TOP

P「RPGっぽい世界に飛ばされたみたいです」小鳥「そうですね」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 22:54:00.78 ID:0yZzmz1C0

~アザト村~


P「え、ここどこ?」ガバッ

小鳥「ここはアザト村でございます、勇者様」パタパタ

P「そういう意味じゃ…って、あれ…?」

小鳥「…驚きました?」パタパタ

P「音無さん、何でそんなちっちゃくなっちゃったんですか…おまけに羽まで生えて」

小鳥「私にも良く分かりません…」パタパタ

P「とりあえずここから出ましょうか…」ガチャ



村人A「勇者様、良く眠れましたか!?」

村人B「朝食は何になさいますか?何なりと申してください!」

子供A「ゆーしゃさま!その妖精さん、見せて見せてー!」

ガヤガヤ


P「わわっ、何だ何だ!?」



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:07:44.69 ID:0yZzmz1C0

P「思いだしたぞ…」

P「事務所に届いた謎のゲームカセットを触れた時、急に意識が飛んで」

小鳥「視界がまばゆい光に包まれました」パタパタ

P「あれ、音無さんも?」

小鳥「はい、私が目を覚ました時には、すでにちっちゃい身体になってました」パタパタ

P「あのゲームカセット、確かRPGのゲームだったな…ということは」

小鳥「…もしかして私達」

P「RPGっぽい世界に飛ばされたみたいです」

小鳥「そうですね」パタパタ



村人B「勇者様!朝食です、是非食べてください!」

村人C「勇者様、お預かりしていた装備です」ガチャガチャ



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:14:52.90 ID:0yZzmz1C0

~数時間後~


P「そういえば、音無さん何で村の名前が分かったんです?」モグモグ

小鳥「何となく頭に浮かんでくるんです、ぼわぼわーっと」パタパタ

P「なるほど…つまり音無さんはRPGでいうガイドキャラなんですね」モグモグ

小鳥「あー、分かる気がします」パタパタ

P「で、俺はさっきから呼ばれてる通り…勇者かぁ…」

小鳥「主人公じゃないですか、良かったですね!」パタパタ

P「全然良くないですよ…」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:26:20.83 ID:0yZzmz1C0

P「音無さん、ここから出る方法とか分かりません?」

小鳥「えーっと…魔王を倒せば帰れるみたいです」パタパタ

P「うわー、すごい時間かかりそう」

小鳥「他の方法…うーん、出てこないです…」パタパタ

P「…あ!そういえば、確かあの時…春香達も事務所に居たような」

小鳥「微かに皆のオーラを感じます…13の波動が…」パタパタ

P「13人分…じゃあこの世界に全員来ちゃったって事か…!」

小鳥「そういう事になりますね」パタパタ



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:35:45.88 ID:0yZzmz1C0

P「この村からオーラは感じます?」

小鳥「うーんと…この村からは感じませんが、すぐ近くの『ハイサイ高原』から一つ感じます!」

P「支度したら、早速探しに行きましょう!」

小鳥「はい!」パタパタ




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~アザト村~ 門前


村人達「もう行かれてしまうのですね…!」

村人達「気を付けて行ってらっしゃいませ!」

P「はい、お世話になりました」

小鳥「また、機会があれば立ち寄ります」パタパタ



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:41:46.58 ID:0yZzmz1C0

~ハイサイ高原~

P「革の鎧に、鉄の剣…それに木の盾」

小鳥「いかにも初期装備って感じですね」パタパタ

ガサガサ

P「ん…何か草むらから音が」


獣の魔物「ギャウ!!」 


               モンスターが現れた!


小鳥「プ、プロデューサーさん!魔物です!剣を構えてください!」

P「え!?…っと、こうかな…」ガチャ

獣の魔物「グルルル…」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:47:23.65 ID:0yZzmz1C0

P「えい!」ブンッ

獣の魔物「ギャッ!」ザシュ

P「うわぁっ!」ドガッ

獣の魔物「ガウ!」

小鳥「プロデューサーさん…頑張って!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                        
                       戦闘に勝利した!

P「ふぅ…疲れた」

小鳥「お疲れ様です、プロデューサーさん」

P「あんなモンスターでもお金は持ってるんですね、ほら」チャリ

小鳥「ありがたく貰っちゃいましょう!」



14:765限定:2014/02/07(金) 23:55:08.61 ID:0yZzmz1C0

P「いてて…傷が…」

小鳥「大丈夫ですか?とりあえず…ホイミ!」テレレレン

P「音無さん、呪文唱えられるんですか」

小鳥「さすがにMP無くなったら唱えられませんけど…これくらいだったらなんとか」



~数時間後~

P「何とか一人で倒してるけど、流石にきついなぁ」

小鳥「…ちょっと待ってください!近くにオーラを感じます!」

P「だ、誰のオーラですか?」

小鳥「この感じは…>>17!」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/07(金) 23:59:09.72 ID:TgWjYB6c0

ビキニアーマーなあずささん



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:04:22.50 ID:0yZzmz1C0

小鳥「あずささん!あずささんですよ!」

P「よかった、迷子癖あるから心配してたけど…すぐ近くに居るんですね」



~数十分後~

小鳥「アレです!あそこでフラフラしてる人ですよ!」

P「おぉ!居た…ってなんだあの装備!」

小鳥「けしからん装備ですね…」

あずさ「…ここは一体、どこかしら~?」フラフラ

P「あずささん!俺です、プロデューサーです!」タッタッタ

あずさ「この声…まぁ、プロデューサーさん!!」クルッ



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:11:44.38 ID:2tiRMw3G0

P「何かすごい格好ですね」

あずさ「気が付いたらこの格好で草むらに立ってたんです~」

P「魔物とかに襲われたりしませんでした?」

あずさ「あの凶暴なワンちゃんですか?…可哀想でしたけど、この斧で…」キラリ

小鳥「意外と物騒な物持ってますね…」パタパタ

あずさ「だ、だって最初から持ってたから…お、音無さん?どうしてそんな小さく…」

P「実はですね…」



~数十分後~

あずさ「なるほどぉ、ここから帰るためには魔王さんを倒さなきゃいけないんですね」

P「俺一人じゃ無理なんで、一緒に来てくれますか?」

あずさ「はい、もちろんですよ~」

小鳥「仲間が一人増えました」

あずさ 女戦士 装備 鉄の斧 ビキニアーマー



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:18:51.28 ID:2tiRMw3G0

あずさ「この高原、中々距離ありますね」

P「でも戦ってる内に、段々慣れていくのが分かります」

あずさ「それ分かります~、手になじんでいくんですよね」

小鳥「回復ならまだ出来るんで、まかせてください!」



~数時間後~

P「おぉ、町明りが見える…!」

あずさ「もうすぐ日が沈みますから、急ぎましょう」

小鳥「あれはアフゥー町です、小さいながら農業が盛んな町みたいですよ」

P(さっきから思ってるけど、この地名…何か妙に親近感が)



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:28:16.31 ID:2tiRMw3G0

~アフゥー町~

門番「その容姿、勇者様ではありませんか!さぁさぁ通ってください、そこのお嬢さんも」ギィイイ

P「ありがとうございます!(俺そんなに有名なのか)」

あずさ「やっと一息つけるんですね~」

小鳥「まだ慣れていませんから、夜は外に出ないようにしましょう」



~アフゥー町 宿屋~

宿主「勇者様、それにお付きの戦士様、ゆっくりおやすみなさいませ」

P「こんな安く泊めてくれるなんて…ありがたいなぁ」

あずさ「ふかふかのベッド…はぁ、癒されます~」ボスッ

小鳥「色々あって疲れましたし、今日はすぐ寝ちゃいましょう」パタパタ

あずさ「…」ウトウト

P「…ふぁー…」ウツラウツラ

小鳥「うふふ、おやすみなさい」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:34:21.73 ID:2tiRMw3G0

~次の日~

P「おはようございます、あずささん」

あずさ「うふふ、おはようございます」

小鳥「二人とも、ぐっすり寝てましたよ」パタパタ

P「そりゃ昨日、あれだけ身体動かしたら疲れますって」

あずさ「あんな体験、初めてですし」

コンコン

宿主「勇者様、入ってもよろしいですかな?」

P「あはい、いいですよ」

宿主「実は頼みごとがあって来たのですが…」

あずさ「頼みごと…ですか?」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:45:05.47 ID:2tiRMw3G0

宿主「実はこの町の近くに、『ウッウー丘』という緑豊かな丘があるのですが…」

P(うっうーって…)

宿主「昨日から、何者かがその丘に現れたという報告があるのです」

小鳥「昨日…もしかして、春香ちゃん達の誰かかしら…」

宿主「もしかしたら魔物かもしれません、勇者様…よければ見に行ってはもらませんか?」

P「もちろん!準備したらすぐ行きますよ」

あずさ「早く鎧に着替えなきゃですね」



~数時間後~

P「ここがウッウー丘か」

あずさ「風が気持ちいいですねぇ」

小鳥「…!オ、オーラを感じます!」

P「やっぱり、事務所の誰かなんですね」

小鳥「これは…>>29です!」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:50:27.71 ID:rYusmJJN0

春香



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:53:34.59 ID:2tiRMw3G0

小鳥「これは…春香ちゃんですね」

P「今度は春香か、転んで怪我したりしてないといいんだが…」

あずさ「音無さん、春香ちゃんの様子どんな感じですか?」

小鳥「詳しくは分からないんですけど…職業は>>33みたいですよ」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 00:55:30.48 ID:aa6WZ/k3P

トロル



37:謎のトロル押し:2014/02/08(土) 01:01:43.26 ID:2tiRMw3G0

小鳥「えっと…トロル…?」

P「と、トロルって…あのでっかくてぽっちゃりしてる奴ですか…!?」

小鳥「そうみたいです…」

あずさ「春香ちゃん、一体どうなっちゃったんでしょう…」



~一時間後~


トロル「うっ…ううっ…」ポロポロ

P「マジでトロルだったんですけど」

あずさ「でも、あのトロルさん…泣いてますね」

小鳥「切り株に座って肩ふるわせてます…」



41:ドラクエっぽいの想像してる:2014/02/08(土) 01:09:24.55 ID:2tiRMw3G0

P「ちょっと俺、声かけてみますよ」

あずさ「あ、あの…気を付けて…」

小鳥「念のため、盾は装備していきましょう」




トロル「なんで、わたし…こんなすがたに…っ」ポロポロ

P「…は、春香…か?」

トロ香「そのこえ、ぷ、ぷぷプロデューサーさん!?」ドエン

P「ず、随分でっかくなっちゃったな…ははは」

トロ香「あの、あんまりみないでください…」

P「た、逞しくて…お、俺は良いと思うぞ」アセアセ

トロ香「そうかなぁ~~…」ドスドス



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:21:19.38 ID:2tiRMw3G0

P「まぁともかく、春香がそんな姿になっちゃった訳だが…実はな」

トロ香「実は…?」

~数分後~

P「という訳なんだ」

トロ香「じゃ、じゃあ…もどるためには…まおうをたおさなきゃいけないんですか」

P「現時点ではそれしか方法が無さそうでな」

トロ香「プロデューサーさんいがいにも、だれかいるんです?」

P「あぁ、ほらあっちにあずささんと小鳥さんが」

あずさ「おっきくなったわねぇ、春香ちゃん」

小鳥「私なんて一握りですよ…」パタパタ

P「春香、俺達に付いていくか?」

トロ香「もちろんですよ!はやくもとにもどりたいですし」ドスン

小鳥「春香ちゃんが仲間になりました!」

春香 トロル 装備 こんぼう 毛皮の服



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:25:15.14 ID:2tiRMw3G0

P「仲間にして正解でしたね」

トロ香「えーいっ」ドゴォ

魔物「ぐえっ」

あずさ「凄い、一撃だわ」


トロ香「それっ」バゴォ

つうこんのいちげき!

魔物「ゴフッ」

小鳥「えぐい…」パタパタ


トロ香「あ、こ、ころんじゃう!!うわぁぁっ」ドシーン!!

魔物「ぷきゅ」

P(転ぶのでさえ攻撃と化してる)



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:35:17.96 ID:2tiRMw3G0

~数時間後~


町人A「こりゃでかいトロルだなぁ」

町人B「でも顔はやさしいだ」

子供A「リボン付けてるー」

トロ香「えへへ…」



P「意外と大丈夫でしたね」

小鳥「あれで怖い顔だったら絶対町入れませんよ」

あずさ「春香ちゃん、やっと笑ってくれましたねぇ」

宿主「勇者様、御苦労でした!これが報酬です」ジャララ

P「すみません、大した事してないのに…」

宿主「いやいや、あんな大きなトロルを味方に付けるだなんて、さすが勇者様です」

P「いやぁ…それほどでも…」



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:45:13.59 ID:2tiRMw3G0

~アフゥー町 宿~


小鳥「プロデューサーさん、明日は何をします?」

P「明日は装備を揃えて、ウッウー丘の先に行こうかと」

小鳥「ウッウー丘の先、となると『ニヒヒ洞窟』ですね」

あずさ「春香ちゃんも見つかりましたし、先に進まないと…」

トロ香「たたかいならまかせてください!」



宿泊客「あー、あの洞窟なら行かない方が良いぜ」

P「何かあったんですか…?」

宿泊客「あそこにはな、ヌシが居るんだ」

あずさ「ヌシ…ですか…」

宿泊客「っても、トロルが仲間に居るならなんとかなりそうだけどな」

小鳥「どうします?プロデューサーさん」

P「先に進むためにも、ここは挑戦してみましょう!」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:55:49.34 ID:2tiRMw3G0

~次の日~

P「よし、ちょっと装備を良いものに変えました!」

P 勇者 装備 鉄の剣→青銅の剣 木の盾→皮の盾 皮の鎧→鱗の鎧

トロ香「えへへ、いいそうびですよ!」

春香 トロル 装備 こんぼう→おおきづち 毛皮の服

あずさ「私はまだ大丈夫ね~」

小鳥「やくそうも買ったし、行きましょうか!」



~ウッウー丘~

トロ香「えいっえいっ」ドガドガ

P「あ、ホイミ覚えた」

あずさ「私はスカラを」

小鳥「キアリー覚えましたよ!」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 01:57:20.95 ID:MsT3k0XD0

Pの武器弱くなってね



55:>>53 ドラクエだと確かにそうだ気を付ける:2014/02/08(土) 02:05:43.20 ID:2tiRMw3G0

~ニヒヒ洞窟~


P「結構広いな…」

小鳥「あずささん、はぐれないでくださいよ!」

あずさ「はぁーい」

トロ香「あ、うさぎのしっぽみつけたー!プロデューサーさん、つかってください!」

P「おぉ、悪いな」装備 アクセサリー うさぎのしっぽ



~ニヒヒ洞窟最深部~

P「かなり奥まで来たな…」

あずさ「あの…奥から何かこっちに来てませんか?」

トロ香「もしかして、あれがヌシ…!」

小鳥(あれ、オーラを感じる…!?これって>>58…だわ)



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:07:42.61 ID:MsT3k0XD0

しんぴのビキニを着た魔法使いな貴音



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:16:36.59 ID:2tiRMw3G0

貴音「ここから先は通しませんよ」

小鳥「やっぱり貴音ちゃんだわ…!」

P「何だ、貴音だったのか…心配した(なんで露出度高いんだいつも)」

貴音「気安く近寄らないでください、メラ!」

ボオッ

P「あぢっ!」

あずさ「た、貴音ちゃん!やめて!」

貴音「…私の縄張りに踏み込んだ罰、特と味わうが良い!ギラ!」

ゴオオッ

トロ香「あつっ!」

P(完全に俺達の事忘れてるな…)

小鳥「戦いましょう、貴音ちゃんには悪いですけど…」

あずさ「ですね…!」


                     魔法使い貴音が現れた!



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 02:29:13.54 ID:2tiRMw3G0

P「クソっ、魔法は…厄介だな…っ!」

小鳥「ホイミです!」

トロ香「いきますよぉ…えいっ!!」ドゴン

貴音「っ…!?何と凄まじい打撃…厄介です、ラリホー!」

トロ香「あーれー…ねむー…」   トロ香は眠ってしまった!

小鳥「は、春香ちゃん!起きてっ!」ペシペシ

貴音「幾分か眠ってもらいましょう、ヒャド!」

ヒュオオ

あずさ「冷たっ!?」

P「うおおおっ!」ヒュン

貴音「そんな太刀筋ではかすりもしませんよ」ヒュン  ひらりと身をかわした!

P(頼む…春香ー!起きてくれー!!)



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 03:22:30.45 ID:2tiRMw3G0

あずさ「ええいっ!」ブンッ

貴音「っ…中々良い一撃です、ですが…睡魔から逃れることは出来ませんよ、ラリホー!」

あずさ「はうっ…んー」  あずさは眠ってしまった!

P「あ、あずささんまで…!」

小鳥「魔法さえ…魔法さえ何とか防げば…!」

トロ春香「ぐーぐー」ムニャムニャ

P「くそっ、もう薬草が…!」

貴音「ふふふ、これで最後です…!」ゴオオオ

P(も、もうおしまいだぁ…!)



小鳥「ま…ま、マホトーン!!」


貴音は呪文が使えなくなった!


貴音「何っ!?」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 03:31:04.31 ID:2tiRMw3G0

P「音無さんナイスです!」

小鳥「はぁ…これで形勢逆転ですよ」

貴音「おのれ…っ!」

トロ香「…ふぇ!?どうしよ!ねちゃった!」  トロ香は目を覚ました!

P「春香!貴音に強烈なの一発お見舞いするんだ!」

トロ香「はいっ!」ドシドシ

貴音「ひ、卑怯なり…!」

トロ香「どぇぇぇい!!」ブォン


つうこんのいちげき!


貴音「きゅう…」バタリ


                         魔法使い貴音を倒した!

