TOP

【三題噺】「サンザシ飴」「プロレタリア独裁」「童○喪失」

1:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 13:04:59.25 ID:9aNlzy2go

三つで書きます



2:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 13:06:13.71 ID:y6lJwDWlo

サンザシ飴



3:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 13:07:03.50 ID:QKVmtz+go

プロレタリア独裁



4:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 13:07:28.01 ID:Rvvf0IwY0

童貞喪失



8:サンザシ飴、プロレタリア独裁、童貞喪失:2014/03/19(水) 18:39:45.43 ID:9aNlzy2go

コンクリート打ち放しの硬い廊下を歩く。

高らかに響く足音が癇に障るが、自分ではどうしようもない。

ここに来る前にかけられた、仲間達の言葉を思い出す。

――初めてなんだろ? しっかりやってこよ

――お前は違うってことを見せてみろ

――できないって言うなら俺が行っても良いんだぜ?

――男を見せろよ

――これ、持ってるか? 持ってないなら俺のをやるよ

手に握らされたそれを見ながら独りごちる。

「こんなの、普通持っているわけないだろ……」

溜め息なのか、緊張のあまり息が荒くなっているのか、もはや自分でもわからない。

落ち着け、大丈夫だ、と自分を鼓舞しながら廊下の角を曲がると、突き当たりにくすんだ緑色の扉が見えた。

一際大きく心臓が高鳴る。

あの扉の向こうに、彼女がいる。

僕の、最愛の恋人。



9:サンザシ飴、プロレタリア独裁、童貞喪失:2014/03/19(水) 18:40:42.89 ID:9aNlzy2go

軽くノックをすると、少し時間をおいて、どうぞ、と声がかかった。

扉を開き中に入ると、ベッドに横たわる彼女が見えた。

「……やあ」

「いらっしゃい。ノックなんて良いのに」

「うん……」

「あなたらしいと言えば、あなたらしいけれど。それで、あなたがここに来たというのは、やっぱりそういうことなのかしら?」

いたずら気な視線を寄越す彼女にはなにも答えず、扉の側にあったパイプ椅子を掴むと、ベッドの近くに運び、腰をおろした。

お互いに手を伸ばせば、届く距離。

彼女をじっと見つめると、彼女もなにも言わずに僕を見つめ返してくる。

しばし見つめあったが、こういうときに根負けするのは、いつも僕の方だ。

「……そうだよ。多分、君の考えている通りだ」

僕の言葉に彼女は微笑む。

その眩しさに僕は視線をそらし、ふわふわとさまよわせたが、結局は観念した。



10:サンザシ飴、プロレタリア独裁、童貞喪失:2014/03/19(水) 18:41:14.94 ID:9aNlzy2go

「これ、次来るときにって頼まれていたやつ」

上着のポケットをあさり、サンザシ飴を取り出す。

それを見たとたん彼女は左目を可愛らしくまるく見開いた。

「ねえ、あなた? 私はサンザシの花をお願いしたのだけれど?」

「花……、咲いてなかったんだ」

ぼそりと拗ねたように呟くと、彼女は堪り兼ねたように笑い出した。

憮然とした顔の僕をよそに、いつまでも笑っていた彼女は、咳き込むほどになってようやく笑い終えた。



11:サンザシ飴、プロレタリア独裁、童貞喪失:2014/03/19(水) 18:43:52.19 ID:9aNlzy2go

「サンザシ飴、嬉しいわ。ありがとう」

「大笑いしたくせに。もっと手に入りやすそうなやつなら言ってくれれば今からでも――」

「ううん。良いのよ。あなたが持ってきてくれた、それが良いの」

その言葉に我ながら単純にも多少溜飲を下げて、渡そうと手を伸ばすが、彼女がそれに答える気配はない。

あっ、と気付いたがもう遅かった。

僕はよほどばつの悪そうな顔をしたのだろう、彼女は「ごめんね、今は食べられないの」と謝ってきた。

「いや、僕の方こそ……」

それから先は言葉にならない。

「見えるところに置いてくれる?」と言った後、押さえ込むかのように軽く咳き込んだ彼女。

どこに置こうか少し迷ったが、僕と彼女の間、ベッドの端に置くことにした。



