TOP

魔王「勇者が弱すぎるからちょっと安価で協力してくれ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 17:33:23.81 ID:s4uzOYpt0

魔王「ちーっす、俺魔王な」

魔王「俺はこの世界の魔王なんだけど、もちろん勇者もいるんだわ」

魔王「それでさ、その勇者が驚くほど弱いんだわ、もうマジで、スライムもビビってた」

魔王「こっちとしてはさ、さっさと勇者に成長してもらって、倒されなきゃなんねーのよ」

魔王「ゲームおわんねーし」

魔王「でも魔王軍は脳筋ばっかでさぁーなかなか陰で勇者を強くする決定的な方法が出てこないんだわ」

魔王「そこで暇を持て余した諸君に協力を得たいわけだ、ちなみにこれ水晶経由の異世界通信な」

魔王「というわけで勇者を強くする方法、オナシャス」

>>4



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 17:34:08.97 ID:zH0xPTDJ0

おっぱいprpr



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 17:37:12.66 ID:s4uzOYpt0

魔王「おっぱいprprってお前……」

魔王「誰のをだよ!」

魔王「というかそれは本当に勇者を強くする案なのでしょうか!?」

魔王「早くも本筋からズレてる気がするぞ、大丈夫かこの企画」

魔王「とりあえずだ、誰のおっぱいをペロペロするのか聞こうか?」

>>9



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 17:38:14.08 ID:hNqTFOSW0

魔王



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 17:38:42.99 ID:Q/G81nNN0

魔王キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 17:40:11.51 ID:PQczhphu0

魔王×魔王
魔王がオンリーワンとは言っていないしなぁ



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 17:45:40.67 ID:s4uzOYpt0

魔王「あのねぇ」

魔王「俺の胸におっぱいはないんだよ?」

魔王「そこにはたくましい胸筋しかないんだよ?」

魔王「いや、でもやればできるかもしれん、試してみよう」

魔王「まずを服を脱ぎます、そして目一杯下を近づけます! うおおおおお!!」

▼ガチャ

側近「魔王様、失礼しま……」

魔王「(;゚Д゚)!」

側近「( ゚Д゚)!?」


▼……ガチャ


魔王「……後で誤解を解かないと」

魔王「おまえら恨むからなマジで、とりあえずもういいだろ次の案出せよ」

魔王「後>>12お前はなかなか賢いと思ったが魔王は1人だ」

>>21



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 17:48:29.36 ID:7uJmx+l40

剛力彩芽を召喚



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 17:56:20.67 ID:s4uzOYpt0

魔王「ゴー……リキー? なんか強そうな名前だな、異世界の魔獣か?」

魔王「よし、さっそく召喚してみようじゃないか、アブラカタブラ……」

▼魔王は剛力彩芽を召喚した!

剛力「はい、そうなんで……あれっ!?」

魔王「良くぞ参ったゴウリキアヤメよ、我が計画に協力するがいい」

剛力「ちょっちょっと待ってください、ここどこですか!?」

魔王「うむ、俺は魔王でな、異世界の者と通信した結果お前を召喚することになったのだ」

剛力「そ、そうなんですか……」

魔王「具体的には『弱すぎる勇者をなんとかして強くする』という計画なのだが、お前ならどうする?」

剛力「そうですね……>>30とか」

>>30



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 18:00:10.35 ID:UPGXydN80

ゴリ押しで勇者に



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 18:09:51.36 ID:s4uzOYpt0

剛力「ゴリ押しで勇者に……とか」

魔王「ゴリ押しで勇者になんだ?」

剛力「いえ、魔物をゴリ押しで戦わせまくればすぐ強くなると思います」

魔王「ふむぅ、全滅が心配されるが今までで1番まともだな、よし採用しよう」

剛力「はぁ」

魔王「ところでゴウリキよ、お前は戦えるのか?」

剛力「いや無理です」

魔王「なんだそうか、じゃあもう戻って良いぞ、ご苦労であった」

▼魔王は剛力彩芽を異世界に戻した!

