TOP

風間「自らを演出する乙女の会?」鋭太「ゲーム制作部(仮)?」

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/05(土) 21:49:27.27 ID:BJ2Qmrlr0

中(ドМ)「ばかなっ!そんな大金がすぐに用意できるものかっ!」

千歳(土属性)「いいから、さっさと通せと言ってるんだよ」フミフミ

中「くぅっ…屈しないそ。いつもいつも無茶ばかり言いおって…//」


千歳「ほら、どっかの部活の部費を¥0にすればいいだろ?」フミフミ

中「そんな事が出来るものかっ!皆、部活を真面目にやっているんだぞ!」

千歳「お前チェックが甘いんじゃないのか?あるだろ、変な部がさ」

中「なに!?」



千歳「このわけのわからない、『自らを演出する乙女の会』とか…な」



2 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/05(土) 21:56:25.34 ID:BJ2Qmrlr0

 
………


千歳「と言うわけだ」

風間「いや、意味が分からないんだが」

千歳「だから、お前がちょっと脅しをかけて、『自らを演出する乙女の会』を潰してくればいいんだよ」

風間「何でそうなるんだよ!」


千歳「今、芦花と合宿をしようと話をしててさ」

千歳「旭丘分校って所の周辺の自然が凄いらしいんだよ」

風間「ちょっと待ったー!何でゲーム制作部で『自然』の話が出てくるんだよ!ゲーム作れよ!」

千歳「はあ?お前、不良なのに真面目に部活やるわけ?」

風間「テメーらは真面目にしろよ!!!」



3 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/05(土) 22:01:49.39 ID:BJ2Qmrlr0

千歳「まあ聞け。広大な素晴らしい『土』」

風間「やっぱり土目的かよっ」

桜(水属性)「澄みきった水…」

風間「お前…いたのか…」

芦花(炎属性)「そして炎…」

風間「それは山火事になりそうだからやめとけ!」

千歳「な?行きたくなってきただろ?」

風間「いや全然」


バキッ


千歳「やる気あんのか!!!」

風間「いってえな!おい!」



4 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/05(土) 22:11:30.60 ID:BJ2Qmrlr0

千歳「高尾も行きたいだろ?」

高尾「え?私?」

千歳「ああ、行きたいだろ?」

高尾(…合宿と言うことは…風間と旅行?)

高尾「…」

高尾「……………………」

■妄想中~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

高尾「みんな待ち合わせ場所に遅れてるわね…」

風間「そうだな」

………

高尾「バスの待ち時間が長いわね」

風間「そうだな」

………

高尾「わぁ、見て。空気が綺麗」

風間「そうだな」

………

高尾「この旅館のご飯美味しいわよね♪」

風間「そうだな」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

千歳「どうだ?行きたくなってきただろ?」

高尾「ま、まあ、どうしてもって言うなら…行ってあげてもいいわよ…//」

桜(うわぁー、この妄想。先輩は『そうだな』しか言ってないなー)

芦花「…」



5 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/05(土) 22:19:36.90 ID:BJ2Qmrlr0

風間「はぁ…わかった。行きたくなってきました」

芦花・千歳・桜「わぁーい」


風間「…で、金はどうするんだよ?部費は全部使っただろ?お菓子とかでさ」

千歳「だから、そこで余所の部の部費を取り上げるんだろ?」

風間「お前酷いなっ!!!」


千歳「何か勘違いしているようだな。さすがの私も理由もなしに、部費を取り上げたりしないぞ」

風間(…普通にやりそうなんだが…)

千歳「実はこの『自らを演出する乙女の会』の部費の使い道を調べてみたところ」


■内訳
聖書      47,000円
聖書(保管用) 47,000円
聖書(布教用) 47,000円
チワワ用の肉  20,000円
     計  161,000円



風間「わけわかんねーーーー!」

千歳「さらに、聖書用のイギリス製本棚を買うとかで、現在あと約20万の予算を持っている部だ」

風間「というか、今更だがその『自らを演出する乙女の会』ってどんな部だよ!」

桜「噂によると、『季堂鋭太によるハーレム部』らしいです」

風間「何なんだそれはーーーーー!」



7 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/05(土) 22:23:40.03 ID:BJ2Qmrlr0

千歳「だからここの部費を削るのは正当なんだよ」

風間「いや、ちょっとまて。あまり詳しくないんだが、こういうのって予算会議とかで決まるんじゃないのか?」

千歳「…この部は私の次に権力を持っている『風紀委員』と繋がりが強いんだよ」

風間「風紀委員?そんなのあったのか?」


高尾「あんた知らないの?うちの風紀委員ってすごい権力があるのよ?」

風間「すごいのに魔の十四楽団とか取り締まってないのかよ!」

高尾「まあ、あの人たちはゲーセンで遊んでるだけだし…」

風間「…そうだったな…」



8 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/05(土) 22:33:39.36 ID:BJ2Qmrlr0

千歳「それでその風紀委員の実質No.2の1年冬海愛衣という生徒が『自らをなんちゃらの会』の一員ってわけでさ」

桜「なるほど、風紀委員の力で予算が多めに流れたというわけですね」

千歳「ああ、中々な狡猾な奴らでな…」


■当時の回想~~~~~~~~~~~~~~~~

石毛(風紀委員長)「で、わたくしとしては『自らを演出する乙女の会』の部費を多めにして欲しいのですが』

中(生徒会副会長)「ばかなっ!そんなこと出来るわけがない!!」

石毛「ええ、もちろんタダとは言いませんわ」

ザッ

中「な、なんだ!貴様らは!」

山田(風紀委員の女子)「勘違いしないでよね。たまたま乗りやすかったから乗ってるだけなんだから」

フミフミ

中「意味がわからないぞ!あっあああああああああああああああああああああ//」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


中「その後も色々とご褒美…虐待のせいで!すまん!!俺が不甲斐ないばかりに!」

千歳「まったくだ」

風間「中っ…お前…」



9 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/05(土) 22:37:50.28 ID:BJ2Qmrlr0

千歳「というわけ。もう部費は何故か予算分全額支給されているから、奪うしか方法がないわけだ」

中「すまん、堅次。俺のせいで…」

風間「中っ…お前…」


千歳「さあ!不良!あいつらから部費を取り上げて来い!」

風間「だから、何で俺なんだよ!お前が行けよ!」

千歳「それはだな、面倒…」



「あらあら。お怖いですわね」



千歳「貴様は!」

風間「…何なんだ…この展開…」



16 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/07(月) 22:06:49.18 ID:KtSY+DKl0

■前回のあらすじ
とある理由により旅行に行きたい生徒会長千歳!
しかし、お金は無い!
そこで『自演乙』から部費を没収することに!?




■1時間前~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

真涼「ということです」

千和「へ?どゆこと?」

真涼「まったく呆れますわ。あらすじも読んでないなんて…」

鋭太「ふんふん、なるほど…ってこれ一時間後の話だよね!?知っちゃいけないことだよね!?真涼さん!」


愛衣「…まぁ、言いたいことはたくさんあるけど、知ってしまった以上は無視できないわね」

真涼「ええ、問題は『あらすじを読んだ事』ではなく『部費が没収される事』なのです」

鋭太「だ、だからと言ってもだな」

姫香「エイタ、小さい事を気にしたら負け」

鋭太「はぁ…わかった。わかったよ」



17 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/07(月) 22:14:35.61 ID:KtSY+DKl0

千和「というか!なんで部費没収されるの!?もうお菓子食べられないじゃん!」

真涼「本当に不思議で仕方ありませんわー」

愛衣「いや、あたりまえでしょ。漫画(ジョジョ)に15万、おやつに年間2万円とか…」

姫香「そして本棚も欲しい所」


真涼「本当は合宿も計画していましたのに…」

鋭太「おい!まだ無駄使いするつもりだったのか!」

千和「合宿!?」

姫香「お泊まり!?」

愛衣「タッくんと二人っきり!?」

鋭太「みんな少しは無駄使いとかさ…」

真涼「その通り!合宿!楽しい温泉のお泊まり会です!!」


千和「えーくんと同じ部屋…」チラッ

姫香「エイタと温泉…」チラッ

愛衣「やぁん♪タッくんのエッチ♪」チラッチラッチラッ

鋭太「こっち見んな!!!!」



18 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/07(月) 22:24:05.00 ID:KtSY+DKl0

愛衣「って、旅費はどうするの!?さすがにこれ以上、部費は貰えないわよ!」

真涼「大丈夫です。なぜか不思議と手元に20万ありますので、これを使います」

鋭太「本当に何であるんだよ!」

姫香「でも本棚も欲しい所」

真涼「そこはぬかりありません。8万の本棚に12万の旅費…これで完璧です!」

鋭太「ぬかりも何も問題だらけじゃねーか!」


愛衣「そうよ!元々その20万は本棚を買う為に貰ったものでしょ!?」

愛衣「そういう不正は風紀委員の私が許さないわよ!」

真涼「不正?何を言っているのかしら?」

愛衣「え?」


真涼「『領収書は無くしました。でも、20万は本棚に使ったんです!信じてください!先生!!!』」

真涼「ふふっ。これで全てはうまくいきますわ」

愛衣「いくわけないでしょ!」

真涼「残念ながら顧問の糸谷先生は、全面的に私を信用しています。ええ、何も問題はありません」

愛衣「なっ!」

鋭太(そういえば、真涼の父親の権力もあって、先生達は真涼に意見できねーんだよな…)



19 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/07(月) 22:35:11.21 ID:KtSY+DKl0

千和「愛衣、もう諦めなって。夏川に口で勝つのなんて不可能なんだから」

愛衣「で、でも、不正は許さないわよ!」

千和「それより、りょっこう♪りょっこう♪旅行だよ♪旅行の話をしようよっ♪」

姫香「どこに行く?わたしふなっしーに会いたい」ソワソワ

真涼「そうですよ冬海さん?この機会を逃したら、鋭太くんと温泉なんて2度と入れませんよ」

愛衣「っ!」

愛衣「で、でもっ!」


愛衣「…」

鋭太「…」

愛衣「…入ってくれる?」チラッ

鋭太「温泉なんて入らねーよ。というか行かねーし」

愛衣「そ、そっかぁ…。タッくんが本当にどうしてもって言うなら…私恥ずかしいけど頑張るね//」

鋭太「何をどうしてそうなったぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

真涼「鼻の下が伸びているわね…そんなに冬海さんと温泉に入りたいのかしら?私と言う彼女がいるのに?」

鋭太「伸びてねーよ!というか温泉うんぬんの話を始めたのは真涼じゃねーか!」



20 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/07(月) 22:46:12.47 ID:KtSY+DKl0

多摩「でもそれもこれも、ちーちゃん(生徒会長)をどうにかしないと、部費没収なのよねぇ」

鋭太「だよな」

多摩「…」

鋭太「…」


鋭太「…って、あんたは誰!?」

多摩(前生徒会長)「真の真打タマちゃんだよ~」

鋭太(さ、三年生の制服!?)



21 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/07(月) 22:52:03.44 ID:KtSY+DKl0

真涼「か、彼女は…」

愛衣「…」

姫香「?」

千和「え?誰?」

鋭太「真涼…この先輩知ってるのか?」

真涼「知らないわね」

鋭太「知っている風に喋るなよ!」


鋭太「もういい!先輩!あんた誰っすか!?」

多摩「あんたじゃなくてタマちゃんだよ」

鋭太(話が通じねぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!)



