TOP

男「僕の仕事はツイッター」

1 :名無しさん@おーぷん 2014/05/09(金)23:18:32 ID:Atwz8Uu68


女「おっしゃってる意味がよくわかりません」

男「だからそのまんまの意味だよ」

女「つぶやくことがお仕事って、ちょっと理解できないです」

男「ていうかキミ、大学生だよね? 僕のこと知らないの?」

女「そうですね。はい、知らないです」

男「極めて特殊なタイプだね、キミ」

女「はい?」

男「いまどきの若い子で僕のこと知らないって、かなりめずらしいよ」



2 :名無しさん@おーぷん 2014/05/09(金)23:21:56 ID:Atwz8Uu68


男「ツイッターはやってないの?」

女「登録はしましたよ。友達にすすめられて。でもすぐやめちゃいました」

男「僕は有名なツイッタラーでね」

男「商品レビューや時事ネタ、様々なことをつぶやいてお金をもらってるんだよ」

女「ついったらあ?」

男「ツイッターをやってる人のこと。ホントに知らないんだね」

女「ええ。ていうか、ツイッターで収入っていうのが意味わかりません」

男「そこらへんはググれば、すぐわかるよ」

女「はぁ」



4 :名無しさん@おーぷん 2014/05/09(金)23:25:43 ID:Atwz8Uu68


女「その有名な『ついったらあ』さんが、休日の大学になにしに来たんですか?」

男「写真といっしょに学食のことをつぶやいたらウケがよかったんだ」

男「学食は安いし、誰でも食べられるしね」

女「じゃあ今日は学食の紹介に?」

男「そういうこと」

女「では、どうして私に話しかけたんですか?」

男「ごはん撮るときに、僕もいっしょに写してほしいんだ」

女「私に写真を撮れってことですか?」

男「もちろん、つきあってもらうんだ。奢らせてもらうよ?」



5 :名無しさん@おーぷん 2014/05/09(金)23:31:50 ID:Atwz8Uu68


女「べつにいいですけど」

男「なんか反応が微妙だね」

女「まあ、お笑いにあんまり興味ないんで」

男「……キミ、ぼくをつぶやきシローかなにかと勘違いしてない?」

女「ちがうんですか?」

男「……これが僕のアカウント画面。フォロワー数見てよ」

女「250万人。これ、多いんですか?」

男「日本では有吉さんに次いで、二位だ」

男「さらに言うと、孫正義をおさえて二位だ。すごいでしょ?」

女「たしかにそう聞くと、すごいって思います」



6 :名無しさん@おーぷん 2014/05/09(金)23:36:39 ID:Atwz8Uu68


男「さあ、僕のすごさがわかったところで学食に行こっか」

女「ひとつ聞いてもいいですか?」

男「なに? できるかぎり質問には答えるよ」

女「なにをつぶやくんですか? 『学食なう』とか?」

男「調子こいた大学生じゃあるまいし、『なう』とか使わないし」

男「僕は超有名なツイッタラーだよ?」

女「そうは言っても、ただつぶやくだけでしょ?」

男「本気で言ってるのかい?」

女「わりと真剣に。だいたいツイッターって、たんなるSNSですよね?」

男「近いちうちにツイッターは教材として、導入されるはずだよ」

女「え? どういうことですか?」



7 :名無しさん@おーぷん 2014/05/09(金)23:46:21 ID:Atwz8Uu68


男「ツイッターのつぶやきって140文字で限定されてるよね」

女「あ、そうなんですか」

男「そーなの!