12:サンザシ飴、プロレタリア独裁、童貞喪失:2014/03/19(水) 18:44:47.49 ID:9aNlzy2go

咳き込みながらしばらくサンザシ飴を見つめていた彼女は、咳が収まるのを待って、おもむろに口を開いた。

「ねえ、少しお話しようか?」

僕は静かに首を横に振った。

もう時間だ。

僕はすべきことをしなければならない。

「去年、一緒に行ったスミレ畑、覚えている?」

やめてくれ、と首を振る。

「初デートの帰り道、二人で見上げた夜空は?」

それでも彼女は続ける。

「あなたが子供の頃に贈ってくれた指輪、
まだ大切にしまってあるのよ」

やめろ……。

「サンザシ飴、ありがとう。……ねえ、サンザシの花言葉、知ってる?」

「やめろ!」

椅子を蹴飛ばし、荒々しく立ち上がると、右手に持った銃を彼女の眉間に突き付けた。

ここに来る前に、仲間の一人に渡された銃だ。



13:サンザシ飴、プロレタリア独裁、童貞喪失:2014/03/19(水) 18:45:43.02 ID:9aNlzy2go

「スミレ畑? もう行けないくせに!」

彼女の両足は、腱を深くえぐられている。

「星空だって見えやしない!」

彼女の右目は、えぐり抜かれ、殴られ過ぎた左目は充血してくすんでいる。

「指輪なんてあったって、嵌めることなんてできやしない!」

彼女の両手は、親指以外切り落とされている。

「サンザシの花言葉!? 知ったことか!」

彼女の口は、ほとんどの歯が砕けてしまっている。

怒りなのか、悲しみなのか、よくわからずも、その衝動に突き動かされ、叫ぶ。

「どうして仲間達を、――僕を裏切った!」



14:サンザシ飴、プロレタリア独裁、童貞喪失:2014/03/19(水) 18:46:17.57 ID:9aNlzy2go

東欧のとある国の内紛に端を発した戦争は、瞬く間に世界を覆い、災禍を撒き散らした。

それはこの国でも例外ではなく、戦争が終わってからも災禍は燻り、やがて革命へと発展した。

貧困の格差に堪り兼ねた労働者達が、打倒資本主義を掲げたのだ。

僕と彼女は、親がそうであったように、プロレタリアの側に立って革命に身を投じた。

そうして、その革命成就の間際、彼女は裏切った。

「君の密告で、仲間が大勢死んだ」

「……知ってるわ」

「皆は、仲間達は理由を知りたがっている」

「理由なんて意味ないでしょう? 例えば金に目が眩んだとして、例えば家族を人質に取られていたとして、どちらにしろ私のせいで大勢が死んだことには変わりないわ」

「だからって、どうして君はそうなんだ? どうしてそんな、落ち着いているんだよ……」

「だって、こうなることはわかっていたもの」



15:サンザシ飴、プロレタリア独裁、童貞喪失:2014/03/19(水) 18:46:48.33 ID:9aNlzy2go

堪えきれず、僕の目から涙がこぼれた。

彼女は、僕の顔をみて、僕に何が起こったのか察していたのだろう。

申し訳なさそうな顔で呟いた。

「ごめんなさい。私のせいで、あなたまで疑われたのね」

「そんなことはどうだって良いんだ。僕が泣くのはそんなことじゃない。……どうして、僕に話してくれなかったんだ。僕は――」

――君と一緒なら

その言葉は彼女に遮られた。

「あなたは嘘がつけないもの」

それを言ってしまったら僕がどうなるか、彼女にはわかっているのだろう。

「結果的に、あなたを裏切った形になったかもしれない。だけど、これだけは覚えていて。私はあなたが本当に好きだったわ」

その言葉を最後に彼女は目を瞑った。



19:サンザシ飴、プロレタリア独裁、童貞喪失:2014/03/19(水) 19:22:27.69 ID:9aNlzy2go

携帯を取り出し電話を掛けると、ほとんど待たされずに繋がった。

「僕だ。うん、終わったよ。……いや、理由は最後まで言わなかった。うん、うん……、わかった。すぐ戻るよ」

携帯をしまい、扉へと向かう。

決してベッドを振り返らないよう、歩を進めながら、ふと彼女の言葉を思い出す。

「サンザシの……」

しまった携帯をもう一度取り出し、検索をかける。

「……花言葉」

検索結果を見て目を閉じる。

もう涙はでなかった。

「僕も、そうだったよ」

振り返ると、砕けたサンザシ飴が、ベッドを赤く彩っているのが見えた。







終わり



18:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 19:14:19.22 ID:AHOOo2cq0