22 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/07(月) 23:07:41.51 ID:KtSY+DKl0

愛衣「こ、この人は…」

鋭太「今度こそ、知っているのか!冬海!?」

愛衣「元生徒会会長、堺多摩先輩よ」

多摩「そうだよぉ」

鋭太「元生徒会会長だと…」

姫香「もとせいとかいかいいちゃ………噛んでしまった。現世界の発音は難しい」

千和「もうっ!ヒメっちは可愛いなぁ~」

鋭太「だよな~」


真涼「ちっ」

鋭太「」ビクッ

真涼「なるほど。で、その前生徒会長さんが何の用でしょうか?」

多摩「前生徒会長さんじゃなくてタマちゃんね」

真涼「…」

鋭太(あぁ…真涼さんがすごく怒っていらっしゃる…怖いよ、真涼さん)



23 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/07(月) 23:12:58.69 ID:KtSY+DKl0

千和「えーと…タマちゃんは何のようなんですか?」

多摩「だってぇ、あなた達、部費が没収されるかもしれないのに、まったく危機感がないんだもの~」

真涼「ええ、その通り!この先輩が言う通りよ!さあ今から対策会議を開始します!」

鋭太「お前!実は忘れてただろ!おい!」


愛衣「で、実際のところどうするの?」

真涼「そうですね。一番いいのは鋭太くんが土下座をすることですが、土下座を…」チラッ

鋭太「するか!土下座の何が一番いいのか意味がわからねーよ!」


多摩「で、私からの提案なんだけど、ゲーム制作部(仮)と勝負するのはどうかなぁ~って?」

鋭太「え?ゲーム制作部(仮)って何っすか?」

真涼「…」

愛衣「現生徒会会長の烏山千歳先輩が作った部よ」

千和「勝負…面白そう」メラメラ

姫香「ゲーム制作部。とても惹かれる」



24 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/07(月) 23:17:52.91 ID:KtSY+DKl0

鋭太「なるほど、ゲーム制作部にゲームで勝って、部費を没収されないようにすると…」

愛衣「でも、そんな訳のわからない条件をのんでくれるのかしら?」

千和「そうだよね…。正直、非はこちらにあるんだし」

姫香「ショック。みんなでゲームを楽しみたいのに…」


真涼「いえ、そうとも言えません」

鋭太「え?」

真涼「ゲーム制作部(仮)の方々は前回『袋争奪戦』というゲーム大会を二年生全体で行っています」

鋭太「ふ、袋争奪?」

真涼「その時のゲームの内容は『押し合いっこ』『指相撲』『椅子取りゲーム』『王様ゲーム』です」


鋭太「って、そっちのゲームかよっ!」

姫香「」ガーン



25 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/07(月) 23:22:56.77 ID:KtSY+DKl0

真涼「ゲーム制作部(仮)のメンバーは、争い事が好きなようです。うまく交渉し勝負に持ちかければ…」

千和「あたし達が勝って」

愛衣「タッくんと温泉に入るってわけね」

鋭太「いや、入らないけどな」

姫香「頑張るっ」


鋭太「まぁ、温泉の話は置いておいてだ。勝負を持ちかける為の交渉は…」チラッ

真涼「ええ、任せてもらってもよろしくてよ」

鋭太「ああ、いきなりいちゃもん付けられて、部費を取られるのは納得行かないしな」

真涼「その通りですわ」



26 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/07(月) 23:28:24.68 ID:KtSY+DKl0

鋭太「よし!頼んだぜっ。真涼!」

真涼「ふふっ」

愛衣「私もサポートするわよ」

千和「勝負になったらあたしに任せて!」

姫香「みんなでゲーム大会。楽しみ」


多摩「へぇ~。単なるハーレム部だと思ってたけど、少しはいい子揃ってるみたいねぇ」



27 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/07(月) 23:55:16.04 ID:KtSY+DKl0

■そして現在に至る~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

千歳(土属性)「いいだろう!勝負だ!」

風間「って急展開だな!おい!!!」

芦花(炎属性)「風間さん…上の文章を読んでなかったんですか?」

風間「そういうメタ発言はやめろっていつも言ってるだろ!」

桜(水属性)「ぶっちゃけ、このSS長いんだよね。予定ではそろそろ終わってるはずなのに…」

高尾(巨乳)「なるほど、それで展開を早めたわけね」

風間「だから毎回そういうメタ発言はやめろ!!!!」



28 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/07(月) 23:56:28.80 ID:KtSY+DKl0

鋭太「え、えーと…」

風間「ああいいだろう!テメーらこうなったら勝負だーーーーーーーーーーーーー!!!!」

真涼「ふふっ。話が早くて助かりますわ」

風間「かかってこいや!オラァ!!!!!!!」





「そういうことなら我々も是非参加させてもらおう!」




真涼「!?」

芦花「!?」

千和「え?どこ!?」

千歳「!?」

姫香「?」

高尾「!?」

愛衣「!?

風間「ど、どこだ!?」

鋭太「先輩!あそこっす」

桜「あっちにもいるね」



29 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/07(月) 23:57:36.84 ID:KtSY+DKl0

子王八(芦花のストーカー)「誰か忘れてないかい?」

大濠(24禿夜行の一人でクラスメイト)「ふふふふ。今度の勝負を勝ってモブ卒業だ」

篠崎(クラスメイトの眼鏡)「ちなみにここは読み飛ばしても問題ないぜ」

亀山上(バスケ部の眼鏡がない男)「ヘイ!どうした俺のシュートを止めるんだろ?」ダムダム

東山(バスケ部のリーゼント)「みくびるなよ!ここから俺の伝説の始まりだぜ!」キュッキュッ

木更津(バスケ部のトゲトゲの頭)「くらえ!必殺ガード!!!」

室見(テキサスチャーシュー室見)「おいおい、まさかうちの店がチャーシューだけって思ってないか?」

赤坂(変な口してる奴)「またイベントかーおれも呼ばれるのかいー」トホホ

蛭浜(家に犬猫十匹以上飼ってる奴)「ふんっ。今度は負けねーからな」

天神(自称禿じゃない男)「今度のイベントの報酬は何だろうな」

藤崎(ザ・フィフティー・フィフティー篠崎)「磨きに磨きがかかったフィフティーフィフティーを見せてあげるよ」

中洲(24禿夜行の一人)「フッ、全て私一人で片付けてみせるさ」

川端(24禿夜行の一人)「オイラも」

小田原(魔の十四楽団リーダー)「今回は団体戦らしいぞ!これなら最強の闇にも勝てる!いや勝つぞ!!」

高崎(魔の十四楽団実質リーダー)「まあ、まだ何も先の展開を考えてないからどうなるかわからないんだよな」

高麗河(魔の十四楽団グラサン)「ふっ、リーダーを助けるのも俺達の役目。リーダーはやれる事をやってくれ」

拝島(魔の十四楽団の変な眼鏡)「高尾さんいるかな?」ドキドキ

毛呂(魔の十四楽団のデブ)「実はここの台詞の2割が前回のコピーと気付くやつはそういまい」

松久長男(魔の十四楽団の高尾の隠し撮り写真を持っていた奴)「やんすやんす。というかマジで口調固定しようぜ」

金子(魔の十四楽団の帽子)「今度こそ宇宙エロ本争奪ゲームがやりたい!」

東(ラーメン屋イオランの看板娘)「カップラーメンにお湯を注ぐのでは負けないわ」

百草(風間の幼なじみ)「か、帰りたい…」

真奥(魔王)「…何だこれ…」

恵美(勇者)「さ、さあ?」

つつじ(芦花の妹)「わぁーい。制服姿のお姉ちゃんだーーー♪」

新木場(グラサンが似合う男)「騒がしいな…祭りか?」

大崎(おさげの似合わない男)「まー」

山田(ゲーム制作部の一人)「またモブの一員ですか…」

東・T・京(栗みたいな頭のデブ)「ふっ、そろそろ台詞のネタがないぜ!」

東雲(フードを被った厨二病)「事件…しかし風間、お前なら乗り越える事が出来るだろう」

大井町(常に背を向ける厨二病)「風間…俺はお前を信じる」

示場(ガイルヘアー)「いやいや、はっはっはっ」

品川(ドヤ顔眼鏡)「はっはっはっ、いやいや」



30 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/07(月) 23:58:40.36 ID:KtSY+DKl0

黒川(東府下学園ゲーム制作部の黒髪)「あれ?なんだこの騒ぎ…」

唐木田(東府下学園ゲーム制作部の部長)「せっかくの祭りなら遊んで行こっか」

栗平(東府下学園ゲーム制作部の特徴がありそうで何もない奴)「はい。部長」

小田(東府下学園ゲーム制作部の地味そうで、実は一番特徴がある奴)「みんなここにいたの?もう置いていかないでよ~」

蛍(非合法非ロリ)「センパイ。次回作は○○×のんのんびよりのクロスらしいですよ」

小鞠(合法ロリ)「へ、へぇ。それだけは決まってるんだ」

浜松(気が弱い男)「まあ、ネタは何も考えてないんだけどね」

田町(眼鏡をおでこに掛ける男)「どんまい」

鷺沼(学園NO.2の巨乳)「オホホホホホホホホホ。今度こそ高尾さんに勝たせていただくわよ」

大島(料理部のモブ)「船堀ちゃんマジ可愛いっす!」

ラウオ(二人ブラザーズの兄)「ほう、このラウオの道を阻む者が現れようとはな」

トキージ(二人ブラザーズの弟)「落ちつけ兄者」

船堀(みんなのアイドル船堀)「え?え?ええ!?」

クッシー(みんなのアイドル九段下先輩)「また騒ぎ?」

高不動(高尾並みの巨乳)「風間さん遊びに来ましたの~♪」

砂川(聖立川女学院ゲーム制作部の相撲部の女)「お、男が多すぎ…」

甲州(聖立川女学院ゲーム制作部の弓道…いや、相撲部の女)「女子校の私達には難易度が…」

程久保(聖立川女学院ゲーム制作部の頭脳)「はぁはぁ、皆、待って…」ゼェゼェ

大塚(聖立川女学院ゲーム制作部のフェンシングの…女)「excellent」

初台(アニメ1話でロッカーを壊された女)「え?私も?え?」

櫻子(ゆるゆり)「ってここはどこ!?」

向日葵(ゆるゆり)「あなたが迷ってここに来たんでしょうが!」

中(ドМ)「会長め!今度はどんな無茶を押し付けるつもりなんだ…」ハァハァ

横縞(風間一派のチビ)「何だかんだ言って充実してるよね」

長山(風間一派のノッポ)「今度も俺達が優勝だ」

多摩「私達も参加するわよぉ」

ゲロ子(ゲロ子)「え?私も?」

松原(カミーユの髪型をしたパーフェクトガール)「はぁ…タマの強引さは相変わらずね」

長沼(アニオタ)「え?俺も?」

之江(風間の妹)「え!?私も!?」

桜「だよー♪」

小川(之江の友達)「何だかんだ言って、仲が良いわよね。あなた達」

桜「だって、姉妹だもんっ♪」ギュウウウ

之江「ちょっ!何で抱きつくの!離して!」



31 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/07(月) 23:59:31.13 ID:KtSY+DKl0

田中(鋭太が中学時代に好きだった人)「ちなみにここから俺修羅のメンバーだよっ♪」

真那(真涼の妹)「え?アタシも登場するの…?」

姫香「もちろん」ムスー

やすな(バカ)「ソーニャちゃん!祭りだよ祭り!参加しようよ!」

ソーニャ(バカの相方)「しない。帰る」

石毛(風紀委員長)「わたくし達は冬海さんを全面応援しますわよ!」

山田(風紀委員のツンデレ)「はい!」

優華(姫香の姉)「ちなみに私は通りすがりよ」

鋭太「あんたはもう早く帰ってください…」

乾(ホモ)「お前…//」

桜ヶ丘(ゲーム制作部の美男子)「こっちを見ないでください!」

坂上(千和に告白されてフルボッコされた最低不良)「へぇ…可愛い子いるじゃん」

坂上弟(憎っくきリア充オス)「あれー?お祭り?みんな何してんの?」

赤髪(憎っくきリア充メス)「わぁー。スッゴイじゃん」

最上(鋭太の勉強の師匠)「面倒事は嫌いなのに…」



32 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/08(火) 00:01:42.11 ID:SXDNO5FJ0