男「まとまった文章を書く練習に、ツイッターは適してるんだよ」

女「それ、べつにツイッターじゃなくてもいいんじゃあ……」

男「それだけじゃない。ツイッターには目をみはるようなツイートがあったりするしね」

女「ついーと?」

男「つぶやきのこと。まあ、とにかくそういうことだから」

男「文章のお勉強に使えるって、改めて注目されてるんだよ」

女「はぁ」



8 :名無しさん@おーぷん 2014/05/09(金)23:52:58 ID:Atwz8Uu68


男「しかし休日でも、大学の食堂には人がけっこういるんだね」

女「自炊するのが面倒な人は、わざわざ学食で食べるそうですよ」

男「へえ。まあたしかに破格の値段だもんね」


 「え? ちょっとツイッタラーの『パツキン』じゃねあれ!?」

 「ウソウソっ! え? マジじゃんすげー」

 「あたしフォローしてるよ!」

 「パツキンのお兄さんも、かなり有名なツイッタラーなんでしょ?」


男「ね? けっこう有名でしょ、ぼく」

女「わかりましたから、早く注文しましょうよ『パツキン』さん」



9 :名無しさん@おーぷん 2014/05/09(金)23:57:24 ID:Atwz8Uu68


男「この学校の竜田揚げ定食が、320円で大好評らしいね」

女「そうらしいですね。わたしは知りませんけど」

男「学食利用してないの?」

女「お弁当、もたせてもらってるんで」

男「ふーん……っと、席はここでいっか」

女「そういえば。お兄さんもツイッターしてるんですか?」

男「そだよ。アニキは『SHIKKIN』って名前でやってる」

女「しっきん?」

男「うん。僕ほどじゃないけど、まあまあ人気のあるツイッタラーなんだ」



11 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)00:08:50 ID:syI8j5SZY


男「ツイッタラーって単語は最近だと、
  ツイッターで生計を立ててる人のことを指す場合がおおいんだよ」

女「そんな人があなた以外にもいるんですか?」

男「本当にごくわずかな人数だけどね」

男「さっきも言ったとおり、僕のアニキもそうだし」

男「ほかにも……そうだな。
  この人なんかは、最近人気出てきてるツイッタラーだな」

女「わわっ。なんですかこのいやらしい画像は」

男「言っとくけど、これは僕のツイートじゃないからね」

男「これはある女性ツイッタラーのつぶやきなんだ」

女「つぶやきって、画像じゃないですか」



12 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)00:11:42 ID:syI8j5SZY


男「いろんなツイートをするって、さっき説明したでしょ」

男「最近注目が集まってるホンビノス貝について、つぶやいんだよ」

女「ほんび……なんですかそれ?」

男「安くておいしい貝。あとは説明が面倒だから自分で調べて。」

女「はぁ。それで、その貝がどのようにそのエッチな画像と結びつくんでしょうか?」

男「その画像を僕にツイートしてきた人は」

男「ツイッター界の『檀蜜』って呼ばれてる人なんだよ」



13 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)00:13:44 ID:syI8j5SZY


mitsudan 私はホッキ貝が好きです
約9間前 1919人がリツイート
返信・詳細

mitsudan ホッキ貝って響きってオトコの人のアレのぼ●きと似てますよね
約9間前 4545人がリツイート
返信・詳細

mitsudan え?アワビがどうかしましたか?
約8間前 801人がリツイート
返信・詳細

mitsudan pic.twitter.com/eroShizuKa
約8間前 4545人がリツイート
返信・詳細

