TOP

芦花「風間さん!にゃんぱすー」風間「にゃん?」

1: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 21:51:53.80 ID:IWWmO9YH0

芦花「ついに夢にまで見た合宿」

高尾「すごい。本当に自然が多いところね」

千歳「ああ、この広大な土…」

桜「深く澄み渡る水…」

芦花「そして、炎…」

風間「いや!それはないからなっ!」


芦花「はぁ…何で炎はいつもいつも仲間はずれに…」

風間「そういう問題じゃねーだろ」

大沢(雷属性)「まったく…だからお前はダメなんだぞ」

風間(こいつ、珍しく教師的な事を)


大沢「ないならおこせばいい。ほらマッチを貸してやる」

風間「ダメだろそれーーーーーー!!!!」

芦花「わぁーい。これでいつでも炎がー♪」

風間「借りるなーーーー!!!」



2: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 21:55:38.01 ID:IWWmO9YH0

風間「…で、旅館はどこだよ?荷物重いし、さっさと行こうぜ」

千歳「この土は!?せっかくだし持ち帰るか…だが、初日からこんなに持ち帰ったら、後の土が持ち帰れなく…」

桜「わぁーい、水~。綺麗~。美味しい~♪」

高尾「風間、見て見て!魚よ魚!私、川で魚が泳いでいるの始めてみたかも」

芦花「マッチ…綺麗な炎……何か見えます。ああ、おばあさんが。美味しい料理が…そう走馬灯のように…」

風間「テメーら!話を聞けー!あと一人は現実に帰ってこい!!!」

大沢「まったく駅前でうるさいぞ。少しは静かにしろ。眠れないだろ」

風間「テメーは駅前で横になるな!寝るな!!」



4: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 22:00:50.60 ID:IWWmO9YH0

芦花「しかし、本当に自然が凄いところですね」

高尾「そうね、駅周辺なのに誰もいないし」

桜「というか、無人の駅って本当に存在するんですね。始めてみました」

千歳「次のバスも5時間後か…本当に田舎だな」

風間「ご、5時間…マジかよ…」

大沢「発想を逆転するんだ」

風間「ぎゃくてん?」

大沢「あと、5時間も寝てていいんだ…と」

風間「うっせええ!お前は少し寝てろ!」



5: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 22:05:41.01 ID:IWWmO9YH0

芦花「千歳、今回泊まる場所はどの辺なんですか?」

千歳「ああそれは桜に」

桜「え?芦花先輩が予約するんじゃ…」

芦花「私は千歳がするものだと…」

千歳「…」

桜「…」

芦花「…」

風間「ま、まさかお前ら!?」



6: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 22:10:13.60 ID:IWWmO9YH0

芦花「ま、まあ、旅館ぐらい予約無しでも空いてますよね…」

千歳「そうだな。そうだといいな」

桜「そうですよ。きっとそうですよ」

風間「…」

芦花「風間さん?」

高尾「ま、まあ、前日まで気にしなかった私達も悪かったんだし…だから、怒らないでよね?」

風間「はぁ…怒ってなんかいねーよ。まあ、俺達らしいんじゃねーの?」

芦花「風間さん…」



7: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 22:15:30.42 ID:IWWmO9YH0

風間「とりあえず、さっさと旅館探そうぜ」

桜「うん!」

千歳「お前、なんで『ポジティブな俺かっけぇ』を演出してるんだ?普通に怒れよ」

風間「っ」イラッ

高尾「ちょ、ちょっと!」


風間「じゃあ、言わせてもらうけどな!何で合宿の情報を全然教えないんだよ!」

芦花「あ、あれ?合宿ってちゃんと言ったような…」

風間「本当に『合宿』だけなんだよ!それ以外を聞こうとしても『秘密』ってなんだよ!もっと知りたいんだよ!」

桜「えーでも、前もって知っていたら楽しみが半減しちゃいますよー」

風間「しねーよ!不安しかねーんだよ!」



風間「あと、この合宿の目的ってなんだよ。まさかゲーム作りにでも来たのか?」

千歳「は?何言ってんだ?あるだろ、土が」

風間「本当にそればかりだな!」

桜「プンプン!水もあるのに失礼しちゃうよね!」

風間「いや、お前も同類だからなっ!」

芦花「大丈夫です。ちゃんと『宇宙エロ本争奪ゲーム』は持ってきました」

風間「何が『大丈夫』か、俺に説明をしろ!」

高尾「…ゲーム作らないんだ…」

風間「お前はこの部に何を期待してるんだよっ!」



9: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 22:20:07.38 ID:IWWmO9YH0

風間「もう疲れた…さっさと旅館探そうぜ」

芦花「それですが…」

高尾「携帯で探そうと思ったんだけど、電波繋がらないのよね…」

千歳「まさか、日本でそんな地域があるとは」

桜「都会っ子には厳しいね」

風間「じゃあ、地元の人に聞いてみるか?」

芦花「でも、さっきから人影を見ません」

千歳「家もまったく見えないな」

桜「ここら辺って、人が住んでるんですかねー?」


高尾「ねえ、だったら一駅前に帰らない?」

千歳「それはない!ここの土はここにしかないんだからな!」

桜「同感です!」

風間「お前ら…」



10: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 22:25:29.59 ID:IWWmO9YH0

風間「じゃあさ、バスの運転手に聞こうぜ」

高尾「でも、5時間も待つなんて…」

芦花「では、目の前には広大な自然がありますし、各自自由行動で時間を潰しましょう」

風間「俺が言っておいてなんだが、5時間もか…」

千歳「それは名案だな。さっそく土の様子を見てくるか」

桜「じゃあ、私は水巡り行ってきます」

芦花「私はこのマッチで」

風間「それは山火事になるからやめろ」

高尾「私は携帯ゲームを」

風間「せっかく自然があるのにゲームかよ!」



11: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 22:30:05.43 ID:IWWmO9YH0

 
………



風間「じゃあ、あっちの川でも見に行ってみるか?」

芦花「行きましょう。行きましょう」

高尾「ちょっと待った!やっぱり私も行く!」

芦花「別にいいですよ。高尾さんはゲームをしていてください」

高尾「やっぱり私も行くったら行くの」

風間「あー別にどうでもいいから早く行こうぜ」

高尾・芦花「どうでも!?」


芦花「『どうでもいい』って何ですか!どうでもって!」

高尾「そうよ!そうよ!」

風間「もう本当に『どうでもいい』から、さっさと話進めようぜ…」

芦花「だから、『どうでもいい』って何ですか!どうでもって!」

高尾「そうよ!そうよ!」

風間「うっぜえええええええ!!!!」



12: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 22:35:17.90 ID:IWWmO9YH0

 
………


ドドドドドドド


高尾「滝!滝よ!すっごく綺麗…」

芦花「小さな滝ですね。ここの湖で泳げますね」

風間「これが夏だったら泳いでよかったんだろうけどな」


高尾「でも、浅い所もあるから足だけでも…きゃっ。冷たい」

芦花「桜ではありませんが、水もいいものですね」

風間「俺も靴を脱いで…おぉっ、結構気持ちいいな」

芦花「高尾さん!もうちょっと深い所に行きましょう」

高尾「ちょ、ちょっと、気をつけなさいよ」

風間「…」



13: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 22:40:35.16 ID:IWWmO9YH0

高尾・芦花「きゃっきゃっ♪」

風間「…」

高尾「ん?どうかしたの?」

芦花「険しい顔をしてどうしたんですか?風間さん…」

風間「いや、別に何でもないんだ…」


風間(ま、まさか…こんな…)

高尾「変な風間ね?」

芦花「ですね」

風間(こいつらがボケない事に違和感を感じるとは…)

風間(俺は既に何コマ、ツッコミをしてないんだ?)

風間(いや、そもそもSSだからコマじゃなくて…)


風間「って、そんなんじゃねーーー!!!」

高尾「」ビクッ

芦花「か、風間さん?」



14: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 22:45:30.89 ID:IWWmO9YH0

風間「あっ、いや、わりぃ。何でもないんだ。それより遊ぼうぜ」

高尾「う、うん?」

芦花「ま、まさか、水遊びして微妙にスケスケな私を見て欲情…」

風間「してねーからな!」

高尾「このエローーー!」

風間「ちげーって言ってるだろーーー!」


きゃあああああああああああああ


芦花「!!」

風間「って、誰だ!悲鳴!?」

高尾「あ、あれって…」


風間「何か真っ黒な…」

芦花「クマです!クマが人を襲ってます!」

高尾「クマ!?」



15: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 22:50:22.89 ID:IWWmO9YH0

女性「きゃーーー」

女の子「助けてーーー」

くまモン「」ガオー

風間「って、くまモンじゃねーーーか!」

芦花「くまモンが人を襲うなんて…最低です」

高尾「しかも女性と女の子を襲うなんて…最低ね」

風間「お前ら熊本の方に失礼だろうがっ!」



17: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 22:56:02.60 ID:IWWmO9YH0

風間「って、そんな事より!中身は変質者かもしれないから、倒すぞ!」

芦花「何言ってるんですか?くまモンの中には誰もいませんよ?」

風間「お前が何を言ってるんだーーー!」

高尾「そんなことより本当に変質者かもしれないし、早く助けましょう!」

風間「あ、ああ、そうだな!」


ダダダダダダダダ


風間「喰らえっーー!!!」

バキッ

くまモン「…」

ドサッ


芦花「さすが風間さん!右ストレート一発とは!」

風間「いや…こいつ弱すぎだろ…」

女の子「お、お兄ちゃーーーーん」

高尾「へ?」

風間「お、お兄ちゃん…?」



19: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 23:00:44.68 ID:IWWmO9YH0

 
………


風間「じゃあ、学校の劇の練習で?」

蛍「は、はい。この度はご心配おかけして本当にすいません」

小鞠「す、すいません」

兄「…」

風間「いや、俺の方こそ、いきなり殴って悪かったな…」

蛍「いえ、皆さんは私たちを心配してやってくれた事ですし…」

兄「」コクコク



20: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 23:07:03.80 ID:IWWmO9YH0

芦花「それで親子で劇の練習を?」

蛍「え?」

高尾「えーと、蛍さんでしたっけ?何でランドセルを背負って?」

風間「だから、劇の練習で小学生の役をやってるんだろ?」

高尾「あー、なるほどね」

蛍「あ、あの」

小鞠「ち、違います…親子じゃないんです…」

風間「え?そうなのか?」

小鞠「うぅ…」

芦花「…」

高尾「…」

芦花・高尾・蛍(プルプル震えて可愛い!)



