TOP

左右田「出来たぜ日向、狛枝が超高校級の不運になる装置だ!」

1 : ◆/5mzbmBbN2 2014/03/10(月) 11:31:40.90 ID:S2LsegEc0

日向「何だって!?そいつぁすげぇぜ!」

左右田「これで狛枝の幸運と不運の揺れに悩まされるぜ」

日向「さすが左右田だ、早速使って来る!」

左右田「くれぐれも悪用するんじゃねぇぞー」

日向「バーロー、それ以外にどうやって使うんだよwww」

左右田「そいつもそうだな」


注意

時折マジキチ
時々鬼畜




2 : ◆/5mzbmBbN2 2014/03/10(月) 11:38:41.32 ID:S2LsegEc0

狛枝「おはよう左右田君、今日も希望溢れるいい天気だね」

左右田「お、おぅ…そういや日向がお前の事探してたぞ(さーて、装置の効果はどんな感じだ?早速試させてもらうぜ)」

狛枝「日向君が僕を?超高校級である日向君が僕を必要としてくれてるなんて、なんて幸運なんだ!!」

左右田「いいからとっとと行ってやれよ」

狛枝「こうしちゃいられないね、ありがとう左右田kバキィ ドボーン

左右田「お、おい狛枝! 大丈夫か?」

狛枝「あははは…まさか突然床が崩れて水浸しになるなんてね…」

左右田「コテージ付近の床も老朽化してんのか?つか、大丈夫か?」

狛枝「別にこれくらいどうって事ないよ。とにかく、日向君のところに行って来るよ」

左右田「お、おう…気をつけろよー」




3 : ◆/5mzbmBbN2 2014/03/10(月) 11:46:30.22 ID:S2LsegEc0

狛枝「さて、日向君は…しまったな、左右田君に日向君の居場所を聞くのを忘れちゃったよ」

狛枝「でも、僕の幸運ならその内見つかるよね」 ヒューン

澪田「凪斗ちゃん危ないっす!!」

狛枝「え?なn」ゴシャァ

狛枝「」ドサッ

澪田「だ、大丈夫っすか凪斗ちゃん?」

十神「貴様は何故見当違いの方向にボールを投げる…」

澪田「てへぺろ☆」

狛枝「ぼ、僕は大丈夫だよ…これくらいどうってことないよ」

十神「そうか…すまない」

澪田「それより、凪斗ちゃんびしょ濡れじゃないっすか!そんな状態だと風邪ひいちゃうっすよ?」

狛枝「日向君が僕を探してるらしいからね。そんな事気にしていられないよ」

十神「狛枝…急ぐのは勝手だが、自分を大事にしろ。いいな?」

狛枝「うん、心配してくれてありがとう」




4 : ◆/5mzbmBbN2 2014/03/10(月) 11:54:25.30 ID:S2LsegEc0

狛枝「いてて…飛んで来たボールのおかげで痛いや」

狛枝「でも、そんな事より日向君をさがsズボッ

狛枝「…え?」

西園寺「やーい、砂浜に仕掛けた落とし穴に引っかかってやんのー」

狛枝「西園寺さんじゃないか。ひょっとして、この落とし穴を仕掛けたのって…」

西園寺「ねぇ今どんな気持ち?歩いてたら突然落とし穴に落ちてどんな気持ち?」

狛枝「あはは…僕みたいなゴミクズに超高校級の舞踊家の西園寺さんが落とし穴を用意してくれるなんて嬉しいよ」

西園寺「…ちぇ、つまんないの」スタスタ

狛枝「あれ、西園寺さん?責めて僕を落とし穴から出してよ。西園寺さーん?」

狛枝「…まいったな、足をくじいて出られないや」ザザァー…

狛枝「…? 今の音って…」

大波 ザバーン

狛枝「」





5 : ◆/5mzbmBbN2 2014/03/10(月) 12:35:02.31 ID:S2LsegEc0

狛枝「(まさかこういう時に大きい波が来るなんてね…海水と砂まみれになっちゃったよ)」

狛枝「まともに動けないからここから出る事もできないし…困ったなぁ」

罪木「あ、あの…狛枝さん?」

狛枝「ん、その声は罪木さん?こんな所でどうしたんだい?」

罪木「私は散歩ですけど…狛枝さんこそ、どうしてこんな所にいるんですか?」

狛枝「日向君を探していたら落とし穴に落ちてしまってね、引っ張り出してくれると助かるんだけど…」

罪木「は、はい。では引っ張り出し…きゃあ!?」ズルッ

狛枝「えっ」

ドスン!!