mitsudan pic.twitter.com/eroGiAnt
約8間前 4545人がリツイート
返信・詳細



15 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)00:19:26 ID:syI8j5SZY


女「後半からはエッチな画像貼ってるだけで、つぶやいてすらいないですね」

男「この僕をやりこめるなんてたいしたもんだよ」

男「見事に彼女のペースにもってかれた。完敗だった」

女「私にはちょっと理解できないです」

女「それにしても」

女「パツキンさんってけっこう反感買いそうなこと、つぶやいてますね」

男「どれのこと?」

女「この生活保護のこととか。税金問題のこととか」

女「『ニートに物申す』みたいなのとか」

女「お前が言うなって言われませんでした?」

男「……それはどういう意味かな?」



16 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)00:33:49 ID:syI8j5SZY


男「こういうイチブの人間の反感を買うようなツイートはね」

男「わざとつぶやいてるんだよ」

女「なんでですか?」

男「頼まれてんだよ、おエライ人たちに」

女「頼まれてる? おエライ人?」

男「まあ細かいことはいいんだよ」

男「どうしてこの手のつぶやきをするかっていうと」

男「こうやって叩かれるツイートをすることで」

男「当然僕を叩く人がいっぱい出てくるでしょ?」



18 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)00:42:10 ID:syI8j5SZY


男「日々の生活でフラストレーションをためた人間のために」

男「僕が捌け口になってあげてるってわけ」

女「ああ、あなたを叩くことでストレス解消になるってことですね」

男「それに僕のツイートに対して、リプライを送れば注目されるしね」

男「自分の意見をみんなに伝えることができる」

女「なんだかコワイですね、ツイッターって」

男「そう? 批判だけで満足して終わってくれるって、よくない?」

女「と、言いますと?」

男「本当にコワイ存在っていうのは、批判から次のステップに移れる人間だよ」

男「批判することで、それに満足して終わる人間なんかは全然コワくないね」



19 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)00:46:38 ID:syI8j5SZY


女「まあツイッターでつぶやくだけなら」

女「なにもしないのと変わらないってことですね」

男「そうだよ。批判しただけじゃ、なにも変わらない」

男「それがわからない連中のストレス解消の道具になってあげる」

男「それも一流ツイッタラーの仕事だよ」

女「ドヤ顔してますけど、あなたもつぶやいてるだけですよね」

男「失礼なことを言うな」

男「僕のつぶやきは、経済にさえ影響を与えるんだぞ」

女「はいはい、そうですか」



20 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)00:52:50 ID:syI8j5SZY


女「でもいつか、背後から誰かに刺されたりするかもしれませんよ?」

男「僕は一流のツイッタラーだよ?」

男「すでに辞世の句は、考えつつあるよ」

女「まだ完成はしてないんですか」

男「うん。140文字に収まらないんだよね、むずかしい」

女「それ辞世の句じゃないですよ、絶対」

男「……僕には将来、ひとつ夢があってね」

女「夢?」



21 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)00:59:25 ID:syI8j5SZY


男「そう。辞世の句をツイートして、それから死ぬっていう夢だよ」

女(くっだらねえ)