芦花(やはり小学生ですね。高校生が怖いんでしょうか)

高尾(出来るだけ怖がらせない様にしないと)

蛍(震えてるセンパイ可愛い…)

風間「すまんな。姉妹だったのか?」

蛍「あっ、いえ…恋び…同じ学校の先輩後輩でして…」

高尾「え?」


蛍「私が小学5年で、センパイ…越谷小鞠さんが中学2年生。越谷卓さんが中学3年生なんです」

芦花「なっ」

風間「何だとーーーーーーーーーーーーーーーーー!?」



21: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 23:10:26.54 ID:IWWmO9YH0

風間「犯罪だろ!」

芦花「そ、そうですよ!こんなに小さくて可愛らしいのに中学2年生だなんて…」

風間「いや、お前もあまり変わらないだろ!」

芦花「そ、そんな…可愛らしいなんて//」

風間「背な!背の方な!」



小鞠「お、お姉さんは何年生なんですか?」

芦花「え?私は小学11年生ですよ?」

小鞠「え?」

風間「サバを読むな!いや、読んでないのか…?」

芦花「冗談です。高校2年生です」

小鞠「そ、そうなんですね。年上で私よりちょっとだけ背が高い人、始めてみました」

蛍(センパイが嬉しそうにしてる…)



22: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 23:15:53.88 ID:IWWmO9YH0

風間「ん?もしかして背の事を気にしてるのか?」

小鞠「え?あっ、別にそういうわけじゃ…」

風間「気にすんな。東京の方じゃ珍しくもねーよ」

小鞠「え?」

風間「俺のダチでお前以上に小さいやついるしな」

小鞠「そ、そうなんですか?」

風間「ああ、びっくりするくらい小さいぞ」

風間(横縞の背なんて40cmくらいだしな)

小鞠「そうなんだ…」

蛍(あぁ…センパイがすっごく幸せそう…)



23: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 23:21:10.67 ID:IWWmO9YH0

高尾「…で、何が『犯罪だろ!』なの?」

風間「ん?」

高尾「さっき、『犯罪だろ!』って言ったわね?」

風間「…言ったか?」

高尾「言ったわよ?」

風間「…」

高尾「…」

芦花「…」


風間「あっ、そうだ!それよりだ!」

高尾「逃げたわね…」

芦花「逃げましたね…」

風間「旅館!この辺に旅館かホテルとかねーか?」

蛍「旅館ですか?あります?」

小鞠「うーん…この辺にはないかな…」

兄「」ウンウン

風間「……………なんだと…」



24: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 23:26:54.38 ID:IWWmO9YH0

 
………


千歳「は?何だと?」

風間「だから、ねーんだって旅館とか宿泊施設が」

千歳「じゃあキャンプの道具とか準備しろよ。要領が悪いな」

風間「気がきかなくて悪かったな!」

芦花「これは本格的に帰る事も考えないとダメですね」

桜「あちゃー」

高尾「さっきの子、可愛かったなぁ…一緒に写真撮っておけばよかった」

千歳「で、その合法ロリは?」

風間「合法ロリって何だよ!ちゃんと自転車で帰ったぞ!」

大沢「むぅ…騒がしいぞ。眠れもしない…」

風間「…」

高尾「…」

芦花「…」

千歳「…」

桜「あはははは」





大沢「ん?どうかしたのか?」

芦花「それが旅館の予約をしていなくて…」

桜「というか、旅館自体がなくてですねー」

大沢「ああ、どうせそうだろうと思って、先生の知り合いの所に泊めてもらうように手配してるぞ」

芦花「なっ!?」

風間「こ、こいつが教師らしい事をしただと…!?」



25: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 23:31:18.39 ID:IWWmO9YH0

■学校

風間「ろくでもない所だったーーー!」

大沢「むっ。ろくでもないとはどういう意味だ」

風間「こっちは旅館だけを楽しみにしてたんだぞ!なのに何で学校なんだよ!」

千歳「旅館が楽しみとか、おっさんかお前は…」

風間「うっせえ!この目的が見えない合宿で旅館を期待して何が悪いんだよ!」


一穂「いやはや、元気がいいね~」

風間「ん?」

大沢「おぉー、これはこれは………」

一穂「…」

大沢「?」

風間「誰なのーーー!?この人!?」



一穂「大沢先生とは同期でね。ウチも先生なんよ」

大沢「え?」

風間「何でお前が驚いてんの!?」

大沢「冗談だ。私と一宮先生は同期でな」

一穂「いや、宮内一穂ね」

大沢「宮内先生は同期でな」

風間「もうグダグダだな…おい…」



26: ◆xW69XHZIXl2A:2014/04/20(日) 23:34:23.20 ID:IWWmO9YH0

一穂「で、この子たちが…」

芦花「はい、部長の柴崎芦花です。よろしくお願いします」

千歳「私、生徒会長の烏山千歳と申します。この度は宿泊許可をいただきありがとうございます」

桜「私、風間堅次お兄ちゃんの妹の水上桜といいます。美味しい水をありがとうございます」

風間「テメー!何を言ってるんだ!?」

桜「もうっ。お兄ちゃんったら…恥ずかしがっちゃ嫌だよっ」

風間「気持ちわりぃんだよ!」

一穂「へぇ、兄妹で名字が違うなんて…大変だったんだね」

風間「いや!違いますからっ!」


高尾「私は部長の高尾…」

一穂「あれ?部長が二人?」

高尾「いえ、その…」

一穂「まっ、いっかー。色々あるんだよね。うんうん。わかるよー」

高尾「え?」

風間(あー、なんとなくわかってきた。この人、うちの先コーと同じで適当だわ)



39: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 20:57:34.14 ID:2qd5ZqYy0

 
………


蛍(今日はセンパイの家でお泊まり会~♪)

蛍(楽しみだなぁ~)


ガララッ


蛍「センパイ。遊びに来ましたー♪」

芦花「こんばんわ。蛍ちゃん」

蛍「え?」



40: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 21:03:23.80 ID:2qd5ZqYy0

ワイワイガヤガヤ


桜「ぷはぁー。井戸水が美味しい♪」

高尾「このトマト味噌汁…びっくりしたけど美味しいわね」

夏海「でしょー」

千歳「この優秀な土で作られた新鮮なミニトマトは私のだ!」

風間「そのトマトは俺のだ!」

れんげ「まさかの土を評価するなんて…通なんな」

大沢「グー」Zzzz

一穂「グー」Zzzz

兄「…」


ガヤガヤワサワサ


蛍「…」

芦花「蛍さん?」

蛍「いやーーーーーーー私とセンパイの愛の巣がーーーー!!!!」



41: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 21:08:37.65 ID:2qd5ZqYy0

小鞠「んに?アイス?」

蛍「あっ、いえ。つい本音が…って、一体これは…」

小鞠「ほらお昼に会ったでしょ?あの人たちって、実はかず姉の知り合いだったんだって」

蛍「そ、そうだったんですか」

小鞠「それで夕ご飯を一緒することになったの」

芦花「ええ、すいません。お二人の愛の巣を邪魔しちゃって…」

小鞠「愛の巣?」

蛍「い、いえっ。これはその…違うんです!」



43: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 21:13:10.89 ID:2qd5ZqYy0

夏海「あっ、ほたるんご到着~」

蛍「夏海センパイ!!こんばんわ。今日はお邪魔します」

小鞠「え?愛の巣って?」

蛍「れんちゃんも来てる!こんばんわ!!」

れんげ「ほたるん。にゃんぱすぱすーん」

小鞠「え?蛍?」

蛍「それにみなさん!!!こんばんわ!!!!一条蛍です!よろしくお願いします!!!」

風間「おう」

高尾「こんばんわ」

桜「蛍っちだね?こんばんわ♪」

千歳「こいつが噂に聞く非合法非ロリか」

風間「非合法非ロリって酷くね!?」



44: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 21:18:02.33 ID:2qd5ZqYy0

れんげ「ほたるん!ほたるん!すごいん!」

蛍「え?」

れんげ「みんながお遊戯会を見に来てくれるん!」

蛍「え?みんな?」

れんげ「風兄たちなん!」

蛍「風…?」

風間「ああ、そういえば自己紹介がまだだったな」

風間「俺は風間堅次。よろしくな」

千歳「なんだこいつ…いきなり自己紹介始めたぞ。小学生相手に口説くつもりか?キモイな」

風間「自然な流れだっただろうがーーー!!!」



45: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 21:24:39.47 ID:2qd5ZqYy0

芦花「そうですよ千歳。これは自然な流れです。ちなみに私は炎属性の柴崎芦花です」

蛍「え?ほのお…?」

風間「その自己紹介は不自然だ!!」


千歳「私は土属性の烏山千歳!」

風間「って、テメーも自己紹介すんのかよ!」


桜「水属性であり妹属性の風間桜!」

風間「違う!お前は水上桜だろ!」

桜「わぁーい。先輩にフルネームで呼ばれちゃった♪」

高尾「…」

芦花「へぇ…」ゴゴゴゴゴ

風間「え?何で俺が怒られてる雰囲気なんだ!?」



46: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 21:30:34.70 ID:2qd5ZqYy0

夏海「あははははは。面白いね。にーちゃん達」

風間「いや、可笑しいのはこいつらな。俺は普通だからなっ!」

夏海「ウチは越谷夏海。中学一年ね」

千歳「…」

桜「…」

芦花「…」

千歳(非ロリといい、この中学一年といい、発育よすぎだろ)


夏海「ん?どうかした?」

芦花「い、いえ。何でもありませんよ。えーと、冬海さんでしたっけ?」

風間「それ、違うキャラだからーーー!!!」


小鞠「えーと」

夏海「で、このちっこいのがこまちゃんね」

小鞠「こまちゃん言うな!!」

小鞠「私はお前の姉だぞ!姉を敬え!このバカ!」

夏海「あはははは」

風間「…」

蛍「風間さん達には会った時、紹介しましたが、越谷小鞠センパイ。中学二年生です」

千歳「こいつが合法ロリか…」

風間「いや!合法じゃないからな!」



47: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 21:34:20.91 ID:2qd5ZqYy0

千歳「そういえばこいつの紹介を忘れていたな。こいつがツッコミ属性の風間…」

風間「俺の紹介はしただろうがーーー!!!しかも一番最初!!」

このみ「なるほどツッコミ属性…強敵だねっ」

風間「お前は誰だーーー!あと強敵って何だよ!!」


このみ「あははは。今お邪魔したんだよ。隣人の越谷家マスターの富士宮このみです」

風間「越谷家マスターってなんだよ…」

芦花「なっ!?こ、この人が!?」

千歳「くっ。こいつが越谷家マスターか…」

桜「噂には聞いてましたが本当に出会えるとは…」

風間「お前ら知ってるの!?」


千歳「何を言ってるんだ?私達はこの方に会うために合宿を…」

風間「テメー!最初は『土』しか言ってなかったじゃねーか!!!」



48: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 21:40:39.33 ID:2qd5ZqYy0

このみ「ふふふふふ」

風間「ん?」

このみ「越谷ビーム!ビビビビビッ!」

千歳「ぐわぁぁぁぁぁ!!!」

芦花「ぐぅっ!」

桜「きゃああああああああああ!!!」

風間「お前らノリがいいなっ!」



「ふふふふふっ」

風間「今度は、なんだ!?」

れんげ「そして、ウチが宮内れんげなん!よろしくなんな!」

風間「『ふふふっ』とか、意味深なわりに普通だったーーー!!!」



49: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 21:46:34.62 ID:2qd5ZqYy0

れんげ「あっ!ウチとした事が興奮して忘れてたん」

風間「ん?」

れんげ「にゃんぱすー」

風間「…」

れんげ「…」

風間「…」

れんげ「…?」

風間「なんだそれーーーー!!?」


千歳「お前…『にゃんぱす』も知らないのか…」

芦花「風間さんには失望しました…」

桜「まさか、のんのんびよりを読んでないなんて…」

夏海「毎月月末発売の月刊アライブぐらい読もうよ。にーちゃん」

このみ「BDは5巻まで発売中だよ♪」

風間「メタ発言と宣伝はやめろーーーーー!!!!」



51: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 21:54:52.41 ID:2qd5ZqYy0

 
ワイワイガヤガヤ


高尾「…」

高尾「あ、あれーーーーーーー!?)

