TOP

モバP「いいお酒が手に入ったので」【後半】

関連記事:モバP「いいお酒が手に入ったので」【前半】





モバP「いいお酒が手に入ったので」【後半】






577: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/21(水) 18:04:43.28 ID:wbeyt9c30

医師「メニエールかもしれないですね」

楓「……」

ちひろ「そう、ですか」

 Pさんは今、総合病院の処置室で横になっている。
 うなされることもないが、ごろごろと落ち着いてない。

医師「耳の病気です。ぐるぐるめまいがします」

医師「目を見るとわかるんですよ。眼振と言って、目玉が細かく揺れるんですね」

ちひろ「はあ」

医師「ま、命に関わるものじゃないですし。疲れとかで起きる人もいますし」

医師「念のために、MRI撮ってみますから、今日は入院されたほうがいいかと」

ちひろ「ありがとうございます」

楓「……」

ちひろ「楓さん、私は受付で手続きをしてくるんで」

ちひろ「Pさんのそばに、ついていてくれますか?」

楓「……はい」

 先生からの説明もよく入ってこなかった。
 Pさん……
 あの人が横になっている、その状況だけでどうにかなってしまいそうだ。



578: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/21(水) 18:05:44.17 ID:wbeyt9c30

 Pさんが倒れた。
 目の前の出来事に、私の思考は完全に止まってしまう。
 なにをしたら。どうしたら。
 まったくわからない。
 通りすがりの女性が、声をかけてくれる。

通行人「大丈夫ですか?」

楓「あの……あの……」

通行人「あれ? ひょっとして歌手の高垣楓、さん?」

楓「あ……あの」

 あの人が。あの人が倒れてるの。
 お願い、なんとか。

通行人「そっちの人は」

楓「あの……事務所の……」

通行人「とにかく、救急車呼びますね! 大丈夫。大丈夫ですから」

 私はどんな顔色をしてたんだろう。
 要領を得ない私の代わりに、通行していた人が自分の携帯で119番をしてくれる。

119「はい、こちら119番」

楓「あの……あの……」

119「はい、大丈夫ですよ。ゆっくり話してくださいね。……どうされましたか?」

楓「事務所のプロデューサーが、倒れまして……」

119「はい、救急ですね。場所はどこか、言えますか? 近くの方に聞いてもいいですよ?」

楓「あ、あ」

楓「あの、ここは」

 混乱してどうしたらいいか、頭から出てこなくなっている。
 私はただ、電話をしてくれた人に、携帯を手渡すしかできなかった。

通行人「変わりました。はい。はい。えっと……」

 代わりの人がいろいろ説明してくれる。その説明がなにを言ってるのかさえ、私には入らない。



579: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/21(水) 18:06:36.78 ID:wbeyt9c30

通行人「大丈夫。すぐ救急車来ますよ。落ち着いて」

楓「え、ええ。ありがとう、ございます」

通行人「会社とか電話しなくて大丈夫ですか?」

楓「あ、ああ! そう、ですね。はい、そうします!」

 そう言われて、少し正気に戻った私は、事務所に連絡する。

楓「もしもし、ちひろさん? あ、あの。高垣です」

ちひろ『楓さん? どうしました?』

楓「あの、P、Pさんが。倒れて」

ちひろ『はい? Pさん? 倒れたって……』

楓「えっと、移動中に路上で、ぱたりと」

ちひろ『それで! Pさんはどうなんですか? Pさんは』

楓「あ、あの。今救急車を呼んでいただいて」

ちひろ『救急車ですね! 病院決まったら連絡してくださいね。必ずですよ』

楓「は、はい……」

 どうにか一報を入れた私は、急に体の力が抜ける。

楓「はあ……はあ……」

 へたりこむ私に、立ち止まってくれた人が声をかける。

通行人「よかった、連絡ついたみたいですね」

楓「あの」

通行人「もうすぐ救急車来るでしょうから。それまで待ってて」

通行人「じゃあ」

楓「あ、あの。せめてお名前と住所」

通行人「いいですいいです!」



580: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/21(水) 18:07:19.89 ID:wbeyt9c30

 そう言ってその人は、なにも教えず立ち去っていった。
 どのくらい経ったろう。救急車が到着するまでの時間が、たいそう長い。
 遠くからサイレンが聞こえ、ほどなく音が止まる。
 救急車が到着。隊員の人が、あの人のそばにやってくる。

 意識を確認し、ストレッチャーに乗せるまで、どのくらいかかったろう。
 ほぼ放心状態の私は、なにも言えずその光景を見ていた。
 救急車への同乗を促され、私はあの人のとなりに。
 すぐに病院へ行くかと思ったが、なにか連絡をしてるようでなかなか発車しない。

 時間が、もどかしい。

 ようやく発車したとき、私は隊員の人に慰められていた。

隊員「大丈夫ですよ。意識もあるし、病院もすぐですからね」

隊員「とにかく病院に着いたら、先生や看護師さんの言うとおりにしてくださいね」

 その言葉を聞きながら、私はただ震えるだけ。
 病院に着いても、足元がおぼつかない。

看護師「大丈夫ですからね。任せてくださいね」

楓「……は、はい……」

看護師「落ち着いたらでいいですからね。連絡されるところに電話とかしておくといいですよ?」

 そうだ、ちひろさんに。
 その言葉だけはストンと私の中に入り、体だけは公衆電話へ向かう。
 どうにか事務所へ電話できたらしく、ちひろさんがあわててタクシーでやってきてくれた。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



581: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/21(水) 18:08:14.48 ID:wbeyt9c30

 どうやら病室でうたた寝をしてしまったらしい。
 気がついたら、あの人がベッドで私の髪をなでていた。

楓「あ」

P「もう少し寝ててもいいんですよ」

 疲れきった表情だけど、やさしい笑顔。

楓「うっ……うう……」

 私は声を押し殺して泣いた。

楓「P、さん」

 あの人は横になったまま、私の髪をなでる。

P「まだぐるぐるするんで。すいません」

楓「いいん、です」

 あの人は私をなぐさめようとしている。自分のほうがつらいだろうに。

楓「なんで……そんなに」

楓「自分を犠牲にするんですか?」

 泣きながら話す私。まったく要領を得ていない。

楓「どこにもいなくならないで、ください」

楓「私を置いて……いかないで……」

 あの人は髪をなでながら一言「ごめん」とだけ。
 よかった。ほんとうに。
 私はただ、泣くだけ。



582: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/21(水) 18:09:01.46 ID:wbeyt9c30

 泣いて、泣いて。ようやく落ち着いて。

楓「今はどうですか?」

P「うん、寝返り打つとぐるぐるがひどいんで。それがつらいかなあ」

楓「そうですか」

P「で、先生はなんと?」

楓「耳の病気じゃないかって」

P「……そうですか」

 あの人の左手につながる点滴が痛々しい。

P「迷惑かけてしまいましたね」

楓「ほんと、ですよ」

P「……」

楓「ちひろさん、あわてて駆けつけてくれましたよ? 入院の手続きもしてくれて」

P「あ、保険証」

楓「それはあとでもいいそうです」

 無理に動こうとするあの人を、押しとどめる。
 そしてまた沈黙。
 病室には時計もない。今は何時なんだろう。
 窓の外はもう暗い。

P「楓さん」

楓「はい」

P「……ありがとう」



583: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/21(水) 18:09:40.34 ID:wbeyt9c30

 え?
 私がなにかお礼を言われるようなことをしただろうか。

楓「どうしたんです?」

P「いえ、なにもないです」

P「なにもないですけど、そうだなあ」

P「いてくれて、ありがとう」

楓「……」

P「楓さん、いつも言ってるじゃないですか。『ごめんなさい』じゃなくて『ありがとう』だって」

P「なんか、わかる気がします」

楓「……そうですか」

P「楓さんがこうしていてくれる、それだけでありがたい」

P「すごく、実感します」

楓「そう……よかった」

P「怒らないんですね? 無理しないでとか」

楓「そういう気持ちもありますけど、Pさんがこうしていてくれるから、もういいです」

楓「早くよくならないでくださいね?」

P「いや、楓さん。その言い方はおかしいでしょう?」

楓「だって、早くよくなったら、また無理するんじゃないかって」

楓「心配です」

 あの人はひとつ、ため息をつく。

P「そうですね。ゆっくり休めっていう、お告げかもしれませんね」

楓「ええ。それと」

楓「少しは、Pさんの彼女らしいこと、させてください」

 もうすぐ、面会時間が終わる。
 私は、あの人の右手をとり、軽く握りしめた。

 また、明日。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



591: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/22(木) 17:48:24.73 ID:WPOGLVBZ0

ちひろ「とにかく、楓さんはPさんのそばについててください」

ちひろ「お願いしますね?」

 昨日あの人が倒れたので、あいさつ回りが終わっていなかったのだけど。
 ちひろさんは、他のスタッフにいろいろ肩代わりしてくれていた。

楓「なんか、いろいろ申し訳ないです」

ちひろ「いいんですよ。そのための私たちですから」

 そう言ってちひろさんは、私を送り出す。

 病室。その前に立つと、なにもなくても入るのがはばかられる。

楓「よし」

 覚悟を決めて入ると、あの人は起き上がっていた。

P「おはようございます」

楓「Pさん、起きられるようになったんですね」

P「めまいの薬が効いてきたみたいで、よかったです」

P「これから検査なんで、またぐるぐるさせられるらしいですけど」

 あの人は苦笑い。でも、私は笑えない。

楓「ちひろさんが、今日一日ついててくれと」

P「そうですか。ちひろさんにお礼をしないとならないですね」

 私はかける言葉が見つからず、ただうなずいた。
 検査の時間になり、看護師さんが呼びにきた。

看護師「これからMRIの検査になりますけど、歩けそうですか?」

P「はい、大丈夫です」

看護師「では、検査室までご案内します」

楓「私も、一緒に行ってかまいませんか?」

看護師「ええ、かまいませんけど。時間かかりますよ?」

楓「かまいません。お願いします」

看護師「では、ご一緒に」



592: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/22(木) 17:49:23.05 ID:WPOGLVBZ0

 案内されたそこは、いろいろな検査に分かれている場所だった。
 CT、MRI、レントゲン。
 リニアック室と書かれた部屋の前には、お年寄りが二・三人座っていた。

看護師「こちらになりますね。呼ばれたら部屋にお入りください」

 第二MRI室という部屋の前。長いすにふたり、腰を下ろす。
 あの人は、肩で息をしているようだ。

楓「Pさん、つらいですか?」

P「昨日の今日ですから、ちょっとしんどいですけど。ぐるぐるしないだけましです」

 ああ。なぜ私は、こうも無力なのか。
 あの人がつらそうにしても、私はなにも助けてあげられない。

P「楓さん? そうつらそうな顔、しないでください」

楓「……あ」

P「僕は命に関わるような病気じゃないんでしょう?」

P「なら、なにも問題ないじゃないですか」

 違う。違うの。
 Pさんが心配だけど。でも、そういうことじゃない。
 なんでわかってくれないの?

技師「Pさーん。どうぞお入りください」

P「じゃあ、楓さん。ちょっと行ってきます」

 そう言ってあの人は検査室に入っていった。

 ひとり、残される。
 私は自分の立ち位置を、いやでも考えさせられた。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



598: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/23(金) 18:03:45.31 ID:uFxhavSl0

 あの人が倒れたときの喪失感。
 私は、これほどまでにあの人とつながっていたのか。
 検査室からビイビイと甲高い音が響く。待っている時間の流れが遅い。

P「お待たせしました」

楓「……」

P「楓さん?」

楓「あ。ああ、Pさん。お疲れさまです」

 あの人の一言でようやく自分に戻る。
 ああ。

 思わず、あの人を抱きしめる。

P「楓さん、どうしたんです?」

 私はなにも言わず、ただ抱きしめたまま。

P「まったく、仕方ないですね」

 あの人はまた、髪をなでてくれた。
 午後も検査があるということで、病院の食堂で一緒に昼食をとる。

楓「Pさん。食べられそう、ですか?」

P「ええ、まあ。軽いものなら」

 私もあまり食欲がない。ふたりでサンドイッチとコーヒー。

楓「……」

P「楓さん? さっきからどうしたんです?」

楓「え?」

P「浮かない顔、ですよ?」

 純粋に心配してくれるあの人。でも裏腹に、私の心は薄暗い。

楓「これが」

P「これが?」

楓「私の仕事中だったら、どうだったんだろうって」

楓「不安なんです」



599: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/23(金) 18:04:52.08 ID:uFxhavSl0

 あの人は、だまって私の話を聞く。

楓「もし、私がステージで歌っていて、Pさんが倒れた話を聞いたとしたら」

楓「そのまま、歌える自信……ありません」

 思わず、自分の手を握り締める。

楓「ファンのことを一番大切にしないといけないのに」

楓「そうできる、自信がないです……」

 今の私は、アイドルなのだ。ファンがいてこその、私。
 でも。
 そういう建前も、あの人がいないという現実感を前にして、すべて吹き飛んでしまった。

楓「Pさんと成し遂げるって、言いましたよね?」

楓「もし、ひとりになってしまったらって考えると、足がすくんでしまいそうで」

 なんとか言葉を出そうとしても、出てこない。
 自分を保つのにいっぱいいっぱいだ。

P「……」

 あの人が発するであろう言葉が怖い。私は、自分の発したことを後悔する。

P「別れましょう……なんて」

P「言うと思いました?」

楓「え?」

P「そんなこと、言うはずないじゃないですか」

P「僕は、楓さんが好きなんです」

 言葉にならない。
 口をつぐんだままの私に、あの人は語りかける。

P「昨日言ったじゃないですか」

 僕は、楓さんがこうしていてくれるだけでありがたい、って。
 正直な気持ちなんですよ?

 人は、自分の存在を喜ばれていると感じたとき、いきいきと生きられる存在である。
 大学でこんなこと教わりました。理系なのに。変でしょう?
 うちの教授はなかなか変わり者でしたから、こんなことも一研究になってましたねえ。

 正直、よくわからなかったです。実感がなかったって言うかなあ。この言葉が。
 でも、今はわかります。

P「何度でも言います」

P「楓さんが、いてくれて、うれしいんです」



600: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/23(金) 18:05:26.35 ID:uFxhavSl0

 なんて。
 なんて私は、愛されているのだろう。

楓「ありがとう。Pさん。ほんとうに」

楓「Pさんがいてくれて、うれしいです」

 私はまた泣いてしまう。何度も、あの人に。
 でも。
 悲しい涙じゃない。

P「確かに、ファンあってのアイドルってのは、正論です。事実です」

P「その前に、貴女は『高垣楓』という、ひとりの存在です」

P「貴女がやりたいことをやりたいように」

P「それが、一番なんじゃないですかね」

楓「はい……はい」

P「僕は、楓さんの味方です。楓さんがどういう選択をしようと」

P「僕は、それをサポートして、応援します」

楓「いいんですか? ……ほんとうに」

楓「それで、いいんですか?」

 あの人はただうなずき、笑顔を見せる。
 そうだ。
 Pさんはいつでも、私の味方だ。

楓「私がつまずきそうになったら、助けてくださいね?」

P「ええ」

楓「すぐに駆けつけてくれなきゃ、いやですからね?」

P「もちろん」

 私は、アイドル。でも今は。
 ただの、女。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



605: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/27(火) 12:18:20.99 ID:I3nJ8n8x0

 夜。あの人のマンションに、一緒にいる。
 横になるあの人に寄り添う私。

 MRIに異常は診られず、他の検査も問題なかった。

医師「少し首の骨がゆがんでる感じですけど、これは問題ないです」

医師「血行をよくする薬とコリをほぐすビタミンを出しておきますね」

医師「しばらくゆっくり休むように」

 メニエールだろうという診断だった。

楓「Pさん、大丈夫ですか?」

P「うん、だいぶ楽になった感じですね。寝返りはまだしんどいですけど」

 ちひろさんに連絡を入れて、直帰と称してあの人といることにした。

P「ああ、そういや営業がまだ残ってましたねえ」

楓「ちひろさんたちスタッフで、手分けしてくれたそうですよ」

P「そうですか。ほんと申し訳ない」

 あの人は、こんなときでも仕事のことを気にする。

楓「もう」

楓「少しは仕事から離れてくださいね?」

楓「とにかく、休むこと」

P「わかってはいるんですけどね。でも、なんか仕事してないと落ち着かなくて」

楓「Pさん、お願いですから」

 私はつい、きつい口調になる。

楓「仕事のことはしばらく、考えないでください」

楓「私が、つらくなります……」



606: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/27(火) 12:19:04.62 ID:I3nJ8n8x0

 どうして、わかり合えないんだろう。
 あの人と私は、成し遂げると約束した。そのために走ってきた。
 今こうして一定の評価を得て、会社からもファンからも認められていると思っている。
 でも、それは。あの人の献身の上に成り立っているものだ。

 あの人が、つぶれてしまう。
 私の人気があがるほど、あの人は努力してしまう。
 愛しい人をこれ以上、無理強いしたくない。

 こんなこと、エゴだと。わかっている。
 私のわがままでしかないのだ。
 私が周りのもろもろに目をつむり、駄々をこねているだけ。

楓「Pさん」

楓「成し遂げるって、なんですか?」

 ふと、言葉を漏らす。

楓「Pさんがつぶれてしまうまで、走らなければならないことですか?」

楓「そんなの、私が耐えられません……」

 あの人はなにも言わないけど、私は言葉が止まらない。

楓「Pさんが犠牲になるのが、私は耐えられないんです」

楓「なんでわかってくれないんですか……」

 これ以上は苦しくて、私も言葉にできない。
 こんなこと言われても、あの人が困るだけだ。

P「楓さん。僕は、楓さんを苦しめてきただけなんですかねえ」

楓「それは違います!」

 あの人の言葉に、私は叫んだ。



607: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/27(火) 12:19:44.27 ID:I3nJ8n8x0

楓「違うんです……」

楓「私は、Pさんと一緒に走ってきて、幸せなんです」

楓「でも、そうしてきて今、Pさんが倒れた」

楓「大切な人を失いたくない。Pさんを失いたくない。その一心なんです」

楓「ただ、Pさんが好きなんです。それだけなんです……」

 あの人が、私の頭を。
 ぽんぽん。
 軽くなでる。

P「そうですね。走ってばかりで、休みを入れなかったかもしれませんね」

P「もう、こうしてひとりじゃないのに。なにを焦っていたのかなあ」

 くすっ。
 そう、私たちはもう、ひとりじゃない。

P「でもこうして。お互い言葉にしないと」

P「わからないこと、多いですよね」

 そうだ。どんなに通じ合ったって、言葉にしなければわからないことは、ある。

楓「これからも、ずっと一緒にいてくれますよね?」

P「もちろん」

楓「私が、アイドルじゃなくても?」

 気になること。

P「アイドルじゃなくても」

 そっか。

楓「よかった。一緒にいて、いいんですね」

P「一緒にいてくれなきゃ、僕が困ります」

楓「Pさんが迷惑だろうと、一緒にいますからね?」

P「ええ、そうしてください」

 ファンに祝福されるような引き際。かつて、凛ちゃんと話したことだ。
 それを今、真剣に考えるときが、来たのかもしれない。

 私の、引き際。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



613: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/28(水) 18:02:52.69 ID:rc88dNgn0

 それから。あの人は週末まで有給をとることにした。
 私は普段どおり営業をこなす。

楓「いつも応援、ありがとうございます」

 握手会。
 このときはあの人のことを頭の片隅に追いやり、ファンのことを思う。
 いつだってほんとうに、ファンの応援がありがたい。

 それだけに、私の決断を鈍らせる。
 引き際を考えることが、ファンへの裏切りにならないか、と。

 その思いをひとりで煮詰めても、ろくなことにならない。

楓「Pさん」

P「はい?」

楓「この前から思っているんですけど」

楓「このままアイドルを続けていくことに、疑問を持っているんです」

P「……ふむ」

 これは、私たちふたりの問題だ。
 自分たちの将来をきちんと、話しておく必要がある。

P「楓さんは」

楓「はい」

P「今の仕事、つらいですか?」

楓「いえ! そうじゃないんです。今の仕事は充実してるし、とても楽しいです」

楓「でも、私は女です。女は現実を逸脱できないんです」

楓「自分の将来を考えたとき、今の路線でいけるのもそう長くないと、感じるんです」



614: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/28(水) 18:04:12.82 ID:rc88dNgn0

 アイドルは偶像。夢を売る商売だ。
 でも、現実として年齢は大きなハンデだ。そして。
 あの人と一緒に、これから『生活』していくことを考えると。

P「そうだなあ。うん。選択肢はいくつかあるでしょう」

P「このままの路線をしばらく進む」

P「ま、いつかはどこかで見直しを考えないとならないですから、ただの先送りです」

P「それから、分野特化。歌手とか俳優とか」

P「すでに楓さんはそういう方向に向かってますから、一番自然でしょう」

P「あとは、そう」

P「引退」

 引退。
 あの人がいう言葉には、現実の強さがある。

P「正直、僕はまだ楓さんが活躍する姿を見ていたいってのは、あります」

P「でもそれが、僕の純粋な気持ちとばかりは言えない」

P「事務所の都合とか、業界の打算とか。そんなのも含まれちゃいますから」

 あの人は、ぬるくなったスポーツドリンクを一口飲む。

P「楓さんの気持ちが、一番ですからね」

 あの人は、私の味方だと言ってくれた。
 たぶん、私が出す結論を尊重してくれるだろう。
 だから、これは自分の責任で。

楓「Pさん」

楓「私は、遠からず引退をと、思ってます」


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



615: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/28(水) 18:04:56.60 ID:rc88dNgn0

 私は、今私が考えるすべてを、打ち明ける。

 私はこの仕事が好きです。ファンの皆さんも好きです。
 でも。
 Pさんが一番好きで、ずっと一緒にいたくて、生活をしていきたいと思ってます。
 だから、今のことだけじゃなくて、十年、二十年先も、考えるんです。

 結婚をして、子供ができて、家族が増えて。
 そのとき、私がどうしてるだろうって考えると。
 芸能界で働いてるって選択肢が、見当たらないんです。
 私は不器用です。
 大勢のファンに夢を見せることと、家族に夢を見せることは、両立できません。
 特に、これからやってくるであろう子供たちに。
 一番の夢と愛情を注ぎたい。

 Pさんが仕事をするサポートができたら。
 子供たちと一緒に安心してすごせる家庭が築けたら。

楓「それが、自分の幸せで。願いです」

楓「私の未来は、小さくてささやかなものが、いいんです」

P「……」

 私の想いは、あの人に伝わっただろうか。
 あの人は、どう思うのだろう。

P「そっか。そうだよなあ……」

 あの人は、遠くを見るようなそぶりをして、ため息をつく。

P「僕は、楓さんをプロデュースしてきたから、楓さんのアイドル姿ばかりを思い浮かべてきました」

P「でも、楓さんと一緒に暮らしていくのだから」

P「僕はプロデューサーの前に、夫であり、父親なんだよなあ……」

 そう言って、やっぱりあの人は頭をかく。
 あの人の癖。

P「ふたりでやっていくって言いながら、将来設計とか、すっかり抜け落ちてたなあ」

P「うん。そうですね」

 あの人は私を見つめる。

P「楓さんのフィナーレを、飾らせてください」

P「そして楓さんの人生を、僕と一緒に歩いてください」

P「僕はやきもち焼きですから、楓さんを独占しちゃうかもしれませんけど」

楓「あら。ふふっ」

 私は、あの人に願う。

楓「私を、独占してください。お願いしますね」

 引退。それを私たちの意志とした。
 あとは、どう着陸するか。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



621: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/30(金) 18:35:52.76 ID:OsHvseYP0

 残暑の名残が漂う、9月。

楓「ふう……よし」

 私は覚悟を決める。
 大将の家に遊びに来た。奥様に会うために。

 宝生はづき。将来を嘱望されながら引退した、女優。

はづき「楓さん! 早かったわねえ」

 開けられた玄関からのぞかせる顔は、女優の面影を色濃く残していた。

楓「はづきさんはじめまして」

はづき「いえいえー。旦那も待ってたから。さ、あがってあがって!」

 その清楚な顔からは想像できない快活さにとまどいながら、中へ案内される。
 Pさんの部屋より広いマンションの一室。大将と娘さんが一緒に遊んでいた。

大将「お。よく来たな」

楓「ほんとに、忙しいところありがとうございます」

大将「いや、かえって店の休みに合わせちまって、こっちが申し訳ないさ」

 大将の娘さんが無邪気に笑っている。

 大将がこうまでしてくれる。それは一週間前のこと。

大将「まあ、おまえらの決意はわかった。あの社長にはどう説明するつもりだ?」

P「ああ、それはですね」

P「社長には、僕から話をします」

P「ソフトランディングの方法は、僕だけではどうにもなりませんし」

大将「そうだろうな。俺に訊かれても困るし」

楓「でも。大将には」

楓「ひとつお願いがあるんです」

大将「ん? 金なら貸せないぞ?」

楓「奥様と、お話したいと思って」

楓「ぶっちゃけ、経験者のご意見がうかがいたい、と」

大将「ぶっ! わははは!」

大将「楓さんもまあ、ずいぶんぶっちゃけたもんだな!」

 笑いの止まらない大将を説得する私。

楓「ええ」

楓「なりふり構ってられませんから」

大将「ほお、女ってのはつええな」

大将「うちの嫁もだけどな」

大将「ま、あいつは専業主婦だし、子供と一緒にいるから大丈夫だとは思うが」

大将「ここの休みにあわせてもらえねえかな。俺が助かる」

楓「そのくらいなら全然。じゃあお願いしていいですか?」

 私は、大将の奥様とアポをとりつける。
 覚悟。
 自分の決めた先になにがあるのか、それを知ってみたかった。



622: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/30(金) 18:36:32.62 ID:OsHvseYP0

はづき「旦那から聞いてるわよ。ずいぶん思い切ったわねー」

 大将は気を利かせて、娘さんと席をはずしてくれた。
 はづきさんは、冷たいお茶を出してくれる。

はづき「で? さっそく本題に入ったほうがいいんじゃない?」

楓「あ。ほんとすいません、なんか」

 思った以上にざっくばらんな態度に、かえって恐縮してしまう。

楓「来てみたのはいいんですけど……なにをうかがったらいいのか」

はづき「ん? そうなの?」

楓「ええ、まあ」

楓「自分で引退とか口にしたのはいいんですけど」

楓「どう道を開いたらいいか、なんかよくわからなくて」

はづき「それで、あたし。ってこと?」

楓「はい」

はづき「そうねえ。ま、勝手に引っ込んじゃったあたしが言えることなんて、そうないけど」

はづき「まあ、いろいろあるってことだけは、言えるかなあ」

楓「いろいろ、ですか」

はづき「うん、いろいろ」

はづき「あの業界のめんどくささ、楓さんはわかるでしょ?」


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



623: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/30(金) 18:37:19.65 ID:OsHvseYP0

 はづきさんが語りだす。

 旦那とはいわゆる幼馴染ってやつ? まあ、いつからってこともないけど。
 お互いに好きで結婚したんだから、これはこれでいいと思うの。
 あたしは高校生の時にもう業界に入ってたから、だいぶ長い遠距離恋愛って言えるかもねえ。
 よく続いたもんだと、あたしが感心しちゃうね。あはは。

 うちの事務所の社長はね。みんな家族のようなもんだって。
 それが口癖。
 だからね、こうしてまだお付き合いは続けてる。
 知ってた? あたしまだ、事務所に籍あるんだって。
 復帰する気なんか、さらさらないけどねー。

 でも、社長が「いつでも戻れるように、用意したいから」って。
 今はこうして、旦那と娘に囲まれて忙しいしさ。戻るつもりもないし。
 そういう心遣いに感謝はしてる。

はづき「楓さんはアイドルだから、引退するときのいろいろな揉め事、気になるんでしょう?」

楓「そうですね……それはあります」

はづき「あたしは俳優業だったから、ちょっと毛色が違うと思うけど」

はづき「まあ、マスコミはうるさいよねー」

 ここんとこ業界は、でき婚当たり前って感じじゃない。
 あれ好かないよねー。
 できたんだから仕方ないって、子供ダシにするんじゃない、って。思っちゃう。

 あたしはねえ、社長がうまく立ち回ってくれた。
 旦那と付き合ってること、それとなしに小出しにリークしてくれて。
 ただ、いろいろ取材はうざかったけどね。交際は順調ですかとか。
 そんなこと訊かれたら、余計ぎくしゃくするからやめろ、とかって。思ってた。

 社長は、受け答えも指南してくれた。まあこれでも演技やる人間だし、そこはね、うまくやったつもり。
 ただ、でき婚は避けろ、と。それは言われてた。
 あれはね、自分だけじゃなくて、事務所全体、業界全体のダメージになるからねえ。
 なんてただれた世界なんだ、なんて思われるのいやじゃん。

 それにね、あたしは旦那に迷惑かけたくなかった。
 ただの一般人に記者やカメラマンが殺到したら、それだけでいやな気持ちになるでしょう?
 でもね、あちらもそういう商売だから、無碍にできないしね。
 だから、そういうことでも、でき婚だけは絶対避けた。

 だいぶ社長が動いてくれて、女性誌の記事からあたしの名前が消えるのに、そうかからなかったな。
 それだけに、なおさら自分の動きには気を遣ったかな。
 ゴシップの出どこ、どこが多いかわかるでしょう?
 そう。同業者。
 だれだれを売るためとかなんとかで、ないことないこと平気で言うとこだからね、あの業界。
 だから、そういう根も葉もないことにきちんと対応できるように。

はづき「あれは正直、まいったなあ」



624: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/30(金) 18:38:25.31 ID:OsHvseYP0

楓「……」

はづき「でも、楓さんはたぶん、こんな比じゃないと思うな」

はづき「アイドルって、ファンの数が桁違いだからね」

はづき「あ。なんか脅しちゃったみたいだね、ごめんね」

楓「いえ……」

楓「覚悟はしてるんですけど、やっぱり……不安はありますね」

はづき「でも、ね」

 はづきさんは、ウインクしてみせる。

はづき「なんて言うかなあ。無条件であたしを信じて、見返り求めず愛情を注いでくれる」

はづき「そういう人がちゃんとそばにいれば、やっていけるよ」

はづき「楓さんの彼氏は、そういう人、でしょう?」

 すごい。
 想いひとつで困難を乗り切った人の言葉は、とても大きい。

はづき「旦那がどんなときでも、無条件にあたしの味方でいてくれる」

はづき「それは今でも変わらない」

はづき「だから、あたしは旦那と娘のため『だけ』に、ここを守ろうって」

はづき「それが、あたしの愛情だからね」

 そう言ってはづきさんは微笑んだ。

はづき「ねえ、楓さん?」

楓「はい?」

はづき「貴女の愛情は本物、でしょう?」

楓「はい」

 私ははづきさんの問いかけに、真っ直ぐに応える。
 それは揺らぎない。そう信じている。

はづき「なら! 大丈夫」

 はづきさんは、私の両手をとって、そう言った。



625: ◆eBIiXi2191ZO:2013/08/30(金) 18:39:03.95 ID:OsHvseYP0

はづき「根拠なんかないけどね。でも大丈夫」

はづき「あたしがそうだったように。楓さんもね」

 手のぬくもりが伝わる。
 彼女の苦労は、とても語りつくせないものがあるだろうと思うけど。
 でも、はづきさんが『大丈夫』というなら、大丈夫なのだ。

 だって、先人なのだから。

楓「はづきさん」

はづき「ん?」

楓「来て、よかったです」

楓「きちんと覚悟、できました」

はづき「なら、よろしい」

 彼女は握っていた手を離し、深くうなずいた。

はづき「あ、そうそう。よかったら夕飯食べていって?」

はづき「旦那の料理はプロだけど、プロ主婦の料理だっていいものよ?」

楓「ふふっ。ありがとうございます」

はづき「娘がいるからお酒はないけど、それは勘弁してね?」

楓「じゃあ、お言葉に甘えて」

 大将が娘さんを連れて帰ってきた頃には、すっかり日もかげって。
 夕飯をご馳走になる。

 私もお手伝いした夕餉の食卓は、なにか懐かしい味がした。
 家族。
 こういう家庭が築けたら、なんて。
 あの人との未来を想った。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



631: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/02(月) 18:14:37.14 ID:yOphYg890

社長「ああ、楓さん」

楓「はい」

社長「ちょっと入院してきてください」

楓「はあ!?」

 10月のある日。社長に呼ばれて告げられる。
 私は素っとん狂な声をあげた。

楓「あ、あの、社長。私、どこも悪くないんですが」

社長「まあ、人間ドックというやつですよ。ちょっと骨休めするのもいいでしょう」

楓「いやいや、待ってください。今レコーディング中じゃないですか」

社長「ええ、知ってます」

楓「そんな検診とか受けている暇、ないと思うんですが」

社長「ですから言ってるでしょう? 骨休め、ですよ」

楓「そんな……」

社長「すでに病院は手配してあります。あとはちひろさんに詳しいこと訊いてください」

楓「あの、社長!」

社長「これは決定事項ですから。では、よろしく」

 理由もろくに告げられず、私は社長室を放り出される。
 仕方なく、私はちひろさんに話を聞く。

楓「ちひろさん、どういうことなんですか?」

ちひろ「……さあ?」

 ちひろさんも、よくわからないようだ。
 とはいえ、上からのお達し。ちひろさんは手配した病院を私に教える。

ちひろ「まあ、お泊りドックは食事が楽しみっていいますから」

楓「いや、ほんとそれどころじゃ」

 もやもやしたものを吐き出そうとする私を、ちひろさんがさえぎる。

ちひろ「社長がおっしゃったことですから、ここは受けざるを得ないですよ」

楓「……まあ、そうなんですけど」

 ちひろさんはドックの日程と書類一式を渡してくれる。

ちひろ「書類に、ドックの内容とか書いてありますけど」

ちひろ「詳しいことはPさんに訊いてくださいね?」

 ちひろさんは「うふふ」と、意味深な笑いを浮かべていた。



632: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/02(月) 18:15:13.02 ID:yOphYg890

 そしてその夜。私はPさんの部屋にいる。

P「ああ、社長がなにも説明しなかったんですか。なるほどねえ」

 あの人は苦笑い。

楓「まったく、ひどいですよう」

 焼酎をちびちびとやっている私は、少々酔っているかもしれない。

P「まあ、社長が書いたシナリオなんですけどね」

楓「シナリオ、ですか?」

P「ええ、引退の」

 引退。
 社長がなにも言わなかったのは、本人なりのささやかな抵抗だったのかもしれない。
 いや、ただのいじわるかも。

P「僕も詳しいことは聞いてないですけどね」

 こういうことらしい。
 私が体調不良で入院ということにする。それをリーク。
 頃合いを見て、支えてくれる人がいるらしいと。これをリーク。
 仕事量を徐々に調節。そして休業宣言。

 もっともらしいことを言ってはいるが、つまりは、嘘。

楓「そんなにうまく、ことが運ぶんですかねえ?」

P「いやこればっかりは、なんとも」

 あの人も半信半疑らしい。

P「ただ、社長が言うんですよ。『全面うそなら、簡単にばれる』」

P「でも『ほんとのことを言えば、つつかれる』」

P「だから『うそに少しだけ真実を混ぜる』」

P「これが一番、信用されやすい。のだそうです」

 あの人も呆れ顔だ。
 なるほど、私は体調もすこぶる良好だし、入院なんてことにはなりえない。
 でも、支えてくれる人がいるというのは、ほんとのこと。

楓「うーん」

楓「なんか、あまり気持ちのいい行いじゃないですね」

 自分の都合で引退などと言っているのだ。そのこと自体が、ファンにとって気持ちがいいことじゃない。
 だから、きちんとだます。
 それはわかっているのだが。



633: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/02(月) 18:15:43.63 ID:yOphYg890

P「楓さんの気持ちだけで考えれば、正々堂々と宣言できればいいでしょうけど」

P「それはまず無理でしょうねえ」

楓「……」

P「ファンの間でもめるでしょうし、それよりまず、マスコミが関係ないことまでほじくり出します」

P「そうすれば、一般の人へのイメージが落ちますし、事務所全体のマイナスになるでしょう」

P「ファンじゃない普通の人には、スキャンダルはいい暇つぶしのネタでしかないですしね」

 非常に心が痛い。
 はづきさんと話をして、そういう問題も頭ではわかっていた。
 でも、現実になると、とてもつらい。

P「業界から見れば、いちアイドルの醜聞は、自分たちの儲けのネタですしね」

P「事務所としては、どうあってもソフトランディングさせないとならないんです」

楓「Pさん」

P「はい」

楓「私は、早まったことをしたんでしょうか?」

 こうまで現実を叩きつけられると、心が折れそうになる。
 はづきさんの苦労が私の想像以上のものだという事実に、逃げ出したくなる。

P「いえ、そんなことないです」

P「いずれは通る道です。早いとか遅いとか、関係ないです」

P「僕も一緒に歩くんです。それでは頼りないですか?」

 あ。
 そうだ。
 私はあの人と一緒に歩いていきたい。だからこの道を選んだのだ。

楓「いえ、それが一番ありがたいです」

楓「そうですね。一緒に歩きましょう」

 心は晴れない。
 でも、もう動き出した。
 あの人と、後戻りできない道を、歩く。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



634: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/02(月) 18:17:02.25 ID:yOphYg890

凛「楓さん! 大丈夫ですか!?」

 ドックに入った日。凛ちゃんがあわてて病室にやってきた。

楓「凛ちゃん、どうしたの?」

凛「い、いえ。楓さんが入院したって話を聞いて」

楓「あら。どこからその話を?」

凛「あの……テレビ局のスタッフさんが、そんな話をしてて」

 どういうルートでリークしたかは知らない。でも。
 ものすごい勢いでうわさが駆け巡っていることは、凛ちゃんの態度でわかった。

楓「よくここの場所がわかったわね」

凛「え? あの。ちひろさんに訊いて」

楓「ああ」

 ちひろさんなら知ってる、というか、仕掛けた張本人のグループだし。

楓「心配しないで。大丈夫だから」

楓「ほら、どこから見ても大丈夫でしょう?」

 そう、初日の検査が終わったから、すでに私は検査服から私服に着替えている。
 ただ、病室に泊まっているというだけ。

凛「え、ええ。確かに」

楓「ね? ちひろさんにどこまで訊いたかはわからないけど」

楓「私は、大丈夫」

 凛ちゃんは私の言葉を聞いたとたん、へなへなとへたり込んだ。

凛「……よかったあ……ほんとに」

 座り込んだままさめざめと泣く凛ちゃん。
 その姿に、私は罪悪感を覚えずにはいられない。
 彼女が泣き止むまで、私は凛ちゃんを抱きしめていた。

凛「その……加蓮のこともあって」

 落ち着いたころ。凛ちゃんがぽつぽつと話し出す。

凛「入院って言葉を聞くと、どうしても普通にしてられなくて」

楓「そう……」

凛「だから、楓さんが入院って話を聞いて、いてもたってもいられなくて」

凛「ここへ、来ちゃいました」

 うつむく凛ちゃん。
 私は彼女に尋ねる。

楓「どうして?」

楓「どうして私のこと、そんなに心配してくれるの?」

凛「……だって」

 震える肩もそのままに、凛ちゃんは私を見上げる。

凛「だって大切な人が入院したんですよ!」

凛「心配しちゃいけないんですか!」


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



635: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/02(月) 18:17:50.16 ID:yOphYg890