男「とりあえず定食といっしょに写真撮ってくれる?」

女「わかりました。……これでいいですか?」

男「どれどれ。んー、ちょっと撮りなおそうか」

女「なんでですか?」

男「だって僕の顔がなんか変だもん」

女「もとからでしょ」

男「え?」

女「いえ、なんにもです。じゃあもう一度撮ります」



22 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)01:17:10 ID:syI8j5SZY


女「で、結局一枚撮るのに二十分かかったんですけど」

男「いやあ。キミが写真撮るの下手だからさあ」

女「ていうか、学食の紹介ならあなたが写る必要なくないですか?」

男「それじゃあダメだろ」

男「僕と写ることによって、この定食に新たな価値が生まれるの」

女「わかりましたから、早く食べてくださいよ」

男「いや、これからツイートの文章を練らなきゃならない」

女「いちいち面倒なんですね」

男「当然。このつぶやきに日々の生活がかかってるからね」



23 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)01:23:53 ID:syI8j5SZY


男「キミ、このあと暇?」

女「仮に暇だったとしたら?」

男「ちょっとつきあってくれない?」

女「なににですか?」

男「決まってるでしょ。僕の仕事に、だよ」

女「仕事? なんで私が?」

男「キミはどうも僕のことを誤解してるみたいだからね」

男「おおかた、僕をつぶやくことしか能がないクズだと思ってるだろ?」

女「まあそれに近いことは、思ってますね」



24 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)01:35:14 ID:syI8j5SZY


男「ツイッタラーという仕事が、いかにやりがいがあるか」

男「それをキミに教えてあげよう」

女「今、青天のイナズマのように用事が現れました」

男「よく意味がわからないけど、もう決定だから」

女「えー」

男「とりあえず僕が定食食べて、つぶやいたら行こうか」

女「どこへ?」

男「病院」



25 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)01:45:40 ID:syI8j5SZY


女「わざわざタクシーで送ってくださるのは、ありがたいんですが」

女「本当に病院に向かってるんですか?」

男「そうだよ」

女「『手術なう』みたいなつぶやきをしに?」

男「ちがうわ。お見舞いだよ、お見舞い」

男「僕のファンの小学生がね、明日手術なんだって」

女「はぁ」

男「だから、その子を勇気づけに行くんだよ」



29 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)13:04:10 ID:BwEZqaMy7


女「よくわかりませんけど、ついていけばいいんですね?」

男「そういうこと」

女「ところで、実はもうひとつ気になることがあります」

男「なに?」

女「ご両親には、あなたはツイッタラーだって言ってあるんですか?」

男「そりゃあね。これだけ有名だと隠せないしね」

女「反対されなかったんですか?」

男「最初はそりゃあ、めちゃくちゃ言われたよ」



30 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)13:13:35 ID:BwEZqaMy7


女「そうですよねえ。なんか安心しました」

男「なんで?」

女「だって私もあなたのご両親の立場だったら、反対しますもん」

男「なんでさ?」

女「わざわざ説明しなくてもわかるでしょう」

男「いつの時代も理解されないよね。新しいことへの挑戦って」

女「そういう問題じゃないと思うんですけど」

女「だいたいどうして、ツイッタラーなんて仕事を選んだんです?」

男「人の下で働きたくなかったから」



31 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)13:23:07 ID:BwEZqaMy7


女「それだけ?」

男「十分だろ。僕の先輩も同じ理由で起業したぞ」

男「おっと、ついたね。ここが例の患者さんがいる部屋だ」

女「お見舞いって、本当にお見舞いなんですよね?」

男「当たり前だよ。ほかになにするの?」

女「……そうですよね。私の考えすぎですよね」

女「そのお見舞いには、私もたちあっていいんですか?」

男「いいけど。ちょっとまって」

女「……なんでここにきて、スマホをいじりだすんですか?」



33 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)14:05:28 ID:BwEZqaMy7


女「あの、もう十分たったんですけど」

男「……」

女「すみませーん。聞いてますかー」

男「うん、大丈夫。それじゃあ病室に入ろっか」



女「失礼しまーす」

小学生「……ぐすっ……うぅ……」

女「あ、あれ? 女の子、泣いてますよ」



34 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)14:31:39 ID:BwEZqaMy7


小学生「パツキンさん」

男「うん」

小学生「パツキンさんのおかげで、手術受けること、決めました」

男「そうか。それはよかったよ」

小学生「本当にありがとうございます」

女「え? え?」

小学生「パツキンさんの私へのツイートに、勇気もらいました」

男「僕のつぶやきがキミに届いたんだね」

女「あの、なにが起きてるのか教えてもらっていいですか?」



35 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)17:31:35 ID:BwEZqaMy7


男「この病室に入る前に、ツイッターで必死にこの子を説得してたんだよ」

男「手術は成功する。だから受けるんだって」

女「ツイッターで?」

男「うん」

女「部屋に入る前の十分の間のことですか?」

男「そうだよ」

女「なんで直接説得しないんですか?」

男「だって僕、ツイッタラーだもん」

男「つぶやかなきゃダメでしょ」

女「……」



38 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)17:37:50 ID:BwEZqaMy7


小学生「あの、よかったツーショットおねがいします!」

男「それぐらいお安いごようだよ。さっ、撮って」

女「私が撮るんですか?」

男「ほかに誰がいるんだよ」

女「……わかりましたよ。はい、じゃあ撮りますよ」


女(そして写真を撮って、私たちは病室をあとにした)