稲田『さあ!そして司会は私!稲田堤と』

カオル『鋭太の親友の遊井カオルでお送りいたします』


稲田『では、さっそく始めたいと思います!』



稲田・カオル『第3回!ゲーム大会開始!』


ワアアアアアアアアアアアアアアアアア



鋭太「カオル…お前…」

風間「うおおおおおおおおおおおおお!また長編になる気がしてきたあーーーーーーーーーーーー!!!!」



36 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/08(火) 22:43:40.21 ID:SXDNO5FJ0

■前回のあらすじ
何かモブがたくさん出てきた



稲田『今回も皆さんから募集したゲームから、抽選で何のゲームするか選んで、モブに退場してもらいたいと思います』

稲田『1回戦はこれだぁ!!!!!!!!』

真涼「ちょっと待って下さい」

稲田『え?』

真涼『テステス。マイクテス』

鋭太「あいつ何をやってるんだ?」


真涼『えー、みなさん。私から提案があります』

真涼『参加人数が多い為、5人1組のチーム戦を行ったらどうでしょうか?』

真涼『個人の力だけではなく、団体の力も競う事ができ、非常に楽しめると思います』

真涼『どうでしょうか?生徒会長さん?』

千歳「なるほど。いいだろう!面白い!その提案乗った!!」

真涼『ふふっ。ありがとうございますわ』



38 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/08(火) 22:50:25.65 ID:SXDNO5FJ0

稲田『チーム戦!確かに面白そうです!』

稲田『では、さっそく5人1組を作ってください!!!』


カオル「…」

稲田「遊井君?何で険しい顔をしてるの?」

カオル「夏川さん。まさかこれの為にチーム制にするなんて…なんて恐ろしい人なんだ…」

稲田「え?」

カオル「ほら、あれを見てごらん」

稲田「え?えーと…」

稲田「…………」



稲田『あ、あれはーーーーーーーーーーーーーーーー!!!』



39 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/08(火) 22:56:40.89 ID:SXDNO5FJ0

松久長男「高尾さんがこの学校で一番なんだよ!」

高崎「うっさい!船堀さんが最高に決まってるだろ!」

小田原「おい!テメーら!魔の十四楽団同士、仲良くしろ!」

高崎「リーダーは引っ込んでいてくれ!」

松久長男「こんな奴と一緒のチームが組めるか!!!」


小田原「ええいっ!ならばまず高尾さん派と船堀さん派に分かれてみろ!」



40 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/08(火) 23:03:18.65 ID:SXDNO5FJ0

■高尾チーム

松久長男「ふっ」

金子「やっぱり高尾さんだー」

拝島「高尾サンダー」

児玉「へっ」

毛呂「俺は巨乳派なんだよ」


■船堀チーム

高崎「船堀さんこそ至高」

高麗川「手伝うぜ!」

松久次男「ふふふふふ」

松久三男「くくくくく」

明覚「迷ったが…俺は船堀さんを選ぶぜ!」



41 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/08(火) 23:07:30.03 ID:SXDNO5FJ0

松久長男「丁度5人一組に分かれたようだな」

高崎「ああいいぜ。勝負だ!」

松久長男「ゲーム大会なんて関係ないやんす!これは男と男の意地をかけた勝負だ!」

小田原(また、俺だけ余っただとーーーーーーー!?)
※魔の十四楽団は3名欠席



バキッドカッバキッ


稲田『な、なんとー!魔の十四楽団が内輪もめだーーーー!?』

カオル『他にも24禿夜行が壊滅状態!?さらに、二人しかいない二人ブラザーズやキルミーベイベーの棄権…』

稲田『ハッ!!!これがあの女の狙いかーーーーー!夏川真涼ーーーー!!!』




真涼「あらあら、私はみんなで仲良く勝負したかっただけなのに、濡れ衣ですわー」

鋭太「真涼…お前…」



42 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/08(火) 23:13:29.93 ID:SXDNO5FJ0

千歳「ふっ、やってくれたな」

鋭太「あ、あんたは!?」







鋭太「…えーと、誰でしたっけ?」

芦花「ふふふふ。私達がゲーム制作部です」

鋭太(ああ、そういえば、自演乙vsゲーム制作部だったんだよな…)

高尾「(仮)よ!(仮)!!」



43 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/08(火) 23:16:20.52 ID:SXDNO5FJ0

千歳「少し規模が大きくなり過ぎたが…」

鋭太「少し…ですかね…」

千歳「私達が優勝したら、残っている部費の没収。お前達が優勝したら、部費は好きに使え」

千歳「もし…ないだろうが、どっちも勝ち残れなかったら、今回の件は白紙。ただし、お前達の部費は少し減らさせてもらう」

真涼「へぇ…私達の条件が非常に悪いようですが?」

千歳「そもそもお前らの部費は多すぎなんだよ。普通の文化部の部費は4万だぞ」


真涼「ふふっ。わかりましたわ。ええ、そのくらいの条件は飲む事にしましょう」

鋭太「お、おい、いいのか?真涼…」

真涼「ええ、だって私達の勝ちは確定していますもの」

千和「え?」

真涼「ふっ、相手の人数を見てみなさい」

芦花「え?」



44 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/08(火) 23:22:31.97 ID:SXDNO5FJ0

■自らを演出する乙女の会チーム(俺修羅チーム)
鋭太
真涼
千和
姫香
愛衣


■ゲーム制作部(仮)チーム(ディーふらぐチーム)
千歳
芦花
風間



風間「って、俺ら3人しかいねーーーーーーーーー!!!!」

芦花「さ、桜がいない!?」

千歳「ああ、あいつなら…」


桜『私、之江っちと組むね』


千歳「と言って、いなくなったぞ」

風間「引き止めろよ!」

子王「ふふふふふふふ。誰か忘れているようだね」



45 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/08(火) 23:28:19.77 ID:SXDNO5FJ0

芦花「高尾さん!高尾さんがいます!」

高尾「え?嫌よ!嫌に決まってるでしょ!」

千歳「高尾!一緒のチームに入ってくれるなら、この『甲子園の土』をやるぞ」

高尾「何それ…いらない」

千歳「なっ…なんだと…」

バタンッ

千歳「」

芦花「ち、千歳ーーーーーーーーーーーーー!!!」

風間「倒れやがった!というか人数が減ったーーーーーーーーー!?」

子王「だから僕が」



46 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/08(火) 23:34:49.50 ID:SXDNO5FJ0

芦花「こうなったら風間さん!愛の逃避行をしましょう!」

風間「わけわかんねーーーーーーよ!」

高尾「や、やっぱり、私も参加しようかな~」

芦花「え?別にいいです。風間さんと二人っきりがいいので」

風間「二人だと大会に参加できねーだろ!」

高尾「そ、そうよ!私が入るから芦花が抜けなさいよ!」

芦花「っ!?」

風間「だから、二人だと大会に参加できねーんだよ!!!」

子王「ええ、そこで僕が」



真涼「…」

愛衣「…」

千和「…」

姫香「す、凄く仲が良い。わたし達も頑張る」ムスー

鋭太「そ、そうだな…」



47 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/08(火) 23:38:04.28 ID:SXDNO5FJ0

稲田『そろそろ時間がないんで、後5分で決めてください』

カオル『みんな頑張れー』



風間「や、やべっ!このままだと負けちまう!」

芦花「高尾さんが抜けるべきです!」

高尾「あんたが抜けなさいよ!」

子王「いいえ、ここは僕が!僕が!!」

風間「だから!5人だから抜けたらまずいだろうが!!」


芦花「では、子王さんが抜けるということで」

高尾「ん?…あっ、そうね」

子王「…あれ?」




芦花「ふぅ…子王さんはロッカーに閉じ込めてきました」

高尾「まあ、仕方ないわよね」

風間「お前ら…時間がないのわかってるんだよな?」



48 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/08(火) 23:46:02.17 ID:SXDNO5FJ0

 

「じゃあ、私が組んであげる!」


芦花「!?」

風間「お、お前は!?」

つつじ(芦花の妹)「お姉ちゃーーーん♪私だよーーーー」

風間「船堀!?」

つつじ「え?」

船堀「そ、その、風間さんが困っているなら。え、えーと、私では力になれないかもしれませんが」

風間「いいや!嬉しいぜ船堀!船堀がいいんだ!さすが船堀だぜ!ありがとうな船堀!!」

船堀「そ、そんな…//」

芦花「…」

高尾「…」

つつじ「…お、お姉ちゃん?」


風間「でも、あと一人…もう時間がない…」

高尾「あと1分くらいよね…」



49 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/08(火) 23:50:12.85 ID:SXDNO5FJ0

 
「私を忘れてるわね!」



芦花「!?」

風間「お、お前は!?」

ゲロ子(ゲロ子)「私余っちゃったの!だから参加させてよ!」

風間「クッシー先輩!?」

ゲロ子「え?」

クッシー「本当は参加するつもりなかったんだけど、風間君達が困ってるなら参加してあげよっか?」

風間「やったー!クッシー先輩が来てくれるなら勝ったも同然ですよ!」

芦花「まさかクッシー先輩が来てくれるなんて…」

高尾「本当にまさかね」

船堀「九段下先輩、よろしくお願いします」

クッシー「よろしくね。みんな」

ゲロ子「…あれ?」

つつじ「…お、お姉ちゃん?」



50 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/08(火) 23:56:26.60 ID:SXDNO5FJ0

芦花「冗談ですよ。つつじちゃん」

つつじ「お、お姉ちゃん!?」

芦花「でも、つつじちゃんとは同じ仲間ではなく、敵…いえ、ライバルとして勝負してみたいんです」

芦花「だから、今回は別のチームになりましょう。そして決勝で会いましょう!」

つつじ「お姉ちゃん!うん、私絶対にお姉ちゃんと決勝を楽しむね!」

風間(…あと、2秒ぐらいしか時間はないんだが…)



稲田『チーム分け終了~!!!』

ゲロ子「そ、そんなーーーーーーーーー!」

つつじ「わぁぁぁぁん。お姉ちゃん約束守れなくてごめんなさぁーーい」ポロポロ



真涼「…はぁ…5人揃ったようね…」

千和「まあ、勝負した方が楽しめるし、いいんじゃない?」

姫香「肯定。絶対に勝つ!」

愛衣「そうね。どうせなら、目指すは優勝よ!」



55 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 21:28:12.90 ID:NIrOJh430

■前回のあらすじ
よく考えたらクロスをした意味がなかったような気がしなくもない、試合が始まろうとしている


風間・鋭太「本当に意味がないなっ!」

風間「なっ!」
鋭太「なっ!」

風間「ま、まさかお前は…ツッコミキャラなのか!?」

鋭太「そ、そういう先輩こそ…見た目は不良なのに…」

風間「もしかして、周りが濃ゆすぎて疲れてたりするのか!?」

鋭太「先輩もですか!?ええ、俺もツッコミのしすぎて疲れているんです!」



56 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 21:37:02.98 ID:NIrOJh430

 
ガシッ


風間「ふっ。今日から俺達は仲間だ!」

鋭太「ええ!よろしくお願いします!」

真涼「あらあら、敵と仲良くなったようで…」

鋭太「真涼!先輩は敵じゃねーよ!俺達は同士なんだ!」

風間「だな!」

真涼「ふーん」

風間「えーと、ところで、お前は…確か『自らなんちゃら』の部長だっけ?」

真涼「ええ、部長で、鋭太くんの『彼女』の夏川真涼です」

風間「彼女だとーーー!?」

鋭太「せ、先輩!?」



57 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 21:46:27.12 ID:NIrOJh430

