TOP

ナルト「そろそろヒナタと結婚して二ヶ月だってばよ」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 20:56:44 ID:ULZnxGGw

サスケ「そういえばそのくらいか」

ナルト「何かプレゼントとかした方がいいのかな?」

サスケ「オレに聞くなよ」

ナルト「でもでも、サクラちゃんに聞いたら」

サクラ《あんたが良いと思ったものならなんでも大丈夫よ》

ナルト「とか言ってきてさー」

サスケ「ちゃんとアドバイスもらってんじゃねーか」

ナルト「なんか違うんだってばよ」

ナルト「こう具体的な物を挙げてほしいっていうかさー」

サスケ「贅沢なやつだな」

サスケ「それよりいいのか?」

サスケ「天下の火影さまが甘味処でサボっててよ?」



3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 21:01:01 ID:ULZnxGGw

ナルト「一応警備してるから大丈夫だってばよ」

サスケ「本当に分身が反乱起こすんじゃねぇか?」

ナルト「経験はみんなで共有、それが分身コミュニケーション」

ナルト「それより、なんか案を出してくれよーサスケー」

サスケ「ああ、もううっとおしいなこのウスラトンカチ!!」

ナルト「いいだろ?お前モテんだからソツのない躱し方とかあるんだろ?」

サスケ「いや、ねぇよそんなもん」

サスケ「それに、二ヶ月なんて言ったら中途半端な時期だろ」

サスケ「別に無理やり記念日に仕立て上げなくても…」

ナルト「オレもそう思ってたってばよ」ドンヨリ



4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 21:04:30 ID:ULZnxGGw

サスケ「なんかあったのか?」

ナルト「実はカレンダーにはなまるがしてあるんだってばよ」

ナルト「きっとあれはヒナタの無言のアピールなんだ…」

サスケ「そんなキャラだったか?あいつ」

ナルト「かなり乙女思考なのは間違いないってばよ」

ナルト「でも、夜はその反動か結構…」

サスケ「おいやめろ」

サスケ「友達の性事情なんて聞きたくない」

ナルト「友達…」ジーン

サスケ「いや、気にするべきはそこじゃない」



5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 21:09:03 ID:ULZnxGGw

サスケ「とにかく、お前がそこまで気になるんなら」

サスケ「物を送るより、ムードのある店とかそういうのに連れて行ってやったらどうだ?」

サスケ「モノ贈るったって、一緒に暮らしてんだ隠すのも難しいし」

サスケ「そういうサプライズですれ違っちまう場合もあるみたいだぜ?」

ナルト「おお、さすがサスケ、頼りになるってばよ!」

サスケ「勘違いすんな、これ以上ゴネられても鬱陶しいからだ」

サスケ「ま、頑張れよ、ナルト」

サスケ「どうせならチョウジあたりに店でも聞いてみたらどうだ?」



6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 21:13:43 ID:ULZnxGGw

ナルト「そうだな」

ナルト「早速行って来るってばよ」

サスケ「居場所分かんのか?」

ナルト「知ってるやつなら大体感知できるからな」

サスケ(ハイスペック馬鹿になったな、コイツ)

ナルト「じゃあな、サスケ」

ナルト「助かったってばよ!!」シュッ

サスケ「あんまり張り切んじゃねーぞー」

ナルト「分かってるってばよー」エコー

サスケ「ったく、あのウスラトンカチが」

サクラ「あれ?サスケくん何してるの?」

サスケ「さっきまでは馬鹿のお守りだ」

サクラ「ふーん」



7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 21:17:41 ID:ULZnxGGw

~ところ変わって銭湯~

テンテン「ふー、修行のあとの昼風呂はやっぱ格別ねー」カポーン

ヒナタ「疲れがお湯に溶けるみたい…」プカー

テンテン「ん?」

ヒナタ「ど、どうかした?」プカー

テンテン「いや、間違ってたら謝るけど」

テンテン「あんた、またおっぱいおっきくなってない?」つん

ヒナタ「ひゃうっ」

テンテン「あ、ごめん、つい」

ヒナタ「きゅ、急に触らないでよぉ」

テンテン「で?どうなの?」

ヒナタ「す、少しだけだけど…」ギュッ



8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 21:20:48 ID:ULZnxGGw

テンテン「やっぱりねー」

テンテン「迫力一割増ってところかしら」

テンテン「あれか、ナルトに育てられたんか?」

テンテン「おとなしく洗いざらい吐けー」ざぱー

ヒナタ「ゆ、湯船で暴れたらダメだよ…」

テンテン「お客なんて私たちだけでしょ?いいじゃない少しくらい」

ヒナタ「で、でも…」

テンテン「誰にも言わないから、さ?」

ヒナタ「…」

ヒナタ「それじゃあ、少しだけ…」



9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 21:26:32 ID:ULZnxGGw

ヒナタ「…ってくらいだよ?」

ヒナタ「別に特別なことなんて…」テレテレ

ヒナタ「あ、あれ?大丈夫?」

テンテン「ま、ままままさかヒナタがそ、そそそそこまで大人に…」

テンテン「あのナルトがピーでピーなピーをピーして」

テンテン「さらにピーピーピーだったなんて…」////

ヒナタ「あ、あのあまり大声では…」

テンテン「知らないうちに、二人ともどんどん大人になって」

テンテン「こりゃあ、後継もすぐにできるわね」

ヒナタ「そ、そんなことないよ」

テンテン(えー?だって休日にピー回連続とか、週ピー回とか)

テンテン(なに?猿なの?それともそういうもの?)

テンテン「ちなみに、最後に聞きたいんだけど」

ヒナタ「何?」



11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 21:30:25 ID:ULZnxGGw

テンテン「どっち主導?」バキューン

ヒナタ「そ、そのジェスチャーやめてよ…」

テンテン「ねえ、どっち?」

ヒナタ「え、えっと…」

ヒナタ「結構、わたしから求めちゃう、かも」////

テンテン(あー、ナルト頑張ってね…)

リー(むむっ男子風呂からでは詳しく聞き取れませんでしたが)

リー(ナルトくんは毎晩ヒナタさんと…)

リー(なんとうらやまけしからん)タラー←鼻血



13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 21:34:41 ID:ULZnxGGw

~再び所変わって、広場~

シカマル「空が広いなー」

いの「何よ、唐突に」

チョウジ「広いねー」ばりぼり

いの「あんたも乗っからないの」

シカマル「そろそろ秋に向かうんだなー」

チョウジ「ボクの季節だね」

いの「それにはいろんな意味で同意するわ」

シカマル「はー、だりぃ」

チョウジ「…」ばりぼり

いの「…」ペラッ

ナルト「おーい、チョウジー」

シカマル「ナルトじゃねえか」

チョウジ「ボクに用事みたい」

いの「どうせくだらないことでしょ?」ペラッ



14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 21:39:46 ID:ULZnxGGw

チョウジ「どうしたの、ナルト」

チョウジ「そんなに慌てて」

シカマル「一応言っておくが、俺たちは昼休みなだけでサボってるわけじゃねえ」

ナルト「別にそんなことわざわざ言いにこないってばよ」

シカマル「お前の嫁さんが怖えんだよ」

いの「ヒナタもこんな火影の補佐なんて、苦労してるんでしょうね…」

チョウジ「昨日の凄みはボクも食欲がなくなるかと思ったよ…」

ナルト「え?ヒナタってそんなに怖いの?」

いの「不真面目にするとね」

シカマル「ま、お前とバランスは取れてんじゃねえの?」

チョウジ「それで?怒りに来たんじゃなければ用事は何?」

ナルト「おっとそうだった、忘れるところだったってばよ」



15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 21:47:25 ID:ULZnxGGw

ナルト「実は里にある雰囲気のいい店を教えてもらいに来たんだってばよ」

シカマル「なるほど、ご機嫌取りってわけか」

ナルト「そんなんじゃないってばよ」

いの「ま、そういうのは喜ぶんじゃない?」

いの「ナルトにしては気がきいてるわ」

ナルト「いや、サスケにもらった案なんだけど」

いの「ああ、納得」

ナルト「なんかトゲトゲしいってばよ」

いの「幸せ税として甘んじて受けなさい」

チョウジ(いのは今日二日目だから…)ヒソヒソ

ナルト(ああ、なるほ…)ヒソヒソ

いの「聞こえてるわよ?」



16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 21:52:48 ID:ULZnxGGw

いの「それ以上言ったら、あんた達に起爆札の味ってやつを教えることになるわよ?」

ナルト&チョウジ「正直すまんかった」

シカマル(くそ、なんだって俺の周りの女はみんな怖えんだよ…)

ナルト「ま、まあそれじゃあ気を取り直して」

ナルト「頼むってばよチョウジ」

チョウジ「まあ別にそのくらいならお安い御用だけど」

ナルト「さっすがチョウジ、頼りになる!」

チョウジ「具体的に予算とか食事の時間帯は?」

ナルト「予算はあまりケチらなくてもいいってばよ」

シカマル(ブルジョワめ)ジトッ

いの(金持ちの発想ね)ジロッ

ナルト「なんとなく考えてることわかるけど、別に金があるとかじゃないからな?」

ナルト「でも、お祝いなのにケチケチしたらダメな気がするってばよ」

チョウジ「まあ事情はわかってるわけだし、そんなに気張りすぎたお店だと落ち着かないよね」



17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 21:55:53 ID:ULZnxGGw

チョウジ「時間は?」

ナルト「ヒナタも忙しいし、夜がいいってばよ」

チョウジ「おっけー、それならいくつか候補があるから」

チョウジ「えーっと書くもの書くもの…」ガサゴソ

テマリ「これでよければ使いな」

チョウジ「ああ、ありがとう」

シカマル「お前、どうしてここに?」

テマリ「私が砂の用事以外でここに来るか?」

いの「…」

いの「このまえシカマルとデートしに来てたじゃない…」ボソッ

テマリ「あん?何か言ったか?」

いの「いいえー?べっつにー?」

テマリ(こいつムカつく!)

ナルト「砂から何の用事だってばよ?」



18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 22:01:02 ID:ULZnxGGw

テマリ「合同中忍試験の調整さ」

テマリ「そこの面倒くさがり、少し借りていくよ」ぐいっ

シカマル「おい、やめろ」

シカマル「俺は今昼休みで…」じたばた

テマリ「がたがた文句言わずに来な」

テマリ「それからナルト」

ナルト「なんだってばよ?」



19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 22:19:29 ID:ULZnxGGw

テマリ「我愛羅が会いたがってたよ」

テマリ「近いうちに砂に来な、歓迎する」

ナルト「…ありがとな!」

ナルト「我愛羅によろしく伝えてくれってばよ」

テマリ「じゃあな」ヒラヒラ

シカマル「いの、チョウジ、たすけ…」

いの「ご愁傷様」

チョウジ「ボク、シカマルのこと忘れないよ」

シカマル「この薄情物があぁぁぁぁ」シュッ

ナルト(この三人、やっぱり仲良いなぁ)



20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 22:19:54 ID:ULZnxGGw

チョウジ「よし、とりあえず書いておいたから」

チョウジ「それと、オススメのこの二つは犬塚の人が経営してるんだ」

ナルト「つまり、キバの親戚ってことか?」

チョウジ「ボクも何度かおまけしてもらってるし」

チョウジ「もしかしたら何か粋な計らいをしてくれるかもしれないから」

チョウジ「試してみてもいいんじゃないかな」

ナルト「わかったってばよ!ありがとなチョウジ!」

チョウジ「お礼の言葉より、焼肉おごってよ」

ナルト「任せておけってばよ!」シュッ



23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/09(火) 01:54:50 ID:W7P.YlrU

~修練場~

キバ「はっ、やっ、せいっ」ガンドンバキッ

シノ「精が出るな」

キバ「シノか、そりゃあな」バシゲシドゴッ

キバ「ナルトの野郎も、オレがうかうかしてる間にとうとう火影になっちまった」

キバ「置いていかれんのはオレの趣味じゃねえからなっ」ダンッ

キバ「よし、ジャスト千発!!」

シノ「水、いるか?」

キバ「お、サンキュー」ごくごく

キバ「っはー、うめえ!」



24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/09(火) 02:15:18 ID:W7P.YlrU

キバ「そういえばシノ、お前は何やってたんだ?」

シノ「虫の手入れだ」

シノ「機嫌を損ねられては、いざという時に困るからな」

キバ「うちの赤丸と一緒で、お前の相棒だからな」

シノ「…その通りだ」

キバ「おい、せっかくだから組手していかねえか?」

キバ「木人相手じゃ味気なくてよ」

シノ「うむ、ぜひ相手をさせてもらおう」

ナルト「おーい、キバー!!」



25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/09(火) 02:35:56 ID:W7P.YlrU

キバ「あれ、ナルトじゃねえか」

シノ「何か持っているな」

ナルト「ここにいたのか、キバ」

キバ「どうしたんだよ、ナルト」

キバ「ヒナタと喧嘩でもしたか?」

ナルト「そのヒナタのことなんだってばよ」



26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/09(火) 02:36:24 ID:W7P.YlrU

~説明中~

シノ「なるほど、ヒナタのために、か」

シノ「その心意気、嫌いではない」

キバ「ま、そういうことなら俺たちも協力してやらねーとな」

キバ「なんてったって、チームメイトだしよ」

ナルト「やってくれるのか?」

キバ「任せとけって」

キバ「記念ケーキくらいは期待していいぜ」

ナルト「助かるってばよ、キバ!」

キバ「へへっ、俺とお前の仲だろ」

シノ「ナルト、オレも微力ながら協力しよう」

ナルト「シノも何かしてくれんのか?」

シノ「しばし待て」がさごそ



27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/09(火) 02:49:46 ID:W7P.YlrU

シノ「あった、これだ」

キバ「なんだ?この瓶は」

シノ「まずはこれ、媚薬だ」

キバ「媚薬?」

シノ「これさえあれば大和撫子も夜鷹のごとく、だ」

ナルト「べ、別にそっちは困ってないってばよ」

ナルト(これ以上増えたら枯れちまう…)

シノ「そうか、ならばこちらはどうだ?」

ナルト「今度はなんだってばよ?」

シノ「これはな…」



28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/09(火) 03:06:06 ID:W7P.YlrU

~三十分後~

シノ「これも気に入らんか…」

キバ「お前、どんだけ常備してんだよ…」

シノ「虫から採れるものだからな」

シノ「もうあとこれしかないが」

ナルト「そ、それは何なんだってばよ?」

シノ「これは香水タイプだ」

シノ「気持ちを落ち着かせる効果がある」

シノ「怪我をした仲間に使うものだが…」

ナルト「そ、それがいいってばよ!」

シノ「なに?こんなものでいいのか?」

ナルト「ありがとな、シノ!嬉しいってばよ!」



29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/09(火) 03:06:26 ID:W7P.YlrU

シノ「まあ、喜んでもらえるならそれでいいのだが」

キバ(そりゃあ下系のやつばっかだったもんな、さっきまで)

シノ「どうしたキバ、何かあるのか?」

キバ「いんや、なんでもねえよ」



31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/09(火) 03:22:59 ID:W7P.YlrU

ナルト「それじゃ、頼むってばよ」

キバ「日程聞いてねえぞ?」

ナルト「おっとそうだった」

ナルト「明後日がちょうどその日なんだってばよ」

キバ「よし分かった、時間は20時くらいでいいか?」

ナルト「何から何まで、すまねえってばよ」

キバ「こんなもんついでだ、ついで」

シノ「そろそろ仕事に戻ったほうがいいんじゃないのか?」

シノ「確か、今日は…」

ナルト「そうだった、会議が…」



32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/09(火) 03:23:22 ID:W7P.YlrU

ナルト「悪い、キバ、シノ、お礼は後でするってばよ」

キバ「ばーか、気にすんなよ」

シノ「その通りだ」

ナルト「それじゃっ」シュッ

キバ「…さて」

キバ「組手すっか」

シノ「そうだな」



33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/09(火) 03:33:36 ID:W7P.YlrU

ナルト「間に合うかなー」シュッシュッ

サイ「あれ、そんなに慌ててどうしたんだい?」シュッ

ナルト「おお、サイか」

ナルト「急に出てこないでほしいってばよ」

サイ「いや、君なら気付いてると思ってね」シュッ

ナルト「いつでも臨戦態勢ってワケじゃねーし…」シュッ

サイ「次から気をつけるよ」

サイ「あ、それからコレ」

サイ「君の奥さんに渡してもらえるかい?」

ナルト「なんだ?コレは」

サイ「本人に聞いてみるといいさ」

ナルト「うーん、まあそうするってばよ…」



34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/09(火) 03:36:58 ID:W7P.YlrU

サイ「ごめん、実は僕もこれから用事があるんで先を急いでいるんだ」

ナルト「いや、別に謝らなくてもいいってばよ」

サイ「また近々報告に行くと思うから」

ナルト「その時はもっとゆっくり話でもするか」

サイ「楽しみにしてるよ、それじゃ」シュンッ

ナルト「やっぱり変なところは変わらないってばよ…」

ナルト「って、オレも急がねぇと」シュッ



35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/09(火) 03:49:07 ID:W7P.YlrU

~少し遡って~

サクラ「あら、ヒナタにテンテン」

ヒナタ「サクラちゃん?」

テンテン「こんちわ!!」

サクラ「昼間からお風呂?」

ヒナタ「朝は一緒に鍛錬してたから…」

テンテン「それより、サクラはお昼ご飯食べた?」

サクラ「ううん、さっきお団子を一串つまんだだけ」

テンテン「なら、一緒に食べに行こうよ!」



36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/09(火) 03:49:26 ID:W7P.YlrU

サクラ「ヒナタ、いいの?」

ヒナタ「うん、是非」

サクラ「なら、ご一緒しようかな」

テンテン「やったー!!」ピョンッ

サクラ「何がそんなに嬉しいんだか…」

ヒナタ「ふふふっ」ニコニコ

サクラ(ヒナタ、綺麗に笑うようになったわね…)



37 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/09(火) 03:49:46 ID:W7P.YlrU

