ、やっぱり野球したいなー!!」

ルッキーニ「おぉー!! よぉーし、やろー!!」

芳佳「わーい!!」

リーネ「まずは許可貰わないと」

エーリカ「許可はもう出てるよ、リーネ」

リーネ「どういうことですか?」

エーリカ「文字通り、みんなでベースボールするからだ」

エイラ「ホントか?」

エーリカ「これもトゥルーデの提案だから、感謝しとけよー?」

芳佳「バルクホルンさぁん……」

バルクホルン「深い意味はない。勘違いするな」

ルッキーニ「大尉、だーいしゅきー!!」ギュゥゥ

エーリカ「トゥルーデ、さいこぉー」ギュゥゥ

バルクホルン「離れろ!! お前たちからは敬意が全く感じられないぞ!!!」



56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 21:42:49.16 ID:IreLUIvLo

エイラ「するのはいいけどさ。人数少ないのにどうするんだ? 他の基地からウィッチを呼ぶわけにもいかないし」

ミーナ「それを今、決めているところよ」

美緒「しかし、ミーナが強情でな」

ミーナ「貴方でしょう、美緒?」

美緒「私は十分譲歩している」

ミーナ「どこがしているの!?」

美緒「しているだろう!?」

芳佳「ケンカはやめてください。楽しくしましょうよぉ」

エイラ「ふぅーん。各人の打点で競う方法と変則守備でするのでもめてるのか」

リーネ「坂本少佐の方法だとシャーリーさんが有利になりそう」

ルッキーニ「あにゃ。これじゃあ、シャーリーが優勝だぁ」

バルクホルン「少佐のやり方ではハルトマンぐらいしか戦えないだろうな」

エーリカ「みんなシャーリーのスピードにはついてこれないもんね」

ミーナ「と、言われているけど?」

美緒「ぐっ……。いや、まだ分からん。全員の意見を聞いてみるまでは結論は出せない!!」



58:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 21:52:34.69 ID:IreLUIvLo

ペリーヌ「――わたくしは少佐の方法に大賛成ですわ。ベースボールは9人でするスポーツですもの」

美緒「流石、ペリーヌだな。はっはっはっは」

ペリーヌ「いえいえ。そんなぁ。当然のことですわぁ」

ミーナ「シャーリーさんはどう思う?」

シャーリー「変則守備でいいですよ」

バルクホルン「これで少佐の案には1票、ミーナの案に7票集まったことになるな」

エーリカ「じゃ、変則守備で決まり」

ミーナ「チーム分けはどうする?」

バルクホルン「なるべく戦力が偏らないようにしたいが……」

シャーリー「それよりまずチームのボスを決めたほうがいいだろ。メンバーなんてボスが選抜してくれたらいい」

リーネ「そうですね。それが一番だと思います」

芳佳「ボスって監督のことですか?」

エーリカ「ボスはミーナと少佐でいいんじゃない?」

ミーナ「そうねぇ……。坂本少佐、それでいいかしら?」

美緒「……いいだろう」



59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 22:07:40.68 ID:IreLUIvLo

ミーナ「シャーリーさんは私のチームでいいわね?」

美緒「バカをいうな。シャーリーは私のチームだ」

ミーナ「美緒の能力は既に反則みたいなものじゃない!!」

美緒「それを言ったら、ミーナもだろう!!」

シャーリー「また、私で取り合いかー。照れるなぁ」

エイラ「守備の人数が少ないから、リーネの言ってたあれで良いよな」

エーリカ「あれって?」

リーネ「守る範囲を狭くするんです」

エーリカ「なるほど。それならとりあえず塁は一つ減らしてー。それから外野も狭めちゃえ」

バルクホルン「そもそも正規のベースボールができるほど広い場所でやるわけでもないからな。どうしても狭くはなる」

エーリカ「ピッチャーマウンドだってないしね」

ルッキーニ「なげて、うって、はしって、まもる。これができればいいよね」

バルクホルン「そういうことだな」

エイラ「宮藤。ナックルボール投げられるか?」

芳佳「ナックルってなんですか?」



60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/19(月) 22:24:27.94 ID:IreLUIvLo

ミーナ「はぁ……。シャーリーさんは美緒のチームでいいわ。その代わりハルトマン中尉は譲ってね」

美緒「よし。いいだろう」

ミーナ「次はペリーヌさんを選びたいのだけど?」

ペリーヌ「えぇ!?」

美緒「ペリーヌか。意外だな。次はバルクホルンで取り合いになると思ったのだがな」

ミーナ「ふふ。よろしくね、ペリーヌさん?」

ペリーヌ「は、はい……」

ミーナ「3人目はエイラさんにしたいけれど、美緒は?」

美緒「私はルッキーニだ。やつなら打ってよし、走ってよし、守ってよしだからな」

ミーナ「4人目は……リーネさんね」

美緒「ならば私はサーニャを選ぶ。残るは宮藤か」

ミーナ「美緒のチームにはシャーリーさんがいるのだから、こちらが1人多くてもいいわよね?」

美緒「構わんぞ」

ミーナ「ありがとう……。ふふっ。やるからには全力でやるわよ、美緒?」

美緒「面白くなりそうだな、ミーナ」



64:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 14:46:02.15 ID:JSNr4po+o

ミーナ「細かいルールは後ほど決めて通達します。以上」


シャーリー「まさかお前と同じチームになるなんてなぁ」

バルクホルン「ふんっ。足だけは引っ張るな」

シャーリー「無敵の盗塁王にそんなこと言っていいのか?」

ルッキーニ「シャーリーと一緒なら負けるわけにゃーい」

美緒「その通りだ。ミーナは完全に人選を誤ったな」

ルッキーニ「サーニャが戻ってきたら作戦とか考えなきゃ!!」

シャーリー「勿論だ。ポジションと打順を決めないといけないしな」


リーネ「……あのぉ。ミーナ中佐、こういってはなんですけど、戦力に差があるような気がするんですけど」

エイラ「だよなぁ。ベースボールをするのは楽しいだろうけどさぁ、ワンサイドゲームはやっぱりつまらないぞ」

ペリーヌ「そうですわ、中佐。今からでもわたくしとバルクホルン大尉をトレードするというのはどうでしょう?」

ミーナ「いいえ。私のチームこそ最強よ。それは間違いないわ」

エーリカ「ミーナが燃えてる。これはマジのときのミーナだ」

芳佳「野球が本当にできるなんてー。今から楽しみですよー」



65:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 14:56:06.39 ID:JSNr4po+o

翌日 滑走路

美緒「投げてみてくれ」

シャーリー「いきまーす。――ふんっ!!」ゴォォォ!!!

美緒「つっ……!?」バァン!!!

シャーリー「どうですか、少佐!? 私の高速ストレート」

美緒「流石だ、シャーリー大尉。これだけの速球を打てるものはミーナのチームにはいないだろう」

シャーリー「スピードだけは負けるわけに行きませんからね」

美緒「ルッキーニも力はないがコントロールはずば抜けているし、バルクホルンの投じる球は鉄球のように重い」

シャーリー「サーニャは?」

美緒「サーニャはいい。ともかくそれぞれ個性的な投手がいるというだけでも我々は有利だ」

シャーリー「まずは私が塁に出て、1点。ルッキーニと少佐が塁に出て、バルクホルンが打って3点。一巡で4点は確実ですね」

美緒「向こうにはこれといった投手もパワーヒッターもランナーもいないからな」

シャーリー「気をつけなきゃいけないのは、ハルトマンぐらいですね」

美緒「奴の魔法は厄介だからな」

シャーリー「でも、最悪1点を失うだけ。これは間違いなく勝つな」



66:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 15:05:04.58 ID:JSNr4po+o

格納庫

バルクホルン「ふんっ!! ふんっ!! ふんっ!!!」ブンッ!!!ブンッ!!!ブンッ!!!

芳佳「バルクホルンさんのスイングすごいね」

リーネ「風圧だけでボールが飛んでいきそうだよぉ」

エーリカ「うーん……。このままじゃバットが足りなくなるかもね」

芳佳「そうですか? こんなにあるなら、心配しなくてなくならないと思いますけど」

エーリカ「トゥルーデがあんな力いっぱい振ったら、バットが折れちゃうって」

リーネ「それは確かに」

エーリカ「しかもヒビが入ってるのが多いし、こんなのトゥルーデが素振りするだけでポッキリいくね」

芳佳「それなら……。バルクホルンさーん!! バットが折れちゃったら大変ですからー、手加減してくださーい」

バルクホルン「手加減などしない!! 全力でこい、宮藤!!!」

芳佳「えぇぇ!?」

エーリカ「ムリムリ。そもそも勝負事で手を抜けるほどトゥルーデは器用じゃないからね」

リーネ「どうしますか? バットがなくなったら中止しなきゃいけなくなりますよ?」

エーリカ「鉛でもまいて補強しちゃうか。トゥルーデなら余裕で振り回せるだろうし」



67:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 15:10:41.29 ID:JSNr4po+o

滑走路

エイラ「いくぞー。サーニャー」

サーニャ「うんっ」

エイラ「おりゃー」ポイッ

サーニャ「あぁ……あぁぁ……」

エイラ「サーニャ、もっとうしろだー」

サーニャ「……えいっ」ピョーン

エイラ「おぉ……」

サーニャ「……」

エイラ「サ、サーニャ!! まだ練習だから!! ほら、続けよう!!」

サーニャ「お願い、エイラ」

エイラ「いくぞっ。うりゃっ」ポイッ

サーニャ「……やぁ」バンザーイ

エイラ「サーニャ……」

サーニャ「……ふんっ、ふんっ」コロコロ



68:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 15:16:23.83 ID:JSNr4po+o

格納庫

ドォォォォォン!!!!

ルッキーニ「あにゃぁ!?」ビクッ

ルッキーニ「なんの音ー?」

ミーナ「ルッキーニさん。また格納庫でお昼寝していたのね?」

ペリーヌ「はぁ……はぁ……」

ルッキーニ「なにしてたの?」

ミーナ「秘密です。ペリーヌさん、この辺にしておきましょう」

ペリーヌ「ちゅ、中佐? あの、これはいくらなんでも……」

ミーナ「わかっていないのね、ペリーヌさん」

ペリーヌ「へ?」

ミーナ「やるからには全力でやるの。わかりましたか?」

ペリーヌ「は、はいぃ」

ミーナ「よろしい。それでは休憩」

ルッキーニ「こわっ」



70:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 15:26:30.73 ID:JSNr4po+o

滑走路

バルクホルン「ふんっ!! ふんっ!!」ブンッ!!ブンッ!!