風間「うっせえ!お前は敵だ!何が彼女だよ!勝ち組じゃねーか!」

鋭太「ち、違うんです!お、俺は」

愛衣「もぅ!タッくんなにしてるの?」

千和「えーくんえーくん」

姫香「エイタ、ギュッとして?」

真涼「あなた達!鋭太くんは私の恋人なんです!近付かないでください!」


千和「近付くかどうかはえーくんが決める事じゃん。ねーえーくん。近付いてもいいよねっ♪」

鋭太「近付くくらいは別にどうでもいいけど」

ギュウウウウ

千和「やったぁ♪えーくん愛してるっ」

鋭太「離せっ!」

真涼「離れなさい!この泥棒チワワ!」

愛衣「ちょっと!季堂くん!何で嬉しそうなの!」

鋭太「嬉しそうにしてねーよ!」

姫香「チワワだけずるい、わたしもギュっとする」

ギュウウウ

愛衣「あ!ヒメちゃんだけずるい!私だって!」

真涼「あなた達!いい加減、鋭太くんから離れなさい!鋭太くんは私の物なんですからね!」


鋭太「ああ!もうなんでこうなるんだよ!」

鋭太「俺の彼女と幼なじみと元カノと婚約者が修羅場すぎる!」

風間「何が修羅場すぎるだ!ふざけんなーーーーーー!!!」



59 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 21:51:42.61 ID:NIrOJh430

鋭太「せ、先輩?」

風間「単純なハーレムじゃねーか!」

真涼「ハーレムなんて心外ですわ。鋭太くんは私の物と決定しているのに」

千和「してない!」

風間「絶対にお前らには負けないからな!」


ダダダダダダダ


鋭太「先輩…どうしてこうなったんだ…」



61 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 22:02:50.94 ID:NIrOJh430

 
……

カオル『じゃあ、いい加減1回戦に行こうか』

稲田『今から皆さんから集めたくじを引いて、何のゲームかを決めたいと思います…」

稲田『1回戦はこれだぁ!!!!!!!!』



稲田『かけっこだぁーーーーーーーーーー!!!!』




鋭太「げ、ゲーム…なのか?これ…」



カオル『ルールの説明をするね』

カオル『今回はチームから1人を選抜して、500mを走るゲームだよ』

カオル『上位8チームが次の2回戦進出だからみんな頑張ってね』

カオル『ただし、今回のゲームに参加した人は、2回戦以降に参加できないから注意してね』


鋭太(…ということは、ここで真涼が走ったりしたら、今後の2回戦目、3回戦目には真涼は参加できないということか…)



62 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 22:11:58.02 ID:NIrOJh430

真涼「さて…誰が行きます?」

鋭太「単純な運動なら…冬海か?」

千和「え?あたしは?あたしがいるよっ」

鋭太「お前は怪我するかもしれないからダメだ」

千和「……うん」


愛衣「まあ、任せなさい千和。私なら絶対に負けないから」

千和「そだね。愛衣なら大丈夫だよね」


真涼「でも、基本的に万能な冬海さんをここで使うと…」

鋭太「ああ、今後の他の競技に参加できないのは痛いな…」

姫香「大丈夫。みんなで力を合わせれば、1+1も無限大」

千和「うん!そだよ!ヒメっちの言うとおり!」

真涼「ふふっ、その通りですわね」

愛衣「さすがヒメちゃん!私の弟子なだけあるわね!」


鋭太「だな。よし!ヒメの言うとおりだ!みんなで力を合わせて頑張るぞ!」

千和「おーーー♪」



63 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 22:21:55.64 ID:NIrOJh430

風間「ちっ!絶対にあいつらには負けねーぞ!!!目指すは優勝だ!」

芦花「おぉ!風間さんが燃えています…まさか私と同じ炎属性に!?」

高尾「あんたのはインチキだけどね」


風間「で、誰が出る?」

芦花「い、いえ、私は走るのは苦手で…」

風間「お前は俺より全然早いけどな!!」

高尾「私も運動はダメかも…」

風間「あー、そんな感じがするわ…でも、普通よりは絶対に早いと思うぞ」


船堀「すいません。お役に立てず…」

風間「そんなことないぞ。船堀はいてくれるだけでいいんだ」

クッシー「じゃあ、うち参加しようか?」

風間「クッシー先輩が!?」

クッシー「早くはないけど、上位8位くらいなら入れると思うよ?」

風間「お願いしまっす!クッシー先輩!」



64 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 22:28:37.52 ID:NIrOJh430

 
………


稲田『全員揃いましたね!』


愛衣「へぇ~。たしか水上さんだっけ?」

桜(水属性)「うん、そうだよ」

愛衣「本気を出さない天才って先輩から聞いたんだけど、本当なのかしら?」

桜「ん?あははははは」

愛衣「でも、私、負けるつもりは毛頭ないから」

桜「あはははははは」

クッシー「…」



稲田『では、位置について、用意…ドンっ!!!!』



ダダダダダダ


稲田『な、なにーーーー!!!』


桜「ふふん♪」

愛衣「なっ!」


稲田『水上選手の独占状態だーーーーーーー!!!』


稲田『2位に冬海選手!3位に松原選手、4位に遊佐選手と続きます!』



65 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 22:36:07.10 ID:NIrOJh430

真涼「不利ね…鋭太、あれを使うわよ」

鋭太「本当にやるのか…」

真涼「ええ、このままでは冬海さんが負けてしまうわ」

鋭太「正直、嫌なんだが…」

真涼「彼女の私が許可します!さあやりなさい!」

鋭太「はぁ…」



ダダダダダダ

愛衣「ま、負ける…タッくんが期待してくれてるのに」

桜「あはははははは」



66 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 22:43:25.45 ID:NIrOJh430

鋭太「冬海…いや、あーちゃん!聞こえるか!?」

愛衣「タッくん!?」

鋭太「体操服に着替えたあーちゃん!すっげえ可愛いぜ!惚れちまいそうだーーーーー!」


愛衣「!?」

桜「うわぁ、恥ずかしいなぁ…」

桜「って、あれ?」

愛衣「タッくんが可愛いって…私の体操着姿に欲情したって…//」

鋭太(そ、そこまで言ってねぇぇぇぇぇぇぇ!!!)

愛衣「あ、あぅ//」

桜「顔真っ赤だけど、大丈夫?」

愛衣「やぁぁぁぁんもぉぉぉ最っ高っっ♪愛衣ちゃんおそといっぱい!はしってくるううう!!

桜「なっ!?」


稲田『なんだとーーーーーー!?冬海選手が1位の水上選手を抜いたーーーーー!?』


桜「ぐっ」



67 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 22:50:59.12 ID:NIrOJh430

稲田『ゴーーーーーーーーーーール!!!!』

稲田『なんと最後の最後で波乱の展開!』

稲田『1位は…』




稲田『キルミーベイベーより、あぎり選手だああああああああ!!!』


ウオオオオオオオオオオオオオオオ

やすな「さすがあぎりさん!」

あぎり「フフフ。忍法1位を取る術です」

ソーニャ「ちっ、帰りたいから負ければよかったのに」

ラウオ「ふっ。俺が出るまでもなかったな」

トキージ「兄者の言った通り、コイツ等と組んで正解だった用だ」


カオル『へぇ、いつの間にか二人ブラザーズとキルミーベイベーが組んでたんだ』

稲田『棄権したわけではなかったようですね…』

カオル『というか二人ブラザーズってこういう口調だったんだね』



68 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 23:02:06.21 ID:NIrOJh430

稲田『さて、話を戻します!』

稲田『2位は冬海選手!3位は水上選手!4位は子王選手!5位は遊佐選手!6位は赤座選手!7位はテキサスチャーシュー室見!8位はクッシー選手です!』

稲田『以上、8チームが2回戦に進出です!!!』


ウオオオオオオオオオオオオオオオ



真涼「ちっ、これだからギャグ漫画のキャラは…」

鋭太「あれ?俺…恥ずかしい台詞、言い損じゃね?」

鋭太(それに、絶対明日から噂される……………うぅ、俺の学園生活が…)

千和「というか、8位以内でよかったんだから、えーくんがあんな台詞言う必要なかったんじゃないの?」

鋭太「…はっ!その通りだ!理由次第では許さないぞ!俺の学園生活を返せよ!」

真涼「……………………………」

鋭太「おい!なんか言えよ!」

真涼「さあ、切り替えましょう。次は次!次は勝ちますよ!皆さん!」

鋭太「おい!なんか言えや!ゴラアアアアアア!!!」



69 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 23:10:54.50 ID:NIrOJh430

カオル『サクサク進めるよー』


稲田『2回戦はこれだぁ!!!!!!!!』



稲田『二人三脚だぁーーーーーーーーーー!!!!』

ウオオオオオオオオオオオオオオオ



鋭太「ま、まてよ。1回戦は『かけっこ』で、2回戦は『二人三脚』…」

風間「単なる、運動会じゃねーかーーーーー!!!!」


稲田『さあ、うるさい人たちは置いておいて、さっそくチームから二人ずつ選出してください!』

風間・鋭太「なっ!」

カオル『ちなみに、半分の4チームが3回戦進出になるからね』

稲田『一応ルールを説明すると、しっかり足を紐で結んで、走ってくださいね』

カオル『説明するほどもないと思うけどね』



70 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 23:19:11.04 ID:NIrOJh430

 
………

芦花「はい!私が!私が!風間さんと!」

高尾「何で芦花が風間と組むのよ!」

高尾「こ、ここは、背の高さ的に…私が…てててててて適役だと思うわっ」

船堀「あの…わ、私も…」

クッシー「…」

風間「…」


風間(あいつらは…)チラッ


真涼「ええ、二人三脚…これは息があった人でしかできません」

真涼「ということは、やはり恋人である鋭太くんと私しかいないでしょう」

千和「だめっ!だめったらだめ!あたしとえーくんの方が息がぴったりに決まってんじゃん!」

千和「だって、えーくんとは小さい頃からずっと一緒なんだから!」

姫香「チワワ。諦めるべき。背の高さが合わないし、会長とエイタの絆は深い」

千和「ええ!?ヒメっちは味方してくれないの!?」

愛衣「えへへ…タッくんが『すげえ可愛い』って。うれしいなぁ~えへへ//」


鋭太「よし!真涼!俺と2回戦に出るぞ!」

真涼「ええ!勝ちましょうね。鋭太くん!」



71 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 23:25:52.86 ID:NIrOJh430

風間(アイツ(鋭太)が出るのか!)

風間「おい!俺が出場するぞ!」

高尾「そんな事わかってるわよ!!!」

風間「なっ!」

芦花「もう埒が明かないですね。こうなったら風間さんに決めてもらいましょう」

高尾「そうね。それがいいわ」

船堀「は、はい」

風間「え?」

芦花「誰がいいんですか!?この中から選んでください!」

風間「え?」


風間(…)

風間(確かに誰かと組まないとアイツ(鋭太)を倒せないしな…)

風間「…」



72 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 23:33:51.66 ID:NIrOJh430

風間(部長と組んだとしよう…)

芦花『風間さん!背の高さが合いません!』

風間(まぁ、こうなるよな…)


風間(だったら、高尾か?)

風間(…)

高尾『はぁはぁ。あんた走るのが早すぎるわよ!』ぷるんぷるん

風間(む、無理だーーーーーーーー!そんな状態で走れるか!)