ヒナタ「ん?どうかした?」

サクラ「ううん、ヒナタが綺麗になったなーって見蕩れてただけよ」

ヒナタ「ふぇっ!?」////

テンテン「だめだよサクラ、ヒナタはすぐに照れちゃうんだから」

サクラ「ゴメンゴメン」

ヒナタ「も、もういいから、ご飯食べに行こう?」

テンテン「さんせー!!」

サクラ「ねえ、何食べる?」

テンテン「うーん、行ってから決める」

サクラ「適当ね…」



41 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 00:58:00 ID:dBiBfJSg

~食事処~

テンテン「あたしは定食にしよーっと」

ヒナタ「私は親子丼にしようかな」

サクラ「あれ?丼ものなんて珍しくない?」

ヒナタ「うん、でもさっき作っているのを見ちゃって」

テンテン「あるある、調理中の料理ってなんかインパクト強くて他のイメージ吹っ飛んじゃうよね」

ヒナタ「うん」えへへ

サクラ「じゃあ私もそれにしようかな…」

テンテン「えー、それじゃああたしが仲間はずれみたいになるじゃーん」

サクラ「…あんたそんなこと気にするタマじゃないでしょうに」

テンテン「今は気になるのー」

サクラ「まったくもう」



42 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 01:17:15 ID:dBiBfJSg

サクラ「結局私はうなぎなのね」

テンテン「季節ものだし、いいじゃない」

サクラ「まだ結構早いと思うけどなー」

ヒナタ「でも、脂が乗りすぎていないから少しヘルシーかも…」

サクラ「そうねー、ま、好きだし食べるけど…」

テンテン「いっただっきまーす!」

ヒナタ「いただきます」

サクラ「私も、いただきます」



43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 01:35:13 ID:dBiBfJSg

~食後~

ヒナタ「ちょっと食べ過ぎちゃったかな…」

テンテン「えー、そんなちょっとで?」

サクラ「あんたは食べ過ぎよ、間違いなく」

テンテン「いいもーん、また鍛錬すれば」

ヒナタ「私、今日はこれからお仕事もあるし」

サクラ「はー、火影の補佐って大変なのね」

サクラ「そういえばシズネさんもよくぼやいてたっけなぁ」

ヒナタ「そんなに大変じゃないよ?」

ヒナタ「ナルトくんも一緒だし」

テンテン「でた、ヒナタの惚気タイム」

ヒナタ「そ、そんな惚気とかは…」

サクラ「えー、でも私あんまり二人の話って聞いてないのよね」



44 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 01:41:33 ID:dBiBfJSg

サクラ「私にも教えてよ」

テンテン「もーすんごいんだから」

テンテン「こう、獣のような…」

ヒナタ「や、やめてってばぁ」

サクラ「獣って、何よそれ」ふふっ

サクラ「ほら、テンテンが余計なことを言う前に話しちゃえばいいじゃない」

ヒナタ「といっても、何を話せばいいのか…」

サクラ「じゃあ、最近のナルトについてとかさ」

ヒナタ「最近って、昔と変わらないよ?」

サクラ「火影になってから変わったところとかないの?」

テンテン「そっか、サクラ二人の式のあとしばらく他里に研修行ってたもんね」

サクラ「うん、一応元チームだから聞いてみたくて」



45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 02:06:01 ID:dBiBfJSg

ヒナタ「うーん」

ヒナタ「すごく優しい顔をするようになったかも…」

サクラ「それはヒナタに?」

ヒナタ「ち、違うよ」

ヒナタ「この前アカデミーに視察に行ったんだけど…」



46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 02:07:41 ID:dBiBfJSg

~回想~

ナルト「懐かしいってばよ、アカデミー」

ヒナタ「そう?ナルトくんは中人試験、上忍試験と最近来てたでしょ?」

ナルト「そ、そういうのはいいっこなしだってばよ」

ヒナタ「ふふふっ、ごめんなさい」

ナルト「まったく、結婚してからヒナタが優しくないってばよ…」

ヒナタ「そんなことないよ、本当にごめんね」よしよし

ナルト「ちょ、恥ずかしいってばよ!?」アセアセ

ヒナタ「ふふふっ」

サクラ「ちょっと待って?」

~回想一時停止~

ヒナタ「ど、どうしたの?」

サクラ「あんたたち、アカデミーの前でそんないちゃいちゃしてたわけ?」

ヒナタ「そ、そんないちゃいちゃなんて…」

テンテン「そりゃあそうなるわよね」



47 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 02:33:05 ID:dBiBfJSg

サクラ「はぁ、まあいいか、人それぞれだもんね」

ヒナタ「じゃ、じゃあ続けるね…」

~回想再開~

木の葉丸「お、ナルト兄ちゃんだコレ」

ナルト「よ、木の葉丸元気にしてっか?」わしわし

木の葉丸「一応オレだって先生なんだから、いつまでも子供扱いしないで欲しいぞコレ」イヤイヤ

ナルト「つれないこと言うなってばよ、木の葉丸ぅ」ぐりぐり

アカデミー生A「あー、木の葉丸センセーと火影の兄ちゃんが遊んでるー!」

アカデミー生B「私たちも混ぜてー」

ナルト「おっ、お前たちは肩に乗せてやるってばよ」ヨイショッ

生徒「きゃっきゃっ」

木の葉丸「あ、ヒナタ姉ちゃんもいらっしゃいだコレ」

ヒナタ「うん、みんな元気だね」



48 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 02:50:37 ID:dBiBfJSg

木の葉丸「忍界対戦後の第一世代だコレ」

木の葉丸「ナルト兄ちゃんやヒナタ姉ちゃんが作ってくれた平和を支える大事な子供たちだコレ」

ヒナタ「ふふっ、頼もしい先生だね」

木の葉丸「へへっ、それほどでもないぞコレ」

ナルト「こら、俺のヒナタと何仲良くやってんだー」

ヒナタ「お、俺のって…」////

アカデミー生A「木の葉丸先生もヒナタお姉ちゃんも、一緒に遊ぼうよー」

ナルト「そうだってばよ、ヒナタ」

ヒナタ「うん、今行くねー」

木の葉丸「あー、あいつらナルト兄ちゃんが火影だって意味がわかってないんだコレ」

ナルト「別に気にしないってばよー!」

ヒナタ(ナルトくん、すごく嬉しそう…)

~回想終わり~



49 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 03:19:25 ID:dBiBfJSg

サクラ「なるほど、その時の顔が、ってことね」

ヒナタ「うん、なんだかお父さんみたいだった」

テンテン「いや、本当にすぐお父さんになっちゃうかもしれないけどね…」

サクラ「さっきから言ってるそれも気になるわね」

ヒナタ「だ、だめだよ?話したら!」

テンテン「わ、わかってるってば」

サクラ(後でナルトに聞いてみよう)



50 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 03:26:11 ID:dBiBfJSg

サクラ「でも、本当にナルトのこと好きね、ヒナタは」

ヒナタ「そ、それは…」

テンテン「うちの里の名物になりつつあるし、二人のいちゃいちゃは」

ヒナタ「そんなにいちゃいちゃしてないよ」

サクラ「本人たちはそう思っているのね」

ヒナタ「もうっ、からかわないで!」

サクラ「ごめんごめん」

テンテン(いや、結構マジな話なんだけどね…)



58 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/11(木) 02:13:17 ID:wUKjbih.

いの「あれ、サクラにヒナタにテンテン」

いの「みんなで女子会?」

サクラ「あら、いのじゃない」

テンテン「そんなとこだよー」

チョウジ「いの、もう少しゆっくり歩いてよ…」

サクラ「チョウジまで」

サクラ「何?あんたたちもお昼?」

いの「もうとっくに食べたわよ」

チョウジ「今は仕事中なんだ」



59 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/11(木) 02:25:16 ID:wUKjbih.

テンテン「ここでの仕事って何?」

チョウジ「組合の連絡とか、防犯についてとかね」

チョウジ「僕らは地域防犯の責任者もしてるからさ」

チョウジ「おばちゃん、これちゃんと読んでおいてね」

テンテン「ふーん、なんか面倒くさそうだけど…」

いの「これも大事な仕事なのよ、里の安定にはね」

ヒナタ「いつもご苦労さまです」

チョウジ「ヒナタ様にそう言ってもらえるなら、頑張ってるかいもあるよ」

テンテン「ヒナタ様?」



60 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/11(木) 02:41:33 ID:wUKjbih.

いの「こいつ、こんなナリで真面目だからね」

いの「仕事中はナルトにも火影様なんだから」

サクラ「へえ、意外かも」

チョウジ「確かに僕たちは同期だけどさ」

チョウジ「ちゃんと公私はわけないといけないと思うから」

いの「ま、そういうのも大事だけどさ」チラッ

いの「そろそろ私たちは仕事に戻るわ」

テンテン「今度はいのも一緒にお話しようね!」

いの「ええ、期待してるわ」

チョウジ「ヒナタ様、今日は確か会議だったんじゃない?」

ヒナタ「え?もうそんな時間!?」

チョウジ「急いだほうがいいよ」

ヒナタ「二人とも、ごめんなさい」

ヒナタ「私もう行かないと…」



61 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/11(木) 02:55:06 ID:wUKjbih.

テンテン「あー、お仕事じゃしょうがないよね」

サクラ「今度、ナルトにも挨拶に行くから、よろしくね」

ヒナタ「うん、お代はここに置いていくからっ!」

ヒナタ「遅れちゃうー」ヒュッ

サクラ「うわ、早っ」

テンテン「はぁ」

サクラ「どうしたの?テンテン」



62 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/11(木) 03:08:06 ID:wUKjbih.

テンテン「んー、なんかさ」

テンテン「みんなともどんどん昔のままじゃいられなくなってるような気がしてきちゃって」

テンテン「あたしは忍具管理のお仕事だから、みんなと会うときも今までどおりだったけど」

テンテン「今はもうナルトも火影で、ヒナタはその奥さんで」

テンテン「そりゃあ変わっていくものなんだよねぇ」

サクラ「…」

サクラ「確かに、ずっと昔のままってわけにはいかないけどさ」

サクラ「でも、それでも変わらないものだってたくさんあるよ」

サクラ「これからもみんな結婚して家庭を持ったり」

サクラ「歳だってとっていくけど」

サクラ「私たちはみんな仲間だもん」

サクラ「だからテンテン、あんたはそのままでいてあげればいいのよ」



63 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/11(木) 03:34:03 ID:wUKjbih.

テンテン「そう思う?」

サクラ「ええ」

サクラ「そうじゃないとから甲斐外もないし」

テンテン「もー、あたしは真剣なのにー!!」

サクラ「ああ、もう分かってるわよ」

テンテン「罰として、甘味処であんみつ奢ってもらうんだから!」

サクラ「はいはい、それじゃあ行きましょうか」

テンテン「わーい!やったー!!」

サクラ「まったく、現金なんだから」



71 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 02:58:16 ID:2geD5wqw

ナルト(ここまでくれば間に合うか…)

ヒナタ「ナルトくん!!」ヒュッ

ナルト「うわあって、なんだヒナタか…」

ナルト「ヒナタがここにいいるなら安心だってばよ」

ヒナタ「私も遅れちゃうかと思ったけど、ナルト君がいるなら…」

ナルト「え?」

ヒナタ「え?」

ナルト「なんだ、ヒナタも遅刻しそうだったのかぁ」

ヒナタ「な、ナルト君だってそうなんでしょ?」



72 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 03:29:04 ID:2geD5wqw

ナルト「まあ、時間には間に合ってるからいいんだってばよ」

ヒナタ「…私も間に合ってるもん」プー

ナルト「あ、いや普段は全然遅れたりしないから」

ナルト「ヒナタにしては珍しいと思っただけだってばよ」アタフタ

ヒナタ「ふふっそうやってすぐに慌てるところ、付き合いだした頃から変わらないね」

ナルト「あー、また騙したな!」

ヒナタ「騙されるナルト君が悪いんですー」ベー

~下~

木の葉丸「よーく見ておくコレ」

木の葉丸「あれが木の葉名物のいちゃいちゃ火影夫妻だコレ」

生徒「へー」



73 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 03:51:26 ID:2geD5wqw

ナルト「そういえばヒナタ、まだそれ直らないのか?」

ヒナタ「え?何が?」

ナルト「そのナルト君ってやつだってばよ」

ヒナタ「あ」

ナルト「もう結婚したんだし、普通にナルトにしても…」

ヒナタ「で、でもなかなか変えられなくて…」

ナルト「まあ、確かに呼び方は難しいか…」

ヒナタ「わ、私頑張るよナルトく」

ヒナタ「あ」

ナルト「はははっ、気長に待つってばよ」



74 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 04:11:47 ID:2geD5wqw

ナルト「よし、時間10分前に到着したってばよ」

ヒナタ「今度からはちゃんと時間を気にしておかないと…」

ナルト「今日は何してたんだってばよ?」

ヒナタ「みんなでご飯食べに行ったの」

ナルト「そういう時に時計を気にするのは、なんとなく嫌だもんな」

ヒナタ「公務がある日は仕方ないよ」

ヒナタ「あ、羽織の裾、すこしほつれてるよ?」

ナルト「え?どこだってばよ?」

ヒナタ「待って、今繕うから」



75 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 04:39:57 ID:2geD5wqw

ヒナタ「はい、おしまい」

ナルト「さすがに早いな」

ヒナタ「見直した?」

ナルト「惚れ直したってばよ」ぎゅ

ヒナタ「あっ…」

ヒナタ「ナルトくん…」チュッ

ナルト「あれ、それだけでいいのか?」

ヒナタ「だ、だって止まらなくなっても困るし…」

ナルト(ああ、こういう反応が返ってくるからからかいたくなるんだよな)

???「あの、失礼」



76 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 04:54:46 ID:2geD5wqw

ナルト「あ、ネジ!」

ネジ「いや、すまない」ゴホン

ネジ「ヒナタ様、お邪魔をしてしまい申し訳ありません」

ヒナタ「べ、別に邪魔なんかじゃ…」アセアセ

ナルト「それで、どうしたんだってばよ?ネジ」

ネジ「これから護衛任務だからな、報告にきただけだ」

ネジ「それでは火影様、本日より任務に入ります」

ナルト「前も言ったけど、今までどおりナルトでいいってばよ」

ネジ「そういうわけには行かない」



77 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 05:18:39 ID:2geD5wqw

ネジ「ヒナタ様の夫であるからには、火影であると同時に、日向宗家の人間だ」

ネジ「これまで通りというわけには行かない」

ナルト「相変わらずお堅いってばよ…」

ネジ「こればかりは性分だ、諦めてくれ」

ネジ「それと火影様、すこしお話が」

ナルト「ここじゃダメなのか?」

ネジ「できれば二人だけで」

ヒナタ「まだ集まっていないみたいだし、大丈夫だよナルトくん」



78 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 05:42:57 ID:2geD5wqw

ナルト「それなら、下の部屋でいいか?」

ネジ「ああ、助かる」

ナルト「何かあったらすぐに呼んでくれってばよ、ヒナタ」

ヒナタ「うん、ネジ兄さんも任務、気をつけて行ってきてね」

ネジ「はい、ヒナタ様もお体に気をつけてください」

ナルト「それじゃ、行くってばよ」



87 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 01:47:44 ID:Molg0i.k

ナルト「それで?話ってなんだってばよ?」

ネジ「…」

ネジ「本当は俺も不躾だと思うし、言いたくはないんだが…」

ナルト「なんだか歯切れが悪いってばよ」

ネジ「その、しょ、正直に言って跡継ぎの話なのだ」

ネジ「よ、夜は順調か?」

ナルト「ブッ、ななんだってばよ、イキナリ」

ネジ「お、俺だって好き好んで聞いているわけではない!」



88 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 02:14:41 ID:Molg0i.k

ネジ「戦争も集結し、安定へ向かう今だからこそ」

ネジ「跡継ぎをもうけて磐石にしたいと思うのはどこも同じだ」

ネジ「ヒアシ様も毎日のように心配しておられる」

ナルト「お義父さん、気が早いってばよ…」

ネジ「それに、その、日向では割と有名な話なのだが」

ネジ「これは答えなくていいからな?」

ナルト「な、なんだってばよ」

ネジ「日向の女はその、アレが盛んだという」

ナルト「ああ、それh」

ネジ「やめろ、聞きたくない!!」



89 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 02:28:45 ID:Molg0i.k

ネジ「ヒナタ様は俺にとって、いわば妹のような存在」

ネジ「妹の性事情を聞いて正気でいられるほど、俺は強くない!!」

ナルト(なんだろう、今ネジがものすごくカッコ悪いってばよ…)

ネジ「と、とにかく、そういう話があるのだ」

ネジ「実際本家と宗家の始まりの原因の一つでもあるらしい」

ナルト「…でも、それなら心配なんているのか?」

ネジ「ひ、避妊はしているんじゃないか?」

ナルト「ああ、なるほど」

ネジ「くっ、俺の精神エネルギーがガリガリ削れていく…」



90 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 02:40:20 ID:Molg0i.k

ネジ「というわけで、俺の心配はもっぱらこちらだ」

ネジ「これは友人としての助言と気遣いと思って、黙って受け取って欲しい」そっ

ナルト「これは?」

ネジ「ひとつは普通の栄養剤だ」

ネジ「兵糧丸のようなものと考えてくれ」

ネジ「い、いちおう精力増強も見込めるものだ」

ナルト「あ、ありがとう…」

ナルト「もうひとつの方は?」



91 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 03:01:25 ID:Molg0i.k

ネジ「こちらはヒアシ様の秘蔵品だそうだ」

ネジ「それに関しては用法を書いた紙を頂いている」ピラ

ナルト「なになに…」

ヒアシ『ナルトくん、元気かね』

ヒアシ『ヒナタも日向の女、いろいろ苦労があると思う』

ヒアシ『これは若い頃に私も世話になったものだ』

ヒアシ『効果は女性にしかないが、一粒の服用で一時間ほど、かなり達しやすくなる』

ヒアシ『総回数を減らすことが期待できると思う』

ヒアシ『うまく活用してくれたまえ』

ネジ「なんと書かれていたんだ?」

ナルト「…見ないほうがいいってばよ…」



93 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 03:22:39 ID:Molg0i.k

ナルト「と、とりあえず助かるってばよ」

ナルト「お義父さんにもよろしく伝えておいてほしいってばよ」

ネジ「あ、それならたまには二人で訪ねる方が…」

ナルト「それもそうか、そうするってばよ」

ネジ「ああ、ヒアシ様も喜ばれることだろう」

ネジ「…む、だいぶ時間を使ってしまった、すまない」

ナルト「そういえば、ヒナタも呼びにこないってばよ」

ネジ「俺はもう行かなくてはならないが、ヒナタ様をよろしく頼む」

ナルト「任せておけってばよ!」

ネジ「ああ、心強い」シュッ



95 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 03:34:57 ID:Molg0i.k

ナルト(しかし、お義父さんいろいろぶっちゃけ過ぎだってばよ…)

ナルト(というか、娘にこの薬を使われることには何も思わないんだろうか…)

ナルト(ま、あまり深く考えないようにしよう…)

