TOP

速水奏「行く末」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 23:05:25.71 ID:Lk5DxQKAO


ガタンゴトンと周期的な音が響き渡る


夕暮れに染まる電車


そのボックス席に男女が向かい合って座っていた


「起きてる?」


男が問い掛ける


『起きてるよ』


女が答えた


「そっか」


男の言葉を最後に、再び沈黙が広がる


夕陽の赤と電車の音だけに満たされ、穏やかな時が流れていった



2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 23:08:06.62 ID:Lk5DxQKAO


───
──────


「なぁ、奏」


『なぁに?』


「どうしてアイドルになったんだ?」


『Pさんがスカウトしたんでしょ。忘れちゃったの?』


「もちろん覚えてるよ。そうじゃなくて、理由を知りたいんだ」


『乙女は誰しもアイドルに憧れるものよ』


「憧れ…か」


『もっとも、それ以上に貴方に惹かれたから』


「俺に?」


『思えば、一目惚れだったのかも』


「後悔してる?」


『するわけないじゃない』


「良かった」



3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 23:10:02.37 ID:Lk5DxQKAO


『ねぇ、Pさん』


「どうした?」


『Pさんはどうしてプロデューサーになったの?』


「社長にスカウトされてな」


『Pさんが?』


「ああ。就職活動してる時に誘われてホイホイ着いてった」


『変なの』


「俺もそう思う」


『後悔してる?』


「するわけない」


『良かった』


「なんたって、奏に逢えたんだから」


『…ばか』



4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 23:10:59.34 ID:Lk5DxQKAO


「奏はさ」


『うん』


「アイドルやってて楽しかった?」


『もちろん』


「即答か」


『非日常の連続だもの』


「辛くなかった?」


『辛いときもあったけど、そのたびにPさんが助けてくれたじゃない』


「そうだっけ」


『そうよ。いつもPさんが側に居てくれたから楽しめたの』


「知らなかったな」


『鈍感ねぇ…』



5 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 23:15:01.61 ID:Lk5DxQKAO


『Pさんは?』


「ん?」


『Pさんは楽しめた?』


「半々、かな」


『半々?』


「奏のファンが増えてくのは嬉しくもあり楽しかった。けど…」


『けど?』


「支えきれてないんじゃないかって。それが辛かった」


『そう…』


「だから、さっきの言葉は嬉しかったよ」


『ふふっ…何度でも言ってあげる』



6 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 23:18:18.56 ID:Lk5DxQKAO


「嬉しい、と言えば」


『言えば?』


「最初のバレンタイン」


『懐かしいわね』


「チョコレート、嬉しかったよ」


『ちゃんと食べた?まだ取っといたりしてないでしょうね』


「食べたよ。甘くて美味しかった」


『なら良かった』



7 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 23:20:08.79 ID:Lk5DxQKAO


「チョコが甘いのは、二人の関係が甘くなって欲しいから」


『よく覚えてるわね』


「俺達はどうだろう」


『少なくとも、甘くはないわ』


「ほろ苦い、かな」


『ほろ苦いのも嫌いじゃない』


「懐かしいな」



9 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 23:21:37.41 ID:Lk5DxQKAO


『懐かしい、と言えば』


「言えば?」


『みんな、元気にしてる?』


「久しく連絡取ってない人もいるからね。どうだろう」


『消息の分からない人とか居るの?』


「のあさん」


『ああ、なるほど』


「あの人、結局見た目の年齢変わらなかったな」


『まだまだできそうだったのに』



11 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 23:23:01.66 ID:Lk5DxQKAO


「それを言うなら、奏だって」


『私は、もう満足したから』


「そう」


『それに、アイドルよりなりたいものができたしね』


「そう」


『照れてる?』


「いや」


『赤いよ?』


「夕陽だ」


『そういうことにしといてあげる』



12 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 23:26:03.46 ID:Lk5DxQKAO


「見てみなよ。あと少しで日が沈む」


『綺麗な夕陽』


「都会じゃ見れないな」


『田舎には田舎のいいところがあるのね』


「それは都会人から見たらだけど」


『でも、大切なもの』


「そうだな」


『大切なものって、いつの間にか見失っちゃうのよね』


「ああ。だから俺には、大切なものは一つでいい」


『そうね、一つでも大きすぎるくらいだもの』



13 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 23:29:08.11 ID:Lk5DxQKAO


「すっかり日が暮れたな」


『夜になると、あの撮影を思い出すわ』


「ああ、あのウェディングドレスの」


『そう』


「あれは綺麗の一言に尽きるよ」


『ふふっ、ありがとっ』


「次に奏のウェディングドレスを見るのはいつになるかな」


『私は今すぐにでもいいんだけど…』


「引退後すぐはマスコミがうるさいから」


『分かってる。どうやら、未婚女性が着ると婚期が遅れるって噂、本当みたい』


「北条は?」


『例外ね』



14 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 23:33:43.51 ID:Lk5DxQKAO