シャーリー「バルクホルン。少佐の部屋に集合だってさ」

バルクホルン「ミーティングか?」

シャーリー「ああ。ルールも決まったらしいからな」

バルクホルン「分かった。では、行こう」

シャーリー「それにしてもお前、熱心だな。ベースボール好きだったなのか?」

バルクホルン「何もできない者が混ざっていればそれだけでゲームとして破綻しかねない。そうなると楽しめるものも楽しめない」

シャーリー「遊びでもその遊びのない考え方はお前らしいよ。そうそう、ほら、これ」

バルクホルン「これは?」

シャーリー「折れそうなバットが多かっただろ? だから鉛をまいて補強した」

バルクホルン「これは……いいなっ!!」

シャーリー「だろ? 私たちも補強したのを振るけど、お前のは特別に何重にも巻いておいてやったからな」

バルクホルン「シャーリー、たまにはいいことをするな」

シャーリー「たまにはってなんだよ。私はいつでもいいことしてるだろ」



71:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 15:38:58.00 ID:JSNr4po+o

坂本の部屋

美緒「そろったな。では、第一回坂本球団のミーティングを開始する」

バルクホルン「まずはルールから聞こうか」

美緒「うむ。大まかなルールは正規のベースボールに準拠する。大きな変更点は以下の通りだ」

シャーリー「守備人数と塁の削減。試合は5回裏。延長は7回まで。場所は滑走路か。まぁ、あそこなら程々の広さだし、いいかな」

美緒「それと細かいルールは無視してもいいとのことだ。まぁ、ベースボール経験者も少ないからな」

ルッキーニ「そんなことよりぃ、打つ順番はぁー?」

美緒「そうだな。気になるところだろう。それでは発表する。――これを見ろ」


1番 外野 シャーロット・E・イェーガー
2番 一塁 フランチェスカ・ルッキーニ
3番 投手 ゲルトルート・バルクホルン
4番 捕手 坂本美緒
5番 二塁 サーニャ・V・リトヴャグ


サーニャ「私が5番……。クリーンナップ」

美緒「我々の作戦はいたってシンプルだ。シャーリーで1点を取り、残りのものが打って戻ってくる。それだけでいい」

バルクホルン「シンプルだが最も確実な戦略だな。異論はない。これで行こう」



72:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 15:48:41.53 ID:JSNr4po+o

ミーナの部屋

1番 外野 リネット・ビショップ
2番 投手 ペリーヌ・クロステルマン
3番 二塁 エーリカ・ハルトマン
4番 一塁 エイラ・イルマタル・ユーティライネン
5番 捕手 宮藤芳佳
補欠 ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ


ミーナ「異論はないわね? それでは解散」

芳佳「待ってください!! 私、捕手なんてできませんよぉ!!」

ミーナ「いいえ。宮藤さんにしかできません」

芳佳「で、でも」

ペリーヌ「中佐、本当にやるのですか?」

ミーナ「この中に勝ちたくない人がいるの?」

ペリーヌ「と、とんでもありません!! しょ、勝利を中佐に捧げますわ!!」

エイラ「私と中尉で内野を守るのか」

エーリカ「よろしくぅ。にひぃ」

リーネ「……勝てるかも」



73:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 15:57:49.31 ID:JSNr4po+o

ベースボール大会当日 滑走路

ミーナ「逃げずにきたのね、坂本少佐?」

美緒「それはこちらの台詞だ」

ミーナ「負けないわよ」

美緒「その戦力では我が坂本軍には勝てないぞ」

ミーナ「パワーとスピードだけで勝てると思ったら大間違いよ、美緒?」

美緒「圧倒的な力の前ではどのような戦術も意味を成さない。それぐらい知っているだろう」

エーリカ「いやぁー。もう白熱してるなー」

バルクホルン「珍しく早起きだな、ハルトマン」

エーリカ「こんな日にゆっくり寝てるわけにはいかないじゃん」

ルッキーニ「はやくやろー!! はやくぅー!!」

シャーリー「どんな作戦でくるのかは知らないけど、あっさり負けないでくれよ? こっちが悪者みたいになるからな」

ペリーヌ「……手加減はできませんわよ。シャーリーさん」

シャーリー「なに?」

芳佳「よ、よろしくお願いします」



74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 16:03:46.98 ID:JSNr4po+o

美緒「先攻は私たちでいいか?」

ミーナ「ええ。いいわよ」

美緒「ありがたい。――集合!!」

ルッキーニ「はぁーい!!」

美緒「相手はあのミーナだ。なんらかの奇策は用意していると見て間違いない。だが、我々の総合力は圧倒している。小細工に動揺だけはするな」

シャーリー「了解! 私のスピードでかき回してやる!!」

バルクホルン「全打席、本塁打になってしまいそうだな」

ルッキーニ「サーニャ、がんばろー!」

サーニャ「ええ。ルッキーニちゃん。一生懸命、やるわ」

美緒「撃鉄を起こせ!! いくぞぉ!!!」

「「おぉぉ!!」」」


ミーナ「……みなさん。所定の位置に」

ペリーヌ「はい」

リーネ「了解」タタタッ

ミーナ「電撃作戦を開始します」



76:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 16:09:29.19 ID:JSNr4po+o

ミーナ「――プレイボール」

シャーリー「ふふーん。ペリーヌが投手、宮藤が捕手か。こりゃ、コールドゲームも見えてきたな」

芳佳「……」

シャーリー「どうした、宮藤? なんならハンデをつけてもいいけど?」

芳佳「……」

シャーリー(なんで何も言わないんだ? 不気味だな)

ペリーヌ「ふぅー……」

シャーリー「まぁ、いい。私は私の仕事をするだけだ」

バルクホルン「シャーリーの走力を考えればバントして一周するのもわけないな」

美緒「はっはっはっは。一周はいいすぎだろう」

ペリーヌ「行きますわよ」バチッ

シャーリー「ん?」

ペリーヌ「――トネール!!!」ゴォォッ!!!

シャーリー「な――」

ドォォォォン!!!!



78:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 16:16:58.29 ID:JSNr4po+o

芳佳「……ストライク、ですよね」

シャーリー「……」

バルクホルン「な、なんだ!? 今のは!?」

ルッキーニ「芳佳ぁー!? だいじょーぶー!?」

芳佳「うんっ! シールドで受け止めたから平気だよー!!」

サーニャ「よかった」

美緒「ミーナ!!」

ミーナ「電磁誘導によってボールを投擲することで、並のウィッチが魔法を使ったとしても到底出すことのできない速球が実現する」

美緒「な、なに……」

ミーナ「ペリーヌさんの至上最速のストレート。その名はレールガン。絶対に打てはしない。いえ、当てることもできないでしょうね」

バルクホルン「ミーナ、だからペリーヌを選んだのか?」

ミーナ「確かにシャーリーさんの足は無敵かもしれないわ。けれど、ボールが前に転がらない限りは走ることもできない」

シャーリー「あ、悪魔か……」

ペリーヌ「宮藤さん。ボールを」

芳佳「はーい。これ、丸焦げになっちゃいましたから、新しいの渡しますねー」シュッ



79:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 16:23:39.35 ID:JSNr4po+o

エイラ「こっちにボール飛んでこないだろうなー」

エーリカ「暇だよねー。リーネなんてずっと柔軟体操しているし」

リーネ「いっち、にっ、さんっ、しっ」グッグッ

ペリーヌ「ふぅー」

芳佳「しまっていこー」

シャーリー「今のをどうしろっていうんだ……」

バルクホルン「シャーリー!! とにかく構えろ!! 当たる可能性はある!!」

シャーリー「無茶いうなよ!!」

ペリーヌ「行きます」バチッ

シャーリー「くそ……!!」

ペリーヌ「トネール!!!」ゴォッ!!!

ドォォォォン!!!!

シャーリー「……」

芳佳「ふたつめです」

シャーリー「む、むりだろ……だ、だれがうてるんだよ……」



80:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 16:30:50.78 ID:JSNr4po+o

ルッキーニ「おぉぉ……!!」

ペリーヌ「トネール!!!」ゴォッ!!!

ルッキーニ「あにゃぁ!! こわいぃぃ!!!」

ドォォォォン!!!!

芳佳「ストライク、バッターアウト」

ルッキーニ「うえぇぇぇん……」

美緒「二者連続見逃し三振か」

シャーリー「怪我してないか、ルッキーニ?」

ルッキーニ「うん」

サーニャ「どうしたら……」

美緒「ここはお前に任せる他ない」

バルクホルン「……」

美緒「お前のパワーならばあのレールガンもはじき返せるかもしれない」

バルクホルン「……行ってくる」

サーニャ「バルクホルンさん、かっこいい」



82:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 16:36:59.62 ID:JSNr4po+o

ペリーヌ「バルクホルン大尉……」

バルクホルン「こい、ペリーヌ。そのウイニングショットは私が打ち崩す」

ペリーヌ「是非、やってください」

バルクホルン「……」グッ

ペリーヌ「行きます」ザッ

エーリカ「来る?」

エイラ「いや、ムリだな」

リーネ「いち、にっ、さんっ、しっ」グイッグイッ

ペリーヌ「――トネール!!!」ゴォッ!!!

バルクホルン「飛んでいけぇぇぇぇ!!!!」ブゥンッ!!!!

ドォォォォン!!!!

芳佳「ストラーイク」

バルクホルン「……」

美緒「ワンサイドゲームになるか」

シャーリー「中佐も卑怯な手を使ってくるな。これは1点の失点でも許したら負けるんじゃないか」



83:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 16:46:08.32 ID:JSNr4po+o

1回裏

美緒「いいか!! あのような作戦が最終回までもつとは思えない!! 必ず息切れするはずだ!!」

バルクホルン「あのような無茶な作戦でくるということはミーナはそれだけ私たちの力を恐れているということでもある!!」

シャーリー「よし! 絶対に守って次に繋げるぞ!!」

ルッキーニ「あいっ!!」

サーニャ「がんばります!」

バルクホルン「とはいえ……」

リーネ「よろしくお願いします」

バルクホルン「リーネに私の剛速球を打ち返せるとは思えないがな」

美緒「油断は禁物だ」

バルクホルン「そうだな。どんな相手だろうと、力でねじ伏せてみせる」

リーネ「……」

美緒「……リーネ、そのような構えでは打てるものも打てないと思うがな」

リーネ「え?」

バルクホルン「ぅおおおぉぉ!!!!」ゴォォォォ!!!



84:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 16:50:45.93 ID:JSNr4po+o

リーネ「きゃ!?」

美緒「ストライクだ。ナイスボールだ、バルクホルン」

バルクホルン「ふん」

リーネ「こ、こわい……」

芳佳「リーネちゃーん!! もっと、こう!! 腰をつかってー!!」

リーネ「こ、こう?」ブルルンッ

芳佳「そ、そうそう!! そんな感じ!!」

リーネ「ありがとう、芳佳ちゃん!」

エイラ「リーネ、またおっきくなったんじゃないか?」

ペリーヌ「あんなのただの脂肪ですわ」

リーネ「……」グッ

美緒「最近のリーネは本当に成長しているな。将来は501を束ねるウィッチになるかもしれないな」

リーネ「え?」

バルクホルン「ぅおおぉぉ!!!!」ゴォォォ!!!!