ナルト「あ、ヒナタ、今戻ったってばよ」

サスケ「遅いぞ、ナルト」

ナルト「サスケ?どうしてここに…」



96 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 03:50:03 ID:Molg0i.k

サイ「ボクも居るよ」

ナルト「みんな、どうしたんだってばよ?」

サイ「実は仕事が増えちゃってね」

サスケ「俺も偶然聞いただけなんだがな」

ナルト「なんの話だってばよ?」

サイ「今日ここに来る予定だった大名様の使者、行方不明みたいなんだ」

ヒナタ「ええ!?」

ナルト「本当か!?」



97 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 03:53:29 ID:Molg0i.k

サスケ「連絡用の鷹も帰ってきていない」

サスケ「とにかく調べてみないことには」

サイ「どうする?ボクが行ってもいいけど」

ナルト「ああ、他の連中に知らせればことが大きくなる」

ナルト「今、里の中で混乱が起こるのは避けたいってばよ…」

サスケ「…ナルト、俺が行く」

ナルト「いや、でも」



106 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 02:34:03 ID:P7wGwKGk

サスケ「どのみち、誰かがやる仕事だ」

サスケ「俺には写輪眼もある、白眼ほどじゃないが探索にも向いている」

サスケ「さすがに今の状勢でヒナタを行かせるわけにもいかないだろう」

ナルト「…」

ヒナタ「ナルトくん…」

サスケ「…俺はナルト、お前を信じてる」

ナルト「…っ!?」

サスケ「あの時みたいにはならないだろ?今のお前なら」

ナルト「…ああ、そうだな」

ナルト「サスケ、この件は任せるってばよ」



107 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 02:51:46 ID:P7wGwKGk

サイ(ヒナタさん、これはどういう?)チラ

ヒナタ(そのお話は後でします)

ナルト「サイ、お前に頼みがあるってばよ」

サイ「何だい?」

ナルト「今日からサスケが帰ってくるまで、香燐さんの護衛だ」

ナルト「俺も分身を二人つける」

サイ「…もちろん、詳しいことは教えてくれるよね?」

ナルト「ああ、もちろんだってばよ」

サスケ「ナルト、ありがとうな」

サスケ「香燐と娘を頼む」

ナルト「任せとけ、なにせ最強の忍びがついてるんだからよ」

サスケ「…ふっ、そうだったな」

サスケ「早速行ってくる」

ナルト「気をつけていくってばよ」

サスケ「ああ、じゃあな」シュッ



109 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 03:06:15 ID:P7wGwKGk

サイ「…それで?どいうこと?」

ナルト「この話を知っているのは俺とヒナタ、それにサスケとサクラちゃんだけだってばよ」

ナルト「だから、サイも秘密は守ってくれ」

サイ「…分かった、そういう気持ちで聞くよ」

ナルト「頼むってばよ」



110 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 03:18:36 ID:P7wGwKGk

ナルト「あれは二年前、サスケと香燐さんが結婚して、初めての子供が生まれた頃だった」

ナルト「大戦は終結していたけど、まだまだ治安がいいとは言えなかったってばよ」

ナルト「俺も火影になったばかりで仕事にいっぱいいっぱい」

ナルト「大人たちは事後処理でてんやわんやしてた」

サイ「ああ、覚えているよボクも暗部の解体とか手伝っていたし」

ナルト「サスケもあの強さを買われて各地の紛争や混乱に乗じた略奪なんかを鎮圧しにいってたんだ」

ナルト「そんな時、事件は起きたんだってばよ…」



112 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 03:33:40 ID:P7wGwKGk

ヒナタ「香燐さんと生まれたばかりの赤ちゃんが襲われたの」

ヒナタ「出産後でチャクラの安定していなかった香燐さんは大怪我を負わされました」

ヒナタ「検診に訪れたサクラさんと私が気付いて、なんとか一命は取り留めましたが」

ヒナタ「非常に危険な状態が続いたんです」

サイ「犯人は?」

ナルト「捕まってないってばよ」

ナルト「目的はうちはの血統だと思う」

ナルト「子供は、香燐さんが命懸けで守ったから無事だったけど」

ナルト「犯人の方はサクラちゃんとヒナタが来た時点で逃走したってばよ」



113 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 03:53:28 ID:P7wGwKGk

サイ「なるほど、概ね理解したよ」

サイ「ボクも気を引き締めて臨まないとね」

ナルト「香燐さんは弱っていたとは言え、決して簡単にやられるような人ではないってばよ」

サイ「つまり、相手も相当な人物の可能性が高いってことだね」

ヒナタ「今の香燐さんは元気だし、回復忍術もあるから大丈夫だとは思うんだけど…」

サイ「気を抜くつもりはないよ、ボクも暗部の頃から忍んだり見守るのは得意だからね」

ナルト「サイが元暗部じゃなければ、行ってもらっても良かったんだけど」

ヒナタ「そうだね、周りの里の印象はあまりよくないかも…」

サイ「まったく、ボクの働きを見せる場が少なくて困るよ」



114 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 04:13:10 ID:P7wGwKGk

ナルト「影分身」サッ ポンッポンッ

ナルト「それじゃあサイ、頼んだってばよ」

サイ「うん、頼まれた」

サイ「それじゃ、今から早速行ってくる」シュッ

ナルト(分身)「ちょ、急に行くなってばよ!」

ナルト「これで大丈夫か…?」

ヒナタ「里の周囲はどう?」

ナルト「うーん、不審な点はないってばよ」

ヒナタ「でも、警戒はしておかないとだね…」



115 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/15(月) 04:26:34 ID:P7wGwKGk

ナルト「…」

ナルト「ヒナタ、一応俺も備えはしておくってばよ」

ヒナタ「うん、そういうと思って、用意してあるよ」

ナルト「へっ、ヒナタにはなんでもお見通しって感じだってばよ」

ヒナタ「私がどれだけナルトくんを見ているか、わかってもらえた?」

ナルト「かなわないな」ナデナデ

ヒナタ「えへへ、褒められちゃった…」////

ナルト「よし、それじゃあ切り替えてさっさと終わらせるってばよ」

ヒナタ「うん、それじゃあいくね」バッバッバッ

ナルト(しかし、なんだか雲行きが怪しいってばよ…)

ナルト(何もなければいいけど…)



120 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 01:42:54 ID:H9ETdTJo

~数時間後~

ヒナタ「ん~、書類仕事はこれで終わりだよ、ナルトくん」

ナルト「ああ、お疲れ様だってばよ」バサッ

ヒナタ「あれ?羽織着るの?」

ナルト「ちょっと香燐さんの様子見てくるってばよ」

ナルト「この時間なら、まだサクラちゃんと一緒にいるはずだ」

ヒナタ「ああ、医療忍者育成計画の強化だったっけ…」

ヒナタ「私も少しやってみたけど、分かりやすかったな」

ナルト「ヒナタも一緒に行くってばよ」

ナルト「そのほうが香燐さんも喜ぶと思うし」



121 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 01:55:47 ID:H9ETdTJo

~病院~

ナルト「おっす、調子はどうだってばよ?」

サクラ「あ、ナルト、いらっしゃい」

香燐「ん?ナルトが来たって?」ヒョコ

ナルト「…香燐さん、ご無沙汰してるってばよ」

香燐「本当にね、もっと頻繁に来なさいな」

香燐「コイツがいるってことは…」クルーリ

香燐「やっぱりいた!ひーなたー!!」ギュッ

ヒナタ「か、香燐さん!?そういうのはちょっと…」

ナルト(相変わらずだってばよ…)



122 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 02:10:45 ID:H9ETdTJo

香燐「ちょっとナルト」

ナルト「ん?なんだってばよ?」

香燐「今から女子同士で話すことがあるから、娘を連れて来てくれる?」

ヒナタ「そ、それなら私が…」

香燐「それじゃ意味ないでしょ?」

ナルト「分かったってばよ」

ヒナタ「ナルトくん!?」

ナルト(一応サイも気付かれないように護衛してるみたいだし)

ナルト(ここはおとなしくしてるってばよ)

ヒナタ(ナルトくん…)

ナルト「それじゃ、ちょっと行って来るってばよ」ギィッバタン



124 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 02:22:22 ID:H9ETdTJo

香燐「さて、お邪魔虫はいなくなったし、ヒナタで遊ぶかなー」

ヒナタ「そ、そんな…」ジリッ

サクラ「しっかし、火影で英雄の忍びをお邪魔虫呼ばわりかぁ」

サクラ「香燐は容赦ないわね」

ヒナタ「そ、そうだ」

ヒナタ「なんで香燐さんはあんなにナルトくんをいじめるんですか?」

香燐「別にいじめちゃあいないよ?」

ヒナタ「でも、ナルトくんがさん付けで呼ぶ人ってすごく少ないし…」

香燐「ああ、そのことね」



125 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 02:41:13 ID:H9ETdTJo

香燐「あれはそう呼ぶように言いつけただけ」

香燐「ナルトとあたしが同じ一族だってのは知ってるわよね?」

ヒナタ「う、うん聞いてるよ」

香燐「言わばあたしらは遠い親戚みたいなものだからさ」

香燐「誕生日はあたしの方が早いし、なにより呼び捨てにされたくないし」

サクラ「あれ?でも皆結構呼んでるような…」

香燐「あいつに呼ばれるとなんかざわざわするんだもん」

香燐「とにかく、あたしの中ではあいつは弟、これよ」

ヒナタ「ナルト君が香燐さんの前だと、なんとなく萎縮しているのも…」

香燐「あいつも身近な家族っていないし、結構気に入ってたりしてね」

サクラ「なんかありえそう」

ヒナタ(ナルトくん、きっと香燐さんにいろいろ言われてるんだろうなぁ)



126 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 02:57:32 ID:H9ETdTJo

ナルト「は、は、はーくしょっ!」

ナルト「誰かが噂してるってばよ…」ズズッ

ナルト「それで?こんなところにいていいのか?サイ」

サイ「残念だけど、ここに居るのは分身さ」

サイ「一応あの部屋を数人で警戒している」

サイ「抜かりはないよ」

ナルト「ああ、引き続き頼むってばよ」

ナルト「俺の分身は屋根の上か…」

サイ「君の方が感知能力高いし」

ナルト「ま、お前になら安心して任せられるってばよ」



127 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 03:14:17 ID:H9ETdTJo

サイ「娘さんは託児所にいるよ」

ナルト「ああ、分かった」

サイ「…何かが起こると思うかい?」

ナルト「…わからねえ」

ナルト「ただ、胸騒ぎはしてるってばよ」

サイ「そうか…」

ナルト「引き続きよろしく頼むってばよ」

ナルト「交代要員はどの程度の頻度で必要だ?」

サイ「いや、こっちの人間を使うよ」

サイ「もちろん、ボクが信頼の置ける人間を選抜する」

ナルト「分かったってばよ」

ナルト「サスケが帰ってくるのは、順調に行けば四日後ってところだ」

ナルト「それまで頼む」

サイ「了解、ナルト」ポンッ



128 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/16(火) 03:25:01 ID:H9ETdTJo

香燐「それより、気になってたんだけど」

ヒナタ「え?なんですか?」

香燐「あんた、まだナルトくんなんて呼んでるわけ?」

ヒナタ「え、あ、うん…」

香燐「結婚してそこそこ経つでしょ?そろそろ変えてみたら?」

ヒナタ「いざとなると変えにくくて…」

香燐「ナルトもそういうの憧れてんじゃないの?あなた、とか」

ヒナタ「そうなのかな?」

香燐「そーよそーよ」

サクラ(またヒナタがそそのかされてるけど)

サクラ(邪魔をすると香燐の機嫌が悪くなるから、やめておこう)

サクラ(ごめん、ヒナタ)



132 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 02:04:32 ID:hz3VbD7w

~うちは邸~

香燐「別にここまでついてくることないんじゃない?」

ナルト「別にいいだろ?俺は一応この里の火影なんだから、見回りも必要なんだってばよ」

ヒナタ「私はナルトくんについてきただけだから…」

香燐「ふーん、ま、別に何でもいいんだけど」

香燐「せっかくだから上がって行きなさいよ」

香燐「お茶くらい飲んでいって」



133 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 02:33:21 ID:hz3VbD7w

ナルト「んじゃ、お言葉に甘えるってばよ」ニシシ

ヒナタ「ごめんなさい、香燐さん」

香燐「いいのよ、ナルトはあの子と遊んであげて」

ナルト「りょーかいりょーかい」

ナルト「さ、行くってばよ!!」タッタッタッ

ヒナタ「…」ニコニコ

香燐「何?子供でも欲しくなった?」

ヒナタ「え?え?な、いきなり何ですか?」



134 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 02:53:48 ID:hz3VbD7w

香燐「正直に話なよ、ナルトはいないし」

ヒナタ「で、でも…」

香燐「隠すことはないわ、あたしも子供が出来たって聞いたときは嬉しすぎて泣いちゃったし」

香燐「大切な人、大好きな人の子供が欲しいって思うのはとても自然なことなのよ」

ヒナタ「…そう、ですよね」

ヒナタ「たしかに、ナルトくんの赤ちゃんが欲しくなる時もありますけど」

ヒナタ「でも、まだ早いかなって…」

香燐「ああ、それかぁ」コポコポ

香燐「確かにねぇ、今どのくらいだっけ?」カチャン

ヒナタ「もうすぐ二ヶ月です」



135 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/17(水) 03:25:39 ID:hz3VbD7w

香燐「別に、早い遅いは関係ないんじゃないの?」

香燐「ま、子供作る前にいちゃいちゃしたいのかもしれないけどさ」

ヒナタ「そ、それは…」

香燐「焦ることないんじゃん?」

香燐「ナルトはいい男だし、ちゃんとヒナタとのことを考えてくれてるよ」

ヒナタ「そ、そうですかね?」

香燐「伊達に弟認定してないってこと」

香燐「さ、あんたも家の子と遊んでやってよ」

香燐「将来のことも考えてね」

ヒナタ「…はいっ!」



145 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 01:09:18 ID:/VXZPf7Q

~帰宅~

ナルト「ふぅ、帰ってきたってばよ~」どすっ

ヒナタ「今、晩御飯作るね~」

ナルト「じゃあ俺は風呂を入れてくるってばよ」

ヒナタ「うん、お願い」トントントン

ナルト(ヒナタって料理の時は本当に反応うすいってばよ)

ナルト(まあそれだけ熱中してるんだろうけど…)

ナルト(おっと、風呂風呂)



146 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 01:36:26 ID:/VXZPf7Q

~食事中~

ナルト「ああ、やっぱり旨いなヒナタの料理」モグモグ

ヒナタ「うふふ、そう言ってもらえると、作った甲斐もあるよ」

ナルト「ほら、俺ってばひとり暮らしの時もほとんどカップラーメンばっかりだったし」

ナルト「なんか、変かもしれないけどおふくろの味って感じがするってばよ」ズズッ

ヒナタ「…」////

ヒナタ「ううん、嬉しいよ、どんどん食べてね?」

ナルト「言われなくても、そうするってばよ!!」パクパク

ヒナタ「ふふふっ」



147 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 01:59:12 ID:/VXZPf7Q

~入浴~

ヒナタ「ふっふふんふっふふん」ゴシゴシ

ナルト「ああ、気持ちいいってばよ…」ハフー

ナルト「終わったら、ヒナタも洗ってやるってばよ」

ヒナタ「うん、お願いしまーす」ゴシゴシ

ナルト(ああ、そろそろあの時間が近づいているってばよ…)

ナルト(クラマ、聞こえるよな?)

九尾(…ああ、いつもの通りだな?)

ナルト(すまねえ、頼むってばよ…)



148 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 02:25:48 ID:/VXZPf7Q

九尾(儂も別に、お前たちの交尾なんぞ見たくない)

ナルト(ああ、そうだろうな…)

クラマ(ま、お前を擁護するわけじゃないが)

クラマ(その女は間違いなく、儂が知る中でもトップクラスのスキモノってやつだ)

クラマ(それに、超絶技巧の持ち主でもある、絞られたって仕方ないさ…)

ナルト(それだと、ヒナタがとんでもない淫乱みたいだってばよ…)

クラマ(相手をお前に絞ってるだけマシだ)

クラマ(ま、仮にどこぞの男がアレをされたら、腎虚で死亡だろうがな…)

ナルト(尾獣が腎虚とか使うなってばよ、なんか台無しだから)

ヒナタ「ふっふふーん」アワアワ

ナルト(ああ、ヒナタのおっぱいは大きいなぁ)トオイメ

ヒナタ「うふふっ」たゆんっ



150 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 03:10:48 ID:xDSWJxqw

キングクリムゾンッ

~そして朝~

ナルト「…」

ナルト「ああ、良かった、今日も生きてる…」

クラマ(馬鹿なこと言ってんじゃない、ナルト)

クラマ(ほら、チャクラ分けてやるからさっさと起きろ!)

