TOP

キョン「よ、よう、ハルヒ……」ハルヒ「…………」

1: ◆2LEFd5iAoc:2014/05/18(日) 22:00:50.19 ID:CxCidRcW0

キョン「どう、したんだ……?こんな―――時間に」

ハルヒ「別に、ただ忘れ物―――あんたの被っているその水着を忘れたの思い出して取りに来たのよ」

キョン「そ、そうか……」

ハルヒ「―――で、なんでアンタは、私の水着を被って―――」

ハルヒ「―――私の机でブリッジして―――」

ハルヒ「―――その、股間のモノを触ってるのかしら―――?」

キョン「―――――――――これは、」



2: ◆2LEFd5iAoc:2014/05/18(日) 22:04:35.22 ID:CxCidRcW0

キョン「これは、罰ゲームなんだよ」

ハルヒ「…………罰ゲーム?」

キョン「そうだ、罰ゲームだ。実は、谷口との遊びでな―――。恥ずかしながらそれに敗北した俺は、
罰ゲームとしてこんな事をやらされている訳だ」

ハルヒ「―――つまり、私は罰ゲームの似合う女ってわけ?」



3: ◆2LEFd5iAoc:2014/05/18(日) 22:07:34.83 ID:CxCidRcW0

キョン「―――いや、それは違うぞ」

ハルヒ「何が―――違うのかしら?」

キョン「おまえは―――勘違いをしている」

ハルヒ「勘違い?それは―――何がかしら」

キョン「罰ゲームの、内容だ―――」

ハルヒ「どう―――違うのかしら?」



5: ◆2LEFd5iAoc:2014/05/18(日) 22:20:44.52 ID:CxCidRcW0

キョン「罰ゲームの内容は、こうだ―――」

キョン「―――『自分の中で最も可愛いと思う女子の持ち物を使って、自分の思いつく一番相手にやって欲しい事をする』」

ハルヒ「――――――ッッ!!!」

キョン「(あと―――。一押しだ)」

キョン「すまない、ハルヒ。罰ゲームとはいえ、お前の水着を汚してしまった。
罰ゲームの内容がいちばん可愛いだったから、俺にはハルヒ以外思いつかなかったんだ」

ハルヒ「―――別に」

キョン「(勝った―――!)」

ハルヒ「罰ゲーム、なんでしょ。どんな事してそうなったか知らないけど。やっぱり約束は、守るべきよ」

ハルヒ「どうせ、とろいアンタは谷口がその罰ゲームを提案するまで知らなかったんでしょ?どういう罰ゲームなのかを」

キョン「あぁ、恥ずかしいことにな」

ハルヒ「―――そう。なら、いいわ」



7: ◆2LEFd5iAoc:2014/05/18(日) 22:26:04.45 ID:CxCidRcW0

キョン「許して―――くれるのか?」

ハルヒ「別に、怒ってなんかいないわよ」

キョン「そうか。ありがとう、ハルヒ。やっぱりお前は最高だ」

ハルヒ「―――バカキョンに言われても何ともないわよ。それより、谷口の連絡先、教えてくれる?」

キョン「いいけど、どうするんだ?」

ハルヒ「別に。ただ、谷口に協力してほしい事が出来ただけよ」

キョン「そうか。じゃあ、後で送ろう。そうだ、もう遅いし、一緒に帰るか」

ハルヒ「―――――――うん」



翌日、谷口は学校に来なかった。



9: ◆2LEFd5iAoc:2014/05/18(日) 22:33:34.60 ID:CxCidRcW0

国木田「ねぇキョン聞いた?谷口、昨日夜に出掛けてから帰ってきてないらしいよ」

キョン「なに?谷口が?」

国木田「うん。携帯も繋がらないらしいんだ。僕も昨日から電話してるんだけど……」

キョン「―――まさか。谷口の事だから、タチの悪いイタズラにでも出会い系のメールにでも騙されたんだろ」

国木田「そうだね、それだといいんだけど―――。」

今日は、ハルヒは静かに机で寝ていた。



11: ◆2LEFd5iAoc:2014/05/18(日) 22:41:09.38 ID:CxCidRcW0

キョン「まさか―――まさかな」

俺は寝ていたハルヒの寝顔を思い出しながら、白濁の思いを吐き出した。

キョン「ふぅ……ハルヒ。俺は信じてるぜ―――」

ハルヒ抱き枕を抱きしめながら、俺は深い眠りに就いた。

その後しばらく、クラスだけではなく学校中が消えた谷口の噂でもちきりだった。
一方のハルヒはすこぶる機嫌が良かった。可愛い。



13: ◆2LEFd5iAoc:2014/05/18(日) 22:49:09.17 ID:CxCidRcW0

それからしばらく、古泉の最近ハルヒの情緒は異常なほど安定しているだとか、長門の観測した異常なハルヒの能力の予兆が不自然な速さで消失だとか、朝比奈さんの禁則事項が禁則事項で禁則事項なんです、などという話があったが。