罪木「いたたた…ハッ!狛枝さん?」

狛枝「」

罪木「こ、狛枝さん!?しっかりしてください、狛枝さん!?」ユサユサ

狛枝「」




6 : ◆/5mzbmBbN2 2014/03/10(月) 16:23:23.20 ID:S2LsegEc0

狛枝「まさか罪木さんまで落ちるとはね…」

罪木「ふゆぅ…ドジでごめんなさい」

狛枝「罪木さんが謝る必要はないよ。それよりもここから出ないとまた…」ザパーン

狛枝「…こうなっちゃうからね」

罪木「びしょ濡れになっちゃいましたね…」

花村「あれ、二人共こんな所で何をしているんだい?」






狛枝「いやー花村君が通りがかってくれたおかげで助かるよ」

花村「砂浜を歩いてたら穴があったから、つい覗いてみたら君達がいたんだもん。びっくりしたよ」

花村「それで、穴の中で二人きりで何をしていたんだい?二人共びしょ濡れになっていた所を見るとさぞ濃厚な絡みを…」

罪木「えっ…そ、その…ちがっ」

狛枝「うん、間違っても花村君が予想している展開じゃないから安心してよ」

花村「残念だなぁ。でも二人共いい感じに濡れて…美味しそう」

狛枝「」

花村「怖がらなくても大丈夫だよ、僕が美味しくいただいてあげるからさ」

狛枝「罪木さん、早く行k…うぐっ!?」ズキン

罪木「こ、狛枝さん!?」

狛枝「(まずいな…足だけじゃなくて肋骨も凄く痛むぞ)」

狛枝「(まずい…意識……が…)」ドサッ

罪木「って狛枝さん、怪我をしているじゃないですか! 狛枝さん、狛枝さん!?」





11 : ◆/5mzbmBbN2 2014/03/12(水) 17:06:53.04 ID:Q6prWjYu0

狛枝「うぐ…ここは?」

罪木「あ、狛枝さん…気がついたんですね」

狛枝「罪木さん…ひょっとして君が?」

罪木「まだ動いちゃだめです。足をくじいている上に肋骨も折れかけてますから、しばらく安静にしてください」

狛枝「…ここは病院かな?」

罪木「はい、ここは病院です」

狛枝「罪木さんがここまで運んで治療してくれたんだね。ありがとう」

罪木「そ、そんな…私はただ、その………」

狛枝「その…何だい?」

罪木「あ、あうぅ…」

花村「いや~いい雰囲気ですな。僕も混ぜてよ」

狛枝「花村君?」

花村「事情は知らないけど大変だったね。それはそれとして白濁としたアッツアツのおかゆを作ったから食べてよ」

狛枝「僕なんかの為におかゆを用意してくれたのかい!?ありがとう、僕みたいなゴミクズが超高校級の料理人の料理を振舞ってもらえるなんて…」

花村「いいからいいから。そうだ、せっかくだし看病も兼ねて罪木さんが食べさせてあげなよ」

罪木「わ、私ですか!?」

花村「ほらほら、早くしないと冷めちゃうよ」

罪木「ふゆぅ…あ、あの…まだ心の準備が」

狛枝「そうだね…おこがましいかもしれないけど、せっかくだし罪木さんにお願いしてみようかな」

花村「ほら、狛枝君もああ言ってるんだし、期待に応えてあげないと…ね?」

罪木「で、では…こ、狛枝さん、あーん…してください」

狛枝「こうかな?」アーン

罪木「では、おかゆを口に運びm終里「飯の匂いだぁあああああああああ!!」ガラッ 罪木「ふぴゃあああああああああ!?」バッ

突然の終里襲来に驚いた罪木がおかゆを投げ出してしまい、鍋と中身が空中を舞う。

狛枝「(あれ、このパターンってもしかして…)」

ベシャッバキッ

花村「ぎぃいいいいいいいいやぁあああああああああ!!僕の作った料理がぁああああああああ!!」

罪木「ご、ごめんなさい!ごめんなさい!!」

終里「お、俺の飯が…」

罪木「こ、狛枝さん…大丈夫ですか?」

狛枝「」

花村「ひどいよ!いくらなんでも僕の作った料理がこんな事になるなんて!!」

罪木「ふぇえ…ドジでごめんなさぁい!」

終里「つか、こいつ大丈夫か?」

狛枝「」




12 : ◆/5mzbmBbN2 2014/03/12(水) 17:19:17.79 ID:Q6prWjYu0

狛枝「(落ちてきた鍋で頭を撃って降りかかったおかゆで身体に火傷を負っちゃったよ)」

狛枝「(そうだよね…僕みたいなゴミクズに超高校級の料理人のおかゆが振舞われる幸運があったから、これはその代償かもね)」

狛枝「(でもおかしいな…あれだけ不幸が続いてるなら、そろそろ幸運に繋がってもいいはずだけど)」

日向「よぉ狛枝、災難だったな」ガラッ

狛枝「日向君!わざわざお見舞いに来てくれたのかい?」

日向「左右田から聞いたぞ。俺を探し回ってくれてたらしいからな。これ、見舞いの品だ」スッ

狛枝「これは…メロン!?いいのかい、こんなものを貰っても」

日向「あぁ、遠慮なく食え」

左右田「狛枝、気分はどうだ?」

狛枝「やぁ左右田君、僕は大丈夫だよ」

左右田「そうか…つっても無理すんなよ。少しでも病室で安静にして、早く退院しねぇと皆が心配するからな」

狛枝「僕を心配してくれるなんて…ありがとう左右田君!」

左右田「おいおい、お礼なんていらねぇよ」

狛枝「所で、日向君が探してるって聞いてたんだけど…」

日向「あぁ、もう解決した事だ。わざわざ探してくれてたのにごめんな」

狛枝「いやいや、僕こそ力になれなくてごめんね…やっぱり僕みたいなゴミクズじゃ皆の力にはなれないみたいだよ」

日向「そんな事ない、狛枝だって立派な仲間だ。だから早く戻って来いよ」