男「どうだい? ツイッタラーの仕事もバカにできないでしょ?」

女「あの、さっきの子はなんの手術なんですか?」

男「痔」

女「痔って……肛門の?」



39 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)17:41:46 ID:BwEZqaMy7


女「痔の手術って、予想外にあっさり終わりますよ」

男「そうなの?」

女「ええ」

男「いや、でもそういう問題じゃないじゃん」

男「彼女、小学生なんだよ? 簡単な手術でもコワイに決まってるでしょ」

女「まあそうかもしれませんけど」

男「ていうか痔の手術、受けたことあるの?」

女「……女の子のお尻はデリケートなんです」

男「めっちゃ聞きたいその話。ていうかツイートしたい!」

女「ふざけんな」



41 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)17:49:12 ID:BwEZqaMy7


女「これで今日のお仕事は終わりですか?」

男「いや、これから東急ハンズとか、スーパーとかに行く予定だよ」

女「そんなとこで、なにするんですか?」

男「ツイッターにつぶやくネタを探しに行くんだよ」

男「商品レビューとかもそうだし、旬のネタとかも知らないとね」

女「いろいろとしてるんですね」

男「僕の支持者は八割が十代なんだけどね

男「主婦の人で僕を応援してくれてる人とかもいる」

男「そういう人には鮮魚ネタは重宝されるんだよ」

女「ああ、さっき言ってたホンビノス貝とかの話ですね」



42 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)17:57:01 ID:BwEZqaMy7


男「ツイッタラーは、ネタを見つけるのが一番大変だからね」

男「ネタを見つけたら見つけたで、140文字という縛りが待ってるし」



中年男性「あっ。パツキンさんじゃないですか」

男「マモルさん! なんであなたが病院に?」

中年「花粉症で鼻を噛みまくってたたら、中耳炎になっちゃって」

男「ああ、じゃあこれから耳鼻科ですか」

中年「いやあ、お恥ずかしい。あ、そういえば新作できましたよ」

中年「今回のポエムはなかなかいいデキですよ」

男「ちょっと! こんなところでやめてくださいよ」

女「?」



44 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)18:08:14 ID:BwEZqaMy7


男「とりあえずポエムについては、ラインで送ってください」

中年「わかりました。ちなみにそちらの方は?」

女「あ、どうも」

男「彼女は僕について知りたいって、ついてきた女子大生です」

中年「さすが人気者。女子大生を磁石のように引き寄せるなんてね」

女(この人、さらっと嘘つくなあ)

男「じゃあ僕らはこれで失礼します」

中年「はい。さようなら」



45 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)18:08:39 ID:BwEZqaMy7


女「さっきのサングラスでロン毛のおじさんは誰ですか?」

男「その前に」

女「なんです?」

男「さっきの僕とマモルさんの会話聞いてた?」

女「ああ、ポエムがどうとかってヤツですか」

男「やっぱり聞いてたか」

男「彼はライターをやってるんだ」

男「ちょっと前の話なんだけど、つぶやくネタに困ってた時期が僕にもあってね」

男「そんな僕に、自分のポエムを使ってくれって言ってきたのが彼だ」

女「それってつまり……」



47 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)18:17:40 ID:BwEZqaMy7


男「まあ僕のゴーストライターにあたるのかな、あはは」

女「つぶやくのにゴーストライター使ってるんですか?」

男「うん」

女「おかしいでしょ」

男「なにがおかしいんだよ! 僕はツイッタラーだぞ!」

男「つぶやきは、僕のふところに入るお金に変わるんだよっ!」

女「……マモルさんにはお金、あげてるんですか?」

男「もちろん。マモルさんだってがんばってポエム作ってるからね」

男「中耳炎の痛みとたたかいながら」

女「くるってるよ、絶対」



48 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)18:28:29 ID:BwEZqaMy7


男「ふーむ。どうもキミは、なかなかの変人らしいな」

女「いえ、あなたには絶対負けると思います」

男「まあ僕もツイッター界のカリスマとは呼ばれてるけど。
  リアル世界じゃ、まだまだ未熟者ってことか」

男「……わかった。今日はここで解散しよう」

女「もういいんですか」

男「ああ。今日はつきあわせて悪かったね」

女「ある意味いい経験ができました」

男「ただ、ひとつおねがいがあるんだ」

女「おねがい?」



49 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)18:38:43 ID:BwEZqaMy7


女(頼まれごとの内容を聞いた私は、彼とわかれて帰宅した)

女(で、現在就寝前。パソコンでツイッターをいじっていた)