ナルト(す、すまねえ正直へとへとだってばよ…)

ナルト(生命力の強い母ちゃんの血を引いてなかったら、確実にお陀仏コースだった)

ヒナタ「あ、ナルトくん、おはようっ!!」ツヤツヤ

ナルト「お、おはよう、今日もヒナタは輝いてるってばよ…」ハハハ

ヒナタ「そ、そうかな?あ、ご飯出来てるよ」クルルン



151 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 03:12:13 ID:xDSWJxqw

ナルト(なんか、エプロンつけた女の子って、三割増くらいで魅力アップしてるよな)

ナルト(それだけで家庭的に見えるっていうかさ)

ヒナタ「ほらほら、早く顔洗ってきて?」

ナルト「ふぁい、わっかりましたー」グッタリ

クラマ(ナルト、頑張れよ…)

クラマ(まったく、体力の塊みてぇなこいつをここまでへばらせるとは…)

クラマ(大した女だ、うずまきヒナタ…)



160 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 22:32:22 ID:xDSWJxqw

ナルト「今日はなにかあったっけかな?」

ヒナタ「今日はね…あれ、何もないや」ペラッ

ヒナタ「最近は里も周りも落ち着いてきているから、すぐにやらなきゃいけないことはなくなっちゃったみたい」

ナルト「そっか…」

ナルト「よし、そんじゃ見回りついでにデートすっか、デート」

ヒナタ「う、うん!する!」

ナルト「ははは、じゃ、さっそく行くってばよ!」

ナルト(明日の準備は出来てるし、今日は心配事は何もないってばよ)

ナルト(とりあえず、誰かいるかもしれないし修練場あたりからだな)



161 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 22:38:05 ID:xDSWJxqw

~修練場~

ナルト「お、やっぱり誰かいるってばよ」シュッ

ナルト「って、またキバか?」シュタッ

キバ「おう、ナルト、それにヒナタも」アセフキフキ

ヒナタ「おはよう、キバくん」

キバ「なんだよ、二人で連れ立って」

ナルト「仕事もないし、適当に見回りだってばよ」

ヒナタ「ふふっデートデート!」ギュッ

ナルト「うわぁ、急に抱きつくなってばよ!」

キバ「…なんていうか、変わったよな、ヒナタ」ハハハ

キバ「ま、いい感じじゃん?」

ヒナタ「ありがと、キバくん」



162 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 22:44:18 ID:xDSWJxqw

キバ「しかし、ちょいと残念だな…」

ナルト「ん?何かあったのか?」

キバ「いや、せっかくだから少し相手してもらおうと思ったんだがよ」

キバ「せっかくの二人を、邪魔すんのは野暮だからな」

ヒナタ「え?別にいいよ?」

キバ「へ?」

ヒナタ「だって、二人が戦うところって見ていて楽しいから」

キバ「…なんか引っかかる言い方だな、オイ」

ヒナタ「だって、私のナルトくんが負けるわけないもんね」フンス

キバ「へー、随分と言うようになったじゃんか」

ヒナタ「だって事実だもんね」フフフ



163 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 22:48:45 ID:xDSWJxqw

ナルト(ヒナタ、楽しそうだってばよ…)

キバ「上等だ!おいナルト早速勝負だ、勝負」グッグッ

ヒナタ「頑張って、キバくんをやっつけちゃえ!」

ナルト(ま、ヒナタはキバと付き合い長いからな)

ナルト(前より明るくなったし、軽口も叩くわけか…)

キバ「おら、どうしたナルト、かかってこないならこっちから行くぜ?」

ナルト「ああ、ちょっと待つってばよ」

キバ「早くしろよ」ヘヘッ

ナルト(ま、俺も鈍らないようにしとかないとな)



164 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 22:55:27 ID:xDSWJxqw

~ごちゃごちゃあってナルト勝利~

ナルト「ふう、なんとか勝ったってばよ…」

ヒナタ「お疲れ様、ナルトくん」アセフキフキ

ナルト「おう、なんか恥ずかしいってばよ…」

ヒナタ「気にしない気にしない」フキフキ

キバ「くそっ、なんかイロイロ負けてすんげー悔しー!!!!」ブワッ

キバ「ああ、なんでオレには春が来ねぇんだ…」

ヒナタ「はい、キバくんもこれ使って?」つ新しいタオル

キバ「うう、ヒナタぁ」グスッ

ヒナタ「二人ともすっごくかっこよかったよ?」

キバ(うう、今はこの優しささえも痛いぜ…)

キバ「しかし、やっぱりつえーな、ナルト」

ナルト「伊達に火影をやってるわけじゃないってばよ」

キバ「へへ、ちげぇねえ」



165 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 23:00:52 ID:xDSWJxqw

ナルト「それじゃ、俺たちはそろそろ行くってばよ」

キバ「ああ、悪いな、付き合わせちまって」

ナルト「いや、煽ったのはヒナタだし」ポカッ

ナルト「ほら、謝るってばよ」

ヒナタ「でも、悪いことしたわけじゃないよ?」

キバ「そうだぜ、オレは気にしてねえよ」

キバ「むしろ、そんなヒナタが見られるとは思ってなかったから、感謝してるくらいだぜ」

キバ「…はあ、嫁か」トオイメ

ナルト「なんか自分の世界に入ってるってばよ」

ヒナタ「そっとしておこう?キバくんも悩みがあるんだよ、たぶん」

ナルト「ああ、またな、キバ」

キバ(狙い目はテンテンか?いやいや、そんなふうに考えるなんてあいつに悪いか…)ブツブツ



166 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 23:05:20 ID:xDSWJxqw

~役所~

ナルト「さ、次はここだってばよ」

ヒナタ「誰かいるかな?」

テンテン「お、おふたりさんお揃いで」ヨイショ

ナルト「おうテンテン、それ運ぶのか?」

ナルト「手伝うってばよ」

テンテン「あらそう?悪いね、数多くてさー」

ヒナタ「これは何?」

テンテン「新しい忍具、補給依頼の書類提出してるはずだけど」

ヒナタ「ああ、もう届いてたんだね」

テンテン「最近は仕事が早いのよね、倉庫の整理も大変よ、全く」

ナルト「さー、運ぶってばよ」



167 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 23:08:56 ID:xDSWJxqw

テンテン「ふー、助かったよ、おかげで早く終わっちゃった」

ナルト「気にすんなってばよ」

ヒナタ「そうだよ、かなり量があったし」

テンテン「いやー、火影に手伝わせたなんて言ったら怒られちゃいそうだけど」

テンテン「よかったらお茶くらい飲んでいってよ」

テンテン「それに、最近ナルトとは話してないし」

テンテン「イロイロ聞かせなさいよ」ツンツン

ヒナタ「へ、変なこと聞いたらダメだよ?」

テンテン「ははは、気をつけるよ」

テンテン「じゃ、あたしについてきて!」



168 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 23:15:30 ID:xDSWJxqw

~忍具課詰所~

テンテン「はいはい、狭くって悪いねー」

ナルト「まだ何も言ってないってばよ」

テンテン「ま、あたしもあんまりここに居ないからね、困ってはいないんだけどさ」

ヒナタ「一応嘆願書とかあれば通るかもしれないよ?」

テンテン「いいよん、この狭さが逆に落ち着くわけよ」コポコポ

テンテン「ほい、安もんだけどどうぞ」コトッコトッ

ヒナタ「ありがとう」

ナルト「…結構イケるってばよ」ズズ

テンテン「そりゃあ、あたしが選んでるからね!!」ドヤァ

テンテン「お茶とお菓子にはうるさいんだから!!」

ヒナタ「ふふふっ」



169 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 23:21:10 ID:xDSWJxqw

テンテン「しっかし、ちょっと見ないうちに、なんだかお似合いって感じになったね」

ナルト「何か変わって見えるか?」

テンテン「うーん、なんていうか収まりがいい?」

ヒナタ「何それ?」フフフ

テンテン「分かんないけど、家族って感じがする」

テンテン「いいなー、あたしも相手がいればねー」

ナルト(何か気恥ずかしい雰囲気が…)

ヒナタ「誰か気になる人とかいるの?」



171 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 23:35:15 ID:xDSWJxqw

テンテン「んーん、全然」

テンテン「ま、そのうち見つかるわよ、たぶん」ハハハ

ナルト(ネジとかゲジマユはどうなんだろうな…)ズズ

ヒナタ「急いでもしょうがないよ」

テンテン「おお、旦那持ちは言うことが違うね」

ヒナタ「もう、からかわないでよ!」



172 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 23:41:12 ID:xDSWJxqw

アリガトヨー

~一時間後~

ナルト「いやー、二人とも盛り上がってたなー」

ヒナタ「ごめんね?」

ナルト「別にいいってばよ、聞いてて楽しかったし」

テンテン「そうそう、男なら器は大きく!」

ナルト「はいはい、肝に命じるってばよ」

ナルト「今度は飯でも食いに来てくれってばよ」

ナルト「ヒナタの料理、めちゃくくちゃうめーから」シュッ

テンテン「うん、約束だかんね!」

テンテン「じゃあね、二人ともー!!」

テンテン(やっぱり羨ましいなー…)

テンテン(あたしにも旦那さん、来てくれないかな?)



173 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 23:58:39 ID:xDSWJxqw

ヒナタ「これからどうする?」

ナルト「うーん」

ナルト「飯の話をしたら、腹減ってきたってばよ…」グゥ

ヒナタ「ふふっ、時間もちょうどいいし、先にご飯食べに行こっか」

ナルト「そうするってばよ…」グー



174 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/18(木) 23:59:23 ID:xDSWJxqw

~一楽~

ナルト「おっすおっちゃん、久しぶりに来たってばよ」

おやじ「オウ、ナルト、しばらく顔見せねえから驚いてたんだ」

おやじ「しかも今日は嫁も一緒か…」

ナルト「べ、別にいいだろ!?客なんだからもっと気を遣えってばよ!」

おやじ「ははは、いっちょ前に照れやがって」

おやじ「いつものでいいんだろ?で、嬢ちゃんの方は?」

ヒナタ「そ、それじゃ同じものを…」

おやじ「あいよ、ちょっと待ってな!」

ナルト「ああもう、だから最近来にくいんだってばよ」

おやじ「まあまあ、そう怒るなって」

おやじ「ほい、完成だ」



175 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 00:07:11 ID:OVwRQRQA

おやじ「しかし、あのナルトが本当に火影になって、いまや所帯持ちたぁ驚きだ」

ナルト「文句あんのかよ?」ズルズル

おやじ「そう拗ねるなよ、感慨深いってだけだ」

おやじ「嬢ちゃん、こいつのわがままで困ってねえか?」

ナルト「ああもう、やめろってばよ!」

ヒナタ「大丈夫です、ナルトくん優しいですから」フフフ

おやじ「そうか、それならいいんだけどな」

ナルト(誰も話を聞いてくれないってばよ…)

ヒナタ「らーめん、おいしいですね」

おやじ「オウ、これからもちょくちょく食いに来てくれや」



176 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 00:16:27 ID:OVwRQRQA

ナルト「…」

ヒナタ「もう、機嫌直して?」

ナルト「ラーメンは美味かったけど、なんか疲れたってばよ…」

ヒナタ「ナルトくんの子供の頃をよく知っているから、話も弾んじゃって」テヘッ

ナルト「…ま、ヒナタが楽しかったならいいんだけどさ」

ヒナタ「今日はデートだもん、ずっと楽しいよ?」キラキラ

ナルト「おお、ヒナタが輝いてる」

ヒナタ「だって、ナルトくんと一緒だからね!」ウフフ

ナルト「なんだ、それ?」ハハハ



177 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 00:16:43 ID:OVwRQRQA

生徒A「木の葉丸せんせー、また火影さまがお姉さんと仲良くしてるー」

木の葉丸「ああー、ほっといてあげるのが優しさだコレ」

木の葉丸「そのうち二人にも落ち着きが出てくるコレ」

生徒B「せんせー、おっとなー」

木の葉丸「さ、空気の読める皆は何も見なかったことにして授業に集中するコレ」

生徒達「はーい」

木の葉丸「いい返事だコレ」



183 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 10:43:48 ID:ujWSgsqU

~火の国境界部~

夜明けまであと一時間

サスケ「ここか…」

サスケ(使者の足取りを追ってきたが、これは…)

サスケ「口寄せ」カリッポンッ

サスケ「…」さらさら

サスケ「いいか、こいつを出来るだけ早くナルトに届けろ」

鷹「…」ばさっばさっ

サスケ(このままだと木の葉がまずい)シュッ

サスケ(ここまで来るのに一日か…くっ)ギリッ

サスケ「頼む、間に合ってくれよ!」シュッ

影が木の葉に忍び寄る…



184 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 10:50:49 ID:ujWSgsqU

~同時刻、木の葉の里~

???「ここが木の葉…」

???「良い里だ、見事なまでに平和…」

???「楽しいなぁ、平和を砕かれた人間の絶望を想像するのはっ!!」

???「なぁ?そう思わないか?」

ナルト(分身)「あいにく、全然共感出来ないってばよ!!」

???「残念だな、オレは悲しいぞ?うずまきナルト」

ナルト(分身)「…」ひゅううぅぅん

???「螺旋丸か、芸のない…」

???「まずは、本物を引きずり出すか…」



185 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 10:56:50 ID:ujWSgsqU

~ナルトの家~

ナルト「…」

クラマ(おいナルト、気付いてるか?)

ナルト(ああ、分かってるってばよ)シュルシュルッ

ヒナタ「…あれ?ナルトくん?」ふあぁ

ヒナタ「どうしたの?こんな朝早くに…」

ナルト「いや、ちょっと散歩してくるってばよ」ニカッ

ナルト「それより、今日はアカデミーの視察なんだろ?まだ寝ておいた方がいいってばよ」サッサッ

ヒナタ「え?…あ、あぁうん…」すぅすぅ

クラマ(いいのか?ナルト、多分後で怒るぞ、こいつは)

ナルト(…いいんだ)

ナルト「…誰も気が付かないうちに終わらせるってばよ」シュッ



186 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 11:00:52 ID:ujWSgsqU

~木の葉沿部~

???「流石はうずまきナルトの分身といったところか」

???「大した強さだ」

ナルト「楽しんでもらえたか?」スタッ

???「これはこれは、お早いご到着で…」

ナルト「見ない顔だな、何の用だってばよ?」

???「何、少しばかりこの里の平和を乱そうと思ってな」

ナルト「させると思うか?」

???「やるさ、必ずな」フフフ



187 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 11:04:01 ID:ujWSgsqU

???「しかし、ここは少々場が悪い」

???「分身との戦闘でこれだからな」ボロボロ

???「場所を移すが、構わないか?」

ナルト「好きにするってばよ」

???「そうか、ならばついて来い」シュッ

ナルト「…」シュッ



???「さて、我々も行動開始といくか…」



188 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 11:11:35 ID:ujWSgsqU

~木の葉の里から数キロの広場~

???「この辺りでいいだろう」

ナルト「どこでも変わらないってばよ」

???「いやいや、そうでもない」

???「お前には、しばらくここでゆっくりしてもらわねばな」

???「忍法、尾獣縛り」カッ

ナルト「なっ!?」がくがくがくっ

???「素直で助かるよ、これで暫くは動けまい」

ナルト「こ、この術は…」

???「お前も知る大蛇丸が考案したものを、私がアレンジして完成させた」

???「まぁ、準備に時間がかかる割に、効果が永続でないのが欠点だがな」

???「お前は私が木の葉を潰し切るまで、ここに居てもらう」

クラマ(おい、ナルト…お前は何を馬鹿な作戦に…)ビリビリ

ナルト「くっ!!」どさっ



189 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/19(金) 11:16:59 ID:ujWSgsqU

???「ははは、仕方あるまい」

???「九尾の力を制御したことで、お前は相手の力量が概ね分かる」

???「油断したところで、誰も責められまいよ」

???「お前の敗因は、尾獣を制御する術を警戒しなかった、というただそれだけなのだからな」

ナルト「ぐ、ぐああああ!!!」ビリビリ

???「無駄だ、大人しくしておかないと、そのうち死ぬぞ?」ハハハ

クラマ(ナルト!!どうするんだ!!)

ナルト(…俺も平和ボケしすぎてたってばよ…)

ナルト(何とか、ここから抜けねぇと!)ビリビリ

ナルト(ヒナタ!里の皆!…)



193 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 12:17:28 ID:Z498QgW2

~数時間後ナルトの家~

ヒナタ「う、ん~」ノビ~

ヒナタ「あれ?ナルトくんは…」ガチャン

ヒナタ「って、もうこんな時間!?」

ヒナタ「早くアカデミーに行かなくちゃ…」アタフタ

ヒナタ(ナルトくん…何事もなければいいんだけど…)



194 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 12:24:19 ID:Z498QgW2

~同時刻木の葉の里外縁部~

???「ようやく準備が整ったな…」

???「九尾はどうなの?」

???「安心しろ、未だ結界の中だ」

???「さぁ、行こうか」

シノ「そこの黒装束、何をしている」

???「ほう?我らに気付く者がいるとはな」

シノ「不信人物は排除、何故なら俺は周辺警備を任されているからだ」ザザザ

シノ「蟲の味を知りたいならかかってくるといい」

???「ああ、そうさせてもらおう」

???「お前たちは予定通り作戦を遂行しろ」

???「了解」

シノ「逃がさない」

???「おっと、お前の相手はこの私だ」

シノ「くっ」



195 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 12:29:12 ID:Z498QgW2

~修練場~

キバ「ふぅ、朝の鍛錬終了っと」スンスン

キバ「おい、そこの奴、お前木の葉の忍びじゃねぇな?」

???「…」

キバ「隠れても匂いでわかんだよ」

キバ「今すぐ姿を現さねぇなら、攻撃しなきゃならなくなる」

???「…」グァッ

キバ「なんだ、そっちもそのつもりかよ」

キバ「行くぜ赤丸、新術を試すチャンスだ!!」

赤丸「ヴー、あんあんっ!!」



196 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 12:34:50 ID:Z498QgW2

~里内部 銭湯前~

テンテン「あれ?リー?なにしてんの?」

リー「え?あ、いや、ボクは見回りをしていまして」

テンテン「女子風呂に何か異変があるの?」

リー「いえ、たまたまそちらに向いた時にテンテンが来ただけです!」

テンテン「ふーん、ま、いいけどさ」

リー(助かりました)

テンテン「あれ?あいつ何だろ?」

リー「はい?ああ、あの黒装束ですか」

???「あら、おはよう」

???「気持ちのいい朝ね」

テンテン「おっはよー!」

リー「見た目はいかがわしいですが、随分と礼儀正しい方ですね」



197 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 12:39:46 ID:Z498QgW2

テンテン「そうだねー、ま」ズバッ

テンテン「背後から分身けしかけたりしてなければの話だけど」

リー「あなた、何者ですか?」

???「やっと聞いてくれたわね、私たち未だに誰にも聞かれていないのよ、名前」

???「はじめまして、私たちは影」

影「目的は木の葉潰しって感じかしら?」

テンテン「そっかー、じゃあ敵だね」ジャラジャラ

リー「容赦しませんよ!」ブォウ

影「おお怖い怖い」ヒュン



198 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 12:46:13 ID:Z498QgW2

~木の葉の里商店街~

木の葉丸「ヒナタ姉ちゃん、今日はよろしくお願いするコレ」

ヒナタ「うん、それはいいんだけど、皆でどこに行くのかな?」

木の葉丸「野外学習ってことで、商店街の人の仕事を見学するんだコレ」

ヒナタ「へぇ、私たちがいた頃は無かったなぁ」

木の葉丸「これも、平和になった証拠だコレ」

ドォーン

ヒナタ「っ!?今のは!?」

木の葉丸「俺が見てくる!」

木の葉丸「生徒たちを頼むぞコレ!」

ヒナタ「あ、木の葉丸くん!」

生徒「ヒナタさま?」

ヒナタ「…皆安心して、大丈夫」

ヒナタ「火影さまがすぐに何とかしてくれるから」

影「それは無理な話だな」



199 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 12:52:56 ID:Z498QgW2

ヒナタ「っ!?皆、私の後ろに!」

生徒たち「は、はい!」

影「九尾の嫁か、お初にお目にかかる」スッ

影「我々は影と申す者、木の葉を潰すために参上した」

ヒナタ「ご丁寧にどうも」

ヒナタ「それで、ナルトくんをどうしたの!?」

影「彼には今、楽しい楽しい地べた這いずりツアーを満喫していただいている」

ヒナタ「っ!!」ギンッ

影「おっと、嫁の方は温和という話だったが」

影「存外、堪え性のない」

ヒナタ「あなただけは、許しません」



200 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 13:00:43 ID:Z498QgW2

影「ふむ、だが、そんなお荷物を抱えて、戦えるものかな?」ヒュン

ヒナタ「っ!せいっ!」バシィ

ヒナタ「これは、矢?」

影「さぁ、ゲームの始まりだ」ササササ

ヒナタ「この数…」

影「その瞳は何物も見通すそうだが」

影「全てを叩き落としてみるか?」

生徒「ヒナタさま…」

ヒナタ「…大丈夫、貴方たちは私が守るから」

ヒナタ(後ろには子供たち)

ヒナタ(それに商店街、回天を使えば周りに被害が及ぶ)