クッシー「…」



風間(だったら一人しかいねーな)

風間「船堀!俺と一緒に出るぞ!」

芦花「…え?」

高尾「…しょ、しょんな…」

船堀「わ、私でいいんですか?」

風間「ああ、船堀しかいねー!というか船堀がいいんだ!」

船堀「ぁぁっ//」

風間「絶対に勝つぞ!船堀!」

船堀「は、はい……………//」プシュー

芦花「…」

高尾「…」

クッシー「はぁ…、二人ともちょっといい?」



73 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 23:41:45.88 ID:NIrOJh430

高尾「な、なんですか?校舎裏に…」

クッシー「えーとね、風間君が船堀さんを選んだのはね。二人を信用しているからなんだよ?」

高尾「え?」

芦花「え?」

クッシー「ほら考えてごらん。3回戦…次の戦いは、言わば主将の戦い」

クッシー「二人を信用しているから、3回戦を任せる事ができるんよ」

クッシー「だから、二人が思っているような感情が、風間君にあるわけじゃないと思うよ」

芦花「そ、そうですね。風間さんはあれだし」

高尾「そっか…信用して…私たちを…」

クッシー「うん。だから頑張って優勝しようね」

芦花・高尾「はい!」



74 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 23:42:11.78 ID:NIrOJh430

 
………


稲田『全員揃いましたね』

稲田『では、今から紐を配ります。これを足に巻いてください』



稲田『さあ、位置について、用意…ドンっ!!!!』

風間「って、まだ紐を結んでねーよ!」


稲田『紐を結ぶ時間も協議に含まれます。早く結んで走った人の勝ちです』

カオル『こういうのもたまには面白いよねー』

風間「面白くねーよ!」



真涼「結び終わったわ!」

鋭太「よし!行くぞ!」

ダダダダダダ


稲田『おぉ!自らを演出する乙女の会が一番早くスタートだーーーー!』



76 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 23:46:45.27 ID:NIrOJh430

風間「しまった!ツッコミをしてた分、遅れちまった」

船堀「だ、大丈夫です。もう少しで結び終わります」

風間「さすが船堀だぜ!」

船堀「…………」

風間「ふ、船堀?」

船堀(か、風間さんの顔が近…い…あぅ//)

風間「船堀ーー!手を動かしてくれ!船堀ーーーー!」

芦花「…」

高尾「…」



77 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 23:52:16.42 ID:NIrOJh430

之江(風間の妹)「先に行くからね」

松原(3年のパーフェクト女子)「じゃあね」

風間「なっ!あの二人が組んでるだと!?」


鈴乃(和服年齢詐欺)「よし!私達も行くぞ!」

漆原(ニート)「はぁ…佐々木千穂の様子を見に来ただけのはずなのに…面倒だなぁ…」

櫻子(ちっぱい)「向日葵がおっぱいだからスタートが遅くなった!!」

向日葵(おっぱい)「あなたが紐で遊ぶから遅くなったのよ!!」

風間「って、誰だぁぁぁ!こいつらは!」



78 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/09(水) 23:56:13.52 ID:NIrOJh430

長山「じゃあな。堅ちゃん」

横縞「決勝で会おうな!堅ちゃん!」

風間「お前らもいたのか!?」


大島(料理部のモブ)「やったっす!これで船堀さんに勝てるっす!」

鷺沼(学園NO.2の巨乳)「オホホホホホホホ!高尾さんのチームには負けないわよ!」

風間「って、全員に抜かれたーーー!?」



79 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 00:02:55.27 ID:/2Je0aMl0

ラウオ「ふっ、まだ俺達がいるぜ!」

トキージ「ふっ」

風間「ふ、二人ブラザーズ!?」


ラウオ「風間、これを使え」

風間「なっ!これは二人三脚の足を結ぶ紐!?」

トキージ「俺達の巨大な足を結ぶには長さが足りなかったようだ…」

ラウオ「ふっ、鍛えすぎたのが失敗だったようだ」

風間「お前ら…本当にいいのか?」


トキージ「兄者がいいと言っているんだ。使え」

ラウオ「ああ。ただ…」



ラウオ・トキージ「次に勝負する時は、手加減しないからな」

風間「お前ら…」



80 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 00:08:03.71 ID:/2Je0aMl0

稲田『な、なんとーーー!ここにきて優勝候補の『キルミー+二人ブラザーズ』が棄権だーーーー!!!!』

やすな「そ、そんな…」

ソーニャ「これで帰れるな」

あぎり「楽しかったですね」



船堀「うぅ…緊張してうまく結べない…」

風間「船堀、もういい。後は俺が結ぶ」

船堀「か、風間さん。すいません。うまく結べなくて…」

風間「いや、いいんだ。おかげで勝てるからな」

船堀「え?」



81 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 00:11:27.46 ID:/2Je0aMl0

 
………


鋭太「いっちにっ。いっちにっ」

真涼「ふふっ、これで一位ね」

鋭太「ああ、楽勝だな」


ダダダダダダダダ


鋭太「な、なんだ!?」

風間「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!」

船堀「あぅ//」


真涼「なっ!」

稲田『なっなーーーーー!風間選手!船堀選手をお姫様だっこしてるだとーーーー!?』



82 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 00:15:05.45 ID:/2Je0aMl0

真涼「は、反則です!こんなの二人三脚じゃないわ!」

風間「ははっ。それが反則じゃないんだよな」

真涼「はあ!?どこがです?完全に反則じゃないですか!」

稲田『なっ、あ、あれはーーーー!!!』

真涼「え?」

稲田『風間選手の足と船堀選手の足が、しっかり紐で結ばれているーーー!?』

カオル『なるほど…二人ブラザーズの託してくれた紐を、元々風間選手が持っていた紐と組み合わせて長くして…』


風間「ああ、そういうわけだ。そもそもルールは『紐で足を結んで走れ』だからな」

真涼「なっ!?」

鋭太「た、たしかにっ!?」



83 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 00:18:44.25 ID:/2Je0aMl0

風間「俺達の勝ちだ!!!!!」

船堀「うぅ//」

芦花「…」

高尾「…」



稲田『決まったあああああああああ!』

稲田『1位は風間選手!2位は季堂選手!3位は之江選手!4位は長山選手!』

稲田『以上!上位4チームが3回戦に出場だあああああああああああああああああ!!!!』

ウオオオオオオオオオオオオオオオ



84 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 00:23:50.91 ID:/2Je0aMl0

真涼「そ、そんな…私達がまた2位だなんて…」

鋭太「真涼…」

風間「よし!あいつらに勝ったぜ!」

船堀「そ、その…ありがとうございました//」

風間「いや、こっちこそ。軽い船堀でよかったぜ」

船堀「そ、そんな…//」


ゴゴゴゴゴゴゴゴ


風間「ん?」

芦花「わぁい。風間さんが一位で嬉しいです」

高尾「…」グスッ

桜「へぇ、私より軽かったんですか?どうですか?先輩?」

風間「ど、どうしたんだ?お前ら…」





ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ



85 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 00:29:31.27 ID:/2Je0aMl0

 
………


カオル『本当に無駄に長くなったから、サクサク進めるよー』

稲田『3回戦はこれだぁ!!!!!!!!』

『ちょっと待ったああああああああ!!』

稲田『あ、あなたはぁぁぁぁぁ!!!』


風間「ここに来て、また新キャラかよ!!!」

千歳(土属性)「私だぁぁぁぁぁ!」

風間「って、お前かよっ!」


千歳「ふっ、正直、私の事を忘れていただろ?」

鋭太「…」

風間「…」


風間(すまん、本気で忘れてた)
鋭太(すいません、本気で忘れていました)



87 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 00:34:24.95 ID:/2Je0aMl0

千歳『まぁ、いい。次からは私も司会に参加させてもらうぞ』

稲田『では、気を取り直して…3回戦はこれだぁ!!!!!!!!』

『ちょっと待ったああああああああ!!』

稲田『な、なんだとぉぉぉぉ!?』

風間「こ、今度はなんだ!?」


千歳「私だぁぁぁぁぁ!」

風間「って、なんだよ!!!」


千歳『次を始める前に、次の試合は少し形を変えようと思う』

真涼「…」

風間「あー、もう早くしてくれよ」


千歳『まずは現在のチーム構成を発表しよう』

風間「あーもう!早くしろ!マジで話が進まねーんだよ!」



88 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 00:39:56.72 ID:/2Je0aMl0

■ゲーム制作部(仮)チーム
芦花(未出場)
高尾(未出場)

風間(出場済み)
船堀(出場済み)
クッシー(出場済み)


■自らなんちゃらチーム
千和(未出場)
姫香(未出場)

鋭太(出場済み)
真涼(出場済み)
愛衣(出場済み)


■最強チーム
多摩(未出場)
高不動(未出場)

桜(出場済み)
之江(出場済み)
松原(出場済み)


■変態チーム
中(未出場)
長沼(未出場)

長山(出場済み)
横縞(出場済み)
子王八(出場済み)



89 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 00:44:58.95 ID:/2Je0aMl0

千歳『3回戦は未出場者は全員参加してもらう!』

千歳『そして、ここからトーナメントとする!』

真涼「…」

千歳『フィフティーフィフティー藤崎!貴様が次にどのチームとどのチームが戦うか決めろ!』

藤崎「公平に決めるぜ!」



鋭太(なんだあいつ…自分で羅針盤の針を動かしてるぞ?)

藤崎「決まった!」

千歳『3回戦の発表だ!『自らなんちゃらチーム』vs『変態チーム』」

千歳『同時に、『ゲーム制作部(仮)』vs『最強チーム』だ!!」

千歳『そして、勝ったチームが4回戦…いや決勝進出だあああーーー!」

ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ


稲田『そして、ゲームの内容は……………』


稲田『大乱闘!フトリートブラザーズだああああああああああ!!!!』


芦花「!?」

高尾「なっ!」

姫香「!」

高不動「!?」



90 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 00:50:08.52 ID:/2Je0aMl0

風間「何だ…それ…」

稲田「説明しよう!」

風間「知っているのか稲田!?」

大乱闘!フトリートブラザーズとは!
2000年、ガフコンから発売された2D格闘ゲームである!」
当時、格闘ゲームはカプ○ンから発売された『ストリートファイター○』や
任○堂から発売されて『大乱闘!スマッシュブラザーズ』が人気だった

そこで、パクリ…参考にして作られたのが大乱闘!フトリートブラザーズ!!
パクリと騒がれない様にするため…いや、差別化を測るため!

なんと!登場するキャラは全てふとっちょ…いや『デブ』!!!

さらに!ゲームを買うと『ギガコーラ』という怪しいジュースが1ダースついてくる!魅力的なソフトである!

そして、当たり前のように売れなくて話題になっただけのゲームなのだ!!!!