女(なんか知らないけど、パツキンさんにツイッター登録しろって言われて)

女(現在やってる。めんどくさ)


女「っと、これでいいのかな。IDは『matsumoto  inaba』でいっか」

女(で、パツキンさんにアカウントのことをツイッターで伝える、と)

女「うわっ、もう返事がかえってきた」



50 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)18:46:40 ID:BwEZqaMy7


Matumoto inaba ツイッター登録しましたけど
返信・詳細

PATUKIN もうめっちゃ待ってたよ!
返信・詳細

Matumoto inaba それでいったいなんの用なんでしょうか?
返信・詳細

PATUKIN どうしてもキミに伝えたいことがあったんだよ!!
返信・詳細



女「これツイッターってことは、みんなに見られてるんじゃあ……」

女「まあ私は個人情報出てないからいいけど」

女「……ん?」



51 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)18:51:33 ID:BwEZqaMy7





PATUKIN 今度の休日僕とデートしようぜ(わあおっ!Twitterで言っちゃったー!!)
返信・詳細





52 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)18:51:57 ID:BwEZqaMy7


Matumoto inaba 遠慮しておきます
返信・詳細

PATUKIN またまたぁ!遠慮しなくていいよ!)
返信・詳細

Matumoto inaba いえ、気持ちだけ受け取っておきます。私、明日も一限からなんで寝ます。おやすみなさい。
返信・詳細

PATUKIN いやいやwwwwwwwそういうのいいからwwwwwwww
返信・詳細



女(私はパソコンを閉じて寝た)



53 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)18:58:29 ID:Jo5R1sVbV


女(そして次の日。学校に行くさいちゅうの電車で)

女(Yahoo!ニュースのトップにこんな記事が出ていた)

女(『人気ツイッタラー、ツイッターでデートに誘うもフラれる』)

女「なんかすごいなあ」



女(そして一限を終えて、ひとりで食堂でごはんを食べていると)

男「ちょっと!」

女「うわあぁっ!?」



54 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)19:01:31 ID:Jo5R1sVbV


女「なんであなたがここに?」

男「こまかいことはいいんだよ」

女「けっこう重要なことだと思いますけど」

男「それよりも! なんで僕の誘いを断ったんだよ!?」

女「……」

男「な、なんだその目は……」

女「べつに。いろいろ言いたいことがあります。言いませんけど」

女「どうしてツイッターで誘ったんですか?」

男「だって僕、人気のツイッタラーだもん」

女「……」



55 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)19:16:28 ID:Jo5R1sVbV


男「ツイッターでこそ、僕の魅力ははっきされるんだよ」

女「……」

男「あっ。もしかして昨日の、マモルさんがツイートしたと思ってる?」

男「あのつぶやきは僕の言葉だよ!」

女「知ってますし、あんな内容にゴーストいらないでしょ」

男「じゃあどうして!」

女「いろいろ言いたいことありますけど」

女「とりあえず初デートのお誘いに、ツイッター使うってどうなんですか?」



56 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)19:25:53 ID:Jo5R1sVbV


男「今どき普通だよ。SNS経由のお誘いって」

女「あっ、そうなんですか」

男「そうだよ。常識だよ、常識」

女「……って、そういう問題じゃありません」

女「やっぱりそういう大切なことは。
  直接その人にあって、言うべきですよ」

男「キミ、考え方が古風なんだね」

女「そんなことありません」

女「言いたいことなら、つぶやいてないで声を大にして言えばいいじゃないですか」



57 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)19:35:58 ID:Jo5R1sVbV


男「お、おう」

女「万単位でつぶやく言葉があるなら、誰かに言えばいいのに」

男「ツイッターで誘ったのをそんなに怒ってるの?」

女「いえ、まちがいなく怒ってはいないです」

女「ただ呆れてるだけです」

男「で、でも僕、けっこう金持ちだし玉の輿に乗るチャンスだよ?」

女「あなたとおつきあいするのは、まちがいなく無理です」

男「なぜ!」

女「ツイッター仕事にしてる人とつきあうなんて、両親が許してくれません」



59 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)19:48:04 ID:Jo5R1sVbV


女「じゃあ、そういうことなんで」

男「待ってくれ!」

男「もうデートしてくれとは言わない! だけど教えてほしい」

男「こんな僕がキミとデートをするとしたら、いったいどうすればいい?」

女「うーん。そうですね」

女「全部自分がやったんだよと叫べるお仕事をしてくれる、ってことですかね」

男「全部自分がやったんだよとさけべるお仕事、か」

女(ノリで曲の歌詞を言っちゃった……)