魔王「よし、そうと決まればさっそく魔物を派遣しよう!」

▼翌日…

側近「申し上げます、勇者のパーティーが瞬殺されました」

魔王「やっぱダメかーはっはっは」

魔王「ダメだったってよ、次の案頼むわ」

>>36



36: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】(1+0:15) :2014/01/13(月) 18:13:55.85 ID:L79VJd3J0

kskst



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 18:14:39.52 ID:5/TcINgh0

はぐれメタルを大量に贈る



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 18:23:44.90 ID:s4uzOYpt0

魔王「おおっ! >>37! お前頭良いな!」

魔王「いやー素直に感心させられたわ、はぐれメタルを倒せばすぐ経験値上がるもんな!」

魔王「そうと決まればすぐ派遣だ!」

▼翌日…

側近「申し上げます、勇者のパーティーが全滅しました」

魔王「嘘やん」

側近「どうも遭遇→戦闘→逃走→遭遇のパターンで勇者パーティーのHPが徐々に削られていったのが問題のようです」

魔王「なんで逃げちゃうのはぐメタ! 勇者たちもなんで薬草とか持ってないんだよ! 僧侶とかいないの!?」

側近「僧侶はいるようですが回復魔法をまだ覚えておらず、薬草を買う金はもうないようです」

魔王「びっくりするほど貧弱!」

魔王「おいおい奴ら思った以上に弱いぞ……これを上回る作戦を編み出してくれ! 頼む!」

>>45



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 18:26:21.07 ID:5/TcINgh0

勇者弱すぎわろた



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 18:30:28.64 ID:s4uzOYpt0

魔王「うん、俺も弱すぎて弱ってる」

魔王「さて安価下でもないしどうしようかと思うんだけど」

魔王「今回は最安価にしようと思う」

魔王「次から安価ミスったら安価下でいくわ」

>>53



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 18:26:26.71 ID:VvbWNcOG0

変装して敵パーティの頭脳である賢者か魔法使いに相談に行く



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 18:31:13.53 ID:VvbWNcOG0

>>48



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 18:37:51.61 ID:s4uzOYpt0

魔王「変装か、相手に相談するとかもう切実だな」

魔王「まぁ変装できる魔法があるしこの際なりふり構ってられん、行ってみよう」

▼魔王は変装の魔法を使った!

魔王「これでよしと」

▼ガチャ

側近「魔王様、失礼しま……!? 貴様! 何者だ!」

魔王「えっ、いや俺は」

側近「問答無用、衛兵! くせ者をひっ捕らえろ!」

魔王「何者って言ったじゃん! 何者って聞いたじゃん!」

▼人間国の領土

魔王「結局逃げてきたみたいになった……また誤解とかされてそう」

魔王「今は勇者パーティーを探すことに専念しよう、さて奴らは今どこだ?」

>>60



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 18:39:45.04 ID:EQYi5AyB0

おっパブ



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 18:47:55.86 ID:s4uzOYpt0

魔王「なるほど(ビキィッ)」

▼人間国のとあるおっパブ

勇者「○○ちゃんかわいいね~、乳首ダブルクリックしちゃうぞ♪」

女A「キャーもう勇者様ったらおっさんみたいー!」

勇者「はっはっは!」

▼おっパブの外

魔法使い「……」

老人(魔王)「おやお嬢さん、こんな所で何を?」

魔法使い「いえ、なんでもないんです」

老人(魔王)「私は占い師なのですが、あなたの目を見る限り何か悩みを抱えているように見えますな」

老人(魔王)「女1人でこんな所にいる以上、何かあるのでしょう」

魔法使い「……」

魔法使い「実は……」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 18:59:39.25 ID:s4uzOYpt0