P「よし!」

小鳥「よし!…じゃないですよ!回復してあげないと…!」



78:かいしんのいちげきのほうがいいか:2014/02/08(土) 03:44:06.56 ID:2tiRMw3G0

貴音「…はぁっ!?」ガバッ

P「…貴音、俺の事がわかるか…?」

貴音「プロデューサー…はっ!?も、申し訳ありません!先程は記憶が飛んでいたので…敵かと思ってしまいました…」

P「まさかショックで記憶が戻るなんてなぁ」

貴音「私とした事が…面目ありません」

あずさ「ねぇ貴音ちゃん、私達どうしてここに来ちゃったか知ってる?」

貴音「いえ…知りませんが…」

P「それはだな…」



貴音「成程、魔王を倒せば元の世界に帰れる…そういう事ですね」

トロ香「たかねさんも、なかまになりませんか?」

貴音「えぇ、もちろんです!皆の安否が気になりますし、最後まで付いていきますよ」

小鳥「貴音ちゃんが仲間になりました」

貴音 魔法使い 装備  武器無し しんぴのビキニ



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 03:53:22.78 ID:2tiRMw3G0

P「武器無しってのは心細いな…何かないか?」

貴音「…そういえば」

あずさ「どうしたの?」

貴音「プロデューサー達が来る前、ここで大きな大蛇を倒したのです」

P「それヌシじゃないのか…?」

貴音「確かにそのような風貌でした」

トロ香「よくひとりでたおせましたね」

貴音「えぇ、眠らせて迅速に」

小鳥(良く勝てたなぁ、私達)


大蛇「」

貴音「これです」

P「でかいな」

貴音「確かこのあたりに……ありました、蛇皮の鞭です」

P「せっかくだし、貴音が装備したらいいんじゃないかな」

貴音「それもそうですね」  装備 蛇皮の鞭



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:03:14.13 ID:1rNWaeTG0

?つよさ
  ?ぜんたい

P    勇者    E青銅の剣 E皮の盾 E鱗の鎧 E兎の尻尾
小鳥  妖精
あずさ 戦士    E鉄の斧 Eビキニアーマ
春香  トロル   E大木槌 E毛皮の服
高音  魔法使い E蛇革の鞭 E神秘のビキニ



83:>>80 ありがとう:2014/02/08(土) 04:04:52.71 ID:2tiRMw3G0

P「…よっしゃああああ!!!洞窟抜けたぁぁ!」

貴音「辺りはすっかり夜です、早めに町に付けばよいのですが…」

あずさ「あら…?あそこ、大きなお城が建ってるわ!」

トロ香「かべもがんじょうそうですね」

小鳥「あのお城は、もっとも頑丈で強力な外壁を持つ『ナナジュウニ城』というお城です」

P(くっ…)



~ナナジュウニ城 夜~


門番「勇者様御一行、歓迎いたします!トロルの春香様も是非中へ!」ガチャコン ガチャコン ギィイイイイイ

あずさ「凄い頑丈な門ですね…」

小鳥「この城下町は最も安全な街とも言われています、この72cmの鋼の壁が敵を侵入させません」コンコン



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:22:46.05 ID:2tiRMw3G0

~ナナジュウニ城 城下町~


P「人がいっぱいだなー」

武器商人「勇者様、ここの名産品、千鋼を使った装備はいかがですかな?」

防具商人「頑丈でとても良い装備ですよ、お安くします!」

P「おぉ、いいですね!早速使わせてもらいますよ!」

あずさ「あら、春香ちゃんも装備できる鎧があるわよ~!」

トロ香「ほんとですか!?やったぁー!」


P 勇者 装備 青銅の剣→Eはがねの剣 皮の盾→Eはがねの盾 鱗の鎧→Eはがねの鎧 Eうさぎのしっぽ

あずさ 戦士 鉄の斧→Eはがねの斧 ビキニアーマー→Eメタルビキニアーマー

春香 トロル おおきづち→Eおおかなづち 毛皮の服→Eくさりからびら

P「大分使っちゃったけど、これくらい良いのにしたほうがいいな」

貴音「私はまだ大丈夫です」



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:28:23.02 ID:1rNWaeTG0

鋼装備になると強くなったって実感するよな



90:>>89 わかる:2014/02/08(土) 04:34:21.23 ID:2tiRMw3G0

~ナナジュウニ城 宿~


P「今日も疲れたぁ…」

トロ香「まいにちたたかってますからね」

貴音「…」スヤスヤ

あずさ「あらあら、貴音ちゃん…よっぽど疲れてたのねぇ」

小鳥「きょ、今日は流石に私も疲れました…」パタパタ

P「よし、今日はもう寝よう!明日また何するか考えた方が良さそうだ…おやすみ」

小鳥&あずさ&春香「「「おやすみなさーい」」」



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:45:15.25 ID:2tiRMw3G0

~次の日~


貴音「すみません、プロデューサー…疲れが一気に出てしまったようです…」ゲッソリ

あずさ「大丈夫よ、ゆっくり休めばすぐ治るわ」

P「疲れが取れるまで、無理するんじゃないぞ」

小鳥「今日はあまり遠くまで行けませんねぇ」パタパタ

P「魔物退治もかねて、ここ周辺の探検でもしましょうか」

トロ香「わたしもいきまーす!」ドスドス

あずさ「私は貴音ちゃんの面倒を見るから、残るわねー」



~ピヨピヨ森~

小鳥「ここはピヨピヨ森といいます、別に私とは関係ないですよ」

P「…ん?誰かこっちに歩いてくるな」

トロ香「だれだろうー?」

小鳥「…こ、このオーラは…>>94!」



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:48:06.45 ID:Im9IGKXd0

野生の響



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:54:53.22 ID:2tiRMw3G0

響A「ばうばう!」

響B「ぎゃんぎゃん!」

P「…何でこんなに響が居るんだ」

小鳥「この響ちゃん達はあくまで野生の響ちゃんですから、本当の響ちゃんではないんですよ」

P「本当の響はどこだ…?」

小鳥「オーラが似てるから勘違いしちゃいましたけど…ここには居ないみたいです」

P「なんだ、残念だな」



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:22:59.35 ID:Bin9OydV0

106_1

とろるんしえん



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 09:57:59.14 ID:l2pb/dZ0P

>>106
流石でございます



121:おはよう:2014/02/08(土) 12:09:17.86 ID:2tiRMw3G0

きのこな魔物「ふあー」 甘い息を吐きだした!

P「おっと…」

みどりのしわくちゃの魔物「メダパニ!」

トロ香「ええい、なんのこれしき!」

小鳥(周りのモンスター…だんだん強くなってきたわね)



P「火炎切り!」ボオッ

魔物「ぎゃああっ」ジュッ

トロ香「ボディプレス!」ドゴォン

魔物「ふぉっ」グシャ

小鳥「べホイミ!」

P「段々強くなってるのを感じる!」

小鳥「良い調子ですよ」



123:>>106 ありがとう! 可愛い!:2014/02/08(土) 12:22:03.13 ID:2tiRMw3G0

P「いなずま切り!」ビリビリ

魔物「ごはっ」ザシュ

P(俺つええ!)

小鳥「プロデューサーさん、何かテンション高いですね」

P「はははっ、そうですか?…どりゃっ!!」ブンッ

魔物「キェエ」ザシュ



小鳥「あんまり調子に乗らない方が…」

P「大丈夫ですって、俺は勇者なんですよ?」

トロ香「ぷ、プロデューサーさん!うしろ、うしろ!」

P「えっ…?」

木の魔物「ギャギャ」ガシッ

P(まずい、羽交い絞めにされ…!)

木の魔物「…!?ギャィィ!」ザクッ

>>126「…大丈夫ですか、プロデューサー?」



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 04:48:06.99 ID:aa6WZ/k3P

オーク千早



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:28:47.11 ID:aa6WZ/k3P

>>95



128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:39:14.77 ID:2tiRMw3G0

オーク千早「まさか会えるとは思いませんでしたブヒ」フガッ

P「…ここに飛ばされた時からそんな姿に?」

オーク千早「プロデューサー、何故それを知っているのですブヒ?」

小鳥「それはね、千早ちゃん」パタパタ

オーク千早「音無さんまで…」



~数分後~

オーク千早「こんな姿になった以上…その話、信じるわけにはいきませんね」フガッ

P「千早、お前も来るだろ?」

トロ香「ちはやちゃん!わたしもいるよ!」ドガドガ

オーク千早「…もう何でもありなのねブヒ」

小鳥「千早ちゃんが仲間になりました」

千早 オーク 装備 鉄のヤリ 装備無し



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:51:29.29 ID:2tiRMw3G0

P「しかし、ここのモンスター強いのによく一人で大丈夫だったな」

猪千早「モンスターのフリをしてたんですブヒ」

トロ香「なるほどぉ」

小鳥「まだ日没まで時間ありますけど、どうしますか?」

P「千早の装備も揃えなきゃですし、モンスター狩りましょう!」

猪千早「プロデューサー…ありがとうございますブヒ」



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 12:58:03.13 ID:/FW3S1NDP

信じる訳にはいかないの会



134:>>132 ごめんみすった:2014/02/08(土) 13:05:03.46 ID:2tiRMw3G0

~数時間後~


P「けっこうお金も貯まったな」

小鳥「モンスターが落とすアイテムもたびたび拾いましたね」

トロ香「このゆびわ、そうびしよー……ゆびがはいらない」

猪千早「春香に指輪はきつそうね、サイズ的に」

トロ香「うぅー…ざんねん、これはちはやちゃんにあげるね」

猪千早「あら、ありがとう春香」



~ナナジュウニ城 城下町~

武器商人「おやおや、また一人お仲間が増えたようですね」

防具商人「オークのお嬢ちゃん、軽くて丈夫な鎧はいかがかな?」

P「ちょっと見せてもらっていいですか?」

千早「私も、見させてくださいブヒ」

装備 鉄のやり→Eロングスピア E鉄の胸当て Eちからの指輪



138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:12:48.91 ID:2tiRMw3G0

~ナナジュウニ城 宿~

あずさ「あら、千早…ちゃんじゃない!」

猪千早「お久しぶりです、あずささんブヒ」

貴音「おやおや、中々面妖な姿に…」

猪千早「そ、それはあまり言わないでください…ブヒ」



P「貴音、体調はどうだ?」

貴音「えぇ、大分落ち着きました、アモールの水が効いてきたようです」

小鳥「明日には動けそう?」

貴音「はい、問題無いかと」

あずさ「そうだプロデューサーさん、先程町の人が教えてくださったのですけど…」

P「どうしたんですか?」



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:27:40.23 ID:2tiRMw3G0

あずさ「森を抜けると、『キャッピピ迷宮』というダンジョンがあるそうなんです」

P「迷宮…ですか」

あずさ「宝物を持ったモンスターがいっぱい出るので、街の人達も利用してたみたいなんですが」

貴音「数日前、謎の生き物が住み着いて、そこに来る人達を襲っているという話です」

小鳥「なるほど…じゃあ私が感知したオーラはそこから来てたんですね」パタパタ

トロ香「でもにんげんをおそってるんですよね?」

P「貴音の時みたいに、記憶が飛んでるのかな…?」

あずさ「解決してくれたら、特別な剣をくださるそうですよ」

P「千早も合流しましたし…行ってみましょうか!」



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:38:43.72 ID:2tiRMw3G0

~次の日~

ナナジュウニ城の王様「気を付けて行ってくだされ、勇者様」

P「ありがとうございます、王様!」

兵士「手ごわい敵です、くれぐれも油断せずに!」

小鳥「うぅ…ちょっと緊張してきたわ」



~キャッピピ迷宮~

P「ここかぁ…」

小鳥「やっぱり真っ暗だわ、レミーラ!」パアッ

貴音「面妖な銅像が何体も置かれていますね…」

あずさ「結構広いんですね…探索が大変そう」

猪千早「皆で手分けして探しましょう」

トロ香「ちょっとてんじょうが…ひくいなぁ」



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:51:49.61 ID:2tiRMw3G0

さまよう鎧みたいな魔物「…」ガシャガシャ

P「こいつ、中の人が居ないぞ…!」


でかい蝙蝠「キキィ!」バサバサ

貴音「メラミ!」ボオオッ


ミイラな魔物「オオォ」

猪千早「疾風突き!」ヒュッ


トロ香「ハートブレイク!」ブオン

小さい悪魔な魔物「ギャァァ」ドゴォ


あずさ「かぶと割りです!」ドガッ

笑う岩みたいな魔物「…」ガラガラ


P「音無さん!支援おねがいします!」

小鳥「はい!べホイミ、スクルト!」



147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 13:59:24.14 ID:2tiRMw3G0

~キャッピピ迷宮 最深部~


P「や、やっと…奥まで来た!」

猪千早「まさか銅像を動かさないとドアが開かないなんてブヒ…」

貴音「…気を付けてください、何やら面妖な気配が!」

トロ香「ちはやちゃん、かまえて!」

猪千早「春香こそ、油断しちゃ駄目よ」ガチャ

あずさ「一体どこに隠れてるの…?」



小鳥「この…オーラは…>>150!」



150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:01:13.06 ID:MsT3k0XD0

あぶない水着を着た賢者美希



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:14:28.62 ID:2tiRMw3G0

美希「…」

小鳥「やっぱり、このオーラは美希ちゃんなのね!(何でいつも露出度高いのかしら)」

P「よかった!美希だったんだな…」

猪千早「ちょっと待ってくださいプロデューサー!」

貴音「人を襲っていたのは美希かもしれません、無理に近寄るのは…やめておきましょう」



美希「そうだよ、ミキに近寄らないほうがいいよ」

あずさ「もしかして、人を襲ってたのは美希ちゃんなの…?」

美希「…」

トロ香「みき!しょうじきにいって!」

美希「…どいつもこいつもゴチャゴチャうるさいの」ブツブツ

小鳥「!?この呪文は…!」




美希「…ドラゴラム」ゴォォォォォ

                             巨竜が襲いかかって来た!



158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:24:13.03 ID:2tiRMw3G0

巨竜(美希)「グォォォォォッ!!」


巨竜は激しい炎を吐いた!


P「ぐあああっ!?」

あずさ「あ、あつい…」

トロ香「さすがのわたしでも…これは…っ」

猪千早「はぁ、はぁ…不意打ちなんて、卑怯よ…!」

小鳥「息は不味いわね…フバーハ!」



P「…よし、反撃するぞ!」

あずさ「私、かぶと割りで守りを崩します!」

貴音「あの見た目からして、魔法は効きにくい筈…ここは鞭で戦います!」ヒュン

トロ香「おかえしにきっつーいのおみまいするよ!」ブンブン

猪千早「五月雨突きでダメージを稼ぎます!」



159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 14:36:54.15 ID:2tiRMw3G0

P「ドラゴン斬り!」ズバァ

巨竜(美希)「ギャオォ!」


あずさ「かぶと割り!」ザンッ

巨竜(美希)「ガウウ…」 防御が下がった!


貴音「喰らえ、双竜打ち!」ヒュンヒュン

巨竜(美希)「ギャウ!ギャァ!!」バシーン バシーン


トロ香「ハートブレイク!」ブン

巨竜(美希)「ウガア!」ガツン


猪千早「五月雨突き…!」シャシャシャシャ

巨竜(美希)「グオァッ…!」ザクザク

P(これなら…いけるぞ!)


巨竜(美希)「ベホマ」 HPが全快した!

P「…何だと!?」



162:ごはん:2014/02/08(土) 14:46:10.83 ID:2tiRMw3G0

貴音「流石、腐っても賢者です…」

小鳥「お願い!効いて…マホトーン!」

巨竜(美希)「ギャオ…」 しかし効かなかった!

小鳥「そんな…!」



猪千早「…ここは、MP切れを待つしかありませんね」

トロ香「それまでみんなやられちゃうよぉ!」

P「いや、今のところそれしか道はなさそうだ」

貴音「ラリホーも効きません、地道に削るしか…」

あずさ「皆、頑張りましょう…!」



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:45:36.82 ID:2tiRMw3G0

トロ香「…わたし、みんなのたてになります…!」ドンッ


トロ香は巨竜の前に立ちふさがった!


P「は、春香!!いくらなんでも死ぬぞ!」

トロ香「…えへへ、だいじょうぶですよ!わたし、トロルですから!!」ニコッ

巨竜(美希)「…ギャオォォ!」


Pを庇ってトロ香が攻撃を受けた!


トロ香「ぐぅぅ…まだまだぁ!!」



猪千早「…春香が庇ってくれてるうちに、限界まで削りましょう!」

P「何とかこらえてくれ…春香!」

貴音「今の内に、体制を整えるのです!」

あずさ「皆!諦めちゃ駄目よ!」  あずさはテンションを溜めた!



173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 15:55:42.67 ID:2tiRMw3G0

P「このっ!」

巨竜(美希)「ベホマ」


あずさ「魔神斬り!」  かいしんのいちげき!

巨竜(美希)「ベホマ」


貴音「双竜打ち!」バシーン バシーン

巨竜(美希)「ベホマ」



小鳥「…どうしよう、MPがもう無いわ…!」

貴音「やくそう、アモールの水も切れました…」

あずさ「やっぱり…もう駄目なのかしら…」


巨竜(美希)「ガオオオン!」ビュン

つうこんのいちげき!

トロ香「…ぐはっ!?」ドガッ



176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:04:45.76 ID:2tiRMw3G0

猪千早「春香っ!」ダダッ

トロ香「…あとは、たのみました…よ」ズゥン    春香は力尽きた

P(もう、本当に諦めるしかないのか…!?)

貴音「万事休す…です」



猪千早「…切り札を使う時が来ましたブヒ」スッ

小鳥「千早ちゃん、まさか復活の呪文を!?」

猪千早「私はMPが少ないので、3回しか唱えられませんが…絶対成功させてみせます!」ブツブツ




猪千早「…ザオラル!」

>>179 偶数で復活 奇数で失敗



179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:06:00.03 ID:Im9IGKXd0

失敗



181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:11:57.66 ID:2tiRMw3G0

しかし、生き返えらなかった

猪千早「…!」


巨竜(美希)「ガオォウ!!」ガシィ

巨竜は大きな爪で鷲掴みにした!

P「ぐはぁ…っ、ま、まだか!?」

猪千早「…まだ2回、出来ますブヒ!」


猪千早「…ザオラル!」

>>183 偶数で復活 奇数で失敗



183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:13:37.36 ID:TmN3RzoM0

さい



185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:22:11.79 ID:2tiRMw3G0

トロ香は生き返った!


トロ香「…はっ、わ、わたし…いきてる!?」

猪千早「良かった…成功です!」

貴音「春香!美希のMPはかなり削れている筈です、攻撃を!」

春香「…いきまぁす!」ブウン

巨竜(美希)「ギャウァ!」

春香「さっきはよくもぉぉぉ!!」ブォン

かいしんのいちげき!

巨竜(美希)「ギャイィ!?」ガツーン

P「よし!かなり喰らったぞ!」

巨竜(美希)「…ベホマ!」

小鳥「…っ、また…!?」



しかしMPが足りなかった!



189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:30:43.55 ID:2tiRMw3G0

巨竜(美希)「ガウウ…!」



P「…ドラゴン斬り!!」ズバッ

貴音「双竜打ち!」ヒュンヒュン

あずさ「かぶと割り!」ギィン

猪千早「五月雨突き!」シュシュシュ

トロ香「ハートブレイク!」ドゴン

小鳥「いっけええええええ!!!」



巨竜(美希)「グォォ……ッ」ズゥーン…

                            巨竜を倒した!!



190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:39:53.06 ID:2tiRMw3G0

貴音「おや、宝箱が…」ガチャ

りゅうのうろこを手に入れた!

貴音「装飾品の様ですね…装備しておきましょう」 Eりゅうのうろこ




美希「…あーぁ、負けちゃったの」

P「美希、正気にもどったのか!?」

美希「ミキは最初から正気なの」

貴音「ではなぜ、この迷宮に息をひそめ、人を襲ったのですか?」



美希「…魔王様の命令なの」



192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 16:53:16.22 ID:2tiRMw3G0

あずさ「魔王…ですって!?」

美希「魔王様は、ミキが森の中でさまよってた所を助けてくれたの」

美希「それでミキはお礼に一緒に付いていくことにしたんだ」

美希「魔王様は何も出来ない美希を、賢者にしてくれた」

美希「ドラゴラムの呪文も教えてくれた」

美希「そして、ミキは魔王様に頼まれて、ここでお仕事をしてたの」

美希「この水着で油断させて、愚かな人間を丸焼きにする」

美希「それが、ミキのお仕事なんだ」



貴音「美希、そんな者と一緒に居ては駄目です!」

トロ香「わたしたちと、いこうよ!」

あずさ「人殺しなんて、絶対駄目よ!」

P(魔王…あんまり意識してなかったけど、やっぱり居るんだな)



219:ほんとごめんおまたせ:2014/02/08(土) 19:39:15.35 ID:2tiRMw3G0

小鳥「美希ちゃん…その魔王って誰なの?」

美希「それは…言えないの」

P「…とにかく!俺達と来るんだ!」



美希「嫌なの、それに…さっきからミキミキうるさいって思うな」

猪千早「何よ、その態度…!」



美希「だってミキ、君達の事知らないもん」

あずさ「…そんな」

貴音(記憶が…戻っていない!?)



