TOP

少女「私が欲しかった物はこんな物なはずがない……」/神様「何でも願いを一つ叶えてやろう」

1 :アナアキ ◆IYbi.dCFgs 2014/04/28(月) 17:35:42 ID:1MLLY0EE

私の名前は『北野 葉瑠』。 私は生まれつき『感情』と言う物をほとんど所持していない

だから私は、『嬉しい』『恥ずかしい』『寂しい』『楽しい』などの基本的な感情から、『好き』『嫌い』『苦しい』などの感情も持ち合わせていない。 

私が感じることのできる感情はただ一つ……

『悲しい』だけだ



2 :アナアキ ◆IYbi.dCFgs 2014/04/28(月) 17:44:25 ID:1MLLY0EE

私は『悲しい』と言うことしか感じることができない。 つまり、この世の中は私にとっては生きる地獄に等しい

『楽しい』と感じることは無い癖に、『悲しい』と感じる。

『嬉しい』と感じない癖に、『悲しい』と感じる。

私は『楽しい』や『嬉しい』が、どれだけ素晴らしい感情なのか、わからない。

『好き』や『嫌い』がどんな物なのかも、わからない。

こんな私を、初めて見た人はみんなこう言う『感情が無いってどんな感じなの?』と……

その時、私はいつも決まってこう言う

「私は、感情が無いから、わからない」と



3 :アナアキ ◆IYbi.dCFgs 2014/04/28(月) 17:51:41 ID:1MLLY0EE

だけど彼だけは違った。 彼だけは私に

「感情なんて要らないさ、必要ない」

って言った。私は彼の言っている意味がわからなかった。 私には感情がないから、なんとも思わないだけなのかもしれない。 彼はこの言葉に続けて

「僕のがあげられるなら、君にあげたいよ……」

と言った。 私は

「……ならちょうだい」

と欲しいと言う感情が無い癖に言った。 

「じゃあ君に、僕の感情をあげよう」

と彼は言った



4 :アナアキ ◆IYbi.dCFgs 2014/04/28(月) 17:59:26 ID:1MLLY0EE

その日から、私は彼と一番長く行動した。 お昼を食べるにも、帰るにも、どこに行くのにもいつも一緒に行動した。 彼が言った通りなのかどうかわからないが、私は感情と言う物が、できてきた。

初めて『楽しい』と思った時は、とても楽しいと思ったし

『嬉しい』と思った時は、とても嬉かった。

『楽しい』や『嬉しい』が、こんな素晴らしい感情だったのか!!!と気づいた時は『幸せ』と感じた

感情は連鎖のように沸き上がって来た。中には『持ってない方が良かったな』と言う感情もあった。



5 :アナアキ ◆IYbi.dCFgs 2014/04/28(月) 18:05:09 ID:1MLLY0EE

私は彼と出会って、感情をほぼ全て取り戻した。と言うよりかは『手に入れた』と言った方が正しいのかな?

とにかく、私はほぼ全ての感情を経験した。 灰色だった人生が、彼のおかげで虹色に変わった。 私に感情を与えてくれた彼は、私にとって命を救ってくれた人よりも、恩を感じる。

私は彼が本当に感情を、くれたのかと思った。 でもそれは違った。 彼の感情は、消えることは無かった。



6 :アナアキ ◆IYbi.dCFgs 2014/04/28(月) 18:13:01 ID:1MLLY0EE

私はまだ経験していない『恋愛』と言う感情に興味があった。 マンガを読むと、『恋愛』と言う感情は、とても素晴らしい物のようだ。 彼もまだ『恋愛』と言う物を体験したことがないらしい。

『恋愛』とはどのような物なのか……

私は、これを考えて一年が経過した。

彼は「警察官になる」と言う夢を実現し、今警察官として働いている。 

私は彼が私の側に居なくなって初めて気がついた



7 :アナアキ ◆IYbi.dCFgs 2014/04/28(月) 18:23:01 ID:1MLLY0EE

私は彼に『恋愛』つまり『恋い』をしていることに気がついた。 私は彼を見ると、とても胸の鼓動が早くなり、ろれつが回らなくなり、しまいには彼の前だと顔が熱くなってしまう。 私はこれが『恋愛』と言う感情だと気づいたのは、最近のことだ。 私が今まで体験したかった最後の『感情』は、最悪の物だった。

彼のことを考えると、胸が苦しくてつらい。 夜も眠れないし、食事もできない。

私が求めていた感情《物》はこんなに苦しく、つらい感情《物》のはずでは無かったんだ……



8 :アナアキ ◆IYbi.dCFgs 2014/04/28(月) 18:31:23 ID:1MLLY0EE

こうして私は……

全ての感情を取り戻した。

だけどなんでだろうか?