老人(魔王)「なるほど、仲間の勇者様がここに入り浸りでろくに修行もしないのだと」

魔法使い「はい……戦士さんと僧侶さんも愛想を尽かして先日抜けてしまったんです」

老人(魔王)「やべぇもっと弱くなった」

魔法使い「えっ?」

老人(魔王)「い、いえなんでも……それで、あなたはなぜ出ていってしまわないのですかな?」

魔法使い「はい、私と勇者は元々幼馴染で、小さい時の勇者は真面目だったんです」

魔法使い「でも初戦で運悪く全滅してしまって以来、戦うのが怖くなってしまったみたいなんです」

魔法使い「それ以来、王様に貰ったお金でずっと……」

老人(魔王)「50Gで済ませろよな……」

魔法使い「え?」

老人(魔王)「い、いえなんでも……つまりあなたは彼がやる気を起こせばまた戦ってくれると信じているのですな」

魔法使い「はい!」

老人(魔王)「それにしても、どうすれば彼がまたやる気を起こすことができるのでしょうな?」

魔法使い「>>72すればできると思うんですが……」

>>72 メシ すぐ戻れると思われ



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 19:02:53.97 ID:aGJZ95NJ0

人体改造



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 19:27:28.01 ID:s4uzOYpt0

魔法使い「人体改造すればできると思うんですが」

老人(魔王)「なにそれ凶悪」

魔法使い「いや、その、なんというかですね、とにかく一定以上まで強くすれば負けることはないわけですから」

老人(魔王)「ああ、まぁその通りですな」

魔法使い「人体改造をやろうと思ってもそんな魔法も技術もありませんし……はぁ」

老人(魔王)「ふむ、まぁ頑張りなされよ」

魔法使い「はい……」


魔王「結局のところ実行できそうにもない事しか思いつかないみたいだわ」

魔王「どうすんよー? 知り合いに人体改造できそうな奴も薬持ってる奴もいないぞ」

>>83



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 19:29:04.76 ID:ZKh4Vd/z0

自分たちが勇者に倒されるぐらいに弱体化する



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 19:35:25.96 ID:s4uzOYpt0

魔王「>>83ッ! 僕は今ッ! 君の発想力に『感動』しているッ!!」

魔王「そうかそうだよなぁ、俺らが弱くなればいいんだよ、逆転の発想だな」

魔王「弱体化の魔法なら存在するから、それをかけて戦わせればいいわけだ!」

魔王「なんで最初からそうさせねーんだよ、これで全部解決だぜ!」

▼魔王城

魔王「今戻った! おい側近!」

側近「魔王様! 今までどこに」

魔王「それは後回しだ、実はかくかくしかじかという名案が出てな!」

側近「なるほど、弱体化魔法なら魔物でも使えますね!」

魔王「ああ、早速決行だ!」

▼翌日…

側近「申し上げます、やっと勇者パーティーが魔物を倒しました!」

魔王「おお! やったね!」

魔王「よし、この作戦で様子を見よう」



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 19:42:09.73 ID:s4uzOYpt0

魔王「フンフンフーン♪」

側近「申し上げます」

魔王「おうなんだ、そろそろ勇者たちが船に乗った頃か?」

側近「いえ、それが……」

魔王「ん?」

側近「どうやらカンダタに全く歯が立たないようでして」

魔王「え、なんでよ」

側近「カンダタは我が配下にあらず、弱体化魔法がかかっておりません」

側近「さらに、今まで手を抜いてきた分ヌルい勇者は、容赦無いカンダタの猛攻に恐れをなしてまたおっパブ通いだそうです」

魔王「死ねよアホ勇者」

魔王「ちぃ、どうやらカンダタをどうにかする必要があるな、おまえら頼む」

>>92



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 19:43:47.63 ID:vJNNHe7t0

刃物だけもたせてすっぽんぽんにする



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 19:43:49.03 ID:zH0xPTDJ0

俺が行く



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 19:49:43.68 ID:s4uzOYpt0

魔王「よし、行ってくる」

魔王「個人的に>>93が行くのも面白そうだったが」

▼シャンパーニの塔

カンダタ「へっへっへ、勇者の奴、全然大したことねぇぜ!」

カンダタ子分「さすが親分ですぜ、へっへっへ」

魔王「おっすオラ魔王」

カンダタ「ウホアッ!?」

魔王「アブラカタブラ~……そーれっ!」

▼魔王は呪文を唱えた!