ヒナタ(復興してきたこの里を、傷付ける訳にはいかない!)スッ

影「構えたか、ならば行くぞ!」ヒュンヒュンヒュン

ヒナタ「はあああっ!!」



201 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 13:07:41 ID:Z498QgW2

~病院~

サクラ「さっきの爆発、一体なんなのかしら…」

香燐「様子を見に行くか?」

サイ「その必要はありませんよ」スゥ

サクラ「サイ!」

香燐「どういうことだ?」

サイ「あなたの娘さんも連れてきました」

サイ「今すぐ避難して下さい」

サクラ「…もしかして!?」

サイ「まだ香燐さんやこの子が目的とは分かりませんが」

サイ「ナルトくんとサスケくんに頼まれているのでね」

香燐「あの二人が…」



202 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 13:12:43 ID:Z498QgW2

サクラ「…」

サクラ「サイ、二人を頼める?」

サイ「もちろん、それが僕の役目だから」

香燐「サクラ、どうするつもりだよ!?」

サクラ「私にはここの患者さんたちを守る義務があるから」

香燐「なら、あたしも!」

サクラ「ううん、もし敵の目的があなたなら、むしろここが激戦区になってしまうわ」

サクラ「だから、ここは私に任せて安全なところへ」

サイ「火影の執務室の地下にナルトくんが隠し部屋を用意してくれています」

サイ「早く」



203 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 13:16:16 ID:Z498QgW2

香燐「…ごめん、サクラ」

サクラ「何を謝ってるの?」

サクラ「もし私があなたの立場だったら一目散に逃げてるわ」

香燐「…嘘ばっかり」

サクラ「さぁ、行って」

サイ「香燐さん、ついてきて下さい」シュッ

香燐「怪我、しないでね」

サクラ「その時はあなたに香燐に治してもらうから」

香燐「…そうね」シュッ

サクラ「さ、どこからでも来なさい!」



204 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 13:23:08 ID:Z498QgW2

~木の葉入口門~

いの「ねぇチョウジ、私たち、テマリさんの見送りの予定だったわよね?」

チョウジ「うん、そうだけど」

いの「じゃあ、この黒装束も同じだと思う?」

チョウジ「ううん、全然」

テマリ「馬鹿言ってないで、あんたらも戦いなよ!」ブワン

シカマル「あー、めんどくせーなー!!」

いの「はぁ、残業代でないかな…」

チョウジ「出るわけないよ」

いの「そうよねー」

いの「しょうがない、里の為にただ働きしましょうか」

チョウジ「僕はもとからそのつもりだよ」

チョウジ「倍化の術!」ドンッ

いの「ったく、せっかくの平和を楽しませなさいよ!!」



205 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 13:30:56 ID:Z498QgW2

~商店街~

ヒナタ「八卦空掌!!」バァン

ヒナタ「八卦、双天掌!!」

影「ほう、流石にやるな」ヒュンヒュン

影「だが知っているぞ?白眼には死角があるのだろう?」

影「例えばこんな風に」ヒュン

ヒナタ「がっ!?」

影「矢の操作くらい造作もない」

ヒナタ「八卦双掌!!」

影「さぁまだまだ続くぞ」ヒュンヒュンヒュン

ヒナタ(このままだとジリ貧になる…)バシバシ

ヒナタ(まずはこの子達を避難させないと…)バシィ

ヒナタ(回天が使える場所まで移動すれば…)バァン

ヒナタ(ここから一番近いのは)

ヒナタ(復興記念広場!)



206 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 13:41:32 ID:Z498QgW2


ヒナタ「…皆、走れる?」

生徒たち「…」ブルブル

ヒナタ「聞いて、皆は大人になったら、忍びになるんでしょ?」

ヒナタ「だったら、こんなところで怯んじゃだめ」

ヒナタ「そうじゃないと、火影さまや、木の葉丸先生みたいな強い忍びにはなれないよ?」

生徒たち「…」グッ

ヒナタ「そう、分かったら、今は全力で逃げて」

ヒナタ「ここは私が守るから」

生徒たち「…うん、分かった!!」ダッ

影「甘い、逃がすと思うか?」ヒュンヒュン



207 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 13:42:44 ID:Z498QgW2

ヒナタ「っ、ああぁっ!!」ドスドスッ

影「なるほど、落とせない分は自ら盾となり防ぐか」

ヒナタ「あの子供たちは、いずれ、この里を継いでいく宝物」

ヒナタ「あなたなんかに、傷付けさせはしない!」ギンッ

影「ふはは、そのやせ我慢、どこまで続くかな?」ヒュンヒュン

ヒナタ(は、早く、広場まで行かないと…)ジリッジリッ



208 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 13:49:24 ID:Z498QgW2

~少し前~

ナルト「ぐっ…」がくがくがくっ

影「まだ立っていられるとは、流石に英雄さまは違うな」

ナルト「へっ、この程度、大したこと、ないってばよ…」

影「…木の葉崩しが始まったようだ、感想はあるか?」

ナルト「あそこには、俺なんかより強い、やつが、山ほど居るんだ」

ナルト「お前らの狙い通りには、いかないってば、よ」

影「ふむ、ならば大人しく地べたに倒れていろ」グッ

ナルト「ぐああああぁ!!」ビリビリビリ

クラマ(おい、ナルト!)

ナルト(大丈夫だ、手は、ある)

クラマ(その前にお前が死ぬぞ)

ナルト(心配すんな、あと、少しなんだ…)



209 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 13:54:53 ID:Z498QgW2

~修練場~

木の葉丸「大丈夫か、コレ!」シュタッ

キバ「お、木の葉丸か」

キバ「こっちはもう済んだ」

木の葉丸「あれ、そうなのか…」

キバ「ああ、それより、他のところにいかねぇと…」

ズブズブズブ

木の葉丸「おい、あれは何だコレ」

キバ「…どうやらまだ終わってねぇみてーだな」

木の葉丸「俺も手伝うコレ!」

影「ふ、は、は、我らは滅びぬ…」

キバ「いい加減くたばれよ!」



210 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 13:57:24 ID:Z498QgW2

~銭湯前~

リー「…妙ですね」

テンテン「うん、手応えはあるのに、倒れない」

影「ふふふ、あなたたちに倒されたりしないわよ」

リー「何か秘密がありそうです」

テンテン「うーん、でもこいつはやっつけないとだし…」

テンテン「もー!!ナルトはなにやってんのよー!」



211 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 13:58:23 ID:Z498QgW2







???「…繋がった」







212 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 14:03:15 ID:Z498QgW2

~記念広場~

ヒナタ「こ、ここならっ!」

ヒナタ「八卦掌回天!!」

影「なるほど、他に被害の出にくい広場に誘導したか」

影「だが、かといってこちらに攻撃できる訳ではあるまい」ヒュンヒュンヒュン

ヒナタ「大丈夫、ナルトくんが、絶対、来てくれるから…」

影「ふ、はははは!」

影「ならばその願いを抱いたまま死ね!!」ヒュンヒュンヒュン

ヒナタ(大丈夫、回天が使えれば、あいつに倒されることはない…)ハァハァ

ヒナタ(まだ、やれる!)

影「ん?あれは…」



213 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 14:07:26 ID:Z498QgW2

ヒナタ「っ、そんな!?」

子供「ひっ!??」

ヒナタ(あれはアカデミーの生徒じゃない!?)

ヒナタ(まさか逃げ遅れて…)

ヒナタ(術は、ま、間に合わないっ!!)

ヒナタ(だめっこうするしかっ!)ギュッ

子供「お、お姉ちゃん?」ガタガタ

ヒナタ「大丈夫、あなたは私が守るから…」

影「…あっけないな」

影「だが、死ね!!」



214 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 14:08:14 ID:Z498QgW2







ヒナタ(ナルトくんっ…)ギュッ








215 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 14:10:36 ID:Z498QgW2







???「っ螺旋玉!!!」ヒュウゥゥウンッ








216 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 14:16:43 ID:Z498QgW2

影「…何?」

???「いやー、危ないところだったってばよ」

ヒナタ「え?な、ナルトくん?」

ナルト?「こいつだと螺旋丸が使えないから、しょぼい術作っといて正解だったな」

ナルト?「大丈夫か?ヒナタ」

影「ふむ、うずまきナルトの影分身か」

ナルト(分身)「へっ、どうだ?螺旋丸に劣らずいい威力だろ?」

影「…私に不意打ちをしかけたことは褒めてやろう」

影「本体と完全に分離させているのか」

ナルト(分身)「ヒナタ、もう大丈夫だ」

ナルト(分身)「その子を、早く安全なところへ」

ヒナタ「…う、うん!」

ナルト(分身)「さ、覚悟するってばよ」



217 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 14:20:19 ID:Z498QgW2

影「ふっ分身ごときに何が出来る」

ナルト(分身)「だれも俺がお前を倒すとは言ってないってばよ」

影「ならばどうする」

ナルト(分身)「こうするんだってばよ!よく見とけ!!」

ナルト(分身)「忍法、逆口寄せ!」ボゥン

ナルト「…」

ナルト「よぉ、また会ったな」

影「き、貴様!!」



218 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 14:28:46 ID:Z498QgW2

~木の葉郊外~

???「どういうことだ!?九尾が結界から消えた…」

サスケ「お前が術者か…」

???「くっ何者だ!?」バッ

サスケ「俺が誰かなんてどうでもいい」

サスケ「なんとか間に合ったみたいだしな」ギンッ

影「お前は、うちはの…」

サスケ「知っているなら話が早い」

サスケ「さあ、お前の罪を数えろ!」ビシッ

影「くそっ」



219 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 14:33:24 ID:Z498QgW2

~木の葉外縁部~

影「ん?あいつからの信号が途絶えた…」

影「何かあったのしら…」

ネジ「今のお前には関係のないことだ」シュタッ

影「…その瞳、日向の忍びかしら?」

ネジ「ああ、護衛任務を終えて帰ってきたら、何やら騒がしいのでな」

ネジ「少々探らせてもらった」

影「全く、厄介な男」

ネジ「チャクラの糸はここにつながっている」

ネジ「大方、里の中ではお前の傀儡が暴れているのだろう?」

影「ご明察、それで?どうするの?」



220 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 14:35:57 ID:Z498QgW2

ネジ「この里は、俺の故郷」

ネジ「そして、俺の妹と、親友が守る大切な場所だ」ギンッ

ネジ「貴様らに好き勝手に壊させる訳にはいかない!!」

影「…あーあ、失敗しちゃったか…」

ネジ「八卦六十四掌!!」



221 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 14:40:04 ID:Z498QgW2

~修練場~

キバ「なんだ?突然溶けて消えちまった」

木の葉丸「それに、この死体、これじゃあまるで」

ナルト(分身)「キバ、木の葉丸!」

キバ「おう、ナルト、の分身か」

ナルト(分身)「悪ぃんだけど、入口門に向かってくれ、まだ残りが居るんだ」

木の葉丸「よくわからないけど、分かったコレ!」

ナルト(分身)「頼むってばよ!」ポンッ

キバ「…さぁて、もうひと暴れすっか」

木の葉丸「ああ、行くぞコレ」



222 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 14:44:03 ID:Z498QgW2

~銭湯前~

テンテン「もう、ナルト!何やってたのよ!」

ナルト(分身)「悪い、ちょっとヘマしてたってばよ」

リー「ナルトくん、あの影とかいうやつは?」

ナルト(分身)「俺も詳しくはまだ分からない」

ナルト(分身)「けど、とにかく病院の方に行ってくれ、サクラちゃんが一人で戦ってる」

リー「サクラさんが!?おおおおおお待っていて下さい!サクラさん!」ダダダダダ

テンテン「あー、リー、待ちなさいよー!!」

テンテン「ナルトー、あとでちゃんと説明してよね!」シュッ



223 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/20(土) 14:51:07 ID:Z498QgW2

~広場~

影「くっ!?」

ナルト「どうやら、お仲間はやられたみたいだな」

影「…そのようだ」

影「やってくれたな、九尾め」

ナルト「俺は九尾じゃねぇ、クラマは俺の友達で」

ナルト「俺の名前はうずまきナルトだ」

影「してやられたよ、今回は引くしかなさそうだ」

ナルト「そんなこと、させると思うか?」

ナルト「お前はやっちゃあならないことをやっちまったんだ」

ナルト「一つ、俺の大好きな里を襲ったこと」

ナルト「そしてもう一つ、俺の大好きなヒナタに怪我をさせたことだ!!」

ナルト「生ぬるい罰じゃ済まさない」

ナルト「さ、お仕置きの時間だってばよ!」



229 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 02:11:20 ID:0twC30IE

クラマ(おい、ナルト、九尾モードいくか?)

ナルト(ここじゃ周りに被害が出るってばよ)

ナルト(大丈夫だ、こんな時のために、ヒナタと用意してある)ポンッ

ナルト「これでよし」スゥ

影「それが噂の仙人モードか…」

ナルト「どこで噂になってんだ」グッ

ナルト「…お前を倒す前に聞きたいことがあるってばよ」

影「ふむ、聞こう」

ナルト「二年前、里を襲撃したのはお前か?」

影「…」



230 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 02:39:05 ID:0twC30IE

影「ああ、そうだ」

影「あのときうちはを手にしていれば、もっとうまくいっていたのだろうな」

ナルト「そうか」

ナルト「やっぱり、お前は許さねぇってばよ」ヒュッ

影「ふん、今更くない程度でどうにかなると思って…」スッ

ナルト「波風ミナト流、時空間螺旋丸!!」ヒュウウゥゥゥゥン

影「がっ!!?」

ナルト「痛いだろ?それがヒナタと香燐さんの痛みだ」ピッスッスッ

ナルト「さあ、”飛ぶ”ってばよっ!!」ヒュンッ

影「ぐっ、ここは…」

ナルト「里の外だ、ここなら思いっきりできるだろ?」

ナルト「ん?あれは…」

鷹「…」バサッバサッ

ナルト「サスケからか…」ピラッ

影「随分と余裕だな?、あまりナメてもらっては困る…!!」グオッ



231 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 02:57:28 ID:0twC30IE

ナルト(なるほどな…)ヒュンッ

影「む、また移動か…」

影「どこに行った…」

ナルト(クラマ、今から分身だけ九尾モードだ)

クラマ(ん?さっきの手紙に何かあったのか?)

ナルト(ああ、多分だけど、あいつは本体じゃないってばよ)

クラマ(なるほど、ま、勝手に使いな)

ナルト(いつもすまねえな)ポンッポンッ

ナルト「さあ、頼んだってばよ」

ナルト(九尾)「…」コクッヒュッ

ナルト「よし、じゃあ見つかるまでこいつの相手をしないとな」



232 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 03:20:08 ID:0twC30IE

~病院~

サクラ「はああっ、せい!!」ドゴオオン

サクラ「ああもう、キリがないし、病院に傷はつけられないし…」

リー「サクラさん、大丈夫ですか!?」

サクラ「大丈夫よ、ありがとうリーさん」

リー「は、はいっ!!それならば良かったです!!」

テンテン「もー、二人ともサボり禁止ー」

テンテン「リーももっとやっつけなさいよ!」

リー「うおおおおお、ボクの青春はここからです!!」

ヒナタ「…やっと、たどり着いた」ハァ



233 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 03:39:13 ID:0twC30IE

サクラ「ヒナタ!?」

ヒナタ「お願い、この子を、助けてあげて…」パタ

テンテン「え?サクラ、ヒナタはどうしちゃったの?」

サクラ「待って、まずは子供が先」ピト

サクラ「大丈夫、外傷はないし、眠っているだけね」

サクラ「テンテン、お願い」

テンテン「う、うん分かった、安全なところに避難させるね」ヒュッ

サクラ「後はヒナタだけど…」

サクラ(原因はこの矢みたいね…)

サクラ(矢は半実体、症状からしてチャクラを吸収しているのね)

サクラ(術者が解いても、被弾した人間のチャクラで実態を保とうとするみたい)

サクラ「…ちゃんと、応急処置はしたのね、役に立ったじゃない、医療忍者育成マニュアル」

サクラ「さ、本職の力も見せてあげないとね」



234 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 04:15:46 ID:0twC30IE

~木の葉の里郊外~

ナルト「さすがに里を襲うだけあるな」

ナルト「結構やるってばよ」

影「当たり前だ」

ナルト「けど、サスケよりは弱いってばよ」

影「ほう、そう思うか?」

ナルト「ああ、そんでもって、もう終わりだ」

影「…」ドロリ

ナルト「うーん、やろうとしたこともやり方もなかなかだったけど」

ナルト「いまいち能力に見合ってないってばよ」

サスケ「ああ、そうだな」ドサッ

ナルト「サスケ!」

サスケ「話は後だ、こいつにアジトを吐かせた」

サスケ「俺はそこを潰してくる、こいつ含めて本体は三人だ」

サスケ「あとは頼むぞ」



235 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 04:20:45 ID:0twC30IE

ナルト「もうそこまで分かってるのか」

ナルト「さすがサスケ、頼りになるってばよ」

サスケ「抜かせ」

ナルト「こんなに早く帰ってきたってことは、調査もあるのか?」

サスケ「ああ、一応影分身だけ残してきたが」

ナルト「じゃ、そっちは引き継ぐってばよ」

サスケ「そうか、助かる」

ナルト「それと、香燐さんと娘さんは無事だってばよ」

サスケ「…助かった」

ナルト「ま、今回は狙われてなかったみたいだしな」

サスケ「それでもな、不安にはなる」

ナルト「…」

サスケ「それじゃ、お前は里に向かってくれ」

ナルト「ああ、そっちは頼むってばよ」



240 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 12:29:17 ID:0twC30IE

~火影執務室~

ネジ「火影さま、首謀者は三人とも捕らえました」

ネジ「どうやら彼らの能力は大戦中に写輪眼と輪廻眼を研究した際の副産物らしい」

ネジ「今、サスケがリーダーの尋問をしている、そう長くかからないうちに全貌が分かるだろう」

ナルト「ご苦労だってばよ」

ナルト「ネジもすまねぇな、任務から帰ってきたばかりだってのに」

ネジ「なに、里の為だからな」

ネジ「それより、ヒナタ様のお見舞いは…」

ナルト「いや、それが…」

ヒナタ「なっるっとくーん!」ピョンッ

ヒナタ「街の被害報告まとめておいたよ?」



241 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 12:35:04 ID:0twC30IE

ネジ「ヒナタさま?お怪我をなされたはずでは…」

香燐「あたしが説明するよ」ザッ

ナルト「あ、香燐さん」

香燐「この子、矢が刺さる時にチャクラ放出して、ダメージ軽減してたみたい」

香燐「治したサクラが拍子抜けしてたわ、原因は急激なチャクラ消費だったんだから」

香燐「傷も浅かったからね、ちゃんと珠のお肌に戻しといたよ?ナルト」

ナルト「あ、ありがとう香燐さん」

香燐「ま、この子のおかげで応急処置マニュアルも、医療忍者の早期育成も実用性があるって証明されたし?」

香燐「予算、頼むよ?」

ナルト「ああ、ちゃんと報告書には目を通すってばよ」

香燐「よろしい」



242 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 12:41:08 ID:0twC30IE

香燐「それじゃ、あたしはこれ持ってきただけだから」トン

ナルト「ん?この箱は?」

香燐「あの泥みたいに溶けた残りだよ」

香燐「一応サンプルは残したし、ま、別段特殊なものでもなかったからさ」

香燐「あんたにやるよ」

ナルト「いや、いらないってばよ」

香燐「ああん?」

ナルト「…はい、別の研究機関に調査依頼を出します」

香燐「それでいい、所見は書いていれといたから」

香燐「じゃあね~」

ネジ「…苦労しているんだな」

ナルト「…そうでもないってばよ」



243 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 12:49:39 ID:0twC30IE

ナルト「あ、そういえば忘れてた」

ナルト「ヒナタ、分身何体か使っちまったんだ」

ヒナタ「あー、じゃあまた作らないとね」

ネジ「分身?」

ナルト「ああ、サスケが考えた特別なやつでさ」

ナルト「俺の影分身を分離して、ヒナタのチャクラにつなげるんだってばよ」

ナルト「九尾の力や、螺旋丸みたいな大技は使えねぇけど、その分俺が動けない時とかも消えずにいられるんだってばよ」

ネジ「なるほど、それと通常の分身で里の周囲を警戒していたのか」

ネジ「しかし、ヒナタ様、今はチャクラが不足しています」

ネジ「今日は静養なされた方が」

ヒナタ「このくらいなら大丈夫だよ、ありがとうネジ兄さん」



247 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 17:14:42 ID:0twC30IE

ナルト「これでよし、っと」

ヒナタ「さ、みんな頑張って!」

ナルト(分身)「…」コクッ

ナルト(分身)「…」シュッ

ネジ「それでは、俺も…」

ナルト「あ、ちょっと待つってばよ」

ネジ「ん?まだ何かあるのか?」

ヒナタ「今皆が記念広場に集まってるみたいだから、ネジ兄さんも行きましょう?」

ネジ「なんだってそんな…」

ナルト「ほら、最近なんだかんだで全員集まるって難しかっただろ?」

ナルト「とにかく、一緒に行くってばよ!」

ネジ「…」

ネジ「ま、一人だけ不参加というのは良くないな」

ヒナタ「じゃあ早速行きましょう」



248 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 17:27:38 ID:0twC30IE

~記念広場~

キバ「お、三人とも来たぜ」

テンテン「遅いよー、何やってたの?」

ナルト「ははは、悪い悪い」

いの「ま、ここにいる奴らも、別に予定があるわけじゃないんだけどね」

リー「つまりは皆暇だったのです!」

キバ「あ、そうだナルト」

ナルト「ん?なんだってばよ?」

キバ(例の約束、今日だっただろ?)