たまたまハルヒが忘れたハンカチを見つけた俺に、そんな瑣末なことは吹き飛んだ。

俺は服を脱ぎ、ハルヒの机の上でがに股になりハンカチでマイサンを包み込んだ



14: ◆2LEFd5iAoc:2014/05/18(日) 23:01:00.30 ID:CxCidRcW0

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハルヒハルヒハルヒアハルヒハルヒハルウゥッ―――!!ドピュッ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハッ―――ハァッ―――ハァ―――ハッ!!??」

ハルヒ「――――――」

キョン「ハル、ヒ―――?」



15: ◆2LEFd5iAoc:2014/05/18(日) 23:08:14.24 ID:CxCidRcW0

キョン「ハルヒ―――いつから、そこに?」

ハルヒ「816番目の―――私からよ」

キョン(816?いつもなら950はいける筈なのに、やはり前回の水着で―――いや、今はそうじゃない」

ハルヒ「――――――で」

キョン(どう乗り切る……?この状況で―――!!)」

ハルヒ「これは一体、どういう事なのかしら―――?」



17: ◆2LEFd5iAoc:2014/05/18(日) 23:12:08.38 ID:CxCidRcW0

キョン「(考えろ俺!すべての細胞をこの危機を乗り越えるために使え!!)」

ハルヒ「これも―――」

キョン「(―――!ある)」

ハルヒ「罰ゲームなのかしら―――?」

キョン「(―――最後の一手が、まだ!)」

キョン「違うんだ、ハルヒ。今回は、違う」

ハルヒ「どう―――違うのかしら」



18: ◆2LEFd5iAoc:2014/05/18(日) 23:14:42.52 ID:CxCidRcW0

キョン「これは―――遺言なんだ」

ハルヒ「遺言―――?」

ハルヒ「それは―――誰の?」

キョン「もちろん―――谷口のだよ」

ハルヒ「谷―――口―――?」



21: ◆2LEFd5iAoc:2014/05/18(日) 23:19:18.66 ID:CxCidRcW0

ハルヒ「―――何言ってるの?まだ谷口が殺されてるとは―――」

キョン「あぁ、勿論その通りだ。けど、前に谷口に頼まれたんだよ」

キョン「もし俺の身に何か起こったと思ったなら、ソレをやってくれってね―――」

ハルヒ「―――ソレが」

キョン「―――そう、コレだ」



22: ◆2LEFd5iAoc:2014/05/18(日) 23:23:27.86 ID:CxCidRcW0

ハルヒ「つまり―――何?『もし俺がが死んだら涼宮のハンカチを股間に巻いて命の種を吹き込んでくれ』
そういう―――事かしら」

キョン「―――いや、それは違うぞ」

ハルヒ「何が―――違うのかしら?」

キョン「おまえは―――勘違いをしている」

ハルヒ「勘違い?それは―――何がかしら」

キョン「遺言の、内容だ―――」

ハルヒ「どう―――違うのかしら?」



23: ◆2LEFd5iAoc:2014/05/18(日) 23:33:07.82 ID:CxCidRcW0

キョン「遺言の内容は、こうだ―――」

キョン「―――『自分の中で最も可愛いと思う女子の持ち物を使って、その女子とやりたい事をする』」

ハルヒ「――――――ッッ!??」

キョン「(もう―――。一歩だ)」

キョン「すまない、ハルヒ。遺言とはいえ、お前のハンカチを汚してしまった。
遺言の内容がいちばん可愛いだったから、俺にはハルヒ以外思いつかなかったんだ」

ハルヒ「―――別に」

キョン「(取った―――!)」

ハルヒ「遺言、なんでしょ。どうしたそんな事遺言にしたのか知らないけど。やっぱり遺言は、守るべきよ」

ハルヒ「けど―――キョン。ホントに私ので良かったの?谷口なら、もっと他の女子のも―――」

キョン「いや、谷口も満足だと思うぜ。あいつは前から、ハルヒと俺が付き合えば世界はもっと素晴らしくなると言ってたし」

キョン「(言ってないけど)」

ハルヒ「ふぅん……谷口が―――そんな事」

キョン「あぁ、もし式を挙げた時には俺が幹事をやりたいとも言ってたな」

キョン「(言ってないけど)」



25: ◆2LEFd5iAoc:2014/05/18(日) 23:36:58.21 ID:CxCidRcW0

ハルヒ「そう、谷口が―――」

ハルヒ「まぁ、故人の願いは叶えてやるべき―――よね」

キョン「許して―――くれるのか?」

ハルヒ「別に、怒ってなんかいないわよ」

キョン「そうか。ありがとう、ハルヒ。知ってたけどお前は最高だ」

ハルヒ「―――バカキョンに言われても何ともないわよ」

キョン「そうか。じゃあ、後で送ろう。そうだ、もう遅いし、一緒に帰るか」

ハルヒ「―――――――うん」



翌日、谷口は学校に来た。



30: ◆2LEFd5iAoc:2014/05/18(日) 23:46:34.32 ID:CxCidRcW0

谷口はここ数日の記憶がないという。
ただ、誰かの『自分の言葉に感謝しなさい』という言葉はうっすら覚えていたらしい。
そして谷口が来たその放課後、俺は古泉から前日に激しいストレスで発生した過去最強の神人が出たがものの数分で消滅したこと。
長門の前日の深夜0時に超強力な情報爆発が確認された事。
朝比奈さんの禁則事項を禁則事項にした結果、禁則事項が起こった可能性などを聞かされたが、俺はハルヒが授業中に眠っているときにハルヒの太ももを触ったこととハルヒの「むにゃ…」という一言で頭に入ってこなかった。



