TOP

【三題噺】「シュバルツシルト半径」「ガールズラブ」「セルジオ越後」

1:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/14(金) 13:47:40.86 ID:csqj2yTco

三つで書きます



2:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/14(金) 14:03:07.98 ID:lnoVEKF/o

シュバルツシルト半径



3:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/14(金) 14:04:31.87 ID:VIbawGFDO

ガールズラブ



4:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/14(金) 14:07:51.80 ID:Rh3XEnaQo

セルジオ越後



6:シュバルツシルト半径、ガールズラブ、セルジオ越後:2014/03/14(金) 19:07:15.63 ID:csqj2yTco

「すみません、相席良いですか?」

ある休日、カフェでコーヒーを飲んでいると、そう声をかけられた。

高校生だろうか。

スポーツウェアを着て、大きなバッグを肩から下げている。

片手にはお盆に乗ったアイスコーヒー。

周囲を見ると、入ったときにはがらがらだったのに、いつの間にか満席で、途端に四人がけのテーブルに一人で座っているのが恥ずかしくなった僕は、「もちろん。どうぞ」と了承した。

「ありがとうございます」と腰をおろした彼は、最近の若者らしく華奢で、からりと音をさせながらコーヒーを持つ様は、どことなく女性らしい振る舞いであった。



7:シュバルツシルト半径、ガールズラブ、セルジオ越後:2014/03/14(金) 19:08:02.87 ID:csqj2yTco

「サッカー、お好きなんですか?」

僕が読んでいる雑誌が目に留まったのであろう、訪ねてくる彼に、「うん、そうね」と返し、「君もサッカーは好きなのかな?」と聞き返す。

「はい、好きですよ。部活もやってます」

「それはいいね。ポジションはどこ?」

「FWです」

「FW? 本当に?」

「ええ……。なにか?」

怪訝そうな彼に、首を振りながら答える。

「君はFWにしては華奢すぎるよ。もっと筋肉をつけなきゃ駄目なのね」

その言葉にやや沈んだ顔になった彼は「そうですよね」と呟き、黙ってしまった。

初対面なのに辛口過ぎたと些か自戒をしていると、彼は「どこかでお会いしたことありませんか?」と尋ねてきた。

「いえ、初対面と思いますよ」

目深に被った帽子をいじりながら答えると、「すみません。なんか下手なナンパみたいな言い方でしたね」と照れたように笑った。



8:シュバルツシルト半径、ガールズラブ、セルジオ越後:2014/03/14(金) 19:08:37.46 ID:csqj2yTco

それからしばらく無言の時間が続いた。

僕がコーヒーをすする音、彼のコーヒーの氷がたてる音。

その間もちらりとこちらを窺っていた彼は、意を決したように、それでも遠慮がちに、「あのう……」と声をかけてきた。

「なんでしょう?」

「あの、もし良かったら僕の話を聞いてもらえませんか。少し悩んでることがあって……。時間があったらで良いんです」

「……良いですよ」

「ありがとうございます!」

初対面の相手に悩み相談なんて、いやむしろ初対面の相手だから話せる悩みというのもあるのだろうか。

どちらにしろ、悩みなんて――。



9:シュバルツシルト半径、ガールズラブ、セルジオ越後:2014/03/14(金) 19:09:15.96 ID:csqj2yTco

「実は今、人間関係で悩んでいて。人間関係っていうのは、その……」

「恋人関係かな」

「……はい、そうなんです」

少し驚いたような彼。

まあ、この年代の人間関係の悩みなんてそう多くはない。

当てずっぽうに言ったら当たっていただけだ。

「その、もう僕との関係を終わりにしたいって……。初めから無理だったんだって……」

「彼女との関係はどちらから?」

「僕からです。絶対に運命の人だって。そう思って、僕から告白しました」

「あのね、君ね。まだ十数年しか生きてないでしょう? それなのに運命の相手だなんて、それはちょっと性急すぎるんじゃないの?」

「はたから見たらそうかもしれません。でも、あなたもサッカーに出会って何十年も経ってから、サッカーが自分にとって運命の相手なんだって思ったわけではないでしょう? 出会ったときはがむしゃらだったはずです」

それを言われると返す言葉もない。

「それは、そうかもね」とだけ答えて先を促す。



10:シュバルツシルト半径、ガールズラブ、セルジオ越後:2014/03/14(金) 19:10:03.31 ID:csqj2yTco

「彼女はもう別れたいって。僕もどうしても彼女が無理だと言うのならそれも仕方ないって思うんです。……でも」

彼がもつグラスの中でからりと氷が音をたてた。

「でも、もっと暗い気持ちも沸き起こってくるんです。彼女と離れたくないって。何処かに閉じ込めてしまおうかなんて」

彼は暗く笑う。

「いっそのこと僕がブラックホールにでもなってしまえば、抱き締めた彼女が離れることなんてなくなるのに、なんて」

冗談めかして、それでも思い詰めた様子で、彼は笑った。

「それで、君はどうしたいの?」

僕の問いかけに、彼は静かに首を振った。

「わからないんです。どうしたら良いのか、僕にも……」



11:シュバルツシルト半径、ガールズラブ、セルジオ越後:2014/03/14(金) 19:10:42.91 ID:csqj2yTco

あのね、と伏し目がちな彼に声をかける。

「ブラックホールになるには、シュバルツシルト半径をこえなきゃ駄目なのね」

「シュバルツ……?」

「ブラックホールになるにはね、太陽なんかよりもずっと大きい星が、小さく小さく丸まって、ぎゅっと小さくなってシュバルツシルト半径をこえなきゃ駄目なの」

よくわからないにも彼はこくりと頷いた。

「小さくなっていく星はね、ブラックホールになるにはどうしたらいいのかしら、なんて悩まないんです。ただひたすらに、ブラックホールというゴールを目指して、ひたすらにやっていくだけなんです。僕の言いたいことがわかりますか?」