狛枝「日向君…!!」

日向「それじゃ、俺達はそろそろ行くから、安静にしてろよ」





狛枝「二人共僕を心配してくれて…僕はなんて幸運なんだ」

狛枝「そうだ、せっかくだし日向君から頂いたメロンでも食べよう」パクッ

狛枝「うん、美味し…うぐっお腹が急に…!!」ギュルルルルル

狛枝「まさか…このメロン…腐っt」ドサッ



罪木「狛枝さーん、お薬飲む時間でs…」ガラッ

狛枝「」





14 : ◆/5mzbmBbN2 2014/03/12(水) 17:47:21.07 ID:Q6prWjYu0

狛枝「まさか食中毒まで引き起こすなんて…ここまで来ると厄日だよ」

十神「全く、とんだ災難だったな」ガラッ

狛枝「十神君?十神君も僕を心配してくれたのかな?」

十神「リーダーとして仲間の面倒を見るのは当然の事だろう」スッ

狛枝「…これは?」

十神「差し入れだ。身体にいいものを選んで持ってきてやったのだ、ありがたく思え」

狛枝「ありがとう十神君(デジャヴを感じるのは気のせいかな?)」

十神「早く治して戻って来い。お前を含めて誰一人欠ける事を俺は許さん、いいな」ピシャッ



狛枝「…ありがたいんだけど、さっきのメロンみたいに腐ってたらやだなぁ」

終里「飯n狛枝「あ、終里さん。十神君から差し入れもらったんだけどよかったら食べるかい?」

終里「いいのか!?よっしゃいただきだぜ!」

狛枝「(終里さんには悪いけど…こうでもしないと安心して食べれないからね)」

終里「うめぇな、こりゃうめぇぜ」ガツガツ

狛枝「(…特に腐ってはなさそうだね。なら僕が食べても大丈夫か)」スッ

終里「何取ろうとしてんだ」ギロッ

狛枝「えっ…いや、元々僕のなんだけど」

終里「でもくれたじゃねーか」

狛枝「全部あげるとは言ってないよ」

終里「なん…だと?」

弐大「全く、お前さんは飯の匂いを探知した途端突っ走りすぎじゃ」

終里「あれ、おっさんもう追いついたのか」

弐大「トレーニングの途中じゃろが。早くこんかい。じゃないとアレは抜きじゃからのぅ」

終里「待ってくれよ、アレ抜きなんてきついぜ」

バタン

狛枝「………」

狛枝「結局、差し入れ全部食べられちゃったよ」




15 : ◆/5mzbmBbN2 2014/03/12(水) 17:59:21.37 ID:Q6prWjYu0

罪木「そうですね…車椅子でしたら、外出も可能ですよ」

狛枝「ありがとう、助かるよ」

罪木「でも大丈夫でしょうか…狛枝さん、顔がやつれてます」

狛枝「今日は何時にもまして不幸が多いからね…でも、これからどんな幸運がやってくるのかと考えると楽しみだよ」

罪木「そうですか…その、どちらへ向かうのでしょうか?」

狛枝「僕のコテージかな。一度自分の部屋でゆっくりしたいからね」

罪木「き、気を付けてください」




狛枝「さてと、僕のコテージは…あれ、煙?」




ゴォオオオオオ


小泉「早くバケツ持って来なさい!」

左右田「ひーっひーっつ、疲れる」

日向「早く鎮火しないと大変だ!」

狛枝「…えっと、どうなってるのかな?」

西園寺「あれー狛枝じゃん。見てみなよ、あんたのコテージが燃えてるよ」

コテージ「」ボォオオオ

狛枝「えっ」

西園寺「プークスクス あんたってほんと不幸だよねー」

ソニア「だめです、火の勢いが止まりません!」






プシュウウウ…

日向「すまん、狛枝…結局お前のコテージは全焼しちまった」

狛枝「いやいや、謝らないでよ。それよりどうして僕のコテージが?」

十神「澪田が打ち上げたロケット花火が狛枝のコテージに落ちてこの通りだ…すまない」

澪田「ごめんなさいっす」

狛枝「事故ならしょうがないよ。僕なんかが謝ってもらうなんておこがましいにも程があるよ!」

小泉「でも、これからの寝泊りはどうするの?」

狛枝「うーん…どうしようか」

花村「なら僕のコテージにおいでよ。一緒に深い夜を過ごさない?」

狛枝「当分は病院に泊まるよ」




16 : ◆/5mzbmBbN2 2014/03/12(水) 19:05:02.15 ID:Q6prWjYu0

それからというものの、次々と不幸が僕を襲った。

散歩をしていたら落ちてきた植木鉢が頭に直撃したり、田中君が世話をしていた動物に理由も無く襲われたり、

花村君に捕まって掘られそうになったり、澪田さんのがスイカを割る為に振った棒がするりと抜けて僕に直撃したり、

トイレに行こうと扉を開けたら辺古山さんとばったり遭遇して殺されかけたり、

落ちてきた隕石に吹き飛ばされたり…


狛枝「なんだか生きているのが不思議な位散々な目にあったよ…」

七海「大変だね」ピコピコ

狛枝「これじゃあ落ち着いて一息つく事もできないよ…急に不幸の嵐がやってくるんだもん」

七海「左右田君に相談してみたら?」ピコピコ

狛枝「左右田君に?」

七海「左右田君なら、狛枝君の不幸を打ち消す装置位簡単に作れると思うよ」ピコピコ

狛枝「いやいや、そんな都合のいい装置作れないでしょ」

七海「うーん、狛枝君を超高校級の不幸にする装置を日向君に頼まれて作った位だから出来ると思うけどなぁ」ピコピコ

狛枝「えっ」

七海「とにかく、一度相談してみたらどうかな?」ピコピコ

狛枝「…そうだね、ちょっと左右田君と話をしてくるよ」




17 : ◆/5mzbmBbN2 2014/03/12(水) 19:10:21.39 ID:Q6prWjYu0