高尾(私、自己紹介してないーーー!?)

ワイワイガヤガヤ

高尾「…」

高尾「わ、私が、高尾…」

風間「おい、高尾。お前もこっちに来て言ってやれ」

高尾「え?」

風間「常識人が少なすぎる。お前も文句言うの手伝ってくれ」

高尾「え、えーと…」

蛍「高尾さんっていうんですね。よろしくお願いします」

高尾「う、うん。よろしくね。えーと…一条ちゃん?」

蛍「蛍でいいですよ♪」

高尾「ええ、蛍ちゃん。よろしくね」

蛍「はい!よろしくお願いします」


高尾(…自己紹介…ちゃんと出来なかったけど…)

夏海「たか姉。一緒にゲームしよう!」

高尾「ええ、いいわよ」

高尾(自己紹介くらい…まぁ、いいかな…)




兄「…」



52: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 22:02:24.67 ID:2qd5ZqYy0

蛍「あっ、そういえば、明後日の学芸会(学習発表会)で…」

小鞠「うん。あの演劇をここにいるみんなが見に来てくれるんだって」

れんげ「たくさんの人が見に来てくれるから楽しみなん」

風間「たくさんか、他にはどんな出し物があるんだ?」

夏海「ん?」

蛍「あっ、いえ…その、うちの学校は…小学中学の全生徒5人でして…」

高尾「…え?」

蛍「だから、出し物的な物は私達の『演劇』一つなんです」



53: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 22:10:44.55 ID:2qd5ZqYy0

れんげ「最初は駄菓子屋、姉ねぇ、ひか姉、このみ姉と4人が来てくれる予定でしたん」

夏海「これで、ねーちゃん達が見に来てくれたら、全部で10人も見に来るんだよ!」

千歳(10人『も』………か)


風間「そうか。ちょうど帰る日で暇だったし、楽しみにしてるから頑張れよ」

夏海「頑張るよ!だって、見に来てくれる人が多い方が燃えるからね!」

千歳「ハッ、だれが見に行くと言った?」

夏海「え?」

風間「は?」

千歳「我がゲーム制作部も演劇をするぞ!どっちが上手に演技できるか。勝負だ夏海!」

夏海「な、なにーーーー!?」

高尾「(仮)よ!(仮)……………って、え?勝負?」

風間「勝負か。それはいいな」

桜「勝負だったら本気を出ださないとね」

芦花「小学中学生の方々。本当に勝負しますか?私達と勝負して無事に帰った人なんていませんよ?」

風間「演劇だよな!?勝負内容って演劇だよな!?」



54: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 22:18:08.24 ID:2qd5ZqYy0

千歳「…で、どうする?勝負するか?」

夏海「うん!うん!!!もちろん!絶対に負けないから!」

れんげ「土姉達も演劇するん!?楽しみなん!」


蛍「夏海センパイがすごく嬉しそう。センパイ!私達も頑張りましょう」

小鞠「でも、無事に帰れないなんて危ないんじゃ…」

夏海「大丈夫!姉ちゃんはウチが守る!」

小鞠「いや、別にあんたに守られたくないし」

れんげ「ウチもこまちゃんを守るん!」

蛍「私はセンパイに守られたいです!」

兄「…」ウンウン

小鞠「あーもうっ!わかったから私も頑張るから」

夏海「よーし!みんなで頑張るぞー!」

一同「おーっ!!!」



56: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 22:24:33.66 ID:2qd5ZqYy0

■学校(宿泊施設)にて

風間「で、演劇って何をするんだよ。というか明後日に間に合うのか?」

千歳「は?それを考えて実行するのが、お前の役目だろ?」

風間「『考えて』『実行』なんて、全部俺が担当じゃねーか!!」


芦花「しかし、風間さん一人では頼りないのも事実…」

桜「先輩、服を縫うのとか苦手そうですしねー」

風間「だったら、テメーらがしろ!」


高尾「わ、私!」

風間「え?」

高尾「私も手伝うから!」

風間「…」

風間(いや、こいつが手伝ったら、逆に作業が遅れそうなんだが…)



57: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 22:30:24.19 ID:2qd5ZqYy0

高尾「え?なに?この空気なに?」

風間「いや、ありがてえよ。一緒に頑張ろうぜ」

高尾「一緒に…うん。あくまでもあの子たちの為に頑張りましょう!」

風間「おう、あいつらをびっくりさせてやろうぜ」

高尾「うん♪」

芦花「私も!私も混ぜてください!」

桜「私もー!」


ワイワイガヤガヤ


千歳「…」

千歳「…」

千歳「あーもしもし?」

千歳「あ?これは衛星携帯で…」



58: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 22:38:17.02 ID:2qd5ZqYy0

 
………



風間「もう12時か…そろそろ寝るか?」

高尾「そういえば、保健室のベッドが1つ。当直室の布団が2つと、寝袋1つしかないのよね…」

芦花「では、私と風間さんは保健室で一緒に寝ましょう」

風間「何で一緒になる必要があるんだよ!!」

芦花「きゃっ。そんな破廉恥な事を、女の子の口から言わせるつもりですか」

風間「…」


スタスタスタ

ガララッ


桜「先輩~。何で保健室に入るんですかー?」

高尾「ま、まさか。芦花と一緒に保健室で寝るつもりじゃ…ダメよ!そんなの!」

芦花「つ、ついに私は今夜大人の階段を…」


ガチャッ


芦花「…」

高尾「…」

桜「…」

千歳「保健室に一人で入って、カギ掛けたな」



59: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 22:45:42.43 ID:2qd5ZqYy0

 
ドンドンドン


芦花「風間さん!私はまだ保健室に入ってませんよ!」

高尾「ちょ!ちょっと!まだ夜は長いのよ!一緒にゲームしましょうよ!ゲーム!」

桜「あははははは」

風間「うっせええ!寝ろ!俺は寝るぞ!」




芦花「そ、そんな…せっかく風間さんの寝起きドッキリをやろうと思ってたのに…」

千歳「くっ。あいつの寝顔にマジックで『肉』と書こうとしていたのに…」

桜「私は水ーって書きたかったのになー」

高尾「え!?みんななんでマジックの準備だけは万端なの!?」



60: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 22:54:18.44 ID:2qd5ZqYy0

千歳「仕方ない。私達も寝るとするか」

芦花「そうですね。夜更かしは美容の敵といいますし」

高尾「え!?そうなの!?」


ガララッ


大沢「ぐー」Zzzz

高尾「…」

芦花「…」

千歳「…」

桜「…」


高尾「残り…布団は1つ。寝袋1つ」

桜「1つの布団に二人寝るとして…」

高尾「先生と誰かが一緒に寝るから…」

千歳「誰かが、この硬い畳の上で、寝袋を使って寝る事になるな…」

高尾「…」

芦花「…」

千歳「…」

桜「…」



          勝負っ!!!



61: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 23:02:41.62 ID:2qd5ZqYy0

■次の日

「起きてください。風間さん起きてください」

ユサユサ

風間「…ん。朝か…」

船堀「おはようございます」

風間「ああ、おはよう船堀」

船堀「朝ごはんがもう少ししたらできますので」

風間「朝ごはんか。ありがとう船堀」

船堀「ちなみに、たまごはどうした方がいいですか?」

風間「ああ、目玉焼きにケチャップでな」

船堀「はい!わかりました」

チュンチュンチュン

風間「ふわぁ~、今日もいい朝だな」


風間「…」


風間「って、何だこの展開はーーーー!!!」

船堀「っ」ビクッ



63: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 23:09:25.31 ID:2qd5ZqYy0

風間「船堀!」

船堀「はひっ」

風間「どうしてお前がここにいるんだ!?」

船堀「そ、そうですよね。ここは保健室…って言っても男子の部屋ですよね。女子が入るなんて…」

風間「違う!そんな話はしていない!」

船堀「で、でも、朝から元気なのは男子として正常で…ぁぅ//」

風間「何の話をしているんだーーー!船堀ーーー!!!」


「ふふふふふ。かけたはずのカギが開いていたのが、気になるんだよね?」


風間「なっ!?誰だ!?」

ひかげ「私だ!」バーン

風間「誰だーーーー!?お前はーーー!!!」

ひかげ「ひ、ひぃ。すみません!生徒会会長に言えって脅されて…」

風間「会長だと!?」

千歳「ちなみに私が生徒会会長だ!」バーン

風間「うっせえ!知ってる!」

船堀「え、えーと…」オロオロ


風間「船堀!とりあえず朝飯を頼む!」

船堀「は、はい」



64: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/01(木) 23:13:54.74 ID:2qd5ZqYy0

 
………


風間「先コーが持っていた合鍵を使ったのか…」

芦花「くっ。合鍵があると知っていれば…」

風間(明日からはドアに別のカギも付けておくか…)


風間「そういえば、何で船堀がここにいるんだ?」

千歳「だって、お前じゃ演劇用の服作れないだろ?」

風間「そういうことか…お前も大変だな。船堀」

船堀「い、いえ。風間さんの…皆さんの役に立てるなら私は…」

風間「そうか。じゃあ、一緒に頑張ろうな!船堀!」

船堀「はい!」



72: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/02(金) 21:15:12.36 ID:25YCS+hu0

 
………


『風間姫』

むかし、むかし、月にかぐや姫…もとい風間姫がすんでおったそうな

しかし、風間姫は『巨乳物のエロ本』をたくさんもっており、貧乳の民から多数の批判を喰らったそうな

そこで悩んだ月の一族は風間姫を地球に左遷…もとい監禁することに



風間「なんだこれはーーーー!!」

千歳「どうだ!?私が寝ずに考えた『風間姫』の出来は!」

風間「ああ最悪だよ!!」

芦花「やはり今時風に、ここはエロ動画にするべきでは?」

千歳「なるほど…」カキカキ


風間「そういう問題じゃない!相手は小中学生だぞ!こんな演劇ができるか!」

千歳「お前…何言ってるんだ?」

風間「あ?」

千歳「中学生の恥じらう姿がいいんだろうが」

風間「お前が何を言ってるんだーーーー!!!!」



73: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/02(金) 21:25:24.38 ID:25YCS+hu0

高尾「…」

風間「おい!お前も何か言ってやれ!」

高尾「あんた『巨乳物のいかがわしい本』って…女性の胸しか興味がないわけ?最低ね」

風間「ダメだこいつら!話が通じねーーーー!!!」


桜「じゃあ、先輩は胸に興味がないんですか?」

風間「え?」

芦花「…」ジー

高尾「…」ジー

船堀「…」ジー

千歳「…」ジー

風間「いや、その、えーとだな…」



74: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/02(金) 21:30:34.01 ID:25YCS+hu0

風間(くっ、こんな時にショーン・コネコネ先生がいたら、全部解決してくれるのに…)

芦花「!?」

千歳「っ!?扉の向こうにいるのは誰だ!?」


ガララッ


「マタセタナ」


風間「ま、まさか!?」

中(ドМ)「呼んだか?堅次よ」

風間「呼んでねーーーーーーよ!!!!!」



75: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/02(金) 21:40:11.85 ID:25YCS+hu0

 
………

『越谷戦隊夏海マン』

西暦3000年。ゆるキャラが自立し反乱を起こしていた。

それを予知していた越谷卓博士は越谷戦隊を作ったのだった!