凛「あ……」

 彼女は、自分の叫んだ言葉にはっとして、そしてまたうつむいた。
 凛ちゃんの一途さに、心が震える。

楓「そっか」

 私は、小さくなった彼女の肩に、手をあてる。

楓「心配してくれて、ありがとう」

凛「……だって……心配で心配で押しつぶされそうだったんですよ?」

凛「楓さんは……私のお姉さんのような人だもん」

 そこまで慕われている。
 以前の彼女なら、考えられないことだった。

楓「ふう……そうねえ」

楓「なにから、話したらいいかしら?」

 私は、頭の中を整えながら、凛ちゃんと目線を同じくする。

楓「あのね? 凛ちゃん。私ね」

楓「引退しようと、思ってるの。芸能活動から」

凛「……え?」

 彼女の見せる戸惑い。そうだろう。
 姉と慕ってる人が、引退を口にするのだ。

楓「Pさんと、一緒になるために、ね」

 私は、同じ人を好きになった彼女に、告げた。
 あの人と一緒になると。

凛「そう……ですか……」

 冷静に振舞おうとしている凛ちゃんだけど、動揺が顔に現れている。

凛「Pさんと楓さんが……」

凛「いえ! それはうれしいことなんです! おめでとうございます」

凛「でも……この業界から引退するなんて……」

 凛ちゃんはなにを思っているだろう。
 それは、当人にしかわからないことだろう。でも。

楓「凛ちゃんとこうして、一緒に仕事ができること。とてもうれしいの」

楓「でも、これは私なりのけじめ、なの」

凛「……けじめ」

楓「そう。けじめ」

 私は、引退を決断するにいたるまでの想いを、凛ちゃんに打ち明ける。
 ゆっくり、ゆっくり。

 彼女と私の、夜が更ける。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



641: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/03(火) 17:13:05.26 ID:r598zBd00

楓「もうだいぶ遅いけど、明日に差し支えない?」

凛「大丈夫。明日は遅い入りなんで」

楓「そう」

 Pさんのこと。引退のこと。
 凛ちゃんとふたり、話を続けている。

凛「そう、ですか。うその入院……」

楓「あんまり気が乗らないけどね」

 病室のベッドに腰掛けて会話というのは、実に違和感がある。

凛「私は、自分たちがきちんとしていれば、いつかは祝福してくれる。そんなふうに」

凛「思ってました」

楓「私も、同じ。でも、さすがにそういうところじゃないから。この業界はね」

楓「正しいと思ったことでも、後ろ指を差される。ずっと」

楓「悔しいけど、自分たちのこれからを守るには、かなりの詭弁が必要」

凛「そう、かもしれないですね」

 凛ちゃんの表情もさえない。それはそうだ。
 私ですら、あらかじめはづきさんに教えてもらっていても、やはり納得いかないものだ。
 まして彼女には、これからがある。

凛「でも」

楓「ん?」

凛「でも……Pさんと楓さんが、ひっそりと幸せでいられるなら」

凛「そのうそも、いつか許されるんじゃないか、って」

凛「そう思いますけど……私の希望でしかないですけどね」

 そう言って凛ちゃんは気丈に笑った。

凛「楓さん、アイドルって」

楓「アイドル?」

凛「なんなんでしょうね」

 アイドル、か。
 ほんと。

楓「なんなのかしらねえ」

楓「これだけやってても、さっぱりわからない」

楓「凛ちゃんは、わかる?」



642: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/03(火) 17:13:53.71 ID:r598zBd00

凛「私も、わかんないです……」

 窓の外には、いつもの街灯り。
 それを眺め、彼女はため息をつく。

凛「自分の思う『渋谷凛』と、ファンの見てる『渋谷凛』」

凛「そして、この業界が求める『渋谷凛』って、似てるようで違うんだと、そんな気がして」

凛「時々、自分が何者なのかわかんなくなっちゃいますね」

 凛ちゃんは、私よりずっと先を走っている。だからこそ、思い悩むのだろう。

楓「アイドルって、テレビ画面の世界が創ったまやかしかもしれないけど」

楓「でも、私も凛ちゃんも、こうして意志を持って動いてる」

楓「ただのキャラクターなんかじゃない」

凛「私は、求められるものに自分を一致させようとすることが、アイドルの仕事と思っていたときがあるんです」

凛「でも奈緒や加蓮、Pさんに出会って、変わった」

凛「みんな、思うものが違う。なら、私の思う私に、ファンをどれだけ引き込めるか」

凛「それがアイドルの醍醐味だ、って」

 外を眺めていた彼女は、私を向いて言う。

凛「Pさんの受け売りですけどね」

 凛ちゃんは「ふふっ」と笑った。

楓「私、凛ちゃんがプロフェッショナルだって感じたの、正しかったね」

凛「いえ! そんなことないです」

 街灯りに映える彼女のシルエットが、幻想的だ。

凛「ほんとのこと言うと、ちょっとだけ楓さんになりたかったんです」

楓「え? どうして?」

凛「だって……Pさんが惹かれて、好きになった人ですから」

 ああ。
 もし逆の立場だったら、私はどんな選択をしたんだろう。

凛「でも今は違います。私は私、楓さんは楓さん」

凛「違うから、いいんです」

 なにかを目で追うように、凛ちゃんは天井を見上げ、つぶやいた。

凛「楓さんと一緒に、ツアーやってみたいです」

凛「トライアドとしてじゃなくて、私と楓さんで」

 どこまでいっても、彼女は私のライバル。
 そして、愛おしい妹。

楓「ここにPさんがいたら、きっと悔しがるわね」

凛「え? どうしてですか?」

楓「たぶん『そんなおいしい企画、僕が立てたかったのに』って」

凛「ぷっ。ふふっ」

楓「ふふっ。絶対そうだって」

 ふたりの密やかなたくらみ。
 実現できたら、どんなに楽しかろう。

 私に残されている時間は、あと、どのくらい。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



649: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/04(水) 12:36:48.72 ID:BAOtGy540

 私が入院したことにメディアは大きく反応した。
 事務所としてはお決まりのファックスを出したのだけれど。

『弊社所属の高垣楓が入院したことにつきましては事実でございます。
 しかしながら、これは体調不良を考慮し念のために入院したものであり、
 今後の活動に支障となるものではございません』

レポーター「お体の調子は、もう大丈夫ということですか?」

楓「ええ、大丈夫です。ちょっと崩しただけですから」

 何度目かの返答。ここしばらくはこれが続くのだろう。

P「お疲れさまです」

 移動の車で、あの人は言葉をかけてくれた。

楓「ふう。覚悟してたとはいえ」

楓「かなり擦り減っちゃいますね」

 毎日追いかけられることがないだけましだと思うけど。精神的にこたえる。
 なんというか。
 自分の中に土足で上がりこまれる感覚というか。

楓「なんか、呑まなきゃやってられない、って感じですね……」

 私はそう言ってシートを傾けた。

P「いや、酒臭いアイドルはまずいでしょう」

 あの人は笑う

P「でも、そう言いたくなる気持ちは、わからなくないです」

P「楓さんは自分のせいだからと思うかもしれませんけど」

P「僕のせいでも、あるわけですから」

 計画の端緒でこの疲労。
 まして、あの人は当事者でありながら、完全に裏方として振舞っていないとならない。
 ストレスも相当のものだろう。

楓「あーあ。Pさん成分が足りないです」

楓「なんとかしてください」



650: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/04(水) 12:37:40.66 ID:BAOtGy540

 私はおどけてみせる。

P「僕だって楓さん成分が足りませんよ。補充したいよなあ」

 今日はたまたまあの人が送迎をしてくれたけど。
 最近は、プロデュースの立案と上層部との打ち合わせで忙殺されている。
 すれ違いばかり。

楓「なら、Pさんの部屋にお邪魔してもいいですか?」

P「退院したばかりなんですから、無茶言わないでください」

 所詮は検査入院なのだから、体調うんぬんはまったく問題ない。
 マスコミ対策。

 今あの人の部屋へなど、行けるわけがない。

楓「……」

P「……」

 空気が重い。
 お互いに神経すり減らして、ぎすぎすしている。

楓「ああ、大将の店。行きたいなあ……」

 無性に、大将の店が恋しい。
 なにも気兼ねすることなく、あの人と大将と。
 三人で馬鹿な話をして過ごしたい。

P「もうちょっとだけ、待ってください」

 あの人が言う。

P「もうちょっと時間がたてば、マスコミを落ち着くでしょうから、そうしたら」

P「僕が必ず時間を作ります」

P「それと、手土産もね」

楓「あら?」

 手土産、ですか。

P「ええ、楓さんが気に入るような手土産を、ね」

 そうですか。なら。
 もうちょっと我慢しましょう。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



656: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/05(木) 18:41:22.60 ID:EH9rd+A70

 11月。一部の女性誌がしぶとく粘ってくれたものの。
 どうにか平静を取り戻す。

楓「あら?」

 まだ事務所には誰もいないようだ。
 もっとも、私も早く起きすぎてしまったので、いなくても仕方ない。
 合鍵を取り出す。ちゃりん。

 手元でひかる、Pのイニシャルのキーホルダー。

楓「もう長い付き合いだね」

 そうひとりつぶやき、鍵を開けた。

楓「コーヒーセットよし。電気ポットよし。エアコンよし」

 普段はちひろさんがやっていることだけど、見よう見まねでやってみる。
 こぽこぽこぽ。
 コーヒーメーカーが、いつもどおり仕事をしてくれる。

P「おはようございます!」

 あの人が入ってくる。

楓「あら、Pさん」

P「かえ、で、さん? 早いですね?」

楓「なんか、早く起きちゃったもので」

P「ああ、なるほど」

楓「電車もあるようだし、来ちゃいました」

 あの人は年末が近づくにつれ、忙しさが加速しているようだ。
 コンサートにテレビ出演、そうそう、年末といえば国民的歌合戦もある。
 あれやこれやの段取りで、ほとんど事務所にいないくらい。

楓「Pさん、無理してませんか?」

P「ああ、これでも忙しさは小さいほうですよ?」

P「きちんと薬も飲んでますし、倒れるようなことはしません」

楓「なら、いいんですけど……」

 あの人がこういう状態にあって、私がただお任せするのも申し訳ないので。
 ある程度のスケジュール管理は、セルフで行っている。
 そんなわけで、すれ違いが一向に解決しない。

 心配なのにな。あの人はわかってるのかな?

楓「あ、Pさん。コーヒー入りましたけど」

P「ありがとう。じゃあ机にあげといてください、なしなしで」

 給湯室からあの人のカップを取り出す。なんの飾り気もない白いマグに、『P』のテプラ。

楓「あ。茶しぶがついてる」

 使い込まれたマグに、できたてのコーヒーを注ぐ。
 私も紙コップに。

 あの人は机に座るやパソコンを確認し、今日の仕事内容をチェックする。
 私は、応接ソファーからあの人を眺める。



657: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/05(木) 18:42:25.79 ID:EH9rd+A70

楓「久々のふたりきり、か」

 仕事をしてるあの人の顔は、いつも引き締まって見える。

楓「やっぱり、好きなんだなあ……」

P「あ、そうそう。楓さん」

P「いいお酒が手に入ったので」

楓「!」

P「今度……って……」

楓「……」

 空白。
 ひとりごと、聞こえてないよね?

楓「ふふふっ。目が逢いましたね」

P「楓さん。……いつも以上にシッポ振り切れてますね」

 シッポですか。私は犬ですか。
 最近の私は、Pさん成分が明らかに不足してるのかもしれないな。

楓「Pさん……楽しそうですね」

P「いや、だってノーディレイで反応してましたもん。……実に見事だな、と」

 ああ、やっぱり好きなんだな。
 いつだってこの笑顔が見たい。でも今は。
 そう言っては、ずっと自分をごまかしてきたのだ。シッポも振り切れますよ。

楓「で? いつにします?」

P「そうだな……この日なら雑誌のインタビューだけだし、夜でどうです?」

 私はあの人の机に移動し、一緒に手帳を眺める。

楓「わかりました。それじゃ」

楓「楽しみにしていますね?」

 なんかやられっぱなしは悔しいので、少しは皮肉っぽく。

P「はい。楽しみにしてください」

 うわあ。ドヤ顔で答えたよ、あの人。
 正直、似合わない。

 私は笑いをこらえつつ、あの人の提案に同意した。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



667: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/16(月) 16:55:44.45 ID:N/Gyq3xc0

 約束の日。
 私はいつになく浮かれていた。

『夜に大将の店で。よろしく』

 たったこれだけのメールに、心が躍る。
 ひょっとしたら禁断症状? それほどあの人成分が足りない。
 先日のメディアの反応を考えれば、十分注意をしなければならない時期だというのに。

楓「まだ、かな……」

 あの人を待ち焦がれている私がいる。
 雑誌のインタビューを終えて事務所で待つも、どうにも落ち着かない。

ちひろ「これは私の仕事ですから、楓さんはゆっくりしてくださいよー」

 手持ち無沙汰な私は、ちひろさんの仕事を奪って伝票整理をしていた。

楓「いえ、このくらいはさせてください」

ちひろ「……Pさん待ちですか?」

楓「ええ、まあ」

ちひろ「早く戻ってくると、いいですねえ」

 そう言うとちひろさんは、整理された伝票をまとめはじめた。



668: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/16(月) 16:56:29.50 ID:N/Gyq3xc0

 ちひろさんは、私とほぼ同じ歳だというのに、ずっと大人だ。
 私たちを囃すこともなく、ただ見守ってくれる。

 ただ黙々と伝票整理する私たち。
 外は夕闇が降りている。

P「ただいま戻りました」

ちひろ「お帰りなさい」

楓「お帰りなさい」

 ちひろさんはそれ以上なにも言わず、私に目配せした。
 ちひろさん、ありがとう。

楓「Pさんは、まだ仕事ありますか?」

P「いえ? 特には」

 そう言ってあの人は、ちひろさんに目を向ける。
 ちひろさんはただにこやかに笑っていた。

P「もし楓さんがお時間あるようなら、このあと呑みにでも行きますか?」

楓「それはいいですね。喜んで」

 あまりに芋演技のふたり。ちひろさんは微笑んでいる。
 まあ、大人のたしなみというか。お約束というか。

P「じゃあちひろさん。お先してもいいですか?」

ちひろ「ええ、私ももうすぐ終わりますから。ご心配なく」

P「お言葉に甘えて。お先に失礼します」

楓「私も、お先に失礼します」

ちひろ「お疲れさまでした」

 ちひろさんが手を振ってくれる。
 私はちひろさんに近づき、あの人が聞こえないように小声で。

楓「ちひろさん、ありがとう」

ちひろ「いえ。ごゆっくり」

 微笑みもそのままに、小声で送り出してくれた。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



674: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/17(火) 17:29:13.82 ID:HuAcXxqj0

大将「いらっしゃい。ふたり並んでたあ、久々だな」

 大将の店に来るのも、もはや当たり前のよう。
 でも、ここのところはすれ違いばかりで。

P「みんな忙しいんですよ」

大将「そのわりには、だいぶぐちぐち口説いてたけどな」

P「ちょっ!」

 へえ。
 あの人がくだ巻いてたんですか。

楓「あら。そうだったんですか」

P「いや……まあ、その」

 あの人は頭をかく。

P「僕もね、いっぱいいっぱいだったようです」

 苦笑いをするあの人。
 かわいらしい。

楓「ふふっ。一緒ですね?」

P「まったく、人のこと言えないですね」

大将「ま、しけた話もなんだ。とりあえず座っとけ」

楓「大将、ありがとうございます」

大将「なあに、いいってことよ。で、今日はこいつの酒、だよな?」

 大将はあの人を指さして言う。

P「キンキンに冷やしてくれたんでしょ?」

大将「おう、業務用冷蔵庫の力は偉大だからな!」

 大将はがははと笑いながら、厨房へ引っ込んだ。

 訪れる沈黙。
 なにを、どう切り出したらいいか。

楓「あの」

P「あの」



675: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/17(火) 17:30:39.83 ID:HuAcXxqj0

 あ。
 かぶってしまう。
 また黙り込むふたり。

 ええと。

楓「あの」

P「あの」

 あ。また。

P「ぷっ。くくっ」

楓「ふふっ。うふふっ」

 お互いに噴き出してしまう。

P「いやはや、これは」

楓「お互い、気が合いますね」

P「まあお先に、どうぞ」

 あの人は笑いながら、私を促した。

楓「えっと、ですね……その」

楓「会いたかったんです」

P「会いたかった?」

楓「ええ。Pさんに」

 あの人は不思議そうな顔をしている。
 それは仕方ない。仕事では時々顔を合わせているわけだし。

楓「仕事抜きで、こうしてふたりになれるのって、いつ以来ですか?」

P「……ああ」

 あの人も合点がいったようだ。

楓「なにかこう、Pさんと距離ができてしまったみたいで」

楓「なんだろう……えっと、淋しかったんです」

 仕事であれ、会えるだけまし、という人もいるだろう。
 事情はどうあれ、気持ちはそうそう押さえ込めるものではない。
 私は、気持ちを吐露するだけ。

楓「時々顔を合わせていても、Pさんが遠いんです」

P「……」

楓「しがらみのないままのふたりで、会いたかったんです」

楓「……なんとなく、わかってもらえます?」



676: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/17(火) 17:31:15.95 ID:EZC9gWcY0

 あの人はしばらく考え込み、そして頭をかき。

P「同じ、ですね」

 そうつぶやいた。
 そしてもう一言発しようとしたところ。

大将「取り込み中すまんが。まあ」

大将「一杯やってから、ゆっくり話しゃあいいだろ?」

 大将が日本酒を抱えて帰ってくる。
 うん。そうだ。

楓「呑みましょ? ね?」

P「そうですね、うん」

 私たちは、持って来てくれたグラスを手に取った。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



677: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/17(火) 17:32:04.84 ID:EZC9gWcY0

 グラスに注がれたお酒はほんのりピンク。泡がぱちぱちと弾けている。

楓「これは?」

大将「ほれ、説明」

 大将に促されて、あの人が説明する。

P「これは『すず音』って日本酒です。うちの地元の」

 へえ。日本酒の発泡酒は初めて見た。
 立ちのぼる甘い香りが、心を落ち着かせる。

楓「じゃあ、さっそく」

 私はグラスを持ち上げる。

P「乾杯」

大将「乾杯」

 かちん。
 心地よい音。そして一口。

楓「シャンパンみたいですね」

 口当たりは甘く、シャンパンそのもの。
 でも日本酒独特の、米の香りが鼻腔を抜ける。

楓「これがPさんが言ってた、『いいお酒』ですか?」

P「ええ。たぶん楓さん好みかな、と」

 あの人の心遣いには、いつも感謝するばかりだ。

楓「でも、なんか呑みすぎちゃいそう」

 日本酒だから、それなりの度数がある。
 ちょっと危険。

P「いや、友人から聞いた話なんですけどね」

 あの人は語る。

P「このお酒の名前をつけるときに、一応会長にお伺いを立てたそうなんですよ」

P「そしたら会長が、『日本酒のシャンパンだから、じゃんぱん、でいいべや』って」

 ぷっ。
 え? え?

楓「じゃ、じゃんぱん……」

 私は笑いが止まらない。
 じゃんぱんって! じゃんぱんって!



678: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/17(火) 17:32:44.35 ID:HuAcXxqj0

P「いや、こりゃ楓さんのセンスだなあ、なんて」

P「思ったもんですから」

楓「ひぃ……じゃんぱん……ふふ……そ、それ。ちょっとひどくないです? はは……」

 お腹がよじれる。誰か助けて。

P「ま、そんな話があって。これは楓さんと呑まないとな、と」

楓「……なんか、素直に喜べないですねえ」

 私は引きつり笑いもそのままに答える。
 あの人はいつも以上にしたり顔だ。

大将「お前ら、ほんとまだ夫婦じゃねぇってのが、信じられんわ」

 大将は呆れ顔でそう言った。

大将「じゃあ、俺からはこれな」

 出された皿には、青魚の刺身が。

P「これは?」

大将「さんま」

 ああ、なるほど。

大将「もう旬も終わりだけどな。ま、脂もいい具合だし。食え」

 忙しさに流されて、季節感もおぼろげになってしまう。
 こういう大将の細やかさが、とてもうれしい。

楓「大将ありがとうございます。さんま、大好きです」

大将「そりゃなによりだ。新鮮さが命だからな。ほれ」

 小皿にしょうゆとおろししょうが。
 では、いただきます。

P「お」

楓「甘い……」

 小皿に浮かんで光るくらいの、さんまの脂。
 とてもおいしい。
 一口食べては、お酒を一口。

楓「ああ、幸せ……」

P「うん、懐かしい味」

 私たちは大将の笑顔とともに、幸せを味わった。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



687: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/19(木) 17:37:20.02 ID:uvzTatsp0

楓「そういえばPさん、さっき」

 お酒もほどよくまわってきた頃。

楓「『同じ』って言ってましたよね? あれ、どういう意味です?」

 ほんのり赤らんだ顔のあの人に、切り出してみる。

P「うーん。そうだなあ」

 あの人はちょっと難しい顔をして。

P「僕もですね。なんというか、距離を感じてたんですよ」

P「ま、自業自得だとは思いますけど」

 そう言ってグラスをあおった。

楓「自業自得、ですか?」

P「ちょっと適当な言葉がないですけど。そんな感じで」

楓「どうして?」

 あの人は言葉を捜しながら手酌。

P「ふたりで決めたことだから、なんて自分をごまかしていましたけど」

P「やっぱり、一緒にいられないのは、ねえ……」

 あの人もやはり淋しいのだ。
 確かに、私が引退すると決めたこと、その意向はふたりで確認しあった。
 でも、なぜ自業自得?

楓「Pさんは、後悔してます?」

 こうももどかしい状況が続くのは仕方のないことだけど。
 でも自業自得とは、ちょっと自虐に過ぎないだろうか。



688: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/19(木) 17:37:52.56 ID:uvzTatsp0

P「ああ、いやいや。後悔とかいうんじゃないです」

P「ただ、自分がこんなにも淋しがりだったのかなあ、なんて考えると」

P「ずいぶん楓さんに、メロメロなんだなあなんて、思いまして」

楓「まあ」

 やはり、物理的に距離があると、どうにもいけない。
 こうして言葉を交わすことすらできない。ひとりで抱えるしかない不安。

 愛しているから、不安。

 そんな当たり前のことが、やけにクローズアップされていた。

楓「やっぱり、こうして言葉で話さないと、ダメですね」

P「ん?」

楓「……Pさんのこと、愛してるんですよ?」

P「そりゃあ、僕も」

 そういうあの人の唇に指を当てて、言葉を押しとどめる。

楓「愛してます」

 そうだ。何度でも。
 先の見えないことにおびえて、言葉を交わすことすら忘れてた。
 だから、何度でも。

楓「私は、Pさんを。愛してます」

楓「せめてほんの些細な時間でも、顔を合わせたのなら、我慢なんて忘れないと」

楓「……Pさんを、愛してます」

 見つめる瞳。あの人の表情が柔和になる。
 押しとどめていた指を握り、ゆっくりと手をつなぎ返す。

P「楓さん。僕は、楓さんを愛してます」

P「……ふたりで、いましょう」

 改めて気づく。私たちは我慢しすぎだ。
 周りに気を遣い、相手に気を遣い。自分たちで追い込んでしまっている。
 刹那であろうと、我慢することを忘れないと。

楓「もう少し、ゆっくり呑みましょう?」

P「そうですね」

 大将は少し離れたところで見守ってくれているようだ。
 いつも、ありがとう。

楓「大将。お銚子もうひとつ、お願いします」

 そう声をかけると、大将は「あいよ」と返事をして厨房へ下がった。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



693: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/23(月) 18:08:58.61 ID:n23lDu6g0

 お互いの隙間を埋めるかのように。私たちは時間をかけて呑み、歓談し。
 そしてあの人のマンションまで、タクシーを乗りつけた。

 エレベーターに乗るふたり。手をつなぎあって。
 ぬくもりが愛しい。

楓「なんか、久々って気がしますね」

 実のところ、そう久々というわけではない。
 私の焼酎がボトルキープされているくらいだし。気持ちの問題だ。

楓「ふふっ」

P「なにかおかしいですか?」

楓「いえ、新鮮だなあ、って」

 エレベーターが到着する。
 あ。そうだ。

楓「カギ開けてみて、いいですか?」

 私は『P』のイニシャルの入ったキーホルダーを取り出す。

楓「まだ使ったことがないんですもん」

 そう言って、ひらひらと合鍵を振ってみせた。
 かちゃり。間違いなく鍵が開く。

楓「本物だったんですね?」

P「ええ? 信用してなかったんですか?」

楓「言ってみただけです。ふふっ」

 玄関のドアが閉まる。
 ばたん。私はあの人の唇を奪う。



694: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/23(月) 18:09:40.65 ID:n23lDu6g0

P「楓さん……」

楓「おかえりなさい、あなた……」

 どうしても、あの人が欲しかった。
 すれ違いばかりで、たまに来た日であっても、お預けで。

P「ああ。うん。ただいま」

 あの人は私の頬に手を寄せ、キスを返す。
 深く、深く。溶け合うように、大人のキス。

楓「淋しかったんですよ?」

 それしか、言葉が出ない。
 私は、あの人で自分を埋めることにせいいっぱいだ。

 何度もキスを交わす。暗闇の中で。

楓「ふう……」

P「……部屋、入りましょうか」

 言葉はいらない。
 私たちふたりは、当たり前のようにシャワーを浴び、当たり前のように着替え。
 そして。
 お互いを埋めるように長い間、つながっていた。

 ただれた朝。
 カーテンのすき間から差し込む光に促され、目が覚める。

楓「……ん……何時だろ」

 朝の7時か。私は一応午後からレッスンだけど。

楓「Pさん……朝ですよ?」

P「ん……何時、です?」

楓「7時ですけど」

 あの人は首をコキコキと鳴らして、けだるそうに起きた。

P「ああ、一応留守電入れておくか……」

 スマホを取りにリビングへ。
 私も長Tシャツを羽織り、連れ立って行く。



695: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/23(月) 18:10:15.43 ID:wxoeVdBF0

P「おはようございます、Pです。今日は現場に直行しますので、事務所へは午後から出社します」

 ぴっ。言い訳完了。

楓「午前は打合せ、ですか?」

P「まあクライアントとの定例打合せなんで。そんなにあわてて出る必要ないです」

楓「それじゃあ……」

 私は、冷蔵庫を開けてみる。そこには、見慣れたボトルキープされた焼酎、だけ。
 見事に、何もない。

楓「Pさん、ちゃんと食べてます?」

P「いや、まあ……食べてますよ?」

 まったく。男のひとり暮らしって、そんなもんなんだろうな。

楓「これじゃ、ブランチ作りましょうか? なんて言えないじゃないですか」

P「いや、面目ない」

 あの人の身体のことを考えると、できれば一緒に暮らしたい、なんて思うけど。
 今は、無理。

楓「はあ、もう。今度ごはん作りに押しかけますから」

P「ほんと、ごめん」

 そう言うとあの人は、私を抱きしめキスをする。

楓「あ」

 スイッチが、入る。

楓「もう、そんなのでごまかして……」

 言葉とは裏腹に、あの人をまさぐる唇を止められない。
 結局私たちは、また事を致すはめに。

 少しさっぱりしたいからと、湯船にお湯を張り、入浴。
 あの人はあわてて身なりを整え、打合せに出て行った。

 ひとり残る、私。

楓「さすがに、だるいかな……」

 どうベテトレさんに言い訳しようか。
 そんなことを考える。
 でも、この近所で冷蔵庫の中のものを買うというわけにいかないし。
 あまりマンション界隈で、私の目撃情報があったら、いろいろと困ることになるからだ。

楓「しょうがない。帰る、か」

 私はいつもの変装を整える。次は食事の準備を整えて来ようと、心に誓って。
 じゃあ、またね。
 重い身体を引きずって、マンションを後にする。
 太陽の日差しが、恨めしい。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



700: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/26(木) 07:06:32.06 ID:uAq+i/WU0

楓「ただいま戻りました」

ちひろ「おかえりなさい」

 年の瀬というのは、時間が過ぎるのがどうして早いのか。
 12月。私は年末年始特番の収録に追われていた。

ちひろ「だいぶ遅くまでかかりましたね」

楓「共演の方の入りが、だいぶ遅くなりましたから。年末ですからね。仕方ないですけど」

 みんなタイトな時間をやりくりして出演している。
 だから、こうしたことも当たり前。
 深夜の戻りであっても、ちひろさんはこうして待っててくれる。
 ありがたいことだ。

楓「Pさんは?」

ちひろ「今、社長とお話中ですけど。あ、そうそう。社長から」

ちひろ「楓さんが戻ったら、社長室に来るよう言伝が」

楓「?」

 こんな深夜なのに、社長がまだいるんだ。
 どうしたんだろう。

楓「わかりました。ありがとうございます」

 とんとん。社長室のドアをノックする。

楓「高垣です。ただいま戻りました」

社長「どうぞ」

楓「失礼します」

 中に入ると、あの人が悩ましい顔で座っていた。

社長「いやあ、お疲れさま。大変でしたね」

楓「いえ、いつものことですから。ところで、お話か何かですか?」

社長「ええ。ちょっと確認しておきたいことがありまして」

 なんだろう。あの人の表情をうかがうに、いい話ではなさそうだ。
 社長は私を、ソファーへ座るよう促す。



701: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/26(木) 07:07:01.27 ID:uAq+i/WU0

 あの人の隣に座った私に、社長は持っていたレジュメを渡してくれる。
 そこにあったのは。

『発覚!人気俳優○○とアイドルK.Tの通い愛!』

 えっ。

楓「これ、は?」

 あの人が、口を開く。

P「来週発売される女性誌に載ると思われる記事です」

 生のファックス原稿。
 社長かあの人が、どこからか入手したものだろう。
 私は、まだ組み版があがったばかりと思われる記事を読む。

社長「ここに書いてあることに、心当たりはありますか?」

 社長が問いかける。

楓「いえ。まったく」

 そう答えるのがせいいっぱい。
 まったく身に覚えがないどころか、よくもまあこうもでっち上げが書けるものだと、呆れてしまったからだ。

 いわく。
 年下の俳優が、私との共演をきっかけに仲良くなった、とか。
 お忍びでデートをしている、とか。
 私が足しげく通っている、とか。

社長「共演は?」

P「先月の音楽番組だけ、ですね」

 確かに共演はあった。でも、特に会話をすることなどなかったし、共演もそれきりだ。

社長「高垣さん、もう一度うかがいます。心当たりはない、ですね?」

楓「もちろんです」

 疑われているのは気分のいいものではない。が、こういう記事がある以上、訊かなければならないこと。
 それは理解できる。

 私は、毅然として答える。

社長「やはり、ですか……」

P「『飛ばし』ですね……」



702: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/26(木) 07:07:52.91 ID:uAq+i/WU0

『飛ばし』。写真や証言など裏付けのないまま、記事にしたもの。
 社長とあの人は、そう結論付ける。

 なぜ私が?
『飛ばし』って?

P「楓さん、疑うようなことを訊いて、ほんとうに申し訳ないです」

 あの人が深々と謝る。

楓「いえ……なんでこんな記事が出るのか、私にはさっぱり」

社長「それは、私から話をしましょう」

 私が、あの人に向けたなんとも表現しがたい視線を、社長がさえぎった。

社長「先日、とある懇親会がありましてね。そこで言われたんですよ」

社長「『おたくの高垣さん、最近どうです?』って。複数から」

 複数?
 所属タレントの動向を話したりすることは、時候のあいさつと同じようなものだけど。
 でも、同じことを複数から言われるのは、明らかにおかしい。

社長「……おかしい、と。思いましたね?」

楓「え、ええ」

社長「その通り。あからさまにおかしい。何かあるなと思いまして」

社長「Pくんにちょっとしたお願いをしたんです。変な記事が出る可能性を調べて欲しいと」

 たぶんあの人は、秘密裏に動いたのだろう。
 普通は、出版社が記事の内容について裏を取り、記事の内容をあらかじめ通知する。
 お互い持ちつ持たれつの関係だし、それが慣例だからだ。
 でも今回は。

P「まあ版下の段階でつかめましたけど、ただ」

楓「ただ?」

P「たぶん、記事の差し替えを要求するのは難しいと、思います」

楓「え? どうして?」

 困惑する私に、社長が言う。

社長「当事者のタレント。所属はご存知ですか?」

楓「……あ!」



703: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/26(木) 07:08:53.47 ID:uAq+i/WU0

 そうだ。うちより老舗の、大手事務所。
 最近はあまりいい話を聞かないけど。

楓「でも、それにしてはあまりに乱暴な」

社長「乱暴ですねえ。でも、このタイミングなんだと、私は思いますよ」

楓「……」

社長「あの事務所には、いろいろ思うところはありますけど。ま、それはともかく」

社長「あちらは、彼が主演する映画が公開になる。主題歌もね」

社長「で、高垣さんは、フルアルバムがチャートトップを走っている。現在も」

社長「……たぶんあちらさんは、誰でもよかったんだと思いますよ? 話題になるなら」

楓「そんな……」

 売り込み方法には、いろいろなやり方があるとは思う。
 うちは地道に、泥臭くやってきた。信頼も勝ち得ていると、自負している。

 一方。
 一発、花火を打ち上げるようなやり方もある。

社長「まあ、根拠のない記事なんてすぐに忘れられるものです。ただ」

社長「そのときにセンセーショナルなら、とりあえず成功って考えもあるわけです」

社長「相手がヤケドしようが、おかまいなし……」

 社長の言葉に、憤りがにじんでいる。

社長「あの事務所は、雑誌媒体にコネを多く持つところでしてね。先代が築き上げた関係ですけど」

社長「今のぼんぼんは、なにを考えているんでしょうねえ……」

楓「それって」

社長「証拠も、確証もありません。憶測です」

楓「……」

社長「事務所ぐるみなのかも、一部の暴走なのかもわかりません。ただ」

社長「うちが表立って動けば、この出版社がかなりまずいことになる、というのは間違いないですね」

 いやな話だ。
 私は、もらい事故にあったというようなものだ。しかも、ひき逃げ。

楓「私は、どうすれば……」

社長「ガン無視です」

 社長は断言する。

社長「関わっても、ろくなことになりません。単発のネタですし、すぐに消えます」

社長「この件は、私とP君に任せてください。高垣さんはコメントを一切、発しないように」



704: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/26(木) 07:09:22.57 ID:uAq+i/WU0

 あの人は、ただ申し訳なさそうにしている。
 そんな表情をしないで欲しい。

P「水際で食い止められなくて、ほんとうに申し訳ない」

 あの人は私に謝罪する。

楓「いえ……Pさんの責任ではありませんから……」

 そう言ったところで、あの人の気持ちが晴れるとは、到底思えない。
 重苦しい雰囲気が、社長室を支配する。

社長「とにかく、今後の対応を詰めておかないとなりません。高垣さん、疲れているところ申し訳ないですけど」

社長「もう少し、話にお付き合い願えませんか?」

楓「……わかりました……」

 もうすぐクリスマス。
 でも、私には試練のクリスマスとなりそうだ。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



710: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/27(金) 12:14:52.53 ID:Ta8H/swT0

 雑誌の発売日。特段大騒ぎになることもなく、静かな立ち上がりとなった。

P「1誌だけですから、まだ様子見なんでしょう」

 収録先のテレビ局の楽屋。あの人が語りかける。
 メディアからの取材に対応するため、しばらくはあの人と行動を共にすることになった。
 一緒にいられるのはうれしいけど。

楓「こんな形で、一緒に行動するなんて。なんか複雑ですね」

 気が重い。一緒にいるのに、まったく気を抜けない息苦しさ。
 どうしてこうなった。

P「まあ、このまま通り過ぎてくれるのが一番なんですけど」

 あの人はポケット吸入器を渡してくれる。

楓「ありがとうございます」

P「ストレスがかかると、のどを傷めやすいですからね」

 季節柄、こうした吸入器は必需品のようなものだ。
 事務所やレッスンルームには、卓上式の吸入器も置いてある。

 私が加湿吸入をしている間、あの人が話をする。

P「収録が終わって、ひょっとしたら取材クルーがいるかもしれませんけど」

P「楓さんは、なにも話さないようにしてください」

 先日の社長室での話し合い。
 やはり、無言を貫くのが一番だろうということになった。
 相手がどういう対応をするか、まだわからないし。それによってこちらの対応も変わる、と。

楓「……」

 ミストを吸入する。
 ユーカリ油を少したらすのもよさそうだけど、吸入器が痛んでしまうので。

 吸入している間のこの沈黙が、たまらなくつらい。
 取材クルーに質問されて、表情を崩したりしないか。湧き上がる怒りを抑えられるか。
 ファンは、どう思うだろうか。

 そんなつまらないことばかり、浮かんでは消える。

 女性誌に載せるということは、あちらのファン向けの記事、という意図だ。
 こちらのファン層にかぶらないところを狙ってる。
 女性ファンは実のところ、記事の真偽に対してあまり深く追求することはない。
 むしろ感情に訴えること。
 うそはったりだろうが、『それらしい』記事なら、ファンは動く。

 もちろん記事自体は偽りだから、あちらの事務所でも対応は考えているだろう。
 肯定は当然しないが、否定もしない。そんなところか。
 それをどういう方法でアピールするのだろう。

 こちらが後手に回ってしまった以上、相手の動きを注視するしかない。
 もどかしい。



711: ◆eBIiXi2191ZO:2013/09/27(金) 12:15:21.08 ID:Ta8H/swT0

楓「Pさん、ありがとう」

 5分ほど吸入を行い、私は吸入器を返す。
 あの人は何も言わずうなずいて、機械を片付ける。

 あの人のスマホに着信音。すぐに私のにも。

P「同報でメールかな?」

 ふたりでメールを確認する。ちひろさんからだった。

『件の事務所から、ファックスによる発表がありました』

 私とあの人、社長に同報送信したようだ。
 場がこわばる。
 あの人は事務所に電話を入れる。

P「あ、ちひろさん。Pです。ええ、メール読みました」

P「えーと、ファックスの内容をベタ打ちでいいので、メールで送ってもらえませんか。ええ、同報で」

P「はい、じゃあお願いします」

 取り急ぎ内容を確認しないとならない。あの人に思案の色が見える。
 しばらくして、着信音が再び鳴る。たぶんファックスの内容だろう。

 収録の休憩明けには、まだ時間がありそうだ。
 ふたり、メールを読みはじめる。

『先日掲載されました記事につきまして、ご報告申し上げます。
 掲載内容につきましては、現在事実を確認しております。確認次第、改めてご報告させていただきます。
 なお、○○におきましては、間もなく主演映画の公開もございますので、暖かい応援を賜りますよう
 お願い申し上げます』

P「なるほど、積極的に否定をする気はなさそうですね」

 まだこれだけでは、事務所の関与を否定も肯定もできない。
 こちらに『うまく踊ってくれたまえ』と、言ってるようにも見える。

楓「なんか……悔しいですね」

P「想定の範囲内、ってとこですかね」

 おそらく、記事の裏を取るために取材陣がここにやってくるだろう。
 あちらがなにも言わないのなら、こちらで確認しよう、と。

P「ま、とにかく。楓さんは予定通り、無言ということで」

楓「……はい」

 ほどなく、局スタッフから収録再開の声がかかる。
 大丈夫。切り替えていこう。

 心に不安を残したまま、私はスタジオという戦場に向かった。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



717: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/01(火) 12:19:23.47 ID:CdZfMyw80