キバ(ちゃんと頼んであるから、ヒナタ連れて行ってこいよ)

ナルト(いや、でも)

キバ(こっちはなんとかしとくからよ、ほら)バシッ

キバ「おい、皆、ちょっとナルトとヒナタには仕事があるんだ」

キバ「来たばかりで悪いが、帰らせてもいいよな?」

テンテン「えー?つまんなーい」



249 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 18:01:11 ID:0twC30IE

キバ(事情があるんだよ、たのむから行かせてやってくれよ)

テンテン(ちぇー)

テンテン「じゃあキバはあたしとデートね!」

キバ「は?」

テンテン「だって、ナルトとヒナタばっかりずるいし」

テンテン「ほらほら、さっそくご飯食べに行くよ!もちろんおごりで!」ギュッ

キバ「ばか、ちょっ引っ張るなって」

キバ(あ、でもなんか幸せな気持ちだぜ…これが春…)

サスケ「何騒いでんのかとおもったら、みんなで集まって何してるんだ?」

ナルト「サスケ!仕事は終わったのか?」

サスケ「あとで報告書にまとめておくさ、ま、大した奴らじゃなかったな」



250 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 18:39:01 ID:0twC30IE

香燐「ほら、ナルトとヒナタはさっさと行きなさい」グイッ

香燐「サスケ、早く帰りましょう?あの子も待ってるわ」

サスケ「…そうだな、じゃ、ナルト、またな」

ナルト「あ、ああ…」

ヒナタ(流石に二人とも落ち着いた感じだなぁ…)



254 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 23:40:37 ID:0twC30IE

リー(この流れ…)

リー(今なら自然にサクラさんを食事に誘えるのでは!?)

リー(そうと決まれば行動あるのみ!さあ今こそ我が青春の炎を燃やす時です!!)

ネジ「サクラ、よかったらこれから一緒に食事でもどうだ?」

サクラ「え?ネジさん?どうして私なんか…」

ネジ「やはり俺では不服だろうか?」

サクラ「いや、そんなことはないんですけど…」

ネジ「実はこの前良い店を聞いたのだが、割引が男女のみでな」

ネジ「それで誘ってみたんだ」

サクラ「あ、何だ、そういうことですか」

サクラ「それならご一緒します」

ネジ「そうか、では行こう」サッ

サクラ「え?手を…」

ネジ「エスコートの基本だ」

サクラ「…はい」



255 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/21(日) 23:54:28 ID:0twC30IE

リー「そ、そんな…」

チョウジ「…元気だしなよ」ポンッ

リー「チョウジくん…」

チョウジ「昔アスマが言ってた、男は諦めるまでは失恋じゃないって」

チョウジ「まだチャンスはあるさ」

リー「う、ううううう、ありがとう、チョウジくん…」ブワッ

チョウジ「さ、焼肉でも食って次に備えようよ」

リー「…はい、そうします」グスグス

シノ(ふむ、やはり忘れられるか…)

サイ(君もか、ボクもなんだ)

シノ(同じ境遇の人間がいるとはな…)

いの「…」



256 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/22(月) 00:09:54 ID:69wvB7YQ

いの「ほら、あんたたちはあたしと行くわよ」

シノ「む、どういう風の吹き回しだ…」

いの「あんたたちにモテる秘訣ってやつを教えてあげるわよ」

いの「だからそんな隅っこでしょぼくれないの」

サイ「貴女は優しいんですね…」

いの「そ、そんなんじゃないわよ」

いの「言っとくけど、授業料として代金はそっち持ちだからね」

シノ「ふむ、そういうものか」

サイ「ボクは構わないよ」

いの「はい、そうと決まればさっさと行くわよ!」



257 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/22(月) 00:23:41 ID:69wvB7YQ

~雰囲気のいい店~

ヒナタ「あの、ナルトくん?」

ナルト「ん?どうした?」

ヒナタ「こんな高そうなお店、平気なの?」

ナルト「俺は火影だぞ?たまにはいいんだってばよ」

ヒナタ「それに、この服…」

ナルト「ああ、似合ってるってばよ」

ヒナタ(チャイナドレス…白に桃色の意匠付き)

ヒナタ「高かったんじゃない?」

ナルト「あー、今日は値段の話抜きで行くってばよ」

ナルト「な?ヒナタは楽しむことだけ考えてればいいんだ」

ヒナタ「で、でも…」

ナルト「…ほら、乾杯」

ヒナタ「あ、うん、乾杯」

チンッ



258 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/22(月) 00:39:50 ID:69wvB7YQ

~場所は変わってBAR~

ナルト「ふう、うまかったな、あそこの料理」

ヒナタ「最後にケーキが出てきたときは何かと思っちゃった…」

ナルト「結婚して二ヶ月か、早いな…」

ナルト「ま、このくらいの時期はお祝いしたっていいだろ?」

ナルト「毎年出来るわけじゃないし」

ヒナタ「…そうだね」

ヒナタ「でも、よく覚えてたね、一ヶ月の時は忘れていたのに…」

ナルト「なんでって、カレンダーに…」

ヒナタ「カレンダー?」

ナルト「…いや、なんでもないってばよ」

ヒナタ「そう?」



260 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/22(月) 02:57:32 ID:69wvB7YQ

ナルト「ほら、御猪口、こっちに寄越すってばよ」

ヒナタ「あ、ありがとう」スッ

ナルト「さ、一献」トクトク

ヒナタ「ナルトくん、それおじさんっぽいよ?」

ナルト「えー?綱手のばーちゃんに言われたのに…」

ナルト「あ、だからか…」

ヒナタ「ナルトくん、先代様のことを悪く言ったらダメだよ」

ヒナタ「あ、お返しに私も注いであげる」

ナルト「へへっ悪いな」

ヒナタ「ふふふ」



261 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/22(月) 03:16:31 ID:69wvB7YQ

ナルト「月が綺麗だってばよ…」

ヒナタ「何?告白?」

ナルト「…そういや、ヒナタが教えてくれたんだっけな」

ヒナタ「そうだよ?」

ヒナタ「でも本当、綺麗…」

ナルト「…怪我、大丈夫か?」

ヒナタ「うん、もう痕もないよ」

ナルト「ごめんな、守ってやれなくて」

ヒナタ「ううん、ちゃんと来てくれたでしょ?」

ヒナタ「それだけで十分だよ」

ナルト「ヒナタ」ギュッ

ヒナタ「…何?」ポン

ナルト「俺、お前と結婚して良かったってばよ」

ヒナタ「うん、私も」



262 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/22(月) 03:35:28 ID:69wvB7YQ

ナルト「俺、酔ってるな…」

ヒナタ「そうかもね」ポンポン

ナルト「…ヒナタ、温かいってばよ」

ヒナタ「私もあったかいよ」

ヒナタ「ナルトくん、ううん」

ヒナタ「ナルト…」

ヒナタ「これからも、ずっと仲良く、ずっと幸せになろうね」

ナルト「ヒナタ…」

ナルト「ああ、あたりまえだってばよ」

ナルト「俺は、ヒナタがそばにいてくれれば、それだけで幸せなんだから」

ヒナタ「うん、そうだね…」

ヒナタ「本当、貴方と出会えて良かった」

ナルト「ヒナタも酔ってるな?」

ヒナタ「ふふっ、そうかも」



263 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/22(月) 03:52:24 ID:69wvB7YQ

ナルト「そろそろ帰るか」

ヒナタ「うん」

ナルト「…手、繋ぐか」

ヒナタ「…うんっ」ギュッ

ナルト「なんか、付き合いだした頃に戻ったみたいだってばよ」

ヒナタ「嘘、恥ずかしがって手なんか繋いでくれなかった」

ナルト「…そうだったっけ?」

ヒナタ「うん、寂しかったんだから」

ナルト「わりいな」

ヒナタ「ううん、今はこうして繋げるから」

ヒナタ「手、大きいね」

ナルト「ヒナタの手は小さいな」



264 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/22(月) 04:31:30 ID:69wvB7YQ

~ナルトの家~

ヒナタ「ナルト、布団敷いたよ?」

ナルト「ああ、分かった」スッ

ヒナタ「…ナルト、今日はコレ、付けなくていいから…」

ナルト「…ヒナタ?」

ヒナタ「…私、ナルトの子供、欲しいから」ギュッ

ナルト「…そっか」

ナルト「分かったってばよ」

ヒナタ「…うん」

ヒナタ「行こう、ナルト…」

ヒナタ「たくさん、愛してね?」

ナルト「…まかせろってばよ」ガバッ

ヒナタ「あんっ、あんまり激しくしちゃ嫌だからね…」

夜は更けていく…



277 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 01:04:26 ID:Vd59rH2.

~数ヵ月後~

ナルト「ヒナター、おはよー」ふぁああ

ヒナタ「…」

ナルト「ヒナタ?」

ヒナタ「あ、ナルト、起きたんだ!?」

ヒナタ「今、朝ごはん用意するね?」バタバタ

ナルト(なんか、心なしか調子悪そうだってばよ)

クラマ(ま、あいつも人間だからな、疲れたりもするんだろ)

ナルト(そういうもんか…)

ナルト「ヒナタ、体調悪いなら寝てていいぞ?」

ヒナタ「え?だ、大丈夫だよ、ちょっとぼーっとしてただけだから…」

ナルト(こういう時は頑固だからな…)

ナルト「それならいいけど…」

ナルト「何かあったら、すぐに言うんだぞ?」

ヒナタ「うん、ありがとう、ナルト」



278 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 01:50:18 ID:Vd59rH2.

~病院~

サクラ「じゃあ、ここのカリキュラムはこっちに組み込んで…」

ネジ「いや、まてサクラ、そうすると実習の時間が減る」

ネジ「いっそ次年度に回して基礎の確立に重点を置くべきだ」

香燐「そんなこと言ったって、今必要なのは即戦力でしょう?」

香燐「少しくらい無理しないと回らないわよ」

ヒナタ「…おはようございます」パタン

サクラ「あら、ヒナタ…って、顔色悪いわね」

ヒナタ「ちょっと、貧血気味で…」

サクラ「そう?あんまり無理しちゃダメよ?」

ヒナタ「うん、ありがとう…」

香燐「…」



279 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 02:03:26 ID:Vd59rH2.

香燐(ネジ、ちょっといい?)

ネジ(む、なんでしょうか)

香燐(あの子、ちょっと様子がおかしいわ)

香燐(白眼で看てみて)

ネジ(なにか心当たりが?)

香燐(ええ、私にも覚えがあるからね)

ネジ(…分かりました)ギンッ

ネジ(…む、これは…!!)

香燐(どうやら、当たりみたいね…)



281 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 02:17:52 ID:Vd59rH2.

香燐「サクラ、今すぐヒナタをベッドに寝かせなさい」

香燐「それと、これ、持ってきて」サラサラサラ

サクラ「え?どうしたの?急に」

香燐「いいから、あ、ネジはナルトを呼んできて」

ネジ「了解した」

ヒナタ「あの、一体何が?」

香燐「心配しなさんな、さ、寝た寝た」トンッ

ヒナタ「きゃっ」ポフッ



282 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 02:37:07 ID:Vd59rH2.

ナルト「ヒナタ、何があったんだってばよ!?」

ヒナタ「あ、ナルト…」

香燐「病院で騒ぐんじゃないよ」

サクラ「香燐?とってきたけど、この材料って…」

香燐「ええ、そのとおりよ」

ナルト「…どういうことだってばよ?」

香燐「はいはい、二人とも喜びなさい」

香燐「おめでた、よ」



285 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 02:49:46 ID:Vd59rH2.

ヒナタ「…え?」

香燐「だから、赤ちゃん、出来たみたいよ?」

香燐「貴女と、ナルトの子供」フフッ

香燐「良かったわね…」ナデナデ

ヒナタ「え、あの、その…」

ヒナタ「本当、に?」

香燐「こんな時に嘘なんてつかないわよ」

ヒナタ「…」

ナルト「ヒナタ?」



286 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 03:10:23 ID:Vd59rH2.

ヒナタ「う、ううう…」ポロポロ

ナルト「ど、どうしたんだってばよ…」サスリサスリ

ヒナタ「わ、私、嬉しくて…」

ヒナタ「本当に、嬉しいのに…」

ヒナタ「涙が、止まらなくて…」ポロポロポロ

香燐(コラ、ナルト、夫のあんたがしっかりしなくてどうするの!)

ナルト(わ、わかってるってば!)

ナルト「ほ、ほら、とにかく落ち着くってばよ」ヨシヨシ

ヒナタ「う、うん、…ありがとう」グスッ

ナルト「俺たち、父ちゃんと母ちゃんになるんだからさ」

ヒナタ「…そうだよ、ね」ゴシゴシ

ヒナタ「ごめんなさい、取り乱し、ちゃって…」

香燐「そんなこと気にしないの」

香燐「はい、これで顔拭いて」つタオル



288 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 03:22:58 ID:Vd59rH2.

香燐「一応診察もするから、サクラ、お願い」

サクラ「はいはい、あ、大丈夫よお腹だけで」

ネジ「俺は外に出ている」

香燐「はいはい、終わったら呼んであげるわ」

ネジ「ではな」パタン

ナルト「…」

香燐「どうしたの?ナルト?」



289 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 03:33:06 ID:Vd59rH2.

ナルト「いや、さっきはああ言ったけど」

ナルト「俺ってばバカだからさ」

ナルト「実感湧かなくて…」コツン

ナルト「あでっ」

香燐「何言ってんの」

香燐「あんたがこれからヒナタを支えなきゃいけないんだから」

香燐「父親になるなら、もっと泰然と構えていなさい」

ナルト「…」

香燐「あんただって、嬉しいんだろ?」

ナルト「それはもちろん!」

香燐「なら、その気持ちを大切にしな」



290 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 03:47:31 ID:Vd59rH2.

サクラ「はい、もういいわよ」

サクラ「はあ、これで子持ちが増えるのかぁ」

サクラ「全く、この幸せ者め…」ワシャ

ヒナタ「や、やめてよぉ…」ニヘ

サクラ「くうっ、私だってまだまだ…」

ナルト「ヒナタ、起き上がれるか?」

ヒナタ「うん、大丈夫だよ」

サクラ「…」

香燐「ま、頑張りなよ」ポンッ

サクラ「うぅ、いろいろ複雑な気持ち…」



291 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 03:58:59 ID:Vd59rH2.

ナルト「ヒナタはこのまま帰すってばよ」

香燐「分かってる」

香燐「アンタも、今日くらいは一緒にいてやりな」

サクラ「はい、これ一応渡しておくわ」

サクラ「これからつわりとか貧血がひどいようなら飲んで」

サクラ「一回飲んだら、次まで6時間はあけるのよ」

ヒナタ「うん、分かりました」

サクラ「お大事に、あと、おめでとう」

ヒナタ「…うん、ありがとう」

香燐「ほら、さっさと帰りな、仕事の邪魔だよ!」

ナルト「ああ、それじゃ」

ナルト「行こう、ヒナタ」ソッ

ヒナタ「うん、ナルト…」



292 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 04:21:45 ID:Vd59rH2.

~ナルトの家~

ナルト「ヒナタ、調子はどうだ?」

ヒナタ「もうっ、心配しすぎだよ」

ナルト「いや、でも…」

ヒナタ「全然平気だから、そんなに心配しなくても」

ナルト「お、おう」

ヒナタ「はい、深呼吸して?」

ナルト「すーはーすーはー」

ナルト「ふぅ、少しだけ落ち着いたってばよ」

ヒナタ「それなら良かった」フフフ



293 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 04:30:50 ID:Vd59rH2.

ヒナタ「この子、名前を考えないとね」ナデ

ナルト「まだ性別はわからないんだろ?」

ヒナタ「だから、どっちだった時も考えるの」

ヒナタ「一緒に、いい名前をつけてあげようね」

ナルト「…へへっ、そうだな」

ヒナタ「私たち、お父さんとお母さんになるんだね」

ナルト「うっ、もっとしっかりしなきゃな…」

ヒナタ「…お父さん?」

ナルト「うぇっ?」

ヒナタ「ふふっ、何?その反応?」

ナルト「だ、だって急にそんな呼び方するから…」



294 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/23(火) 04:47:22 ID:Vd59rH2.