220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 19:45:50.57 ID:2tiRMw3G0

美希「じゃあミキ、魔王様のところに帰るね」シュオオオオ

P「ま、待ってくれ!」ダッダッダ

小鳥「駄目よ!行っちゃ駄目!!」パタパタ



美希「…じゃあね、バイバイ」シュン



P「…み、美希ぃぃぃぃぃ!!!」



223:さるくらった 1です:2014/02/08(土) 20:01:23.24 ID:SmXnE+iC0

猪千早「…あれだけ手間をかけさせて、こんな結果なんて酷すぎる…!」

トロ香「まさか、みきがまおうのてしただったなんて…」

あずさ「完全に私達の事、忘れてましたねぇ」

貴音「私の時の様には、いきませんでしたか…」

小鳥「…くやしいです!合流出来たかと思ったのに!」

P「……くそぉぉっ!!!」ガシャアアン



~ナナジュウニ城~

王様「そのような事が…」

P「はい…」

王様「残念ながら、私にはどうする事も出来ない…ですが、武器なら差し上げることは出来る」

家来「勇者様、この剣を使ってください」カチャ

P「…これは?」

家来「はやぶさの剣でございます、勇者様」



225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:09:34.88 ID:SmXnE+iC0

P「はやぶさの…剣?」

家来「この剣はとても軽く、はやぶさの様なスピードで斬撃を繰り出せるのです」

P「どれどれ…」 はがねの剣→Eはやぶさの剣

小鳥「中々カッコいいじゃないですか!」

P「おおっ、すごい軽い!」ヒュヒュ



王様「これを使えば、特技の火炎斬りやいなずま斬りも2回繰り出せるのです」

家来「友人とやらを元に戻すためにも、是非お使いください」

P「…はい!」



227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:23:21.86 ID:SmXnE+iC0

~ナナジュウニ城 宿屋~


P「明日、朝早くから準備してここの森を抜けましょう」

小鳥「次の村までかなり距離ありますけど…これも美希ちゃんの為ですね」

P「森を抜けたら、『ニーチャ村』という村があるそうです」

小鳥「ニーチャ村は、人間と魔物が共存して住む不思議な村です」

あずさ「もしかしたら、その村にだれか居るかもしれませんねぇ」

猪千早「日没までに何とかなればいいですけど…」

トロ香「だいじょうぶだよ!プロデューサーさん、またつよくなったし!」

貴音「うふふ、期待しておりますよプロデューサー」

P「責任重大だなぁ…あはは」



230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:33:59.81 ID:SmXnE+iC0

~次の日 ピヨピヨ森~

響A「がうばう」

響B「おおーん」

貴音「これが野生の響ですか」

あずさ「響ちゃんそっくり…」

P「あくまで偽物ですけどね」



小鳥「よし、ベホマ覚えた!」

あずさ「私は蒼天魔斬覚えましたー」

貴音「ベギラマ、ヒャダルコ…大体の呪文は覚えました」

猪千早「薙ぎ払い…魔物の群れに使うといいかもブヒ」

トロ香「わたしはドラムクラッシュおぼえました!」

P「…はやぶさ斬り使ったら4回攻撃出来るな」



232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:44:31.75 ID:SmXnE+iC0

小鳥「まだまだ先は長いですね」

P「歩いても歩いても木ばっかりです」

あずさ「あら…あんな所に宝箱が…これは、何かしら」

猪千早「…腕輪ですか?」

小鳥「それは…ごうけつのうでわですね、攻撃力が上がります」

貴音「サイズ的にも、春香が一番良さそうです」

トロ香「…え、いいんですか!?やったぁー!」 Eごうけつのうでわ



P「やっぱりフィールド入ると探索しちゃいますよね」

小鳥「RPGの醍醐味ですから」



234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 20:51:32.14 ID:SmXnE+iC0

~ニーチャ村~


P「よし、日が沈む前についた!」

門番の魔物「お前、勇者とか言う奴だな」

P「お、おう…そうだ!」

門番の魔物「…よし、お前らも入れ」ギィィィ

貴音「何と無作法な…」

あずさ「魔物さんだし、ちょっとお口が悪いのよ貴音ちゃん」

猪千早「門番をしてる以上、悪い魔物には見えません」

トロ香「というかわたしたち、みためはかんぜんにまものだしねー」



238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:03:16.46 ID:SmXnE+iC0

槍を持った悪魔「…来たぜ、勇者様だ」

スライムの魔物「きゅうせいしゅさまだー」

村長「小さい村ですが、ゆっくりしていってください」

ガヤガヤ


P「…本当に魔物がいっぱいだ」

小鳥「でも人間と仲良くおしゃべりしてますよ」

あずさ「このスライムちゃん、可愛い~」

スライムの魔物「ぷきー!」プヨプヨ

大目玉な魔物「いらっしゃい、ここは道具屋だよ」

貴音「魔物が道具売り…摩訶不思議な光景です」

トロルの魔物「かわいいむすめっこ、おらとなかよくしてくれねぇか?」

トロ香「かわいいだなんて…えへへ、てれちゃうな」

>>241「もしかして…プロデューサー!?」

P「ん…その声は」



241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:04:46.04 ID:aa6WZ/k3P

ギガンテス雪歩



245:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:10:02.83 ID:SmXnE+iC0

雪歩「あ、あの…お、驚かないでください…ね」

P「…ん?」

ギガンテス雪歩「こ、こんばんは…プロデューサー」オズオズ

P(トロルの次はギガンテスか…)

トロ香「あれ、このこえ…ゆきほ!?」ズシンズシン

ギガ歩「もしかして、春香ちゃん!?」ドシドシ

小鳥「おぉでかいでかい」パタパタ



249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:21:05.86 ID:SmXnE+iC0

トロ香「すっかりおおきくなっちゃって」

ギガ歩「春香ちゃんだって」

猪千早「萩原さんも、こっち側の人間…いや、魔物だったのねブヒ」フガッ

ギガ歩「ち、千早ちゃんも!?」


ワイワイ ガヤガヤ


P「すごいことになりそうだ」

小鳥「雪歩ちゃんが戦闘に参加したら、パーティバランス完全に崩壊しますね」

貴音「なぜこのような差が…」

あずさ「私達は人間なのにねぇ」



252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:36:32.56 ID:SmXnE+iC0

~数時間後~


ギガ歩「じゃあ、皆この世界に居るってことですか…?」

小鳥「そういう事になるわね」

ギガ歩「元に戻りたいし、帰りたいけど…魔王を倒さないといけないんですよね?」

P「雪歩が居るとかなり心強そうだ、一緒にいかないか?」

ギガ歩「でもでも、ここから出たら…怖い魔物さん達が…」

あずさ「それに、この旅は美希ちゃんの為でもあるの」

ギガ歩「美希ちゃんの…?」

貴音「実は昨日、このような事が…」



ギガ歩「そんな…美希ちゃんが、魔王の家来に…」

P「美希を助け出す為にも、雪歩…協力してくれないか?」

ギガ歩「こんな…わ、私でも役に立てるなら…頑張ってみます!」

小鳥「雪歩ちゃんが仲間になりました!」

雪歩 ギガンテス 装備 こんぼう 皮の腰巻



254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 21:49:33.13 ID:SmXnE+iC0

~ニーチャ村 宿~


くちびるが凄い魔物「ゆっくりしていってぇ~」

P「宿も魔物が経営してるのか…」

貴音「そろそろ、装備を新調した方がいいのでは?」

P「お金もまた増えたし、新しくするかぁ」

ギガ歩「ここの村の装備は、中々いい品がそろってますよ」

P「そうなのか、じゃあ雪歩にも買ってあげないとな」

ギガ歩「ふぁ…あ、ありがとうございます」ポッ



257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:08:44.89 ID:SmXnE+iC0

~次の日 ニーチャ村~


P「装備を新調したぞ!」


P 勇者 装備 はやぶさの剣 はがねの鎧→E魔法の鎧 はがねの盾→E炎の盾 うさぎのしっぽ→Eまもりのルビー

春香 トロル 装備 おおかなづち→Eウォーハンマー くさりかたびら→Eカメのこうら Eごうけつの腕輪

あずさ 女戦士 装備 鋼の斧→Eさんぞくの斧 メタルビキニアーマー→Eシルバービキニアーマー

貴音 魔法使い 装備 蛇皮の鞭→Eはがねの鞭 しんぴのビキニ りゅうのうろこ

千早 オーク ロングスピア→Eパルチザン 鉄の胸当て→E銀の胸当て E力の指輪

雪歩 ギガンテス こんぼう→Eウォーハンマー 皮の腰巻→Eあつでのよろい Eパワーベルト


ギガ歩「鎧って、何だか動きにくいですね」ガチャガチャ

P「でもこれが無いと、ダイレクトでダメージ喰らって痛いんだ…我慢我慢」



261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:25:23.28 ID:SmXnE+iC0

村長「勇者様、装備の着心地はいかがですかな?」

ピンクの悪魔の魔物「俺様が作ったんだぜ」

P「えぇ、とても良い装備です!」



村長「…勇者様、一つ頼みごとをしても良いですかな?」

P「頼みごとですか…俺達の出来る範囲のものならいいですよ」

村長「先日、この村の近くにある『アナホリトンネル』という洞穴に、魔王の手下が現れたそうです」

小鳥「魔王の手下…まさか美希ちゃん…!?」パタパタ

村長「そこに住む魔物は、人間に危害を加える様な者では無かったのです、しかし手下が現れてから…様子がおかしくて」

スライムの魔物「にんげんのばしゃをおそったり、おかねをうばったりしてるんだプヨ」

くちびるのすごい魔物「どうにかなりませんかぁ~勇者様ぁ」

貴音「…行かざるおえませんね、プロデューサー」

P「そうだな、装備は揃えたし…道具を持ってすぐ行こう!」



262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:27:08.93 ID:/FW3S1NDP

行かざるを



264:>>262 誤字多いな、気を付ける:2014/02/08(土) 22:35:18.16 ID:SmXnE+iC0

~アナホリトンネル~


P「ここか…」

小鳥「ぐにゃぐにゃしてて、中々先に進めませんね」

モグラの魔物「モキー!」

コウモリの魔物「ルカナン」

地を這う悪魔「イオラ」

ギガ歩「…ごめんね、先に進まなきゃいけないんだ…!」ブンッ

かいしんのいちげき!

魔物「ぐぃあ!」

トロ香「やるねぇゆきほ!」ブオン

かいしんのいちげき!

魔物「ごはぁ…」


あずさ「あらあら、私も負けてられないわねぇ」



266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:43:45.45 ID:SmXnE+iC0

P「敵は割と倒せるけど…あ、ベホマラー」

小鳥「奥まで行くのが…大変ですね」

貴音「MPが切れないか不安になります…バギマ」

あずさ「あせらずゆっくりですね、あらあら…オノ無双!」




~アナホリトンネル 最深部~


P「ついにここまで来たか」

小鳥「MP温存して良かったぁ」

ギガ歩「…!あ、あそこに居るの…もしかして魔王の手下じゃ…?」

>>269「…」

P「あいつ…!」



269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:45:04.54 ID:rYusmJJN0

貴族服のやよい



274:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 22:56:41.40 ID:SmXnE+iC0

やよい「…」

P「やよいじゃないか…」

小鳥「何か、妙に派手な服着てますね…」

やよい「あ、モンスターさん!お仕事お疲れ様ですー」

魔物「ぎゃう」

やよい「オリハルコンが6個、金塊が10個…大量の岩塩、まぁまぁってところですね」

魔物「ぎゃい」

やよい「御褒美まであと少しです、頑張ってくださいねー」

魔物「ぎゃーう」



あずさ「何を…してるのかしら?」

貴音「何やら魔物たちに指示を出している様です」



277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:14:31.87 ID:SmXnE+iC0

やよい「あ、こっちのモンスターさんもお疲れ様です!」

魔物「ぐぁーう」

やよい「オリハルコンが…15個、金塊21個…とてもいい成績です!」

魔物「ぐぁ」

やよい「…じゃあ、御褒美をあげちゃいますね!」ゴソゴソ

魔物「ぐああー!」

P「何だろうアレ…石?」

やよい「これが、進化の秘宝ですよぉ」キラキラ

小鳥(…進化の秘宝…どこかで聞いたような気が)



やよい「さぁ、モンスターさんこれを触ってください」

魔物「…ぐぁ」


…ギュオオオオオオオッ!!!

魔物「ぐぁぁっ!?」



280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:25:54.96 ID:SmXnE+iC0

小鳥「す、凄いパワーだわ…」

P「何なんですか、あの石…!」

やよい「そろそろいいですよ、モンスターさん」


化物「グォォォァァッ!?」ミシッ


あずさ「何…あの姿!?」

猪千早「…もはや化け物ね」

ギガ歩「魔物さん、小さくて可愛かったのに…どうして?」

やよい「モンスターさん、これであなたはとても強くなりました、とーっても」

化物「グォォォ…」ズシン ズシン

やよい「…その力を制御できれば…ですけどね」ニヤッ



貴音「…なんと腹黒い」

P「…信じたくはないが、やっぱりやよいが魔王の手下…なのか」



283:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:37:59.84 ID:SmXnE+iC0

P「おい、そこで何してるんだ!」

やよい「はわっ!?っ、だ、誰ですかぁ!」

P「…俺だよ、やよい」

やよい「…あぁっ、あなたは」

小鳥(良かった、やよいちゃんは覚えて)


やよい「勇者…さんですね」


P「…そっちか…やっぱりなぁ」ハァ

あずさ「ねぇ、やよいちゃん…ここは魔物さん達が居て危険なの、一緒に外に出ましょう?」

貴音「覚えていないかもしれませんが、私達はやよいの友人です、危害を加えることはしません」

トロ香「そうだよやよいー!いっしょにいこー!」

ギガ歩「あのあの…み、見た目はこんな感じだけど、私達優しいからね…」

猪千早「そうよ高槻さん、ここは危険だわ、すぐに外に…」



やよい「…うぅー…」アセアセ



285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/08(土) 23:48:19.21 ID:SmXnE+iC0

P「おい春香!やよいがビックリしてるじゃないか!」

トロ香「あぁっ、ごめんなさいー!」

ギガ歩「ご、ごめんねぇ!」

猪千早「あの、こ、怖がらせるつもりじゃなかったの!ほ、ほら!ブヒブヒ!」フガフガ


やよい「…勇者さんと一緒なんか嫌です」


P「…や、やよい」

小鳥「どうして、そんな事言うの…!?」



やよい「勇者は、私を助けてくれた魔王さんの家族を…皆殺しにしたんです!!」

P「…えっ、待ってくれ…俺そんな事、してな」フラッ


やよい「うるさい!人殺しめ!」


小鳥(…記憶がないどころか、完全に敵にされてる!)



292:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:01:27.29 ID:hb/eiYl+0

やよい「…魔王さんがお仕事をくれたんです、綺麗なお洋服に美味しいご飯…今、凄く幸せです」

あずさ「…」

小鳥「…でも、その石のせいで人が困ってるのよ?」

貴音「他人を不幸にしてまで、得る幸せなど無意味です!」

やよい「今は大変でも、後でとても良い事が起こるって魔王さんは言いました」

猪千早(高槻さん…完全に洗脳されてる…)

トロ香「あんまりしげきすると、かわいそうだよ」

ギガ歩「…ここから出た方がいいかも」



P「や、やよい…頼むよ!もう美希の二の次にはなりたくないんだ!」フラフラ

やよい「…もしかして、美希さんに怪我をさせたの…勇者さんなんですか…!?」

P「…!」



293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:07:18.64 ID:66Y66d0sO

二の舞



294:>>293 そっちか:2014/02/09(日) 00:10:27.63 ID:hb/eiYl+0

P「ち、違うんだ!そういう意味じゃ…」

やよい「…酷い、酷すぎます!!」

P「誤解、誤解なんだって!」

やよい(…きっとあの剣で、美希さんに怪我させたんだ…!)

やよい(どうしよう…逃げなきゃ……でも、囲まれてる…)


やよい「どうしよう……」オロオロ

P「…?やよい、どうしたんだ?」トン


やよい「い、いやぁぁぁぁぁぁ!!?」ズザザッ



297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 00:16:47.42 ID:hb/eiYl+0

P「あっ、ごめん!つい…」

やよい「はぁ…はぁ…」

やよい(…もう、逃げられない…!)


やよい「…っ、はぁ、はぁ…!」スッ

小鳥「あれは…進化の秘宝……ま、まさか!?」



やよい「…っ!」ギュッ


…ギュオオオオオオオッ!!!

やよい「うぁぁっ…!!」


小鳥(ど、どうしよう…やよいちゃんが…使っちゃうなんて…!)



300:風呂行ってくる:2014/02/09(日) 00:30:44.19 ID:hb/eiYl+0

P「俺のせいだ…!俺の…」ブツブツ

貴音「…プロデューサー、正気に戻るのです」

小鳥「これは、大変な事になりました…ね」



魔人(やよい)「…ふぅぅ」ピキピキ



猪千早「高槻さんが…あんな、姿に…」


魔人(やよい)「…覚悟しろ勇者共、生きて帰れるなんて思うなよ…」ゴォォォ


                              魔人が現れた!



314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:35:46.87 ID:hb/eiYl+0

P「…やよい、ごめんな…助けてやれなくて」

猪千早「諦めるのはまだ早いですよ、プロデューサー」

P「千早…」

小鳥「それにあの姿のやよいちゃんを、放っておくなんてとんでもないです」

ギガ歩「きっと、ニーチャ村にも被害が…!」

P「…あぁ…分かってるさ!!!」ジャキン


魔人(やよい)「ハァーッ!」

魔人は凍える息を吐いた!!


猪千早「!!音無さん!フバーハお願いします!」

小鳥「わわっ、フバーハ!」


魔人(やよい)「我が拳、うけてみろ!」

魔人は腰を深く落とし、まっすぐにプロデューサーを突いた!

P「ぐはっ!(二回行動か…!)」



318:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:49:41.88 ID:hb/eiYl+0

小鳥「皆、気を付けて!ベホマ!」

P「…火炎斬り!」ボォォッ

貴音「見た目に反して、中々素早いようですね…ピオリム!」

あずさ「やよいちゃん、ごめんね!かぶと割り…!」ザンッ

猪千早「高槻さん…許してちょうだい、五月雨…突き」シュシュシュ


ギガ歩「ごめんねぇっ!!」ブンッ

魔人(やよい)「ぐっ…」ガツン


トロ香「ボディプレス!」

魔人(やよい)「むぅ…っ!」ドガッ


魔人(やよい)「……ではこれはどうだ!イオナズン!」


ドガァァァァン!!!

貴音「…あれは、爆破系の最強呪文…!?」



321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 01:57:58.34 ID:hb/eiYl+0

あずさ「げほっ…な、何て威力なの…!」

ギガ歩「油断してました…」

貴音「この水着を用いてなお、この威力だとは…」

魔人(やよい)「まだまだっ…メラゾーマ!!」


ボオォォォォッ!!!!!


P「ぎゃああああ!!」ジュゥゥゥッ

小鳥「ぷ、プロデューサーさん…!」

P「よ、鎧が、無かったら…即死でした…ゴホッ」ボロッ

小鳥「ベホマ!…マホトーン、効くかしら…」



323:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:10:17.74 ID:hb/eiYl+0

P「物理と呪文、両方使えるなんて…」

小鳥「きついですね…」


あずさ「たあっ!」ブンッ

魔人(やよい)「…ふん」ザク


貴音「ヒャダルコ!」ヒュオオ

魔人(やよい)「…それがどうした」


ギガ歩「とりゃーっ!」ブォン

魔人(やよい)「ぐっ…」ガツン


P「はやぶさ斬り!」ヒュヒュッ

魔人(やよい)「…む」



猪千早「あれだけダメージを与えてるのに…」

トロ香「まだたおれないなんて…!」



325:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:27:14.76 ID:hb/eiYl+0

魔人(やよい)「…その程度で私は倒せんぞ!」

魔人は猛毒の霧を巻きあげた!

P「うぐっ…」

ギガ歩「苦しい…っ」



魔人(やよい)「風の刃、避け切れるかな…?」

魔人はしんくうはを巻き起こした!

トロ香「いった、いったぁぁ!!?」ザクザク

貴音「ぐうっ…中々の痛手です…!」


魔人(やよい)「まだ息があるか…」

P「こ、これぐらいで…やられてたまるか!」ジャキ

小鳥「キアリ―です、頑張ってくださいね」



327:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:44:08.54 ID:hb/eiYl+0

P「…俺は、プロデューサーなんだ!ここじゃ勇者って設定だけど…皆を守るって役目は同じ…!」

小鳥「…プロデューサーさん」

P「皆を守りたい、それだけでここまで頑張って来たんだ!」

カアァァッ!!

貴音「…プロデューサー、剣が輝いて…!」



P「…なんだ、この光は」

小鳥「それは…伝説の剣技、ギガスラッシュ…!」

P「使えって、ことか…!」カァァァァッ!!!

魔人(やよい)「…やっと、本気を出してきたな」



330:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 02:56:09.09 ID:hb/eiYl+0

P「いくぞ、やよい!ギガ…スラッシュ!!」

バリバリザシュッ!!!

魔人(やよい)「ごふっ…良い一撃だ…!」

小鳥「やよいちゃんの為にも、絶対…勝ちましょう!」



~決着の時~


猪千早「疾風突き!」ザンッ

魔人(やよい)「ぐおぁっ…」グラッ

ギガ歩「プロデューサー、いけますよ!」

P「っ…こ、れで…最後だ!ギガスラッシュ…!」



魔人「ぐ、ぐあぁぁぁぁっ…!!!」ドガァァッ

                              魔人を倒した!