美緒「――ツーストライク!」バァン!!



85:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 16:58:57.33 ID:JSNr4po+o

リーネ「ごめんなさい……」

ミーナ「気にしないで。バルクホルン大尉のボールに慣れるまでは少し時間がいるでしょうから」

ペリーヌ「よ、よろしくお願いします」

美緒「うむ」

バルクホルン「……」

ペリーヌ「しっかりと、前だけを見て……」グッ

美緒「ペリーヌ。愛しているぞ」

ペリーヌ「へぇ!? な、なにを急に――」

バルクホルン「はぁぁぁ!!!」ゴォォォ!!!

美緒「ストラーイク」

ペリーヌ「あ、少佐……わたくしの想いがついに……。でも、こんなときにおっしゃらなくても……あとで紅茶でものみながら……」モジモジ

バルクホルン「……」シュッ

美緒「ストラーイク」

ミーナ「美緒!! 卑怯よ!!!」

美緒「これも作戦だ、ミーナ!! 敗者に言い訳などできないぞ!!」



86:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 17:14:50.21 ID:JSNr4po+o

ペリーヌ「はぁぁ……どうしましょう……少佐と愛しているなんて……うふふ……」

エイラ「お前、もうベンチにもどってきてんだぞ? 現実みろってー」

バルクホルン「ここまでは想定内。問題は次だ」

美緒「くせ者、ハルトマンか」

エーリカ「どもども」

バルクホルン「ハルトマン。私の性格はわかっているだろう? 同郷の者であろうとも私は……」

エーリカ「こいよ。トゥルーデのヘロヘロボールなんて、海の中に落としちゃうから」

バルクホルン「へろ……へろ……だと……?」

美緒「バルクホルン、落ち着け!!」

シャーリー「なんかまずそうだな。後ろに下がっておくか」

ルッキーニ「たいいー、守備はまかせてー」

サーニャ「捕ります!」

バルクホルン「ハルトマン!!! うけてみろぉぉ!!!! うおぉぉおりゃぁぁ!!!!」ゴォォ!!!

エーリカ「ほいっ」カーンッ!

美緒「しまった!? サーニャ!!!」



87:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 17:19:48.54 ID:JSNr4po+o

サーニャ「えいっ」ピョーン

ルッキーニ「あにゃー!? バンザイしちゃだめー!!」

シャーリー「任せろ!!!」ダダダダッ

エーリカ「シュトゥルム!!!」ゴォッ!!!

バルクホルン「なっ!? もう一塁を……!!」

シャーリー「よっと」

美緒「シャーリー!! バックホーム!!!」

シャーリー「了解!! ぶっとべぇぇぇ!!!!」ゴォッ!!!!

美緒「いいぞ!!」パシッ!!

エーリカ「おとと! やるなぁ……」

美緒「二塁まで進まれてしまったか」

バルクホルン「すまない、少佐。私の所為だ」

美緒「気にするな。といいたいところだが、次の打者は……」

エイラ「あー。やるきでねー」

芳佳「エイラさーん!! がんばってくださーい!!」



88:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 17:26:17.35 ID:JSNr4po+o

エイラ「あー」

バルクホルン(エイラからは覇気が一切感じられない。サーニャと別のチームになったことで士気が下がっているのか)

美緒(バルクホルン、初球はアウトコースだ。外しても構わない)

バルクホルン「……」コクッ

エイラ「あー……」

バルクホルン「……」ザッ

エイラ「あぁー……」

バルクホルン「ふんっ!」シュッ

エイラ「もらったぁ!!!」カーンッ!!!

美緒「なに!?」

エイラ「わーい」

芳佳「エイラさん、すごーい!!!」

エイラ「どうだ、宮藤。未来予知の魔法はすご――」

シャーリー「オーライ、オーライ。――はい、アウト」パシッ

エイラ「……え」



89:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 17:33:55.06 ID:JSNr4po+o

2回表 坂本0-0ミーナ

芳佳「残念でしたね」

エイラ「おかしいなぁ。いけると思ったんだけどなぁ」

エーリカ「いったじゃん、トゥルーデのボールは重たいってさ」

エイラ「確かに、まだ手がジンジンしてる」

ミーナ「みんな、切り替えて!! この回も守り抜きましょう!!」

ペリーヌ「了解!」

リーネ「はぁーい」タタタッ


バルクホルン「さて、どうする? あのレールガンをどう攻略すればいいのか」

シャーリー「物理的に当てることなんてできないだろ?」

ルッキーニ「むりむりー」

サーニャ「当たったとしても手が取れるかも」

ルッキーニ「えー!? やだー!!」

美緒「安心しろ。私に策がある」

バルクホルン「ほ、本当か!? 流石少佐だ!!」



90:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 17:40:13.94 ID:JSNr4po+o

ペリーヌ「少佐……!!」

美緒「ペリーヌ。聞いてくれ」

ペリーヌ「な、なんでしょう?」

美緒「私はもうウィッチとして先が長くない」

ペリーヌ「な、なにを仰るのですか!? 少佐はまだまだこれからですわ!!」

美緒「もうまともにシールドも張れなくなってきている」

ペリーヌ「さ、坂本少佐……」

芳佳「はっ!? ペリーヌさん!! 坂本さんの言うことを聞いちゃダメー!!」

美緒「もしお前の投げたレールガンが当たれば、私のシールドなど紙のように破けてしまうことだろう」

ペリーヌ「しょ、少佐……」

美緒「……それを踏まえて、投げて来い。ペリーヌ!!」

ペリーヌ「はぁい」ポーイッ

芳佳「ペリーヌさぁぁん!!!」

美緒「値千金のチャンスボール!!! 空へ舞い上がれぇぇぇ!!!!」

エイラ「――リーネ!! 後方50!! 走れ!!」



91:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 17:48:10.59 ID:JSNr4po+o

美緒「はぁぁぁぁ!!! 烈風ざぁぁぁん!!!!」カァァン!!!!

ペリーヌ「あら?」

美緒「はっはっはっはっは!! これはもらったぞ!!!」

リーネ「はぁ……はぁ……!!」

芳佳「リーネちゃぁぁん!!」

リーネ「えーいっ」ピョーン

エーリカ「あー。やっちゃった」

エイラ「はぁ……」

美緒「はっはっはっは」タタタタッ

バルクホルン「素晴らしい。見事なアーチだった」

シャーリー「まさかあのペリーヌからホームランを打つなんて!! やっぱり少佐はすごいよ!!」

美緒「どうだ。これが私の実力だ」

ルッキーニ「にゃはー!! 少佐、かんぺきだー!!」ギュッ

美緒「はっはっはっは。4番の仕事を果たしたまでだ」

サーニャ「坂本少佐、かっこいい」



92:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 17:59:33.92 ID:JSNr4po+o

芳佳「ペリーヌさん、坂本さんの作戦に乗っちゃダメだよ」

ペリーヌ「だって、ああ言われてレールガンを投げるなんてできるわけないでしょう?」

リーネ「ごめんなさい。私がバンザイしちゃったから」

エイラ「落ちるところが事前にわかっても捕るやつの技能が追いついてないんじゃなぁ」

エーリカ「まーいーじゃん。1点ぐらい」

ミーナ「作戦を変更しましょうか」

芳佳「まさか……」

エイラ「このままじゃ少佐に順番が回ってくるたびに、失点しちゃうしな」

ミーナ「ええ。とりあえず、今は次の打者に集中しましょう」

サーニャ「……」

エイラ「おい、ペリーヌ!! サーニャに危険球とか投げてみろ、即乱闘だかんなぁ!」

ペリーヌ「どうして味方の貴方が乱闘を始めますの!?」

ミーナ「ほら、みんな。もどってー」

リーネ「はーい。芳佳ちゃん、ごめんね」

芳佳「いいよ、いいよ。こういうのが楽しいだし」



94:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 18:10:28.53 ID:JSNr4po+o

ペリーヌ「トネール!!」ゴォッ!!!

サーニャ「きゃっ」

ドォォォォン!!!!

芳佳「ストライクッ。サーニャちゃん、大丈夫?」

サーニャ「ええ、大丈夫よ」

ペリーヌ「決まりましたわ」

エイラ「なにしてんだぁぁぁ!!!」

ペリーヌ「え!? ちょ……!?」

エイラ「サーニャが怪我したらどうするつもりだ、おまえぇぇ!!」

ペリーヌ「レールガンを考えたのは中佐ですわ!! 文句があるなら中佐にどーぞ!!!」

エイラ「投げたのはお前ダロー!!!」

ペリーヌ「なんですの!! わたくしだって別に投げたくて投げていませんわよ!!」

エーリカ「乱闘だー。わー、私もまぜろー」

リーネ「ケンカはやめてくださーい!!」

サーニャ「次、お願いします……」



95:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 18:20:29.91 ID:JSNr4po+o

2回裏 坂本1 - 0ミーナ

美緒「私の後は三者凡退……。ペリーヌは化け物だな」

シャーリー「くっそぉ。結局、レールガンは攻略できずか」

サーニャ「こわかった」

ルッキーニ「あんなの反則だよぉ」

バルクホルン「心配するな、ルッキーニ。後半になればペリーヌのレールガンも威力が落ちてくる」

ルッキーニ「ホント!?」

バルクホルン「いつまでも全速力で走り続けることのできる人間などいない」

ルッキーニ「そっかー! そうだよねー!!」

美緒「今は守備のことを考えろ。いいな」

バルクホルン「了解!」


芳佳「緊張するぅ……」

エーリカ「リラックスリラックス、みやふじぃ」

芳佳「できませんよぉ」

ミーナ「宮藤さん、ちょっと耳を貸してもらえるかしら?」



96:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 18:30:57.52 ID:JSNr4po+o

芳佳「よろしくお願いします」

美緒「うむ」

バルクホルン(宮藤か……)

美緒(真っ直ぐこい。宮藤ならば当てることもできないはずだ)

バルクホルン「……」コクッ

芳佳「……」グッ

美緒「……宮藤。そんなふうにバットを持っていたのでは、ボールには絶対に当たらないぞ」

芳佳「……」

美緒(なに? 動じない? そんな馬鹿な……! ん?)

芳佳「……はい。分かりました。エイラさん」

美緒(耳にインカム!? まさかベンチからの指示を直接うけているのか!? しかもエイラからの指示となれば……!!)