ヒナタ「家族、になるんだね」

ナルト「今までだって、家族だぞ?」

ヒナタ「うん、そうだけど」

ヒナタ「本当に、私たちが一緒になるってこと」

ヒナタ「きっとこれからもっと楽しかったり」

ヒナタ「もっと辛くなったりするかもしれないけど」ギュッ

ヒナタ「…皆で助け合っていこうね」フフッ

ナルト「…ああ、任せるってばよ!!」

ヒナタ「ナルト、私、本当に幸せ…」

ナルト「ははっ、俺だってヒナタに負けないくらい、幸せだってばよ!!」ギュッ

ヒナタ(これは、きっと、始まりでしかないのだと思う)

ヒナタ(私たちが、夫婦でいるということ、家族でいるということの)

ヒナタ(でも、どんなことも、二人でなら、みんなと一緒なら乗り越えられる)

ヒナタ(そうだよね?ナルト…)

おしまい



315 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 00:53:53 ID:e93Rd2WM

~ネジとサクラ~

サクラ「ふう、美味しかった…」

ネジ「ああ、予想以上だったな」

サクラ「どうやって見つけたんですか?」

ネジ「見つけたというか、聞いたんだ」

サクラ「誰に?」

ネジ「テンテンだ、店主と知り合いらしい」

サクラ「どういう知り合いなんだろう…」

ネジ「さあ、交友関係は広すぎて把握しきれんな」

サクラ「あはは、確かに…」



316 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 01:26:07 ID:e93Rd2WM

サクラ「それで?今はどこに向かっているんですか?」

ネジ「別段楽しい場所ではないが…」

サクラ「あ、ここは…」

ネジ「里の景色が綺麗なところでな…」

ネジ「サクラ、お前結構飲んでいただろう、チャクラの流れに若干の乱れがある」

サクラ「うへぇ、ちゃんと操作してるのに、そこまで分かるんですか?」

ネジ「日向は木の葉にて最強、だからな」フッ

サクラ「なんですか?それ」クスクス



317 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 01:46:11 ID:e93Rd2WM

ネジ「なあサクラ、すこし話があるんだ…」

サクラ(手すりにもたれて背中しか見えないけど)

サクラ(な、なんかちょっとドキドキ気分!?)ドキドキ

サクラ(ど、どうしよ、そんな素振り今までなかったし、こ、心の準備が…)



318 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 02:04:18 ID:e93Rd2WM

ネジ「サクラは医療忍者の育成に力を入れたいと主張していたよな?」

サクラ「へ?あ、はい」

ネジ「その話、日向の力が使えないかと思ってな…」クルリ

サクラ(なんだ、告白じゃなかったのか…)

サクラ(あれ?なんか結構落ち込んでる?私…)

ネジ「どうだろうか」

サクラ「え?あ、ごめんなさい」

サクラ「どういうことですか?」



319 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 02:23:23 ID:e93Rd2WM

ネジ「白眼だ」

ネジ「もう、この瞳力を戦うため以外に使い道を考えてもいいと思ってな」

ネジ「ヒナタ様が医療忍術の研究に携わっていると聞いて思いついたんだ」

サクラ「…たしかに、白眼の能力は使い方によっては医療に応用できますね…」

ネジ「大戦では、主に広域走査がメインだったからな…」

ネジ「日向のものが医療に力を使えるようになれば、一族としても喜ばしいことだ」

ネジ「それで、良かったら、そのための研究を手伝わせて欲しい」



320 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 08:37:21 ID:e93Rd2WM

サクラ「それは、頼めるならこちらも助かりますけど…」

ネジ「そうか、ならいいんだ」

サクラ「それが言いたかったんですか?」

ネジ「ま、本来はな」

サクラ「本来?」

ネジ「…」

ネジ「ああ、もう少し考えてから言うことに決めた、たった今」ヨイショ

サクラ「どういうこと?」

ネジ「何でもない」

ネジ「さ、夜は冷える、早く帰ろう」

ネジ「送っていく」スタスタ

サクラ「ちょ、ちょっと、送るならゆっくり…」



321 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 08:41:20 ID:e93Rd2WM

~テンテンとキバ~

テンテン「さー、キバ!次はあの店らぁ!!」

テンテン「今日は倒れるまで呑む!!」

キバ「だあぁぁぁ、ちょっと待てって」

キバ「ストップストップ、これ以上はマジで身体に悪いから」

テンテン「んなこと、知るかー!!」ワハハ

キバ「ああもう!」



322 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 08:45:23 ID:e93Rd2WM

~一時間後~

テンテン「…」

テンテン「あれ、ここは…」

キバ「お、目ぇ覚めたか」

テンテン「あれ?キバ?」

キバ「大変だったんだぜ?酔い潰れたお前をここまで運ぶのは」

テンテン「ここ、どこ?」

キバ「うちの近くの公園、ほら、水あるから飲めよ」ポイッ

テンテン「あ、ありがとう」

キバ「ま、もう少し落ち着くまでそこで寝とけよ」



323 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 08:49:01 ID:e93Rd2WM

テンテン「あの、キバ?なんかゴメンね」

キバ「別にいいって、豪快な飲みっぷりも見られたしな」キシシ

テンテン「…なんか褒められてない気がする」

キバ「まあ褒めちゃいないな」

キバ「もう少しくらいおしとやかー、な感じがあってもいいとは思うね」

テンテン「何よー、もう」

キバ「ははは、あれじゃうちの母ちゃんと変わらねーぜ」

キバ「おっかねぇおっかねぇ」

テンテン「…」



324 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 08:52:20 ID:e93Rd2WM

テンテン「キバ、ちょっとこっちに来なさい」ポンポン

キバ「ん?どうかしたのか?」

テンテン「んー、えいっ」ギュッ

キバ「おいおい、まだ酔ってんのか?」

テンテン「あたしだって、ヒナタ程じゃないけど、大きくなったんだから」

テンテン「どうだ、おっぱい当たるでしょ?」

キバ「いや、わかんねぇよ」

テンテン「くっ、やはりコート越しでは戦力が半減か…」

キバ「なーんか、楽しそうだな、お前」



325 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 08:55:19 ID:e93Rd2WM

テンテン「むー、なんでそんな余裕な訳?」

テンテン「うら若き乙女と、深夜の公園で二人きり」

テンテン「本当はもっとドキドキするところじゃないの?」

キバ「…ま、考えない訳でもねぇが」

キバ「いーんだよ、俺は気取らねェ奴の方が好きだからな」

テンテン「わけわかんない」

キバ「へへっ、俺もよくわかんねぇ」



326 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 08:58:06 ID:e93Rd2WM

テンテン「キバは、好きな人とかいるの?」

キバ「うんにゃ、今んとこはいねぇな」

テンテン「何で?」

キバ「何でって、理由なんてねぇよ」

テンテン「ふーん」

テンテン「じゃ、あたしでもドキドキしたりする?」

キバ「うーん、今んとこは大丈夫そうだな」

テンテン「大丈夫って何よ!」

キバ「ははは」

テンテン「うー、こうなったら…えいっ」



327 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 09:00:56 ID:e93Rd2WM

キバ「こら、ベンチの上で暴れんなよ」

テンテン「うるさーい、うりゃ」トサッ

テンテン「へへへ、マウントはいただいたー」

キバ「…分かったから、はやく降りろよ」

テンテン「…」

テンテン「ねぇ、これでもドキドキ、しない?」ズイッ

キバ「お、おいおい、それ以上は洒落になんねぇって…」



328 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 09:03:14 ID:e93Rd2WM

テンテン「ほら、あとちょっとでキス、出来ちゃうよ?」

キバ「お、お前、酔った勢いで何しようとしてんだよ…」

テンテン「ねぇ、キス、したい?」ペロ

キバ「は?な、なーに言ってんだか…」



329 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 09:11:02 ID:e93Rd2WM

テンテン「あたし、いいよ、キバとなら…」

テンテン「ほら、目、閉じて?」スッ

キバ(うっ、何だこのシチュエーションは…)

キバ(夢でも見てんのか?俺)

キバ(テンテンの顔が、こんな近くに)ドキドキ

キバ(ど、どうする?こいつは酔ってこんなことしてるんだろうし)

キバ(止めてやんのが優しさだろうけど…)

キバ(正直してぇ!してぇよ!!)

キバ(ど、どどどどうする?は、早く決めねぇと…)



330 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 09:17:33 ID:e93Rd2WM

テンテン「…なんちゃって」

キバ「へっ?」

テンテン「本気にした?顔、真っ赤だよ?」

キバ「ば、ばばば馬鹿だな、そ、そそそそんな訳ねぇだろ!」

テンテン「ふーん、そうなの?」

キバ「あ、ああ」

キバ「…それに、こんな感じでしても、お互い気まずくなるだけだろうしな…」

テンテン「キバ…」

キバ「よし、からかい終わったなら早くど…んむっ」

テンテン「んっ」チュッ

キバ(は?何が起きた?)



331 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 09:21:04 ID:e93Rd2WM

テンテン「っはぁ、そんなに見ないでよ、恥ずかしいから…」

キバ「いや、訳がわからね…」

テンテン「いいの、したいからするっ!!」チュッ

キバ「んんんん!!」

テンテン「これ、やりにくい…」ガシッ

キバ(ぶっ!頭ホールドされた!?)

テンテン「ねぇ、もっとしよう?」

テンテン「これ、気持ちーね、頭溶けそ」トロン

テンテン「あむっ」チュッ

キバ(あ、もう無理、考えてる余裕ないわ…)



332 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 09:25:00 ID:e93Rd2WM

キバ「…」

テンテン「何ぼんやりしてんの?」

キバ「いや、いろいろ頭が追いつかなくてよ…」

テンテン「そんなに気にすること?」

テンテン「お互いもう大人なんだから、別に気にしなくても」

キバ「お、俺は初めてだったんだよ!!わりーか!!」

テンテン「え?そ、そうなの?」

キバ「くっ、こんな情けねぇこと、そうそう言えねぇよ…」

テンテン「…そっか」スクッ

キバ「?テンテン?」



333 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 09:29:17 ID:e93Rd2WM

キバ「何だよ、バカにする気か?」

テンテン「んーん、だって、あたしも初めてだったから」

キバ「…嘘だろ?」

テンテン「こんなことで、ウソ、つかないよ」

キバ「いや、だって…」

テンテン「しょうがないじゃん、なんかキュンときちゃったんだから」

テンテン「理屈じゃないもん」

キバ「それで、あんなことしたのか?」

テンテン「そうだよ」



334 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 09:33:04 ID:e93Rd2WM

キバ「いや、それはお前イノシシ過ぎんだろ…」

テンテン「あー、酷い!!女の子にイノシシとか!」

キバ「だ、だってよぉ」

テンテン「キバは気持ち良くなかった?嫌だった?」

キバ「そ、そんな嫌とかは…」

テンテン「うー、じゃあ今だけあたしたち恋人!」

キバ「今度は何なんだよ…」

テンテン「あたしがキバの彼女で、キバがあたしの彼氏」

テンテン「さ、これでいいでしょ?感想を聞かせなさい!」

キバ「めちゃくちゃだな、オイ」



335 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 09:36:07 ID:e93Rd2WM

テンテン「はーやーくー」

キバ「…」

キバ「そりゃお前、嫌だったらもっと前に止めてるし」

キバ「よくわかんねぇけど、幸せな感じ、したよ」

キバ「こ、これでいいだろ?」クルッ

テンテン「…あっ」////

キバ「お前、顔すっげー赤いぞ…」

テンテン「こ、これは酔ってるから!酔ってるからー!!」



336 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 09:39:51 ID:e93Rd2WM

テンテン「はぁ、何してんのかなーあたし」

キバ「今更後悔か?」

テンテン「後悔なんてしないよ、それじゃあ、キバに失礼だもん」

テンテン「それに、あたしだって、その、嬉しかったし」

キバ「な、何言ってんだよ」

テンテン「初めてがあんたで良かったって言ってんの!察しろ馬鹿!!」

キバ「り、理不尽だ…」

テンテン「…ね、キバ、今はまだ、あたし達恋人、だよね?」

キバ「ああ、さっきのあれか」

キバ「ま、そうなんじゃね?」



337 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 09:42:52 ID:e93Rd2WM

テンテン「そっか、それなら」ギュッ

テンテン「もう少し、気分くらいは味わってもいいでしょ?」

キバ「ああ、好きにすればいいさ」

テンテン「…ね、もう一回したい?」

キバ「うーん、俺に聞かないでくれよ」

テンテン「ん?何で?」

キバ「いま、イロイロいっぱいいっぱいだから」

テンテン「そっか…」



338 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 09:46:30 ID:e93Rd2WM

テンテン「でも、あたしからはキスしたけど」

テンテン「してもらったことはないから」

テンテン「さっきのお詫びに、その初めて、あげてもいいよ?」

キバ「は?何言って…」

テンテン「こ、こっち今は見ちゃダメ!」

キバ「お、おおう」

テンテン「…それで?どう?」

キバ「…本気か?」

テンテン「あたしはいつでも本気、だよ」

キバ「そうだな」



339 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 09:49:38 ID:e93Rd2WM

キバ「じゃあ」チュッ

テンテン「え?そこはほっぺ…」

キバ「俺からのは、また今度にとっとくわ」ヘヘ

テンテン「で、でも、恋人なのは今だけ…」

キバ「ま、さっきのでオレの気持ちも決まったって事だ」

キバ「さ、帰ろうぜ」

テンテン「え?ねぇ、気持ちって何よー!?」

キバ「まだ秘密だー!」



340 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 09:53:38 ID:e93Rd2WM

テンテン「…はぁ、もう訳わかんない」

キバ「ははは」

テンテン「…でも、これだけは言っとくね」

キバ「ん?何だよ?」

テンテン「…キスの時、ちゃんとあたしはキバの事だけ考えてたからね!」////

キバ「な、ちょっ、バカ、何大声で言ってんだ!」

テンテン「それじゃ、お休み!」パタン

キバ「…」

キバ「ったく、敵わねぇなぁ、オイ」

キバ「…もう少し、ちゃんと整理つけてから、な」



346 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/27(土) 01:31:43 ID:k7a0u3CM

~火の国の温泉街、とある旅館の露天風呂~

カカシ「…」

ガイ「…」

ガイ「カカシ、風呂でくらいその厚っ苦しい布はとったらどうだ?」

カカシ「いや、これなくなったら、誰も俺のことを認識できなくなるよ?」

ガイ「何をそんな卑屈な…」

カカシ「だって、お前も見たろ?」

カカシ「子供達はもう大人に…」

カカシ「里も皆で守っているし」

カカシ「何より、誰ひとりとして俺たちの話をしていないんだぞ!?」ザバッ

ガイ「ええい、鬱陶しいやつめ」



348 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/27(土) 02:31:21 ID:k7a0u3CM

ガイ「あいつらのおかげで、俺たちはこんなひなびた宿でゆっくり温泉に浸かっていられるんだ」

ガイ「感謝こそすれ、僻むなんて漢じゃないだろう」

カカシ「…出番を…出番をくれ…」

ガイ「はあ、目立ちたがりはこれだから…」

カカシ「お前にだけは言われたくないな!」

ガイ「なんだ?文句があるのか?」

カカシ「ああ、あるとも」

カカシ「そうだ、この鬱憤もまとめてお前にぶつけてやる!!」

ガイ「望むところだ、今日こそ、長年の因縁に決着をつけてくれるわ!!」

エビス(…私もほかの奴らと一緒に他里に行けばよかった…)


~出番のなかった大人たち、男編終わり~



349 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/27(土) 02:35:51 ID:k7a0u3CM

~女湯~

綱手「…まったく、何をギャーギャー騒いでいるんだ、あいつらは」グイッ

綱手「っはぁっ、うまい!」

綱手「さすがはサクラ、私好みのいいものを見つけてくる」

シズネ「アルコールも制御しますもんね、まさに綱手様二号ですね」

綱手「なんだ?嫉妬しているのか?」

シズネ「いいえ、あ、私も少しいただきます」クイッ

綱手「こら、勝手に…」

シズネ「こ、これは…」

シズネ「なんという美味しさ…露天の風情が際立ちますね…」

綱手「全く…」



350 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/27(土) 02:40:50 ID:k7a0u3CM

綱手「紅、お前もどうだ?」

紅「いえ、わたしは…」

シズネ「あの、遠慮しなくても大丈夫ですよ?」

シズネ「この人はもう火影じゃないんですから」

綱手「…ふんっ」ガチコーン

シズネ「ぎゃああああああ、頭がああああああ」

綱手「まあ、不本意だがシズネの言うとおりだ」

綱手「せっかくの場だ、少しくらい親交を深めてもバチは当たらないだろう?」

紅「…しかし」

シズネ「ああ、もう面倒くさい」ガシッ

紅「え?な、何を…」

綱手「ふむ、良い働きだシズネ」

綱手「さ、一献」

紅「むぅぅ…」ゴクリ



351 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/27(土) 03:10:29 ID:k7a0u3CM

紅「…」

綱手「どうだ?美味いだろう?」

紅「…はい、…」

シズネ(ん、何か嫌な予感…)

紅「…」ユラァ

綱手「どうした?紅」

紅「…綱手様、あなたはいつもお綺麗ですよね…」ウットリ

綱手「…は?」

紅「それに、この胸…」ボヨン

綱手「な、何をする!シズネ、何とかしろ!」



352 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/27(土) 03:10:54 ID:k7a0u3CM

シズネ「あ、あー、私、ちょっと野暮用を思い立ちましたー」(棒読み)

綱手「わ、私を見捨てるつもりか!?」

シズネ「だ、大丈夫ですよ」

シズネ「精々紅さんに女の味を教えられるくらいですって…」のワの

綱手「だから、それが嫌なんだ!!」

シズネ「ごゆっくりー」ガラガラピシャッ

綱手「シズネぇぇぇ、覚えていろ!!」

紅「はぁ、怒ったお顔もス、テ、キ…」

綱手「うわあああ、やめろ紅!!」

紅「大丈夫です」

紅「すぐにどうでも良くなりますから…」ニタァ


ぎゃああああああああ

~女湯編終わり~



358 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 01:13:42 ID:jIjd2Ok6

~男湯~

ナルト「ふう、いい湯だってばよ」

サスケ「…そうだな」

キバ「こんなにギュウギュウ詰めじゃなければな」

シノ「…熱い」

リー「これが青春!うおおおおお燃えてき…」

ネジ「騒ぐなリー」

リー「あ、はい」

サイ「ボクは楽しいけどね」



359 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 01:35:03 ID:jIjd2Ok6

ナルト「あ、そういえば、ネジ」

ネジ「なんですか?火影様」

ナルト「…」

ナルト(今だけ、俺に対して敬語を使ったら)ヒソヒソ

ナルト(この前飲み屋でネジが愚痴ってたことをヒナタにばらすってばよ…)ヒソヒソ

ネジ「…っ!?」

ネジ「そ、それは…」

ナルト「よし、やり直しだってばよ」

ナルト「おーい、ネジ?」

ネジ「な、なんだ、ナルト?」

ナルト「へっ、それでいいってばよ」

サスケ(あいつもだいぶナルトに染まったな…)

キバ(楽しそうだし、いいんじゃね?)