332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 03:08:47.38 ID:hb/eiYl+0

やよい「うぅ…っ」シュウウウウ

P「やよい!大丈夫か!」

やよい「…あ、あれぇ…プロデューサーがいるぅ…?」

小鳥「記憶が…戻ったのね!」パタパタ



やよい「何だか疲れましたぁ…」ボー

あずさ「やよいちゃん、無理しちゃ駄目よ…?」

やよい「そうですね…そうします…おやすみ、なさ…ぃ」トロン

トロ香「村まで運んであげましょうか」

ギガ歩「この秘宝…危ないから隠しておいた方がいいよね」

猪千早「深い穴の中に、密かに埋めておけばいいんじゃないかしらブヒ」



336:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 03:22:36.63 ID:hb/eiYl+0

~次の日 ニーチャ村宿~


やよい「プロデューサー、ごめんなさい!私すっかり忘れちゃってたみたいで…」

P「謝るのはこっちの方さ、やよい…ごめんな」

やよい「…うぅ、そんなことないですよぉ」

小鳥「そうだ、やよいちゃん…一つ聞いておきたいんだけど」


やよい「何でしょう、音無さん?」

小鳥「魔王の…正体って、知ってる?」

やよい「実は…分からないんです、常に顔を隠してるから…」

小鳥「…なるほどね」

やよい「ごめんなさいぃ、役に立てなくて…」

P「いや、十分役に立ってるって、新しい技覚えられたし」

やよい「…あの攻撃は凄かったなーって」



339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 03:37:58.74 ID:hb/eiYl+0

やよい「…あ、そうだ!これ、トンネルで拾ったんですけど」ゴソゴソ

P「…おぉ、何か強そうな指輪だな」

やよい「綺麗だったんで、取っておいたんですよー!」

貴音「是非使わせてもらいますよ、やよい」




あずさ「この指輪、とってもきれいだわぁ」 Eスーパーリング

貴音「…美しい指輪、実用性もあり中々の品です」 りゅうのうろこ→Eソーサリーリング

猪千早「…何だか体が軽いわ、流石高槻さん、良い物持ってくるわね」 力の指輪→Eはやてのリング


ギガ歩「指輪、はめられなかった…」ショボーン

トロ香「わたしもやっぱりむりだった…」ショボーン



341:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 03:48:37.68 ID:hb/eiYl+0

P「さて…やよい、俺達はもう先へ進もうと思うんだが、一緒に行くか?」

やよい「…私、トンネルのモンスターさんに酷いことしちゃったし、村の人にも迷惑かけちゃいました」

やよい「だから私、ここで村のお手伝いをして少しでも役に立ちたいんです!」

やよい「もちろん一緒に行きたいんですけど…でも、それだと自分を許せなくて…」

P「そうか、やよいは優しいなぁ」

やよい「私、ここに残って皆さんの無事を祈ってます!」



345:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 04:03:47.59 ID:hb/eiYl+0

~アナホリトンネル周辺~


小鳥「ここを抜けると、最後の街『アラアーラ城』です」

P「最後の街…ですか」

小鳥「はい、城の先には『カワイデスヨ火山』という険しい山と、『メンヨウ遺跡』という謎多き遺跡があります」

あずさ「その先は…?」

小鳥「…魔王の住処、『魔王城』です」

P「ついに来たか…」

トロ香「だいぶすすみましたねぇ」

猪千早「それでもまだ安否が確認できていない人が、数人いますね」

あずさ「そうねぇ、心配だわぁ」

ギガ歩「ちゃんと、毎日ご飯食べてるでしょうか」

貴音「この旅ももう、一週間過ぎようとしています…急ぎませんと」



347:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 04:22:15.72 ID:hb/eiYl+0

~アラアーラ城周辺~


悪魔の魔物「イオナズン」

ドラゴンの魔物「ゴァァ!」 激しい炎を吐いた!

宝箱の魔物「ザキ」



貴音「…周辺の魔物も、随分と強くなりましたね…べギラゴン!」

P「いつの間に覚えたんだ…」

あずさ「私達だって、ただ戦ってるだけじゃないですから…大魔神斬り!」

猪千早「プロデューサーがギガスラッシュを覚えたように、私達も強くなってるんです、雷光一閃突き!」

ギガ歩「…よい、しょっと…!」ガラガラ        ギガ歩は岩石を持ちあげた!

ギガ歩「えいっ」ポイッ       空高く岩石を放り投げる!

トロ香「マインドブレイク!」ドゴォッ

魔物「ギャヒ!」ゴシャ   モンスターはショックを受けて動けなくなった!



349:ごめん仮眠する:2014/02/09(日) 04:38:34.73 ID:hb/eiYl+0

P「次は誰に会えるのかな…」

小鳥「まだ会ってないのは…亜美ちゃん、真美ちゃん、伊織ちゃんに真ちゃんと響ちゃん…それに律子さんですね」

貴音「響は偽物なら会いました」

あずさ「魔王の正体…何となく、この5人の内の一人だと思うんですよ」

猪千早「そうですね、そういう流れでしたしブヒ」フガッ

ギガ歩「あ、あんまり想像したくないです…」

トロ香「だね…りつこさんまおうとか、めちゃくちゃこわそうだし」



378:おはよう:2014/02/09(日) 12:14:03.76 ID:hb/eiYl+0

~アラアーラ城~

P「…あれ、城門が開きっぱなしだぞ…」

小鳥「何か様子がおかしいですね」

貴音「様子を見ましょう」



街人A「た、助けてくれぇぇぇ!!!」

魔物「ギヒヒヒ…!」

街人B「お願い、私には幼い娘が居るの…見逃してちょうだい!!」

魔物「どうしようかなぁ…?」



キャアアアア    タスケテ!   マヒャド!!    ヤメロォォォォ    …ニガスカ!!


猪千早「…街の中に魔物が入り込んでしまったようです!!」

あずさ「街の人がどんどん襲われてます…」

猪千早「魔物達を追い払いましょう、皆で」

P「…よし、俺達も加勢だ!」



380:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:27:57.85 ID:hb/eiYl+0

兵士「こ、このっ…!」ブンッ

魔物「ギャガガ」 ひらりと身をかわした!

貴音「メラゾーマ!」

ゴォォォォォォッ!!!

魔物「ギャイイイ!!?」

兵士「…た、助かったぁ…ありがとう!魔法使い様…」

貴音「礼を言うのはまだ早い…ですよ」



魔物「あ?何だてめぇら!」

魔物「ヤッチマエ!」

ゾロゾロ

魔物の群れが現れた!!

P「結構いるみたいだが…何とかなりそうだ」

ギガ歩「で、でも油断は禁物ですよ」

猪千早「雑魚敵よ、すぐ倒せるわ」



382:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 12:43:17.31 ID:hb/eiYl+0

魔物「…つええ」ドサッ

魔物「…ギャオゥ」ドサッ


魔物の群れを倒した!


トロ香「ざっとこんなもんだよ!」

猪千早「鍛えた成果ねブヒ」

街人A「助かりました、勇者様…!」

街人B「まさか来ていただけるなんて、光栄ですわ!」

P「いやいや、それほどでもないですよ」



兵士A「大変だーー!城に魔王の部下が入り込んだぞー!!」

P「何だって!?」

兵士B「あの門を壊したのは、魔王の部下なんです!」

兵士C「中には王が居るってのに…どうすれば…!」


P「…俺達に任せてください、いくぞ!皆!」



384:765限定:2014/02/09(日) 13:03:27.89 ID:hb/eiYl+0

~アラアーラ城~


P「どこだ…どこに行ったんだ…?」

小鳥「…あの部屋から、オーラを感じます…!」

あずさ「オーラ…?という事は…」

貴音「また、戦う事になるのですね、かつての友人達と」



P「ここだなっ!!」ガチャ


王様「…私の命はどうなってもいい、だが、あの武器だけは渡せない!隠し場所も絶対教えん!」

魔王の部下「…そうか、ならば口を割らせるのみ…」

貴音「もしや、あの姿…」

小鳥「…>>387ね」



387:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:05:28.57 ID:J2RBjfRT0

ゾンビ響



389:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:06:38.97 ID:diyhA2t2P

やよいは偽記憶だからいいけど
これだと美希は生まれついての悪って事になるよね、なんかムカムカする、>>1に対して



391:>>389  良くありがちな悪堕ちって事で許して:2014/02/09(日) 13:23:09.41 ID:hb/eiYl+0

P「やめるんだ!響!」

響「…なぜ自分の名前を知っている」クルッ

貴音「響、私達を見て何か知っている事は…ありませんか?」

響「知らないな…ただ、これだけは分かる」ゴゴゴッ

小鳥「響…ちゃん?」



響(魔王の使い)「オマエたちが…敵だという事がなァ!!!」ジャキィン

                             魔王の使いが襲ってきた!!



392:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:27:59.67 ID:diyhA2t2P

今ので殺意に変わったの



394:>>392 だって悪堕ち好きなんだもん:2014/02/09(日) 13:38:46.15 ID:hb/eiYl+0

魔王の使い(響)「そらそらぁッ!!」

魔王の使いは4本の腕で激しく切りつけた!

貴音「ぐうっ…!」ザクッザクッ



魔王の使い(響)「ラリホーマ!」

ギガ歩「ねむり…まで…くぅ」    ギガ歩は眠ってしまった!

小鳥「キアリク!…先が読めないわね」



P「連戦はつらいな…」

あずさ「皆、無理しないで回復するのよ!」

猪千早(何か嫌な予感がするわ・・・)



396:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 13:50:18.64 ID:diyhA2t2P

響誕に胸糞安価立てたやつだろお前



398:>>396 違うよ:2014/02/09(日) 13:52:34.15 ID:hb/eiYl+0

P「行くぞ、はやぶさ…斬り!」ヒュヒュッ

ミス!ダメージを与えられない!

響「ハハハっ、自分にそんな攻撃が効くとでも…?」


貴音「ならば…地這い大蛇!」ビシッビシッ  ズガァァァッ

ミス!ダメージを与えられない!

響「無駄だ!」


猪千早「…通りで嫌な感じがすると思ったら、やっぱりねブヒ」

ギガ歩「千早ちゃん、何かわかったの…?」

猪千早「この身体になってから、鼻が良くなって匂いを嗅ぎ分けられるようになったの」

猪千早「…今の我那覇さんから、生きている香りがしない…」

トロ香「そ、それってつまり…しんでるってこと…!?」

あずさ「で、でも…響ちゃん、あんなに動いてるじゃない」


響「…よく気付いたな、オマエ」



404:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:08:59.78 ID:hb/eiYl+0

響(魔王の使い)「自分は、一回死んだんだ…モンスターに襲われて」

貴音「…!!」

響(魔王の使い)「だけど、魔王が身体に魂を戻してくれた…また動けるようになったんだ」

響(魔王の使い)「身体も生きていた時より、もっと強くしてくれた」

響(魔王の使い)「…自分は魔王に付いていくことにしたんだ、恩返しで」

響(魔王の使い)「だから、魔王の計画を邪魔する奴は…絶対に許さない!!」ジャキン



P「響が死んだのは…俺が間に合わなかったせいだ」

小鳥「プロデューサーさん…」

貴音「……ここは我々が弔ってあげましょう」

猪千早「物理が効かないとなると、やはり炎でしょうか…」

ギガ歩「炎…私には無理そうですぅ」

トロ香「そうだね、わたしもぉ…」



408:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:25:30.41 ID:hb/eiYl+0

貴音「…メラゾーマ」

ゴォォォォッ!!!

響(魔王の使い)「ぐぁっ…!」ジュウウッ


P「火炎斬り!」ヒュヒュッ

響(魔王の使い)「うぅっ…」ザンッ


猪千早「…やはり、これを使う時が来たみたいですねブヒ」バリバリ

小鳥「千早ちゃん、一体何を…」

猪千早「かなり魔力を消費するので使うのは控えていたのですが」バリバリ


猪千早「…ジゴスパーク!」ビリビリ  ビシャアアアン!!

地獄から雷を呼びだした!!

響(魔王の使い)「ぐあああっ…!?」



411:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:40:34.36 ID:hb/eiYl+0

響(魔王の使い)「ははっ…そうこなくちゃなァ!」キュオオオオ

魔王の使いはビックバンを引き起こした!!


ドゴォォォォォン


P「わぁぁぁっ!!」

小鳥「お城が、崩れて…」

あずさ「王様!避難してください!」

王様「すまない、後は頼んだぞ…」



貴音「まさかこんな多技を持っているとは…!」

ギガ歩「…ここは私達が」

トロ香「かつやくするときが…きたね!」



413:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 14:55:12.41 ID:hb/eiYl+0

ギガ歩「…皆を傷つけるなら」

トロ香「わたしたちをたおしてからにして!」

ギガ歩とトロ香が魔王の使いの前に立ちふさがった!


響(魔王の使い)「…邪魔だぁぁっ!」ジャキン


P「二人が倒れる前に!」

貴音「決着をつけましょう…」

猪千早「…手早く済ませましょう、我那覇さんの為にも…」



~決着~

貴音「…これで、最後です」

響(魔王の使い)「…」ドサッ

                           魔王の使いを倒した!



415:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:09:15.67 ID:hb/eiYl+0

響「…あぁ、…皆居たんだ…遅いぞぉ」

P「ごめんな、俺達がもう少し早く響を見つけたら…こんな事には」

響「……何だか、眠い…」

貴音「…逝ってしまうのですね…」

響「………つかれ、た…な…」ガクッ

猪千早「…駄目ね、ザオリクが反応しない」

小鳥「きっと無理矢理生き返らせたから、もうザオリクは使えないのね」




王様「…勇者様、これを…彼女に」スッ

P「これは…?」

王様「転生の杖、という物です」

貴音「転生…ということは、まさか」

王様「この杖は、死んだ者を転生させて再びこの世に戻す杖なのです」

あずさ「じゃ、じゃあ響ちゃんは生き返るんですか…!」



416:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:16:50.47 ID:hb/eiYl+0

王様「ただ、生まれ変わる物が何になるか分かりません…人間か、それとも魔物か…」

P「響が生き返るなら…それでいいです!」

貴音「…これで…生き返るのです、響!」パァァァッ

響「…」シーン



響が生まれ変わったもの>>420



420:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:18:52.51 ID:VgRlA4YR0

おおかみ



422:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:32:09.34 ID:hb/eiYl+0

狼響「あれ…自分、死んだんじゃ?」ムクリ

貴音「響!生き返ったのですね…!」ギュッ

狼響「うわっ、貴音…く、苦しいって!」

貴音「その姿も、とても愛くるしくて好きですよ」

狼響「えっ、その姿って…?」

あずさ「うふふっ、ほら見て響ちゃん…とってもキュートよぉ」カガミ


狼響「…ええーーっ!?」モフモフ


P「良かったなぁ響、すごく可愛いじゃないか」

狼響「そういう問題じゃないって思うぞ…」



430:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 15:50:11.38 ID:hb/eiYl+0

狼響「足だって四つん這いだし…完全に狼じゃないか!」

トロ香「まぁまぁ、いきかえれたんだし…いいんじゃないかな!」

狼響「うぎゃー!これからどうしようー!」



~アラアーラ城 夜~

街人A「助かりました…勇者様」

街人B「お陰で死人も出ず、感謝しております」

商人「お礼に好きな装備を持って行ってくだされ」

武器職人「お金は要りません、好きなだけどうぞ!」

P「本当ですか…ありがとうございます!」



435:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:11:04.39 ID:hb/eiYl+0

貴音「ここが最後の街になります、遠慮せず貰って行きましょう」

P「そうだな、何が良いか…」

鍛冶屋「勇者様、その剣…もっと強く出来るはずです、鍛え直して差し上げますよ」

P「そうですか!じゃあお願いします」



P 勇者 装備 はやぶさの剣→E改に強化 魔法の鎧→Eプラチナメイル 炎の盾→Eオーガシールド まもりのルビー→Eいのちのブレスレット

トロ香 トロル 装備 ウォーハンマー→E改に強化 カメのこうら→Eバンデットメイル Eごうけつの腕輪

あずさ 戦士   さんぞくの斧→Eキングアックス シルバービキニアーマ→Eプラチナビキニアーマー Eスーパーリング

貴音  魔法使い はがねの鞭→Eバスターウィップ E神秘のビキニ Eソーサリーリング

千早  オーク  パルチザン→Eデーモンスピア 銀の胸当て→Eやいばのよろい Eはやてのリング

雪歩 ギガンテス ウォーハンマー→E改に強化 あつでの鎧→Eやみのころも Eパワーベルト


P「千早、あんまり近づくと危ない」

猪千早「そうですか?」キラーン



437:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 16:23:25.99 ID:hb/eiYl+0

~アラアーラ城 宿~


P「明日から過酷な旅になりそうだな」

狼響「自分も付いていくぞ!」フリフリ

小鳥「響ちゃんが仲間になりました」  響 狼 装備 Eバトルチョーカー

貴音「よく似合ってますよ、響」

狼響「似合っててもあんまり嬉しくないぞ…」



小鳥「火山を抜けて、遺跡に行く事になりますね」

P「一日で抜けるのは無理そうだ、何日か野宿になるな」

貴音「となると…荷物を大量に持って行かねばなりません」

あずさ「そうねぇ、馬車がいいかしら」



439:ちょっと休憩:2014/02/09(日) 16:43:56.50 ID:hb/eiYl+0

P「でも火山に馬は連れて行けないですよ」

狼響「…雪歩と春香に引いてってもらえばいいんじゃないか?」

P「なるほど、その手があるか」

トロ香「いいですよぉ!」

ギガ歩「それくらいなら出来そうです!」



~次の日~

王様「勇者様、お気を付けて」

街人A「魔王城周辺のモンスターは桁違いに強いのです」

街人B「…魔王の手下もうろついているかもしれません、警戒は怠らないでください」

P(そうか…敵の陣地に踏み込むんだもんな、何が出てくるか分からない)



453:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 18:08:48.50 ID:hb/eiYl+0

~カワイデスヨ火山入り口~


P「あ、そうだ響、魔王の手下だった時何してたんだ?」

狼響「えっとね…転生の杖を奪いに行ったんだよ」

小鳥「美希ちゃんには村人を襲わせ、やよいちゃんは鉱物を集めさせて、響ちゃんの時は杖…」パタパタ

猪千早「目的が良く分かりませんねブヒ」

狼響「良く分かんないけど、何か生まれ変わりたいとか言ってたな…」

あずさ「生まれ変わる…?」

狼響「最強の生物になって世界を支配するとか」

P「いかにも魔王って感じだな」

狼響「あ、そうだ…>>458がお城で監禁されてたぞ!!」

P「えぇっ!?何でそれを早く言わないんだ!」



458:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 18:16:17.36 ID:J2RBjfRT0

真美



461:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 18:27:30.81 ID:wLhhemBs0

支援なの

461_1



464:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 18:31:11.17 ID:GWoV010o0

>>461
凄過ぎ



466:>>461 すげええええ!!ありがとう!:2014/02/09(日) 18:33:06.03 ID:hb/eiYl+0

小鳥「どうして真美ちゃんが…」

狼響「詳しくは知らないんだけど、何か計画に必要な人間だーって言ってた」

ギガ歩「魔王さん、そんなことまでするんだ…」

トロ香「ますますしょうたいがきになるね」

貴音「魔王の正体…やはり響も知りませんか?」

狼響「うん…ごめんな」




~魔王城~

悪魔の魔物「魔王様、勇者が城に近づいてきています」

魔王「……分かっている」

美希「やよいも響もやられちゃったし、美希が行って来ようか?今度は絶対負けないの!」

魔王「いや、良い…こいつを火山に送り込む、いってこい>>470」

>>470「…お任せください、魔王様」



470:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 18:37:25.04 ID:CdroV3u+0

伊織ハーピー



473:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 18:48:48.68 ID:hb/eiYl+0

伊織(ハーピー)「この私が、必ずや勇者を討取って見せましょう」バサッ

魔王「期待しているぞ、伊織」

伊織(パーピー)「行くぞ!兵士ども!」バサバサ

魔物A「伊織様!一生ついてきます!」

魔物B「何なりとご命令を!伊織様!!」

クギュウウウウウ   イオリンノハネマジサイコウ!!    フンデクダサイ!  ノノシッテ!   チョットダマッテナサイ!!!!   …ウオオオオオッ!!