レポーター「お付き合いは順調ですか! どうですか! 高垣さーん!」

 果たして、彼らはそこにいた。
 テレビ局が3社か。他にスポーツ紙だろうか。

 私は無言のまま車に乗り込む。作り笑顔を貼り付けながら。
 車がテレビ局の構内から離れるまで、笑顔を貼り付けたままでいる。

P「おつかれさま」

 あの人が声をかけた。

楓「……ふう」

 予想はしていた。もっとしつこいものかと思っていたが。

楓「それほど混乱することもなかったですね」

P「そんなもんですよ。みんな半信半疑ですからね」

 せいぜい裏が取れたらラッキーくらいのことなのだろう。
 あの人が運転する車は、まっすぐ事務所へ帰らずに幹線を流している。

楓「撒くんですか?」

P「まあそれもありますけど……」

 あの人はそう言ってナビをセットする。

楓「ん? どこかに寄るんですか?」

P「そうですね。そこはお任せで」

楓「ええ、かまいませんけど」

 ちょっと今日は、息苦しさを感じたままだったし。
 息抜きということかしら。
 コインパーキングに車を入れ、あの人に案内されるまま歩く。

楓「ラーメン屋?」

 街道沿いにあるラーメンの看板。こってりした香り。

P「和歌山ラーメンとか、どうです?」



718: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/01(火) 12:19:53.13 ID:CdZfMyw80

 ああ、そういうことか。
 気が滅入っている私に配慮してくれたのだ。

楓「いいですね。行きましょうか」

 私たちはお店に入っていく。
 和歌山ラーメンはとんこつ醤油味。
 でも私自身は、あまり食べたことがない。

P「懐かしいですか?」

楓「実は、それほど」

 私は苦笑する。あの人は気まずそうに頭をかく。

楓「気持ちはうれしいですよ?」

P「あはは。そりゃどうも」

 席についてラーメンを頼む。

P「楓さんは、地元で食べたりしなかったんですか?」

楓「誘われて行ったことはありますけど。んー」

 食わず嫌いということではない。自分から行こうという機会がなかっただけ。
 地場のものなんて、そんなもんだろう。

楓「でも、Pさんが私のことを考えてくれたことが、うれしいです」

 あの人が照れながら、コップの水をごくり。
 なんか、いいなあ。

 ふと、青森旅行のことを思い出す。
 あれから、だいぶ経った気がするな。

 出てきたラーメンはシンプルなもの。脂がなかなかの自己主張。
 一緒に小皿が。

楓「これは?」

P「岩のり、かな?」

 味玉子と、岩のり。トッピングかあ。
 では、失礼して。

楓「いただきます」

P「いただきます」

 小皿のトッピングを乗せ、いただく。

楓「あつっ」

P「楓さん大丈夫ですか?」

楓「……あひゅいれふ……」



719: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/01(火) 12:20:57.87 ID:CdZfMyw80

 ヤケドした。舌がじんじんする。
 ふーふーと冷まして、ゆっくりと。

楓「ちょっと柔らかいんですね」

P「楓さんの好みと違ったかな?」

楓「いえ、そうじゃなくて。あんまり覚えてないものだなあ、って」

 片手で余るくらいしか食べたことがないのだから、覚えてなくて当然だと思う。
 でも、せっかくあの人が案内してくれたのだし。
 なんかこう、気の利いたことでも言いたいのになあ。

 そんなことを思っていたら、あの人がくつくつと笑い出した。

P「いやいや、楓さん。僕に気なんか遣ってどうするんですか」

楓「え? 全然気なんか遣ってませ」

P「ほら。それ」

 あの人が笑いながら言う。

P「僕と楓さんの仲じゃないですか。わからないとでも思ってました?」

 ああ、そっか。
 そうだよなあ。

 私とあの人は、コイビト。
 なんとなく雰囲気で、分かり合えることもあるのだ。

楓「なんかそう言われると、照れますね」

P「……逆にそう言われて、僕も恥ずかしくなってきました」

 ふたりでラーメンをすすりながら、互いを思う。
 色気も何もない空間だけど。

楓「ふふっ。ありがとうございます」

P「いや、別に。ほら、言うじゃないですか」

P「腹が立ったら飯を食え、ってね」

 なんですかそれは。
 聞いたことありますけど。

楓「Pさんは、なだめるためにここへ?」

P「いや、まあそれもありますけど……」

 あの人は水を一口飲む。



720: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/01(火) 12:21:24.27 ID:CdZfMyw80

P「僕自身、腹が立つことばかりだったので」

 そう言ってため息をつく。

P「楓さんのスキャンダルを食い止められなかったこともそうですけど」

P「ふたりでいるとき、安心を与えられない状況に、ね」

P「僕は、楓さんの恋人なのに。なんだかなあ……」

 今すぐ抱きしめたい。
 あなたがいてくれるから、私は我慢できるのだ。

 衝動をこらえ、私は口にする。

楓「いえ、Pさん」

楓「いつでも、Pさんは私の心の支えです。恋人です」

楓「いてくれて、ありがとう……」

 せめて、言葉には尽くそう。
 想いを言葉に乗せて。

 あの人は、少しデレっとした顔をして言った。

P「うん。僕も、楓さんが心の支えです。ほんとうにありがとう」

P「楓さんがここに、こうしていてくれることが、ありがたい」

 お互いの存在が大きくて、愛しい。
 それがわかるから。

 私たちはそれまでの怒りや焦燥を、一口ずつお腹へ流し込む。
 食べて。語って。

 また明日。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



728: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/02(水) 17:49:13.70 ID:ggbvzzJQ0

 クリスマスも近づいたころ。かの方が主演した映画が公開される。
 あちらの事務所は、いまだだんまり。
 こちらがすべて泥をかぶることを期待しているのではないかと、うがった目で見てしまう。
 舞台あいさつ。ちひろさんが敵情視察に出かけている。
 私とあの人は、事務所で待機していた。

 どれくらい待っただろう。あの人のスマホに着信。

P「はい。あ、ちひろさん。ええ。はい」

 メモを取りながら、ちひろさんの情報を聞いている。そして。

P「ありがとうございます。はい。ではまた事務所で」

 電話が終わり、あの人は特大のため息をひとつ。

P「『ノーコメントで』と、かの方が。おっしゃったそうですよ……」

 無言ではなく、『ノーコメント』。
 つまり先方は、意図的に『どうとでも解釈してください』と発言した、ということだ。

P「そこまでやりますか……」

 可能性を考えてはいたものの、こうまで踏みつけにされると。

楓「……」

 言葉にならない。怒りと諦観と。

P「社長が戻ってきたら、相談しましょう」

 あの人の声のトーンも低い。
 年末でいろいろと忙しい時期だというのに、こんなことで忙殺されるなんて。

楓「私は、どうすればいいですか?」

 あの人に訊いてみる。

P「いや、まだなにも言わずに。無言のままで」

 答えはわかりきっている。事務所の正式なコメントがないうちに、何かを話すことはまずい。
 大波打つ動揺を、無理やり押し込める。

 やがて。
 ちひろさんが事務所へ戻り、社長も戻ってきた。
 事務所に残っていたスタッフに、緊急招集がかかる。

社長「えー、皆さんも知っているかと思いますが、先日の雑誌に掲載された高垣さんの件で話があります」



729: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/02(水) 17:49:43.06 ID:ggbvzzJQ0

社長「本日、先方のタレントさんが、交際をしているとも取れる発言をしました」

社長「これは看過できませんので、事務所から正式に否定コメントを出します」

 正式にコメントを出せば、当然取材対象になる。
 どこで言質を取られるかわからない。スタッフの意思統一を図るのだ。

社長「年末年始で忙しいところだと思いますが、皆さんのフォローアップお願いします」

 回答のポイントは、後ほどレジュメで配布と知らせ、解散。
 あの人はレジュメ作成へと机に戻った。

 その日のうちに、各社あてにファックスを送信する。

『先日○○に掲載のありました、当社所属・高垣楓の交際の件につきましてご報告いたします。
 事実関係を調査しました結果、交際の事実は一切ございませんでした。
 CGプロといたしましては、このような記事が掲載されたことは誠に遺憾であり、
 掲載記事の取り下げならびに謝罪を求める意向でございます。
 関係方々には、多大なるご心配を賜りまして厚く御礼申し上げます。
 今後とも高垣楓ならびにCGプロへ、ご支援ご協力賜りますようお願い申し上げます。』

 社長名で否定をする。
 件の出版社には、さすがに泥をかぶってもらうしかない。
 裁判とか、そこまで大事にするつもりはないけれど。

P「まあこれで、先方がだんまりしてくれれば御の字ですけどね」

 レジュメをコピーしながら、あの人がつぶやく。
 あちらの事務所が交際を否定してくれれば、それが一番よい。
 でもこうまで焚きつけた責任からは逃れられない。
 出版社との付き合いも考えると、さすがに否定するのははばかられる。
 だったらうやむやになるまでだんまり。そこが落としどころなのだろう。

 精根尽き果てるとは、このことか。
 要らぬ心配をして、私たちの疲労はピークだ。

楓「でも、あちらからすればベターなんでしょうね……」

 落としどころがどうあれ、宣伝効果としては大いにあったわけで。
 集客第一なら、多少の問題は目をつぶる、ということかしら。
 これからの尻拭いを考えると、頭痛がしてきそう。
 あの人とふたり、レジュメを読み合わせながら対策をシミュレートする。

 むなしさが更けていく、夜。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



735: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/03(木) 13:53:48.38 ID:4Gl/Ir6c0

 ほたるの光 窓の雪 ――

 年末の歌合戦。今年は紅組が勝った。
 私はステージで、共演した仲間と歌っている。

 今年も無事勤め上げました。お疲れさまでした。
 などという気には、まだなれない。

 交際否定のコメントを額面どおり受け取るところは少なく、私たちは取材の矢面に立たされる。
 いまだ、その余波が色濃く残っている。

『ほんとうに交際されてないんですか?』『実際どうなんですか?』
『書かれたことについてどう思われますか?』『相手を訴えますか?』

 土足でどかどかと踏み込んでくる質問に、私は。

『事務所の担当からお答えしますので、私から話すことは特にございません』

 そう繰り返す、のみ。

 かの方は、ノーコメント発言のあとは、ひたすらだんまり。
 その甲斐あって、映画の動員数は好調だとか。

楓「お疲れさまでした」

 楽屋に戻り、共演者にあいさつ回りをする。よいお年を、と。

 よいお年を、ねえ。来年もこんな感じで巻き込まれるのかな。
 ほんと、私の安寧を返せ。
 心がささくれる。

加蓮「楓さんおつかれさまー!」

奈緒「おつかれさまー」

 今年は出演をしたトライアドの三人が、楽屋に戻ってきた。

楓「みんなお疲れさま……って。凛ちゃんは?」

奈緒「あれ? 一緒に戻ってきたんだけどなあ」

 出演者でごった返す楽屋に、凛ちゃんの姿は見受けられない。

加蓮「凛のことだから、あいさつ回りしてるのかも」

奈緒「ああ、そっか。来年はソロ活動も本腰入れるみたいだからなあ」

楓「え? そうなんだ」

 初耳だ。いや、スタッフは知っていたのかもしれないけど。
 このところのどたばたで、巷の動きにすっかり鈍感になってしまった。

楓「いつごろの話?」

奈緒「先月ですよ? ……ああ、まだ本決まりってことじゃないけど」

加蓮「凛が、『そろそろ私たちも、ソロで本格活動してもいい頃合いじゃないか』って」

加蓮「そう言ったんですよ」



734: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/03(木) 13:52:25.46 ID:4Gl/Ir6c0

 まあトライアドはユニットだから、ソロ活動をベースとするのは当然だろうけど。
 でも、なんで改めて言ったんだろう。

凛「あ、みんなお疲れさま」

 あいさつ回りを終えたであろう彼女が、楽屋に戻ってきた。

楓「凛ちゃんもお疲れさま」

凛「楓さん……お疲れさま」

 凛ちゃんが笑顔を浮かべる。
 去年の今頃は……なんて。そんなことを考えたら、ずいぶん変わったもんだなあと。

楓「凛ちゃんたちはこれから?」

凛「ニューイヤーTVの生特番です」

 ああ、まだ仕事なんだ。

加蓮「今日は終日営業ですよー……はあ、がんばろっと」

 加蓮ちゃんはちょっとお疲れ気味。
 でも、忙しいうちが華、とも言えなくもない。
 そうでも言わなきゃ、この仕事はやってられない。

奈緒「じゃあ、移動があるんで。よいお年を!」

 三人はあわただしく出ていった。
 私は、彼女たちの後姿を見送る。

 時計を見れば、0時を過ぎている。シンデレラの時間は、終わった。

楓「ハッピーニューイヤー、か」

 楽屋では、残った共演者たちやスタッフが、クラッカーを鳴らす。
 新年おめでとう、と。
 なんかあっけない年越しだったな。

 せめて正月はゆっくりと。
 あの人がスケジュールを配慮してくれたので、今年も三が日はフリー。
 とはいえ去年の年越しとは、だいぶ違う。

 あの人と、一緒にいたのになあ。

 仕事に明け暮れれば、取材攻勢に辟易し。
 ひとりでいれば、これからの不安に押しつぶされそうになり。

 ああ。
 どこをどう、掛け違えてしまったのだろう。

 楽屋の喧騒が、私には届かない。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



740: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/07(月) 12:19:34.33 ID:6YYjNV4D0

 元日。穏やかな日差しが私を起こす。
 事務所の仮眠室。のどを痛めないようにマスクをして寝たはずなのに。

楓「どっかいっちゃった……」

 枕元にも転がっていない。

楓「ま、いっか」

 しっかり加湿器が働いてくれているから、問題ない。
 ぼーっとした頭で、私は飲み物をとりに湯沸室へ。

 楽屋で年明けを迎えた私は、なんとなく自分の部屋へ帰るのが怖かった。
 なんだろう。ひとりでいるのが怖かったのかな。
 あの人はしきりに帰ることを勧めていたが、強引に仮眠室へもぐりこんだ。
 そして今。

 あの人は、事務所の応接ソファーで横になっていた。

楓「おはようございます」

 いまだ夢の中のあの人に、起こさないように小声で。
 もうお昼近い。
 そのとき、ぴんぽーん、と。インターホンが鳴る。

楓「はい」

配達「郵便でーす」

 ああ、年賀状か。
 私は入口のドアを開け、ダンボールを受け取る。

P「ああ、起きたんですね」

 チャイムの音で起きたのか、あの人が後ろから声をかける。

楓「起こしちゃいました?」

P「いえ、もうお昼ですし」

 受け取ったダンボールを、あの人がひょいと奪い取った。

楓「あ」

P「このくらい、軽いもんですよ」

 軽くなった両手の質感が、落ち着かない。
 ぎゅっ。あの人の服の袖をつかむ。

P「どうしたんです?」

楓「いえ。なんとなくつかみたくて」

 あの人はふわりと笑った。



741: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/07(月) 12:20:09.31 ID:6YYjNV4D0

 元日だから、出前をするお店もない。
 あの人は「お昼買ってきます」と、外へ出て行った。
 残った私は、年賀状を仕分ける。

 私は自分でブログやツイッターをやっていない。
 事務所のオフィシャルページで、スタッフが情報をアップする。
 だから、時々メールをチェックすることはあっても、こうした紙の手紙なども多い。
 それに肉筆の応援は、なんともうれしいものだ。

 事務所気付で送られてきた年賀状を、タレントごとにより分ける。
 年賀状というか、かなり厚手の手紙らしきものも、結構ある。

楓「やっぱり多いな、凛ちゃん……」

 トライアド以前から、ずっと一線で走ってきたのだ。その人気は事務所でも群を抜いている。
 あらかた仕分けしたところで、あの人が帰ってきた。

P「今年もまた、こんなものですいません」

 手には、牛丼屋のビニール袋。

楓「ふふっ。いいじゃないですか」

楓「私たちらしくて」

 去年の今頃を思い出し、少しおかしくなった。

 いつもの牛丼弁当を食べ、お茶で一息。
 あの人は自分の机に戻る。

P「楓さんはどうします?」

楓「私は、これを」

 仕分けた年賀状を、あの人に見せる。

P「ああ。まあ根をつめない程度に」

 私あてに送られた年賀状を、ひとつひとつ眺めていく。
 どれも力作だ。たかがファンレター、されどファンレター。
 みんな「アイドルが読むかもしれない」と、手を抜くことはない。

楓「……すごいなあ」

 はがきはあとでゆっくり読むことにして、輪ゴムで束ねる。
 私は、手紙の封筒をひとつずつ開けていく。
 どれくらい開けただろう。その中のひとつに、私は凍った。

『死ね』

 赤い字で書かれた一文。
 その二文字に、私の頭の中は真っ白になる。

 その封筒に、相手の名前はない。
 中には、びりびりに破かれた私の写真が、丁寧に同梱されていた。

 手が、震える。
 血の気が引くというのは、このことか。

 怖い。
 私は、手にした便箋を握り締めたまま、震える身体をもてあましていた。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



751: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/08(火) 12:58:37.08 ID:u/vrHSbV0

P「楓さん! 楓さん!」

 あの人の声で、私の意識は戻ってくる。
 ああ、Pさん。
 なにか話そうと声を出そうとするが、出ない。

 あの人は、私をきつく抱きしめる。

P「楓さん、大丈夫。大丈夫だから……」

 抱きしめたままぽんぽんと、背中を叩く。
 少しずつ、息が戻る気がした。

楓「あ……あ……」

P「楓さん、大丈夫だから。こうしているから」

楓「あ……ああ……」

 私は声にならない声をあげ、涙を落とす。
 あの人は、やさしく髪をなでる。

 怖い。
 ただその気持ちだけが、私を支配する。
 あの人が懸命に私をなだめるけど、今の私には届かない。

ちひろ「あけましておめで……あ」

P「ちひろさん、ちょっと!」

 ただならない様子を感じたのか、ちひろさんは湯沸室へ直行し、水を持ってきた。

ちひろ「どう……したんです?」

 あの人は、私が落とした便箋を指さす。
 ちひろさんはそれで理解したのか、私のそばへ寄り添い、声をかける。

ちひろ「楓さん、大丈夫。大丈夫ですよ。みんないますから」

 あの人とちひろさんのサポートで、徐々に気持ちを取り戻した。



752: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/08(火) 12:59:56.56 ID:u/vrHSbV0

 ようやく落ち着いたころ。あの人とちひろさんは、なにかやり取りをしていた。
 私はちひろさんにもらったコップを抱え、ソファーで震えている。

P「楓さん、とにかく自宅へ帰りましょう。送ります」

 あの人はそう言うけど、私は首を横に振る。
 ひとりにしないで。
 心の叫びが、私を惑わせる。

P「ちひろさん、お願いします」

ちひろ「わかりました」

 ちひろさんは社用車を取りに、事務所を出た。

 エアコンの音と、時計の音。
 パソコンのうなり。
 私とあの人の、息遣い。
 すべてのノイズが絡み合い、私は吐き気を催す。

楓「うっ……」

 青白い私をかばい、あの人は背中をさする。
 ほどなくちひろさんが戻ってきたが、あの人は首を横に振った。

ちひろ「ダメですか」

P「もう少し、落ち着いてからですね」

 あの人にもちひろさんにも迷惑をかけている。
 私は自分の器の小ささに、大きな罪悪感を感じる。
 悔しい。悔しい。
 自分で自分の気持ちにけりをつけられないことに、憤りを感じる。

 結局、私が落ち着くまで時間がかかり、送ってもらうころにはすっかり夜の闇に包まれていた。

楓「ほんとに、ごめんなさい……」

P「いや、いいんですよ」

 お互いになにかを話すこともなく。ただ目的地へ向かう。
 心の中に、表現しがたいどろどろを抱えたまま。



753: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/08(火) 13:00:24.42 ID:u/vrHSbV0

楓「どうぞ、入ってください」

P「……じゃあ」

 マンションに着く。部屋がうすら寒い。

楓「今、お茶入れますから」

P「あ、おかまいなく」

 会話がぎこちない。どことなくよそよそしいふたり。

P「楓さんすいません。ちょっと電話かけてきます」

 そう言ってあの人は廊下へ出た。
 こぽこぽと、ティファールからお湯の沸く音。
 その光景を、ただぼうっと眺める。

 あの記事から抱えていた漠然とした不安が、こうして爆発してしまった。
 これからどうしようとか、なぜこうなったとか。あれこれ考える気力がない。
 ただ、怖い。

 かちっ。お湯が沸いた。
 私は急須にお湯を注ごうとするが、うまく注げない。
 手が震える。

楓「あつっ」

 跳ね上がったお湯が手に当たる。私は驚いてティファールを取り落とした。
 がらがらん。お湯がこぼれる。
 その音に、あの人があわてて入ってくる。

P「大丈夫ですか!」

楓「……もう……やだ」

 私はうずくまったまま絞り出す。
 なぜこんな気持ちにならなきゃいけないのか。なぜ責められなきゃいけないのか。
 なぜ。

 こんな気持ちになっても、アイドルでいなければいけないの?

 なにを信じればいいのか、今の私に教えて欲しい。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



758: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/08(火) 17:40:41.45 ID:76+/f7480

P「楓さん、ほら。少しでも飲んでください」

 リビングに座る私に、あの人がスポーツドリンクを差し出す。
 あの人は私をリビングへ連れて行き、こぼしたお湯を片付けた。
 そして。
 すっかりふさぎこんでしまった私に、声をかける。

楓「……」

 なにも話す気になれない。
 いやだいやだ、と。その思いに囚われる。

 そのとき、あの人のスマホに着信音が。

P「はい、Pです。あ、ちひろさん……え?」

P「わかりました。はい。じゃあ、ここで待ってます。はい。では」

 いったいどうしたんだろう。

楓「……ちひろさん?」

P「ええ、まあ。あ、これ。飲んでください」

楓「……はい」

 あの人はスポーツドリンクを押し付ける。
 受け取ったものの、とても飲む気になれない。視線が定まらない。

P「さっき、楓さんを送ったことをちひろさんに連絡したんですが」

P「どうやら、凛がそばにいたみたいで……」

楓「……え?」

P「……事務所を飛び出したそうです」

 なぜ? 凛ちゃんが?
 たまたま居合わせたタイミングだったとしても、飛び出る理由がない。

楓「どうし、て」

P「……僕にもわかりません」



759: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/08(火) 17:41:26.27 ID:76+/f7480

 凛ちゃんの突然の行動に、私はさらに混乱する。
 自分のことすらままならないのに、凛ちゃんまで。

P「ちひろさんから、楓さんのこと少し聞いたみたいですから」

P「たぶん、こっちに来るんじゃないですかね」

 それを聞いて、私はさらに自己嫌悪に陥る。
 凛ちゃんまで巻き込んでしまった。私はなんておろかなんだ。
 自分のせいではないと理性でわかっていても、心の深くではそれを否定する。

P「とにかく、僕はここで待ちます。なに、凛のことだ。近くまで来れば連絡をよこすでしょう」

 心がせめぎあう。
 無事に着いて、という気持ちと。お願いだから来ないで、という気持ち。

 そんな気持ちもむなしく、部屋のインターホンが鳴る。

楓「……はい」

凛『楓さん! 開けてください!』

 なぜ、来たの?
 あの人は目をふせて、アプローチを開けるよう促した。

 ほどなく、玄関のインターホンが鳴り、あの人がドアを開けた。

楓「凛、ちゃん……」

 お願い。今の私を見ないで。
 こんな私を……

 凛ちゃんは今にも泣きそうな顔で、私を見る。

『見ないで』

 そして、そのまま直進し。

『お願い』

凛「楓さん」

 私を、強く抱きしめた。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



766: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/11(金) 13:54:23.53 ID:6zJBbnnU0

凛「Pさん、どういうこと?」

 凛ちゃんがあの人を強く問い詰める。

P「いや、僕のミスだ。すまん……」

 あの人はそうとしか返せない。

 凛ちゃんは、なかなか私を離してくれなかった。
 気持ちはありがたいのだろうけど、そのときの私は、ただとまどうだけ。
 あの人が私たちをリビングに誘導する。
 そして、現在。

凛「ミスじゃわからないよ。だからどういうことなの?」

 あの人はため息ひとつ。

P「不幸チェックを怠った僕のミス。そういうことだ」

凛「……ああ」

 凛ちゃんはなんとなく理解したようだ。

 不幸の手紙。
 私たちアイドルに送られてくるファンレターの中には、変なものもいくらか含まれている。
 そういうものを、『不幸の手紙』などと揶揄している。

 不幸の手紙はあらかじめ、事務所スタッフがチェックを入れる。
 そう。
 私は事前チェックをする前のファンレターを、うっかり読んでしまった。

 頭ではわかっている。そんな手紙など些末なものなのだ、と。
 でも、あの赤の衝撃。
 肉筆の手紙が、私を震え上がらせた。



767: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/11(金) 13:54:52.58 ID:6zJBbnnU0

凛「楓さん、気にしたら負けだから……」

楓「……」

 わかってる。わかってるの。
 でも、一度刺された痛みは、そう簡単に忘れられるものじゃない。
 凛ちゃんは私に寄り添い、気を遣ってくれる。

 その心遣いが、今は痛い。

P「凛が心配することもわかる。……そうだな、この機会に少し話しておこう」

 あの人は、今おかれている現状を語りだす。

 凛は楓さんの記事のこと、知ってるよな?
 まあうちとしては、嵐が過ぎるのを待っていたわけだが……
 そこへ、奴さんの『ノーコメント』発言だ。
 どうやら、あちらの女性ファンの反感を買ったらしい。楓さんに対してな。

 不幸の手紙は、こういう仕事をやってる以上、多少は送られてくる。仕方ないさ。
 人気商売だからな。
 ただ。今回は明らかに数が増えた。
 僕とちひろさんでチェックをやってたけど、ちょっとな。明らかにおかしいのも増えてな。
 まあ、犯罪すれすれってやつだな。

 楓さんも聞いてください。
 今回のような手紙は、まだ軽いほうです。
 でも、軽い重いの問題じゃない。今こうして楓さんがつらくなってるというのは、そういうことです。
 僕のミスです。ほんとうにごめんなさい。
 このことは、僕が責任を取るとか、そういうレベルに収まらないので、事務所のみんなでフォローします。

 凛も、心配かけてすまない。
 僕にもフォローできる限界はあるかもしれない。ちひろさんだってそうだ。
 都合のいいお願いではあるけど、楓さんをフォローしてあげて欲しい。

 楓さん。他人事だからこんなこと言えると、そう思うかもしれない。
 実際、楓さんのつらさ、わかっていないかもしれない。
 でも。

P「僕も、僕なりにできることをします」

P「頼ってください。楓さん」



768: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/11(金) 13:55:47.13 ID:6zJBbnnU0

 あの人が懸命なのもわかる。凛ちゃんが心配してくれてるのもわかる。
 でも、そうじゃない。

楓「あ、あの……」

楓「ほんとに、ごめんなさい……私が、巻き込んでしまって……」

凛「……」

 凛ちゃんの顔色が変わる。

凛「ばか! 楓さんのばか!」

 凛ちゃんが私の両肩をがしりとつかむ。その勢いに私はたじろいだ。

凛「いったい楓さんがなにをしたって言うの! なにも悪いことしてないじゃない!」

凛「楓さんが謝ることじゃない! なにひとりで抱えるの!」

凛「どうして!? ねえ、楓さんどうして!?」

 そう言うと凛ちゃんは、声をあげて泣き出した。
 あの人は、その姿を見て苦虫をかんだような顔をする。

P「凛の言うとおり。楓さんはなにも悪くないです」

P「むしろ謝るのは、僕のほうですから」

楓「でも……」

 ネガティブになっている私は、自分の至らなさを探す。
 そんなことをしても、なんにもならないというのに。

凛「Pさん……私、今日泊まってく」

P「え?」

 突然、凛ちゃんが言い出す。

P「おい、お前明日仕事あるんじゃないのか?」

凛「大丈夫! 大丈夫だから……」

凛「楓さんも……お願い……」

 返答に困る。
 ひとりでいたくないけど、大事な人たちを巻き込むのはいやだ。
 矛盾した想いを抱えて、私はどうしたいんだ。

P「まったく……スケジュール確認しておく」

P「僕も泊まる。それでいいなら」

凛「Pさん……うん、それでいい」

P「今の楓さんをひとりにするには忍びないですから。否は、なしで」

 決断できない私に、あの人は告げた。

 アンバランスな三人が迎える、夜。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



776: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/15(火) 17:50:37.35 ID:tFive59x0

凛「楓さん、寝ちゃいました?」

 凛ちゃんが語りかける。
 以前もこんなことがあったっけ。女子会のときか。
 あの時は楽しかったなあ。

楓「……ううん」

 男女が同室で、というのもまずかろうと。あの人は別の部屋で休んでいる。
 いまさらという気もするけど。

凛「眠れそうです?」

楓「……無理みたい」

 凛ちゃんはふうと、ため息をひとつ。

凛「いっそのこと、一緒に住んじゃえばいいのに」

楓「そうね。そうしたいのは山々だけどね」

 私に自虐的な笑みが漏れる。

凛「Pさんのこと、もっとオープンになっていれば、こんなことにならなかったんじゃ」

楓「そうかな。うん、そうかもしれないけど」

楓「でも『たられば』の話だもん。意味ないと思う」

凛「そんなこと! ……ない、です」

 少し声を荒げてしまった凛ちゃん。その勢いはすぐにしぼむ。

凛「楓さんは以前、自分とPさんのために引退するって、言ってましたよね」

楓「ええ」

凛「その気持ち、変わりませんか?」

 私は少し考えて、答える。

楓「うん、変わってない」

凛「……そっかあ」

 外は物音ひとつしない。ひょっとしたら雪が降ってるかもしれない。

凛「楓さん。こんなことがあって、アイドルいやになったりしません?」

楓「うーん、どうだろう」

 頭の中はまったく整理されていない。けど。
 思ったことを、思ったままに。

楓「ままならないなあと思うことはいっぱいあるけど、ファンの応援もそれ以上にもらってるし」

楓「いやだ、辞めたいって。そうは思わないかな」



777: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/15(火) 17:51:13.03 ID:tFive59x0

凛「……よかった」

 凛ちゃんはほっとしたような声を出した。

楓「なんか逆に心配かけてごめんね。こんなに打たれ弱いなんて、思わなかった」

凛「ううん! いいんです。あれで平気でいられる人なんていないし。ただ」

楓「ただ?」

凛「楓さんが、アイドルそのものに嫌気がさしたんじゃないかな、って」

 凛ちゃんの声がか細くなる。

楓「うーん。まだ頭の中がぐらぐらして、自分でもよくわからないんだけど」

楓「こんな思いをしてまでって、それは正直感じた」

凛「……」

楓「ちょっとね、自分には向いてないのかな、なんてね」

凛「そ、そんなことない、です」

楓「凛ちゃん、心配してくれてありがと」

凛「いえ」

楓「もちろん、ファンあっての自分だし、これからもがんばっていくつもり。だけど」

楓「今までのようには、楽しめないかなって、思う」

凛「……」

楓「ごめんね。今日はちょっとナーバスになってるだけ! 大丈夫。大丈夫だから……」

凛「……」

 言葉が続かないふたり。しばしの沈黙。
 ふと、凛ちゃんがこっちを見てる、気がした。

凛「楓さん」

楓「ん?」

凛「私、ここしばらく考えてました」

楓「考えた?」

凛「私は、どうしたいんだろう、って」

 小さい声だけど、なにかを決めた雰囲気。
 そして。

凛「楓さん。私」

凛「楓さんに引導を渡します」

 え?

楓「凛、ちゃん?」

凛「楓さんを、過去の人に、します」


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



786: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/28(月) 12:20:09.15 ID:qV0oWsst0

 彼女は何を言ったの? 私の意識が、言葉を遠ざける。

凛「楓さん」

 その一言で、私は現実に戻る。

楓「どうし、て……」

 なぜ、そう言わねばならないのか。凛ちゃんの想いが伝わらない。

凛「そう、決めたんです」

楓「なん……で……」

 凛ちゃんがわからない。私は急激に不安になる。
 私は起き上がり。そして。
 言ってはならない言葉をぶつけてしまった。

楓「凛ちゃん……私のこと、嫌いになった?」

凛「……」

 刹那が果てしなく長く感じる。
 彼女は同じように起き上がり、叫んだ。

凛「そんなわけないじゃないですか!!」

 凛ちゃんは私に抱きつく。

凛「なんで……なんで楓さんを嫌いになんかなるんですか」

凛「私は……私だって……いろいろ考えたんです」

 手に力がこめられる。
 その強さに、私はとまどう。

凛「いろいろ考えて……これしかなかったんです」

 凛ちゃんの込める力に、その言葉に偽りがないことは理解できた。
 しかし。
 自分の不安との折り合いが、つかないのだ。

 そのとき、部屋の明かりがつく。

P「眠れませんか?」

 あの人が隣の部屋から起きて。

凛「Pさん!」

 凛ちゃんはあの人に訴えかけるような目を向けた。

凛「私、どうしたらいい?」

凛「楓さんに、安心してPさんと一緒になってほしいのに……」

楓「凛ちゃん……」

P「凛……」

 凛ちゃんの想いがこだまする。
 これほど真剣に、私たちのことを思ってくれているのに。

 私は己の心の狭さと、抱える不安な気持ちに挟まれ、呆然とする。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



791: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/29(火) 17:50:51.56 ID:fvAZ1fnq0

P「とりあえず、これでも飲んで」

 ことり。テーブルにマグカップが2つ。
 あの人はホットミルクを用意してくれた。

凛「Pさん」

楓「ありがとう、ございます」

 湯気の向こうに見えるあの人の笑顔が、私を落ち着かせる。

P「で? どういうことです?」

 あの人が切り出す。
 しかし。なんと言ったらいいものか。
 私が躊躇していると、凛ちゃんが。

凛「私が、楓さんを困らせた……」

P「ほう。なにか言ったのか?」

凛「私が、楓さんに引導を渡すって、言ったから」

 そうだ。無意識に遠ざけていた言葉がよみがえる。
 でも、その言葉には理由がきっとある。
 凛ちゃんの想いの深さを知り、少しだけ冷静になった今なら、そう思える。

P「引導、ねえ。まあ穏やかな言葉じゃあ、ないわな」

凛「でも!」

P「でも?」

凛「なんかこう、あてはまる言葉が見つからなくて、その」

凛「ごめん、なさい」

 そう言って凛ちゃんはうなだれた。

P「いや、謝るのは今じゃなかろう? なんでその言葉になったか、その理由が知りたいな」

 あの人は少しずつ解きほぐすように、凛ちゃんに語る。
 その雰囲気に誘導され、凛ちゃんが少しずつ話し出した。

凛「私、楓さんに降りかかったゴシップが許せなかった」



792: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/29(火) 17:51:49.25 ID:fvAZ1fnq0

 私、本当のことを言ってしまいたいって、今も思ってる。
 でも、我慢してる。誰も得しないから。マネージャーや奈緒にも止められてるし。
 嵐が過ぎればいいって、それだけ思ってた。

 悪意のあるファンレターは、私のところにも来てるだろうことはわかってる。
 事務所のみんなが押さえてくれてるだろうって。
 でもあの手紙を見たら、なにか抑えきれなくなって。勢いでここまで来ちゃったけど、結局やれることなんかなくて。
 私は、なにができるだろうっていうの、思い出した。

凛「私は、楓さんに安心して引退してほしいんだ」

 楓さんのツアーにゲストで出てから、なにか心に引っかかってたの。
 そして楓さんから引退の言葉を聞いて、なにかが宙ぶらりんになった感じがして。
 それってなんだろう? って。

 やっと気づいたんだ。私は、認められたいんだって。
 楓さんにも、Pさんにも。
 だから、奈緒にも加蓮にも話をした。ソロをやりたいって。
 自分が大きくなって、楓さんに『渋谷凛にはかなわない』『これで安心して引退できる』って思ってもらえるくらい。
 がんばろう、って。

凛「楓さんは大事な人で、いちばんのライバル。負けたくないし、喜ばれたい」

凛「だから、汚い言葉かもしれないけど、『引導』なんだ」

楓「……」

凛「高垣楓という存在が埋もれてしまうくらい、自分を高めたい」

凛「だから、負けません」

 なんということだろう。
 凛ちゃんは、私のはるか先を見つめ、そこへ進もうとしている。私などでは太刀打ちできないくらいに。
 この時点でもはや、かなわないと思っている自分を押し殺す。
 今言うべき言葉じゃない。凛ちゃんに失礼だ。

 彼女の射るような瞳に、私の心が触れる。
 私もプロなのだ。最後は華々しくあれ、と。

凛「楓さん。挑発するようなことを言ってごめんなさい。でも」

凛「今言わなきゃ、楓さんがいなくなってしまう気がして……」

楓「……うん」



793: ◆eBIiXi2191ZO:2013/10/29(火) 17:52:31.69 ID:fvAZ1fnq0

凛「Pさん、お願いがあるの」

P「ん? なんだ?」

凛「楓さんとデュオで、なにかやらせて。……ううん」

凛「なにかじゃない。うん。ツアー」

凛「ふたりで、ツアーをしたい」

P「……そっか」

凛「思いつきでできないことなんてわかってる。でも」

凛「たぶん、ラストチャンスだと、思うから」

 彼女の口からついて出た『ツアー』の一言。私の心に灯りがともる。

楓「凛ちゃん」

凛「はい」

楓「ありがとう。そんなに私のこと、評価してくれて」

凛「いえ、当たり前の評価だと思います」

楓「……今、こんなふがいない私で、正直凛ちゃんになぜ評価されているのか、わからない」

楓「でも。ただで負けるつもりはない」

凛「……」

楓「やりましょう。……Pさん、やらせてください」

 凛ちゃんと私、ふたりに見つめられたあの人は、気まずそうにしている。
 そして。

P「まったく、困った人たちだなあ」

P「わかりました。ええ。僕も魂込めてやらせてもらますよ」

 そう言って苦笑いした。

 凛ちゃんと私と、あの人。ホットミルクがつなぐ、三人の密やかな企み。
 私のラストワンマイルが、始まった。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



798: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/02(土) 17:37:50.83 ID:FBIWJPwz0

ちひろ「楓さん、おはようございます」

楓「おはようございます、ちひろさん。今日も寒いですね」

 季節は2月。今年の東京はいつになく雪を見かける。
 私もブーツを新調した。気分転換だ。
 新年に受けた衝撃を、私はまだ引きずっている。

 凛ちゃんとデュオツアーをやりたいと、あの人は社長はじめ経営陣にプレゼンした。
 それは意外とあっさり通ったのだけど。
 私の体調と心が、問題だった。

 あれからしばらく、凛ちゃんが部屋に泊まりに来てくれたり、いろいろフォローをしてくれた。
 とてもありがたい。感謝してもしきれない。
 でも、彼女はソロ活動に立ち位置を動かすため、いろいろな雑務が多くなる。
 松が明けたころには、私はまたひとり。

 怖い。今まで寂しさを感じることはあったけど、怖いと思ったことは、なかった。
 私は、なんて弱い女になってしまったのか。

楓「Pさん」

P「はい?」

楓「今晩、一緒にいてもいいですか?」

 私は、あの人の部屋へたびたび訪れ、ぬくもりをむさぼった。
 あまりの恐怖に、どうにかなってしまいそうなのだ。

 アイドルとして、とても脇が甘く危うい状態であったに違いない。
 しかしあの人は、そんな私になにか言うこともなく、ただひたすらに私に与えてくれた。
 そうして、ようやくひと月。

 仕事はしているものの、どこか浮ついている。

ちひろ「眠そうですけど、大丈夫ですか?」

楓「ええ、大丈夫です」

 嘘ばっかり。
 まだ眠りが浅く、たまにうなされることもある。
 あの人はたぶん、ちひろさんにも私の状態を話しているだろう。
 ちひろさんは、それをわかっていて気遣ってくれてるのだ。

ちひろ「……無理は禁物ですからね?」

楓「肝に銘じておきます」



799: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/02(土) 17:38:59.57 ID:mkYWp9AD0