バルクホルン「ぅおぉりゃぁぁ!!!」シュッ

美緒「マズい!!」

芳佳「ふーんっ!!」ブンッ!!!

美緒(空振り……。だが、タイミングさえあえば飛んでいくぞ……。エイラめ、魔法を使ってボールのコースを宮藤に教えているな)



97:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 19:01:46.20 ID:JSNr4po+o

芳佳「……はい。ごめんなさい。次は必ず、はい。え? あ、はい。分かりました」

美緒(揺さぶりは通用しないか……。バルクホルン、全力でこい。相手には筒抜けだ)

バルクホルン「……」コクッ

芳佳「はい。了解」

バルクホルン「おぉぉりゃぁああ!!!」シュッ

芳佳「でやぁー!!!」ブゥン!!!

美緒「ツーストライク」

芳佳「むぅー……。え!? あ、すみません!! いえいえ!! 真剣ですよ!! えぇ!? ミーナ中佐が!? それだけはやめてください!!」

美緒(気を抜くな。最後の瞬間までだ)

バルクホルン「……」

芳佳「次は! はい!! やります!!」

バルクホルン「はぁぁ!!!」シュッ

芳佳「でやぁぁぁ!!!」ブゥゥン!!!

美緒「バッターアウト!!」

エイラ「宮藤。こっちこい」



98:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/20(火) 19:12:48.98 ID:JSNr4po+o

3回表 坂本1 - 0ミーナ

ミーナ(結局、フラウまで回らず三者凡退。そろそろ1点が恋しくなってくるころね……)

ペリーヌ「トネール!!!」ゴォッ!!!

バルクホルン「いけぇぇぇ!!!!」ブンッ!!!!

ドォォォォン!!!!

芳佳「ストライク、バッターアウト」

バルクホルン「くっ……。かすりさえしないとは……」

ルッキーニ「よし! 次は少佐だぁ!!」

サーニャ「がんばってください」

美緒「任せておけ」

ミーナ「守備位置を変更します」

シャーリー「ここで投手を変えてきたか」

バルクホルン「ペリーヌは信頼されていないということだろうな」

ミーナ「ペリーヌさんとエイラさんの守備位置を変えます。よろしくね、エイラさん」

美緒「エイラ、だと……?」



103:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 17:12:01.96 ID:KgyG9qMGo

ペリーヌ「お任せしますわ、エイラさん」

エイラ「任せとけ」

美緒「ここでエイラをマウンドに上げるとはな。前回の反省をしてのことか?」

ミーナ「美緒に打順が回ってくる度に失点していては流石に逃げ切られてしまうもの」

美緒「逃げ切るだと? 追いつくつもりでいるのか?」

ミーナ「勿論よ」

美緒「ならばここで証明してやろう、ミーナ。我が坂本軍の背中すら触れることはできないという現実をな」

エイラ「少佐。悪いけど、もう少佐がベースを踏むことは、ムリダナ」

美緒「ほう? では、投げて来い。扶桑の魔女として、その挑戦は受けないわけにはいかんな」

エイラ「……」

美緒(エイラのことだ。どこに投げれば私がミスをするのか分かっているはず。だか……)

エイラ「……」ザッ

美緒(覆らないはずの未来をも変えるからこそ、ウィッチだ!!!)

エイラ「えーいっ」ポーイッ

美緒「いくぞぉぉ!!!」ブンッ!!!



104:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 17:19:13.63 ID:KgyG9qMGo

芳佳「ストライク! あ、いけない。落としちゃった」

エイラ「宮藤、なにやってんだよぉ。ちゃんと捕れよな」

芳佳「だってこれ、ぐにゃぐにゃ曲がって取りにくいんですよ」

エイラ「それがナックルボールだかんな」

美緒「ナックル……ボール……」

シャーリー「こんなところにナックルボーラーがいるなんて、驚きだよ」

ルッキーニ「ナックルって?」

バルクホルン「不規則に変化する変化球だ。その軌道は誰にも分からない」

ルッキーニ「魔法の球なんだぁ。サーニャは知ってたの?」

サーニャ「うん」

ルッキーニ「そっかー。言ってくれればいいのに」

サーニャ「言ったら、面白くなくなるからってミーナ中佐に命令されていたの。ごめんね」

ルッキーニ「別にいいけどー」

美緒「お前がナックルボールの使い手だったとはな。先ほどの自信も頷ける」

エイラ「だろー? 次、いくぞ?」



105:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 17:23:57.06 ID:KgyG9qMGo

エイラ「えーいっ」ポーイッ

美緒「このっ!!」ブンッ!!

芳佳「ストライク! また落としちゃった」

エイラ「宮藤、次落としたら殴るからな」

芳佳「えー!? 無理ですよぉ!」

エイラ「いいか!? 絶対、落とすなよ!! 絶対だかんな!!」

芳佳「はぁーい!」

美緒「……」グッ

エイラ「……えーいっ」ポイッ

美緒「ふんっ!!」ブンッ!!!

芳佳「あ、落としちゃった」

エイラ「こらぁ!!! 殴るぞ!!」

美緒「よし!! 好機だ!!!」ダダダッ

エーリカ「振り逃げだ! 宮藤!! 送球、送球!!」

芳佳「は、はい!! ペリーヌさん!! 受け取ってー!!!」シュッ



106:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 17:29:35.04 ID:KgyG9qMGo

ペリーヌ「きゃっ」パシッ

美緒「ペリーヌ!!!」

ペリーヌ「あ、あ、少佐がこちらに……どうしたら……!」

美緒「ペリーヌ!! お前のことは信じているぞ!!」

ペリーヌ「え? で、でも……!!」

美緒「はっはっはっは。これが終わったらゆっくりと二人きりで訓練でもどうだ?」

ペリーヌ「は、はぁい! よろこんで!!」

美緒(これは二塁まで行けるな!!)

リーネ「――ペリーヌさん!!! 今なら坂本少佐に抱きつける理由がありますよ!!!」

ペリーヌ「はっ!?」

美緒「リーネ!? 余計なことを……!!!」

ペリーヌ「しょーさー」ギュッ

美緒「しまった……!!」

ペリーヌ「もうはなしませんわー」スリスリ

エーリカ「はい、アウトー」



107:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 17:40:42.43 ID:KgyG9qMGo

エイラ「おまえ、ちゃんと、とれよ、ナー」グニーッ

芳佳「ふぁっふぇふぉーふふぁー!! ふぉーふふぁー!!」

エーリカ「いーじゃん。結果オーライなんだし」

リーネ「そうですよ、エイラさん。ナックルは捕球が難しいんですから」

エイラ「でもなぁ」

ペリーヌ「はぁ……あんなことが許されるなんて……役得というものですわね……」


美緒「すまん。まさかのナックルに動揺してしまった。小細工には気をつけろと言った私がこの様では格好がつかないな」

バルクホルン「気にすることはない、少佐。向こうのエースであるペリーヌをマウンドから引き摺り降ろしたんだ」

シャーリー「そういえばそうだな。これからはバントもできるし。私の力を大いに発揮できるな!」

ルッキーニ「シャーリー、がんばれー」

シャーリー「おう!」

サーニャ「私でも打てるかも」

ミーナ「守備の変更をします。エイラさんとペリーヌさん、交代して」

ペリーヌ・エイラ「「了解」」

美緒「なに!?」



108:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 17:50:45.66 ID:KgyG9qMGo

3回裏 坂本1 - 0ミーナ

ルッキーニ「ペリーヌ、はんそくぅ!!! うぇぇぇぇん!!!」

シャーリー「バントができないんじゃなぁ。私、振ると当たんないし」

バルクホルン「相手はミーナだ。ワンポイントで起用することも計算してエイラを選抜にしたに違いない」

サーニャ「ごめんなさい。何もできなくて」

美緒「守備につけ。過ぎたことは気にするな。私たちはリードしているんだぞ」

バルクホルン「そうだな。少佐の言うとおりだ。みんな、私たちは勝っているんだ!! それを忘れるな!!」

美緒(とはいえ、守備のプレッシャーは増したな。ミーナめ、エイラとペリーヌのスイッチを考えていながら前回それを使ってこなかったのは……)

ミーナ(1点を献上することで坂本チームには心に余裕と油断が生じた。そこから一転し、もう追加点が絶望的な状況を作り出せば動揺は大きくなる)

美緒(ミーナめ、やってくれる)

ミーナ(私がどうして貴方たちの隊長を務めているのか、もう一度考えなさい)

エーリカ「ミーナ、なんであんなに必死なのかな?」

エイラ「さぁなぁ。とりあえず怖いよな」

ペリーヌ「死人がでなければいいですけど」

芳佳「死人!? 死人がでるんですか!? 野球で!?」



109:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 17:59:34.65 ID:KgyG9qMGo

エーリカ「さーて。そろそろ、1点が欲しいよねぇ」

バルクホルン「欲しいなら、私のボールを飛ばさなくてはな」

エーリカ「言われなくても」

バルクホルン「いくぞ、ハルトマン!!! うぉぉぉりゃぁぁあああ!!!!!」ゴォォォッ!!!

エーリカ「シュトゥルム!!!」カーンッ!!!!

サーニャ「あっ」

ルッキーニ「ヤバーい!! シャーリー!!!」

シャーリー「これは……!!」ダダダッ

バルクホルン(エーリカ。魔法でスイングスピードを上げたのか……!)

エーリカ(トゥルーデ、ストレートしか投げないから分かりやすくてサイコーだね)

ルッキーニ「シャーリー!! とってー!!」

シャーリー「むりだろー」ピョーン

ルッキーニ「あにゃぁ……」

エーリカ「やっりぃ。ホームランだぁ」テテテッ

芳佳「ハルトマンさーん!! すごーい!!! すごいですよぉー!!! わーい!! ホームランだー!!」



110:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 18:08:52.54 ID:KgyG9qMGo

3回裏 坂本1 - 1ミーナ

エーリカ「あいむ、ぱーふぇくとぷりてぃがーる」

ミーナ「よくやったわ。ハルトマン中尉」

リーネ「ハルトマンさん、すごかったです!!」

ペリーヌ「ま、これくらいはやってもらわないと。501のエースなんですから」

芳佳「ハルトマンさーん、ありがとうございます!!」

エーリカ「次はエイラだね。流れを切るな」

エイラ「わかってるって」

美緒「……守備の変更をするか」

バルクホルン「私はまだ投げられる!!」

美緒「落ち着け、バルクホルン。今の悪い流れを断ち切る意味でも、投手の変更をするべきだ」

バルクホルン「くっ……」

シャーリー「バルクホルン。あとは私がやる」

バルクホルン「……頼む」

シャーリー「仇はとってやるよ。安心しろ」



112:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 18:16:33.31 ID:KgyG9qMGo

エイラ「なんだ、シャーリーか。私の未来予知にスピードもコントロールも関係ないぞ」

シャーリー「悪いな、エイラ。――こっちはもうエンジン全開フルスロットルで行かせてもらう」

エイラ「な……!」

シャーリー「エイラだから、私がどこに投げるのかなんてとっくにわかってるんだろうな。なら、宣言しておくよ」

シャーリー「私はど真ん中にストレートを叩き込む」

エイラ「そんなの未来を読めばわかることだからな」

シャーリー「おう、読めばいい。でも、それで打てるかどうかは、分からないよな? さっきの宮藤みたいに」

エイラ「私と宮藤を一緒にすんなよな。私はこれでも多少の自信はあるんだ」

シャーリー「多少じゃ、私のボールは打てないね」

エイラ「このっ……。いいから、投げて来い!」

シャーリー「行くぞ……」ザッ

美緒(度肝を抜いてやれ、シャーリー)

シャーリー「ぶっ……とべぇぇぇぇ!!!!」ゴォォォォッ!!!!