さあ夏海マン!人類の希望の為にゆるキャラを殲滅させろ!!!



小鞠「ねえ、今更だけど、このストーリー無茶苦茶じゃない?」

夏海「えー?そっかなー」

蛍「私もそう思います」

夏海「でも、今更すぎっしょ。もう間に合わないよ」

れんげ「せっかくの勝負だから負けたくないのん」



76: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/02(金) 21:44:23.16 ID:25YCS+hu0

夏海「う~ん…じゃあ、誰か何か案ある?」

小鞠「オーソドックスに桃太郎とか?」

夏海「オリジナリティがないからダメ」

れんげ「この前、ウチが考えた『除菌太郎』がいいん!」

夏海「あれはオリジナリティがありすぎて、衣装とかが間に合わないかなー」

兄「…♪」

夏海「猫耳は却下」

兄「…!?」ズーン

蛍「では、サンタさんと妖精さんの話はどうでしょうか?」

夏海「え?」



77: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/02(金) 22:03:50.54 ID:25YCS+hu0

『サンタさんと妖精さんのお祭り』

おっちょこちょいの大人のお姉さん。

あるクリスマスの日、お姉さんは大切なお友達と、はぐれてしまいました。

お姉さんは慌てました。


そこに一人の少女がやってきたのです。

少女はお姉さんのお手伝いをしました。

川、町、学校、色んなところを探しましたが、見つかりません。

お姉さんは悲しみました。

それを見た心優しい少女は、「お姉さんを悲しませたくない」と言って

なんと、とても危険な夜の山の中を探しに行ったのです。


お姉さんは慌ててお菓子作りを始めました。

村の人たちはお姉さんを責めました。

「少女はお前の友達を探して山に入ったんだぞ!」

「何でお菓子を作ってる暇があるんだ!」

村の人たちに、なんと言われようがお菓子を作りました。


ついにお菓子を完成させたお姉さんは言いました。

「甘ーい甘ーいお菓子はいりませんかー?」

「たくさんたくさんのお祭りですよー♪



「わーい♪おかしー♪」

すると、たくさんの可愛い妖精さんが現れたのです。


実は大人のお姉さんはサンタさんでした。

妖精さんに預けていたサンタの服、トナカイを使って優しい少女を探しました。



78: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/02(金) 22:12:05.01 ID:25YCS+hu0

蛍「少女は無事見つかって、お姉さん…サンタさんと妖精さんと、楽しい楽しいお菓子祭り」

蛍「そして、最後に少女にクリスマスプレゼントを渡して終わります。めでたしめでたしです」

小鞠「…」

夏海「…」

れんげ「…」

兄「…」

蛍「あ、熱く語ってしまいましたが…そのどうでしょうか?」

小鞠「いい!」

夏海「うん!すごくいい!」

れんげ「ウチ年甲斐もなく感動しましたのん!」

兄「…」ウンウン



79: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/02(金) 22:22:17.95 ID:25YCS+hu0

蛍「で、でも、衣装とか台詞とか間に合わないかも…」


夏海「物語は簡単だから、台詞は最悪アドリブでも何とかなりそうだし…」

れんげ「サンタさんの衣装は駄菓子屋でレンタルしてるのん!」

小鞠「山の風景は元々ダンボールで作ってたしね」

夏海「くまモンとの最終決戦は山の予定だったしね」


れんげ「ひか姉とかこのみ姉にも手伝って貰うん!」


蛍「ほ、本当にいいんですか?」

小鞠「夏海マンより全然いいって」

夏海「いやーほたるんには負けたなー」

れんげ「さすがほたるんなん!」

兄「…」ウンウン


蛍「皆さん…ありがとう」



80: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/02(金) 22:30:27.85 ID:25YCS+hu0

夏海「さあさあ!さっそく準備するよ!」

蛍「は、はい!」


夏海「よーし!じゃあほたるんは大急ぎで台詞を用意して!」

蛍「はい!」

夏海「兄ちゃんと姉ちゃんはこのみちゃんとひか姉に手伝って貰って、大道具の見直し!」

小鞠「おっけー」

兄「…」ウン


夏海「ウチとれんちょんは駄菓子屋に衣装を見に行こう!」

れんげ「わかったん!」


夏海「今、朝の9時だから…」

夏海「午後の12時にご飯で、その時に近況報告で。台詞の練習は3時から夜まで!」

小鞠「おっけー」

夏海「よーし!みんな頑張るぞーーーー!」


「おーーーーー!」



81: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/02(金) 22:37:38.05 ID:25YCS+hu0

 
………


『ピ○チ姫』


いつも通り、敵に捕まるピーチ姫

さあ、ゲーム的感覚で助けに行くぞ!


風間「…」

芦花「これは面白そうですね」

風間「…」

高尾「ダーツとか簡単なゲームを用意して、主人公が数人のボスと勝負」

風間「…」

桜「最後に大ボスとピーチ姫をかけてゲーム勝負ですか…いいんじゃないですか?」

風間「…」

千歳「おい、黙ってないで何か言えよ。ピーチ姫」

風間「うっせえ!こっち見んな!!!」



82: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/02(金) 22:42:29.17 ID:25YCS+hu0

千歳「…で、問題は誰が主人公。ピーチ姫を助けに行く役をやるかだ…」

芦花「…」

高尾「…」

船堀「…」

桜「~♪」


千歳「風間は誰に助けてほしい?」

芦花・高尾・船堀「」ピクッ

風間「いや、ここは俺が自分で脱出。ボスを倒す展開が面白いんじゃ…」

千歳「そんなのが面白いはずないだろ?」

芦花「はぁ…」

高尾「あんたには失望したわ」

船堀「風間さん…」

風間「なんなんだよ!この空気ーーーー!!!」



83: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/02(金) 22:52:47.97 ID:25YCS+hu0

 
………



このみ「差し入れ作ったよー」

ひかげ「お昼だし、休憩しようー」

夏海「おぉ!おにぎり、卵焼き、からあげ!」

小鞠「美味しそう!」

蛍「みんなで食べるおにぎり美味しいですよね」

れんげ「わぁーいなのん!」

風間「おぉ!美味そう!」

小鞠「…」

夏海「…」

夏海「ってなんで、にーちゃんがいるの!?」


風間「いや、その向こうは人手が足りてて、追い出された」

夏海「え?そうなの?」

風間「ああ、副会長とか呼んだりしたせいでな」

蛍「そ、そんなすごい人を…」

風間「だから何かあるなら、こっちを手伝おうと思って来たんだ」

風間「男手は必要だろ?何でも使ってくれよ」

このみ「そうだね。こっちは女子ばかりだし」

小鞠「台詞覚えなきゃいけないし、手伝って貰った方がいいかも」

夏海「じゃあ、手伝って貰うって事で決定で」

蛍「はい♪」


風間「あと、よかったら昼飯食べさせてくれ」

夏海「…にーちゃん。実はそっちが目的だったんじゃ…」



91: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 16:14:22.15 ID:Uw8hJIag0

■前回までのあらすじ

風間「俺は」

千歳「お前、ここで何やってるんだ?」

風間「あらすじの途中だろうが空気読めよ!!」


千歳「もしかして向こうを追い出されたから、こっちを手伝いにきたのか?」

風間「ああそうだよ!覚えるセリフもないしな!中(労働力)もいるしな!」

千歳「いや、実を言うとお前のセリフも用意したんだ」

風間「な、なに!?」

千歳「『いやー、助けてーマ○オー』」

風間「誰が言うかーーーー!!!!」

夏海「にーちゃん達、マリオでもやるの?」

千歳「ああ、こいつがピーチ姫役」

風間「ちげーーーーー!!」


夏海「ふふふふふ。マリオじゃウチ達に勝てないよ?」

千歳「なに!?世界のマ○オが負けるだと!?」

風間(今更伏字かよ…)

夏海「なんと言っても、こっちはサンタさんと妖精さんだからね!」

千歳「子供と…夜の大人に需要があるサンタだと!?…………か、勝てない…」

風間「いや、演劇勝負だよな…これ」

蛍「夏海センパイ!ネタばれはちょっと…」

夏海「大丈夫。大丈夫だって」



92: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 16:25:40.51 ID:Uw8hJIag0

風間「って、サンタと妖精と、くまモンが出るのかよ…無茶苦茶だな」

蛍「いえ、あの…くまモンは出ないんです」

風間「ん?」

夏海「一からやり直したんだ。ほたるんがすっごい話を考えたんだよ」

千歳「ほぉ…」

蛍「い、いえ、そんなすごい話なんかじゃ…」

夏海「たくさんの人が見に来てくれるからね!もうウチ達、頑張っちゃうよ!」

千歳「たくさんか…」

風間「そういえば、2人追加だぞ」

蛍「え?」

風間「俺達の仲間が2人増えたからな」

蛍「そういえば、副会長さんが来たとか言われましたね」

夏海「よーし!ウチ燃えてきた!頑張るぞー」

蛍「はい♪」



93: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 16:35:53.82 ID:Uw8hJIag0

千歳「…」

風間「どうかしたのか?深刻そうな顔をして」

千歳「いや…これは私達も本気出さないと負けるかもな…」

風間「だな」

千歳「じゃあ、私は戻るぞ。お前はこっちにいて手伝ってやれ」

風間「なんだ。てっきり連れ戻しに来たのかと思ったぞ」

千歳「そのつもりだったんだが、気が変わったよ」

風間「そうなのか?」

千歳「ああ、そういうことだ」




風間「行っちまった…」


風間「なんだ?今日のあいつ…なんかおかしいような…」



94: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 16:46:30.76 ID:Uw8hJIag0