33: ◆2LEFd5iAoc:2014/05/18(日) 23:55:18.44 ID:CxCidRcW0

俺は誰もいなくなった教室で、ハルヒの机の上で延髄を使って頭立し、足をY字に開きハルヒの太ももの感触とむにゃ発言を思い出しながらマイサンを扱きあげる。

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハルヒハルヒハルヒアハルヒハルヒハルウゥッ―――!!ドピュッ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハッ―――ハァッ―――ハァ―――ハッ!!??」

ハルヒ「――――――」

キョン「ハル、ヒ―――!?」




キョン「よ、よう、ハルヒ……」

ハルヒ「…………」




終わり



34: ◆2LEFd5iAoc:2014/05/18(日) 23:58:38.59 ID:CxCidRcW0

終わりです。皆さんご朗読ありがとうございます。



37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/05/19(月) 00:18:39.51 ID:KM4fXMKP0

これを声に出すのはちょっと…



転載元
キョン「よ、よう、ハルヒ……」ハルヒ「…………」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1400418040/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 02:19
      • なんかもうハルヒssなだけでしみじみとするな・・・
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 02:20
      • キョンwww
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 02:28
      • ハルヒSSはパイナポゥが好きだったな…
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 02:32
      • 5 内容ぶっ飛んでるのに、なぜかほっこりとしてしまうのはなぜだろう。
        ssとは関係ないけど、ハルヒ全編アニメ化して欲しいと本気で願ってる。
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 02:34
      • 5 谷口wwww
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 02:38
      • 朗読はさすがにできねえわ
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 03:23
      • 面白い
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 03:39
      • ハルヒSSでぶっ飛んだ内容だと誰かを思い出す
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 03:56
      • これをやり過ごせるんなら、大概のことはやり過ごせるな
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 04:23
      • 素晴らしい
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 05:01
      • 朗読は今の俺のレベルじゃまだ無理だな
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 05:16
      • 最後まで耐えきったのに朗読でやられた

        南部は今何やってんだろうな
      • 13. MCC
      • 2014年05月19日 05:29
      • 5
        スバラシイジャアナイカ
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 05:48
      • スレの日付をチェックしちまったよ
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 07:03
      • ハルヒssまた流行ってもいいのよ
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 07:32
      • ワロタ
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 07:49
      • なんでだろう
        ほかの作品が元のSSなら気持ちわるいのにハルヒだとOKな感じになるのは
        いまだにパイナポゥや南部、糞蟲に毒されてるのかな
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 08:32
      • 句点多すぎ読みづらい
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 08:42
      • 朗読www
        まあ、久しぶりにハルヒss読めてよかったけども
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 09:14
      • 取った!じゃねぇよwww
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 09:40
      • 朗読ワロタ
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 09:54
      • KYONの変態ぶりには目を見張るものがあるナ
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 10:06
      • そんな口説きテクがあるならさっさと付き合って好きなだけセクロスしてろよwwww
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 10:42
      • ご朗読ありがとうございますwww
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 11:52
      • ハルヒがゲシュタルト崩壊
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 12:07
      • ーーの絶妙な間の使い方が好き
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 12:47
      • ハルヒっぽい
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 13:30
      • ろwwwうwwwどwwwくwwww
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 13:59
      • 冒頭で南部かとおもた
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 14:00
      • ご朗読で死ぬほどワロタ
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 18:11
      • これはある意味で良作。
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 20:26
      • r3yksmPHg2という天才もいたな
        彼の作品をもう一度読んで見たかった…
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 21:27
      • これは……深いな…
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 23:13
      • 南部作品の小泉の精子をバケツに溜めるやつで、長門がサーフィンしだす下りは本当に天才だと思った。

        これはその域には達してないな
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月20日 12:38
      • 南部懐かしいな
        また書いてくれないかな
      • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月20日 12:53
      • 朗読ワロスwwwwww
      • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月21日 15:12
      • 続編出すかもう終わらせるかはっきりしろよ谷川
      • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月21日 21:22
      • 4 ワロタ
      • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月22日 00:17
      • 久々だなこの感じwww
      • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月25日 03:37
      • ハルヒ簡単に堕ちすぎい
      • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年06月07日 22:34
      • 1
        句読点多すぎて読みにくいんで止めました

        アニメも原作も知らないけどcrハルヒ楽しみなんじゃ^〜
      • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年08月04日 10:27
      • 南部は別格だからな
        村上春樹に通じるものを持ってたし
      • 43. guccinbsp×nbsp長財布
      • 2014年08月30日 02:41
      • 韓国通販サイト ファッション
        guccinbsp×nbsp長財布 http://plaza.rakuten.co.jp/riborhre20/diary/201408270000

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