ちひろ「今日は?」

楓「えっと、社長に呼ばれたので……」

 社長が「ちょっとお話がありますので」と、相変わらずのはぐらかすような言い方で私を呼びつけた。
 たぶん、あの人もいるだろう。
 すると。

凛「おはようございます……あ、楓さん」

楓「凛ちゃん、おはよ」

凛「楓さん、今日仕事でしたっけ?」

楓「ん? えっと、社長に呼ばれて、ね」

凛「え?」

楓「え?」

 凛ちゃんはちょっと驚いている。

凛「楓さんも、ですか?」

楓「凛ちゃんも?」

 お互いの顔を見合わせ、そして腑に落ちた。
 なるほど、例のツアーがらみだろう。おそらく。

楓「ふふっ、楽しみね」

 そう作り笑顔で応えると、凛ちゃんは複雑そうな顔をする。

凛「え、ええ。楽しみですけ、ど」

凛「楓さん、大丈夫ですか?」

 彼女はそう言った。

 年明けの例の件から、私の様子をあの人の次によく知っている凛ちゃんだ。
 本当に心配で仕方がないのだろう。

楓「こうして仕事もこなしてるし。うん、大丈夫大丈夫」

 そうは答えるものの、凛ちゃんには見透かされているだろうな。

ちひろ「寒いからこれ、どうぞ」

 ちひろさんは、難しい顔をしているだろう私たちに、ホットレモネードを出してくれる。

凛「これ、ちひろさんが作ったんですか?」

ちひろ「私は、こんなことくらいしかお手伝いできないし」

 そう言ってちひろさんは、社長室へ連絡をした。



800: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/02(土) 17:39:45.74 ID:mkYWp9AD0

社長「ああ、ふたりともそろったんですね。じゃあ、話をしましょうか」

 社長は部屋から出てくると、私たちを招き入れる。
 社長室にはあの人もいた。

社長「さて、おふたりのその表情を見ると、私の話がどういうものかお分かりのようですね」

 私たちふたりが呼ばれたということは、きっとそういうことだろうとは思っても。
 それは確信ではない。

社長「そうですね。ひとつは、ご想像のとおりです」

 ひとつは?
 軽い驚きを覚え口を開こうとすると、凛ちゃんが先に。

凛「ひとつは? ですか?」

 社長はうなずき、続きを口にする。

社長「ええ、もうひとつあります」

楓「ふたつ、ということですか」

社長「その通りです。ひとつはデュオのこと、そしてもうひとつは」

 社長は私に、左手を差し出すように向けた。

社長「高垣さんの引退について、です」


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



801: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/02(土) 17:40:36.97 ID:mkYWp9AD0

凛「えっと……あの……」

 私の引退。
 凛ちゃんも個人的に知っていることとはいえ、なぜ一緒に。

凛「私が一緒に聞いても、いいんですか?」

社長「ええ。ここしばらくの高垣さんをサポートしてくれたのは、渋谷さんだと伺いまして」

 社長はあの人に目線を向け、あの人は軽くうなずいた。
 凛ちゃんはふたつめの驚きに、少し戸惑ってる。

凛「そう、ですか。引退、なんですね」

 そう言って彼女は目を伏せた。
 知っていたこととはいえ、社長から直接言葉にされたことで、それが近い現実であると気づいたのだろう。

楓「あの、それでいつ」

社長「まあ、それは座って話をしましょうか」

 社長は応接ソファーに私たちを誘導した。
 応接セットを囲んで、私と凛ちゃんが隣り合い、社長とあの人が向かいに。

社長「さて、と。まずなにから話をしますかね」

 社長はあの人の用意したレジュメに目を向ける。
 あの人の内線コールで、ちひろさんが飲み物を持ってやってきた。

社長「ああ、千川さんも残ってください。大事なことです」

ちひろ「わかりました」

 ちひろさんは折りたたみ椅子を出して、少し離れて座る。

社長「まず、引退の話からしましょうか」



802: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/02(土) 17:41:34.55 ID:mkYWp9AD0

楓「は、はい」

 社長に話を向けられ、少しどきりとした。

社長「高垣さんの活動は今年いっぱい、ということにします」

社長「そこから先は、高垣さんの自由です。おめでとう」

楓「あ、ありがとうございます」

 社長におめでとうと言われ、反射的にお礼を言ってしまう。
 決しておめでたいことではない。私のわがままで決めたことなのだから。
 ただ、それを非難することなく、ずっとフォローしてくれた事務所のスタッフには、お礼をいくら言っても足りない。

社長「渋谷さんは個人的に、高垣さんの引退のことを知ってるようですが?」

凛「ええ。まあ」

社長「では、このスケジュールは他言無用にしてもらいます」

凛「は、はい」

社長「というのも、事務所から引退について、一切の発表は行わないことにしましたので」

楓「え?」

社長「Pくん。説明して」

P「はい」

 社長が同席した中であの人が説明する。とてもやりにくそうだ。

P「本来なら、私と楓さんがおつきあいをしていることを発表するはずでした、が」

 あの人のしゃべりがこわばっている。
 内輪とはいえ、こうして自分たちが交際しているという事実を話すのは、とても恥ずかしいし重苦しい。
 でも、これはきちんとしておかないとならない。そういうものだ。

P「先般の雑誌報道、それから先方のファンによるものと思われる一連の行為があったので」

P「楓さんの今後の行動を考え、発表を避けようということを、スタッフミーティングで決定しました」

楓「どうして、です?」



803: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/02(土) 17:42:17.60 ID:mkYWp9AD0

凛「うん、どうして? なにもやましいことなんかないんだし」

 凛ちゃんは純粋に疑問をぶつける。
 私は正直、多少のやましさは感じるけど、でも発表できないというのもさびしい。

社長「まあぶっちゃけ言うとですね。高垣さん叩きが増えるだろう、と」

社長「それでは、事務所にとってマイナスしかありませんからねえ」

P「あちらさんの一連の行為で、女性ファン層の楓さんのイメージが、悪化してるのは確かです」

P「『恋多き女』と言われる危険が、非常に高い、と」

 あの人はとても悔しそうに言った。

凛「なんで! あっちが勝手に嘘ついてこっちが迷惑被ったんじゃない!」

凛「ひどいよ、あんまりだよ。事務所が楓さん守れないでどうするの……」

 凛ちゃんの言葉に、あの人の顔がゆがむ。

P「いや、凛の言うとおりだ。ほんとに申し訳ない」

 あの人が深々と首を垂れる。
 凛ちゃんのやり場のない苛立ちに、社長が割って入る。

社長「渋谷さん。気持ちはわかります。でも」

社長「あちらの事務所と全面対立しても、うちの事務所のほうが分が悪い」

社長「しがらみが多いとこなんですよ。許してください」

 社長にそう言われ、凛ちゃんは悔しさをかみ殺す。
 それが業界。掟に反しないすれすれなら、セーフなのだ。

社長「でも映画が派手にこけてくれましたし、少しは溜飲を下げてもらえると、私は嬉しいですね」

 あちらもかなりの製作費と宣伝費をつぎ込んだ映画は、結局封切り週以外は動員もさんざんだったらしい。
 しばらくはおとなしくしてるだろう、と。

P「ただ、ファンのイメージはまだ残ってますから」

P「楓さんにヘイトが集まることは、極力避けないとならないんです」

 誰も納得などしていない。でもそういうものだから。
 自分たちの気持ちを押し殺し、次善策で乗り切るしかない。

社長「ただ私個人もとても悔しいものですし、それなら大きな花火を上げようじゃないか、と」

社長「そして渋谷さんは、ソロとして大成したいと考えている」

社長「ですから、私はこのデュオツアーにゴーサインを出したんです」

 あの人がうなずく。

P「見返してやりましょう? いろいろなしがらみに」

社長「このツアーは、事務所の今年のメインでやります。総力戦です」

社長「渋谷さんを不動のトップに、高垣さんを伝説に」

 社長はにやりと笑う。

社長「当然、やっていただけますね?」

 言葉はいらない。
 私と凛ちゃんは、社長の一言にうなずいた。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



809: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/05(火) 17:58:23.82 ID:OPP4YUy20

トレ「はい! おつかれさまです」

楓「ふう……はあ……」

トレ「だいぶ体のほうはしゃっきりしたんじゃないですか?」

楓「はあ……そう……ですか?」

 3月。私はダンスレッスンを行っている。
 ツアーのスタートは8月、ラストは12月と、スケジュールの粗組みが済んでいた。

凛「私も久々だから、ちょっときついかも」

 凛ちゃんと私はそれまで、各々の仕事をこなしながら、基礎レッスンをもう一度さらうことにした。
 スタートまで思ったほど時間はない。休む暇はない。

楓「でも凛ちゃんはさすがだね。私はもうあっぷあっぷ」

凛「そうですか? 楓さんがこんなに速いステップをこなすなんて」

楓「意外?」

凛「ふふふ。……ですね」

 基礎をもう一度、言ったのは私だ。
 凛ちゃんと一緒にやることは楽しみであり、同時に不安でもある。
 少しでも自分の弱点を克服しておきたかった。
 それと。

凛「でも、今は楓さんがいきいきしてて、好きですよ」

楓「ありがと」

 体を動かしていると、あの日の鬱々とした物事が多少吹っ切れる気がした。
 ごまかしでしかないと思うけど、少しだけやる気が出てきたのはいい傾向かもしれない。

トレ「じゃあ、クールダウンのストレッチやったら終わりにしましょう」

凛「お疲れさまでした」

楓「お疲れさまでした」



810: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/05(火) 17:59:47.11 ID:X9St9tbk0

 疲労のたまった筋肉を伸ばす。

楓「くうぅ、結構ぱんぱんかも」

凛「でもずいぶん、可動域が広がりましたよね」

 自分では気が付かないけれど、確かに体の可動域が広がったような気がする。
 やっぱり。

楓「日ごろからやってないと、ダメってことね」

 歳相応の体がうらめしい。

凛「明日にヴォイスやるんですか?」

楓「ええ。さすがにこの後に発声は、ねえ」

 凛ちゃんと互いに苦笑い。

凛「じゃあ、それでは」

楓「今日もやってみる?」

凛「ええ、負けませんよ」

楓「じゃあ」

 私たちふたりは、右手を出し合う。

凛・楓「最初はグー! じゃんけんぽん!」

楓「よし! よーし! 勝ちましたわあ」

凛「……ううっ、負けた」

 私がチョキ、凛ちゃんがパー。
 夕飯の当番をじゃんけんで決めたのだった。



811: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/05(火) 18:01:02.53 ID:X9St9tbk0

 話はさかのぼる。
 社長からツアー話をもらって一週間。凛ちゃんから話が振られる。

凛「楓さん」

楓「ん?」

凛「合宿もどき、しません?」

楓「もどき?」

凛「ええ、もどき」

 凛ちゃんから提案された、合宿もどき。
 トライアドの三人は、ツアー前に一週間程度一緒に生活して、お互いの意思疎通を図るようにしてるとか。

凛「楓さんと運命共同体になるんで、親睦を図りたいかな、と」

楓「私は構わないけど。親御さんや奈緒ちゃん、加蓮ちゃんに話は?」

凛「親はいつものことなんで大丈夫です。奈緒と加蓮は、まあ」

楓「あら?」

凛「言ったら、押しかけてくるんじゃないかなー、って」

 凛ちゃんは照れくさそうに言った。

楓「それはそれで楽しそうだけど、ねえ」

凛「んー、でも」

 彼女はなにか悩んでいるようだ。

楓「ところで、合宿ってどこでするの?」

凛「えっと……」

楓「?」

 凛ちゃんは私を見てもじもじしている。

凛「楓さんちでお泊り、で。ダメです?」

 ぷっ。
 凛ちゃんったら、最初からそれが目的だったのかな。

楓「ふふふっ、いいわよ。ただし」

凛「ただし?」

楓「食事は交代制で、ね?」

凛「……あー」



812: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/05(火) 18:01:56.60 ID:X9St9tbk0

楓「どうしたの?」

凛「私、料理あんまり得意じゃないけど……いいですか?」

 彼女のうろたえ方からすると、本当に苦手らしい。
 しかたないなあ。

楓「じゃあ、毎回じゃんけんで。少しはできるようにならないと、ねえ」

凛「努力します」

 バレンタインのチョコ作れるくらいだから、大丈夫だろうと思うけど。
 かわいい妹には、どうやら甘い私らしい。

楓「私も手伝うから」

凛「お願いします」

 そういえば、東京に出てきてしばらく同業の子とルームシェアしてたなあ。
 ちょっと懐かしい。

楓「いつやろうか? もどき」

凛「えっと、仕事のスケジュール見て、ですかね」

楓「そうね。妥当かな」

 ふたりのスケジュールを事務所のグループウェアで確認し、凛ちゃんのマネージャーとあの人に内諾を得る。
 マネージャーもあの人も、「ああ、いつもの」と言ってオーケーしてくれた。

楓「三人の合宿って、どこでしてたの?」

凛「女子寮ですね。奈緒がいるし」

楓「そっか」

凛「あと、ご飯も出るので」

楓「……ああ」

 実に合理的というか。
 実際仕事やレッスンで疲れた後に、ご飯作りなんかしたくないよね。

 わりとすんなり決まった合宿もどきは、ふたりのスケジュールを見ながら3月に実行された。
 始まって4日目。結構楽しい。
 一週間程度の共同生活だけど、久々のルームシェアは新鮮だ。

凛「なにか食べたいものあります?」

楓「そうねえ。まあ、スーパー行ってから考えよっか」

凛「はいはーい」

 シャワーを浴びて帰る準備をする。
 さて、なにを買おうか。



     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



817: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/08(金) 12:18:40.08 ID:Ko7SQAV40

楓「それじゃ、いただきます」

凛「いただきます」

 テーブルに並ぶ夕食。棒々鶏、れんこんのきんぴら、きのこの炊き込みご飯、みそ汁。
 凛ちゃんはよく頑張っている。

楓「手際が良くなったね」

凛「うーん、慣れたのかな?」

 きんぴらは惣菜コーナーの店屋物、炊き込みご飯はレトルトの素を使ったけど。
 でもきちんと手抜きしながらできることに意味がある。

楓「あ、そうそう」

 私は冷蔵庫へブツを取りに行く。

凛「楓さん、私も」

楓「……もう」

 ストックの発泡酒を二缶、食卓へあげた。
 ぷしゅっ。
 未成年の凛ちゃんと晩酌。私は悪い大人だなあ。

凛「今日もお疲れさまでしたー。乾杯!」

楓「乾杯」

 ひとりで呑むお酒、あの人と呑むお酒。
 今こうして凛ちゃんと呑むお酒。
 それぞれ雰囲気も表情も違って、とてもいい。

凛「なんか家で晩酌するお父さんの気持ち、わかるかも」

 凛ちゃんが笑う。

楓「疲れてる時のビールって、なんか沁みるのね」

 きんぴらをつまみながら一口ごくり。

凛「ところで楓さんって、どうしてお酒呑むようになったんです?」

楓「んー、そうねえ」

 私は停止しかかってる頭を回す。



818: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/08(金) 12:19:36.29 ID:Ko7SQAV40

楓「おばあちゃんの梅酒、かな」

凛「梅酒? ああ、和歌山だから」

楓「まあ、それもあるけど……なんかね、小さい頃おばあちゃんちに遊びに行ったときにね」

楓「甘酸っぱいにおいがするあれが、とても気になったの」

凛「へえ」

楓「梅酒って甘いでしょ?」

凛「はい」

楓「なんかのジュースって思ったのかな、こっそり飲んで」

凛「うんうん」

楓「そのままふらふらって、リビングで寝ちゃって」

 ぷっ。凛ちゃんが噴き出す。

楓「母親には怒られたけど、おばあちゃんに『そんなにおいしかったかい』って、持たせられて」

楓「もちろん小さいうちはそれ以来飲まなかったけど、こっち来てから時々送ってくれてね」

凛「そうなんだ。じゃあ今も?」

楓「ううん。おばあちゃんはまだ元気だけど、もう漬けるのめんどくさくなったって」

凛「そっかー、ちょっと残念」

楓「私の飲んだくれ人生は、そこがスタート」

凛「いや、飲んだくれって」

楓「でも、事務所じゃそういうイメージ、でしょ?」

 凛ちゃんが苦笑いする。

凛「そうですね」

楓「そうやって構えずにみんなが接してくれるのが、うれしいの」

 この事務所に来て、自分が軽くなったような気がするのは確か。
 凛ちゃんだって、ライバルと言えばライバルだけど、戦友? いや、心友かな。
 そんな心のつながりがいっぱいあふれてる。

楓「なんか、よかったなあって」

凛「なら、私もよかった」

凛「自分がアイドルやってなかったら、普通に高校生やって普通に大学行って」

凛「あまり個性もなく、のんびりやってたかなあって思ったり」

楓「でも、それもまたいいと思うけど」

凛「うん。でも、今の刺激ある生活が楽しくて。すごく仲間に恵まれたし」

凛「もう普通じゃいられない、かな?」

 ふたり笑いあう。
 なんだかんだと、私たちはどっぷりアイドル生活に浸かってしまったのだ。



819: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/08(金) 12:20:08.98 ID:Ko7SQAV40

凛「こうして楓さんと合宿もどきして、よかったなあ」

楓「奈緒ちゃんと加蓮ちゃんと三人も楽しいでしょう?」

凛「もちろん!」

 凛ちゃんは満面の笑みを見せる。

凛「奈緒と加蓮がいなかったら、今の私はないって思うし」

凛「ふたりには、いつも感謝してるんだ」

 彼女たち三人をつなぐ糸は、ピアノ線ばりに強いものみたいだ。

凛「でも、楓さんと知り合って、いろいろあって」

凛「自分をもっと高めたい、って。すごく思って」

凛「三人がそれぞれステップアップする機会かなって、それで」

楓「私と組んでみた、ってこと?」

 私の問いかけに、凛ちゃんがうなずく。

凛「自分でもこんなにわがままで、上昇志向が強いんだなって、びっくり」

楓「それって必要なことじゃないかな。この仕事やってるなら」

凛「うん」

 凛ちゃんが真剣な表情になる。

凛「楓さん」

楓「ん?」

凛「ありがとうございます」

楓「んー。どういたしまして?」

凛「私、もっと上に行けそうです」

楓「そう。それはよかった」

凛「言い方は悪いですけど、楓さんを踏み台にして、もっと上まで」

楓「ん」

凛「絶対行きます」

 凛ちゃんの表情は自信にみなぎっている。
 これだ。これがうちの事務所の絶対エース、渋谷凛。

楓「私もお礼言わせて。凛ちゃんのおかげで、私は立ち直っている」

楓「ありがと」

凛「いえ」

 凛ちゃんの表情を見てると、こっちもがんばろうという気になる。
 ソロじゃないっていうのも、いいな。

楓「がんばろうね」

凛「はい」

 彼女の想いに応えよう。そして。
 自分の想いも、届けよう。
 彼女に、あの人に。すべてのファンに。

 ツアーまであと五か月。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



826: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/11(月) 17:47:21.87 ID:WFQG5CWS0

 世間は年度末らしく、人の行き交いもにぎやか。
 プライムタイム。15秒のスポットCMに、私たちが映る。

『蒼は……好きですか?』

 凛ちゃんの声が響いた。

『蒼は……お好き?』

 私の声が続く。

『いろんなこと』『ステージ』『歌うの』『ファンのみんな』
『大好き』『きらきら』『楽しい?』『もちろん』

 私たちの短いカットがつなぎ合わされて、モノトーンの画面に流れる。
 少しの違和感とともに。

 歌が、ない。

『Rin Shibuya』『Kaede Takagaki』

 フラットラインなBGMに私たちのカットだけ。

『August 20XX ―― START』

 CMはその言葉を残して、終わる。



827: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/11(月) 17:47:53.37 ID:WFQG5CWS0

 さかのぼること少し前。

P「CM撮りします」

 レッスン中の私たちに、あの人が告げた。

凛「えっと、どんな?」

P「今、レッスンしてたろ?」

凛「うん」

P「それを、撮った」

凛「え?」

楓「え?」

 あの人がクスリと笑うと、ドアの向こうの人影に声をかける。

デ「どうも、お久しぶりです」

楓「あ!」

 私のデビューとなった、PVのディレクターさんだ。
 その手には、家庭用ビデオカメラ。

楓「お久しぶりです!」

デ「高垣さんもすっかり有名になっちゃって。遠い世界に行っちゃいましたね」

楓「ディレクターさんこそ……あ、監督さんって呼んだほうが」

デ「いやいや、気恥ずかしいんでやめてください」

凛「あの、こちらの方は?」

 私とディレクターさんの話に、凛ちゃんが加わる。



828: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/11(月) 17:48:21.05 ID:WFQG5CWS0

楓「あ、初めてだよね。こちらは、私のデビュー作を撮ってくださった監督さん」

デ「渋谷凛さんですね。はじめまして」

 ディレクターさんのあいさつに、凛ちゃんもうなずく。

凛「あ、どうも……はじめまして」

 いきなりの対面で、凛ちゃんがとまどっている。

楓「えっと。年明けに封切になった、ロードムービーの話題作、知ってる?」

凛「え? ああ、観に行った、確か」

楓「あの監督さん」

凛「え、ええ!?」

 あまりの凛ちゃんの驚きに、ディレクターさんは照れている。
 驚くのも当然だ。今話題の作品の監督さんが、目の前にいるのだから。

デ「もともとCM畑の人間なんで、困っちゃいましたけどねえ」

 ディレクターさんはそう言って笑った。

楓「ひょっとして?」

P「ええ、そうです。彼にふたりのCMを制作してもらいます」

 なんという縁だろう。
 私のスタートが彼の作品なら、私のラストも彼の作品、ということになる。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



833: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/14(木) 18:45:26.64 ID:6z/2GNgB0

 意外な再開から3日後。私たちのデュオに関するミーティングが開かれる。
 その席には、ディレクターさんもいる。

P「先日のキックオフミーティングのとおり、今月からプロモーションを開始します」

 社長やあの人も含め、事務所スタッフの主要メンバーが勢ぞろい。

凛「ほんとに総力戦なんだ……」

 凛ちゃんはそうつぶやく。

P「まずはユニット名ですが。お手元のレジュメのとおり『Bleuet Bleu(ブルーエ・ブルー)』とします」

P「ブルーエ・ブルーはフランス語で『矢車草』を意味します。濃紺色です」

P「それと、これは『Bleu et bleu』つまり『蒼と蒼』というダブルミーニングを表しています」

P「渋谷凛、高垣楓というふたりのイメージを掛け合わせ、命名しました」

凛「蒼と、蒼、か……ふふっ」

 蒼、か。なるほどね。
 凛ちゃんは小さく笑った。



834: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/14(木) 18:46:50.69 ID:zh24pOAc0

P「概要はレジュメのとおりです。ツアーは8月から12月まで。フィナーレは京セラドームと東京ドームです」

P「なお、今回のデュオユニットはツアーステージのみとし、音楽番組の出演は行わないものとします」

スタッフ「えーと、音楽番組の出演なしということですが」

ス「雑誌のインタビュー等の活字記事は受けるということですか?」

P「そうなります。ユニットの音盤は基本的に流さないということです」

P「ステージオンリーが基本ですが、最終公演に限ってWOWWOWの生中継が入る予定です」

ス「CD等の販売とグッズ物販については」

P「進行中です」

ス「チケットについては」

P「グッズとの絡みもありますが、ふたりの場合それぞれのFC(ファンクラブ)があるわけではないので」

P「CGプロサポートメンバーの先行予約という形で動く予定です」

 意外なことだけど、私のオフィシャルFCというものは存在しない。
 事務所のサポートメンバーという総括したFCらしきものがあり、その会員がそれぞれ「マイアイドル」を登録し、その登録に応じた特典を受けている。
 今回はそこに乗せる形をとるみたいだ。

ス「プロモートについて、レジュメの中身以外に行う予定は」

P「ない、とは言えません。各メディアさんの要望にはある程度応じようと考えています」

 レジュメをめくる。
 今月に15秒のスポットCM。4月には新作30秒CMと雑誌インタビュー。
 8月に入るまで、新作CMを毎月制作。プライムタイムを中心に配信。

楓「ふうん」



835: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/14(木) 18:47:45.09 ID:zh24pOAc0

 読んでいてわかる。
 なるほど、出し惜しみか。
 詳細をつまびらかにしない代わり、メディアの要望を受けて小出しに情報を流す。
 ウィンウィンの関係を最大限に利用する。

凛「……あざといね」

楓「でも、Pさんが好きそうなやり方よね」

凛「うん、知ってる」

 ふたり笑いあう。

ス「ユニットでの番組出演はしないとのことですが、ソロの出演は」

P「もちろんソロの出演はあります。そこでふたりにがんばって売り込んでもらおうかな、と」

 あの人は私たち二人に目線を送る。

凛「そうだね。がんばります」

楓「宣伝料はずんでくださいね?」

 スタッフから笑いが起こる。空気が弛緩した。
 しばらくの質疑応答が続き。

P「ほかになければ、社長から一言お願いします」

社長「まあ、ここにそろったメンバーの顔を見てわかるとおり、うちの持てる全力で、事に当たります」

社長「成功はすると思いますが、それではいけません」

 スタッフ全員が、社長に視線を向ける。

社長「……大成功させましょう」

 全員の表情が引き締まった。
 CMがスタートしたのは、その一週間後。
 社内で事前にお披露目をしたときの反応の良さから、絶対いけると確信していた。
 あのディレクターさんの作品だもの。

 メディアの反応は早かった。
 各媒体がネットで速報を打つ。事務所にも問い合わせが相次ぐ。
 ほどなく、『計画通り』の記者発表をセッティングすることになった。
 スタートは順調だ。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



842: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/20(水) 12:15:13.17 ID:eSXSKrGz0

P「報道各社の皆さま、本日はお集まりいただき、誠にありがとうございます」

 社長とあの人、凛ちゃん、私。
 セッティングされた会見場で、デュオの説明を始める。

社長「先日、CMを先行して配信させていただきましたが、このたび弊社の新しいユニットを発表する機会をいただき、大変光栄に存じます」

社長「メンバーはこちらにおります、渋谷凛、高垣楓。ふたりのデュオユニットでございます」

社長「ご存じのとおり、両名は弊社のエースであり、今年の弊社一押しのユニットでございます」

社長「ユニットの活動につきましては、弊社担当Pよりご説明いたします。よろしくお願いします」

 社長のあいさつがあり、続いてあの人が説明を始める。

P「それではご説明いたします。まず今回のユニットについてです。お手元の資料をご覧ください」

P「ユニット名は『Bleuet Bleu』。メンバーはここにおります、渋谷、高垣、以上2名のユニットでございます」

P「ユニットは期間限定。今年いっぱいの活動となっております」

P「渋谷の活動しております別ユニットにつきましては、休止することなく並行して活動してまいります」

 時限ユニットの発表がなされたとき、会場がざわつく。

P「なお、このデュオは『ヴォーカルパフォーマンスユニット』として活動いたします」

P「弊社のイメージリーダーである、両名の歌による強力なインパクトは、きっと皆さまを虜にすると期待しております」

P「『Bleuet Bleu』は、ライヴパフォーマンスに特化した形でお送りすることにしております」

P「生のステージライヴを楽しんでいただくため、音楽番組等の出演は計画しておりませんので、よろしくお願いいたします」

 会場が大きくざわついた。当然だろう。
 テレビに出演しないアイドルユニットなんて、前代未聞だ。
 メモを取る音が、かすかに響く。



843: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/20(水) 12:15:58.01 ID:eSXSKrGz0

 その後もあの人の説明は続き、一段落したところで私たちの紹介がある。

凛「渋谷凛です。今回ユニットを組みます高垣楓さんとは、よきライバルとして一緒に仕事をしたいと思っておりましたので」

凛「このユニットで念願がかなったこと、大変うれしく思っています」

凛「みなさんに届けられる最高のパフォーマンスをお見せしたいと思ってます。よろしくお願いします」

 拍手が起こる。
 凛ちゃんのあいさつは淡々としているが、内に秘めた熱情を大いに感じさせるものだ。
 私も負けないように。

楓「高垣楓です。渋谷凛さんはご存じのとおり、ソロでもトライアドプリムスでも活躍している、わが社のエースです」

楓「その渋谷さんと私が組むことで、お互いの限界を超え、新たなステージが開けられればと思っております」

楓「きっとご満足いただけるステージにします。よろしくお願いします」

 私にも拍手をいただく。
 うぬぼれかもしれないけど、期待してほしいと思っている。
 自分自身、なにかが起こりそうな気がするのだ。

P「それでは、質疑応答に移らせていただきます。まずは代表の方から」

記者A「テレビ代表です。ではまず」

 質疑が始まる。
 今回の意気込みとか。新ユニットのコンセプトとか。
 無難な質問が並ぶ。

記者A「続いてテレビ出演の件ですが、計画がないということですがまったく出演しないということでしょうか?」

P「それにつきましては『Bleuet Bleu』として出演の予定がない、ということでございます」

P「渋谷、高垣。両名の単独出演はこれまで通り行います」

記者A「では、おふたりのユニットを観るにはステージで、ということですか」

P「はい。すべてはステージに存在します」

 あの人は言い切った。
 すべてはステージに。傲慢とも思えるその言葉は、自分たちの持てるものすべてをそこに投入するということ。
 決してフロックなどと言わせてはいけない。

 個別の質疑に移っても、訊かれることはステージオンリーの件。
 アイドルは画面の中にいるものだなんて、誰が決めたのだろう。

凛「もちろん私たちは、数々の番組で育てられたという意識もありますし、その恩恵を受けているとも思っています」

凛「でもその中でも、『いいものはいい』と。それは場所や時間に関係なしに、あっていいと」

凛「私も楓さんも、そこにあるのならぜひ観たいと、そう言われるくらいのパフォーマンスをお見せできれば、と」

凛「これは私たちのチャレンジです」

 凛ちゃんが気持ちを伝える。丁寧に。
 私もそう思う。

楓「凛ちゃんがすべて言ってくれました。私も同感です」

楓「私たちのすべてを。ステージにぶつけます」

 私たちの想いはほどなく記事になるだろう。
 この熱を、みんなに受け取ってもらいたい。今はただ、そう思っている。

 成功させたい。
 いや、成功させる。それだけ。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



848: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/21(木) 20:36:03.53 ID:VXMXTySn0

 『Bleuet Bleu』の記事は、大きな期待を持って紹介された。
 ネットにアップされて以降、いろいろな問い合わせが来ている。
 特にツアーのチケット発売時期。
 先行予約はあるかとか、ツアースケジュールはまだかとか。

 そんな喧騒の中の4月。新しい30秒CMが配信される。

凛『あなたに、沁みていく』

楓『蒼の、旋律』

 今度はインタビューカットがメインのCM。

凛『歌? 好きですよ。うん、大好き』

凛『歌で、みんなに想いを届けるの、好き』

凛『知ってほしい。私のこと』

『Starring RIN SHIBUYA』

楓『歌の力って、たぶんあると思います』

楓『私も、ファンの皆さんも、のめりこむくらい』

楓『怖いけど、うれしい』

『Starring KAEDE TAKAGAKI』

凛『私たちの色に』

楓『私たちの心に』

『Bleuet Bleu』

凛『染めたい』

楓『染め上げます』

『On August 20XX』

凛『待ってて』

楓『会いに行きます』

『START SOON』



849: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/21(木) 20:36:42.96 ID:CX/snUl30

 ディレクター自らがインタビューしてくれたものを、私たちのカットだけコラージュしている。
 相変わらずスピード感あふれる映像。

凛「映画もすごかったけど、なんか」

 凛ちゃんができあがったカットを見ながらつぶやく。

凛「自分がこういう撮られ方をするって、新鮮というか、恥ずかしいというか」

楓「うん、すごいよね」

 才能の塊そのままに組み上げられる映像。これは私たちであって私たちでない。

楓「女優、やってみたくなった?」

凛「うーん、演じるのは向いてないかも。っていうか」

凛「こういう映像が撮れるような才能、ほしかったなあなんて」

 彼女は苦笑した。

楓「映画監督、やっちゃう?」

凛「あはは! まさか!」

 大笑いした後、凛ちゃんは真剣な顔をして言う。

凛「私には、歌があるから」

楓「ん。そうね」

 私たちには、歌という武器がある。
 自分の体ひとつで、大勢を虜にする武器。

 今にもはじけそうな熱情を抑えながら、私たちふたりはレッスンへ向かった。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



853: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/25(月) 11:24:02.42 ID:xaumuAlp0

 がたーん!

凛「楓さん!」

マストレ「大丈夫か? 高垣」

楓「ふっ……はっ……はい……」

 激しいビートの曲に乗りステップを踏み続けていた私は、足がもつれて転倒してしまった。
 正直返事をするのも息苦しい。

楓「もう一度……お願いします」

 つりそうな足にこぶしで喝を入れる。

凛「楓さん。今日はもうおしまいにしよ?」

楓「ううん。もう一回……もう一回だけ」

マス「これ以上はさすがにな。後の仕事に差し障るぞ」

楓「いえ、大丈夫ですから」

 何かにせきたてられるように願い出る。
 マストレさんはやれやれという表情をみせ、私に言った。

マス「通しで一回だけだ。それ以上は許さん」

楓「ありがとう……ございます」

 私のわがままで、凛ちゃんとマストレさんに付き合ってもらっている。時間が惜しい。

楓「じゃあ、お願いします」

マス「……そうか。じゃあ通しでいくぞ」

 マストレさんが曲をかける。
 私とマストレさんのふたりの踊りを、凛ちゃんは見守ってくれる。



854: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/25(月) 11:24:49.45 ID:xaumuAlp0

”I is 9th - Dimension”





855: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/25(月) 11:25:55.44 ID:xaumuAlp0

 強烈なビートに、マストレさんの高速ステップが駆け巡る。
 ついていくのも苦しい。

楓「はあ……はあ……」

 ステップの反響音と息遣い。

マス「ラスト! 遅れるな!」

 今回はなんとか転ばずに済んだ。終わったとたんへたり込む私。

凛「おつかれさま」

 凛ちゃんがドリンクを持ってきてくれた。

マス「よし、おつかれ。明日に響かないように、ストレッチは念入りにするようにな」

楓「ありが……とう……ございます」

 床に這いつくばったままの私は、なんとかあいさつだけはこなした。

凛「楓さん、大丈夫?」

楓「ん。大丈夫、だけど……体力ないなあ、私」

凛「こんなの、私だって続けられないよ」

楓「でも、なんかね」

凛「待った」

 凛ちゃんが言葉をさえぎる。

凛「でももだってもいらない。楓さんがそうしたいんだろうから」

凛「さ、ストレッチ手伝うよ。休んだら始めようか」

 この数ヶ月で、私と彼女の関係もだいぶ近しくなった気がする。
 凛ちゃんは、私にもタメ口で話してくれる。
 だからこそ、あせる。

 私には、凛ちゃんのようなパフォーマンスを見せられない。魅せられないと言うべきか。
 でも『Bleuet Bleu』は、ヴォーカル『パフォーマンス』ユニットなのだ。
 高い次元のステージを期待されていることは、わかる。

 今からがんばったところで、付け焼き刃なのは想像に難くない。
 でも、そこに妥協するのはイヤなのだ。



856: ◆eBIiXi2191ZO:2013/11/25(月) 11:26:24.94 ID:xaumuAlp0

楓「私もいい加減、意地っ張りだよなあ」

 ふたり一組で、ストレッチをこなしながらぼやく。

凛「楓さん、今さらそういうこと言う?」

 凛ちゃんはくすりと笑った。

凛「だから、私も負けたくないって思うんだけどね」

凛「私も頑固者だし?」

楓「そうね、ふふっ」

 似たもの同士。なんとなくそういう気にもなる。
 でなければ、同じようにあの人を好きになったり、しないだろう。

凛「ほんと、本番が心配」

楓「まだ先だけどね」

凛「ええ? そんなこと言ってると、すぐそこに来ちゃうんですからね?」

楓「だーいじょうぶー。凛ちゃんが支えてくれるし?」

凛「年下をあてにするって、どうなのかなあ」

楓「ふふふ」

凛「ふふふ」

 疲労のたまった体もほぐれてくる。もう少し。

凛「がんばろうね」

楓「そうね。うん」

 しばらくは自分をいじめ抜こう。それがきっと、この先のステージへつながっている。
 彼女となら、できる。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



863: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/02(月) 18:48:44.78 ID:Lcp8lhVF0

凛「ねえ、楓さん」

楓「ん?」

凛「なんかおいしいものでも食べません?」

 レッスンの帰り道。凛ちゃんが提案してきた。

楓「そうねえ。うん。そうしよっか」

凛「ちょっと自分にごほうび、って気分だし」

 私とマストレさんとのレッスンに、凛ちゃんも結局参加している。
 ひょっとして私たち、Mなのかしら? なんて。

 疲労もピークなのだ。気持ち的に。

楓「なんかリクエストある?」

凛「んー。じゃあ、大将のお店に」

楓「あら」

 意外。もっとオシャレなお店とかあるだろうに。

凛「なんかこう、落ち着いて過ごせるとこがいいかなあ、なんて」

楓「ああ。その気持ち、わかるかも」

 お互いへろへろなのだ。これ以上気を張るようなところには行きたくない。
 そうと決まれば行動あるのみ。タクシーを拾って大将のお店へ。

大将「いらっしゃい。お? 珍しい組み合わせだなあ」

楓「そうでしたっけ?」

凛「お久しぶりです」

 大将はいつもにこやかに応対してくれる。
 ああ、これだ。この安心感。

楓「なんかこう、おいしいものを」

大将「おう、任せな」

 大将はそう言って厨房へ向かう、かと思ったら。

大将「あ、飲み物どうするよ?」

凛「えっと。私はウーロン茶で」

楓「いつもの」

大将「いつもの、ね。あいよ」



864: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/02(月) 18:50:31.32 ID:Lcp8lhVF0

 おしぼりで手を拭きながら、凛ちゃんと会話をする。

楓「今日はまたどうしたの?」

凛「え?」

楓「大将の店なんて」

凛「んーと」

 ちょっと考え込むふりをする。

凛「Pさんが来るかもしれないし」

楓「あら、あざとい」

凛「えー。そこは策士って、言ってほしいかな?」

楓「ふふっ」

凛「ふふふっ」

 疲れた頭に浮かぶのは、あの人の笑顔。
 私たちは、お互いに同じ顔を浮かべていた。

凛「ここのところ、Pさんも大忙しだし。なかなか会えてないんじゃないかなって。楓さんが」

楓「まあ、そうだけど」

凛「少しは補給するのもいいんじゃないかなって。いらぬおせっかい」

 彼女がくすりと笑う。

凛「私も、幸せ成分のおすそ分け欲しいしねえ」

楓「そっか。うん」

楓「ありがと」

 私の言葉に、凛ちゃんのほほが染まった気がした。

大将「ほい、お待たせ」

 大将が大皿を持ってくる。中には白身の盛り合わせ。

楓「これは」

大将「さわら。あぶりにしてある」

 表面の焦げ目が、おいしそう。

凛「さわら、って?」

大将「まあ食えばわかるさ。おっと」

 大将はお銚子とぐい呑み、凛ちゃんのウーロン茶を持ってきた。

大将「これはいつもの」

楓「ふふふ、いつもありがとうございます」

大将「まあ楓さんにはお世話になってるし。それに、だ」

大将「おふたりさんの人気にあやかりたい、ってね」

凛「あ、ありがとうございます」

大将「いやあ、CM見たけど。ありゃすげえな。嫁さんもすげえって、言ってた」

 大将は私たちの事情を知ってるとはいえ、一般人。
 その大将に評価されてるってことだ。巷の評判がうかがい知れる。



865: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/02(月) 18:51:05.78 ID:Lcp8lhVF0