▼カンダタとカンダタ子分は裸になった!

カンダタ「キャー///」

魔王「なにそのリアクション」

カンダタ子分「てっ、てめぇ! いったい何の魔法をかけやがった!」


魔王「『一生服が着れない魔法』さ」

カンダタ&カンダタ子分「(;゚Д゚)!?」



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 19:56:29.84 ID:s4uzOYpt0

▼その後

側近「申し上げます、勇者のパーティーがカンダタを撃破しました」

魔王「おう、やったか」

側近「はっ、カンダタたちは体を隠そうとするのに必死だったそうです」

魔王「なぜ彼らはそのような羞恥心を持ち合わせているのだろうか?」

側近「……ところで、『一生服が着れない魔法』をかけたそうですが、そんな魔法存在するのですか?」

魔王「いや、変装できる魔法をかけて服が見えないようにしただけ、実際は着てる」

側近「なるほど、恐れいりました」

▼その後

側近「申し上げます」

魔王「おう、今度はなんだ、そろそろ船手に入れたか?」

側近「いえ、勇者がきんのかんむりを渡したのですが、その後王になって王様ライフを満喫してます」

魔王「勇者殺すぞ……」

魔王「なんとかして王を辞めさせないと……おまえら頼む」

>>100



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 19:57:43.16 ID:zH0xPTDJ0

俺が王になることだ



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 20:03:19.90 ID:s4uzOYpt0

魔王「なってるじゃん」

魔王「いや待て、そういう事じゃないな……そうか、そういうことか」

▼ロマリア

勇者「??ちゃんかわいいね~、乳首ダブルクリックしちゃうぞ♪」

女B「キャーもう王様ったらおっさんみたいー!」

勇者「はっはっは!」

王(魔王)「勇者殿」

勇者「えっ!? こ、これは元王様」

王(魔王)「なーにが『元王様』じゃ! せっかく王にしてやったのに遊び呆けおって」

勇者「い、いや、でも」

王(魔王)「問答無用! 出てゆけーっ!」

勇者「おわーっ! すすすみませんでしたぁ!」

▼その後

魔王「俺頑張ってるよね……」

側近「お疲れ様です」



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 20:10:30.71 ID:s4uzOYpt0

▼その後

魔王「グオー……」

側近「申し上げます」

魔王「うおっ! おっおうなんでい」

側近「江戸っ子ですか……勇者一向の件についてなのですが」

魔王「おう、さすがにもう船ゲットしたっしょ」

側近「……」

魔王「……言ってみろ」

側近「実は、ピラミッドでどうしてもおうごんのツメを手に入れようとして全滅を繰り返しているようです」

魔王「あーはいはい売ったら高いもんねー四肢を引き裂いてやる」

魔王「弱体化させてもあの連戦はキツいわ、おまえらどうにかしてくれ」

>>110



110: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2014/01/13(月) 20:18:23.54 ID:11Cit/cd0

俺が出向く



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 20:26:15.87 ID:s4uzOYpt0

▼異世界からID:11Cit/cd0が召喚された!

魔王「お?」

ID:11Cit/cd0「フッ……お前が行くまでもねぇ、ここは俺に任せな」

魔王「おお、さすがイケメンのおまえら! よし、任せたぞ!」

▼ピラミッド

戦士「くそっ、キリがねぇぜ! おい勇者、お前も手伝え!」

勇者「びえーん! 助けて僧侶ちゃーん!」

戦士「ああもう! 戻ってくるんじゃなかった!」

僧侶「勇者様しっかりしてくださぁ~い……え?」

魔法使い「む、向こうからすごい光が……!」

▼ID:11Cit/cd0が現れた!