魔王「相変わらず煩いな、伊織の兵士たちは」

美希「なんとか病ってやつなの」



真美「ちょっとぉ!!いい加減ここから出してよ!」ガシャガシャ

魔王「…また騒ぎ始めたな」



479:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 19:05:03.82 ID:hb/eiYl+0

真美「洗脳も記憶消しも、真美には効かないもんねー!」

魔王「まったく、面倒な奴だ」

美希「綺麗な服も美味しいご飯もあげてるのに、何が不満なの?」

真美「兄ちゃん達に会わせてよ!それに、ミキミキも元に戻して!!」

魔王「それは無理な相談だ、私の計画が崩れてしまう」

真美「…うぅー、兄ちゃん…亜美ぃ早く来てよぉ…!」



~カワイデスヨ火山~

P「しかし、熱いなここは…」

狼響「…はぁ、はぁ……熱いぞー」

小鳥「喉がすぐ乾いちゃいますね…」パタパタ

あずさ「時々地面から炎が…」

ボオッ

トロ香「あつっ!!」ピョンピョン

ギガ歩「春香ちゃん大丈夫!?」



481:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 19:18:06.12 ID:1OYJFGXR0

支援

481_1



486:>>481 なんて可愛いんだ!! ありがとう!:2014/02/09(日) 19:28:35.17 ID:hb/eiYl+0

P「回復道具もMPも節約しなきゃいけないから、皆!なるべく炎は踏むなよ!」

トロ香「ふー…ふー…あちち」

貴音「ヒャドで冷やしましょう、春香」

トロ香「うぅ、すいませんたかねさん…」



~カワイデスヨ火山 マグマ地帯~


P「ここを通れってことか…」

ゴボゴボ    ボゴオッ     ジュウウウウ

小鳥「落ちたら溶けちゃいます…」パタパタ

貴音「このマグマに浮かんだ石を飛び越えろと…!?」

あずさ「…あらあら、どうしましょう~」



488:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 19:42:02.86 ID:hb/eiYl+0

ギガ歩「えぇっ、石ってあんなに小さいの!」

トロ香「上手く乗れるかな…」

P「…一人ずつ、確実に行こう」

小鳥「飛べて良かったわ…」パタパタ


狼響「あ、熱かったけど…楽勝だね!」ヒョイヒョイ

P「…よし、じゃあ次は俺だ!」ピョンピョン

貴音「…無心、無心になるのです…」ヒュッヒュッ

あずさ「大丈夫、がんばれあずさ…!」ピョイ ピョイ

猪千早「ダンスレッスンだと思えば…いけるブヒ!」タタッ


P「よし、俺達は渡れたぞ!」

小鳥「二人とも…きついと思うけど、頑張って!」

ギガ歩「うぅっ…怖いよぉ」

トロ香「おちつけー…おちつけー」フゥフゥ


??「…イオナズン!!」   ドガァァァァン!!



491:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 19:54:15.04 ID:hb/eiYl+0

ギガ歩「…い、石が!!!」

トロ香「いったいだれが…!?」


伊織(ハーピー)「…ふふふ、これで渡れないでしょ?」バサバサ

鳥の魔物の軍団「キェェェ!!」


P「…あいつ、伊織か…!?」

貴音「まるで鳥の様に飛行しています…」

猪千早「水瀬さん、あなたも魔王の手先なの…?」

伊織(ハーピー)「アンタら、何で私の名前……まあいいわ、そうよ、それがどうかしたの?」バサバサ

あずさ「千早ちゃん…これは戦うしかなさそうね」

猪千早「…そうですね、あずささん」

伊織(ハーピー)「もう分かってると思うけど…ここで死んでもらうわ!魔王様の為に!」バサッバサッ

                                  ハーピーが現れた!
ギガ歩「どうしよう…向こう岸で戦闘が…」

トロ香「…このマグマさえなければ…!」



493:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 20:09:27.80 ID:hb/eiYl+0

P「この距離じゃ、剣が当たらない…!」

あずさ「プロデューサーさん、ギガスラッシュなら当たるんじゃ…」

P「…魔力が勿体ないですけど、使いましょう!」キュイイイイン

プロデューサーはギガスラッシュを放った!

伊織(ハーピー)「…守りなさい!キメラ達!」

キメラ達「ギェェェ!!」

キメラがが庇って攻撃を受けた!!


貴音「…部下を盾にするとは…!」

伊織(ハーピー)「まだまだ居るわよ…?お出でなさい、兵士達!」

何体ものキメラが現れた!

キメラ達「ギエエ」


P「…背後はマグマ、目の前には鳥の魔物軍団か」

小鳥「まさに背水の陣…ですね」



496:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 20:25:01.23 ID:hb/eiYl+0

貴音「地這い大蛇!」バシーンバシーン  ドゴォォォッ

キメラ達が庇って威力を和らげた!!

伊織(ハーピー)「ふふっ、この程度なの?」


あずさ「オノ無双!!」ブンブン

キメラ達が攻撃を遮った!

伊織(ハーピー)「全然届いてないじゃない」


猪千早「あの鳥達をどうにかしなければ…まともに攻撃が通りません!」

小鳥「何か…何か方法は…!」



498:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 20:34:18.94 ID:hb/eiYl+0

伊織(ハーピー)「…ジゴフラッシュ!!」カッ

P「ぐはぁっ?!」

貴音「ぬうっ!」

あずさ「きゃあっ」

狼響「…キャン!」

猪千早「め、目がっ!」

プロデューサー達は目が眩んでしまった!!


伊織(ハーピー)「はぁぁぁっ!!」 ゴオォォォッ

ハーピーはしゃくねつの炎を吐いた!

P「ぐああああっ!!!」


ギガ歩「このままじゃ、プロデューサー達が焼け死んじゃうよ!」

トロ香「…!そうだ、ゆきほ…みみかして!」

ギガ歩「…う、うん」



502:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 20:47:27.48 ID:hb/eiYl+0

伊織(ハーピー)「…どうしたの、動きが止まってるわよっ!」

ハーピーは鋭い爪で貴音を鷲掴みにした!

貴音「きゃあっ!?」

小鳥「ベホマラー!まだ皆目が眩んでるわ…」


ギガ歩「えぇっ、本当に…やるの?」

トロ香「だいじょうぶ、ちからにはじしんあるから!」グッ

ギガ歩「…分かったよ春香ちゃん、私…やってみるね!」

トロ香「まかせてっ!」



504:ごはん:2014/02/09(日) 20:58:16.14 ID:hb/eiYl+0

P「…っあ、やっと見えるようになった…!」

貴音「…っ」グッタリ

あずさ「あぅ…」フラッ

猪千早「…くっ」ボロッ

狼響「…くぅん」

P「ヤバい、皆ボロボロだ…」


伊織(ハーピー)「ふふん、ここからどう体制を立て直すの…?」ニヤニヤ


ウワァァァァァァァー…


P「…何だ?向こうの方から聞こえて…」

あずさ「…!!!?伊織ちゃん、危ない!!」

伊織(ハーピー)「えっ」


ギガ歩「伊織ちゃんごめんねぇぇぇぇぇっ!!!」ヒュウウウウウ…


ガツーン!!!!



508:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 21:15:27.26 ID:KkC4H8eO0

支援

http://iup.2ch-library.com/i/i1127962-1391948091.jpg



516:>>508 うわあああ、ありがとう! 嬉しい!:2014/02/09(日) 21:43:59.76 ID:hb/eiYl+0

伊織(ハーピー)「きゃあっ!」ドサッ

ギガ歩「ぐえっ」ドゴォン

ハーピーは地面に落ちてしまった!!


P「でかした雪歩!」

あずさ「ナイスタイミングよ!」

貴音「形勢逆転のチャンスです」

猪千早「…私は雑魚を片付けますブヒ!」


伊織(ハーピー)「ふ、ふん!また飛べばアンタ達の攻撃なんて…」

狼響「…ガウガウ!!」ガブリ

狼響は、ハーピーの足に喰らい付いた!

伊織(ハーピー)「痛ったぁ!!ちょ、ちょっと離しなさいよ!!」


ギガ歩「響ちゃん……!皆さん、今の内に反撃ですぅ!」



521:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 21:58:10.58 ID:hb/eiYl+0

猪千早「…喰らえ、ジゴスパーク!」バリバリ  ビシャアアアン

雑魚達「ギャアアア!!!」


ギガ歩「春香ちゃん!上手くいったよーーっ!」

トロ香「グッジョブ!」b

小鳥「プロデューサーさん、回復は済みました!」

P「よし、一気に攻めましょう!」


~決着の時~

伊織(ハーピー)「アンタ達…中々、やるじゃ…ない…」ドサッ

                             ハーピーを倒した!
狼響「ん、何だこれ…腕輪?」

ほしふるうでわを拾った!



527:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 22:24:46.32 ID:hb/eiYl+0

鳥人伊織「…あ、れ…?」ガバッ

あずさ「伊織ちゃん…私の事、分かる?」

鳥人伊織「…あずさだけど」

P「良かったぁ…」

猪千早「記憶、ちゃんと元に戻ってくれましたねブヒ」



鳥人伊織「悔しいわ…あんな洗脳に負けるなんて」

貴音「…なぜ魔王側に居たのですか?伊織」

鳥人伊織「空を飛んでたら…妙に怪しい人が、やよいを城に連れていくのを見たの」

猪千早「そんなことが起きてたのね…」



529:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 22:32:42.89 ID:hb/eiYl+0

鳥人伊織「怪しい人に付いて行っちゃ駄目って言ったんだけど…」

P「もう、洗脳されてたのか?」

鳥人伊織「そう、それで…そいつを攻撃しようとしたんだけど…駄目だったわ」

あずさ「そんな事が起きてたのね…」


鳥人伊織「……そうよ!やよい…やよいはどこに居るの!」

貴音「やよいですか?…やよいならニーチャ村に居ますよ」

鳥人伊織「洗脳は解けた?元気にしてるの…?」

ギガ歩「うん、元気に村で生活してると思うよ」

鳥人伊織「私、ちょっと会ってきていいかしら…?」

P「…そうだな、会いに行ってやれ」

小鳥「私達は無事に旅を続けてるって…伝えてね」

鳥人伊織「えぇ、もちろんよ!」バサッバサッ


P「…行っちゃったな」


トロ香「ちょっとー…わたしのこと、わすれてませんかぁー!」



535:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 22:49:44.55 ID:hb/eiYl+0

小鳥「あれ、春香ちゃん!よく渡れたわね」

トロ香「ひまだったのでマグマにいわをいれて、はしをつくったんです」

あずさ「あらあら、器用ねぇ」



~カワイデスヨ火山 麓~


P「ふぅ、涼しいなぁ」

小鳥「やっと熱さから解放されました」

あずさ「今日はこのあたりで野宿ですねぇ」

貴音「さて…今日の夕食は…」ゴソゴソ

狼響「あんまりいっぱい食べちゃだめだぞ」

猪千早「……この木の実は食べられそうねブヒ」

ギガ歩「野宿してる間、私達が警備したほうが良いよね」

トロ香「そうだね、こうたいでみまわりしよう!」



536: 【Dnews4vip1366723289130829】 :2014/02/09(日) 22:51:10.74 ID:V77HxPDi0

この>>1絶対ドラクエ8が好きやろ



541:>>536 うん大好き 5週くらいしたかな:2014/02/09(日) 23:04:05.30 ID:hb/eiYl+0

P「…明日はメンヨウ遺跡突入だな」

小鳥「今のところ、何とか進めてますね」

貴音「回復道具も…まだ何とかもちそうです」

あずさ「出会ってないのは…亜美ちゃん、真ちゃん…律子さん」

猪千早「この内の一人が…魔王」フガッ



~魔王城~

魔王「やはりな…」

美希「デコちゃん、詰めが甘すぎなの」

真美「ほーら!兄ちゃん達は強いもん!ざまーみろー!」

魔王「…そろそろ始めるとするか」

美希「ミキも手伝うの!」



544:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 23:16:30.72 ID:hb/eiYl+0

魔王「真美を檻から出してやれ」

悪魔の魔物「分かりました、魔王様」ガチャ

魔王「両腕の手錠は外すな」

竜人の魔物「はい、魔王様」

真美「…っ、離してよ!離して!」バタバタ

美希「暴れるともっと痛くなっちゃうの」

魔王「少し眠っていてもらおうか…」カッ


魔王の瞳が怪しく光った!!


真美「うぁっ…」ガクッ



547:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/09(日) 23:31:08.66 ID:Nf7gw2we0

ドラクエ8俺も大好きだからいいね!!



548:>>547 スキル自分で振れるの楽しいよね   風呂:2014/02/09(日) 23:32:09.81 ID:hb/eiYl+0

美希「ねぇ魔王様、ミキは何をすればいいの?」

魔王「やよいの持っていた進化の秘宝を見つけ出してくれ」

美希「うん、行ってくるの!」

魔王「アレにはレーダーが付いている、すぐに分かるだろう」



~次の日~

P「ふぁーあ…おはよう、皆」

トロ香「あ、おはようございます!プロデューサーさん!」ドシドシ

P「野宿の番しててくれたのか…」

トロ香「はい、ゆきほとこうたいでみまわりをしてました」

P「色々ありがとうな、春香」

トロ香「そんな、おれいだなんて…!えへへっ」テレテレ



565:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 00:25:55.56 ID:25lu8FP+0

P「トロルになってから結構経つけど、どうだ?」

トロ香「…さいしょはつらかったですけど、いまおもうと…これでよかったんだっておもいます」

トロ香「たいりょくもあるし、こうげきもできる」

トロ香「たぶんにんげんのままだったら、すぐやられちゃってましたよ」

P「確かに安定してるよな…色んな意味で」

トロ香「ちょっとー…それどういうことですかー!」

小鳥「二人とも、仲良さそうですねぇ」パタパタ

P「あ、音無さん!おはようございます」



貴音「…今日は遺跡に向かうのですね」

あずさ「何事もなければいいのですが…」

猪千早「……ん?あっちから誰かが歩いてくるようなブヒ」フガッ



>>570「…だ、誰か、助けてください…!」フラフラ



570:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 00:29:01.37 ID:D9w7YdL80

てんしのレオタードなバトルマスター真



580:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 00:44:53.88 ID:25lu8FP+0

P「あれは…真か…!」

あずさ「真ちゃん!大丈夫?一体どうしたの?」

真「……あれ、あずささんが居るそれに…皆も…」フラフラ

貴音「随分疲れている様です、それに傷も沢山…!」

真「僕…幻覚でも、みてるの…かな…っ」ドサッ

ギガ歩「真ちゃん!しっかりしてぇ!」ドガドガ



真「というわけで僕は、ここでずっと彷徨ってたんですよ」

P「よく死ななかったなぁ」

小鳥「流石真ちゃん、戦闘力はピカイチね…」

真「でもプロデューサー達が居なかったら、僕死んでましたよ……本当助かりました!!」



584:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 01:00:58.39 ID:25lu8FP+0

P(しかし…あずささんといい、貴音といい…何でセクシー衣装ばっかりなんだ)

小鳥(まぁ守備力はありますし、いいんじゃないでしょうか…)



真「これからあのお城に向かうんですか?」

P「そうだ、あそこには魔王と監禁された真美、そして…魔王の手下となった美希が居る」

真「…気味が悪いお城だなとは思ってましたけど、やっぱりそういう感じのお城だったんですね」

狼響「真も一緒に行くか?」

真「僕も?」

ギガ歩「真ちゃんが一緒に戦ってくれたら心強いし…」

あずさ「きっと、元の世界に帰れるわよぉ」

真「帰れるんですか!?じゃあ、僕も頑張っちゃおうかな!」

小鳥「真ちゃんが仲間になりました!」

真 バトルマスター 装備 素手 Eてんしのレオタード



588:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 01:19:37.14 ID:25lu8FP+0

~メンヨウ遺跡 入口~


P「名状しがたい石像が沢山あるな」

小鳥「何が起きるか分かりません、慎重に行きましょう」

ギガ歩「あ、あそこに宝箱が…」

猪千早「萩原さん!パンドラボックスかもしれないわ、気を付けて!」

トロ香「またまたてんじょうがひくい…」



592:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 01:28:14.61 ID:25lu8FP+0

あずさ「きゃっ!?」

ドラゴンの魔物「グオオオッ!」


騎士の魔物「…」ガキィン

P「…つ、つよいな」


ギガ歩「っ、堅い…!」ガツン

石像の魔物「…」


小鳥「大分敵もランクアップしてきたわね…」

真「…ばくれつけん!!」ドゴォ

獣の魔物「ぐひぃ」

P(さっき加入したばかりなのにこの破壊力…)



596:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 01:41:13.22 ID:25lu8FP+0

~メンヨウ遺跡 中心部~


名状しがたい魔物「メンヨー」

トロ香「デビルクラッシュ!!」ドゴッ


P「…魔物は出るけど、妙に静かだな」

小鳥「嵐の前の…静けさ…ですかね」

猪千早「一体この遺跡には何があるのでしょうか…」

真「念のため、回復していた方が…」



>>600「…そこにいるのは、だぁれ?」


P「…その声は、まさか…!」



600:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 01:45:26.50 ID:51d7PXDL0

律子



605:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 01:53:58.06 ID:25lu8FP+0

律子「…ここに人間が来るなんて珍しいわね」

P「律子、こんな所に居たのか」

律子「あら、何で私の名前を知ってるの?」

小鳥「私達の顔に、見覚えはないですか」

律子「…無いわね、ちっとも」

貴音「もしや、魔王の手先…なのですか?」



律子「魔王…?それだぁれ?」

あずさ「知らないんですか…」

律子「外のことなんて、一切知らないわ…私」

狼響「…じゃあ何のために遺跡に居るんだ?」



611:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 02:09:40.77 ID:25lu8FP+0

律子「私はね、このお宝を守ってるの」

真「…何なんですか?それ…」

律子「これはねぇ、時空の杖よ」

ギガ歩「時空の杖…?」

律子「この杖はね、他の世界の扉を開く事が出来るの」


P「他の世界の扉って…まさか!」

小鳥「元の世界に帰れる…!?」


律子「まぁこの杖だけじゃ…開けないんだけどねぇ」

ギガ歩「…その杖、譲ってもらえませんか…?」



律子「駄目よ、この杖を守るのが私の使命…絶対渡さないわ!」グワッ



615:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 02:30:10.23 ID:25lu8FP+0

P「俺達は、別の世界から来たんです!」

小鳥「お願いします…どうか、その杖を…」


律子「…そうねぇ、じゃあこうしましょう」


トロ香「ゆずって、くれるんですか!」


律子「私の本当の姿に勝てたら、この杖を譲りましょう…」ゴゴゴゴゴッ


律子の変身した姿>>620



620:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 02:33:26.01 ID:WPpgZoGk0

ドルマゲス律子



622:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 02:46:00.81 ID:25lu8FP+0

律子(ドルマゲス)「…うふふ、悲しいわぁ」


貴音「なんと面妖な…!」

小鳥「うわぁ…」

律子(ドルマゲス)「どうしたの?かかってこないの…?じゃあ、こっちから行きますよぉ!!」

                         律子(ドルマゲス)が襲いかかって来た!


P「あっ、しまった…」

あずさ「先手を取られちゃったわ…」

真「あまりのひど、いえ、凄さに…驚いちゃいました…」



625:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 02:59:07.36 ID:25lu8FP+0

律子(ドルマゲス)「分身です!」

ドルマゲス律子は何と3体に分身した!

P「…!本体はどれだ…」


律子B(ドルマゲス)「ふふふぅ~…これはどうです?」

ドルマゲス律子は瓦礫を飛ばしてきた!!

真「ぐうっ!」ガツン


律子C(ドルマゲス)「しんくう波ぁ!」

ドルマゲス律子はしんくう波を巻き起こした!

貴音「むっ…!」


トロ香「3かいこうどうなんて…」

ギガ歩「うぅぅ…そう簡単にはいかなそうです…」



628:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 03:24:39.81 ID:25lu8FP+0

P「…はやぶさ斬り!」ヒュヒュ

律子A(ドルマゲス)「ふふふ」


あずさ「烈風獣神斬!!」

律子B(ドルマゲス)「ひっひっひ…」


貴音「…メラゾーマ!」

律子C(ドルマゲス)「…きひひひっ」



猪千早「どれを狙ったらいいのか…分からないわ…!」

真「でも、迷ってる暇があったら攻撃した方が良いよ!」

ギガ歩「…そうだね、頑張ろう!!」



697:おまたせ:2014/02/10(月) 17:24:48.87 ID:25lu8FP+0

ギガ歩「はぁっ!!」ブンッ

律子C(ドルマゲス)「…ぎゃあっ!?」ドサッ


ドルマゲス律子Cは倒れた!


P「よし!一体倒したぞ!」

ギガ歩「やりましたぁ!」

真「案外すぐ倒せたね、これなら…!」



律子A(ドルマゲス)「ひひひ…」ゲラゲラ

律子B(ドルマゲス)「たかが一体倒せただけで、何をそんなに喜んでるのぉ?」

P「…どういう事だ」


律子B(ドルマゲス)「…ぎひひひっ…ザオリク!!」カッ


ドルマゲス律子Cは生き返った!

律子C「…うひゃひゃひゃ!」ゲラゲラ



704:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 17:50:30.47 ID:25lu8FP+0

猪千早「…怯んでは駄目ですブヒ!」

小鳥「魔力切れを狙いましょう!」

律子C(ドルマゲス)「きひひ…果たしてどちらが先に地に伏すかしらぁ?」



あずさ「かぶと割り!」ザンッ

律子B(ドルマゲス)「…ぐあっ!」

ドルマゲス律子Bは倒れた!


律子C「ザオリクぅ…!」

ドルマゲス律子Bは生き返った!


トロ香「ええいっ!」ブンッ

律子A(ドルマゲス)「ぐふっ…!」ガツン

ドルマゲス律子Aは倒れた!