 
………



高尾「って、何で水浸しにしちゃったのよーーー!!」

桜「え?だって、そっちの方がびしょびしょだし」

芦花「桜…ここはいっそ火で焦がした方が雰囲気でると思いますよ」

高尾「出ないわよ!」

大沢「お前達はやっぱりダメだな。ここはやはり雷で…」バチバチ

高尾「何でダンボールに色を塗るだけで雷とかでるんですか!」

中「しかし、その雷は中々気持ちがいい…」

高尾「知らないわよ!」



95: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 16:56:19.90 ID:Uw8hJIag0

高尾「ハァハァ…」

船堀「だ、大丈夫ですか?」



高尾「ああっーーー私じゃもうダメーーーっ」

高尾「風間ーーー早く来てーーー!!」


「ふっ、待たせたな」


高尾「え!?風間!?」


千歳「私だ!」

高尾「ああ!もうっ!また面倒な人が増えた!!」



96: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 17:08:18.02 ID:Uw8hJIag0

千歳「芦花と桜は私と一緒に、ダーツなどのゲームの調達をするぞ」

桜「それぞれのボスと勝負するやつだね」

芦花「でも、宇宙エロ本争奪ゲーム以外のゲームを持ってきてなくて…」

千歳「近くに駄菓子屋があるらしい。3人で行くぞ」

芦花「わかりました」


千歳「お菓子は…船堀は衣装の準備をしてくれ」

船堀「は、はい!」

高尾「今、船堀さんの事を『お菓子』って言ったわよね!?」


千歳「副会長。貴様はできる限り舞台をゲームッぽく作れ」

中「ふっ。ついに俺の出番か」


高尾「え?え?えぇ!?会長が真面目に!?」

千歳「当たり前だ。私は生徒会長だぞ」

高尾「そ、そうだけど…」

千歳「高尾はBGMの準備だ。どうせその携帯に色んなゲームのBGMがあるんだろ?」

高尾「う、うん」

千歳「合宿用(遊ぶ用)に持ってきたPCがあるから、これでCDに焼いておけ」

高尾「わかったわ」



97: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 17:16:53.74 ID:Uw8hJIag0

大沢「私はどうすれば?」

千歳「先生は静かに寝ていてください」

高尾「しれっと戦力外告知ーーー!?

大沢「なるほど、ではみんなの分も寝るとしよう」

高尾「先生それでいいんですか!?」

大沢「ぐー」Zzzzz


千歳「みんな!相手を小中学生と思って油断するな!」

千歳「明日は絶対に勝つぞ!」

一同「おー!」


高尾(なにこれぇ…)



98: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 17:28:43.09 ID:Uw8hJIag0

 
………


駄菓子屋(楓)「いらっしゃーい」

風間「へぇ~、駄菓子屋とか初めてきたぜ」

れんげ「そうなん?」

風間「ああ、向こうは駄菓子屋とかないからさ」

夏海「やっぱり都会って変わってるよねー」

風間「いや、変わってるのはこっちだと思うぞ」


れんげ「駄菓子屋ー明日お遊戯会なん!お遊戯会!」

駄菓子屋「ああ、予定通り見に行くから頑張れよ」

れんげ「うん♪」

夏海「それでさー、演劇用の衣装でサンタさんの衣装が欲しいんだけど…」

風間「駄菓子屋で衣装があるわけないだろ…」

駄菓子屋「明日なのに、今更衣装かよ…まぁ、あるけど」

風間「あるの!?」

夏海「あとあと、これとかこれとかある?」

駄菓子屋「ああ、一通りあるけど、誰が着るんだ?サンタとか大人用のサイズしかないぞ」

夏海「まだ配役決めてないんだよねー。とりあえずサンタ役は姉ちゃんとれんちょんは無理か…」

風間「ちょっと待て!大人のサイズって何だ!何に使うんだよ!大人!」

駄菓子屋「は?普通に大人が着てプレゼント配るんだろ?」

風間「…………あっ、そうだった。そのすまん」

れんげ「?」

夏海「?」



99: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 17:39:47.22 ID:Uw8hJIag0

駄菓子屋「ところで…お前、見ない顔だな…」

風間「ああ、合宿で東京からこっちに来ていてな」

駄菓子屋「ほう。東京なら…ほらこれとか流行ってるんじゃないか?」

夏海「おぉ!ノートパソコンだ!」

れんげ「すごくコンパクトなん!」

風間「いや、ノートパソコンにしては分厚いな…」




風間「って、これはwindows95!?」

駄菓子屋「ん?何で驚いてるんだ?あっちではパソコンが流行ってるんだろ?」

風間「違う!そういう意味じゃねー!」

駄菓子屋「じゃあ、どういう意味だよ?」

風間「古いんだよ!これ俺がちょうど生まれた時くらいのパソコンじゃねーか!」

駄菓子屋「わかったよ。じゃあまけてやる。20万でどうだ?」

風間「テメーは学生が20万も出せると思ってるのか!?」

駄菓子屋「こいつ騒がしいな。このクロス失敗じゃないか?空気感が違いすぎる」

風間「ああ!俺もうすうす感じてたよ!」

夏海「あははは。面白いからいいじゃん」



100: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 17:51:13.04 ID:Uw8hJIag0

れんげ「駄菓子屋!駄菓子屋!」

駄菓子屋「ん?何だ?」

れんげ「風兄たちと勝負するん!」

駄菓子屋「勝負?」

れんげ「お遊戯会で勝負なん!どっちが面白いか勝負するん!」

駄菓子屋「へぇ…それは面白そうだな」

れんげ「こういうの初めてでウチもテンションたかたかなのん!」

駄菓子屋「よし、じゃあ勝ったら、れんげの好きなお菓子を何でも1個プレゼントだ」

れんげ「駄菓子屋が太っ腹なのん!」

駄菓子屋「だから負けるなよ。れんんげ」

れんげ「わかったん!」


夏海「ウチもーウチもー。取り放題の詰め放題がいいなー」

駄菓子屋「お前にはやらん」

夏海「えぇーなんでー」


ぎゃーぎゃーわさわさ


風間「…」



風間(確かに空気感ちげーな…)



101: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 18:01:56.87 ID:Uw8hJIag0

駄菓子屋「ほら、適当にお菓子を詰めたから持って行け」

れんげ「え?」

夏海「うわー、詰めたって…4個しかないじゃん…」

駄菓子屋「今日の差し入れだ。明日負けない為のな」

れんげ「わかったん!頑張りますん!」


駄菓子屋「そういえば、どうやって勝敗を決めるんだ?」

風間「ああ、それはどっちの演劇が面白かったかの投票制だ」

駄菓子屋「誰が投票するんだ?」

風間「それはもちろん…………………誰だ?」


駄菓子屋「このみにひかげも来てるんだろ?後は…」

れんげ「駄菓子屋に姉ねぇが来てくれるん!」

風間「手伝ってる連中も含めていいなら、俺等で投票できそうなのは…船堀に中…先コーか」

風間「って、7人かよ!」



102: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 18:08:48.85 ID:Uw8hJIag0

駄菓子屋「まぁ、7人もいれば十分か」

れんげ「そうなんな」

風間「!?」

夏海「でも、ウチは今回たくさんの人が見に来てくれるのが嬉しいな」

風間「お前…」

駄菓子屋「まぁ、そうだな。同世代…子供がこんなに見に来てくれるなんて、私達の時代でもなかったしな」

駄菓子屋「だから、もうこんな機会ないだろうから、しっかり楽しめよ二人とも」

れんげ「うん!」

夏海「楽しむだけじゃなくて勝負にも勝つけどね!」

風間「ははっ。勝負ならうちの部は負けないけどな」

夏海「いーやっ!絶対に負けないもんね!」



103: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 20:10:56.58 ID:Uw8hJIag0

 
………

高尾「劇で使うBGMの準備が出来たわ!」

高尾「これで劇もバッチリね」

高尾「…」

高尾「…」

高尾「…」

高尾「…」

高尾「…」

高尾「…」

高尾「暇ね」



104: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 20:19:41.06 ID:Uw8hJIag0

高尾「副会長。何か手伝うわよ?」

中「いや、大丈夫だ!それより船堀くんの所をみてやってくれ」

中(彼女に手伝って貰ったら、逆に時間かかりそうだしな)



高尾「船堀さん。何か手伝いましょうか?」

船堀「え?えーと、じゃあ…」

高尾「わぁっ。これ可愛いわね」

船堀「はい♪風間さん…ピーチ姫が着るドレスなんです」

高尾「へぇ。あいつには勿体ないわね」

船堀「そ、そんな事は…」

高尾「で、私はどれをすればいいの?」

船堀「はい、このマリオ…柴崎さんが着る勇者の衣装で………………」

高尾「ああ、なるほど。わかったわ」

船堀「この部分は簡単だと思うんで、よろしくお願いします」

高尾「うん」



105: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 20:27:32.37 ID:Uw8hJIag0

■3分後


船堀「どうですか?順調に……きゃぁっ」

高尾「え!?え!?なに!?」

船堀(ど、どうしよう。無茶苦茶になってる…)

高尾「も、もしかして、失敗しちゃってたかな…」

船堀「い、いえ。そんな事は」

高尾「そう?じゃあ続きも頑張るわね♪」

船堀「はい!よろしくお願いします!」

船堀(…あとで一から作り直した方がいいかも…)



………


船堀「あ、ありがとう…ございました…」

高尾「ううん。気にしないで♪」



高尾「さて、何をしようかしら?」

高尾「…」

高尾「まだ時間はあるわね」

高尾「…」

高尾「あまり興味ないけど、あいつがお腹減らしてるかもしれないし、せっかくだから向こうにも行ってみようかな」



106: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 20:34:05.83 ID:Uw8hJIag0

………


蛍「あれ?高尾さん?」

高尾「こんにちは。蛍ちゃん」

蛍「こんにちはです」

高尾「えーと、ところで…」

蛍「風間さんですか?風間さんでしたら、買い出しに行ってますよ」

高尾「あっ、そうなんだ。まぁ、別にいいんだけどね」

蛍(高尾さんが心無しかションボリしているような…)


高尾「ところで蛍ちゃんは何をしているの?」

蛍「実を言うと台本のセリフを書いていて…」

高尾「へぇ~。ちょっと見せてくれるかしら?」

蛍「はい。変なところとか指摘お願いします」



107: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 20:40:26.21 ID:Uw8hJIag0

 
………


高尾「…そうね。ここの言い回しとかシンプルに言っていいんじゃないかしら?」

蛍「なるほど」

高尾「こっちは…」


………


蛍「助かりました!ありがとうございました!」

高尾「ううん。いいの。ところで音楽とか決まってるの?」

蛍「え?」

高尾「ほらBGMとか」

蛍「あっ…そういえば…」

高尾「音楽は大事よ。とくにこういう話だと、音楽があるのとないのとでは全然違うと思うわ」

蛍「でも、音楽ってどうすればいいんでしょう…」

高尾「私の携帯にゲームのBGMを色々入れてるから使う?よかったらだけど…」

蛍「はい!是非!ありがとうございます!」



108: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 20:45:39.12 ID:Uw8hJIag0