お前一体何者なんだよwwww



20:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 19:31:40.07 ID:9aNlzy2go

>>18
たまに何か書きたくなるのですよ

先日はこれを書きました

三題
【三題噺】「シュバルツシルト半径」「ガールズラブ」「セルジオ越後」


では、またお題募集をしますので、見かけたらお願いします



転載元
さんだい
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395201899/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (19)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月19日 23:27
          • サンザシの花言葉「ただ一つの恋」


            なんやねん。何者やねんこいつ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月19日 23:38
          • 5 これはプロの犯行ですね
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月19日 23:46
          • 5 相変わらずすげーな、この人
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月19日 23:51
          • 悪意を感じるレベルのお題
            からの

            物書きというより咄家とか即興演劇的な匂いがする
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月20日 00:01
          • 短くまとめてるのも凄いな
            俺が書いたらお題を矛盾なく回収するのにどれくらいの文字数必要になるだろうか…検討もつかん
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月20日 00:05
          • 物悲しいけど綺麗な終わり方
            あのお題からよくできたな
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月20日 00:12
          • どうして童⚪︎喪失を消化できたw
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月20日 00:19
          • 最後の砕けたサンザシ飴ってなに?
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月20日 00:22
          • ※8だけど解決したわ
            連投スマソ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月20日 00:23
          • ※8
            花言葉から考えてみると、
            『一つの恋の終わり』、とか?
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月20日 01:42
          • 童貞には二種類ある
            あとはわかるな?

            前回といいこの>>1は野生のプロか何か?
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月20日 02:13
          • ただ
            意地悪くお題を出してやろうとしても、このワードが出るかという疑問はある
            出来レとは言わんが、お題出してる連中は知り合いじゃないか?
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月20日 04:24
          • いやまぁお題出されて数時間経ってますしおすし
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月20日 04:41
          • いや、どっちかと言うとお題側
            それぞれがちゃんと別方面に無軌道なんで気になった
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月20日 07:23
          • 5 ぱねえ

            こういうのって前の人のお題を見て似たようなのを避けるから、普通は出てくるお題の方向性がばらけるものじゃねえの?
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月20日 13:55
          • うーん、小綺麗ではあるがそれだけだなあ。
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月20日 18:48
          • いや、三題話ってのは、あまりお題が近すぎても、やりづらいってのは噺が好きな人には常識だから、
            わざわざ三題話を見たいなんて人なら、当然、その常識にそって離れた題材をもってくる。

            あと噺家の三題話でも、サクラつかって題を出させたりする場合もあるから、
            あんまり、そこをつついても仕方ない。
            というか、そういうのもアリで楽しむもんだと思うよ。
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月21日 01:19
          • ※17
            すまんな
            ちょっと感動すら覚えたんで、反動でいらんことを考えちまった
          • 19. モンクレール
          • 2014年09月05日 20:00
          • http://acceso4x4.com.ar/css/KTQ/omega-index.html モンクレール
            モンクレール http://computronimports.com.br/images/51R/omega-index.html

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 罪人「ワイ殺したら呪い殺したるで」役人「ほーん」
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 【シンフォギアXV】マリア「切歌の変身バンクエロすぎ問題」
        • 【安価】彡;(゚)(゚)  「あかん・・・腹が痛い」
        • 俺「暇だ..>>6(就職)するか」家族「!?」
        • 彡(゚)(゚) 「ワイが>>2(ゴミ)やと?!」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 【デレマス】ロマツア水戸黄門
        • 【ゼロワン】福添准「美食家なヒューマギア?馬鹿馬鹿しい」
        • 【うちの娘。】ラティナ「大きい方が好き?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「ワイが……仮面ライダー!?」ヒロイン「そうよ」
        • 死後俺「うっ…ここは?」係員「はい、以上で底辺シミュレーターは終了です」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 【変好き】紗雪「根本的な事を忘れていたわ・・・」
        • 暗殺者(♀)「よう。こんな夜更けになにをしているんだ?」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