左右田「ハイ、ヒナタニタノマレテツクリマシタ」

狛枝「…ふぅん、なるほど。道理でおかしいと思ったよ」

左右田「ほんとすまん!日向の頼みを断れなくて…」

狛枝「いや、いいよ。…ただ、超高校級の不運を打ち消してもらえるかな」

左右田「ちょっと待ってろ」シャシャシャ

左右田「出来たぜ、この装置を使えば超高校級の幸運に戻れるぞ」

狛枝「ありがとう左右田君、早速使わせてもらうよ」






日向「いやー今頃狛枝どうしてるかな」

「やぁ日向君、元気そうだね」

日向「おー狛枝、もうt…」

超高校級の狛枝「あれ、僕の顔に何かついてた?」キラキラ

日向「狛枝が輝いてやがる…一体何が起きた」

超高校級の狛枝「やだなぁ、弐大君のアレをしてもらったら調子がよくなっただけだよ」キラキラ

日向「アレでこんな光り輝いてたまるか!」

超高校級の狛枝「まぁそれはいいとして…日向君、僕を超高校級の不運にする装置を左右田君に作らせたんだって?」

日向「」

超高校級の狛枝「ちょっとこっちに来てお話しようか…」




18 : ◆/5mzbmBbN2 2014/03/12(水) 19:17:01.28 ID:Q6prWjYu0

日向「冗談じゃねぇ、俺は逃げるぞ!」ダッ

澪田「創ちゃん危ないっす!」ビューン

日向「えっ」グシャ

狛枝「あぁ、突然僕から逃げようとした日向君が澪田さんの手からすっぽ抜けたバットに当たっちゃったよ(棒」

日向「ぐおぉおおおお…!!」

澪田「だ、大丈夫っすか?」

狛枝「あ、日向君とこれから話したい事があるからちょっと運ばせてもらうね」ズルズル

日向「い、いやだぁあああああああああ!!」






それから、僕の日常は元通りになった。

幸運と不運が次々と入れ替わっていく事こそあれど、理不尽な不運ばかりが続く事はなくなった。

ついでに、僕の事を心配してくれていた罪木さんと付き合う事になった。これが不幸が続いた結果の幸運なのかな?」

日向君はあれから次々と不幸に襲われた結果、引き籠もりになってしまった…全く、この程度の絶望に負けるなんて残念だよ。



狛枝「それじゃ、行こうか」

罪木「はい、凪斗さんと一緒なら何処までもいけます」




僕は今、幸せだ。…これも超高校級の幸運のおかげだね



終里




転載元
左右田「出来たぜ日向、狛枝が超高校級の不運になる装置だ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1394418700/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月14日 20:37
          • 3 久しぶりのダンロンSS
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月14日 20:45
          • 俺の罪木ちゃんが…
            狛枝許すまじ
          • 3. MCC
          • 2014年03月14日 21:27
          • 2
            うん、まぁ…うん…
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月14日 22:09
          • クソ狛枝ァ!
            何罪木たらしこんでんだあァ!
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月15日 00:15
          • 名前すら出て来てない九頭龍がいちばん不幸
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月15日 04:02
          • ペコも登場させてもらえてない
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月15日 05:00
          • 2 久々の弾丸ロンパがこれか…
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月15日 10:05
          • おいトイレのくだりはラッキースケベだろうが!!
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月15日 11:06
          • 4 ゲロブタちゃん怪我人とか弱った人好きだもんな
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月15日 11:51
          • バーロー繋がりワロタ
            名前だけの出演の田中とペコ、そして影も形も無い九頭竜
            澪田が戦犯すぎるw
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月15日 17:06
          • まだ出るかコナンSSの亜種
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月15日 19:16
          • 変な装置を開発する話はコナンでやればよか