 
………


高尾「これで完成ね」

蛍「高尾さん、本当にありがとうございます」

高尾「いいってば、それに蛍ちゃんさっきから『ありがとうございます』しか言ってないわよ」

蛍「そ、そう言われれば…」

高尾「今回は勝負だけど、本来はこういうのはみんなで協力しあって、みんなで作って共感し楽しむものなのよ」

高尾「だから、勝っても負けても楽しまないと損よ?」

蛍「は、はい!」



桜「あっ、高尾先輩、ここにいたんですね」

高尾「あれ?どうかしたの?」

桜「暇になっちゃって、それで高尾先輩はどこかな~って」

蛍「こんにちは。えーと、確か…水上さんでしたっけ?」

桜「風間でいいよっ♪」

蛍「え?」

高尾「水上でいいわよ」

桜「じゃあ、桜でいいよっ♪」

蛍「はぁ…」



109: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 20:51:49.65 ID:Uw8hJIag0

小鞠「蛍ー。どう?順調に進んでる?」

小鞠「って、お姉さん方がいる!?」

高尾「こんにちはー」

桜「こんにちは」

小鞠「コ、コンニチハ」

高尾(まだ、緊張してるのかしら?可愛いわね)

桜(可愛いですね)

蛍(最高ですよね)

高尾「えっ!?なんで心の声で会話してるの!?」

小鞠「?」



110: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 20:56:11.72 ID:Uw8hJIag0

蛍「センパイ。高尾さんも手伝ってくれたお陰で無事終わりましたよ」

小鞠「さすが蛍!お姉さん方もありがとうございます」

桜「いやいやそんなー」テレテレ

高尾「いや、あなたは何もしてないわよね?」


小鞠「…」ウズウズ

蛍「どうかしたんですか?センパイ」

小鞠「あ、あの、大人のお姉さん方って恋とかしてるんですか!?」

高尾「えっ!?」

蛍「センパイ!?何を言ってるんですか?」

小鞠「え?あっ、ほら、この前、このみちゃんが大人の話はコイバナーって言ってたでしょ?」

蛍「ありましたね。そんな事…」

小鞠「それでお姉さん方は恋してるのかなーって?」

高尾「べ、別に高校生って大人じゃないし、こ、ここここ恋なんてしてないわよ」

小鞠「そ、そうなんですか?」



111: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 21:01:37.72 ID:Uw8hJIag0

桜「…」ニコニコ

高尾「な、何よ…」

桜「そういえばさっき、あの人が船堀先輩と仲良さそうに話してましたよ?」

高尾「え!?なんで!?」

桜「なんでって、教師と生徒が喋っても不思議じゃないですよね?」

高尾「あ、ああ、大沢先生と船堀さんが…あはははは。もちろん不思議じゃないわね」

桜「ですよねー」

小鞠「?」



112: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 21:06:55.67 ID:Uw8hJIag0

桜「ところで、蛍っちはそういうのないの?」

蛍「え?わ、私は、そのえーと…」チラッチラッ

小鞠「ああ、私たちはそういうのないよね。この辺、男子いないし」

蛍「デスヨネー」

桜「えー、蛍っちこんなに可愛いのに勿体ないなー」

高尾「そうよね。スタイルもいいし、年齢のわりには落ちついてるし」

小鞠「へぇ~…」

蛍(あぁ…センパイの目から光沢が無くなって…)


高尾「結婚とかも私達の中で一番早いかもね」

蛍「そ、そんな事ないですよ」

小鞠「蛍は早いの?私よりお姉さんだから早いの?」

蛍「そんな事ないですって」

小鞠「本当に?」

蛍「それに私とセンパイの結婚の時期は同じだと思います!ええ!確実に!」

小鞠「そ、そうかな?私も早く結婚できるかな?」

蛍「です!できますって!」

蛍(そう!私とセンパイが結婚すれば何の問題もないんです!)

蛍(………………………………………)

蛍(センパイと新婚生活か~。えへへ~)



113: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 21:11:23.11 ID:Uw8hJIag0

桜「それにしても明日は楽しみだよね」

蛍「はい!私も結婚式…明日の劇が楽しみです」

高尾「うん。私も蛍ちゃん達の劇が楽しみだわ♪」

蛍「私も高尾さん達の劇が楽しみです♪」

高尾「ま、まぁ、あまり期待しない方がいいかも…」

蛍「?」



114: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 21:18:35.19 ID:Uw8hJIag0

小鞠「私は少し緊張してるかな…たくさん人が見にくるし…」

高尾「そういう時はね、人をカボチャ…」

桜「そういう時は、人を水と思えばいいんだよっ♪」

小鞠「え?」

高尾「えーーーーー!?」

蛍「なるほど、人を水だと思えば怖くないということですね」

高尾「えーーーーーーーーー!!!?」

小鞠「そういわれると、ただの水の集まり…海だし、怖くなくなってくるかも…」

高尾「えーーーーーーーーーーーーーー!!!?」

桜「海はやめようね。しょっぱいから」

蛍「はい!」

小鞠「わかりました!」

高尾(それで納得しちゃうの!?あなた達!?)




高尾「って、あんた何を言ってるのよ!」ボソボソ

桜「いえ、この子達がここまで素直だなんて…私も計算外で…」

高尾「やっぱりわざとだったのね!」

桜「ま、まぁ、緊張も取れたみたいだし、これでいいと思いますよ」

小鞠・蛍「」キャッキャッ

高尾「そ、そうね…」



115: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 21:22:38.74 ID:Uw8hJIag0

桜「そろそろ戻りませんか?あまり邪魔するのもあれですし」

高尾「そうね。この子達も練習があるだろうしね」


高尾「じゃあ、私たちは戻るわ」

蛍「は、はい。今日はありがとうございました!」

小鞠「明日、お互い頑張りましょうね!」

桜「うん。頑張ろうね」

高尾「じゃあね」



116: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 21:27:46.13 ID:Uw8hJIag0

 
………


風間「え?高尾たち来てたのか?」

蛍「はい。音楽を手伝ってくれて」

小鞠「水のお話もできて楽しかったです」

風間「水…劇の準備で忙しいくせに何をしに来たんだ…」

夏海「じゃあ、配役をきめようか」

れんげ「決めるん!」

蛍「必要な役は…主人公のお姉さん、妖精さん、迷子の心優しい少女…あとは、ナレーションでしょうか?」



夏海「えーと、じゃあ、おねーさん…サンタさん役は誰がいいかな?

蛍「はい!はい!私は小鞠センパイがいいと思います!」

小鞠「えー、主役は嫌だな…」

れんげ「ウチはなっつんがいいと思うん」

夏海「ウチはナレーションがやりたいッス」

風間「あー。じゃあ、他の役から決めてみたらどうだ?」



117: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 21:33:49.66 ID:Uw8hJIag0

小鞠「少女はれんげ一択でしょ」

夏海「えー、姉ちゃんの方が適役だと…」

小鞠「夏海。今度のおやつ分けてあげないよ?」

夏海「だよね!いやーウチもれんちょんが少女役やった方がいいと思ってたんだー」

れんげ「なっつん…」

夏海「どう?れんちょんはやりたくない?」

れんげ「仕方ないんな。なっつんの為に一肌脱ぐん」

夏海「やったー。おやつっー♪」


夏海「ウチはナレーションね。おっけー?」

蛍「はい。問題ないと思います」

小鞠「別にいいよ」

夏海(やったー。これで台本読むだけだし、セリフ覚えなくてすむ。さっすがー夏海ちゃん天才~♪)

小鞠(とか思ってるんだろうなー)



118: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 21:38:19.23 ID:Uw8hJIag0

蛍「えーと、残った役は…」

小鞠「お姉さん役(サンタさん役)と妖精さんか…」

蛍「やはり、お姉さん役はセンパイが適役だと思いますよ?」

小鞠「ん~…主役はな…でも、お姉さんか…お姉さんか…お姉さんか~」

蛍「そうですよ!お姉さん!センパイが適役ですよ!」

蛍(妖精衣装のセンパイもいいけど、可愛いサンタのセンパイも見てみたい!)

小鞠「そ、そうかな?じゃあ、蛍がそこまで言うなら私…」

夏海「ちなみにサンタさんの服のサイズが、姉ちゃんに合わないから、ほたるんがお姉さん役だよ」

小鞠「早く言え!バカ!」

夏海「あはははは。夏海ちゃんうっかりしちゃった」



蛍「って、私がお姉さん役!?」

小鞠「はぁ…衣装がないなら仕方ないよね。今からサイズ変更なんて間に合わないし…」

蛍(私が…お姉さんの真似…演技をするなんて…)

蛍(そ、そんな…私には荷が重すぎて…)



119: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 21:43:14.14 ID:Uw8hJIag0

風間「まっ、いいんじゃねーの?」

蛍「え?」

風間「この中で一番しっかりしてそうなのってお前だし、お前ならこの大役も任せられると思うぞ」

蛍「そ、そんな…しっかりだなんて…」

風間「じゃあ、皆に聞いてみろよ。皆もお前になら任せられると思ってると思うぞ」

夏海「うんうん。ウチ、ほたるんならいけるって信じてる」

兄「」ウン

れんげ「ほたるんファイトゴーなのん!」

小鞠「そうだよ。蛍ならできるって自信持ちなよ」

蛍「みんな…」






蛍「はい!私がんばります!!」



120: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 21:48:52.57 ID:Uw8hJIag0

 
………


蛍「では、お姉さん役は私。妖精さんは小鞠センパイ。少女はれんちゃん。ナレーションは夏海センパイ」

夏海「兄ちゃんは途中途中登場するモブね」

兄「」ウン

夏海「よーし!じゃあ各自台本を覚えて!最悪アドリブで行くから、流れだけでも覚えてよね!夜から練習するから」

蛍「はい!」

夏海「れんちょんはウチが台本読んであげるから一緒に練習ね!」

れんげ「よろしく頼みますのん!」

夏海「じゃあ、解散!」

小鞠「よし!明日は頑張ろう!」




風間「さて、やる事なくなったし…帰るか…」




■電車の中


風間「って、本当に帰ってたーーーーーー!!!???」

風間「そして、俺なんで縛られてんの!?」

桜「暴れられると面倒だしね♪」

風間「意味がわかんねーよ!!」


千歳「うるさいな」

風間「おい!劇はどうするんだよ!」

千歳「予定変更だ。帰るぞ」

風間「なんだと!?」



121: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 21:53:37.90 ID:Uw8hJIag0

■次の日(学芸会の日)

小鞠「え?お姉さん方がいない!?