91 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 00:55:57.05 ID:/2Je0aMl0

風間「何だそれ…」


高尾「あ、あぅぅ…」

風間「おい、ヨダレが出てるぞ」

芦花「知らないんですか!風間さん!」

風間「いや、今教えてもらったから知ってはいるが」

芦花「あれは、ゲーマーなら一度はやってみたいゲームなんですよ!」

風間「そ、そうか」



92 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 01:00:33.87 ID:/2Je0aMl0

カオル『じゃあ、まずは『自らを演出する乙女の会』vs『変態チーム』開始!』


千和「えーと、ゲームはよくわかんないけど頑張るね」

姫香「チワワ安心して。このゲームはわたしが相当やりこんでる」

姫香「それに4人同時プレイだから、わたしが相手を全員倒す」

千和「ひ、ヒメっちの背中が大きく見える!すごい!ヒメっち!頼りになる!」

姫香「フフン」

鋭太(あー、自信満々のヒメも可愛いなぁ~)



中(ドМ)「ほう、ゲームか…まったくわからん!」

長沼(アニオタ)「ふっ、任せてくれ」

中「長沼先輩はゲームがお好きで?」

長沼「ああ、ギャルゲーで鍛えた俺の腕を見せてやる!」

中「さすが長沼先輩!」

風間「あー、なんというかもう展開読めたわ」



93 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 01:02:34.11 ID:/2Je0aMl0

 
………


稲田『勝者は『自らをなんちゃら』チームだあーーーーーーーーーー!』

長沼「ぐっ!そんなバカなっ!」

中「俺達が負ける…だと!?」

姫香「正直、楽勝だった」

千和「わぁーい♪」

風間(やっぱりな)



94 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 01:08:00.59 ID:/2Je0aMl0

真涼「それより、問題は…」

千歳「ああ、次の試合だ」

真涼「ええ、その通りです」

鋭太「ん?何でだ?勝ったから関係ないだろ?」

真涼「はぁ…次に勝ったチームが、決勝で私達と戦うんですよ?」

鋭太「まあ、そうなるな」

真涼「正直、前生徒会長率いる『最強チーム』には勝てる気がしません」

鋭太「なっ!?」

真涼「あのチームは本当に化物ぞろい…よほど好条件でない限り勝てないでしょうね」

鋭太(ま、真涼が弱気に…それだけ前生徒会長は強いのか!?)



95 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 01:13:22.28 ID:/2Je0aMl0

 
………


稲田『勝者は『ゲーム制作部(仮)』チームだあーーーーーーーーーー!』

鋭太「展開はやっっっっっっっ!」

風間「急に展開早いな!おい!」


芦花「まあ、私と高尾さんがいるんですから、楽勝ですね」

高尾「というか、境先輩がゲーム出来ない時点で…もうね」

多摩「そ、そんなぁ…歌舞伎なら負けないのに…」

高不動「うーですのー」ポロポロ



97 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 01:19:00.91 ID:/2Je0aMl0

真涼「ふふっ。鋭太。私達の勝ちよ」

風間「なっ!?」

稲田『宣戦布告!?』

千歳『ほう、自信満々だな』

真涼「ええ、だって負ける要素がないんですもの」

真涼「現時点で、全員の参加が終わったということは…」


カオル『うん、夏川さんの言うとおり、次の決勝は誰が参加してもいいよ』


真涼「そういうことです。ただのケンカなら勝てませんが…」


真涼「こういう勝負なら『自らを演出する乙女の会』は負けません!」

鋭太「ああ、そうだな。何だかんだ言って、凄いメンバーだしな。うちは」

千和「夏川に言われるとむかつくけど…確かにあたし達ってすごいかも」

愛衣「はぁ…自信だけじゃ勝てないのよ?」

姫香「みんなで勝利!すっごく仲良し!頑張るー!」



98 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 01:23:55.29 ID:/2Je0aMl0

風間「はっ!うちを舐めないで欲しいもんだな!」

芦花「ええ、私達が力を合わせれば怖いもの無しです」

高尾「本当は(仮)に勝ってほしくないんだけど…はぁ…いいわ。二人ともやる気みたいだから私も負けない」

船堀「え、えーと、が、頑張ります!」

クッシー「うちも頑張るよ」

クッシー(…うち、勢いで出てきたけど、場違いやったかな…)



風間・鋭太「さあ、勝負だ!」





千歳『両チームとも覚悟はできたようだな…』

稲田『では、最後の本当に最後の…』

カオル『決勝戦を開始するよ!』


ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ



99 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 01:31:19.32 ID:/2Je0aMl0

千歳『さあ決勝戦ということで少し特殊なルールを行う』

千歳『まずは各チーム代表者を選出しろ』

千歳『そして、残ったメンバーは代表をサポートするというわけだ』


稲田『ちなみに、決勝戦の内容が決まってない為、内容が決まり次第、サポートできる内容が決まります』

千歳『そういうことだ。もし、『殴り合い』になった場合はサポートできないから注意な』

風間「へっ。面白れえ」

鋭太「『殴り合い』はゲームじゃないですから!」


千歳『ほら、まずは代表者をとっとと選べ』



100 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 01:35:34.89 ID:/2Je0aMl0

真涼「決まってますわね」

千和「そうだね」

姫香「うん」

愛衣「そうね。一人しかいないわね」

鋭太「え?」


真涼「さあ、鋭太くん、代表者として頑張ってください」

鋭太「お、俺でいいのか?」

愛衣「何を言ってるのかしら?季堂くんが良いって皆言ってるのよ」

姫香「ウン」

千和「しっかり、サポートするから頑張ってえーくん♪」

鋭太「おまえら…」



鋭太「ああ!俺に任せてくれ!」



101 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 01:39:58.39 ID:/2Je0aMl0

風間「…アイツ(鋭太)が来るのか…」

芦花「私が行きますね」

高尾「ここは部長の私が!」

船堀「あっ、その…」

クッシー「うちが行こうか?」

風間「いや!俺に行かせろよ!」


芦花「冗談です」

高尾「負けたら承知しないんだからね!」

船堀「頑張ってください。風間さんなら大丈夫です」

クッシー「自分を信じて…サポートはしっかりするから」

風間「…」

風間「はっ。こんなに応援されたら負けらんねーな」




風間「任せろ!絶対に勝ってくる!」



106 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 20:10:01.52 ID:/2Je0aMl0

■前回のあらすじ
突然ですが因縁は遥か過去にさかのぼる!


風間「さかのぼるな!さっさと始めるぞ!!」




千歳『さあ、くじをひくぞ…』

千歳『最後の種目は…これだ!』







千歳『エロ本争奪ゲームだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』



鋭太「エロ本争奪ゲームだとおおおおおおおおお!?」

真涼「あの男、一番に反応したわ。いやらしいわね」

千和「えーくん…」

姫香「エイタ…」

愛衣「大丈夫!男の子はそれくらいが一番なのよ!愛衣ちゃんが一番季堂くんを理解してるんだからねっ」

鋭太「お前らも少しぐらい驚けよ!」



107 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 20:15:33.58 ID:/2Je0aMl0

風間「はぁ…最後はこんなゲームかよ…」

鋭太「え?先輩知ってるんですか?」

風間「ああ、これはうちの部長が作った、ただのすごろくなんだわ」

鋭太「す、すごろく?」

芦花「え?え?え?」

鋭太「あ、あれ?柴崎先輩が作ったんですよね?何で驚いてるんですか?」

芦花「いいえ、私が作ったのは『宇宙エロ本争奪ゲーム』ですよ?」

鋭太「『宇宙』……?」

風間「ん?どういうことだ?」



108 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 20:21:28.05 ID:/2Je0aMl0

真涼「ま、まさか!?こ、これは!!」

千歳『ほう、さすがに察しがいいようだな。そうこれは!』

千歳『それぞれの部屋を漁り、何冊のエロ本を争奪(GET)できるか競うゲームだ!!!』

鋭太「なっ!?」

風間「なんだなんだそれはーーーーーー!!!」



千歳『お前ら察しが悪いな。簡単に言うと、お前(風間)とお前(鋭太)の部屋に行って、何冊のエロ本を所持しているか…』

風間「うっせえ!誰がやるかそんな事を!」

真涼「ふっ、ここでサポート役の私達の出番のようですね」

鋭太「真涼!?」

芦花「そうですね。私達が部屋を漁りますので、風間さんはお気にせずに」

風間「余計、気にするわーーーーーーーーー!!!!!」



109 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 20:28:17.53 ID:/2Je0aMl0

 


ガシッ


風間・鋭太「!?」

芦花「暴れられても面倒なので」

真涼「二人とも椅子に縛りますね♪」


風間・鋭太「ちくしょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」



110 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 20:35:26.56 ID:/2Je0aMl0

高尾「え?え?どういう事?」

クッシー「っ~//」

高尾「あれ?何でクッシー先輩は顔を隠してるんですか?」

船堀「//」

高尾「船堀さんも赤くなって…風邪でも引いたの?」

千歳「何言ってんだお前。ほら、さっさとアイツの部屋に行ってエロ本を漁って来い」


高尾「え?風間がそんな気持ち悪い本を持ってるわけないじゃない」

真涼「なっ!?」

愛衣「こ、この人…まさか男子がそんな本を持ってないと信じて…」

千歳「うわああああ、こっちを見るなーーーピュアすぎて浄化されるーーーー」



111 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 20:42:14.31 ID:/2Je0aMl0

高尾「ね?持ってないわよね?風間はそんな人じゃないよね?」

風間「………あ、ああ。………俺が持ってるわけ……ねーだろ…」


稲田『この反応!絶対に持ってるぞーーーー!さあ探せーーーー!』

高尾「え?え?え?」

風間「うおおおおおおおおおおおおお!殺してくれええええええええええええ!誰かーーーーーーーー」



桜「私達も手伝うよ!ね?之江っち」

之江「…」

風間「お願いだから誰か止めてくれーーーーーーーーー」



112 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 20:48:52.39 ID:/2Je0aMl0

真涼「ちなみに私は鋭太くんがどこに隠してるか、だいたい知っているので簡単です」

愛衣「なっなんで知ってるのよ!」

真涼「だって、彼女ですから。ええ、彼女ですから。こんなもの楽勝です」

千和「へ、へぇ…」


真涼「でも、もしもですが、『幼なじみの本』があったら…わかってるわね?鋭太くん?」

千和「そんなぁ…えーくんったら//」

鋭太「うわあああああああああああああ。ありませんよー。だから探さないでーーーーー真涼さーーーーーん」



鋭太「ちくしょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

鋭太(…なーんてなっ)

鋭太(甘いぜ真涼!そうお前の唇のように甘いぜ!)

鋭太(こんな事もあろうかと、3日前にエロ本は全部データ化させてパソコンの中だ!)

鋭太(だからどんなに探そうとも、エロ本は一冊も見つからないぜ!)

鋭太(俺の勝ちだ!真涼!)


鋭太「ちくしょおおおお!みんなやめてくれーーーーーーー」

真涼「…」



113 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 20:56:25.29 ID:/2Je0aMl0

■1時間後~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

稲田『さあ、結果を聞きましょうか!』


桜「たくさんあったよー。巨乳物ばかりだけど…」

風間「殺してくれえええええええええええええええええええええええええええええええ」


芦花「…」ゴゴゴゴゴゴゴ

之江「…」

船堀「…」

高尾「…ひっ、ぐすっ。風間があんな本を…」ポロポロ



117 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 21:03:16.55 ID:/2Je0aMl0

稲田『さあ、争奪したエロ本は後で見るとして…『自らをなんちゃら』の方はどうだったでしょうか?』




真涼「ええ、残念ながら一冊も見つかりませんでしたわ」

鋭太「…」ニヤッ

稲田『な、なんだとーーーーーーーーーー!?』


真涼「ですので、パソコンの中にあった、大量のエロ本のデータをBD(ブルーレイ)に焼いてきましたわ」

鋭太「な、なんだとーーーーーーーーーー!?」

愛衣「お姉さん系が大好きだなんて…でも、大丈夫!私頑張ってそういう風になるからねっ!」

姫香「わたしも頑張る!」

千和「…」

鋭太「殺してくれえええええええええええええええええええええええええええええええ」


真涼「ふふっ、お姉さん系と言えば私。そう鋭太くんはやはり彼女である私が大好きみたいです」

愛衣「なっ」

鋭太「もうやめて!僕のライフはとっくに0だよ!真涼さん!!!」



118 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 21:09:48.59 ID:/2Je0aMl0

カオル『これは大変な戦いだったね…」

稲田『ええ、まさかここまでの被害者が出るとは…正直予想にもしていませんでした』

鋭太「お前ノリノリだっただろうが!」

千歳『ああ…やはりゲーム大会は恐ろしいな』

風間「主にテメーらのせいだよ!」




稲田『では、エロ本の集計に入りたいと思います』

カオル『ここからは個人のプライバシーの問題がある為、生徒会室で集計するね』

鋭太「ここまでやってプライバシーも何もないよなっ!?」

千歳『気にするな。私達3人だけで集計をやるからな。絶対に部外者に洩らさないから安心しろ』ニヤニヤ

風間「テメーは漏らす気満々だろっ!」



119 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 21:14:44.17 ID:/2Je0aMl0

 
………


稲田『集計が終了しました!』

稲田『風間選手71冊!季堂選手72冊!』

鋭太「なっ!」

真涼「…」

鋭太(俺はそんなに持ってねーぞ!…ってことは…)

真涼「…」クスッ

鋭太(こいつ!データを捏造したなっ!?)