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月16日 07:30
          • 九頭竜可哀想www
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月16日 12:20
          • 落とし穴にはまってる狛枝を想像したらシュール過ぎワロタ
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月16日 21:30
          • 狛枝ならいくらボコボコにされても心が痛まないな
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月16日 23:14
          • 装置使われても不自然な感じがまったくない件について
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 05:45
          • なんだこれwww
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 21:20
          • 狛枝&○○(女子キャラ)のカップリングは好まないな……。
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月18日 03:20
          • 日向くんがただのサイテー野郎じゃん
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月27日 19:56
          • 日向を悪役にした意味が全然わからん。
            狛罪やりたいが為にこんなことしたなら作者はマジキチだな。
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月30日 00:34
          • なんでそんな切れてるんだよ
            日向君が聖人君子じゃなくてガッカリか?
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月31日 01:35
          • 狛枝しね
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年10月04日 16:04
          • >>※6
            ペコ名前出たろ
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年10月11日 23:45
          • 九頭龍ならペコとグチョグチョしてるよ
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年11月14日 19:33
          • 狛枝と女子のカップリングやだわ
            内容は面白かったからいいけどw
            狛枝はやっぱ1人((ry
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月16日 12:23
          • ※20

            まあまあ嫌われスイッチSS読んでもちつけよ
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年12月26日 07:56
          • ※20
            亀だが日向って江ノ島アルターとダブル黒幕みたいな感じじゃなかったっけ?(正確にはカムクラだけど)
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年06月12日 14:51
          • 5 意外にも狛枝のカップリング嫌いな人多いのか・・・
            俺は好きだけど趣味は字とそれぞれだし仕方ないかな

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ミリマス】志保「愛する貴方へ、一生のお願い」
        • 【ミリマス】志保「愛する貴方へ、一生のお願い」
        • 【咲】はやりん「私の少年」京太郎「ヒェッ・・・」
        • 【まどマギ】マミ『暇ねぇ・・・』 ほむら『そうね・・・』
        • 【モバマス】拓海「ゼェ……」亜季「ハァ……」
        • 【モバマス】拓海「ゼェ……」亜季「ハァ……」
        • 【モバマス】拓海「ゼェ……」亜季「ハァ……」
        • 【モバマス】拓海「ゼェ……」亜季「ハァ……」
        • 【モバマス】拓海「ゼェ……」亜季「ハァ……」
        • 【モバマス】拓海「ゼェ……」亜季「ハァ……」
        • 【モバマス】拓海「ゼェ……」亜季「ハァ……」
        • 【モバマス】嫌われ日記
        • 【HxH】暗黒大陸の五大厄災「ハンター試験……?」
        • 【HxH】暗黒大陸の五大厄災「ハンター試験……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