一穂「え、えーと、だねぇ~」

蛍「でも、今日は演劇で勝負のはずじゃ…」

一穂「だ、だねぇ~」

れんげ「きっと何か理由があるはずなん!」

一穂「だと思うんだけどねー」



122: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 21:54:21.03 ID:Uw8hJIag0

夏海「…」

----------------------------------------------------------------

夏海『これで、ねーちゃん達が見に来てくれたら、全部で10人も見に来るんだよ!』

風間『そうか。ちょうど帰る日で暇だったし、楽しみにしてるから頑張れよ』

夏海『頑張るよ!だって、見に来てくれる人が多い方が燃えるからね!』

千歳『ハッ、だれが見に行くと言った?』

夏海『え?』

風間『は?』

千歳『我がゲーム制作部も演劇をするぞ!どっちが上手に演技できるか。勝負だ夏海!』

夏海『な、なにーーーー!?』


----------------------------------------------------------------


夏海『ふふふふふ。マリオじゃウチ達に勝てないよ?』

千歳『なに!?世界のマ○オが負けるだと!?』

夏海『なんと言っても、こっちはサンタさんと妖精さんだからね!』

千歳『子供と…夜の大人に需要があるサンタだと!?…………か、勝てない…』



123: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 21:54:52.92 ID:Uw8hJIag0

----------------------------------------------------------------


夏海『一からやり直したんだ。ほたるんがすっごい話を考えたんだよ』

千歳『ほぉ…』

蛍『い、いえ、そんなすごい話なんかじゃ…』

夏海『たくさんの人が見に来てくれるからね!もうウチ達、頑張っちゃうよ!』

千歳『たくさんか…』

風間『そういえば、2人追加だぞ』

蛍『え?』

風間『俺達の仲間が2人増えたからな』

蛍『そういえば、副会長さんが来たとか言われましたね』

夏海『よーし!ウチ燃えてきた!頑張るぞー』

蛍『はい♪』

----------------------------------------------------------------


夏海『でも、ウチはたくさんの人が見に来てくれる方が嬉しいかな』

風間『お前…』

駄菓子屋『まぁ、そうだな。同世代…子供がこんなに見に来てくれるなんて、私達の時代でもなかったしな』

駄菓子屋『だから、もうこんな機会ないだろうから、しっかり楽しめよ二人とも』

れんげ『うん!』

夏海『楽しむだけじゃなくて勝負にも勝つけどね!』

風間『ははっ。勝負ならうちの部は負けないけどな』

夏海『いーやっ!絶対に負けないもんね!』



124: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 21:55:21.46 ID:Uw8hJIag0

----------------------------------------------------------------


風間『まっ、いいんじゃねーの?』

蛍『え?』

風間『この中で一番しっかりしてそうなのってお前だし、お前ならこの大役も任せられると思うぞ』

蛍『そ、そんな…しっかりだなんて…』

風間『じゃあ、皆に聞いてみろよ。皆もお前になら任せられると思ってると思うぞ』

夏海『うんうん。ウチ、ほたるんならいけるって信じてる』

兄『』ウン

れんげ『ほたるんファイトゴーなのん!』

小鞠『そうだよ。蛍ならできるって自信持ちなよ』

蛍『みんな…』






蛍『はい!私がんばります!!』


----------------------------------------------------------------


夏海「ウ、ウチは信じる!」

小鞠「え?」



125: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 22:01:59.39 ID:Uw8hJIag0

夏海「にーちゃんやねーちゃんが約束を破る人だと思えない!」

夏海「だから劇の準備をしよう!予定通り始められるように!」

一穂「ま、まぁ、信じるのはいい事だと思うけど、現実的に…」

蛍「わ、私も信じます!」

一穂「ほたるん!?」

小鞠「私だってお姉さん方の事を信じる!」

れんげ「ウチもなん!」

兄「」ウン


夏海「よーし!予定通り準備しよう!」

小鞠「うん!」



ババババババッ


蛍「な、何の音ですか!?」

夏海「ヘリ!ヘリコプターだ!!!」

小鞠「す、すごい。初めて見た」

蛍「わ、私もです」

れんげ「ヘリコプター何台も来てるん!!すごいん!感激なんな!」



126: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 22:06:56.61 ID:Uw8hJIag0

 
ガララッ

千歳「待たせたな」

夏海「え?ね、ねーちゃん!?」

千歳「私だけじゃないぞ」

夏海「え?」


高尾(巨乳)「ご、ごめんなさい。私が完成した衣装とか背景を壊しちゃって…」

風間(主人公)「ったく、それで一度帰って別の衣装を買いに行くハメになっちまったんだよな」

船堀(健気で優しい癒し系船堀さん)「い、いえ。私がちゃんとしていれば…」

中(ドМ)「いや、船堀くんは悪くないと思うぞ」

芦花(炎属性)「まぁ、おかげで劇に使うゲームも手に入れる事ができましたし」

桜(水属性)「ペットボトルもたくさん持ってきたし、水をたくさん持って帰ろうっと~♪」



127: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 22:28:06.62 ID:Uw8hJIag0

子王(芦花のストーカー)「ふふふふふふ。ついに合宿編ですか。楽しみです」

多摩(元生徒会会長)「真の真打ちタマちゃんだよぉ」

大濠(24禿夜行の一人でクラスメイト)「生徒会長と勝負!?どんな奴らが勝負を挑んだんだ!?」ガクガクブルブル

室見(テキサスチャーシュー室見)「ふっ。勝った方にはチャーシューご馳走するぜ。でもお金は払ってくれよな」

赤坂(変な口してる奴)「またイベントかーおれも呼ばれるのかいー」トホホ

蛭浜(家に犬猫十匹以上飼ってる奴)「ふんっ。今度は負けねーからな」

天神(自称禿じゃない男)「最近リーゼントもいいなって思ってきた」

藤崎(ザ・フィフティー・フィフティー篠崎)「本当に磨きに磨いて磨きがかかったフィフティーフィフティーを見せてあげるよ」

中洲(24禿夜行の一人)「フッ、全て私一人で片付けてみせるさ」

川端(24禿夜行の一人)「オイラも」

小田原(魔の十四楽団リーダー)「魔の十四楽団の新曲『漢気フルコンボ』絶賛発売中だ!買ってくれよな!」

高崎(魔の十四楽団実質リーダー)「ああ、あのうるさい曲か…」

高麗河(魔の十四楽団グラサン)「ふっ、リーダーを助けるのも俺達の役目。リーダーはやれる事をやってくれ」

拝島(魔の十四楽団の変な眼鏡)「高尾さんどんな役をするのかな?」ドキドキ

毛呂(魔の十四楽団のデブ)「実はここのセリフの1割が前回のコピーと気付くやつはそういまい」

松久長男(魔の十四楽団の高尾の隠し撮り写真を持っていた奴)「やんす」

金子(魔の十四楽団の帽子)「宇宙エロ本争奪ゲームも10人までやれるようになったのか…」ゴクリンコ

篠崎(クラスメイトの眼鏡)「ちなみにここは読み飛ばしても問題ないぜ」

亀山上(バスケ部の眼鏡がない男)「ヘイ!どうした俺のシュートを止めるんだろ?」ダムダム

東山(バスケ部のリーゼント)「みくびるなよ!ここから俺の伝説の始まりだぜ!」キュッキュッ

木更津(バスケ部のトゲトゲの頭)「くらえ!必殺ガード!!!」

東(ラーメン屋イオランの看板娘)「カップラーメンにお湯を注ぐのでは負けないわ」

百草(風間の幼なじみ)「私って本編でまた登場するのかな?…したくないな…」

つつじ(芦花の妹)「わぁーい。勇者役のお姉ちゃんだーーー♪」

新木場(グラサンが似合う男)「騒がしいな…祭りか?」

大崎(おさげの似合わない男)「まー」

山田(ゲーム制作部の一人)「ふぅ、またモブの一員ですか…」

東・T・京(栗みたいな頭のデブ)「ふっ、そろそろセリフのネタがないぜ!」

東雲(フードを被った厨二病)「事件…しかし風間、お前なら乗り越える事が出来るだろう」

大井町(常に背を向ける厨二病)「風間…俺はお前を信じる」

示場(ガイルヘアー)「いやいや、はっはっはっ」

品川(ドヤ顔眼鏡)「はっはっはっ、いやいや」



128: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 22:37:13.19 ID:Uw8hJIag0

黒川(東府下学園ゲーム制作部の黒髪)「え?何で私たちもここにいるの?」

唐木田(東府下学園ゲーム制作部の部長)「まぁ、せっかくの祭りだし遊んで行こっか」

栗平(東府下学園ゲーム制作部の特徴がありそうで何もない奴)「はい。部長」

小田(東府下学園ゲーム制作部の地味そうで、実は一番特徴がある奴)「みんなここにいたの?もう置いていかないでよ~」

浜松(気が弱い男)「まあ、ネタは何も考えてないんだけどね」

田町(眼鏡をおでこに掛ける男)「どんまい」

鷺沼(学園NO.2の巨乳)「オホホホホホホホホホ。今度こそ高尾さんに勝たせていただくわよ」

大島(料理部のモブ)「船堀ちゃんマジ可愛いっす!」

ラウオ(二人ブラザーズの兄)「ほう、このラウオの道を阻む者が現れようとはな」

トキージ(二人ブラザーズの弟)「落ちつけ兄者」

クッシー(みんなのアイドル九段下先輩)「ヘリコプター上空から見てたけど、ここ綺麗だね」

高不動(高尾並みの巨乳)「すごく空気が綺麗ですの~♪」

砂川(聖立川女学院ゲーム制作部の相撲部の女)「お、男が多すぎ…」

甲州(聖立川女学院ゲーム制作部の弓道…いや、相撲部の女)「女子校の私達には難易度が…」

程久保(聖立川女学院ゲーム制作部の頭脳)「はぁはぁ、皆、待って…」ゼェゼェ

大塚(聖立川女学院ゲーム制作部のフェンシングの…女)「dangerous」

初台(アニメ1話でロッカーを壊された女)「え?私も?え?」

横縞(風間一派のチビ)「あれ?俺たちの出番これだけ?」

長山(風間一派のノッポ)「堅ちゃんの役になれるなら別にいいさ」



129: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 22:46:38.80 ID:Uw8hJIag0

ゲロ子(ゲロ子)「うぅ…ヘリ酔いした…」

松原(カミーユの髪型をしたパーフェクトガール)「はぁ…タマの強引さは相変わらずね」

長沼(アニオタ)「うぅ、貰いゲロをしてしまった…」

之江(風間の妹)「はぁ…家でアイス食べたかったのに…」

小川(之江の友達)「子王先輩。学園生徒全員を連れていくとか、どんだけすごいのよ」

桜ヶ丘(ゲーム制作部の美男子)「はぁ…ぼく…私はいつ風間先輩に真実を伝える事ができるのかしら…」

稲田(ゲーム制作部の変態腐女子)「ハァハァ」

親(モブ親子の親)「実は原作でも最初の方では船堀さんは『風間君』って言ってたんだぞ。知っていたか?息子よ」

子(モブ親子の子)「さすが父ちゃんだ!どうでもいいぜ!」

大沢(雷属性)「…え?何で私がこんな下?」

ショーン・コネコネ(渋いっ)「イイジャアリマセンカ。生徒ガ先生ヲ必要トシナイ、成長シタ証デスヨ」

寅田先生(三年学年主任)「くくくくっ。明日校長に怒られませんように…」

大沢「そういえば、福永先生って隠れ巨乳ですよね」

西永先生(家庭科部顧問)「え!?そ、そそそそそそんな事ありませんよ」

ルーチェ(こあくまメレンゲ主人公)「ひかげー。劇を見に来てやったぞー」

春風(ひかげの親友)「ひかちゃんどんな役をするのかなー?」

ひかげ(れんげの姉)「いや、私は出ないけどね…」

ピコ(ルーチェの妹)「ふっ。しょせんはひかげでしゅね」

妖精さん「げきたのしみですなー」「あー」「ぼくたちもさんかします?」「たまにはがいやもおもしろいかと」「にゃんぱすーなのん」



130: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 22:52:14.72 ID:Uw8hJIag0

小鞠「す、すごい…人数…」

千歳「どうだ。夏海?」

夏海「え?」

千歳「『人数が多い方が燃える!』んだろう?燃えてきたか?」

夏海「あっ…」

夏海「………」

千歳「まさか、おじげづいたか?」






夏海「違う!燃えてきた!燃えてきたよ!ねーちゃん!」



131: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 22:58:09.75 ID:Uw8hJIag0

千歳「ふっ、これで面白い勝負になりそうだな」

小鞠「わ、私は少ない方がよかったかも…」

蛍「プルプル震えて、私のスカートのすそを掴んでる、センパイ可愛いよぉ~」

蛍(センパイ!?冷や汗がすごいですよ!大丈夫ですか!?)