稲田『では、最後の勝者を発表します!』



120 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 21:20:01.65 ID:/2Je0aMl0

稲田『優勝は…』


稲田『季堂鋭………』


千歳『ま、待て!あれは!!!』


稲田『え!?』



風間「ん?何だ…本が落ちてきた…」

風間「こ、これは!!!!!」


千歳『猫のヌード写真だああああああああああああ!!!!』


風間「って、普通の猫の写真集じゃねーか!」


「間ニ合ッタヨウデスネ」


風間「なっ」



121 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 21:24:35.20 ID:/2Je0aMl0

ショーン・コネコネ先生「風間。ソレハ私ガ借リテイタ本デス」

鋭太「渋いっ!!!」

風間「ショーン・コネコネ先生!!」

ショーン・コネコネ先生「司会。コレデ風間ノ本ハ72冊デスネ」

真涼「なっ!?」

稲田『え?ええ。まぁ、猫の裸の写真ですし、エロ本として数えても差し支えないかと…」

風間「差し支えあるだろ!!!」



122 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 21:28:44.07 ID:/2Je0aMl0

千歳『なっ…ま、まさか…』

ショーン・コネコネ先生「フッ。サア稲田サン。コノ長キ戦イヲ終ワラセテ下サイ」


稲田『は、はい!優勝は…』


稲田『まさかの同点で『ゲーム制作部(仮)』と『自らを演出する乙女の会』が優勝だあああああああーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!』

ウオオオオ?



123 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 21:36:27.50 ID:/2Je0aMl0

千歳「…」

真涼「…」

千歳「そういえば、同点の時、どうするかを決めてなかったな」

真涼「いいえ、あなたは言いましたわ『どっちも勝ち残れなかったら、今回の件は白紙。ただし、お前達の部費は少し減らさせてもらう』」


真涼「今回は『どっちも勝ってる』し『どっちも負けてる』と取れると思いますわ」

千歳「なるほど、『どっちも勝ち残れなかった』と取れるわけか」

真涼「だから、部費の一部を渡しますわ。好きに使ってください」

千歳「釈然としないが…。当初の目的もあるし、部費は素直に受け取るぞ」

真涼「ええ、後日、生徒会室に持ってきますわ」



124 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 21:41:25.43 ID:/2Je0aMl0

千歳「今回はいい勝負が出来た。またゲームをしような」

真涼「いえ、お断りしますわ」

千歳「ははっ。ったく、面白い後輩がいたもんだ」

真涼「ふふっ」



鋭太「なぁ、よかったのか?」

真涼「まったく…いいわけないでしょう」

鋭太「…にしては、簡単に部費を渡したな」

真涼「ええ、あの先生が相手じゃね…」

鋭太「え?」



125 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 21:45:54.40 ID:/2Je0aMl0

ショーン・コネコネ先生「サア、烏山サン。例ノ物ヲ」

千歳「…ったく、先生はどこまで知ってたんですか?」

ショーン・コネコネ先生「愛スル生徒ノ事ナラ…ネ?」

千歳「はぁ…」


稲田「え?ん?さっきから展開に納得行かないんですが…」

千歳「ああ、今回の騒動の答え合わせだ」

稲田「え?」

千歳「ヒントだ。今日は何月何日だ?」

風間「4月10日だな…」

芦花「!!」

千歳「そういうことだ」







千歳「誕生日おめでとう。芦花」



126 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 21:52:17.18 ID:/2Je0aMl0

芦花「…ぁ」

千歳「今回のゲーム大会は楽しめたか?」

芦花「……そ」

千歳「誕生日プレゼントはゲーム制作部(仮)の合宿だ。一緒に楽しもうな」

芦花「そんな、私の誕生日の為に…」

千歳「何言ってんだ?お前の…大切な親友の誕生日だからこそ、用意したんだよ」

芦花「……ありがとう、本当になんて言っていいか。本当にありがとう。千歳」

千歳「ああ、おめでとう」



127 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 21:56:34.88 ID:/2Je0aMl0

 
\パーン/\パーン/\パーン/\パーン/\パーン/\パーン/


ショーン・コネコネ先生「誕生日オメデトウ。体育館ニ移動シマショウ。パーティーノ準備ガ整ッテイマス」

風間「そうか。コネコネ先生は気付いていて、無理矢理俺に猫の本を渡して…」

鋭太「なるほど、こういうことだったのか…」

真涼「もし、私達が優勝してしまったら…この誕生日は台無しに…」

風間「やれやれ…結局は…」




一同「コネコネ先生が解決するのかよ!」








128 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 22:02:26.79 ID:/2Je0aMl0

 
………

「いやーおめでたいな」

「体育館にケーキとかあるらしいぜ!」

「よっしゃ行くか!」



風間「…」

鋭太「…」

風間(誕生日はおめでたいが…)

鋭太(エロ本の冊数に…もっていたジャンルが全校生徒に知らされて…)


風間・鋭太「死にたい…」


「そのくらい気にするな!」


風間・鋭太「お前達は!」



129 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 22:07:55.87 ID:/2Je0aMl0

中(ドМ)「可愛い女子に自分の性癖を見られるなんて気持ちいじゃないか!」

風間「俺とお前を一緒にすんな!」

横縞(風間一派のチビ)「堅ちゃん。男なら誰だってエロ本くらい持ってるから気にすんな!」

長山(風間一派のノッポ)「逆に持ってない奴が気持ち悪いぜ」


大濠(24禿夜行の一人でクラスメイト)「風間君!季堂!エロ本くらい普通だ!よかったら交換しようぜ!」

篠崎(クラスメイトの眼鏡)「ちなみにここは読み飛ばしても問題ないぜ」

室見(テキサスチャーシュー室見)「うちの店にだってエロ本くらい置いてるしな」

赤坂(変な口してる奴)「エロ本持ってない奴なんていないよなー」トホホ

蛭浜(家に犬猫十匹以上飼ってる奴)「猫の写真集…ハァハァ」

天神(自称禿じゃない天神)「女子だってそれくらい認めてくれるさ」

藤崎(ザ・フィフティー・フィフティー篠崎)「フィフティーフィフティーで男子はエロ本を持ってるよ」

中洲(24禿夜行の一人)「フッ。俺なんてエロDVDを20歳と偽ってたくさん買ってるしな」

川端(24禿夜行の一人)「オイラも持ってるぜ」

小田原(魔の十四楽団リーダー)「ああ、俺なんて、ゲーセンのUFOキャッチャーで、可愛いフィギュアがあると、下から覗いたりしてるしな」

高崎(魔の十四楽団実質リーダー)「それは…ドン引きだぞ。リーダー…」

高麗河(魔の十四楽団グラサン)「ふっ、リーダーを助けるのも俺達の役目。リーダーはやれる事をやってくれ」

拝島(魔の十四楽団の変な眼鏡)「高尾さんの同人とかないかな?」ドキドキ

毛呂(魔の十四楽団のデブ)「リーダー…俺はあんたについていくぜ」

松久長男(魔の十四楽団の高尾の隠し撮り写真を持っていた奴)「ちなみに女子更衣室の写真もあるぜ!もちろん誰もいない時の写真やんす!」

金子(魔の十四楽団の帽子)「宇宙エロ本争奪ゲームこそ。男のロマン」

新木場(グラサンが似合う男)「ふっ。俺はロリ派だ?」

大崎(おさげの似合わない男)「まー」

東・T・京(栗みたいな頭のデブ)「ふっ、そろそろ台詞のネタがないぜ!」

東雲(フードを被った厨二病)「俺は巨乳はだ」

大井町(常に背を向ける厨二病)「風間…季堂…俺はお前たちを尊敬する」

示場(ガイルヘアー)「いやいや、はっはっはっ」

品川(ドヤ顔眼鏡)「はっはっはっ、いやいや」

田町(眼鏡をおでこに掛ける男)「どんまい」

風間「お前ら…」

鋭太「先輩達…」



130 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 22:10:57.78 ID:/2Je0aMl0

長沼(アニオタ)「彼女はPCの中…お前はよくわかっている」

鋭太「先輩…」

風間「ちなみにこいつリアルの彼女がいるっすよ」

鋭太「!?」

長沼「このリア充め!滅べ!」

鋭太「どうしてこうなるんだー!!」



131 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 22:16:52.92 ID:/2Je0aMl0

 
………


風間「そうだな。男子はこれくらい普通だよな」

鋭太「ええ、そうですよね。わざわざ隠していた自分が恥ずかしいです」

風間「いや、そこは恥ずかしがった方がいいと思うぞ」


鋭太「皆さん!わざわざ俺達の為に来てくれて」

風間「まぁ、その…ありがとうな」


中「ふっ…」

男子一同「どういたしまして!」




子王「まぁ、でも72冊のエロ本は多いと思うけどね」

風間「テメー!最後の最後で台無しにすんなっ!!!」

鋭太(そういえば、俺は72冊のエロ本を持つ男になったのか…はぁ…)



132 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 22:19:06.96 ID:/2Je0aMl0

風間「まぁ、そのなんだ」

鋭太「え?」

風間「今日はいい勝負だった。楽しかったぜ。またやろうな」

鋭太「…はい。今度は勝ちますよ」

風間「それは俺の台詞だ」



男子一同「うおおおおおおおおおおおおおお!」



133 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 22:24:12.59 ID:/2Je0aMl0

 
……………………………………………………

■体育館(パーティー会場)

愛衣「やぁんっもうっ最高ねっ♪このケーキっ♪」

姫香「美味しい」モグモグ

千和「あっカツサンドもあるっ!肉っ肉っ♪」



風間「って二人は知ってたのか」

船堀「その…烏山さんにサポートするように言われて」

クッシー「烏山さんはゲーム大会に参加せずに、裏で色々準備してたんだよね」

風間「はぁ~。あの会長にそんな甲斐性があるなんてな…」


クッシー「ちなみに、このケーキは船堀さんが作ったんよ?」

風間「ん?ああ、だから美味いんだな。やっぱり船堀が作ったものは美味いぜ」

船堀「あ、ありがとうございます」

クッシー「…」


クッシー(本当に嬉しそうな顔しちゃって…青春だね)



134 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 22:30:24.94 ID:/2Je0aMl0

 
………


稲田「だから、男子はああいう本を読むのは普通なんですってば」

高尾「そ、そうなの?」

稲田「ええ、そうなんですよ。だからそれで騒いだら、嫌われちゃいますよ」

高尾「べ、別にあいつなんかどうでもいいし」


稲田「というか『宇宙エロ本争奪ゲーム』は普通にプレイできるのに…」

高尾「あれはゲーム!本物はダメなの!」

稲田「とにかく!年頃の男子は傷付きやすいんですから、気にしない態度を取ってあげないと」

高尾「う、うぅ…」

稲田「ほら、例のあいつが来ましたよ」

高尾「なっ」


風間「よ、よぉ」

高尾「…」プイッ

風間「えーと、その…なんだ…」

風間(ぐっ、あんな本を見られた後に、何て声をかければいいんだよ!)