エイラ「うわぁ!? は、はえぇ……」

美緒「ストライク!! どうした、エイラ!! 腰がひけているぞ!! はっはっはっは!!」



113:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 18:21:40.10 ID:KgyG9qMGo

エイラ「ふんっ!」ブンッ!!!

美緒「ストライク!!」

エイラ「あ、あたんねぇ……」

シャーリー「どうした、エイラぁ? 自慢の未来予知で打つんだろ?」

エイラ「卑怯だぁ! こんなに加速させたボール、打てるわけないだろ!!」

シャーリー「レールガンよりはマシだろ?」

エイラ(ダメだ。打てる未来が見えない……)

シャーリー「最後だ……。いけぇ!!」ゴォォォッ!!!

エイラ(こうなったら、目をつぶってテキトーに――)

エイラ「あらよっと」カーンッ

シャーリー「え!? マジか!?」

美緒「サーニャ!!」

サーニャ「はーいっ」ピョンッ

美緒「ルッキーニ!! カバーにまわれぇ!!!」

ルッキーニ「うにゃー!!!」ダダダッ



114:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 18:28:44.47 ID:KgyG9qMGo

ルッキーニ「とった!! エイラは!?」

エイラ「ふぅー。よかったぁ。当たったぁ」

ルッキーニ「ダメかぁ」

シャーリー「まさか、当ててくるなんて……」

美緒「気にするな。次は宮藤、リーネ、ペリーヌと続く」

シャーリー「それもそうですね」

美緒「バントにだけは注意だ」

シャーリー「了解」

芳佳「お願いします、シャーリーさん」

シャーリー「ああ。でも、手加減はできないからね」

芳佳「はいっ」

エイラ「……」

美緒(む。エイラ、まさか……)

シャーリー「いくぞぉ」ザッ

エイラ「今だ」ダダダッ



115:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 18:35:25.37 ID:KgyG9qMGo

シャーリー「スチールか!!」シュッ

美緒「ちっ」パシッ

エイラ「サーニャー」

サーニャ「エイラー」

美緒「サーニャ!! エイラを殺れ!!」シュッ!!

サーニャ「はいっ」ピョーンッ

バルクホルン「サーニャ!! 真面目にやれぇ!!!」

サーニャ「ま、真面目ですっ」

エイラ「サーニャは捕球が苦手だからな。これからキャッチボールして上手くなればいいだけだかんな」

サーニャ「うん、ありがとう。エイラ」

エイラ「それより、早くボールを拾ったほうがいいぞ。このままじゃ私、ホームベースまで行っちゃうからな」

サーニャ「そうね。そうするわ」テテテッ

シャーリー(ノーアウト二塁。スクイズもあるだろうな)

芳佳「えーと、こうっ。ボールがきたら、こうっ」サッ

美緒(バントの練習をおもむろ始めたか……。スクイズしかない!!)



116:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 18:41:58.47 ID:KgyG9qMGo

シャーリー「とんでけぇぇぇ!!!!」ゴォォォッ!!!!

芳佳「ひっ」

美緒(バットに当てられるものなら当ててみろ、宮藤!!)

芳佳「シールドで受けて」ドンッ

シャーリー「おいおい!! なんだよそれ!?」

芳佳「えい」コンッ

美緒「またミーナの入れ知恵か!?」

ミーナ(ルールの中にシールドでボールを受けてはいけないというものはないわ。なら、シールドでボール受け止めてからバットに当てても問題はないはず)

エイラ「もう1点はもらったー」

シャーリー「させるかぁぁ!!!」

美緒「急げ!! シャーリー!!!」

シャーリー「少佐ぁ!」シュッ

美緒「よし!!」パシッ

エイラ「させねぇぇ!!」ズサァァァ

芳佳「わーいっ。一塁に到着っ」



117:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 18:51:55.32 ID:KgyG9qMGo

3回裏 坂本1 - 2ミーナ

エイラ「これで逆転だな」

ミーナ「ここまで作戦通りね。貴方たち、よくやったわ」

エーリカ「なんのなんの。ミーナが本気になるとこんなもんだよ」

ペリーヌ「リーネさん、ここで突き放すのよ。いいですわね?」

リーネ「は、はい!」

美緒「計算外だな」

シャーリー「逆転されるなんて思ってなかったですよ」

バルクホルン「やはり投手は私が行くべきではないか?」

シャーリー「なんだよ、それ! 私が悪いっていいたいのか!?」

バルクホルン「お前がマウンドに上がったら逆転されたんだ! そう思われても仕方ないだろう!」

シャーリー「最初に同点ホームランを打たれたのはお前だろ!?」

芳佳「私、初出塁だよー、ルッキーニちゃん」

ルッキーニ「いいなぁー。あたし、まだなのに。ペリーヌのレールガン、なんとかならないの?」

サーニャ「私はここままだと打っても守ってもダメなウィッチになるかも……」



118:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 18:59:59.98 ID:KgyG9qMGo

美緒「今はリーネとペリーヌを確実に打ち取るしかない。気合を入れろ、シャーリー」

シャーリー「わかってます」

リーネ「うぅ……」

シャーリー「リーネ、悪いけどこのままではいられないんだ」

リーネ「こわい……」

シャーリー「いけぇ!!」ゴォォォッ!!!!

リーネ「ふんっ」ドンッ

美緒「またシールドか!?」

リーネ「えーいっ」カーンッ

シャーリー「それは反則だろ!!」

ルッキーニ「ぅにゃあ!!」パシッ

リーネ「え!? そんな!?」

シャーリー「ナイスキャッチ、ルッキーニ!!! これでワンアウトだ!!」

芳佳「わーいっ。初二塁だよー」

美緒「……ルッキーニ、宮藤を捕らえろ」



119:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 19:06:09.04 ID:KgyG9qMGo

エイラ「なにやってんだ、宮藤ぃ? あー? なんでダブルプレーになるんだ? なぁ?」

芳佳「あ、あの……その……」

エーリカ「ベースボールのルールもしらないのかぁー?」

芳佳「ごめんなさい……」

エイラ「中尉、これはなにか罰が必要じゃないか?」

エーリカ「そうだね。罰がいるかもね」

芳佳「やめてくださいよぉ……」

リーネ「ごめんね!! 芳佳ちゃん!! 私が凡打だったから……」

芳佳「リーネちゃんの所為じゃないから」

リーネ「ごめんね……」

エイラ「よーし、宮藤をくすぐるか」

エーリカ「それいいね。採用」

芳佳「えぇぇ!? いやぁー!! やめてくださーい!!! あ、あぁ……アァー!!!」

ペリーヌ「ふぅーんっ!!!!」ブンッ!!!!

美緒「ストライク!! バッターアウト!! チェンジ!!」



120:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 19:12:53.08 ID:KgyG9qMGo

4回表 坂本1 - 2ミーナ

ミーナ「はい。守備についてー」

芳佳「あぅぅ……ひどめにあったぁ……」

リーネ「大丈夫、芳佳ちゃん?」

ペリーヌ「全く打てませんわ……。まぁ、投げるほうで活躍できていますし、いいでしょう」

エイラ「少佐にはホームラン打たれたけどな」

ペリーヌ「それは言わなくてもよろしいでしょう!?」

エーリカ「さー、あと2回だし。しっかりやろーよ」


シャーリー「バルクホルン。レールガン対策はできたのか?」

バルクホルン「アレをどうやって打てというんだ?」

シャーリー「だよなぁ」

ルッキーニ「負けちゃうのぉ?」

サーニャ「うん……。かもしれないわ」

美緒「諦めるな。先ほど、ミーナが我々に攻略のヒントをくれただろう?」

バルクホルン「ヒント? ほ、本当か?」



121:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 19:20:09.57 ID:KgyG9qMGo

ミーナ(1点差ではあるけど。セーフティリードと言っても過言ではないかもしれないわね)

シャーリー「よーしっ」

芳佳「シャーリーさん、気合はいってますね」

シャーリー「そうか? そうだろうなぁ」

芳佳「なにかあったんですか?」

シャーリー「ああ。あったよ」

芳佳「へぇー。どんなことですか?」

シャーリー「レールガンを打つ方法さ」

芳佳「え?」

ペリーヌ「行きますわよぉ……」バチッ

シャーリー「こい……こい……こい……」

ペリーヌ「トネール!!!!」ゴォッ!!!!

シャーリー「……きたっ!!!」

芳佳「まさか!!」

ドンッ!!!



122:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 19:24:21.59 ID:KgyG9qMGo

ペリーヌ「え……!?」

ミーナ「なんですって!?」

シャーリー「そうだよな。私たちもこうやってボールをシールドで止めてから……」

エイラ「リーネ!!! さがれー!!!」

エーリカ「私もさがる!!!」ダダダッ

シャーリー「打てばよかったんだぁ!!!!」カァーン!!!!

ペリーヌ「しまった!?」

リーネ「あぁ……あぁぁ……」

エーリカ「くっ……間に合わない……!!」

リーネ「やぁー」ピョーン

エーリカ「とー」ピョーン

シャーリー「よっしゃぁ!! ホームランだぁ!!!」

ルッキーニ「シャーリー!!! ぃやったぁー!!」

バルクホルン「よくやってくれた、シャーリー」

サーニャ「これなら、私でも打てるかも……」



123:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 19:31:27.23 ID:KgyG9qMGo

4回表 坂本2 - 2ミーナ

ミーナ「――協議の結果、ゲームのバランスを崩すため現時点からシールドの使用は原則禁止にします」

美緒「それに伴い、シールドで受けなければならないレールガンも使用を禁ずる。以上」

サーニャ「やっぱり、打てないかも……」

エーリカ「レールガンを投げられなくなるなら、私たち絶望的じゃない?」

芳佳「エイラさんのナックルボールであと6つもアウト取らないといけないんですよね?」

リーネ「あぁ、エイラさん。大丈夫ですか?」

エイラ「やってみないことにはな。まぁ、ホームランを打たれるようなことにはならないと思うけど」

ペリーヌ「わたくしの活躍の場が……」

エイラ「お前はよくやった。一塁で休んでろ」

ペリーヌ「そうさせていただきますわ」

ルッキーニ「にゃはー!! さー!! こーい!!!」ブンブンッ!!!