女「えっと、ゴーストライターを使うなんて論外ですからね」



60 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)19:53:27 ID:Jo5R1sVbV


男「それを言われるとかなわないな」

女「……」

女「ああー、ひとつだけ。あなたにお礼したいがあります」

男「僕にお礼?」

女「あなたのおかげで仕事について、考えてみようと思いました」

男「ほほう」

女「じゃあ、さようなら」


女(これいこう、私と彼が会うことはありませんでした)

女(しかし、二年後。私は彼をテレビで見つけることになります)



61 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)19:57:06 ID:Jo5R1sVbV


母「あら。この人って有名な人なんだっけ?」

女「んー?」


男『今回の選挙に立候補しましたパツキンこと山田次郎です!』


女「……え?」


男『ある女子大生の言葉で僕は目覚めました!』

男『ツイッターをやってるだけじゃダメなんだって!」

男『ツイッタラー代表として、今ツイッターから飛び出します!』


女「……」



62 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)20:01:23 ID:Jo5R1sVbV


母「ツイッターでつぶやくのが仕事の人が立候補なんて、すごいねえ」

女「……そうだね」

母「どうしたの? 顔がひきつってるけど」

女「いやあ、世の中ってよくわかんないなあって思ってね……」

母「はい?」

女「ううん、こっちの話」



 あらためて私はお仕事というものについて、考えさせられましたとさ。
  


 おしまい



63 :名無しさん@おーぷん 2014/05/10(土)20:02:58 ID:Jo5R1sVbV


ここまで読んでくれた人ありがとうございました
みんなもツイッターのやりすぎには注意



転載元
男「僕の仕事はツイッター」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1399645112/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 09:39
          • そういやつぶやきシローさんてtwitterしてんのかな、知らんけど
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 09:52
          • そこそこ好き
            女のツッコミが一々心地良い
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 10:39
          • 淡々としたツッコミがいいな
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 11:06
          • 面白かった
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 12:53
          • ユーチューバーいじってるなwwww
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 13:41
          • つぶやきシローは誰もフォローせずに淡々とツイッターやってるよ
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 13:43
          • 全然面白くなかった
            お前らこんなSSでもいいのか
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 13:49
          • ※7ツイッターやってると不快になるよなwww図星つかれてつらいwwwwwwその気持ち分かるンゴwwwwww
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 14:10
          • ツイッター嫌い=友達いない奴らもしくはニート
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 15:11
          • >>9
            だいたいの人はツイッターに興味が無いだけだと思うよ
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 15:20
          • ツイッターについてあんまり知らないんだだけどツイッターやってる人ってこんなに気持ち悪いの?
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 15:59
          • この頃のTwitterはキモオタ、DQN、出会い厨が大半だよ。
            キモいと感じるのは当たり前。