私は、手に入れたばかりの感情を『要らない』と思ってしまう……

こんなにつらいとわかっていたら、こんな感情《物》なんて彼から貰わなかっただろう……

私は今、彼が前に言っていた

『感情なんて要らないさ、必要ない』

と言うことが良くわかった

そして私は、その彼と同じ道を進むことにした

こんな感情《物》を捨てる方法を彼と探す為に……

       ~fin~



9 :アナアキ ◆IYbi.dCFgs 2014/04/28(月) 18:35:49 ID:1MLLY0EE

10レス行かなかった……

これでこのSSは終わりです。

読んでくださった方々、本当にありがとうございました。



神様「何でも願いを一つ叶えてやろう」

1 :アナアキ ◆IYbi.dCFgs 2014/04/28(月) 22:00:20 ID:1MLLY0EE

ある日、いきなり神様が僕たち夫婦の前に現れてこう言った

「願いを一つ叶えてやる」と

僕たちは、半信半疑ながらも願いを言うことにした。



2 :アナアキ ◆IYbi.dCFgs 2014/04/28(月) 22:06:39 ID:1MLLY0EE

僕は『妻である彼女と、永遠に一緒にいること』を

彼女は『夫である僕と、一生を過ごすこと』をそれぞれ願った。

願いは正直叶ったかどうかわからなかった。 それはそうだ、今目に見える願いでは無いから、叶っている証明ができない

でも、神様と名乗る人物は

「それなら、おやすいご用さ」

と僕たちを指さしながら言った。 しかし僕はこの願いを一生後悔することになる



3 :アナアキ ◆IYbi.dCFgs 2014/04/28(月) 22:13:12 ID:1MLLY0EE

願いを言った最初の年に、僕たちの間に子どもができた。 その子どもに、僕と彼女から一文字ずつ取った名前にした。

次の年には、子どもが捕まり立ちをするようになり、翌年には歩けるようになった
僕はその時、とても幸せに感じた。

その次の年からは、幼稚園に行かせた。 幸せだと、とても時間が経つのが早く感じた。

その次の年は、幼稚園の運動会で、元気に走ってた



4 :アナアキ ◆IYbi.dCFgs 2014/04/28(月) 22:24:13 ID:1MLLY0EE

その次の次の年には、幼稚園を卒園し、小学校に入学した。相変わらず時間が経つのが早く感じ、気づくと僕たちの子どもは小学校を卒業し、中学生になった。

僕たちの子どもは、彼女に似たのかとても賢く成績がとてもよかった。

そして、小学校より短い中学校を卒業して、僕たちの子どもは有名な高校に入学した。

たぶん彼女に似たおかげだろう。 その頃から、僕たちの子どもは笑うようになった。

僕は、子ども生まれてからこの方、自分の子どもの笑顔なんて見たことがなかったから、とても嬉しかったのを覚えている。

そして僕たちの子どもは急に『警察官になる』と言い出して勉強し始めた。



5 :アナアキ ◆IYbi.dCFgs 2014/04/28(月) 22:34:39 ID:1MLLY0EE

その翌年、僕たちの子どもは高校を卒業し、警察学校に行くことになった

その10ヶ月後には、無事警察官になり働いていた

それから僕たちは、GWや元旦、お盆などに自分たちの子どもが帰ってくるのを楽しみにした

そんな生活が20年以上続いたある年、僕たちの子どもはまた笑わなくなってしまった

その年から、彼女は僕たちに笑顔を見せることは無くなった



6 :アナアキ ◆IYbi.dCFgs 2014/04/28(月) 22:43:17 ID:1MLLY0EE

それから20年くらい経ったけど、自分たちの子どもは一度も笑顔を見せることは無かった。

その次の年に、僕の妻が死んだ。 僕はその時に神様に自分が願ったことの本当の意味を知った

まず、彼女の遺体は燃えないし腐らなくなった。

僕はこの時に、自分たちが新婚だった時に神様を名乗る人に、お願いをしたことを思い出した。

彼女は『僕と一生過ごす』これは言うまでも無く叶った。

では、僕の願いは叶ったのだろうか?