「あの二人は上手くやっているらしい」


『加蓮にご両親への挨拶の仕方、教わっとけば良かった』


「緊張してる?」


『私だって緊張ぐらいするわ』


「大丈夫だよ。うちは名家でも何でもないし、早く嫁もらえってうるさいぐらいだから」


『そうなの?』


「あ、そろそろ着くから降りる用意してくれ」


『えっ、いきなり?』


「すまん、ぼーっとしてた」


『もう、また緊張しちゃったじゃない』


「大丈夫だって。もし認められなかったら愛の逃避行だ」


『ふふっ、映画みたいね』


「あ、恋愛映画は嫌いだっけ?」


『Pさんとなら、恋愛映画も悪くないかな』


「緊張、ほぐれたみたいだな」


『えぇ、もう大丈夫。Pさんが支えてくれたから』


「じゃあ、行こっか」



15 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 23:35:38.27 ID:Lk5DxQKAO


『星が、綺麗……』


「街灯が少ないからね」


『ねぇ、Pさん』


「ん?」


『私は、輝けてたかな』


「輝いてるよ」


『過去形じゃないんだ』


「アイドルとしての速水奏は終わってしまったけど、俺が見てる速水奏は変わらずに輝いてる」



16 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 23:37:06.29 ID:Lk5DxQKAO


『そういえば、前に訊いたことがあったわね。アイドル速水奏か私、どちらを欲しいか』


「あの時ははぐらかしたけど、今なら言えるよ」


『今は言わないで。バレンタインの返事も貰ってないのよ』


「そろそろホワイトデーだったな」


『ふふっ…鈍感なPさんにしては、鋭いじゃない』


「何年も一緒にいるんだ。鍛えられるさ」


『これからも側に居てくれる?』


「もちろん」



17 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 23:39:03.12 ID:Lk5DxQKAO


───
──────


晴れ渡る空の下、二人が電車を待っていた


「これからどうしようか」


男が問い掛け


『そうねぇ…』


女がはっきりしない答えを返した


「奏はどうしたい?」


『……旅がしたいわ』


「旅?」


『一足早い新婚旅行よ』


「いいな、それ」


『気の向くままに世界中を。色んな世界を見て回る』


「何が待ってるかな」


『さぁ、分からないわ』



18 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 23:40:26.82 ID:Lk5DxQKAO


「隣に君がいて」


『隣に貴方がいて』


「手を繋ぐ」


『それだけでいいの』


「幸せ、だな」


『そう、幸せ』


『私達の行く末は、幸せに違いないわ』



20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 23:44:01.90 ID:Lk5DxQKAO

以上になります

読み返したら、アイデンティティーのキス要素が無かったという

それでは
ここまでお付き合いいただきありがとうございました



22 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 23:50:20.89 ID:itm/C/nqO




転載元
速水奏「行く末」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1394460325/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月11日 00:47
          • 『』が伏線なんじゃないかって思ってたのは俺だけじゃないはず
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月11日 00:54
          • 逆から読むと、結婚後の話になる的なのはないですか…そうですよね
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月11日 01:01
          • 奏と結婚、したいです(血涙)
          • 4. 以下、VIPにかわりましてBOOKSがお送りします
          • 2014年03月11日 01:03
          • 5 良い話だよ…プロデューサー…こんな時君がいたら…
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月11日 01:03
          • (これ誰でも置き換えられるわw)
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月11日 01:11
          • 姑息な手を…(楓編を期待しながら)
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月11日 01:17
          • 『』のせいで奏が死んでてPと夢の中で話してるのかと思ったが、普通にハッピーエンドだったわ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月11日 01:18
          • ※7
            おう高校教師やめーや
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月11日 01:49
          • ※7
            ゴースト ~天国からのささやき かな?
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月11日 02:26
          • いい話だけどせつねぇ
            何年くらい経った設定なんだ?
            他メンバーの行く末も気になるな
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月11日 02:29
          • 良かった…

            このまま心中する二人はいないんだね

            今までありがとう的な挨拶交わしてそのままってパターンかと思った
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月11日 03:57
          • なぜ『』にしたんだろうな、深読みしてしまった
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月11日 04:20
          • すっげーさっくりと読めたわ

            とりあえずのあさんの消息はよ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月11日 05:15
          • 良い話でした(なぜ※欄にドルべが二人もいるんだ…)
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月11日 06:05
          • いちおうウェディングガチャに出ているのは加蓮と奏だから関係ねーっていうのはない。
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月11日 21:48
          • Pが既に亡くなってる
            もしくはPが死ぬ間際にベッドでの会話

            こんな感じで妄想してしまった
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月13日 12:46
          • ※7みたいな感じかと思った

            ハッピーエンドで良かったのかな?

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        • 【フルハウス×BTTF】ダニー・タナー「おはようサンフランシスコ、ここで臨時ニュースです…空飛ぶデロリアン?」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