律子B(ドルマゲス)「あははっ…ザオリク!」

ドルマゲス律子Aは生き返った!



708:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 18:04:22.01 ID:25lu8FP+0

真「せいけん突き!」

真は腰を深く落とし、まっすぐにドルマゲス律子Cを突いた!

律子C(ドルマゲス)「がはっ…」

ドルマゲス律子Cは倒れた!


律子B(ドルマゲス)「そろそろ疲れてきたんじゃなぁい?…ザオリク!」

ドルマゲス律子Cは生き返った!



P「くそっ…!倒しても倒しても…すぐ復活しちまう!」

小鳥「魔力も回復道具も…じわじわ減ってきてます」

あずさ「…この際、謝って許してもらえば…」

真「今の状態の律子に…それは無理だと思いますよ」



貴音「……先程から観察していて、分かった事が一つあります」

狼響「もしかして、弱点とかか!?」



710:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 18:16:15.28 ID:25lu8FP+0

貴音「今までの戦闘の中で、ザオリクを使用したのは両端の律子だけです」

P「…確かに、真ん中の律子は使ってきていないな」

猪千早「…ということは、両端の律子を同時に倒せば…!」

あずさ「む、無理よ!一体が精いっぱいなのに!」



P「…いや、俺と千早と貴音が特技を連発すればいけるかもしれん」

猪千早「…れ、連発…!?これから魔王城が控えてるのに、そんな事出来ません!」

貴音「いけない事も無いかもしれませんが……魔力不足になるのは必至です」

P「…だよなぁ」



712:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 18:32:22.08 ID:25lu8FP+0

ギガ歩「私達の攻撃、時々避けられちゃうから…」

トロ香「あてにできないもんね」

真「何か手はないのかな…」



狼響(…あ、そうだ!自分…腕輪拾ったんだっけ)

狼響「なぁプロデューサー」

P「…どうした、響」

狼響「気休めにしかならないと思うけど…これ」カラン

P「腕輪か…一体どこで拾ったんだ?」

狼響「火山で拾ったんだ、確か伊織と戦ったかな」

P「そうか、ありがとうな…さっそく着けるよ」いのちのブレスレット→Eほしふるうでわ

狼響「…どう、着け心地は?」



P「……凄い、凄いぞ…この腕輪!!」ブルブル

狼響「ええっ!?な、何がだ?」



715:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 18:52:09.33 ID:25lu8FP+0

P「響ありがとうな、これで…勝てるぞ!」シャキ

狼響「…う、うん」



P「音無さん、バイキルトをかけてください」

小鳥「凍てつく波動ですぐ消されちゃいますけど…いいんですか?」

P「大丈夫です、消される前に…終わらせます」


貴音「…分かりました、右の律子にルカニをかけます」

あずさ「左の律子さんにかぶと割り、ですね」

P「お願いします」


律子A(ドルマゲス)「何やら随分と自信ある顔ね」

律子B(ドルマゲス)「一体どんな作戦を思いついたの?」

律子C(ドルマゲス)「まぁ、何をしようが私達の分身には勝てないわ」


P「それはどうかな」

小鳥「…バイキルト!!」



717:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 19:10:28.20 ID:25lu8FP+0

貴音「ルカニ!」

ドルマゲス律子Cの防御が下がった!


あずさ「かぶと割り!」ギィン

ドルマゲス律子Bの防御が下がった!


律子A(ドルマゲス)「うひひ…防御なんて下げても無駄よ!」

P「…それはどうかな…っ!!!」フッ


律子C(ドルマゲス)「…!?」

P「はやぶさ、斬り!」ザザザッ

律子C(ドルマゲス)「ぐはぁっ…!!?」ザンッ

ドルマゲス律子Cは倒れた!


P「…こっちもだ!」ザザザッ

律子B「ぎゃあっ!!!?」ザンッ

ドルマゲス律子Bは倒れた!



719:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 19:22:29.02 ID:25lu8FP+0

猪千早「…凄まじい速さね」

貴音「まさか一回に二度攻撃するとは…」



律子A(ドルマゲス)「…何が起きたのだ、何が…!」

P「お前の分身がもっと早く気付けば、復活出来たのになぁ」

真「油断したね、律子」

貴音「…さぁ、ザオリクをかけなさい」

律子A(ドルマゲス)「…ぐぎぃぃぃっ…!!」ワナワナ

P「やっぱり出来ないのか」



律子A(ドルマゲス)「……お前らごとき、私一人で十分だぁぁぁぁっ!!」



721:ごはん:2014/02/10(月) 19:35:09.16 ID:25lu8FP+0

真「ばくれつけん!!」ドドドッ

律子A(ドルマゲス)「ぐうっ、ううう!!!」ドガァッ


貴音「双竜打ち!」ヒュッヒュッ

律子A(ドルマゲス)「ぎぃぃっ…!」ビシッビシッ


トロ香「ヒップアタック!!」ドォン

律子A(ドルマゲス)「…んぐぁぁっ!」ゴガッ


千早「これで、終わりよ!五月雨突きっ!」シャシャシャ

律子A(ドルマゲス)「…なぜ…この私がぁっ…!」ドサッ

                         ドルマゲス律子を倒した!



735:ただいま:2014/02/10(月) 20:48:54.10 ID:25lu8FP+0

P「…さぁ、時空の杖を渡してもらおうか」

律子(ドルマゲス)「……」スッ


真「これが…時空の杖…」

小鳥「中々カッコいい杖ね」

あずさ「せっかく守ってたのに…ごめんなさいね」

貴音「…ありがたく貰っていきますよ」ススッ



律子(ドルマゲス)「…いやよ」

ギガ歩「い、今…なんて」


律子(ドルマゲス)「…絶対渡さないわ、絶対っ!!!」ガッ

貴音「きゃあっ!!」ドサッ



740:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 21:09:33.95 ID:25lu8FP+0

律子(ドルマゲス)「…私の力だけでは、お前達には勝てない」

P「まだ悪あがきするのか…!」グッ

律子(ドルマゲス)「だけど、私には…この杖がある!!!」カッ!!

貴音「っ、何を…する気なのですか!」


律子(ドルマゲス)「この杖には、時空を歪めるほどの強大な力が封じ込めてあるのぉ…!」

律子(ドルマゲス)「だから…杖の力を全て私の物にすれば……!!!!」ズズズズッ


猪千早「…力を…吸い取ってる…!」


律子(ドルマゲス)「うふふふっ…凄い、すごぉい……!何てパワーなの…!!」ドドドドッ


貴音「…っ!衝撃波で近寄れません…っ!」


律子(ドルマゲス)「…もう、最高よ」ビキビキッ

小鳥「…!?」



律子ゲス(第二形態)「…………あっひゃひゃひゃひゃひゃ!!!!」バサアッ



741:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 21:09:42.57 ID:i/SLICTiP

ドルマゲス参考

741_1





743:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 21:14:30.63 ID:eXV6QYWv0

743_1

雰囲気こんな感じか



744:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 21:23:20.06 ID:25lu8FP+0

律子ゲス(第二形態)「…こんなステキなモノ、絶対…渡さなぁイ!!!」



真「何か、可哀そうだなぁ…律子」

あずさ「きっと本人が見たら、落ち込んじゃいそう…」

P「律子の為にも…これは、撃破しないとですね」

ギガ歩「そ、それに…倒さないと元の世界に帰れません!!」

猪千早「……小細工は通用しなさそうです、ここは…全力でいきます!」


                     律子ゲス(第二形態)が現れた!!



746:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 21:32:13.61 ID:25lu8FP+0

P「はやぶさ斬り!」ヒュヒュッ

律子ゲス(第二形態)「…あ゛ァ?」ザクザク


猪千早「…ジゴスパーク!!」

律子ゲス(第二形態)「う゛ー…」


あずさ「烈風獣神斬!!」

律子ゲス(第二形態)「ん゛ぅ…」


P「効いてる…のか?」

貴音「…痛覚が機能していないのかもしれません」

ギガ歩「ううっ…怖いですぅ」ブルブル



749:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 21:47:55.80 ID:25lu8FP+0

律子ゲス(第二形態)「……誰にしようかナァ…ヒヒヒ、まずは…お前からダ!!」ガシッ

プロデューサーは律子ゲスに握り締められた!

P「ぐはっ、…は、離せっ…!!」

律子ゲス(第二形態)「いっぱい…いっぱい遊んであげるヨォォ!!!!」ブンッ!!!


律子ゲスはプロデューサーを地面に思いっきり叩きつけた!

P「ぐふ…っ!?」ドガァッ!!

トロ香「…!!!ひ、ひどい・・・!!」


律子ゲス(第二形態)「楽しいねぇ、楽しいネェェェ!!!」ドガッ


律子ゲスはプロデューサーを蹴り飛ばした!

P「ご…ぐぁ…!」ゴシャッ

小鳥「プロデューサーさん、しっかりしてください!ベホマ!」


貴音「何て残酷な…!」

あずさ「律子さん…お願い…目を覚まして…!」



751:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 21:50:25.51 ID:i/SLICTiP

第二形態参考

751_1





767:ちょっと席外してたごめん:2014/02/10(月) 22:40:17.54 ID:25lu8FP+0

狼響「プロデューサーに何て事を…!ガウウッ!!!」


狼響は律子ゲスの足に喰らい付いた!!

律子ゲス(第二形態)「…邪魔だァ!」


律子ゲスは狼響を尻尾で弾き跳ばした!

狼響「…キャン!!」ドサッ

あずさ「響ちゃん大丈夫!?」タッタッタ


律子ゲス(第二形態)「出しゃばるなよ、このボロ雑巾め!」

狼響「…!」

律子ゲス(第二形態)「そこで指をくわえて見ていろ、ギヒヒ…仲間が死んでいく姿をナァァァァ!!!」

狼響「……じ、自分だって…何か、出来るはずだっ!」

P「ひ、響…!無理、するなっ!」



773:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 22:51:44.46 ID:25lu8FP+0

狼響「…そうだ、あいつらが居るじゃないか…!」グググッ

小鳥「ひ、響ちゃん、まだ傷が!」


狼響「……自分、ちょっと外に出るから…皆、死ぬんじゃないぞ!」ダ゙ッ

貴音「響っ!一人では危険です、行ってはなりません!」



狼響「…これは、自分を助けてくれた皆への…恩返しなんだ!行かせてくれっ!」ダダダッ

貴音「いけません!どうか、止まって…」

あずさ「…貴音ちゃん、行かせてあげましょうよ」

貴音「あずさ…ですが、響は一度死んだのです…また死なれては困るのです!」プルプル



小鳥「…響ちゃん、無事に帰ってきてね…!」



777:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 23:07:28.17 ID:25lu8FP+0

律子ゲス(第二形態)「ヒヒヒ…ついに逃げ出したか、追う価値もないわネェェ!!」

トロ香「すこし…だまっててください!!」ブォン

かいしんのいちげき!

律子ゲス(第二形態)「ガァッ…!?…イヒヒ、なかなか…痛かったワァァ!!!」ゴォオオオッ

律子ゲス(第二形態)は灼熱の炎を吐いた!

トロ香「ぐうううっ…!」

ギガ歩「春香ちゃん、次は私が…!!」



~どこかの森~

狼響「…はぁ、はぁ…確かこのあたりからにおいが…!」

??「…ばう?」

??「がおう?」

狼響「あ!やっぱりここに居たか!」

ガウガウ    ワオーン   キャンキャン   オオーン    バウバウ  ガウバウー


狼響「お前達、少し自分に強力してほしいんだ…!」



778:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 23:08:15.51 ID:25lu8FP+0

訂正×強力 ○協力



785:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 23:19:54.63 ID:25lu8FP+0

P「小鳥さん…!後、魔力はどれくらいですか…!」

小鳥「もう、半分は使っちゃったと思います…」


律子ゲス(第二形態)「魔法をかけてほしいのはだあレェェェ!??」 マヒャドを唱えた!

真「痛ったぁぁぁ!!」

猪千早「…真、何とか…耐えるのよブヒ!」

貴音「…っ!頭を冷やすのは律子嬢の方です、イオナズン!!」



ギガ歩「響ちゃん…どこまで行ったんだろう…」

トロ香「いてて…だいじょうぶかなぁ?」

あずさ「ちゃんと帰ってくるかしら…?」







狼響「…………みんなぁぁぁぁ!!そこを退くんだぁぁぁぁぁ!!!」ダダダダダッ

P「響!帰って来たのk」



795:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 23:29:52.98 ID:25lu8FP+0

野生の響の群れ「わおおおおおおおおおおーーーーん!!!!!」


なんと何百人もの野生の響が押し寄せた!!!


P「!!!?み、道を開けろぉぉぉぉ!!」

あずさ「あら、あらあら~!?」

貴音「まぁ、響がたくさん…!」

真「一体どこから集めてきたんだぁ!!」

小鳥「轢かれるぅぅ!!」

トロ香「ちょ、ちょっとふまないで!」

猪千早「私は敵じゃないわよ!」

ギガ歩「どとうの…ひびき?」


狼響「自分達!あのでっかいのに…総攻撃だぁぁぁぁぁ!!!」

野生の響の群れ「ばうばうーーーーーーー!!!」


律子ゲス(第二形態)「ぎゃあアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!?!!」ドガドガドガドガ



803:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 23:41:10.99 ID:25lu8FP+0

狼響「…自分がボロ雑巾だったとしても…何百人も集まったら凄く強いんだぞ!!」

野生の響A「がうがーう!」ガジガジ

野生の響B「ぐるるる」ガリガリ


ガシッ ドガッ バコッ バリバリ  ドンドン  ガツン  バキッ  


律子ゲス(第二形態)「ぐ、ぐるし…」


狼響「………どうだ律子、参ったか!」

 
律子ゲス(第二形態)「…ま、参りまし…」


狼響「よく聞こえないぞー」


律子ゲス(第二形態)「…」ガクッ

                        律子ゲス(第二形態)を倒した!!!



807:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/10(月) 23:51:33.74 ID:25lu8FP+0

P「律子から力が抜けてくぞ!」

スゥゥゥゥゥ…

貴音「…杖にパワーが戻っていきます」

小鳥「今度こそ、貰っちゃいましょうね」

時空の杖を手に入れた!!




律子「…」Zzz

ギガ歩「寝てますね…」

あずさ「見た目は完全に元に戻りましたね」

貴音「…この様子だと、元の律子に戻っているはずです」

狼響「もしかして律子、化物だった時の記憶…残ってたりするかな?」

猪千早「高槻さん、水瀬さん…そして我那覇さんも記憶が残っていたのだから…多分」

狼響「…非常にまずいぞ」



813:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 00:05:21.83 ID:q5s2LfgT0

P「…律子どうすっかなぁ」

貴音「次は魔王城ですから…連れていくわけにもいきませんし」

狼響「…じゃあ、自分達にちょっと相談してくる!」


野生の響A「がう」

野生の響B「ばうう」

狼響「ニーチャ村まで運んであげるって言ってるぞ!」

トロ香「そこならやよいもいおりもいるし、あんしんだね」

小鳥「でも火山を通るのよ?大丈夫…?」

狼響「大丈夫!獣専用の迂回路があるんだ!」

野生の響A「がうう」

野生の響B「ばう」

ギガ歩「犬は苦手だけど…この響ちゃん達は可愛いね」



817:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 00:17:35.73 ID:q5s2LfgT0

猪千早「…プロデューサー、大分体力を消耗してしまいましたねブヒ」

P「そうだな、魔力も結構使っちゃったし…」

狼響「喉が渇いたぞ…あの湧水でも飲むかなー」チャプチャプ


狼響は全回復した!

狼響「…この水、凄いぞ!!飲んでみてよ、プロデューサー!」

P「…ん?どれどれ…」ゴクゴク


プロデューサーは全回復した!

P「あぁ本当だ…!この水、出来るだけいっぱい持って行こう」

不思議な水を手に入れた!



825:凄い助かったよね、無料で何回も回復出来るの:2014/02/11(火) 00:29:31.99 ID:q5s2LfgT0

~魔王城~


名状しがたい魔物「メンヨー」

魔王「そうか、ついに遺跡も突破したのか…」

悪魔の魔物「時空の杖も入手したようです」

魔王「転生の杖といい、探す手間が省けたな、残りは…あと一つ、進化の秘宝だけだ」

悪魔の魔物「どうやら勇者達が地中深くに埋めたらしく、取りだすのが困難な様です」

魔王「…モグラ達を大量に派遣しろ」



真美「うぅっ…目が覚めたら、また拘束されてるし…何なのもー!」バタバタ

魔王「そう騒ぐな、解放の時は近い」

真美「まーたそんな事言ってぇ!どうせまた檻の中に入れるんでしょー?」

魔王「ふふふ、そう思うか?」

真美「何なのその笑いー…」



830:風呂:2014/02/11(火) 00:42:43.88 ID:q5s2LfgT0

魔王「安心しろ、何度も言うが殺したりはしない」

真美「…信用できないもん」

魔王「ふむ、なら何をすれば信用してくれるのだ?」

真美「…!じゃあ、正体を教えてくれたら…信用してあげてもいいよ!」

魔王「そうか……では、教えてやろう…私の正体を」キュイン

真美(どーせ、イカツイじーさんとかでしょー!)


魔王「…この声に聞き覚えはないか?」

真美「……えっ、待って…この、声…」

魔王「んっふっふ~…私だよ、真美」

真美「い、いやだ…見たく、ない!見たくないよ!!」





亜美(魔王)「久しぶりだね…ま、み♪」クルッ



843:ただいま:2014/02/11(火) 01:34:41.67 ID:q5s2LfgT0

真美「…どうして、亜美が…魔王、なの?」

亜美(魔王)「…知らないよ、気が付いたら魔王だったから」

真美「何それ、魔王だからって兄ちゃん達を襲ったりして良いとか思ってんの!!?」

亜美(魔王)「思ってるよ?魔王だから」

真美「ちゃんと答えてよ…!」

亜美(魔王)「残念だけど、今の亜美は酷い事しか言わないよ?」

真美「……じゃあ何で兄ちゃん達の事知ってるの?」


亜美(魔王)「…亜美はね、中途半端に記憶が書き変えられたんだ」

真美「誰に!?」

亜美(魔王)「このゲームカセットだよ、ゲームの世界に跳ばされた瞬間にね」

真美「その記憶はどうやったら元に戻るの…?」

亜美(魔王)「兄ちゃん達が一回も全滅しないで、最後の敵を倒せたら…だよ」

亜美(魔王)「そうしたら、亜美の記憶も戻るし、元の世界にも帰れる…まぁアイテム必要だけど」

真美「…ゲームオーバーなっちゃ駄目ってこと!?」

亜美(魔王)「うん、そうだよ、だってセーブ機能もリセット機能も…このゲームには無いもん」



849:>>844 いくらなんでもそれはないww でもありがとう:2014/02/11(火) 01:49:26.35 ID:q5s2LfgT0

真美「一回でも全滅したら、どうなるの?」

亜美(魔王)「この世界から出られなくなって、冒険が全滅した所まで永遠にループする」

真美「何それ…地獄じゃん…!」

亜美(魔王)「今のところ順調だし大丈夫だよ、きっと最後の敵を倒してくれるって」

真美「最後の敵って、亜美なの?」

亜美(魔王)「……それは兄ちゃん達が物語を進めてくれたら分かる事だよ」

真美「……ううっ、聞くんじゃなかった…」メソメソ

亜美(魔王)「じゃあ、亜美は流れ通り進めるから、じゃあね真美」



戦士の魔物「魔王様、城の近くまで勇者達が辿り着きました」

亜美(魔王)「分かった、引き続き様子を観察しろ」

戦士の魔物「はい!」



853:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 02:05:17.19 ID:q5s2LfgT0

~魔王城 門前~

P「…ここが魔王城か」

小鳥「凄まじい威圧感ですね…」

あずさ「まるで私達を待っていたかの様に…」

貴音「…巨大な城門が開いています」

トロ香「ここまでくると、わたしたちでもかなりきついね」

ギガ歩「そうだね…一回の攻撃でかなり食らっちゃう」

猪千早「もう少し強い装備があれば…」

狼響「宝箱とモンスターが落とす武器に期待だな!」


P「あれ、真ってバトルマスターだよな」

真「はい、そういう事になってますね」

P「剣も使えるなら使った方がいいんじゃないか?」

真「それもそうなんですけど、やっぱり素手の方が僕らしいかなって…思ったんです」

P「あぁ…確かに剣より素手の方が似合うな」

真「やっぱり、そう思いますか!?」キャピーン



855:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 02:19:34.25 ID:q5s2LfgT0