大将「ま、まずはおつかれさんということで。ほれ」

 大将は私のぐい呑みにお酒を注ぐ。

凛「いいなあ。私もお酒呑みたくなったなあ」

楓「ここでは、ね。勘弁して」

凛「ん。わかってる」

 三人そろったところで。

大将「じゃ、おつかれさん。乾杯」

楓「乾杯」

凛「乾杯」

 まずは一口。
 あたりは柔らかいけど、とてもフルーティー。

楓「これは?」

大将「岩国の『五橋』って酒だ。吟醸な」

楓「すごく柔らかいですね。うん、好き」

 疲れた体にこれでは、すぐに酔ってしまいそうだ。

凛「お刺身いただきますね」

大将「おう、食え食え」

 さわらは表面があぶってある分、香ばしさが口の中に広がる。

凛「へえ、甘いんだ」

楓「魚の脂って、甘いからね」

大将「足が速いから、刺身で出せるのってそう多くないけどな」

凛「あー、やっぱりお酒欲しい! ビール!」

大将「ノンアルでよければあるぞ?」

凛「それでもいい! ください!」

 結局凛ちゃんは、ノンアルビールを注文する。
 うん、これ食べたら勝てないな。
 しばらく歓談していたら、やっぱり。

P「あれ? ふたりとも来てるし」



866: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/02(月) 18:52:24.10 ID:Lcp8lhVF0

凛「やっぱりね」

楓「ね」

 凛ちゃんの読み通り。

凛「きっとPさんが来るんじゃないかなあ、って」

P「うっわあ。僕の行動わかりやすいかなあ」

大将「男同士で語らったって、色気ねえからな。俺は勘弁だ」

P「ええ? 大将冷たいなあ」

凛「ほら。ここに座る!」

 凛ちゃんはちゃっかり、私と自分の間をあける。両手に花だ、と。強制的に。

大将「売れっ子に挟まれて、Pも本望だろ?」

P「なんか釈然としない自分がうらめしいっす」

大将「楓さんと同じものでいいか?」

P「うっす」

 そう言うと大将は、追加のお銚子とぐい呑みを持ってくる。

P「あ、あざっす」

楓「最近かまってくれないから、さびしかったんですよ? 私たち」

凛「そうそう。Pさん成分を要求する」

P「成分ってなんだ成分って。ま、いいか」

大将「改めて。乾杯な」

P「はい。乾杯」

 あの人の少し苦々しげな横顔を、私たちは眺めていた。
 いいなあ、なんか。

P「なにふたりともにやにやしてるんだ?」

凛「ん? 別に?」

楓「別に?」

 なんかこう、あの人がいるだけで場が和む。
 言葉にはならない、漠然としたものだけど。

P「あ、そうそう。来月からツアーの曲詰めて、練習始めるから。よろしく」

凛「なにもここで仕事のこと言わなくても」

P「いや、ちょうどいいなと思っただけだし。どのみち明日にはわかることだ」

凛「なんだかなあ。しょぼーん」

 凛ちゃんは口ではそう言うけど。でも、内心は。

楓「そっか。楽しみにしますね?」

凛「ん。私も楽しみ」

 ほらね。

凛「やっと動き出すんだ。うん。楽しみだな」

 彼女の瞳に、やる気が見える。
 どんどん形になっていくことが、楽しくて仕方ない。



867: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/02(月) 18:52:52.20 ID:Lcp8lhVF0

大将「忙しくなるのか。そりゃさびしいな」

楓「まあ忙しいでしょうけど、でも」

 大将にお礼を。

楓「ちょくちょく、顔出しますからね?」

大将「そっか。おう。待ってるわ」

凛「私も来ていいですか?」

大将「おう、どんどん来い」

 四人がお互いをいたわりあい、おだやかに過ぎるひととき。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



872: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/09(月) 17:42:53.73 ID:JDYiRPHF0

 7月。来月にはツアーが始まる。
 忙しさにかまけて、事務所に来て三年になったことも忘れていた。
 私も、あの人も。

 ユニットの練習に挟まれるようにテレビ出演。それくらい、私たちはユニットメインで動いている。

奈緒「なあ、凛。あたしたちが一緒にいてもいいのか?」

加蓮「そりゃあ前に、『ふたりのやってること見てみたいな』って言ったけど」

 トライアドのふたりが、凛ちゃんに連れられレッスンスタジオに現れる。

凛「こういう時でもないと、奈緒と加蓮に見てもらえないから、ね」

 久々のトライアドでの活動。歌番組の収録から直接ここへ来たらしい。

 私と凛ちゃんのユニットは、大々的にプロモーションをかけているにしては、活動実態がつかめない。
 何をするのか。何を魅せようとしているのか。
 同僚のアイドルにすら、秘密だ。

『びっくり箱は、開ける瞬間が一番楽しいのだ』
 そんなことを、あの人は言った。
 それを、奈緒ちゃんや加蓮ちゃんに見せる。少しだけ。

凛「ふたりは、私と運命を共にしている大事な友達だから」

 奈緒ちゃんが照れる。
 凛ちゃんのその言葉には、重みがある。
 その想いに、私もあの人も共感する。
 だから。

凛「ようこそ」

楓「『Bleuet Bleu』の隠れ家へ」

 私、凛ちゃん、作曲家の先生、そしてあの人。
 ひょっとしたら、仔羊二匹を前に悪辣な顔をしていたかもしれない。

 私たちの初めてのお客様。丁重におもてなしをするべきだ。

奈緒「お、おじゃましま、す?」

加蓮「なんで疑問形?」

 疑問に思うのも当然かもしれない。
 なにせあの人は、ピアノの前に座っているから。

P「ツアー開始までネタばらししないつもりだったけどなあ。でも、今日は特別、な」

 そう、このツアーの監修はあの人なのだ。
 先生と分担して、アレンジも務めることになっている。



873: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/09(月) 17:43:34.01 ID:JDYiRPHF0

加蓮「Pさん、ピアノもできたんだ……」

 加蓮ちゃんが凛ちゃんに耳打ちする。

凛「ん。私もこうして組むまで知らなかったけどね」

凛「一時期は音大進学も考えたんだって」

加蓮「うわあ」

奈緒「なんの話してるんだ?」

加蓮「え? ないしょ」

 奈緒ちゃんの問いかけに、加蓮ちゃんは意地悪っぽく言った。

奈緒「ええー、あたしだけハブかよ。勘弁してくれよ」

凛「奈緒。あとから、ね」

 すかさず凛ちゃんのフォロー。そのタイミングで、先生が言葉をつないだ。

作「まあ、お客さんが来たことだし? 少しやってみる?」

 さて、おもてなしの始まり。どちらから行こうか。

凛「じゃあ、私」

 速いなあ。うん、でも。
 凛ちゃんがものすごく頑張っていたこと、よくわかるから。

凛「奈緒、加蓮……聴いてね」

 凛ちゃんはあの人に譜面を渡し、ピアノ脇に立つ。



874: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/09(月) 17:44:12.64 ID:JFNJKJm30

”私にだけForever - 国分友里恵”





875: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/09(月) 17:44:48.92 ID:JDYiRPHF0

   途切れ途切れの 今のあなたの嘘
   問い詰めたい
   突然のget back 言い訳と優しさ
   すり替えてる

 先生とあの人の弄り、もとい、レッスンの効果か。
 凛ちゃんはすごく伸びた。
 ただでさえ、うちの事務所最強だと思っていたのに、まだ伸びしろがあったなんて。

   今頃 何しに来たの?
   強がりの一つでも言いたいけど

   Love me once again 私にだけ forever
   本気で誓えるなら側にいて

奈緒「うっわ……」

加蓮「……」

 奈緒ちゃんの漏らした一言ののち、ふたりは絶句した。
 当然だ。私もかつて絶句したのだから。

   Love me once again もう何もいらない
   光の海に抱かれあなたへと

 もともとパンチ力のある凛ちゃんのヴォーカルを、さらに発展させる。
 先生とあの人は、音域とダイナミクスを拡げることに手をつけた。

 スパルタ式学習法。凛ちゃんはそれを見事に吸収しきった。

   Love me once again 離れてた分だけ
   心は強くなるわ more than yesterday

 肉声の洪水。
 曲を終えて、凛ちゃんがにっこりとほほ笑む。

凛「……どう?」


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



879: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/13(金) 17:56:52.91 ID:+utIAiHI0

奈緒「……」

加蓮「……」

 凛ちゃんの問いかけに、苦い顔のふたり。
 これが、今の渋谷凛。

奈緒「……ふぅ」

 奈緒ちゃんは大きなため息をひとつ吐き、スタジオの天井を見遣る。
 加蓮ちゃんは握りしめた右手を、開いたり閉じたりしていた。

加蓮「……悔しいな」

 先に口を開いたのは、加蓮ちゃんだった。

凛「悔しい?」

加蓮「うん、どうしようもなく。悔しい」

加蓮「ものすごく、置いてきぼりな気分」

 そうつぶやく加蓮ちゃんの言葉に、奈緒ちゃんが同意する。

奈緒「加蓮の言うとおり、かな。うん」

奈緒「あたしたち、三人でどこまでも行けるって、そう思ってたんだけどな」

奈緒「なんか、凛が遠くなった……」

 その言葉は、彼女たちにとって事実だろう。
 でも。

楓「ふたりとも、がっかりするのは早いんじゃ、ないかしら?」

 ここからは私のターン。
 おもてなしは、終わらない。

楓「凛ちゃん、組んで」

 歌い終えたばかりの凛ちゃんはうなずき、スタジオの中央に歩み寄った。
 手を取りあい、アブラッソ。



880: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/13(金) 17:57:33.52 ID:y2IWdb230

”Michelangelo '70 - Astor Piazzolla”





881: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/13(金) 17:58:23.44 ID:y2IWdb230

 あの人と先生が奏でる硬質の音に、私たちはステップを踏み出す。
 サカーダ。
 ふたりは、私たちの足さばきにくぎ付けになる。

 私のリードに、凛ちゃんの足が絡む。
 ガンチョ。
 私たちの視線を、くぎ付けのふたりに流す。

加蓮「うわ……エロい……」

 そのつぶやきが、私たちのごちそう。

 年齢のこともあって、私はあまりダンスに練習を向けなかった。
 でも、そうではない。歌と踊りの融合は、自分をさらに高めるために必須。
 マストレさんの教えはハードだ。

 自分を超える。その一心でひたすら鍛えた。
 だから、すべての言葉がうれしい。

作「Hola!(オラ!)」

 先生の合いの手が、私たちを加速させる。
 最終盤。組んでいた私たちは離れ、ソロで踊り、そして崩れ落ちるように伏せる。

 静寂。
 息が上がる。私のせいいっぱい。

奈緒「……いやあ」

 奈緒ちゃんが困ったような表情をしながら、口を開く。

奈緒「なんか、とどめ刺された気分……」

加蓮「うん、奈緒の言うとおり……」

 ふたりの顔色はさえない。

奈緒「なあ、凛。教えてよ」

凛「ん?」

奈緒「あたしたちは、凛と一緒にいていいのかな?」

凛「え? なにが?」

 凛ちゃんが訊きかえす。

奈緒「なんか、さ。あたしたちが足手まといになっているよう、な……」

 そう言って奈緒ちゃんはうつむいた。
 そんなふたりに、凛ちゃんが歩み寄る。

凛「奈緒?」

 目を見て、告げる。

凛「なにをバカなこと言ってるの?」



882: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/13(金) 17:59:29.19 ID:y2IWdb230

 彼女は断言した。

奈緒「え?」

加蓮「え……」

凛「私の軸は、トライアド。それは変わらない」

 私は、ふたりの肩に手を置き、微笑んでみせた。
 とまどうふたり。

凛「確かにソロを増やしたいとは言った。でも、今も、この先も、私はトライアドの一員で」

凛「奈緒と加蓮がいてこその、私」

 その言葉に、私はうなずく。

楓「なんで今日、凛ちゃんがここに呼んだか、わかる?」

 ふたりとも首を横に振る。

凛「奈緒と加蓮に、今の私を見てほしいのが、ひとつ」

凛「それと、もうひとつは……」

 凛ちゃんが振り向いた先には、あの人。
 あの人はにやにやしながら、なにやらカードを掲げた。そこには。

『ドッキリ大成功』

 奈緒ちゃんと加蓮ちゃんの顔色が変わる。

奈緒「んなあ?!」

加蓮「え? え?」

奈緒「ど、ど、どどどドキドキどど……ドッキリ?!」

 あの人は、これ以上ないくらいのドヤ顔。

凛「そういうこと」

 凛ちゃんは笑いをこらえてる。

楓「まあ、ドッキリっていうのは大げさだけど」

楓「でも、決して奈緒ちゃんと加蓮ちゃんを置いていくつもりはないの。覚えていて?」

 奈緒ちゃんは顔色が青くなったり赤くなったり。なんというか、かわいい。
 加蓮ちゃんも混乱の色が隠せない。かわいい。

凛「そ。奈緒と加蓮には、ぜひ協力してもらわないと、ね」

楓「だって私たち」

 おもてなしの、笑顔で。

楓「『なおかれんをしごき隊』だから」

奈緒「……はあ?!」

加蓮「なに、それ?!」

 あっけにとられるふたりに、追い打ち。

凛「なにって、そのまんま」

楓「『なおかれんをしごき隊』よ?」

 四人の悪辣な顔に、奈緒ちゃんと加蓮ちゃんの表情は再び青くなった。

 凛ちゃんがこのユニットを終えたその先。
 トライアドの行く先を見据えて、残ったふたりと進むには、このタイミングは絶好だ。
 凛ちゃんの懸念と不安を、私とあの人は解決したいなとも思ったし。
 だったら。

 奈緒ちゃん、加蓮ちゃん、ご愁傷さま。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



886: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/18(水) 13:38:04.17 ID:NlNkdQrd0

 pipipi pipipi pipipi ……

楓「ん……んん……」

 pipi…… かちっ。

楓「……朝、か」

 8月。エアコンをかけていてもやや暑さの残る朝。
 再来週にはツアーが始まる。

 素肌に触れるタオルケットが、やや湿り気を帯びている。

楓「Pさん、起きましょう?」

P「ん? ……んんー」

 一緒に寝ていたあの人を起こす。

P「ああ、おはようございます」

 かすれ声のあの人を、後ろから抱きしめる。
 肌と肌のふれあいが気持ちいい。

楓「おはようございます、あなた」

 触れるだけのキスをひとつ。
 我ながらただれた朝だなあ、とは思うけど。でも、こうしていたい。

 あの時の恐怖、そこから完全に抜け出せたわけじゃない。
 疲れがピークの時なんか、身体の疲れに引かれるように、不安な気持ちが湧いてくる。
 そのたびに、あの人をむさぼる。

 これではいけないとは思うけど。

P「少しは、眠れました?」

楓「ええ、たぶん」

 あの人が優しいから。
 甘えてしまう。

楓「Pさんこそ、眠れなかったじゃないですか?」

P「いやあ? そんなことないですよ?」

 あの人がほほえむ。

P「楓さんをいっぱい感じられましたし?」

 そう言われて、私は赤面する。
 何度も身体を重ねているとはいえ、恥ずかしいことには変わりない。

P「そういう乙女な楓さんも、大好きですよ」

 あの人は振り向き、髪をなでてくれた。

楓「なんか……あ、ありがとう」

 照れ隠しにお礼など言ってみる。たぶんあの人は、お見通し。

P「少しは不安、和らぎました?」

楓「え、ええ。まあ。でも」

楓「やっぱり、ずっと一緒にいないと、だめかも」

 おとぼけ半分、本気半分。
 いや。ずっと一緒にだから、全部本気。

P「ふふ、そうですねえ。ま、それはぼちぼちと」

楓「……はい」

 ふたりシャワーを浴び、軽く朝食をつまむ。
 今日は通しのリハがある。あの人と一緒にスタジオへ向かう。



887: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/18(水) 13:38:57.75 ID:NlNkdQrd0

凛「楓さん、Pさん。おはよ」

 凛ちゃんはスタジオの前で待っていた。
 相変わらず、りりしい。

凛「楓さんは、愛の巣から直行、ってとこ?」

 打ち解けてからというもの、凛ちゃんはなかなか容赦がない。

楓「う、うん。そうね」

凛「ふーん……」

楓「な、なにかしら?」

凛「あんまりデレてると、パパラッチのエサになっちゃうかも?」

楓「!」

 ほらね。
 もちろん冗談であることは、わかってる。彼女は彼女なりに、いろいろ気を遣ってくれてるのだ。
 いろいろ、気を付けてね、と。

P「おい、凛?」

凛「あはは。冗談だよ、冗談。Pさんなら、うまくやってるよ、ね?」

 あの人は苦笑いするしかない。
 ビューティフル小姑、なかなか手ごわい。

凛「あ、そうそう。奈緒と加蓮は午後からでいいんだよね?」

P「まあな。ふたりはゲストだからな」

『なおかれんをしごき隊』の活動はすこぶる順調で、ふたりとも1ヶ月で見違えるほど伸びた。
 その分、体力と気力を大いに奪った気もするけど。
 感動の涙を流したのだ、と思いたい。

 私たちと一緒にレッスンする中で、奈緒ちゃんと加蓮ちゃんをゲスト出演することに決めた。
 最終の東京ドーム公演。
 顔ぶれだけなら、私とトライアドなのだけど。でも。
 今は『Bleuet Bleu』のツアーなのだから。彼女たちがお客さまだ。

 もっとも、ふたりのモチベーションが上がったのには、私たちが驚いたのだが。

加蓮「そりゃあ、私たちはアイドルなんだから。やっぱり観るより『出る』だよね?」

奈緒「楓さんや凛に負けないところを見せられる機会だし。燃えてくるさ」

 やはり、私たちはプロなんだ。魅せてなんぼ。
 彼女たちの意識は高い。

 奈緒ちゃんたちのスケジュールを確認して、私たち三人はスタジオへ入っていく。
 今日はサポートメンバーも全員そろっている。



888: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/18(水) 13:39:33.12 ID:NlNkdQrd0

楓「今日はよろしくお願いします」

凛「よろしくお願いします」

 そして、通しのリハ。形はほぼ出来上がっているから、全体の音あわせに終始する。
 順調にこなす。

凛「お、来たね」

加蓮「やっほー」

奈緒「遅くなりました!」

 午後一番に、奈緒ちゃんと加蓮ちゃんが合流する。
 奈緒ちゃんは、フル編成のバンドと合わせるのがはじめてらしく、緊張しているようだ。

奈緒「ど、どうぞ! よろしくお願いしましゅ!」

 しましゅ?

凛「ぷっ」

 凛ちゃんが噴き出す声が響き、奈緒ちゃんの顔が真っ赤になっていく。

加蓮「……ほんと頼むよ? リーダー?」

奈緒「ああぁ、ノーカン! 今のノーカン!」

 スタジオの雰囲気がやわらかくなる。

奈緒「……よろしくお願いします!!」

 そう言い直したとたん、メンバーから拍手の雨。
 赤い顔がますます赤くなったようだ。

P「オッケー。奈緒と加蓮はまあ顔合わせ程度だけど、12月までにはしっかり作っておいてもらう」

P「マストレさんにも、よーく、よぉーく、言っておくから」

 あの人の笑顔に、ふたりの表情がこわばる。
 1ヶ月がんばったもんね。これからが本番よ?

 リハ終了。もういつ本番を迎えてもいい仕上がり。
 いよいよ札幌から。ツアーが始まる。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



893: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/19(木) 18:04:39.32 ID:kfUxAf1e0

 真駒内アイスアリーナ。秋空と呼ぶには、まだ日差しが強い感じがする。
 ツアー初日。
 チケットは早々とソールドアウト。追加立見席も売り切れ。

楓「ラストラン、か」

 感傷というほどじゃないけど、ややセンチな気分になる。

 私とあの人は三日前から札幌に乗り込み、ステージが出来上がっていくさまを見てきた。
 お城のような雛壇。このステージと4ヶ月の間共にする。

P「あれ、なにやってるかわかります?」

 あの人は、音響さんがレーザーで確認している様子を指す。

楓「いえ?」

P「スピーカーの配置を決めてるんですよ。音が全体にバランスよくいきわたるように、レーザーで確認してるんです」

楓「へえ」

P「アリーナはコンサート用に作られてないですからね。まあ、これもうちの事務所のこだわりですかね」

 それぞれのプロがそれぞれのこだわりで、黙々と仕事をこなす。
 職人集団、という言葉がぴったりの様子。
 それをまとめるあの人のこだわりも相当のものだと、容易に想像できた。

楓「なんか……すごいってしか言えないですね」

P「僕は彼らに任せっきりですし、ほんとありがたいことです」

楓「Pさん」

P「ん? なんです?」

楓「いよいよ……始まりますね」

 ふとそんなことをつぶやく。すると。

P「楓さん……未練、あります?」

楓「未練、ですか」

 あの人の問いかけに、首を横に振る。

楓「いえ。ただ」

P「ただ?」

楓「これだけ期待しているファンの皆さんに、大きな華を残せたらな、って」

 あの人は無言で同意する。
 打ち上げ花火は、大きくて華やかなのに限る。
 決意を新たに。



894: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/19(木) 18:05:29.61 ID:kfUxAf1e0

 そして、その時が来た。
 開演15分前。私も凛ちゃんも準備万端。
 会場の熱気が、楽屋にまで伝わるようだ。

凛「じゃあ、行こうか」

楓「ええ、行きましょう」

 ふたり、出番の位置に向かう。
 凛ちゃんは上手の花道へ、私はバックステージへ。
 はじめは凛ちゃんのソロが続くが、彼女のパフォーマンスをできれば近くで見たい。

 すっかり私は、凛ちゃんの大ファンになっている。
 いや、出会った頃からすでに虜だったかかも。

 1ベルの音。開演5分前だ。

アナ「本日は『Bleuet Bleu』ライヴツアー20XXにお越しくださまして、誠にありがとうございます。開演に先がけまして……」

 そして、本ベル。会場が闇につつまれる。
 オープニング。まだ誰も登っていないステージに、音楽が鳴り響く。



895: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/19(木) 18:06:08.67 ID:kfUxAf1e0

”Finale - Mar-pa”





896: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/19(木) 18:06:41.29 ID:N/myF1JJ0

 打ち込みシンセの音に続き、あの人が登場。
 会場の歓声と拍手の中、フィンガーシンバルを鳴らす。

 その音に惹かれるように、メンバーが次々とステージへ。幻想的な雰囲気につつまれる。

楓「始まった、な」

 手のひらにあの人の名前をなぞり、握りしめた。
 大丈夫。
 大丈夫。

 客席は私たちの登場を、今か今かと待ち構えている。
 その期待と反比例するように、曲がフェードアウトした。
 いよいよだ。絶対歌姫の登場。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



900: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/24(火) 18:29:55.15 ID:HpppZsoR0

 フェードアウトした曲に被るように、別のイントロが入ってくる。

客席「おおおお?」

 客席の期待が高まる。
 そして、上手にスポットライトが灯る。

凛「みんなー! 会いたかったよー!」

 凛ちゃんが花道に飛び出してきた。



901: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/24(火) 18:30:23.98 ID:HpppZsoR0

”I got you inside out - 国分友里恵”





902: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/24(火) 18:31:01.02 ID:8CNAM9F20

   You その気なら more 一度 招くよ
   You 見つけたら more 一度 誘うよ
   街の中 触れる肩

 凛ちゃんがセンターへ躍り出る。
 客席の歓声が地鳴りのように響く。

   You 目を伏せる 仕草が怖いよ
   揺れる瞳感じて 離さない
   勝手な性 キザなshy guy

 アリーナは凛ちゃんの色、蒼のサイリウムで埋められている。
 そのうねりの中、凛ちゃんのヴォーカルが突き抜ける。

   I got you inside out
   I got you inside out. You, baby
   I got you inside out
   I got you inside out. You, baby

 曲の疾走感を落とさず、続けて2曲。
『Never say never』『私にだけforever』
 彼女の声は、止まらない。

客席「はい! はい! はい! ……」

 客席のテンションはスタートからマックス状態。
 息もつかせない。
 曲が終わり、ステージの照明も蒼に落とされてる。

 凛ちゃんはフロアスピーカーに座り、マイクを両手で包むように構えた。

   Hello again ---it's me



903: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/24(火) 18:31:37.98 ID:8CNAM9F20

”New day for you - Basia”





904: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/24(火) 18:33:04.51 ID:HpppZsoR0

 凛ちゃんは語りかけるように歌いだす。
 これまでの数か月、彼女が努力して習得したものだ。

   Your shoulder's where I sit
   The half, nobody sees, of a silent partnership
   I am here---your help at hand

 今までの疾走感あふれる強いスタイルから、新しいスタイルへ。
 ソフトアンドウォーム。
 力強さと優しさを同居させるよう、がんばってきた。

   I'm never far away
   A clear view from where I stand
   I'll be there if you need me
   I am your helping hand
   My words---you've heard them all before
   It's only for the sake of love

客席「……」

 観客はみな、彼女の歌に聞き惚れている。
 凛ちゃんは右手を前にかざした。

   It's gonna be a new day for you
   A new day for you

   The stars have played their part
   The past is gone and done
   Have more faith in love
   The best is yet to come

 ロングトーンとともに右手を伸ばし、なにかをつかむように。

客席「……おおー!」

 このダイナミクスが、凛ちゃんの真骨頂だ。
 みんな、彼女の歌に吸い込まれていく。

   It's gonna be a new day for you
   A new day for you, new day for you, new day for you

   Hello again ---it's me

 少しずつスポットが暗くなり、凛ちゃんが退場。
 私とすれ違う。

凛「お先に」

 彼女はそう微笑んで、衣装替えに下がった。

楓「了解」

 さあ、次は私の出番。



905: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/24(火) 18:33:41.29 ID:8CNAM9F20

『こいかぜ』
 耳になじんだイントロが流れる。
 私の原点。
 どうしても、このツアーの一曲目はこれでいきたかった。

   渇いた風が 心通り抜ける
   溢れる想い 連れ去ってほしい

 初めてのライヴを思い出す。
 ストアライヴだった。お客さんだって、数えられるかもしれないくらいの。
 でも、集まってくれたファンの熱気は、今この時も変わらない。

 私のために。私に会いに。

楓(コリドー……)

 ふとそう思う。
 蒼のサイリウムに彩られた客席に、通路だけ黒の筋。
 回廊のようだ。

 まるで生きた回廊のように揺れ動く光を見つめ、私は歌う。
 ただファンに想いを届けるため、それだけのために。

楓(うれしいな……)

 今までのツアーと、なにかが違う。
 それは、私の心の在り様なのか。

 届いて、私の。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



906: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/24(火) 18:34:47.02 ID:HpppZsoR0

客席「うおおお!!」

客席「楓さーーーん!!」

『こいかぜ』が終わり、客席の歓声を身体いっぱいに浴びる。
 心地いい。

 そのまま、私は次の曲を。



907: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/24(火) 18:35:14.60 ID:8CNAM9F20

”さよならを言わせて - 今井優子”





908: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/24(火) 18:36:00.60 ID:8CNAM9F20

   あなたの部屋に 通うこの道 今日でもう忘れるために
   あなたがいないと 知って来たけど
   窓辺にともる灯かり見つけて あなたがいるとわかると
   決めてた心も 揺らいでゆくわ

 ファンのために、心を籠めて歌い上げる。
 私は、そうやって表現してきた。

 すべてのファンの視線が、表情が、手に取るようにわかる気がする。

   たった一度の たわむれのはずでも
   時の深みへと沈む 自分がいたなんて

 切ない女の子の歌。でも、あたかも幸せの中にいる私には、わかる。
 愛は、いつもはかなくて、必死なんだ。

   そうよ あなたを 今も愛してるわ

 私は、あなたが好き。あなたを愛してる。
 この気持ち、わかるかしら?

 私は、ファンのひとりひとりに語りかける。

   夜よお願い さよならを言わせて
   せめてまだ 自分にしがみついて いられるうちに

   きっとこの部屋の ドアを叩いたら
   二度と戻れないこと 知ってるから 恐いの

 あの人は、いつでも私のそばにいてくれる。
 そして、これからも。

 でも、いつも不安が隣り合わせにいた。あの人がいなくなったら……
 あの日。あの人が倒れた日。
 私は、世界が終わった気がしたのだ。
 そんな思いはもうしたくない。だから、絶対に離さない。

 私の複雑な想いも、みんなに届いているのだろうか。
 ありがとう、みんな。

 次の曲が始まる。今度は、自分から別れを選んだ女。



909: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/24(火) 18:36:47.19 ID:8CNAM9F20

”Just a woman - Marlene”





910: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/24(火) 18:38:03.23 ID:HpppZsoR0

   I'm not just a woman
   Still attached to some romance
   I'm not just a human
   Who can be hurt and cry, boy

 ミディアムな8ビートが私を動かす。
 自分を切り替える。

   Was it love to me?
   Till I found the hours to count
   I'm leaving this town
   Feeling I'm dying

 自分を捨てた男に、未練などない。
 女は上書き保存だというけど。

   I know we have reached the end of the line
   When eyes of mine caught you
   With someone you're sure of in your life
   And you still come close to hold me
   I could never deny
   And it's just the craziest thing
   I've ever had

 私には、そういう割り切りができそうにない。
 あの人に、ぞっこんなのだ。

   I'm not just a woman
   Still attached to some romance
   Though it's breaking me apart
   Down to the ground
   Oh no, I'm not just a human
   Who can be hurt and cry, boy
   You would someday realize
   How foll you were
   I'm never coming back to you

 もう戻らない。
 そんな強い女性にはなれそうもないけど。
 でも、これもまたおとぎ話。私は、演じ切る。

 曲が終わり、ステージの闇にまぎれ舞台裏へ。

凛「楓さんおつかれ」

スタイリスト「次の衣装の準備できてます!」

楓「ありがとう」

 ステージでは、先生がピアノソロで間をつないでいる。
 私は、バックステージの簡易更衣室へ急ぐ。

 アリーナのような距離のある会場では、いちいち楽屋まで着替えに行く時間が惜しい。
 だから、仮設の更衣室を設えることがよくある。
 まあ、簡単に囲ったものだから、ちょっと頑張れば覗けそうな感じではあるけど。

 でも舞台裏の修羅場で、覗きに励めるような暇人はいない。

スタ「顔、簡単に直します!」

楓「はーい。あ、小道具は?」

AD「持ってきます!」

 顔直しーの、服着替えーの、ヘア作りーの。
 いつもの戦場が、ここにある。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



916: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/25(水) 18:34:43.17 ID:ErwsXzCS0

 先生のピアノが流れる中、私と凛ちゃんはスタンバイを終える。
 下手の花道。ふたりで歩き始めたところに、ピンスポットが当たる。

 ちょっとした寸劇。

楓「打ち上げー! さ、ささ。こっちこっち」

凛「楓さん……もう。ライヴ終わったからって浮かれすぎ」

楓「いいのいいの。まあ、ちょっと派手だけど」

凛「うん。どっから見てもステージ衣装だよね」

客席「わははは」

 ステージ中央まで、そんなことを言いながら歩く。
 ステージでは、先生とあの人。
 流れるピアノの音色。

楓「ねえ、ここのお店よさそう。行きましょ?」

凛「え? ここ『パブ札幌』って……お酒の店じゃない!」

楓「えー、いいでしょ?」

凛「いやあ、私未成年だし?」

楓「……そうだっけ?」

 架空の店『パブ札幌』に入店。もちろんステージにそんなセットはない。あるつもりで。
 ドアを開けるSEと『ちりんちりん』という鈴の音。

P「いらっしゃいませ」

 バーテンらしき役のあの人と、ピアノ弾きの先生。

楓「ピアノバー?」

凛「いい雰囲気……」

 私たちは、ステージ中央に置かれた椅子に腰かける。

P「ご注文は」

楓「私はモスコミュールで」

凛「えっと、私は」

楓「牛乳」

凛「ちょっ!」

客席「わはは」

 私は、凛ちゃんの肩に手をかける。

楓「凛ちゃん……今からがんばっても、雫ちゃんのようにはなれないから」

凛「楓さんが勝手に頼んだんでしょ? ……それと、どこ見ながら言ってるんだか」

客席「わははは」



917: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/25(水) 18:35:25.11 ID:ErwsXzCS0

 まず、つかみはオッケー。
 話は、自分たちのユニットやトライアドの話などに。

楓「このユニットの話があって、凛ちゃんはどう思った?」

凛「んー。やったぜ?」

楓「なにそれ」

凛「今までソロか、奈緒加蓮と一緒ばかりだったし。それに、うちの歌姫の楓さんと一緒って」

凛「なんか面白いことになりそうだって、わくわくした、かな」

 客席から拍手が起こる。ちょっと恥ずかしい。

凛「私は楽しみしかなかったかな。楓さんは?」

楓「私ね? 昨日大通公園に行ったの」

凛「いや、この流れでその話おかしいでしょ?」

客席「わはは」

凛「……まあ、伺いましょう?」

楓「で、天気もいいし、ビールのワゴンとかもあったから、ここは呑まないとって」

凛「やっぱりお酒……ま、まあ、続き、どうぞ」

楓「でもね? 買おうと思ったけど、やめたの」

凛「楓さんにしては珍しいね」

楓「だってね? せっかくの札幌なのにね?」

凛「うん」

楓「売ってたの、スーパードライだったの」

客席「わははは」

凛「楓さん……それ以上はCM出演来なくなったりするから、やめよ?」

楓「で、ね? このユニットの話が出たとき」

凛「急に話戻しますかー」



918: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/25(水) 18:36:03.91 ID:ErwsXzCS0

楓「正直、悩んだ」

凛「悩んだ?」

楓「だって、私はずっとソロでやっていたし、凛ちゃんはそれこそうちのエースだから」

楓「自分に自信がなかった、かな」

凛「そう、なんだ」

楓「でも、こうしてファンのみなさんが、すごく楽しみにしてるのを感じて」

楓「ああ、なんかやってよかったなあって」

 客席から大きな拍手が沸く。

凛「そうだね。うん、ファンのみんなが期待してくれるから、がんばれるね」

凛「それに、絶対忘れられないユニットになりたいしね」

楓「ほんとに。みなさんが絶対忘れられないライヴにしますからね? 期待してくださいね」

客席「おおおーー!!」

 客席が大いに盛り上がる。

楓「凛ちゃんも、もうトライアドに戻れなくなったり」

凛「いやいやいや。トライアドは絶賛活動中だから。絶対やめないから」

客席「ぱちぱちぱち……」

楓「ところで、奈緒ちゃんや加蓮ちゃんは」

凛「ブルーエの活動中も、ふたりは仕事がんばってるよ? 奈緒はトークの仕事こなしてるし」

楓「ああ。わりと自爆型だもんね、奈緒ちゃん」

客席「わははは」

凛「加蓮はほら、グラビアの仕事も多いし」

楓「最近はティーン誌に、エッセイの連載も持ってるのよね?」

凛「おしゃれ番長だからね。私もお世話になってる」

 トライアドの話をちょこちょこと。
 そして。

凛「私はね、ブルーエとトライアドのジョイントができないかなー、なんて。ちょっと期待しちゃったりして」

楓「あら、贅沢」

凛「以前に、楓さんとトライアドでジョイントやったことあったよね?」

楓「ああ、そうね。みなさんはDVD持ってますよね?」

 私は客席に問いかける。

楓「持ってない方は、ライヴが終わったらぜひ」

凛「入口の販売コーナーにあるので。お手頃値段でご奉仕中」

客席「わははは」



919: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/25(水) 18:37:04.80 ID:ErwsXzCS0

凛「もし、ブルーエとトライアドのジョイントができたら、盛り上がるかな、って」

楓「私たちが?」

客席「俺たちもー!!」

 客席がさらに拍手で盛り上がる。

凛「ほら。期待していいんじゃないかな?」

楓「これは期待しちゃうわねえ」

凛「私たちの活動、追いかけてみてね」

 ちょっと年末のことを、匂わせてみる。

P「ところでお客様?」

凛「はい?」

P「当店にはカラオケもありますが、いかがでしょう?」

凛「カラオケ?」

楓「機械は……なさそうだけど」

P「こちらに」

 あの人が手をかざす方向に、すっと立った先生が。
 右手をすっと挙げて。

楓「あら。ボクいくつ?」

作「……5しゃい」

楓「あらら。ずいぶん老けた5しゃい……」

凛「そこは突っ込まなくていいから」

客席「わははは」

凛「うん、いいよ。いいんじゃないかな」

楓「わーい、凛ちゃんの歌が聴ける。ぱちぱちー」

 そして、凛ちゃんは席を立つ。
 ニュー渋谷凛の真骨頂を、お披露目。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



925: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/26(木) 18:11:02.88 ID:h6iioJlH0

”くちばしにチェリー - EGO-WRAPPIN'”





926: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/26(木) 18:11:53.12 ID:h6iioJlH0

   なげかけた感嘆と砂ぼこりの中のステップ
   ながめて過ごすダイヤル 弧を描くナンバー
   はき出す出口 戸惑う 1日中泣いても意味ない
   Walkin' 熟れてく果実

 先生のピアノに歌が乗る。
 凛ちゃんの歌声が、いつも以上に艶っぽい。

 一皮むけた、ニュー渋谷凛。

   チェリー いつまでもUP BEAT
   届けてよ胸にもっと 赤が美しいことを
   一寸先闇 赤をもっとおくれ くちばしにチェリー
   不純けちらして行こ 後光射す明日へ着地

 独特の4ビートに乗る。
 もはや大人の女性ヴォーカルだ。

楓(うわあ、色っぽいなあ)

 私は、凛ちゃんの隣という特等席でその歌声を堪能する。
 ほんとにお酒を呑みながら、聴きたい。

   チェリー いつまでもSHUFFLE BEAT
   狂わせてHIGHをもっと 赤が美しいことを
   一寸先闇 赤をもっとおくれ くちばしにチェリー
   不純けちらして行こ 後光射す明日へGO 後光射す明日へGO

 凛ちゃんは『私を超える』という決意を果たすため、果敢にチャレンジをしてきた。
 この曲もそのひとつ。そしてそれは結実している。
 今の凛ちゃんは少女ではない。大人の女性。

 ひとりで立てるほどの存在感。
 アリーナの大きさでも狭いくらい。

   チェリーいつまでもUP BEAT
   届けてよ胸にもっと もっと 赤をもっと くちばしにチェリー
   不純けちらして行こ 後光射す明日へ着地 着地
   底ぬける晴をもつビート

 強烈な個性が会場を震わす。

客席「うおおおおーーー!!!」

客席「凛ちゃーーーん!!!」

凛「……ふぅ。どう?」

 そこにいるのは、不敵にたたずむひとりの女性。

楓「……すごい」

凛「ありがと」

 客席は拍手の嵐だ。

凛「さ、次は楓さんの番だよ?」

楓「私もやるの?」

凛「もちろん」

楓「ええ? わたしぃ、こういうのぉ、にがてでぇ」

凛「……いや、ブってても違和感ありまくりだから」

客席「わはは」

楓「わかりました、やりましょう。おりゃ、酒もってこい」

凛「……キレ芸はどうかと思うな」

 お約束のオチの後、私は凛ちゃんと入れ替わり中央へ。
 先生に和音を出してもらう。



927: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/26(木) 18:12:55.71 ID:RRSOSZ9b0

”家へおいでよ(カモナマイハウス) - 江利チエミ”





928: ◆eBIiXi2191ZO:2013/12/26(木) 18:13:35.04 ID:RRSOSZ9b0

   Ah, apricot plum cakes and candy a pork, lamb too
   Ah, just for you

客席「おおーーー」

 私が生まれるずっと前の名曲。
 冒頭のアカペラで、客席を引き込むことに成功した。



940: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/06(月) 17:59:05.23 ID:iLye5AJR0