芳佳「エイラさん、がんばりましょう!!」

エイラ「お前、ボールを後ろにだけはそらすなよ。シールドはもう使えないんだからな」

芳佳「はい!! なんとかします!!」



125:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 19:36:54.25 ID:KgyG9qMGo

ルッキーニ「ロマーニャ返しっ!!!」カーンッ!!!

エイラ「なぁ!? ペリーヌ!!!」

ペリーヌ「はぁーい」ピョーン

エイラ「ふざけんなぁぁ!!!」

ペリーヌ「慣れていないのだから仕方ありませんでしょう!?」

芳佳「それより、ボール!! ペリーヌさん、ボールを拾わないと!!」

リーネ「私がいきます!!」

エーリカ「リーネ!! こっち!!」

リーネ「はいっ!!」シュッ

エーリカ「よっと」パシッ

ルッキーニ「よゆーよゆー!!」ズサァァ

エーリカ「参ったなぁ。レールガンはシャーリーの足とルッキーニの能力を封じてたからなぁ」

ルッキーニ「甘い甘い。そんなことであたしたちは負けないんだー」

エーリカ「ホント、困ったよ」

バルクホルン「更に困らせてやる。覚悟しておけ、ハルトマン」



126:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 19:41:51.35 ID:KgyG9qMGo

エイラ「大尉はまぁ、当てられないだろ」

バルクホルン「……」

エイラ「えーいっ」ポーイッ

バルクホルン「はぁぁぁぁ!!!!」ガキィィン!!!!

芳佳「つまった!!」

エイラ「これは取れる! 中尉!!」

エーリカ「オーライ、オーライ」

ペリーヌ「ふぅ……。とりあえず、一つですわね」

エーリカ「……リーネ、そっちでお願い」

リーネ「は、はい!」

エイラ「なんでだ?」

リーネ「えーと……えーと……」

芳佳「リーネちゃん!! それ以上下がっちゃダメ!! 海に落ちちゃうよ!!」

リーネ「え!? そんな……!!」

バルクホルン「私のパワーを甘くみるな。バットの根元で打とうが飛距離は変わらない」



127:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 19:48:52.92 ID:KgyG9qMGo

4回表 坂本4 - 2ミーナ

ルッキーニ「たいいー、ナイスホームランっ」ギュッ

バルクホルン「あれぐらいはできて当たり前だ」

シャーリー「素直によろこんだら、どうだー?」

美緒「はっはっはっは。我々の勝利が見えてきたようだな」

ミーナ「くっ……」

美緒「万策尽きたか、ミーナ?」

ミーナ「エイラさん。なんとか押えて」

エイラ「りょ、了解」

美緒「コールドゲームも見えてきたな」

エイラ「中尉、あれでいくぞ」

エーリカ「オッケー」

美緒(なんだ……?)

ミーナ「作戦発動!」

エイラ「くらえー」ポイッ



128:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 19:52:48.53 ID:KgyG9qMGo

美緒(ここは見逃してみるか……)

芳佳「ストライクっ」

エイラ「よしよし」

エーリカ「ふふーん」

ペリーヌ「はぁ……少佐はバッターボックスにいても素敵ですわぁ……」

リーネ「いちっ、にっ、さんっ、しっ」

美緒(変化はなしか。ならば……)

エイラ「えーいっ」ポイッ

美緒「舞え!! れっっぷうざぁん!!!」カァーン!!!

バルクホルン「よし!! いいあたりだ!!!」

エイラ「中尉!!」

エーリカ「シュトゥルム!!!」ゴォォォッ!!!!

美緒「なに!?」

エーリカ「はいっ、アウト」パシッ

サーニャ「風でボールの勢いがなくなった……」



129:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 19:58:27.28 ID:KgyG9qMGo

サーニャ「えーいっ」ブンッ!

芳佳「ストライク。バッターアウト」

サーニャ「はぁ……」

シャーリー「サーニャの分も打ってくるよ」

サーニャ「お願いします」

美緒(ハルトマンの魔法で風を作り、ボールの落とす。これを攻略するにはハルトマンの魔法が及ばないほど高く打ち上げねばならないか)

シャーリー「さぁー。ここから私の本領発揮だぁ」

エイラ「えーい」ポーイッ

シャーリー「くらえ」コンッ

芳佳「ハルトマンさん!!!」

エーリカ「まかせろぉ」

シャーリー「どんなことしたって私のバントはセーフティに化け――」

エーリカ「シュトゥルム!!!」ゴォォォッ!!!!

ペリーヌ「きゃっ! あ、はい、アウトですわ」パシッ

シャーリー「風でボールを一塁に飛ばしたのか……。くっ……反則だろ……」ガクッ



130:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 20:29:52.28 ID:KgyG9qMGo

4回裏 坂本4 - 2ミーナ

ミーナ(フラウとエイラさんは塁に出られたけど、問題は宮藤さん、リーネさん、ペリーヌさんが打てないこと……。このままでは……)

美緒(ハルトマンの魔法を守備に利用するとは中々の戦略だが、使うのが遅すぎたな、ミーナ)

エーリカ「宮藤ー私たちにつづけー」

エイラ「私と中尉にホームベース踏ませろー」

芳佳「はーい!!」

美緒「シャーリー!! ランナーは気にするな!!」

シャーリー「了解。――おりゃぁぁ!!!」ゴォォォッ!!!!

芳佳「でぁー!!」ブンッ!!!

美緒「ストライク!!」

芳佳「むぅー」

エイラ「お前!! 三振なんかしてみろ!! 絶対に許さないかんなー!!」

芳佳「はい!!」

シャーリー「くらえっ!!!」ゴォォォォッ!!!!

芳佳「きあいだー!!!」ブンッ!!!!



131:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 20:37:13.80 ID:KgyG9qMGo

5回表 坂本4 - 2ミーナ

ルッキーニ「うにゃぁ!!」カキーン!!!

シャーリー「走れ!! ルッキーニ!!」

ルッキーニ「やったぁー!!」

エーリカ「シュトゥルム!!!」ゴォォォッ!!!!

ペリーヌ「はい。アウトですわ」パシッ

ルッキーニ「……」

バルクホルン「ルッキーニ少尉……」

ルッキーニ「うぇぇぇん!!! なんでいじわるするのぉー!!!」

シャーリー「よしよし。これが終わったら魔法なしのベースボールしような?」

ルッキーニ「うっく……ほんとぉ……?」

シャーリー「ホント、ホント」

バルクホルン「ハルトマン。私には通用しないぞ」

エーリカ「やってみれば、わかるよ」

バルクホルン「その減らず口をボールと共に葬ってやる!! こい!! エイラ!!!」



132:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 20:50:28.05 ID:KgyG9qMGo

5回裏 坂本4 - 2ミーナ

美緒「遂に最終回か」

バルクホルン「すまない。最後の打席でホームランを打つつもりだったんだ……!!」

シャーリー「あんな大振りしてたら当たらないだろ」

ルッキーニ「あのホームランはまぐれだったんだ」

サーニャ「そうなのかな?」

バルクホルン「くっ……」

美緒「私たちは2点もリードしている。ハルトマンとエイラさえ凌げば、問題ないんだ」


ミーナ「……みなさん。遂に最終回となりました」

芳佳「はい」

ミーナ「延長があるとはいえ、私はそこまで勝負を引き伸ばそうとは思っていません」

リーネ「では、最終作戦を発動させるんですね?」

ミーナ「勿論です。このために温存してきたのだから」

ペリーヌ「分かりましたわ。勝ちにいきましょう」

ミーナ「――『勝利の矢作戦』を発動します!!!」



133:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 21:09:16.16 ID:KgyG9qMGo

エーリカ「どこからでもこーいっ。にひぃ」

美緒「シャーリー」

シャーリー「はーい」シュッ

エーリカ「え? 敬遠?」

美緒「お前にわざわざバットを振らせることもないからな」

エーリカ「えー? つまんなーい」

ミーナ(フラウが敬遠されるのは予想通り……。まだ、大丈夫)

美緒「――フォアボール。いけ、ハルトマン」

エーリカ「はぁーい」テテテッ

エイラ「私とは勝負してくれるのか、シャーリー?」

美緒「ルッキーニ、シャーリー! 交代しろ!!」

エイラ「ルッキーニ? ここで投手変えるのか」

シャーリー「頼むぞ」

ルッキーニ「あいっ!!」

ミーナ(シャーリーさんは守備範囲が広いものね)



134:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 21:13:56.36 ID:KgyG9qMGo

美緒「ルッキーニ。私が構えたところに投げろ。それだけでいい」

ルッキーニ「りょうかいっ」

エイラ「なめやがってぇ。シャーリーのボールを打ったんだぞ」

美緒「抜群のコントロールを有する者の強さを目の当たりにするがいい」

エイラ「コントロールよりスピードじゃないのか」

ルッキーニ「そー……れっ!」シュッ

エイラ「おらぁ!」キィン!!

ルッキーニ「あにゃぁ」

エイラ「ファールか」

美緒「それでいい。次、投げてこい」

ルッキーニ「了解っ!」

エイラ「……あれ?」

エイラ(なんでだ……。ヒットになる未来が見えてこないぞ……)

ルッキーニ「ぅにゃっ!」シュッ

エイラ「くっ!!」ギィィン!!



135:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 21:21:09.31 ID:KgyG9qMGo

美緒(エイラがいくら未来を予知しコースを読もうとも、打てないコースは存在する)

ルッキーニ「にゃっ!!」シュッ

エイラ「くっ!!」ガキィィン

ルッキーニ「エイラ、しつこーい」

エイラ「お前! もう少し優しいところに投げて来いよな! ギリギリのアウトコースとインコースばっかりじゃないか!!」

ルッキーニ「だって、少佐がそこにしか構えないんだもん」

エイラ「なんで毎回的確に投げられるんだよ」

ペリーヌ「ルッキーニさんの天性の才能がここで発揮されていますわね」

リーネ「そうか。ルッキーニちゃんは狙った的は外さないから」

芳佳「すごいね。あんなギリギリに投げ込めるなんて。私だったら打者に当てちゃってるか大暴投になってるよぉ」

ルッキーニ「これでおわりっ!!」シュッ

エイラ「おわらせるかー」ガキィィン!!!