このみ「蛍ちゃん?思ってることと言ってる事が逆だよ」

れんげ「お祭りなん!本当のお祭りなんな!!」


夏海「よーし!こんなに人がいるんだから!頑張るぞーーー!!」

れんげ「頑張るん!!!」

小鞠「えー」

蛍「頑張りましょう!センパイ!」



132: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 23:03:28.82 ID:Uw8hJIag0

千歳「ふっ」

風間「よかったな。夏海達が嬉しそうで」

千歳「なに言ってんだ?」

風間「ん?」

千歳「これで私達が勝ちは確定だ。府上学園の生徒は私達に票を入れるからな…」

風間「あー。そうだな。はいはい」



風間「でも、その顔はやめた方がいいぞ」

千歳「は?」

風間「夏海達を見ている顔が…なんつーか、嬉しそうに見えるんだよ」

千歳「はっ。私の勝ちが確定して嬉しいだけだ」

風間「あー。そういうことにしておいてやるよ」



133: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 23:08:39.53 ID:Uw8hJIag0

 
………



稲田『という訳で優勝は…』





稲田『旭丘分校の出し物…『サンタさんと妖精さんのお祭り』だーーーーー!!!!』

ウオオオオオオオオオオオオオ



風間「ばっさりカットされたーーーーーー!!!!」



134: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 23:13:12.99 ID:Uw8hJIag0

芦花「そうですよ…まさか合宿編二日目の私と風間さんのお風呂シーンがカットされるなんて…」

風間「そんな事実ないからな!」

桜「そうですよ!私と之江っちのラブラブ妹勝負がカットされるなんて!」

之江「そんなのないから!カットされたからって適当な事言うな!」

千歳「まぁ、風間のツッコミのせいでグダグダだったし、カットされるのも仕方ないな…」

風間「いや、お前等のせいでツッコんでるんだけど!」


高尾「そうよね。私が演劇の『ピ○チ姫』の初戦のボスをしなければ…」

風間「ああそうだよ!お前が負ける予定だったのに、何で勇者を倒しちゃうんだよ!そこからグダグダだよ!」



135: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 23:18:53.10 ID:Uw8hJIag0

■風間達の演劇中~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


芦花(勇者役)「さあ、風間さん…ピーチ姫を返してもらいます!」

高尾(初戦ボス)「ふふふふふ、私は四天王…じゃなくて、三天王にて最弱…まずは私から倒してもらおうかしら?」

芦花「わかりました!勝負内容は!?」

高尾「これよ!」

芦花「それは東方Proje○t弟⑨作目の対戦型ゲーム!?」

高尾「そう!東方花映○よ!」

芦花「いいでしょう。勝って私が風間さんを貰います」

高尾「ふふふふ。そう簡単にいくかしら?」


………


芦花「私が…ま、負け…」

高尾「どうしよう……勝っちゃった」


風間「勝ってどうするんだよーーーーーーーー!!!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


高尾「うぅ…ごめんなさい…」

風間「ああ!反省しろ!」

芦花「すいません、私も初めてするゲームで…」

風間「『それは東方Proje○t弟⑨作目の対戦型ゲーム!?』とか知ってる風に言ってたじゃねーか!」

芦花「いえ、知識だけで…PCゲームはあまり…」

風間「じゃあ、最初に言っておけよ!!!」



136: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 23:23:44.10 ID:Uw8hJIag0

千歳「まぁ、内容はどうあれ、負けは負けだ」

風間「…」


風間「はぁ…だな」

風間「で、勝った感想はどうだ?」

夏海「嬉しいに決まってんじゃん」

小鞠「まぁ、勝ったというより負けてくれた気がしなくもないけど…」

蛍「でも、風間さん達の劇も面白かったですよ」

れんげ「敵にとって不足はなかったのん」

千歳「そうか。それはよかったな」

夏海「でも、それ以上にさ」




夏海「こんなに大勢の人に、ウチ達の演劇を見てもらったのが一番嬉しかったかな」



137: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 23:28:40.69 ID:Uw8hJIag0

千歳「夏海…」

蛍「そうです。勝ち負けと言っても、私達の劇は高尾さんや風間さんにも手伝って貰いましたし」

小鞠「確かにそうかも…もし、みんながいなかったら『越谷戦隊夏海マン』を演る予定だったし…」

れんげ「みんながいたから、ウチ達も白熱できましたん!」


夏海「うん。これはウチ達の演劇というより、みんなのおかげで出来た演劇なんだよ」

夏海「だから、ねーちゃん達ありがとう。ねーちゃん達のおかげだよっ」



千歳「お前達…」

風間「…」



138: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 23:33:01.00 ID:Uw8hJIag0

千歳「真顔で何言ってんだ?ドン引きだぞ」

夏海「あはははは」

千歳「ん?何で笑ってるんだ?ついに頭がおかしくなったのか?」

風間「はぁ…」

千歳「貴様…なんかムカつく顔をしているな?」

風間「だから、その顔はやめろって」

千歳「え?」

風間「すごく嬉しそうに見えるぞ。今のお前の顔」

千歳「なっ//」



夏海「あー今度は赤くなったー」

千歳「なってない!」

夏海「ねーちゃん照れてて可愛いなー」

千歳「うるさい!これは夕日のせいだ!」

夏海「えへへ~」



139: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 23:38:18.70 ID:Uw8hJIag0

■駅

風間「じゃあな。また会おうぜ」

兄「」ウン


桜「じゃあね。また水を貰いにくるねっ♪」

小鞠「はい!また来てください」


高尾「じゃあ、元気でね。今度は新作のゲームを持ってくるわ」

蛍「はい!楽しみにしてます♪」


芦花「にゃんぱすー」

れんげ「にゃんぱすぱすーん」

芦花「ま、まさか。『にゃんぱす』のさらに上があるとは…」

れんげ「くくぷ~。まだまだ精進するん」

風間「いや、この挨拶、どっかで一回やってたよな…」


大沢「…」Zzz

一穂「…」Zzz

風間「なんとなく思ってたが、やっぱり同類教師かよ!」



140: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 23:43:54.49 ID:Uw8hJIag0

 
ガタンガタン



高尾「電車が来たわね」

風間「じゃあな!お前等!」

芦花「さよなら。楽しかったです」

桜「ばいばい」

蛍「さよなら…です。本当にありがとうございました!」

れんげ「さよならなのん!」

小鞠「さよなら、みなさん!」

兄「」ウン

夏海「…」

千歳「…」

夏海「バイバイ…ねーちゃん」

千歳「ああ、またな夏海」

夏海「そっか…そうだよね!!『また』だよね。ねーちゃん!」ニパッ



141: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 23:48:22.25 ID:Uw8hJIag0

 
「ばいばーい」

「絶対またくるからねー」

「今度はウチが遊びに行くからー」

「ああ、絶対に来いよーーーー」



ガタンゴトン


大沢「…」Zzzzz

高尾「くー」Zzzz

船堀「すーすー」Zzzzz

芦花「ぐーぐー」Zzzz

風間(みんな寝てるな…昨日の夜遅くまで劇の準備してたしな…)



142: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 23:53:59.18 ID:Uw8hJIag0

千歳「色々あったな、今回の合宿は…」

風間「ん?まぁ、そうだな」

千歳「…で、どうだった?初めての合宿は楽しめたか?」

風間「そうだな…」


風間「…」




風間「まぁ、悪くなかったな。ああ、悪くなかったよ」

千歳「あ?私は桜に聞いたんだが…1人で何を言ってるんだ?キモイな」

桜「あはははは」

風間「最後までこんなオチかよ!!!!!!」



143: ◆xW69XHZIXl2A:2014/05/15(木) 23:56:59.72 ID:Uw8hJIag0

 
………


桜「…」Zzzz

風間「うー闇がー助けてくれー」Zzzzz

千歳「…」

千歳(それにしても…)


夏海『そっか…そうだよね!!まただよね。『ねーちゃん』!』ニパッ



千歳(『ねーちゃん』か…)

千歳(妹じゃなくて、たまにはお姉ちゃん役もいいかも…な)

千歳「ふふっ」

芦花「どうしたんですか?機嫌がよさそうですね、千歳」

千歳「ああ、また行こうな。合宿」

芦花「ええ、来年もぜひ行きましょう」



千歳「今度はどこに行こうか?」

芦花「まったく…行きたい場所なんて決まってるくせに…」


千歳「…」



千歳「ふっ、ああ本当にまったく…愚問だったな」ニッ






       終わり



転載元
芦花「風間さん!にゃんぱすー」風間「にゃん?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397998313/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月17日 18:39
      • 5 ほのぼの過ぎてディーふらぐの毒が消されちゃってんな
        だが良かった
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月17日 19:30
      • 5 ほんわかできた
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月17日 20:02
      • 之江が最初から参加してないじゃないか(憤怒)
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月17日 20:41
      • 土がフューチャーされるのは珍しいな
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月17日 22:54
      • 5 このボケとツッコミばっかでまったく話が進まないくせに後半から突然ワープしていく感じ、まさにディーふらぐのSSだな。
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月18日 00:32
      • うむ。よかった。

        次は風間妹も出してね
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月18日 11:55
      • 4 前回の「vs自演乙編」で終わりかと思ってたら本当に続いてた!
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月18日 21:35
      • 5 いいね、これ
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 12:38
      • ※7
        何気に人退×のんのんの続きでもあるみたい

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    解析タグ
    ブログパーツ
    ツヴァイ料金
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
    多重債務