彼はまた、こくりと頷いた。

「別れたい? 結構じゃないですか。別れておやりなさい。そこから、ひたすら自分を高めて高めて、そうしてもう一度振り向かせてやればいいじゃないですか」

すっかり温くなったコーヒーを見つめながら続ける。



12:シュバルツシルト半径、ガールズラブ、セルジオ越後:2014/03/14(金) 19:11:20.09 ID:csqj2yTco

「良いですか? 悩んでいる、なんて言ってられるのは困ってない人ね。人はね――」

「「何でも自分で考えないと。自分の人生は自分で切り開いていくしかないんだから」」

このときの僕は、すっかり間抜けな顔をしていたに違いない。

僕の言葉と、彼の言葉が寸分たがわず重なっていた。

「それが生きてるってことなの、でしょう?」

微笑む彼に、間抜けな顔のまま、こくりと頷いてやった。

「そうですよね、僕もそう思っているのです。でも、踏ん切りがつかなくて……」

グラスを置いた彼はじっと自分の手のひらを見つめている。

「そんなときにあなたにお会いできて。きっと、その言葉をお聞きしたかったんです」

「すみません、お時間をとらせてしまって」と立ち上がった彼は深々とお辞儀をした。



13:シュバルツシルト半径、ガールズラブ、セルジオ越後:2014/03/14(金) 19:13:16.43 ID:csqj2yTco

去り際に、彼は遠慮がちに尋ねてきた。

「最後に二つだけ良いですか?」

「ええ、良いですよ」

「あなたは僕に、FWにしては華奢すぎるとおっしゃいましたが、それは例えば女子サッカーだったとしてもそうなのでしょうか」

そう言って彼はスポーツバッグを腰の辺りまで両手で持ち上げた。

ちらりと彼が、いや、彼女が持ち上げたスポーツバッグを見ると、近くの女子校の名前が目に飛び込んできた。

「いえ、立派な体格だと思いますよ」

僕の言葉に「ありがとうございます」と元気に笑った。

「それで、もう一つは?」

「もう一つはですね、室内では帽子は脱いだ方が良いですよ。セルジオさん」

そう言って、彼女は「では、失礼します」と店を出ていった。

一人残された僕は、しばしぼうっと呆けていたが、やがて苦笑しながら帽子を脱ぎ捨てた。

彼女が残していったグラスの中で、氷がからりと朗らかに鳴った。






終わり



16:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/14(金) 23:01:21.03 ID:sahVs2JIo

乙でした
ちゃんと全部使ってたww



転載元
三題
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1394772460/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 20:35
          • こういう才能ホントに尊敬するわ。
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 20:48
          • だからと言ってこの才能がいい加減な安価でスレ作ることに費やされていいのかww
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 20:49
          • 台本形式のSSじゃなくてちゃんとした短編小説になってて笑った
            やるなあ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 20:52
          • 全部入ってたwwwwwおもしろ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 20:55
          • おっ、ビッグオーかと思ったがありゃシュバルツバルトだったか
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 21:09
          • ガールズラブの使い方が上手いな~
            しかし唐突なブラックホールには吹いたw
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 21:10
          • ちゃんとお題消化してて凄いと思った(KONAMI
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 21:14
          • 4 これはすごい
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 21:15
          • 5 お題消化どころかオチまで完璧
            才能の無駄遣いだな(誉め言葉的な意味で)
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 21:24
          • うまいな、ちゃんとオチもついてたし
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 21:48
          • 最初の「駄目なのね」で越後察知w
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 22:04
          • 無茶ぶりによくぞここまで…
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 22:45
          • 5 すげー…
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 23:00
          • 5 良いまとめ方だった、掛け値無しに
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 23:26
          • やべぇ、完璧だな
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 23:34
          • なんか良い話っぽい?
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 23:50
          • セルジオ知らないから
            全くわからなかった
          • 18. MCC
          • 2014年03月17日 23:55
          • 5 天才かッ!!!!!!!!
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月18日 01:41
          • 何がすごいってセルジオ越後の口調ねww
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月18日 02:35
          • 5
            三題噺では、みっつの題のうちの一つをサゲ(オチ)に使うという決まりがある
            その点もしっかり守られていてGOODだね
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月18日 03:50
          • これは素直に凄いわ
            見習いたい

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【グリム童話×るろうに剣心】ヘンゼルとグレーテル「おかしい家だ!」宇水「何が可笑しい!!!」
        • 【ラブライブサンシャイン】曜「千歌ちゃんたちに好きって言ってみるよーそろー!」
        • 【モバマス】荒木比奈「今日までの記憶が全て」
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 彡(゚)(゚)「えっ、ワイがスティールボールランレースに参加!?」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