   家へおいでよ 私のお家へ
   あなたにあげましょ キャンディー
   家へおいでよ 私のお家へ
   あなたにあげましょ
   リンゴにスモモに アンズはいかが

 歌に合わせて左へ右へ。
 客席と一緒にスウィングする。

   Come on-a my house, my house come on
   Come on-a my house, my house come on
   Come on-a my house, my house
   あなたにあげましょ
   焼肉 ブドウに ナツメに ケーキ

 私がみんなにあげられるのは、この歌声。
 それだけ。
 だから、いっぱい、あげる。

   Come on-a my house, my house
   なんでもかんでも あげましょう

 なんでもかんでも。とは言え。
 ファンにあげられるものは、歌声だけ。
 伝えられるように、伝わるように。私はただ歌う。

   Come on-a my house, my house
   I'm gonna give you everything
   You come home and oudies lullaby
   Would be happy all you lie

楓「……ふぅ」

凛「さすが」

 客席からは万雷の拍手。うれしい。

楓「みんな、ありがとう」

 おじぎをひとつ。
 その時。

P「いやあ、実にすばらしい。でも、ちょっと物足りなさがあるのですが」

凛「え?」

楓「まだ、何か?」

 あの人は一呼吸置いた。

P「まだ、『おふたりで』歌っていただいてない、ですよね?」

 あの人の前振りに、客席が大いに沸く。

客席「いぇーーーい!!!!」

客席「おねがーーーい!!!」

 あの人が客席を見遣る。

凛「最初から狙ってるよね、これ」

楓「ふふっ、そうね」

 ここにいるみんな、私たち『デュオ』を観に来てるのだ。
 もちろん、その期待にはしっかりと。

 凛ちゃんと私は、センターに立った。



941: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/06(月) 17:59:46.27 ID:iLye5AJR0

”恋のバカンス - W(ダブルユー)”





942: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/06(月) 18:01:07.04 ID:bTIxKIXB0

 私たちは、振りを交えて歌いだす。『Bleuet Bleu』の始動。

   ためいきの出るような
   あなたの くちづけに
   甘い恋を夢みる
   乙女ごころよ
   金色にかがやく
   熱い砂のうえで
   裸で恋をしよう
   人魚のように

 アイドルらしい振付、かわいらしさ。
 私が今までトライしていなかった部分だ。
 凛ちゃんと組むことが決まって、私はこの部分にも手を付けた。

 はっきり言おう。とても恥ずかしい。
 でもこれもまた、今は心地いい。

   陽にやけた ほほよせて
   ささやいた約束は
   二人だけの秘めごと
   ためいきが出ちゃう

 いつの間にか戻っていたサポートメンバーが、私たちの歌をバックアップする。

   ああ恋のよろこびに
   バラ色の月日よ
   はじめてあなたを見た
   恋のバカンス

 何度も、このステージを思い描いて練習してきた。
 私と凛ちゃんはひとつになる。

凛「ありがと」

楓「ありがとう」

 客席に向けてお礼をささげる。

客席「ブルーエさいこーーー!!」

客席「うおおおーーー!!」

 会場の喧騒を後にして、サポートのドラムさんにソロを任せる。

AD「おつかれさまです!」

スタイリスト「次の衣装いきます!」

凛「わかったー」

楓「はーい」

 私たちは大急ぎで簡易更衣室へ。
 次の衣装に着替えながら、水分を補給する。

凛「楓さん」

楓「ん?」

凛「……よかったよ」

楓「……凛ちゃんも」

 デュオでの一曲が終わり、私と凛ちゃんのブルーエがようやく産声を上げた気がした。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



946: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/10(金) 18:21:53.84 ID:x1hf1Yg90

 ドラムソロとギターソロ。そしてドラムとギターのセッション。
 サポートさんが間をつなぐ間に、私たちふたりはステージ袖にスタンバイ。

P「ふたりとも」

凛「ん」

楓「はい」

P「走り切りましょう」

 あの人の声掛けに応え、意識を集中する。
 ここから先はノンストップ。デュオで歌いまくる。

 普段のコンサートなら、歌とトークの割合をある程度バランスさせて構成を決める。
 でも、私たちの場合は。
 ひたすら、歌。聴かせて聴かせまくる。
 ステージ一本で、体重は軽く2キロは減ってるだろう。

楓「……よし」

 倒れるまで走り切ってやりましょう。倒れないけど。

 曲調が変わる。イントロだ。
 私たちは、勢いよく飛び出した。



947: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/10(金) 18:22:27.00 ID:T1ZuIXVo0

”Bomber Girl - 織田哲郎&近藤房之助”





948: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/10(金) 18:23:13.38 ID:x1hf1Yg90

凛「さあみんな、声出していくよー!!」

 凛ちゃんのあおりに、客席が応える。

   吹き飛ばして bomber girl
   my eyes 砕けて粉々
   何度でも火をつけて
   あんな感じで

客席「はい! はい! はい!……」

   fool for your lovin'
   in a little heaven
   手に負えないジャジャ馬
   情熱の腰つきに

凛『gimme gimme kiss to me bomber girl!』

客席「おおおーーー!!」

 会場のうねりに、凛ちゃんはマイクスタンドプレイで応える。
 さすが、手慣れているな。

 私も、負けないように。

楓『粉々にしてくれ 昨日までの 退屈な俺の tiny love affair』

凛『生まれかわりたい男の 魂に火花ちらして』

凛『in my heart――』

 凛ちゃんのシャウトが響く。その声に呼応するように、会場のボルテージが上がる。

   burnin' love
   Im just crazy for you
   can't stop 手荒な稲妻
   何度でも火をつけて あんな感じで
   foll for your lovin'
   in a little heaven
   胸さわぎに溺れて
   呼吸まで止まりそう

楓『gimme gimme kiss to me bomber girl!』

 がんばって色っぽく。
 練習中もあの人からずっと、「エロさが足りない」と言われてきた。

 会場の雰囲気に押されて、少しは官能的だったろうか?
 凛ちゃんと私、お互いの個性をぶつけあって疾走する。

   fool for your lovin'
   in a little heaven
   手に負えないジャジャ馬
   情熱の腰つきに

凛『baby baby kiss to me bomber girl――』

 ブレイク。
 会場が一瞬、静寂に包まれる。

客席「わああああーーーー」

 観客がステージをはやし立てる。ドラムのフィルが入り。

『バアァーーーーーン!!!!』

 ステージに設置された特大クラッカーが、紙テープをまき散らした。
 紙テープは『Bleuet Bleu』のロゴと、私たちの手書きメッセージが印刷された特製のもの。
 ちょっとしたプレゼント。

楓「まだまだ走りますよー!!」

 私は力の限り叫んだ。



949: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/10(金) 18:23:57.22 ID:T1ZuIXVo0

”Aquaplanet - SENSE OF WONDER”





950: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/10(金) 18:24:47.10 ID:T1ZuIXVo0

楓『Don't be afraid, my love』

楓『Don't cry anymore, my love woo―』

客席「うおおおーーー!!」

 私の歌声に、会場の盛り上がりが一段と増した気がした。

   悲しみのすべてを 寂しさのすべてを
   抱きしめて 守っていたい
   いつまでも 君だけを woo

   一筋の涙が あどけない寝顔に
   こぼれたら ふいてあげるよ
   いつだって この僕が woo

 プログレッシブのきらびやかさに、ポップの甘さ。
 これも、私のチャレンジ。

凛・楓『Tonight tonight この地球に』

   いくつ命が生まれて
   My love, tonight tonight めぐり逢えた
   それは一瞬の 偶然でもいいさ

『Bleuet Bleu』は、ヴォーカルパフォーマンスユニットだ。
 私も凛ちゃんも、今まで自分たちが歌わなかったジャンルに、果敢に挑んでいる。
 この曲もそう。
 ビートを前面に押し出すロック然とした曲は、今までの私のイメージを破るものだ。

 だから、歌う。私の血肉となるために。

凛『Don't be afraid, my love』

楓『真実は今 目の前に』

凛『Don't cry anymore, my love』

楓『君がいること』

 蒼いオアシスをイメージしたスポットライトが、会場を揺らめかす。
 客席のサイリウムと相まって、とても幻想的。

   My love, tonight tonight この世界は
   無限に拡がり続けて
   My love, tonight tonight 僕らを乗せ 旅立つ方舟

楓『Aquaplanet 今僕の中に』

楓『Aquaplanet 今君がいるよ』

 アリーナのみんなと一体になるために。
 私と凛ちゃんは、隅々まで駆け巡り歌う。

 走って走って。走り切り。
 2時間30分、全22曲のツアーが幕を閉じる。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



951: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/10(金) 18:25:35.03 ID:T1ZuIXVo0

客席「アンコール! アンコール!」

 これでもう、3度目のアンコールだ。

凛「うれしいね」

 凛ちゃんがつぶやく。
 用意していた曲もあとひとつ。

楓「最後に思い出を持って帰ってもらいましょう、ね」

凛「ん」

 私、凛ちゃん、あの人、先生。
 私は、みんなに目配せをする。

 それを合図に、4人はステージに上った。

客席「おおおーーーー!!!」

客席「凛ちゃーーーん!! 楓さーーーん!!」

楓「……みなさん、遅くまでありがとう」

凛「遅くまで応援してくれたみんなに、もう一曲だけ、贈ります」

 4人が輪になり、音合わせをする。
 そして。



952: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/10(金) 18:26:02.53 ID:x1hf1Yg90

”A Nightingale sang in Berkeley Square - The Manhattan Transfer”





953: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/10(金) 18:26:38.00 ID:x1hf1Yg90

   That certain night, the night we met,
   There was magic abroad in the air.
   There were angels dining at the Ritz,
   And a nightingale sang in Berkeley Square.

 あの人と先生を含めた2プラス2のアカペラ。
 混声ヴォーカルの歌。

   I may be right, I may be wrong,
   But I'm perfectly willing to swear
   That when you turned and smiled at me,
   A nightingale sang in Berkeley Square.

 きっかけは、練習中のお遊びだ。
 あの人の歌声が先生の琴線に触れ、「お前歌っちゃえよ!」となった。
 凛ちゃんも「それいいね!」と乗り、あの人は相変わらず後ろ向きに逃げようとしてたけど。

 でもこうして、同じステージで歌っている。
 私の、あの人。
 お披露目したいような、独り占めしたいような。

凛『The moon that lingered over Londontown』

   Poor puzzled moon, he wore a frown.
   How could he know that we two were so in love?
   The whole darn world seemed upside down.

 ブレスの音さえ、会場に響く。
 声だけの饗宴。

   The streets of town were paved with stars,
   It was such a romantic affair.
   And as we kissed and said goodnight,
   A nightingale sang in Berkeley Square.

 ゆっくりとマイクを離していく。
 しばしの静寂は、歓声へと変わる。
 その声に別れを告げ、私たちはステージを去った。

 ようやく。

凛「終わったね」

楓「……そうね」

凛「……これから、楽しみだね」

楓「始まったばかりだもんね」

 ここちよい汗もそのままに。私たちは余韻を堪能した。

アナ「本日は『Bleuet Bleu』ライヴツアーにお越しくださいまして、まことにありがとうございました。お帰りの際は……」

 会場の闇が打ち破られる。宴は終わった。
 私たちは、喧噪の残る会場をステージから眺めていた。
 また、いつか。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



959: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/14(火) 17:21:58.01 ID:tz63tthR0

『邂逅 ~Bleuet Bleuという二人のミューズ』

 Bleuet Bleuという女性二人組のユニットをご存じだろうか?
 と、こう言ってしまうにはあまりにも有名なふたりであるが。
 春先から斬新なCMが流れ、みんなが期待していたユニットが動き出す。
 先日、札幌で行われた公演に、期待を持って出かけた。

 今やCGプロだけでなく、アイドル界においてもトップを張っていると言ってもいいふたりの女性。
 トライアドプリムスの顔である、渋谷凛。
 圧倒的な歌唱力で皆を虜にする、高垣楓。
 二人のミューズが出会うことでどれだけの化学反応が起こるのか、初めから注目されていたユニットだ。

 これからコンサートに行くであろう方も多いので、中身については書かない。
 ただこれだけは言いたい。
 今までのイメージは捨てなさい、と。

 アイドルに求められているものは、歌、踊り、ルックス、それにプラスアルファ。
 そのプラスアルファが、アイドルの個性と言えるものであったり、トップクラスのアイドルに到達するなにかだったりする。
 もともと彼女たち二人のプラスアルファは、大きくて広いものであることは疑いようがない。
 だが、コンサートに参加して、その意識は大きく壊された。

 ふたりとも、底が知れないのだ。言い換えれば、引き出しがいくつあるのか見えないのだ。
 渋谷凛は、持ち前のパワフルボイスに繊細さと優雅さを手に入れた。
 高垣楓は、誰もが魅了されるクリスタルボイスに、今までに見られなかったハードワークを魅せた。
 これでも、彼女たちのすべてを見せていない。それほどの存在感があった。
 彼女たちの引き出しはどれだけのものなのか。想像するだに恐ろしい。

 多くは言わない。今すぐチケットを入手し、行くべきだ。
 彼女たちのコンサートには、チケット以上の価値どころではない、すさまじいお宝が眠っていた。

 僕たちにとって幸いなのは、彼女たちがアイドル、手を伸ばせばそこにいる存在だということだ。
 ふたりの女神に会うことができる。なんという幸福だろう。
 ただ僕たちにとって悲しむべきことは、この女神たちの邂逅は年内に限られるということだ。

 もう一度、いや何度でも言おう。今すぐチケットを入手し、行くべきだ。
 逡巡している暇はない。
 夢の国へ誰しもが行けるわけではないのだから。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



960: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/14(火) 17:23:08.01 ID:tz63tthR0

 ツアーの初日が終わってしばらく。
 音楽雑誌のレビューに、こんな記事が載った。

楓「こんなに買われていて、正直戸惑いますね」

P「そうですか?」

 私の困惑に、あの人も凛ちゃんも、さも当然という表情をしている。

凛「それだけの努力はしてるんだし。それに、ブルーエやることで地力が上がってる実感、あるよ」

楓「地力っては、確かにそうだけど……」

 私も、自分の力が今まで以上のものを発揮している実感はある。
 ふたりでやることで、ものすごい底上げを感じていた。

P「この記事が嘘じゃないってのは、まずこのライターさんが書いているということ」

P「比較的中立に書いてくれますからね、いつも。それと」

 あの人は、パソコンから打ち出したものを広げている。

P「ツイッターの反響がね、狙い通りってことでね」

 確かに、コンサートが終わった直後から、ツイートを拾い読みしていたけど。

『Bleuet Bleuのライブ、ぱねぇ!』『チケット買えてよかったと思った! 東京ドームも行きたいなー』
『歌にほれました。しぶにゃんのファンになります』『楓さんと公園でスーパードライ買いたかったw』

 などなど。

 ファンはもちろんそれほど熱烈じゃない人まで、私たちのコンサートを称えてくれた。
 フェイスブックで見たところでは、意外と年配の方や夫婦で来てくれた方もいて、広く受け入れてくれていることもわかった。

凛「トライアドだと、同じくらいの年齢層にファンが固まっちゃうけど」

凛「ブルーエで自分のお父さん、お母さんの世代も喜んでくれたのは、すごく嬉しいな」

P「楓さん効果だと思いますよ?」

楓「私、ですか?」

P「ええ」

 どうやら私は、比較的年配の方に好まれるアイドルらしい。
 おっさんだからか?
 素直に喜んでいいのかな。

P「まあ、ライブ一本でそうとうしんどいでしょうし、ゆっくり喉を休めないとね」

楓「……そうですね」

凛「うん」

 ……なんかはぐらかされた気がする。



961: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/14(火) 17:23:48.18 ID:tz63tthR0

 このツアーは歌がほとんどなので、確かに喉の消耗は激しい。
 実際ホテルに戻って、自分の喉がかなり熱を持っていた感じがした。

 ゆえに、次の日は完全にオフ。移動日であるし、メディア出演等は一切なし。
 しばらく、喉の筋肉をケアすることになっている。
 札幌から戻って2日。そろそろリスタートだ。
 喉だけだったら、私たちは立派なアスリートかもしれない。

P「凛はトライアドの仕事もあるからちょっと大変だろうとは思うけど、ケアはしっかりな」

凛「わかってるよ。大切な商売道具だからね」

 一週間ごとのツアーのローテで、きちんと休み、そして喉つくりをし、ライブでベストコンディションになるように。
 なかなかハードだ。

凛「じゃ、私は今日はあがるね。おつかれさま」

楓「凛ちゃん、おつかれさま」

P「おう、おつかれ」

 凛ちゃんは事務所から帰っていく。
 会議室に残ったふたり。

楓「……」

P「……」

 ふと、沈黙が訪れる。

楓「……あの。Pさん?」

P「はい?」

楓「今日、お邪魔してもいいですか?」

P「ダメです」

楓「即答ですか!?」

P「あはは、ウソです」

 なんとなく、心を埋めたかったのに。なんというか。

楓「……Pさんは、いじわるです」



962: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/14(火) 17:24:27.24 ID:tz63tthR0

 私がしょんぼりしていると、あの人は頭をかいて言葉を継いだ。

P「いや。こんなこと言うの、楓さんしかいないじゃないですか」

P「楓さんには、ありのままの自分でいられるんで」

楓「……え?」

 期待して、いいのかな?

P「なんか、ガキのようになっちゃうんですよ。ついつい」

楓「ふふっ。ふふふっ」

P「ははは」

 ほんとにもう。
 きっと、あの人も埋めたかったのだ。
 仕事に戻ればまた、責務という名のプレッシャーに飲み込まれそうになるのだし。

楓「じゃあ、ガキ大将さんのお世話しないと、ですね」

 私は微笑んで、そう言った。

P「ええ、お世話されないとダメみたいです」

楓「……なら、仕方ないですね。お世話しましょう?」

楓「Pさんがいやと言うまで、ね」

P「ま、いやと言うことは一生ないですよ。楓さんとなら」

P「願ったり、です」

 最近になってわかったことがある。
 あの人と私は、似てきたということ。
 何かを思ったり、感じたり。そういう気持ちの持ちようが、似てきた。

 何が私たちに足りなくて、何を埋めたらいいのか。
 言わなくても、わかる。

楓「じゃあ、一生、ですね」

P「ですね」

 自分のアイドルとしての終着点が近づく。
 その先に見えるものは、あの人と歩く、今と違った世界。
 それを思い描いて、また次もがんばれる。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



969: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/17(金) 17:04:01.95 ID:7WKmSKv10

加蓮「動員数の記録、更新しそうなんだって?」

 加蓮ちゃんは空き時間に、そんなことを言った。

 10月。
 ツアーも折り返し地点を過ぎ、後半戦に突入していた。
 年末のドームに向けて、加蓮ちゃんと奈緒ちゃんも練習に参加している。

凛「うん。追加公演の分も即日完売らしいし」

加蓮「追加席の分も?」

凛「そう」

 私たちにとって幸いだったのは、ツアーメンバーの誰一人体調を崩すことなく、無事に乗り切っていること。
 そして。

奈緒「マジで? ……プレッシャーかかるなあ」

楓「ふふっ、大丈夫。いつも通りでね」

奈緒「うあうあー」

 すべての会場で満員御礼。これほどありがたいことはない。

 確かに、手ごたえは大きい。
 メディアに出れば、ブルーエのことを一番に訊かれ。
 ネットでは、ツアーの感想が闊歩し。
 周りの期待を、一身に背負っていることが感じられる。

 奈緒ちゃんのプレッシャーももっともだ。
 私だって、こんな過度とも思える期待にさらされたら、プレッシャーを感じずにはいられない。
 でも。

楓「なんかね。すごく充実してるの」

奈緒「充実?」

楓「ええ」



970: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/17(金) 17:05:07.34 ID:7WKmSKv10

楓「経験したことないファンの数の前で歌うって、すごいプレッシャーはあるけど」

楓「でも、それだけのファンが会いに来てくれるっていうことが、うれしいの」

奈緒「……ああ、なんとなくわかるかも」

 奈緒ちゃんも加蓮ちゃんも、トライアドのステージでたくさんのファンに囲まれてきた。
 この多幸感と充実感は、わかってくれると思う。

凛「多ければ多いほど、燃えてくるからね。楽しいよ」

加蓮「なんか、凛って」

凛「ん?」

加蓮「今までも、自信にあふれてた感じだったけど」

加蓮「すごく、ゆるぎなきって感じになったね」

凛「そうかな?」

奈緒「いっそ、凛にリーダー任せたくなったよ」

 奈緒ちゃんが笑う。

凛「いや、やっぱりトライアドのリーダーは奈緒だよ」

凛「なんだかんだ言って、私たちをまとめてくれてるし。リーダー向きだよ」

奈緒「そ、そうかな……」

 そう言って奈緒ちゃんは照れた。

凛「あ、そうそう。楓さん」

楓「なに?」

凛「これ……読んだ?」

 凛ちゃんはテーブルに雑誌を投げ出す。ぱさり。

加蓮「え? これ」

 そこに書いてあった見出し。

『新しい愛? 俳優○○と新人女優の……』



971: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/17(金) 17:05:51.83 ID:7WKmSKv10

 件の人のゴシップ。

凛「懲りないよね、まったく」

 私にとっては、深い傷を負った出来事であった。けど。

楓「……」

 それを見たとき。

凛「楓さん?」

楓「……不思議、ね」

奈緒「何が?」

楓「……何も感じないの」

楓「ただ、そう、って」

凛「楓、さん……」

 驚くほど、波立たない。
 どきりとしたり、ざわめいたりも。
 なにこれと、笑い飛ばしたりも、ない。

 ただ、ありのままに受け入れている。

楓「凛ちゃん、奈緒ちゃん、加蓮ちゃん……本当に、ありがとう」

楓「過去のことは過去のこと、そう、思えるようになったんだね。いつの間にか」

 私はそんな言葉を吐く。
 トライアドの三人の顔が、うれしさと安堵の複雑な表情を見せている。

凛「……よかった」

 自分が言うのも変だけど。たぶん、凛ちゃんは報われたのだ。
 私が取り乱したときの、あの情景。
 彼女もおそらく、どこか片隅に引っかかっていたのだろう。

 私と凛ちゃんは、どちらからともなく見つめあい、微笑んだ。
 がちゃり。

楓「あ、Pさん」

 あの人が戻ってくる。

楓「あの、これ」

 私は手に雑誌を持ち、あの人に見せた。



972: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/17(金) 17:06:33.84 ID:7WKmSKv10

P「え? それ、は」

楓「Pさん」

楓「私、もう大丈夫です……大丈夫なんです」

 あの人は驚きとためらいの表情を浮かべたけど、私の顔を見てすぐに柔和になる。

P「そうですか。うん、ならよかった」

 ぽんぽん、と。あの人が私の頭に手をあてる。

P「ここにいるみんなと、ファンのみんなに、感謝しないとですね」

楓「ええ」

 このツアーに向けてがんばってきたこと。ツアーに来てくれるファンの声援。
 すべてが、私の癒しになっている。

 奈緒ちゃんが、私に抱きついてきた。

奈緒「楓さん、よかった……ほんと」

 その笑顔が、私を和ませる。そして加蓮ちゃんも。

加蓮「私も、一緒にがんばるね。絶対成功させるから」

 ふたりまとめて抱きしめる。

凛「ちょっとふたりと……ま、いいか」

 そう言う凛ちゃんの表情も明るい。
 ああ、いいな。こういうの。

 私はしばし、ふわふわした想いに浸っていた。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



1: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/17(金) 17:30:46.06 ID:7WKmSKv10

 あらすじ ※

 私高垣楓とあの人は、とある居酒屋で出会う。
 Pと名乗るあの人は、アイドルプロダクションのプロデューサー。モデルである私をスカウトする。
 半ば強引なスカウトであったけど、ホッケの味につられ、結局私はアイドル稼業に巻き込まれた。

 アイドルの仕事をあの人と進めていくうちに、私にある心が芽生える。
 それは恋心だった。
 オフの旅行でそれは決定的なものとなり、私はあの人に告白する。
 あの人は私を受け入れてくれ、共に歩むことを誓った。

 あの人と近しくなれたときに、彼女と邂逅する。
 渋谷凛。
 トライアドプリムスのエースは、あの人に抱く恋心を隠そうとせず、私と対峙する。
 彼女には負けたくない。
 神谷奈緒ちゃんのサポートもあり、対立は回避。
 私は、私の持てる歌の力で、彼女を説得しようと試みる。
 果たしてそれは成功し、私と彼女はよきライバルとして、互いを高めあうことになった。

 大きな仕事も順調にこなしたある日、あの人が倒れる。
 幸い大きな病気ではなかったものの、私はあの人を強く意識する。
 そしてそれは、自身の引退を考えることとなった。

 大きなゴシップに巻き込まれ、心が疲弊したときに手を差し伸べてくれたのは、誰あろう凛ちゃん。
 私は、凛ちゃんとユニットを組み、あの人を巻き込んでツアーに出る。

 私の、ラストを飾るツアーが、始まった。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

前スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371785287/


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1389947445



8: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/20(月) 21:53:56.56 ID:O+xjgGUK0

(承 前)

     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



9: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/20(月) 21:54:25.41 ID:O+xjgGUK0

凛「ねえ、楓さん」

楓「ん?」

凛「ちょっと、寄ってかない?」

 練習も終わって事務所に戻る帰り道。凛ちゃんは私を、個室カフェへ誘った。
 いくら変装しているとはいえ、気づく人は気づくもの。
 だから私たちは、個室で過ごせる店をいくつか知っている。

 事務所からさほど遠くないカフェに、ふたり通される。
 ディナータイムではあるけど、なんとなく食事という気になれない。
 飲み物と適当につまめるものを頼む。

楓「……さて、と」

楓「どんな込み入った話、なのかな?」

 正面から切り込んでみる。
 凛ちゃんはちょっと困ったような顔をして、私を見た。

凛「ねえ、楓さん。私、前に『楓さんに引導を渡す』って、言ったでしょ?」

楓「そうね」

凛「で、こうして今一緒にやって……んーなんだろうな」

凛「こう、もやもやした感じが、あるんだ」

楓「もやもや?」

凛「ん。まあ、ここでごまかしても仕方ないから言っちゃうけど」

凛「楓さん……引退撤回しない?」



10: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/20(月) 21:54:55.07 ID:O+xjgGUK0

 凛ちゃんも直球をズバッと。

楓「うーん……理由を聞いても、いい?」

 凛ちゃんは『もやもやした』と言った。自分でも釈然としない気持ちがあるのだろう。
 少しでも拾うことができたら。

凛「んっと。あの、ね? 楓さんとブルーエやって、地力が上がってるって前に言ったことあるよね」

楓「うん」

凛「自分を高めていくことで、楓さんが安心して引退できるようにって。そういう気持ちはもちろんあるんだけど」

凛「でも今こうして自分が高まっていくのは、楓さんの力も大きいのかな、なんて」

凛「そんなことも考えたりして」

 なるほど。
 私を安心して引退させようというのは、このユニットを組んだきっかけ。
 でも、やっていくうちにいろいろ気が付いたのか。

楓「私も凛ちゃんと組んで、こんなに自分がやれるんだって、びっくりしてる」

凛「うん、だから……」

楓「だから?」

凛「なんか、欲が出ちゃって……あはは」

 彼女はやや苦々しい笑いを浮かべる。

凛「ブルーエも、トライアドも。もちろんソロも」

凛「全部って。やれるものを全部って」

 アイドルとして、それはとても望ましいことだと思う。
 欲しいものを全部。
 望まなければ、叶わないのだから。

楓「そっか。うらやましいな」

楓「でも、引退撤回と訊かれれば、答えは」

 私の望むものは。

楓「ノー、かな」



16: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/21(火) 17:42:35.51 ID:UALoVANY0

凛「……そっか」

 凛ちゃんは、淋しげな笑顔を浮かべ、つぶやいた。

凛「ダメもとで言ってみたんだけどな。そっか、楓さんの決心は固い、か」

楓「ねえ、凛ちゃん」

凛「なにかな?」

 凛ちゃんが思ったことを素直に言ってくれたのだ。
 何となくフェアじゃない気がする。

楓「凛ちゃんと一緒にやることが、こんなに楽しくて充実してるの、実感してる」

楓「アイドルって楽しいなあ、って」

凛「なら!」

 前のめりに顔を近づける凛ちゃんを、私は右手で制する。

楓「私も、気づいたの」

 一息入れて。

楓「自分の限界を」

 ちょうど、注文した飲み物が運ばれる。
 凛ちゃんは気勢を削がれたかのように、椅子にもたれかかった。

 目の前に置かれたカナッペを手に取りつつ、私は言葉を探す。
 凛ちゃんは私の言葉を、ただ待っている。

楓「凛ちゃんはさっき、『全部』って。『欲が出た』って」

凛「うん」

楓「すごくうらやましいな、立派だなって、感じたの」

凛「……うん」

楓「凛ちゃんと一緒にできてとても楽しいし、自分の実力以上のものがやれていると、自負もある」

楓「でも、ね。ふと思っちゃったんだ。『このままで十分楽しいじゃない』って」

楓「確かに、Pさんとのお付き合いが一番大事っていうのもあるけど」

凛「……」

楓「現状に甘んじてる今の私は、アイドルとしては、伸びしろがないと思う」

楓「現状を善しと感じたら、おしまい」

凛「!」



17: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/21(火) 17:43:30.68 ID:UALoVANY0

 漠然と思ってきた。アイドルって、どこまでやれるものなのだろう、と。
 ただひたすらに、成し遂げるという想いひとつで走ってきた。
 そして気づいた。
 アイドルに、期限も限界もないのだ。偶像(アイドル)として求められる限りは、ずっと。
 ただ。

楓「凛ちゃんはこの先に広がる、無限の可能性を見つめてる」

楓「私は、足元をふと見てしまった。そして、そこに満足してしまった」

楓「そうしたら、その先が見えなくなってしまったの」

凛「楓さん」

楓「私はね。自分で限界を作ってしまったの。見えない先を、期待しながらわくわくできなくなった」

楓「凛ちゃんはもっと伸びる。この先、もっとわくわくできる」

凛「楓さん! そんなこと」

 私は再び、凛ちゃんを制止した。

楓「凛ちゃんたちとの縁を手放すつもりはないわ。でも」

楓「もう、決めたの。私は凛ちゃんのいちファンでいよう、って」

楓「固い決心というほどしっかりしたものじゃない。今だって凛ちゃんに説得されて揺らいでる」

凛「……」

楓「でも、私の見た渋谷凛は、私のずっと先を走ってる、そんな存在」

楓「私は、ただ単純に、凛ちゃんのこの先が見たいんだ」

楓「老後の楽しみって言ってもいいかも、ね?」

 私はウインクをひとつ、凛ちゃんに投げた。



18: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/21(火) 17:44:14.13 ID:hcUeu2TA0

凛「……ああ、もう」

 彼女はやれやれといったそぶりを見せる。

凛「老後の楽しみって……私だっておばあちゃんじゃない」

 凛ちゃんはそう言ってカナッペを口に放り込み、飲み物で流し込んだ。

凛「もう! そこまで言われたら、言い返せないよ」

凛「わかったよ。わかった。……改めて楓さんに、引導を渡すよ」

 彼女は、私を穏やかに見つめる。

凛「楓さん、安心して引退してください……Pさんと、幸せにね」

凛「でも、時々は……頼らせてね」

 私の望む言葉を、彼女は発する。
 引導を渡される。自分が望んでそうされるのだ。
 うれしいような、ちょっと淋しいような。
 複雑でくすぐったい。

楓「凛ちゃん……ありがとう。あと、ごめんね」

 私がそう言うと。

凛「ちょっ、楓さん! お願い、謝らないで」

凛「せっかく、決心したのに……」

 凛ちゃんの表情が曇る。

凛「ああ、決心したのに……楓さんを送り出すって決めたのに……」

凛「……このまま終わっちゃうの、淋しいよ」

凛「すべてのことに終わりがあるって、わかってるけど。でも」

凛「もっと……楓さんと続けたかった……」

 そう言って彼女は黙り込む。
 私は、何も言えずにいる。

 すべての物事には始まりがあって、終わりがある。
 すべては、移ろいゆく。
 諸行無常。

楓「ありがとう。うん、それしか言えない」

楓「こうしてブルーエをやってる間、全力で走り切るから」

楓「一緒に、楽しんでくれる?」

 凛ちゃんはうつむいたまま、こくりとうなずいた。

 彼女の進む先に、大いなる光あれ、と。
 せめて、そう祈りたい。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



24: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/27(月) 17:05:49.98 ID:UOc0Vzt50

 気まずさを抱えながらも、世間話でごまかす。
 凛ちゃんは思うところがあるのか、「今日は帰るね」と、途中で別れる。
 秋色が日増しに濃くなる。夜が肌寒く感じられるようになってきた。

楓「あ」

 いつしか、私の足は事務所に向いていた。

楓「明かり、ついてる」

 いつもの階段を上り、ドアを開ける。
 中ではスタッフが、いつ終わるともわからない仕事をこなしている。

楓「こんばんは」

P「おや、楓さん」

 スタジオからまっすぐ事務所へ戻っていたあの人が、声をかける。

P「今日は直帰じゃなかったですか?」

楓「ええ、そうですけど……なんか、来たくなっちゃって」

 なんとなく、という気持ちはほんと。あの人の顔を見たかったのだ。
 あの人は、キーボードの手を止めて私を見つめる。

P「……」

楓「あの。Pさん?」

P「……よっしゃ。今日の仕事終わり」

楓「え?」

P「楓さん、これから呑みに行きませんか。大将のとこへ」

楓「え、ええ……」

 ぱたん。ノートパソコンのふたが閉じられる。
 とまどう私をよそに、あの人は帰り支度を始めた。

 それが私を慮ってのことと気づいたのは、大将の店に行く途中のことだった。



25: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/27(月) 17:06:37.36 ID:UOc0Vzt50

楓「どうして」

P「はい?」

楓「どうして、わかったんですか?」

P「わかった、ですか?」

 あの人は私に笑顔を向ける。

P「そりゃあ、僕は楓さんのプロデューサーで」

P「楓さんの、彼氏、ですから」

 ああ。
 その一言だけで、私はとても安心する。

楓「あの、実は」

 私は店で、カフェでの出来事を打ち明けた。

P「なるほど、ねえ」

楓「凛ちゃんに申し訳ないことをしたかな、って」

 冷酒を持つグラスをもてあそぶ。

P「で、楓さんは」

楓「え?」

P「どうしたいんです?」

楓「……」



26: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/27(月) 17:07:26.76 ID:UOc0Vzt50

 どうしたいと訊かれても。
 私自身がどうしたいのか、頭の中に浮かんでこない。

P「ま、そこですんなり出てくるようなら、こんなに惑ったりしないですよねえ」

 あの人はそう言っておどけてみせた。

楓「ふふっ、ふふふっ。ほんとPさんは」

 その心遣いに、いつも助けられてる。

楓「いじわるですね」

P「いじわるなのは楓さんにだけです」

 まあ。言ってくれる。
 自分の心が少し軽くなるのを感じる。

楓「どうしたいって……そうですね」

楓「アイドルを続けるって選択肢は、ないです」

P「ありませんか」

楓「ええ。凛ちゃんにも言っちゃいましたけど、私はここまでかな、って」

P「……」

楓「やっぱり、小さくて普通の幸せ、望んでる自分がいるんです」

楓「今こうしてブルーエで仕事をさせてもらって、アイドルにもっとのめりこむかもって思ったりしたんですけど」

楓「自分でも、こんなに頑固だとは。意外でした」

 私はぺろりと舌を出した。

P「頑固、ですか。楓さんらしい」

P「そんな楓さんと一緒にいたいって、そう思う自分も頑固なんですかねえ」

楓「お互いさま、ですね?」

P「なんか使い方違いません?」

楓「ふふふっ」

P「ははっ」



27: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/27(月) 17:08:35.33 ID:UOc0Vzt50

 心にかかるもやを振り払うように、冷酒をあおる。
 大丈夫。あの人がいるから。
 もやがかかっても、一緒に寄り添って、導いてくれる。

楓「Pさん。いつもありがとうございます」

 私は深々と、あの人に向かってお辞儀をした。

P「どうしたんですか、改まって」

楓「こうして、今までアイドルを続けられたのは、Pさんのおかげです。感謝しかありません」

楓「どうか、最後まで私を導いてください」

楓「お願いします」

 もう一度、深々と。

P「楓さん……はい、わかりました」

P「一緒にがんばりましょう」

 あの人はぽんぽんと、私の頭をなでる。
 あの人が私にしてくれる親愛のシグナル。これで何度救われたことか。

楓「それから、Pさん?」

P「ん?」

楓「そのあとは、私がPさんを支えていきます。妻として」

楓「小さくてもあたたかい、Pさんのお城を守っていきたい」

楓「次は、私の番ですから」

 私はあの人を見つめる。
 あの人の瞳は、いつも私を映していた。

P「……はい。よろしくお願いします」



28: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/27(月) 17:09:29.29 ID:UOc0Vzt50

 今度はあの人が、深々とお辞儀をした。
 くすっ。
 その姿があまりにあたたくて、私はなぜか可笑しくなった。

楓「大将。お酒追加でお願いします」

大将「おう……つか楓さん、ずいぶん上機嫌だな」

楓「だって、Pさんがはっきり『婚約』決めてくれたので」

P「え! 婚約、ですか」

楓「そうでしょう? 『よろしくお願いします』って、言ってくれたじゃないですか」

P「楓さんにはかなわないなあ。……ええ、婚約ですね。指輪はないですけど」

大将「ほう? それならあれを出さないとなあ」

 そう言って大将は、奥からなにやら取り出してきた。

楓「え!?」

P「これは、ちょっと……」

 出されたのは四合瓶。そのラベルは。

『初孫』

楓「……」

P「大将、これは気が早すぎでしょう?」

大将「そうか? いやあ、でも子供はいいぞ子供は! 心が潤うからな!」

P「そりゃあ大将とこのお嬢さん、器量よしだし潤うでしょうよ」

大将「だからな。お前らも早いとこ」

P「無茶言わんでください」

大将「がはは! ま、なんにせよお前らがくっつくのはめでたいことだ」

大将「生まれた時にゃ、『初孫』『誕生』をセットで贈ってやるから。な!」

 大将の勢い有り余る心遣い。なんともうれしいではないか。
 私は『初孫』のキャップを開ける。

楓「大将、ありがとう。すごくうれしいです」

大将「おう。でもな、楓さんや」

大将「お前さんはもっともっと、Pに愛されていいと思うぞ?」

大将「今でも十分、なんて言うなよ? 女は欲張りでちょうどいいくらいだ、な、Pよお!」

 大将の言葉に困り顔のあの人。でも決して困ってなんかいない。
 ただの照れ隠しだ。
 私は、あの人から存分に愛されてる。それは十分わかっている。

 大将からお酒を注がれ、乾杯。
 心のもやはいつか晴れ、私は最後まで走り切る気持ちを、改めて固める。

 この人たちの祝福に報いるためにも、走るんだ。
 そして、凛ちゃんにも。報いたい。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



32: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/30(木) 18:12:16.70 ID:c8y4rWPI0

 翌日。
 多少すっきりとした私は、スタジオに向かっている。いつもの練習。
 年末に向けての準備は着々と。

楓「おはようございます」

 スタジオのドアを開けると、トライアドの三人は先に入って待っていてくれた。

凛「楓さん、おはよ」

 凛ちゃんはあいさつを交わすと、奈緒ちゃん加蓮ちゃんに視線を向ける。
 奈緒ちゃんはうなづいた。とたん。
 三人は私の前に整列する。

楓「え? ちょ、ちょっと」

凛「楓さん」

 私の目の前で、三人が深々と最敬礼を。

凛奈緒加蓮「ありがとうございました!」

楓「ちょ、ちょっと。どうしたの?」

 面食らっている私に、凛ちゃんが語る。

凛「昨日帰ってから、奈緒と加蓮と、三人でちょっと話をしたんだ」

凛「楓さんと私たちのこと」



33: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/30(木) 18:13:05.13 ID:c8y4rWPI0

 ん?
 私はいまいち要領を得ていない。

奈緒「楓さんがやっぱり引退するって。凛から話があって」

奈緒「なんかあたしも、思うことがあったりして」

加蓮「楓さんと、もう一緒にできないんだって、そんなこと思うとね」

加蓮「みんなで、話をしたくなったんだ」

 えっと。
 私についての話?
 まあ、その。うん。話のネタになってるんならよかったけど。
 ……よかったのかな?