ルッキーニ「むー……」

美緒(ルッキーニ、ここに全力で投げ込め)

エイラ(インハイのボールが来る! でも、これは……!)



136:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 21:25:34.52 ID:KgyG9qMGo

ルッキーニ「うじゅー!!!」シュッ

エイラ「あぁー!!!」ブンッ!!!

美緒「ストライク、バッターアウト!!」

エイラ「くそぉ……。あたんねぇ……」

リーネ「そんなぁ。エイラさんでも無理だなんて……」

エイラ「もっと素振りしてれば別だったんだろうけど、あのコースは分かってても打てないな」

美緒(勝ったな。あとは宮藤とリーネを抑えれば終わる)

ルッキーニ「さー! 芳佳ぁー。はやくやろー!!」

芳佳「ごめん、ルッキーニちゃん。私じゃないのー」

ルッキーニ「え?」

バルクホルン「宮藤じゃない? だったら、誰が……」

ミーナ「――代打、私」

シャーリー「中佐!?」

サーニャ「ミーナ隊長が動いた……」

ルッキーニ「あわわわ……!!」



137:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 21:32:26.64 ID:KgyG9qMGo

美緒「いつかはこうなるとは思っていたが、今更過ぎるなミーナ」

ミーナ「……」グッ

美緒「お前だけの力では覆らないぞ。それにルッキーニのコントロールは並では――」

ミーナ「黙って」

美緒「はい」

バルクホルン(外野にいてもミーナの威圧感が肌に刺さるようだ)

シャーリー(あんなに真剣な中佐、久しぶりに見たな)

サーニャ(ちょっとねむくなってきちゃった)

ルッキーニ「おぉぉ……」

ミーナ「……どうしたの?」

ルッキーニ「あにゃぁ!?」

ミーナ「早く投げてきなさい、フランチェスカ・ルッキーニ少尉」

ルッキーニ「あぅ……えと……」

エーリカ「いいぞー、ミーナ。ピッチャーびびってるー」

エイラ「宮藤たちもビビってるけどなー」



138:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 21:39:12.13 ID:KgyG9qMGo

芳佳「ペリーヌさぁーん……ミーナ中佐がこわいですよぉ……」ギュゥゥ

ペリーヌ「あ、あれが本当のミーナ中佐なのですわよ、宮藤さん……」ギュゥゥ

リーネ「ふんっ! ふんっ!!」ブンッ!!ブンッ!!

ルッキーニ「あぅぅ……」

ミーナ「早く」

ルッキーニ「ひぃ……」

ミーナ「早く投げなさい!!! 命令です!!!」

ルッキーニ「はいぃぃ!!!」ポイッ

シャーリー「あ!? バカ!!」

美緒「総員、下がれー!!!!」

サーニャ「了解!」テテテッ

シャーリー「くっそぉ!!!」ダダダッ

ミーナ「みんないつも好き勝手にして……私の……私の命令ぐらい……!!」

サーニャ「きゃっ」ズサァァ

ミーナ「きいてっ!!!!!」カキィィィン!!!!!



139:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 21:46:28.69 ID:KgyG9qMGo

エイラ「サーニャがころんだぁー!!!」

シャーリー「バルクホルン!!!」

バルクホルン「シャーリー!! 私を投げろ!!!」

シャーリー「飛ばすぞ!!」

バルクホルン「思い切りやれ!! でなければ届かない!!」

シャーリー「いくぞぉ……!! せーのっ!! ――いけぇぇ!!! バルクホルン!!!」ブゥンッ!!!

バルクホルン「うおぉぉぉ!!!!」ゴォォォ!!!!

芳佳「バルクホルンさんが飛んだー!!」

ペリーヌ「そんなのアリですの!?」

美緒「バルクホルーン!!! 捕れー!!!」

バルクホルン「はぁぁ!!! もうすこしで……!!」

シャーリー「あ、ダメだ。飛ばす角度間違えたな」

バルクホルン「シャーリィィィ!!!」

サーニャ「いたい……」

エイラ「大丈夫か、サーニャ!?」



140:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 21:50:54.26 ID:KgyG9qMGo

5回裏 坂本4 - 4ミーナ

エーリカ「いえーい、ミーナやるじゃーん」

ミーナ「いいストレス解消になったわ」

芳佳「怖かったけど、かっこよかったです!!」

ペリーヌ「ミーナ中佐が味方でよかったと思えましたわ」

エイラ「おまえらぁ、サーニャの心配ぐらいしろー」


ルッキーニ「ごめんなさぁぁぁい……」

シャーリー「ルッキーニの所為じゃない」

サーニャ「ごめんなさい。私がころんだばっかりに」

バルクホルン「いや、シャーリーが全面的に悪いな」

シャーリー「風邪引くなよ」

バルクホルン「誰のせいで海に叩きつけられたと思っているんだ!!!」

美緒「気持ちを切るな!!!」

バルクホルン「少佐……!」

美緒「まだ同点だ!! ここを凌げば勝機はある!!! いくぞ!!!」



141:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 21:53:52.58 ID:KgyG9qMGo

ルッキーニ「ぅにゃー!!」シュッ

リーネ「えいっ!」ブンッ!!

美緒「ストライク! バッターアウト!!」

リーネ「ごめんなさい……」

芳佳「リーネちゃん、大丈夫だから!」

リーネ「うん……」

エイラ「ペリーヌ、決めてこいよな」

ペリーヌ「……」

ミーナ「ペリーヌさん。貴方に託します」

ペリーヌ「はい」


美緒「投手を変更する。バルクホルン」

バルクホルン「ああ」

美緒「いけるな?」

バルクホルン「エースの仕事をしてこよう」

シャーリー「いつからバルクホルンがエースになったんだ?」



142:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 21:58:50.43 ID:KgyG9qMGo

バルクホルン(ここに戻ってくることができた。このマウンドに……)

ペリーヌ「……」

バルクホルン「この復帰戦。負けられない」

美緒(こい。バルクホルン。お前の魂をぶつけてこい)

バルクホルン「いくぞ……」ザッ

芳佳「大丈夫かなぁ、ペリーヌさん」

エイラ「まぁ、なんとかなるだろ」

ミーナ「そうね。ペリーヌさんは本来エースで4番を任せてもよかったぐらいだもの」

リーネ「がんばって、ペリーヌさん」

バルクホルン「いくぞ!! ペリーヌ・クロステルマン中尉!!!」

ペリーヌ「……」バチッ

バルクホルン「ぅおおりゃぁぁあああ!!!!!」ゴォォォォ!!!!

ペリーヌ「トネール!!!!」ブンッ!!!!

美緒「なんだと!?」

ドォォォォォン!!!!!!



143:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 22:03:46.18 ID:KgyG9qMGo

ルッキーニ「あれ? ボールは?」

美緒「サーニャ」

サーニャ「……確認しました。ペリーヌさんの打球は現在高速で移動中です」

シャーリー「てことは……?」

ペリーヌ「やりましたわー」タタタッ

エーリカ「やったぁー!!!」

エイラ「ま、こんなもんだな」

芳佳「すっごーい!!! バルクホルンさんより飛んだー!!」

リーネ「やりましたね、ペリーヌさん!!」

ペリーヌ「こ、これぐらいは朝飯前ですわねっ」

美緒「……ミーナ」

ミーナ「ペリーヌさんのレールガンは投げるだけだと思っていたのかしら?」

美緒「ここまで隠してきたのは……」

ミーナ「ペリーヌさんが全打席敬遠されると困るもの」

美緒「ミーナ……。完敗だ……」



144:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 22:11:44.68 ID:KgyG9qMGo

ミーナ「坂本軍4点。ミーナ・ウルフルズ5点で、ミーナ・ウルフルズの勝利」

芳佳「わーい!! ぃやったー!!」

リーネ「芳佳ちゃーん!!」ギュッ

芳佳「勝ったよー!! リーネちゃーん!!」ギュッ

リーネ「うん!! 勝ったんだね、私たち!!」

エイラ「はぁー。つかれたぁ」

ペリーヌ「わたくしもですわ……。こんなにトネールを使ったのは初めて……」

ルッキーニ「うぇぇぇぇん!! なっとくできにゃぁぁぁい!!!」

サーニャ「ごめんなさい、私が何もできなくて、ごめんなさい」

美緒「ミーナのほうが上手だっただけだ。お前たちはよくやってくれた」

シャーリー「あー!! 悔しいなぁ!! もう一回できませんか、少佐!?」

美緒「も、もう一戦か? そうだな。できることなら次は魔法なしでやりたいものだ」

シャーリー「バルクホルンだってやりたよな!?」

バルクホルン「そうだな。負けたままでは私のプライドが許さない」

ミーナ「仕方ないわね。次は魔法なしでやりましょうか?」



146:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 22:24:38.11 ID:KgyG9qMGo

エイラ「もう一戦するのはいいけどさぁ、ボールはどうするんだ?」

美緒「なに? まだあるだろう?」

リーネ「それがペリーヌさんのレールガンでもう……」

シャーリー「もしかして、ペリーヌが打ったので最後だったのか?」

エイラ「一球投げるごとに丸焦げにしてたからなぁ。ホームランボールも今は海の底だし」

芳佳「えー!? それじゃあ、もう野球できないんですかー!?」

バルクホルン「そういうことになるな」

エーリカ「なんかでボールつくれないの?」

シャーリー「今から探しても今日はできないぞ」

ルッキーニ「うぇー。それじゃあ、どうするのー? 折角のお休みなのにぃー」

リーネ「あのぉ。とりあえず、食事にしませんか?」

エーリカ「さんせー!! 良い考えじゃん、リーネ!! もうお腹すいたよー」

美緒「ボールが無くなっては仕方ないな。ミーナ、ボールの補給は可能か?」

ミーナ「一応頼んでみるけど、生活必需品でもなんでもないから遅くなるわよ?」

芳佳「……」



147:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 22:31:54.08 ID:KgyG9qMGo

食堂

ルッキーニ「ごちそーさまぁ!!! シャーリー!! あそぼー!!」

シャーリー「なにしてだよ?」

ルッキーニ「とにかくあそぶのぉー!! 芳佳もー!!」

芳佳「うん。でも、洗い物があるから先に行ってて」

ルッキーニ「わかったぁー」

ペリーヌ「わたくしは読書でもしていようかしら」

エーリカ「私はねよっーと」

ミーナ「もっと有意義な使い方があると思うけれど?」

エーリカ「誰かがお菓子もってきてくれるなら、食べるけど?」

ミーナ「あのね……」

サーニャ「とても楽しかったわ」

エイラ「そうだなー。普段、絶対にできないしなー」

美緒「全員でこんなことをしたのも初めてだったからな。いいリフレッシュになった」

バルクホルン「これだけ遊べれば全員十分英気養えたはず。文句は言わせないぞ」



148:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 22:36:04.93 ID:KgyG9qMGo

リーネ「またしたいよね、芳佳ちゃん」

芳佳「うん。絶対しようね」

バルクホルン「宮藤」

芳佳「なんですか?」

バルクホルン「もういいな?」

芳佳「はい! こんなに楽しい日、生まれて初めてです!! ありがとうございます!! バルクホルンさん!!」

バルクホルン「そうか。今後、急に泣き出しても大目には見ないぞ。わかったな」

芳佳「え? あの、もしかして、前にキャッチボールしたときのことを……」

バルクホルン「以上だ!!」

芳佳「バルクホルンさーん!!」

リーネ「バルクホルンさん、芳佳ちゃんのことすっごく心配してたんだね」

芳佳「うん。何かお礼しなきゃ」

リーネ「今度、ケーキでも焼く?」

芳佳「うん、そうだね。バルクホルンさん、喜んでくれるかなー?」

リーネ「絶対に喜んでくれるよ」



149:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 22:40:28.34 ID:KgyG9qMGo

通路

エイラ「サーニャ、これから一緒になんかしないか?