7 :アナアキ ◆IYbi.dCFgs 2014/04/28(月) 22:50:18 ID:1MLLY0EE

僕の願いは『彼女と永遠に一緒にいる』これがもし叶ってしまったとしたら……

僕は彼女と『永遠』の時を過ごすことになる。つまり僕は死ねない、彼女の肉体も消えない……

僕の願ったことは、途轍もない物だった……

僕はこれに気づいたときには、自分の子どもが死んでしまっていた。

僕は、年を取りシワが増え、老いるのに死なない。

例え地球が滅びても死なない



8 :アナアキ ◆IYbi.dCFgs 2014/04/28(月) 22:57:21 ID:1MLLY0EE

もし手足がもげ、目や耳が使えなくなったとしたら……

僕はそう考えると、怖くなった

僕は『不死』と言う、『世界で一番良い物』を神様に送って貰った『世界一の不幸者』である

気づいてくれ若い頃の僕、君が願っていることは、きっと後悔することになる……

そんなことを伝えるために僕は、時間を戻そうと必死に努力した



9 :アナアキ ◆IYbi.dCFgs 2014/04/28(月) 23:00:11 ID:1MLLY0EE

この行動が、歴史を大きく変えるとも知らずに……

     ~fin~



10 :アナアキ ◆IYbi.dCFgs 2014/04/28(月) 23:06:22 ID:1MLLY0EE

また超短くなっちゃった……
紙に書いた時は長かったのにな……

はい、このSSは今日書いた奴の続きと言うか、違う視点からの物です。

次こそは長くしてやる……



転載元
少女「私が欲しかった物はこんな物なはずがない……」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1398674142/
神様「何でも願いを一つ叶えてやろう」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1398690020/

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (15)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月29日 01:16
          • えっ


            えっ...?
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月29日 01:24
          • まとめるな
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月29日 01:25
          • ん?うんうん・・・?
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月29日 01:27
          • 5 寝る前にあっさりしてて良かった

            関係ないけど塩ラーメン食べたい
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月29日 01:40
          • 星新一を模してるのかしらんが、みじけぇよ
            しかもオチ無し意味無し
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月29日 02:52
          • 壮大に何も始まらない。
            前フリ?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月29日 04:31
          • たいした捻りがない つまらん
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月29日 07:10
          • 厨二病のやつのブログから拾ってきた作品かな?
            文章がちょっと痛すぎんよ~
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月29日 10:31
          • …?えっとオチは何なんだ…?
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月29日 20:21
          • お、おう……
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月29日 21:57
          • さすがにこれはまとめるなと言うわ…
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月01日 11:24
          • 1 つまらない
            それでいてドヤ顔でコテつけてるあたりが最高に面白い
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月01日 17:05
          • これは酷い
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月01日 18:33
          • 起承転結の起の前に終わっとる
            さしずめ前書きシリーズか?
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月04日 03:31
          • この人警察好きなのかな?
            なんかの伏線かと思ったけど一瞬で話が終わったwww

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • メカニックチーフ「こりゃあひでぇ・・・修理に2日はかかりますぜ!」 パイロット「駄目だ。12時間で何とかしろ」
        • メカニックチーフ「こりゃあひでぇ・・・修理に2日はかかりますぜ!」 パイロット「駄目だ。12時間で何とかしろ」
        • ワイ(98)「うっ…死ぬ…」バタン 上位世界の友達「人間世界体験ゲームおつかれ~w」
        • 母「月曜日から部屋にこもって何してるの!?」俺「>>4(VIPにスレ立て)だよクソババア!」
        • 美容師「今日どうします?」ぼく「前と同じ感じで」美容師「わかりました」
        • 同窓会女の子「ワイ君今なにやってるの?」宇宙飛行士ワイ「無職w」
        • 小学生の頃の俺、作文の時間「将来の夢。ぼくは普通の会社員になりたいです」
        • ルフィ「vtuberはおんもしれえなぁー!」
        • 【ミリマス】33分探偵ナンナン
        • 【ミリマス】33分探偵ナンナン
        • ミサト「あ、あなたがシンジ君……?」シンジ「はい」ムキッ
        • ミサト「あ、あなたがシンジ君……?」シンジ「はい」ムキッ
        • 夜道を歩くワイ「……」前を行くjk「……」夜道を歩くワイ「……」前を行くjk「……」チラッ
        • ランプの魔人「願いを3つ叶えよう」彡(^)(^)「はえー、まず部屋のゴミを片付けてや」
        • メスガキ「ざぁこ♡ 甲斐性なし♡」俺「もう別れよう」メスガキ「えっ…」
        • 上司「はぁ~……お前もういいよ、あっちでスキャットマンでも歌ってろ」
        • 彡(゚)(゚)「あの洞窟に宝箱あるんか?」
        • ルールー「キマリ! 『竜剣』を ためしてみたら?」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