135 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 22:34:32.58 ID:/2Je0aMl0

高尾「…」

風間「あー…そのな…」

高尾「…」

風間「いや、あの…その…あれだ……」

高尾「……………………………………ぷっ」

風間「ん?」

高尾「あはははははははは」

風間「な、何で笑ってるんだ…」


高尾「だって、あんたの顔が何か必死で…あはははは、何かその表情始めて見ちゃった」

風間「はぁ?俺そんなに必死だったか?」

高尾「ええ、必死だったわ。本当に…ね?」

風間「…」



136 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 22:38:39.59 ID:/2Je0aMl0

高尾「うん、なんかごめんね」

風間「いや、俺の方こそなんかすまんな」

高尾「ううん、私が悪かったの。本当にごめん」

風間「…」

高尾「…」


風間「あー!もう!辛気臭いのは無しだ!ほら一緒に飯でも食おうぜ!」

高尾「う、うん♪」


稲田(高尾部長!一皮むけましたね!これからも頑張れ!部長!)



137 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 22:41:45.54 ID:/2Je0aMl0

 
………

高尾「これも美味しいわね」

風間「おっ、本当だなっ…って、之江?」

之江「…」プイッ

風間「の、之江ーーーーーー!?」

風間(そ、そういえば、之江にもあの本を見られたんだった…)

風間(やっぱり死にたくなってきた…)



138 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 22:46:48.51 ID:/2Je0aMl0

風間「その…之江…あれだ…そのなんだ…」

桜「之江っちは、『妹物の本』が無かったことに怒ってるんだよねー」

之江「なっ!べ、別に怒ってないし!」

桜「えー?じゃあ、なんでそんなにイライラしてるの?」

之江「してない!」

桜「えー?してるよ?」

之江「してないし!」

風間「おい、ケンカはやめろって」

之江「…」

風間「之江?」

之江「お兄ちゃんのバカっ!!!!」

パチンッ

風間「な、なんでだ…」

桜「あははははは」



139 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 22:52:04.73 ID:/2Je0aMl0

 
………



高尾「芦花。誕生日おめでとう」

風間「よう。誕生日おめでとう」

芦花「ま、まさか今日が私の誕生日だったとは…」


風間「ん?忘れてたのか?」

芦花「覚えていたら、朝からみんなに催促をしたのに…」

風間「…覚えてなくて正解だったな」


芦花「というか、何なんですか!もうー!プレゼントは!?私の誕生日を忘れていたんですか?」

高尾「私、あなたの誕生日知らなかったし」

風間「俺もだ」



140 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 22:57:08.59 ID:/2Je0aMl0

子王「ちなみに僕は覚えていましたよ」

桜「私も知ってましたー♪」

大沢(雷属性)「もちろん私もだ」

風間「俺はお前らの存在を忘れていたぞ!」


桜「やだなー。1回戦で活躍したんだけどなー。まぁ、3位だったんだけどね」

子王「僕は4位でした!」

大沢「その時間…私は職員室で寝ていたな!!」

風間「生徒の誕生日の時ぐらい起きてろ!」



大沢「まぁ、そういうな。『覚えていた』私たちからプレゼントだ」

風間「いや、俺達は知らなかっただけで、決して忘れていたわけじゃねーからな!」

高尾(『俺達』って、まさか…風間と私の事かな…)ドキドキ



141 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 23:01:48.32 ID:/2Je0aMl0

大沢「さあ誕生日プレゼントを渡すぞ!」

芦花「…」ドキドキ

子王「…」

桜「…」

大沢「…」


子王「せ、先生?」

桜「先生ー?」

大沢「…」

風間「お、おい、どうした?」


大沢「すまん、3人でお金を出し合って買ったんだが、家に忘れてきた」

風間「もうっ!グダグダだな!テメーは!!!」



142 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 23:05:28.55 ID:/2Je0aMl0

芦花「いえ、いいんです」

高尾「え?」

芦花「今日はみんなに祝って貰って…その気持ちだけでとっても嬉しいんです」

芦花「本当にありがとうございました」ニコッ

風間「お前…」

高尾「あんた…」

風間・高尾(本当に嬉しそう。来年は何か用意してあげよう…かな)


モブ一同「柴崎さん誕生日おめでとうーーーーーー」

つつじ(芦花の妹)「お姉ちゃん!誕生日おめでとーーーーーーーー」

風間「って、うおおおお!たくさん何か来たーーー!?」

高尾「きゃあ」

風間「大丈夫か!高尾!」ダキッ

高尾「きゃあ//」

芦花「って、何で高尾さんを助けるんですか!ここにもう一人!か弱い女子が!」

風間「テメーはか弱くねーよ!!!」

芦花「誕生日なのに!誕生日なのにーーーーー!!!!!」



143 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 23:11:18.39 ID:/2Je0aMl0

 
………


ぎゃーぎゃーわーわー



真涼「はぁ…」

鋭太「ん?どうしたんだ?お前も食えよ」モグモグ

真涼「私がこういうパーティーも食事も嫌いなの知ってるでしょ?」

鋭太「…ああ、知ってるよ」

真涼「じゃあ、いちいち声を掛けないで頂戴」



144 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 23:14:32.74 ID:/2Je0aMl0

鋭太「でもさ、今日のゲーム大会は楽しかったろ?」

真涼「…別に」

鋭太「嘘付け。勝つために皆で全力出してさ。お前、勝つ手段考えるのも、すっごく楽しんでるように見えたぞ」

真涼「…」

鋭太「まあ、負け…同点だったのは惜しかったけどな」

真涼「その通りよ。勝たないと何も意味がないの。部費も減っちゃったし」

鋭太「そう言うなって。そのかわりに…」

真涼「そのかわりに?」


鋭太「ほら、『あーん』」

真涼「…は?」

鋭太「ほら、偽彼氏(フェイク)からの『あーん』だぞ。食べないとダメだろ?」

真涼「何で食べないとダメなのよ…偽彼氏(フェイク)の癖に」

鋭太「偽彼氏(フェイク)だからこそだよ。ほら偽物は本物以上に演じないとダメなんだろ?」

鋭太「だったら最後まで演じて見せろよ。夏川真涼」



145 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 23:19:49.76 ID:/2Je0aMl0

真涼「…」

鋭太「ほら」

真涼「はぁ…」


パクッ


鋭太「おっ、どうだ?美味いだろ?」

真涼「いいえ、美味しくないわ」

鋭太「…口に合わなかったか…真涼が好きそうな物を選んだんだが…」

真涼「でも、暖かい気持ちになれたわ…」

鋭太「え?」

真涼「少しだけよ…本当に少しだけね」

鋭太「…」


千和「あー!こんな所で二人で何してんのーーー!?」



真涼「あらあら、怖い幼なじみさんが来ましたわ。ほら、行くわよ。私の彼氏さん?」

鋭太「はぁ…はいはい、行きますよ。彼女さん」




鋭太(ちぇっ。本当に本当に…素直じゃない奴)



146 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 23:22:23.19 ID:/2Je0aMl0

 
………


芦花「千歳。さっきの『楽しめたか?』の答えですが…」

千歳「ん?何だ?」

芦花「ええ、今日はとっても楽しかったです」

芦花「それに憧れの合宿まで…」

千歳「…といっても、先生のおかげだがな」



147 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 23:26:06.64 ID:/2Je0aMl0

芦花「いいえ、そんな事ありません。千歳が一生懸命頑張ってくれた結果です」

千歳「…」

芦花「本当に…本当に…」


芦花「最高の誕生日と、誕生日プレゼントをありがとうございます」ニコッ

千歳「ん……まぁ、そのなんだ…」






千歳「誕生日、本当におめでとう。芦花」








       終わり



148 : ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/10(木) 23:26:35.75 ID:/2Je0aMl0

これにて終わりになります!
芦花誕生日おめでとう!



転載元
風間「自らを演出する乙女の会?」鋭太「ゲーム制作部(仮)?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396702167/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (17)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月11日 01:24
          • えぇ・・・
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月11日 02:56
          • 4 しかし本当に何でもありだったなw

            合宿編もくるのかな
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月11日 03:15
          • 相変わらず怒濤のモブ推しよ。にしても多摩ちゃんゲーム弱かったのは意外だったなあ原作で触れてなかったとはいえ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月11日 04:31
          • クレヨンしんちゃんじゃないのか
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月11日 07:30
          • タマ先輩ってちゃん呼び風間以外に強制させてたっけ?
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月11日 08:01
          • アニメで芦花にさせてたな


            というかモブにほたるんがいるなw
            次はディーふらぐ×のんのんびよりかな?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月11日 11:31
          • 府中つながりでいつかはやると思ってたが、相変わらず良いドタバタ感だ
            クッシー先輩マジ天使、コネコネ先生マジダンディ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月11日 11:57
          • 2 まさかの誕生日ネタw

            本当に誕生日ネタ好きだな
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月11日 13:48
          • 5 あいかわらずおもしろい
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月11日 14:15
          • 2 ディーふらぐはともかく、もう片方の方はまったく知らんから面白くない。
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月11日 17:45
          • しれっとはたらく魔王さまが混じってるが、
            意味がわかりませんでした。
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月11日 18:43
          • 5 両方とも知ってたから面白かった
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月12日 03:14
          • 知らないから面白くないって傲慢にもほどがあるだろ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月12日 17:28
          • 5 クロスオーバーかと思いきや、クロスなんてレベルでないくらい大渋滞でわさわさしてたでござる。
            でも、わりとわかりやすいネタが多かったし、相変わらず読みやすかったから、楽しめたでござる。
            しかし、非合法非ロリとは…w
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月20日 01:35
          • ショーン・コネコネ先生まじで渋カッコいい!
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月27日 03:29
          • やすな(バカ)で不覚にもww
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月13日 00:51
          • クロスというか、カオスとしてクオリティかなり高いな

            ※10
            自らの無知を、自分から告白するって…

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 彡(゚)(゚);「あぶない!」(´゚ω゚`;)「うわあああ!」
        • 彡(゚)(゚);「あぶない!」(´゚ω゚`;)「うわあああ!」
        • 【アイマス】春香「プロデューサーさん!」男「えっ?」
        • いじめっ子「昔お前いじめてたよな...本当にごめん」彡(^)(^)「何言ってんねや もうええんやで」
        • バーン「ハドラーよ、2020夏アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020夏アニメのオススメは何だ?」
        • 暴走族の総長「俺の女になれや」優等生JK「私、不良の男の人とか嫌いなので無理です」
        • 男「ゲームでどんな名前をつけてた?」
        • J( 'ー`)し「ワイは結婚しないんか?」彡(゚)(゚)(キタ!!)
        • 幼じょりーん「じょじょのきみょうなぼうけん」
        • 幼じょりーん「じょじょのきみょうなぼうけん」
        • 幼じょりーん「じょじょのきみょうなぼうけん」
        • オレ「ライターで火つけるか」ボッ エルフ♀「詠唱無しで火炎魔法を炸裂させるだと…!?」
        • 先輩「イクラはイクラでも食えるなw」先輩B「ギャハハw」ワイ「はは……w」
        • DQN「おう姉ちゃん」幼馴染(美少女)「ひっ...」ワイ「...」
        • 俺「拳銃を持った相手は危険だと思うか?」モブ「そりゃ危険じゃないですか!」俺「素人だな」
        • 主人公「人を食ってないならキミはまだ人間だよ、さぁ早くここから逃げるんだ」怪物「うぅ、ありがとう……」
        • ホラー映像番組視聴中妹「…」俺「わあああっ!!」妹「…」ビクッ
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