サーニャ「なにかって?」

エイラ「例えば……えーと……。あぁー。いざとなると、やりたいことが多すぎて迷うなぁー」

サーニャ「ふふっ。ゆっくり考えてね、エイラ」

エイラ「ダナ!!」

芳佳「……」

サーニャ「芳佳ちゃん?」

芳佳「あ、サーニャちゃん、エイラさん」

エイラ「なにやってんだよ? グローブが気になるのか?」

芳佳「えっと……少し……」

エイラ「なんだよ。ボールはないんだし、ベースボールはもう無理だぞ」

芳佳「いえ、その……キャッチボールが……できればいいなって……」

エイラ「キャッチボールがしたいのか?」

芳佳「はい。でも、またボールが届くって坂本さん言ってましたし、我慢しなきゃいけないですよね!! すみません!! 失礼します!!」



150:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 22:44:57.71 ID:KgyG9qMGo

サーニャ「芳佳ちゃん、元気なかったわ……」

エイラ「なんだろうな」

サーニャ「エイラ、キャッチボールしてあげる?」

エイラ「いや、でも、ボールないし」

サーニャ「私、1球だけ持ってるけど」

エイラ「あぁ! そういえばそうだったな。あぁ、でも、これから折角サーニャと二人で色々しようと思ってたのに……」

サーニャ「芳佳ちゃんが心配じゃないの?」

エイラ「心配は心配だけどさ……」

サーニャ「エイラ。私じゃキャッチボールできないのよ? だから、エイラが……」

エイラ「えー? あ、それなら暇そうな人捕まえて頼めばいいんじゃないか?」

サーニャ「誰のこと?」

エイラ「えーと……」

バルクホルン「――やることがないというのも問題だな。暇で仕方がない」

エイラ「たいいー」

バルクホルン「なんだ?」



151:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 22:49:05.51 ID:KgyG9qMGo

格納庫

芳佳「ルッキーニちゃん、どこで待ってくれてるんだろう……」

バルクホルン「宮藤」

芳佳「え?」

バルクホルン「ほらっ」

芳佳「グローブ……。なんですか?」

バルクホルン「キャッチボールでもするか」

芳佳「で、でも、ボールが……」

バルクホルン「ここにある。サーニャが1球だけ所持していた」

芳佳「あー!! そうでしたー!! サーニャちゃん、1球持っていたんだった」

バルクホルン「それで、するのか?」

芳佳「します!!」

バルクホルン「では、もう少し離れろ」

芳佳「はいっ!!」

バルクホルン「全く。サーニャは元気がないと言っていたが、そんなことはなさそうだな」



153:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 22:53:33.63 ID:KgyG9qMGo

芳佳「えーいっ」シュッ

バルクホルン「……」パシッ

芳佳「えへへ」

バルクホルン「楽しくなかったのか?」

芳佳「え?」

バルクホルン「ベースボールだ。楽しくはなかったのか?」

芳佳「すっごく楽しかったですよー!!」

バルクホルン「では、何か心残りでもあったのか?」シュッ

芳佳「心残りというか……」パシッ

バルクホルン「はっきり言え」

芳佳「キャッチボールしていて、思い出したんです」

バルクホルン「思い出した?」

芳佳「お父さんともキャッチボールしてたんです。勿論、こんな硬いのじゃなくて柔らかいボールでですけど」シュッ

バルクホルン「宮藤……」パシッ

芳佳「それであのとき、涙が……出てきちゃって……えへへ……」



154:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 23:00:57.96 ID:KgyG9qMGo

バルクホルン「お前はベースボールよりもキャッチボールがしたかったというわけだな?」

芳佳「ち、違いますよ!! ベースボールは本当にしたかったですし、面白かったですから!! ただ、キャッチボールもしたかっただけで……」

バルクホルン「それを先に言え!!」シュッ

芳佳「わっ!!」パシッ

バルクホルン「ならば、ミーナと少佐に無理を言って全員を非番にさせることもなかっただろ」

芳佳「えー? どうしてですか?」

バルクホルン「キャッチボールの相手なら、私だけでも十分だろう」

芳佳「……」

バルクホルン「全く。何のためにシャーリーにまで頭を下げたのか分からないな。つまらない借りを作っただけだ」

芳佳「……っ」

バルクホルン「いいか!? 私はお前やルッキーニが日々の生活で精神的に追い込まれていると思ったから――」

芳佳「ぐっ……うぅ……」

バルクホルン「宮藤!? どうした!? そんなに強く投げたつもりはなかったが……!! どこだ? 見せてみろ」

芳佳「バルクホルンさん……ありがとうございます……」ギュッ

バルクホルン「お、おい。なんだ? どうしたんだ?」



156:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 23:06:27.35 ID:KgyG9qMGo

芳佳「うわぁぁん……」

バルクホルン「おい、泣くな。そんなに痛かったのなら、医務室に行くぞ」

シャーリー「……バルクホルン?」

バルクホルン「な、シャーリー!?」

ルッキーニ「芳佳がないてるぅ……」

リーネ「芳佳ちゃんに何をしたんですか?」

バルクホルン「何もしていない。宮藤が勝手に泣き出しただけだ」

シャーリー「可哀相な宮藤だな」

ルッキーニ「だね」

バルクホルン「おまえたち!! いい加減にしろ!!!」

芳佳「バルクホルンさん……」

バルクホルン「だから、どうしたんだ?」

芳佳「キャッチボール、たくさんしてください」

バルクホルン「してやると言っているだろう。ほら、もう一度、距離をとれ。いくぞ」

芳佳「はいっ!!」



157:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 23:13:22.72 ID:KgyG9qMGo

美緒「つまり、なんだ、ミーナがあんなに熱くなっていたのは、バルクホルンのためだったのか?」

ミーナ「ええ。トゥルーデがただ遊ぶことに真剣になっていたんですもの。私もそれなりに真剣じゃないと、ね?」

エーリカ「あれは真剣すぎるよ。みんな怖がってたじゃん」

美緒「それに最後の打席で放った言葉も冗談には聞こえなかったぞ」

ミーナ「当然よ。冗談じゃないもの」

エーリカ「うわぁ……」

美緒「と、ともかく、ボールの件はよろしく頼む」

ミーナ「はいはい。キャッチボールぐらいはしてもいいかもしれないわね」

バルクホルン「しまっていくぞー」

芳佳「バッチこーい!」

シャーリー「いつでもいいぞー」

ルッキーニ「こっちもー!!」

リーネ「準備できましたー」

美緒「なんだ?」

ミーナ「あら? ボールはないはずじゃ……」



158:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/21(水) 23:23:47.96 ID:KgyG9qMGo

バルクホルン「ふんっ!!」シュッ

芳佳「でぇーい!!」ブンッ!!

リーネ「ストライク!」

芳佳「ダメだぁ。なんでかなー?」

エーリカ「なになにー!? なんでベースボールしてるんだよー!! 私もまぜてー」

シャーリー「ボールが1球だけ残ってたんだよ」

美緒「ほう。それで他の者には秘匿にして、始めたのか?」

バルクホルン「違う。本当は宮藤とキャッチボールしていただけなんだ。なのに、ルッキーニたちが混ぜろと言ってきて……」

ルッキーニ「みんなでしたほう面白いもん」 

ミーナ「そういうことなら、全員を招集しましょうか?」

美緒「そうだな。呼んで来よう」

バルクホルン「結局、賑やかになってしまうのか。宮藤、本当にいいのか?」

芳佳「はい! みんなと野球なんて普通はできませんし」

バルクホルン「そうか。では、ボールを無くさないように気をつけろ。無くせばキャッチボールができなくなるからな」

芳佳「了解! 絶対になくしません!! 私、バルクホルンさんとキャッチボールしたいですから!!」


おしまい。



転載元
バルクホルン「しまっていくぞー」芳佳「バッチこーい!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1400414097/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月22日 01:50
      • エイラちゃんに僕のバットを試して貰いたい。
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月22日 02:54
      • かなり面白かったぜ。
        ミーナさんやペリーヌが活躍してるのも嬉しいし。
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月22日 03:40
      • なぜこうもストパンのSSはクオリティが高いのか
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月22日 07:50
      • 他にもストパンSSあるはずなんだけどな
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月22日 08:10
      • >エイラ「サーニャ。もっとお尻を突き出す感じでたのむ」
        >サーニャ「こう?」
        いつも通りラブラブだな(白目)
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月22日 08:38
      • ※1
        汚いつまようじダナ
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月22日 10:20
      • これは統合戦闘航空団リーグ開催不可避
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月22日 11:33
      • ペリーヌのレールガンは対ネウロイ兵器としても活躍出来そうやな…
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月22日 11:42
      • こうやって全員に見せ場を作ることがやっぱり大事だよな
        キャラ多いから大変だけど
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月22日 13:23
      • なぜ、我が家のストパン同人誌はハルトマンの金蹴り本しか無いのか?
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月22日 14:09
      • リーネちゃんの弾道操作を期待したのに…
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月22日 21:51
      • 5  
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月22日 23:42
      • いい話だ
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月23日 00:55
      • ストパンSSコメつかないな
        オワコンなのか
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月23日 23:52
      • もっさん
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月24日 03:46
      • みんなこんな自由自在でもないぞ
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月11日 17:49
      • 更新なしか…
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年11月10日 18:20
      • これところどころジャストミートのネタ入ってるのかな

        あの漫画古すぎて知ってる奴少ないだろうけど
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年01月29日 06:16
      • 面白かった、キャッチボールしたくなったわ

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