凛「ほら、前に楓さんが安心して引退できるようになんて話、したじゃない」

楓「う、うん。そんなこともあったね」

凛「昨日のことがあって、三人で話したらさ」

凛「私たちのほうが、卒業できてないね、って」

 卒業? え?
 何から?

奈緒「……おほん」

 奈緒ちゃんはひとつ、咳払いをする。

奈緒「あたしたちが、今こうしてひとつ上へはばたけたのは、楓さんのおかげです」

加蓮「こうして一緒にやっていると、どこまでも行けそうな気持ちになっちゃうけど」

加蓮「でも、楓さんにおんぶにだっこじゃ、ね」

凛「だから私たち、楓さんから卒業します」

凛「ほんとに……ありがとう」

 凛ちゃんの瞳は、初めて会ったときそのままに、私をまっすぐに見つめる。
 そっか。
 三人がどんな話をしたのかは、わからないし、訊くほど野暮でもない。

凛「楓さん?」

楓「なに?」

凛「……トップの座は、誰にも明け渡さない。約束する」

 奈緒ちゃんや加蓮ちゃんと話し合ったおかげなのか、昨日のような悲壮感は感じられない。
 うん。
 この自信に満ちあふれている凛ちゃんなら、大丈夫。

楓「ありがと。がんばって」

凛「ん」

 一緒に走り続けている私と凛ちゃんだから、余計なことは言わなくていい。
 これだけで、事足りる。



34: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/30(木) 18:14:04.98 ID:n31C38Eq0

奈緒「なあ、凛」

凛「なに?」

奈緒「凛の言うことって、いちいちかっこいいよな」

 奈緒ちゃんがうっかりそんなことを口にする。とたん。
 凛ちゃんがひきつったような表情をし。
 加蓮ちゃんが「踏んだ……地雷踏んだ」とつぶやき。

凛「ねえ奈緒」

 声のトーンが低い。正直、怖い。

奈緒「な……なにかな」

凛「私の言うこと、そんなにかっこいい、かなあ?」

 奈緒ちゃんも察したのか、言葉をのんでこくこくとうなづいている。

凛「そうね。私、ずっと、ずーーっと、気にしてるんだあ」

凛「Pさんに同じ指摘されてから、ずーーーーっと、ね」

 奈緒ちゃんの顔色がみるみる青くなる。
 凛ちゃん、ドス効きすぎ。

凛「奈緒に選ばせてあげるね」

凛「私がいいって言うまで、パシリ」

凛「私がいいって言うまで、ネコミミ三昧」

 奈緒ちゃんは完全にのまれている。加蓮ちゃんは笑いをこらえてうずくまった。

凛「どっちが、お好み?」

奈緒「……え、えーと」

 私は悟った。凛ちゃんの臨界点を超えた怒りは、恐ろしい。
 凛界点、なんちゃって。
 さて、奈緒ちゃんがどんな選択をしたか。私の口からは言えません。

 彼女たちと一緒にできるのも、あと2か月。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



39: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/31(金) 17:40:21.74 ID:uz5XHeoF0

 楽しいことというのは。

楓「……」

 時間が経つのも早く感じるもの。
 最終公演を前に、私と凛ちゃんは東京ドームに来ていた。

凛「……早かったね」

楓「そうね」

 バックネット裏の座席から、ステージを眺める。
 こんな広い会場であっても、現場スタッフはあっという間に設営をする。
 まして、明日はテレビ中継も入る。
 人の出入りがいつも以上にせわしない。

凛「大阪もそうだったけど……ドームって、大きいね」

楓「ねえ」

 私はもちろん、凛ちゃんもドーム公演というのは、初めての経験だ。
 あれだけ人気のトライアドプリムスでさえ、ドーム公演の経験はない。

楓「なんか、公演前に京セラドーム見て、場違いだなあなんて感じたけど」

楓「一度経験しちゃうと、意外と肝が据わるっていうか」

凛「うん」

楓「やってやろうって気持ちのほうが、勝るね」

 そう言って凛ちゃんと笑いあう。



40: ◆eBIiXi2191ZO:2014/01/31(金) 17:41:12.85 ID:7aJarmWj0

凛「会場が大きくても小さくても、ファンのみんなを楽しませることに、変わりないもんね」

凛「むしろ、いっぱいのファンと触れ合えるんだから、こういうのもいいよね」

 私たちの不安は、大阪ですべて解消してきた。
 今の私たちには、楽しみしか、ない。

凛「それにブルーエのラストステージだから」

凛「悔いなく、燃え尽きたいし」

楓「凛ちゃん?」

凛「ん?」

楓「凛ちゃんが燃え尽きるのは、まだ早いんじゃないかしら?」

凛「あはは、例えだよ例え。もちろん、そのあとがあるしね」

 そう。
 このステージが終われば、彼女はあるべき場所へ戻る。
 奈緒ちゃんと加蓮ちゃんと。そして彼女たちのファンとあるべき場所へ。

凛「でも、楓さんだって、ねえ」

凛「その先があるんだから。燃え尽きるのは早いよ?」

 私のその先とは。もちろん、あの人とのことではあるのだけど。

楓「そう、ね。もうちょっとだけ、頑張らないと、ね」

 そう言って私は苦笑した。

 ブルーエの活動終わりましたー、はいおつかれさまー、では済まない諸々。
 着地点というのは、実に難しいものだなあ。



58: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/03(月) 12:16:48.76 ID:7IhwHL530

 11月も終わろうとしていたころ、ちょっとしたことが起きた。
 ほんとにちょっとしたことなのだけど。
 ありとあらゆるルートにアンテナを立てて、業界関係にスタッフが根回しをしていても。
 そう完璧に事が進むわけじゃない。

社長「……」

P「……」

楓「……」

 私たち三人は、そろって渋い顔をしていた。

社長「高垣さん。これはイレギュラーだと納得してください」

 引退に向けて、事務所からある情報をリークしていた。
 今回のツアーが終了したら、高垣楓は『しばらく』休養に入る『かもしれない』、と。
 業界やメディアに対して、こうした情報をコントロールすることは、それほど苦労じゃない、らしい。
 持ちつ持たれつの関係なのだ。あえて火中の栗を拾うリスクを背負うことはしないだろう。
 社長の弁なので、実は剛腕なのだろうなあ、などと想像するけど。

 実際、少しずつではあっても、メディア露出を減らしてきている。
 画面の向こう側では、気が付きにくい程度で。

 ただ今回は。

P「請けざるを得ませんかねえ……」

 業界関係の外。つまりはスポンサー筋。
 これが問題だった。
 私の番組出演を、単独で要請してきたのだ。
 内容はナレーション。顔出ししない、単発の仕事ではある。
 年内なら請けても別に問題はないと思う。でも年明けの収録になるようだ。

社長「この一本だけにしないといけませんねえ」



59: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/03(月) 12:17:24.06 ID:7IhwHL530

 要は、休むと言っておきながら仕事を受ければ、なし崩しに仕事が舞い込んでくることを懸念しているのだ。
 とは言え、スポンサーをないがしろにするようなことは、この業界ではご法度。

楓「……そうですねえ」

楓「お請けするのは、構わないですよ?」

 落としどころを考えれば、請けざるを得ないのは仕方ないと思う。
 仕事ひとつで丸く収まるなら、安いものだ。

社長「高垣さんには申し訳ありませんが、お願いします」

 社長が私に頭を下げる。
 トップに頭を下げさせることに、私は申し訳なさがこみ上げる。

楓「いえ、いいんです。ここまで無事に来れたのも、社長はじめスタッフの皆さんのおかげですし」

社長「私が引退を了承したわけですから、それを引き延ばすのは私の信義にもとります」

社長「やはり、事務所としてなんらかの発表をしないと、いけませんね」

P「発表、ですか?」

 あの人が驚きの表情を見せる。
 発表するということは、事務所でリスクを丸抱えするということ。

社長「ここまで高垣さんにやってもらったのも、私たちのわがままですからね」

社長「休養という形で、発表することにしましょう」

社長「Pくんとは、後ほど詳細を詰めることとしましょうか」

P「……わかりました」

楓「……はい」

 あの人も私もいろいろ思うことはあれど、社長の決断に同意する。



62: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/03(月) 17:42:37.04 ID:jdleUBho0

 12月に入ってすぐ。事務所から文書で発表を行った。

『関係各位
 弊社所属・高垣楓につきまして、ご報告がございます。
 現在弊社では、高垣・渋谷の両名によるツアーを展開し、皆様のご協力により大変好評を博しております。
 両名のユニット『Bleuet Bleu』につきましては、当初のとおり年内で活動を終了いたします。
 活動終了に合わせ、高垣につきましては充電のため、しばらく活動を見合わせることとなりました。
 今後の方向性を検討するための充電期間でございますので、皆様におかれましてはどうぞご理解賜りますようお願い申し上げます。
 今後の高垣にご期待くださいますようお願いするとともに、温かく見守っていただければ幸いと存じます。
 弊社もさらに飛躍するよう、幅広く活動してまいります。
 どうぞ今後も変わらぬご支援を賜りますよう、併せてお願い申し上げます。』

 社長名で出された文書は、瞬く間に憶測を生む。
 すわ、引退か、と。
 しかし、文書に含みを持たせたことで、そういう雑音をのらりくらりとかわす。

P「充電期間ですので。今後ともよろしくお願いします」

 手慣れたものだとは思う。
 スタッフがいかようなフォローを行っても、一度起こった疑念は晴れるものじゃない。でも。
 疑念は長続きしないだろう。この業界では、そんな話はいくつも浮いては沈むものだから。
 ほかの話題が沸いてきたら、人知れず埋もれていく。

 私は再び渦中の人となったけれど、去年のアレと比べればまだマシ。
 ナレーションの仕事を請け負いそれを最後とすることは、もはや暗黙の事実となった。
 ただ。

『やっぱり引退なんじゃないの?』『ショックデカすぎ。くっそ!○○の野郎!』
『○○と切れてなかったって、マジ?』『んなわけねーだろ、カス』
『充電って言ってんじゃん。変わらず応援しようぜ』

 ファンの反応に心痛むことは多い。
 ファンの間では、昨年の例の件が引き金となって、休養せざるを得なくなったといううわさが、まことしやかにささやかれている。

楓「……相変わらず、すり減りますね」

P「みんな、楓さんのことが心配なんですよ。ほんとに」



63: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/03(月) 17:43:23.23 ID:jdleUBho0

 自分のこととはいえ、様々なノイズに心砕くのは気疲れする。
 ましてツアーでの声援が、より温かく大きくなっていることを目の当たりにすると、ダメージは……

凛「もっとファンのみんなを信じよ? ね?」

楓「うん……でもね」

凛「楓さんがどんな選択したって、ファンは温かく接してくれる。間違いないから」

 ため息が止まらない私をフォローしてくれたのは、いつでも凛ちゃんだった。
 私より業界歴の長い彼女の言い分は、説得力がある。

楓「そうだね。ありがと」

凛「それより! あんまりため息ばかりついてると、ファンに見抜かれるよ?」

凛「ファンのみんなの声援に報いるためにも、ステージは全力で、ね」

 ことあるごとに、そう言って私を励ましてくれた凛ちゃん。
 彼女にはずっと助けられてる。

 最初の出会いから月日が経ち、彼女との絆は絶対に切れないくらいに育まれた。
 あの時の私に教えてやりたい。これは運命だよ、って。

凛「いろいろあったけど、無事にここまで来たし」

 できあがっていくステージを眺めつつ、凛ちゃんは言う。

凛「私たちの行きつく先を、みんなに観てもらおう。楓さん」

楓「ねえ、凛ちゃん」

凛「なに?」

楓「ほんとに、今までありがとう」

凛「……なにをいまさら」

 凛ちゃんはくすりと笑う。

楓「これが終わったら、アイドルじゃなくなる。でも、ひとりの人間として」

楓「これからも、よろしくね?」

 私の願いに、凛ちゃんは微笑みで応える。

凛「ん、もちろん。私こそよろしく」

 最後のステージが作られていく。私たちは固い握手を交わす。
 アイドルではなくなる私と、アイドルの凛ちゃん。
 この先のふたりの関係は。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



64: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/03(月) 17:43:54.70 ID:jdleUBho0

奈緒「やばいよやばいよ。どうしよう……」

加蓮「大丈夫かな? 私大丈夫?」

凛「奈緒も加蓮も大丈夫。ばっちりだよ」

 初めてのドーム公演。奈緒ちゃんと加蓮ちゃんの緊張はマックスだ。
 そんなふたりを凛ちゃんがなだめる。

 今は三部構成のステージで、二部のトークパートが終わったところ。
 彼女たちの出番は、一番最後。ブルーエのヴォーカルステージの終わった直後だ。

楓「私たちのステージを観て、感じて?」

楓「ファンの反応を感じたら、きっと楽しめる」

 もうすぐ私と凛ちゃんの出番。あまり話している時間はない。
 凛ちゃんと私はスタンバイの位置につく。
 凛ちゃんは加蓮ちゃんの肩をぽんぽんとたたく。

凛「待ってるから」

 私も、奈緒ちゃんに耳打ちする。

楓「自分が楽しまなきゃ、ね」

 私たちがそれぞれ声をかけたことで、少し震えが収まったのか。
 奈緒ちゃんも加蓮ちゃんも、こくりとうなずいた。

凛「じゃ、行ってくる」

 そして私たちはステージに飛び出していく。
『Bomber Girl』に始まり、次々と歌を繰り出す。
 いつものように、あっという間に時間が過ぎ、いよいよふたりの出番。

 私たちが袖に戻った時には、彼女たちはプロの顔つきになっていた。

凛「楽しんでおいで」

楓「私たちも楽しみよ?」

 そして、加蓮ちゃんは私たちにサムズアップを決めた。
 奈緒ちゃんはその後に控え、ステージを見つめている。

 曲奏が変わった。さあ。
 凛ちゃんに背中を押され、加蓮ちゃんがはじけた。

加蓮「さーて! 私は誰でしょう!」

客席「おおお!? おおーーーーっっ!!」



65: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/03(月) 17:44:24.18 ID:jdleUBho0

”Sweet Soul Revue - PIZZICATO FIVE”





70: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/04(火) 18:40:20.55 ID:123a+8wR0

   今朝はじめて鏡を見て 気がついたの
   Um あなたに恋してるの
   あなたに恋してるの Wow wow
   お目かしして何処へ行くの?
   そう あなたに逢いに行くのよ
   ベイビー 街はいつもパレード
   ベイビー だからついて行こうよ

凛「すごく、ノってるね」

楓「さらに磨きがかかった感じね」

 なおかれんをしごき隊で、加蓮ちゃんは自分らしさを追求する方向を模索していた。
 今、彼女はファッションリーダー。
 クールでおしゃれな方向性を、突き詰めていく。

   世の中にはスウィートやキャッチーが
   いっぱいあるよね
   抱きしめたい 嬉しくて
   ほほ頬ずりしたくなるでしょ

 加蓮ちゃんは、客席へウインクを投げる。

客席「わあああ!!」

   ほら レビューが始まる
   ほら 遅れないでね
   ほら レビューが始まる
   ほら 忘れないでね

 ドームの広大なステージを、モデルよろしくしなやかに歩む加蓮ちゃん。

奈緒「……加蓮って、さ」



71: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/04(火) 18:41:06.32 ID:3Np2ZXgM0

凛「うん?」

奈緒「ほんと、かわいいよな」

 ステージ袖、出番待ちの奈緒ちゃんがつぶやく。
 それを聞いて、私も凛ちゃんもくすりと笑う。

奈緒「なんだよ、笑うなよ」

凛「なに言ってんだか」

楓「奈緒ちゃんだって、かわいいじゃない」

 奈緒ちゃんが何か叫びそうになるのを、凛ちゃんが指で口をふさぐ。

凛「ほら。ツンデレかわいい」

 じたばたする奈緒ちゃんに、私も。

楓「みんなそのままの奈緒ちゃんが、かわいいと思ってるから」

楓「ファンのみんなへ、いっぱいアピールしないとね」

 奈緒ちゃんは一瞬私の顔を見て、そして客席に眼をやる。

奈緒「うん。もちろん」

 その瞳は何を映しているのだろう。

   ほら レビューが始まる
   ほら 遅れないでね
   ほら レビューが始まる
   ほら 忘れないでね

 加蓮ちゃんの歌が、もうすぐ終わる。
 奈緒ちゃんのスイッチが、入った。

奈緒「じゃあ……行ってきます」

凛「またステージでね」

楓「いってらっしゃい」



72: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/04(火) 18:41:39.08 ID:3Np2ZXgM0

 加蓮ちゃんがこちらに眼を向けている。
 イントロが流れた。

 奈緒ちゃんが足早に、ステージへ向かう。

奈緒「みんなーー! 愛してるよーー!!」

客席「おおおーーー!!」



73: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/04(火) 18:42:07.39 ID:123a+8wR0

”Motion, Motion - 村井麻里子”





74: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/04(火) 18:42:54.07 ID:3Np2ZXgM0

   風邪気味だとあなたの電話切ったわ
   二人で行くつもりの Rugby game 誰か誘って
   パジャマのまま裸足で風のヴェランダ
   言わなくてもホントは Sunday noon 出たくなかった

 奈緒ちゃんにぴったりの、軽快なアップナンバー。
 ステージに合わせ、サイリウムが揺れる。

   なんて冷たい奴と諦めてもいいわ
   楽しいことだけが眩しいことだけがすべて

 奈緒ちゃんの周りを、加蓮ちゃんがひらひらと。
 軽やかなステップを踏み、ダンスを披露する。

客席「はい! はい!」

 今夜限りの特別ゲストに、客席のボルテージは上昇する。

   Feel my motion motion 強く
   Take my motion motion 熱く輝いていたい いつもいつも
   誰よりも

   Feel my motion motion 強く
   Take my motion motion 熱く恋してる私よりも今は
   わがままな私に夢中

 奈緒ちゃんはアリーナの中央ステージまで駆け出した。
 アリーナ席のファンが総立ちで迎える。

客席「奈緒ちゃーーーん!!」

客席「こっちーー!!」

 声援に、奈緒ちゃんは手を振り応える。

楓「ふたりとも、さすがね」

凛「ステージに向かえば無敵だから」

 初ドームなどと感じさせないはつらつさ。
 やっぱりトップを張るアイドルなんだと、実感。

奈緒「やっほー! みんな、盛り上がってるかーー!!」

客席「いぇーーい!!」

加蓮「こっからは、私たちが『Bleuet Bleu』のステージをジャックしちゃうよ!」

客席「おおーーー!」

加蓮「それじゃあ!!」

奈緒「殴り込みの時間だああああああああ!!」

客席「うおおおおーーー!!!」



75: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/04(火) 18:43:42.04 ID:123a+8wR0

”Dreamland - BENNIE K”





76: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/04(火) 18:44:28.12 ID:3Np2ZXgM0

 ビートが速くなる。
 奈緒ちゃんと加蓮ちゃんとふたり、跳ねるようにステップしつつステージに並ぶ。
 そして。

奈緒『Here, we go!!』

 奈緒ちゃんのシャウトが、会場を圧倒する。

加蓮『They can't stop my heart!!』

   Now get a party stand alright!!
   気まぐれに任せて
   It's like wonderland
   踏み出したら alright!!
   Then I feel like I'm dreaming

 加蓮ちゃんのノンストップ・ソング。
 普段から体力のなさを心配されていた彼女は、そこにいない。

   Once upon a time
   あるカドのFast food店で

P『Excuse me, we'll have 2 coke please』

加蓮『alright』

加蓮『勤めていた女の子は』

   かなり面白い夢を
   こっそり企んでいて yeah...
   全て投げ捨てて未来へ
   飛び出したの Now let me sing

 ふたりとも、あの人とステージで絡むことができると、とてもわくわくしていた。
 あの人は天然ジゴロだな。ふふっ。



77: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/04(火) 18:45:18.10 ID:123a+8wR0

奈緒『Where're my ladies at? 手上げてな』

奈緒『Clap Clap Clap』

   My boys Give me some love then
   Clap Clap Clap
   Party people tear the roof up!
   Now Clap Clap Clap
   We're at the point まだ足んないなら
   Clap Clap Clap Bring it back

 奈緒ちゃんのラップに、会場は騒然。
 ただただ圧倒されている。

   Bang!!! Here I come! Here I Here I come
   Get up now みんなもっと踊って
   Shake yo booty リズム乗って
   Let me take yo'll to the place yo'll never
   been before
   目を醒ます様なの欲しいんでしょ?
   もっとエッジ効かせて 声聞かせて

奈緒「声優とか憧れるなら、このくらいはできないとね」

 なんて言っていたけど。
 その裏で彼女が尋常じゃない努力をしていたことを、私たちは知っている。

 加蓮ちゃんも奈緒ちゃんに負けないくらい、激しいダンス。
 今まで見せることのなかった、気迫あふれる踊り。

加蓮「なんかいくらでも限界超えられそう」

 練習中そう笑っていた彼女の微笑みが、目の前に浮かんでくる。

   Say「OH YEAH」
   Just like hamming birds in
   感覚を潤わす World
   See? My mind まだ止まんない
   だって There comes the BOOM
   分解して冷めないように
   All night keep up with me
   Now bounce up baby to the beat
   Come on

客席「すっげーー!!!」



78: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/04(火) 18:45:53.68 ID:123a+8wR0

 割れんばかりの拍手。
 奈緒ちゃんは、してやったりの表情を見せた。
 休むことなく、加蓮ちゃんのヴォーカルが続く。

加蓮『They can't disturb us!!』

   描いたままに allnight
   溢れ出す思いを
   From one's heart to heart
   伝えてゆけば alright!!
   Do you wanna come in my dream?

奈緒『We're going to the WEST!! Come along party people!』

加蓮『Come along with us babe...』

奈緒『So fresh & So clean But still putting it down for the street』

奈緒『We say』

加蓮『We're still in a dream...』

凛「やるねえ」

楓「すごい……」

 ふたりの掛け合いは、芸術の域。
 しごかれて、しごかれて。ふたりの絆を深め合って。

凛「ふたりでも完成してるじゃん」

 凛ちゃんはどことなくうれしそう。
 さらにこの先を、大いに楽しみにしているかのようだ。

加蓮『They can't stop my heart!!』

   So keep the party going allnight!!
   成り行きに任せて
   This is wonderland
   楽しんだら alright!!
   Yeah I feel like I'm still dreaming...

 ふたりの踊りと、客席のハンズクラップ。
 そこは夢の世界だった。

 曲が止まる……

奈緒「Are you OK?」

加蓮「みんなありがと!」

客席「うわああーー!!」

 割れんばかりの拍手につつまれる。



82: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/05(水) 18:18:07.74 ID:vAb4Q+GO0

加蓮「さて、みんな! 今ここに私と奈緒がいます」

奈緒「……ひとり、足りないよねえ」

加蓮「もちろん、みんなわかるよね」

奈緒加蓮「せーの!」

客席「凛ちゃーーーん!!」

 ステージには誰も出てこない。
 それもそのはず。凛ちゃんはにやにやしながら、まだ私の横に。

凛「じゃ、楓さん。お先に」

楓「ん。あとでね」

 ステージでは奈緒ちゃんが袖に歩み寄る。

奈緒「なんだよ、おい。さっきまで歌ってたんだからいるのわかってんだぞ?」

客席「わははは」

加蓮「しょうがないね。じゃあもう一回!」

奈緒加蓮「せーの!」

客席「凛ちゃーーーん!!」

 さっきよりずっと大きな声に押され、凛ちゃんが飛び出す。

凛「はーい! みんなお待たせ!」

客席「いぇーーーーい!!」



83: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/05(水) 18:21:39.61 ID:9xjrxJ170

凛「……さっき奈緒の声がしたような気がするんだけど、気のせいだよね?」

奈緒「いや、それ気のせいじゃないから」

凛「それと、さっきの殴り込みって、あれなに?」

奈緒「え? カチコミのがよかった?」

客席「わははは」

加蓮「まあまあ。こうしてトライアドのステージにみんな集まってくれた訳だし」

凛「加蓮、さ。一応言っておくね?」

凛「今日のここ。『Bleuet Bleu』のツアーだから」

凛「しかも最終日。あなたたちお客さん。オーケー?」

加蓮「うん、知ってた」

客席「わははは」

加蓮「でもさ。せっかくのドームだし?」

加蓮「トライアドのドーム公演の予行演習、なんていいかなー、とか」

客席「ぱちぱちぱち」

奈緒「来年のアイドル界をリードするのは、あたしたちトライアドプリムスだー! なんて」

凛「はいはい。いいよ」

凛「パワーアップした私たちを、ひと足先にみんなに観てもらおう。いいよね?」

客席「やったーーー!!」

奈緒「じゃあ、ちょっと準備するから。あいや待たれい!」

凛「……なんで歌舞伎役者?」

客席「わははは」

 奈緒ちゃんと加蓮ちゃんは、インカムを準備する。
 そして、三人がセンターに。



84: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/05(水) 18:24:48.54 ID:9xjrxJ170

”チョコレイト・ディスコ - Perfume”





87: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/06(木) 17:42:52.99 ID:lZNQzHt50

   チョコレイト・ディスコ
   チョコレイト・ディスコ……

 三人のパフォーマンスが始まる。
 会場も一体になる高揚感。

   計算する女の子
   期待してる男の子
   ときめいてる女の子
   気にしないふり男の子

 勝手知ったるなじみの曲ということなのだろう。会場のノリは様式美を描いている。
 それにしても。

楓(盛り上げ方がうまいなあ)

 シンプルなダンスだけど、三人の踊りはものすごい。
 何度も場数をこなしている分、ファンもノリ方を知っているし。
 ごまかしがきかない。

   お願い 想いが届くようにね
   とっても 心こめた甘いの
   お願い 想いが届くといいな
   対決の日が来た

凛「さあいくよー!!」

   チョコレイト・ディスコ
   チョコレイト・ディスコ……

 三人はそれぞれ、サブステージへ散る。
 会場の地鳴りが、大きく拡がった。

 ステージももう最終盤だというのに。
 トライアドのパフォーマンスは、さらに加速している。
 でも、そういうものだ。

楓(アイドル、だもんね)

   お願い 想いが届くようにね
   とっても 心こめた甘いの
   お願い 想いが届くといいな
   なぜか 教室がダンスフロアに

 こうして演じる側は、ファンの後押しが原動力。
 だからステージが後半になるにつれ、パフォーマンスのキレが上がったりする。
 みんなが盛り上がってくれるから。

 その分、出し切りすぎて酸欠になったりもするけど。

楓(がんばれそう……)



88: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/06(木) 17:43:28.47 ID:iiXFnbY90

 彼女たちの圧倒的パフォーマンスに呼応するような、ファンの声援。
 その声が、私を後押しする。

凛「みんなありがとー!」

客席「わああーー!!」

加蓮「いつも以上にすごかったね」

奈緒「あたしたちが負けそうになったよ?」

凛「もうね。サイコーー!!」

客席「いぇーーい!!」

凛「さて。あとひとり、ここにいない人がいるよね?」

加蓮「大トリだよ大トリ。楽しみだよね」

奈緒「……いや、そうやってプレッシャーかけるのってどうなのよ?」

客席「わははは」

 一息、入る。

凛「それじゃあ呼ぶよ。CGプロの歌姫。アクトレス、高垣楓ー!!」

 凛ちゃんのコール。会場の声援が全身に届く。
 さあ、ラストステージへ。
 行こう。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



89: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/06(木) 17:44:26.19 ID:lZNQzHt50

客席「楓さーーーん!!」

 私に向けられた声援にひとつひとつ、手を振って応える。
 この時間がいとおしい。

楓「えっとね?」

凛「うん?」

楓「がんばったごほうびに、裏でこう、ぷしゅっとしようかって……」

 そう言って私は、ビールのプルタブを開けるしぐさをする。

凛「あの、本番中だから、まだ」

客席「わははは」

凛「あと、WOWWOWの放送枠、あと少ししかないし」

楓「あら、そうなの?」

楓「みなさんの応援する姿、映ってますよー。手を振ってみよー」

 客席に視線を移し、私はランプの灯っているカメラを指さす。
 それにあわせ、一斉に手を振る会場のみんな。

奈緒「ま、そんな訳だから、そろそろ全員で」

楓「ちょっと待った」

奈緒「え?」

楓「まだね。奈緒ちゃんや加蓮ちゃんの歌、聴き足りないと思ってる人!」

 私は会場に向け、挙手を求める。

客席「はーーい!!」

客席「聴きたーーーい!!」

奈緒「うええぇ!?」

加蓮「ええっ!?」



90: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/06(木) 17:45:22.38 ID:iiXFnbY90

 ふたりの反応の中に、凛ちゃんが割り込む。

凛「だから、枠少ないって言ってるのに…… え? どっちか1曲ならオッケー?」

 その言葉に、会場から盛大な拍手が。

凛「ほら、期待されてるからさ。ふたりでじゃんけんね。負けたほうが歌う、いい?」

加蓮「ほんとにー?」

奈緒「まあ、みんながそう言うなら、さあ……」

 私と凛ちゃんの打合せ済みのアドリブに、困惑するふたり。
 私はじゃんけんするようはやし立てる。

楓「ほら。ほらほら。私と凛ちゃんが見届けするから」

奈緒「じゃあ、まあ」

加蓮「んー」

 加蓮ちゃんは納得してないようだけど、なんとなく歩み寄る。
 奈緒ちゃんは押しに弱いようだ。

凛「さあいこうか」

凛「レディー!」

奈緒加蓮「最初はグー! じゃんけんぽん!」

 奈緒ちゃんがパー。加蓮ちゃんがチョキ。
 勝負あり。

加蓮「やったー! うれしー!!」

奈緒「マジかぁ!?」

 加蓮ちゃんはぴょんぴょん跳ねまわり、奈緒ちゃんはうなだれる。

凛「勝者、北条加蓮! はーい、奈緒は準備をすること」

楓「じゃあ加蓮ちゃんは、私たちとダンス隊に混ざってね」

 奈緒ちゃんは覚悟を決め、センターに立つ。
 私たち三人は、奈緒ちゃんを囲むようにセット。

奈緒「……クールなあたしを、見せつけてやるぜー!!」



91: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/06(木) 17:45:53.47 ID:lZNQzHt50

”Limit - 横山輝一”





92: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/06(木) 17:46:31.48 ID:iiXFnbY90

 前奏。奈緒ちゃんの表情がクールビューティーに変わる。
 私たちはその雰囲気に、ダンスで応える。

   愛されることに 慣れてたから
   愛する苦しさを 覚えた
   挑戦むような 濡れた瞳に
   動かされて プライドとかすように

 奈緒ちゃんは強い瞳を客席へ向け、堂々と歌う。
 彼女たちとの練習中に、私とあの人は気づいていた。
 奈緒ちゃんは凛ちゃんに負けないくらい、中性的な強い表情を持っている。
 加蓮ちゃんの女性的なカリスマ性とは、逆方向だけど。

 だから、こうしたハードビートの曲でみんなにアピールして欲しかったのだ。

 踊る私たちのスピードが上がり、奈緒ちゃんのトーンが上昇する。

   なぜ なぜ壊せないの スキもみせない
   クールなままじゃ OH 手に入らない
   ただ ただ欲しいだけさ かけひきのない
   キスの先の OH 答えをみせて

 奈緒ちゃんの声が、会場の奥まで響く。
 伸びるハイトーンが、疾走感をアピールする。

 もう客席の視線は、奈緒ちゃんが独り占め。

   なぜ なぜ奪えないの みたこともない
   しなやかさが OH やけにまぶしい
   もう もう止められない ひきかえせない
   つかめないと OH 知っているけど

 声を振り絞り、奈緒ちゃんが歌い上げる。
 そしてマイクを持つ手を、高く突き上げた。

客席「かっこいいーー!!」

客席「さいこーー!!」

 やり切った彼女は、満足そうな笑みを浮かべてお辞儀をする。
 私たちは、再び彼女を取り囲み、フィニッシュ。

奈緒「みんな、ありがとね」



96: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/07(金) 17:33:21.63 ID:BBkDqiCr0

 客席からは万雷の拍手。
 私たちはそのままの勢いで進む。

加蓮「さあ! 四人そろったよ!」

奈緒「お待ちかねのアレ、いくよ」

楓「私たちのテーマ曲」

凛「みんなも一緒にね!」

 会場のみんなと、タイトルコール。

全員『お願い!シンデレラ!』――



97: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/07(金) 17:34:10.17 ID:BBkDqiCr0

   お願い! シンデレラ
   夢は夢で終われない
   動き始めてる 輝く日のために

 CGプロのタイトルチューン。
 私たちのステージではおなじみの曲。

客席「はい! はい! はい! ……」

   エヴリデイ どんなときも キュートハート 持ってたい
   ピンチもサバイバルも クールに越えたい
   アップデイト 無敵なパッション くじけ心 更新
   私に出来ることだけを 重ねて

 ファンのみんなと一体になった、いわゆる様式美。
 こうして一緒に盛り上がれるというのは、なんて幸せなことだろう。

   魔法が解けないように
   リアルなスキル 巡るミラクル 信じてる

凛「さあいくよー!」

   お願い! シンデレラ
   夢は夢で終われない
   叶えるよ 星に願いをかけたなら
   みつけよう! MyOnlyStar
   まだまだ小さいけど
   光り始めてる 輝く日のために

 夢は夢で終われない。
 事務所には、これからのシンデレラを夢見る少女たちが、大勢いる。
 彼女たちも、この場所を夢見て、この歌を継いでいくのだろうか。

 こうして夢の舞台に立っていることが、私の夢であったわけじゃない。
 偶然の出会いがあって。

楓(王子様なのかな?)

 私は、あの人のシンデレラになれたのだろうか。
 サイリウムのじゅうたんの中、ふと思う。

   涙のあとには
   また笑って
   スマートにね
   でも可愛く
   進もう!

客席「うおおおーーーーー!!!」

奈緒「まだまだ終わんないぜー!!」



98: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/07(金) 17:34:41.20 ID:BBkDqiCr0

”Aquarius ~ Let the Sunshine In - The Fifth Dimension”





99: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/07(金) 17:35:27.59 ID:BBkDqiCr0

 照明が暗転し、私たち四人にスポットが当たる。
 私と凛ちゃんは、それぞれマイクを掲げ、歌いだす。

凛楓『When the moon is in the Seventh House』

   And Jupiter aligns with Mars
   Then peace will guide the planets
   And love will steer the stars

 ゆっくりと前方に歩む私たちに、加蓮ちゃんと奈緒ちゃんが加わった。

   This is the dawning of the age of Aquarius
   Age of Aquarius

 四人が立ち位置に整列し、歌い上げる。

凛奈緒加蓮楓『Aquarius! Aquarius!』

 その場で、私たちはステップを踏み、リズムをとった。

奈緒加蓮『Harmony and understanding Sympathy and trust abounding』

奈緒加蓮『No more falsehoods or derisions Golden living dreams of visions』

凛楓『Mystic crystal revelation』

奈緒加蓮『And the mind's true liberation』

凛奈緒加蓮楓『Aquarius! Aquarius!』

 歌に合わせて、ファンのみんなが左右に揺れる。
 ドームが幻想的な光景に包まれる。

   When the moon is in the Seventh House
   And Jupiter aligns with Mars
   Then peace will guide the planets
   And love will steer the stars

 四人で歌うことも、これが最後。
 私はできるだけ感傷的にならずに、会場のみんなと楽しむよう歌う。

   This is the dawning of the age of Aquarius
   Age of Aquarius

凛「みんなで歌うよー!!」

   Aquarius! Aquarius!



100: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/07(金) 17:36:09.99 ID:BBkDqiCr0

奈緒「もっと大きく!!」

   Aquarius! Aquarius!

加蓮「まだまだー!!」

   Aquarius! Aquarius!

楓「私たちに聴かせて!!」

   Aquarius! Aquarius!

 曲調が変わった。四人が激しく踊りながら歌う。

   Let the sunshine, let the sunshine in,
   the sunshine in

凛「手拍子! 小さいよ!」

   Let the sunshine, let the sunshine in,
   the sunshine in

楓「もっともっと!!」

   Let the sunshine, let the sunshine in,
   the sunshine in

   Let the sunshine, let the sunshine in,
   the sunshine in ――

 熱狂が会場を埋め尽くす。
 私たちは、力の限り歌い切り。

楓(うれしい……)

 そして幕を下ろす。

客席「わあああーーーー!!!」

客席「アンコール! アンコール! ……」

 そして……


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



104: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/10(月) 17:33:43.96 ID:q6kZz9p90

客席「凛ちゃーーん!!!」

客席「楓さーーん!!!」

 予定のアンコール曲を終え、会場に明かりが灯っても。
 ファンのみんなは帰ろうとしない。

 今日で『Bleuet Bleu』の活動は終了。そして。
 私の、活動休止。

 惜しんでいる。みんなが、私たちを。
 拍手が鳴り止まない。

楓「……Pさん。凛ちゃん」

P「はい」

凛「うん」

楓「もう一曲だけ、わがまま。許してくれますか?」

 私の懇願に、あの人も凛ちゃんも首肯する。
 私は深くお辞儀をした。

客席「お? わあああ!!」

客席「凛ちゃーーん!! 楓さーーん!!」

 もう一度だけ会場の明かりが落とされ、私たちはステージへ登った。
 そして、凛ちゃんに促され。私はセンターに立つ。
 あの人が指示を出し、ステージの明かりが徐々に落とされ、私にピンスポットが当たる。
 準備は整った。

楓「ほんとに、こんなに遅くまで。ありがとうございます」

楓「まだこうして私たちを待っていてくれたこと、感謝しますね」

 こうして無事最終日を迎えて、まだ正直、感慨とかそういうの、湧いてないんです。
 そして、今日でお休みに入ることも。

客席「えーーー!!」

客席「やだあーー!!」

 皆さんもご存じの通り、このステージが終わったら、私はお休みをいただくことになりました。
 あの。
 ……なんて言ったらいいんでしょうね?