            あっ、俺はキモオタですwwwww
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 16:05
          • ヒカキンdisってるのかと思った
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 16:46
          • Twitterって何をするものなの?
            連絡取るならlineでいいと思ってまうんやけど友人に熱心に勧められるからやってみようと思ってるんやけどよーわからんのよな
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 17:28
          • 結局このSSはいったいどうしたかったのか、落ちというかメッセージ性が弱いと思った
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 18:01
          • ※15ssにメッセージ性とかキモッ!
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 18:51
          • ツイッターに興味がないそれはたてまえ本音はツイッターしたいんだろ
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 19:30
          • 米欄の気持ち悪さが
            全てを物語ってるな
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 19:57
          • ツイッターって道具だから「ツイッターをやる」っておかしな言葉だよな
            「包丁をする」「鍋をする」みたいな感じ
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 20:18
          • ツイッター馬鹿にしてるけどアニメ見てたりss読んでたりする俺らよりはマシだろうな
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 20:47
          • ※19
            いや、ゲームをやる、と同じだから何もおかしくはない
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月16日 21:58
          • ※20 何故?大して変わらないだろ。
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月17日 00:19
          • ※15
            メッセージ性なんて慣れない言葉使うなよ
            構成が練られていなく冗長に感じたってだけだろ
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月17日 00:48
          • ※23お前こそ構成なんて言葉使うなよ
            ssに構成とかキモすぎっしね
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月17日 00:49
          • ここの※欄は※15※23のような評論家気取りのキモオタが現れすぎ
            キモすぎ
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月17日 00:55
          • メッセージを込めたSSはあるし、構成が凝ってるSSもある
            それは意識しないと絶対に出来ないことなんだから、
            意識されてしかるべきじゃないか
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月17日 01:36
          • まあ読んでるだけの奴が「SS程度」っていうのはお門違いだよな
            でもコメ欄で評論家気取る奴の方がもっと気持ち悪い
            深いこと気にしないで読めるからいいのに…
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月17日 02:03
          • この流れがキモい
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月17日 10:00
          • ヒカキンと佐村河内出てきてワロタ
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月17日 15:13
          • ※21
            「ゲーム」は娯楽とか試合って意味があるけど
            「ツイッター」はツイッターって意味しかないからおかしいが
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月17日 19:53
          • >>30日常でツイッターやってる?って聞いたりするだろ?
            だからいいんだよ
            細かいこときにしすぎるとフレンドできんぞ
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月18日 06:25
          • バカ発見器なツーウィッターには興味ないデス
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月18日 06:27
          • 構ってちゃんとぼっちがやるもの


            一生必要ないと断言出来る^^
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月22日 21:53
          • パツキンツイッターエブリデイ
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月24日 11:10
          • ぼくのがらけーでもついったーできますか?
          • 36. chanelnbsp×nbspマフラー
          • 2014年09月17日 08:12
          • コインケース
            chanelnbsp×nbspマフラー http://fukumida.exblog.jp/22811805/

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリマスSS】ミリP「リアル脱出ゲームか……」
        • 【ミリマスSS】ミリP「リアル脱出ゲームか……」
        • 【ミリマス】北沢志保「別にPさんには興味ありません。死ぬほど好きですけど」
        • 【ミリマス】北沢志保「別にPさんには興味ありません。死ぬほど好きですけど」
        • 【ミリマス】北沢志保「別にPさんには興味ありません。死ぬほど好きですけど」
        • 【ミリマス】北沢志保「別にPさんには興味ありません。死ぬほど好きですけど」
        • 【ミリマス】北沢志保「別にPさんには興味ありません。死ぬほど好きですけど」
        • 【ミリマス】北沢志保「別にPさんには興味ありません。死ぬほど好きですけど」
        • モバP「晴が仕事しようとしないじゃとぉ―――ッッッ!!??
        • モバP「晴が仕事しようとしないじゃとぉ―――ッッッ!!??
        • モバP「晴が仕事しようとしないじゃとぉ―――ッッッ!!??
        • モバP「晴が仕事しようとしないじゃとぉ―――ッッッ!!??
        • 【ミリマス】そら「エミリーちゃんは凶器」
        • 【ミリマス】そら「エミリーちゃんは凶器」
        • 【ミリマスSS】瑞希「薄暗い夕方のカフェで」桃子「瑞希さんと二人でドメモ!」
        • 【ミリマスSS】瑞希「薄暗い夕方のカフェで」桃子「瑞希さんと二人でドメモ!」
        • 【ミリマスSS】瑞希「薄暗い夕方のカフェで」桃子「瑞希さんと二人でドメモ!」
        • 【ミリマスSS】瑞希「薄暗い夕方のカフェで」桃子「瑞希さんと二人でドメモ!」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