360 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 01:49:41 ID:jIjd2Ok6

ネジ「それで?一体何だ?」

ナルト「さすが、順応早いってばよ」

ナルト「いや、あの木の葉襲撃の日、サクラちゃんと飯食ったって聞いてさ」

ナルト「何か面白いことなかったのか?」

ネジ「面白いこと?なんだそれは」

ナルト「いや、堅物のネジが誘ったんだろ?」

ナルト「気になるってばよ」



361 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 02:01:14 ID:jIjd2Ok6

ネジ「別に、何もないさ」

ネジ「普通に食事をしただけだ」

ナルト「えー、本当に?」

ネジ「ああ、嘘はつかん」

ナルト「…んじゃあさ、キバは?」

キバ「へ?」

ナルト「キバもテンテンと一緒だったんだろ?」

ナルト「何かなかったのか?」

キバ「ば、ばっか、お前、何もねえよ!」

ナルト「…」

ネジ「…」

サスケ「…」

キバ「な、何だよ?」



362 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 02:19:00 ID:jIjd2Ok6

サスケ「…お前、本当に忍者か?」

キバ「は?突然馬鹿にするなよ」

ネジ「…しかし、この様子ではな…」

ナルト「キバ、お前顔真っ赤だってばよ…」

キバ「へ?」パシッ

ナルト「ここまで分かりやすいと、逆に不信に思っちまうな」

ネジ「確かに…」

ナルト「ま、それはそれとして…」

ナルト「何があったか、教えてくれるよな?」

キバ「いや、何もねえ、何もされてねえ!」ダッ

ナルト「あ、逃げるなってばよ!」



363 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 02:19:50 ID:jIjd2Ok6

シノ「…」

チョウジ「ふう、サウナは最高だね」

シカマル「危うくチャーシューとメンマだぜ?」

チョウジ「ははは、うまいこと言うね、シカマル」

シカマル「うや、大してうまくねえよ…」



364 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 02:35:14 ID:jIjd2Ok6

チョウジ「ははっ、シカマルはヘロヘロだね」

シカマル「ああ、コイツもそうみたいだがな」

シノ「…」

チョウジ「外まで運んであげようか…」

シカマル「このまま置いていったら危ないからな…」

リー「はいっ!!ボクも手伝います!!」

サイ「いやあ、皆で銭湯というのは楽しいね」

サスケ「…騒がしいだけだ」

ナルト「待つってばよ!キバー!」

キバ「追いかけてくんじゃねー!!」



365 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 09:40:40 ID:ovqKOdZQ

~女湯~

ヒナタ「ふう、いいお湯…」

香燐「本当ね…」

サクラ「…」

香燐「どうしたの?サクラ」

サクラ「え?いや、何でも…」

香燐「ん?…ああ、これか」ぷにっ

ヒナタ「ひゃうっ!?な、何で急に」

香燐「確かに、この子のプロポーション、一言で言ってすごいわよね…」

ヒナタ「や、やめて下さい」

香燐「ウチも少しは大きくなったんだけどなぁ」ふよっ

テンテン「あ、あの、やっぱり男の子は大きい方がいいのかな?」

ヒナタ「え?わ、分からないよ」



366 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 09:42:28 ID:ovqKOdZQ

テンテン「そう?ナルトはなんて言ってるの?」

ヒナタ「え?い、言えないよぅ…」

サクラ(あいつ、言えないような事言ってるのね、ヒナタのおっぱいに…)

テンテン「…」

香燐「…何かあったの?」

テンテン「え?いや、別に…」

サクラ「確かに、いつもより大人しいかも」

テンテン「いや、その…」



367 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 09:45:55 ID:ovqKOdZQ

香燐「それは、ズバリ恋ね!」

テンテン「え、ええ!?やっぱりそうなのかな…?」

香燐「あー、本当にそっち方面の悩みかぁ」

テンテン「はっ!?」

香燐「何々?話しちゃいなさいよ」

テンテン「べ、別に特別な事はないんだけど」

ヒナタ「悩みがあるなら、聞くよ?」

テンテン「うー」

サクラ「いいんじゃない?言いふらしたりしないわよ?」



368 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 09:49:54 ID:ovqKOdZQ

テンテン「じゃ、じゃあ例えば、の話だけど」

香燐「うんうん、言うてみ?」

テンテン「それまで、別に何とも思ってなくて」

テンテン「でも、何だか見ているうちにきゅんって来て」

テンテン「で、勢いでちゅーしたらその感触が頭から離れなかったら…」

サクラ「え?何?キスしたの?」

テンテン「だ、だから例えばの話だってば!」アセアセ

ヒナタ「結構大胆なんだね…」////

テンテン「だーかーらー!」

香燐「…うん、それは恋、かもね」

テンテン「ふぇっ?」



369 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 09:54:52 ID:ovqKOdZQ

香燐「何?だって相談事なんでしょ?」

テンテン「あ、からかわれると思って…」

香燐「もう二人がしたでしょ?それならウチの役目は解決に向けたアドバイス」

香燐「さっきの話なら、まだ恋かどうか判断出来ない」

テンテン「そ、そうなの?」

香燐「そうよ?」

香燐「そりゃあ恋は唐突なものだけど、女の子は雰囲気に弱いんだから」

香燐「まだ流されただけってこともあり得るわよ」

テンテン「で、でも、いっぱい、その、しちゃったよ?」

香燐「キスの一つや二つじゃ変わらないのよ」

香燐「大事なのは、それをした時の気持ち」

テンテン「…」

香燐「思い出せる?」

テンテン「…うん、何か幸せな感じがした」



370 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 09:58:45 ID:ovqKOdZQ

香燐「そう、なら、そいつともっと色んなことをしなさい」

テンテン「い、色んな!?」

香燐「あー、そういうイヤラシイ系統じゃなくてね」

香燐「手を繋いだり、デートに誘ってみたり、料理を食べさせてあげるでもいい」

香燐「自分の気持ちを確かめる行動をしてみなさいってこと」

香燐「あんたの今ある気持ちは、一体どう言うものなのか、まずは知ることよ」

テンテン「気持ちを、知る?」



371 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 10:05:03 ID:ovqKOdZQ

香燐「あんたは今、恋愛の一番おいしい所にいるわけよ」

香燐「相手のことだけ考えて、悩んだり、喜んだり」

香燐「そういう時期は、楽しむのがいいのよ、余計なことを気にせずにね」

香燐「ウチやヒナタは、まあ片想いの時期長いし」

香燐「ハラハラもそりゃあしたけど、こうしてちゃんと今の関係を手に入れたの」

香燐「こんなもの、言ってみれば運とタイミングなんだから」

香燐「平和になってからで良かったわねテンテン」

テンテン「…不安じゃなかった?」



372 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 10:08:58 ID:ovqKOdZQ

香燐「不安に決まってるでしょ?」

香燐「ウチなんか、一度殺されかかってるんだから」

サクラ「ああ、そういえばそんな事も…」

香燐「いや、サクラは覚えておきなさいよ」

サクラ「ゴメンね、なんか遠い昔だし…」

香燐「そこまで遠くないわよ、全く」

香燐「とにかく、その不安も大切なの」

香燐「みんな通る道ってやつ」

テン「ヒナタもあった?」

ヒナタ「うん、もちろん」

テンテン「そうなんだ…」



373 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 10:12:53 ID:ovqKOdZQ

香燐「ま、あんたには相談出来るやつもいるんだから」

香燐「溜め込まないでさ、これからいろんな事を考えればいいのよ」

テンテン「…うん、そうしてみる」

サクラ「さすがに、カウンセラーってところね…」

香燐「あったりまえでしょ?伊達に三年も妻やってないわ」

香燐「結婚だって、楽しいだけじゃないのよ、ね?ヒナタ」

ヒナタ「え?わ、私は楽しいけど…」

香燐「そのうち分かるわよ、たぶんね」

ヒナタ「そういうもの、なのかな?」



374 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 10:17:52 ID:h975PQiU

香燐「そ、れ、よ、りぃ」ガシッ

テンテン「え?」

香燐「相手の男は誰?」

香燐「ウチのテンテンをかどわかした幸せ者は一体誰?」キラキラ

テンテン「い、いや、それは…」

ヒナタ「でも、日にちから考えたら…」

ヒナタ「うーん、あ、キバくん?」

テンテン「ち、違う違う!!」////

香燐「…あんた、本当に忍者?」

サクラ「…テンテンは嘘付けないわね…」

テンテン「う、ううう…」

ヒナタ「そっかぁ、キバくん…」

サクラ(っていうか、のほほんと聞いていたけど)

サクラ(このままだと私、売れ残る?)

サクラ(…考えないようにしよう)



375 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 10:27:09 ID:orDWeeG.

香燐「ま、でもキバか」

香燐「いいんじゃない?ちょっと意外だけど」

テンテン「意外?」

香燐「いや、テンテンってネジみたいなのが好みだと思ってたから」

テンテン「ネジ?無理だよ、あたしなんか相手にしないって」

香燐「そう?ま、キバならいいんじゃない?真面目そうだし、そう言う事に」

テンテン「…なんか、ちょっと可愛いところがあってね」////

ヒナタ「ふふっ、キバくんもきっとテンテンのこと気にしてると思うな」

テンテン「そ、そうかな?」

ヒナタ「うん、ずっと同じ班だったもん、分かるよ」

ヒナタ「今度、色んな話してあげるね」

テンテン「うん!聞きたい」



376 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 10:29:28 ID:orDWeeG.

香燐「話しちゃえばスッキリしたもんね」

テマリ「あー、暑い…」

いの「あ、あんたが、意地張るからでしょうが…」

サクラ「テマリさんに、いの」

サクラ「まさか、まだサウナにいたの!?」

テマリ「だって、こいつが…」

いの「なに?絡んで来たのはあんたでしょ?」

テマリ「ああん?まだやりたりないのかい?」

いの「上等よ、どっちが上なのか、思い知らせてあげるわ」

香燐「はいはいストップ、いい加減にしないと二人とも倒れるわよ」



377 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 10:37:01 ID:orDWeeG.

サクラ「で?原因は何?」

いの「…」

テマリ「知らないよ」

サクラ「いの?」

いの「…こいつ、シカマルとのデートすっぽかしたのよ」

テマリ「仕方ないだろ?仕事があったんだから」

いの「でも、それならちゃんと言っていきなさいよ!」

テマリ「しょうがないだろ?急に入ったんだから」

いの「シカマルはずっと待ってたのよ!?何時間も!」

サクラ「なるほどね」

ヒナタ(これって、どうすれば収まるのかな?)

テンテン(さ、さあ…?)

香燐「話は分かったけど…」



378 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 10:42:10 ID:orDWeeG.

香燐「いのはテマリにどうして欲しいの?」

いの「簡単よ、シカマルに謝って!」

テマリ「あいつはそんな事気にしないよ」

いの「気にしてるわよ!表に出さないだけ!」

テマリ「はぁ、わかんない奴だな」

テマリ「お前はあいつの何だ?彼女か?」

いの「幼馴染よ!それに、大事なチームメイト!」

テマリ「仮に何だったとしても、あたしとあいつの問題だ」

テマリ「あんたに口出しされたくはないね」

テマリ「…あたしはもう出るよ、砂に帰らなきゃならないからね」

いの「あ、ちょっと!」

テマリ「じゃあね」ガラガラ



379 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 10:45:51 ID:orDWeeG.

サクラ「いの、少し落ち着いた?」

いの「…ええ、取り乱して悪かったわ」

香燐「気にしないで、言いたいことは分かったし」

香燐「ただ、多分心配しなくても大丈夫じゃない?」

ヒナタ「うん、そうだね」

いの「…どういうこと?」

ヒナタ「テマリさん、嘘ついてたから」

いの「嘘?」

ヒナタ「日向の人間の前じゃ、嘘はつけないからね」

香燐「ウチは何となくだけど」

いの「嘘って何?」



380 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 10:50:07 ID:orDWeeG.

ヒナタ「テマリさん、本当はかなり気にしてるよ、すっぽかしちゃったこと」

いの「え?」

ヒナタ「その話をしている時、チャクラの流れが少し乱れたもん」

テンテン「白眼無しでも見えるの?」

ヒナタ「見えるわけじゃないけど、放出している感じが少し変わるの」

ヒナタ「ネジ兄さんなら、もっと正確にわかるかもしれないけど」

いの「じゃあ、なんで素直に言わないのよ…」

香燐「あんたが怒ってるのが分かったから、でしょ」

香燐「あんたの気持ちが分かったから、言えなかったのよ」

いの「そんな…」



381 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 10:56:48 ID:orDWeeG.

ヒナタ「今度木の葉に来た時、ゆっくり話してみれば?」

香燐「そうそう、任せて大丈夫なのか、この際ハッキリ決めちゃえばいいじゃない」

いの「…」

サクラ「そろそろ出る?結構長湯しちゃってるし」

テンテン「うん、みんなで甘味処行こうよ」

いの「…そうよね、今度は逃がさないんだから」

サクラ「いのはそうでなくっちゃね」

いの「当然よ、きっちり見極めてやるわ」

ヒナタ「それじゃ、行きましょうか」

香燐「そうね、さて、男共はどうしてるのかな…?」

~女湯編終わり~



382 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 11:00:41 ID:orDWeeG.

~番外の番外~

テマリ「…シカマル」

シカマル「おう、やっと出て来たか」

シカマル「今日、戻るんだろ?見送りくらいしようと思ってな」

テマリ「…そうかい」

~木の葉の里近郊~

テマリ「ここら辺でいいよ」

シカマル「そうか?それじゃ、またな」

テマリ「ま、待って…」ギュッ

シカマル「ん?どうした?」

テマリ「そ、その」

テマリ「昨日は、デート出来なくて、ゴメン」

シカマル「仕方ねぇよ、仕事ならさ」

シカマル「オレがお前の立場でも、同じようにしたさ」



383 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 11:05:08 ID:orDWeeG.

テマリ「今度は、ちゃんと約束、守るから」

シカマル「ああ、期待してるぜ」ポンポン

テマリ「…ぎゅってして?」

シカマル「…はいはい」ギュッ

テマリ「ちゃんと、好きだからな?」

シカマル「分かってるよ、俺も好きだからな」

テマリ「…これ、渡しとく」

シカマル「ん?これは?」

テマリ「ペアリング、砂の彫金師に作ってもらった」

テマリ「これで、ずっと一緒だから」

シカマル「…つけてもいいか?」

テマリ「あたしがつけてやる」

テマリ「シカマルはあたしにつけろ」



384 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 11:08:59 ID:orDWeeG.

シカマル「ははっなんか小っ恥ずかしいな」

テマリ「…えへへ」ナデ

シカマル「今度こっちにくる時は、連絡してくれよ」

シカマル「予定開けとくからさ」

テマリ「うん、分かってる」

シカマル「あと、うちの親にも会ってやってくれ」

シカマル「そろそろ、紹介してやらないと…」

テマリ「え?それって…」

シカマル「俺たちも付き合って長いし、な?」

テマリ「…嬉しい」

シカマル「さ、もうそろそろ行かないと、だろ?」



385 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/29(月) 11:12:35 ID:orDWeeG.

テマリ「…シカマル、いつもの忘れてる」

シカマル「あー、そうだな」ポリポリ

テマリ「んっ」チュッ

シカマル「行ってらっしゃい」

テマリ「うん、また来るから」

シカマル「楽しみにしてるよ」

テマリ「…」シュッ


カンクロウ「…」

カンクロウ(帰ってくるのが遅いから様子を見に来てみれば…)

カンクロウ(ったく、見なきゃ良かったぜ…)

今度こそおしまい



転載元
ナルト「そろそろヒナタと結婚して二ヶ月だってばよ」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1349697159/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月06日 12:35
      • ネジの登場で草はえる
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月06日 12:46
      • 懐かしいな


        今ナルトどうなってんだろ
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月06日 13:02
      • ヒナタのヒロイン力の高さは異常
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月06日 14:19
      • ネジが死んじゃう少し前に書かれたやつか...
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月06日 14:32
      • 戦争何年間やってるんだろうな…
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月06日 14:43
      • 十分雰囲気が伝わってきた
        原作だと戦闘ばっかで日常描写少ないからな。面白かった
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月06日 14:51
      • 上から下に行くまで10秒もかかったけど面白かったよ、うん
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月06日 14:58
      • 原作でもヒナタルートに行ってくれないものか
        てか火影なら一夫多妻でも良いじゃん(良いじゃん
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月06日 15:48
      • 米4
        ネジは退場したのかよ(´Д`)
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月06日 16:28
      • 米9
        ナルト庇って死んだよ
        無駄死にだったけど
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月06日 17:27
      • 劇場版でもそうだったけどナルトはこうゆう日常話をすると面白いんだよな、別に今のナルトが面白く無いって言う訳じゃ無いけど
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月06日 18:30
      • なあ、アンコは?アンコはなんで出番ないん?
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月06日 18:39
      • 思い出せるのだけ挙げるが
        サスケ「じゃーなー」
        リー「うらやまけしからん!」
        木の葉丸「見ておくコレ」
        シノが屁理屈こねない
        親密さを表すことが下手だからか下ネタというか下品なのが多い
        ご都合主義な新技(平和ボケしてるの?なまってるの?)
        本当に作者がナルトを好きだとは思えないね
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月06日 19:55
      • 設定が色々違うなぁ思ったが一年半以上前に書かれた奴か

        それはそうとやっぱヒナタ√で行くべきだよな
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月06日 23:07
      • 香燐「おめでた、よ」
        ヒナタ「…え?」
        シカマル「ああ…オレの子だ」
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月06日 23:14
      • 5 面白かった。和んだ。

        それと同時にやっぱどこか悲しかったな....大人になるって.........。
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月07日 10:41
      • テンテンってリーとくっ付くかないの?
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月13日 22:14
      • ※13
        そりゃーあんた、(リーとかサスケと木の葉まるに関しては)誤字ってもんがあるでしょうが
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月19日 22:16
      • ※15
        ナルトスはやめろォ
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年10月07日 20:22
      • 襲撃のくだりがまんまペインなのな
        ネジがいるんだからいっそ自来也も出せばよかったのに
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月08日 20:19
      • ボルトとサラダ
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月09日 21:05
      • サイコーだわ
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年11月26日 12:08
      • なんか先読みでもしたのかよって感じるところがちょいちょいあるな
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年12月01日 18:05
      • おいおい、ヒアシ様は一族の女と結婚したのかよ
        近親婚かな?
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月28日 01:47
      • これ書かれたの2012年かよ!?
        死んだキャラでもこのSSでは生きてる設定なのかと思ってたから、
        ほとんど違和感なかったぞww
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2016年03月31日 09:49
      • 預言者かよ

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