ID:11Cit/cd0「俺の技を喰らえ!」

▼なんと! ゾンビたちが浄化されていく!

魔法使い「すごいわ! イケメンすぎてゾンビが浄化されていく……!」

ID:11Cit/cd0「ここは俺に任せて逃げろ!」



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 20:34:35.58 ID:s4uzOYpt0

戦士「ハァハァ……なんとか脱出できたぜ」

魔法使い「それにしてもあの人は一体何者だったのかしら……」

僧侶「きっと、女神様が使わしてくれた使者ですよ!」

▼魔王城

魔王「俺だよ」


▼その後

魔王「次にお前は申し上げますと言う」

側近「申し上げま……はっ!」

魔王「ちょっと慣れてきたわ、それで進行具合は?」

側近「はい、船も手に入れて大分進んできましたが、オーブが全然見つからないとゴネています」

魔王「釜で煮てやろうか」

魔王「しかしオーブが見つからない、か……どうしようか?」

>>119



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 20:37:55.44 ID:DS7FNdlk0

オーブを集めてプレゼント



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 20:46:53.46 ID:s4uzOYpt0

魔王「良いのかな、それは」

魔王「う、うーん、まぁおまえらの意思だし信用してみるか」

▼海賊の家

魔王「えーと、確かこの辺りに……」

▼魔王はレッドオーブを手に入れた!

魔王「よし」

海賊A「おい、宝物庫から物音がするぞ」

海賊B「見てみるか」

魔王「やべっ!」

海賊A「うおっ!? し、侵入者だー!」

魔王「逃げろー!」

▼テドン

囚人「私はこの時を待っていました、さあこのオーブを!」

▼魔王はグリーンオーブを手に入れた!

魔王「俺魔王だけどな」



125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 20:54:38.56 ID:s4uzOYpt0

▼地球のへそ

神父「例え1人でも戦う勇気が……なぜ1人なのだ?」

勇者(魔王)「触れないでください」


石像A「引き返s……あれ? 魔王様じゃないですか!」

魔王「おう、オーブどこよ?」

石像B「あっちの方向っすよ、魔王様がなんでここにいるんすか?」

魔王「触れないでください」

▼魔王はブルーオーブを手に入れた!

▼ジパングの洞窟

魔王「おっす、ここ暑くないの?」

やまたのおろち「あれ? 魔王様ちーっす」

魔王「おう、ちょっとオーブ貰える?」

やまたのおろち「いいけどどうしたんっすか?」

魔王「触れないでください」

▼魔王はパープルオーブを手に入れた!



129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 21:07:08.46 ID:s4uzOYpt0

ネクロゴンドのほこら

大臣「なんとここまで辿り着こうとは! そなたたちならきっと魔王を倒してくれるであろう」

勇者(魔王)「ソーデスネー」

大臣「さあこのシルバーオーブを受け取るが良い!」

▼魔王はシルバーオーブを手に入れた!

▼酒場

店主「あら勇者さん、どうしたんだい? いつものお仲間は?」

勇者(魔王)「いやー商人の仲間が欲しいなーっていうね……あいつらは今休暇だ休暇」

店主「休みがあるなんて初耳だね……」

▼商人の街

商人「やあ勇者さん、わたしですy」

勇者(魔王)「そういうのいいから、オーブどこよ」

商人「え、わたしの家に……」

勇者(魔王)「よし、牢獄生活頑張ってねー」

▼魔王はイエローオーブを手に入れた!



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 21:11:07.66 ID:s4uzOYpt0

▼森

勇者「オーブってどこだよぉ~全然みつかんねぇよぉ~」

戦士「勇者、なんで俺たちはずっと森の中を探してるんだ?」

勇者「ん? オーブってオームの仲間だろ?」

戦士「ちげぇよっ!!」

僧侶「また無駄骨ですか……」

魔法使い「もうやってらんな……ん? 見て、あそこに何かあるわ!」

▼なんと!6つのオーブを見つけた!