~魔王城 内部~


美希「お、おお…おまたせ、なの…」ボロッ

亜美(魔王)「美希よ、進化の秘宝は見つかったか?」

美希「うん、あったの!ほら!」キラッ

亜美(魔王)「随分地中深くにあったそうだな」

美希「そうなの、モグラが居なかったら絶対取れなかったって思うな」


亜美(魔王)「御苦労だったな、褒美をやろう」

美希「本当!?何くれるの?」

亜美(魔王)「…この秘宝の力、少しだけ美希に分けてやろう…」シュウウウッ

美希「……凄いの!魔力がどんどん溢れてくる…!」

亜美(魔王)「これで疲れも飛んだだろう、好きに遊んでくるといい」

美希「はいなの!」



856:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 02:27:59.89 ID:q5s2LfgT0

~ニーチャ村~


律子「あれ…ここどこ…?」

やよい「あ、律子さん!おはようございます!」

伊織「あら、起きたのね」

律子「……!?い、伊織…その腕と足、どうしたの!?」

伊織「あー…あんたはまだ知らないんだったわね」

やよい「律子さん、何か覚えてる事はありませんか?」

律子「…え、えーっと…夢の中で響に押しつぶされた事…くらいかしら」

伊織「……その夢に関しては、深く突っ込まないことにするわ」

やよい「もしかして、この世界の事とか全然知りません?」

律子「この…世界?やよい、言ってる意味が分から」


斧持った竜の魔物「やよいさん、一緒に薬草でも摘みに行きませんか?」

やよい「あ、はい!行きますっ!」


律子「…きゅう」バタリ



860:鳥人つけわすれたよいおりん:2014/02/11(火) 02:43:23.86 ID:q5s2LfgT0

律子「…まさかそんな事が起きてたなんて…」

やよい「律子さんは杖を守るモンスターさんになってたみたいです!」

鳥人伊織「見た目はかなり酷かったみたいね」

律子「聞いたら絶対後悔しそう…」

やよい「そうですねー…特に響さ」

鳥人伊織「しいっ!!」

やよい「あ、ああっそうです、プロデューサー達なんですけど…」

鳥人伊織「さっき話した魔王城っていうお城に向ってるそうよ」

律子「魔王城ねぇ、いかにもって感じの名前だわ」



鳥人伊織「プロデューサー達が無事か、ちょっと見てきたいわね…」

やよい「伊織ちゃん、私も会いに行きたいかなーって」

律子「そうね、色々迷惑かけたらしいし…何とかしてあっちまで行けないかしら…?」

鳥人伊織「……もしかしたら行けるかもしれないわ、準備が必要だけど」



862:最終装備:2014/02/11(火) 03:04:37.50 ID:q5s2LfgT0

~魔王城 三階~


P「はぁっ、はぁっ…何て強さだ…!」

小鳥「ボスでもないのに灼熱に凍える息…!」

猪千早「…まさか雑魚敵さえもザオリクが使えるなんて…」

P「でも、ここで頑張ったお陰で装備が大分揃ったな」



P    勇者   Eはやぶさの剣 改 Eオーガシールド Eはぐれメタルよろい Eほしふるうでわ

あずさ 戦士   Eはおうの斧 Eドラゴンビキニアーマー Eスーパーリング

春香  トロル  Eメガトンハンマー Eギガントアーマー Eごうけつの腕輪

貴音  魔法使い Eグリンガムの鞭 E神秘のビキニ Eソーサリーリング

千早  オーク  E英雄のヤリ Eしんぴのよろい Eはやてのリング

雪歩 ギガンテス Eメガトンハンマー Eやみのころも Eパワーベルト

真 バトルマスター 素手 E天使のレオタード Eごうけつのうでわ

響 狼 Eバトルチョーカー



865:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 03:16:25.44 ID:q5s2LfgT0

~魔王城 大広間~


真美「離して、離してよぉぉぉ!!」ズルズル

悪魔の魔物「魔王様の命令だ、許せ」

亜美(魔王)「大人しくした方が身のためだぞ」



P「…あれは真美の声だ!」

小鳥「無理矢理どこかに連れて行かれてるみたいです…!」

貴音「急いで追いかけましょう!」

あずさ「真美ちゃん、今行くからね…!」



獣の魔物「…!魔王様っ、勇者です!勇者が大広間に!」

亜美(魔王)「ほう、ついにここまで来たか」

小鳥「真美ちゃんを解放して!」パタパタ

P「……予想は付いている、正体を現せ…魔王、いや…亜美!」

亜美(魔王)「…私は忙しいんだ、後にしてくれ」



867:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 03:27:06.55 ID:q5s2LfgT0

真美「兄ちゃん…!兄ちゃーーん!!」ズルル

P「ま、真美!今俺が助けるからな…待ってろ!」ダダッ




美希「おっと、ここから先へは行かせないの」ヒュッ




小鳥「み、美希…ちゃん!!」



P「どいてくれ、美希…なるべく手荒な真似はしたくないんだ」

美希「何々?戦う気なの?」

猪千早「…退かないなら、分かってるわね?」ギラッ

美希「みんな顔が険しくて怖いの、もっとフツーにしよ?」ニコッ



868:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 03:40:18.87 ID:q5s2LfgT0

P「…」シャキ

トロ香「いってだめなら、たいどであらわすしかないね」ゴトッ

ギガ歩「あまりこういう事はしたくないんだけど…しょうがないかぁ」ドゴッ

真「美希、手加減はしないよ?」グッ

あずさ「…また、戦わなきゃいけないのね…」ガチャ

貴音(…凄い魔力です…美希の身体から溢れて収まりきれていない…)

狼響「…何か嫌な感じがするぞ」

美希「へぇー…皆、戦う気なんだね」


P「……前回みたいに攻撃が通用するとは思うなよ、美希」




美希「それは…こっちの、セリフかな」カッ


ビキビキッ   バキッ   バチバチ   ビシッ   バチッ   ゴゴゴゴッ



小鳥「…衝撃で、床が…砕けてる…!」



871:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 03:48:56.51 ID:q5s2LfgT0

美希「先に、言っておくけど…」ドドドドド





美希「……多分、皆死んじゃうと思うから…ごめんね……――――――――ドラゴラム」


ギュオオオオオオオッ!!!!


邪竜(美希)「グオオオオ…!!!!」

                            邪竜が襲いかかって来た!



872:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 04:00:12.83 ID:q5s2LfgT0

邪竜(美希)「ガォッ!!」ドガッ 邪竜のこうげき!

あずさ「…ぐ、っ…」グシャッ


あずさは力尽きた…


P「…ま、まて…た、ただの…攻撃、なのに…」


邪竜(美希)「ガルル…!!」ガシッ

邪竜はトロ香を鷲掴みにした!

トロ香「…が、ふ…っ」ミシッ


トロ香は力尽きた…




小鳥「嘘、で…しょ…?」



876:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 04:14:43.37 ID:q5s2LfgT0

邪竜(美希)「ゴォォォォッ!!」

冷たく輝く息を吐いた!!


P「…っあああっ!!」

猪千早「…と、凍死す、る…!」

ギガ歩「あ、う……」

貴音「ふ、ふうっ…!」

真「さむい…よぉ」

小鳥「…ベホマズン!」


猪千早「ザオリク!」

トロ香は生き返った!

トロ香「…はっ、た、助かった…!」


P「…ザオリク!」

あずさは生き返った!

あずさ「……無理よ、あんな攻撃、耐えられない…!」



878:送信ミス:2014/02/11(火) 04:25:31.97 ID:q5s2LfgT0

P「…回復が追いつくうちに…倒してしまえば!」

小鳥「魔力はまだまだあります、勝機はあるはず!」

P「ドラゴン斬り!」

ミス!ダメージを与えられない!


貴音「…では呪文はどうです、メラゾーマ!」

ミス!ダメージを与えられない!


猪千早「ジゴスパーク…!」

ミス!ダメージを与えられない!


ギガ歩「えいっ!」ブォン

ミス!ダメージを与えられない!


邪竜(美希)「ガオオオオッ!!」

P「何だよそれ……どうして攻撃が入らないんだよ…!」



880:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 04:35:05.04 ID:q5s2LfgT0

猪千早「…ザオリク!」

貴音は生き返った!

貴音「すみませ…ん、千早…」



猪千早「これでザオリク20回目です…」

あずさ「…これで全部の攻撃は試しました」

貴音「…無傷です、かすり傷すらありません」

P「自滅を狙うにも…メダパニはもちろん効かないし」

トロ香「…わたしたちのこうげきまできかないなんて」

ギガ歩「あの黒い鱗、堅すぎるよ…!」


真「………」シュルッ





邪竜(美希)「グァウ、ガアァァッ!!!」



882:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 04:53:54.90 ID:q5s2LfgT0

真「…プロデューサー、それにみんなも…ちょっと良いかな?」

P「……回復しながら頼むよ」



小鳥「即死攻撃…!?ザラキとかじゃなくて?」

真「……はい、時間さえあれば…撃てます」

貴音「もう時間はかなり過ぎたと思われますが…?」

真「僕が精神を集中させている間、一切の攻撃が当たらなければ…」

P「…滅茶苦茶厳しいな…」

貴音「ですが、今や打つ手なしといった状況…試してみるべきです」



小鳥「魔力が切れるまでザオリクとベホマズン連発で、真ちゃんが被弾しない様に庇う…」


あずさ「…勝つためなら、これも一つの作戦よね」

トロ香「…こりゃおおしごとだね、ゆきほ」

ギガ歩「これも真ちゃんの為…頑張らなきゃ…!」



883:大分しんどい:2014/02/11(火) 05:05:01.36 ID:q5s2LfgT0

真「…ふーっ…」

真は神経を研ぎ澄まし、邪竜の弱点を探っている!



P「……絶対真に攻撃を当てさせるな!いいか、皆!」

全員「…はい!」


P「…ザオリク!」

小鳥「ベホマズン!」

猪千早「…ザオリク!」


ギガ歩「…あうっ…」ドサッ

ギガ歩は力尽きた…

あずさ「ぐ、っ…回復を…お願いします!」

狼響「…キャウン…」

狼響は力尽きた…



885:休憩:2014/02/11(火) 05:32:11.93 ID:q5s2LfgT0

真「…そうか、そこに……いや…ちがう…」ブツブツ

真は神経を研ぎ澄まし、邪竜の弱点を特定している!



P「…まだかぁっ…!」

小鳥「ううっ、もうそろそろ魔力が切れる…」

猪千早「…後何回唱えられるか…」


狼響「…一回死んで生き返ってまた死んで…何かよく分かんなくなってきたぞ」



~魔王城 最上階~


真美「あわわわ…ど、どうしよ…ぜ、全滅なんて…しないでよね…兄ちゃん…!」

亜美(魔王)「ハラハラドキドキだねー」

真美「そんなレベルじゃないよ!ショック死レベルだよ!」



905:おはよう:2014/02/11(火) 10:02:30.96 ID:q5s2LfgT0

亜美(魔王)「…まぁ亜美もミキミキの事、早く倒してほしいって思ってるけどね」

真美「……仲間なのに、どうしてさ?」

亜美(魔王)「ミキミキにはね、特別な魔法をかけたんだ…強い記憶消しと洗脳の他に…もう一つ」

真美「特別な…魔法?」

亜美(魔王)「んふふ、見てれば分かるよ」



~魔王城 大広間~


邪竜(美希)「ガォォォォォン!!」

P「ヤバい、もう魔力が…尽きるぞ」

小鳥「私、さっきのベホマズンで使い切っちゃいました…!」

猪千早「……わ、私ももう底を尽きてしまったみたいですブヒ!」


貴音「せかいじゅの葉ももう、ありません」

P「…最後の手段だな」



911:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 10:10:16.61 ID:q5s2LfgT0

真「……あった、右の翼の付け根…!ここが弱点だ…!」

真は急所を突く構えをとり、邪竜に狙いを定めた!!



邪竜(美希)「グァオ!」ドガッ

ギガ歩「ま、こと…ちゃん…」

ギガ歩は力尽きた…


邪竜(美希)「グルル…!」バギッ

貴音「あとは…」

貴音は力尽きた…


邪竜(美希)「…グオァ!」グシャ

狼響「…頼んだぞ…」

狼響は力尽きた…



919:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 10:19:58.46 ID:q5s2LfgT0

邪竜(美希)「ガォーッ!!」ドガッ

トロ香「…はや、く…」

トロ香は力尽きた…


邪竜(美希)「ガルル…」バリッ

あずさ「攻撃を…!」

あずさは力尽きた…

P「真ぉ!!!まだか、まだかぁぁぁっ!!」


真「…………………!!!!」

真は狙いを定めている!!


邪竜(美希)「ギャゴゴゴ!!」ブンッ

猪千早「…っ、プロデューサー、危ないっ!!!」

ドガッ

猪千早「…っあ…」

猪千早は力尽きた…



920:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 10:25:58.52 ID:q5s2LfgT0

P「…俺で、最後だ…な」

邪竜(美希)「……グルルル」

P「かかってこいよ、美希」チョイチョイ


プロデューサーは邪竜を挑発した!


邪竜「…ガオッ!!!」

邪竜はプロデューサーに狙いを定めた!

P「………真、それじゃあな」

邪竜(美希)「ガォォオォッ!!!」ドドドドッ





真「……今だ」





真「奥義……………―――――――――――――――――――真虎―――――――――――!!!!」ヒュッ



921:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 10:28:43.09 ID:q5s2LfgT0

邪竜(美希)「……ガ、オ…ォ!!?」




真の拳が邪竜の急所を突いた!!!




邪竜(美希)「…」ズシャアアアッ


                               邪竜を倒した!!



923:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 10:36:50.71 ID:q5s2LfgT0

美希「…」シュウウウ…

真「…ごめんよ、美希」


P「…そうだ、まだ確か水が残ってたはず、真…ちょっと分けてくれ!」



~数分後~

貴音「…何とか助かりましたね」

ギガ歩「こんな戦いは二度としたくないです…」

狼響「…もうこりごりだぞ」

猪千早「ザオリクってあんなに連発するものじゃないですよ…」

あずさ「何回、やられちゃったのかしら…?」

トロ香「…かぞえたくもないです」



美希「んんっ…」グッ

P「…美希、俺の顔が分かるか…?」

小鳥「よかったぁ、意識が戻って」



926:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 10:50:52.58 ID:q5s2LfgT0

美希「…は、ハニー!ミキに触っちゃ駄目っ!」

P「うわっ!!」


バチバチバチッ  ヒュッ


小鳥「杖が…消えてる…!!」

美希「…遅かったの…」



美希「迷惑かけて、ほんっとうに…ごめんなさいなのっ!!!」ドゲザッ



P「魔王が仕組んでた事とはいえ、これはきつかったな」

小鳥「回復道具、もうゼロに近いですよ」

猪千早「もちろん魔力もゼロです」

貴音「…どうして記憶が戻ったのでしょう…?前回に解除できなかったのはなぜです?」

美希「記憶封じも洗脳も、一回気絶させたら治るんだけど…あの時はミキ、やられた振りをしてたの」

P「…はは、美希らしいな」



928:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 11:06:50.52 ID:q5s2LfgT0

美希「お詫びに、この魔王城にある薬全部持ってくるから、待ってて!!」ピューッ

狼響「もう洗脳は解けてるんだから気を付けるんだぞー!」



~数十分後~

P「美希の持ってきた薬、凄く効いたみたいだ、ありがとう」

小鳥「魔力も満タンですよ!」

美希「あはっ、どういたしましてなの!」



貴音「…そういえば、先程杖が無くなったと言っていましたが…」

P「ああっ、忘れてた!!」

小鳥「美希ちゃんに触れた瞬間、杖がパッて消えて…」

美希「…マズイの、魔王の所に瞬間移動しちゃったんだ…!」

あずさ「ええええっ!?」



929:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 11:16:30.64 ID:q5s2LfgT0

~魔王城 最上階~


亜美(魔王)「ほらね、ちゃんと届いたっしょ?」

真美「ミキミキにかけた魔法って、それの事だったの…」

亜美(魔王)「これで、3つのアイテムが揃ったね…やっと始められるよ」



亜美(魔王)「迷宮で焼かれた人達の魂…」

亜美(魔王)「大量の鉱物」

亜美(魔王)「転生の杖」

亜美(魔王)「時空の杖」

亜美(魔王)「進化の秘宝」


亜美(魔王)「……………そして、真美の身体」

真美「…………!!」



932:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 11:36:43.49 ID:q5s2LfgT0

亜美(魔王)「亜美の身体じゃ、残念だけどこの儀式には耐えられない」

亜美(魔王)「だけど真美は、洗脳も記憶消しも効かない強さを持ってる」

真美「……もしかして、真美を最強の生物って奴にする気…?」

亜美(魔王)「うん、そういうこと」

真美「……真美、亜美の魔法は効かないんだよ、言う事聞かないよ?」

亜美(魔王)「は?そんなの分かってるよ、だから…亜美も一緒になるの」

真美「それ、…どういう、意味……!?」




亜美(魔王)「亜美は、真美と融合するって事だよ」




真美「」



936:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 11:48:26.64 ID:q5s2LfgT0

亜美(魔王)「そしたら、亜美も最強になれるっしょ?」

真美「……何がしたいのさ、亜美は」

亜美(魔王)「…したいって、何が?」

真美「亜美は…最強の生物になって何がしたいのさ!!」

亜美(魔王)「したい事なんて何も無いよ、亜美は魔王だから物語の流れに沿ってるだけ」

真美「…またそんな事言って…!!」

亜美(魔王)「じゃ、そろそろ兄ちゃん達来るから儀式始めるね」

真美「う、う…うわぁぁぁぁん!!!!嫌だぁぁぁっ!!」ジタバタ



~魔王城 最上階~

P「魔王の目的は…めちゃめちゃ強くなるって事だったよな!」

狼響「多分そんな感じだと思う!」

猪千早「面倒な事になる前に…追いつければ…!」




亜美(魔王)「……・……あ、やっほー兄ちゃん達…よくここまで来たね!!」



940:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 12:01:35.46 ID:q5s2LfgT0

P「…やっぱり、亜美だったんだな」

亜美(魔王)「うん!そうだよー」

美希「亜美…!!!散々ミキを良いように使って……ただじゃ済まないの!」

亜美(魔王)「おー怖い怖い」



真美「た、す…け、て…兄ちゃ…ん」ジュウウ…

亜美(魔王)「あれ、まだ喋れるんだ」



P「っ!!!亜美…真美に何をしたんだ…!!!」

亜美(魔王)「最強になるための準備だよ?…さぁ真美、これで仕上げだね」シュオオオオ


貴音「…真美の身体から、あり得ないほどのパワーを感じます…!」

真「はやくあの儀式を止めよう!!」

ギガ歩「うんっ!」



942:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 12:12:53.62 ID:q5s2LfgT0

亜美(魔王)「へぇ、そんな事していいって思ってるんだ…真美にザキ唱えちゃうけど、いいの?」

猪千早「…くっ!!」



亜美(魔王)「っても、亜美、ザキなんて唱えられないんだけどねー…」ギュッ

真美「……あ、み……?」

亜美(魔王)「…いくよ、真美…」ギュウウッ




亜美「マナスティス」





ドドドドドドドド     グラグラグラ…


P「……っ、じ、地震が…!!」

小鳥「…お城、お城が…崩れちゃうわ…!」


メリメリメリッ      グラグラグラ…



944:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 12:28:48.84 ID:q5s2LfgT0

貴音「ゆ、床に…亀裂が走っていきます…!」

あずさ「ここにいたら、崩壊に巻き込まれちゃいます!避難しましょう!」

ギガ歩「で、でも…亜美ちゃん達が…!!」

トロ香「……だめだよ、もうたすけられない…!」

狼響「…!!!や、ヤバい!!床が崩れるぞぉぉぉ!!!」




ガラガラガラ…


真「こ、このままじゃ…落ちちゃうよ!!」


美希「…ドラゴラム!!」ゴオォォッ



美希竜「皆!ミキの背中に乗って!!!」バサッバサッ



946:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 12:39:52.01 ID:q5s2LfgT0

P「ふううぅー…助かったぁ」

小鳥「…お城がどんどん崩壊していきます…」

あずさ「立派なお城でも…崩れちゃえばただの瓦礫…ですね」

貴音「亜美と真美は…無事でしょうか…」



鳥人伊織「…一体何が起きたってのよ…」バサバサ

やよい「お城が…ぐしゃぐしゃだよ!!」

律子「瓦礫しかないじゃないの」

キメラ達「キエエエ」バサバサ


P「…3人とも来てたのか!!」

美希竜「やっほーデコちゃん」バサッバサッ

鳥人伊織「でこちゃんゆーな!…って、あんた美希だったのね」



947:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 12:49:38.10 ID:q5s2LfgT0

~数分後~


鳥人伊織「魔王の正体は亜美だったのね」バサバサ

やよい「…亜美、真美…死んじゃったのかなぁ」

律子「あの崩落に巻き込まれたなら…どう考えても即死よ」

キメラ達「キエエ」バサバサ

鳥人伊織「キメラ達、もっとしっかり羽ばたきなさい!2人を落としたら許さないわよ!」



貴音「しかし、城が崩れる前に唱えたあの呪文…」

ギガ歩「聞いた事無い呪文でしたけど…」

小鳥「一体、どんな効果が…」



ガラガラガラ…

黒い大きな球体「」ズズズズズッ



真「見て!瓦礫の中から何か出てきたよ!!」



950:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 13:00:25.94 ID:q5s2LfgT0

トロ香「…なんかどんどんおっきくなってるよ!」

黒い巨大な球体「」ズズズズズッ

狼響「…し、城よりでかくなってるぞ」



黒い巨大な球体「」ビシッ  バキバキバキッ

鳥人伊織「卵みたいに割れてくわ…」

やよい「中から何か出てくるよ!」

 


破壊神フタミ「「……我は…破壊の、神なり」」ゴォォォ…





小鳥(……もしかして、アレが…亜美ちゃんと真美ちゃん…!?)



958:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 13:19:49.20 ID:lxFeLMJqP

958_1

破壊神フタミってこんな感じか?



959:>>958 そんな感じ!:2014/02/11(火) 13:20:50.00 ID:q5s2LfgT0

破壊神フタミ「「…全てを壊す…それだけが、我が道」」ブツブツ

P「…亜美、真美…」

小鳥「このまま放っておいたら…この世界、どうなっちゃうんでしょうか…」

猪千早「少なからず、多くの死人が出そうです」

貴音「私達で、倒せるでしょうか?」

あずさ「…でもきっと、亜美ちゃんと真美ちゃんを倒せたら…」

狼響「…元の世界に帰れる!」




美希竜「ミキ、皆の足場になるから…頑張ってね!」バサッバサッ


破壊神フタミ「「………我が道を塞ぐ者…死、有るのみ」」

                               破壊神フタミが現れた!!



963:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 13:33:57.85 ID:q5s2LfgT0

破壊神フタミ「「……………いでよ、流星…全てを滅ぼせ……」」


天界から流星が降り注ぐ!!

ヒュウウウウ…    ドガァァァァン…!!

ゴゴゴゴゴッ…   ドグァアアアン…

ゴゴゴゴゴゴ…

P「うわぁぁっ!!来るぞぉぉぉ!!」

真「美希、避けてっ!!」


美希竜「はいなのっ!!」バサッバサッ




鳥人伊織「…私達にも何か出来れば…」

やよい「…あ、そうだ!これを持って来たんでした!」スッ

律子「タンバリン…!?そんな物今何に使うのよ!」

やよい「これ、ただのタンバリンじゃないんですよ」



969:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 13:42:22.18 ID:q5s2LfgT0

やよい「このタンバリン、叩くと勇気と元気が湧いてくるんです!」

鳥人伊織「…だけど楽器にそんな効果なんて…」

やよい「えへへっ、ちょっと叩いてみますよ…えーいっ」パパパン


P「…ん?何か良く分かんないけど…」

小鳥「何だか元気が…!」

貴音「この高揚感、今なら何でも出来そうな気がします」

トロ香「…いっちょ、はでにぶつけようか!」

ギガ歩「…ドカンと一発、いっちゃおう!」


全員のテンションが上がった!


鳥人伊織「本当、なんか元気出てきたわ!」

律子「何か私も協力しなくちゃね」

やよい「あ、じゃあ律子さん!もう一個あるんで一緒に叩きましょう!」

律子「えええっ、私も!?」



971:8でタンバリン2個積みしてた:2014/02/11(火) 13:50:42.39 ID:q5s2LfgT0

やよい「みなさーん!頑張ってくださーい!!」パパパン

律子「が、頑張って…くださ……うぅ、恥ずかしい…!」パパパン



P「うおおおおおお!!!!突っ込めええええええ!!!」

小鳥「負ける気しないわぁぁぁぁぁ!!!」

美希竜「了解なのぉぉぉぉぉぉ!!!!」ギューン

貴音「隕石などイオナズンで粉砕です!!」

真「僕の拳が唸ってるよぉぉぉぉ!!!」

トロ香「いっけえええええ!!!」

ギガ歩「今なら何でも出来ますぅぅぅぅぅ!!!」

狼響「一気に攻めるぞぉぉぉぉぉ!!!」

あずさ「あらあらぁぁぁぁぁ!!!!」



全員スーパーハイテンションになった!



975:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 14:05:56.99 ID:q5s2LfgT0

やよい「もっと、もーっと元気を出しましょう!」

律子「ちょ、ちょっと…あれはやりすぎじゃ」

やよい「私、歌も歌いますね!…フレーフレー頑張れ!!さあ行こう♪フレーフレー頑張れ!!最高♪」

やよいはたたかいのうたを歌った!

律子「…あーもう!私も歌うわよ!…ハナマルスーパースタート♪」

律子もたたかいのうたを歌った!


破壊神フタミ「「…………人間風情が…所詮は無力……」」

P「それは…どうかなぁぁぁぁぁ!!!ギガスラッシュ!!」

貴音「双竜打ちです!!!」

真「ばくれつけん!!!」

トロ香・ギガ歩「「デビルクラッシュ!!」」

美希竜「はぁぁぁっ!」 冷たく輝く息を吐いた!

あずさ「烈風獣神斬っ!!!」


破壊神フタミ「「……!!!わ、我が…肉体が…!!」ビシッ  バキバキ…



981:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 14:15:00.64 ID:q5s2LfgT0

破壊神フタミ「「………何故だ…なぜ、壊れる…!」」バキバキ…


真美(…兄ちゃん、真美ね、今こいつの中で頑張ってるから……早く、壊して!!)


破壊神フタミ「「………貴様…再生させろ…!このままでは…我が身体が…!!!」」


P「真美の声、聞こえたか?」

美希竜「…うん、聞こえた!」

P「やよい!律子!このまま応援していてくれ!」


やよい「はい!もちろんです!」

律子「はいはい、分かりましたよ!」

鳥人伊織「…無茶すんじゃないわよ!」


真「真美も頑張ってるんだ、それに亜美もきっと苦しんでる」

あずさ「私達の、最後の頑張りね!」



~そして…決着へ~



985:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 14:19:52.94 ID:q5s2LfgT0

~破壊神の最後~


ギガ歩「…最後に落とした隕石」

トロ香「そっくりそのままかえしてあげるよっ!!」

破壊神フタミ「「……やめろ、くるな…くるなぁぁぁぁ!!!」」



二人は何と隕石を投げ返した!!



破壊神フタミ「「…おぉぉぉぉのぉぉぉぉれぇぇぇぇ!!!!!」

ドガッ!!!



バキバキバキ…パリーン!!!!


                            破壊神フタミを倒した!!!



988:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 14:27:24.87 ID:q5s2LfgT0

P「破壊神が崩れていくぞ!!!」

美希竜「…あ、亜美と真美が落ちてきた!」

亜美&真美「「…」」ヒュウウウウウ…



美希竜「亜美、真美っ!」ガシッ

小鳥「危ない所だったわね…」



~物語の終わり~

真美「うわぁぁぁん!兄ちゃん怖かったよぉ!」ギュッ

亜美「…ごめんなさぁぁぁい!!」ビエーン

P「どうして謝るんだよ、もう元に戻ったんだからそれでいいんだって!」

真「……はぁぁぁ…これでやっと帰れるね」

ギガ歩「長かった…」



小鳥「時空の杖、転生の杖…皆触りましたか?」



989:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 14:33:42.47 ID:q5s2LfgT0

亜美「ごめんね、ごめんねぇ!!」

真美「も、もういいって亜美!帰れるんだからさ!」

小鳥「ほらほら、みんな待ってるから早く触って!」

亜美「…触ったよ」

真美「…真美も」

小鳥「皆さん、準備はOKですか?」


P「もちろんです」

あずさ「はい~」

貴音「問題ありません」

狼響「完璧さぁ!」

トロ香「だいじょうぶです!」

ギガ歩「…は、はいぃ」

真「もちろんOKです!」

やよい「えへへ、バッチリです!」

律子「これでいいんですよね」



990:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 14:39:21.92 ID:q5s2LfgT0

鳥人伊織「…はい、これでいいんでしょ?」スッ

猪千早「大丈夫です、早く帰りましょう」

小鳥「んんっ…では…いきますよ!」パタパタ



小鳥「ルーラ!!」シュゴゴゴゴゴゴ…




~事務所~

P「いてっ!」ゴツン

小鳥「あだっ」ドサッ

春香「あ、わぁぁ!!」ドンガラガッシャーン

雪歩「お、重い…」ズシッ

響「い、痛いぞー…」

貴音「…おや、ここは…」

あずさ「あらあら、帰ってこれましたねぇ!」



992:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 14:47:45.84 ID:q5s2LfgT0

伊織「…身体も元に戻ってるわ!!」

春香「…本当だ、身体軽ーい!」

雪歩「久しぶりすぎて違和感が…」

千早「鼻、鼻が…戻ってる!」

響「うっ、2足歩行が難しいぞ…」

小鳥「私も元のサイズに戻ってますねー」



P「…さて、帰ってこれたのは良いが」

小鳥「私達、完全に行方不明者ですよね」

貴音「きっと警察が私達の行方を捜しているでしょう」

春香「社長、きっと驚くだろうなぁー…」



高木「おはよう諸君!」ガチャ



P「…あれ?」



996:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 14:55:18.83 ID:q5s2LfgT0

千早「…驚かないのですか?」

高木「ん?何の事だね…?」

P「お、俺達…約一週間ぶりにここに帰って来たんですよ?」

ソウダヨネー   モッオオドロクヨネ   ドウシテダロ       ガヤガヤ  ワイワイ



高木「な、何を言っているんだ君達は…一時間位前に会ったじゃないか」


P「…ええええっ!?」

小鳥「…という事は、まさか!」





P「…あの壮絶な冒険はたった一時間で終わってたのかよぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」


おわり



1000:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/11(火) 14:56:23.60 ID:q5s2LfgT0

保守してくれた人見てくれた人 大感謝

皆大好きだ!!!!



1001:1001:Over 1000 ID:Thread

20131227


転載元
P「RPGっぽい世界に飛ばされたみたいです」小鳥「そうですね」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1391781240/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (74)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 18:36
          • なぜ安価にしたし
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 18:44
          • 大作だな
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 19:03
          • アザト村にクスッときた
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 19:27
          • ラストがちょっとあっけないけど、面白かった
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 19:28
          • 美希「……多分、皆死んじゃうと思うから…ごめんね……――――――――ドラゴラム」
            カッコよすぎて鳥肌たった
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 19:28
          • オークといいトロルといい…
            プロデューサーさん!訴訟ですよ!訴訟!
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 19:29
          • 近年稀に見る駄作。最後まで目を通すんじゃ無かった…。( ;´Д`)
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 19:33
          • 3 面白かった、乙
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 19:43
          • 途中、作者に絡んでくるやつが気持ち悪かった
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 19:44
          • やはりやよいは天使だった
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 19:46
          • 賛否両論って感じだな
            俺は面白かったと思うよ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 20:10
          • 最後やけに巻いてるなと思ったら1000近かったのか
            トロ香さんギガ歩さんマジつええ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 20:27
          • 二の次て……中学生かな?
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 20:36
          • ※13 そ、即興で書いてるんだから許してやれよ(白目)
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 20:37
          • 誤字指摘だの変な絡みだのしてる奴ら要らねーよ
            何でこいつらまとめたんだよ
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 20:42
          • 作者の語彙力
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 20:44
          • キレた美希Pとレベル高い絵師に大草原不可避
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 20:45
          • 面白かった。
            ただ絡んでくる奴がキモ過ぎ春厨しね
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 20:49
          • これ完全にチームておくれリスペクトだな
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 20:59
          • 響がいっぱいなんて天国じゃないか

            タンバリン叩くやよいマジ天使
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 21:14
          • もっとコメディタッチで良かったわ
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 21:18
          • 面白かった!安価でよくここまでやったな。
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 21:26
          • 変に理屈っぽくなくて読みやすい
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 21:29
          • RPGモノは文章にするの難しいからね
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 21:44
          • ミキミキの中ボス感がやばいw
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 22:16
          • 中ボスの方が強いところまで再現するとは……
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 22:17
          • >>雪歩 ギガンテス 装備 こんぼう 皮の腰巻

            トップレスの雪歩……ハァハァ
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 22:31
          • 野生の響達と戯れたい
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 22:40
          • 4 千早がいつの間にかザオリク使ってるけど オークキングに進化してたのか?
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 22:42
          • 面白かったー!

            もう少しスレの余裕があれば
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 22:44
          • ラスボスからの駆け足がもったいないな
            せめてカセットの謎を解明して欲しかった
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 22:51
          • 野生の響をお持ち帰りしたい(*´Д`*)ハァハァ
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 22:53
          • ドラクエ8のスカウトキングトロルは攻撃ミスですっころぶ描写があったな
            まさに春香だわ

            語彙力以外いいSSでした
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 23:00
          • ID:diyhA2t2P
            何こいつ
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 23:15
          • ※34
            そいつが無駄にレス消費したせいで最後駆け足で余裕ない感じのエンドになったと思うとやるせない、まぁその美希Pは満足かもしれんが

            まとめて再編集して投稿し直せば絶対良SSなのにもったいない
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 23:40
          • とりあえず野生の響一匹ください
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 00:04
          • Pが魔法使いだったらアレだったな
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 00:07
          • ※34
            そいつもだがなぜまとめに入れたのか
            省いとけば見る人も気持ちよく読めたのに
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 00:37
          • 作者の名前欄に安価あると気になるからじゃないの
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 00:47
          • ※39
            なるほど
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 01:02
          • 絡んでくる奴にもちゃんと相手してやさしいなこの>>1

            語彙力はアレだけど
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 02:04
          • 久しぶりに面白いの読めた
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 02:15
          • 5 誤字は変換ミスだと思ってやり過ごそう。

            最後が妙にあっさりしてると思ったらレス数ギリギリだったんだなぁ。
            支援絵の最初のトロ香で許せる気分になったのに、途中に入った支援絵のトロ香でふえぇってなったwww
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 03:48
          • いくら安価あるとはいえID:diyhA2t2Pみたいな奴のレスはまとめなくていいよ
            SSは面白かったです
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 04:26
          • 2 アザト村がピークだった
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 05:47
          • 最後のあずさの「あらあら~~!!!!」
            が「おらおら~~!!!!」に見えたw

            俺はFF派だけどドラクエも面白そうだな
            なかなか楽しめたよ!
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 07:08
          • 服装や種族指定はOKすべきじゃなかったんでは
            個性が出たとは思うけど好きなアイドルが怪物化するのは嫌な人だっているだろう
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 08:16
          • …!たいへんだ!ハム蔵をゲームの世界に置き去りにしちゃったぞ!
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 12:12
          • なんだかんだオーク、トロル、ギガンテスは仲間にいると結構心強い印象
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 12:31
          • マジャスティスェ……
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 13:30
          • 語彙力は酷いけど、それ以外は並だな
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 13:44
          • なんか気持ち悪いやつわいてたな。俺の美希を悪者にしやがってってか?
            殺意わいたとかなにいってんのこいつ
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 13:49
          • 俺も美希Pだが、正直そこまで酷い扱いじゃなかったかと・・考えようによっては、ガチで一回死んでた響の方が・・いや、ブタやデブや一つ目になってたアイドルもいたような・・
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 14:06
          • つまんないのに
            コメント多いね
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 16:16
          • 1ちゃんはちゅうがくせいくらいかな?
            あんまりよふかししちゃだめだぞ!あと、こくごのおべんきょうをがんばろう!
          • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 16:36
          • 5 お前らもう許してやれよwww
            誤字脱字は仕方ないさ、安価スレに文章の正確さを求めるな

            普通に面白かったよ
          • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 16:42
          • 4 かなり楽しめた
            誤字やらなんやら気にしてる人いるみたいだけど所詮ネットに上げるだけのSSなんだから気楽に見ろよ

          • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 18:00
          • 5 あらあらぁぁぁぁぁ!でワロタ。
          • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月12日 18:52
          • 理屈はいらない


            それよりビキニアーマーあずささんとしんぴのビキニ貴音とあぶない水着美希の全身画像をッ!!
          • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月13日 01:04
          • 安価でよく頑張ったな…
            開幕ラストダンジョン周辺のフィールドに放り出されて大丈夫な真は春香や雪歩とはある意味別次元、つーか素手じゃなかったらもっと楽だっただろw
          • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月13日 03:06
          • 安価で
            全員登場させて
            1000で完結させる

            結構これ3つ揃えるのすごいと思うよ

            あ、いおりんのハーピーはデビルマンのシレーヌ調で乳ぽろーんでおなしゃす
          • 62. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月13日 12:37
          • 途中の変な奴までまとめるあたり流石エレ速
          • 63. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月13日 17:49
          • 5 アイマスssではかなり珍しいジャンル
            ドラクエとアイマス好きだから凄い面白かった!

            ラスボス倒したら次は裏ボスだな、続きはよ
          • 64. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月13日 19:38
          • ラスボスがTAS さんに瞬殺されるイメージしかない
          • 65. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 01:42
          • トロルで読むの止めた
          • 66. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 17:17
          • ラスボスの画像、キャッスルヴァニアじゃねーかw
          • 67. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月14日 18:57
          • 5 米65
            おれもちょっとアレやと思ったけど全然気にならんかったで!
          • 68. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月15日 14:09
          • 魔王は黒井かと思った
          • 69. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月16日 10:18
          • おもんね
          • 70. GUCCI アウトレット
          • 2014年02月27日 12:17
          • I'm just writing to let you be aware of of the really good experience my wife's girl found using your web page. She came to find some issues, with the inclusion of how it is like to possess an ideal coaching style to have folks without problems completely grasp a variety of hard to do matters. You truly exceeded her expected results. Thank you for presenting such beneficial, safe, explanatory as well as easy guidance on the topic to Lizeth.
            GUCCI アウトレット http://www.cafeplazma.com/グッチアウトレット通販.html
          • 71. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月04日 13:50
          • 5 久々に楽しいssを読ませてもらいました。作者さんありがとう‼
          • 72. アバクロ パーカー
          • 2014年03月28日 04:26
          • うわ、品質はそれが何であるか! として主にYouTubeのビデオレッスン持ってない素敵 品質、除くしかしこの P「RPGっぽい世界に飛ばされたみたいです」小鳥「そうですね」|エレファント速報:SSまとめブログ は実際 A 素敵品質のビデオ。
            アバクロ パーカー http://www.aplscs.com/css/abercrombie.html
          • 73. ガガミラノ 時計
          • 2014年03月28日 15:07
          • その良い ユーモラス YouTubeのビデオ、私は絶えず 支払い迅速な訪問ユーチューブウェブサイト P「RPGっぽい世界に飛ばされたみたいです」小鳥「そうですね」|エレファント速報:SSまとめブログ コミカル |情報|データを詰め込むはるかがあるという理由で。
            ガガミラノ 時計 http://www.californiaarborist.com/images/modules/smiley/gagamilano.html
          • 74. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月22日 02:16
          • 4 詳しくないけど進化の「秘法」だよね多分

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 【シンフォギアXV】マリア「切歌の変身バンクエロすぎ問題」
        • 【安価】彡;(゚)(゚)  「あかん・・・腹が痛い」
        • 俺「暇だ..>>6(就職)するか」家族「!?」
        • 彡(゚)(゚) 「ワイが>>2(ゴミ)やと?!」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 【デレマス】ロマツア水戸黄門
        • 【ゼロワン】福添准「美食家なヒューマギア?馬鹿馬鹿しい」
        • 【うちの娘。】ラティナ「大きい方が好き?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「ワイが……仮面ライダー!?」ヒロイン「そうよ」
        • 死後俺「うっ…ここは?」係員「はい、以上で底辺シミュレーターは終了です」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 【変好き】紗雪「根本的な事を忘れていたわ・・・」
        • 暗殺者(♀)「よう。こんな夜更けになにをしているんだ?」
        • 男「へぇ~、課長ってスト2がお好きなんですか」女上司「ファイッ」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