客席「……」

 えっと。
 デビューして3年。まだ3年なのか。もう3年なのか。
 私にも、よくわかりません。
 ただ。ずっと休みなく走ってきたなあ、って。
 そんな気は、します。

 でも、皆さんの前でこうして歌って、皆さんが応援してくれて。
 充実しています。ありがとう。

客席「ぱちぱちぱちぱち……」

 拍手、ありがと。
 そして『Bleuet Bleu』っていう、私にとっては未知の体験?
 それも、すごく楽しくて、新鮮で。
 それはきっと、横にいる凛ちゃんのおかげです。
 凛ちゃんに拍手を。

客席「ぱちぱちぱちぱち……」



105: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/10(月) 17:34:29.10 ID:q6kZz9p90

 このユニットで皆さんと歩いてきて、思ったことがあります。
 私には、まだ別のことができるんじゃないかな、って。
 アイドル『高垣楓』としてではなく、もっと別の関わり方もあるかな、って。
 そんなことを、思いました。

 でも。
 私にいろんなことがあっても。
 私がいろんなことを思っても。
 いつもファンの皆さんがいてくれて、応援してくれて。
 励ましてくれて、温かく見つめて……くれて。

楓「あ……れ……」

 気が付けば、ぽろぽろと。
 涙を止められない自分が、いた。

楓「みんな……ありが、と……ごめんね……」

 ダメだ。
 最後まできちんと言おうとしてるのに。
 なんで私の涙腺は、私の言うことを聞いてくれないのだろう。

楓「ごめんね……ほん、と……ごめ……」

客席「楓さーーん!!」

客席「大丈夫だよーー!!」

客席「応援してるよーー!!」

 凛ちゃんが私のそばに来て、私を優しく抱きしめる。
 私はそれ以上声にならず、しばし泣くばかり。

 会場のみんなは、ずっと温かい拍手を送ってくれた。

楓「ほんと、泣いちゃって……ごめんなさい」

楓「でも、こんな時は。こう言うんです」



106: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/10(月) 17:35:08.38 ID:q6kZz9p90

『ごめんなさい』じゃなくて、『ありがとう』って。



107: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/10(月) 17:35:50.69 ID:q6kZz9p90

楓「『ありがとう』って、いい言葉ですよね」

 ありがとうって言うと、心がハッピーに。
 ありがとうって言われると、心がハッピーに。
 お互いに、幸せ。

 だから、皆さんに。
 ありがとう。

 お休みをいただいて、きっと新しい高垣楓になります。
 そして、また皆さんと会いたいです。
 だから、ちょっとだけ。
 皆さんが、背中、押してください。

客席「楓さん、ありがとーー!!」

客席「必ず戻ってきてねーー!!」

客席「ありがとーー!!」

 ありがとうの言葉が、会場に響く。
 私はこの声援を聞いてまた泣きそうになるけど、でも、もう大丈夫。
 みんなが、背中を押してくれた。

楓「ほんとに、ありがと」

楓「皆さんと私の縁が、これからも続くよう、この曲を贈ります」

楓「みんなに届きますように……『手紙』」



108: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/10(月) 17:39:07.89 ID:q6kZz9p90

”手紙 - 諌山実生”



109: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/10(月) 17:39:38.48 ID:q6kZz9p90

 凛ちゃんの叩くカホンが、優しく響く。
 私は、みんなの導きにひかれるように、歌いだす。

   遠く遠く 離れていても
   君が泣いた時は 会いに行くよ

 私にはいつも、信じられる人がいる。
 かけがえのない存在に守られて、生きている。

   いつも同じ電車で 人波の中へ
   都会(ここ)なら 夢は叶うと信じてた

 東京へ出て、あの人と出会って。
 私の歩む道は、いつも私の想像を超えて開けていて。

   遠く遠く 離れていても
   君がそこにいるから 僕は行ける

 ファンという、得がたい存在があって。
 私は、ここまでやってこれた。

   “次に会えるのはいつ?”電話の向こう
   ここまで 一体何をしに来たんだろう…

 心に不安があるときも、惑ってる時も。
 私には、私を見守ってくれる人たちがいて。
 それは、とても幸福なことで。

   次に会える時には 一歩でも前に進めてたなら
   そんな自分を見せたい そんな自分で会いたい

 時に矮小とも思える自分を、信じて求めてくれる人がいたから。
 走ってこれた。

   遠く遠く 離れてるから
   余計愛しく思う どんな時も

 みんな、ありがとう。
 大好きです。

   遠く遠く 離れていても
   君が泣いた時は 会いに行くよ

 そして、Pさん。
 いつもありがとう。

 ……愛してます。

   どんな時も 会いに行くよ

 どうしてもこらえきれない涙もそのままに。
 私は、最後まで歌い切る。

 客席のみんなは、私の歌にじっと耳を傾けていた。
 そして、誰ともなく拍手が起こる。

客席「ぱちぱちぱちぱち……」

客席「ぱちぱちぱちぱち……」

客席「わあああーーー!!」

 拍手はいつか、歓声へと変わる。
 ありがとう。
 ありがとう。

 ドームのステージに、涙と感謝を携えて。
 私は、マイクを置いた。

 また、いつか。
 会える日まで。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



113: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/12(水) 17:51:23.08 ID:YF7uanpd0

 春の日差しが、事務所を温かく照らす。
 4月。

凛「楓さん、ちひろさん、おはよう」

ちひろ「おはようございます」

楓「凛ちゃん、おはよう」

 あの日から、1年4ヶ月。
 私は相変わらず、事務所にいる。

 ナレーションの仕事を終え、私が活動休止に入っても、メディアはそうそう関心を手放すはずもなく。
 しばらく、私の行動を追いかけていた。
 その間レッスンを受けたりして、注目をそらしていたりもした。が。

楓「……これじゃ、いつもと変わりませんね」

 私はため息をつく。

P「まあ、しばらくの辛抱ですよ」

楓「わかってはいるんですけど……」

 こんな調子じゃ、あの人と新しい生活なんて夢のまた夢。
 そんなことを考えていると。

P「そうそう。楓さんにお願いがあるんです」

楓「なんです?」

P「実はですね」



114: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/12(水) 17:51:53.02 ID:YF7uanpd0

 あの人から打ち明けられたこと。それに私は納得して、こうしていまだ事務所にいるのだ。

ちひろ「楓さん。次は、この書類お願いします」

楓「わかりました」

 今の私の肩書は、『CGプロ総務部 庶務担当』。
 そう。
 私はちひろさんの部下になったのだ。
 そして。

ちひろ「そういえば、Pさんは元気にしてます?」

楓「……ええ、相変わらず」

 あの人はもう、事務所にいない。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



115: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/12(水) 17:52:32.65 ID:YF7uanpd0

P「独立しようと思うんですよ」

楓「え?」

 ある日。
 大将の店でいつものように呑んでいると、あの人は突然そう告げた。

P「個人事務所を設立するつもりです」

楓「え、どうして、ですか?」

 私が活動休止した後のことを、あの人とまったく話をしなかった訳じゃない。
 私たちはこれからも一緒にいることを、ベッドの中で約束している。

P「まあ、僕自身はこのまま事務所勤めもいいかなあ、と思ってたんですけど」

P「社長がね、勧めてくれてるんです」

楓「?」

 よくわからない。
 活動休止のあと、あの人は再びトライアドの担当になる予定だ。
 まだ凛ちゃんたちには発表していないけど。

P「社長が『作編曲も含めた総合プロデュースを、やったほうがいい』と」

P「『そうなれば、この事務所の縛りがないほうが、いろいろ都合がいい』と」

 あの人は話を続ける。

P「僕にはまだ早い気がして、断っていたんですけどね」

P「社長のところには、プロデュースの話が舞い込んでいるそうです。他のプロのアイドルの」

 そうなのか。
 確かに、ずっと一緒にやってきて感じていた。
 あの人はもっといろいろなプロデュースができるんじゃないか、と。
 見てる人は見てる。あの人の才能を。

 まさか、事務所を超えたプロデュース依頼が来ているとは。

P「いろいろ考えたんですけどね……根がぐーたらなので、宮仕えのほうが楽なんですけど」

P「でも、ここが勝負の時かな、と」

P「楓さんと所帯を持つこと、ずっと考えてましたからね」

 そう言ってあの人は、私に微笑みを投げる。
 そして、その顔は真剣みを増す。

P「楓さん」

楓「……はい」

 来た。
 そう思った。

P「……結婚してください」



116: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/12(水) 17:53:10.50 ID:YF7uanpd0

 待っていた、この言葉を。
 プロポーズのとき、どれほどの喜びが沸くだろうと勝手に想像していたけど。
 でも、私に訪れたのは、よかったという安堵の気持ちだけだった。

楓「……謹んでお受けします」

 なんとも盛り上がらない気持ちに驚きながら、私はあの人のプロポーズを受ける。
 でも。
 それだけ密度の濃いお付き合いをしていたのかな?
 そう自分を納得させる。

P「うん、よかった」

楓「ひょっとして、お断りすると思ってました?」

P「いえ? 全然」

楓「あらひどい」

P「今更じゃないですか。だって僕たちは」

P「一心同体ですから」

 くすっ。
 それもそうだ。

楓「じゃあこれからも、離れられませんね」

P「僕が困ります。楓さんなしには、生きていけませんから」

楓「そうですか。じゃあ、しっかりお世話いたしますね?」

楓「ふふっ」

P「ははは」

 そして、独立したあとの話をする。

P「プロデュース業だけなら、チーフのとこにお世話になるって手もあるんですけど」

P「社長がですね、『この際だから、名前も売っておけ』と」

楓「はあ」

P「ただ個人事務所ですから、いろいろやることも多いわけで」

P「楓さんには、事務仕事もろもろをお願いしないとならないかなあ、と思いまして」

楓「それで、ちひろさんの仕事を覚えてくれ、と」

P「そういうことです」

 あの人がどうがんばっても、身体はひとつしかない。
 私はあの人の妻として、サポートに徹する。
 つまりは。

楓「糟糠の妻、ということですね?」

P「……よろしくお願いします」

 私としては、願ったり。
 今まで、あの人のおかげで輝いた日々を過ごしてきたのだから。
 今度は、私はあの人を輝かせる番。



117: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/12(水) 17:55:27.43 ID:YF7uanpd0

 そういういきさつがあり、私はアイドルの看板を下ろし、ちひろさんと一緒に事務屋さんになった。
 遅ればせながら、普通のOL生活を謳歌している。
 なかなか楽しい。

 活動休止から3ヶ月。メディアもそろそろ諦めてくれる頃。
 私とあの人は、独立に向けてスケジュールを詰めていく。
 社長と何度となく話し合いが行われ、あの人の退社は翌年3月末と決まった。
 私はその後を追うように、6月末での退社。
 3ヶ月ずらすのは、個人事務所の活動が落ち着く期間を見越してのことと。
 株主向けに、決算期に合わせたこと。
 そこは会社という組織の性。致し方ない。

凛「Pさんが担当に戻ってくるって!?」

 凛ちゃんが驚いた表情で、あの人に詰め寄っている。

P「どっから聞いた? その話」

凛「チーフさん」

P「まったく、フライングもいいとこじゃん……」

 あの人はやれやれと、顔を伏せる。

P「ああ、本当だ。正式には近々、社長から話があると思う」

P「で、一応訊いておくが。奈緒と加蓮はこのこと……」

凛「知ってる」

 あの人は、やっぱりという表情を見せた。
 チーフさんのリークはあったものの、社長から正式に担当移行の話がトライアドの三人になされる。

社長「そういうことで、引き続き三人にはがんばっていただきます。よろしくお願いします」

凛奈緒加蓮「はい!」

凛「ところでPさん」

P「ん?」

凛「チーフさんとこは、もううちの事務所の担当しないの?」

P「いや? チーフのとこには、うちの次世代をお願いしてるさ」

凛「え? 誰?」

P「誰だと思う?」

凛「……わかんない」

P「『ロック・ザ・ビート』だよ」



118: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/12(水) 17:56:02.32 ID:YF7uanpd0

凛「ああ、なるほど」

 チーフさんのところとは相変わらずよい関係であるよう、次にプッシュしているユニットをお願いしてある。
 夏樹ちゃんと李衣菜ちゃんのデュオ、『ロック・ザ・ビート』。
 ユニットデビューが決まったのだ。

李衣菜「ふっふっふ。フェイス・ザ・フェイスとの共演が、あたしを待ってるぜ……」

 李衣菜ちゃんはいつになく静かに燃えているけど。

夏樹「ま、実現するかはだりー次第、かな」

李衣菜「ぶー。ひどーい」

 夏樹ちゃんは冷静に、自分の立ち位置を把握している。
 とはいえ、彼女たちはヴィジュアル的に申し分なく、音楽の才能も確か。
 方向性さえしっかりしていれば、絶対に売れる。

 チーフさんに仕事をお願いするのも、むしろ当然の結果であった。
 あわただしく、諸々のことが動いていく。
 私は、その動きを後ろからサポートする。

ちひろ「また忙しくなりますね」

 いや、まだまだ私は見習い。ちひろさんに手取り足取り教わっている最中。
 がんばらないと。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



119: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/12(水) 17:57:23.53 ID:YF7uanpd0

大将「なんだ、俺たちにか?」

P「いや、楓と話し合って決めたんですけどね」

大将「ほほお。楓、ねえ」

 6月。
 私とあの人は、私の誕生日に入籍をしようと決めていた。
 もちろん、事務所のことやゴシップのことを念頭に入れているので、式を挙げるまでには至らない。
 でも。
 これはけじめであり、責任。
 私たちは運命を共にすると、宣言するのだ。

楓「大将。私が言ったんです。呼び捨てにしてくださいって」

大将「いいねいいねえ。こいつがデレッデレのとこ見られるなんてな」

 大将のからかいに、あの人はいっそう顔を赤らめる。
 将来を約束しているのに、いまだに『さん』付けなのが、どうにも引っかかっていた。
 私の無茶ぶりに、あの人は真摯に応えようとしてくれる。
 なんとまあ、どこまでもまじめというか。

大将「ま、おめでたいことだ。喜んで引き受けるさ」

P「大将、ありがとう」

楓「ほんと、ありがとうございます。奥様にもよろしくと」

 籍を入れるにあたって、私のわがままをひとつだけ。
 婚姻届の保証人を、大将とはづきさんにお願いしたい、と。
 あの人は喜んで賛同し、今こうしてお願いしている。

 お互いいい歳だから、このまま提出してもよさそうなものだけど。
 あの人は、きちんと私の実家へ伺いを立てた。
 両親は、私がアイドルになったときより驚いていた。
 でも決して反対することはなく、祝福してくれた。

 お父さんお母さん、ありがとう。あなたたちの娘で、よかった。

 届を提出し、晴れて夫婦に。
 窓口で「6月14日。確かに受理しました。おめでとうございます」と、機械的に言われ。

楓「なんか、こう。もやっとするような……」

 そういう釈然としないところも、いい思い出。

楓「ねえ、Pさん」

P「はい?」

楓「手、つなぎませんか?」



120: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/12(水) 17:57:53.41 ID:YF7uanpd0

P「……いいですね」

 私たちは手を携え、事務所へ報告に向かった。

社長「そうでしたか。おめでとうございます」

P「ありがとうございます」

楓「ありがとうございます」

社長「まあ、公表できるような状況じゃないのが残念ですけど。でも」

社長「私や事務所のみんなは、あなたがたの幸せを、祈ってますよ」

 社長の言葉にふたり、うなずく。
 おおっぴらにできないことは百も承知。それでも、私たちを応援してくれる人たちがいることを知ってるから。
 こうして、ふたり歩いて行ける。

社長「そういや、渋谷さんたちには、話をしましたか?」

P「いえ、まだ」

社長「なら、早めに言ったほうがいい。待ちくたびれてますからね、彼女たち」

 社長は笑った。
 ちひろさんにも報告したけど、なにやら「扶養されたい……私も扶養されたい……」などとつぶやいていた。

 その日の夕方。
 トライアドの三人は、夏に発売するアルバムのレッスンで忙しい。
 そのレッスンに、なぜか私も立ち会っていた。あの人の要請だ。
 ただの一事務員がこうして参加しているのは、少々違和感があるけど。

奈緒「ようやくかあ!」

加蓮「おめでとー! ねえねえ結婚式には呼んでね!」

 奈緒ちゃんと加蓮ちゃんは、満面の笑みで喜びを表現している。
 凛ちゃんはというと。

凛「そっか。おめでと」

 相変わらずのクールビューティー。

 実は凛ちゃんにだけあらかじめ、入籍日を打ち明けていた。
 なんと言うか、特に思い入れのある妹分だけに、なんか話しておかないとという気分になったのだ。
 そのときに凛ちゃんが号泣したことは、あの人にすら打ち明けていない。
 彼女のうれし泣きは、私だけのもの。

P「それから。みんなに大事な話がある」

P「来年の3月に、僕は事務所を退社することになった」

凛「え?」

奈緒「え?」

加蓮「え?」



121: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/12(水) 17:58:30.34 ID:YF7uanpd0

 青天の霹靂。
 彼女たちの表情が一気に曇る。

凛「そ、それって……」

P「あー、心配するな。お前たちのプロデュースは続ける」

奈緒「いや、でも事務所やめるって」

P「事務所はやめるけど、別にいやになったからっていう訳じゃない」

P「独立することになったんだ、プロデューサーとして」

 彼女たちの不安の表情は消えない。
 私が、補足をする。

楓「つまり、チーフさんとこと同じような関係になるの。Pさんと私で個人事務所を設立して、CGプロと業務委託の契約を結ぶ」

楓「だから、凛ちゃんたちとは、今まで通り」

 その言葉を聞いて、ようやくイメージがつかめたらしい。
 三人とも安堵の表情に変わる。

凛「でも、どうして? 事務所をやめなくても」

P「まあ、その方が都合がいい、ってことにしておいてくれ。それから」

P「次のお前たちのフルアルバム、僕の名前が出ることになる」

 あの人は今までも、所属アイドルのプロデュースを手掛けていたけど、表に名前が出ることはなかった。
 Pという一プロデューサーの、表に出るための作品。それがトライアドのニューアルバム。
 これほどのインパクトは、そうない。

 三人の瞳に、炎が宿る。

凛「そっか……なら、絶対いいものにしないとね」

奈緒「やる気がみなぎってくるね」

加蓮「うん、Pさんの自信作、きっとヒットさせてみせるよ」

 彼女たちなら、きっとやってくれるだろう。
 そう信じている。

P「ああ、そうそう。楓には共同プロデュースで参加してもらうから」

楓「え!? Pさん、ちょっと待って……」

P「ん? だってファンの前で宣言したでしょう?」

P「新しい高垣楓で、会いたい、って」

楓「!!」

 なんと。
 私の意図しないところで、そんな話になっているとは。

凛「そっか。ふふっ。ふふふっ」

 凛ちゃんは笑いをこらえられない。

凛「よろしくお願いしますね? 高垣プロデューサー?」

 ああ、もう。
 結局のところ、私は巻き込まれるようにアルバム制作に参加し。
 ライナーのクレジットに”Co-Producer:高垣楓”を記すこととなった。


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



122: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/12(水) 17:58:57.35 ID:YF7uanpd0

 トライアドのアルバムはその年一番のスマッシュヒットとなり、年末の音楽イベントを総なめにした。
 私がプロデュースで参加したことは、小さく報道されたものの。
 その記事は業界の波に、静かに埋もれていく。
『高垣楓』の名前は人々の記憶の、ほんの片隅に残る、そんな存在となった。

 トライアドプリムスの勢いは止まらない。
 年が明け3月に発売したアルバムも、順調に売れている。
 そして3月の吉日。あの人が退社する。

P「えー、なんと言いますか。わざわざこんな盛大に歓送会を開いていただき、大変感謝します」

P「多くは言いません。今まで大変お世話になりました」

P「とはいっても、これからも皆さんと一緒に仕事をさせていただくことになってますので、結局変わらないんですけど」

 その言葉に、事務所のみんなが笑う。

P「でも、お互いによい緊張を持って、これからもがんばっていきましょう」

P「どうぞこれからも、よろしくお願いします」

 あの人は深々とお辞儀をした。

スタッフ「ぱちぱちぱち……」

 拍手の中、私は花束を持ち、あの人に渡す。

楓「お疲れさまでした。これからも、よろしくお願いしますね?」

 凛ちゃんが作ってくれた特製の花束。
 あの人はうれしそうに、それを眺める。

P「ありがとう」

 事務所内で、私たちは結婚していることは周知の事実なのだけど。
 でも、今日だけは。
 あの人は、送られる人。私は、送る人。

 あの人の机はしばし、空席となった。

―――
――



123: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/12(水) 17:59:34.49 ID:YF7uanpd0

ちひろ「まあ、元気そうならなによりです」

楓「仕事も忙しそうですけど、ちょっと別のことで」

ちひろ「あら」

楓「ふたりで話し合ったんです。独立するならせっかくだから、家建てちゃうか、なんて」

ちひろ「ええ!? マイホームですか!?」

楓「まあ、レッスンルームを完備したとこなんて、そうないですし」

楓「私の稼ぎで、頭金くらいはなんとか……」

 いきなりのマイホーム発言に、ちひろさんは目を白黒している。

ちひろ「いやいや、そりゃぽーんと払えるんでしょうけど、でも」

楓「将来、子供ができたときに。のびのび育てられたらなんて……」

 まったく気の早い話だとは思う。
 でも、憧れなのだ。あの人と私と子供たちの、小さな幸せ。

ちひろ「……親バカになりそうですね。Pさんも楓さんも」

楓「そうでしょうか?」

ちひろ「……ごちそうさま」

 ちひろさんはやれやれというそぶりを見せた。

凛「そのレッスンルームは、もちろん私たちがお世話になるからね」

 スケジュールボードを確認した凛ちゃんが戻ってくる。

楓「お帰りなさい。まあいつになるか、わからないけどね」

凛「ううん。いつだっていい」

凛「私と楓さんの関係は、ずっと続くから」



124: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/12(水) 18:00:07.79 ID:YF7uanpd0

楓「……ふふっ。そうね」

凛「そうそう。今日はレッスンに顔出してもらえるのかな?」

楓「そうね……こっちの書類仕事が片付いたら、行ってみるわ」

凛「そう。待ってるね」

凛「じゃあ楓さん、ちひろさん。行ってきます」

ちひろ「はい。いってらっしゃい」

楓「じゃあ、またあとで」

 凛ちゃんはレッスンに向かう。
 私とちひろさんは、書類仕事に戻った。

ちひろ「でも、事務方とプロデュース業、大変じゃないですか?」

楓「正直大変ですけど、でも楽しいですよ。かわいい後輩たちと一緒の仕事は、目の保養です」

ちひろ「ふふふ、ですよねー。ほんと眼福眼福」

 二足のわらじというほどじゃないけど、忙しい。
 でも、あの人はこの忙しさをこなしてきた。私もがんばらないと。
 あの人に近づけることが、今は楽しくて仕方ない。

ちひろ「さ、続きがんばろーっと」

 電話が鳴る。私はいつものように、受話器を取った。

楓「はい。CGプロでございます……」


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



125: ◆eBIiXi2191ZO:2014/02/12(水) 18:00:37.92 ID:YF7uanpd0

「いいお酒が入ったので」

(了)



転載元
モバP「いいお酒が手に入ったので」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371785287/
モバP「いいお酒が手に入ったので」その2
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1389947445/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (91)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月13日 21:21
          • 5 この文章量すごいな、内容もすばらしい
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月13日 21:26
          • 長い
            それだけで読む気にならない
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月13日 21:32
          • 読者様がいますね^ ^
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月13日 21:43
          • この長さで前後編!?
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月13日 21:48
          • これ書き上げるのに二週間くらいかかるだろw
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月13日 21:59
          • 5 ずっと追っかけてたわ
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月13日 22:21
          • どんな話?
            産業で話して事務員の人!
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月13日 22:51
          • >>7アイドル高垣楓が、デビューしてから引退する迄を描いた、リアルでありそうでないフィクション
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月13日 23:15
          • 5 寝たいのに読んじまった……畜生……畜生……!
            結構好き嫌い割れると思うけど俺はめっちゃ好きだった。
            楓さん一人称って珍しいかも。
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月13日 23:19
          • 5
            ここの楓さんは25歳児とは呼べないな……楓さんマジ28歳

            しかし読了後の満足感が心地いい
            掌~中編の小気味いいSSが好きだけど、これくらいボリュームあるのもたまにはいいな
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月13日 23:21
          • 長いのは確かだが読み応えあるって感じだわ
            すごく丁寧で面白かった
            登場アイドルもオリジナルな脇もキャラに好感もてた
            いいもん読ませて貰ったわ、ありがとう
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月13日 23:52
          • 5 大ボリュームだけど読んで良かった
            本当にお疲れ様です
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 00:00
          • 5 非常に面白かった。
            最初の書き込み見ると去年の6月・・・
            足掛け8ヶ月か。良いもん見せてもらったよ。
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 00:04
          • 5 ショートではないけれど、すごく楽しめた!
            やっぱり長編もいいね
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 00:20
          • ※7




            オーソドックスなんたらと同じ人かな?公式設定の歪め方に同じ匂いを感じた
            面白かったから別にいいんだけど
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 00:25
          • 5 よく失踪せずに書き切ったな•••
            良いもの読ませて頂きました。
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 00:35
          • 5 マジで感動したわ…
            文章力とハッピーエンドに乾杯したくなった
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 00:36
          • 楓さんがさらに好きになった!
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 00:58
          • 超ボリュームだし内容も面白いしいうことないね。
            足掛け8ヶ月お疲れさん!
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 01:01
          • 5 読む前は長いなーって思ったけど、気づいたら読み終えてたwww
            そのくらい、文章がすんなり頭の中に入ってきた。
            素晴らしい。
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 01:05
          • 5 適当に表現できる言葉が見つからないけど、良作。
            完走させてくれてありがとう、そしてお疲れ様です。
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 01:09
          • この程度で読む気にならないって
            活字離れはゆゆしき事態ですなあ(棒読み)

            台本形式だけじゃなくて地の文ありもやっぱりええわ
            モバマスでたまに出てくる最早SSとは呼べないレベルの長さのSSは基本的に良作揃いだから期待して読むけどその期待に応えてくれるなあ本当に
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 01:15
          • 5 力作、御見事です、皆のライブ楽しませていただきました
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 01:38
          • 5 SSで泣いたのは初めてですな。
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 01:48
          • 5 長い…んだけど読んじまった…素直に良いSSだった
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 01:49
          • 5 長い
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 01:57
          • 5 初めてコメントしようと思いコメントを書き込むまで至った。地の文がストンと収まる作品でした。
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 01:57
          • 5 いいなぁ楓さんいいなぁ!
            俺もこんな恋愛したい
            おうし誰か穴よこせ
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 02:00
          • 内容は良いんだけどモバマスでやる必要は無いような
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 02:03
          • マジ泣きした自分にびっくりした
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 02:29
          • 確かに長かった、長かったがテンポは悪くない、
            多少疲れるけどもw
            だけども、読み応えがあっていいSSでしたわ。

            …よく知らない歌の歌詞部分は飛ばして読んだけどね。
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 02:36
          • 5 ライブシーンの音楽等も含めてじっくり味わっていたら2時間半も経ってしまいました。ありきたりな言葉ですが、とても面白かったです。
            凛ちゃんと楓さんの関係がとてもすてきでした。大将や、社長さんにちひろさん、トライアドの3人など色々な人たちがPと楓さんの恋愛を支えてくれていて、なんだかすごくあったかくなりました。
            自分はごく最近モバマスを始めた程度の知識しかないのですが、だからこそなのかもしれませんが、物語がすうっと流れてきました。本当に本当に面白かったです。長きにわたる完走お疲れ様でした。

            北海道でサッポロをのみたーい
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 02:39
          • 前編後編にわけるやつって地の文入れまくりで詩的だよなと開いたらまんまでわろた
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 03:08
          • 5 もちろん良い意味で、倉田悠子の文章のような懐かしい爽快感を感じた。
            一気に読めたまとめにも感謝。
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 03:22
          • いや~、ええもん読んだな~。
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 03:30
          • 5 歌詞の引用とかはちょっと好みでは無かったけれど、とても素敵なSSだった
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 03:54
          • 長かったけどハッピーエンドでよかった、
            あと、ちひろさんは俺が扶養しますよ!
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 04:24
          • 5 かなりボリュームがあったから途中で飽きると思ってたけど
            面白くて最後まで読み切ってしまった。
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 05:07
          • 5 確かにちょっと長めだけど、読みやすくてよかった。
            とりあえず凛ちゃん楓さんのこと好きすぎるやろw
            しかしまさかモバマスSSで横山輝一の曲を見るとは思ってなかった……
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 05:15
          • 5 すごい綺麗にまとまってて感動した。
            ライブシーンの歌詞の演出がそれぞれにピタリとはまっててトライアドや楓さんのパフォーマンスが浮かんできた。
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 05:55
          • 良かったよ、だいぶ読むのに疲れたがw
            芸能界の細かい描写を見るにその手の関係者なのかなーと邪推してみたり
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 06:00
          • これはSSというより小説に近い
            やはり知識量が凄いと世界観がリアルなる
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 06:40
          • 5 感謝!
            モバマスと作者に圧倒的感謝!!
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 09:02
          • 5 裏方の動きとかがリアルに描写されてて、そこらのアイマスSSとは五味ぐらいは違う大作でした。

            アイドルの発足から引退までを丁寧に書くとこうなるんだなと思った一方で、これはアイマスモバマスの世界観としてはかなりへヴィーな部類だと思う。

            現実から見たらリアルな世界観だけど、アイマスモバマスの舞台として見たらこんなん無理ゲーです、血反吐で溺れ死ぬw
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 10:26
          • 5 アイドルとプロデューサーの着地点ってこの辺りなんだろうね。
            ssをこんなに長時間見たの初めてだよ
            書いた人お疲れさん。
            やっぱり楓さんが、ナンバーワン!
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 10:44
          • 5 これは素晴らしい。すごく丁寧に言葉を選んでるのが分かる。
            そして全員にすごい愛情を感じる。めったに読めない力作。お見事です。
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 11:00
          • 4 手軽に読めるし、SSとしてはレベル高いな

            ただ小説うんぬんと評価されるほどの物ではないだろ
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 11:15
          • 楓さん、よく頑張りましたね

            お疲れ様です

            そしておめでとう

            お幸せに
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 14:39
          • 5 ふう、ようやく読み切った
            こんな長編SSを読んだのは 『凛「私は負けない」』  『翠色の絨毯で』 以来だな
            文章から書き手のキャラとモバマスに対する愛が伝わってくる良作だ
            作者さん、力作ありがとうございます そして8か月間お疲れ様でした

            それにしてもこのSS、文章量及び構成といい、CGプロの設定といい、ライブシーンに既存の曲を入れてくる書き方
            といい、『凛「私は負けない」』 と同じ人が書いてるのか?

            トラプリ3人娘の年齢設定は
            凛:18歳、奈緒:20歳、加蓮:19歳 でいいのかな
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 22:57
          • 作者の愛情と才能を感じさせる力作だった
            よくあんなポチポチゲーからここまで膨らませたものだと思う
            この人の文才が世の中でもっと花開いて欲しい
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 23:48
          • これはアイドル界というか、芸能界に関わりないと書けないような気がする
            とにかくただならないものを感じた
            作者さんがどういった人なのか気になる
            とはいえ、この文量なのに大したていこうかんもなく読めました。
            すごい。ただこの一言
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月15日 01:31
          • モバマスでやる必要無いだろとか言ってるやついるけどオリジナルのキャラ(男とか女でよく書かれてるあんな感じ)だったら感情移入とか出来ないだろ...
            モバマスの楓さんでやるから意味のあるSSだったんだと思うけどなぁ
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月15日 04:05
          • ハッピーエンドで良かった。
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月15日 08:31
          • 秀逸。
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月15日 16:50
          • 長すぎ。楓さんの話じゃなきゃ読めなかったな
            面白かったけど
          • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月15日 18:06
          • 5 長い
            でも充分読む価値有りですわ

            おもしろかった、次の作品も楽しみにしてますわ
          • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月15日 21:39
          • 5 長い。けども素晴らしい
          • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月16日 00:01
          • 5 月並みですが、すごく良かった。
            自分が追っかけているアイドルと重なってうるっときた。
          • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月16日 00:16
          • なんか色々やたらリアルだぞ
            面白かった
          • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月16日 11:26
          • 5 いろいろと言いたい事はあるが
            とりあえず素晴らしいとだけ言わせてもらう
          • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月17日 15:00
          • 5
            ※15、49
            元スレの方の2スレ目>>140で「初SS」って言ってる。
            だから『春香「リボンを結んで」~オーソドックスガールズストーリー~』などの人でもないし、
            『凛「私は――負けない」』や『凛「庭上のサンドリヨン」』の人でもない。
            はず。
          • 62. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月17日 23:29
          • 後味の良いssだった
            前編の量見てびびったけどw
          • 63. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月18日 03:50
          • 書いた人頭いいんだろうな
            知識量がすごくてSSの癖に地の文上手い
            すげー面白かった
          • 64. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月19日 07:07
          • 5 長い。眠い。
            気づいたら朝だ。ふざけんな。
            地の文が大好きだわ。

            よかった。
          • 65. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月20日 10:48
          • 3 長いけどけっこう面白かった
            しかし何度もP対して使われる「あの人」という言葉がとても気になった
            その場に居ないときはそれで良いんだが当事者がその場にいるときは「あの人」ではなく「この人」と書くんだ
          • 66. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月20日 22:35
          • 5 スクロールバーの進まなさと、会話形式のSSに慣れすぎて地の文があることにかなり尻込みしたけど、気づいたら全部読んでた
            最初あまりにダジャレを言わないから設定スルーなんかなーって思ってたら、想像以上に高垣楓だったわ
            りんなおかれんもイメージ通りだったし、全く違和感なく楽しめた
            SS読んで良かったなーって、久しぶりに思ったわ
          • 67. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月01日 06:39
          • 覚悟してたけど読み終わるまでに明け方になってしまった。
            掛け値なしにいい作品だと思ったけど、途中途中の歌詞とか大丈夫なのかな?
            最悪記事自体が消えるとかマジ勘弁
          • 68. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月01日 10:09
          • とても良かった!たまには長編も大いにあり
            でもバカなおれには南部美人のくだりで意味がよくわからなかったので誰か解説してください
          • 69. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月14日 14:34
          • 5 面白いかった
            でも未成年の飲酒はダメよー(堅物感)
          • 70. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月16日 20:27
          • 5 ※68
            純粋に楓さんのことを「美人」だってPが思ってることを言いたかったんじゃないかな?贈る酒に相手の印象を込めることはよくあることだし、作中でもいくつか意味を込めお酒が出てきたしね~

            こんな感じでアイドル生活の始まりと栄光をすごく上手く書ける人は結構見かけるんだけど、終わりをこんな上手く書ける人は初めて見たわ。本当に今興奮してるし、すごいSSに出会ってしまったと思う。

            楓Pの人は見ておいて損はないぞ!というか評価の星が足りない!
          • 71. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月17日 20:14
          • 5 久しぶりにいい話に出会った。読み終わるのに1時間かかったSSは久しぶり。これくらいの量が丁度いいな。書いた方お疲れ様でした
            見ているか判りませんけど
          • 72. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月21日 01:02
          • 3
            絶賛の※ばかりの中申し訳ないけど…あくまでいち楓Pの感想として。
            メインである楓さんのセリフ回しに違和感ありまくり。 特に前半の口の悪さは誰だお前って感じだった。
            途中の歌のチョイスもジャンルがバラバラで、全体的に自分が持つゲームの人物とイメージが合ってない感じがした。。 特にすでにCDを出してる凛と楓さんはそれぞれの声で歌ってる感じがイメージ出来なかった(加蓮・奈緒はCV付いたとは言え歌声のイメージがないからあくまでゲームのキャラとしての感想)。 おかげでライブシーンは全く楽しめなかったよ。
            無理して実在の歌を歌わせる必要があったのかな?が正直な意見。 前にもこんな風に自分の好みの歌をSSに出てくるアイドルに歌わせてた作品あったけど同じタイプの作者なんだろうか?

            話自体は妙に生々しいけど読みやすい。 結構好きなタイプなんだけど上記の理由により星三つ。

            ところで作中Pが楓さんに飲ませてたすず音、あれって『花めくすず音』だよね。 普通のすず音は透明だし。 販売元の一ノ蔵は宮城の有名酒造だからすぐにティンときた。
          • 73. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月06日 15:24
          • 5 一言で言えるなら…良かった、長くて濃い内容にも関わらずさも有りなんな手合いに仕上がっていると、素人の自分にも解る話でした。何だか、さながら小説でも読んだかであり有りながらも一つの職業の、悲喜交々が見て取れる感じです。同じ事をやれと言われても確実に、自分には創作出来ません。ですので、最後に作品殿に最大限の賛辞を込めて…敬礼を贈らせて頂きます。………(^_^)ゞ
          • 74. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月05日 04:48
          • 5 気づいたらこんな時間だよこんちくしょう
            偶然だけど見つけられてよかったよ
          • 75. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月01日 20:27
          • 5 まじで感動した
          • 76. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月06日 06:39
          • 5 言いたい事がまとまらないから一言だけ

            ありがとう
            楓さんがますます好きになりました
          • 77. anonymass
          • 2015年10月24日 21:44
          • 5 長かったけど読んで良かったと思うお話でした。
          • 78. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月26日 07:23
          • ストーリー、テンポ、掛け合いとどれも楽しめた!
            良作をありがとうございます。
          • 79. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月26日 17:37
          • 5 素晴らしい。
            ただただ、感謝。
          • 80. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年02月21日 13:41
          • 5 楓さんと結婚したくなった
          • 81. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年02月25日 18:38
          • 5 長かったけどよかった、とにかく満足

            Pのことをずっと「あの人」呼びしてたから、てっきりPが亡くなった後の回想なのかと思ったよ
            ハッピーエンドで安心した
          • 82. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年03月02日 23:30
          • 上手く言えないけど本当に良かった。長いのに読みやすかったし。一気に読めて良かった。本当に楓さん愛されてるなあ!
          • 83. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月04日 02:51
          • 長編ですが、途切れずに読みきりました。
            実際にスレで初SSと書かれていましたが、芸能界に関わってないと書けない内容の様に思えます。途中の事務所の対応とか知らないと思いつかないのではないですかね。甘々だけな世界ではないですし。
            他にSS書かれていたら、是非読みたいですね。

            作者さんが見られる確率は低いでしょうが、本当に素敵な楓さんを見れました。蛇足になるでしょうが、お二人の今後を見たいと思える作品でした。

            この作品に出会えた感謝を。

            PS:ちひろさんに良い出会いがありますようにw
          • 84. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年01月06日 13:03
          • 5 良き…
          • 85. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年02月28日 14:43
          • 5 前後編本にしたら何ページぐらいかな?
          • 86. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月02日 20:57
          • 5 楓Pの自分は甘々な話に大満足
            文学について学がないのでそれくらいしか言えないけど、長さなんて全く気にならない面白さだった
            楓さんならこんな言葉遣いしない、という場面もあったけれど、その辺はssだし脳内補正でいいんじゃないかな?
          • 87. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年03月15日 23:48
          • 5 おっと
            俺の半生がビジネス歴がこんなところに
          • 88. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月09日 02:50
          • 5 全て読ませていただきました……!
            ボリューミーで読み応えに溢れ、目まぐるしく繰り広げられる展開に息が止まりそうでした。
            『引退』をテーマに置く作品はあまり見かけない(当社比)がゆえに、とても新鮮で……。波乱万丈あれど、華々しい引き際に感動が止まりません。
            個人的には『お願い!シンデレラ』の歌詞がすごく刺さった……素晴らしい作品をありがとうございました!
          • 89. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月15日 22:20
          • 5 かなりボリュームのある文量だけど、読んで損なし。最高でした。ありがとう。
          • 90. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年02月22日 07:47
          • 長かったけど読んで良かった
            これもかなり前のSSで今まで気づかなかったので、過去分も含め累計アクセスでトップ10とかまとめて欲しいです…
          • 91. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年06月27日 06:44
          • 2 生々しさというかリアルさはあったけど
            メインの楓さんが台詞回しといい何かいまいち楓さん感ないなと思いながら読んでた。特に序盤
            モバマスのSSとして面白いかと言われると個人的には微妙、といった感じ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 彡(゚)(゚)「ワイは空条J太郎やで」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