勇者「よっしゃオーブみっけた! ホラ俺の言ったとおりだろ!」

戦士「す、すげー」

▼魔王城

魔王「あいつやっぱり切腹させたほうがいい」



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 21:19:44.46 ID:s4uzOYpt0

側近「申し上げます」

魔王「おう、バラモスちゃん倒した?」

側近「はい……というか、魔王様がバラモスでは?」

魔王「ポジションゾーマだって事にしておいてくれ……ちょっと行ってくるわ」


▼その後


魔王「……ただいま」

側近「どうなさいました?」

魔王「宣戦布告してきたんだけど何か勇者にめっちゃ正義面された」

側近「うわぁ……」

▼その後

側近「申し上げます」

魔王「今度はオリハルコンの位置がわからないとか言い出したんだな? よしおまえらにどうすればいいか聞くか」

側近(で、出番が危うい)

>>137



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 21:21:03.79 ID:6twcW71W0

四天王派遣



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 21:34:15.10 ID:s4uzOYpt0

魔王「この期に及んで!?」

魔王「しかも派遣する意味……いや待て、よしこうしよう」

▼ドムドーラ

勇者「ないわーオリハルコンないわーおっパブ行きたい」

魔法使い「死ねっ!」

僧侶「どこにもありませんよ~う……」

戦士「なぁ勇者、こういう時って盗賊の能力が必要なんじゃ……ん?」

▼やまたのおろちが現れた! ボストロールが現れた! キングヒドラが現れた! バラモスブロスが現れた!

勇者「なんだお前たちは!(キリッ)」

バラモスブロス「我らは魔王軍の四天王だ」

勇者「四天王だと!?(キリッ)」

ボストロール「お前たちが探しているオリハルコンはここだ」

やまたのおろち「我らのうち1匹でも倒すことが出来ればこれをくれてやろう」

キングヒドラ(適当に戦って逃げればいいっしょ……)

勇者「上等だ! 1匹といわず全員倒してやるぜ!(キリッ)」



144:Revo ◆Revo/83r0E :2014/01/13(月) 21:35:39.28 ID:11Cit/cd0

勇者wwwwww



147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 21:41:05.83 ID:s4uzOYpt0

側近「申し上げます」

魔王「おう、どうだった?」

側近「ダメでした」

魔王「嘘やん」

側近「とにかく手加減をしたのですが、そもそも敵が弱すぎたようです」

魔王「マジかー……」

側近「奥義『ようすをみている』まで解禁しましたが無駄に終わったようです」

魔王「マジっすかー……」

側近「四天王によると、弱すぎて可哀想だったのでオリハルコンをこっそりかばんに入れてあげたそうです」

魔王「優しいな」

▼その後

側近「申し上げます」

魔王「今度は何よー」

側近「それが……勇者がルビスに聖なるまもりを貰えなかったそうです」

魔王「め、女神に見放されてやがる……おまえら、頼んだ」
>>151



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 21:42:52.32 ID:zH0xPTDJ0

俺自身が勇者になることだ



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 21:55:06.67 ID:s4uzOYpt0

魔王「俺が勇者になるってお前それどういう」

魔王「いや待てよ、とにかく聖なるまもり貰えりゃいいんだよな」

▼ルビスの塔

ルビス「また来たのですか、勇者」

勇者(魔王)「ルビス様、どうか聖なるまもりをください」

ルビス「ふざけないでください! あなたが今まで何をしてきたか!」

ルビス「死を恐れ戦に出ず、王になったら遊び呆け! 高く売れそうだからとめざめのこなを使わず!」

勇者(魔王)(うわぁ)

ルビス「アッサラームでも女遊び、おうごんのツメ欲しさに何度も全滅し、きえさりそうで街の女性に淫行を働いて!」

勇者(魔王)(ひでぇ)

ルビス「さりげなく神父から妖精の地図を強奪! 『音色が不快だ』とぎんのたてごとを破壊して!」

勇者(魔王)(そんなコマンドありかよ)

ルビス「あなたには魔王を倒す資格がない!!」

勇者(魔王)「……」



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 22:02:52.88 ID:s4uzOYpt0

勇者(魔王)「ルビス様、お聞きください」

ルビス「……」

勇者(魔王)「確かに俺は勇者らしからぬ悪行を働いてきました」

勇者(魔王)「しかし、この前敵に情けをかけられて気づいたんです」

勇者(魔王)「『俺はこのままでいいのか?』と……このままじゃ、俺は魔王を倒せない」

勇者(魔王)「故郷には母がいます、王様がいます、俺たちが魔王を倒すのを待ってくれている民がいます」

勇者(魔王)「そんなみんなのために、俺はもう覚悟を決めました……絶対にここで逃げるわけにはいかないんだ!!」

ルビス「……信用できません」

勇者(魔王)「では覚悟を示しましょう」

▼勇者(魔王)は剣を取り出した!

ルビス「勇者、何を!」

▼なんと! 勇者(魔王)は腕を斬り落とした!

ルビス「!!」

勇者(魔王)「これが……俺の覚悟です」

ルビス「分かりました……あなたの覚悟を信じます」
▼勇者(魔王)は聖なるまもりを手に入れた!



163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 22:05:50.16 ID:EQYi5AyB0

魔王ェ…



164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 22:08:12.19 ID:s4uzOYpt0

▼マイラ

勇者「ルビス様がダメって言うんだしもういいっしょ~おっパブいきて~」

戦士「勇者! いい加減にしろよ!」

勇者「な、なんだよいきなり……」

魔法使い「そうよ! こんな所でまだそんなことを! 恥を知りなさい!」

僧侶「そうですよぉ、これ以上はもうダメです!」

勇者「わかった、わかったよ! もういかねぇって!」

▼勇者に1のダメージ!

勇者「いでっ!? 上からなんか落ちてきたぞ!」

戦士「これは……聖なるまもり!」

僧侶「勇者様の改心を認めてくださったんですよ!」

魔法使い「え、えぇ~……?」

▼魔王城

側近「魔王様、その腕は?」

魔王「大丈夫、生えるから(ニュルン)」



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 22:14:39.09 ID:s4uzOYpt0

▼1日目

側近「申し上げます、ついに勇者めが魔王城へとやって参りました!」

魔王「おお!」

側近「……が、だいまじん3連戦の前に散りました」

魔王「おお……」

▼2日目

側近「申し上げます、だいまじんが撃破されました!」

魔王「おお!」

側近「……が、隠し階段が見つからず探しまわってる間に全滅しました」

魔王「誰か看板を!」

▼3日目

側近「申し上げます、勇者たちが隠し階段を見つけました!」

魔王「おお!」

側近「……が、父の死にショックを受け卒倒、逃げました」

魔王「糞メンタルが……」



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 22:20:19.13 ID:s4uzOYpt0

▼4日目

魔王「勇者よ! 我が生贄の祭壇へよくぞ」

勇者「お前が魔王か! 絶対に許さないぞおおおおお!(キリッ)」

魔王「すべての命を我が」

勇者「魔物を操り人間界を侵略したその罪は重いいいい!!(キリッ)」

魔王「いでよ我が下僕た」

勇者「この勇者の剣を受けr」

戦士「おい勇者! 空気読め!」

勇者「えっ!? なに!?」

魔王「(ビキビキ…)」

キングヒドラ「魔王様、俺らに任せて奥の方に……」

魔王「……おう」

勇者「あっ! おい! 逃げるな魔王! 俺の前に恐れをなしたか!(キリッ)」



175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 22:24:25.84 ID:s4uzOYpt0

▼7日目

魔王「めっちゃ待った……」

勇者「さぁ魔王! もはや逃げ場はないぞおおおおお!!(キリッ)」

魔王「まぁ、いいよ、やっと終われそうだわ」

勇者「いくぞおおおおおおおおおお!!!(キリッ)」

魔王「ん? ちょっと待て、光の玉は?」

勇者「えっ!? 何それ!?」

魔王「……え!?」





竜の女王(勇者、まだかしら……)



176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 22:26:52.31 ID:s4uzOYpt0

魔王「イベントスルーとか……スルーとか……」

勇者「なんだ魔王、急に膝から崩れ落ちて」

魔王「光の玉無いと俺ほぼ倒せないって知ってたか?」

勇者「なにそれ初耳、まぁいけんだろ俺ら強いし」

魔王「……」

魔王「どうしよう、おまえら……」

おそらくラスト安価>>180



180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 22:28:53.47 ID:TM3td3nR0

今までの記録を付けて、アリアハン王に送り返す。



189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 22:33:10.07 ID:s4uzOYpt0

魔王「おい勇者……」

勇者「え?」



魔王「屋上へ行こうぜ……久々に……キレちまったよ……」



勇者「……えっ」

▼アリアハン

王様「ふー……今頃勇者はどうしているだろうか……」

大臣「王様! 大変です!」

王様「どうした!?」

大臣「急いで街の広場に来てください!」

王様「うむ、分かった!」



191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 22:39:00.63 ID:s4uzOYpt0

▼広場

勇者「んー! んー!」

王様「こ、これは勇者……なぜ包帯でぐるぐる巻きなんじゃ?」

大臣「わかりませんが、この文章を!」

■人間国の王へ
勇者の罪状をここに記す故、公平な刑罰を下すよう要請するものである
これらはすべて証人による証言を取ることが可能である
罪状、1…
……
以上、108つである。 魔王より
P.S 次はもっとまともな勇者を頼む

王様「……」

勇者「……」

王様「……とりあえず鞭持ってくるか」

大臣「はい」

勇者「うー!! んー!! んんー!!!」



194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 22:42:51.97 ID:s4uzOYpt0

こうして勇者は懲役14万1078年の刑罰を与えられ

新たな勇者が魔王打倒のため派遣された

今度は魔王の手を裏で借りることもなく

自らの力で勝利を勝ち取った

この勇者は後に伝説となる

魔王が死んだ時、魔王はこう言った



「よくぞわしを倒した! マジで!」

魔王「勇者が弱すぎるからちょっと安価で協力してくれ」おわり



198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 22:43:48.17 ID:5/TcINgh0

おつ、おもしろかった



200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/13(月) 22:44:35.03 ID:2IdnuaUL0

面白かった 乙



転載元
魔王「勇者が弱すぎるからちょっと安価で協力してくれ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1389602003/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (13)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月14日 08:32
          • あまり関係ないけど50Gしか渡さない理由にちょっと感動したわ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月14日 08:33
          • 安価も安価だが、これはちょっと……
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月14日 09:16
          • これは面白かった
            また書いて星井
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月14日 09:16
          • 完走乙
            安価SSの割には綺麗にまとまってたと思うが
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月14日 09:38
          • 2 安価処理とかはいいんだけど、パロネタが寒すぎる。織り込む必要まったくないやん。
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月14日 10:49
          • 魔王頑張った
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月14日 12:23
          • 最初から別の勇者にしたらどうよ(笑)
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月14日 15:56
          • チート使えば?
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月14日 21:53
          • もう魔王が勇者になっちゃえばいいじゃんw
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月15日 00:09
          • 魔王けなげ
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月16日 10:08
          • そりゃそうだよな
            武器買うから金寄越せってのはまとも過ぎる思考だよな
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月17日 11:03
          • もう魔王が勇者でいいじゃん
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月16日 07:13
          • とりあえず僧侶はもっといい男見つけろ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